close

Enter

Log in using OpenID

Smart Net V2.0 ユーザーマニュアル

embedDownload
Smartnet
V2.0
取扱説明書(K50・GP20 対応)
目次
システム概要、基本構成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2
AC100V 接続、カードリーダーの接続、電気錠出力切り替え・・・・・・・・・・・・3
電気錠の接続・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4
入室側リーダーの接続・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5
退室側リーダーの接続・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6
退室用押しボタンスイッチおよびドアセンサーの接続・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
初期設定値、電源投入後の画面、運用モード・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8
操作モードへのログイン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・9
パスワード入力、履歴表示・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10
カードの登録・削除・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
ドアモードの設定、ドア閉め忘れ警報、JIS2 型カードの設定・・・・・・・・・・・12
テンキー運用、パスワードの設定、日付設定、ハードリセット・・・・・・・・・・・13
パソコンを使った登録/削除・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14
履歴のダウンロード・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20
操作フローチャート(一回解錠モード)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25
操作フローチャート(トグルモード)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・28
Smartnet 概観図・スペック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・31
カード管理表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・32
システム概要
SmartNet はスタンドアローン型の入退室管理システムです。次のような特徴を備えています。
・ 非接触型リーダーのみならず Paxton 社製テンキー、JIS2 型磁気カードリーダーが接続可能です。
JIS2型カードは 8 桁以内の任意の数値を設定可能です。
・ 10000 件の履歴が保存され画面上で確認できます。
・ テンキー用コードは 4 桁もしくは 8 桁の任意の数値を5 種類登録できます。
ユーザー毎に割り当てればカードを使わなくても履歴管理が出来ます。
・ ユーザー登録数は 8000 人。個別に登録・抹消の管理が可能です。
・ 個別管理の他にパソコンを使い効率よく管理することも可能です。
基本構成
コントローラーに接続するリーダーと電気錠(電気ストライク等)は下記の通りです。コントローラーには
AC100V の電源が必要です。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
*
0
#
退出押しボタン
Paxtonテンキー
(入室側のみ)
Smartnetコントローラー
SET
MODE
1
6
POWER
OK
125KH非接触型リーダー
(入/退室側接続可能)
2
7
NG
3 4
8 9
5
0
ALARM
Smartnet
MODEL0705
AC100V
OR
JIS2型磁気リーダー
(入/退室側接続可能)
マグネットロック
電気ストライク
2
AC100V 接続
コントロール基板の左下に AC100V を接続してください。
通信ジャック
液晶画面
電源ユニッ
ト
TB6 TB8 TB9 TB5 TB1 TB2 TB3
1 2 3
1 2 3
1 2 3 4
1 2 3 4 5 6
1 2 3 4
1 2 3 4
TB7
TB4
1 2 3 4 5 6 7
1 2 3 4 5 6 7
AC100Vへ
電気錠用出力切り替え
電気錠用の出力は有電圧出力(DC12V)と無電圧出力(A,B 接点)をジャンパーピンの入れ替えで設定
変更することができます。有電圧出力は弊社電気ストライクやマグネットロック(500mA以内)をそのまま接
続します。無電圧出力は国産電気錠用コントローラーに接続できます。
通信ジャック
液晶画面
電源ユニット
・ ・ ・ JP6
