close

Enter

Log in using OpenID

メカシリンダ メカシリンダ - ダイアディックシステムズ

embedDownload
ダイアディックシステムズ 総合カタログ
メカシリンダ
&
簡単サーボシステム
省エネアクチュエータの決定版!
か ん た ん!
低 価 格!
省 エ ネ!
2012年10月版
簡 単 接続! 簡単操作!
空気 圧シリンダ並 み の 価 格
特長1 空気圧シリンダと比較して
特長1
① 簡単な接続で即使用できます。
② 消費電力が大幅(1/3∼1/10)
に削減できます。
③ 直流24VとON/OFF信号で動作します。
④ ショックアブソーバー・オートスイッチが不要です。
⑤ ゾーン信号の出力が可能です。
⑥ オイルミストの飛散がありません。
⑦メンテナンスフリー!長時間連続運転が可能です。
空気圧シリンダ
サイレンサ
スピードコントローラ
電磁弁
減圧弁
エ
ア
ー
供
給
メカシリンダ
オートスイッチ
フィルタ
エ
ア
シ
リ
ン
ダ
ルプリケータ
特長2 空気圧シリンダでは出来無い事が簡単にできます
多点位置付け
(任意16点)
が簡単に設定できます。
押付推力が簡単に可変できます。
移動速度が簡単に可変できます。
多軸の同期動作ができます。
特長3 従来のサーボモータと比較して
電源投入後、最初のポイント指令で自動的に原点復帰し、目標位置への動作を実行します。
サーボの専門知識は必要ありません。
ティーチングツールは説明書無しでも直感的に操作できます。
別置き型
特長4 アンプのインターフェイスは全て共通
アンプ(別置き型)
インターフェイスは全て共通かつ、後方互換性を維持致しますので、
安心して長期間、ご使用いただけます。
特長5 ユニークな付属機能付き
全てのシリンダ、モータにエアー互換機能*、セルフコントロール機能*を搭載しており、
モードの切り替えだけで簡単にご使用いただけます。
*
P10をご参照ください。
R シリーズサーボシステム(RCB0411 を除く)並びに SCN5 シリーズメカシリンダには、下記の EC 指令に
適合することを示す CE マークを貼布しております。
EMC Directive 89 / 336 / EEG
1
構造図 / 特長
メカシリンダの構造
シンプルな構造で低コスト・長寿命を実現しました!
さらに比類なき使い易さで、あらゆる製造現場で誰にも
使いこなしができます(特許出願中)
ステンレスパイプ製ロッド
ナット部のガイド機構により回り止めは不要です
往復運動ナット
青銅製ナットに含油樹脂をモールドし、
外周部は周り止め機構を有する
モータシャフト一体スクリューネジ
1.モータの回転力を無駄なく往復運動用ナットに伝えます
2.滑りネジ採用の為、面圧が大きく押し付け動作に最適です
3.滑りネジの有効活用により『磨耗させない技術』で長寿命運転が可能です
サーボモータ
高トルク、高回転の AC サーボモータです
サーボアンプ
1.自立分散型サーボモータの制御に最適な CPU を搭載しています
2.任意の 16 点の位置づけ・速度設定・推力設定を記憶することができます
3.ロータリーエンコーダからの信号で位置を確実に再現します
ロータリーエンコーダ
1.インクリメンタル、分解能 800P/R
2.クローズドループ制御で脱調なし、高精度位置決めを実現
一体型サーボアンプ(SCN5)
分離型サーボアンプ(SCN6 他)
3.シリンダロッドの位置を検出し、原点からの距離を計測可能です
高性能・長寿命スクリュー(磨耗させない技術)
・すべりスクリュー・ナットは長時間使用すると磨耗により消耗するものと考えられがちです
が、使用方法により長時間使用しても消耗しません。
【速度 - 推力特性】
SCN5-010-□□□-S03
スクリュー・ナットの磨耗限界曲線内で動作するようにサーボモータの【速度−推力特性】
を制御しています(右表参照)。
従って、スクリューとナットの間隙に油膜が形成されている状態(金属同士の摩擦がない)
で使用することになりますので、理論的に磨耗しません。
・セルフロックがかかりますので、電源遮断時に保持力が発生します。注 1)
・面当たりですので、コンパクトで高トルクです。ボールネジのようなボールの圧痕による不
具合は生じません。
推
力
(kgf)
・寿命保証:納品後 3 年、又は 1 万 km(但し、下記機種の仕様範囲内での使用を前提とします)
注 1)保持力 2.5kgf:SCN5-0105kgf:SCN6-020-、SCN6-040-、SCLL5、SCLG5、SCLG6-02010kgf:SCN5-010S
速度
(mm/sec)
30kgf:SCLG6-03050kgf:SCN6-050-、SCN6-060-
2
機種一覧 / 価格
メカシリンダ / サーボモータ 一覧
ロッドタイプメカシリンダ
SCN5-010-□□□-S03
SCN5-010S-□□□-S03
SCN5-010S-□□□-B
SCN6
SCN6 -BW
ロッドレスタイプメカシリンダ
SCLL5
SCLG5
SCLG6
※ 価格掲載機種は、標準在庫品です。
※ メカシリンダ及びサーボモータには、サーボアンプが付属します。
最大推力(N)/(kgf)
:typ値
型 式
SCN5-010-050-S 0 3
SCN5-010-100-S 0 3
SCN5-010-150-S 0 3
SCN5-010-200-S 0 3
SCN5-010-250-S 0 3
SCN5-010-300-S 0 3
SCN5-010S-050 - S 0 3
SCN5-010S-100 - S 0 3
SCN5-010S-150 - S 0 3
SCN5-010S-200 - S 0 3
SCN5-010S-250 - S 0 3
SCN5-010S-300 - S 0 3
SCN5-010S-050 - B
SCN5-010S-100 - B
SCN5-010S-150 - B
SCN5-010S-200 - B
SCN5-010S-250 - B
SCN5-010S-300 - B
SCN6-020-050-B
SCN6-020-100-B
SCN6-020-150-B
SCN6-020-200-B
SCN6-020-250-B
SCN6-020-300-B
SCN6-040-050-B
SCN6-040-100-B
SCN6-040-150-B
SCN6-040-200-B
SCN6-040-250-B
SCN6-040-300-B
SCN6-050-050-B
SCN6-050-100-B
SCN6-050-150-B
SCN6-050-200-B
SCN6-050-250-B
SCN6-050-300-B
SCN6-060-050-B
SCN6-060-100-B
SCN6-060-150-B
SCN6-060-200-B
SCN6-060-250-B
SCN6-060-300-B
SCN6-020-050-B W
SCN6-020-100-B W
SCN6-020-150-B W
SCN6-020-200-B W
SCN6-020-250-B W
SCN6-020-300-B W
SCN6-040-050-B W
SCN6-040-100-B W
SCN6-040-150-B W
SCN6-040-200-B W
SCN6-040-250-B W
SCN6-040-300-B W
SCN6-050-050-B W
SCN6-050-100-B W
SCN6-050-150-B W
SCN6-050-200-B W
SCN6-050-250-B W
SCN6-050-300-B W
SCN6-060-050-B W
SCN6-060-100-B W
SCN6-060-150-B W
SCN6-060-200-B W
SCN6-060-250-B W
SCN6-060-300-B W
型 式
SCLL5-010-050- B
SCLL5-010-100- B
SCLL5-010-150- B
SCLL5-010-200- B
SCLL5-010-300- B
SCLG5-010-050- B
SCLG5-010-100- B
SCLG5-010-150- B
SCLG5-010-200- B
SCLG5-010-300- B
SCLG6-020-200- B
SCLG6-020-300- B
SCLG6-020-400- B
SCLG6-020-500- B
SCLG6-020-600- B
SCLG6-020-700- B
SCLG6-020-800- B
SCLG6-020-A00 - B
最 大
押付時
100/10.2
70/7.1
100/10.2
70/7.1
100/10.2
70/7.1
200/20.4
140/14.2
400/40.8
280/28.5
500/51.0
350/35.5
650/66.3
450/45.9
200/20.4
140/14.2
400/40.8
280/28.5
500/51.0
350/35.5
650/66.3
450/45.9
最大推力
最大可搬重量
(N)/(kgf):typ 値
(kgf):typ 値
50/5
5
100/10.2
10
200/20.4
3
20
ストローク
(mm)
50
100
150
200
250
300
50
100
150
200
250
300
50
100
150
200
250
300
50
100
150
200
250
300
50
100
150
200
250
300
50
100
150
200
250
300
50
100
150
200
250
300
50
100
150
200
250
300
50
100
150
200
250
300
50
100
150
200
250
300
50
100
150
200
250
300
ストローク
(mm)
50
100
150
200
300
50
100
150
200
300
200
300
400
500
600
700
800
1000
最高速度
(mm/sec)
400
400
400
200
160
120
100
100
100
50
40
30
100
100
100
50
40
30
掲載頁
P16
P16
P16
200
P17
200
P17
100
P17
100
P17
200
P17
200
P17
80
P17
100
P17
最高速度
(mm/sec)
掲載頁
300
P18
300
P19
200
300
300
300
300
280
220
150
P20
機種一覧 / 価格
ロッドレスタイプメカシリンダ
SCLG6
SCLT4
SCLT6
SCLT4、SCLT6 シリーズのブレーキ付
仕様の型番は、末尾に BR が付きます。
例:SCLT4-015-050-SBR
SCLT6-025-050-BBR
SCLT4 シリーズ、ブレーキ付 SCLT6
シリーズはモータの取付方向をお選びい
ただけます。
(詳しくは、P22、P23 をご覧下さい。)
SCLL7
SCKR
サーボモータ
型 式
SCLG6-030-200 - B
SCLG6-030-300 - B
SCLG6-030-400 - B
SCLG6-030-500 - B
SCLG6-030-600 - B
SCLG6-030-700 - B
SCLG6-030-800 - B
SCLG6-030-A00 - B
SCLT4-015-050- S
SCLT4-015-100- S
SCLT4-015-150- S
SCLT4-015-200- S
SCLT4-015-250- S
SCLT4-015-300- S
SCLT4-015-350- S
SCLT4-015-400- S
SCLT4-015-450- S
SCLT4-015-500- S
SCLT4-030-050- S
SCLT4-030-100- S
SCLT4-030-150- S
SCLT4-030-200- S
SCLT4-030-250- S
SCLT4-030-300- S
SCLT4-030-350- S
SCLT4-030-400- S
SCLT4-030-450- S
SCLT4-030-500- S
SCLT6-025-050- B
SCLT6-025-100- B
SCLT6-025-150- B
SCLT6-025-200- B
SCLT6-025-250- B
SCLT6-025-300- B
SCLT6-025-350- B
SCLT6-025-400- B
SCLT6-025-450- B
SCLT6-025-500- B
SCLT6-025-550- B
SCLT6-025-600- B
SCLT6-025-700- B
SCLT6-050-050- B
SCLT6-050-100- B
SCLT6-050-150- B
SCLT6-050-200- B
SCLT6-050-250- B
SCLT6-050-300- B
SCLT6-050-350- B
SCLT6-050-400- B
SCLT6-050-450- B
SCLT6-050-500- B
SCLT6-050-550- B
SCLT6-050-600- B
SCLT6-050-700- B
SCLL7-015-1000 - B 0 1
SCLL7-015-1500 - B 0 1
SCLL7-015-2000 - B 0 1
SCLL7-015-2500 - B 0 1
SCLL7-015-3000 - B 0 1
SCLL7-015-3500 - B 0 1
SCLL7-015-4000 - B 0 1
SCLL7-015-4500 - B 0 1
SCLL7-015-5100 - B 0 1
SCKR6‒025‒250 ‒ B
SCKR6‒025‒350 ‒ B
SCKR6‒025‒450 ‒ B
SCKR6‒025‒550 ‒ B
SCKR6‒025‒650 ‒ B
SCKR6‒025‒750 ‒ B
SCKR6‒025‒850 ‒ B
SCKR6‒025‒950 ‒ B
SCKR6-025-A50 - B
SCKR6-025-B50 - B
SCKR6-025-C50 - B
SCKR6-025-D50 - B
SCKR6-025-E50 - B
型 式
RSA0211
RCB0411
RSA0411
RSA0611
RSA0911
RSA1211-0101
RSA0611-G1
RSA0611-G2
RSA0211-G5-10- 0 1 0 1
RCB0411-G5-06- 0 2
RSA0411-G5-06- 0 2 0 1
RSA0611-G5-05- 0 2 0 1
RSA1211-G5-05- 0 2 0 1
最大推力
最大可搬重量
(N)/(kgf):typ 値
(kgf):typ 値
300/30.6
20
150/15
5
300/30
10
250/25
16
500/50
30
150/10
20
300/30
30
ギア 有・無
減速比
無
有
高精度ギア
4
―
―
―
―
―
―
1/5
1/10
1/10
1/6
1/6
1/5.6
1/5.6
ストローク
(mm)
200
300
400
500
600
700
800
1000
50
100
150
200
250
300
350
400
450
500
50
100
150
200
250
300
350
400
450
500
50
100
150
200
250
300
350
400
450
500
550
600
700
50
100
150
200
250
300
350
400
450
500
550
600
700
1000
1500
2000
2500
3000
3500
4000
4500
5100
250
350
450
550
650
750
850
950
1050
1150
1250
1350
1450
最高回転数
(r/min)
4500
4500
4500
4500
3500
4500
600
300
450
750
750
800
800
最高速度
(mm/sec)
150
150
150
150
150
140
110
75
700
700
700
700
700
700
700
700
700
680
400
400
400
400
400
400
400
400
400
340
600
600
600
600
600
600
600
600
600
600
600
600
500
350
350
350
350
350
350
350
350
350
350
350
340
250
掲載頁
P20
P21
∼P23
900
P25
600
600
600
600
600
600
600
600
510
430
370
310
270
P24
最大トルク
(N・m)
0.11
0.3
0.3
0.6
0.9
1.2
1.5
2.5
0.8
1.4
1.4
2.6
4.8
掲載頁
P26
∼P28
注意事項
空圧シリンダとの相違による、設置の留意点
1.組み付け不良( 外部ガイドとの喧嘩 )
電動シリンダは空圧シリンダと違い、内部に周り止めをかねたガイドが組み込まれております。
その関係で外部ガイドを併用された場合、2本のガイド間(内部ガイドと外部ガイド)の平行度で問題になることがあります。
これを防ぐ方法は?
Ⅰ 基本的には平行度を調整により改善すること
Ⅱ 簡易的には、電動シリンダの内部ガイドの拘束を解く為に、
「フローティングコネクタ」※1 又は「ボールローラ」※2 等の使用を推奨
平行度のズレによるガイドの拘束が発生した場合(初期の組み立て後、直ちに発生する場合が多い)は「過負荷アラーム」
、「原点
位置のズレ」等が発生します。
※ 組み付けの詳細につきましては、弊社ホームページの「資料集のページ」に技術資料をご用意しています。
http://www.dyadic.co.jp/jp/shiryou.html#gijutu_guido
平行度のズレは様々なトラブルを発生させます。
空圧シリンダ用の滑りタイプのフリージョイントの使用は、メカシリンダには適しません。
「フローティングコネクタ」※1、「ボールローラ」※2 等の使用を推奨いたします。
※1 ヒロタカ精機株式会社製 http://www.hirotaka.co.jp/ ※2 株式会社タカイコーポレション製 http://takaicorp.co.jp/index.html
2.配線ケーブルの考え方とその処理について
空圧シリンダ用の空送ホースは固定しないで可動させながら使用されるケースも多々見受けられますが、電気配線用のケーブル
につきましては、空送ホースとは違った考え方で対応をしていただく必要がございます。
その違いとは?
電気配線用ケーブルには用途別に大別して、2種類のものが用意されております。
Ⅰ 固定して使用するケーブルで、何もことわりがない場合のケーブルは固定使用に限定されます。
Ⅱ 他の1つは、可動する部分に使用される通常「ロボットケーブル」または「可動用ケーブル」と言われているケーブルです。
シリンダ本体、サーボモータ本体が動いて
(移動して)使用される場合必ず「ロボットケーブル」の指定をご注文時にお願いします。
※ 稼動2∼6ケ月程度で発生する「断線アラーム」は、ほぼこのケーブルの不適切な選択によるものである場合が多いです。
アンプ一体型シリンダ
アンプ別置き型シリンダ
可動する場合
可動する場合
RP9100-□□□
サーボ
アンプ
端を固定する
端を固定する
サーボ
アンプ
可動ケーブル RP9135-□□□R
を使用する
可動ケーブル RP9100-□□□R
を使用する
3.クレビス、トラニオン等の使い方
空圧シリンダでのクレビス、トラニオンを併用した使用方法と同じ使用方法をご採用になる場合、電動シリンダの内部ガイドは
この使用方法に耐えるだけの機械強度を有しておりません。
この場合には外部に、ボールブッシュ、ボールスプライン等のガイドを併設してのご使用をお願い申し上げます。外部ガイドな
しでご使用された場合、比較的短期間の稼動時間後、初めに、異音発生→速度低下→停止と症状が変化する現象がみられます。
ボールスプライン又は、LMガイド等の支持
構造を併設して下さい。
4.当て止め停止の禁止
空圧シリンダを使用する時のような当て止め停止は絶対にしないで下さい。空圧シリンダとメカシリンダは内部構造が違う為、
当て止め停止をするとモータシャフトやモータが破損してしまいます。メカシリンダは設定位置に停止する際、自動でショックレ
ス停止します。又、必要に応じて押し付け動作 ( 圧力制御 ) も可能です。
5
制御例
※ ケーブル、変換機等の型番の前の数字は、P8、P9 の一覧表に対応しています。
PLC I/O 制御
データテーブル
最大位置決め点数:16 点
ポイントNo.
