close

Enter

Log in using OpenID

Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner

embedDownload
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner 試験ガイド
Adobe Experience Manager 6 Business
Practitioner
アドビ認定エキスパート試験ガイド
試験番号:9A0-388
1
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner 試験ガイド
アドビ認定エキスパート試験について
アドビ認定エキスパートの使命は、専門知識を駆使し、アドビのソリューションを利用するク
ライアントの価値実現を支援することです。
アドビの認定試験は、業界で認められた手順により有効性と信頼性を確保しています。試験は
業界のエキスパートと連携して、認定対象業務に求められる実務的要件と目的に沿って作成さ
れています。
このガイドは、アドビ認定エキスパート試験の準備に必要な情報を提供すると共に、どの段階
で受験するかの判断材料を示すことを目的としています。試験の評価対象となる、特定の職務
についての「最低限の資格基準該当者」に必要な知識と技術の概要を示します。
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner
試験の構成

問題数:41

試験時間:55 分

合格基準:68%
試験の申し込み方法
この試験は世界共通でピアソン VUE が配信します。

試験名:Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner

試験番号:9A0-388

受験料:14,075 円
2
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner 試験ガイド
ピアソン VUE テストセンターでの試験申し込み方法:
1. ピアソン VUE Web サイトのアドビ認定ページに進みます。
http://www.pearsonvue.com/japan/IT/adobe_index.html
2. 登録済みのピアソン VUE アカウントにサインインするか、初めてご利用になる場合は
「Create a web account(Web アカウントを作成)」を選択します。
3. 「View Exams(試験一覧)」を選択します。
4. 受験する試験名を選択します。
5. 「Schedule this Exam(この試験を予約)」ボタンをクリックします。
6. 「Schedule this Exam(この試験を予約)」を選択します。
7. 試験の会場と日時を選択します。
8. 「Proceed to Checkout(チェックアウトに進む)」をクリックします。
9. 試験のポリシーを確認し、同意する場合はチェックボックスをオンにして、「Next」をク
リックします。
10. 支払い方法を選択します。バウチャーまたはプロモーションコードをお持ちの場合は、
「Add Voucher or Promo Code(バウシャーまたはプロモーションコードを追加)」をク
リックして、テキストボックスに番号を入力し、「Apply(適用)」をクリックします。
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner
試験の範囲
以下に示す領域の各種タスクが試験の評価対象となります。

デジタルマーケティング概念の理解

AEM による Web サイトの構築と管理

Web コンテンツ管理ツールの操作

デジタルアセット管理ツールの操作
3
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner 試験ガイド
各領域に、Adobe Experience Manager Business Practitioner として求められる以下のタスクが
あります。

デジタルマーケティング概念の理解
ソーシャルメディアの統合、パーソナライゼーション、セグメント化、分析を理解してい
ること。Web サイト、ソーシャルコミュニティ(ブログ、フォーラムなど)に必要な外部
データを理解していること。

AEM による Web サイトの構築と管理
Web コンテンツとデジタルアセットのバージョン管理とレポート作成を理解しているこ
と。マイクロサイトと多言語サイトを管理できること。

Web コンテンツ管理ツールの操作
サイドキック、ページとテンプレートの作成方法を理解していること。AEM アーキテク
チャの基本を理解し、コンテンツ不明、ページ未更新などに関連するトラブルシューティ
ングと問題の解決ができること。

デジタルアセット管理ツールの操作
AEM Digital Assets Manager を理解していること。
試験範囲の内容の配点:
試験問題の各領域の配点は以下のとおりです(注意:各問題の配点はすべて同じであり、どの
問題にも部分点はありません)。
領域
試験内容の割合
デジタルマーケティング概念の理解
27%
AEM による Web サイトの構築と管理
22%
Web コンテンツ管理ツールの操作
34%
デジタルアセット管理ツールの操作
17%
4
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner 試験ガイド
Adobe Experience Manager Business Practitioner の
職務
この試験は、現在または過去に Adobe Experience Manager Business Practitioner を担当した経
験のある個人向けに設計されています。
最低限の資格基準該当者
試験に合格するには、下記に示すとおり Adobe Experience Manager Business Practitioner に求
められる最低基準の知識、技術、能力を身につける必要があります。
Adobe Experience Manager Business Practitioner は単独で
以下のタスクを実行できること:

