close

Enter

Log in using OpenID

CA SOLVE:Operations Automation リリース ノート

embedDownload
CA SOLVE:Operations®
Automation
リリース ノート
リリース 11.9
このドキュメント(組み込みヘルプ システムおよび電子的に配布される資料を含む、以下「本ドキュメント」)は、お客様への情報
提供のみを目的としたもので、日本 CA 株式会社(以下「CA」)により随時、変更または撤回されることがあります。
CA の事前の書面による承諾を受けずに本ドキュメントの全部または一部を複写、譲渡、開示、変更、複本することはできません。
本ドキュメントは、CA が知的財産権を有する機密情報です。ユーザは本ドキュメントを開示したり、(i)本ドキュメントが関係する
CA ソフトウェアの使用について CA とユーザとの間で別途締結される契約または (ii) CA とユーザとの間で別途締結される機密
保持契約により許可された目的以外に、本ドキュメントを使用することはできません。
上記にかかわらず、本ドキュメントで言及されている CA ソフトウェア製品のライセンスを受けたユーザは、社内でユーザおよび
従業員が使用する場合に限り、当該ソフトウェアに関連する本ドキュメントのコピーを妥当な部数だけ作成できます。ただし CA
のすべての著作権表示およびその説明を当該複製に添付することを条件とします。
本ドキュメントを印刷するまたはコピーを作成する上記の権利は、当該ソフトウェアのライセンスが完全に有効となっている期間
内に限定されます。 いかなる理由であれ、上記のライセンスが終了した場合には、お客様は本ドキュメントの全部または一部と、
それらを複製したコピーのすべてを破棄したことを、CA に文書で証明する責任を負います。
準拠法により認められる限り、CA は本ドキュメントを現状有姿のまま提供し、商品性、特定の使用目的に対する適合性、他者の
権利に対して侵害のないことについて、黙示の保証も含めいかなる保証もしません。 また、本ドキュメントの使用に起因して、逸
失利益、投資損失、業務の中断、営業権の喪失、情報の喪失等、いかなる損害(直接損害か間接損害かを問いません)が発
生しても、CA はお客様または第三者に対し責任を負いません。CA がかかる損害の発生の可能性について事前に明示に通告
されていた場合も同様とします。
本ドキュメントで参照されているすべてのソフトウェア製品の使用には、該当するライセンス契約が適用され、当該ライセンス契
約はこの通知の条件によっていかなる変更も行われません。
本ドキュメントの制作者は CA です。
「制限された権利」のもとでの提供:アメリカ合衆国政府が使用、複製、開示する場合は、FAR Sections 12.212、52.227-14 及び
52.227-19(c)(1)及び(2)、ならびに DFARS Section252.227-7014(b)(3) または、これらの後継の条項に規定される該当する制限に
従うものとします。
Copyright © 2011 CA. All rights reserved. 本書に記載された全ての製品名、サービス名、商号およびロゴは各社のそれぞれの
商標またはサービスマークです。
CA Technologies 製品リファレンス
このマニュアルでは、以下の CA Technologies 製品またはコンポーネントを参照
することがあります。
■
CA Mainframe Software Manager™(CA MSM)
■
CA OPS/MVS® Event Management and Automation(CA OPS/MVS)
■
CA SOLVE:Operations® Automation (CA SOLVE:Operations Automation)
CA への連絡先
テクニカル サポートの詳細については、弊社テクニカル サポートの Web サイト
(http://www.ca.com/jp/support/)をご覧ください。
目次
第 1 章: 新機能
9
Linux 管理 .................................................................................................................................................... 9
システム ハードウェア モニタ ...................................................................................................................... 9
USS コマンド ............................................................................................................................................... 10
Internet Protocol バージョン 6 .................................................................................................................. 10
SOCKETS パラメータ グループ............................................................................................................. 11
INMC リンク .......................................................................................................................................... 11
IBM zIIP のサポート.................................................................................................................................... 11
大文字小文字混合パスワード .................................................................................................................. 12
時間オフセット変更に対する許容度 ........................................................................................................ 12
アクティビティ ログ ............................................................................................................................... 12
アラート モニタ .................................................................................................................................... 12
タイマ ................................................................................................................................................... 13
CA MSM ..................................................................................................................................................... 13
Health Checker........................................................................................................................................... 14
CA OPS/MVS System State Manager ......................................................................................................... 14
第 2 章: 既存機能の拡張
15
STARTAUTO 操作モード ............................................................................................................................ 16
MS の行コマンド ........................................................................................................................................ 16
INACTIVE-F の実際のステータス ............................................................................................................... 16
JOB クラスと STC クラスのリソース ステータス............................................................................................. 16
表示メソッド ......................................................................................................................................... 17
メモリの終了条件 ................................................................................................................................ 17
論理リソース............................................................................................................................................... 17
トリガされたメッセージ ルールのカウント .................................................................................................. 18
メッセージ バーストの保護 ........................................................................................................................ 18
EXECNCL マクロおよび STARTNCL マクロ ................................................................................................... 19
PARSE マクロ .............................................................................................................................................. 19
SETSTATE マクロ ......................................................................................................................................... 19
SYSCMD マクロ ........................................................................................................................................... 19
SHUTFORCE コマンド .................................................................................................................................. 20
目次 5
パネル ショートカット .................................................................................................................................. 20
3270 のリスト .............................................................................................................................................. 20
アラート モニタ ........................................................................................................................................... 20
アラート転送 .............................................................................................................................................. 21
WebCenter ユーザ インターフェース ........................................................................................................ 22
IPv6 に対応するためのコマンドの変更 .................................................................................................... 22
DNR SET コマンド ................................................................................................................................. 23
DOMAIN コマンド ................................................................................................................................ 24
TCPIP START コマンド .......................................................................................................................... 24
タイマ コマンド ........................................................................................................................................... 25
FSTOP コマンド ........................................................................................................................................... 25
ナレッジ ベース エクスポート ユーティリティ ............................................................................................. 26
ナレッジ ベース インポート ユーティリティ ................................................................................................ 26
NCL 組み込み関数 .................................................................................................................................... 27
メッセージおよびコード ............................................................................................................................. 28
NETINFO ..................................................................................................................................................... 28
マルチシステム通信のアクセス方式......................................................................................................... 28
NMSAF セキュリティ モデリング ................................................................................................................. 28
初期化ファイル .......................................................................................................................................... 29
インストール ユーティリティ........................................................................................................................ 29
機能変更 ID (FMID)名 ............................................................................................................................. 29
UTIL0028 .................................................................................................................................................... 30
データ セット操作の監査........................................................................................................................... 30
PDS メンバ統計 .......................................................................................................................................... 30
データ セット名の変更............................................................................................................................... 31
削除された機能 ......................................................................................................................................... 32
マニュアル ................................................................................................................................................. 32
インストール ガイド .............................................................................................................................. 33
ベスト プラクティス ガイド .................................................................................................................... 33
その他の変更...................................................................................................................................... 34
CA HTML マニュアル選択メニュー...................................................................................................... 34
付録 A: リソース レベル セキュリティに影響する変更
37
メニュー オプションの変更 ........................................................................................................................ 37
モニタ コマンドの変更 ............................................................................................................................... 38
OCS コマンドの変更 ................................................................................................................................... 38
6 リリース ノート
付録 B: 配布済みナレッジ ベースの変更
39
$TEMPLAT 0001 定義 ................................................................................................................................ 40
$TEMPLAT 0002 定義 ................................................................................................................................ 42
コマンド ...................................................................................................................................................... 44
プロンプト リスト .......................................................................................................................................... 45
ステータス モニタのフィルタ ...................................................................................................................... 45
リソース グループ ...................................................................................................................................... 46
アイコン ...................................................................................................................................................... 46
アイコン パネル.......................................................................................................................................... 47
付録 C: メッセージの変更点
49
変更されたメッセージ ................................................................................................................................ 50
