close

Enter

Log in using OpenID

CircuitCAM 7.x Laser 操作手順書

embedDownload
EPRONICS
© CircuitCAM 7
メタルマスクデータの作成・修正
目次
メタマスクデータのインポート ............................................................................................................... 2
Ⅰ. Shape Manipulations・アパーチャ(マスクデータ)修正................................................................... 3
1:アパーチャサイズ変更/アパーチャ面積変更 .............................................................................. 3
2:長方形の開口部を楕円形へ修正 .................................................................................................... 4
3:長方形を角を丸めた長方形へ修正 ................................................................................................ 6
II. GMC 修正 ............................................................................................................................................ 8
1:マスクサイズ修正1、円弧挿入 .................................................................................................... 9
2:マスクサイズ修正2 .................................................................................................................... 12
3:アパーチャ(マスクデータ)へスリットを挿入 ............................................................................. 15
4:接着ドットデータ作成 ................................................................................................................ 17
5:ライブラリの作成と使用方法 ..................................................................................................... 19
Ⅲ.フレームデータ作成 .......................................................................................................................... 22
Ⅴ.メタルマスクレーザーカットデータ作成.......................................................................................... 24
CircuitCAM 7
1
この資料は、最新の CircuitCAM7 Pro を使用して、メタルマスクデータの作成・修正を行う場合につ
いて手順を記載した資料です。
メタルマスクデータは部品のパターンに合わせた開口部と板厚によって、最適な量のクリーム半田を
基板に転写します。基本的には部品のパターンと同サイズの開口部としますが、半田ブリッジの発生
を抑える為に開口部の面積を減らしたり、逆に半田オープン防止の為に開口部の面積を広げたりしま
す。 CircuitCAM7 Pro ではこの開口部の修正を簡単に行うことが可能です。
ここで紹介する手順は、メタルマスクの開口部の修正を行う基本的な方法となります、より詳しい説
明はオンラインヘルプを参照下さい。
メタマスクデータのインポート
メニュー ファイルからインポートを選択して、メタルマスクガーバーデータをインポートします。
インポート画面にてレイヤー/
テンプレートの指定を
「SolderPasteTop」に設定しま
す。
OK ボタンをクリックしてインポ
ートします。
2
CircuitCAM 7
Ⅰ. Shape Manipulations・アパーチャ(マスクデータ)修正
1:アパーチャサイズ変更/アパーチャ面積変更
アパーチャ(マスクデータ)のサイズを変更します。
変更を行う前に、アパーチャがドローデータかフラシュデータかを確認し、
ドローデータの場合は、フラシュデータへ変更します。
データがフラッシュデータかドローデータかを確認するには、データを選択し、ステータスバーに表
示されるステータスを確認します。
フラッシュデータの場合「フラッシュ」と表示、ドローデータの場合「開いたパス」と表示されます。
上画面の場合、選択したデータはドローデータ、幅 0.6mm です。
上画面にて選択したパッドは IC パッドの一箇所ですが、ここでは全てパッドを選択し IC パッド全体
を変更します。
ドラッグして全てのパッドを選択します。選択するとステータスバーに 32 と表示され、選択している
パッド数を表示します。
CircuitCAM 7
3
メニュー修正/変更から形状操作を選択します。Shape Manipulations ダイアログが開きます。
ここではアパーチャを X 軸方向に 0.2mm 縮めます。
下記の様に設定します。
Absolute
X,Y
中心点
X :-0.2 mm
『Scale』ボタンをクリックしま
す。
選択されたアパーチャが X 軸方向に 0.2mm 縮小します。
アパーチャの面積を修正する場合は、
Area%を選択し、変更値を%で入力します。
X,Y 両サイズが修正されます。
2:長方形の開口部を楕円形へ修正
長方形の開口部を楕円形へ修正する方法です。修正するデータをクリックしてステータスバーにてス
