close

Enter

Log in using OpenID

Avid ® NewsCutter v7.5 ReadMe

embedDownload
Avid® NewsCutter v7.5
ReadMe
リビジョンヒストリ
日付
変更
2009/02/27
更新 : 22 ページ「制限事項と既知の問題」
更新 : 15 ページ「Avid NewsCutter v7.5 の新機能」
更新 : 4 ページ「互換性図」
重要なお知らせ
Avid® ソフトウェアをインストールする前に必ずお読みください。
重要:このマニュアルが発行された後で有効になっている可能性がある最新情報が記
載されている最新の ReadMe ファイルを Avid Knowledge Base で検索してください。
このマニュアルでは、前のリリースとの互換性の問題点、ハードウェアおよびソフト
ウェア要件、ソフトウェアのインストール手順、およびシステムとメモリ要件の概要
について説明します。ハードウェアおよびソフトウェアの制限事項などの重要な情報
も記載されています。
目次
Symbols and Conventions . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
困ったときには . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
互換性図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
NVIDIA カードのセット アップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
共有ストレージのサポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
編集アプリケーションをインストールする前に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
ソフトウェアをインストールする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
Avid NewsCutter v7.5 の新機能. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
Avid NewsCutter v7.5 での改善点. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
制限事項と既知の問題 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
使用可能なアドレス スペースを拡張し、RAM を追加してパフォーマンスを向上させる
(Windows). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
シンボルおよび表記法
この ReadMe は、次のシンボルおよび表記法を使用しています。
シンボルまたは表記法 意味または操作
n
重要な関連情報、注意事項、および推奨事項を示します。
c
コンピュータ障害またはデータ損失を防ぐための注意事項が記さ
れています。
w
>
2
身体的危害を防ぐための警告が記されています。電気機器を扱う
際は、このマニュアルまたは機器本体に記されている指示に従っ
てください。
このシンボルは、メニュー コマンド(およびサブコマンド)の選
択順序を示します。たとえば、[ファイル (File)]>[インポート
(Import)]の場合は、[ファイル (File)]メニューを開いてから[イ
ンポート (Import)]コマンドを選択することを意味します。
困ったときには
シンボルまたは表記法 意味または操作
t
このシンボルは、単独の手順を示します。リストに複数の矢印が
ある場合は、リストされている作業の 1 つを実行します。
斜体フォント
斜体フォントは、特定の用語を強調したり、変数を示す場合に使
用されます。
Courier Bold フォント
Courier Bold フォントは、入力するテキストを示します。
Ctrl + キーまたはマウスの
Ctrl キーまたは Command キーを押したまま他のキーを押す、また
操作
はマウス操作を実行します。たとえば、k + Option + C または Ctrl
k + キーまたはマウスの操 + ドラッグ
作
困ったときには
Avid 製品を使用中に何らかの問題が生じた場合は、次のように対処してください。
1. 実行した操作について、このマニュアルに記載されている指示を注意深く読み、
同じ操作を再試行してください。特に重要なのは、ワークフローの各ステップを
確認することです。
2. このマニュアルが発行された後で有効になっている可能性がある最新情報につい
ては、この ReadMe を調べてください。新しい情報が利用できるようになるとオン
ライン バージョンが更新されるため、最新の ReadMe もオンラインでチェックし
てください。オンラインで ReadMe を確認するには、[ヘルプ (Help)]メニューの
[ReadMe]を選択するか、http://www.avid.com/readme で Knowledge Base にアクセス
してください。
3. 保守またはハードウェア関連の障害が生じていないか、ご使用の Avid アプリケー
ションまたはハードウェアのマニュアルを調べてください。編集アプリケーショ
ンに付属するマニュアルは、アプリケーションのインストール時に PDF フォー
マットでも提供されます。ヘルプから印刷されるトピックは、ページ レイアウト
とフォーマット設定機能に制約があります。より高品質にヘルプ情報を印刷する
場合は、ご使用の編集アプリケーションのオンライン ライブライリにある適切な
Avid マニュアルの PDF バージョンの全部または一部を印刷することをお勧めしま
す。オンライン ライブラリにアクセスするには、Avid 編集アプリケーションの
[ヘルプ (Help)]>[オンライン ライブラリ (Online Library)]を選択します。
4. www.avid.com/onlineSupport/ にある Avid Online Support にアクセスしてください。
オンライン サポートは、1 日 24 時間 365 日ご利用いただけます。この Knowledge
Base では、答えの検索、エラー メッセージの参照、トラブルシューティングのヒ
ントへのアクセス、更新データのダウンロード、オンライン メッセージボード
ディスカッションなどのサービスを提供しています。
3
互換性図
次の表は、Avid 編集アプリケーションで認定されたオペレーティング システム、
NVIDIA® ドライバ、QuickTime®、Windows Media™、Avid Interplay®、共有ストレー
ジ、Sony® XDCAM™、Panasonic® P2、および Pro Tools LE® の各バージョンを示してい
ます。また、編集アプリケーションに付属する Boris Continuum Complete、Avid DVD
by Sonic™、Sorenson Squeeze®、SmartSound® などのサードパーティ アプリケーション
も示します。
アイテム
バージョン
コメント
Microsoft®
Windows® OS サ
ポート
Windows XP Professional SP2
または SP3
•
Windows Vista Business 32 は Avid
Media Composer® ソフトウェアのみ、
または Avid Media Composer
Adrenaline、Mojo SDI、Nitris DX 、
Mojo DX でサポートされます。
•
Windows Vista Business 32 は HP®
xw4600 システムで は Avid Media
Composer® Mojo DX でサポートされ
ます。(DNxHD キャプチャはサポー
トしません。)
•
Windows Vista Business 32 は HP
8510w、HP 8710w および Dell® 6300
ラップトップで Avid Media
Composer ソフトウェアに対しての
みサポートされます。
Windows Vista® Business 64 SP1
Windows Vista Business 32 SP1
Windows Vista Ultimate 64 SP1
QuickTime
サポート
v7.5.5 または v7.6
QuickTime v7.6 は Leopard v10.5.6 でサ
ポートされていますが、v10.5.5 では
サポートされていません。
Windows Media
バージョンの
サポート
Windows Media Player 11
Windows Media Player 11 がない場合は、
www.microsoft.com にアクセスしてダウ
ンロードしてください。
Windows Media エクスポートの互換性を
得るには Microsoft Windows Media の更
新が必要です。
4
互換性図
アイテム
バージョン
Avid Interplay
サポート
Avid Interplay の ReadMe を参照 Macintosh の編集アプリケーションは
してください。
Avid Interplay 環境ではサポートされま
せん。重要:編集アプリケーションに
インストールされている Avid InterPlay
コンポーネントは編集アプリケーショ
ンでリリースされている Avid InterPlay
のバージョンにアップグレードします。
これには Media Indexer、Interplay
Access、Interplay Framework、Interplay
Transfer Client、ProEncode Client など
が含まれます。Avid InterPlay Server コ
ンポーネントはサポートでリストされ
れいる以前のバージョンのままにして
おくことも出来ます。詳細は Avid
Interplay Readme の「Avid Editing
Application Compatibility with Interplay
Releases」を参照してください。
NVIDIA ドライバ 169.47
サポート
(他のバージョンにアップグ
レードしないで下さい。
)
コメント
詳細については 7 ページ「NVIDIA カー
ドのセット アップ」を参照してくださ
い。
共有ストレージの
サポート
Avid Unity™ MediaNetwork およ 詳細については 9 ページ「共有スト
レージのサポート」を参照してくださ
び Avid Unity ISIS®
い。
Pro Tools
Pro Tools LE v7.3.1 および v7.4.x ï
Pro Tools LE v8.0csl 以上
ï
Interpkay 環境での ProTools について
は Avid Interplay ReadMe をご覧くだ
さい。
Pro Tools LE v7.3.1 および v7.4.x は相
互運用性が認められていますが、編
集アプリケーションと同一のシステ
ムでは共存できません。
5
アイテム
Sony XDCAM
ドライバ
バージョン
PDZ v2.23 および FAM v2.04
(Windows XP および Vista 32)
v2.8.1(Macintosh の XDCAM
Transfer )
コメント
Avid では XDCAM 用のドライバとし
て、Windows WP と Vista32 をサポート
し、Vista 64 デバイスはドライバは使用
できません
Avid は次の Sony PDW デバイスを使用
するときには Windows XP SP3 上に
v2.04 ドライバをインストールすること
をお薦めします。
PDW 1500、PDW HD1500、PDW 700、
PDW 350、PDW F75、PDW F70、
PDWD1
ドライバは Sony web ページ
http://esupport.sony.com よりダウンロー
ドできます。
PDW U1 デバイスを使用するときには、
VFAM ドライバ v2.1.0 をインストール
することをお薦めします。
ドライバは Sony web ページ
http://esupport.sony.com よりダウンロー
ドできます。
Panasonic P2 ドラ (Windows XP および Vista)P2
イバ
デバイスのドライバ バージョ
ン:v2.02 ∼ v2.4
現在、Macintosh クライアント用に P2
ライトバックはサポートされません。
(Macintosh PowerPC および
MacIntel)P2 デバイスのドライ
バ バージョン:v1.2
Boris Continuum
Complete
v5.0.4
Avid DVD by Sonic v6.1
6
付属:
Avid Media Composer
Avid NewsCutter®
Avid Symphony™ Nitris®
Avid Symphony Nitris DX
付属:
Avid Media Composer
Avid NewsCutter
Avid Symphony Nitris
Avid Symphony Nitris DX
NVIDIA カードのセット アップ
アイテム
バージョン
コメント
Sorenson Squeeze
v5.0
付属:
Avid Media Composer
Avid NewsCutter
Avid Symphony Nitris
Avid Symphony Nitirs DX
Sorenson Squeeze は Vista64 との互換が
ありません。
SmartSound
v4.5
付属:
Avid Media Composer
Avid NewsCutter
Avid Symphony Nitris
Avid Symphony Nitris DX
SmartSound は Vista64 との互換がありま
せん。
NVIDIA カードのセット アップ
NVIDIA カードをセット アップするには、適切なディスプレイ ドライバ バージョンを
準備し、必要に応じてディスプレイ ドライバをインストールし、適切な表示設定を
行っておく必要があります。
NVIDIA カードをセット アップする前に、適切なディスプレイ ドライバ バージョンが
存在することを確認してください。169.47 NVIDIA ドライバがない場合は、Avid アプ
リケーションと共にインストールされた Utilities フォルダからインストールできます。
NVIDIA ディスプレイ ドライバ バージョンを確認するには
1. デスクトップを右クリックして、[プロパティ]を選択します。
[画面のプロパティ]ダイアログ ボックスが表示されます。
2.[設定]タブをクリックします。
3.[詳細設定]ボタンをクリックします。
4. 該当する Quadro タブをクリックします。Quadro タブをクリックしたときに、タブ
の左側のツリーに表示される最初の要素をクリックする必要がある場合がありま
す。
ForceWare バージョンの行のグラフィックス カード情報セクションに、バージョン
番号が表示されます。
7
NVIDIA ディスプレイ ドライバをインストールするには
1. Program Files\Avid \ Utilities \nVidia に移動し、
169.47_forceware_winxp2k_english_whql.exe をダブルクリックします。
2. 画面の指示に従って、NVIDIA ファイルを C:\NVIDIA\Win2KXP\169.47 に解凍しま
す。
NVIDIA セットアップ プログラムが開きます。
3. 画面の指示に従って、システムを再起動します。
2 つのモニタを使用している場合にデュアルビュー モードを設定するには
1. デスクトップを右クリックして、[Nvidia コントロール パネル (Nvidia Control
Panel)]を選択します。
2. ウィンドウの左にある設定ウィンドウで、[複数ディスプレイのセットアップ (Set
up multiple display)]をクリックします。
3.[使用する表示ディスプレイ モードの選択 (Choose View display mode to use)]領域
で[相互に独立して構成する (Dualview) (Configure independently from each other
(Dualview))]を選択します。
4.[適用 (Apply)]をクリックし、[OK]をクリックします。
NVIDIA Driver Helper Service を無効にする (Windows
XP)
NVIDIA Driver Helper Service は、NVIDIA ドライバと共に動作するバックグラウンド
プログラムです。このサービスは、新しいドライバが利用可能な場合に通知する働き
があります。このサービスが有効になっているとシステムの起動や終了時に時間がか
かるばかりでなく、Adobe® Photoshop® のガンマのロードやカラーコレクションを妨げ
ます。このような場合は、NVIDIA Driver Helper Service を無効にしてください。
NVIDIA Driver Helper Service を無効にするには
1. [ マイ コンピュータ ] を右クリックします。.
