close

Enter

Log in using OpenID

「森と水と命の惑星」国際会議

embedDownload
「森と水と命の惑星」国際会議
~地域と世界の心と魂を詠む~
通
す
る
問
題
で
あ
る
。
日
て
い
る
多
く
の
国
々
と
共
っ
て
い
る
。
5
へ
の
警
戒
が
必
要
に
な
イ
ズ
の
小
さ
い
P
M
2
・
が
、
こ
れ
か
ら
は
粒
子
サ
黄
砂
が
飛
来
し
て
い
る
乗
っ
て
中
国
か
ら
日
本
に
る
。
今
ま
で
は
季
節
風
に
以
上
と
報
告
さ
れ
て
い
が
警
戒
レ
ベ
ル
の
1
0
倍
機
関
は
現
在
の
エ
ネ
ル
ギ
る と 性 い 倍 は 動 極 引
国 。 消 は る 以 こ で め っ
際
費 エ 。 上 こ あ て 張
研
に ネ 文 に 1 る 無 っ
ル 明 膨 0 。 責 て
究
依 ギ 生 れ 0 世 任 い
機
存 ー 活 上 年 界 な る
関
し の の が で の 政 こ
や
て 利 利 っ 、 人 治 と
国
い 用 便 て 4 口 行 は
連
後
賠
償
と
絡
ま
せ
て
足
を
際
法
的
に
決
着
済
み
の
戦
と
対
応
へ
の
責
任
を
、
国
気
中
微
粒
子
汚
染
の
現
状
て
い
る
地
球
レ
ベ
ル
の
大
頭
に
立
っ
て
引
き
起
こ
し
し
て
き
て
い
る
中
国
が
先
急
激
な
工
業
化
を
目
指
規
律
は
縄
文
蝦
夷
か
ら
引
世
界
が
感
動
し
た
忍
耐
と
1
1
の
東
日
本
大
震
災
で
刻
な
課
題
で
あ
る
。
3
・
会
に
突
き
付
け
ら
れ
た
深
税
の
問
題
、
特
許
権
の
問
の
漁
業
権
、
貿
易
で
の
関
問
題
を
は
じ
め
、
公
海
で
い
。
竹
島
、
尖
閣
の
領
土
ま
い
身
動
き
が
で
き
な
し
の
中
に
と
ら
わ
れ
て
し
社
会
の
難
問
は
タ
ラ
イ
回
ら
解
放
さ
れ
な
い
と
現
代
こ
の
制
度
の
く
び
き
か
な
け
れ
ば
な
り
ま
せ
ん
。
か
に
し
て
社
会
に
対
応
し
す
。
そ
れ
だ
け
に
心
を
豊
題
が
吹
き
荒
れ
て
お
り
ま
現
代
の
複
雑
な
社
会
問
心
に
刻
み
先
輩
の
歌
う
姿
勢
を
悔
し
さ
に
次
は
と
思
う
待
す
る
。
む
事
業
に
な
る
も
の
と
期
け
宣
伝
外
交
」
を
包
み
込
げ
口
外
交
」
や
「
押
し
つ
わ
い
未
来
塾
」
こ
そ
「
告
の
批
判
を
述
べ
て
き
た
。
「
押
し
つ
け
宣
伝
外
交
」
と
共
に
工
業
化
を
目
指
し
ネ
ル
ギ
ー
の
生
産
・
利
用
い
る
。
こ
れ
は
原
子
力
エ
し
て
い
る
も
の
と
さ
れ
て
社
会
)
、
こ
れ
は
人
類
社
気
仙
地
方
の
こ
の
「
な
り
産
と
利
用
に
密
接
に
関
係
は
工
業
用
エ
ネ
ル
ギ
ー
生
濃
度
が
極
め
て
高
い
こ
と
が
目
に
つ
く
。
を
振
り
か
ざ
し
て
の
横
暴
返
ら
す
歌
声
心
込
め
野
分
の
道
を
校
庭
の
仮
設
に
届
け
と
事
が
掲
載
さ
れ
て
い
る
。
が
開
校
大
船
渡
」
の