削除されたメッセージ ................................................................................................................................ 53
新規のメッセージ....................................................................................................................................... 54
目次 7
第 1 章: 新機能
このセクションには、以下のトピックが含まれています。
Linux 管理 (P. 9)
システム ハードウェア モニタ (P. 9)
USS コマンド (P. 10)
Internet Protocol バージョン 6 (P. 10)
IBM zIIP のサポート (P. 11)
大文字小文字混合パスワード (P. 12)
時間オフセット変更に対する許容度 (P. 12)
CA MSM (P. 13)
Health Checker (P. 14)
CA OPS/MVS System State Manager (P. 14)
Linux 管理
この製品は、CA Mainframe Connector for Linux on System z と組み合わせて、
z/VM システム上の Linux リソースを管理できます。 z/VM システム イメージに
Linux システムおよびアプリケーション リソースを定義すると、それをリソース モ
ニタに表示できるようになります。 これらのリソースを管理する Linux 固有のコマ
ンドを発行できます。
注: 詳細については、「Linux Management Guide」およびオンライン ヘルプを参
照してください。
システム ハードウェア モニタ
この製品は、ハードウェア インターフェース サービスと連携して、システム ハー
ドウェアに関するメッセージを処理できます。 このサービスは、基本制御プログ
ラム内部インターフェース (BCPii)へのハードウェア管理コンソール(HMC)と通
信します。 サービスへの接続には、HISRV パラメータ グループを使用します。
注: ハードウェア インターフェース サービスの詳細については、「Hardware
Interface Service コンポーネント ガイド」を参照してください。
第 1 章: 新機能 9
USS コマンド
USS コマンド
USS コマンドは、UNIX システム サービス(USS)内でシェル コマンドを発行します。
コマンドはコマンド エントリから発行します。
コマンドの形式は以下のとおりです。
USS shell_command
注: SOLVE SSI は、ユーザの代わりにシェル コマンドを発行します。 SOLVE SSI
ユーザ ID 権限によって、発行できるコマンドが決まります。 USS コマンドを使用
できるユーザを制限するには、リソース レベルのセキュリティを実装します。 リ
ソース レベルのセキュリティの詳細については、「Security Guide」を参照してくだ
さい。
Internet Protocol バージョン 6
CA SOLVE:Operations Automation が機能強化され、Internet Protocol バージョ
ン
(IPv6)をサポートするようになりました。
■
Inter-Network Management Connection(INMC)では、IPv6 を使用できます
(P. 11)。
■
新しいオペランドが OCS コマンドに追加されました。
■
新しいオペランドが NCL 組み込み関数に追加されました。
詳細:
DNR SET コマンド (P. 23)
DOMAIN コマンド (P. 24)
TCPIP START コマンド (P. 24)
NCL 組み込み関数 (P. 27)
10 リリース ノート
IBM zIIP のサポート
SOCKETS パラメータ グループ
SOCKETS パラメータ グループに対して以下の変更が行われました。
■
[TCP/IP Software Type]フィールドに新しい値「IBMV6」が追加されました。こ
の値は、IPv6 で動作する IBM の Communications Server を示します。
■
[Domain Name Resolutions]フィールドによって、ドメイン名解決に影響する
値を変更できます。
INMC リンク
INMC リンクでは IPv6 接続を使用できます。 Multi-System Support Menu 上の
[Transmit]および[Link]オプション(ショートカット /MADMIN)では、リモート シス
テムに IPv6 アドレスを指定できます。
IBM zIIP のサポート
IBM System z Integrated Information Processor (zIIP)が利用可能な場合は、CA
SOLVE:Operations Automation で使用できます。 zIIP プロセッサの使用を選択
できるのは、XM 領域 JCL パラメータを使用して領域をセットアップする際です。
zIIP の使用には、以下のような利点があります。
■
請求可能な CPU 時間を節約する、標準的な中央処理装置における実行時
間の短縮
■
中央処理装置から他の作業への処理サイクルの解放
■
zIIP の処理能力の活用
注: XM パラメータの詳細については、「Reference Guide」を参照してください。
第 1 章: 新機能 11
大文字小文字混合パスワード
大文字小文字混合パスワード
大文字小文字混合パスワードがサポートされるようになりました。 製品領域用の
以下の JCL パラメータによって、サポートが有効になります。
XOPT=PWMIX
このサポートを有効にする場合は、以下の重要なポイントについて考慮する必
要があります。
■
大文字小文字混合パスワードをサポートしない領域と UAMS データベース
を共有せず、セキュリティ EXIT を完全または部分的にに使用しません。
■
複数システム環境内のすべての領域で、このサポートが有効になるようにし
ます。
時間オフセット変更に対する許容度
時間が変更された場合(たとえば、夏時間のために)、領域をリサイクルする必
要はなくなりました。
詳細:
タイマ コマンド (P. 25)
アクティビティ ログ
時間の変更によって時刻が戻る場合、アクティビティ ログは、新しいレコードの
時刻の後に正符号(+)を付けることにより、時間的に重複するレコードを区別し
ます。 この機能は、デフォルトの形式または NORMAL 形式でログを表示してい
る場合にのみ利用可能です。
アラート モニタ
時間の変更によって時刻が後に戻る場合、アラート モニタは、新しいレコードの
時刻の後に正符号(+)を付けることにより、時間的に重複するレコードを区別し
ます。
12 リリース ノート
CA MSM
タイマ
タイマによってトリガされたアクション(たとえば、EventView タイマ ルール)は、
以下の全般的なルールに従います。
■
時間の変更によって時刻が戻る場合、影響を受けるアクションは繰り返され
ません。
■
時間の変更によって時刻が先に進む場合、影響を受けるアクションはトリガ
されます。
CA MSM
CA MSM は、z/OS システム上の CA メインフレーム製品の管理を簡略化して統
一するアプリケーションです。
CA MSM では、以下の操作を容易にするサービスを提供します。
■
製品の取得、インストール、展開
■
メンテナンスの自動取得および適用
これらのサービスにより、業界で受け入れられた成功事例に基づいてソフトウェ
アを簡単に管理できます。 Web ベースのユーザ インターフェース(UI)によって
環境のルック アンド フィールが分かりやすいため、製品のインストールおよび保
守をより迅速に行うことができ、エラーも減らすことができます。
CA MSM は、Electronic Software Delivery (ESD)を使用して CA Support Online
から入手できます。
注: 詳細については、製品のインストールに関する説明と、「CA Mainframe
Software Manager Guide」を参照してください。
第 1 章: 新機能 13
Health Checker
Health Checker
CA Health Checker Common Service により、CA SOLVE:Operations Automation
は IBM Health Checker と統合され、CA SOLVE:Operations Automation の以下の
状態をチェックします。
■
環境設定オプション エラー
■
この製品から最大限の利益を得るためにアクティブにする機能
■
製品のパフォーマンスを最適化する最適な設定
注: 詳細については、「Administration Guide」を参照してください。
CA OPS/MVS System State Manager
CA SOLVE:Operations Automation 領域および SOLVE サブシステム インター
フェースは、アクティブ ステータスのイベントおよびハートビート イベントの両方
を CA OPS/MVS EMA に自動的に伝達できます。 これは、アクティブ ステータス
のイベントまたはハートビート イベントの汎用の API コールを使用した技術に
よって実現しています。 CA OPS/MVS EMA は、他の CA Technologies メインフ
レーム製品が整合性をもって CA OPS/MVS EMA にイベントを伝達できるように、
この API を提供します。
14 リリース ノート
第 2 章: 既存機能の拡張
このセクションには、以下のトピックが含まれています。
STARTAUTO 操作モード (P. 16)
MS の行コマンド (P. 16)
INACTIVE-F の実際のステータス (P. 16)
JOB クラスと STC クラスのリソース ステータス (P. 16)
論理リソース (P. 17)
トリガされたメッセージ ルールのカウント (P. 18)
メッセージ バーストの保護 (P. 18)
EXECNCL マクロおよび STARTNCL マクロ (P. 19)
PARSE マクロ (P. 19)
SETSTATE マクロ (P. 19)
SYSCMD マクロ (P. 19)
SHUTFORCE コマンド (P. 20)
パネル ショートカット (P. 20)
3270 のリスト (P. 20)
アラート モニタ (P. 20)
アラート転送 (P. 21)
WebCenter ユーザ インターフェース (P. 22)
IPv6 に対応するためのコマンドの変更 (P. 22)
タイマ コマンド (P. 25)
FSTOP コマンド (P. 25)
ナレッジ ベース エクスポート ユーティリティ (P. 26)
ナレッジ ベース インポート ユーティリティ (P. 26)
NCL 組み込み関数 (P. 27)
メッセージおよびコード (P. 28)
NETINFO (P. 28)
マルチシステム通信のアクセス方式 (P. 28)
NMSAF セキュリティ モデリング (P. 28)
初期化ファイル (P. 29)
インストール ユーティリティ (P. 29)
機能変更 ID (FMID)名 (P. 29)
UTIL0028 (P. 30)
データ セット操作の監査 (P. 30)
PDS メンバ統計 (P. 30)
データ セット名の変更 (P. 31)
削除された機能 (P. 32)
マニュアル (P. 32)
第 2 章: 既存機能の拡張 15
STARTAUTO 操作モード
STARTAUTO 操作モード
STARTAUTO 操作モードでは、リソースまたはサービスが AUTOMATED モードで
開始されます。 リソースまたはサービスが目的のステータスになると、操作モー
ドは MANUAL に切り替わります。
たとえば、システムが初期プログラム ロード(IPL)を実行した後に手動制御に切
り替える場合、STARTAUTO を使用してリソースを自動的に開始します。
MS の行コマンド
MS の行コマンドは、現在の操作モードをオーバーライドして、モードを
AUTOMATED に変更します。 リソースまたはサービスが目的のステータスになる
と、オーバーライドが解除されて、定義によって設定された操作モードに戻りま
す。
INACTIVE-F の実際のステータス
INACTIVE-F の実際のステータスは遷移します。 このステータスでは、障害が発
生したリソースが INACTIVE の実際のステータスを取得するように強制されます。
このステータスは、リソース定義の[ステータス モニタのメッセージ詳細]パネル
で指定できます。
重要: このステータスでは、実際には障害が発生したリソースを見落とす場合が
あります。 このステータスは、リソースが FAILED の実際のステータスだったことを
知る必要がない状況でのみ使用します。
JOB クラスと STC クラスのリソース ステータス
JOB クラスと STC クラスのリソースの ACTIVE ステータスおよび INACTIVE ステータ
スの判別機能が拡張されました。
16 リリース ノート
■
デフォルトの表示メソッドは、メッセージに依存する代わりにアドレス空間の
存在を確認します。
■
リソースが INACTIVE になったかどうかを判別するには、メモリの終了の条件
をチェックします。
論理リソース
表示メソッド
JOB クラスと STC クラスのリソースの表示メソッドが変更されました。 D
J,resource_name または D A,resource_name システム コマンドをメソッドとして使
用したテンプレートは、[表示およびハートビート詳細]パネルにシステム コマン
ドが指定されないようになりました。 代わりに、デフォルト メソッドはアドレス空間
ID の存在を確認し、実際のステータスを ACTIVE または INACTIVE のいずれかに
設定します。 既存の定義をマイグレートすると、デフォルト メソッドが取得されま
す(定義に拡張情報がある場合を除く)。
リソース定義でデフォルト メソッドが使用されると、D コマンドによって D
J,resource_name コマンドが発行されます。
メモリの終了条件
[リソース定義]パネルにリソース ステータスを INACTIVE に設定するメッセージ
ルールが含まれていない場合、メモリの終了の検出がデフォルトとなります。 リ
ソース定義内のメッセージ ルールによって INACTIVE ステータスが正しく検出さ
れていない場合は、メモリの終了の検出を使用できます。
■
メモリの終了の検出を有効にするには、INACTIVE ステータスを設定するメッ
セージ ルールを削除します。
■
更新するリソース定義が多数あり、それらがテンプレートに基づいている場
合は、テンプレートを変更してから変更を適用します。 この場合、メッセージ
ルールを完全に削除する代わりに、メッセージ ルールのステータスを
STOPPING に変更することをお勧めします。
論理リソース
MANUAL 操作モードになっている論理リソースの表示プロセスが変更されまし
た。 表示プロセスが定義されていない論理リソースが MANUAL 操作モードに
なっている場合、表示アクションによってそのリソースの実際のステータスが目
的のステータスに設定されます。
第 2 章: 既存機能の拡張 17
トリガされたメッセージ ルールのカウント
トリガされたメッセージ ルールのカウント
トリガされたメッセージ ルールおよびメッセージ グループ ルールのカウントが、
UTILIZATION イベントの監査に追加されます。
以下のメッセージは、メッセージ ルールのカウントを示しています。
NMAU0114 Utilization Event Object="PROD11:EVRULE:RS0001-IEA989I:SLIP TRAP MATCHED"
Action="HIT:4" Value=4 Period=60 UTC Date=20100906 UTC Time=01:00:00.23
以下のメッセージは、メッセージ グループ ルールのカウントを示しています。
NMAU0114 Utilization Event Object="PROD11:EVRULE:RS0001-GRP0001:(Message Group
Rule)" Action="HIT:2" Value=2 Period=60 UTC Date=20100906 UTC Time=01:00:00.23
注: 監査を有効にする方法の詳細については、「Administration Guide」を参照
してください。
メッセージ バーストの保護
複数行のオペレータ向け書き込み(WTO)メッセージでは、メッセージ バースト
の保護はメジャー行に基づいています。 メジャー行が同じでマイナー行が異な
る複数行メッセージの場合は、複数行メッセージの抑制を無効にすることをお勧
めします。 そのような抑制は、AOMQUEUES パラメータ グループを使用して無
効にできます。
18 リリース ノート
EXECNCL マクロおよび STARTNCL マクロ
EXECNCL マクロおよび STARTNCL マクロ
パラメータのリストを EXECNCL マクロおよび STARTNCL マクロに渡すには、変数
を使用します。 この機能を使用するには、[マクロ パラメータ定義]パネルの[マ
ルチワード パラメータ変数のセグメント化]フィールドに「YES」を指定します。たと
えば、以下のように指定します。
------------------ 自動化サービス: EXECNCL マクロ パラメータ定義 -----------------Command ===>
Function=UPDATE
.|
|
|
|
|
|
|
|
|
NCL プロシージャ詳細 ---------------------------------------------------------.
|
NCL 名 .... NCL00001
|
|
パラメータ .. &PARAMETERS__________________________________________________ |
____________________________________________________________ |
____________________________________________________________ |
____________________________________________________________ |
|
マルチワード パラメータ変数のセグメント化 ... YES
(YES または NO)
|
PARSE マクロ
PARSE マクロは、解析された入力を保持するためにいくつかの変数を作成しま
す。 変数を指定してこの数値を取得することができます。 この機能を使用する
には、[マクロ パラメータ定義]パネルの[作成される変数のカウントの変数名]
フィールドの変数名に変数の名前を指定します。
SETSTATE マクロ
SETSTATE マクロは、以下のフィールドのデフォルトを設定します。
■
リソース クラスのデフォルトは &ZRMDBCLASS です。
■
リソース名のデフォルトは &ZRMDBNAME です。
SYSCMD マクロ
SYSCMD マクロの応答を検出するために指定できるメッセージ ルールの数が、
10 に増やされます。
第 2 章: 既存機能の拡張 19
SHUTFORCE コマンド
SHUTFORCE コマンド
SHUTFORCE コマンドは、その処理の一貫としてグローバル操作モードに
AUTOMATED を設定します。 グローバル操作モードに AUTOMATED を手動で
設定する必要はなくなりました。
パネル ショートカット
パネル ショートカットを抑制するか、ショートカット文字を変更できます。 ショート
カットは、PMENUCONTROL パラメータ グループを介して制御します。
3270 のリスト
これまでのリリースでは、リストの左側に入力フィールドが表示されませんでした。
このリリースでは、以下の例に示されるように、入力フィールドが強調表示されま
す。
アラート モニタ
アラート モニタに独自のアクションを追加できます。 アクションを指定するには、
CC2DEXEC($AMCBCMX) exit をカスタマイズします。
注: $AMCBCMX exit をカスタマイズする方法の詳細については、「Reference
Guide」を参照してください。
20 リリース ノート
アラート転送
アラート転送
アラート転送によって使用される CC2DSAMP($AMTRAP)管理情報ベース(MIB)
定義には、以下の新規オブジェクト識別子が含められます。
■
…
■
sourceTime (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.9)
■
updateTime (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.10)
■
closeTime (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.11)
■
lastTime (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.12)
■
elapsedTime (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.13)
■
occurrences (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.14)
■
sourceId (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.15)
■
explanationCount (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.16)
■
explanationTable (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.17)
–
explanationEntry (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.17.1)
–
explanation (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.17.1.1)
■
systemActionCount (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.18)
■
systemActionTable (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.19)
–
systemActionEntry (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.19.1)
–
systemAction (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.19.1.1)
■
userActionCount (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.20)
■
userActionTable (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.21)
–
userActionEntry (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.21.1)
–
userAction (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.21.1.1)
■
…
■
text2 (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.105)
■
text3 (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.106)
■
text4 (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.107)
■
opSysId (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.201)
■
opSysName (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.202)
■
sysplex (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.203)
第 2 章: 既存機能の拡張 21
WebCenter ユーザ インターフェース
■
ipHostName (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.204)
■
ipHostAddr (1.3.6.1.4.1.1126.1.2.1.3.205)
WebCenter ユーザ インターフェース
WebCenter ユーザ インターフェースで、ブラウザ ウィンドウを情報表示により適
切に使用できるようになりました。 [Content]フレームを拡大して、メニュー フ
レームなしに、ブラウザ ウィンドウをフルに使用することができます。 これによっ
て結果領域が最大化され、スクロールする手間が減ります。 たとえば、独自の
ウィンドウにアラート モニタを展開して、全般的なモニタとして使用することがで
きます。
IPv6 に対応するためのコマンドの変更
IPv6 拡張機能の一環として、多くのコマンドの構文が変更されました。
詳細:
DNR SET コマンド (P. 23)
DOMAIN コマンド (P. 24)
TCPIP START コマンド (P. 24)
22 リリース ノート
IPv6 に対応するためのコマンドの変更
DNR SET コマンド
DNR SET コマンドが機能拡張され、名前解決に対する静的なキャッシュのロード
およびパージをサポートするようになりました。 以下の新しいオペランドがありま
す。
PURGE
(オプション)パージするキャッシュ エントリのタイプを指定します。
STATIC
(オプション)静的なキャッシュ エントリをロードする変数のテーブルを指定
するか、ロードする前に既存のエントリを置換またはパージするかどうかを指
定します。
FORCE オペランドは無視されます。 このコマンドは、インターフェースがアクティ
ブかどうかにかかわらず実行されます。
DNR SET ...
[NS={(addr[,port[,interface_instance_name]]
[,addr[,port[,interface_instance_name]]
[,addr[,port[,interface_instance_name]]]])|NO}]
[PURGE={ALL|DYNAMIC|STATIC}]
[STATIC=vartable_name[,[NOREPLACE|REPLACE|CLEAR]]]
注: コマンドの詳細については、「オンライン コマンド ヘルプ」を参照してくださ
い。
詳細:
Internet Protocol バージョン 6 (P. 10)
第 2 章: 既存機能の拡張 23
IPv6 に対応するためのコマンドの変更
DOMAIN コマンド
DOMAIN コマンドには、以下のオペランドがあります。
IPPROXY
(オプション)プロキシ サーバを指定します。そこを経由して、リモート領域に
接続します。 このオペランドは、TCP/IP アクセス メソッド(IP=YES)を使用する
際に利用できます。
DOMAIN ...