2. [ 管理 ] をクリックします。
3. [ サービスとアプリケーション ] をダブルクリックします。
4. [ サービス ] をダブルクリックします。
5. [NVidia Display Driver] または、[NVidia Driver Helper Service] を右クリックします。
6. [ プロパティ ] を選択します。
7. [ スタートアップの種類 ] メニューで、[ 無効 ] を選択します。
8. [OK] をクリックします。
ドライバをアップデートや再読み込みをする度に、この設定は有効に設定されま
す。
8
共有ストレージのサポート
共有ストレージのサポート
共有ストレージ環境でテストされている編集アプリケーションは次の通りです。
サポート済み
ISIS
クライアント
バージョン
サポート済
み ISIS
サーバー
バージョン
サポート済み
サポート済み
MediaNetwork MediaNetwork
サーバー
クライアント
バージョン
バージョン
Windows XP
v1.4, v1.5, v1.6,
v2.0.1
v1.4, v1.5,
v1.6, v2.0.1
v4.1.6, v4.2.4,
v5.0.1, v5.1, v5.1.1
v4.1.6, v4.2.4, v5.0.1,
v5.1
Windows Vista
Business 32 と
Windows Vista
Business 64 a
v1.5, v1.6, v2.0.1
v1.4, v1.5,
v1.6, v2.0.1
v5.1, v5.1.1
v4.1.6, v4.2.4, v5.0.1,
v5.1
Macintosh
v1.5, v1.6, v2.0.1
Leopard 10.5.5 と
10.5.6. 詳細は
4 ページ「互換
性図」をご覧下
さい。
v1.4, v1.5,
v1.6, v2.0.1
v5.1, 5.1.2
v4.1.6, v4.2.4, v5.0.1,
v5.1
編集アプリ
ケーション
OS
a. Windows Vista Business 32 はいくつかの Avid 編集アプリケーションでサポートされています。4 ペー
ジ「互換性図」をご覧ください。
編集アプリケーションをインストールする前に
次の情報をもとに、システムにインストール可能な編集アプリケーションを確認して
ください。
既存のエディタのアップグレード
次の既存の編集アプリケーションは、次のとおりアップグレードできます。
•
Media Composer v2.7.x 以降を Media Composer v3.0 にアップグレード可能(WinXP
OS)
•
Symphony Nitris v1.7.x 以降を Symphony Nitris v3.0 にアップグレード可能(WinXP
OS)
•
NewsCutter XP および NewsCutter Adrenaline v6.7.x 以降を NewsCutter v7.0 にアップ
グレード可能(WinXP OS)
9
新規にご使用になる(システムに Avid エディタがまったくインストールされていな
い)場合は、次のアプリケーションを認定済み WinXP システムまたは Vista システム
にインストールできます。
•
Media Composer v3.0 以降
•
Symphony Nitris v3.0 以降
•
NewsCutter v7.0 以降
編集アプリケーションの Vista バージョンでの次のアップグレード プロセスはサポー
トされません。
たとえば、編集アプリケーション Media Composer v2.7.x をアンインストールし、OS を
WinXP から Vista にアップグレードした後、Media Composer 3.x をインストールするこ
とはできません。Vista への編集アプリケーションのインストールは、Vista のクリーン
システムでのみ可能です。
Media Composer v3.x リリースの Macintosh バージョンは、OS X Leopard を使用する
Macintosh のクリーン システムにのみインストール可能です。
Vista OS に関する注意
Vista OS で編集アプリケーションを稼動している場合は、次のトピックをよくお読み
ください。
デスクトップ構成を無効化する
Vista OS で編集アプリケーションを稼動している場合、Avid エディタを起動すると、
デスクトップ構成の無効化を求めるダイアログ ボックスが表示されることがありま
す。Avid 編集アプリケーションに悪影響を与えることなく、この無効化を行うことが
できます。
この無効化を選択して、編集セッションを続行できます。このオプションを無効化し
ないと、編集アプリケーションの再起動時に再度ダイアログ ボックスが表示されま
す。
デスクトップ構成を無効化するには
1.[コントロール パネル]を開きます。
2.[システム]をダブルクリックします。
3.[設定の変更 (Change Settings)]をクリックします。
4.[詳細設定]タブをクリックします。
5.[パフォーマンス]領域の[設定]をクリックします。
6.[デスクトップ構成を有効にする (Enable desktop composition)]のチェックをオフに
します。
10
編集アプリケーションをインストールする前に
これで、次回の編集アプリケーション起動時に、デスクトップ構成の無効化を求
めるダイアログ ボックスは表示されません。
ユーザー アクセス コントロールの設定
Windows Vista にはユーザー アクセス コントロール(UAC)が含まれています。これ
は、コンピュータに行われる変更を通知し、ユーザーがその変更を許可するかどうか
を決定できるようにします。UAC を ON のままにすることを推奨します。この機能
は、Windows Vista オペレーティング システムのデフォルトでオンに設定されます。
標準ユーザー
最初に編集アプリケーションを管理者としてインストールする必要があります。共有
ストレージ環境の場合は、自分のワークスペースを管理者としてマウントします。次
に、ログオフし、必要に応じて標準ユーザーとしてもう一度ログインします。
Vista Windows サイドバー
Vista Windows サイドバーが有効になっている場合、再生を停止するとタイムライン モ
ニタがちらつくことがあります。Windows サイドバーを無効化してください。
Vista を無効にするには
1. サイドバーまたはサイドバー アイコンを右クリックして、[プロパティ]を選択し
ます。
2.[Windows 起動時にサイドバーを開始します]を選択解除します。
3. アイコンを右クリックして[終了 (Exit)]を選択し、サイドバーを閉じます。
新しいフォルダ構造
一部の編集アプリケーション フォルダが新しい場所に移動して共有されるようにな
り、インストール時にユーザーに表示されます。これらのフォルダはインストール時
に作成され、すべてのユーザーに対して特別なアクセス許可が与えられます。
次のフォルダは Windows XP システムの次の場所に作成されます。
C:/Documents and Settings/AllUsers/Shared Documents/<AvidProductName>
•
Avid Attic
•
•
Avid ユーザー
Avid Media_Files
•
Avid Templates
•
•
設定
Avid FatalErrorReports
11
•
sharedjvm/server/apps/MediaIndexer/stat/log
•
MarqueeTitles
•
AVX プラグイン データ
次のフォルダは Vista システムの次の場所に作成されます。
C:/Users/Public/Public Documents/<AvidProductName>
•
Avid Attic
•
•
Avid ユーザー
Avid Media_Files
•
Avid Templates
•
•
設定
Avid FatalErrorReports
•
sharedjvm/server/apps/MediaIndexer/stat/log
•
MarqueeTitles
•
AVX プラグイン データ
インストール前に古いフォルダをクリーンアップする
アップグレードを実行する場合は、次の手順を実行して古いフォルダをクリーンアッ
プしてから新しいファイルをインストールします。
フォルダをクリーンアップするには
1. 既存の Avid 編集アプリケーションをアンインストールします。アンインストール
対象には、FilmScribe™ や EDL Manager などのヘルパー アプリケーションも含ま
れます。
2. アンインストール プロセス後も次のレジストリ キーが存在している場合は、シス
テムからレジストリ キーを削除します。
HKLM/Software/Avid Technology/<productname>
HKLM/Software/Avid Technology/AVX Plug-ins
3. 次のフォルダのうち、保持するカスタム データが含まれないフォルダを削除しま
す。カスタム データが存在する場合は、手順 4 の後、そのデータを新しい場所に
コピーします。
C:/Documents and Settings/AllUsers/ApplicationData/Avid/<productname>
C:/Program Files/Avid/<ProductName>
(Vista)C:/ProgramData/Avid/<Productname>
4. 新しい Avid 編集アプリケーションをインストールします。
12
ソフトウェアライセンスの注意点
ソフトウェアライセンスの注意点
OS をアップグレードしたとき
Avid アプリケーションのインストール後、OS をアップグレードする場合、最初にソ
フトウェアを [ 無効 (DeActivate)] します。OS のアップグレード後、必要な場合にはア
プリケーションを再インストールし、ソフトウェアを [ 有効 (Activate)] しなおします。
ソフトウェアにアクティベーションの詳細は「Installation Guide for Avid Editing
Applications.」をご参照ください。
ラップトップのネットワーク設定
ソフトウェアライセンスに情報はシステムネットワークの構成を使用しています。ワ
イヤレスネットワーク接続でインターネットに接続しているとき、ラップトップシス
テムではネットワークインターフェースカード (NIC) を無効にします。ラップトップ
で Avid 編集システムアプリケーションを起動している場合、ソフトウェアを [ 有効
(Activate)] にしたときと、NIC とワイヤレスの構成が常に同じであることを確認して下
さい。ネットワーク設定が変更したときのために、ユーザーアシスタンスをご覧くだ
さい。
GetLicenseInfo Utility の使用
Avid には GetLicenseInfo.exe という、ライセンスに関する情報を提示するユーティリ
ティ プログラムがあります。オリジナルライセンス情報がなくなってしまった場合や、
Avid カスタマーサポートに連絡する場合にこのツールは便利です。ライセンス情報は
システム毎にこのユーティリティによって、次の項目が集められます。
•
プロダクト名
•
ライセンスの種類
•
状況
•
システム ID
•
シリアルナンバー ( セキュリティのため、シリアルナンバーの一部は表示されませ
ん。)
Avid MachineID
•
ライセンス情報を集めるには
1. いずれかの場所に行きます。
t
(Windows) Program Files\Avid\Utilities\GetLicenseInfo
t
(Macintosh) Applications/Utilities/Avid Utilities/GetLicenseInfo
2. GetLicenseInfo.exe をダブルクリックします。
13
ターミナルウィンドウが開き、ライセンス情報を表示します。
3. 適切なライセンス情報をコピーし、ターミナルウィンドウを閉じます。
ソフトウェアをインストールする
以前のバージョンからアップデートする場合、既存の編集アプリケーションをアンイ
ンストールします。コントロールパネルの追加と削除を使用して、Digi Driver も削除
します。システムを再起動し、新しい編集アプリケーションをインストールします。
Digi Driver を削除しない場合、Audiosuite プラグインはロードされず、“This software
requires installation of device driver TPkd and a reboot before running” または “DAE Interface
NOT Available” のエラーメッセージが表示されることがあります。クリーンインストー
ルされた新しいシステムでこのエラーが出た場合、問題を解決するために、Windows
Update から KB926255 の Hot fix をインストールします。
(Macintosh のみ )Macintosh 編集アプリケーションの前のバージョンからアップデート
する場合、次の場所にある Stereo Mixer.dpm と Surround Mixer.dpm プラグインを削除し
ます。Macintosh HD/Library/Application Support/Digidesign/Plug-Ins。ファイルを削除し
ないと、AudioSuite Tool に問題が出ることがありましす。
すべての Avid 編集アプリケーションで、最初に(単に管理者権限を持つユーザーとし
てではなく)管理者としてログインし、アプリケーションをインストールした後、管
理者として初めてアプリケーションを起動します。共有ストレージ環境で作業してい
る場合は、自分のワークスペースをマウントします。その後で通常のユーザーとして
Avid 編集アプリケーションを実行できます。
(Windows)Avid 編集アプリケーション ソフトウェアをインストールするには
1. アクティブなアプリケーションをすべて終了します。
2. 編集アプリケーションの DVD を挿入します。
3. [Avid Editor Suite をインストールする (Install the Avid Editor Suite)]または[個々
の製品 (Individual Product)]をクリックし、画面の指示に従います。
FilesInUSe]ダイアログ ボックスが表示されたら、[無視 (Ignore)]を選択して続行し
n [ます。
n
システムでの Windows のアクティビティによっては一部の Microsoft Windows ドライバ
警告がインストール時にタスク バー上に最小化されることがあります。インストール
に 5 ∼ 10 分以上かかる場合は、SOFTWARE という文字が表示されたアイコンをタスク
バーでチェックしてください。このアイコンをクリックし、表示される[続行する
(Continue Anyway)]を選択してインストールを続行できます。
4. プロンプトが表示されたら、[コンピュータを再起動する (Yes, restart my
computer)]を選択します。
14
Avid NewsCutter v7.5 の新機能
(Macintosh)Avid 編集アプリケーション ソフトウェアをインストールするには
1. アプリケーションをすべて終了します。
2. 編集アプリケーションの DVD を挿入します。
3.[Avid Editor Suite をインストールする (Install the Avid Editor Suite)]または[個々の
製品 (Individual Product)]をクリックし、画面の指示に従います。
4. プロンプトが表示されたら、[コンピュータを再起動する (Yes, restart my
computer)]を選択します。
Avid NewsCutter v7.5 の新機能
新機能
次の表は Avid® Media Composer® v3.5、NewsCutter® v 7.5、Symphony™ Nitris® v3.5 の新
機能の概要です。それぞれの機能はすべてのプロダクトモデルに含まれていません。
詳細情報へのリンクについては、詳細情報の列を参照してください。
特徴
説明
ソフトウェア
アクティベーション
Avid ではソフトウェアのアクティベーショ 新規ユーザーの場合には、ド
ンにソフトウェアライセンスを取り入れま キュメントボックスにある
した。
Installation Guide をご覧下さ
い。前のバージョンからアッ
プグレードし、アップグレー
ドキッドを注文した場合には
にも、Installation Guide を参
照してご覧下さい。Avid ダウ
ンロードページからソフト
ウェアをダウンロードする場
合には、ダウンロードページ
にある Install_SWLicense.pdf
をご覧下さい。また 13 ペー
ジ「ソフトウェアライセンス
の注意点」もご覧ください。
カラーコレクションでの
キーフレーム
アドバンスドカラーコレクションを使用し ヘルプの “Keyframing Color
てカラーコレクションの調整をアニメー
Corrections” を参照してくださ
ションすることができます。
い。
Long-GOP ビデオミックス Long-GOP HD フォーマットを使用しての
ダウン
ビデオミックスダウンをサポートしまし
た。
詳細情報
19 ページ「Long-GOP メディ
アの作成」を参照してくださ
い。
15
特徴
説明
詳細情報
再リンク機能の向上
使用できる SD または HD メディアにク
ヘルプの “Relinking Media
リップを再リンクさせることができます。 Files” を参照してください。
また、再リンクダイアログボックス内で
フォーマットと解像度を選択することがで
きます。
Native Thin Raster のサポー システムの構成で、再生と編集のラスター ヘルプの “Raster Sizes” を参照
ト
サイズを直接選択することができます。
してください。
BWF オーディオファイル マルチチャンネルファイルやモノラルの
ヘルプの “Working with BWF
サポート
BWF ファイルを Avid 編集システムにシン Files” を参照してください。
グルマスタークリップとして、インポート
することができます。
16
インポートする前にオー
ディオゲインを調節する
オーディオファイルをインポートすると
ヘルプの “Adjusting Gain
Before Importing Audio Files”
き、オーディオミックスツールを開かず
に、クリップのゲインを設定することがで を参照してください。
きます。
Avid Media Access (AMA)
プラグイン
アーキテクチャ
サードパーティのボリュームから、システ ヘルプの “File Based Media” を
ム上に直接メディアを保存しないで、ビン 参照してください。
の中にクリップ (XDCAM や XDCAM EX、
P2) をリンクすることができます。
XDCAM EX
You can now import an XDCAM EX クリップ ヘルプの “Sony XDCAM EX
を Avid 編集システムにインポートするこ Media” を参照してください。
とができます。また AMA を使用し、
XDCAM EX クリップにリンクすることが
できます。
XDCAM
Windows と Macintosh プラットフォームの ヘルプの "Sony XDCAM
両方で、XDCAM のインポートスピードが Media" を参照してください。
向上しました。
FluidStabilizer
カメラの動きを追従するための新しいト
ラッキングエンジンが設計されました。
エフェクトを含むシーケ
ンスの修正
このリリースには新しいまたは修正された ヘルプの “Promoting and
Demoting Existing Effects in
メニューコマンドがあります。
Sequences” を参照してくださ
い。
ヘルプの “Stabilizing an Image”
を参照してください。
Avid NewsCutter v7.5 の新機能
特徴
説明
アドバンスドキーフレー
ムの変更
アドバンスドキーフレーム機能には次の変 ヘルプの “Working with
更点があります。
Advanced Keyframes” を参照し
てください。
•
エフェクトエディタ設定にある [ 始
点 / 終点キーフレーム自動設定
(Automatic Start and End Keyframes)] は
なくなりました。
•
エフェクトエディタ内でのネストさ
れたアドバンスドキーフレームエ
フェクトの作用方法が変わりました。
詳細情報
セグメント上のすべてのネストされ
たエフェクトはエフェクトエディタ
ですべて使用できます。いつでもネ
ストされたエフェクトのパラメータ
やキーフレームグラフを開き、操作
することができます。
エフェクトエディタでネストされた
エフェクトの順番を変更するための、
古いメカニズム(ネストの優先順位
のアイコンをドラッグする)はもう
使用できません。
•
シークエンスにネストされた標準
キーフレームエフェクトがある場
合、エフェクトエディタでは一度
に一つのエフェクトしか表示しま
せん。ネストの中に標準とアドバ
ンスドの両方が混在する場合、標
準キーフレームの下のエフェクト
はネストにステップインするまで、
エフェクトエディタには表示され
ません。
Generator エフェクトの新 SubCap と Timecode Burn-In エフェクトに
しいパラメータ
新しいオプションが追加されました。
ヘルプの “Generator Effects” を
参照してください。
17
18
特徴
説明
詳細情報
ステレオスコピック
ステレオスコピック (3D) 素材を表示し、
編集するための機能です。
ヘルプの “Working with
Stereoscopic Material” を参照
してください。
ステレオスコピック編集のた
めにモニタのコントロールを
する設定は、プロジェクト設
定ではなくユーザー設定にな
ります。そのため、例えば
3D プロジェクトとそうでな
いプロジェクト間を切り替え
るときには不便です。ステレ
オスコピックプロジェクトを
ロードするときには常に切り
替えできるように ユーザープ
ロファイルを作成します。
16 チャンネルオーディオ
16 チャンネルがサポートされている HD デ 20 ページ「HD-SDI 16- チャ
バイスから HD-SDI 経由で、16 オーディオ ンネルオーディオ」を参照し
てください。
チャンネルまでキャプチャできます。
AudioSuite プラグイン
このリリースではより多くの AudioSuite
Plug-In がサポートされました。
CPU/GPU アクセラレー
ション
v3.5 と v7.5 リリースで、追加されたエフェ 20 ページ「CPU/GPU アクセ
クトは CPU/GPU アクセラレーションを利 ラレーション」を参照してく
用しています。
ださい。
ヘルプの “Understanding
Digidesign AudioSuite Plug-Ins”
を参照してください。
Long-GOP メディアの作成
特徴
説明
詳細情報
NRCS ツールの向上
Avid iNEWS サーバー上に保存されている
ストーリーがあるとき、次の Avid
NewsCutter 機能が使用できます。
See the Avid NewsCutter Help.
ï
NRCS ツールにはストーリーをロッ
クさせる機能をサポートしました。
iNEWS サーバーでストーリーを開
き、編集モードに入ると、NRCS
ツールはストーリーをロックするた
め、他のユーザーが同時に編集する
ことができません。
ï
iNEWS サーバー上のストーリーを使
用しているとき、ディレクトリパネ
ルにページ数やビデオ ID、いくつか
のステータスメッセージなど、追加
情報を表示させることができます。
それらのメタデータカテゴリはディ
レクトリパネルのコラムとして表示
します。
n
これらの機能は ENPS サーバーで
は使用できません。
3GB Utility の変更
DX や Nitris DX 前の搭載のシステムでは、 57 ページ「使用可能なアド
アドレススペースを前のリリースの 2500
レス スペースを拡張し、
から 2700 に拡張します。Mojo DX または RAM を追加してパフォーマ
Nitris DX が搭載されている場合、エディタ ンスを向上させる
を起動すると、メッセージが表示されま (Windows)」を参照してくだ
さい。
す。
エクスポートの向上
XDCAM にエクスポートするとき、エンベ
デッドタイムコードをサポートします。
QuickTime ムービーをエクスポートすると
き、エンベデッドタイムコードをサポート
します。
MPEG IMX や XDCAM HD 50 Mbits に8ト
ラックのオーディオをエクスポートするこ
とをサポートします。
Long-GOP メディアの作成
Avid 編集アプリケーションは すべての Long-GOP フォーマットとモデル (XDCAM HD
と XDCAM EX) のメディアの作成と再生をサポートします。Long-GOP HD フォーマッ
トを使ってのビデオミックスダウンもできます。
19
詳細はプロジェクトで「Long-GOP HD フォーマットの使用」にあります、また Avid
Interplay Best Practices v1.6 にある「Long GOP Workflows」をご覧下さい。
HD-SDI 16- チャンネルオーディオ
16 チャンネルまでのオーディオをサポート済みの HD デバイスから Capture ツールで
録音することができます。HD-SDI で出力するときに限って、16 チャンネルまでの
オーディオをデジタルカットすることができます。
n
すべてのデッキが 16 チャンネルをサポートしていません。詳細はデッキについている
ドキュメントをご覧ください。
次の Avid 編集システムで、HD-SDI 16 チャンネルの出力がサポートされています。
• Avid Nitris DX
•
Avid Mojo DX
CPU/GPU アクセラレーション
v3.0 と v7.0 のリリースで、ビジュアルエフェクトの CPU/GPU アクセラレーションが
紹介されました。エフェクトのパフォーマンス向上のためにシステムは自動的に使用
可能なホストワークステーションの CPU または GPU のリソースを使用します。v3.5
と v7.5 のリリースでは、CPU/GPU アクセラレーションが使用できるエフェクトが追加
されています。3D-Warp の Perspective や SpinZ、Luma Key、Peel は新しい GPU エフェ
クトです。
レンダー設定オプションにある「エフェクトのレンダリング品質 (Effects Quality
Render Using)」オプションは 「Image Interpolation」に変更されました。Symphony
Nitris 以外では、Standard mode だけが前のバージョンでサポートされていた品質です。
Image Interpolation
.
