close

Enter

Log in using OpenID

DMX218(86kbyte)

embedDownload
1 対 8 R S232C マ ル チ プ レ ク サ
DMX218
ユ ー ザ ズ マ ニ ュ ル V1. 0
W PP- 05
05-160223
1. は じ め に
本マ ニ ュ ア ル は デ ー タ リ ン ク 製 RS232C マ ル チ プ レ ク サ の モ デ ル DMX218 に つ い て 説明
し て い ま す 。 モ デ ル DMX200 の 上位機種で 、 各チ ャ ン ネ ル 毎に 1024 バ イ ト の 入力バ ッ
フ ァ を 持ち 、 複数台の バ ー コ ー ド リ ー ダ 等の 周辺機器か ら の 同時入力処理が 可能で す 。
1 - 1 梱包品目
DMX218 に は 以下の も の が 同梱さ れ て お り ま す の で 、 品目、 数量を ご 確認く だ さ い 。
1) DMX218 本体
1台
2) ユ ー ザ ズ マ ニ ュ ア ル ((本書
本書))
1冊
3) 9 ピ ン RS232C ク ロ ス ケ ー ブ ル
1本
※ 設定に 必要な 通信ソ フ ト 【 TERM WIN】
WIN 】 は 弊社HP
弊社 HPよ
よ り ダ ウ ン ロ ード し てく ださ い。
http : //w w w . d a ta -link. co. jp /
1
1 - 2 特徴
◆ 1 対 8 の 調歩同期式 RS232C マ ル チ プ レ ク サ で す 。
◆ マ ス タ ((チ
チ ャ ン ネ ル 0) と ス レ ー ブ ((チ
チ ャ ン ネ ル 1 ∼ 8) 間の デ ー タ 通信を 行い ま す 。
◆ マ ス タ と ス レ ー ブ は 個別に 通信条件 ((通信速度、
通信速度、パ
パ リ テ ィ 、ビ
、ビ ッ ト 長)
長) を 設定で き ま す 。
◆ 最大の 通信速度は 115.2KBPS で す 。
◆ PC (マ
(マ ス タ チ ャ ン ネ ル に 接続)
接続) か ら DMX218 に 切り 替え 命令を 送る こ と に よ り 、 接続
チ ャ ン ネ ル を 切り 替え ま す 。
◆ マ ス タ と ス レ ー ブ チ ャ ン ネ ル は 1024 (512) バ イ ト の 受信 ((送信
送信)) バ ッ フ ァ を 持ち ま す 。
◆ 一斉同報機能を 有し ま す 。
◆ ポ ー リ ン グ 機能を 有し ま す 。
◆ オ プ シ ョ ン の [RS232C
[RS232C-USB 変換器
変換器]] で あ る 弊社製の DL-U232A
DL-U232Aを
を 使用す る こ と に よ
り 、 USB と 8 チ ャ ン ネ ル の RS232C マ ル チ プ レ ク サ と し て 使用す る こ と が 可能で す 。
尚、 DL-U232A は 擬似コ ム ポ ー ト に 対応し て い ま す 。
◆ RoHS 指令対応
2
2 . 物理的仕様と 外観
2 - 1 物理的仕様
◆
◆
◆
◆
◆
形状
重量
消費電力
筐体材料
RS232C
W 245 * D175 * H70m m
約 765 g
100V、
100V
、 15W 以下
ABS ABS
100%
DSUB9 ピ ン オ ス * 9 コ 、 PC と 同一配列で イ ン チ ネ ジ
2 - 2 リ ア パ ネ ル 外観図
SW
PROG
CH5
CH6
CH7
CH8
CH0
CH1
CH2
CH3
CH4
AC100V
◆
◆
◆
◆
CH0 は マ ス タ チ ャ ン ネ ル を 示し ま す 。
CH1 ∼ 8 は ス レ ー ブ チ ャ ン ネ ル を 示し ま す 。
PROG は プ ロ グ ラ ム ス イ ッ チ で す 。
SW は 電源ス イ ッ チ で す 。
3
3. 動作仕様
3 - 1 機器の 接続
PC
0
DMX218
1
2
3
4
5
6
7
8
端
末
機
器
群
※ PC と D M X 2 18 の 接続は 、 付属の RS232C ク ロ ス ケ ー ブ ル を 使用し て く だ さ い 。
※ DMX218