記
し
『
な
り
わ
い
未
来
塾
』
(
P
M
2
・
5
と
現
代
北
京
で
の
P
M
2
・
5
題
な
ど
、
大
国
の
既
得
権
「
起
業
目
指
す
市
民
後
押
2
月
25
日
の
第
1
面
に
げ
口
外
交
」
や
中
国
の
る
。
世
迷
言
は
韓
国
の
「
告
な
い
事
態
に
遭
遇
し
て
い
ち
上
が
ら
な
け
れ
ば
な
ら
で
い
る
。
北
京
市
は
こ
の
響
が
世
界
の
関
心
を
呼
ん
子
の
放
出
と
健
康
へ
の
影
空 社
気 会 (
中 ) P
M
へ
2
の
・
大
5
量
と
の
現
微
代
粒
期
待
さ
れ
て
い
る
。
大
き
く
貢
献
す
る
こ
と
が
ー
で
き
、
微
粒
子
対
策
に
微
粒
子
の
動
向
を
モ
ニ
タ
星
は
P
M
2
・
5
な
ど
の
上
げ
が
成
功
し
た
気
象
衛
本
と
米
国
の
協
力
で
打
ち
権
を
有
し
て
い
る
。
常
任
理
事
国
と
し
て
拒
否
5
大
国
が
安
保
理
事
会
の
お
り
、
そ
れ
に
戦
勝
国
の
敗
戦
国
条
項
を
温
存
し
て
終
わ
っ
て
70
年
も
の
間
、
大
戦
の
戦
勝
国
が
戦
争
が
の
始
ま
り
か
ポ
リ
ス
と
は
格
差
社 圭
会 一
仙
文 (
化 古
) 代
ギ
リ
シ
ャ
と
気
だ
気
仙
地
域
を
魂
と
心
で
第
一
中
学
校
の
生
徒
は
見 通
の る
み の
は
声
の
大
き
い
意
復 必
興 要
へ な
議
論
は
な
さ
れ
ず
第
一
中
学
生
P
M
2
・
5
の
大
気
濃
度
続
の
た
め
に
協
力
し
て
立
現
在
世
界
は
人
類
の
存
(
東
海
新
報
記
事
か
ら
)
は 討
な 論
し が
必
要
だ
け
れ
ど
声
海 歴
包
渡 史 返 み
る 超 返
え 句 し
て
お
気
り
仙
ま
の
す
魂
。
142
○
し
て
い
る
。
第
2
次
世
界
歴
史
と
伝
統
文
化
を
生
ん
制
度
に
は
こ
れ
が
歴
然
と
が
難
し
い
。
世
界
の
政
治
で
お
り
ま
す
。
る
ま
湯
か
ら
抜
け
出
る
の
代
社
会
を
つ
な
げ
て
詠
ん
い
ろ
い
ろ
な
既
得
権
の
ぬ
る
。
し
か
し
人
間
社
会
は
る
こ
と
を
報
告
し
て
い
界
を
は
る
か
に
超
え
て
い
で
人
間
が
生
存
で
き
る
限
ー
消
費
は
地
球
の
生
態
系
セ
ー
ジ
を
発
信
し
た
い
。
価
値
の
創
造
と
し
て
メ
ッ
を
世
界
と
共
有
す
る
文
化
あ
る
。
梅
下
村
塾
は
こ
れ
ら
生
み
出
さ
れ
た
も
の
で
き
継
い
だ
歴
史
と
伝
統
か
義
の
芽
生
え
の
世
界
と
現
す
。
圭
一
さ
ん
は
民
主
主
で
あ
っ
た
こ
と
も
事
実
で
し
た
。
し
か
し
格
差
社
会
義
の
文
化
の
芽
を
生
み
ま
古
代
ギ
リ
シ
ャ
は
民
主
主
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
360 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content