PC1
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10 11 12 13 14 15
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
PC2
0
0
1
1
0
0
1
1
0
0
1
1
0
0
1
1
PC4
0
0
0
0
1
1
1
1
0
0
0
0
1
1
1
1
PC8
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
1
1
1
1
1
1
PC1
PLC
PC2
位置(mm)
PC4
PC8
0 -25 -35 -50 -55 -70 -80 -90 -100 -40 -60 -75 -85 -95 -10 -15
速度(mm/sec)
CSTR
400 200 100 80 150 100 200 300 300 50 100 150 250 300 50 50
推力(kgf)
PFIN
-
加・減速(G)
24V
-
-
-
-
-
-
0:OFF 1:ON
電 源
-
-
-
-
-
-
-
ティーチングツール
① RP9100-***
P7 参照
② RP9050-***
or
位置、速度、加速度等の
ポイントデータを設定する
メカシリンダ
CTC 制御
-
ティーチング BOX
パソコン設定ツール
タッチパネル
① RP9100-***
CTC-67 / 77
(RP9103-***)
CTC 運転パネル
アンプ一体型
CTC-67
ラダープログラム不要!
!
最大 8 軸制御
※P11 ∼ P14 参照
24V
アンプ別置き型
アンプ
① RP9120-***
(RP9123-***)
電 源
外部 I/O 接続ケーブル
① RP9120-***
(P7 参照下さい。
)
(RP9123-***)
アンプ一体型
④ ADP-2-4
※5 軸以上で使用する場合、④ ADP-2-4
を増設し、SIO ケーブルで接続する。
③ RP9040-***
②
②
②
②
③ RP9041-***
RP9050-***
RP9050-***
RP9050-***
RP9050-***
アンプ別置き型
アンプ
① RP9120-***
(RP9123-***)
④ ADP-2-4
シリアル制御
① RP9100-***
位置決めポイント:無制限
最大 16 軸制御
※P15 参照
アンプ一体型
PLC
タッチパネル
サンプルプログラム
24V
アンプ別置き型
アンプ
① RP9120-***
無償提供!
⑤ ADP-1
① RP9120-***
電 源
③ RP9040-***
アンプ一体型
④ ADP-2-4
※5 軸以上で使用する場合、④ ADP-2-4
を増設し、SIO ケーブルで接続する。
②
②
②
②
③ RP9041-***
RP9050-***
RP9050-***
RP9050-***
RP9050-***
アンプ別置き型
アンプ
① RP9120-***
④ ADP-2-4
フィールドネットワーク
④ ADP-2-4
④ ADP-2-4
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
6
6軸
7軸
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
8軸
9軸
10 軸
11 軸
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
② RP9050-***
3軸
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
② RP9050-***
② RP9050-***
2軸
5軸
② RP9050-***
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
4軸
② RP9050-***
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
1軸
② RP9050-***
② RP9050-***
PLC
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
② RP9050-***
② RP9050-***
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
0軸
② RP9050-***
② RP9050-***
ゲートウェイ
ADP-77-CL
④ ADP-2-4
③ RP9040-***
② RP9050-***
② RP9050-***
※ P15 参照
※ その他のシステムに関しては、
お問い合わせ下さい。
② RP9050-***
② RP9050-***
(ゲートウェイ 64 機接続時)
④ ADP-2-4
③ RP9040-***
③ RP9040-***
② RP9050-***
CC-Link 制御
最大 1024 軸制御
-
0.52 0.52 0.52 0.52 0.52 0.52 0.52 0.52 0.52 0.52 0.52 0.52 0.52 0.52 0.52 0.52
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
12 軸
13 軸
14 軸
15 軸
ティーチング
(教示)
ツール
ティーチング BOX
※ コントローラではありません。
CTA-23
E イチ キョウジ ソウサ
-00030.000 mm
基本操作はパネル表示通りに操作すればデータの設定、変更が可能です。
メカシリンダに電源が入っていても自由に抜き差し可能で、ワークを見
ながらのティーチング、即実行動作ができ、時間をかけた調整から開放
されます。
ワークを見ながらのティーチングがパネル通りに操作するだけでできます。
(電源投入後はポイント『0』
が表示されます)。
① を押しポイントを指定する
位
置
教
示
速
度
教
示
※ ティーチング BOX はコントローラでは
ありません。
メカシリンダやサーボモータを制御す
る場合、PLC、かんたんコントロー
ラ(P11)等が必要になります。
※ 同時にシリンダのキャリヤ(又はロッド)が動く。
[ 液晶画面 ]
キャリヤはジョグハンドルと連動
E イチ キョウジ ソウサ
-00030.000 mm
① を 2 回押し、「速度数値入力」に LED を点灯させる。
② ジョグハンドルを廻し速度(mm/sec)を決める。 → を押す。
[ 液晶画面 ]
E ソクド ニュウリョク
100.000 mm/sec
※ 同様の要領にて、加減速・押付け力等も簡単に設定できます。
※ ポイント毎に、上記の一連の操作を繰返して設定します。(最大 16 種類の位置決めが設定できます。)
ティーチング BOX 配線図
E イチ キョウジ ソウサ
-00030.000 mm
ジョグハンドル
② ジョグハンドルを廻し移動量(mm)を決める。 → を押す。
ADP ケーブル(1m)
RP9050-010
アンプ
SCN6
CTA-23
パソコン設定ツール(TBVST-CTC-JP-SET)
※ティーチング BOX には、
内のものが付属します。
サーボモータ New R シリーズを初めて購入する場合は必ず要ります。
PC からメカシリンダ / サーボモータへ停止位置、移動速度、
加速度、押付力(トルク)等を設定できます。
TBVST-CTC-JP-SET
パソコン設定ツール セット内容:
・
・
・
・
・
インストールCD
RS232C/485変換機 ADP-1
コネクタ変換機 ADP-2-4
ADPケーブル
SIOケーブル
インストール CD に含まれるソフト:
TBVST(ビジュアルデータ設定ソフト) CTA-1EX(表形式データ設定ソフト)
MVST(モータ初期設定ソフト) CTC-Tool
(CTC プログラムソフト)
Easy-sim
(機種選定支援ソフト) 軸番号設定ソフト
TBVST メイン画面
TBVST パラメータ変更画面
TBVST ポイント設定画面
TBVST ファイル操作画面
パソコン設定ツール配線図
コネクタ変換機
ADP-2
PC へ
RS232C/485 変換機
ADP-1
SIO ケーブル(6 極 1m)
RP9041-010
アンプ
TBVST トレース画面
パソコン設定ツール
TBVST-JP
SCN6
7
ADP ケーブル(1m)
RP9050-010
※パソコン設定ツール(TBVST-CTC-JP-SET)には、
内のものが付属します。
購入ガイド / ケーブル、変換機一覧
初回時購入ガイド
SCN5 初回次購入時 ※ SCN5-010S-***-Bは、下の「SCN5以外初回購入時」をご覧下さい。
パソコン設定ツール(TBVST-CTC-JP-SET)使用の場合
ティーチングBOX使用の場合
枠内の②③④⑤⑩はセット。
( ②③は1m長)
枠内の②⑩はセット。
( ②は1m長)
④
⑩
⑤
PLC
①
SCN5 専用
パラレル接続ケーブル
SCN5
②
⑩
②
③
PLC
①
24V
SCN5 専用
パラレル接続ケーブル
SCN5
電 源
24V
電 源
SCN5以外 初回次購入時 ※ SCLT4シリーズ、RCB0411シリーズ等のアンプ一体型モデルには、⑥の延長ケーブルはご利用いただけません。
パソコン設定ツール(TBVST-CTC-JP-SET)使用の場合
ティーチングBOX使用の場合
枠内の②③④⑤⑩はセット。
( ②③は1m長)
枠内の②⑩はセット。
( ②は1m長)
④
⑩
⑤
②
③
⑥
重 要
PLC
アンプ
①
SCN5以外
②
⑩
⑥
24V
SCN5以外
電 源
PLC
アンプ
①
24V
電 源
ACサーボモータNew Rシリーズを初めて購入される場合
サーボモータNew Rシリーズは、
ご使用前に初期設定が必要になります。
パソコン設定ツール(TBVST-CTC-JP-SET)に付属のソフトMVSTにて初期設定を施します。
初期設定を済ませれば、ティーチングBOXのご使用も可能になります。
※メカシリンダには初期設定は不要です。
ケーブル / 変換機一覧
記号
①
品 名
型 式
RP9100-010
RP9100-030
RP9100-050
RP9100-100
RP9100-150
RP9100-200
RP9100-010R
RP9100-030R
RP9100-050R
RP9100-100R
RP9100-150R
RP9100-200R
RP9103-010
RP9103-030
RP9103-050
RP9103-100
RP9103-150
RP9103-200
RP9103-010R
RP9103-030R
RP9103-050R
RP9103-100R
RP9103-150R
RP9103-200R
RP9120-010
RP9120-030
RP9120-050
RP9120-100
RP9120-150
RP9120-200
1m
3m
5m
パラレル接続ケーブル
[SCN5 専用]
10m
※ SCN5-010S-***-B は、RP9120-*** を選定
15m
20m
1m
3m
5m
可動用パラレル接続ケーブル
[SCN5 専用]
10m
※ SCN5-010S-***-B は、RP9120-***R を選定
15m
20m
1m
3m
5m
シリアル通信用パラレル接続ケーブル
[SCN5 専用]
10m
※ SCN5-010S-***-B は、RP9123-*** を選定
15m
20m
1m
3m
可動用シリアル通信用パラレル接続ケーブル
[SCN5 専用] 5m
10m
※ SCN5-010S-***-B は、RP9123-***R を選定
15m
20m
1m
3m
5m
パラレル接続ケーブル
10m
15m
20m
8
詳 細
P33
P33
P34
P34
P33
ケーブル、変換機一覧 / 価格
記号
品 名
可動用パラレル接続ケーブル
①
シリアル通信用パラレル接続ケーブル
可動用シリアル通信用パラレル接続ケーブル
ADP ケーブル
②
可動用 ADP ケーブル
③
SIO ケーブル(6 芯)
④
⑤
コネクタ変換機
RS232C/485 変換機
モータ・エンコーダ延長ケーブル
⑥
可動用モータ・エンコーダ延長ケーブル
⑦
SIO ケーブル(4 芯) ※コネクタ変換機増設用
I/O 接続ケーブル(端子台付)
⑧
I/O 接続ケーブル
ブレーキ電源ケーブル
⑨
可動用ブレーキ電源ケーブル
⑩
型 式
RP9120-010R
RP9120-030R
RP9120-050R
RP9120-100R
RP9120-150R
RP9120-200R
RP9123-010
RP9123-030
RP9123-050
RP9123-100
RP9123-150
RP9123-200
RP9123-010R
RP9123-030R
RP9123-050R
RP9123-100R
RP9123-150R
RP9123-200R
RP9050-010
RP9050-030
RP9050-050
RP9050-100
RP9050-150
RP9050-200
RP9050-010R
RP9050-030R
RP9050-050R
RP9050-100R
RP9050-150R
RP9050-200R
RP9041-010
RP9041-030
RP9041-050
RP9041-100
ADP-2-4
ADP-1
RP9135-010
RP9135-020
RP9135-030
RP9135-040
RP9135-050
RP9135-090
RP9135-100
RP9135-150
RP9135-200
RP9135-010R
RP9135-020R
RP9135-030R
RP9135-040R
RP9135-050R
RP9135-090R
RP9135-100R
RP9135-150R
RP9135-200R
RP9040-001
RP9040-003
RP9040-005
RP9170-005
RP9170-010
RP9170-030
RP9170-050
RP9170-100
RP9161-005
RP9161-010
RP9161-030
RP9161-050
RP9161-100
RP9023-010
RP9023-030
RP9023-050
RP9023-100
RP9023-010R
RP9023-030R
RP9023-050R
RP9023-100R
CTA-23-SET
CTA-43-SET
CTA-63-SET
TBVST-CTC-JP-SET
CTC-67-SET
CTC-77-CL-SET
ADP-77-CL-SET
ADP-77-DN-SET
RP9201-010
RP9201-030
RP9201-050
RP9202-010
RP9202-030
RP9202-050
TMBSCOM.DLL
TMBSCOM.DLL-SET
REG-1024
1m
3m
5m
10m
15m
20m
1m
3m
5m
10m
15m
20m
1m
3m
5m
10m
15m
20m
1m
3m
5m
10m
15m
20m
1m
3m
5m
10m
15m
20m
1m
3m
5m
10m
1m
2m
3m
4m
5m
9m
10m
15m
20m
1m
2m
3m
4m
5m
9m
10m
15m
20m
10cm
30cm
50cm
50cm
1m
3m
5m
10m
50cm
1m
3m
5m
10m
1m
3m
5m
10m
1m
3m
5m
10m
ティーチング BOX
パソコン設定ツール
⑪
コントローラ
⑫
CC-Link ゲートウェイ
拡張 I/O 接続ケーブル
⑬
拡張 I/O 接続ケーブル(端子台付)
⑭
⑮
PC 制御用 DLL(ソフトのみ)
PC 制御用 DLL(ケーブル付属)
回生ユニット
1m
3m
5m
1m
3m
5m
9
詳 細
P33
P34
P34
P34
P34
P34
裏表紙
裏表紙
裏表紙
裏表紙
P34
P12
裏表紙
P7
P11∼P14
P15
便利な機能(標準装備)
セルフコントロール機能
ワーク圧入動作例
内蔵 PLC 機能でプログラム運転が可能!
エアー配管、PLC へのプログラム作成は不要!
PLC 機能内蔵!
・パソコン設定ツールで簡単にプログラム可能
・スタートスイッチだけでプログラム運転が可能
・往復 2 点間から最大 16 点までの自動運転が可能
・複数のプログラムを記憶させ、選択し、使用可能
・パソコン設定ツールで標準仕様から機能変更可能
24V 電源
1
2
STOP
START
プログラム選択
メ カ シ リンダ以外にご用意いただくもの
1
2
STOP
START
スイッチ ON
下 降(早送り)
低 速
タイマー
定位置確認(出力)
加 圧
プログラム選択
パソコン設定ツール
ケーブル
24V 電源
スイッチ
※セルフコントロール機能をお使い頂けるのは、1 軸使用時のみです。
上 昇
完了信号出力
空圧シリンダ互換機能
スイッチだけで 2 点又は、3 点間移動が可能!
入力信号の違いにより、
モードは 2 つあります。
エアー互換モード1(レベル信号)
始点、中間点、終点を任意に設定できます。
押
す
前進
移動指令入力のオン状態を維持する必要があります。移
動途中でオフした場合には、その場所で停止します。
押
す
中間
後退
前進
中間
後退
前進
中間
オフ
入力信号
押
す
メカシリンダ
動作
移動
停止
後退
エアー互換モード2(パルス信号)
ポイントNo.1へ移動
ポイントNo.2へ移動
移動指令入力のオン信号はパルス信号(10ms 以上)で
す。その後、入力信号をオフにしても目標位置に移動します。
ポイントNo.0へ移動
入力信号
メカシリンダ
動作
※後退端指令、前進端指令、中間点指令は任意に設定可能です。
オフ
オン
移動
目標位置
空圧シリンダの信号線4本をメカシリンダに繋ぎ換えれば同じ動きを再現できます。
今迄の空圧シリンダ用配線・プログラムがそのまま使えます!
空
圧
シ
リ
ン
ダ
サイレンサ
エ
ア
ー
供
給 フィルタ
スピード
コントローラ
電磁弁
減圧弁
SW-A
オート
スイッチ
SW-B
メ
カ
シ
リ
ン
ダ
エ
ア
ー
シ
リ
ン
ダ
ルプリケータ
後退端指令
PC1
前進端指令
PC2
前進端到達信号
ZFIN
後退端到達信号
PFIN
記号
PC1
PC2
PC4
PC8
CSTR
PFIN
ZFIN
ZONE
ALM
ILK
エアー互換モード 1
(レベル信号)
エアー互換モード 2
(パルス信号)
後退端指令入力(ポイントNo.0)
前進端指令入力(ポイントNo.1)
中間点指令入力(ポイントNo.2)
機能せず
機能せず
後退端到達出力
前進端到達出力
中間点到達出力
アラーム出力
機能せず
(0Vへの接続は必要)
インターロック入力
(移動量キャンセル)
バッテリーレスアブソリュート機能
原点復帰不要!バッテリー不要!