[IPPROXY=({ip_address|host_name},port_number)]
注: コマンドの詳細については、「オンライン コマンド ヘルプ」を参照してくださ
い。
詳細:
Internet Protocol バージョン 6 (P. 10)
TCPIP START コマンド
TCPIP START コマンドは、IBM のスタック上で IPv6 インターフェースを開始できま
す。
注: コマンドの詳細については、「オンライン コマンド ヘルプ」を参照してくださ
い。
詳細:
Internet Protocol バージョン 6 (P. 10)
24 リリース ノート
タイマ コマンド
タイマ コマンド
タイマ コマンドの機能強化により、タイマ コマンドで、夏時間などの時間変更時
に実行するアクションを決定できるようになりました。 時間変更により特定の時
間がスキップされる場合は、時間指定されたアクションを即時実行するかスキッ
プするか決定できます。 時間変更により特定の時間が繰り返される場合は、時
間指定されたアクションを繰り返すかスキップするか決定できます。
この拡張により影響を受けるコマンドは以下のとおりです。
■
AT
■
AFTER (新規)
■
EVERY
■
SYNCTIME (新規)
注: コマンドの詳細については、オンライン コマンド ヘルプを参照してくださ
い。
詳細:
時間オフセット変更に対する許容度 (P. 12)
FSTOP コマンド
領域内で FSTOP コマンドを発行すると、他のリンク済み領域はそれを領域シャッ
トダウンと見なし、以下の重大度 3 のアラートを発行します。
Region region_name was shut down normally. (領域 <region_name> は正常にシャットダウンされ
ました)。
従来のリリースでは、リンク済みの領域はこれをリンク エラーと見なしていまし
た。
第 2 章: 既存機能の拡張 25
ナレッジ ベース エクスポート ユーティリティ
ナレッジ ベース エクスポート ユーティリティ
EXPORTRM ユーティリティは、以下のいずれかのタイプの定義をエクスポートし
ます。
■
システム イメージとそれに含まれるリソース定義
■
サービス イメージとそれに含まれるサービス定義
■
EventView ルール セットとそれに含まれるルール
■
共通コンポーネントのクラス
このユーティリティでは、個々の定義の選択はサポートされません。
エクスポート データ セットは、順次ファイルとして存在し、かつレコード長が尐な
くとも 80 文字ある必要があります。 単一のデータ セットに複数のエクスポートを
追加するには、DISP=MOD を使用します。
このユーティリティの構文は、以下のとおりです。
EXPORTRM DSNAME=data_set_name [DISP=MOD]
{[OPT=IMAGE SYS=system_image_name VER=version] |
[OPT=SERVICE VER=version] |
[OPT=RULESET RULESET=rule_set_name] |
[OPT=COMMON TYPE=component_type [VER=version]]}
注: 詳細については、「Reference Guide」を参照してください。
ナレッジ ベース インポート ユーティリティ
IMPORTRM ユーティリティは、データ セット内の定義をナレッジ ベースにイン
ポートします。 このデータ セットには、EXPORTRM ユーティリティによってエクス
ポートされた定義が含まれています。
このユーティリティの構文は、以下のとおりです。
IMPORTRM DSNAME=data_set_name
MODE={REPLACE|OVERLAY|MERGE}
注: 詳細については、「Reference Guide」を参照してください。
26 リリース ノート
NCL 組み込み関数
NCL 組み込み関数
IPv6 拡張機能の一環として、以下の NCL 組み込み関数が変更されました。
■
ZTCPSUPP には以下の新しいオペランドがあります。
IPV6
領域のソケット インターフェースが AF_INET6 アドレス ファミリで IPv6 アド
レスおよびソケットをサポートするかどうかを決定します。
注: 「Yes」は必ずしも、その領域で IPv6 インターフェースが開始された
ことを意味しません。
SSL
領域のソケット インターフェースが SSL をサポートするかどうかを決定し
ます。
注: 「Yes」は必ずしも、その領域で SSL が有効であることを意味しませ
ん。
■
TYPECHK には、以下の新しいタイプ値があります。
IP6ADDR
文字列が IPv6 テキスト形式で IPv6 アドレスとして確認されるように指定
します。
詳細:
Internet Protocol バージョン 6 (P. 10)
第 2 章: 既存機能の拡張 27
メッセージおよびコード
メッセージおよびコード
[Messages and Codes ]メニューからアクセスされる情報が更新されました
(/CODES パネル ショートカット)。 以下の新しい情報が[TCP]オプションの下に
含まれています。
■
TCP 接続終了理由コード
■
Telnet 終了コード
■
ERR (X'09')終了コードの Telnet エラー リターン コード
■
SSL 機能のリターン コード
■
古い SSL 機能のリターン コード
■
ASN.1 ステータス コード
■
証明書管理サービス コード
NETINFO
NETINFO 内の予約済みカテゴリ番号が「1 ~ 11」から「1 ~ 31」に変更されまし
た。 カテゴリ番号 12 ~ 31 を使用してカテゴリを作成していて、それらを維持し
たい場合は、それらのカテゴリを 32 以上の番号に移行します。 領域のセット
アップ中に、インストール ユーティリティを使用することで移行を容易に行うこと
ができます。
マルチシステム通信のアクセス方式
この通信アクセス方式は、領域をリンク解除する必要なしに使用できます。変更
する場合は、MULTISYS パラメータ グループを更新します。 変更を適用すると、
領域とのリンクは停止され、再始動されます。
NMSAF セキュリティ モデリング
NMSAF セキュリティ ソリューションは、ユーザのモデリング制御に基づいてユー
ザ ID アクセス保守サブシステム (UAMS)レコードを作成するために機能拡張さ
れます。 このレコードは、ユーザがログインするたびに作成されます。 ユーザの
モデルが外部セキュリティで変更される場合、UAMS 定義を更新する必要はな
くなります。
28 リリース ノート
初期化ファイル
初期化ファイル
r11 の既存の領域初期化ファイル(INI)ファイルがある場合、そのファイルをマイ
グレートして、このリリースで使用できます。 しかし、ACB などの名前、データ
セット、およびインターフェースがこの新規領域に適していることを確認するには、
ファイルを見直して更新します。
注: 初期化ファイルの詳細については、「インストール ガイド」を参照してくださ
い。
インストール ユーティリティ
インストール ユーティリティでは、以下の事項が変更されました。
■
インストール ユーティリティは、CC2DJCL データ セットにアンロードされるよう
になりました。
■
領域で PARMLIB データ セットを共有できる機能。領域固有のメンバには、
領域のドメイン ID が接尾部として付加されます。
■
–
IIAdomain_id (IIAPARMS を置換)
–
SXPdomain_id (SXPARMS を置換)
フィールド レベルのオンライン ヘルプを利用できます。
注: 詳細については、「インストール ガイド」を参照してください。
機能変更 ID (FMID)名
FMID 名が、他の CA メインフレーム製品と互換性を持つようになりました。
コンポーネント
元の名前
新しい名前
自動化サービス
C2DnnAS
管理サービス(CC2D710)に統合されました
ヘルス チェッカ
新規
CC2D71H
管理サービス
C2DnnMS
CC2D710
オペレーション サービス
C2HnnSS
CC2HB90
PDSE サービス
C2DnnME
CC2D71E
第 2 章: 既存機能の拡張 29
UTIL0028
注: 詳細については、「インストール ガイド」を参照してください。
UTIL0028
UTIL0028 ユーティリティが、オブジェクトコードで配布された SOLVE プログラムに
置換されました。 領域スターティッド タスクはこのプログラムを実行し、実行され
たプログラムが、RUNSYSIN メンバの ddname、NMDRVCTL からパラメータを読み
取ります。 同様に、SOLVE SSI はこのプログラムを実行し、実行されたプログラム
が、SSISYSIN メンバの ddname、NMDRVCTL からパラメータを読み取ります。
また、このプログラムは、DD コマンド内に SYSOUT ライタおよび形式を指定する
ことをユーザに求めます。
データ セット操作の監査
データ セットの操作が、PROCEDURAL イベントの監査に追加されます。 監査は、
[データ セット サービス]基本メニューからデータ セットを操作する場合にのみ
適用されます。 次のアクションが監査されます。DELETE、PRINT、READ、
RENAME、UPDATE、および SUBMIT。
注: 監査を有効にする方法の詳細については、「Administration Guide」を参照
してください。
PDS メンバ統計
データ セット サービスを使用して区分データ セット(PDS)のメンバを作成または
更新すると、対話型システム生産性向上機能(ISPF)統計が生成されます。
DSSISPST システム パラメータによって、これらの統計の生成が制御されます。
注: システム パラメータの詳細については、「Reference Guide」を参照してくださ
い。
30 リリース ノート
データ セット名の変更
データ セット名の変更
データ セット名が、他の CA メインフレーム製品と互換性を持つようになりまし
た。
元の名前
新しい名前
AS1EXEC
AC2DEXEC
AS1SAMP
AC2DSAMP
ASICON.S
CC2DVSMI
ASMODS.S
CC2DVSMI
ASOSCN.S
CC2DVSMI
ASPANL.S
CC2DVSMI
ASRAM.S
CC2DVSMI
ASSAMP
CC2DSAMP
ASTEXEC
CC2DEXEC
ME1LOAD
AC2DMODE
MELOAD
CC2DPLD
MS1DCMLD
AC2DMOD
MS1EXEC
AC2DEXEC
MS1LOAD
AC2DLOAD
MS1MACLB
AC2DMAC
MS1SAMP
AC2DSAMP
MSCMDLIB
CC2DLMD0
MSDCMLD
CC2DLOAD
MSLNKLST
CC2DILINK
MSLOAD
CC2DLOAD
MSLPLOAD
CC2DLPA
MSMACROS
CC2DMAC
MSMODS.S
CC2DVSMI
MSNET.S
CC2DVSMI
第 2 章: 既存機能の拡張 31
削除された機能
MSNVLOAD
CC2DLOAD
MSOSCN.S
CC2DVSMI
MSPANL.S
CC2DVSMI
MSSAMP
CC2DSAMP
MSTEXEC
CC2DEXEC
SS1EXEC
AC2HEXEC
SS1LOAD
必要なくなりました
SS1SAMP
AC2HSAMP
SSLOAD
必要なくなりました
SSMODS.S
CC2HVSMI
SSOSCN.S
CC2HVSMI
SSPANL.S
CC2HVSMI
SSSAMP
CC2HSAMP
SSTEXEC
CC2HEXEC
WOMODS.S
CC2DVSMI
WOOSCN.S
CC2DVSMI
WOPANL.S
CC2DVSMI
注: 詳細については、「Reference Guide」」を参照してください。
削除された機能
この製品では、WebCenter ソフトウェア開発キット(SDK)はサポートされなくなり
ました。
マニュアル
このセクションでは、マニュアルの更新について説明します。
32 リリース ノート
マニュアル
インストール ガイド
「導入ガイド」は、「インストール ガイド」に名前が変更されます。「インストール ガ
イド」の構成が変更され、CA SOLVE:Operations Automation の以下のインストー
ル方法について説明しています。
■
CA MSM -- CA MSM は、z/OS システム上の CA メインフレーム製品の管理を
簡略化して統一します。 CA MSM によって提供されるサービスにより、製品
の取得、インストール、展開、メンテナンスを共通の方法で実行できます。
■
Pax-Enhanced Electronic Software Delivery(ESD) -- このユーティリティによっ
て、メインフレーム ソフトウェアおよびメンテナンスをご使用のディスクに電子
的にダウンロードおよびインストールできます。
■
テープ -- インストール ユーティリティを引き続き使用し、SMP/E
RECEIVE-APPLY-ACCEPT メソッドを使用して、テープから CA
SOLVE:Operations Automation をインストールします。
ベスト プラクティス ガイド
マニュアルに「ベスト プラクティス ガイド」が追加されています。 このマニュアル
では、CA Mainframe 2.0 の戦略および機能について簡単に紹介し、CA
SOLVE:Operations Automation のインストールおよび設定のベスト プラクティス
について説明します。
これらのベスト プラクティスは本製品の多年に渡る使用経験の産物であり、その
多くは、開発部門、テクニカル サポート、テクニカル サービスなどへのインタ
ビューで報告されたお客様の満足度が基になっています。 そのため、これらの
ベスト プラクティスの多くは、まさにお客様の協力的なフィードバックの賜物と言
えるでしょう。
第 2 章: 既存機能の拡張 33
マニュアル
その他の変更
このリリースのドキュメント ライブラリの変更を以下のリストに示します。
■
「Administrator Guide」は「Administration Guide」に名前が変更されます。
■
「Linux Management Guide」が追加されます。
■
「Managed Object Development Services Programmer and Administrator
Guide」は、「Managed Object Development Services Guide」に名前が変更さ
れます。
■
「Network Control Language Programmer Guide」は、「Network Control
Language Programming Guide」に名前が変更されます。
■
「リリース サマリ」は、「リリース ノート」に名前が変更されます。
■
SOLVE サブシステム インターフェース(SSI)に関する情報を統合する「SOLVE
Subsystem Interface Guide」が追加されました。 「Reference Guide」にあった
関連情報は、このガイドに移動されました。
■
「Working with REXX」は、「NetMaster REXX Guide」に名前が変更されます。
CA HTML マニュアル選択メニュー
このリリースには CA HTML マニュアル選択メニューが含まれます。これは HTML
のヘルプ システムで、HTML と PDF の両方の製品マニュアルにアクセスできま
す。 HTML では、強力なオンライン表示機能と検索機能が提供されます。PDF
では、印刷物に近い形式で表示されます。
HTML マニュアル選択メニューには、以下の機能が含まれます。
■
このリリース用のすべてのマニュアルが表示される単一のヘルプ画面。
■
全マニュアル セットを検索し、HTML と PDF の両形式のマニュアルの一致結
果を返すオール イン ワンの検索ツール。.PDX 索引ファイルを用意する必
要はありません。
■
マニュアル選択メニューの使い方、Acrobat Reader のダウンロード、および
CA への連絡先のリンク
注: マニュアル選択メニュー内の PDF ファイルを表示するには、Adobe Reader 8
以降が必要になります。
34 リリース ノート
マニュアル
マニュアル選択メニューの検索
マニュアル選択メニューでは、すべてのマニュアルから情報を検索する検索機
能を利用できます。
マニュアル選択メニューの検索方法
1. マニュアル選択メニュー右上隅の[検索]フィールドに検索条件を入力し、
Enter キーを押します。
HTML についてはトピック別、PDF についてはマニュアル別に検索結果が返
されます。 日付が最新のトピックまたは PDF がリストの上位に表示されるよう
に検索結果を並べ替えます。 PDF 内でトピックを探すには、PDF を開き、検
索条件にマッチする PDF 内のトピックの一覧を表示します。
2. (オプション)[関連性で並べ替え]をクリックします。
検索語との一致数がもっとも多い HTML トピックまたは PDF がリストの上位に
表示されるように、リストを並べ替えます。
第 2 章: 既存機能の拡張 35
付録 A: リソース レベル セキュリティに影響
する変更
追加または削除された製品リソース(たとえば、コマンド)があります。 リソース レ
ベル セキュリティを使用している場合は、実装を確認し、必要に応じて変更しま
す。
このセクションには、以下のトピックが含まれています。
メニュー オプションの変更 (P. 37)
モニタ コマンドの変更 (P. 38)
OCS コマンドの変更 (P. 38)
メニュー オプションの変更
以下のリストに、影響を受けるメニュー オプションを示します。
新規
メニュー ID: $NM020([システム サポート: メッセージおよびコード メ
ニュー])
TCP
- TCP コードおよびエラー
メニュー ID: $NM021([システム サポート: TCP エラーおよびコード メ
ニュー])
FTP
CTR
TNT
TNR
SSL
DEP
ASN
CMS
-
FTP 応答コード
TCP 接続終了理由コード
Telnet 終了コード
ERR(x'09')の Telnet エラー リターン コード
SSL 関数のリターン コード
推奨されなくなった SSL 関数のリターン コード
ASN.1 ステータス コード
証明書管理サービス コード
メニュー ID: $RM035([自動化サービス: システム イメージ定義メニュー])