用途を定義する

AEM Web サイトを作成する際に開発者が使用するビジネス要件文書を作成する

デジタルアセットを整理する

ビジネス目的に沿って統合を実施できるよう開発者をガイドする

タグ付けを使用して、ビジネス要件を満たす

複数のマイクロサイトを管理する

Web サイト、アプリ、マルチサイト管理を含む、AEM のすべてのモバイル機能について説
明する

開発者が作成したコンポーネントに基づき、Web ページを構築する

AEM を他のソリューションに統合する方法を説明する

ワークフローを利用する

セグメントを構築する

バージョンを管理する
5
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner 試験ガイド
この試験の最低限の資格基準該当者に想定される職
務経験
通常以下の職務経験を持つ Adobe Experience Manager Business Practitioner が最低限の資格基
準該当者となります。

1 年以上の AEM Digital Assets Manager 経験

1 年以上の AEM Web コンテンツ管理担当経験

1 年以上の AEM モバイル機能担当経験

AEM 製品のすべての機能に精通した製品スペシャリストである

製品で何ができるか、AEM の「可能性」を理解している

実装に関与し、必要事項を定義している

ビジネスニーズを理解している

Web サイトがクライアントのビジネスに及ぼす影響を理解している

タグ付けを理解している

マルチサイト管理を理解している

AEM で使用可能な out-of-the-box コンポーネントの機能を理解している

AEM で使用可能な out-of-the-box コンポーネントで何ができるか(できないか)、どのよ
うな場合にカスタム開発が必要となるかを理解している
受験の準備に役立つトレーニング
トレーニングの必要性
受験前にトレーニングが必ず必要なわけではありませんが、トレーニングにより Adobe
Experience Manager に必要な知識と技術を大幅に向上できる可能性はあります。もっとも、ト
レーニングのみで合格に必要な知識とスキルを得ることはできません。合格に必要な知識を得
るには、実務で成功経験を積むことが不可欠です。
6
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner 試験ガイド
アドビパートナー向けトレーニング
ビジネスレベルまたはより高いレベルのパートナーの皆様は、Adobe Partner Enablement によ
る追加トレーニングの受講資格があります。トレーニングコースにアクセスするには、個人の
ログイン情報で Adobe Partner Training Center にログインしてください。Adobe Partner
Training Center とトレーニングコースの利用方法については、Adobe Partner Exchange を参照
してください。
公開トレーニングコース
Adobe Experience Manager Business Practitioner 職務に関連するコースをご紹介します。コー
ス内容の説明を参考に、現在の知識と技術レベルに合うコースをお選びください。Adobe AEM
トレーニング一覧:http://training.adobe.com/training/courses.html#product=adobe-cq
受験時期を判断するには
試験の合格を保証するものはありませんが、実践経験が豊富でトレーニングを多数こなすほ
ど、合格できる可能性が高くなります。到達度を把握するには、下記の自己査定準備シートを
ご利用ください。
実践経験
アドビの試験では特定の職務に関する知識と技術が評価されるので、このガイドに記載された
最低基準の実務経験を積むことが最も効果的な受験準備方法の 1 つです。
自己査定準備シート
次の作業シートを使って試験項目を確認し、到達度の確認にご利用ください。引き続き準備が
必要と思われる項目がある場合は、トレーニングが必要か、実務経験が必要か、両方必要かを
判断します。
7
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner 試験ガイド
項目
はい
いいえ
はい
いいえ
はい
いいえ
はい
いいえ
既存の環境とビジネスプロセスの特定
ソーシャルメディアの統合を理解している
パーソナライゼーションを理解している
分析を理解している
Web サイトに必要な外部データを理解している
ソーシャルコミュニティ(ブログ、フォーラムなど)
を理解している
項目
AEM による Web サイトの構築と管理
Web コンテンツのバージョン管理を理解している
デジタルアセットのバージョン管理を理解している
レポート作成を理解している
マイクロサイトを管理できる
多言語サイトを管理できる
項目
Web コンテンツ管理ツールの操作
サイドキックを理解している
ページの作成方法を理解している
テンプレートを理解している
AEM アーキテクチャの基本を理解している
コンテンツ不明、ページ未更新などに関連するトラブル
シューティングと問題の解決ができる
項目
デジタルアセット管理ツールの操作
AEM Digital Assets Manager を理解している
8
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner 試験ガイド
模擬試験問題
試験にどのような問題が出題されるかを感覚的に理解するために、以下の模擬設問を解いてみ
てください。ここでの結果は、実際の試験での結果を示すものではありません。試験準備を
十分に行うために、この試験準備ガイドで、出題範囲のトピックおよび目的をしっかり確認し