主電源
移動動作中に電源が遮断されても停止位置を記憶する為、
電源復旧時に原点復帰せずに、停止時の位置より再スタートできます。
・バッテリー交換不要
・高信頼アブソリュートセンサー実現
オン
オン
約2秒
バックアップ電源
移動中
速度
停止
時間
自然停止(1秒)
停止位置データを
メモリに記憶
(微小電流を使用しない為、誤動作無し)
・高ノイズ耐量:データバックアップ時、無通電
・インクリメンタル仕様と同価格
オン
オフ
メモリから
位置データを読込
電源オフ
(停電)
時、惰走時間
(約1秒間)
だけ位置データをバックアップし、
メカ
シリンダが停止後、位置データをメモリに記憶させます。但し、電源オフ時に外
部から動かされる可能性がある場合はブレーキ付きを選択して下さい。
対応機種:
SCN5-010S-□□□-B、SCN6-050-□□□-B/BW、SCN6-060-□□□-B/BW、SCLL5-010-□□□-B、SCLG5-010-□□□-B、SCLG6-030-□□□-B、
SCLT4-015-□□□-BBR、SCLT4-030-□□□-BBR、SCLT6-025-□□□-BBR、SCLT6-050-□□□-BBR
※パソコン設定ソフト
(TBVST Ver.3.30以降)
でインクリメンタル/アブソリュート仕様の変更が可能です。
10
CTC制御
CTC 制御 ラダープログラム不要!
!
CTC ツール無償ダウンロード提供中!
www.dyadic.co.jp/jp/gift_ctctool.html
ラダープログラム不要!
立ち上げ時間の最短化により
大幅なコスト削減が可能!
CTC-67
POWER
RUN
ERROR
PLC
ラダープログラム
かんたんコントローラ
見える CTC プログラム
(CTC-67 / 77)
ラダープログラムに比べプログラムの作成時間が大幅に削減(1/50∼1/300)
!
ラダープログラム不要の為、誰にでも簡単に作れる汎用コントローラ。
外部I/O接続ケーブルで周辺機器も同時にコントロール可能。
■仕様
コントローラ型番
CTC-67
ストアード・プログラム
プログラム制御方式
8 軸 / 128 点
※1
8 軸 / 128 点(各軸 16 点 ×8 軸)
専用 2 点、汎用 6 点
専用2点(SQSTR、SQSTP)、汎用 6 点
拡張点数
汎用 10 点(拡張 I/O ユニット装着時)
汎用 10 点(拡張 I/O ユニット装着時)
信号電流
約 3mA
約 3mA
標準点数
専用 2 点、汎用 6 点
専用2点(SQFIN、ALM)、汎用 6 点
拡張点数
汎用 10 点(拡張 I/O ユニット装着時)
汎用 10 点(拡張 I/O ユニット装着時)
最大負荷
30mA/ 点 (出力電流総和 2A/ ユニット)
300mA/ 点 (出力電流総和 2A/ ユニット)
アクチュエータから供給
DC24V ‒30%,+15% 0.5A(MAX)
コントローラ電源
DC24V ‒30%,+15%
DC24V ‒30%,+15%
I/O 電源
0℃∼ 55℃
使用温度
環境条件
工程歩進式
256 工程
標準点数
最大制御軸数 / 最大位置決め点数
出力
ストアード・プログラム
100 工程
プログラム容量
入力
CTC-77-CL
工程歩進式
−20℃∼ 60℃
保存温度
使用 / 保存湿度
20 ∼ 80%RH 以下 但し、結露なきこと
耐振動 / 耐衝撃
0.5G/2G(3 回 )
※1 拡張機能の設定で最大 256 / 軸まで拡張可能
CTCツールと従来のラダープログラムの比較
(2軸サーボを8ポイント停止、各ポイントでタイマー設定した場合の比較)
ラダープログラムの場合
CTCツールの場合
従来のラダープログラムでは、シーケンス全体で 250 ステップ必要
となり、1 画面の中では全体の 1/15しか見えません。
CTC ツールなら、シーケンスプログラム全体で 8 工程全ての動作
が一目瞭然です。
11
CTC制御
構成図
8軸構成の場合
※ ケーブル、変換機等の型番の前の数字は、P8、P9 の一覧表に対応しています。
PC
(CTCツール)
0 軸(メカシリンダ)
コネクタ変換機
④ ADP-2-4
1 軸(サーボモータ)
タッチパネル
PC のシリアルポートへ接続
※USB ポートに接続の場合は、USB
シリアル(RS232C)変換機をご用意
下さい。
一例:
ラトックシステム REX-USB60F
エレコム UC-SGT
サンワサプライ USB-CVRS9
CTC 運転パネル
2 軸(メカシリンダ)
ADP ケーブル
② RP9050-***
インターリンクケーブル
※CTC-67 / 77 に付属(1m)
3 軸(メカシリンダ)
SIO ケーブル(4 極)
③ RP9040-***
4 軸(メカシリンダ)
コネクタ変換機
④ ADP-2-4
PC を外し、コントローラの
RS232C ポートへ接続する。
5 軸(メカシリンダ)
6 軸(サーボモータ)
CTC-67
CTC
コントローラ
SIO ケーブル(6 極)
③ RP9041-***
CTC-67 / 77
I/O 接続ケーブル
ADP ケーブル
② RP9050-***
パラレル接続ケーブル
① RP9103-*** 又は、
① RP9123-***
24V
周辺機器に接続
片側端子台タイプ
RP9170-***
7 軸(メカシリンダ)
電源
20: I N 0
19: I N 1
18: I N 2
17: I N 3
PLC のサブコントローラとしての構成
A10
A9
10: O C O M
9: O C O M
8: O U T 0
サブコントローラ
24V
B9
B8
A8
A7
B7
B6
A6
11: I C O M
A5
B5
B4
他社製サーボモータ他
12: I C O M
A4
B3
ユーザーシステム
シーケンサ
タッチパネル
13: SQSTP
A3
B2
B1
14: SQSTR
A2
片側バラ線タイプ
RP9161-***
15: I N 5
汎用モータ、
スイッチ
センサ、etc.
CTC-67
CTC-67
7: O U T 1
A1
B10
16: I N 4
6: O U T 2
(端子台部分)
5: O U T 3
4: O U T 4
3: O U T 5
2: S Q F I N
1: A L M
外部入出力信号表
入
PIN No.
記 号
ケーブル色
端子台 No.
名 称
力
信
号
出
力
信
号
20
IN0
19
IN1
18
IN2
17
IN3
16
IN4
15
12
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
14
13
11
IN5 SQSTR SQSTP ICOM ICOM OCOM OCOM OUT0 OUT1 OUT2 OUT3 OUT4 OUT5 SQFIN ALM
黒
B10
白
A10
灰
B9
紫
A9
青
B8
緑
A8
黄
B7
汎用入力
信号 0
汎用条件
入力信号 1
汎用入力
信号 2
汎用入力
信号 3
汎用入力
信号 4
汎用入力
信号 5
シーケンス
スタート
橙
A7
赤
B6
茶
A6
黒
B5
白
A5
灰
B4
シーケンス 入力コモン 入力コモン 出力コモン 出力コモン 汎用出力
(+24V に接続)
強制停止 (+24V に接続)
(0V に接続)
(0V に接続) 信号 0
12
紫
A4
青
B3
緑
A3
黄
B2
橙
A2
赤
B1
茶
A1
汎用出力
信号 1
汎用出力
信号 2
汎用出力
信号 3
汎用出力
信号 4
汎用出力
信号 5
シーケンス
完了出力
アラーム
出力信号
CTC制御
プログラムを作る
特別のプログラミング言語は必要ありません。
これらのアイコンを使用する工程までドラッグする!
ドラッグ&ドロップ
ドラッグ&ドロップ
ドラッグ&ドロップ
1工程は、下記フローチャートの様に実行されます。
フローチャートに
相当するアイコン
SQSTR:ON
NO
電源ON後、スタート指令信号(SQSTR)がONになるとプログラムの実行を開始します。
YES
指定アクチュエータ
へポイント移動指令
完了条件待ち
YES
外部入力信号
ON/OFF入力
タイマ待ち
(0.1∼600秒)
NO
NO
指定されたアクチュエータが、指定されたポイント番号へ移動します。
実行軸の指定が無い場合は、移動を実行しません。
空白の場合は、アクチュエータの移動が完了してから、入力条件待ちに移行します。
アイコンが置かれている場合は、移動開始後、すぐに入力条件待に移行します。
指定された外部からの入力信号(IN0∼5)の条件成立を待ちます。
設定した時間待機します。
外部出力信号
ON/OFF出力
指定された出力(OUT0∼5)から、ON又はOFF信号を外部へ出力します。
戻り指令
指定された入力信号条件(IN0∼5)が成立していなければ、一番近い戻り先
繰返し実行します。
へ戻り、
飛び越し指令
指定された入力信号条件(IN0∼5)が成立していなければ、一番近いとび先
し、実行します。
へ飛び越
終了ステップ?
YES
終了
終了ステップ以外では、次の工程を続行します。
終了ステップ
の場合は、シーケンス完了出力(SQFIN)をONにして実行を終了します。
終了処理時にスタート指令信号(SQSTR)がONになっている場合は、最初のステップに
戻って継続する繰り返し実行になります。
13
CTC制御
メカシリンダを動かす
「ドラッグ&ドロップ」にて“かんたん”にプログラムが可能です。
ドラッグ&ドロップ
ドラッグ&ドロップ
パレタイズ動作
少ないステップ数で「パレタイズ」が可能です。
ワーク検出センサ
シュート
開始
行
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
ワーク
メイン9ステップ、
サブ5ステップ、
全14ステップで12×20マスの
プログラムが可能です。
チャック
列
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
12×20 マスの
製品籠
終了
垂直軸に電動グリッパーを取付
けた例
CTC ツールのスタートガイドをご用意しています
初めての方でもプログラミングできるように書かれた手引書です。
http://www.dyadic.co.jp/jp/gift_ctctool.html
14
シリアル通信 / CC-Link
シリアル通信
位置決めポイント:無制限 最大 16 軸制御
シリアル通信用 I/O を標準装備
シリアル(SIO)接続の場合、PLC(シーケンサ)やパソコン、CPU の RS232C シリアルポートとの接続が可能です。
コネクタ変換機(ADP-2-4)を増設すれば、最大 16 台までリンクさせて動かせます。
サーボアンプは、メカシリンダ、サーボモータ New R シリーズに付属のものをそのままご使用いただけます。
① RP9100-***
アンプ一体型
PLC
タッチパネル
サンプルプログラム
① RP9120-***
無償提供!
⑤ ADP-1
24V
アンプ別置き型
アンプ
① RP9120-***
電 源
③ RP9040-***
アンプ一体型
④ ADP-2-4
※5 軸以上で使用する場合、④ ADP-2-4
を増設し、SIO ケーブルで接続する。
②
②
②
②
③ RP9041-***
RP9050-***
RP9050-***
RP9050-***
RP9050-***
① RP9120-***
アンプ別置き型
アンプ
④ ADP-2-4
サンプルプログラム提供可能 PLC(シーケンサ)
MELSEC-A シリーズ
計算機リンクユニット:AJ71UC24、A1SJ71UC24-R2/R4/PRF、A1SJ71C24-R2/R4/PRF、A1SCPUC24-R2、A2CCPUC24(PRF)
MELSEC-F シリーズ
通信ボード:FX2N-232-BD、FX1N-232-BD、FX2NC-232-ADP
※サンプルプログラムは三菱製 GX Developer Ver.7 のプロジェクトファイルとして提供いたしますので、お客様での GXDeveloper Ver.7 以
上が必要になります。
その他、キーエンス製、オムロン製、松下電工製 PLC もサンプルプログラムの提供が可能です。
※ シリアル信号については、「インターフェース機能説明書」で詳しく解説しております。
弊社のホームページ(http://www.dyadic.co.jp/jp/)の、「取扱説明書ダウンロード」ページから入れます。
※ パソコンからシリアル信号でコントロールする為の DLL(TMBSCOM.DLL)も準備しておりますので、お問い合わせ下さい。
(対応 OS:Windows® 95、98、2000、NT4、XP)お問合せください。
フィールドネットワーク
ゲートウェイ
CC-Link 最大 1024 軸制御( )
64 機 接 続 時
ADP-77-CL CC-Link-Termi-BUS SIO ゲートウェイをご使用頂くと、CC-Link を利用して、多数軸のメカシリンダ、サーボモ
ータ New R シリーズから成る大規模システムを省配線にて極めて効率的に構成することができます。
ADP-77-CL は、CC-Link スレーブとして CC-Link マスターから自由にアクセスすることができ、ADP-77-CL 1 台あたり最大
16 軸までのメカシリンダ、又は弊社サーボモータをコントロールすることができます。
④ ADP-2-4
④ ADP-2-4
④ ADP-2-4
② RP9050-***
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
※その他のシステムに関しては、お問い合わせ下さい。
15
9軸
10 軸
11 軸
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
② RP9050-***
7軸
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
8軸
② RP9050-***
[仕様]
極種:リモートデバイス局
占有局数:2 局占有
通信速度:156k、625k、2.5Mbps、5Mbps、10Mbps
局番:1 ∼ 64
電源:DC24V±15% 0.5A
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
6軸
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
② RP9050-***
② RP9050-***
3軸
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
5軸
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
② RP9050-***
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
2軸
4軸
② RP9050-***
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
② RP9050-***
② RP9050-***
PLC
1軸
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
② RP9050-***
② RP9050-***
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
0軸
② RP9050-***
② RP9050-***
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
③ RP9040-***
② RP9050-***
② RP9050-***
② RP9050-***
ゲートウェイ
ADP-77-CL
④ ADP-2-4
③ RP9040-***
③ RP9040-***
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
① RP9100-***
(RP9103-***)
24V電源へ
12 軸
13 軸
14 軸
15 軸
SCN5
SCN5
10kgf type
空気圧シリンダの内径Φ16 ∼Φ20 の機種に相当します。
最大推力:10kgf/102N(typ 値)
最大速度:400mm/sec(typ 値)at25℃ 注 1
垂直方向使用時最大荷重:10kgf 注 2
バッテリーレスアブソリュート機能付モデル追加 注 3
注 1:SCN5-010-□□□-S03 注 2:SCN5-010S-□□□-S03、SCN5-010S-□□□-B 注 3:SCN5-010S-□□□-B システム型式説明
S C N5 - 0 1 0
シリーズ名
最大推力 (kgf)
システム型式 ※□□□はストローク 50mmは050
ストローク
(mm)
(kgf)
/
:typ値
最大推力
(N)
電源投入時(垂直使用)最大可搬質量(kg)
押付モード時最大推力
(N)
(kgf)
/
:typ値
ネジリード
(mm)
:typ値 at25℃
最大速度(mm/s)
繰返し位置決め精度
(mm)
ロストモーション
(mm)
許容ラジアル荷重(N)
ロッド径(mm)
ロッド先端ネジ径
位置決め点数
電源
寿命保証
保護機能
パラレル 信号名
入力信号
入力電流
パラレル 信号名
出力信号
出力電流
シリアル信号
温度
湿度
保護構造
耐振動/耐衝撃
環境条件
重量(kg)
□
空欄 : 標準
-M: シリンダのみ
-A: サーボアンプのみ
ストローク (mm)
S03: アンプ一体型
B: アンプ別置き型
空欄 : NPN
A: PNP
空欄 : ネジリード 6mm
S: ネジリード 1.5mm
仕 様
入 / 出力信号
- □□□-
※サーボアンプ別置き
SCN5–010S–□□□–S03
SCN5–010–□□□–S03
アブソリュート機能付き:SCN5‒010S‒□□□‒B
50/100/150/200/250/300
100/10.2
7
70/7.1
6
400/400/400/200/160/120
100/10.2
1.5
100/100/100/50/40/30
速度 - 推力特性
±0.01 注1)、注2)
0.3
15/10/5/4/3/2.5
Ø15
M10 ピッチ1.25(金属製SUS303)
16(但し、
シリアル接続時無制限)
DC24V±10%(最大 2.0A)
納品後3年、又は1万km(但し、仕様範囲内での使用を前提とする)
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)、軸移動インターロック
(ILK)
目標位置番号(4ビットバイナリ: PC1、PC2、PC4、PC8)、スタート
(CSTR)
最大 4mA/ポート
(シンクタイプの出力回路と接続してください)
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)、位置決め完了
(PFIN)、
原点復帰完了
(ZFIN)、ゾーン
(ZONE)、アラーム
(ALM)
最大 30mA/ポート
(メカシリンダはオープンコレクタ出力です)
シリアルインターフェイス
(コネクタSIO)、+5V、0V、S+、S−
過速度、主電源過電圧、
回生電圧異常、過負荷、
センサ異常、
サーボ異常
使用温度:0∼40℃ 保存温度:−20∼60℃
使用・保存湿度:≦90%RH 但し、結露なきこと
