close

Enter

Log in using OpenID

Click - 株式会社イノベーション推進センター

embedDownload
ICTイノベーションの衝撃(2)
ICT立国 韓国の最先端ICT事情
Principal Research Engineer
湯浅 岳史
シリーズでお届けしている「ICTイノベーションの衝撃」
、
今回はICT立国を目指すお隣韓国の最先端 ICT事情についてご紹介します。
1 We Trust You 改札がない?!
表1 : 国連電子行政ランキング
(2014年)i
ソウル駅のKTX(新幹線)入口。
自動改札機は見当たらず、その気になれば誰もが自由
に行き来することができます。
床には「We Trust You! Only paid customers can
を持っているお客様のみこのラインを越えることができ
ます。)」の文字。そう、KTXは、全ての改札を撤廃したの
です。
列車に乗るとき、日本でも韓国でも、我々は券売機で
切符を購入します。
この購入情報はデータセンターを経
由し、車掌の端末に転送されるので、車掌はどの座席が
購入済で、
どの座席が未購入かを車内で確認できます。
最初が「100万人主婦インターネット運動」。主婦の
在宅ワークを促進するため、ICT講座を無償で受けられる
ようにしました。次に軍人や公務員、囚人も対象として、
強制的にICT関連知識や技術を習得させました。
これら
の活動の結果、韓国国民のほとんどがICTを使いこなせ
るようになりました。これがICTベンチャーを産み、産業
活性化、雇用安定を達成しました。
I C Tイノベーションの衝 撃
cross this line.(我々はあなたを信用しています。切符
(2)
さらに金大中大統領は「デジタルニューディール政策」
と
称して、電子政府にも取り組みました。まずは、失業者を
雇用して紙の行政情報を電子化しました。現職の大手
ICT企業社長をICT担当大臣に据え、行政サービスの電子
化を強力に進めました。
これらの取り組みが、いま、電子政府ランキング一位と
ソウル駅のWe Trust You!
それであれば、改札をなくしてもいいではないか、
と
いうのが「We Trust You」の発想です。
確かに不正乗車はゼロではないが、ある「かも」
しれな
い 不 正を防ぐために、すべての駅に自動 改 札 機(日本
では通常1台が1,000万程度とされる)を設置するのは
コストのムダである、という発想。これこそが「ICT化の
いう結果を生んでいます。
3 病院で、空港で、駅で、街なかで、
いつでもどこでもICT 行政サービス
空港、駅、病院、市役所。街のあちこちに設置されている
この機械、実はこれ、公的証明書発行機です。
本質」であるのかもしれません。
2 なぜ韓国はICT 立国を目指したのか?
韓国は、国連の電子政府ランキングで、近年毎年一位
となっています。なぜ韓国でこれほどまでにICTが普及し
たのでしょうか?
インチョン空港の証明書発行機
証明書発行機の操作画面
話は今から約20年前まで ります。
ID(マイナンバー)を入力し、指紋認証することで、住民
1997年、東南アジア通貨危機の影響で、韓国は深刻な
票、卒業証明書、課税証明書、兵役証明書などが即座に
経済危機に陥り、破産状態になりました。大手企業の倒産
発行されます。
が相次ぎ、街は失業者で
れました。そうした危機のなか
国内外出張時、入院時、会社への書類提出時、様々な
で就任した金大中大統領はICT立国を掲げて、経済の
場面で「いつでもどこでも」公的証明書を発行することが
立て直しを強力に進めました。
できるのです。
3
これだけではありません。日本で引っ越しをする際は、
KSIC社の創業は1998年、GISエンジンをベースに、都
転出届、転入届、その後住民票を発行していろんな手続
市のあらゆる3次元情報をデータベース化、可視化する
き…しかも役所は平日しか空いておらず、ええ加減にせ
技術を保有しています。
えや!と感じる方も多いのでは?
例えば、3次元都市計画業務支援システム、国土交通
韓国では、電子政府ポータルサイトで「新しい住所」を
災害総合管理システム、不動産課税データベース、バス
入力するだけで、手続き完了です。
ロケーションシステム、有害大気汚染物質リアルタイム公
開システム、平昌冬季オリンピックの交通シミュレーショ
ンなどを開発、実装提供しています。
I C Tイノベーションの衝 撃
(2)
図2 : 韓国の電子行政ポータルサイト ii
さらに、このポータルサイトで転出届を出すと、
「転出
届を出すのであれば、同時に行うべき手続きが他に7個
あります。それらも自動処理しますか?」
と指摘してくれま
す。 「Yes」
とすると、運転免許証、国民健康保険や、年金
等の住所変更も同時に行ってくれるのです。
住民票は何のためにとるのでしょう? 大部分は「なんら
かの『行政』の手続きの際に住所を証明するため」にとる
はずです。それであれば、なぜ私たち住民が住民票の
発行と、別の役所への提出のためにわざわざ役所に行く
必要があるのでしょうか?
役所同士で「私の住所証明」をやりとりし、私たちは
その「許可」を与えればいいだけのはずです。
図3 : バス・特殊車両通行シミュレーション i i i
また、
ビルのあらゆるセンサー群、例えばエレベーター、
水道、空調、入退室、照明、火災検知等のリアルタイム・
センシングデータを格納、可視化し、最適運用をサポー
トする3次元BEMS/BIS ※プラットフォームを開発してい
ます。
※Building Energy Management System / Building Information System
韓国の電子政府法は、
「特別な理由がある場合を除き
行政機関は、行政機関の間で電子的に確認できる事項
については、国民に証明書などを提出させてはならな
い」
と定めています。
これにより韓国の行政は、
「 いつでも、
どこでも証明書
の発行ができます」を更に進化させ、そもそも
「国民に住
民票など証明書等の提出をさせないこと」を前提にシス
図4 : BEMS BISプラットフォーム i i i
テムが構築されているのです。
まさにICTイノベーション。発想の転換です。
今後、施設やインフラのマネジメント、さらには地域
全体のエリアマネジメントを行うにあたり、これらのICT
4 近くて遠い国、韓国の優れたICTソリューションを
エリアマネジメントに活かす
国をあげてI C T 化を進める韓 国 故に、優 れたI C Tソ
リューションを持つ企業が多く誕生しています。当社では
今回、このような会社の1つ、韓国空間情報通信(KSIC)
を訪問しました。
プラットフォームは不 可 欠なツールになると考えられ
ます。
近くて遠い国、韓国。ICT立国を目指し、優れたソリュー
ションを生み出している韓国。わが国のICT改革を進め
るにあたり、韓国とのコラボレーションも選択の1つとし
たいです。
※本記事は、当社が独自に調査・取材した内容とともに、
イーコーポレーションドットジェーピー
(株)代表取締役社長 廉宗淳氏のダイヤモンド・オンラインにおける連載「韓国はなぜ電子政府
世界一なのか」
を参考に作成しました。
i)表1 UNITED NATIONS E-GOVERNMENT SURVEY 2014 P.15 ii)図2 廉宗淳氏提供資料 iii)図3、図4 KSIC社提供資料
4
I s View : 2016(株)
イノベーション推進センター All rights reserved. お問い合わせ先:[email protected]fic.com
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
492 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content