DMX2 18 と 端末機器と の 接続は 、端末機器の
、 端末機器の RS232C ピ ン 配置に 適合し た ケ ー ブ ル
を 使用し て く だ さ い 。
※ RS232C の ピ ン 配置は DOS
DOS/
/V と 同じ で す 。
3 - 2 切り 換え 方法
PC か ら DMX218 に チ ャ ン ネ ル 切り 替え 命令を 送り ま す 。
例)
例) L I N K # 3 ↓
こ の 結果 PC か ら DMX218 へ 送っ た デ ー タ は 、 チ ャ ン ネ ル 3 に 接続さ れ て い る 周辺機器
へ 、 ま た チ ャ ン ネ ル 3 に 接続さ れ て い る 周辺機器か ら DMX218 へ 送っ た デ ー タ は 、 PC へ
送信さ れ ま す 。
但し ↓は 復帰改行(Enter
復帰改行(Enter キ ー )で す 。
4
3 - 3 同報通信
PC か ら DMX218 へ 同報命令を 送る と 、 以降 PC か ら DMX218 へ 送ら れ た デ ー タ は す べ
て の 機器 (1 ∼ 8) へ 送出さ れ ま す 。
ま た 、 周辺機器か ら DMX218 が 受信し た デ ー タ は 、 各チ ャ ン ネ ル の 入力バ ッ フ ァ に 入り
ま す。
例)
例)
LIN K #0 ↓
3 - 5 電源 O N 時の 動作
◆ 通常の 立ち 上が り
DMX218 は 内部の EEPROM に 書か れ て い る 通信パ ラ メ ー タ を 読み 出し 、 こ の 値に
従っ て DMX218 を 初期化し ま す 。
◆ プ ロ グラ ムモ ード
リ ア パ ネ ル 上の PROG
PROGス
ス イ ッ チ を 押し な が ら 電源を 投入す る と プ ロ グ ラ ム モ ー ド に な
り ま す 。 ((詳細は
詳細は [3
[3-7 プ ロ グ ラ ム モ ー ド ] 参照
参照))
5
3 - 6 フ ロ ー 制御
フ ロ ー 制御と は 、 DMX218 の 入力バ ッ フ ァ の 残量に よ っ て RTS 信号を H (入力可
(入力可)) に し た
り 、L
、 L (入力不可
(入力不可)) に す る 制御を 言い 、こ
、 こ の 信号に 同期し て デ ー タ の 送出を 始め た り 止め た
り し ま す。
◆ フ ロ ー 制御= E に 設定す る
DMX218 の 入力バ ッ フ ァ 残が 256 バ イ ト に な る と 、 DMX218 は RTS 信号= L と な
り 、 相手機器は デ ー タ を 送る こ と を 中止し な け れ ば な り ま せ ん 。
DMX218 の 入力バ ッ フ ァ 残が 768 バ イ ト に な る と 、 DMX218 は RTS 信号= H と な
り 、 相手機器が デ ー タ を 送る こ と が で き ま す 。
◆ フ ロ ー 制御=D に 設定す る
DMX218 は 相手装置の フ ロ ー 制御信号の 状態 (RTS = L) に 関わ ら ず 、 デ ー タ を 送信
し ま す。
6
3-7 プ ロ グ ラ ム モ ー ド
プ ロ グ ラ ム モ ー ド に 入る 場合は 、 予め 以下の 内容を 実行し て く だ さ い 。
1 ) PC の シ リ ア ル ポ ー ト と DMX218 の マ ス タ チ ャ ン ネ ル (CH0) を RS232C ケ ー ブ ル で
接続し て お い て く だ さ い 。
2) PC 上で 弊社 HP よ り ダ ウ ン ロ ー ド し た 通信ソ フ ト の TERM WIN を 立ち 上げ て く だ
さ い。
TERM WIN
RS232C
ク ロ スケーブ ル
CH0
DMX218
PC
PR O G イ ッ チ を O N に し た ま ま プ ロ グ ラ ム モ ー ド に 入る 場合、 D M X 2 1 8 は 内部の
E E PR O M の 値に 関係無く 96 00 B PS、
PS 、 8 ビ ッ ト 長、 2 ス ト ッ プ ビ ッ ト 、 パ リ テ ィ な し
の 通信条件に 初期化さ