サイズや位置が変更されたフェクト全体に設定します。次のオプショ
ンが使用できます。
Advanced (Polyphase): 高品質でエフェクトをレンダリングするときに
使用します。
Standard (Bilinear): 標準品質でエフェクトをレンダリングするときに使
用します。
Draft (Nearest Neighbor): 最終的な品質で仕上げる必要がないとき、パ
フォーマンスを優先したいときに使用します。
20
Avid NewsCutter v7.5 での改善点
Avid NewsCutter v7.5 での改善点
以下の点が改善されています。
⇒
Avid Unity ISIS を使用し、720p 59.97 プロジェクトでバッチキャプチャを実行しても、
"DIG_TOO_SHORT" エラーはでません。
⇒
Panasonic AJ-HD1400 デッキに DVC PRO HD メディアをデジタルカットできます。
⇒
プロジェクトウィンドウにあるフォルダ名を変更し、このフォルダの中にあるビンを
保存しても、エラーがでません。
⇒
(Macintosh) マルチグループクリップで JKL キーを使用しても、"Segmentation Fault" エ
ラーはでません。
⇒
DNxHD 220 メディアで SpectraMatte エフェクトを使用し、再生のためにビデオ品質オ
プションをフルクオリティにしても、アプリケーションが遅くなりません。
⇒
Avid Unity MediaNetwork から Avid Unity ISIS に移動しても、9 面マルチカメラの再生が
遅くなることはありません。
⇒
シークエンスの始めに黒味があり、Timecode burn-In エフェクトで表示を変更しても、
編集アプリケーションはハングしません。
⇒
フィラークリップ上に直接 AVX1 エフェクトを置いても、プロモート中にエフェクト
とフィラーの両方が消えてしまうことはありません。
⇒
QuickTime リファレンスのエクスポートの完了が前のバージョンよりも早くなりまし
た。
⇒
Avid Interplay v1.2.3 環境に接続された Avid Symphony Nitris システムで非圧縮ビデオを
再生しても、フレーム落ちしません。
⇒
MetaSync で正しくマットキーがインポートできます。
⇒
VFX と DPX のタイムコードは レコードモニターのタイムコード表示にも、タイム
コード ウィンドウにも表示されます。
⇒
(Symphony Nitris DX) メモリが 17% を超えても、"Get Free Heap" エラーはでません。
⇒
アプリケーションはデジタルカットの開始前にメディアオフラインを確認しないこと
がありましたが、この問題は解決されました。しかし、シークエンスにメタトラック
があると、オフラインメディアのメッセージが出ることがあります。
21
制限事項と既知の問題
AMA (Avid Media Access)
⇒
AMA でクリップをリンクしていて、新しいビンのビューをブリーフからテキストに切
り替えると、メタデータ情報がなくなってしまうことがあります。
対処法: ビンがテキストやスクリプト、フレームになっているときに、AMA でク
リップがリンクします。
⇒
P2 AMA インポート:1080i59 のような同じプロジェクト上で、二枚またがった P2
カードからコンソリデートまたはトランスコードができないことがあります。システ
ムは ”ConsolidateFMobs() Too Many Files” エラーメッセージを表示します。
対処法:この問題が起こったら、二枚の P2 カードにまたがったメディアのイン
ポートに AMA を使用しないでください。
⇒
AMA で作業をしていると、ビンコラム選択ダイアログボックスには常にすべてのビン
項目を表示しません。
対処法: AMA クリップが保存されているビンを閉じて、再度開きます。ビン項目は
ビンコラム選択ダイアログボックスにすべて表示されます。
⇒
AMA を使用してクリップをコンソリデートまたはトランスコードすると、ネイティブ
オーディオのサンプルレートと同じオーディオサンプルレートのままにします。オー
ディオのサンプルレート変換を選択すると、システムは必要なスペースを計算せず、
コンソリデートは失敗します。しかし、オーディオサンプルのビット深度の変換を選
択したり、オーディオフォーマットを変換することで、コンソリデートを成功させる
ことができます。
⇒
アプリケーションが AMA(Avid Media Access) 使用中に複数のワークスペースをマウン
トしていると、Avid 編集システムの反応が遅くなります。
対処法: Avid 編集アプリケーションを開く前に複数のワークスペースをマウントし、
AMA で作業します。
⇒
(Macintosh のみ ) 書き込み禁止になっている XDCAM EX (SxS) カードを取り出した後
でさえ、オフラインクリップが選択された状態(黄色にハイライト)で表示されます。
対処法: カードを書き込み禁止にせず、アプリケーションが起動している間はカード
を取り出さないでください。
⇒
22
ディスクから XDCAM DV 25 メディアを再生すると、オーディオフレームがドロップ
またはスキップすることがあります。この原因はスピンバックアップのためにディス
クが必要な時間が原因かもしれません。
制限事項と既知の問題
⇒
次のフォルダ名、“OMFI MediaFiles” や “Avid MediaFiles”、“Contents”、“Clip” 、“BPAV”
は適切なメディアファイルが入ったアプリケーションまたはカメラで作成されたファ
イル名です。ボリュームをマウントするときに、エラーがでないようにするために、
システム上にそれらのファイル名がついたフォルダを作成しないでください。
⇒
AMA でクリップをリンクしているとき、ビンビューがテキストまたはスクリプト、フ
レームになっているか確認してください。メタデータのビン項目はブリーフには保存
できません。
オーディオ
⇒
システムが HP xw8400 の場合、編集アプリケーションで、接続されたマイクロフォン
などのオーディオ デバイスのレベルが適切に制御されるように、サウンド設定をカス
タマイズする必要があります。
対処法: サウンド カード設定をカスタマイズするには
1.[プロジェクト (Project)]ウィンドウで[設定 (Settings)]タブをクリックします。
2.[サウンド カードの設定 (Sound Card Configuration)]をダブルクリックします。
3. レコード / 入力の説明が再生 / 出力の設定と一致することを確認します。たとえ
ば、マイクロフォンが背面にあるピンク色のコネクタに差し込まれている場合は、
再生 / 出力オプションは[背面のピンク色入力 (Rear Pink In)]に設定します。ライ
ン入力のオーディオ デバイスが前面にある黒いコネクタに接続されている場合は、
再生 / 出力オプションは[前面の黒色入力 (Front Black In)]に設定します。
⇒
クリップ パン:2 つのクリップ間のオーディオ ディゾルブに単一オーディオ トラック
のクリップ パンを追加すると、オーディオ ディゾルブではディゾルブの間、アウト
ゴーイング ソースのクリップ パン設定が使用されます。
⇒
デジタルオーディオスクラブをしていると、時々 "ReadStreamAsyn" エラーが起こるこ
とがあります。スクラブを続けると、オーディオは戻ります。
⇒
パン オートメーション(適用されるとクリップ パンを上書きする ):2 つのクリップ
間のオーディオ ディゾルブに単一オーディオ トラックのオートメーション パンを追加
すると、オーディオ ディゾルブでは、ディゾルブ開始時のパン キーフレーム値とディ
ゾルブ終了時のパン キーフレーム値との間で、パン値が補間されます。ディゾルブの
最中に生じるパン キーフレームはすべて無視されます。
対処法: クリップ パンを使用して 2 つのクリップを別々のトラックに配置し、一方を
無音へとフェードし、もう一方を無音からフェードアップします。
⇒
720p50 HD プロジェクトを開くと、[キャプチャ ツール (Capture Tool)]ウィンドウが
開きます。HD-SDI ビデオおよびオーディオ入力を選択します。HD-SDI 埋め込み機能
を使用して HD クリップをサテライト ソースからキャプチャし、ビンに保存します。
上記の通り保存した HD クリップを使用して、HD シークエンスを作成します。
Panasonic HD 150 を構成し、埋め込まれた HD-SDI オーディオを使用するようにデッキ
を設定します。ビデオ出力ダイアログ[HD-SDI Audio Embedded ON をオンにする
23
(Turn on HD-SDI Audio Embedded ON)]が開きます。埋め込み HD-SDI オーディオ機能
を使用して HD シークエンス(プレビュー)を HD デッキに出力しようとすると、失
敗します。デッキには、オーディオ出力信号が表示されません。
⇒
Panasonic HD150 デッキでは、Adrenaline または Avid Nitris からの埋め込み HD オー
ディオ ストリームはデコードされません。
対処法: Avid DNA ハードウェアからの AES オーディオデッキに接続し、埋め込まれ
たオーディオを無効にします。
オーディオ パンチイン ツール
⇒
前のバージョンでは、プリロール時に入力をモニタすることができました。ソフト
ウェアのみのシステムでは、現在もプリロール時に入力をモニタできます。Avid Mojo
がある場合は、入力モニタリングはプリロール時ではなく、イン点で開始します。
Avid Unity
⇒
(Macintosh) Avid 編集アプリケーションはミラーリングされた Avid Unity MediaNetwork
のワークスペースに 8-bit 1:1 HD メディアをキャプチャできません。10-bit HD メディ
アは問題ありません。
対処法: 8-bit 1:1 HD メディアを Avid Unity MediaNetwork のワークスペースにキャプ
チャするために、ワークスペースのミラーリングを外し、8-bit HD メディアをキャプ
チャしなければなりません。8-bit HD メディアをキャプチャ後、ワークスペースをミ
ラーリングします。ミラーリング後、Administration ツールでワークスペースを同期
(Synchronize) させます。
⇒
Avid Unity MediaNetwork とパワー ユーザー ログイン Windows システムにパワー ユー
ザーとしてログインし、接続マネージャで同じログインを使用して Avid Unity
MediaNetwork にログオンすると、メディアを再生できません。
対処法: Interplay で Avid 編集アプリケーションを使用するには、パワー ユーザーと
してログインする必要があります。ただし、接続マネージャを使用して Avid Unity
MediaNetwork にログオンする場合は、同じログインを使用しないでください。接続マ
ネージャでは別のログインを使用してください。Avid Unity ISIS では、この問題は発
生しません。
⇒
アジアの文字を使用したワークスペース名は、ドライブ選択リストでは、終わりが切
り捨てられて表示されることがあります。
対処法: ワークスペース名は 5 文字以内にしてください。
⇒
24
MediaNetwork ファイバ接続クライアントでユーザーを変更するファイバ接続クライア
ントでユーザーを変更する際に、Windows の[ログオフ]のユーザーの切り替え機能
を使用しないでください。元のユーザーとしてログインし直した場合、メディアを再
制限事項と既知の問題
生するときに次のエラーが表示されることがあります。例外:FILE_OTHER,
filename:... Exception:SYS_ERROR, status:1317, msg: 指定されたユーザーは存在しませ
ん。
対処法: この問題が発生した場合、修正するには、システムを再起動してください。
この問題を回避するには、ユーザーを切り替える前に完全にログオフしてから、シス
テムを再起動してください。
キャプチャ
⇒
SonyZ7U または Canon XH-G1 カメラを使用して、FireWire でキャプチャをすると、
"Lack of progress" エラーがでます。
⇒
検出されない小さなタイムコード ブレークが原因で、1394 を介してキャプチャされた
素材のバッチ キャプチャの正確性に問題が生じる場合は、[キャプチャ設定 (Capture
Settings)]の[DV& HDV]タブにあるオプション[小さなタイムコード ブレークの検
出を有効化する (Enable detection of small timecode break)]を選択します。
⇒
1:1 10 bit でキャプチャをすると、”DIG_VDM_OVERRUN” または “ video overrun” エ
ラーがでます。ストレージパフォーマンスが最適化されていると、この問題は起こり
ません。
⇒
(Macintosh)28 文字以上の名前の対象ドライブまたはワークスペースにアクセスしよ
うとすると「Mac Error - 37」というエラーが表示されます。
対処法: 対象ドライブ名またはワークスペース名が 28 文字未満になるようにしてく
ださい。
⇒
2 日以上、Avid 編集システムを使用してクリップをキャプチャし、同じプロジェクト
と同じテープ名を使用する(たとえば、別の日に「Live」という名前のケーブル
フィードからキャプチャする)と、クリップの再リンクで古いクリップが新しいク
リップに再リンクされる場合があります。この場合、クリップは別の日にキャプチャ
されたものであっても、同じ 24 時間タイムコードと同じテープ名を使用しているた
め、Avid システムではキャプチャされた素材を同じソースからのものとして扱いま
す。そのため、クリップを再リンクしても、正しく再リンクされません。
対処法: 一般的なテープ名や内容の説明ではないテープ名を使用すること(たとえ
ば、ライブ フィードに「Live」というテープ名を使用するなど)は避けてください。
各キャプチャに対して区別しやすいテープ名を使用してください。また、ご使用の編
集システムでキャプチャを実行する場合は、別のプロジェクトを使用してください。
プロジェクトを変更すると、キャプチャに同じテープ名を使用した場合でも、Avid シ
ステムでは新しいソース ID が生成されます。これにより、再リンクの問題が回避され
ます。
⇒
Sony HVR-M10U で DV テープを使用すると、
「プリロール ポイントが見つかりません」
というメッセージが表示されることがあります。
25
対処法: マシン テンプレートを「Generic_DVDevice-NTSC」または
「Generic_DVDevice-PAL」テンプレートに変更します。これにより、強制的にソフト
ウェアでプリロール タイムコードの頭出しに別の方法が使用されます。
⇒
編集アプリケーションでは、Frame Chase 編集クリップをメディア サービス トランス
コードに送信しようとしても警告は表示されません。インジェスト中のクリップをメ
ディア サービス トランスコードに送信しないでください。クリップのインジェストが
完了するまで待機してください。
⇒
エディタで Frame Chase キャプチャによりキャプチャされたクリップをロードする際
に、次のエラー メッセージが表示されることがあります。「再リンク プロセスで発生
するエラー:新しいトラックの長さが元のトラックの長さと等しくありません (Error
encountered during relink process: New track length does not equal original track length)」
対処法: 編集アプリケーションで、クリップおよびシークエンスを右クリックし、
Interplay の[更新 (Update)]を選択します。Assist で、クリップを選択して F5 キーを
押すことにより、Interplay データベースのクリップを更新します。
⇒
キャプチャを行い、パススルー モニタを使用すると、ユーザーによる読み取りを防ぐ
ため、デスクトップ パススルーによりパススルー モニタと同じスペースに存在するエ
ラー メッセージが表示される場合があります。
対処法: 影響を受けるウィンドウまたはメッセージ ボックスをレコード モニタから
移動し、Avid アプリケーションの前面に別のアプリケーションを配置した後、Avid に
戻って強制的に UI を更新します。
⇒
1394 を介して HDV デバイスを HDV インターレース プロジェクトにキャプチャする
と、ビデオが複数の正方形に分断される場合があります。ただし、キャプチャされた
メディアは手付かずの完全な状態のままです。
⇒
無効なフレームを含むメディアをキャプチャすると、キャプチャが中止され、無効な
フレームが破棄されたというエラー メッセージが表示され、クリップを保持するかど
うかをたずねられます。このメッセージは誤りであり、無効なフレームは破棄されて
いません。
対処法:[いいえ (No)]をクリックして、クリップを破棄し、テープの不良箇所を除
外する新規のマークを使用して再キャプチャします。クリップは保持しないでくださ
い。
⇒
[ビデオ表示設定 (Video Display Settings)]ダイアログ ボックスの[コンフィデンス
ビュー有効 (Enable Confidence View)]をオフにし、キャプチャ ツールを開くと、クラ
イアント モニタにはパススルーが表示されません。
対処法: 次のいずれかを実行します。
t [コンフィデンス ビュー有効 (Enable Confidence View)]を選択します。
t
26
キャプチャ ツールの[キャプチャ (Capture)]ボタンをクリックします。
制限事項と既知の問題
⇒
⇒
HDV プロジェクトでは、48k サンプル レートでのみオーディオをキャプチャできま
す。インカミング オーディオは FireWire® を経由するデジタル オーディオであり、ソ
フトウェアはキャプチャ時に 32k および 44.1k のオーディオを高い信頼性でアップサン
プルできません。別のサンプル レートでオーディオをキャプチャしようとすると、
テープのオーディオが[オーディオ プロジェクト設定 (Audio Project Settings)]ダイア
ログの設定と一致しないことを示すエラー メッセージ警告が表示されません。現在、
HDV プロジェクト フォーマットでは、48k サンプル レートのみがサポートされます。
1394 ポートへの接続が失われるか、「OHCI ポートは使用中 (OHCI Port Busy)」という
エラーが表示された場合は、FireWire ケーブルの長さをチェックしてください。
「FireWire ケーブル要件」( 39 ページ)を参照してください。
⇒
プリロール設定が 3 以下に設定されている場合、HDV をキャプチャしたときに、プリ
ロールが検出されない場合があります。デフォルトでは 6 に設定されます。このオプ
ションは 3 以下に設定しないでください。
⇒
(HDV)[オーディオ遅延 (Delay Audio)]が 7 フレーム以上に設定されている場合は、
パススルーが機能しません。([オーディオ遅延 (Delay Audio)]オプションはキャプ
チャ ツールに表示されます。)
対処法:[オーディオ遅延 (Delay Audio)]を 6 以下に設定してください。
⇒
キャプチャの際にドロップ フレーム / ノンドロップ フレームのミスマッチ エラーが発
生します。デッキ初期設定の設定が追加されました。[デッキ初期設定の設定 (Deck
Preferences Settings)]ダイアログ ボックスにアクセスます。新しい[デッキにテープが
ない場合のログ (When the deck contains no tape Log as)]オプションが表示されます。
デッキにテープがない場合、クリップのロギング用のタイムコード フォーマット ( ド
ロップ フレームまたはノンドロップ フレーム ) を選択します。デッキにテープがある
場合、テープの既存のタイムコード フォーマットが自動的に使用されます。
⇒
(HDV)HDV デバイスに接続中に、あるプロジェクト フォーマットから別のプロジェ
クト フォーマットに切り替える場合は、HDV デバイスをオフにしてから、もう一度オ
ンにしてください。
⇒
(Windows)初めて DV デッキを初期設定した後、またはシステム回復後にデッキが表
示されない場合は、次の手順を実行して手動で DV バッファを登録します。
対処法:
次の処理を実行します。
1. Program Files\Common Files\Avid に移動します。
2. Dvbuffers.ax をクリックします。
3.[開く (Open)]をクリックします。
4. リストからプログラムを選択し、[OK]をクリックします。
5. windows/system32 を検索します。
27
6. regsvr32.exe を選択します。
⇒
「例外:ADM_DIO_ERROR_OCCURRED, DIOerr: DV50 NTSC ではなく DV25NTSC を取
得しました (Exception: ADM_DIO_ERROR_OCCURRED, DIOerr:Expected DV50 NTSC
but received DV25NTSC)」というエラー メッセージは、DV 25 を DV 50 ソースから、ま
たは DV 50 を DV 25 ソースからキャプチャしようとしたことを示します。
⇒
多数のメタデータを含む長いクリップをバッチ キャプチャすると、次のエラー メッ
セージが表示され、メディアはキャプチャされません。「例外:
MXFDomain::SaveMetaDataToFile - メタデータをファイルに保存できませんでした