TB6
・
TB8 ・TB9
1
1
2
3
2
3
1 2 3 4
JP5
TB5 TB1 TB2
1 2 3 4 5 6
1 2 3 4
・ ・ ・ JP6
1 2 3 4
TB3
1 2 3 4 5 6 7
TB7
1 2 3 4 5 6 7
・ ・ ・ JP6
有電圧出力(DC12V)
・ ・ JP5
TB4
無電圧出力
・ ・ JP5
3
電気錠ケーブルの接続
1.マグネットロック型電気錠
通信ジャック
液晶画面
電源ユ
ニット
TB6 TB8 TB9 TB5 TB1 TB2 TB3
1 2 3
1 2 3
1 2 3 4
1 2 3 4 5 6
1 2 3 4
1 2 3 4
1 2 3 4 5 6 7
TB4
TB7
1 2 3 4 5 6 7
2.電気ストライク型電気錠
通信ジャック
液晶画面
電源ユ
ニット
TB6 TB8 TB9 TB5 TB1 TB2 TB3
1 2 3
1 2 3
1 2 3 4
1 2 3 4 5 6
1 2 3 4
1 2 3 4
1 2 3 4 5 6 7
TB4
TB7
1 2 3 4 5 6 7
注意:逆流防止ダイオードは正しい向きで必ず接続してください。
4
入室側リーダーの接続
通信ジャック
通信ジャック
液晶画面
電源ユニッ
ト
液晶画面
電源ユニット
TB6 TB8 TB9 TB5 TB1 TB2 TB3
TB4
TB7
TB6 TB8 TB9 TB5 TB1 TB2 TB3
1 2 3
K50型テンキー
1 2 3
1
2
3
4
5
6
Paxtonテンキー
TB5
K50型テンキー
(入室側のみ)
TB5
1 2 3
1 2 3
緑:LED
茶:LED
青:Clock
黄:Data
:0VLED
黒/橙
1 緑:
V LED
赤:
212茶:
Paxtonテンキー
(入室側のみ)
3
4
5
6
JIS2型磁気リーダー
TB2
1 2 3 4
1 2 3 4
1 2 3 4 5 6
1 2 3 4
1 2 3 4 5 6
1
2
3
4
5
6
7
8
9
*
0
#
1
2
3
4
5
6
7
8
9
AND/OR
0
#
青:Clock
黄:Data
黒/橙:0V
赤:12V
磁気リーダー1
(JIS2型)
1 2 3 4
1
2
3
4
*
1 2 3 4 5 6 7
1 2 3 4
1 2 3 4
1 2 3 4 5 6 7
1 2 3 4 5 6 7
TB
1 2 3 4
青:RXD
紫:TXD
黒:0V
茶:5V
AND/OR
JIS2型磁気リーダー
TB1
1 青:RXD
2 紫:TXD
3 黒:0V
GP20型非接触リーダー
4 茶:5V
AND/OR
磁気リーダー1
(JIS2型)
TB5
TB3
1 緑:DATA0
2 白:DATA1
3 紫:LED
非接触リーダー1
4
(
125KH型)
5 黒/黄:0V
6 赤:12V
7 FG:シールド
GP20型非接触リーダー
非接触リーダー1
(125KH型)
AND/OR
1
2
3
4
5
6
7
緑:DATA0
白:DATA1
紫:LED
黒/黄:0V
赤:12V
5
退出側リーダーの接続
TB9
外部信号入力
1 解錠信号
2 COM
TB2
磁気リーダー2
(
JIS2型)
1 青:
RXD
2 紫:
TXD
3 黒:
0V
4 茶:
5V
TB4
非接触リーダー1
(125KH型)
1
2
3
4
5
6
7
緑:DATA0
白:DATA1
紫:LED
黒/黄:
0V
赤:12V
6
退室用押しボタンスイッチおよびドアセンサーの接続
退出用押しボタンスイッチ(無電圧 A 接点型)を接続する場合は下記の図のように TB9 の 1 番2番に接続
してください。
通信ジャック
液晶画面
電源ユニッ
ト
TB6
TB8 TB9 TB5 TB1 TB2 TB3
1 2 3
1 2 3
1 2 3 4
1 2 3 4 5 6
1 2 3 4
1 2 3 4
1 2 3 4 5 6 7
TB7
TB4
1 2 3 4 5 6 7
押ボタンスイッチ
(A接点型)
TB9
外部信号入力
1
2
3
4
解錠信号
COM
ドア閉信号
COM
NC型マグネットスイッチ
(ドア開閉モニター用)
アラーム機能について
上図の TB9 の 3 番 4 番に NC 型のマグネットスイッチを接続することにより『ドアの閉め忘れ』を検知し内
臓アラームを発報させることができます。ドアが開け放され発報するまでの時間は 1 秒から99 秒まで設定
できます。発報後キャンセルボタン(SET ボタン)を押すとアラームの発報は停止し、ドアを閉めるまでキャ
ンセルは継続されます。物の搬入等でドアをしばらく開ける場合キャンセルボタンを押してください。一度ド
アを閉めるとアラーム機能は復旧されます。
7
初期設定値
・ ログインパスワード:1234
・ 電気錠用出力:有電圧出力(DC12V)
・ 出力モード:一時解錠 解錠時間 10 秒
・ ドア閉め忘れアラーム:30 秒後
電源投入後の画面
初めて電源を入れると、
=SmartNet=
KT Workshop Inc.
=SmartNet=
16:53
KT Workshop Inc.
Loading ・・・・・
Please wiat.
Preparation ・・・・・
Please wiat.