初期化さ れ 、 EEPROM に 書き 込ま れ て い る 通信条件を PC へ 送信し ま す 。
よ っ て 、 TERM WIN も 同じ 通信条件に 設定し て お か な け れ ば な り ま せ ん 。
PROG イ ッ チ を ON に し た ま ま 電源を ON す る と 数秒後に プ ロ グ ラ ム モ ー ド に 入り 、PC
、 PC 上
に 例え ば 以下に 示す 内容が 表示さ れ ま す 。
***PROGRAM MODE***
7
更に 、 Enter キ −を 押す と 設定値が 以下の 通り 表示さ れ ま す 。
こ こ に 設定さ れ て い る 値は 出荷時の 暫定値で す 。
***PROGRAM MODE***
DMX218 Ver1.00 09/03/17
MASTER CHANNEL
BPS[600/1200/2400/4800/9600/14400/19200/
B= 115200
28800/38400/57600/76800/115200]
PARITY[N/
E/O]
P= N
DATA[7/8]
D= 8
STOP[1/2]
S= 1
RTS[D/E]
R= D
POW ER ON CHANNEL[0-8]
PW ON= 0
POLLING MODE[D/E]
POL= D
HEADER[D/E]
H= E
DELIMITER[D/E]
DEL= D
HOLD TIME[0.01-2.55 Sec]
HT= 2.55
SW ITCH COMMAND[1-8 Byte]
SW = LINK#
SLAVE CHANNEL
BPS
STOP
1B= 115200
1S= 1
2B= 115200
2S= 1
3B= 115200
3S= 1
4B= 115200
4S= 1
5B= 115200
5S= 1
6B= 115200
6S= 1
7B= 115200
7S= 1
8B= 115200
8S= 1
DATA
1D= 8
2D= 8
3D= 8
4D= 8
5D= 8
6D= 8
7D= 8
8D= 8
PARITY
1P= N
2P= N
3P= N
4P= N
5P= N
6P= N
7P= N
8P= N
RTS
1R= D
2R= D
3R= D
4R= D
5R= D
6R= D
7R= D
8R= D
8
3 - 7 - 1 通信条件設定の 方法
◆ TERM WIN 上で 以下の 例の 通り キ ー ボ ー ド か ら 入力し ま す 。
◆ 設定例は マ ス タ チ ャ ン ネ ル に 関す る 表示 ((画面右側
画面右側)) を 参照し て く だ さ い 。
◆ 設定内容を 確か め た い 時は 、 任意に
CR
(Enter キ ー ) を 入力し ま す 。
例 1)
マ ス タ チ ャ ン ネ ル の 通信速度を 9600 に 設定す る
B= 9600 ↓
例 2)
ス レ ー ブ 1 の 通信チ ャ ン ネ ル を 1200 に 設定す る 1B= 1200 ↓
例 3)
マ ス タ チ ャ ン ネ ル の キ ャ ラ ク タ 長を 7 ビ ッ ト に 設定す る D= 7 ↓ 例 4)
ス レ ー ブ 2 の 通信チ ャ ン ネ ル の キ ャ ラ ク タ 長を 8 ビ ッ ト に 設定す る
2D= 8 ↓
例 5)
マ ス タ チ ャ ン ネ ル の ス ト ッ プ ビ ッ ト を 設定す る
S= 1 ↓
(1STOP)
S= 2 ↓
(2STOP)
例 6)
マ ス タ チ ャ ン ネ ル の RTS 制御を 設定す る
R= E ↓
(有効に す る )
R= D ↓
(無効に す る )
例 7)
ス レ ー ブ チ ャ ン ネ ル 3 の RTS 制御を 設定す る
3R= E ↓ (有効に す る )
3R= D ↓
例 8)
(無効に す る )
電源投入時の 接続チ ャ ン ネ ル を 8 に 指定す る
PW ON= 8 ↓
9
例 9)
ポ ー リ ン グ 機能を 設定す る (E
(E:
: あ り D: な し )
ポ ー リ ン グ 機能と は 、 DMX218 が ス レ ー ブ チ ャ ン ネ ル を 自動的に ス キ ャ ン し 、