VM
- Linux コネクタ用の VM システム イメージ
付録 A: リソース レベル セキュリティに影響する変更 37
モニタ コマンドの変更
モニタ コマンドの変更
以下のリストに、影響を受けるモニタ コマンドを示します。
新規
注: 名前に A- という接頭部が付いたコマンドは、アラート モニタのアクション
およびコマンドを安全にするために作成されます。 たとえば、A-B はアラート
モニタのアクション B を、A-PROFIL はアラート モニタの基本コマンド PROFILE
を意味します(8 文字以内という制限があります)。
A-B
A-S
A-T
A-A
A-TT
A-C
A-CH
A-H
A-N
A-S1
A-S2
A-S3
A-S4
A-TL
-
アラートの参照
アラートの参照
アラートの追跡
アラートの分析
トラブル チケットの発行
アラートを閉じる
アラート条件のチェック
モニタリング履歴の表示
アラートへの注記の追加
アラートの重大度を 1 に変更
アラートの重大度を 2 に変更
アラートの重大度を 3 に変更
アラートの重大度を 4 に変更
一時ログの表示
A-CLOSE
A-DATE
A-DEFINE
A-FILTER
A-FORMAT
A-HISTOR
A-HOLD
A-PROFIL
A-RESUME
A-SORT
-
表示されているすべてのアラートを閉じる
アラート履歴の日付の設定
アラート フィルタまたは書式の定義
アラート フィルタの適用
モニタ リストの形式の設定
アラート履歴の表示に移動
アラート表示の保持
ユーザ プロファイルのデフォルトの設定
アラート表示の再開
表示されたアラートのソート
MS
- モードのオーバーライドに STARTAUTO を設定
OCS コマンドの変更
以下のリストに、影響を受けるオペレータ コンソール サービス(OCS)コマンドを
示します。
新規
USS
38 リリース ノート
- UNIX システム サービス コマンドの発行
付録 B: 配布済みナレッジ ベースの変更
重要: このリリースでは、配布済み RAMDB ナレッジ ベースを使用する必要が
あります。 新しいナレッジ ベースは、コンテンが変更されており、大文字小文字
混合コマンドの入力がサポートされます。
変更されたオブジェクトのいずれかを以前にカスタマイズしているか、削除され
たオブジェクトのいずれかを使用している場合は、古いナレッジ ベースの各イン
スタンスを確認し、必要に応じて新しいナレッジ ベースを変更します。
注: ナレッジ ベースのマイグレートの詳細については、「インストール ガイド」を
参照してください。
このセクションには、以下のトピックが含まれています。
$TEMPLAT 0001 定義 (P. 40)
$TEMPLAT 0002 定義 (P. 42)
コマンド (P. 44)
プロンプト リスト (P. 45)
ステータス モニタのフィルタ (P. 45)
リソース グループ (P. 46)
アイコン (P. 46)
アイコン パネル (P. 47)
付録 B: 配布済みナレッジ ベースの変更 39
$TEMPLAT 0001 定義
$TEMPLAT 0001 定義
以下のリストに、新しい定義、変更された定義、および削除された定義を示しま
す。 リストの形式は、以下のとおりです。
resource_class :resource_type - resource_description
新規
LINUX
STC
VMGST
VMGST
:LINUXONVM
:LINUXCON
:VMGUEST
:VMHOST
-
VM ホスト上で実行される Linux ゲスト
Linux コネクタ テンプレート
汎用 VM ゲスト
VM ホスト用のテンプレート
変更
デフォルトの表示メソッドをサポートするために、以下の定義が変更されま
す。
40 リリース ノート
STC
STC
:ADABAS
:APPC
- ADABAS
- MVS/APPC タスク
STC
STC
STC
STC
STC
STC
:ARBI
:ASCH
:CICS
:CICSMON
:CMSVR
:COMSERVER
-
STC
STC
:DB2
:ESF
- DB2
- 拡張スプール機能
STC
STC
:HSM
:IMF
- Hierarchical Storage Manager
- IMF テンプレート
STC
STC
STC
:IMS
:JES2
:LLA
- IMS
- JES2 STC 定義テンプレート
- ライブラリー検索機能
STC
STC
STC
STC
STC
STC
:NDM
:NETSPY
:NETV
:OMEG
:PDSM
:RMF
-
Network Data Mover
NETSPY STC テンプレート
NETVIEW テンプレート
OMEGAMON テンプレート
PDSMAN テンプレート定義
リソース測定機能
STC
STC
STC
STC
:SLS
:SOLVEDSPMAN
:SSI
:STD
-
StorageTek Automated Cart SW
SOLVE DSP テンプレート定義
SOLVE SSI テンプレート定義
標準開始タスク テンプレート
STC
STC
STC
STC
STC
STC
:TCPAXS52
:TCPAXS53
:TCPAXS60
:TCPIPLPSVR
:TCPIPNAMSVR
:TCPIPROUTED
-
TCPacccess V5.2
TCPacccess V5.3
TCPacccess V6.0
MVS Rem 用の TCP/IP。 プリントサーバ
MVS ネーム サーバ用の TCP/IP
MVS RouteD サーバ用の TCP/IP
Arbiter File TFR for AM:PM
APPC/MVS スケジューラ
CICS トランザクション サーバ
TMON CICS モニタ
C:Mailbox VSAM サーバ
コミュニケーション サーバー STC
$TEMPLAT 0001 定義
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
:TCPIPSMTP
:TCPIPSNALNK
:TCPIPSNALNK6
:TCPIPSNMP
:TCPIPSNMPQE
:TMON
:TSO
:VLF
:VPS
:VTAM
:XDCC
-
MVS SMTP サーバ用の TCP/IP
MVS SNALINK LU0 Sv 用の TCP/IP
MVS SNALINK LU6.2 用の TCP/IP
MVS SNMP エージェント用の TCP/IP
MVS SNMP クエリ エンジン用の TCP/IP
CICS モニタ
タイム シェアリング オプション
仮想索引機能
VPS テンプレート定義
VTAM テンプレート定義
XDCC テンプレート定義
削除
削除された定義はありません。
付録 B: 配布済みナレッジ ベースの変更 41
$TEMPLAT 0002 定義
$TEMPLAT 0002 定義
以下のリストに、新しい定義、変更された定義、および削除された定義を示しま
す。 リストの形式は、以下のとおりです。
resource_class :resource_type - resource_description
新規
LINUX
STC
VMGST
VMGST
:LINUXONVM
:LINUXCON
:VMGUEST
:VMHOST
-
VM ホスト上で実行される Linux ゲスト
Linux コネクタ テンプレート
汎用 VM ゲスト
VM ホスト用のテンプレート
変更
デフォルトの表示メソッドをサポートするために、以下の定義が変更されま
す。
42 リリース ノート
STC
STC
STC
:ADABAS
:ADABNIM
:APPC
- ADABAS
- ADABAS NIM ドライバ
- MVS/APPC タスク
STC
STC
:ARBI
:ASCH
- Arbiter File TFR for AM:PM
- APPC/MVS スケジューラ
STC
STC
STC
STC
STC
STC
:BBCSSUB
:CICS
:CICSMON
:CMSVR
:COMSERVER
:CONTROLM
-
STC
STC
:DB2
:ESF
- DB2
- 拡張スプール機能
STC
STC
STC
:HSM
:ICEBERG
:IMF
- Hierarchical Storage Manager
- ICEBERG モニタ タスク
- IMF テンプレート
STC
STC
STC
STC
:IMS
:JES3G
:JES3L
:LLA
-
IMS
jes3 グローバル
jes3 ローカル
ライブラリー検索機能
STC
STC
STC
STC
STC
STC
:NDM
:NETSPY
:NETV
:OMEG
:PDSM
:RMF
-
Network Data Mover
NETSPY STC テンプレート
NETVIEW テンプレート
OMEGAMON テンプレート
PDSMAN テンプレート定義
リソース測定機能
STC
STC
STC
STC
:SLS
:SOLVEDSPMAN
:SSI
:STD
-
StorageTek Automated Cart SW
SOLVE DSP テンプレート定義
SOLVE SSI テンプレート定義
標準開始タスク テンプレート
STC
:TCPAXS52
- TCPacccess V5.2
Boole & Babbage CS Sub System
CICS トランザクション サーバ
TMON CICS モニタ
C:メールボックス VSAM サーバ
コミュニケーション サーバー STC
スケジューリング パッケージ
$TEMPLAT 0002 定義
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
STC
:TCPAXS53
:TCPAXS60
:TCPIPLPSVR
:TCPIPNAMSVR
:TCPIPROUTED
:TCPIPSMTP
:TCPIPSNALNK
:TCPIPSNALNK6
:TCPIPSNMP
:TCPIPSNMPQE
:TMON
:TSO
:VLF
:VPS
:VTAM
:XDCC
-
TCPacccess V5.3
TCPacccess V6.0
MVS Rem 用の TCP/IP。 プリント サーバ
MVS ネーム サーバ用の TCP/IP
MVS RouteD サーバ用の TCP/IP
MVS SMTP サーバ用の TCP/IP
MVS SNALINK LU0 Sv 用の TCP/IP
MVS SNALINK LU6.2 用の TCP/IP
MVS SNMP エージェント用の TCP/IP
MVS SNMP クエリ エンジン用の TCP/IP
CICS モニタ
タイム シェアリング オプション
仮想索引機能
VPS テンプレート定義
VTAM テンプレート定義
XDCC テンプレート定義
削除
削除された定義はありません。
付録 B: 配布済みナレッジ ベースの変更 43
コマンド
コマンド
以下のリストに、新しいコマンド定義、変更されたコマンド定義、および削除され
たコマンド定義を示します。 リストの形式は、以下のとおりです。
command :class - command_description
注: ALL クラスはすべてのクラスを示します。 ALL-X クラスは、除外されたセットを
除くすべてのクラスを示します。 INC クラスには、選択したクラスのセットが含ま
れます。 NONE は基本コマンドを示します。
新規
CMD
CMD
CMD
MS
:LINUX
:LXAPPL
:VMGST
:ALL-X
-
Linux システムへのコマンドの発行
Linux アプリケーションのシステムへのコマンドの発行
VM システムへのコマンドの発行
モードのオーバーライドに StartAuto を設定
変更
以下のコマンドは、LINUX、LXAPPL、および VMGST クラスを除外するように
変更されます。
CMD
:ALL-X
- コマンド エントリ - ローカルまたはリモート システム
以下コマンドは、LINUX クラスが含まれるように変更されます。
Z
:INC
削除
削除された定義はありません。
44 リリース ノート
- リソースが所有するリソースにズームインする
プロンプト リスト
プロンプト リスト
以下のリストに、新しいプロンプト リスト、変更されたプロンプト リスト、および削
除されたプロンプト リストを示します。
新規
表示コマンド: Linux Application
表示コマンド: Linux System
表示コマンド: VM Guest
強制終了コマンド: Linux Application
強制終了コマンド: Linux System
強制終了コマンド: VM Guest
初期化コマンド: Linux Application
初期化コマンド: Linux System
初期化コマンド: VM Guest
Linux Application Type
Linux Type
終了コマンド: Linux Application
終了コマンド: Linux System
終了コマンド: VM Guest
VM Guest Types
変更
変更されたプロンプト リストはありません。
削除
削除されたプロンプト リストはありません。
ステータス モニタのフィルタ
以下のリストに、新しいステータス モニタのフィルタ、変更されたステータス モニ
タのフィルタ、および削除されたステータス モニタのフィルタを示します。 リスト
の形式は、以下のとおりです。
monitor_filter_name - monitor_filter_description
新規
LINUX
- すべての Linux および z/VM リソース
変更
変更されたステータス モニタのフィルタはありません。
削除
削除されたステータス モニタのフィルタはありません。
付録 B: 配布済みナレッジ ベースの変更 45
リソース グループ
リソース グループ
以下のリストに、新しいリソース グループ、変更されたリソース グループ、および
削除されたリソース グループを示します。 リストの形式は、以下のとおりです。
resource_group_name - resource_group_description
新規
LINUX
LXAPP
LXSYS
VMGST
-
すべての Linux および z/VM リソース
Linux アプリケーション
Linux システム
z/VM ゲスト
変更
変更されたリソース グループはありません。
削除
削除されたリソース グループはありません。
アイコン
以下のリストに、新しいアイコン、変更されたアイコン、および削除されたアイコン
を示します。 リストの形式は、以下のとおりです。
icon_name - icon_description
新規
LXDFLT
- $LXDEFAULT パネルで使用されるアイコン
変更
グラフィカル モニタにアイコンを 4 つ並べて表示できるように、以下のアイコ
ンの幅が変更されました。
RMPROD
- 製品内のすべてのリソース
削除
削除されたアイコンはありません。
46 リリース ノート
アイコン パネル
アイコン パネル
以下のリストに、新しいアイコン パネル、変更されたアイコン パネル、および削
除されたアイコン パネルを示します。 リストの形式は、以下のとおりです。
icon_panel_name - icon_panel_description
新規
$LXDEFAULT - デフォルトのグラフィカル モニタ - S:LINUX
変更
以下のアイコン パネルは、Linux および z/VM のリソースのアイコンが含まれ
るように変更されます。
$RMDYNAMIC - デフォルトのグラフィカル モニタ - マルチプロダクト
削除
削除されたアイコン パネルはありません。
付録 B: 配布済みナレッジ ベースの変更 47
付録 C: メッセージの変更点
このセクションには、以下のトピックが含まれています。
変更されたメッセージ (P. 50)
削除されたメッセージ (P. 53)
新規のメッセージ (P. 54)
付録 C: メッセージの変更点 49
変更されたメッセージ
変更されたメッセージ
以下のメッセージのテキストが変更されました。
AMARED01
AMARED02
AMEVFWD20
AMPARM04
CAWV0004
CAWV0005
CAWV0007
CAWV0010
CAWV0011
CAWV0012
CAWV0016
CAWV0017
CAWV0018
CAWV0019
CAWV0020
CAWV0021
CAWV0022
CS2002
DFDBPKG03
DFDBPKG07
DFPKG03
DFPKG05
DFPKG06
DFPKG07
DFPKG08
DFPKG09
DFPKG11
FAPKG03
NF1591
NF1592
NF1593
NF1594
NM4014
NSXA81
N12703
N12704
N13G11
N13218
N13219
N13538
N13539
N23Y16
N3AF03
N3AF04
N3AF05
50 リリース ノート
Action ~P1 deleted from list of actions
Error deleting action ~P1. FDBK: ~P2
Alert forwarding to CA Service Desk. SD URL=~p1 CCI S
Action ~P1 added to list
&p1 is not a valid action on this line. Select from t
Timeout processing request! No response received from
No previous locate command has been entered. Specify
Bottom of key ranges reached
Top of key ranges reached
No previous find command has been entered. Specify st
No default option defined for this line
The zoom option is not relevant on this line
The expand/collapse option is not relevant on this li
Remote system &P1 is not active. Cannot display prese
Bottom of data reached
Top of data reached
&p1 lines searched
Ping not valid for virtual nodes
&P1 on &P2 failed: MSG=&P6 RC=&P3 ERR=&P4 KEY=&P5.