の順に画面が表示され、通常運用モードの画面になります。
通常運用モード
『MODE』ボタンを『ピッ』と音が鳴るまで押すごとに、次の 4 つの画面を繰り返します。
1.
2.
=SmartNet=
16:53
KT Workshop Inc.
Check:
No.( 1)
---- Deleted
運用モード初期画面です。
『MODE』ボタンを『ピッ』と音が鳴るまで押すと、次の画面に移り
ます。
カード確認画面です。1 番目のユーザー番号が表示されます。
左記の例では何も登録されていませんので、カード番号(No.1)
は Deleted と表示されます。カード番号を登録すれば、その番号
が表示されます。
OR
Check: No.( 1)
Card
No.12345678
左記の例では、ユーザーNo.1 に「12345678」のカード番号が登
録されています。次の登録済みのカード番号を確認したい場合
には『SET』ボタンを押して下さい。
この画面を終了したい場合は、『MODE』ボタンを押して下さい。
3.
4.
Date
2005/04/01
[WED]
16:59.35
Password?
No.(
日付表示画面です。
左記の例では、2005 年 4 月 1 日水曜日 16 時 59 分 35 秒を
表示しています。
パスワード入力画面です。
)
ここでパスワードを入力すると、操作モードへ移ります。
『MODE』ボタンを押すと、初期画面へ戻ります。
8
操作モードへのログイン
接続する操作機の設定、履歴表示、カードの登録/変更、テンキーコードの登録等の操作はまずパスワ
ードでログインする必要があります。パスワードを入力した後、「MODE」ボタンを押すごとに下記設定項目
「2」から「10」まで移行し、最終的に「11」の初期運用モードに戻ります。途中で間違えた場合再度必要な
画面が表示されるまで「MODE」ボタンを押し続けてください。
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10
11.
Password?
No.(****)
Stored
To store
4 桁のパスワードを入力してください。
初期設定コードは「1234」です正しければ次の画面に移ります。
=0139
=9861
Enroll: No(
No. [12345678]
1)
履歴登録件数です。この例では現在 139 件の履歴情報があり、
あと9861 件の履歴情報が記録可能です。
『SET』ボタンを押すと履歴詳細画面が表示されます。
登録画面です。
Del: User( ---- )
No. [
]
削除画面です。
Door Mode
0=Nor 1=Tog (0)
出力の設定画面です。初期設定は1回開錠設定(0=Nor)です。
Door Open Alarm
After ----- (30) s
ドア閉め忘れ警報アラームの設定画面です。
Data Setting
Read From (01)
JIS2 型磁気カードの設定画面です。
10Key Mode
0-2=Off/On/&
初期設定は 30 秒後にアラームが発報です。
初期設定は 1 桁目からの読み込みです。
(1)
テンキー使用に関する設定画面です。
Set Password
Password [1234]
パスワード変更画面です。初期設定は「1234」です。
Set year & date
2005/04/01
日付設定画面です。
=SmartNet=
16:53
KT Workshop Inc.
MODE ボタンを押し続けると初期運用モード画面の戻ります。
9
1.パスワード入力
初期登録されているパスワードは『1234』です。頭から1・2・3・4 と入
Password?
No.(****)
力し、『SET』ボタンを『ピッ』となるまで押してください。入力するごと
に『*』が表示されます。入力が正しければ操作モードの最初の画面
(履歴画面)が表示されます。『SET』を押しても「****」表示が消え
る場合、入力した番号が間違っている可能性があります。再入力し
てください。
2.履歴表示
正しいパスワード入力後、履歴登録数のカウンター画面になります。
Stored
To store
=0002
=9998
Stored=現在の履歴登録数
To store=残りの履歴登録ができる件数
注意:履歴カウンターは 10000 件までしか対応しておりません。10000
件以上になった場合はカウンターのみ 0 に戻ります。削除しない履
歴はコントローラー内に残ります。
User08107525 ?IN05/04/01 17:34.1
履歴は新しいものから古いものの順で保存されます。SET ボタンを押
す毎に古い履歴に移行します。左記例では 2005 年 4 月 1 日カード番
号「08107525」が使用され入室が許可されました。