デ ー タ を 検出す る と こ の デ ー タ を PC (マ
(マ ス タ ) へ 送る 動作で す 。
順番は 、 1 → 2 → 3 → ...... → 8 → 1 POL= E ↓ (あ り )
POL= D ↓ (な し )
例 10)
ポ ー リ ン グ 時に 文字列の 先頭に ヘ ッ ダ を つ け る
H= E ↓
(あ り )
H= D ↓
(な し )
ヘ ッ ダ 付き を 設定す る と 、 例え ば ス レ ー ブ 4 か ら の デ ー タ 列の 前に 4: が 付加さ
れま す 。
例 11)
ポ ー リ ン グ 時に 文字列の 最後に デ リ ミ タ (
CR
と
LF
) を 付加す る 機能を 設定す る
DEL= E ↓ (あ り )
DEL= D ↓ (な し )
デ リ ミ タ 付き を 設定す る と 、 例え ば ス レ ー ブ 5 か ら の デ ー タ 列の 最後に
CR L F
が
付加さ れ ま す 。
例 12)
ポ ー リ ン グ 時に チ ャ ン ネ ル を 保持す る 時間を 設定す る
こ の 時間を 越え て デ ー タ が 受信さ れ な い と 、 自動的に ス キ ャ ン を 再開し ま す 。
(0.01 ∼ 2.55 秒)
HT= 0.12 な ど
次の チ ャ ン ネ ル に デ ー タ が 無い 場合は 、こ
、こ の 時間に 関係な く 続け て ス キ ャ ン 動作
を 行な い ま す 。
例 13)
切り 替え 命令を 設定す る
標準は LINK# で あ り 、 こ の 文字列を SW ITCH に 変更す る 場合は 以下と な り ま す 。
SW = SW ITCH
1 0
3 - 7 - 2 E E P R O M へ の 書き 込み
入力例)
入力例)
W↓
こ の 結果、 [3
[3-7 -1 通信条件設定の 方法]
方法] で 入力し た 値を EEPROM へ 書き 込み 、プ
、プ ロ グ ラ
ム モ ー ド を 抜け ま す 。
3-7-3 E SC キ ー
こ の 結果、 EEPROM へ 書き 込み を 行わ ず に プ ロ グ ラ ム モ ー ド を 終了し ま す 。
1 1
4 . 入力バ ッ フ ァ の 容量と そ の 動作
◆ DMX218 の マ ス タ 、ス
、 ス レ イ ブ 各チ ャ ン ネ ル は 1024 バ イ ト の 入力バ ッ フ ァ を 持ち ま す 。
◆ 入力バ ッ フ ァ は FIFO
FIFOの
の バ ッ フ ァ 構造を 持ち ま す 。最初に
。最初に 書か れ た デ ー タ が 最初に 出力
さ れ ま す 。 フ ロ ー を 無視し て バ ッ フ ァ 容量以上の デ ー タ が 書き 込ま れ た 場合、 最初に
書き 込ま れ た デ ー タ が 削除さ れ ま す 。 ((後デ
後デ ー タ 優先)
優先)
5. 拡張命令
切換命令+拡張命令で 次の 動作を 行い ま す 。
◆ BUFFER の 中身を 全て ク リ ア す る
LINK#0C ↓
◆ 初期状態 ((電源投入と
電源投入と 同じ ) に な る
LINK#0! ↓
◆ プ ロ グ ラ ム モ ー ド へ 入る
LINK#0P ↓
こ の 場合の マ ス タ チ ャ ン ネ ル の 通信条件は EEPROM に 書か れ て い る
内容の 通り に 設定さ れ ま す 。
◆ ポ ー リ ン グ モ ー ド に 入る
LINK#1P ↓
こ の 結果チ ャ ン ネ ル 1 か ら 8 の 方向に 自動ス キ ャ ン が 開始 さ れ ま す 。
◆ ポ ー リ ン グ モ ー ド を 中止す る
LINK#1S ↓
1 2
6. TERM WIN
こ の 付属ソ フ ト の 内容は 以下の 通り で す 。
◆ キ ー か ら 入力し た 文字を RS232C ポ ー ト か ら 出力し ま す
◆ RS232C か ら 入力し た 文字を デ ス プ レ イ 上に 表示し ま す 。
こ の ソ フ ト の 使用で 、 容易に DMX218 の 初期設定を 行な う こ と が 可能で す 。
伝送速度な ど の 通信条件を キ ー ボ ー ド か ら 設定す る こ と が 可能で す 。