IP-40 相当
2G/10G(2回)
1.1/1.2/1.4/1.6/1.8/2.0
at 25℃
SCN5-010-□□□-S03
10
8
推
力 6
(kgf)
4
2
0
10
8
推
力 6
(kgf)
4
2
型番
SCN5-010-050
SCN5-010-100
SCN5-010-150
SCN5-010-200
SCN5-010-250
SCN5-010-300
Ø15
L
3
50
75
速度(mm/sec)
ストローク
50mm
100mm
150mm
200mm
250mm
300mm
100
L
166
216
266
316
366
416
34
Ø30 0-0.033
68
15
2 - Ø2.3 深11
25
45
10 A/F
M10 × P1.25
SUSネジ
30
400
SCN5-010S-□□□- B
0
ケーブル長さ200
300
at 25℃
(140)
(127)
200
S03
※SCN5-010S-□□□-S03 の外形寸法は、SCN5-010-□□□-S03 と同じです。
※SCN5-010S-□□□-B の外形図は、弊社ホームページにてご確認下さい。
※SCN5-010S-□□□-B のサーボアンプの外形図は P31 をご参照下さい。
単位(mm)
100
速度(mm/sec)
注1)原点復帰動作をした場合、シリンダのストローク両端の原点出し用ウレタンゴム
(ショア90)を使用し、押し付け動作を行います。ゴムの経時変化は最大
0.05mm∼0.07mm/1∼2年程度と推測されます。従いまして、経時変化により、原点位置が最大0.05mm程度シフトする可能性が考えられますので、ユーザ様の使
用方法によってはデータ補正等の処理が必要になる場合があります。注2)一方向からの位置決めとします。
※ P32に取り付け上の注意事項を掲載していますので、併せてご覧下さい。
SCN5 外形図
アブソリュート機能付きモデル
SCN5-010S-□□□-B
20
7
5.5
21.5
39.5±0.75
4 - Ø5.5ヌキ
〈別売〉
取付用フート金具
型番:FT-001
※SCN5 専用
外形図は P31 を参照
座標原点
CADデータ
(2D 、3D)
ダウンロード → www.dyadic.co.jp/jp/download_scn5.html
16
SCN6
SCN6
20kgf type 40kgf type 50kgf type 60kgf type
空気圧シリンダの内径Φ25 ∼Φ40 の機種に相当します。
サーボアンプは別置き型です。
最大推力:20 ∼ 65kgf(typ 値)
最大速度:100 ∼ 200mm/sec(typ 値)at25℃
防塵・防滴仕様(IP54 相当)も準備しています。
システム型式説明
S C N6 - □□□- □□□シリーズ名
仕 様
システム型式 ※□□□はストローク 50mmは050
ストローク
(mm)
(kgf)
/
:typ値
最大推力
(N)
電源投入時(垂直使用)最大過般質量(kg)
押付モード時最大推力
(N)
(kgf)
/
:typ値
ネジリード
(mm)
:typ値 at25℃
最大速度(mm/s)
繰返し位置決め精度
(mm)
ロストモーション
(mm)
許容ラジアル荷重(N)
ロッド径(mm)
ロッド先端ネジ径
位置決め点数
電源
防塵・防滴仕様シール部有効期間
寿命保証
メカシリンダ本体
入 / 出力信号
パラレル 信号名
入力信号
入力電流
パラレル 信号名
出力信号
出力電流
シリアル信号
保護機能
環境条件
温度
湿度
保護構造
耐振動/耐衝撃
重量(kg)
アンプ重量(kg)
最大推力 (kgf)
ストローク (mm)
□□
空欄 : NPN
A: PNP
空欄 : 標準セット
-M: シリンダのみ
-A: サーボアンプのみ
防塵・防滴仕様
B: 標準環境
BW: 防塵・防滴仕様
SCN6–020–□□□–B
SCN6–040–□□□–B
SCN6–050–□□□–B
SCN6–060–□□□–B
SCN6–020–□□□–BW SCN6‒040‒□□□–BW SCN6–050–□□□–BW SCN6–060–□□□–BW
50/100/150/200/250/300
500/51.0
400/40.8
28
30
280/28.5
350/35.5
200/20.4
14
140/14.2
650/66.3
45
450/45.9
8
3
200
100(SCN6-050-□□□-BWは、80)
±0.01(短時間繰返し位置決め精度) 注1)、注2)
0.3
30/20/10/10/10/10 75/50/25/18/15/12(SCN6-020-□□□-B/BWは、30/20/10/10/10/10)
Ø22
M14 ピッチ1.5(金属製SUS303)
16(但し、
シリアル接続時無制限)
DC24V±10%( 動力電源 最大3.0A、制御回路電源 最大0.2A )
6ヵ月、又は2、500km
納品後3年、又は1万km(但し、仕様範囲内での使用を前提とする)
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)、軸移動インターロック
(ILK)
目標位置番号(4ビットバイナリ: PC1、PC2、PC4、PC8)、スタート
(CSTR)
最大4mA/ポート
(シンクタイプの出力回路と接続してください)
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)
、位置決め完了
(PFIN)
、原点復帰完了
(ZFIN)
、
ゾーン信号
(ZONE)
、アラーム
(ALM)
、完了位置番号
(4ビットバイナリ: PM1、PM2、PM4、PM8)
最大30mA/ポート
(メカシリンダはオープンコレクタ出力です)
シリアルインターフェイス
(コネクタSIO)、+5V、0V、S+、S−
過速度、主電源過電圧、
回生電圧異常、過負荷、
センサ異常、
サーボ異常、
エンコーダ断線
使用温度:0∼40℃ 保存温度:−20∼60℃
使用・保存湿度:≦90%RH 但し、結露なきこと
標準仕様:IP-40 相当 防塵・防滴仕様: IP-54
2G/10G(2回)
1.6/1.9/2.2/2.5/2.8/3.1
1.9/2.2/2.5/2.8/3.1/3.4
0.5
速度 - 推力特性
70
SCN6-060
60
SCN6-050
50
SCN6-040
推 40
力
(kgf)
SCN6-020
30
20
10
0
50
100
150
速度
(mm/sec)
200
※防塵・防滴タイプは防水ではありません。又、クーラントや油に含まれている添加剤の種類によっては使用できない場合があります。
注1)原点復帰動作をした場合、シリンダのストローク両端の原点出し用ウレタンゴム
(ショア90)を使用し、押し付け動作を行います。ゴムの経時変化は最大0.05mm∼0.07mm/1∼2年程度と推測されます。従いまして、
経時変化により、原点位置が最大0.05mm程度シフトする可能性が考えられますので、ユーザ様の使用方法によってはデータ補正等の処理が必要になる場合があります。注2)一方向からの位置決めとします。
※ P32に取り付け上の注意事項を掲載していますので、併せてご覧下さい。
SCN6 外形図
※サーボアンプの外形図は P31 をご参照下さい。
単位(mm)
19
(700)
□58
□48
A/F 19
マフラー
※防塵・防滴仕様のみ
22
18
Ø35 -0.02
-0.04
(78)
M14 × P1.5
SUS ネジ
4 - Ø5.5mm ヌキ
10
22
20
3
7
2 - Ø3.5
L
型番
SCN6-020-050-B/BW
SCN6-040-050-B/BW
SCN6-050-050-B/BW
SCN6-060-050-B/BW
SCN6-020-100-B/BW
SCN6-040-100-B/BW
SCN6-050-100-B/BW
SCN6-060-100-B/BW
ストローク
50
100
L
189
223
201
223
239
273
251
273
型番
SCN6-020-150-B/BW
SCN6-040-150-B/BW
SCN6-050-150-B/BW
SCN6-060-150-B/BW
SCN6-020-050-B/BW
SCN6-040-050-B/BW
SCN6-050-050-B/BW
SCN6-060-050-B/BW
ストローク
150
200
L
289
323
301
323
339
373
351
373
23
39.5± 0.75
型番
SCN6-020-250-B/BW
SCN6-040-250-B/BW
SCN6-050-250-B/BW
SCN6-060-250-B/BW
SCN6-020-300-B/BW
SCN6-040-300-B/BW
SCN6-050-300-B/BW
SCN6-060-300-B/BW
ストローク
250
300
L
389
423
401
423
439
473
451
473
〈別売〉取付用フート金具
型番:FT-002
※SCN6 専用
外形図は P31 を参照
CADデータ
(2D 、3D)
ダウンロード → www.dyadic.co.jp/jp/download_scn6.html
17
SCLL5
SCLL5
10kgf type
ショートストロークシリンダ
省スペース
長期間メンテナンスフリー
低価格
単軸用途に適しています。
システム型式説明
S C L L5 - 010- □□□シリーズ名
仕 様
最大推力 (kgf)
パラレル 信号名
入力信号
入力電流
入 / 出力信号
パラレル 信号名
出力信号
出力電流
シリアル信号
保護機能
環境条件
温度
湿度
重量(kg)
アンプ重量(kg)
ストローク (mm) 空欄 : NPN
A: PNP
空欄 : 標準セット
-M: シリンダのみ
-A: サーボアンプのみ
B: 標準
SCLL5–010–□□□–B
システム型式 ※□□□はストローク 50mmは050
ストローク
(mm)
(kgf)
/
:typ値
最大推力
(N)
電源投入時(垂直使用)最大可搬質量(kgf)
押付モード時最大推力
(N)
(kgf)
/
:typ値
ネジリード
(mm)
:typ値 at25℃
最大速度(mm/s)
繰返し位置決め精度
(mm)
ロストモーション
(mm)
水平方向最大可搬重量
(kg)
許容負荷モーメント(Nm)/
(kgfcm)
張出負荷長(mm)
位置決め点数
電源
B
50/100/150/200/300
※250mmストロークはありません
50/5
1
30/3
6
300
±0.01 注1)、注2)
0.3
5
Mp = 0.5/5.1、My = 0.5/5.1、Mr = 2/20.4 注3)
100以下 注4)
16(但し、
シリアル接続時無制限)
DC24V±10%(動力電源 最大 2.0A、制御回路電源 最大 0.2A )
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)、軸移動インターロック
(ILK)
目標位置番号(4ビットバイナリ: PC1、PC2、PC4、PC8)、スタート
(CSTR)
最大4mA/ポート
(シンクタイプの出力回路と接続してください)
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)
、位置決め完了
(PFIN)
、原点復帰完了
(ZFIN)
、
ゾーン信号
(ZONE)
、アラーム
(ALM)
、完了位置番号
(4ビットバイナリ: PM1、PM2、PM4、PM8)
最大30mA/ポート
(メカシリンダはオープンコレクタ出力です)
シリアルインターフェイス
(コネクタSIO)、+5V、0V、S+、S−
過速度、主電源過電圧、
回生電圧異常、過負荷、
センサ異常、
サーボ異常、
エンコーダ断線
使用温度:0∼40℃ 保存温度:−20∼60℃
使用・保存湿度:≦90%RH 但し、結露なきこと
1.0/1.2/1.3/1.5/1.8
0.5
推力 - 速度特性
6
推力印加点はキャリヤ上部
10mm とする。
4
推
力
(kgf)
2
0
100
300
200
400
速度(mm/sec)
負荷重量 - 速度特性
(水平方向)
6
4
荷
重
(kg)
2
負荷はキャリア中心への
バランス荷重
0
100
200
速度(mm/sec)
300
負荷モーメント - 速度特性
(水平方向)
2.0
Mr
負
荷 1.5
モ
�
メ
ン 1.0
ト
(Nm)
※粉塵の多い場所、水滴等のかかる場所での使用はご遠慮下さい。注1)原点復帰動作をした場合、シリンダのストローク両端の原点出し用ウレタンゴム
(ショア
90)を使用し、押し付け動作を行います。ゴムの経時変化は最大0.05mm∼0.07mm/1∼2年程度と推測されます。従いまして、経時変化により、原点位置が最大
0.05mm程度シフトする可能性が考えられますので、ユーザ様の使用方法によってはデータ補正等の処理が必要になる場合があります。注2)一方向からの位置決
めとします。注3)負荷モーメント:ワーク
(m kg)がスライダ
(キャリヤ)部から張り出し
(L cm)て取り付けられた時に発生する負荷( 負荷モーメントの求め方(
kgfcm ):m( kg )×L( cm )< Mp 、My 、Mr )。実際は、3方向の負荷モーメント
( Mp 、My 、Mr)が複合でかかりますので、ご注意願います。注4)
張出負荷長:ワークがスライダ
(キャリア)部から張り出せる許容長さです。
Mr
My
Mp
0.5
0
Mp、My
100
200
300
速度(mm/sec)
※外部ガイドとの併用も考えております。従いまして、キャリヤーにガタを持たせてあります。
SCLL5 外形図
※サーボアンプの外形図は P31 をご参照下さい。
(75)
単位(mm)
15
L1
6 - Ø4.5 通シ
Ø8 ザグリ深4.5
(32)
座標原点
33
35
4 - M4
15
2 - Ø4H8 通シ
30
52
(69)
43
L2
47
20
75±0.03
型番
SCLL5-01-050
SCLL5-01-100
SCLL5-01-150
SCLL5-01-200
SCLL5-01-300
2 - Ø4H8 深6
ストローク
50mm
100mm
150mm
200mm
300mm
L
201
251
301
351
451
L1
85
135
185
117.5
167.5
L2
117.5
167.5
CADデータ
(2D 、3D)
ダウンロード → www.dyadic.co.jp/jp/download_scll5.html
18
SCLG5
SCLG5
10kgf type
SCLL5 シリーズに THK 製ミニ LM ガイドを標準装備しました。
システム型式説明
SCLG5 - 010- □□□シリーズ名
仕 様
最大推力 (kgf)
パラレル 信号名
入力信号
入力電流
入 / 出力信号
パラレル 信号名
出力信号
出力電流
シリアル信号
保護機能
温度
湿度
環境条件
重量(kg)
アンプ重量(kg)
ストローク (mm) 空欄 : NPN
A: PNP
空欄 : 標準セット
-M: シリンダのみ
-A: サーボアンプのみ
B: 標準
B01: LM ガイド取付方向反対仕様
SCLG5–010–□□□–B
システム型式 ※□□□はストローク 50mmは050
ストローク
(mm)
(kgf)
/
:typ値
最大推力
(N)
電源投入時(垂直使用)最大可搬荷重(kgf)
押付モード時最大推力
(N)
(kgf)
/
:typ値
ネジリード
:typ値 at25℃
最大速度(mm/s)
繰返し位置決め精度
(mm)
ロストモーション
(mm)
水平方向最大可搬重量
(kg)
許容負荷モーメント(Nm)/
(kgfcm)
張出負荷長(mm)
位置決め点数
電源
B
50/100/150/200/300
※250mmストロークはありません
100/10.2
3
70/7.1
6
300
±0.01 注1)、注2)
0.3
10
Mp = 1.5/15、My = 1.5/15、Mr = 5/51 注3)
150以下 注4)
16(但し、
シリアル接続時無制限)
DC24V±10%(動力電源 最大 2.0A、制御回路電源 最大 0.2A )
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)、軸移動インターロック
(ILK)
目標位置番号(4ビットバイナリ: PC1、PC2、PC4、PC8)、スタート
(CSTR)
最大4mA/ポート
(シンクタイプの出力回路と接続してください)
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)
、位置決め完了
(PFIN)
、原点復帰完了
(ZFIN)
、
ゾーン信号
(ZONE)
、アラーム
(ALM)
、完了位置番号
(4ビットバイナリ: PM1、PM2、PM4、PM8)
最大30mA/ポート
(メカシリンダはオープンコレクタ出力です)
シリアルインターフェイス
(コネクタSIO)、+5V、0V、S+、S−
過速度、主電源過電圧、
回生電圧異常、過負荷、
センサ異常、
サーボ異常、
エンコーダ断線
使用温度:0∼40℃ 保存温度:−20∼60℃
使用・保存湿度:≦90%RH 但し、結露なきこと
1.3/1.5/1.7/1.9/2.3
0.5
推力 - 速度特性
10
8
推力印加点はキャリヤ上部
10mm とする。
6
推
力
(kgf)
4
2
0
100
300
200
400
速度(mm/sec)
負荷重量 - 速度特性
(水平方向)
10
8
荷 6
重
(kg)
4
2
負荷はキャリア中心への
バランス荷重
※粉塵の多い場所、水滴等のかかる場所での使用はご遠慮下さい。注1)原点復帰動作をした場合、シリンダのストローク両端の原点出し用ウレタンゴム
(ショア
90)を使用し、押し付け動作を行います。ゴムの経時変化は最大0.05mm∼0.07mm/1∼2年程度と推測されます。従いまして、経時変化により、原点位置が最大
0.05mm程度シフトする可能性が考えられますので、ユーザ様の使用方法によってはデータ補正等の処理が必要になる場合があります。注2)一方向からの位置決
めとします。注3)負荷モーメント:ワーク
(m kg)がスライダ
(キャリヤ)部から張り出し
(L cm)て取り付けられた時に発生する負荷( 負荷モーメントの求め方(
kgfcm ):m( kg )×L( cm )< Mp 、My 、Mr )。実際は、3方向の負荷モーメント
( Mp 、My 、Mr)が複合でかかりますので、ご注意願います。注4)
張出負荷長:ワークがスライダ
(キャリア)部から張り出せる許容長さです。
Mr
My
Mp
0
100
200
速度(mm/sec)
300
負荷モーメント - 速度特性
(水平方向)
5
Mr
4
SCLG5 外形図
※サーボアンプの外形図は P31 をご参照下さい。
4 - M4
(75)
15
L2
6 - Ø4.5 通シ
Ø8 ザグリ深4.5
L1
(32)
座標原点
Mp、My
1
35
26 33
単位(mm)
負
荷
モ 3
�
メ
ン 2
ト
(Nm)
0
100
200
速度(mm/sec)
300
図1
※LM ガイド取付け方向の変更を受注生産にて対応しております。
その場合、型式末尾は下表の通りとなります。
30
IN
JAPAN
33
MADE
LM ガイド
LM ガイド
-B ※標準仕様
Dyadic Systems Co.,Ltd.