コントローラー履歴内容
1.USER 12345678 -IN- : 有効カードにより入室許可
2.USER 12345678 ?OUT : 有効カードにより退室許可
3.-NG- : カードが無効のため入室不許可
4.10Key : 有効テンキー入力により入室許可
5.C&K 12345678 -IN- : 有効カード&テンキーにより入室許可
6.O/I : 退室スイッチ等の外部スイッチにより開錠
7.PON : 電源 ON
8.ALM : ドアが設定時間以上開放されたためアラーム発報
10
3.カード登録
システムで使用する非接触型カードおよび磁気カードの登録を行います。
カード登録には 2 つの方法があります。
A 本体画面を見ながらカード番号を手動入力する方法
Enroll: No(
No. [12345678]
パスワードを入力し『SET』ボタンを押した後、『MODE』ボタンを1 回
1)
押してください。登録画面が表示されます。非接触型カード及び JIS2
型カードの登録を行ってください。
Enroll: No(
No. [--------]
5)
Enroll: No(
No. [00000000]
5)
左記の例では、1 番目には既にカード番号「12345678」が登録され
ここで再度新規にカード
SET ボタンを押すと
、
ています。
を登録する場合、
次の画面が表示されるまで
『SET』ボタンを押してください。
[
]内が「0」に置き換わります。ここでカード番号を頭から入力して
ください。
B 付属のケーブルをノートパソコンに接続し、パソコンから登録データをダウンロードする方法
詳細は後述の「パソコンを使ったカード登録/削除」をご参照ください。
4.カードの登録削除
システムで使用する非接触型カードおよび磁気カードの登録削除を行います。
カード登録削除には 2 つの方法があります。
A. 画面を見ながらカード番号を手入力する方法
B. 付属ケーブルをノートパソコンに接続し、パソコン側から登録データをダウンロードする方法
A.画面を見ながら削除する方法
Del: User (----)
No. [
]
パスワードを入力し、『SET』ボタンを押した後、『MODE』ボタンを
2 回押してください。左記の削除画面に移行します。管理表を参照
の上、削除したいユーザーを確認の上、その番号を入力し『SET』
ボタンを 1 回押してください。次のような確認画面に移行します。
Del No [12345678]
YES=SET NO=0
Del: User (----)
No. [
]
カード番号を確認の上、正しければ『SET』ボタンを、間違っていれ
ば『0』ボタンを押してください。『SET』ボタンを押した場合、削除操
作は完了です。
『0』ボタンを押した場合、最初の画面に戻ります。削除したいユー
ザー番号を確認の上、再度その番号を入力してください。
B.パソコンを使用する方法
詳細は後述の「パソコンを使ったカード登録・削除」をご参照ください。
11
5.ドアモードの設定
Door Mode
0=Nor
1=Tog
カードやテンキー操作により、出力モードを設定します。
(0)
0=Nor : 通常解錠モード。1 回解錠です。設定した時間分解錠を
持続した後、施錠します。
1=Tog : トグルモード。カードやテンキー操作により解錠した後、
再度カードもしくは テンキーの操作があるまで解錠を持続します。
実動作につきましては、後述動作フローチャートをご覧下さい。
6.解錠時間の設定
電気解錠時間の設定です。
Door Open Time
Door(0) Time(10)
ドアモードの設定画面を開き、『SET』ボタンを押すと右のような画面
になります。1∼99(秒)を選択し、『SET』ボタンを押せば完了です。
Time(1∼99)で表示されます。デフォルトは 10 秒です。
但し、解錠時間内であっても、扉が閉まると施錠します。
7.ドア閉め忘れアラームの設定
ドア閉め忘れ警報アラーム設定です。
Door Open Alarm
After ----- (30)s
この機能が使用できるようにするためには、開放検知センサーを
接続する必要があります。ドアを閉め忘れた場合、何秒後にアラー
ムを鳴らすか秒数を入力してください。
アラーム機能について
本体:接続端子 TB9 の 3 番 4 番に NC 型のマグネットスイッチを接続することにより、「ドアの閉め
忘れ」を検知し、内蔵アラームを発報させることが出来ます。ドアが開け放たれ発報するまでの時
間は 1∼99 秒まで設定できます。発報後、キャンセルボタン(SET ボタン)を押すと、アラームの発
報は停止し、ドアを閉めるまでキャンセルは継続されます。搬入等でドアをしばらく開ける場合は
キャンセルボタンを押してください。一度ドアを閉めるとアラーム機能は復旧されます。