使い 方等詳細は 、 弊社 HP よ り ダ ウ ン ロ ー ド し た TERM WIN ユ ー ザ ー ズ マ ニ ュ ア ル を
ご 参照く だ さ い 。
7. U SB 接続
オ プ シ ョ ン の USB
USB-RS232C 変換ケ ー ブ ル で あ る DL-U232A
DL-U232Aを
を 使用す る こ と に よ り PC 側
の イ ン タ ー フ ェ イ ス を USB と す る こ と が 可能で す 。
標準販売価格 6,300 円 ((本体価格 本体価格 6,000 円)
DL-U232A は 擬似 COM ポ ー ト に 対応し て い ま す 。 ユ ー ザ は USB ド ラ イ バ を 作製す る
必要は な く 、 簡単に 通信イ ン タ ー フ ェ イ ス の ソ フ ト を 開発す る こ と が で き ま す 。 1 3
8. VB の サ ン プ ル プ ロ グ ラ ム
次の プ ロ グ ラ ム は DMX218 を 使用す る 基本的な シ リ ア ル 通信の 例を 示し ま す 。
Private Sub Form _ Load ( )
‘ 入力文字列用バ ッ フ ァ
Dim Instring As String
‘ COM1 を 使用し ま す
MSComm1 ComPort = 1
‘ 9600b p s、
s、 パ リ テ ィ な し 、 キ ャ ラ ク タ サ イ ズ 8 、 ス ト ッ プ 1
MSCom m1.Setting s =“ 9600,n,8,1
9600,n,8,1”
”
‘ inp ut プ ロ パ テ ィ 使用時に バ ッ フ ァ 全体を 読み 取る よ う に し ま す
MSComm 1.Inp utLend = 0
‘ ポ ー ト を 開き ま す
MSCom m1.PortOp en = True
‘ DMX218 に 切り 替え 命令を 送信し ま す
MSComm1.Outp ut =“ LINK#2
LINK#2”
” + chr$ (13) + chr$ (10)
‘ デ ー タ を 受信し ま す
Do
DoEvents
Loop Until MSComm1.InBufferCount >= 2
‘ シ リ ア ル ポ ー ト で 2 文字の 応答を 読み 込み ま す
Instring = MSComm1.inp ut
‘ シ リ ア ル ポ ー ト を 閉じ ま す
MSComm1.PortOp en = False
End Sub
1 4
9. ト ラ ブ ル シ ュ ー テ ィ ン グ
Q1
マ ス タ か ら 送っ た 文字が ス レ ー ブ に 出て こ な い
例え ば チ ャ ン ネ ル 2 へ 文字列 A を 、 次に チ ャ ン ネ ル 3 へ 文字列 B を 送っ た 場合を
想定し ま す 。 チ ャ ン ネ ル 2に 接続さ れ て い る 機器が フ ロ ー 制御有効に 設定さ れ か つ 何時ま で も
解除し な い 場合は 、 文字列A は DMX218 内の 入力バ ッ フ ァ へ つ ま っ た ま ま の 状
態に な り ま す 。 そ の 結果、 チ ャ ン ネ ル 3 の デ ー タ も 送出さ れ ま せ ん 。
Q2
マ ス タ か ら ス レ ー ブ へ 送っ た C R C が 出て こ な い 場合が あ る
CRC と は テ キ ス ト 末に 付加さ れ る チ ェ ッ ク サ ム で す 。こ
。 こ の CRC に 文字の L (切り
(切り
換え 命令の 先頭)
先頭) が 混ざ る と 、 DMX218 は こ の 文字が 切り 換え 命令な の か デ ー
タ な の か 判別で き ま せ ん 。
こ の 様な 場合、 PC の 応用ソ フ ト は CRC の 後に ダ ミ ー の 切り 換え 命令を 入れ て 強
制的に こ の 文字を 吐き 出す 作り こ み が 必要で す 。
Q3
プ ロ グ ラ ム モ ー ド に 入れ な い
1)
2)
Q4
PC と DMX218 が 正し く ク ロ ス ケ ー ブ ル で 接続さ れ て い ま す か ?