(Exception: MXFDomain::SaveMetaDataToFile - Failed to save meta data to file.)」OMF の
バッチ キャプチャでは、この問題は発生しません。
⇒
Panasonic AJ-SD93P または Panasonic AJ-SD93E からのキャプチャでは、次の点に注意
してください。Panasonic のデフォルトでは、DIF SPEED は S400 に設定されます。
Adrenaline および Avid Mojo では S100 の DIF SPEED が必要です。キャプチャは失敗
し、画像にスクランブルがかかるか、むらのある画像になります。
対処法: Panasonic DVCPRO デッキのメニューからメニュー DIF SPEED を S100 に設
定します。
⇒
DVCPRO HD を Panasonic HD 1200A デッキからキャプチャする場合は、メニュー DIF
SPEED を S400 に設定したままにします。
⇒
(NewsCutter Software のみ ) Capturing media using the Sony DVMC-DA1 トランスコーダー
を使用して、メディアをキャプチャをすると、A/V のシンクが外れたクリップが作成
されることがあります。
互換性
⇒
Symphony Nitris (classic) 上で EVS メディアの再生はサポートされていません。is not
Symphony Nitris DX での再生はサポートされています。
⇒
(Windows)Mbox 2 のような Digidesign オーディオデバイスを起動していると、デバイ
スが機能しなくなります。
次を実行します。
1. 編集アプリケーションを閉じます。
2. Avid Utilities フォルダの Digidesign Audio ドライバインストーラを起動します。
3. システムを再起動します。
4. オーディオデバイスがまだ起動しないどきには、C:\Program
Files\Digidesign\Drivers\DigiDriver.exe に行き、“Install” を選択します。
Windows Vista 64 の場合、C:\Program Files(x86)\Digidesign\Drivers\DigiDriver.exe にあ
ります。
28
制限事項と既知の問題
⇒
Microsoft Vista32 または Vista64 システムで、e-VTR manager を使用していると、Sony
e-VTR デバイスに接続できなくなります。Sony e-VTR のログアプリケーションは Vista
ではサポートされていません。
⇒
以前、HD プロジェクトのマルチカメラモードでは、ペストパフォーマンスのビデオク
オリティオプション(黄色 / 黄色)のみ使用することができました。HD プロジェクト
でも、黄色 / 緑のビデオクオリティオプションがマルチカメラモードで使用すること
ができるようになりました。
⇒
現在、LongGop の 9 面または 4 面のソースビューのロードには時間がかかることがあ
ります。
⇒
重量 : プロジェクトタイプまたはラスタータイプの変更をする場合、ビデオアウト
プット設定はアプリケーションのデフォルトに戻ります。例えば、シンクロックは リ
ファレンスに設定されており、プロジェクトタイプまたはラスタータイプを変更する
と、シンクロック設定はデフォルト (Internal) に変更します。プロジェクトタイプまた
はラスタータイプを変更下場合には、ビデオアウトプットツールの設定値を目的の設
定に直してください。
⇒
ライセンスのないプラグインがインストールされ、Audio Suite ツールを開くと、シス
テムがロックします。
対処法: システムからデモまたはライセンスのないプラグインを削除するか、または
正式ライセンスの iLok ドングルをシステムに接続します。
⇒
オリジナルプロジェクトが 1080i50 または 1080p25 で、25i PAL プロジェクトで作業を
していると、MPEG 30 と MPEG 50 のビン見出しが正しくないことがあります。
⇒
(Macintosh) ファンクションキーに割り当てられた機能が動作しない場合、System
Preferences > Mouse and Keyboard > Keyboard タブで、“Use F1-F12 keys to control software
features” がチェックされていることを確認します。
⇒
現在、QuickTime ムービーをエクスポートし、カスタム オプションを選択すると、[ア
クセス違反]および[構造化例外 (Structured Exception)]ループ ダイアログ ボックス
が表示される場合があります。アプリケーションを強制終了して、
[構造化例外の中止
(Abort on the Structured Exception)]ダイアログ ボックスを選択する必要があります。
QuickTime Player で[編集 (Edit)]>[初期設定 (Preferences)]>[QuickTime 初期設定
(QuickTime Preferences)]に移動し、
[詳細設定]タブをクリックしてビデオの[セーフ
モード (GDI only) (Safe mode (GDI only))]を選択します。
⇒
システムに Avid Nitris DX または Avid Mojo DX を接続して標準画質 (SD) プロジェクト
で作業している場合、ビデオ再生にベスト パフォーマンス モードは使用できません。
システムに Avid Nitris DX または Avid Mojo DX を接続して標準画質 (SD) プロジェクト
を開き、ベスト パフォーマンス モードを使用する場合は、Avid Nitris DX システムに
よってビデオ クオリティがドラフト クオリティに変換されます。[ビデオ クオリティ
(Video Quality )]ボタンをクリックして[ドラフト クオリティ (Draft Quality)]または
[フル クオリティ (Full Quality)]を選択するか、プロジェクト タイプを適切な高品位
フォーマットに変更します。
29
⇒
ビデオ出力ツールの[VBI ( 垂直ブランキング インターバル ) (VBI (Vertical Blanking
Interval))]オプションを使用すると、デジタル カットを実行する際に NTSC では各
フィールドの上の 5 行を、PAL では 8 行をブランクにするか、保持できます。VBI オ
プションは、Avid Nitris DX または Avid Mojo DX 入出力デバイスに接続したシステム
では使用できません。
⇒
現在、QuickTime ムービーをエクスポートしてエクスポートのサンプル レートを変換
すると、オーディオが不良になる可能性があります。
⇒
(Adrenaline、Vista)xw8400 または xw8600 コンピュータで編集アプリケーションを
実行する場合は、HP 1394a FireWire カード(Avid PN 7030-20154-01; HP PN PA997A)
または Sonnet Technologies™ Allegro™ FW400 1394a FireWire カードをインストールす
る必要があります。認定されていないカードを使用してアプリケーションを実行する
と、バッチ キャプチャまたはオンザフライ キャプチャ時に「Huffman デコード
(Huffman Decode)」エラーが発生する場合があります。
⇒
現在、Vista 64 編集アプリケーションを使用し、Windows XP 編集アプリケーションで
作成されたビンを開こうとすると「ファイルを開けません (Unable to open file)」という
メッセージが表示される場合があります。この問題は、ファイルをデスクトップから
プロジェクト フォルダに移動する際にアクセス権限が失われることが原因です。管理
者としてファイルにアクセスして、フル コントロールを持つ認証ユーザーを追加しま
す。
⇒
(Macintosh)システムのボリューム名に「/」が含まれていると、編集アプリケーショ
ンが起動しない場合があります。コンピュータのボリューム名には「/」を含めないで
ください。
⇒
非管理者は EDL を送受信できません。EDL Manager を使用するには管理者である必要
があります。
⇒
(FilmScribe)[TapeID]コラム見出しを選択しても、カット リストにテープ名は表示
されません。
対処法:[リール # (Reel#)]および[TapeID]のコラム見出しを選択すると、[テープ
名 (Tape Name)]が表示されます。
⇒
⇒
30
(Macintosh)デフォルトのブラウザが Safari の場合は、Avid 編集アプリケーションの
ヘルプで検索機能を使用する際にバグが存在します。検索を実行すると、問題が発生
する可能性があります。検索間の Safari キャッシュを空にする必要があります
(
[Safari]>[キャッシュを空にする (Empty Cache)]を選択します)。この検索の問題
は、ブラウザに Firefox™ を使用した場合は発生しません。
Mbox 2 および HP8400 コンピュータを使用している場合は、Mbox 2 を背面の USB
ポートに接続してください。HP8400 の前面の USB ポートを使用すると、Digidesign
Driver Installer で問題が発生することがあります。インストールが完了したら、Mbox 2
を前面または背面の USB ポートに接続できます。
制限事項と既知の問題
⇒
Safari ブラウザを使用して Avid Learning Excellerator™ サイト([ヘルプ (Help)]>[学
習資料 (Learning Resources)]を選択して Avid Learning Excellerator リンクをクリック)
にアクセスした場合は、Javascript およびクッキーが有効化されている必要があります
(
[Safari]>[初期設定 (Preferences)]>[セキュリティ (Security)])。
⇒
Avid Media Composer v2.5.x(Macintosh)が変更されたため、一部のサード パーティの
AudioSuite および AVX プラグインは正常にロードされないことがあります。これは、
新しい Mac Intel ベースのシステムをサポートするため、Avid エディタを CodeWarrior
9 から Xcode に移動したことが原因です。コンピュータの AudioSuite および AVX プラ
グインをアップグレードする必要がある場合があります。Avid ではこの変更について
サード パーティ パートナに通知しています。アップグレードされていないサード パー
ティのプラグインは、このリリースではサポートされません。
⇒
非管理者ユーザーとして AudioSuite プラグインを起動する場合は、インストール時に
自動的に作成される AvidUsers グループのメンバに指定されるように、管理者に依頼
してください。
⇒
現在、MediaLog™ アプリケーションの HDV プロジェクト は選択できません。
⇒
(NewsCutter XP ソフトウェアのみ)HP/Compaq nw8000 ラップトップを使用している場
合、ボリューム ボタン(キーボード上ではなく、ラップトップの前面にある)を押す
と、ソース / レコード編集でタイムラインが上書きされます。
⇒
Digidesign Pro Tools を送信する MXF メディアにリンクする OMF 2.0 ファイルをエクス
ポートする場合は、最初に MXF メディアを OMF メディアにトランスコードします。
MXF メディアを含む長いシークエンスの場合は、エクスポート プロセスの前に、エク
スポートが失敗することを示すプロンプトは表示されません。時間を節約するために、
OMF 2.0 としてエクスポートする前に、MXF メディアを OMF メディアにトランス
コードしてください。
⇒
Dell M65 または M90 ラップトップ上の RICOH FireWire コントローラに問題があるた
め、1394 モードで再生すると、[DV デバイスに出力 (Output to DV Device)] オプション
経由と同じく、シンクがずれることがあります。
対処法: [DV デバイスに出力 (Output to DV Device)] をきるか、またはモニタリング用
の DV デバイスを使用するために、PC の代わりに DV カメラ / デバイスにスピーカー
またはヘッドフォンを接続します。
⇒
Ctrl+X や Ctrl+C のような編集のキーボードショートカットは MetaSync Manager では
機能しません。メニューコマンドを使用します。
デジタル カット
⇒
デジタルカットを実行すると、“If you have a genlock signal connected to your BOB, please
switch it to match the output rate. Use an appropriate black burst sync source. Then wait for the
REF light on the BOB to turn green and press Continue.” というエラーメッセージが表示さ
31
れます。ライトが緑に変わったら、「継続 (Continue)」を押し、デジタルカットを実行
します。緑にならなかったら、正しいシンクソースに接続していることを確認し、
REF ライトが緑色になるのを待ちます。
⇒
(Avid Nitris DX/Avid Mojo DX)現在、タイムラインの青いバーは、デジタル カット
の終わりであるシークエンスの終わりまで到達しない場合があります。すべてのフ
レームはテープに対して実際にカットされます。
⇒
すべてのメディアがオンラインであるにもかかわらず、“Media Offline in Composition”
エラーが出ることがあります。デジタルカットを実行するために、「継続 (Continue)」
を選択します。
⇒
(Macintosh)720p/59.94 デジタル カットを実行する場合は、シークエンスの最初のフ
レームが存在しない場合があります。
対処法: シークエンスの前に 1/2 秒の黒味を追加します。
⇒
[デジタルカット ツール (Digital Cut Tool)]で[クラッシュ レコード (Crash Record)]
および[タイムを無視 (Ignore Time)]を選択した後でデジタル カットを実行すると、
シークエンスの最初の 35 フレームが見つからない場合があります。
対処法: シークエンスの開始点にフィラーを追加します。
⇒
HDV デジタル カットを実行すると、最後の数秒がテープに対してカットされません。
対処法: 黒いクリップを生成して、シークエンスの最後に追加します。
⇒
HD プロジェクトをデジタル カットすると、オーディオの最後の数フレームがドロッ
プされる場合があります。
対処法: シークエンスの最後にオーディオの 10 フレームを追加します。
⇒
Pioneer PRV-LX1 DVD レコーダを使用してデジタル カットを実行する場合は、[デジ
タル カット ツール (Digital Cut Tool)]ウィンドウの[タイムを無視 (Ignore Time)]を
選択します。
⇒
[デジタルカット再生 (Play Digital Cut)]ボタンをクリックした時にデジタル カット
ツールがフォーカスされない場合は、デジタル カットの開始時にビデオのアンダーラ
ンが発生します。[スタート (Start)]ボタンまたは[プレビュー (Preview)]ボタンをク
リックするには、[デジタル カット (Digital Cut)]ウィンドウがアクティブになってい
る必要があります。デジタル カットの開始点でアンダーランが発生した場合は、問題
なくデジタル カットを実行できます。
⇒
720p/59.94 素材の HD-SDI を使用して Panasonic DVCPRO HD デッキにデジタル カット
を実行すると、出力されたシークエンスの開始前に黒い数フレームがテープに書き込
まれることがあります。これにより、テープ上でシークエンスの最後が切り捨てられ
る可能性があります。
対処法: シークエンスの最後に黒いバーまたはカラー バーを数秒配置します。
32
制限事項と既知の問題
⇒
デジタル カット ツールでは、シークエンスのテイルに黒いデュレーションを追加する
ことはできません。特定の値(20 分、30 分、60 分など)を適用すると、クロックがゼ
ロにリセットされます。入力した値が適用されてゼロにリセットされた場合、満足で
きる長さになるまで(クロックがリセットされず、希望するデュレーションが正常に
適用されるポイント)値を上下に調整します。
ダイナミックリリンク
⇒
バージョン x.8.1 または x.8.3 の編集アプリケーションで作成された MPEG2 352_30I の
MXF メディアはバージョン x.8.4 または Media Composer 3.0 、Symphony 3.0 、
NewsCutter 7.0 の編集アプリケーションで、「完全に一致 (Exact match)」ではリンクし
ません。x.8.1 または x.8.3 で作成された MPEG2 352_30I の MXF メディアは 2MB では
なく、15MB で圧縮されてたためです。
対処法: ダイナミックリリンク設定を「最も圧縮されたアイテム (Most compressed)」
オプションに変更するか、または「一致するものがない時 (If no match is found) のオプ
ションを「最も近いメディアを使用 (Relink to Closest)」に変更します。
⇒
HDV プロジェクトを使用する場合、HDV 解像度はダイナミックリリンクに使用でき
ません。
対処法: HDV プロジェクトを使用し、再リンク方法として[特定の解像度 (Specific
Resolution)]を選択している場合は、[オフラインに再リンク (Relink to Offline)]では
なく、[最も近いメディアを使用する (Use Closest Media)]を選択します。[最も近いメ
ディアを使用する (Use Closest Media)]を選択しない場合は、[動的な再リンク
(Dynamic Relink)]を有効化するとキャプチャされたクリップがオフラインで表示され
ます。
⇒
作業しているフォーマットと異なるターゲットのフォーマットでタイトル メディアを
再作成する場合は、プロジェクト フォーマットをターゲットに指定したフォーマット
に変更する必要があります。それ以外の場合は、作業しているフォーマットのみが使
用可能となります。
エフェクト
⇒
パン アンド スキャンを含むシークエンスの最初の再生で、フレームがドロップするこ
とがあります。
対処法: レンダー設定にある「Image Interpolation 」オプションを「Standard
(Bilinear)」に設定します。
⇒
スクラッチ除去エフェクトを含む 24p NTSC プロジェクトのシークエンスをエクス
ポートすると、バスエラーが起こることがあります。最初にシークエンスをレンダリ
ングしてください。
⇒
AudioSuite の Dynamic 3 プラグインエフェクトのある複数チャンネルのオーディオク
リップをプレビューすることができません。プラグインはタイムラインで動作します。
33
⇒
Avid Media Composer または Avid Symphony で作成された AFE を Avid DS でコン
フォームするとき、カラーコレクションのアニメーションエフェクトはコンフォーム
されません。エフェクトはワイプエフェクトに置き換わります。カラーコレクション
を Demote しなけれななりません。カラーコレクションエフェクトが含まれているシー
クエンスを右クリックし、「 Demote Effects」を選択します。
⇒
サムホイールに設定されたエフェクトエディタで、SubCap または TimeCode Burn-In エ
フェクトをクリップにかけたとき、テキストフィールドの最初の2、3文字がクロッ
プされてしまいます。イメージ上には正しく表示されます。
⇒
他のエフェクト上に Boris Continuum Complete deinterlace をかけると、イメージが壊れ
ることがあります。
⇒
ReelTape AudioSuite プラグインのついたマスタークリップをレンダリングすると、
“AudioSuite DAE” エラーがでることがあります。タイムラインでレンダリングすると、
このエラーは起こりません。
⇒
ネストされたエフェクトから一番上のエフェクトに切り替えた後、トラッカーウィン
ドウは非選択になります。使用するにはトラッカーウィンドウを閉じ、再び開かなけ
ればなりません。
⇒
Superimpose または Dissolve エフェクトは 3D Warp にプロモートしません。
対処法: 最初にアドバンスドキーフレームにプロモートし、その後 3D Warp にしま
す。
⇒
カラーコレクションウィンドウが開いていると、エフェクトエディタが開いていても、
クリップだけではなくシークエンスをループ再生します。
⇒
「422 セーフ (422 Safe)」オプションが選択されている Safe Color limiter エフェクトが含
まれた HD シークエンスを再生すると、フレーム落ちすることがあります。
⇒
3D アドバンスドキーフレームで作業をしていると、時々、パスにキーフレームポイン
トが表示されなくなります。
対処法: エフェクトプレビューモニタの下にある拡大または縮小ボタンをクリックし
ます。
⇒
1080i59 プロジェクトで、SD のタイムラインを再生中、イメージのサイズ変更または
イメージを反転したエフェクトはフィールドが反転することがあります。
対処法: メディアを SD にトランスコードします。Transcode the media to SD.