8.JIS2 型磁気カードの読み込み位置の設定
Data Setting
Read From (01)
社員証や学生証等ですでにご使用中の JIS2 型磁気カードを使用す
る場合、69 桁のどこから読込み(認識させる)かを設定してください。
入力後『SET』ボタンを押してください。
Data Setting
Read (8) Digits
次に何桁のデータを読込むかを設定してください。
最大 8 桁まで入力できます。
12
9.テンキー運用モードの設定
入室側のみリーダー(非接触型/磁気カード)とテンキーの併用が出来ます。
10Key Mode
0-2=Off/On/&
0=OFF :カードのみの使用です。テンキーは使用しません。
(1)
1=ON :カードもしくは テンキーを使用します。
2=& :カード&テンキーのモードです。カードを提示し、続けてテン
キーにコード(暗証番号)を入力することにより、開錠します。0、1、2
の数値を入力後、『SET』ボタンを押してください。
Code Length
4 OR 8--- (4) Digits
Key Code Setting
Code (1) =00009999
コード(暗証番号)の桁数を選択します。4 もしくは 8 を入力し、『SET』
ボタンを押してください。
コード(暗証番号)は 5 種類登録できます。4 桁もしくは 8 桁の数値を
入力してください。左記例では 1 番目のコードに「9999」が登録されて
います。実動作については後述の動作フローチャートをご覧下さい。
10.パスワードの設定
Set Password
Password [1234]
操作モードにログインするためのパスワードを変更してください。初
期設定値は『1234』です。
11.日付設定
年月日、曜日、時間の順に設定してください。
Set Year & Date
2005/04/01
年月日:西暦から入力してください。左記例では「20050401」です。
曜日:
1=Monday,
2=Tuesday,
3=Wednesday
4=Thursday,
5=Friday,
6=Saturday,
7=Sunday
時間:
時間/分/秒の順に入力してください。
12.初期運用モード画面
パスワードを入力後、MODE ボタンを押し続けると各設定を経て左記
=SmartNet=
16:53
KT Workshop Inc.
初期運用モードに戻ります。再度設定モードにログインする場合は再
度パスワードを入力してください。
ハードリセットの方法
パスワードを忘れてしまった場合や、登録されているカードを全て抹消したい時など、登録済みデータを
クリアーすることができます。手順は下記の通りです。
1.電源を落とします。
2.液晶パネルの下の操作ボタン『MODE』と『SET』ボタンを一緒に押しながら電源を入れます。
3.『Loading … Please wait. 』
,『Preparation … Memory Initial *』と液晶画面に表示され全ての設定は初
期設定値に戻ります。カードの登録も全て削除されます。ご注意ください。
4.ハードリセットが完了するまでに約 7 分かかります。
13
パソコンを使ったカードの登録/削除
登録・削除するユーザー数が多い場合、パソコンを使い効率よく登録・削除することが出来ます。エクセ
ルシートを使い 8000 件のデータを更新、Smartnet にダウンロードします。所要時間は約 10 分(8000 人
登録時)です。
詳細は以下の手順をご参照ください。
注意
・ パソコンにマイクロソフト社の表計算ソフト:エクセルがインストールされていることをご確認ください。
・ パソコン本体に Smartnet 通信ケーブルを接続するシリアルポートがあることを確認してください。
・ 登録作業時は開錠操作等しないでください。
・ 他のアプリケーションは閉じてから行ってください。
・ 1 件のみのカード番号登録は出来ません。手動で行ってください。
・ 標準のエクセルでは登録できません。付属のマクロを組んである(プログラムを組込んだ)エクセルを
お使いください。
準備するもの
1、シリアルポートの付いているパソコン
2、Smartnet 本体
3、マイクロソフト社の表計算ソフト:エクセル
4、付属の通信ケーブル
5、付属のフロッピーディスク
6、取扱説明書
14
1、準備
(1)パソコンとSmartnet の接続
付属の通信ケーブルを使い、Smartnet 左側面のジャックと PC のシリアルポートを接続してください。
このとき、接続したシリアルポートが他の用途に使用されていないことを確認してください。
(2)Smartnet の設定
Smartnet の設定はパスワードを入力(デフォルトでは 1234)し、登録モード(Enroll No)画面に
してください。
Password?