PROG ス イ ッ チ を 押し な が ら 電源を 入れ て い ま す か ? (2 ∼ 3 秒間押し て い る 必要が あ り ま す 。)
。)
ス レ ー ブ か ら の デ ー タ が 消え る
DMX218 は チ ャ ン ネ ル 毎に 1024 バ イ ト の 入力バ ッ フ ァ を 持っ て い ま す 。
フ ロ ー 制御を 設定し な い で 、こ
、 こ れ を 超え る デ ー タ が 入力す る と 、こ
、こ の デ ー タ は 壊
れま す 。
Q5
ス レ ー ブ へ 送る デ ー タ が 消え る
各る チ ャ ン ネ ル に 512 バ イ ト の 出力バ ッ フ ァ が あ り ま す 。
例え ば 、 マ ス タ チ ャ ン ネ ル の 通信速度が 115.2Kb p s で 、 ス レ イ ブ チ ャ ン ネ ル が
9600b p sに
s に 設定さ れ て い た 時、こ
時、こ の 出力バ ッ フ ァ 容量を 超え る デ ー タ が 入る 可能
性が あ り 、 こ の 場合に 上書き が 起こ り ま す 。 1 5
保証規定
1
当社製品は 、 当社規定の 社内評価を 経て 出荷さ れ て お り ま す が 、 保証期間内に 万一故障し
た 場合、 無償に て 修理さ せ て い た だ き ま す 。 お 買い 求め い た だ い た 製品は 、 受領後直ち に
梱包を 開け 、 検収を お 願い 致し ま す 。
デ ー タ リ ン ク 製品の 保証期間は 、 当社発送日よ り 1 カ 年で す 。
保証期間は 、 製品貼付の シ リ ア ル ナ ン バ ー で 管理し て い ま す 。
保証書は ご ざ い ま せ ん 。
な お 、 本製品の ハ ー ド ウ エ ア 部分の 修理に 限ら せ て い た だ き ま す 。
2
万一当社製品に RoHS 指令基準値を 超え る 六物質 ((鉛、
鉛、 水銀、 カ ド ム ウ ム 、 六価ク ロ ム 、
PBB、
PBB
、 PBDE) が 含ま れ て い た 場合は 、 購入後 1 年以内に 限り 製品の 交換も し く は 、 部品
に 含有し て い た 場合は そ の 部品の み の 交換 ((修理
修理)) と な り ま す 。
保証の 総額は 製品価格が 限度と な り ま す 。
3
本製品の 故障、 ま た は そ の 使用に よ っ て 生じ た 直接、 間接の 障害に つ い て 、 当社は そ の 責
任を 負わ な い も の と し ま す 。
4
次の よ う な 場合に は 、 保証期間内で も 有償修理に な り ま す 。
(1)
お 買い 上げ 後の 輸送、 移動時の 落下、 衝撃等で 生じ た 故障お よ び 損傷。
(2)
(3)
ご 使用上の 誤り 、 あ る い は 改造、 修理に よ る 故障お よ び 損傷。
火災、 地震、 落雷等の 災害、 あ る い は 異常電圧な ど の 外部要因に 起因す る 故障お よ
び 損傷。
(4)
5
当社製品に 接続す る 当社以外の 機器に 起因す る 故障お よ び 損傷。
無償保証期間経過後は 有償に て 修理さ せ て い た だ き ま す 。 補修用部品の 保有期間は 原則製
造終了後 5 年間で す 。
な お 、 こ の 期間内で あ っ て も 、 補修部品の 在庫切れ 、 部品メ ー カ の 製造中止な ど に よ り 修
理で き な い 場合が あ り ま す 。
6
次の よ う な 場合有償で も 修理出来な い 時が あ り ま す 。 PCB 基板全損、 IC 全損な ど 、 故障
状態に よ り 修理価格が 新品価格を 上回る 場合。
7
製品故障の 場合、 出張修理は 致し て お り ま せ ん 。 当社あ る い は 販売店へ の 持ち 込み 修理と
なり ま す。
8
上記保証内容は 、 日本国内に お い て の み 有効で す 。
ユ ー ザ サ ポ ー ト の ご 案内
DMX218に
DMX218
に 関す る ご 質問、ご 相談は 、ユ ー ザ サ ポ ー ト 課ま で お 問い 合わ せ 下さ い 。
デ ー タ リ ン ク 株式会社 ユ ー ザ サ ポ ー ト 課
TEL04TEL04
-2924
2924- 3841
3841㈹ ㈹ FAX04
FAX04-2924
2924- 3791
3791 E -m a il: s u p p o [email protected] d a ta -lin k . c o . jp
受付時間 月曜∼金曜 ((祝祭日は
祝祭日は 除く )
AM9:00∼
AM9:00
∼PM12:00
PM12:00 PM1:00
PM1:00∼
∼PM5:00
DMX218 DMX218
取り 扱い 説明書 2016
2016年
年2 月 第5
第5 版 製造、発売元 デ ー タ リ ン ク 株式会社
〒359-1113
359-1113 埼玉県所沢市喜多町10-5
埼玉県所沢市喜多町10-5
TEL04TEL04
- 2924
2924- 3841
3841㈹ ㈹ FAX04
FAX04- 2924
2924- 3791
1 6
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
85 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content