close

Enter

Log in using OpenID

健康と室温の関係の検証をもとに 生まれた空調システム「エアスイート」

embedDownload
製 品・
サービス部門
Product & Service
09
入選作品
健康と室温の関係の検証をもとに
生まれた空調システム「エアスイート」
大和ハウス工業株式会社 総合技術研究所
入選作品概要
近年、早朝の血圧上昇が脳卒中や心
くし、脳卒中や心筋梗塞の発生リスク
ほとんど受けないが、起床後は室温が低
筋梗塞などのリスクになることがわ
を低くします。
いほど血圧はより高くなることがわか
かってきています。年間の死因別死亡
また、家中を無駄なく必要な温度を
りました。この研究を踏まえて、早朝の
率をみても、心疾患、脳卒中が冬期に上
維持するという“省エネ”と“健康快適
血圧上昇のリスクを低くする機能をエ
昇している現状があります。
性”を目指したシステムです。
“ 快適温
アスイートに組み込んでいます。
「エアスイート」は、少ない電力で効
度”と“やや弱め温度”などを組合せて
率よく温度調整ができる省エネ空調
リズミカルに制御しながら健康で快
エアコンの取替がスムーズ
シ ス テ ム で す が 、そ の 機 能 を 活 か し
適な室温環境を作ります。
伴い各部屋のエアコンの使い方が変
て、早朝の血圧上昇の要因を低減し、
化 し た 場 合 で も 、メ イ ン コ ン ト ロ ー
脳卒中等の発生リスクを低くするこ
とを目的に開発しました。
ラーの運転モードを調整することで
対応できます。
エアスイートの特長
今後の展開
「エアスイート」は、住宅内の各部屋
現在xevoCLEVAという住宅商品
のエアコンを、情報配線を使ってメイ
に標準搭載となっており、年間300棟
ン コ ン ト ロ ー ラ ー に 接 続 し 、生 活 パ
に搭載されています。今後、当製品と同
ターンに合わせてそれぞれの運転を
集中制御するシステムです。就寝前か
ら起床後までの寝室やリビング、洗面
脱衣室の室温を自動的に適温に制御
し、冬期の室温による血圧上昇を小さ
ご家族のライフステージの変化に
様の機能をHEMSに搭載し、住宅内
奈良県立医科大学と共同研究
における健康環境の普及に努めていき
開発に先駆けて「血圧変動を低減する
ます。
室温環境の研究」を実施しました。その
結果、寝ている間の血圧は室温の影響を
Corporate profile
大和ハウス工業株式会社
TEL:0120-590-956
(平日9∼21時)
【 事業内容 】
住宅・賃貸住宅・分譲マンション・商業施設・
一般建築物等、幅広く事業展開しています。
審査員からの講評
本システムを使用した場合の血圧変動のデータ・
論文がある。エビデンスに関しては、長期にわたる
通常の空調との差に関する実証などのデータが示
さ れ る と よ り 説 得 力 が あ る と 思 わ れ る 。今 後 、
HEMSとの連動等が期待できる。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
642 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content