No.(****)
Enroll: No(
No. [--------]
デフォルトでは『1234』です。
入力したら、『SET』ボタンを押してください。
1)
『MODE』ボタンを押して、左の登録モード
(Enroll No)画面にして下さい。
(3)パソコンの設定
①システムのプロパティを開く
開き方1:プログラム→コントロールパネル→システム
開き方2:マイコンピューターを右クリック→プロパティ
ハードウェアを選択
デバイスマネージャーをクリック
15
②通信ポートの設定
ポートを選択し、
任意の通信ポートをダブルクリック
注)Smartnet と接続する通信ポートを
選択すること
ポートの設定で
ビット/秒を 19200 にする
最後に OK をクリックで
設定完了
2、カードデータの登録
(1)付属のフロッピーディスク内のエクセルファイル(Smartnet 登録用シート)を開いてください。
16
(2)マクロ起動のメッセージが表示されるので『マクロを有効にする』を選択して下さい。
(3)エクセルの画面が表示されます。登録したいカードデータを B 列に入力してください。
データはカードに印刷されている 8 桁までの半角数値情報のみです。
カード番号は B 列に入力
(4)データの入力が終わりましたら、データが入力された縦列全体を選択してください。
エクセル画面上で、B のセルをクリックすれば
列全体が選択されます。
17
(5)パソコンのキーボードで『Ctrl』キーを押しながら、『A』キーを 1 回押してください。
次のような画面が表示されます。(複数の通信ポートが装備されているパソコンの場合、
通信ポートの検出に時間がかかることがあります。)
(6)付属のケーブルを接続している通信ポートの番号をボックス内のポート番号から選び、
速度「19200」を選択する。それ以外は変更しないでください。選択が終わりましたら、
送信ボタンをクリックしてください。
注意:PC の通信ポート速度も必ず「19200」に設定してください。
送信時、Smartnet の画面が「Enroll」画面であることを確認してください。
①通信ケーブルを接続している
ポート番号を選択
②19200 を選択
③選択終了後、
『送信』をクリック
(7)データの送信
ユーザー番号送信済みモニターに、
登録する人数分のみカウント表示されます。
18
(8)Smartnet 側データの受信
通信がはじまり、データがパソコンからダウンロードされます。
まず、登録されていたデータを削除し、その後に新しいデータを登録します。
Uploading
Please wait
データのダウンロードが終了し、1 番目に登録したカード番号が画面に表示されれば、
登録作業は完了です。
Enroll:
No1
No. [ 10481146 ]
新しく登録したカード番号を確認するには、『SET』ボタンを押してください。
順次確認することが出来ます。
19
履歴のダウンロード
コントローラーに記録されている履歴情報を付属のエクセルシートを使うことによって、ダウンロード出
来ます。所要時間は約 50 分(10000 件記録時)です。
詳細は以下の手順をご参照ください。
注意
・ パソコンにマイクロソフト社の表計算ソフト:エクセルがインストールされていることをご確認ください。
・ パソコン本体に Smartnet 通信ケーブルを接続するシリアルポートがあることを確認してください。
・ 履歴のダウンロード中は開錠操作等、行わないでください。
・ 他のアプリケーションを閉じてから行ってください。
・ ファイルから、「名前をつけて保存」を選び、保存してください。
・ 標準のエクセルでは履歴をダウンロードできません。付属のマクロを組んである(プログラムを組込ん
だ)エクセルをお使いください。
・ 履歴のダウンロードが完了した際、コントローラー内に残っている履歴を消去するか、そのまま残す
か選択します。管理者様の責任の下に、ご選択下さい。
準備するもの
1、シリアルポートの付いているパソコン
2、Smartnet 本体
3、マイクロソフト社の表計算ソフト:エクセル
4、付属の通信ケーブル
5、付属のフロッピーディスク
6、取扱説明書
20
1、準備
(1)パソコンとSmartnet の接続
付属の通信ケーブルを使い、Smartnet 左側面のジャックと PC のシリアルポートを接続してください。
このとき、接続したシリアルポートが他の用途に使用されていないことを確認してください。
(2)Smartnet の設定
Smartnet の設定はパスワードを入力(デフォルトでは 1234)し、履歴表示画面にしてください。
Password?
No.(****)
Stored
To store
=0002
=9998
デフォルトでは『1234』です。
入力したら、『SET』ボタンを押してください。
『MODE』ボタンを押して、左の履歴表示モード
(Stored)画面にして下さい。
(3)パソコンの設定
設定内容は『パソコンを使ったカードの登録/削除』と同一です。詳細は前述の内容をご覧ください。
2、履歴のダウンロード
(1)付属のフロッピーディスク内のエクセルファイル(Smartnet 履歴管理用シート)を開いてください。
お手持ちのパソコンにマイクロソフト社の表計算ソフト:エクセルがインストールされていることを
ご確認ください。
21
(2)マクロ起動のメッセージが表示されますので、『マクロを有効にする』を選択してください。
(3)エクセルの画面が表示されます。
「受信開始」ボタンを押してください
取込み日時は任意で
ご記入ください。
(4)下図のようなウィンドウが表示されます。
付属の通信ケーブルを接続している通信ポート番号をボックス内のポート番号から選び、
速度を「19200」にし、送信ボタンを押してください。それ以外は変更しないでください。
注意:PC の通信ポート速度も「19200」に設定してください。
ダウンロード時、Smartnet の画面が「Stored」画面であることを確認してください。
②19200 を選択
①通信ケーブルを接続している
ポート番号を選択
③選択終了後、
『受信』をクリック
22
(5)履歴が自動的にダウンロードされます。
ダウンロード開始時、Smartnet 本体のモニター画面は下図のように表示されます。
Uploading
Please Wait.