モータ
型式
キャリヤ
Advanced Inteligent Cylinder
M O D E L SCLG5-010-050-B-M
JAPAN
47
IN
20
19
MADE
L
キャリヤ
Dyadic Systems Co.,Ltd.
キ
ャ
リ
ア
方
向
58
4 - M4
Advanced Inteligent Cylinder
M O D E L SCLG5-010-050-B-M
(69)
18.2
30
モータ
-B01
75
±0.03
型番
SCLG5-010-050
SCLG5-010-100
SCLG5-010-150
SCLG5-010-200
SCLG5-010-300
2 - Ø4H8 深6
ストローク
50mm
100mm
150mm
200mm
300mm
L
201
251
301
351
451
L1
85
135
185
117.5
167.5
L2
117.5
167.5
CADデータ
(2D 、3D)
ダウンロード → www.dyadic.co.jp/jp/download_scll5.html
19
SCLG6
SCLG6
20kgf type 30kgf type
単軸用途ロッドレスシリンダ
最大可搬重量:20kg(水平方向)
ストローク:200mm ∼ 1000mm
SCLG6 - □□□- □□□-
システム型式説明
シリーズ名
仕 様
※□□□はストローク
50mmは050、1000mmはA00
システム型式
空欄 : 標準セット
-M: シリンダのみ
-A: サーボアンプのみ
B: 標準
SCLG6–030–□□□–B
200/300/400/500/600/700/800/1000
200/20.4
300/30.6
140/14.2
280/28.6
140/14.2
280/28.6
8
4
300/300/300/300/300/280/220/150
150/150/150/150/150/140/110/75
±0.01 注1)、注2)
0.3
20
10
20
Mp=6/60、My=6/60、Mr=10/100 注3)
16(但し、
シリアル接続時無制限)
DC24V±10%(動力電源 最大 3.0A、制御回路電源 最大 0.2A )
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)、軸移動インターロック
(ILK)
目標位置番号(4ビットバイナリ: PC1、PC2、PC4、PC8)、スタート
(CSTR)
最大4mA/ポート
(シンクタイプの出力回路と接続してください)
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)
、位置決め完了
(PFIN)
、原点復帰完了
(ZFIN)
、
ゾーン信号
(ZONE)
、アラーム
(ALM)
、完了位置番号
(4ビットバイナリ: PM1、PM2、PM4、PM8)
最大30mA/ポート
(メカシリンダはオープンコレクタ出力です)
シリアルインターフェイス
(コネクタSIO)、+5V、0V、S+、S−
過速度、主電源過電圧、
回生電圧異常、過負荷、
センサ異常、
サーボ異常、
エンコーダ断線
使用温度:0∼40℃ 保存温度:−20∼60℃
使用・保存湿度:≦90%RH 但し、結露なきこと
2.7/3.7/4.7/5.7/6.7/7.7/8.7/10.7
0.5
パラレル 信号名
入力信号
入力電流
パラレル 信号名
出力信号
出力電流
シリアル信号
保護機能
温度
湿度
環境条件
ストローク (mm) 空欄 : NPN
A: PNP
SCLG6–020–□□□–B
ストローク
(mm)
(kgf)
/
:typ値
最大推力
(N)
電源投入時(垂直使用)最大可搬荷重(N)
(
/ kgf)
押付モード時最大推力
(N)
(kgf)
/
:typ値
ネジリード
(mm)
:typ値 at25℃
最大速度(mm/s)
繰返し位置決め精度
(mm)
ロストモーション
(mm)
水平方向最大可搬重量
(kg)
垂直方向最大可搬重量
(kg)
許容負荷モーメント(Nm)/
(kgfcm)
位置決め点数
電源
入 / 出力信号
最大推力 (kgf)
B
重量(kg)
アンプ重量(kg)
推力 - 速度特性
SCLG6-020
20
推
力 10
(kgf)
0
50
100
150
200
250
300
125
150
速度(mm/sec)
SCLG6-030
30
推
力 20
(kgf)
10
0
25
50
75
100
速度(mm/sec)
※粉塵の多い場所、水滴等のかかる場所での使用はご遠慮下さい。注1)原点復帰動作をした場合、シリンダのストローク両端の原点出し用ウレタンゴム
(ショア90)を使用し、押し付け動作を行います。ゴムの経時変化
は最大0.05mm∼0.07mm/1∼2年程度と推測されます。従いまして、経時変化により、原点位置が最大0.05mm程度シフトする可能性が考えられますので、ユーザ様の使用方法によってはデータ補正等の処理が必要にな
る場合があります。注2)一方向からの位置決めとします。注3)負荷モーメント:ワーク
(m kg)がスライダ
(キャリヤ)部から張り出し
(L cm)て取り付けられた時に発生する負荷( 負荷モーメントの求め方( kgfcm ):m
( kg )×L( cm )< Mp 、My 、Mr )。実際は、3方向の負荷モーメント
( Mp 、My 、Mr)が複合でかかりますので、ご注意願います。
SCLG6 外形図
Mr
My
Mp
※サーボアンプの外形図は P31 をご参照下さい。
単位(mm)
(L)
座標原点
19
(45)
65
St
40
2-Ø5リーマ
4
4
56
65
55
51
10
(700)
60
20
L2±0.01
10
2.5 5.5
(123)
L1
50
6.3
10.3
T溝部拡大図
2-Ø5リーマ
81
4-M6 通し
40
80
型番
SCLG6- 020
030 -200
SCLG6- 020
030 -300
SCLG6- 020
030 -400
SCLG6- 020
030 -500
SCLG6- 020
030 -600
SCLG6- 020
030 -700
SCLG6- 020
030 -800
SCLG6- 020
030 -A00
付属 T 溝用 M6 ナット數
200mm、300mm ストローク: 4 ヶ
400mm ∼ 700mm ストローク: 6 ヶ
800mm ストローク: 8 ヶ
1000mm ストローク: 10 ヶ
ストローク
200mm
300mm
400mm
500mm
600mm
700mm
800mm
1000mm
L
433
533
633
733
833
933
1033
1233
L1
290
390
490
590
690
790
890
1090
CADデータ
(2D 、3D)
ダウンロード → www.dyadic.co.jp/jp/download_scll6.html
20
SCLT4 / SCLT6
SCLT4 / SCLT6
SCLT4: 15kgf type 30kgf type
/ SCLT6: 25kgf type 50kgf type
SCLT6
強力な LM ガイドとボールネジ駆動の送り機構ですので、
SCLT4
高負荷・高速移動が可能です。
直交ロボットのベースマシンとしてご使用いただけます。
ブレーキ部分
システム型式説明
S C L T□- □□□- □□□シリーズ名
仕 様
最大推力 (kgf)
SCLT 4 – 015 –□□□– S
SCLT 4 – 015 –□□□– SBR
システム型式 ※□□□はストローク 50mmは050
□□□
空欄 : 標準セット
-M: シリンダのみ
-A: サーボアンプのみ
ストローク (mm) 空欄 : NPN S: 標準 (SCLT4) SBR: ブレーキ付 (SCLT4)
B: 標準 (SCLT6) BBR: ブレーキ付 (SCLT6)
A: PNP
SCLT 4 – 030 –□□□– S
SCLT 4 – 030 –□□□– SBR
SCLT 6 – 025 –□□□– B
SCLT 6 – 025 –□□□– BBR
SCLT 6 – 050 –□□□– B
SCLT 6 – 050 –□□□– BBR
50/100/150/200/250/300/350/400/450/500
50/100/150/200/250/300/350/400/450/500/550/600/700
ストローク
(mm)
150/15
300/30
250/25
500/50
(kgf)
/
:typ値
最大推力
(N)
210/21
105/10.5
175/17.5
350/35
電源投入時(垂直使用)最大許容荷重(N)
(
/ kgf)
105/10.5
210/21
175/17.5
350/35
押付モード時最大推力
(N)
(kgf)
/
:typ値
6
6
12
12
ボールネジリード
(mm)
350(600mmストローク: 340)
400(500mmストローク: 340)
600(700mmストローク: 500)
700(500mmストローク: 680)
(700mmストローク: 250)
:typ値 at25℃
最大速度(mm/s)
±0.02 注1)、注2)
繰返し位置決め精度
(mm)
0.1
ロストモーション
(mm)
5
30
10
16
水平方向最大可搬重量
(kg)
1.5/5(外付け回生ユニット使用時)
6/30(外付け回生ユニット使用時)
2.5/10(外付け回生ユニット使用時)
4/16(外付け回生ユニット使用時)
垂直方向最大可搬重量
(kg)
Mp=12/120、My=12/120、Mr=31/310(注3)
Mp=25.7/257、My=25.7/257、Mr=58/580 注3)
(kgfcm)
/
許容負荷モーメント
(Nm)
16点(但し、
シリアル接続時無制限)
位置決めポイント数
DC24V±10%(動力電源:最大 2.0A 制御回路電源 0.2A)
DC24V±10%(動力電源:最大 3.0A 制御回路電源 0.2A)
電源
DC24V±15% 励磁開放型 解放時最大0.3A(ブレーキ付きSCLT6シリーズ:解放時最大0.4A)
ブレーキ電源(型式末尾 -SBR、-BBRのみ)
DC24V系DI/DOインターフェイス
(コネクタPIO)、
目標位置番号(4ビットバイナリ:PC1、PC2、PC4、PC8)
パラレル 信号名
スタート
(CSTR)、軸移動インターロック
(ILK)
入力信号
入力電流
最大 4mA/ポート
(シンクタイプの出力回路と接続してください)
入 / 出力信号
DC24V系DI/DOインターフェイス
(コネクタPIO)、完了位置番号(4ビットバイナリ:PM1、PM2、PM4、PM8 ※SCLT4シリーズを除く)、
信号名
パラレル
位置決め完了
(PFIN)、原点復帰完了
(ZFIN)、
ゾーン信号(ZONE)、
アラーム
(ALM)
出力信号 出力電流
最大30mA/ポート
(メカシリンダはオープンコレクタ出力です)
シリアル信号
シリアルインターフェイス
(コネクタSIO)、+5V、0V、S+、S−
過速度、主電源過電圧、
回生電圧異常、過負荷、
センサ異常、
サーボ異常、
エンコーダ断線(SCLT4シリーズは除く)
保護機能
使用・保存温度
使用温度:0∼40℃ 保存温度:−20∼60℃
環境条件
使用・保存湿度
使用・保存湿度:≦90%RH 但し、結露なきこと
0.5
アンプ重量(kg)
※粉塵の多い場所、水滴等のかかる場所での使用はご遠慮下さい。注1)原点復帰動作をした場合、シリンダのストローク両端の原点出し用ウレタンゴム
(ショア90)を使用し、押し付け動作を行います。ゴムの経時変化
は最大0.05mm∼0.07mm/1∼2年程度と推測されます。従いまして、経時変化により、原点位置が最大0.05mm程度シフトする可能性が考えられますので、ユーザ様の使用方法によってはデータ補正等の処理が必要にな
る場合があります。注2)一方向からの位置決めとします。注3)負荷モーメント:ワーク
(m kg)がスライダ
(キャリヤ)部から張り出し
(L cm)て取り付けられた時に発生する負荷( 負荷モーメントの求め方( kgfcm ):m
( kg )×L( cm )< Mp 、My 、Mr )。実際は、3方向の負荷モーメント
( Mp 、My 、Mr)が複合でかかりますので、ご注意願います。
参考値
速度−推力特性
at 25˚C
30
S C LT4
1.2
0.7
1
0.6
時
間 0.8
(sec)
0.4
200
400
600
700
0.6
0.3
負荷質量: 1kg
0.2
負荷質量: 3kg
0.1
負荷質量: 5kg
0
50
速度(mm/sec)
at 25˚C
SC LT6
50
150
250
距離(mm)
350
450
0
SCLT6-025-600-B
20
150
250
距離(mm)
350
450
at 25˚C
2.5
SCLT6-050-600-B
2
時
間
(sec)
0.4
10
600
0
1
負荷質量: 4kg
負荷質量:10kg
0.2
400
負荷質量:10kg
50
1.5
時 0.8
間
(sec)0.6
200
負荷質量: 6kg
0.2
1
推 30
力
(kgf)
0
負荷質量: 2kg
0.4
at 25˚C
1.4
1.2
SCLT6-025
SCLT6-050
40
SCLT4-030-450-S
1.4
時
間 0.5
(sec)
10
at 25˚C
1.6
SCLT4-015-450-S
0.8
SCLT4-015
SCLT4-030
推
力
(kgf)
0
水平荷重−位置決め時間特性
at 25˚C
1
0.9
20
Mr
My
Mp
負荷質量: 6kg
0.5
負荷質量:18kg
負荷質量:16kg
100
200
速度(mm/sec)
21
300
400
距離(mm)
500
600
負荷質量:30kg
0
100
200
300
400
距離(mm)
500
600
SCLT4 外形図
SCLT4 / 6 構造図
※1 ボールリテーナ入りLMガイドSRS形
※2 潤滑装置QZ
LMレール
ACサーボモータ
密封ケース
LMブロック
ステンレスカバー
高含油ファイバーネット
ナット
ねじ軸
エンドプレート
直接転動溝へ塗布
エンドシール
スライダ
サイドシール
ボールねじにおける通常のグリース潤滑では、走行とともに微少の油が
損失していきます。潤滑装置 QZ を装着することにより長期にわたり損失
した油分を補い、メンテナンス間隔の大幅な延長ができます。
1.低騒音、好音質 2.長期メンテナンスフリー
3.高速性に優れ、長寿命 4.優れた潤動性
5.低発塵
ボールリテーナ入りLMガイドSRS形※1
SCLT4 外形図
(91)
2.環境に優しい潤滑システム
潤滑装置 QZ は、高密度ファイバーネットにより適切な箇所に適切な量
の油を供給するため、むだな油がなく、環境に優しい潤滑システムです。
L1
ST
L2
(79.5)座標原点
単位(mm)
29
10
93.5
10
10
2-長穴通し
長穴深サ6
裏面ヨリ
3H7
15±0.05
9
4-Ø3H7 深サ7.5
12
R5
4-Ø4.5 キリ通シ
9.5
5
36±0.1
26
28±0.05
4-M4 深サ7.5
28.5±0.1
Ø3H7深サ6
(裏面ヨリ)
上面ヨリØ4キリ通シ
6.5
4.5
キャリア部詳細
38
30
1.メンテナンス間隔の大幅な延長が可能
SRS 形は、ボールリテーナの採用によりボール同士の相互摩擦が解消
され、次の効果が得られます。
4.5
潤滑装置QZ※2
100
n x 100
36
ボールねじ
高密度ファイバーネット
オイルコントロールファイバーネット
潤滑油の流れ
ボール
ボールリテーナ
2×N-M4 深サ8
裏面ヨリ
19
42
32
26
81
D
(81)
(0.8)
25
25
45
20
D
14
24
45
IN
JAPAN
JAPAN
JAPAN
(キャリヤ面を上にしてモータ側から見て)
-S01
型式
-S02
-S03
シリーズ
ストローク
STLT4-***-050-S
STLT4-***-100-S
STLT4-***-150-S
STLT4-***-200-S
STLT4-***-250-S
STLT4-***-300-S
STLT4-***-350-S
SCLT4(ブレーキ付)外形図
50
100
150
200
250
300
350
L1
206
256
306
356
406
456
506
(133)
L2
n
151
201
251
301
351
401
451
32
26
RP9023-010
RP9023-030
RP9023-050
RP9023-100
IN
JAPAN
JAPAN
IN
MADE
Dyadic Systems Co.,Ltd.
MADE
IN
JAPAN
Dyadic Systems Co.,Ltd.
MODEL RCB0411-01
Dyadic Systems Co.,Ltd.