てください。正解はこの試験ガイドの最後に記載されています。
1. ソーシャルコミュニティのみで使用されるツールは次のどれですか。
A. レプリケーションエージェント - リバースレプリケーション
B. スパムフィルター
C. ワークフローコンソール
2. 新しいバージョンのデジタルアセットを作成する 2 つのシナリオは次のどれですか(2
つ選択してください)。
A. デジタルアセットを正常にアクティベートする
B. ユーザーインターフェイスまたは WebDev を使用して、ファイルを CQ DAM にアップ
ロードする
C. デジタルアセットのメタデータを変更するが、アクティベートはしない
D. デジタルアセットのメタデータは変更せず、新しいイメージをデジタルアセットの 1 つ
のレンディションにアップロードし、アクティベートする
3. フォームを作成するための 3 つのコンポーネントは次のどれですか(3 つ選択してくだ
さい)。
A. フォームコンポーネント
B. フォームフィールドと要素
C. ソーシャルフォーラムコンポーネント
D. プロファイルコンポーネント
9
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner 試験ガイド
4. オーサリング経験がなくてもニュースレターのエントリを作成できるのは、Adobe
Experience Manager のどの機能ですか。
A. テンプレート
B. 基礎モード
C. 段落システム
D. サイドキック
5. AEM サイトのテンプレート数を制限する最適な方法はどれですか。
A. 作成者にページコンポーネントを使用させる
B. テンプレートへのアクセスを Super Author のみに制限する
C. サイドキックのデザインモードへのアクセスのみに制限する
D. できるだけ段落システムを使用する
6. 通常のインターネットサイトで、公開サーバーとロードバランシングはどこに置かれま
すか。
A. 公開サーバーは会社のファイアウォールの内側、ロードバランシングは外側
B. 公開サーバーとロードバランシングは共に会社のファイアウォールの外側
C. 公開サーバーとロードバランシングは共に会社のファイアウォールの内側
D. ロードバランシングは会社のファイアウォールの内側、公開サーバーは外側
7. Web サイトに表示されない理由として最も可能性が高いのは次のどれですか。
A. ユーザーがプレビューモードでサイトを表示している
B. コンテンツノードにアクセスするための適切な権限をユーザーが持っていない
C. ユーザーが基礎モードでサイトを表示している
D. 段落システムにページコンポーネントが含まれていない
10
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner 試験ガイド
解答
試験にどのような問題が出題されるかを感覚的に理解するために、以下の模擬設問を解いてみ
てください。ここでの結果は、実際の試験での結果を示すものではありません。試験準備を
十分に行うために、この試験準備ガイドで、出題範囲のトピックおよび目的をしっかり確認し
てください。正解はこの試験ガイドの最後に記載されています。
1. ソーシャルコミュニティのみで使用されるツールは次のどれですか。
正解:B ‒ スパムフィルター
2. 新しいバージョンのデジタルアセットを作成する 2 つのシナリオは次のどれですか(2 つ
選択してください)。
正解:B ‒ ユーザーインターフェイスまたは WebDev を使用して、ファイルを CQ
DAM にアップロードする
正解:C ‒ デジタルアセットのメタデータを変更するが、アクティベートはしない
3. フォームを作成するための 3 つのコンポーネントは次のどれですか(3 つ選択してくだ
さい)。
正解:A ‒ フォームコンポーネント
正解:B ‒ フォームフィールドと要素
正解:D ‒ プロファイルコンポーネント
4. オーサリング経験がなくてもニュースレターのエントリを作成できるのは、Adobe
Experience Manager のどの機能ですか。
正解:B ‒ 基礎モード
11
Adobe Experience Manager 6 Business Practitioner 試験ガイド
5. AEM サイトのテンプレート数を制限する最適な方法はどれですか。
正解:D ‒ できるだけ段落システムを使用する
6. 通常のインターネットサイトで、公開サーバーとロードバランシングはどこに置かれま
すか。
正解:B ‒ 公開サーバーとロードバランシングは共に会社のファイアウォールの外側
7. Web サイトに表示されない理由として最も可能性が高いのは次のどれですか。
正解:B ‒ コンテンツノードにアクセスするための適切な権限をユーザーが持っていない
12
サポート
認定については、Solution Partner Portal Web サイトをご利用ください。お問い合わせは、
パートナー認定事務局に電子メールでご連絡ください。
アドビ システムズ 株式会社 〒141‐0032 東京都品川区大崎 1‐11‐2 ゲートシティ大崎イーストタワー www.adobe.com/jp Adobe Systems Incorporated 345 Park Avenue San Jose, CA 95110‐2704 USA www.adobe.com © 2015 Adobe Systems Incorporated. All rights reserved. Printed in Japan.90000000 7/09 
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
281 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content