ダウンロード中
Smartnet 本体に残っているイベント履歴を消去するか、
Clear Events Stored
Yes = SET
NO=6
そのまま残すか選択できます。
=SmartNet=
16:53
KT Workshop Inc.
終了
*Yes を選択するとすべて消去されます。ご注意ください。
23
(6)ダウンロード履歴内容の見方
日付:2005 年 4 月 7 日の場合 50407 と表示されます。
曜日:月曜→1 火曜→2 水曜→3 木曜→4 金曜→5 土曜→6 日曜→7 と表示されます。
時間:午前 2 時 55 分 30 秒の場合 25530 と表示されます。
KEY コード:カード番号・テンキーOK 入力 No もしくは 外部入力 0 で表示されます。
ユニットNo:カードリーダー・テンキー・アラーム等のユニットが表示されます。
判定:カード・テンキーの判定、アラーム発砲等が表示されます。
例)
2005 年 3 月 23 日
水曜日
AM9:54:24
12345678 番を
テンキーで入力し
入室
ユニットNo の詳細
判定の詳細
0 OUTSIDE INPUT(解錠入力)
0 NG
1 IN リーダー
1 IN 側 OK
2 OUT リーダー
2 OUT 側 OK
3 テンキー
3 テンキーOK
4 カード&テンキー
4 カード&テンキーOK
5 POWER ON(電源 ON)
5 OUTSIDE INPUT OK(解錠入力 OK)
6 アラーム
6 アラーム
7 POWER ON(電源 ON)
24
動作フローチャート
一回解錠モード:カードを近づけると解錠し、設定時間経過後自動的に施錠します。
カードリーダーのみ 使用時
ユーザーカードをリーダ
ーに近づける。
有効カード
無効カード
電子音が鳴る
コントローラー液晶画面表示
Access:
Card No.
--OK-10481146
Access:
Card No.
--NG-10481738
リーダーLED が「赤」から
リーダーLED は「赤」の点
「緑」に切り替わる
滅
解錠
施錠のまま
解錠時間後リーダーLED
が「緑」から「赤」に変わり
施錠
25
一回解錠モード
カードまたはテンキー 使用時(入室側のみ)
テンキーに暗証番
ユーザーカードをリ
または
ーダーに近づける
号を入 力し、最後
に#を押す
有効カード
有効暗証番号
無効カード
無効暗証番号
電子音が鳴る
コントローラー液晶画面表示
Access:
--OK--
Access:
--NG--
Access:
10Key
--OK--
Card No.10481146
Card No.10481738
Used
リ ー ダ ー LED が
リ ー ダ ー LED は
テ ン キ ー の LED
「赤」から「緑」に切
「赤」の点滅
「緑」が点滅する
り替わる
リ ー ダ ー LED が
テ ン キ ー の LED
「赤」から「緑」に切
「緑」が点滅する
り替わる
解錠
施錠のまま
解錠
解 錠 時 間 後リーダ
解 錠 時 間 後リーダ
ーLED が「緑」から
ーLED が「緑」から
「赤」に変わり施錠
「赤」に変わり施錠
テンキーの LED も
テンキーの LED も
元に戻る
元に戻る
反応なし
施錠のまま
26
一回解錠モード
カードとテンキー 使用時(入室側のみ)
ユーザーカードをリーダーに近づけ、テンキーに暗証番号を入力し、最後に#を押す
有効カード
有効カード
無効カード
無効カード
有効暗証番号
無効暗証番号
有効暗証番号
無効暗証番号
電子音が鳴る
コントローラー液晶画面表示
Access:
--OK--
Access:
Card+10Key Used
リ ー ダ ー LED が
反応なし
「赤」から「緑」に切
--NG--
Access:
--NG--
Card No.10481738
Card No.10481738
リ ー ダ ー LED は
リ ー ダ ー LED は
「赤」の点滅
「赤」の点滅
り替わる
テ ン キ ー の LED
「緑」が点滅する
解錠
施錠のまま
施錠のまま
施錠のまま
解 錠 時 間 後リーダ
ーLED が「緑」から
「赤」に変わり施錠
テンキーの LED も
元に戻る
27
トグルモード:カードを近づけると解錠し、再度カードを近づけると施錠します。
カードリーダーのみ 使用時
ユーザーカードをリーダーに
近づける。
有効カード
無効カード
電子音が鳴る
コントローラー液晶画面表示
Access:
Card No.