MODEL RCB0411-01
AC SERVO MOTOR
AC SERVO MOTOR
MODEL RCB0411-01
AC SERVO MOTOR
型式
キャリヤ
MADE
(キャリヤ面を上にしてモータ側から見て)
-SBR01
-SBR02
N
6
6
7
重量
2.2kg
2.3kg
2.4kg
12
10
4.5
6.5
5
36±0.1
28.5±0.1
100
n x 100
2 x N-M4 深サ8
裏面ヨリ
19
ブレーキング用電源ケーブル
81
D
25
D
14
24
45
キャリヤ
キャリヤ
n
5
5
6
(81)
(0.8)
ブレーキ用電源ケーブル型式
※モータ取付け方向の変更を受注生産にて対応しております。
その場合、型式末尾は下表の通りとなります。
モ
ー
タ
方
向
L2
501
551
601
25
45
※ブレーキ付仕様には下記ブレーキ用ケーブルが必要です。
1
3
5
10
L1
556
606
656
R5
20
長さ
(m)
400
450
500
550
600
700
2-長穴通シ
(300)
電源パラレルシリアル
ケーブル
ストローク
L1
ST
L2
長穴深サ6
裏面ヨリ
4.5
36
4-Ø4.5 キリ通シ
Ø3H7 深サ6(裏面ヨリ)
上面ヨリ 4Øキリ通シ
(200)
42
10
3H7
26
4-M4 深サ7.5
STLT4-***-400-S
STLT4-***-450-S
STLT4-***-500-S
STLT4-***-550-S
STLT4-***-600-S
STLT4-***-700-S
93.5
10
15±0.05
9
4-Ø3H7
深サ7.5
シリーズ
重量
1.5kg
1.6kg
1.7kg
1.8kg
1.9kg
2.0kg
2.1kg
29
キャリア部詳細
28±0.05
2
3
3
4
4
5
5
(79.5)座標原点
単位(mm)
38
30
N
1
2
2
3
3
4
4
9.5
MADE
IN
IN
MODEL RCB0411-01
Dyadic Systems Co.,Ltd.
MADE
MADE
Dyadic Systems Co.,Ltd.
MODEL RCB0411-01
Dyadic Systems Co.,Ltd.
AC SERVO MOTOR
MODEL RCB0411-01
AC SERVO MOTOR
キャリヤ
4.5
D-D 断面図
キャリヤ
キャリヤ
AC SERVO MOTOR
モ
ー
タ
方
向
36
※モータ取付け方向の変更を受注生産にて対応しております。
その場合、型式末尾は下表の通りとなります。
-SBR03
D-D 断面図
シリーズ
STLT4-***-050-SBR
STLT4-***-100-SBR
STLT4-***-150-SBR
STLT4-***-200-SBR
STLT4-***-250-SBR
STLT4-***-300-SBR
STLT4-***-350-SBR
ストローク
50
100
150
200
250
300
350
L1
206
256
306
356
406
456
506
L2
151
201
251
301
351
401
451
n
1
2
2
3
3
4
4
N
2
3
3
4
4
5
5
重量
1.8kg
1.9kg
2.0kg
2.1kg
2.2kg
2.3kg
2.4kg
シリーズ
STLT4-***-400-SBR
STLT4-***-450-SBR
STLT4-***-500-SBR
STLT4-***-550-SBR
STLT4-***-600-SBR
STLT4-***-700-SBR
ストローク
400
450
500
550
600
700
L1
556
606
656
L2
501
551
601
n
5
5
6
N
6
6
7
重量
2.5kg
2.6kg
2.7kg
CADデータ
(2D 、3D)
ダウンロード → www.dyadic.co.jp/jp/download_sclt4.html
22
SCLT6 外形図
SCLT6 外形図
※サーボアンプの外形図は P31 をご参照下さい。
単位(mm)
(69)
L1
ST
(91.5)座標原点
L2
35
キャリア部拡大図
60
50
4-Ø5.5
キリ通シ
4-M5 深サ10
12
12
7.5
2-長穴通シ
6
6
34±0.05
14
12
31±0.05
4-Ø3H7 深サ10
5.5
12
52
52
R6
R6
100
33
n x 100
2 x N-M5 深サ9
裏面ヨリ
50
39
31
110
D
25
D
(0.8)
32
35
60
23
42
64
D-D 断面図
シリーズ
※お客様でモータの取付方向の変更をしていただけます。
SCLT6(ブレーキ付)外形図
ストローク
STLT6-***-050-B
STLT6-***-100-B
STLT6-***-150-B
STLT6-***-200-B
STLT6-***-250-B
STLT6-***-300-B
STLT6-***-350-B
50
100
150
200
250
300
350
L1
237
287
337
387
437
487
537
L2
n
171
221
271
321
371
421
471
1
2
2
3
3
4
4
N
2
3
3
4
4
5
5
シリーズ
重量
STLT6-***-400-B
STLT6-***-450-B
STLT6-***-500-B
STLT6-***-550-B
STLT6-***-600-B
STLT6-***-700-B
2.4kg
2.6kg
2.8kg
3.0kg
3.2kg
3.4kg
3.6kg
ストローク
400
450
500
550
600
700
L1
L2
521
571
621
671
721
821
587
637
687
737
787
887
n
N
5
5
6
6
7
8
6
6
7
7
8
9
重量
3.8kg
4.0kg
4.2kg
4.5kg
4.7kg
5.1kg
※サーボアンプの外形図は P31 をご参照下さい。
単位(mm)
(108)
L1
ST
L2
(91.5)座標原点
35
キャリア部拡大図
4-M5 深サ10
12
7.5
2-長穴通シ
6
34±0.05
12
4-Ø 5.5
キリ通シ
31±0.05
R6
R6
4-Ø3H7 深サ10
5.5
12
52
60
50
14
12
100
2 x N-M5 深サ9
n x 100
モータ・エンコーダケーブル
33
裏面ヨリ
50
(700)
31
110
D
(0.8)
32
35
60
(82)
23
(300)
ブレーキ用電源ケーブル
39
※ブレーキ付仕様には下記ブレーキ用ケーブルが必要です。
長さ
(m)
ブレーキ用電源ケーブル型式
1
3
5
10
D-D 断面図
MADE
IN
JAPAN
JAPAN
IN
MADE
MADE
IN
JAPAN
Dyadic Systems Co.,Ltd.
MODEL RCB0411-01
Dyadic Systems Co.,Ltd.
Dyadic Systems Co.,Ltd.
AC SERVO MOTOR
MODEL RCB0411-01
AC SERVO MOTOR
キャリヤ
MODEL RCB0411-01
AC SERVO MOTOR
型式
キャリヤ
キャリヤ
(キャリヤ面を上にしてモータ側から見て)
-BBR01
-BBR02
D
42
64
RP9023-010
RP9023-030
RP9023-050
RP9023-100
※モータ取付け方向の変更を受注生産にて対応しております。
その場合、型式末尾は下表の通りとなります。
モ
ー
タ
方
向
25
-BBR03
シリーズ
STLT6-***-050-BBR
STLT6-***-100-B
STLT6-***-150-B
STLT6-***-200-B
STLT6-***-250-B
STLT6-***-300-B
STLT6-***-350-B
ストローク
50
100
150
200
250
300
350
L1
237
287
337
387
437
487
537
L2
171
221
271
321
371
421
471
n
1
2
2
3
3
4
4
N
2
3
3
4
4
5
5
重量
3.3kg
3.5kg
3.7kg
3.9kg
4.1kg
4.3kg
4.5kg
シリーズ
STLT6-***-400-BBR
STLT6-***-450-BBR
STLT6-***-500-BBR
STLT6-***-550-BBR
STLT6-***-600-BBR
STLT6-***-700-BBR
ストローク
400
450
500
550
600
700
L1
587
637
687
737
787
887
L2
521
571
621
671
721
821
n
5
5
6
6
7
8
N
6
6
7
7
8
9
重量
4.7kg
4.9kg
5.1kg
5.4kg
5.6kg
6.0kg
CADデータ
(2D 、3D)
ダウンロード → www.dyadic.co.jp/jp/download_sclt4.html
23
SCKR6
SCKR6
30kgf type
高剛性・長尺ロッドレスシリンダ
THK 社製 KR45H□□C 使用
最大可搬重量:30kg(水平方向)
負荷モーメント Mp:65Nm My:65Nm Mr:200Nm
SCKR6 - 025- □□□-
システム型式説明
シリーズ名
仕 様
最大推力 (kgf)
B
ストローク (mm) 空欄 : NPN
A: PNP
空欄 : 標準セット
-M: シリンダのみ
-A: サーボアンプのみ
B: 標準
SCKR6–025–□□□–B
システム型式
※□□□はストローク 1050mm: A50、1150mm:B50、1250mm:C50、1350mm:D50、1450mm:E50
250/350/450/550/650/750/850/950/1050/1150/1250/1350/1450
300/30
20
210/21
20(分解能:0.025mm)
600/600/600/600/600/600/600/600/510/430/370/310/270
±0.04 注1)、注2)
0.1以下
30
4
Mp=65/650、My=65/650、Mr=200/2000 注3)
16(但し、
シリアル接続時無制限)
DC24V±10%(動力電源 最大 3.0A、制御回路電源 最大 0.2A )
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)、軸移動インターロック
(ILK)
目標位置番号(4ビットバイナリ: PC1、PC2、PC4、PC8)、スタート
(CSTR)
最大4mA/ポート
(シンクタイプの出力回路と接続してください)
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)
、位置決め完了
(PFIN)
、原点復帰完了
(ZFIN)
、
ゾーン信号
(ZONE)
、アラーム
(ALM)
、完了位置番号
(4ビットバイナリ: PM1、PM2、PM4、PM8)
最大30mA/ポート
(メカシリンダはオープンコレクタ出力です)
シリアルインターフェイス
(コネクタSIO)、+5V、5G、TRx+、TRx過速度、主電源過電圧、
回生電圧異常、過負荷、
センサ異常、
サーボ異常、
エンコーダ断線
使用温度:0∼40℃ 保存温度:−20∼60℃
使用・保存湿度:≦90%RH 但し、結露なきこと
6.6/7.7/8.7/9.9/11/12.1/13.2/14.3/15.4/16.5/17.6/18.7/19.8
0.5
ストローク
(mm)
(kgf)
/
:typ値
最大推力
(N)
電源投入時(垂直使用)最大可搬荷重(N)
(
/ kgf)
押付モード時最大推力
(N)
(kgf)
/
:typ値
ネジリード
(mm)
:typ値 at25℃
最大速度(mm/s)
繰返し位置決め精度
(mm)
ロストモーション
(mm)
水平方向最大可搬重量
(kg)
垂直方向最大可搬重量
(kg)
許容負荷モーメント(Nm)/
(kgfcm)
位置決め点数
電源
パラレル 信号名
入力信号
入力電流
入 / 出力信号
パラレル 信号名
出力信号
出力電流
シリアル信号
保護機能
環境条件
温度
湿度
重量(kg)
アンプ重量(kg)
推力 - 速度特性
SCKR6-025
30
推
力 20
(kgf)
10
0
200
400
600
速度(mm/sec)
※粉塵の多い場所、水滴等のかかる場所での使用はご遠慮下さい。注1)原点復帰動作をした場合、シリンダのストローク両端の原点出し用ウレタンゴム
(ショア90)を使用し、押し付け動作を行います。ゴムの経時変化
は最大0.05mm∼0.07mm/1∼2年程度と推測されます。従いまして、経時変化により、原点位置が最大0.05mm程度シフトする可能性が考えられますので、ユーザ様の使用方法によってはデータ補正等の処理が必要にな
る場合があります。注2)一方向からの位置決めとします。注3)負荷モーメント:ワーク
(m kg)がスライダ
(キャリヤ)部から張り出し
(L cm)て取り付けられた時に発生する負荷( 負荷モーメントの求め方( kgfcm ):m
( kg )×L( cm )< Mp 、My 、Mr )。実際は、3方向の負荷モーメント
( Mp 、My 、Mr)が複合でかかりますので、ご注意願います。
SCKR6 外形図
Mr
My
Mp
※サーボアンプの外形図は P31 をご参照下さい。
単位(mm)
型番
SCKR6-025-250
SCKR6-025-350
SCKR6-025-450
SCKR6-025-550
SCKR6-025-650
SCKR6-025-750
SCKR6-025-850
ストローク
248mm
348mm
448mm
548mm
648mm
748mm
848mm
L
440
540
640
740
840
940
1040
n
3
4
5
6
7
8
9
型番
SCKR6-025-950
SCKR6-025-A50
SCKR6-025-B50
SCKR6-025-C50
SCKR6-025-D50
SCKR6-025-E50
ストローク
948mm
1048mm
1148mm
1248mm
1348mm
1448mm
L
1140
1240
1340
1440
1540
1640
n
10
11
12
13
14
15
CADデータ
(2D 、3D)
ダウンロード → www.dyadic.co.jp/jp/download_sckr6.html
24
SCLL7
SCLL7
15kgf type
長尺、高速送りが可能なベルト駆動式ロッドレスシリンダ
システム型式説明
S C L L 7 - 015 - □□□□シリーズ名
仕 様
システム型式 ※□□□□はストローク 1000mmは1000
最大推力 (kgf)
ストローク (mm)
B01
空欄 : 標準
-M: シリンダのみ
-A: サーボアンプのみ
空欄 : NPN B01: 標準
B02: モータ取り付け位置逆仕様
A: PNP
SCLL7–015–□□□□–B01
1000∼5100
150/15
9
140/14.2
900
±0.5 注2)
1
20
Mp=2, My=0.3, Mr=0.1 注3)
150以下 注4)
16(但し、
シリアル接続時無制限)
DC24V±10%(動力電源 最大 3.0A、制御回路電源 最大 0.2A )
納品後3年、又は1万km(但し、仕様範囲内での使用を前提とする)
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)、軸移動インターロック
(ILK)
パラレル 信号名
目標位置番号(4ビットバイナリ: PC1、PC2、PC4、PC8)、スタート
(CSTR)
入力信号
入力電流
最大4mA/ポート
(シンクタイプの出力回路と接続してください)
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)
、位置決め完了
(PFIN)
、原点復帰完了
(ZFIN)
、
入 / 出力信号
パラレル 信号名
ゾーン信号
(ZONE)
、アラーム
(ALM)
、完了位置番号
(4ビットバイナリ: PM1、PM2、PM4、PM8)
出力信号
出力電流
最大30mA/ポート
(メカシリンダはオープンコレクタ出力です)
シリアル信号
シリアルインターフェイス
(コネクタSIO)、+5V、0V、S+、S−
過速度、主電源過電圧、
回生電圧異常、過負荷、
センサ異常、
サーボ異常、
エンコーダ断線
保護機能
温度
使用温度:0∼40℃ 保存温度:−20∼60℃
環境条件
湿度
使用・保存湿度:≦90%RH 但し、結露なきこと
基本重量
2.4
重量(kg)※
ストローク100mmあたりの重量(kg)
0.32
0.5
アンプ重量(kg)
ストローク
(mm)
(kgf)
/
:typ値
最大推力
(N)
電源投入時(垂直使用)最大可搬質量(kgf)
押付モード時最大推力
(N)
(kgf)
/
:typ値
:typ値 at25℃
最大速度(mm/s)
繰返し位置決め精度
(mm)
ロストモーション
(mm)
水平方向最大可搬重量
(kg)
許容負荷モーメント
(kgfm)
張出負荷長(mm)
位置決め点数
電源
寿命保証
速度 - 推力特性
15
推 10
力
(kgf)
5
0
200
400
600
800 900
速度(mm/sec)
注意:推力印加点は取り付け面位置とする
※粉塵の多い場所、水滴等のかかる場所での使用はご遠慮下さい。注2)一方向からの位置決めとします。注3)負荷モーメント:ワーク
(m kg)がスライダ
(キャリヤ)
部から張り出し
(L cm)て取り付けられた時に発生する負荷( 負荷モーメントの求め方( kgfcm ):m( kg )×L( cm )< Mp 、My 、Mr )。実際は、3方向
の負荷モーメント
( Mp 、My 、Mr)が複合でかかりますので、ご注意願います。注4)張出負荷長:ワークがスライダ
(キャリア)部から張り出せる許容長さです。
Mr
My
Mp
ストローク
※シリンダ重量 = 基本重量 + ― * ストローク100mm当たりの重量
100
※外部ガイドとの併用も考えております。従いまして、キャリヤーにガタを持たせてあります。
SCLL7 外形図
※サーボアンプの外形図は P31 をご参照下さい。
図1
※モータ取付け方向の変更を受注生産にて対応しております。
その場合、型式末尾は下表の通りとなります。
単位(mm)
モ
ー
タ
方
向
キャリヤ
モーター
-B01
型式
図1
モーター
キャリヤ
-B02
構 造 図
ランナー
ベルトに固定されてプロファイル内を移動
(ベルトのテンション調整が容易に可能)
ステンレスバンド
表面を覆っているため防塵性が高く IP40 の
保護仕様
プロファイル
アルミ押出し材採用で軽量かつ高剛性
ベアリング
深溝玉軸受けとプーリーの組合せで滑らかな
動作を実現
歯付きベルト
ファイバーグラス芯線入りで高強度
かつ伸びが少ない構造
カップリングカバー
プロファイル断面図
CADデータ
(2D 、3D)
ダウンロード → www.dyadic.co.jp/jp/download_scll7.html
25
New R シリーズ
AC サーボモータ New
R シリーズ
20W type 50W type 60W type 90W type 100W type
RCB0411を除く