⇒
34
レンダリングされていない Timewarp エフェクト を持つクリップは、ProTools にイン
ポートされないことがあります。エクスポートする前に、エフェクトをレンダリング
してください。
制限事項と既知の問題
⇒
AudioSuite を実行しようとすると、「ProTools に必要な Windows XP の更新がコン
ピュータに存在しません。ProTools をインストールする前に重要な更新をすべてイン
ストールしてください (Your computer is missing a Windows XP update required by
ProTools. Please install all available critical updates before installing ProTools)」というメッ
セージが表示される場合は、正しい dll がインストールされるように、Windows の更
新、カスタム インストールを実行する必要があります。
⇒
エフェクト モードでは、青い点のエフェクト全体をスクラブし、モニタを更新するこ
とができない場合があります。エフェクト エディタを移動して、コンポーザー モニタ
の一部とオーバーラップするようにします。これで、青い点のエフェクト全体をスク
ラブすると、モニタが正しく更新されるはずです。
⇒
現在、AAF はパン アンド スキャンに正しく適合できません。AFE を出力します。
⇒
HD プロジェクトからの SD ダウンコンバート出力でセーフ カラー リミットを超える
場合があります。HD プロジェクトで、セーフ カラー リミット エフェクトを使用して
シークエンス内のセーフ カラーを確保し、SD ダウンコンバートを使用してそのシー
クエンスを出力すると、一部の一時的なピクセル値がセーフ カラー範囲を超える場合
があります。これは、SD ダウンコンバート時に Avid Nitris または Adrenaline ハード
ウェアでサイズ変更プロセスが実行されたことが原因です。
対処法: シークエンスを出力またはレンダリングする前に、プロジェクト タイプを
SD タイプに変更してください。
⇒
30i または 1080i60 プロジェクトでは、2:3 プルダウン入力フォーマットのフィルムを
使用する Timewarp エフェクトは正しくレンダリングされない場合があります。一部の
フレームはレンダリングされないままか、完全にレンダリングされない可能性があり
ます。この問題は、次に説明する特定の状況で発生することが分かっていますが、そ
れ以外の状況でも発生する可能性があります。
部分レンダリング:2:3 プルダウン入力フォーマットのフィルムを使用する Timewarp
エフェクトを部分レンダリングした後、セグメントの残りの部分をレンダリングする
と、この問題が発生することがあります。一部のフレームはレンダリングされないま
まか、セグメントの後の部分がレンダリングされない可能性があります。
レンダリング済みセグメントの分割:2:3 プルダウン入力フォーマットのフィルムを使
用する Timewarp エフェクト全体を部分レンダリングした後、セグメントを分割する
(たとえば、セグメントの中間で新しい素材で上書き編集を実行する)と、この問題が
発生することがあります。分割されたセグメントの後の部分にある一部のフレームが
レンダリングされない可能性があります。
レンダリング済みセグメントの先頭フレームのトリミング:2:3 プルダウン入力フォー
マットのフィルムを使用する Timewarp エフェクト全体を部分レンダリングした後、セ
グメントの先頭フレームをトリムすると、この問題が発生することがあります。セグ
メントの一部のフレームがレンダリングされない可能性があります。
35
⇒
利用可能なメモリが十分でない場合は、HD プロジェクトで FluidBlur、FluidColorMap
または FluidMorph エフェクトのレンダリングを行えないことがあります。
対処法: 次のいずれかを実行します。
[プロジェクト (Project)]ウィンドウの[ビン (Bins)]タブで[消去 (Clear)]ボタ
ンをクリックし、Fluid エフェクトをレンダリングします(ヘルプの「ビンおよび
メモリを管理する (Managing Bins and Memory)」を参照してください。
未使用のビンをすべて閉じて再起動し、Fluid エフェクトをレンダリングします。
[プロジェクト (Project)]ウィンドウの[フォーマット (Format)]タブで、プロ
ジェクト フォーマットを SD フォーマットに切り替え、Fluid エフェクトをレンダ
リングし、再度 HD に切り替えます。
⇒
500% を超えるレートの超高速モーション エフェクトはリアルタイムで再生されなく
なりました。これは、青い点のエフェクトとしてタイムラインに表示され、レンダリ
ングする必要があります。100% を超えるレートのモーション エフェクトは効率的に
再生されず、レートが高くなるほど再生効率が低下します。こうしたモーション エ
フェクトはレンダリングすることにより、リアルタイム再生の効率性が向上します。
⇒
(HDV)クリップに Timewarp エフェクトが含まれる場合は、このエフェクトをレンダ
リングします。
⇒
重なったエフェクトではエフェクトのレンダリングの問題が発生することがあります。
対処法: 下のトラックから順に個々のトラックをレンダリングします。
⇒
AVX エフェクトを使用している場合、複数のサード パーティ AVX エフェクトを含む
シークエンスでエキスパート レンダーまたはイン点からアウト点までのレンダーを実
行すると、過度にメモリ使用量が増大し、アプリケーションが停止したり、エラーが
表示されたりすることがあります。
対処法: エフェクトは比較的小さいグループ単位でレンダリングしてください。
⇒
AVX 1.0 エフェクトでは、カラー レベルが無効の場合があります。
⇒
16 ビット モードのスーパーブラックで問題が発生することがあります。
⇒
アドバンスド キーフレームに切り替えた状態で編集点追加を実行すると、ピクチャ イン - ピクチャ エフェクトにより「DataPointOneError」が発生することがあります。
対処法: 最初に 3D に切り替えてからアドバンスド キーフレームに切り替えるのでは
なく、逆の順序で切り替えてください。
⇒
36
フル解像度以外の FluidMotion ベクトル編集モード(タイムラインのグリーン モード)
で作業すると、「FluidMotion ベクトル編集にはフル解像度が必要です (FluidMotion
Vector Edit Requires Full Resolution)」というエラーが表示されることがあります。エ
フェクトを別のエフェクト、特に別の時間ベースのエフェクトと組み合わせる前に、
FluidMotion エフェクトをレンダリングしてください。
制限事項と既知の問題
⇒
⇒
⇒
フル解像度以外の FluidMotion ベクトル編集モード(タイムラインのグリーン モード)
で作業すると、「FluidMotion ベクトル編集にはフル解像度が必要です (FluidMotion
Vector Edit Requires Full Resolution)」というエラーが表示されることがあります。エ
フェクトを別のエフェクト、特に別の時間ベースのエフェクトと組み合わせる前に、
FluidMotion エフェクトをレンダリングしてください。
(プログレッシブ プロジェクトのみ)クリップに次のエフェクトが含まれる場合は、
スクラッチ除去を適用する前に、エフェクトをレンダリングする必要があります。
•
Timewarp エフェクト
•
アドバンスド キーフレーム モデルに切り替えられたすべてのエフェクト
一部の Timewarp エフェクトを削除または取り消すと、オーディオとビデオのシンクが
失われる場合があります。
トリム ボタンを使用したトリム
⇒
トランジション コーナー表示モードで、タイムラインから開始されたトリム操作時に
6 フレームのうち 2 フレームが正しく表示されません。
対処法: トリム ボタンを使用したトリム
⇒
Fluid モーション タイプをレンダリングする場合は、Fluid Film 2:3 Timewarp エフェク
トは正しくレンダリングされないことがあります。このエフェクトによって、左端お
よび右端のクロップがフラッシュする場合があります。
対処法: FluidMotion 編集の左マスクおよび右マスクをゼロに設定します。
⇒
(HD のみ)35 秒以上のアニメートされたアルファ マットは失敗する可能性がありま
す。
⇒
Avid エフェクトが SD 24P プログレッシブ プロジェクトに適用されると、結果のク
リップで不要なエイリアシングが作成されることがあります。
エフェクト(Pan & Zoom)
Pan & Zoom エフェクトを使用する場合は、次の制約が課せられる場合があります。
⇒
Pan & Zoom を使用しているとき、メモリ不足になった場合、PhotoShop. のようなアプ
リケーションを使用して、低解像度にイメージサイズを変更します。
⇒
(Macintosh)Pan & Zoom エフェクトへのリンクが解除された後で再設定する場合は、
[開く (Open)]ダイアログ ボックスにソース画像名を求めるプロンプトは表示されま
せん。
37
対処法: 静止画像をビンにインポートして、編集で使用します。タイムラインに画像
がインポートされた状態で、Pan & Zoom エフェクトを適用し、[開く (Open)]ダイア
ログ ボックスから各ファイルをロードします。これにより、[クリップ テキスト (Clip
Text)]を使用して、正しい画像がロードされたことを確認します。
⇒
(Macintosh)Pan & Zoom エフェクトへのリンクが壊れた後で再設定する場合は、
[開く
(Open)]ダイアログ ボックスにソース画像名を求めるプロンプトは表示されません。
⇒
新規画像にリンクする際にすべてのキーフレームを選択していれば、Pan & Zoom キー
フレーム設定はデフォルトに戻すことができます。
⇒
高画質および超高画質フィルタリングでズームインすると、システム エラーが発生し
たり(Windows)、プレビュー時にグリーン ラインが表示されたり(Macintosh)しま
す。
⇒
メモリの問題を改善するには、Pan & Zoom [キャッシュ (Cache)]ファスト メニュー
のオプションを無視してビデオ画質を使用しますが、エフェクトのレンダリング時に
常に最高画質が使用されます。部分的に Pan & Zoom エフェクトをレンダリングした
後、レンダリング済み部分と未レンダリング部分の間を移動すると、ピクセルが若干
変化する場合があります。
エクスポート
⇒
Qualcomm PureVoice オーディオコンプレッサーを使用していると、QuickTime ムー
ビーのエクスポートが失敗します。
⇒
(Mac Intel)After Effects 7 で DNxHD にエクスポートするとき、"image buffer" エラーがで
ることがあります。このエラーは After Effects CS3 または CS4 では起こりません。
⇒
(Macintosh) Exporting HDV ファイルをデスクトップにエクスポートすると、デスク
トップ上に 0k サイズのファイルができます。ファイルは実際には Macintosh User フォ
ルダにできます。フォルダをエクスポートすると、ファイルは実際には1つ上のレベ
ルのフォルダに作られることに注意してください。
⇒
(Macintosh) QuickTime リファレンスを Sorenson Squeeze に送ると、Auto Load と Reveal
Files は機能しません。Squeeze は起動しますが、シークエンスがロードされないか、
ファイルがファインダウィンドウに現れません。
対処法: Sorensen Squeeze に手動でインポートします。
⇒
⇒
(Macintosh)読み取り専用ドライブにエクスポートしようとすると、例外が発生する
場合があります。必ず書き込み可能なドライブにエクスポートしてください。
ネイティブ HDV メディア(テープからキャプチャされた HDV メディア)がシークエ
ンスに含まれる場合は、PC 上での HDV デバイスへのエクスポートは失敗します。こ
れは、Mac システムには該当しません。
対処法: エクスポートを実行する前に、別の解像度にトランスコードしてください。
38
制限事項と既知の問題
⇒
シークエンスの最初のフレームがビデオ ミックスダウン クリップである場合、HDV
へのエクスポート時にエラーが発生することがあります。
対処法: シークエンスの先頭にはビデオ ミックスダウン メディアではないフィラー
またはフレームを配置してください。
⇒
現在、エクスポート設定で Avid DV のエクスポート時に 720x486 サイズを設定できま
すが、これによりフィールド配置の問題が発生します。エクスポート設定で、DV エク
スポートに対して 720 x 480 を正しく設定してください。現在、QuickTime は 486 ライ
ンから 480 ラインにサイズ変更する必要があります。これにより奇数の補間値を受け
取ります。(720x486 を指定しても、Quicktime ファイルは 720x480 で表示されます。)
⇒
NTSC では、DV 素材を含む QuickTime ソース設定使用クリップおよび QuickTime 参照
クリップは、Avid DVD から DVD に書き込まれると変形して表示される場合がありま
す。これは DV 部分が DV ラスタ サイズ 720x480 から標準の NTSC ラスタ サイズ
720x486 にサイズ変更されることが原因です。
対処法: QuickTime ソース設定使用クリップまたは Quicktime 参照クリップをエクス
ポートする場合は、[Avid DV Codec 使用 (Use Avid DV)]を選択します。
⇒
(Macintosh)Avid Unity ISIS の読み取り専用ワークスペースへのエクスポートを実行す
ると、編集アプリケーションがクラッシュする場合があります。必ず、読み取り / 書
き込み用ワークスペースにエクスポートしてください。クライアント マネージャ アプ
リケーションを使用してワークスペースが読み取り / 書き込み可能かどうかを判別で
きます。[クライアント マネージャ (Client Manager)]の[ワークスペース
(Workspaces)]タブに移動します。読み取り / 書き込みワークスペースは、ワークス
ペース名の下に R/W と共にリストされます。
⇒
ビデオ画質が混在する DV 25 シークエンスを、Apple DV Codec を使用して DVD の
QuickTime としてエクスポートしようとすると、.mov ファイルにはアーティファクト
が含まれます。
対処法: この種のシークエンスには Avid DV Codec を使用する必要があります。
⇒
Windows Media として HDV 1080i/59.94 または 1080i 50 をエクスポートすると、例外エ
ラーが表示される場合があります。
⇒
HDV デバイスへのエクスポートを実行すると、シークエンスの開始点でメディアの少
なくとも 4 ∼ 5 秒がなくなる場合があります。
対処法: シークエンスの開始点および終点に 10 秒のカラー バーまたはブラック フィ
ラーを追加します。
⇒
QuickTime 参照ムービーをエクスポートする場合は、DV メディアと DV 以外のメディ
アを混合しないでください。DV メディアと DV 以外のメディアを混合すると、エクス
ポートされた結果のムービーでラインが変化する場合があります。
39
エクスポート
⇒
Qualcomm PureVoice オーディオコンプレッサーを使用していると、QuickTime ムー
ビーのエクスポートが失敗します。
⇒
(Mac Intel)After Effects 7 で DNxHD にエクスポートするとき、"image buffer" エラーがで
ることがあります。このエラーは After Effects CS3 または CS4 では起こりません。
⇒
(Macintosh) Exporting HDV ファイルをデスクトップにエクスポートすると、デスク
トップ上に 0k サイズのファイルができます。ファイルは実際には Macintosh User フォ
ルダにできます。フォルダをエクスポートすると、ファイルは実際には1つ上のレベ
ルのフォルダに作られることに注意してください。
⇒
(Macintosh) QuickTime リファレンスを Sorenson Squeeze に送ると、Auto Load と Reveal
Files は機能しません。Squeeze は起動しますが、シークエンスがロードされないか、
ファイルがファインダウィンドウに現れません。
対処法: Sorensen Squeeze に手動でインポートします。
⇒
⇒
(Macintosh)読み取り専用ドライブにエクスポートしようとすると、例外が発生する
場合があります。必ず書き込み可能なドライブにエクスポートしてください。
ネイティブ HDV メディア(テープからキャプチャされた HDV メディア)がシークエ
ンスに含まれる場合は、PC 上での HDV デバイスへのエクスポートは失敗します。こ
れは、Mac システムには該当しません。
対処法: エクスポートを実行する前に、別の解像度にトランスコードしてください。
⇒
シークエンスの最初のフレームがビデオ ミックスダウン クリップである場合、HDV
へのエクスポート時にエラーが発生することがあります。
対処法: シークエンスの先頭にはビデオ ミックスダウン メディアではないフィラー
またはフレームを配置してください。
⇒
現在、エクスポート設定で Avid DV のエクスポート時に 720x486 サイズを設定できま
すが、これによりフィールド配置の問題が発生します。エクスポート設定で、DV エク
スポートに対して 720 x 480 を正しく設定してください。現在、QuickTime は 486 ライ
ンから 480 ラインにサイズ変更する必要があります。これにより奇数の補間値を受け
取ります。(720x486 を指定しても、Quicktime ファイルは 720x480 で表示されます。)
⇒
NTSC では、DV 素材を含む QuickTime ソース設定使用クリップおよび QuickTime 参照
クリップは、Avid DVD から DVD に書き込まれると変形して表示される場合がありま
す。これは DV 部分が DV ラスタ サイズ 720x480 から標準の NTSC ラスタ サイズ
720x486 にサイズ変更されることが原因です。
対処法: QuickTime ソース設定使用クリップまたは Quicktime 参照クリップをエクス
ポートする場合は、[Avid DV Codec 使用 (Use Avid DV)]を選択します。
40
制限事項と既知の問題
⇒
(Macintosh)Avid Unity ISIS の読み取り専用ワークスペースへのエクスポートを実行す
ると、編集アプリケーションがクラッシュする場合があります。必ず、読み取り / 書
き込み用ワークスペースにエクスポートしてください。クライアント マネージャ アプ
リケーションを使用してワークスペースが読み取り / 書き込み可能かどうかを判別で
きます。[クライアント マネージャ (Client Manager)]の[ワークスペース
(Workspaces)]タブに移動します。読み取り / 書き込みワークスペースは、ワークス
ペース名の下に R/W と共にリストされます。
⇒
ビデオ画質が混在する DV 25 シークエンスを、Apple DV Codec を使用して DVD の
QuickTime としてエクスポートしようとすると、.mov ファイルにはアーティファクト
が含まれます。
対処法: この種のシークエンスには Avid DV Codec を使用する必要があります。
⇒
Windows Media として HDV 1080i/59.94 または 1080i 50 をエクスポートすると、例外エ
ラーが表示される場合があります。
⇒
HDV デバイスへのエクスポートを実行すると、シークエンスの開始点でメディアの少
なくとも 4 ∼ 5 秒がなくなる場合があります。
対処法: シークエンスの開始点および終点に 10 秒のカラー バーまたはブラック フィ
ラーを追加します。
⇒
QuickTime 参照ムービーをエクスポートする場合は、DV メディアと DV 以外のメディ
