close

Enter

Log in using OpenID

子会社の株式の譲渡について

embedDownload
平成 20 年 9 月 17 日
各 位
昭和リース株式会社 子会社の株式の譲渡について
当社と日本カーソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:
中嶋登喜雄、以下「日本カーソリューションズ」)は、当社完全子会社である昭和オ
ートレンタリース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤原利往、以下
「昭和オートレンタリース」)の株式譲渡に関しまして、本日、当社が保有する昭和
オートレンタリースの発行済株式全株を日本カーソリューションズに譲渡すること
について株式譲渡契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。
1.株式譲渡の理由
(1) 当社は、総合リース会社として全国 18 ヶ所の営業拠点においてリースを中心とし
た金融ソリューションの提供を展開しております。自動車リースに関しましては、
昭和 61 年に分離独立したグループ会社の昭和オートレンタリースよりメンテナンス
リースを中心としたサービスを提供してまいりました。
(2) 日本カーソリューションズは、平成 17 年 10 月、エヌ・ティ・ティ・オートリース株式会
社とセンチュリー・オート・リース株式会社の合併により現商号となりました大手自
動車リース会社で、自動車管理台数は約 21万台、その豊富な経験とノウハウによ
り、お客さまのさまざまなニーズに対応し付加価値を拡大、あわせてそのスケール
メリットを最大限に活かした商品・サービスの提供を行っています。
本件提携により、日本カーソリューションズは、事業規模と収益力の増強、サービ
ス品質と業務効率の向上を通じて競争力の強化を図り、業界上位の地位を確固た
るものとして、更なる発展を目指します。
(3) 昭和オートレンタリースは、自動車管理台数約 7.5 万台の業界中堅の自動車リー
ス会社です。本件提携により、自動車リース業界において規模の拡大を目指した
業界再編が進められ競争が激化していく中、お客様に提供できるサービスの幅を
拡充することが可能となり、今後の更なる成長、企業価値向上が期待できると考え
ております。
2.業務提携の継続
当社は、今後も昭和オートレンタリースとの間の自動車リースに関する業務提
携を継続してまいります。
本件株式譲渡により昭和オートレンタリースの取扱サービスが拡充することに
より、当社取引先に提供できる自動車リースサービスがさらに拡がると考えてお
ります。
3.日程
平成 20 年 9 月 17 日 株式譲渡契約書締結
平成 20 年 9 月下旬 株式譲渡
4.昭和オートレンタリースの概要 社名
昭和オートレンタリース株式会社
代表者
代表取締役社長 藤原利往
本社所在地
設立
東京都渋谷区渋谷 2 丁目 12 番 9 号
昭和 61 年 4 月 1 日(昭和リースの自動車リース部門が
独立して設立)
自動車リース業
273 名(平成 20 年 6 月 30 日現在)
東京、大阪他(15 拠点)
3 億円
事業内容
従業員数
主な事業所
資本金
総資産額
売上高
513 億円(平成 20 年 3 月期)
325 億円(平成 20 年 3 月期)
株主
昭和リース株式会社 100%(平成 20 年 9 月 17 日現在)
5.日本カーソリューションズの概要
社名
日本カーソリューションズ株式会社
代表者
取締役会長 伊庭正樹
取締役社長 中嶋登喜雄
本社所在地
東京都港区芝浦 1 丁目 2 番 1 号シーバンス N 館
設立
昭和 62 年 2 月 20 日(平成 17 年 10 月 1 日 エヌ・ティ・ティ・
オートリース株式会社とセンチュリー・オート・リース株式会社
の合併により商号変更)
事業内容
各種自動車のリース業務
各種自動車のメンテナンス受託業務
損害保険代理業
従業員数
487 名(平成 20 年 6 月 30 日現在)
主な事業所
東京、大阪他(44 拠点)
資本金
9 億 8,125 万円
総資産額
1,691 億円(平成 20 年 3 月期)
売上高
870 億円(平成 20 年 3 月期)
株主
日本電信電話株式会社 50%
センチュリー・リーシング・システム株式会社 50%
以上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
4
File Size
215 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content