--OK-10481146
Access:
Card No.
--NG-10481738
リーダーLEDが「赤」から
リーダーLED は「赤」のま
「緑」に切り替わる
ま
解錠
施錠のまま
カードを近づける
同様の 動作 の後 リーダ
ーLED が「緑」から「赤」に
切り替わる
施錠
28
トグルモード
カードまたはテンキー 使用時(入室側のみ)
ユーザーカードをリ
テンキーに暗証番
または
号を入 力し、最後
ーダーに近づける
に#を押す
有効カード
有効暗証番号
無効カード
無効暗証番号
電子音が鳴る
コントローラー液晶画面表示
Access:
--OK--
Access:
--NG--
Access:
10Key
--OK--
Card No.10481146
Card No.10481738
Used
リ ー ダ ー LED が
リ ー ダ ー LED は
テ ン キ ー の LED
「赤」から「緑」に切
「赤」の点滅
「緑」が点滅する
り替わる
リ ー ダ ー LED が
テ ン キ ー の LED
「赤」から「緑」に切
「緑」が点滅する
り替わる
解錠
施錠のまま
解錠
ユーザーカードをリ
テンキーに暗証番
ーダーに近づける
号を入 力し、最後
反応なし
施錠のまま
に#を押す
リ ー ダ ー LED が
「緑」から「赤」に変
リ ー ダ ー LED が
わる
「緑」から「赤」に変
テンキーの LED も
わる
元に戻る
テンキーの LED も
元に戻る
施錠
施錠
29
トグルモード
カードとテンキー 使用時(入室側のみ)
ユーザーカードをリーダーに近づけ、テンキーに暗証番号を入力し、最後に#を押す
有効カード
有効カード
無効カード
無効カード
有効暗証番号
無効暗証番号
有効暗証番号
無効暗証番号
電子音が鳴る
コントローラー液晶画面表示
Access:
--OK--
Access:
Card+10Key Used
Card No.10481738
Access:
リ ー ダ ー LED が
--NG--
--NG--
Card No.10481738
--NG--
10Key Used
反応なし
Access:
「赤」から「緑」に切
リ ー ダ ー LED は
「赤」の点滅
り替わる
テ ン キ ー の LED
リ ー ダ ー LED は
「緑」が点滅する
「赤」の点滅
解錠
施錠のまま
有効カードをリーダ
リ ー ダ ー LED が
ーに近づけ、テンキ
「緑」から「赤」に変
ーに有 効暗証番号
わり施錠
を入力し、最後に#
テンキーの LED も
を押す
元に戻る
施錠のまま
施錠のまま
30
概観図
放熱孔
管理用
液晶画面
180
35
MODE
POWER
OK
SET
1
2
3
4
5
6
7
8
9
0
NG
135
ALARM
Smartnet
MODEL0705
放熱孔
通信用
ジャック
スペック
ユーザー登録
登録暗証番号
履歴管理
カードの個別管理
登録・抹消方法 −1
登録・抹消方法 −2
パスワード設定
履歴データ/時計のバックアップ
外部解錠接点入力
解錠時間設定
出力モード設定
接点出力
アラーム機能
環境温度
環境湿度
消費電力
KT Workshop Inc.
品名
作成
8000 人
5種類
過去10000件の履歴表示
可能
液晶画面のよる個別管理
パソコンによる一括管理
管理者用4桁の番号を設定可能
約80時間
一時/連続解錠 が可能
1-99秒設定可能
一時解錠・
トグルモードを選択
DC12V)を選択
無電圧・有電圧(
1-99秒設定可能
5-45℃
80%以下
10W
SmartNetコントローラー
日付
2004.8.30
31
カード管理表
番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
ユーザー名
カード番号
番号
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
ユーザー名
カード番号
32
33
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
1 259 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content