アを混合しないでください。DV メディアと DV 以外のメディアを混合すると、エクス
ポートされた結果のムービーでラインが変化する場合があります。
⇒
オーディオ クリップのパン オートメーションを AAF としてエクスポートすると、
Pro Tools に変換されません。Pro Tools では、インポート時にさまざまな値のパン制御
は承諾されません。
⇒
[エクスポート設定 (Export Settings)]ダイアログ ボックスでのデフォルト サイズは、
開いているプロジェクトの画像サイズではありません。
⇒
Windows Media Player でエクスポートされたクリップを再生すると、デスクトップ モ
ニタでシークエンスが停止します。オーディオが再生し、タイムラインの青いバーが
進行し、クライアント モニタへのビデオおよびオーディオ出力は問題ありません。
Windows Media Player にロードされたクリップを削除すると、再生操作によりデスク
トップ モニタとクライアント モニタの両方で正常に再生が行われます。
⇒
ロケータをエクスポートすると、フレーム カウント情報を持つ .txt ファイルだけがエ
クスポートされ、タイムコードやフィートとフレームはエクスポートされません。イ
ンポートでもフレーム カウントのみがインポートされます。
⇒
アプリケーションでエンコードの実行時に使用可能なメモリ容量(RAM)が不足する
と、「使用可能なメモリが不足しているため、この操作または
WM_BeginWriting_FAILED を完了できません (Not enough memory is available to complete
this operation or WM_BeginWriting_FAILED)」というエラーが表示されます。Windows
41
Media Video codec のエンコードには大容量のメモリが必要です。必要なメモリ容量は、
オーディオおよびビデオ プロファイルのストリーム数、幅、高さ、ビット レート、パ
ス数、VBR/CBR、エンコードされたビデオのクオリティ、およびソース メディアの解
像度に直接関連します。HD メディアをエンコードする場合は、ビット レートを低く
する、2 パス エンコーディングをオンにする、VBR をオンにする、クオリティを低く
する、またはフレームのサイズを縮小する必要がある場合があります。
⇒
Windows Media エクスポートで、現在の Windows Media エクスポート設定のストリー
ム プロファイルに含まれるビデオまたはオーディオ ストリームに適切な入力フォー
マットが見つからない場合は、「WM_FindInputFormat_FAILED」というエラーが表示
されることがあります。たとえば、標準以外のフレーム サイズを使用すると、この問
題が発生する場合があります。詳細については、Microsoft Windows Media の Web サイ
トを参照してください。
ICS(インターナショナル キャラクタ サポート)
⇒
ASCII 文字でない文字がワークスペース名に含まれる場合、ビンでの作業時にパ
フォーマンスが低下することがあります。
対処法: ワークスペース名には ASCII 文字のみを使用してください。
⇒
CaptureManager を使用してフランス語名のワークスペースからクリップをキャプチャ
すると、Avid 編集アプリケーションで、そのフランス語名のワークスペースがリスト
されるはずのビン見出しドライブは空になる場合があります。
⇒
入力のフォントまたはフォント サイズを変更した場合に文字が 90 度回転して表示され
るときは、適切なフォントを選択してください。記号「@」で始まるフォントは使用
しないでください。
⇒
ユーロ通貨記号(ALT 0128)を使用してプロジェクトを作成しないでください。プロ
ジェクトは作成されず、「プロジェクトを開けません (Can't Open Project)」というエ
ラー メッセージが表示されます。
⇒
特定のアジアの文字は、Avid 編集アプリケーションの一部のテキスト ボックスで正し
い順序で表示されないことがあります。
インポート
⇒
⇒
42
場合によっては、クリップのインポートを取り消すと、
「DISK_SHARING_VIOLATION」というエラーが表示されることがあります。
非圧縮 QuickTime ファイル、PICT 画像または TIFF 画像をインポートした場合、ファ
イルをソース モニタ、レコード モニタまたはクライアント モニタに表示するとピクセ
ルの最初の 4 ∼ 5 垂直カラムが切り捨てられる場合があります。
制限事項と既知の問題
⇒
30i プロジェクトで作成された後、720p プロジェクトに変更されたグラフィック アニ
メーションを持つシークエンスをバッチ インポートしてもインポートされないことが
あります。
対処法: グラフィックをインポートして、それをシークエンスに手動で挿入します。
⇒
Avid 編集システムでは、Avid DS Nitris システムで作成された AVI ファイルはインポー
トできません。ファイル フォーマットがインポートでサポートされないことを示すエ
ラー メッセージが表示され、インポートは失敗します。
インストール
⇒
(Macintosh) 編集アプリケーションを起動し、オーディオが初期化されると、
“CoreMIDIServer.framwork” がドックでバウンドすることがあります。編集アプリケー
ションを閉じるまでドックに残ったままになるかもしれません。
対処法: Library/Audio/Drivers フォルダから DigiDioMidDriver.plugin を削除します。
⇒
Vista OS で編集アプリケーションのインストール後、システムの再起動を選択すると
き、シャットダウンのサイクルがいつもよりも長くなります。
⇒
Windows プラットフォームで、時々、PACE インストーラーが iLok ドライバを正しく
アップデートできません。PACE iLok ドライバは Digidesign プラグインのコピー防止で
使用されています。この問題が起こると、MediaComposer の AudioSuite 機能は使用で
きません。この状況を直すには、Windows のコントロールパネルの追加と削除から
Interlok Drivers のすべてのオブジェクトをアンインストールし、CD または Avid >
Utilities から Digidesign Drivers を再インストールします。
⇒
編集アプリケーションをインストールし、初期化の際に編集アプリケーションが起動
しようとすると、「エディタ スライドのインデックスを作成できません (Unable to
create index for editor slides)」というエラー メッセージが表示されることがあります。
対処法: product.exe を右クリックして、[管理者として実行 (Run as administrator)]を
選択します。これにより mdb ファイルおよび pmr ファイルが Avid_MediaFiles フォル
ダ内で更新されます。実行可能ファイルは(デフォルトで)C:\Program Files\Avid\Avid
Product Name にあります。
⇒
(Vista)編集アプリケーションが起動され、ファームウェアの更新が必要な場合は、
「管理者として実行」を選択して再起動するように指示するプロンプトが表示されるこ
とがあります。管理者として実行するには、product.exe を右クリックして[管理者と
して実行 (Run as administrator)]を選択します。実行可能ファイルは(デフォルトで)
C:\Program Files\Avid\Avid Product Name にあります。[管理者として実行 (Run as
administrator)]は、Avid 編集アプリケーションのショートカット アイコンを右クリッ
クした場合は使用できません。
43
Interplay ワークグループ
⇒
ビデオまたはオーディオミックスダウンを作成し、ロケータを追加すると、Avid
Interplay にクリップをチェックインしようとするときに、“Exception: CM_NO_TC” エ
ラーがでることがあります。Assist でロケータを追加し、編集アプリケーションに戻
り、クリップ上で「Interplay から更新 (Update from Interplay)」を実行すると、クリップ
はチェックインできます。.
⇒
(Vista)P2 ドライブをマウントし、Interplay Service Configuration ツールを開こうとする
と、 Exception エラーが出ることがあります。エラーメッセージでクリックすると
ツールが開くことがあります。P2 ドライブをアンマウントすると、ツールが開きま
す。
⇒
Avid Interplay 環境から複雑または長いシークエンスをチェック アウトすると、次の
メッセージが表示されることがあります。「資産マネージャからデータを要求すると、
完了に時間がかかります。(A request for data from the asset manager is taking a long time to
complete.) 処理が完了するまで待ちますか、それとも取り消しますか ? (Would you like
to continue waiting for the operation to complete or would you like to cancel?)」待つことを選
択すると、シークエンスが読み込まれるか、チェック アウトが実際に行われるまでこ
のメッセージが繰り返し表示されることがあります。
⇒
Interplay ウィンドウから複数のクリップをビンにドラッグすると、アクセス違反エ
ラーが表示されることがあります。これは、個々のクリップを選択してビンにドラッ
グする操作をすばやく繰り返した場合に発生します。
対処法: 複数のクリップを選択して、ビンにドラッグしてください。
⇒
ビンでファスト メニューの[開いているすべてのビンのチェック イン (Check In All
Open Bins)]を選択すると、開いているビンがチェック インされないことがあります。
対処法: 開いているすべてのビンをチェック インするには、[ファイル (File)]メ
ニューから[開いているすべてのビンのチェック イン (Check In All Open Bins)]を選択
してください。
44
⇒
Interplay ウィンドウでメディア検索を実行した場合、リサーチ パネルに表示された検
索結果は F5 キーを押しても更新できません。結果を更新する場合は、検索を繰り返し
てください。
⇒
アルファ チャンネルを含むファイルのバッチ インポート SD および HD フォーマット
のファイルをバッチ インポートした後、動的な再リンクを使用して異なるフォーマッ
ト間の切り替えを行うと、この問題が発生します。この問題はアルファ チャンネルを
含む QuickTime ムービー、グラフィックおよびシークエンスに発生します。ファイル
をバッチ インポートして異なるフォーマットに再リンクできますが、Avid 編集アプリ
ケーションを終了した後、再起動すると、HD フォーマットには再リンクできなくなり
ます。
「例外:圧縮データ形式が見つかりません (Exception: NO Compressed Data Format
found)」というエラー メッセージが表示されます。
制限事項と既知の問題
対処法: アルファ チャンネルを含む HD クリップおよび SD クリップには動的再リン
クを使用できません。アルファ チャンネルを含む HD ファイルは個別のクリップとし
てインポートします。HD フォーマットに変換する場合は、シークエンスに HD バー
ジョンを挿入します。
⇒
ローカル ドライブから Avid 編集アプリケーションのプロジェクトにグラフィックをイ
ンポートし、クリップの元の名前を任意の名前に変更し、そのクリップを[Interplay]
ウィンドウのフォルダにチェック インすると、[Interplay]ウィンドウを更新しても新
しい名前は表示されません。表示されるのは元の名前だけです。
⇒
ローカル ストレージにあるクリップをローカルのビンにインポートしてクリップのメ
ディアを削除しても、「メディア オフライン (Media Offline)」というメッセージは表示
されず、Avid 編集アプリケーションのソース モニタにクリップは引き続き表示されま
す。クリップを再生しようとうすると、エラー メッセージ ボックスが開きます。
対処法: ソース モニタの別のクリップを開き、削除したメディアでそのクリップを
もう一度開くと、「メディア オフライン (Media Offline)」というメッセージが正常に表
示されます。
⇒
Interplay Assist に追加されたロケータを含むクリップおよびサブクリップを Instinct の
ストーリーに組み込むと、ロケータはストーリーに表示されません。Avid 編集アプリ
ケーションで同じストーリー(シークエンス)を開いた場合も、ロケータは表示され
ません。
⇒
Avid 編集アプリケーションでは、次の操作を行うと、[レコード トラック モニタ
(Record Track Monitor)]ボタンが選択解除されることがあります。
1. システム 1 で、シークエンスを作成し、[Interplay]ウィンドウのフォルダに
チェック インする。
2. システム 2 でシークエンスをチェック アウトし、タイムラインにロードする。
3. システム 1 でシークエンスを編集し、[Interplay]ウィンドウのフォルダにもう一
度チェック インする。
4. システム 2 で[Interplay]ウィンドウを更新し、同じシークエンスをもう一度
チェック アウトする。
対処法:[レコード トラック (Record Track )]ボタンをもう一度選択します。
⇒
Avid 編集アプリケーションで、[Interplay]ウィンドウにチェック インしていないシー
クエンスがあり、[トランスファ (Transfer)]>[ワークグループへ送信 (Send to
Workgroup)]コマンドを使用しようとすると、エラーが発生する場合があります。
対処法: 転送する前に、シークエンスを[Interplay]ウィンドウにチェック インして
ください。
45
⇒
Avid Interplay より前のワークグループ環境では、DMS への送信時に NewsCutter から自
動的にコンソリデートできました。Avid Interplay リリースでは、自動コンソリデート
は使用できません。DMS に送信する前にコンソリデートを選択してください。
⇒
MultiRez を使用している場合、高品質オーディオは、前のバージョンのエディタで
アップサンプルして作成されたプロキシ オーディオと区別されません。たとえば、
Interplay バージョン 1.0 でインポート時に 8 kHz から 48 kHz にアップサンプルされた
プロキシ オーディオは、48 kHz の高品質オーディオとみなされます。その場合、
MultiRez が 48 kHz オーディオを使用するように設定されていると、2 つのうちの新し
いファイルをピック アップします。
Interplay 環境での切断クライアント モードの強制
システム管理者は、一時的に編集システムのネットワークへのアクセスを削除する必
要がある場合があります。新しいソフトウェアをインストールする必要がある場合や、
コンポーネントを更新する必要がある場合などです。強制的に切断するには、システ
ム管理者は、物理的にシステムを削除せずに強制的にネットワークから切断するスク
リプトを実行します。また、管理者は、別のスクリプトを使用して適時にシステムを
再接続することができます。
共有ドライブからのインポートおよび共有ドライブへのエクスポートは、強制切断ク
ライアント モードで実行できます。ただし、管理者が編集システムを強制切断した場
合は、共有ドライブへのインポートまたは共有ドライブからのエクスポートを実行し
ないでください。Avid では、システムが強制切断クライアント モードの場合、共有ド
ライブへのインポートまたは共有ドライブからのエクスポートを含むワークフローは
サポートされません。
一般的に、強制切断クライアント モードで共有ドライブを使用してインポートまたは
エクスポートを行うと、インポートまたはエクスポート後にそれらのドライブはイン
ポート、キャプチャ、再生、メディアの削除など、他の目的で使用可能に見えますが、
実際には使用できません。同様に、共有記憶域に関するオプションがさまざまな設定
ダイアログ ボックスに表示され、共有ドライブやメディアがさまざまなメニュー、
ツールおよびアプリケーションに表示されますが、Avid ではこれらの設定、ドライブ
およびメディアはサポートされません。
ドライブ リストから共有ドライブを削除するには、ヘルプの「Interplay 環境からの自
発的な切断」に説明されているようにネットワーク ケーブルを切断するか、編集アプ
リケーションを終了し、再起動します。
次の制約事項は、強制切断クライアント モードで固有のドライブのインスタンスおよ
び表示されるオプションを示しています。
⇒
⇒
46
[プロジェクト選択 (Select Project)]ダイアログ ボックスで使用可能な共有ワークス
ペースおよびプロジェクトは、使用できません。
メディア ツールおよび MetaSync™ アプリケーションで使用可能な共有ドライブおよ
びメディアは、使用できません。
制限事項と既知の問題
⇒
⇒
[Interplay サーバー設定 (Interplay Server Settings)]ダイアログ ボックスで変更可能な
Interplay サーバー名は、変更できません。
キャプチャ ツールでキャプチャ先として選択可能な Interplay フォルダ オプションは、
選択できません。
⇒
[キャプチャ設定 (Capture Settings)]ダイアログ ボックスの[MXF メディア ファイル
(MXF Media Files)]タブで選択可能な[キャプチャ中、Interplay 上でクリップを更新
(During capture, clip is updated in Interplay)]オプションは、選択できません。
⇒
[一般設定 (General Settings)]ダイアログ ボックスの[一時ファイル保存先
(Temporary File Directory)]で入力可能な共有ドライブの名前および場所は、入力でき
ません。
⇒
ハードウェア ツールに表示される共有ドライブおよびメディアは、表示されません。
⇒
[インポート (Import)]ダイアログ ボックスに表示される共有ドライブは、表示されま
せん。
⇒
[メディア サービス設定 (Media Services Settings)]ダイアログ ボックスで使用可能なオ
プションは、使用できません。
⇒
[トランスファ設定 (Transfer Settings)]ダイアログ ボックスで使用可能なオプション
は、使用できません。
⇒
[LANshare]、
[PortServer 設定 (PortServer Settings)]
、[ProEncode]は選択可能に見え
ますが、選択できません。これらのオプションを選択しないでください。
⇒
有効化できるダイナミックリリンクは、有効化できません。これを有効化しないでく
ださい。
⇒
[ファイル (File)]メニューのいくつかのオプションで、保存先として選択可能な共有
ワークスペースは、選択できません。このコンテキストで、共有ワークスペースを選
択しないでください。
⇒
[Interplay ユーザー設定 (Interplay User Settings)]ダイアログ ボックスの[プロジェク
ト選択時に自動ログイン (Automatic Login at Project Selection)]を選択し、切断クライア
ント モードに切り替え、切断クライアント モードおよび編集アプリケーションを終了
して、再接続した後で編集アプリケーションを再起動する場合に必要な、Interplay へ
の再ログインは、必要ありません。
⇒
強制切断モードでユーザー設定を変更すると、その変更は他のすべてのユーザーにも
表示されることがあります。
JVC
⇒
JVC では JVC カメラで録画した HDV メディアのキャプチャやバッチキャプチャをす
るには、BR-HD50 使用することをお薦めしています。
47
⇒
720p/59.94 で撮影をしているとき、JVC GY-HD250U カメラはシンクが外れることがあ
