close

Enter

Log in using OpenID

IMAGRAPH 高密度・高解像度 ビデオキャプチャボード「HI*DEF」

embedDownload
C/記事/東洋テク 99.5.10 6:48 PM ページ 74
IMAGRAPH 高密度・高解像度
ビデオキャプチャボード「HI*DEF」
株式会社 東陽テクニカ
現在、高度なマシンビジョンが発達し、画像処理の重要性が叫ばれていま
す。CCDカメラのような入力装置からの画像をPCに取り込み、その画像から
得られる情報を検査に利用したり、デジタルデータとして保存したりする機
会が非常に多くなってきているのも事実です。
IMAGRAPH社のHI*DEFは、外観検査装置用カメラ、工業用X線カメラ、工
業用超音波装置をPCまたはワークステーションに接続し、高密度かつ高品位
な画像を取り込むことができる高性能ビデオキャプチャボードです。
1. はじめに
近頃の入力装置の進化は目覚しく、高品質な画像
を送り出してきています。マシンビジョンの画像
HI*DEFシリーズは、ユーザからの要望が特に多
処理ではいくら高機能の処理ソフトを使い、高精
い30∼160MHzのレンジに4つの製品をラインアッ
度なCCDカメラを使用していても、画像をキャプ
プしていますので、ユーザの使用している入力機
チャする際に画質を著しく低下させていては全く
器からのさまざまな信号を確実にPCまたはワーク
意味がありません。IMAGRAPH社のHI*DEFでは、
ステーションにキャプチャできます。
今までの経験と技術を結晶させ、画質劣化の原因
とも言えるジッタの発生を抑え、その高品質さを
2. High Quality
ビデオキャプチャボードの評価の中で大きな割
合を占める品質。せっかく取り込んでも入力した
画像と取り込んだ画像の品質が違うとキャプチャ
ボードとしての魅力が薄れてしまいます。特に、
74 ︱eizojoho industrial
損なわずに、取り込むことが可能です。
3. Auto Sync
ビデオキャプチャは、PCやワークステーション
上の作業で、画像データを必要とするアプリケー
C/記事/東洋テク 99.5.10 6:49 PM ページ 75
東陽テクニカ
ションのために必要とされるものです。ビデオ画
も貢献します。
像がデジタルインタフェイスの“標準”となる一
方、ビデオシグナル(特に高画質な)には以下の
ように多くの種類が存在します。
Video Amplitude(A)
5. カラー入力
IMAGRAPH社のHI*DEFでは、8bit(Accuraは
Sync Amplitude(B)
10bit)のカラー入力がもちろん可能となっていま
Horizontal Blanking(C)
すので、カラー画像のキャプチャにも実力を発揮
Front porch / Back porch(D/E)
します。
その他
以前は、最適なパラメータを決定するために、
ビデオ信号をオシロスコープでモニタリングする
6. その他のラインアップ
弊社では、IMAGRAPH社のHI*DEFシリーズの
必要がありました。IMAGRAPH社のHI*DEFでは、
他に、IシリーズとしてI-25(サンプリングレート
付属のソフトウェア「Auto Sync」を使用すること
25MHz)
、I-50(同50MHz)もラインアップしてお
で、信号検出やパラメータの設定までオートマテ
り、HI*DEFシリーズではオーバースペックだとい
ィカルに行なうことができ、従来のように煩わし
うお客様にも高性能なビデオキャプチャボードを
い設定はほとんど必要ありません。
ご提供しております。
4. 多チャンネル入力
☆!東陽テクニカ
処理装置の低価格化に伴い、構成パーツのコス
グラフィックスソリューションGr.
ト削減が必須となっていますが、HI*DEF一台で、
〒103-8284 東京都中央区八重洲1-1-6
最大4系統の異なったタイミングの画像を入力する
3 03-3245-1351 6 03-3271-4757
ことが可能ですので、装置全般のコストダウンに
E-mail:[email protected]
▲ 医療分野に
▲ 生化学分野に
▲ マシンビジョン用に
May 1999︱ 75
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
59 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content