テータスを確認します。
上画面にて選択されたアパーチャは長方形 2.3×0.3mm と確認できます。
4
CircuitCAM 7
また画面上、標準ツールバーから選択したアパーチャはアパーチャリスト「GerberX_01」の D204 で
あると分かります。
選択したアパーチャが他の箇所にて使用されていないか確認をします。
メニュー選択からアパーチャ/ツールを選択するか、ツールバーにある
ボタンをクリックします。
D204 が使用されている箇所がハイライト表示されます。
修正はリスト D204 上で右クリックします。
アパーチャ/ツールプロパティ画面が開きます。
名称が「D204」であることを確認します。
タイプから長方形を楕円形に変更します。必要で
あればサイズ(a: , b:)も変更します。
CircuitCAM 7
5
3:長方形を角を丸めた長方形へ修正
ドローで描かれた長方形を角を丸めた長方形へ修正する方法です。
データを選択し、ステータスバーにてステータスを確認します。上画面の場合、
「開いたパス」と表示
されている為ドローデータと確認できます。
修正するデータをドラッグして選択します。上画面の場合選択したデータは 48 個とステータスバーか
ら確認できます。
6
CircuitCAM 7
メニュー修正/変更からドローからフラッシュへ変換を選択します。
全てのパッドがフラッシュデータへ変換されます。同じサイズの場合は、同サイズのアパーチャとし
て登録されます。
この場合、新規にて D コードが追加され D205 と
して登録されています。
ツールバー「D205」上で右クリックします。
タイプから丸めた長方形を選択します。
角の面取り寸法、半径を入力します。
上画面の様に修正されます。
CircuitCAM 7
7
II. GMC 修正
アパーチャ修正において望ましい形状へ変更が困難な場合は、GMC(Geometry Manipulation Center)
を使用します。GMC は、幾何学的に形状を修正及び削除を可能とします。
ツールバーGMC
にある
ボタンをクリックします。
ボタンをクリックすると、インポートしたレイヤー「SolderPasteTop」がコピーされレイヤー
「SolderPasteTop_WORK」として新規作成されます。また「SolderPasteTop」は非表示されます。
GMC にて使用されるレイヤーは下記となります。
_WORK
•カレントアクティブレイヤーがコピーされ作成されます。データの編集
はこのレイヤーにて行われます。
_MARK
•GMCにて編集が行われるレイヤー。
_MODIFIED
•編集したデータがこのレイヤーへ移動します。
_READY
•GMCにおいて編集後、最終的にこのレイヤー移動されます。フレームデー
タ等の作成に必要なレイヤーとして設けられています。
8
CircuitCAM 7
1:マスクサイズ修正1、円弧挿入
ここでは 2 極チップのマスクデータを例として修正を行います。
修正する 2 極チップのデータをドラッグして選択し、
GMC (Gemetry manipulation center)ボタ
SizeModification
ンをクリックします。下画面が表示されます。タブから
を選択します。
長方形のサイズを変更します。画面上にあ
る長方形をクリックします。
スケールにて、下記の様に設定します。
Absolute
+X,-X,+Y,-Y
Center point
+Y: -0.05 ,-Y -0.1
ボタンをクリックします。上の長方形が下の様に修正されます。
CircuitCAM 7
9
次に先ほど修正した長方形に円弧を追加します。
タブ
Predefined Shapes
を選択します。
左のウィンドウへ修正するリス
トが表示されます。
円弧の追加は選択したデータの
サイズ W と H(W:1.2mm
H:0.65)の寸法から 1/2,1/4 で x、
y を計算して作成を行うか、Unit
を選択して数値を選択または入
力して作成します。ここでは%を
選択して X,Y 共に 1/4 とします。
[Exchange]ボタンをクリックします。データが修正されます。
[Rotate]ボタン 3 回クリックして円弧の挿入位値を変更します。変更は下の様になります。
次にこの修正を下の長方形へ反映させます。
ボタンをクリックすると、変更されたデータ
が下側の長方形へ反映されます。
10
CircuitCAM 7
同じ修正を他の箇所にあるデータへ反映する場合は、
Compare
タブをクリックします。
Compare Shape を選択して[Exchange]ボタンをクリックします。データと類似するデータが画面に
表示されます。確認後、[適用]ボタンをクリックします。
修正されたデータは SolderPasteTop_Modified レイヤーへ新規作成され移動します。
全ての修正が終わったら、
レイヤーSolderPaseTop_Modified から SolderPaste_Ready へ移動します。
GMC メニューバーにある
ボタンをクリックするとレイヤーが SolderPaste_Ready へ移動します。
他、修正がされていない SolderPAstTop_Work レイヤーを SolderPAsteTop_Ready レイヤーへ移動し
ます。SolderPAstTop_Work レイヤーデータを選択して
ボタンクリックして選択します。
SolderPAstTop_Work レイヤーが全て選択されます。移動はレイヤーリストから選択して行います。
レイヤーリストから SolderPasteTop_Ready を選択。
リストから選択するとレイヤーが変更されます。
CircuitCAM 7
11
2:マスクサイズ修正2
この修正は選択した開口部を選択して修正し、その修正した開口部に近似した開口部へ修正を適用さ
せる手順です。
修正するデータをドラッグして GMS ボタン
12
をクリックします。
CircuitCAM 7
Size Modification
Siz
タブをクリックします。
上側のパッドをドラッグして選択します。
スケールにて下記の様に設定します。
Absolute ,
+X,-X,+Y,-Y
Center Point
–X: -0.1mm –Y: -0.2mm
[Scale]ボタンをクリックします。
次に下側のパッドをドラッグして選択
し、
ボタンをクリックします。
+Y と-Y の数値が入れ替えられます。
再び[Scale]ボタンをクリックします。
パッドが修正されます。
CircuitCAM 7
13
修正後は下画面のようになります。
Compare