位置決め・搬送用途向け AC サーボモータ
ダイアディックシステムズ
サーボモータ
速
度
メカシリンダと同様に簡単に設定ができます。
ON/OFF 信号で任意 16 点の位置決めが出来ます。
時間
標準サーボモータ仕様
システム型式
モータ型式
アンプ型式
出力
(LBモータ相当値)
(W)
注1)
最高回転数
(r/min)
最大トルク
(N·m/kg
f·cm)
ローターイナーシャ
(kg·m2)
許容最大負荷イナーシャ限界
(kg·㎡)
許容摩擦負荷
(N·m)
許容アンバランス負荷(Nm)注2)
許容ラジアル荷重(N
(kgf)
)
許容スラスト荷重
(N
(kgf)
)
位置速度検出器
アンプ /モーター重量(g)
New R シリーズは、ご使用前に初期設定ソフト MVST にて初期設定が必要です。 P7、8 参照
RSA0211
RMJ0211
RAD0211
20
4500
0.11/1.1
0.018 × 10-4
0.03
0.03
4.9(0.5)以下
約400/250
RCB0411
RSA0411
RSA0611
RMJ0411
RMJ0611
モータ/アンプ一体型
RAD0111
RAD0311
50
50
90
4500
4500
4500
0.3/3.1
0.6/6.1
0.3/3.1
0.076 × 10-4
0.115 × 10-4
0.076 × 10-4
「回転数 − 許容最大イナーシャ」
のグラフを参照
0.083
0.083
0.229
0.075
0.229
0.075
19.6(2)以下
9.8(1)以下
インクリメンタルエンコーダ 200 P/R(4逓倍800P/R)
約400/500
約400/650
約550(モータ含む)
RSA0911
RSA1211-0101
0.36
0.36
49(5)以下
19.6(2)以下
0.5
0.5
約400/850
約400/1200
RMJ0911
RAD1311
60
3500
0.9/9.2
0.118 × 10-4
RMJ1211-01
RAD2311-01
100
4500
1.2/12.2
0.269 × 10-4
ギア付きサーボモータ仕様
システム型式
モータ型式
アンプ型式
最高回転数
(r/min)
減速比
最大トルク
(N·m/kg
f·cm)
ローターイナーシャ
(kg·m2)
許容ラジアル荷重(N
(kgf)
)
注2)
許容スラスト荷重
(N
(kgf)
)
位置速度検出器
(インクリメンタルエンコーダ)
バックラッシュ(min)
アンプ /モーター重量(g)
RSA0611-G1
RSA0611-G2
RMJ0611-G1
RAD0311
600
1/5
1.5/15.3
RMJ0611-G2
RAD0311
300
1/10
2.5/25.5
0.14 × 10-4
49(5)以下
29.4(3)以下
1000P/R(4逓倍 4000P/R)
120
400/900
高精度ギア付きサーボモータ仕様
システム型式
RSA0211-G5-10-0101 RCB0411-G5-06-02 RSA0411-G5-06-0201 RSA0611-G5-05-0201 RSA1211-G5-05-0201
RMJ0211-G5-10-01
RMJ0411-G5-06-02
RMJ0611-G5-05-02
RMJ1211-G5-05-02
モータ型式
モータ/アンプ一体型
RAD0211-01
RAD0111-01
RAD0311-01
RAD2311-01
アンプ型式
800
450
750
800
750
最高回転数
(r/min)
1/10
1/6
1/5.6
1/5.6
1/6
減速比
1.4/14.3
0.8/8.2
1.4/14.3
4.8/48.9
2.6/26.5
最大トルク
(N·m/kg
f·cm)
0.078 × 10-4
0.018 × 10-4
0.078 × 10-4
0.289 × 10-4
0.135 × 10-4
ローターイナーシャ
(kg·m2)
49以下
118以下
294以下
294以下
118以下
許容ラジアル荷重(N
(kgf)
)
注2)
24.5以下
59以下
147以下
147以下
59以下
許容スラスト荷重
(N
(kgf)
)
位置速度検出器
(インクリメンタルエンコーダ) 2000P/R(4逓倍 8000P/R) 1200P/R(4逓倍 4800P/R) 1200P/R(4逓倍 4800P/R) 1120P/R(4逓倍 4480P/R) 1120P/R(4逓倍 4480P/R)
30
60
30
48
48
バックラッシュ(min)
400/350
400/850
400/1000
400/2000
900(モータ含む)
アンプ /モーター重量(g)
全モータ共通電気仕様
サーボモータ全シリーズ
システム型式
位置決め点数
電源
16(但し、
シリアル接続時無制限)
DC24V±10%(動力電源 最大 3.0A〔※RSA0211、RCB0411、RSA0411、RSA0211-G5、RCB0411-G5、RSA0411-G5は2.0A〕 制御回路電源 最大 0.2A)
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)、+/-方向回転禁止(INH+、INH-)、
パラレル 信号名
目標位置番号(4ビットバイナリ: PC1、PC2、PC4、PC8)、スタート
(CSTR)、軸移動インターロック
(ILK)
入力信号
入力電流
最大4mA/ポート
(シンクタイプの出力回路と接続してください)
DC24V系 DI/DOインターフェース
(コネクタPIO)、位置決め完了
(PFIN)、原点復帰完了
(ZFIN)、
ゾーン信号(ZONE)、アラーム
(ALM)、
入 / 出力信号
パラレル 信号名
完了位置番号(4ビットバイナリ: PM1、PM2、PM4、PM8※但しRCB0411、RCB0411-G5には完了位置番号はありません。)
出力信号
出力電流
最大30mA/ポート
(メカシリンダはオープンコレクタ出力です)
シリアル信号
シリアルインターフェイス
(コネクタSIO)、+5V、0V、S+、S−
バンクデータエラー、エンコーダ停止判定エラー、エンコーダカウンタ異常、原点出し時の設定スピードオーバー、E2PROMチェックサムエラー、
保護機能
過速度、暴走、動力電源過電圧、回生電圧異常、偏差カウンタ異常、過負荷、
エンコーダ断線(A・B共、Aのみ、Bのみ)※RCB0411、RCB0411-G5にはエンコーダ断線機能はありません。
RDY: ready、ALM: alarm
使用温度:0∼40°
C 保存温度:−20∼60̊C
温度
LED表示(RCB0411、
RCB0411-G5を除く)
ベースマウント
環境条件
90%RH以下 ※但し、結露なきこと
湿度
アンプ構造(RCB0411、
RCB0411-G5を除く)
E 種 ※RSA0211 は B 種
2.5G/10G(2回)
耐振 / 耐衝撃 注3)
モータ絶縁階級
IP-40
フランジ取付
モータ取付方法
モータ保護形式
注1)Max.1000r/minの三角駆動時の値。注2)ラジアル荷重の印加点は、軸端から10mm内側の位置とします。※使用条件として正転、逆転を繰り返す用途、急加速、急減速を繰り返す用
途につきましてはご相談下さい。注3)モータの耐振動 /耐衝撃については、サーボモータの軸を水平に取り付けた場合です。尚、耐衝撃の値は上下方向に加わった場合です。
26
サーボモータ特性 / 外形図
速度 - トルク特性
20
1.2
1.0
18
0.1
ト
ル0.05
ク
(N·m)
RMJ0211
RSA1211
許14
容
イ12
ナ10
�
シ8
�
RMJ0911
RMJ0611
0.4
6
4
0.2
RMJ0411
RCB0411
0
1000
2000
3000
4000
0
2000
3000
4000 4500
0
RMJ0911
RMJ0611
RMJ0411
RCB0411
RMJ0211
1000
回転数(r/min)
2000
3000
4000
回転数(r/min)
RMJ1211-G5-05-02
3.0
1.5
ト
ル 1.0
ク
(N·m)
RMJ0611-G1
RMJ0611-G2
ト
ル 2.0
ク
(N·m)
RMJ0211-G5-10-01
ト
ル
ク
(N·m)
ト
ル
ク
(N·m)
RCB0411-G5-06-01/-02
RMJ0411-G5-06-01/-02
1.0
0.5
0
2
1000
回転数(r/min)
RSA1211
16
0.8
ト
ル
ク 0.6
(N·m)
( ×10-4kg·m2 )
ト
ル
ク
(N·m)
RMJ0611-G5-05-02
0
200
400
600
回転数(r/min)
RSA0211
100
200
300
回転数(r/min)
回転数(r/min)
※サーボアンプ外形図:P31 参照
単位(mm)
回転数(r/min)
回転数(r/min)
RCB0411
※モータ / アンプ一体型
RSA 0611/0911/1211
※サーボアンプ外形図:P31 参照
単位(mm)
モータ・エンコーダケーブル
4-M2.6
深さ MIN 3
※サーボアンプ外形図:P31 参照
単位(mm)
単位(mm)
(700)
(33)
モータ・エンコーダ
ケーブル
(37.2)
15 ±0.2
0
φ8 -0.02
ケーブル長さ: 700mm
(L1)
1.6
4-φ4.5穴
φ38.1±0.03
(5)
4-M3×0.5
深さ MIN4
47.14 ±0.2
(56)
77.1
RSA0411
0
7 -0.1
20.6
±0.5
47.14 ±0.2
(56)
RMJ0611
RMJ0911
RMJ1211
L1
61
73
95
CADデータ
(2D 、3D)
ダウンロード → www.dyadic.co.jp/jp/download_newr.html
27
サーボモータ外形図
RSA0611-G1/G2
RSA0211-G5-10-0101
※サーボアンプ外形図:P31 参照
単位(mm)
※サーボアンプ外形図:P31 参照
単位(mm)
モータ・エンコーダケーブル
4-M4 × 0.7
有効深さ 10 以上
4-M3
深さ MIN4
付属品:キー
断面 A-A
尺度 2:1
RCB0411-G5-06-02
RSA0411-G5-06-0201
※モータ / アンプ一体型
単位(mm)
※サーボアンプ外形図:P31 参照
単位(mm)
付属品キー
JIS B 1301 準拠
モータ/エンコーダケーブル
付属品キー
JIS B 1301 準拠
ケーブル長さ: 700mm
4-M4
深さ MIN4
4-M4
深さ MIN7
断面 A-A
尺度 2:1
断面 A-A
尺度 2:1
※シャフトDカット仕様については、受注生産にて対応させて頂きます。
RSA0611-G5-05-0201
※シャフトDカット仕様については、受注生産にて対応させて頂きます。
RSA1211-G5-05-0201
※サーボアンプ外形図:P31 参照
単位(mm)
※サーボアンプ外形図:P31 参照
単位(mm)
付属品キー
JIS B 1301 準拠
付属品キー
JIS B 1301 準拠
4-M5
深さ MIN7
4-M5
深さ MIN7
断面 A-A
尺度 2:1
断面 A-A
Scale 2:1
CADデータ
(2D 、3D)
ダウンロード → www.dyadic.co.jp/jp/download_newr.html
28
動作アプリケーション
動作アプリケーション
エアーシリンダよりシンプル
位置決め動作
各ポジション毎に位置、速度、加速度等を設定できます。
A
スピードコントローラ
サイレンサ
電磁弁
R1
A
エ
ア
ー
供
給
P
フィルタ
R2
B
A
B
プログラム
された速度
B
エ
ア
ー
シ
リ
ン
ダ
SW-A
オート
スイッチ
SW-B
ルプリケータ
エアシリンダに
比べ、システム
が非常にシンプ
ルです。
加速
速
度
減速
減速
加速
時間
停止状態
原点方向変更
押付動作
力
(最大推力の何%)
を入力すれば、押付動作を利用できます。
前進端又は、後退端を選択する。
後
退
端
原
点
プログラム
された速度
前
進
端
原
点
加速
減速
速
度
時間
ワーク
停止状態
停 押付動作
止
位
置
ピッチ送り動作
加減速の設定
原点からの座標値で位置決め動作を行う他に、現在のポジションを起点に、
指定した距離を繰返し移動させることができます。繰返し移動量を指示するこ
とで、16点以上の等ピッチ間隔での位置決めが可能です。
メカシリンダ、
サーボモータの加速と減速の設定変更は、各ポイントデータ毎に
設定可能です。通常は出荷時の設定値で問題ありませんが、変更することに
より加速・減速時間を変更することができます。又、
「加速のみ最大加速度」
に設定することにより、急加速・緩減速が可能になります。
プログラム
された速度
プログラム
された速度
減速
加速
速
度
減速
加速
速
度
時間
時間
停止状態
負荷に応じた最大加速度
減速は加速度設定値
速度変更
急停止入力
位置決め完了検出信号
(PFIN)
の幅を広げ、信号を事前に検出し、次のポジ
ションを指定することにより、移動中の速度を連続的に可変することが可能で
す。
急停止入力
(ILK)
が切れると緊急停止します。
設定により緊急停止入力がつながると残りの移動を再開する場合と、再開し
ない場合の選択が可能です。
200mm/sec
ON
緊急停止入力
OFF
150mm/sec
100mm/sec
速
度
時間
ポジション 1 ポジション 2
完了検出幅 完了検出幅
ポジション番号
加速
時間
ポジション 3
完了検出幅
停止状態
ゾーン信号出力
取付金具
移動中、任意の位置
(範囲はパラメータで設定)
で信号を出力することが可能
な為、危険エリアの設定、及び圧入時の定位置管理等にご使用いただけま
す。
SCN5、SCN6用の取付金具をご用意しています。
ゾーン信号出力 ON
OFF
速
度
加速
速
度
停止状態
加速
減速
時間
停止状態
ゾーン信号出力設定範囲
29
減速
導入事例
導入事例
ガイドレール幅の変更
小型基板/トレイのローダ/アンローダ
プレート位置の変更
複数のメカシリンダは大きなプレートを持ち上げれます。
ガイドレール幅変更
Part #1
Part #2
Part #3
センサ位置の変更
巻線機の巻線送り
充填ノズル位置決め
液体
ワークの多品種に対
応する為の透 過 型
センサの位置調整
ノズルの動き
液体注入
ボトルガイド高さの変更
定量注入が効率よく可能です。
ボトルガイドの高さをプログラムされた所定の位置に動かすことができます。
押付け機
押付動作と点検
② 設定された力で押付
④ 高速リターン
③ 完了信号、ゾーン信号出力
ON
OFF
① ワークの直前まで高速移動
1
2
4
3
上部ガイドの高さ調整
加工物の寸法検査
加工物の加工誤差範囲をゾーン信号に設定すれば、加工物の検査が可能です。
ゾーン信号: ON⇒加工精度OK
押付動作(加工物保持)
ゾーン信号: OFF⇒加工精度NG
寸法公差
ゾーン信号設定領域
出力: ON
ゾーン信号出力
出力: OFF
30
大
缶
中
缶
小
缶
小
缶
小
缶
小
缶
小
缶
位
置
決
め
完
了
信
号
出
力
ON
OFF
ゾ
ー
ン
信
号
出
力
圧入の合否判定が可能です。
周辺部品外形図
サーボアンプ外形図(全シリーズ共通)
単位(mm)
(35)
31.7
モータ・エンコーダケーブル
1.0
142.0
122.0
(300)
84.0
132.5
13.0
(300)
2.0
3.5
電源パラレルコネクタ
26.0
シリアルコネクタ
RSA232C/485 変換機 ADP-1 外形図
コネクタ変換機 ADP-2-4 外形図
単位(mm)
単位(mm)
注)
CN2∼5の内、必ず1本はCN2に接続してください。 注)
CN3、CN4、CN5には+5Vは接続されていません。
ご注意願います。
SCN シリーズ フート金具外形図
SCN5用フート金具 FT001
SCN6用フート金具 FT002
(28)
(25)
40
7.5
25
15
30
18
7.5
7.5
13
φ3.5
(2ヶ所)
3.2
9
(30)
58
反ロッド側フート金具
回生ユニット REG-1024 外形図
3.2
5.5
5.5
18
ロッド側フート金具
2-M5 P0.8
40
5.5
20
25
2-5.5穴
22
4.5
20.5
25.5
15
1.6
15
20
20
3.2
9.5
34
6.5
9
25
47
18
8.5
R1
φ3.5
R1
6
13
(30)
14
7
28
21
29
30
3.2
(25.5)
44
2-M5 P0.8
48
5
(39)
23.5
4.5
単位(mm)
ロッド側取付けはシリンダのフランジ部、φ5.5穴の下2ヶ所に付属のネジで取付けて下さい。
反ロッド側取付けはシリンダの後ろカバー部、2ヶ所の穴に付属のネジで取付けて下さい。
58
ロッド側フート金具
反ロッド側フート金具
本回生ユニットは、アンプの外側に設置し、アンプ内部バス電圧の上昇を検出し、回生電流を
消費し、電圧上昇を押えます。
単位(mm)
外形図
外部接続図
24V
24V電源 0V
1(Y)
2(X)
3(P)
4(N)
5(TH1)
6(TH2)
アンプ
24V動力
0V動力
24V制御
0V制御
1(赤)
2(黒)
3(黄)
4(白)
内部バス電圧
23(茶)
端子番号
信号名
内容
1
Y
2
X
外付け回生抵抗が必要な場合に、X、Y端子間に外付け回生抵抗を
接続します。
3
P
アンプ内部バス電圧を接続します。
4
N
0Vに接続します。
5
TH1
6
TH2
高温異常時出力。
正常時は、ショート。高温異常にオープンとなります。
最大ON/OFF電圧:30VDC、最大ON/OFF電流:0.1ADC
回生ユニット
1
2 Y
3 X
4 P
N
5
6 TH1
TH2
パラレル接続ケーブル
RP9120
コントローラ / ゲートウェイ外形図
単位(mm)
CTC-67
CTC-77 / ADP-77
148
39
10
4
CN1
98
CN2
CN4
ALM
R UN
R DY
78
CN5
CN3
4
5
158
CADデータ
(2D 、3D)
ダウンロード → www.dyadic.co.jp/jp/download_more_fig.html
31
取り付けと機構周りについて / タグ配線システム
ロッドタイプメカシリンダの取り付けと機構周りについて
・ロッドには横方向からの荷重がかからないようにして下さい。
もし横方向からの荷重がかかる場合はガイドを使用して下さい。
・ロッドと負荷との取り付け精度は全ストローク範囲において、0.1mm 以内の平行度、傾きにして下さい。
取り付け誤差が大きい場合は製品寿命に影響を与えます。
・メカシリンダに使用しているケーブルは耐屈曲用のケーブルではありません。
耐屈曲用ケーブルが必要な場合はご相談下さい。
・ロッド先端のナットの締め付けトルクは規定値で行って下さい。
(過大のトルクで行った場合は、破損の可能性があります)
SCN5:25kg・cm、SCN6:45kg・cm
・防塵・防滴タイプでも、切削油等のミストや微細な粉塵が充満している環境下でのご使用はご遠慮下さい。
・クリーンルーム対応についてはご相談下さい。
タグ配線システム
ダイアディックシステムズの製品は、配線作業がとても簡単にできます。
全てのケーブル端に 識別用タグを付けています .