MSDB file full or unable to allocate additional exten
&P1: 3x &P2 &P3, &P4% above &P5 baseline of &P6
&P1: 3x &P2 &P3, &P4% below &P5 baseline of &P6
&P1: &P2 High, &P3 > &P4
&P1: 3x &P2 High, &P3 > &P4
&P1: &P2 Low, &P3 < &P4
&P1: 3x &P2 Low, &P3 < &P4
&P1: 3x &P2 is &P3
Invalid connection state for action ~P1
GET CONFIGURATION ERROR. USS ERROR: STACK=~p1 FUNC=~p
GET CONFIGURATION ERROR. TCPAXS ERROR: STACK=~p1 diag
GET CONFIGURATION ERROR. STORAGE ERROR STACK=~p1 dia
GET CONFIGURATION ERROR. INTERNAL ERROR STACK=~p1 ERR
MDO DATA ASSIGNMENT FAILED, RC=~p1 FDBK=~p2
INCORRECT NETMASTER VERSION DETECTED
ID BY INTERVAL -USERID-R LIM
CNT K/P EPZFB TID
id by interval -userid-r lim
cnt k/p epzfb tid
DOMAIN FAILED: STORAGE SHORTAGE.
MPREF REFRESH MRESP- LIMIT ACTION NTFY APPST SESS- -M
~P1 ~P2 ~P3 ~P4 ~P5 ~P6 ~P7 ~P8 ~P9 ~P10
IP-ADDRESS
~P1: ~P2
stg/tot stg/ent
SOCKET TYPE OWNER
CLIENTID LPORT PPORT PEER-IP-ADD
socket type owner
clientid lport pport peer-ip-add
TCP/IP INTERFACE IS status NAME=name PRIMARY=pri IPVE
変更されたメッセージ
N3AF12
N3AF15
N3AF16
N3AF20
N3AN01
N3AN90
N3AN91
N3AO85
N3AO86
N3AP90
N3AT02
N3AT10
N3AT11
N3AT12
N3AT21
N3AT22
N3AT30
N3AV02
N3AW12
N3AW51
N3AW52
N3B201
N3B203
N3B210
N3B220
N3B280
N3B290
N3B291
N3B401
N3B402
N3DC90
N3DC98
N3DE90
N3DE98
N3D690
N3D691
N3D692
N3ZK01
N3ZN80
N3ZP01
N3ZQ80
N3ZS50
N3ZS51
N3Z301
N3Z390
N3Z391
N3Z401
N3Z480
N3Z482
TCP/IP SHARED SERVER IS status. PORT=port
TYPE
NAME
SOCKET LPORT PPORT PEER-IP-ADDRESS
type
name
socket lport pport peer-ip-address
USING type INTERFACE...
TCP/IP SERVER ACTIVE ON PORT: pppp SOCKET: ssss
TCP/IP SERVER REGISTER FAILED. PORT: pp RC: rc FB: fb
TCP/IP SERVER ACCEPT FAILED. SOCKET: ss PORT: pp RC:
TCP/IP SERVER PEER=paddr:pport S=sss ERR: error RC=rc
TCP/IP SERVER PEER=paddr:pport S=sss ERR: error
SOCKET socket CONNECT TO server AT paddr/pport FAILED
TCPIP option IGNORED, NAME=name IS status
TCPIP option FAILED, UNKNOWN TYPE: type
TCPIP option FAILED, TYPE: type IS INVALID FOR THIS O
TCPIP option FAILED, NO VENDOR INTERFACE AVAILABLE
TCPIP DEFINE FAILED, NAME=name ALREADY DEFINED
TCPIP option FAILED, NAME=name IS RESERVED
TCPIP MODIFY FAILED, operand OPERAND NOT ALLOWED
count DNR CACHE ENTRIES DELETED
NS n ADDR: hostaddr
SERVER-ADDRESS
SENDS RE
server-address
sends re
TCPIP START COMPLETE (TYPE=type, NAME=name)
TCPIP AUTOMATIC RESTART IN PROGRESS (TYPE=type, NAME=
TCPIP START (TYPE=type, NAME=name) INITIALIZATION FAI
TCPIP START (TYPE=type, NAME=name) FAILED, rsn - info
TCPIP START (TYPE=type, NAME=name) HALTED BY TCPIP ST
TCPIP START (TYPE=type, NAME=name) WARNING - UNABLE T
TCPIP START (TYPE=type, NAME=name) WARNING - UNABLE T
TCPIP STOP IN PROGRESS (TYPE=type, NAME=name), REASON
TCPIP STOP COMPLETE (TYPE=type, NAME=name)
SOLVE DNR SOCKET request FAILURE, NAME=name RC=rr RSN
DNS MSG RCVD FROM hostaddr/port L=lll ID=iiii
SOLVE DNR SEND ERROR, NAME=name RC=rr RSN=rrr ERRNO=e
DNRQ @ aaaaaaaa -- SEND TO hostaddr/port LEN=ll - DAT
PING/TRACEROUTE RAW SOCKET OPEN FAILURE, NAME=name PR
PING/TRACEROUTE RAW SOCKET RECV FAILURE, NAME=name RC
~P1 RAW SOCKET SEND FAILURE, NAME=name RC=rr RSN=rrr
IPAM PEER=hostaddr:port NAME=nnnn HEARTBEAT SEND FAIL
TELNET PEER=hostaddr:port info
TELNET PEER=hostaddr:port NAME=nnnn HEARTBEAT SEND FA
TELNET PEER=hostaddr:port NAME=nnnn SSCP-LU DATA SEND
LUNAME
TYPE
USERID
SEC LPORT RPORT ADDRESS
luname
type
userid
sec lport rport address
TCP/IP SERVER ACTIVE ON PORT: pppp SOCKET: ssss
TCP/IP SERVER REGISTER FAILED. PORT: ppp RC: rr FB: f
TCP/IP SERVER ACCEPT FAILED. SOCKET: sss PORT: ppp R
TELNET SESSION INITIATED WITH hostaddr:port LUNAME: l
TELNET PEER=hostaddr:port ERR: err
TELNET PEER=hostaddr:port ERR: err RC=rr FB=ff ERRNO
付録 C: メッセージの変更点 51
変更されたメッセージ
N3Z680
N3Z681
N3Z682
N3Z684
N53H01
N53H02
N59006
N74H03
N74914
N83916
N85603
N98601
RE0108
RMAOMNX00
RMCALL22
RMDBMS04
RMDB0201
RMDB0202
RMEXPR08
RMINWI56
RMINWI60
RMLOAD11
RMRS0002
RMTM0005
RMTM0006
RMVM0069
SD2438
SL0007
SL0016
TVF101
WRDFWI01
WRDFWI02
WRINWI12
WRINWI14
WRINWI26
WRINWI28
WRINWI36
W3SV1014
W3SV1015
52 リリース ノート
TELNET PEER=hostaddr:port ERROR: err RC=rr FB=ff ERR
TELNET PEER=hostaddr:port STORAGE SHORTAGE
TELNET PEER=hostaddr:port INVALID/UNEXPECTED TELNET C
TELNET PEER=hostaddr:port INVALID/UNEXPECTED TN3270E
POOL NAME USE#
~P1
~P2
PANEL panelname EXPANSION ERROR
SESSION AWARENESS IS NOT ACTIVE
PRI-NAME SUBA# ELEM# SEC-NAME SUBA# ELEM# START-TIMETOT SEEN n TOT ACCEPT n LOST QOFLOW n
AOMPROC=name1 CMDPROC=name2 TABLE=name3(library)
SUBSYSTEM INTERFACE STATUS IS valstat SSID=subsysid.
RULESET &P1 INCLUDED BY RULESET &P2
BURST SUPPRESS=> ~P1
'~P1' COMMAND CANNOT BE ISSUED AGAINST A LOCALLY LOAD
RECORD(resource-name) NOT FOUND
No records found to export from component(~P1)
Export commenced for component(~P1) to ~P2
IP node discovery maximum duration exceeded (~p1 minu
No common access method with ~P1
TCP/IP not available on this system
THE ONLY VALID VALUES FOR ~P1 ARE 'YES' AND 'NO'
No &P1 records found &P2
~P2 STARTED FOR AVAILMAP(~P1)
~P2 COMPLETED FOR AVAILMAP(~P1)
OPERATION MODE MUST BE AUTOMATED, STARTAUTO, MANUAL,
VARTABLE ~p1 DOES NOT EXIST IN SCOPE ~p2
Invalid scroll amount. Must be CSR, DATA, HALF, PAGE,
Invalid shortcut/command (for help:put cursor on this
IBM HPNS INTERFACE INITIALIZATION FAILURE nn - inform
The Data Feed Destination RC$JAVATASK1 has been added
An IP Host name or address must be specified
Adaptor.ini updated with &P1 &P2
Adaptor.ini updated with ReportCenter Java Task name
Adaptor.ini updated with JDBC &P1 Driver Name of &P2
The HFS Path for the CA Datacom JDBC Classes zip file
DB2 JDBC Legacy Driver class file &P1
WebCenter is active (NCLID=~P1)
WebCenter is not active: ~P1
削除されたメッセージ
削除されたメッセージ
以下のメッセージが削除されました。
DFAT0414
DFAT0416
DFPKG12
DFRR0106
NR4090
N13G04
N15407
N3AT03
N3AT04
N3AT20
N3AW80
N3B104
N3B105
N3DB90
N3U201
N3U202
N3U203
N3U204
N3U205
UTNEUP01
UTNEUP02
UTNEUP03
~P1 qualifiers listed for attribute ~P2
999 out of ~P1 qualifiers listed for attribute ~P2
&P1
Option &P1 is not valid against (no qualifier) entry.
UNABLE TO IDENTIFY REXX INTERFACE MODULE: mmmmmmmm RC
IP DETAILS INVALID WHEN IP=NO SPECIFIED.
NSBRO SPECIFIC BROADCAST OPERANDS INVALID FROM THIS S
TCPIP QUIESCE COMMAND WILL STOP TCP/IP, NO SOCKETS O
NEW TCP/IP TYPE (~P1) DEFINED, LOAD MODULE IS ~P2
TCPIP DEFINE FAILED, TYPE TABLE IS FULL
CANNOT DISPLAY DNR STATISTICS, TCP/IP NOT ACTIVE
IP TRACE: ALLOCATE RC=~P1
IP TRACE: DEALLOCATE RC=~P1
NETMASTER DNR UDP SOCKET OPEN FAILURE, RC=rr RSN=rrr
Call successful
Not enough variables to hold all of the data
Link to IRXEXEC failed
Unexpected return code &P1 from OSA/SF interface
Return code &P1 from $IPSA14Z
Send MDO Map error: ~P1 ~P2 ~P3 ~P4 ~P5 ~P6 ~P7 ~P8 ~
Send MDO Data error: ~P1 ~P2 ~P3 ~P4 ~P5 ~P6 ~P7 ~P8
Send data accepted for interval ~P1 ~P2 (~P3 mins), ~
付録 C: メッセージの変更点 53
新規のメッセージ
新規のメッセージ
以下のメッセージは新しいメッセージです。
AMARED06
AMDISP31
AMEVFWD03
AMINWI34
AMINWI46
AMPAGT16
BAINWI46
BAIPWI30
BAIPWI31
BAIPWI32
BAIPWI33
BAVL01
BAVL02
BAVSAM07
BAVSAM08
BAVSAM09
BAVSAM10
BS0105
BS0161
CAPKG030W
CAPKG031W
CAPKG032I
CAPKG033W
CAPKG034W
CAPKG035W
CAPKG036I
CAPKG037I
CAPKG038I
CAPKG039E
CAPKG039I
CAPKG040W
CAPKG041W
CAPKG042W
CAPKG043W
CAWV0028
CAWV0029
CAWV0030
CAWV0031
CAWV0036
CAWV0050
CSAP2901
CSAP2902
CSAP2903
CSAP2904
CSAP2905
54 リリース ノート
Request canceled
Note: Lines marked + came after a backwards time chan
Destination address~P1 invalid. SOCKETS API is not IP
Destination address cannot be IPv6, SOCKETS API is no
IPv6 socket support not enabled
No alerts found matching supplied criteria
Buffer minimums set for pool ~p1: ~p2
~P1 hostnames read from ~P2
No entries loaded into DNR static cache
IPv6 socket support not enabled
Invalid filter on line &p1: &p2
VSAM levels are not available
System VSAM base is: MODS ~P1 PANELS ~P2 OSCNTL ~P3
File resize failed for &p1 &p2
&p1
Resizing of file &p1 initiated due to file full or ex
Resizing of file &p1 completed successfully
Field prompting not supported
FUNCTION NOT SUPPORTED FOR GENERIC RESOURCE GROUP ~P1
Server token set failed! &p1="&p2" rc=&p3 fdbk=&p4
Server &p1 socket registration failed! &p2 rc=&p3 fdb
Server &p1 socket registered on port &p2 &p3 servlet=
Server &p1 TCP connection accept failed for port &p2
Server &p1 APPC start failed for servlet &p2 rc=&p3 m
Server &p1 TCP connection socket transfer failed! Soc
Server &p1 has had &p2 TCP connections since &p3
Server &p1 stats: &p2 conns, &p3 in error, &p4 bytes
&p1
Socket call failed in &p1 : rc="&p2" fdbk=&p3 errno=&
&P1
&p1 servlet socket transfer notification timed out.
&p1 servlet received an unexpected socket transfer ms
&p1 servlet socket transfer accept failed. rc=&p2 fdb
Server &p1 has not yet registered.
The maximum number that can be selected has been exce
Request canceled
Expanded section empty
Widglets exceeded system maximum of &p1. ID=&p2.&p3.&
Invalid command (for help:put cursor on this line, pr
Invalid action. Use S,Q,/ or cursor to select item
SNANMI request failed, USS ~P1 error: Retcode=~P2 Rea
SNANMI request failed, SNANMI interface terminated, R
SNANMI request failed - ~P1
EE session for CPNAME=~P1 restarted
Attribute ~P1 sampling error: ~P2
新規のメッセージ
CSCALLG11
CSCALLG12
CSCALLG13
CSCALLG14
CSCALLG15
CSCALLG16
CSCALLG17
CSEE001
CSEE002
CSEE003
CSEE004
CSRT001
CSRT002
CSRT003
CSRT004
CSRT005
CSRT006
CS0301
CS2401
DFCVPKG01
DFCVPKG02
DFCVPKG03
DFCVPKG04
DFCVPKG05
DFCVPKG06
DFCVPKG07
DFCVPKG08
DFCVPKG09
DFCVPKG10
DFCVPKG11
DFCV0001
DFCV0002
DFCV0003
DFCV0004
DFCV0005
DFCV0006
DFDBPKG08
DFDBPKG09
DFDBPKG10
DFDBPKG11
DFDBPKG12
DFDBPKG13
DFDBPKG14
DFDBPKG15
DFDBPKG16
DFDBPKG17
DFDBPKG18
DFDBPKG19
DFDBPKG20
No link found for CP ~P1
~P1 list truncated - size limit reached
SNA NMI error ~p1, connection RTP status not applied
EPS ~p1 error: Errno=~p2 Reason=~p3
EPS ID error: Verb=~p1, ID=~p2, SSID=~p3, system=~p4,
SSI ~p1 on ~p2 not contactable or Packet Analyzer not
Request timed out on SSID=~p1, system=~p2 for ~p3 wit
Use PT to start tracing an EE Remote CP, then PTV to
Use PT to start tracing an EE Local VIPA, then PTV to
Packet trace not available - stack ~P1 unknown to pac
Packet trace activated for IP address ~P1
~P1 stalled, ~P2 congested, ~P3 switching
SORT fields are ~P1
SORT order not A or D
SORT field ~P1 not supported
Use PT to start tracing an RTP Pipe, then PTV to view
SELFTEST ACTIVATED. ALL RTPS DISPLAYED.