タブをクリックします。Compare Shape を選択し、Exchange ボタンをクリックし
ます。 類似したデータが画面上へ表示されます。
適用ボタンをクリックします。修正されたデータはレイヤーSolderPasteTop_Modified へ移動します。
全ての修正が終わったら、GMC メニューバーにある
SolderPaste_Ready へ移動します。
14
CircuitCAM 7
ボタンをクリックするとレイヤーが
3:アパーチャ(マスクデータ)へスリットを挿入
スリットを挿入したいアパーチャ(マスクデータ)を選択して GMC をクリックします。
Shape Modification
タブをクリックします。
Chop up フィールドにてスリットの幅を設定
します。
Gap Size: X,Y: 0.3mm
Number:0
Number はスリット数を入力します。0の場
合は斜めに挿入します。
画面上の長方形を選択し、 ChopUp ボタン
をクリックします。
斜めにスリットが挿入されます。
CircuitCAM 7
15
Compare
タブをクリックします。Compare Shape を選択し、Exchange ボタンをクリック
します。類似したデータが画面上へ表示されます。確認後、[適用]ボタンをクリックします。
修正されたデータは SolderTopPaste_Modified レイヤーへ移動します。
全ての修正が終わったら、GMC メニューバーにある
SolderPaste_Ready へ移動します。
16
CircuitCAM 7
ボタンをクリックするとレイヤーが
4:接着ドットデータ作成
リード部品、表面実装部品が混在する基板においては、実装後ウェーブ半田等で半田付けを行う際、
表面実装部品は接着して行われます。CircuitCAM 7 ではユーザー側で指定した接着箇所へデータの作
成が可能です。このデータはプリントマスクデータまたはディスペンスデータとして使用することが
可能です。ここでは QFP100 ピンを使用し GMC にて接着ドットデータを作成します。
QFP アパーチャをドラッグして選択し GMC をクリックします。
Glue Dots
タブをクリックします。
CircuitCAM 7
17
名称を入力します。一度設定し
たものは保存が可能で、呼出し
再利用することが可能です。
全てのパッドをドラッグして選
択します。接着ドット数、直径、
間隔を設定します。
配置する方向、水平方向または垂直方向を選択します。
このボタンをクリックするとデータが配置されます。
Compare
タブをクリックします。Compare Shape を選択し、Exchange ボタンをクリック
します。類似したデータが画面上表示されます。確認後、[適用]ボタンをクリックします。
接着ドットデータが SolderTopPaste_Modified レイヤーへ作成されます。
全ての修正が終わったら、
レイヤーSolderPaseTop_Modified から SolderPaste_Ready へ移動します。
GMC メニューバーにある
18
ボタンをクリックするとレイヤーが SolderPaste_Ready へ移動します。
CircuitCAM 7
5:ライブラリの作成と使用方法
頻繁に使用する形状の修正は、ライブラリとして保存し使用することが可能です。
ここでは SOIC44 ピンを使用してライブラリの作成を行います。
修正するデータを選択して GMC をクリックします。
アパーチャを長方形から角丸長方形に変更します。
左上のアパーチャを選択します。長方形の角を半径 0.2mm で丸くします。
値 0.2mm 入力し、
をクリックし
ます。選択したアパーチャが修正されます。
全てののアパーチャを修正する場合は、
を
クリックします。
全てのアパーチャが修正されます。
CircuitCAM 7
19
タブ
Lib
をクリックします。
使用ボタン
新規ライブラリ作成
ライブラリに保存
ライブラリから読込み
をクリックします。
名称を入力します。ライブラリから読込みことを考慮して名称を付
けます。
ここでは名称を SOIC 44、Category を SOIC をとします。
OK をクリックします。
Save Library ボタンをクリックし保存します。
20
CircuitCAM 7
タブ
Compare
をクリックします。
Compare Shape を選択し、
修正を元に戻す場合は
最後に
修正後
ボタンをクリックします。
をクリックします。
ボタンをクリックします。
ボタンをクリックします。レイヤーSolderPasteTop_Ready へ移動します。
CircuitCAM 7
21
Ⅲ.フレームデータ作成
フレームデータの作成は、Jobs タブを開き、フレームジェネレータを表示します。
フレームデータ作成時において中心となるレイヤーSolderPasteTop_Ready レイヤーを確認します。
必要があればレイヤーリスト
から選択して移動します。
DefaultFrame xxx を選択して、右クリックメニューからプロパティを開きます。
(フレームデータを作成する前に適切なテンプレート[default_stencil.cat]を使用しているか確認し
て下さい。他のテンプレートの場合、ジョブの実行が行えません。)
22
CircuitCAM 7
目的のレイヤーからフレー
ムを配置し中心となるレイ
ヤーを選択します。
ここでは
SolderPasteTop_Ready レ
イヤーを選択します。OK を
クリックします。
プロパティ設定後、
DefaultFrame xxx を選択
して、右クリックメニュー
からジョブ実行を選択しま
す。
フレームが作成されます。
CircuitCAM 7
23
Ⅴ.メタルマスクレーザーカットデータ作成
ジョブのバッチから SMT Stencil を選択し、
右クリックメニューから実行を選択しま
す。
Layer source が SolderPasteTop_Ready に
なっているか確認します。
その他の設定を確認し、Rin ボタンをクリッ
クします。
レーザーカットデータが出力されます。
出力可能なフォーマットはガーバーデー
タ、DXF データ、LMD データです。
より詳しい内容はオンラインヘルプからご
確認ください。
24
CircuitCAM 7
CircuitCAM 7
25
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
1 720 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content