配線は、同色の と を合わせるだけ!
識別タグ一例
RP9041-***
E イチ キョウジ ソウサ
-00030.000 mm
RP9040-***
RP9050-***
CTA-23
RP9120-***
SCN5
RP9050-***
アンプ
RP9120-***
SCN6
RP9050-***
RP9135-***
アンプ
RP9120-***
New R シリーズ
RP9050-***
アンプ
RP9120-***
SCLG6
RP9050-***
RP9120-***
SCLT4
32
ケーブル詳細
① I/O 制御用 パラレル接続ケーブル (PLC で I/O 制御する場合やスイッチで動作させる場合に使用するケーブル)
パラレル接続ケーブル 「サーボアンプ一体型 SCN5」専用
RP9100-***
PIN No.
※ SCN5-010S-□□□-B は、RP9120-*** を選定
外部接続図
+24V :
電
源
入
力
0
電
源
入
力
V:
FG : フ レ ー ム グ ラ ン ド
P C 1:目標位置番号入力
P C 2:目標位置番号入力
P C 4:目標位置番号入力
P C 8:目標位置番号入力
1
2
13
14
赤
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
黒
緑
赤
黄
青
橙
黒
白
白
緑
茶
灰
薄
緑
14
CSTR :移動指令ストローブ入力
I L K : 移 動インターロック入力
13
2
PFIN : 位 置 決 め 完 了 出 力
ココ
1
A L M: ア ラ ー ム 出 力
ZONE : ゾ ー ン 信 号 出 力
PLC
24V
ZFIN : 原 点 復 帰 完 了 出 力
電 源
シリアル信号で
動作時に使用
PIN No.
信号名
ケーブル色
1
+24V
赤
S +
:シリア ル 信 号 入 / 出 力
S -
:シリア ル 信 号 入 / 出 力
+5V
: 周 辺 機 器 用 電 源
0 V
: 周 辺 機 器 用 電 源
13
FG
緑
2
0V
黒
14
FG
白
3
PC1
黒
サーボアンプ一体型 SCN5
三角マーク
シリンダ側コネクタへ
4
PC2
白
5
PC4
赤
6
PC8
緑
7
CSTR
黄
8
ILK
茶
9
PFIN
青
10
ZFIN
灰
ケーブル部仕上外形
電源側:φ5.9 信号側:φ8.0
コネクタ型番(ヒロセ電機製)
プラグ:DF1B-14DES-2.5RC ピン:DF1B-2022SC(AWG22∼20) DF1B-2428SC(AWG26∼24)
11
ZONE
橙
12
ALM
薄緑
11
ZONE
紫
12
ALM
橙
可動用パラレル接続ケーブル 「サーボアンプ一体型 SCN5」専用
RP9100-***R ※ SCN5-010S-□□□-B は、RP9120-***R を選定
PIN No.
信号名
ケーブル色
1
+24V
赤
14
FG
白
13
FG
緑 白
2
0V
黒
3
PC1
青
4
PC2
白
5
PC4
黄
6
PC8
茶
7
CSTR
緑
ケーブル部仕上外形
電源側:φ6.9 信号側:φ8.7
コネクタ型番(ヒロセ電機製)
プラグ:DF1B-14DES-2.5RC ピン:DF1B-2022SC(AWG22∼20)
8
ILK
黒
9
PFIN
赤
PIN No.
RP9120-***
※ SCN5-010S-□□□-B には、このケーブルを選定
+ 2 4 V :主回路(動力)電源入力
0
V :主回路(動力)電源入力
+24V : 制 御 回 路 電 源 入 力
0
RP9100-010
屈曲半径:70mm 以上
パラレル接続ケーブル 「サーボアンプ一体型 SCN5」以外用
外部接続図
10
ZFIN
灰
V:制御回路電源入力
VBUS : 内 部 バ ス 電 圧
FG : フ レ ー ム グ ラ ン ド
P C 1:目標位置番号入力
P C 2:目標位置番号入力
P C 4:目標位置番号入力
P C 8:目標位置番号入力
CSTR :移動指令ストローブ入力
1
2
3
4
23
24
赤
5
6
7
8
9
10
11
12
19
22
21
20
15
16
17
18
黒
黄
茶
赤
黄
青
空
黒
白
緑
白
緑
茶
紫
ココ
/黒
/黒 濃
白
灰
草
赤
PLC
アンプ
茶
桃
24V
「サーボアンプ一体型 SCN5」
以外の機種
橙
電 源
I L K : 移 動インターロック入力
24
PFIN : 位 置 決 め 完 了 出 力
A L M: ア ラ ー ム 出 力
ZONE : ゾ ー ン 信 号 出 力
23
ZFIN : 原 点 復 帰 完 了 出 力
2
PM1:現在位置番号出力
1
PM2:現在位置番号出力
PM4:現在位置番号出力
PM8:現在位置番号出力
シリアル信号で
動作時に使用
PIN No.
信号名
ケーブル色
1
+24V
赤
2
0V
黒
3
+24V
黄
S +
:シリア ル 信 号 入 / 出 力
S -
:シリア ル 信 号 入 / 出 力
+5V
: 周 辺 機 器 用 電 源
0 V
: 周 辺 機 器 用 電 源
4
0V
白
23
VBUS
茶
24
FG
緑
三角マーク
シリンダ側コネクタへ
RP9120-010
5
PC1
黒
6
PC2
白
7
PC4
赤
8
9
10
11
PC8 CSTR INH+ INH茶
緑
黄
青
12
ILK
紫
ケーブル部仕上外形
電源側:φ7.3 信号側:φ9.2
コネクタ型番(ヒロセ電機製)
プラグ:DF1B-24DES-2.5RC ピン:DF1B-2022SC(AWG22∼20) DF1B-2428SC(AWG26∼24)
15
PM1
灰
16
PM2
桃
17
PM4
草
16
PM2
橙
17
PM4
青
22
21
18
19
20
PM8 PFIN ZFIN ZONE ALM
橙
空
濃茶 白 黒 赤 黒
可動用パラレル接続ケーブル 「サーボアンプ一体型 SCN5」以外用
RP9120-***R ※ SCN5-010S-□□□-B には、このケーブルを選定
PIN No.
信号名
ケーブル色
1
+24V
1
2
0V
2
3
+24V
3
4
0V
4
23
VBUS
5
対
24
FG
6
5
PC1
青
6
PC2
白
7
PC4
黄
対
対
8
9
10
11
PC8 CSTR INH+ INH黒
茶
緑
赤
ケーブル部仕上外形
電源側:φ8.3 信号側:φ11
コネクタ型番(ヒロセ電機製)
プラグ:DF1B-14DES-2.5RC ピン:DF1B-2022SC(AWG22∼20)
33
対
対
12
ILK
灰
屈曲半径:85mm 以上
15
PM1
紫
対
対
対
21
22
18
19
20
PM8 PFIN ZFIN ZONE ALM
茶
黄
灰
黒
緑
※ ケーブル色の欄が数字のものは、
その数字がケーブルに印字されています。
※ 同色の線がありますが、表の
「対」
になっている色で識別して下さい。
ケーブル詳細
⑨ シリアル通信用 パラレル接続ケーブル PLC でシリアル通信や CTC 制御する場合に使用するパラレルケーブル
シリアル通信用パラレル接続ケーブル 「サーボアンプ一体型 SCN5」専用
RP9103-*** ココ
※ SCN5-010S-□□□-B は、RP9123-*** を選定
PIN No.
信号名
ケーブル色
1
+24V
赤
8
ILK
白
2
0V
黒
9
PFIN
黄
14
FG
緑
12
ALM
茶
PLC
24V
電 源
サーボアンプ一体型 SCN5
ケーブル部仕上外形
φ7.3
コネクタ型番(ヒロセ電機製)
プラグ部:DF1B-14DES-2.5RC ピン部:AWG20(6本)
可動用シリアル通信用パラレル接続ケーブル 「サーボアンプ一体型 SCN5」専用
RP9103-***R ※ SCN5-010S-□□□-B は、RP9123-***R を選定
PIN No.
信号名
ケーブル色
1
+24V
1
8
ILK
3
2
0V
2
9
PFIN
4
12
ALM
5
14
FG
緑
その数字がケーブルに印字されています。
黄 ※ ケーブル色の欄が数字のものは、
ケーブル部仕上外形
φ9
コネクタ型番(ヒロセ電機製)
プラグ部:DF1B-14DES-2.5RC ピン部:AWG20、22時
屈曲半径:70mm 以上
RP9103-010
シリアル通信用パラレル接続ケーブル 「サーボアンプ一体型 SCN5」以外の機種用
RP9123-*** ココ
※ SCN5-010S-□□□-B には、このケーブルを選定
PIN No.
信号名
ケーブル色
1
+24V
赤
2
0V
黒
3
+24V
黄
4
0V
白
10
INH+
青
11
INH灰
12
ILK
茶
19
PFIN
橙
ケーブル部仕上外形
φ9.1
コネクタ型番(ヒロセ電機製)
プラグ部:DF1B-24DES-2.5RC ピン部:AWG20(10本)
22
ALM
空
アンプ
24
FG
緑
24V
「サーボアンプ一体型 SCN5」
以外の機種
電 源
可動用シリアル通信用パラレル接続ケーブル 「サーボアンプ一体型 SCN5」以外の機種用
RP9123-***R ※ SCN5-010S-□□□-B には、このケーブルを選定
PIN No.
信号名
ケーブル色
1
+24V
1
2
0V
2
3
+24V
3
4
0V
4
10
INH+
5
11
INH6
12
ILK
7
19
PFIN
8
ケーブル部仕上外形
φ11.5
コネクタ型番(ヒロセ電機製)
プラグ部:DF1B-24DES-2.5RC ピン部:AWG20、22時
22
ALM
9
24
FG
緑
※ ケーブル色の欄が数字のものは、
黄 その数字がケーブルに印字されています。
屈曲半径:70mm 以上
RP9123-010
② ADP ケーブル
ADP ケーブル
RP9050-***
1m、3m、5m:φ5.2 10m:φ5.9
ケーブル部仕上外形
茶
コネクタ型番(AMP製)
プラグハウジング:172167-1 メス(ソケット)
:170365-1
可動用 ADP ケーブル
RP9050-***R
RP9050-010
ケーブル部仕上外形
φ6.9
コネクタ型番(ヒロセ電機製)
プラグハウジング:172167-1 メス(ソケット)
:170365-1
屈曲半径:35mm 以上
③ SIO ケーブル
SIO ケーブル(6 芯)
RP9041-***
PIN No.
信号名
1
+5V
2
TRx+
3
0V
4
TRx-
5
予約
6
+5V
ケーブル
導体抵抗 125Ω/km 以下撚り線
コネクタ型番(ヒロセ電機製)
6芯 TM3P-66P ⑦ SIO ケーブル コネクタ変換機(ADP-2-4)増設用
SIO ケーブル(4 芯)
RP9040-*** ※ ADP-2-4 と ADP-2-4 を繋ぐケーブル
PIN No.
信号名
1
―
2
TRx+
3
0V
4
TRx-
5
予約
6
―
ケーブル
4 芯 平型モジュラーコード
コネクタ型番(ヒロセ電機製)
4芯 TM3P-64P 34
PLC
RP9041-010
ケーブル詳細
⑥ モータ・エンコーダ延長ケーブルケーブル メカシリンダ、サーボモータ本体とサーボアンプを延長するケーブル
モータ・エンコーダ延長ケーブル
RP9135-*** ※ モータ延長ケーブルとエンコーダ延長ケーブルはセットです。
モータ線延長ケーブル
エンコーダ線延長ケーブル
ケーブル部仕上外形
φ7.6
ケーブル部仕上外形
5m 以下:φ6.3mm 9m 以上:φ7.3mm
ケーブル型番
芯線4本 AWG20
ケーブル型番
5ペアツイスト線 AWG26
アンプ側コネクタ型番(AMP製) プラグハウジング:172167-1 オス(ピン)
:170364-1
アンプ側コネクタ型番(AMP製) プラグハウジング:172169-1 オス(ピン)
:170363-1
モータ側コネクタ型番(AMP製) ソケットハウジング:172159-1 メス(ソケット)
:170366-1
モータ側コネクタ型番(AMP製) ソケットハウジング:172161-1 メス(ソケット)
:170365-1
可動用モータ・エンコーダ延長ケーブル
RP9135-***R ※ 可動用モータ延長ケーブルと可動用エンコーダ延長ケーブルはセットです。
可動用エンコーダ線延長ケーブル(5m以下の場合)屈曲半径:55mm 以上
可動用モータ線延長ケーブル
ケーブル部仕上外形
φ7.6
ケーブル部仕上外形
φ7.2
ケーブル型番
芯線4本 AWG18
ケーブル型番
5ペアツイスト線 AWG24
アンプ側コネクタ型番(AMP製) プラグハウジング:172167-1 オス(ピン)
:170364-1
アンプ側コネクタ型番(AMP製) プラグハウジング:172169-1 オス(ピン)
:170363-1
モータ側コネクタ型番(AMP製) ソケットハウジング:172159-1 メス(ソケット)
:170366-1
モータ側コネクタ型番(AMP製) ソケットハウジング:172161-1 メス(ソケット)
:170365-1
可動用エンコーダ線延長ケーブル(9mの場合)
ケーブル部仕上外形
φ8.6
ケーブル型番
5ペアツイスト線 AWG22
屈曲半径:70mm 以上
アンプ側コネクタ型番(AMP製) プラグハウジング:172169-1 オス(ピン)
:170363-1
モータ側コネクタ型番(AMP製) ソケットハウジング:172161-1 メス(ソケット)
:170365-1
ココ ※ 2 本セット
PLC
アンプ
24V
「サーボアンプ一体型 SCN5」
以外の機種
RP9135-010
電 源
⑨ ブレーキ電源ケーブル ブレーキ付メカシリンダに必要なケーブル
ブレーキ電源ケーブル
RP9023-***
ケーブル部仕上外形
φ4.4
コネクタ型番(AMP製)
プラグハウジング:172157-1 メス(ソケット)
:170366-1
可動用ブレーキ電源ケーブル
RP9023-***R
ケーブル部仕上外形
φ4.4
コネクタ型番(AMP製)
プラグハウジング:172157-1 メス(ソケット)
:170366-1
屈曲半径:36mm 以上
⑤ RSA232C/485 変換機 ※パソコン設定ツールに付属
RP9023-010
④ コネクタ変換機 ※パソコン設定ツールに付属
RSA232C/485 変換機
コネクタ変換機
パソコンや PLC(シーケンサ)のシリアルポートからの
RSA232C 規格信号を RS485 規格に変換する機器です。
(RS232)変換器
※USB 接続する際は、市販の USB シリアル
をご用意願います。
一例:ラトックシステム REX-USB60F、エレコム UC-SGT、サンワサプライ
USB-CVRS9
パソコン設定ツール(TBVST-CTC-JP-SET)を使用する場合や、シリアル通
信で制御する場合のコネクタ変換機です。
ADP-1
株式会社 ダイアディックシステムズ
ADP-2-4
CNB
CNA
CN2
CN3
CN4
CN5
お問合せ
〒920-0342 石川県金沢市畝田西二丁目160番地
TEL.076-267-9103 FAX.076-267-9104
埼玉営業所 TEL.048-575-5575 FAX. 048-575-5573
大阪営業所 TEL.06-6350-0178 FAX. 06-6350-0129
E-mail: [email protected] URL: http://www.dyadic.co.jp/jp/
ダイアディックシステムズホームページ
メカシリンダ
2012 年 10 月現在
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
68
File Size
9 267 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content