Directory display not supported for node type ~P1
No Sessions using ALS ~P1
Recursive condition definitions encountered! Cond ID=
Not monitored
Not available
Sampling error
Pending
Condition DB integrity error on ID="&p1"
No stacks monitored
No stack interfaces monitored
No ports monitored (by number)
No ports monitored (by address space)
&P1 is not monitored
Condition monitor initialization in progress
Conditions not available for &p1
Sample details not available
Invalid VIEWCOND command options: &P1
Condition summary view changed to: &P1
Conditions not accessible for &p1
Resource &P1(&P2) not found.
&p1 &p2 &p3 &p4 migrated to &p5 from &p6
Migration to &p1 from &p2 completed with &p3 errors a
&p1 baseline attributes found on file &p2
&p1 existing baseline records deleted from file &p2 b
Baseline record missing from file &p1 key=&p2
&p1 baselines written as &p2 records to &p3 (LRECL mi
&p1 baseline records deleted from file &p2 after migr
Migration to &p1 from &p2 started.
Migration to &p1 from &p2 bypassed, baselines already
Warning, invalid data for baseline: &p1
Migration to &p1 from &p2 progressing... &p3
Migration to &p1 from &p2 completed. No baselines fou
付録 C: メッセージの変更点 55
新規のメッセージ
DFDBPKG21
DFDBPKG22
DFDBPKG23
DFDBPKG24
DFDBPKG25
DFDBPKG26
DFDBPKG27
DFPKG13
DFPKG14
DFPKG15
DFPKG16
DFPKG17
DFPKG18
DFPKG19
DQ0312
DQ0313
FADB0217
GP1017
GP1018
GP1019
GP1020
IAPKG035
LOBROW06
LOPROC04
LXCMD00E
LXCMD000
LXCMD001E
LXCMD002E
LXCMD003
LXCMD003E
LXCMD004I
LXCMD006E
LXCMD007E
LXCMD008E
LXCMD999
LXEVT001I
LXIN0001
LXIN0002
LXIN0003
LXIN0004
LXIN0005
LXIN0006
LXIN0007
LXIN0008
LXIN0009
LXIN0010
LXIN0011
LXIN0012
LXIN0013
56 リリース ノート
Parameter &p1 mutually exclusive to &p2
Parameter &p1 must specify a different value to &p2
Identical input and output dataset not allowed: &p1
Baseline migration aborted: &p1
Migration process ended
Error for dataset &p1
Invalid dataset characteristic: &p1
Update is not valid for resources from a migration re
Update in progress by &P1
Update in progress by &P1 for group &P2
Alert details saved and will be effective next sample
No changes made, record not saved
Monitoring for &P1 already enabled for &P2
Condition enabled and will be effective next sample/p
Invalid LOCATE operand: ~P1
Bottom of data reached
High and Low remote address must be the same IP versi
Invalid sort option. Use SORT ? to display valid opti
No sort value selected
~P1 is not an IP address or partial IP address
Locate only supported after list is sorted
IIAPARMS data set &P1
Note: Lines marked + came after a backwards time chan
Backward time offset ~P1 expires ~P2~P3
~P1
~P1
Linux System must be identifed using either ADDR= or
~P1 is not currently registered
Parm from XINETD: ~P1
CMD= is required for LXCMD
COMMANDS server for ~P1 terminated by client
COMMANDS Server for ~P1 did not receive expected parm
COMMANDS Server for ~P1 received unexpected type for
COMMANDS Server for ~P1 timed out waiting for the she
END OF RESPONSES
&P1 &P2 &P3 &P4 &P5
Linux Connector initialization has started
Linux Connector startup status is ~p1
Linux Connector initialization ended
Telnet Server address is ~p1 port ~p2
Invalid Parameter: Name=~p1 Value=~p2
Could not start the Telnet Server
TCPIP Stack Type and Stack Name or Stack SSID not spe
Cannot start TCP/IP interface, region terminating
~p1 set to ~p2
Linux Connector parameter error, Linux Connector will
Duplicate ~p1 parameter, changing value from ~p2 (old
Invalid data set allocated to SYSTCPD: ~p1
Linux Connector Parameter: Name=~p1 Value=~p2
新規のメッセージ
LXIN0014
LXLOG001A
LXLOG001C
LXLOG001D
LXLOG001E
LXLOG001I
LXLOG001M
LXLOG001N
LXLOG001W
LXLOG002W
LXLOG003I
LXLOG004E
LXMON001I
LXMON002E
LXMON003I
LXMON004I
LXMON005E
LXMSG001A
LXMSG001C
LXMSG001E
LXMSG001I
LXMSG001M
LXMSG001S
LXMSG001V
LXMSG001W
LXPKG001I
LXUNSOL01I
LXUNSOL02I
LXUNSOL03E
LXUNSOL04W
LXUNSOL05E
NCD101
NCD102
NCD103
NCD281
NCD282
NCD283
NCD371
NCD372
NCD373
NCD374
NCD390
NCD580
NCD581
NCD582
NDRV01
NDRV02
NDRV03
NDRV04
No data found in PARMLIB member
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
Expected message &p1 from LXCMD, Received &p2
SYSLOGNG server for ~p1 terminated by syslog-ng daemo
SYSLOGNG server for ~p1 returned fdbk(~p2) waiting fo
Session with VM system ~p1 started. Timezone offset:
NODEINFO record not received from ~p1 on ~p2
VM Server terminating for ~p1
VMMON Server for ~p1 terminated By VM Agent
VMMON Server for ~p1 received unsupported message typ
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
&p1 &p2 &p3
Tracing turned ~p1 for VM Agent on ~p2
Connected to Unsolicited Message Client ~p1 on ~p2
UNSOLMSG server for ~p1 terminated by client
Unsolicited Message Client failed to send HELLO. Sent
Unsolicited Message Server Multi Client Handler start
Client ~p1 on ~p2 denied connection. Already connecte
CDI EPS REGISTERED, NAME=~P1
CDI EPS REGISTRATION FAILED, RC=~P1, NAME=~P2
~P1 ACTIVE CDI REQUEST(S)
EPSRQST: CID=~P1 NMID=~P2 FUNC=~P3 UCORR=~P4
EPSRESP: CID=~P1 NMID=~P2 FUNC=~P3
+ooo xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx
cccc cc
CDIRQST: CID=~P1 TYPE=~P2 ADDR=~P3 LEN=~P4
CDIRESP: CID=~P1 TYPE=~P2 ADDR=~P3 LEN=~P4
+ooo xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx
cccc cc
USSRESP: CID=~P1 FUNCTION=~P2 RETVAL=~P3 RETCODE=~P4
~P1 APPARENT STALLED CDI REQUESTS
CDI SUBTASK ATTACH FAILED (REFER TO LOG)
CDI SUBTASK INIT FAILED, RC: ~P1 CODE: ~P2 SUBCODE: ~
CDI SUBTASK TERMINATED, RC: ~P1 CODE: ~P2 SUBCODE: ~P
Invalid ALLOCATE parm combination
No suitable ALLOC to CONCAT to
SYSOUT concatenation not allowed
TEMP DSN table overflow
付録 C: メッセージの変更点 57
新規のメッセージ
NDRV05
NDRV99
NDR001
NDR002
NDR003
NDR004
NDR005
NDR006
NDR007
NDR008
NDR009
NDR010
NDR011
NDR012
NDR013
NDR014
NDR015
NDR016
NDR017
NDR018
NDR019
NDR020
NDR021
NDR022
NDR099
NDR101
NDR102
NDR103
NFGL01
NFGL03
NFGZ01
NFGZ02
NFGZ03
NF0001
NF0710
NF0711
NF0712
NF0713
NF0714
NF1M50
NF1M51
NF1M80
NF1003
NF1501
NF1502
NF1580
NF1581
NF1582
NF1583
58 リリース ノート
TEMP DSN not found in table
~p1
DD=NMDRVCTL OPEN failure
Unrecognised operand
PGM= name greater than 8 characters
LIST= value invalid
ERROR= value invalid
PARMSEP= value invalid
PPREF= value invalid or too long
WAIT= value invalid
PSUFF= value invalid or too long
More than 1 parm on a control line
~p1 operand unrecognised
<~p1> operand duplicated
<~p1> operand invalid value
Variable substitution not supported
Invalid SUBS=... value
Variable name not 1-16 characters
Variable name has bad characters
Variable value too long
Too many variables defined
Subs output buffer overflow
Parm syntax error at col ~p1
Missing continuation
~p1
Waiting for WAIT= requirements to be satisfied
SAF unavailable - SAFRC=&p1, RACFRC=&p2, RACFRE=&p3
VTAM unavailable - RC = ~p1
STARTING EIG SCAVENGE RUN...
ENDED
EIG SCAVENGE RUN. DELETED: nnn
EPS SERVICE REGISTERED. TYPE: aaa NAME: bbb
EPS SERVICE REGISTRATION FAILED. TYPE: aaa NAME: bbb
... ACTIVE REQUESTS: nnn
PACKET ANALYZER INITIALIZATION FAILED - ~p1
CPU: ~P1 API: ~P2 PKTS: ~P3 EVT: ~P4 SMF: ~P5 UUID: ~
DDB-U: ~1% SDB-U: ~2% TDB-U: ~3%
D/C: NQ: ~1 DQ: ~2 LS: ~3 AW: ~4 TW: ~5 ST: ~6 (%): ~
S/T CPU: ~1 TASK: ~2 (~3%) SRB: ~4 (~5%) M-SW: ~6
PHTM: ~1 ZONC: ~2 ZNCT: ~3 %-ZIIP: ~4
CONN INFO REQ FOR STACK: ~P1 COMPLETE. #CONN: ~P2 #QD
CONN INFO REQ FOR STACK: ~P1 FAILED. REASON: ~P2
IPV6 CONFIGURATION IOCTL ERROR. STACK=stackname
PACKET ANALYSER VERSION IS aaa.bb
CONFIGURATION REFRESH COMPLETE. STACK: ~p1
CONFIGURATION CHANGE DETECTED. STACK: ~p1
UNIX SYSTEM SERVICES UNAVAILABLE: STACK=~P1
ATTACH FAILED FOR SUBTASK: ~p1 STACK: ~p2
STACK CONFIGURATION HANDLER SUBTASK INIT FAILURE, STA
STACK CONFIGURATION HANDLER MODULE INIT FAILURE, STAC
新規のメッセージ
NF6180
NF8A90
NH0080
NH0310
NH0311
NH0312
NH0319
NH0410
NH0411
NH0412
NH0413
NH0414
NH0420
NH0421
NH0428
NH0429
NH0430
NH0431
NH0432
NH0433
NH0440
NH0441
NH0442
NH0445
NH0446
NH0450
NH0455
NH0610
NH0620
NH0621
NH0622
NH0670
NH0671
NH0673
NH0680
NH0681
NH0682
NH2101
NH2201
NH2210
NH2211
NH2212
NH2213
NH2214
NH2288
NH2289
NH2980
NH2981
NH2982
STACK: name DOES NOT HAVE PTF FOR APAR PK11661 APPLIE
P/A S/T REQ STALLS... #CR: aaa #SR: bbb #NSR: ccc
HC INTERFACE SETUP FAILURE: code - desc
HC INTERFACE INSTALLED AND AVAILABLE
HC INTERFACE UNAVAILABLE. REASON: reason
HC INTERFACE STATUS UNKNOWN
IBM HC REGION STATUS IS: aaa PROC NAME IS: bbb
HC INTERFACE STATUS INFORMATION FOLLOWS...
CHECK I/F STATUS: aaa QUERY I/F STATUS: bbb CHECKS DE
IBM HC REGION STATUS IS: aaa PROC NAME IS: bbb
TYP CHECK NAME
HANDLER
F-CODE NM-PARM
typ check name
handler
f-code nm-parm
HZSQUERY REQUEST=aaa SCHEDULED...