ります。この問題を回避するには、720p 23.976 でカメラに電源を入れ、720p 59.94 に
フォーマットを切り替え、ソフトリブートします。
⇒
FireStone DR-HD100 経由の JVC GY-HD250U カメラで撮影されたインポートされた
M2T ファイルのデュレーションはビンに間違って表示されます。この問題は 720p 50
と 720p 60 プロジェクトで起こります。
⇒
720p 29 and 720p 25 projects. キャプチャまたはインポートされあ M2T ファイルは 1
フィールドずれるかもしれません。この問題は 720p 29 と 720p 25 プロジェクトで起こ
ります。
ロケータ
⇒
ロケータをショットリストに追加した後、編集アプリケーションでシークエンスを開
くと、ロケータが表示されますが、ロケータでマッチ フレームを実行すると、ロケー
タはマスタ クリップに表示されないことがあります。
対処法: 編集アプリケーションで、Interplay から該当するマスタ クリップをチェック
アウトし、ビンまたはクリップを更新します。ロケータが表示されます。
⇒
[ロケータ (Locators)]ウィンドウのファスト メニューに新規アイテムが追加されまし
た。「ロケータ ポップアップを無効にする (Disable Locator Popup)」を指定すると、ロ
ケータ ポップ アップ ウィンドウが無効になります。これは、作業セッションに対して
のみ無効になります。Avid アプリケーションを再起動すると、ロケータ ポップ アップ
ウィンドウが有効になります。
⇒
(Macintosh)ロケータ ツールからロケータをエクスポートすると、ファイルは正しい
拡張子 .txt で保存されず、インポートできない場合があります。
対処法:[エクスポートするロケータの場所を選択する (Choose Location for Exported
Locators)]ダイアログ ボックスで、[保存 (Save)]をクリックする前に、または保存し
たファイルをインポートする前に、ファイル名の拡張子 .txt をファイル名の末尾に追
加します。
Panasonic P2
⇒
P2 カードまたは仮想ボリュームからリンクされているマスタークリップでは、「メ
ディアファイルの表示 (Reveal File )」は機能しません。
⇒
Panasonic P2 ライトバックは、Macintosh プラットフォームではサポートされません。
⇒
P2 への制約事項:
• [マークを使用 (Use Marks)]および[アクティブ トラックを使用 (Use Enabled
Tracks)]はエクスポート時に無視されます。
•
48
すべてのオーディオは PCM 16b/48K である必要があります。
制限事項と既知の問題
•
⇒
すべてのオーディオ トラックはエクスポートされますが、P2 デバイスでサポート
されるのは、オーディオ トラック数 2 または 4 のいずれかです。したがって、
シークエンスは、指定された P2 の再生デバイスへの配信用に構築されます。オー
ディオ トラック数が 6 のシークエンスは 6 のオーディオ トラックを持ち、P2 デバ
イスでは最初の 2 トラックまたは 4 トラックのみが再生されます。
P2 インポートの制限事項(Macintosh):
•
ビンにある P2 クリップのインポートは、1 枚の P2 カードをマウントした場合にサ
ポートされます。複数枚の P2 カードがマウントされている場合は、[メディア
ツール (Media Tool)]で[P2 ドライブ (2 Drives)]を選択し、[すべてのプロジェク
ト (All Projects)]をクリックして[OK]をクリックします。P2 カードのすべての
マスタ クリップが、[メディア ツール (Media Tool)]に表示されます。クリップを
ビンにドラッグします。
•
Panasonic P2 Store デバイスからインポートする場合は、Macintosh でも[メディア
ツール (Media Tool)]を使用します。
⇒
SD/HD 混合のシークエンスはサポートされません。
⇒
1:1 MXF メディアは SD および HD プロジェクトでエクスポートできません。エクス
ポートの前に 1:1 MXF をトランスコードしてください。
⇒
(Macintosh)エディタを起動した状態で Hotswapping P2 カードは現在サポートされま
せん。
⇒
場合によっては、[ファイル (File)]>[P2 のインポート (Import P2)]>[メディア
(Media)]コマンドを使用して、メディアをドライブにコンソリデートできません。
対処法: ビンを閉じてから再度開き、もう一度コマンドを実行してください。
⇒
タイムライン内で複数の P2 カードにわたる P2 クリップを表示すると、現在のシステ
ムへの P2 カードのマウント履歴と現在マウントしている P2 カードによって表示され
るものと表示されないものが予想と異なる場合があります。メディアがオフラインで
ある場合、またはタイムライン内の P2 メディアを表示できない場合でも、メディアは
失われていません。そのメディアを含むカードをマウントすると、メディアが表示さ
れます。
⇒
P2 カードに存在する P2 クリップをメディア ツールに表示すると、メディア ツールか
らオーディオおよびビデオの .mxf ファイルを削除できる場合があります。
⇒
P2 リーダーのスロットからカードを取り出し、別のカードをリーダーに挿入しない場
合、別のスロットに同じカードを挿入するには、先に P2 フォルダを削除する必要があ
ります。
⇒
DVD ドライブはメディア ドライブとして使用できません。DVD のルート レベルに
CONTENTS フォルダがある場合は、ビンへの P2 クリップのインポートを実行すると
「クリップが見つかりません (No clips were found)」というメッセージが表示されること
があります。
49
対処法: DVD に CONTENTS フォルダを格納するフォルダを作成します。これによ
り、エディタが仮想ドライブをマウントするように指示されます。
⇒
P2 CONTENTS フォルダが、Avid 編集アプリケーションがメディア ファイルを検索す
るドライブのルート レベルに存在する場合は、P2 クリップをインポートするとエラー
が発生することがあります。たとえば、ラップトップで作業する場合、Avid 編集アプ
リケーションとローカル ストレージ フォルダは同じドライブ上に存在し、通常ルート
レベルにあります。仮想 P2 ボリュームをデスクトップ上に作成した場合、メディアに
P2 クリップをインポートしようとすると、「クリップが見つかりません (No clips were
found)」というメッセージが表示されることがあります。
対処法: 仮想 P2 ボリュームを、デスクトップのサブフォルダなど、別の場所に作成
した場合は、仮想 P2 ボリュームを使用できます。
⇒
スキャン時間が異常に長い場合は、カメラのローカル時刻とグリニッジ標準時
(GMT)が適切に設定されているかどうかチェックしてください。GMT が正しくない
場合は、カメラのファームウェアを更新する必要がある場合があります。
⇒
AJ-SPX800P カメラで P2 メディア カードから直接メディアにアクセスすると、マルチ
ストリーム シークエンスの再生性能に問題が生じます。
⇒
ビンが P2 メディアにアクセスしたまま P2 カード リーダーをオフにした場合、P2 ク
リップをロードしようとすると、ソース モニタ ウィンドウに
DISK_FILE_NOT_FOUND メッセージが表示されます。このメッセージは「メディア
オフライン (Media Offline)」と表示されます。
⇒
[デュープ表示 (Dupe Detection)]は、P2 ソース素材では使用できません。
⇒
現在、AVC-Intra 解像度を使用する場合は次の制約事項が適用されます。
•
Avid Symphony Nitris でのリアルタイム再生のサポートは保証されません。
•
QuickTime エクスポートはサポートされません。
⇒
AVC-Intra 素材で「ソース設定使用 (Same as Source)」オプションを使用して、
QuickTime ムービーをエクスポートすることはできません。ProEncode は AVC-Intra 素
材では機能しません。ProEncode がプロセスの一部として QuickTime レファレンスを作
成するので、これは QuickTime の問題と関連します。
⇒
(Mojo DX)現在、24p PAL、25p PAL または 720p 50 プロジェクトを開いてクリップを
タイムラインにロードした後、クリップを再生すると、フレームが落ちることがあり
ます。
対処法: プロジェクトを HD プロジェクト タイプに設定し、24p または 25p プロジェ
クトに戻ります。この設定はセッションごとに一度だけ行う必要があります。
⇒
50
メディアを再生し、停止をクリックすると、ソース モニタが停止しますが、外部のク
ライアント モニタはおよそ 2 フレーム戻ります。
制限事項と既知の問題
⇒
(Macintosh)QuickTime 参照ムービーは、ローカル システムまたは Avid Unity 環境で使
用できる Avid メディア ファイルを処理する場合に便利です。ただし、エクスポートし
た QuickTime ファイルをメディアにアクセスできないシステムに移動させる場合には、
標準の QuickTime エクスポートを使用してメディア ファイルと QuickTime ラッパーを
1 つのファイルとして移動できるようにする必要があります。
⇒
1 つのモニタで[フル スクリーン再生 (Full Screen Playback)]を有効にすると、再生中
にビデオがちらついたり、画像の上部にティアリングが生じる場合があります。ティ
アリングは、可変速プレイを使用した場合にも発生することがあります。
⇒
Avid 編集アプリケーションでストリーミング プレイが停止されると、クライアント モ
ニタがデスクトップ表示と同期を保てるように、追加のフレームが DNA デバイスに送
信されます。DNA デバイスでは、デスクトップで再生が停止した後の追加のフレーム
数が再生される必要があります。実際の最終フレームが表示されるようにするため、
編集アプリケーションでは、クライアント モニタをデスクトップ上のフレームにス
ナップします。HD メディアを再生する場合は、これがより明白になります。
⇒
デバイスにビデオ出力が表示されない場合は、[スペシャル (Special)]>[デバイス
(Device)]メニューで適切なデバイスを選択しているかどうか確認してください。[デ
バイス (Device)]メニューで FireWire を選択している場合は、[ビデオ表示設定 (Video
Display Settings)]で[デバイスへの出力 (Output to Device)]を選択しているかどうか確
認してください。
⇒
Windows XP の日本語版を使用して再生しようとするとモニタが点滅し、モニタがカ
バーされていないと考えられる場合は、言語バーを最大化および最小化することによ
り、言語バーの状態を調整します。これにより、再生性能が改善します。
⇒
(Adrenaline)LTC 出力はデフォルトでオフになっています。これをオンにするには、
[一般設定 (General Settings)]を開き、[再生時に LTC を生成する (Generate LTC On
Playback)]を有効にします。
プロジェクト
⇒
次のプロジェクト タイプでは XDCAM または HDV ラスタ タイプはサポートされませ
ん。
• 1080p 23.976
•
1080p 25
これらのフォーマットでは、標準のラスタ タイプのみサポートされます。
⇒
(Windows のみ)Avid Attic フォルダは管理者のみが作成できます。最初に管理者がア
プリケーションを起動し、プロジェクトを開き、プロジェクトを閉じてアプリケー
ションを終了する必要があります。その後、非管理者ユーザーがアプリケーションを
使用できるようになり、作業が Avid Attic に保存されます。
51
⇒
メディアをトランスコードする場合は、次の点に注意してください。1080i 50 などの
あるフォーマットのプロジェクトがあり、サポートされるプログレッシブ フォーマッ
トを 1080p 25 などのクリップに追加し、メディアをトランスコードした場合にクリッ
プを削除しようとすると、そのクリップにはプログレッシブ メディアとインターレー
ス メディアが含まれています。[削除 (Delete)]ダイアログ ボックスには、削除しよう
としているクリップにプログレッシブ メディアとインターレース メディアの両方が含
まれることは表示されません。
⇒
NewsCutter プロジェクトでは、[トラック情報 (Tracking Information)]メニューの基本
のタイムコード(TC1)表示形式のみを選択できます。[タイムライン (Timeline)]
ウィンドウにあるその他のタイムコード フォーマットは表示できますが、トラック情
報には、基本タイムコードを除いて上記のソース / レコード モニタは表示されません。
設定
⇒
Adrenaline、Mojo またはソフトウェアのみのシステムから、NitrisDX のシステムに
ユーザー設定を持って行き、使用すると、高速スクラブは無効になります。Nitris DX
で起動している新規ユーざー設定では高速スクラブは有効です。
⇒
現在、ツールセットを保存する場合、ビンの位置は保存されません。
⇒
ユーザー設定を前のバージョンからこのバージョンに継承しないでください。新たに
ユーザー設定を作成してください。前の設定を使用する場合は、ツールおよびウィン
ドウのサイズ、特にこのバージョンで更新されたツールとウィンドウのサイズが予想
と異なる場合があります。
タイトル
⇒
(Macintosh) タイトルツールでクロールタイトルのページを水平にスクロールすると、
縦にグレーのラインが出ることがあります。
⇒
(Macintosh) タイムラインにある既存のタイトルを編集すると、背景が表示されないこ
とがあります。
対処法: Marquee にタイトルをプロモートするか、ビンで既存のタイトルを修正しま
す。
⇒
(Adrenaline) 再生モードをドラフトまたはベストパフォーマンスにすると、タイトル
ツールに壊れたイメージが表示されることがあります。
対処法: タイトルツールにイメージを表示するときには、フルクオリティまたはフル
クオリティ 10-bit モードにします。
⇒
52
シークエンスでロール タイトルまたはクローリング タイトルを再作成する場合、最初
と最後のキーフレームの[スクロール位置 (Scroll Position)]パラメータ値は保持され
ません。これらはデフォルト値に設定されます(開始および終了)。
制限事項と既知の問題
対処法: 再作成する前に、タイトルをアドバンスド キーフレーム モデルに切り替え
てください。
⇒
(Macintosh のみ)従来のタイトル ツール、スポイトを選択して Avid アプリケーション
を終了すると、アプリケーションが停止します。
対処法: タイトル ツール、スポイトを選択解除してから、Avid アプリケーションを
終了してください。
⇒
再作成したロール タイトルまたはクローリング タイトルのネスト トラックは編集しな
いでください。これらのタイプのネスト トラックを選択または編集しようとすると、
エラーが発生します。アルファ チャンネル サブトラック上で静止タイトルを再作成し
た場合も同様です。
⇒
使用できないドライブ(書き込みアクセス権を持たないドライブ)に対して設定され
ているレンダー設定で、使用可能なドライブのタイトルを変更すると、sys_error が発
生します。タイトルの .bak ファイルもビンに表示されます。
対処法: タイトル ツールを閉じて、レンダー設定を、書き込みアクセス権を持つド
ライブに変更してください。
⇒
大きいフォント サイズを使用すると、タイトル ツールのタイトルの文字間隔が不正確
になります。一部の文字の間隔が狭すぎたり、文字が重なったりします。HD プロジェ
クトでは、ビンにあるレンダリング済みタイトル クリップでのみこの問題を確認でき
ます。SD プロジェクトでは、タイトル ツールで即座にこの問題を確認できます。ま
た、大きいフォント サイズを使用してこの問題が発生すると、他のテキスト オブジェ
クトをどのフォント サイズで作成しても、同じ問題が発生します。
対処法: 一般的な最善の対処法は、タイトルを Marquee® に変換することです。
Marquee のタイトルでは、大きいフォントサイズを使用してもこの問題は発生しませ
ん。また、最終的にテキストに大きいフォント サイズを使用する必要がない場合は、
ワークフロー中は大きいフォント サイズに変換しないでください。または、フォント
サイズを大きくするとこの問題が発生する場合は、より小さいサイズで新たにテキス
ト オブジェクトを再入力してください。
⇒
Marquee タイトル フォーマットは通常のワークフローでは変更する必要がありません。
ほとんどの通常のワークフローでは、Marquee のタイトル フォーマットは Avid 編集ア
プリケーションのプロジェクト フォーマットに自動的にマッチするため、変更の必要
がありません。Avid 編集アプリケーションのプロジェクト フォーマットにマッチしな
いように、Marquee のタイトル フォーマットを変更した場合は、一部のタイトル オブ
ジェクトの周囲にアーティファクトが発生することがあります。Marquee のタイトル
フォーマットを変更する必要が生じる可能性があるのは、既存の .mqp ファイルを開い
てタイトルを作成した場合だけです。.mqp ファイルのフォーマットが Avid 編集アプ
リケーションのプロジェクト フォーマットにマッチしない場合は、編集アプリケー
ションでそのタイトルのフォーマットをプロジェクト フォーマットにマッチするよう
に変更します。タイトル フォーマットの変更の詳細については、Marquee ヘルプの
「タイトルのフォーマットを変更する」を参照してください。
53
⇒
HD プロジェクトで[メディア クリエート (Media Creation)]ダイアログ ボックスの
[ソース設定使用 (Same as Source)]を選択して、NTSC SD のロール タイトルまたはク
ローリング タイトルをレンダリングした場合、タイトルに問題が発生することがあり
ます。
対処法: 最高品質のタイトルにするには、作業しているプロジェクトのフォーマット
でタイトル メディアを再作成します。この場合は、HD フォーマットで SD タイトル
メディアを再作成します。
⇒
1080i HDV シークエンスの未レンダーのバックツーバック タイトルは、リアルタイム
で再生されないことがあります。2 つ目のタイトルが再生されません。
対処法: タイトルをレンダリングします。
⇒
24p および 25p プロジェクトのロール タイトルおよびクローリング タイトルは、フル
クオリティ モードでは「レイアウト ミスマッチ」エラーが発生することがあります。
対処法: 別のクオリティ モードを使用してください。また、HD プロジェクト環境に
切り替えてタイトルをロードすると、エラーが解消されます。
⇒
タイムラインで Marquee タイトルを再編集すると、ビデオ バックグランドにアーティ
ファクトが生じることがあります。これは見かけ上の問題で、結果のタイトルには表
示されません。
対処法: タイムラインではなくビン内でタイトルを再編集する場合は、アーティファ
クトは生じません。
⇒
フォーマットが HD に変更されたプロジェクトでは、シークエンスに Marquee クロー
ルが存在する場合は、これを変更して、Avid DSK タイトルのまま保持する必要があり
ます。エフェクト エディタを使用してこれらのタイトルを再編集し、Marquee を表示
します。Marquee でビンに保存する場合にタイトルがアニメートされた、またはタイ
ムラインに直接保存できないというメッセージが表示された場合は、次の対処法を実
行します。
対処法:[クロール (Crawl)]テキスト ボックスを選択します。Marquee 内で[C]
ツールバー ボタンをクリックすると、クローリング テキスト ボックスが拡張され、タ
イトルの幅が大きくなります。これで、今までどおりビンまたはタイムラインに保存
できるようになり、タイトルはアニメートされなくなります。
⇒
HD タイトルが SD メディア上に存在するか、SD タイトルが HD メディア上に存在す
