close

Enter

Log in using OpenID

索道安全報告書(平成27年度)

embedDownload
索道安全報告書(平成27年度)
磐梯リゾート開発株式会社
平成27年運行リフト
第2ペアリフト
第4クワッドリフト
第5ペアリフト
第6ペアリフト
第7クワッドリフト
第9ペアリフト
第10ペアリフト
ゴンドラリフト
内容
□ ご利用の皆様へ
□ 基本方針
□ 安全管理体制
□ 輸送の安全確保のための取り組み
□ 故障等の発生状況とその再発防止処置
□ 利用者の皆さまの連携とお願い
□ 連絡先
□ ご利用の皆様へ
シーズン中は、多数の皆様にお越し頂き感謝申し上げます。
当社の索道事業に対して、日頃よりご利用とご協力をいただき誠にありがとうございます。
当社は安全運行を第一に掲げ、法令に基づき安全運行に努めております。
今後も、安全・安心運行を目標に掲げ鉄道事業法に基づき安全確保を第一に努めてまいります。
本報告書は鉄道事業法に基づき輸送の安全確保のための取り組みや安全の実態について 自ら振り返るともに 、広くご理解いただくために公表するものです。
変わらぬご協力をお願い申し上げます。
磐梯リゾート開発株式会社
取締役総支配人 八木 貴博
□ 基本方針
総支配人は、安全第一の意識を持って事業活動を行える体制の整備に努めるとともに
索道施設及び職員を総合活用して輸送の安全を確保するための管理方針を具体的に
定める。
1.一致団結して輸送の安全確保に努めます。
2.輸送の安全に関する法令及び本規定の他、関連する実施細則をよく理解するとともに
これを遵守し、厳正、忠実に職務を遂行します。
3.常に輸送の安全に関する状況を理解するよう努めます。
4.職務の実施に当たり、推測にとらわれず確認励行に努め、疑義のある時は最も安全と
思われる取扱をします。
5.事故、災害が発生したときは、人命救助を最優先に行動し、すみやかに、安全適切な
処置をとります。
6.情報は迅速、正確に伝え、透明性を確保します。
7.常に問題意識を持ち、必要な変革に果敢に挑戦します。
□ 安全管理体制
1.総支配人は、輸送の安全の確保に関する最終的な責任を負う。
2.総支配人は、輸送の安全を確保するための索道事業の実施及び管理体制を整備
するとともに、索道事業の実施及び管理を確認する。
3.総支配人は、索道事業の遂行に際し、設備、運行、要員、投資、予算その他の必要な
計画の策定において、次条に揚げる者その他必要な責任に対し、安全性及び実現可能
性の観点から検証を行わせる。
4.総支配人は、輸送の安全確保するため、索道事業の実施及び管理の状況を把握し、
必要な改善を行う。
5.総支配人は、輸送の安全に関する改善施策の決定に際しては、ユニットディレクターのその
職務を行う上での意見を尊重する。
6.総支配人は、事故、事故のおそれのある事態、災害その他輸送の安全確保に支障を
及ぼすおそれのある事態(以下、「事故、災害」という)規模の内容に応じ、対策方法
その他必要な事項を職員等に周知・徹底する。
安全管理体制
取締役総支配人
取締役総支配人
輸送の安全に関する最終的な責任を負う。
安全統括管理者
安全統括管理者 (索道支配人兼務)
索道事業の輸送の安全に関する業務の統括をする。
索道支配人
スキー場責任者
統括管理者の補佐及び索道の運行管理及び索道施設の
保守管理その他の技術上の事項に関する業務を統括する。
索道技術管理者3名
索道技術管理者
索道統括管理者の指揮の下、索道の運行管理及び索道施設の
保守管理その他の技術上の事項に関する業務を統括する。
索道技術管理員15名
索道技術管理員
索道技術管理者の指揮の下、索道技術管理者の行う業務の
補助を行う。
□ 輸送の安全確保のための取り組み
1.夏期整備実施内容
当社では、索道施設の夏期整備計画を立て安全の維持・設備保持のため、毎年整備、点検を
実施しております。
点検・整備内容
・握索器オーバーホール
第4クワッドリフト
・耐滑動力測定検査 第7クワッドリフト
ゴンドラリフト
・索受ブッシュ交換整備
第4クワッドリフト
・リフト支柱点検
全運行リフト
ゴンドラ支柱塗装
・機械室整備
全運行リフト
・非常用制動機オーバーホール
第4クワッドリフト
・油圧緊張シリンダー新規更新
第10ペアリフト
耐滑動力測定検査
握索器オーバーホール
索受ブッシュ交換整備
握索器オーバーホール (整備完了)
制動機オーバーホール
ゴンドラ支柱塗装
2.従業員教育
当社では、輸送や皆様の安全に役立つよう、シーズン営業開始前に施設及び取扱いについての
安全教育を実施しております。。
マニュアル説明
2.緊急時救助訓練
マニュアル説明後に、実際に索道事故や災害を想定した救助訓練を行います。
□ 故障等の発生状況とその再発防止処置
1. 索道運転事故(索道人身傷害)
報告した事例はありません。
2. 災害(地震や暴風雨、豪雪)
平成27年度災害による運行停止はありません。
なお強風、豪雪による運行停止は以下の通りです。
リフト名
第2ペアリフト
(日)
0
リフト名
第7クワッドリフト
(日)
3
第4クワッドリフト
3
第9ペアリフト
3
第5ペアリフト
3
第10ペアリフト
3
第6ペアリフト
3
ゴンドラリフト
3
3. インシデント(事故の兆候)
平成27年度、国土交通省へのインシデント報告はありません。
4. 行政指導
平成27年度、国土交通省からの行政指導はありません。
□ 利用者の皆さまの連携とお願い
1.リフト乗車時の注意事項
・初心者のお客様で、リフト乗車に不安があるお客様は、その旨を係員に申し出てください。
ご乗車をサポート致します。
・リフト上は喫煙及び飲食は不可となっておりますので、お願い致します。
・リフトの線下(リフトが通っている下の斜面)は滑走できません。万が一滑走されまして、雪崩や他の
お客様に被害等出るような事態になりましたら、被害に応じた対応を取らせて頂きますので、
ご了承ください。
・リフトからの飛び降りや揺らすのは厳禁です。ロープが支柱にあるローラーから外れて大事故になる
可能性がありますし、前後にご乗車されている他のお客様の転落につながる可能性があります。
・ウェアーや携帯品がリフトに引っ掛かる事がありますので、注意してください。
・乗降の際は必ず係員の指示に従ってください。
・リフトなど運行に支障をきたす風や雷等により停止する場合があります。お客様の安全を第一に
考えての処置となりますので、そうした場合は係員の指示に従い、速やかに安全区域へと移動
願います。
お客様からの声や頂いたクレーム等を大切にし、それらを運営に活かし、より信頼性の高い事業
にしたく、下記に記す連絡先に何なりとご連絡頂きます様宜しくお願い申し上げます。
□ 連絡先
〒969-3202
耶麻郡磐梯町大字更科字清水平6838-68
磐梯リゾート開発(株)
アルツ磐梯
マウンテンサービスユニット
安全統括管理者
渡部宏一
TEL
0242-74-5028
Fax
0242-74-5039
[email protected]
E­‐Mail
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
504 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content