HZSQUERY REQUEST=aaa RESULT: bbb-ccc ddd eee fff
DUMP OF RETURNED HZSQUAA. @=aaa XL=bbb DL=ccc
hex dump data
HZSQUAA HEADER FIELD NAME.......... VALUE
field-name
value
HZSQUAAG FIELD NAME................ VALUE
field-name
value
LIST OF CHECKS FOLLOWS. NUMBER: nnn
CHECK-NAME
OWNER
S
MSGTOKEN
check-name
owner
s
msgtoken
CHECK LINES FOLLOW. BUFFERS: aaa NUMBER LINES: bbb
line-data
HC DEFINE COMMAND COMPLETE. CHECK: aaa DEFINED
HC DELETE COMMAND COMPLETE. CHECK: aaa DELETED
HC DELETE COMMAND FAILED. CHECK: aaa NOT FOUND
HC DELETE COMMAND COMPLETE. CHECK: aaa MARKED FOR PEN
INVALID HEALTH CHECK NAME
INVALID HEALTH CHECK REASON
INVALID INTERVAL FORMAT
HC DEFINE COMMAND FAILED - STORAGE SHORTAGE (1)
HC DEFINE COMMAND FAILED - CHECK ALREADY EXISTS: aaa
HC DEFINE COMMAND FAILED - STORAGE SHORTAGE (2)
SCHEDULING PROCEDURE (pppp) FOR HEALTH CHECK: cccc
PROCESS pppppp FOR CHECK: cccc HAS COMPLETED. RESULT
PROCESS pppppp FOR CHECK: cccc RESULT ERROR. INFO FO
NO RESULT SET
RESULT: aaaa NO TEXT SET FOR bbbb
RESULT: aaaa NO MSGID SET FOR bbbb
RESULT: aaaa NO DIAG VALUE SET
PROCESS pppppp FOR CHECK: cccc TERMINATED IN ERROR
PROCESS pppppp FOR CHECK: cccc FLUSHED DUT TO TIMEOUT
HC_UTIL VERB ONLY VALID IN A HCPROC PROCEDURE
NO RESULT SET
RESULT: aaa NO TEXT SET FOR bbb
付録 C: メッセージの変更点 59
新規のメッセージ
NH2983
NH2984
NH2988
NH2989
NH3010
NH3011
NH3020
NH3021
NISB81
NISB82
NISB83
NISB84
NIST000I
NIS001
NIS101
NIS102
NIS103
NIS281
NIS282
NIS283
NIS390
NIS501
NIS580
NIS581
NIS582
NIS583
NIS584
NIS585
NIS590
NKAA20
NKAA70
NKAA71
NKAA72
NKAA73
NKAA74
NKAA85
NKAA90
NKAG80
NKAG81
NKAG82
NKA001
NKA080
NKA401
NK0001
NK0080
NK0301
NK0380
NK0610
NK0611
60 リリース ノート
RESULT: aaa NO MSGID SET FOR bbb
RESULT: aaa NO DIAG VALUE SET
STEM. VARNAME TOO LONG
STEM. VALUE LENGTH EXCEEDS 255
LOAD FAILED FOR aaaaaaaa - HC CHECK API DISABLED
HC CHECK API FAILED TO INITIALISE, RC: rrr, R0/1 (HEX
CHECK: aaaaaaa DEFINED. CORR: bbbb
CHECK: aaaaaaa DEFINE FAILED. RC: rr R0/1 (HEX): bb
NMIRQST: ADDR=~P1 LEN=~P2
NMIRESP: ADDR=~P1 LEN=~P2
NMIREC: ADDR=~P1 LEN=~P2
+oooo xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx *cccccccc
text
IPSEC NMI INITIALIZATION FAILED - ~P1
IPSEC NMI EPS REGISTERED, NAME=~P1
IPSEC NMI EPS REGISTRATION FAILED, RC=~P1, NAME=~P2
~P1 ACTIVE IPSEC NMI REQUEST(S), SUBTASK STATUS: ~P2
EPSRQST: CID=~P1 NMID=~P2 FUNC=~P3 UCORR=~P4
EPSRESP: CID=~P1 NMID=~P2 FUNC=~P3
+ooo xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx
cccc cc
~P1 APPARENT STALLED IPSEC NMI REQUESTS
CONNECTED TO IPSEC NM SERVER
IPSEC NMI SUBTASK ATTACH FAILED (REFER TO LOG)
IPSEC NMI SUBTASK INIT FAILED, RC: ~P1 CODE: ~P2 SUBC
IPSEC NMI SUBTASK TERMINATED, RC: ~P1 CODE: ~P2 SUBCO
USS ERROR, FUNCTION: ~P1 RETVAL: ~P2 RETCODE: ~P3 RSN
IPSEC NM SERVER IS NOT STARTED, RETVAL: ~P1 RETCODE:
CONNECTION TO IPSEC NM SERVER TERMINATED, RETCODE: ~P
IPSEC NMI SUBTASK INITIALIZATION IS STALLED
text
BCPII ERROR. INFORMATION: iii - BCPII INFO FOLLOWS..
BCPII REQUEST INFO. REQ: aa RC (D,X): bb cc DIAG: dd
ERROR. INFORMATION: iii
BCPII A/S IS NOT ACTIVE. DETECTION CODE: aa (BCPII R
BCPII INTERFACE ERROR. REQUEST: aa RC: bb
CALL TO BCPII FAILED. PROCESSING: aa TYPE: bb. INFOR
ATTR: aa BCPII CODE (D): bb HWI CODE (D): cc
BCPII EVENT RECEIVED. $HWBE FOLLOWS...
(xxx $HWBE) UNREC BCPII EVENT CODE/SUBCODE. VALUES: a
(xxx $HWBE) ERROR: aaa
BCPII HARDWARE INTERFACE INITIALIZATION COMPLETE.
BCPII H/W I/F INITIALIZATION FAILED - reason
'BCPII' HARDWARE INTERFACE ACTIVE
HIS FACILITY BASIC INITIALIZATION COMPLETE. VERSION:
HIS FACILITY INITIALIZATION FAILED - reason
HARDWARE INTERFACE SERVICE ACTIVE. VERSION: vvv
HIS SETUP ERROR: reason
APITOKEN JOBNAME [email protected]
USERID
[email protected] EVCORR1 EVCORR2
新規のメッセージ
NK0612
NK0613
NK0615
NK0616
NK0617
NK0618
NK5110
NK5111
NK5115
NK5116
NK6180
NK8030
NK8031
NK8032
NMAU0501
NM6480
NM6481
NM6482
NM6485
NQ0080
NQ0310
NQ0311
NQ0312
NQ0410
NQ0411
NQ0412
NQ0415
NQ0416
NQ1080
NQ1081
NQ1082
NQ1181
NQ1182
NQ1183
NQ1184
NQ1185
NQ1186
NQ1187
NQ1188
NQ1189
NQ2090
NQ2091
NQ2092
NQ4280
NR4080
NSNB81
NSNB82
NSNB83
NSNB84
EVSTATUS TOT#-EVT QUE#-EVT #-ABENDS
CONN-DATA
apitoken jobname [email protected]
userid
[email protected] evcorr1 evcorr2
evstatus tot#-evt que#-evt #-abends
conn-data
HIS API CONN (a) T: b A-T: c J: d U: e I: f
... CONN DATA: d
HIS API DISC (a) T: b A-T: c J: d U: e
... CONN DATA: d
API EVENT EXIT ABENDED... JOBNAME: a ASID-TCB: b-c EX
HIS INITIAL TOPOLOGY COLLECTION STARTING. H/W INTERFA
HIS INITIAL TOPOLOGY COLLECTION FINISHED. H/W INTERFA
HIS INITIAL TOPOLOGY COLLECTION ERROR. H/W INTERFACE:
EventView Rule audit queue overflow
STCKFIX PARM n IS NOT A VALID OPERATION NAME
STCKFIX PARM n ('name') NEEDS A FOLLOWING VALUE PARM
STCKFIX PARM n ('name') MUST BE A type
STCKGEN INPUT FMT/VALUE/RANGE INVALID
MQ INTERFACE SETUP FAILURE: code - extra-data
MQ INTERFACE INSTALLED AND AVAILABLE
MQ INTERFACE UNAVAILABLE. REASON: rrrrrrr
MQ INTERFACE STATUS UNKNOWN
MQ INTERFACE USER LIST FOLLOWS
NCLID USERID
QMGR
ID
LST-FUNC CC
RS T NAME
nclid userid
qmgr
id
lst-func cc
rs t name
MDO PROCESSING ERROR. RC: rr ARG: a KEY: k OFFSET (DE
GET TARGET MDO ASSIGN ERROR. RC: rr
GET TARGET MDO MAP CONNECT ERROR. RC: rr
MDO SETUP ERROR. RC: rrr ARG: aaa R0: aaa
INCORRECT MAP FOR ''SET'' MDO. MDO NAME: aaa - EXPEC
NUMERIC ATTR CODE: aaa NOT VALID
DUPLICATE NUMERIC ATTR CODE: aaa
MDO KEY NOT VALID FOR ''SET'' OF THIS OBJECT: aaa
MDO FLD LEN FOR aaa ATTR: bbb IS INVALID: ccc
INSUFFICIENT VARIABLES PROVIDED IN ''VARS'' LIST
VAR DATA LEN FOR aaa ATTR: bbb IS INVALID: ccc
MDO aaa FAILURE. RC: bbb FB: ccc
MQ INTERFACE SUBTASK UNEXPECTED TERMINATION. REQUEST
TERMINATION TYPE AND INFO: iii
REFER TO PRECEDING N15Z.. MESSAGES FOR PSW/REGS
LOAD FOR MQ I/F MODULE: mmmmmmmm FAILED. RC: rrr COD
IDENTIFY SETUP ERROR... IDENTIFY FAILED
NMIRQST: ADDR=~P1 LEN=~P2
NMIRESP: ADDR=~P1 LEN=~P2
NMIREC: ADDR=~P1 LEN=~P2
+oooo xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx *cccccccc
付録 C: メッセージの変更点 61
新規のメッセージ
NSN001
NSN101
NSN102
NSN103
NSN281
NSN282
NSN283
NSN390
NSN501
NSN580
NSN581
NSN582
NSN583
NSN584
NSN585
NSX910
NSX911
NSX912
NSX913
NSX919
NSX920
NSX951
NSX952
NSX953
NSX954
NSX955
NSX956
NSX971
NSX972
NSX973
NSX974
NSX981
NSX982
NSX983
NSX984
NSX985
NSX986
NSX990
NSX991
NSX992
NSX993
NS2039
NS2040
NY4C08
NY6001
NY6002
NY6101
NY6102
NY6103
62 リリース ノート
SNANMI INITIALIZATION FAILED - ~P1
SNANMI EPS REGISTERED, NAME=~P1
SNANMI EPS REGISTRATION FAILED, RC=~P1, NAME=~P2
~P1 ACTIVE SNANMI REQUEST(S), SUBTASK STATUS: ~P2
EPSRQST: CID=~P1 NMID=~P2 FUNC=~P3 UCORR=~P4
EPSRESP: CID=~P1 NMID=~P2 FUNC=~P3
+ooo xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx
cccc cc
~P1 APPARENT STALLED SNANMI REQUESTS
CONNECTED TO VTAM SNAMGMT SERVER, LEVEL: ~P1 FLAGS: ~
SNANMI SUBTASK ATTACH FAILED (REFER TO LOG)
SNANMI SUBTASK INIT FAILED, RC: ~P1 CODE: ~P2 SUBCODE
SNANMI SUBTASK TERMINATED, RC: ~P1 CODE: ~P2 SUBCODE:
USS ERROR, FUNCTION: ~P1 RETVAL: ~P2 RETCODE: ~P3 RSN
VTAM SNAMGMT SERVER IS NOT STARTED, RETVAL: ~P1 RETCO
CONNECTION TO VTAM SNAMGMT SERVER TERMINATED, RETCODE
UNKNOWN USERID: uuuuuuuu
STORAGE SHORTAGE
TSO AUTO LOGON (NO PASSWORD) NOT ALLOWED
PASSWORD REQUIRED FOR ROF LOGON
LOGON FOR USERID: uuuuuuuu DENIED BY SECURITY EXIT (T
PASSWORD CHANGE PREVENTED BY SECURITY EXIT
USERID: uuuuuuuu SAF ERROR RC=aa RRET=bb RREA=cc
USERID: uuuuuuuu NOT DEFINED TO SECURITY SYSTEM
USERID: uuuuuuuu REVOKED
USERID: uuuuuuuu PASSWORD HAS EXPIRED
USERID: uuuuuuuu PASSWORD INVALID
USERID: uuuuuuuu NEW PASSWORD INVALID
SECCALL CALL INVALID OR MISSING PARM 1
SECCALL CALL UNRECOGNISED PARM 1
SECCALL CALL OPTION: oooo NOT SUPPORTED BY THIS EXIT
SECURITY CALL: ssssssssssssssssssss NOT SUPPORTED BY
GETMAIN FOR WORKAREA FAILED
NetMaster version not at least V5.0
ERRORS IN SXCTL FILE
NETMASTER NOT APF AUTHORIZED
UNSUPPORTED SAF LEVEL
REGION RACROUTE TOKENXTR FAILED
SECURITY EXIT INTERNAL FAILURE: cccccccc
MODULE: mmmmmmmm VERSION: vvvv PTF: pppppp ASM D/T: y
OFFSET: oooo additional information
Rxx-Ryy aaaaaaaa bbbbbbbb cccccccc dddddddd
DATE: yyyy/mm/dd TIME: hh:mm:ss.th TIMEZONE OFFSET: s
SSI UNIQUE VALUE: xxxxxxxx
CREATE SOCKET call failure - Stack Name:~P1, Errno:~P
SSM support initialized for ~P1
SSM support initialization failed - Not supported on
SSM SUPPORT STATUS
SSM SUPPORT ACTIVE
SSM ~P1 STATUS COMPLETE
新規のメッセージ
NY6104
NY6105
NY6106
NY6107
NY6501
NY6502
NY6503
NY6504
NY6505
NY6506
NY6601
NY6602
NY6603
NY6604
NY6605
NY6606
NY6701
NY6702
NY6801
NY6802
NY6803
NY6804
NY6805
NY6806
NY6807
NY7101
NY7109
NY7201
NY7202
NY7203
NY7209
NY7210
NY7211
N0D201
N0D202
N0D203
N0D204
N0D205
N0D208
N0D209
N0D210
N0D211
N0D212
N0D213
N0D220
N0D221
N0D222
N0D223
N0D266
SSM HEARTBEAT ACTIVE
SSM SUPPORT FAILED
SSM ~P1 STATUS FAILED
SSM ~P1 STATUS PENDING
SSM support initialized for ~P1
SSM support initialization failed- ~P1
SSM STATUS attach failed RC:~RC
SSM support may not be active
SSM subtask error during detach, RC: ~RC, RS: ~RS
SSM heartbeat active
SSM support initialized for ~P1
SSM support initialization failed- ~P1
SSM STATUS attach failed RC:~RC
SSM support may not be active
SSM subtask error during detach, RC: ~RC, RS: ~RC
SSM heartbeat active
SSM support initialized for ~P1
SSM support initialization failed - Not supported on
SSM SUPPORT STATUS
SSM SUPPORT ACTIVE
SSM ~P1 STATUS COMPLETE
SSM HEARTBEAT ACTIVE
SSM SUPPORT FAILED
SSM ~P1 STATUS FAILED
SSM ~P1 STATUS PENDING
FXTB present
FXTB Creation failed, Reason=~P1
FTPX command function missing
FTPX command function invalid
FTPX command function argument invalid: ~P1
FTPX debugging flags set
Required SAB not found
Required FXTB not found
INSUFFICIENT STORAGE TO PROCESS SHOW COMMAND
DATACOM API DBSVWPR NOT LOADED, LOAD FAILED WITH R15=
DATACOM API DBSVWPR NOT LOADED, MODULE NOT FOUND
DATACOM API DBSVWPR RETURNED R15=~p1
DATACOM API DBNTRY RETURN RC=~p1, IC=~p2
MUFNAME
REL TP JOBNAME SVC SUB STATUS
~p1
~p2 ~p3~p4
~p5 ~p6 ~p7
~p1
~p2
~p3
~p4 ~p5 ~p6
~p1
~p2 ~p3
~p4~p
~p1
~p2 ~p3 ~p4
~p1
~p2 ~p3 ~p4 ~p5
~p6 ~p7~p8 ~p9
~p10
MUFNAME JOBNAME DIRNAME SVC SUB ENABLE-DATE/TIME
DIRNAME
DBID OCCURRENCE
S VN
DIRNAME
DBID AREA DATASET
DIRNAME
DBID AREA TAB TBID DDID T I RECORDS N OC
DATACOM VERSION ~p1 NOT SUPPORTED
付録 C: メッセージの変更点 63
新規のメッセージ
N0D267
N00M11
N00M12
N00M13
N00M14
N00M30
N00M31
N00M39
N00517
N02H01
N02H02
N02H03
N02H10
N02H11
N02H12
N02H13
N02I01
N02I80
N02101
N02180
N09709
N10V01
N10V02
N10V03
N11419
N11427
N11428
N11429
N13G90
N13G91
N13453
N14T01
N14T02
N14T80
N16C59
N17L01
N17L10
N17L11
N17L12
N17L15
N17L16
N17L17
N17L80
N17L81
N17L82
N17L89
N18729
N2A620
N2A621
64 リリース ノート
DBSVWPR API DOES NOT SUPPORT VERSION ~p1
hh:mm:ss ET: ss.th TCB: DC: s.tttttt TC: s.tttttt %T:
hh:mm:ss ET: ss.th SRB: DC: s.tttttt TC: s.tttttt %S:
hh:mm:ss ET: ss.th MS: sss #W: www #T: ttt XM: mmmm
hh:mm:ss ET: ss.th PH: s.tttttt ZC: s.tttttt ZZ: s.tt
hh:mm:ss ET: ss.th DC: s.tttttt TC: s.tttttt ST: ss E
aa iiiiiiii pppppppp se
s.th
c.tttttt s.tttttt
*END*
REGION NOT RUNNING AUTHORIZED, TERMINATING
REGION LOCAL D/T: dddd tttt UTC OFFSET: oooo
JCL PARM TZ=<OFFSET> HAS SET UTC OFFSET TO shhmm
JCL PARM TZ=GMT IS IN EFFECT
LOCAL TIME OFFSET CHANGE PROCESSED...