る場合、ロール タイトルおよびクローリング タイトル上に改ページが表示されます。
対処法: 下位のビデオと同じ解像度でタイトルを再作成します。
54
制限事項と既知の問題
⇒
エフェクト モードでない場合は、HD タイトルがエイリアスされて表示されます。HD
プロジェクトで作成した一部のタイトルは、ソース / レコード モードでフル クオリ
ティで表示するとエイリアスされて(むらのある状態で)表示されることがあります。
視覚的な品質を改善するには、タイトルをレンダリングするか、エフェクト モードで
表示します。
⇒
タイムラインで Marquee タイトルを編集すると、アプリケーションがフリーズしたよ
うになることがあります。タイムラインですでにシークエンスの一部である Marquee
タイトルを編集した後、Marquee を終了すると、操作をまったく実行できなくなる場
合があります。
対処法: Esc キーを押します。この問題を避けるため、異なるユーザー設定を使用し
ます。
⇒
SD で作成され、HD でレンダリングされたロール タイトルでは、レンダリング時に
マット上部に 1 ラインが表示されます。
対処法: レンダリングの前にタイトルとマットを再作成してください。
⇒
テキストのサイズを変更すると、異なるカーニング結果が生じることがあります。テ
キストをハイライトしてテキスト プロパティを変更すると、[親 (Parent)]テキスト
ボックスでテキスト プロパティを変更した場合とは異なるカーニング結果になること
があります。同じ結果を得るために、[親 (Parent)]テキスト ボックスでテキスト プロ
パティを変更してください。
⇒
HD プロジェクトで大きいまたは未レンダーの SD クローリング タイトルまたはロール
タイトルを編集する場合は、SD に切り替えてタイトルを Marquee に変換し、タイトル
を SD で保存してから HD でタイトルを開きます。
この対処法は、720p プロジェクトでは使用できませんが、シークエンスの SD バー
ジョンがあれば、720p ビンを 30i プロジェクトで開き、表示されるタイトルを変更で
きます。
⇒
4x3 SD で作成され、16x9(SD または HD)で再作成されたタイトルは、左詰めで表示
されます。16x9 のタイトルを手動で正しい位置に再編集する必要があります。
対処法: 16x9 モードで、元の 4x3 タイトルをタイトル ツールにロードします。
[選択
(Selection)]ツールをクリックし、[編集 (Edit)]>[すべてを選択 (Select All)]を選択
し、[オブジェクト (Object)]、[グループ (Group)]の順にクリックします。[配置
(Alignment)]>[水平方向中央揃え (Center In Frame Horiz.)]をクリックします。タイト
ルをビンに保存します。
⇒
720p プロジェクトのタイムラインでロール タイトルおよびクローリング タイトルを編
集して再作成すると、「範囲外」エラーが発生することがあります。
対処法: 手動でタイトルをシークエンスに挿入してください。
55
XDCAM
⇒
PDW U デバイスで作業をし、XDCAM Import 設定で "Automatically Import Proxies when
disk is inserted" を選択していると、ディスクを挿入したときに、プロキシクリップをイ
ンポートするために自動的にプロンプトが出ません。このデバイスでは、手動でプロ
キシクリップをインポートしなければなりません。高解像度でのバッチインポートは
変更がありません。
⇒
(XDCAM 書き戻し ) 奇数フレームの 720p50 または 720p59 シークエンスをエクスポー
トすると、エクスポートを成功させるために、シークエンスには偶数フレームが必要
だという旨のメッセージが表示されます。1 フレームを追加または削除し、エクス
ポートしなおしてください。
⇒
XDCAM メディアを再生中にフレームがドロップすることがあるかもしれません。メ
ディアを再生すると、CPU パワーや GPU パワー、複雑なシークエンスなど、さまざま
なものが再生のパフォーマンスに影響を及ぼします。シークエンスの複雑さにより、
フルクオリティでリアルタイムでプレビューまたは最終シークエンスを出力したい場
合には、いくつかのエフェクトをレンダリングする必要があるかもしれません。
⇒
バーチャルボリュームから XDCAM クリップをバッチするには、システムはビンにプ
ロキシメディアを再インポートしてしまいます。XDCAM ディスクから直接 XDCAM
クリップをバッチインポートする場合、目的通りにそれは動作します。XDCAM ディ
スクにアクセスしない場合、バーチャルボリュームからインポートするときには高解
像度の XDCAM メディアインポートし、その後シークエンスを編集することをお薦め
します。
⇒
XDCAM ファイルをインポートする場合、次の Sony XDCAM カメラ モードで作業して
いるときは Avid ではバッチ インポート ワークフローがサポートされません。ピク
チャ キャッシュ レコード モード、インターバル レコード モード、または VFR(可変
フレーム レート)モード(UCC/OCC - Undercrank/Overcrank)ビデオがサポートされな
いことを示すエラー メッセージが表示されます。ただし、これらのクリップの高解像
度バージョンはインポートできます。ただしタイムコード値は不正確になります。
Avid エディタでは、上記のどのモードで収録されたクリップにもエディタ固有の一般
的なタイムコードが追加されます。
⇒
XDCAM プロキシ メディアは QuickTime 参照ムービーに正常にエクスポートされない
ことがあります。
通常の QuickTime ムービー、MPEG 4 または Windows Media 9 としてエクスポートする
と、正常にエクスポートされます。または、プロキシ シークエンスを DV 25 または
MPEG-IMX にトランスコードしてから QuickTime 参照としてエクスポートします。
対処法: XDCAM HD クリップ全体をインポートしてから、トランスコードします。
⇒
56
Avid 編集アプリケーションは XDCAM HD 25 M ビットメディア ファイルを HDV 1080i
50/60 として参照します。これらの動的再リンク設定は、プロジェクト タイプ
1080i/59.94 HDV と 1080i/50 HDV でのみ使用可能です。
使用可能なアドレス スペースを拡張し、RAM を追加してパフォーマンスを向上させる(Windows)
使用可能なアドレス スペースを拡張し、RAM を追加し
てパフォーマンスを向上させる(Windows)
Microsoft Windows XP および Vista の 32 ビット オペレーティング システムでは、各プ
ログラムが 2 ギガバイト(GB)のアドレス スペースに制限されます。アドレス ス
ペースの残りの 2 ギガバイトは固有の用途のために保持されます。オペレーティング
システムには、アプリケーションが実際に使用可能なアドレス スペースよりも大きい
仮想アドレス スペースにアクセスできるようにするための起動時のメカニズムが備
わっています。Avid では、プロセス アドレス スペースを拡張するための起動時メカニ
ズム設定のユーティリティを備えています。
Microsoft Windows XP および Vista の 64 ビット オペレーティング システムでは、32
ビット オペレーティング システムで割り当てられる 2 ギガバイトの制限をはるかに超
えるアドレス スペースがアプリケーションに割り当てられます。64 ビット オペレー
ティング システムでは、アプリケーションに対して追加メモリを割り当てるための
ユーティリティは必要ありません。
Avid 編集システムをより大きな仮想アドレス スペースにアクセスするように設定する
と、メモリ不足が発生することなく HD プロジェクトでの作業を向上できる場合があ
ります。メモリ スペースが増大した場合でも、ビンや複雑な HD エフェクトを使用す
ると、急激にメモリ使用量が増大する可能性があります。最善のパフォーマンスを得
るために、アドレス スペースを 2 ギガバイトを超える容量に拡張する場合は、追加の
1 GB または 2 GB の RAM をインストールしてください。
Install3GB.exe を使用して使用可能なアドレス スペースを拡張する
Vista 64 システムでは、この実行可能ファイルを実行する必要はありません。この手順
は、Vista 32 システムまたは Windows XP システムで実行します。
アプリケーションのアドレス スペースを拡張するには
1. Avid アプリケーションがインストールされている Utilities\3G フォルダにある
Install3GB.exe ファイルをダブルクリックします。
ウィンドウが開きます。このユーティリティを実行するには管理者権限が必要で
す。
n
実行しているハードウェアおよびソフトウェア、Nitris DX、Nitris、Adrenaline などに
より、アプリケーションのアドレス スペースに割り当てるメモリ容量が決まります。
2. プロンプトで、アプリケーションのスペースに割り当てるメモリ容量を入力しま
す。推奨する設定は次のとおりです。
-
Mojo および Adrenaline:2700
-
Mojo DX および Nitris DX:2700
57
-
Symphony Nitris:2500
-
ソフトウェアのみのシステム:2700
Install3GB によって現在実行している構成が更新されます。別の構成は作成されま
せん。
いずれかのキーを押すと、ウィンドウが閉じ、コンピュータを再起動する必要が
あります。
本来の構成の復元
システムを本来の構成に復元できます。
構成を復元するには
1. 57 ページ「Install3GB.exe を使用して使用可能なアドレス スペースを拡張する」で
説明されるように、Install3GB.exe を実行します。
2. メモリ設定に 0(ゼロ)を入力します。
これにより、ブート構成の「userva」設定が削除されます。
3. システムを再起動します。
マニュアルの変更内容
印刷版マニュアル発行後に、次の変更が加えられました。
XDCAM へのエクスポート
ヘルプで、トピック : [XDCAM へのエクスポート (Exporting to XDCAM)] のステップ8
で、[2 つ以上のオーディオトラックがあるシークエンスをエクスポートすると、たと
え Sony XDCAM デバイスが4から 8 チャンネルのトラックがあったとしても、2 ト
ラックのみがエクスポートされます。2 トラック以上あえうシークエンスはエクス
ポート中にミックスダウンされます。(If your exported sequence has more than two audio
tracks, only two tracks are exported, even though the Sony XDCAM device is capable of
handling 4 to 8 tracks. If your sequence has more than two tracks, they are mixed down during
export.)]
これは:[Sony PDW HD1500 または Sony PDW 1500 XDCAM デバイスを使用している
場合、MPEG IMX と XDCAM HD 50 Mbits フォーマットではオーディオのエクスポー
トは8トラックまでサポートしています。その他のフォーマットまたはデバイスは 8
トラックをサポートしていません。システムはエクスポート中にオーディオトラック
を1と2にミックスダウンします。(If you are using the Sony PDW HD1500 or the Sony
PDW 1500 XDCAM devices, export of up to 8 tracks of audio is supported for the MPEG IMX
and XDCAM HD 50 Mbits formats. For other formats or devices that do not support 8 tracks, the
system mixes down to audio tracks 1 and 2 during export.)]
58
著作権と免責事項
著作権と免責事項
製品の仕様は予告なしに変更することがあり、Avid Technology Inc. との契約を表わすものではありません。
本マニュアルで説明するソフトウェアはライセンス契約による拘束を受けます。ライセンス契約のコピーは、当社の Web
サイト www.avid.com で入手可能です。製品に対するライセンス条件も、ソフトウェアと同じディレクトリにあります。本
ソフトウェア製品は、逆アセンブルしたり、ライセンス契約に違反した方法で使用、および複製することはできません。ラ
イセンス契約で特に許可されている以外の媒体へ本ソフトウェア製品をコピーすることは、法律で禁じられています。
アビッド製品またはその一部は、以下の米国特許により保護されています。4,746,994、4,970,663、5,045,940、5,267,351、
5,309,528、5,355,450、5,396,594、5,440,348、5,452,378、5,467,288、5,513,375、5,528,310、5,557,423、5,577,190、5,583,496、
5,584,006、5,627,765、5,640,601、5,644,364、5,654,737、5,715,018、5,719,570、5,724,605、5,726,717、5,729,673、5,745,637、
5,752,029、5,754,851、5,799,150、5,812,216、5,828,678、5,842,014、5,852,435、5,999,406、6,038,573、6,061,758、6,141,007、
6,211,869、6,532,043、6,546,190、6,596,031、6,636,869、6,747,705、6,763,523、6,766,357、6,813,622、6,847,373、7,081,900、
D352,278、D372,478、D373,778、D392,267、D392,268、D392,269、D395,291、D396,853、D398,912。その他の 特許は 申請
中。
本マニュアルは、いかなる目的においても、Avid Technology, Inc. からの書面による明確な許可なく、いかなる目的でも、複
写や収録などの電子的または機械的ないかなる形式または手段でも、複製または転送することはできません。
Copyright (C) 2008 Avid Technology, Inc. and its licensors.All rights reserved.
留意事項 : 官庁ユーザーの権利の制限
アメリカ合衆国の権利の制限:本ソフトウェア製品とその付属ドキュメンテーションは、商業コンピュータ ソフトウェアま
たは商業コンピュータ ソフトウェア ドキュメンテーションです。このようなソフトウェアまたはドキュメンテーションを
アメリカ合衆国政府の機関または部署が取得する場合、本ソフトウェア製品とその付属ドキュメンテーションに関するすべ
ての権利は、FAR ß12.212(a) または DFARS ß227.7202-1(a) に従って、このライセンス契約の拘束を受けます。
商標
888 I/O、Adrenaline、AirPlay、AirSPACE、AirSPACE HD、AirSpeed、ALEX、AniMatte、AudioSuite、AudioVision、
AutoSync、Avid、Avid Advanced Response、Avid DNA、Avid DNxcel、Avid DNxHD、AVIDdrive、AVIDdrive Towers、Avid
DS Assist Station、Avid ISIS、Avid Learning Excellerator、Avid Liquid、Avid Mojo、AvidNet、AvidNetwork、Avid Remote
Response、AVIDstripe、Avid Unity、Avid Unity ISIS、Avid Xpress、AVoption、AVX、CamCutter、ChromaCurve、
ChromaWheel、DAE、Dazzle、Deko、DekoCast、D-Fi、D-fx、DigiDelivery、Digidesign、Digidesign Audio Engine、Digidesign
Intelligent Noise Reduction、DigiDrive、Digital Nonlinear Accelerator、DigiTranslator、DINR、DNxchange、do more、D-Verb、
Equinox、ExpertRender、Face Robot、FACE ROBOT、FASTBREAK、Fast Track、FieldPak、Film Composer、FilmScribe、
FluidMotion、FXDeko、HIIP、HyperSPACE、HyperSPACE HDCAM、IllusionFX、Image Independence、iNEWS、iNEWS
ControlAir、Instinct、Interplay、Intraframe、iS9、iS18、iS23、iS36、IsoSync、LaunchPad、Lightning、Lo-Fi、Magic Mask、
make manage move | media、Marquee、Matador、Maxim、MCXpress、Media Browse、Media Composer、MediaDock、
MediaDock Shuttle、Media Fusion、Media Illusion、MediaLog、Media Reader、Media Recorder、MEDIArray、MediaShare、
MediaStream、Meridien、MetaFuze、MetaSync、MicroTrack、MissionControl、NaturalMatch、Nearchive、NetReview、
NewsCutter、Nitris、OMF、OMF Interchange、OMM、Open Media Framework、Open Media Management、PCTV、Pinnacle
MediaSuite、Pinnacle Studio、Pinnacle Systems、ProEncode、Pro Tools、QuietDrive、Recti-Fi、RetroLoop、rS9、rS18、Sci-Fi、
ScriptSync、SecureProductionEnvironment、Show Center、Softimage、Sound Designer II、SPACE、SPACEShift、SpectraGraph、
SpectraMatte、SteadyGlide、Symphony、TARGA、Thunder、Thunder Station、TIMELINER、Trilligent、UnityRAID、Vari-Fi、
Video RAID、Video Slave Driver、VideoSPACE、Xdeck および X-Session は、アメリカ合衆国およびその他の国における Avid
Technology, Inc. の登録商標または商標です。
Adobe、Acrobat Reader、および Photoshop は、アメリカ合衆国、その他の国における Adobe Systems Incorporated の登録商標
または商標です。Apple および Macintosh は、アメリカ合衆国およびその他の国における Apple Computer, Inc. の商標です。
Windows は、アメリカ合衆国、その他の国における Microsoft Corporation の登録商標または商標です。そのほか本書に記載
されている商標はすべて、各社が所有権を有します。
Avid Media Composer ReadMe • Part Number 0130-07977-01N • 4 / 14 / 09
59
60
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
658 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content