OLD LOCAL D/T/OFFSET: dddd tttt UTC OFFSET: oooo
NEW LOCAL D/T/OFFSET: dddd tttt UTC OFFSET: oooo
'OFFSET CHANGE: ooo
ENF CODE 53 LISTENER INSTALLED
ENF LISTENER INSTALL FAILED, REASON: rrr
REQUESTED EXECUTION MODE: aaa ACTUAL EXECUTION MODE:
EXEC. MODE: mode SETUP FAILURE. REASON: reason
~P1 ACTIVE AS GENERIC RESOURCE ~P2
DATE AND TIME RESYNCHRONISED WITH SYSTEM, OLD GMT OFF
NO DATE/TIME OFFSET CHANGE DETECTED
aaa IN EFFECT, SYNCTIME COMMAND IGNORED
LOCAL TIME OFFSET IS shhmm dddd mmmm
EXECUTION MODE (REQ ACTUAL): rrrr aaaa
... FAILURE INFO... reas rc subreas desc
Passwords are ~p1 Case Sensitive.
INVALID IP ADDRESS
INVALID PROXY ADDRESS/PORT
USER TIMEZONE NAME: nnn OFFSET: shhmm ddd
##TOFF ttt COMMAND PROCESSED
##TOFF ttt COMMAND IGNORED, TZ=... JCL PARM SPECIFIED
INVALID TIME OFFSET: ooo
INVALID DSNAME, DSN=aaaaaa
ADDRESS SPACE INFORMATION FOLLOWS...
ASID JOBNAME STEPNAME PSTPNAME TYP PGM
JOBID
DDNAME
DSNAME
PARM...
asod jobname stepname pstpname typ pgm
jobid
ddname
dsname
parm...
SHOW ASINFO COMMAND NOT SUPPORTED ON THIS OPERATING S
SHOW ASINFO COMMAND REQUIRES REGION TO BE APF AUTHORI
SHOW ASINFO COMMAND FAILED - STORAGE SHORTAGE
AB: ccc PSW: aaa-bbb R11: ccc ILC: ddd OFF: eee
~P1
IP: PORT=~P2 HOST ~P3=~P4
SPECIFIED VAR/MDO NAME NOT VALID IN NCL
SPECIFIED VARIABLE NAME IS INVALID
新規のメッセージ
N2D001
N2D002
N2D801
N2D802
N2D803
N2D901
N2D902
N2D903
N2D904
N3AF29
N3AF40
N3AF41
N3AF42
N3AF90
N3AF91
N3AT05
N3AT31
N3AT32
N3AT33
N3AT34
N3AV03
N3AV99
N3AW14
N3C105
N3ZB18
N54504
N6XA03
N74708
N75310
N75311
N75312
N75320
N75321
N75322
N75703
N80519
N80520
N99792
RETM1013
RETM1014
RMAD0115
RMAMAPI02
RMAM00H01
RMAS0001
RMAS0002
RMDBMS27
RMDBMS31
RMDB0206
RMDB0207
Datacom interface is now ~P1
Datacom ~P1 failed with return code ~P2 and internal
The OML/DATACOM interface status is: ~P1
NCLID OWNER
~P1 ~P2
State is already ~P1
Disconnecting - ~P1 users currently connected
Command ignored - currently ~P1
Command accepted
----------------------------------------------------SERVER-NAME
------ ---- -------- -------- ----- ----- ----------server-name
OPERAND operand IS INVALID OR OUT OF RANGE
SHOW optname FAILED, NAME=name IS NOT DEFINED
TCPIP START FAILED, PRIMARY ALREADY ACTIVE
TCPIP option FAILED, NO PRIMARY VENDOR INSTANCE
TCPIP option FAILED, NO DEFINED VENDOR INSTANCES
TCPIP option FAILED, NAME=name IS NOT DEFINED
TCPIP option FAILED, NO ACTIVE VENDOR INSTANCES
STATIC DNR CACHE LOADED, ADD=add, REPLACE=replace, NO
~P1 OPERAND IS OBSOLETE AND IS IGNORED
NS n PORT: port VENDOR: name
SRCIP= operand specifies invalid value
UNDEFINED DOMAIN NAME FOR INCOMING CONN REQ VIA PROXY
SESSION DEFINITION FILE UNAVAILABLE
NetMaster AXS exit EP:~P1 Compiled:~P2
SESSION AWARENESS PROCESSING (NO VTAM MODE) IS status
offset hex1 hex2 hex3 hex4 char1 char2 char3 char4
offset hex1 hex2 hex3 hex4 char1 char2 char3 char4
offset hex1 hex2 hex3 hex4 char1 char2 char3 char4
offset hex1 hex2 hex3 hex4 char1 char2 char3 char4
offset hex1 hex2 hex3 hex4 char1 char2 char3 char4
offset hex1 hex2 hex3 hex4 char1 char2 char3 char4
offset hex1 hex2 hex3 hex4 char1 char2 char3 char4
PASSTICKET GENERATION ENTRY POINT NOT ACCESSIBLE
PASSTICKET GENERATION FAILED FOR APPL=~p1, RC=X'~p2'
SHOW EPS COMMAND NOT PROCESSED, SSI ~P1 NOT CONNECTED
Eventview timer adjustment failed - &P1
Execution of timer rule ~P1 in ruleset ~P2 adjusted f
CANNOT DELETE SYSTEM IMAGE WITH A HOME SYSTEM OF &P1
CANNOT LOCATE ALERT
Alert ~P1 for ~P2 error ~P3
~P1 is an invalid sort column
~P1 is an invalid sort order
DATA SAMPLING ATTRIBUTE IN USE IN ~P1 RESOURCE(S)
CANNOT COPY A ~p1 SYSTEM IMAGE TO AN EXISTING ~p2 SYS
Export rejected - the export dataset is not in the co
Export rejected - dataset contains data from a differ
付録 C: メッセージの変更点 65
新規のメッセージ
RMEXPR38
RMEXPR39
RMEXPR40
RMHIMSG00
RMHIMSG01
RMHIMSG02
RMHIMSG03
RMHIMSG04
RMHIMSG05
RMHIMSG06
RMHIMSG07
RMHIMSG08
RMHIMSG99
RMHIS101
RMHIS102
RMHIS103
RMHIS104
RMHIS105
RMHIS106
RMHIS107
RMHIS108
RMHIS109
RMHIS110
RMHIS111
RMHIS112
RMHIS113
RMHIS114
RMHIS115
RMHIS116
RMHIS117
RMHIS118
RMHIS119
RMHIS120
RMHIS121
RMHIS201
RMHIS202
RMHIS203
RMHIS204
RMHIS205
RMHIS206
RMHIS207
RMIM0101
RMIM0102
RMIM0103
RMINWI88
RMINWI89
RMINWI99
RMIPAPI12
RMIPAPI13
66 リリース ノート
IPv6 subnet ~P1 not processed
Address ~P1 bypassed. Type ~P2 not in NODETYPES list
SmartTrace parameter Group updated by Express Setup
ID=~p1 - ~p2
The Hardware Interface Service event handler connecte
Backup copy of procedure $RMHIMSG (id:~p1) has starte
The Hardware Interface Service cannot be contacted
The Hardware Interface Service region is shutting dow
Lost contact with the Hardware Interface Service
Unexpected Hardware Interface Service event received
Unknown Hardware Interface Service event name: ~p1
Expected attribute flag missing or invalid: ~p1, ~p2,
The Hardware Interface Service Event Message Handler
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
~p1 ~p2 (~p3) ~p4 ~p5
HARDWARE INTERFACE SERVICE DOWN
HARDWARE INTERFACE SERVICE UP
SERVER HARDWARE INTERFACE UP
SERVER HARDWARE INTERFACE DOWN
INITIAL H/W TOPOLOGY COLLECTION COMPLETE
INITIAL H/W TOPOLOGY COLLECTION HAD ERRORS
TEST EVENT TXT=~p1
Call <~P1> is invalid
Panel name(~P1~) is invalid
Panel(~P1~) does not exist in panel library(~P2~)
IPv6 socket support not enabled
Invalid value, must be REGION, SERVER or USER
Deprecated attribute processing ~P1
UDP Connection command is not supported. PF1 on this
Command not available. Associated stack is TCPaccess
新規のメッセージ
RMIPAPI14
RMIPAPI15
RMLXCMD01W
RMLXCMD02W
RMLXCMD03W
RMLXCMD04E
RMLXMSG01I
RMLXMSG02I
RMLXMSG03E
RMLXMSG04E
RMLXMSG05W
RMLXMSG06I
RMLXMSG07W
RMMC3705
RMMC3706
RMMC3707
RMMC4204
RMRSSU36
RMRSSU37
RMRSSU38
RMRSSU39
RMSY6916
RMTNPK13
RMVM0121
RMVM0123
RMVM0124
RMVM0125
RM350315
RW4118
SD2444
SD2445
SD2446
SD3932
SD3933
SD3934
SD3935
SD3936
SD3937
SD3938
SD3939
SD3940
SD3941
SD3942
SD3943
SD3944
SD3945
SD3946
SD3947
SD3948
Link ~p1 is not active
Command not available on remote region ~p1
Command Server port number not yet in token &P1
Connection to Command Server not allowed.
Command Server not available on port &P1
Commands Server terminated connection.
Unsolicited Message Server port number not yet in tok
Connected to Unsolicited Message Server ~P1 on ~P2
Unsolicited Message Server failed to send HELLO. Sent
Unsolicited Message Server terminated connection. &P1
Connection to Unsolicited Message Server not allowed.
Unsolicited Message Server not available on port &P1
Unsolicited message receiver cannot verify a TCP/IP i
DATA SENT TO ADDRESS(&P1) PORT(&P2)
DATA: &P1
INVALID ADDRESS IGNORED(&P1)
IPv6 socket support not enabled on ~P1
Interface name must be specified when VIPA is IPv6
Is Name Generic? must be NO when Type is ~P1
Required fields for address space port monitoring omi
&P1 removed. Review attribute settings.
TCP/IP Host Name/Addr is invalid. SOCKETS API is not
The NSM agent ~P1 callback interval set to ~P2
IPv6 addresses are not supported here
~P1 cannot be an IPv6 address
Selection list of source addresses not available for
~P1 must start with ~P2
IP Summary Display must be OFF if no components selec
Report definition has no format items
Data set name and member name must be valid, and both
Invalid dataset characteristics. Must have DSORG=PO a
&p1 level vartable &p2 exported. &p3
Invalid hexadecimal data on line &p1 &p2
Record not added or updated because a duplicate alter
Record updated.
Record added.
No NDBs to view.
NDB not selected for viewing.
NDB name &P1 does not exist.
&P1 invalid - &P2
Scan returned &P1 records
Invalid LENGTH parameter. Specify an +num, -num, =num
Variable deleted.
Invalid global variable name.
No locks to view for ID=&p1
Invalid sort parameter, specify NCLID, NAME, PROC, US
Invalid filter expression: ~p1
OML globals excluded because this environment is bein
Message overflow, some variables not displayed, use N
付録 C: メッセージの変更点 67
新規のメッセージ
SL0036
SYMS1230
UADT56
UTAPI001
UTHTTP01
VMCMD001E
VMCMD002E
VMCMD003E
VMCMD999
WRDFWI08
WRDFWI09
WRDFWI10
WRINWI46
WRINWI47
WRINWI48
WRINWI49
WRINWI50
WRINWI51
WRINWI52
W3RSS001
W3RSS002
W3RSS003
W3RSS004
W3SP1101
W3SP1102
W3SP1103
W3SP1104
W3SP1105
68 リリース ノート
Invalid command (for help:put cursor on this line, pr
Review Userid ~P1 not defined
MSDM Access > 0 is only valid with Privilege Class 'A
Packet Analyzer scan exceeded time limit
ERROR IN HTTP RESPONSE FORMAT, DATA=~P1
VM Node must be identified using NODE= operand of VMC
~p1 Command Handler is not running
CMD= is required for VMCMD
END OF RESPONSES
A Port Number must be specified
This IP host name cannot be resolved to an IP address
Both Start and Stop Time must be specified if either
The DB2 JDBC Driver Type must be either Universal or
DB2 JDBC Universal Driver Class directory name doesn'
DB2 JDBC Universal Driver class directory &P1
JDBC Universal Driver class directory doesn't contain
JVM Heap Size Specifications are incorrect
Weekly Database Expiry Run Day is not a valid day
Both Start and Stop Time must be specified if either
Required keyword parameter ~P1 not specified.
Invalid parameter combination, Class=~P1 Action=~P2
Channel ~P1 is not registered
RSS Get Request Channel=~P1 User=~P2 Agent=~P3
URL NOT FOUND, ~P1
HTTP METHOD ~P1 not supported for Soap requests
Missing Service request for HTTP Soap request
Invalid Metric name ~P1~passed on GetMetric Soap requ
Unknown Soap Service name~P1~passed on HTTP Soap requ
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
1 230 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content