close

Enter

Log in using OpenID

2014年3月期 決算説明会資料

embedDownload
リケンテクノス株式会社
2014年3月期
決算説明会
2014年5月27日
0
目
次
決算概要
今後の事業戦略
業績予想
1
決算概要
2
2014年3月期 業績サマリー
単位:百万円、円
科
科 目
目
2014年
2014年
3月期
3月期
2013年
2013年
3月期
3月期
前期比
前期比
増減率
増減率
2014年3月期
2014年3月期
業績予想
業績予想
達成率
達成率
売上高
82,855 73,543
+9,312
+12.7% 82,000 101.0%
売上総利益
13,120 10,319
+2,801
+27.1%
-
-
93.3%
営業利益
3,732
1,883
+1,849
+98.2%
4,000
経常利益
4,016
2,271
+1,745
+76.8%
4,000 100.4%
当期純利益
1,925
1,351
+574
+42.5%
2,400
80.2%
1株当り利益
32.17
22.38
+9.79
+43.7%
40.09
80.2%
3
セグメント別売上高推移
2014年3月期 売上高 828億円
前年同期比 93億円増 (12.7%増)
単位:億円
900
800
92
700
600
500
48
47
160
49
150
79
139
その他
142
136
食品包材
400
300
200
490
516
482
567
フイルム
コンパウンド
396
100
0
2010/3月期
2011/3月期
2012/3月期
2013/3月期
2014/3月期
4
営業利益の増減要因分析
営業利益 3,732
百万円 前年同期比 1,849
百万円増益
3,732百万円
1,849百万円増益
売上増加他
+318百万円
5,000
のれん償却
▲88百万円
4,500
タイの回復
+554百万円
4,000
3,500
為替による
影響
+617百万円
販管費増加
▲686百万円
3,000
2,500
2,000
原価率改善
+1,134百万円
1,500
1,000
1,883
百万円
3,732
百万円
500
0
2013年3月期
2014年3月期
5
連結貸借対照表 キャッシュ・フロー計算書
連結貸借対照表
キャッシュ・フロー計算書
単位:百万円
資産合計
負債合計
77,208百万円
36,251 百万円
前期末比 8,210百万円増
流動資産 46,668百万円
前期末比 5,067百万円増
固定負債 7,730百万円
純資産合計
固定資産 30,540百万円
40,957 百万円
前期末比 3,142百万円増
当期
前年
同期比
5,707
▲794
投資CF ▲3,624
5,258
営業CF
財務CF
602 ▲2,323
3,126
2,232
期末残高 11,698
3,126
増減額
6
セグメント別動向① コンパウンド事業
単位:百万円
60,000
8,456百万円増収 1,859百万円増益
4,000
40,000
売上高
48,270
売上高
56,726
20,000
利益
2,230
利益
4,089
3,000
2,000
1,000
0
0
2013年3月期
2014年3月期
前期比17.5%増
前期比83.4%増
国内は消費税引き上げ前の駆け込
み需要もあり、建材・電材市場の
売上が堅調に推移。
自動車も生産の増加により引続き
好調。
海外は各拠点共自動車市場、電線
市場を中心に売上が伸長。
タイ国現地法人が洪水から復旧し
売上回復。
米国2現地法人も自動車、住宅市
場の需要を確実に捉え増収増益。
7
セグメント別動向② フイルム事業
単位:百万円
15,000
12,000
0
-50
売上高
14,284
売上高
13,908
-100
9,000
-150
6,000
利益
▲263
利益
▲234
3,000
-200
-250
0
-300
2013年3月期
376百万円減収
前期比2.6%減
29百万円
損失縮小
国内は、消費増税前需要を背景に
主力の建装材市場は好調に推移。
広告メディア関連も増加。海外は
、米国は好調も、欧州市場の回復
傾向は限定的で低調に推移。
光学市場ではPDP用フィルムか
ら撤退し、新製品開発に注力する
ものの売上には寄与せず。
2014年3月期
8
セグメント別動向③ 食品包材事業
単位:百万円
200
10,000
1,327百万円増収
前期比16.8%増
8,000
6,000
150
売上高
7,891
売上高
9,218
100
4,000
利益
74
利益
79
2,000
0
50
5百万円増益
前期比6.8%増
個人消費に回復の兆しが見られる
ものの、食品・日用品に対する低
価格指向が強まり、原材料価格上
昇分を製品に転嫁できず厳しい状
況が続く。
一方、生産、技術部門では統合に
より生産効率化を行い、コスト削
減を実現。
0
2013年3月期
2014年3月期
9
今後の事業戦略
10
中期経営計画に基づく今後の事業戦略
計数目標(初年度実績と最終目標)
主要課題(初年度実績と次年度課題)
最重点市場への取組み
設備投資状況
海外展開(ロードマップ)
グローバル、更なるスピードアップ
11
中期経営計画ー初年度実績と最終目標
(連結ベース)
2015年度
(最終年度)
コンパウンド
食品包材
経常利益(億円)
売上高
(億円)
1,200
1,000億円
70億円
1,000
70
920
828
800
70
60
50
50
600
営業利益
経常利益
(億円)
80
1,000
売上高
フイルム
その他
40
40
30
400
20
)
)
20
14
年
度
(
予
測
績
20
13
年
度
(実
(
目
標
40億円
0
度
当期純利益
0
20
15
年
70億円
10
)
経常利益
200
12
3ヵ年中期経営計画 主要課題
コンパウンド事業の更なるグローバル展開
フイルム事業の抜本的な立て直し
最適な営業推進体制の構築
ソリューション事業の事業化実現
徹底した人材育成
13
3ヵ年中期経営計画 主要課題
コンパウンド事業の更なるグローバル展開
2013年度の実績
◆最重点市場への施策
<自動車市場>
タイ エラストマー工場稼働
日本・米国・タイの3極体制
<医療・ヘルスケア市場>
インドネシアPVC工場稼働
日本・タイ・インドネシアの
3極体制
2014年度の課題
◆生産設備増強
◆海外拠点との協業による拡販
◆新製品のグローバル展開
◆グローバルネットワーク強化
◆グローバル供給体制の強化
14
3ヵ年中期経営計画 主要課題
フイルム事業の抜本的な立て直し
2013年度の実績
◆主力事業での安定黒字化
◆光学市場においてPDPからの
完全撤退
◆新製品への開発注力、上市へ
の準備
2014年度の課題
◆主力事業での黒字拡大
⇒
建材分野でのリフォーム需要
オリンピック需要等の取込み
⇒ 徹底したコストダウン実施
⇒ 様々な新製品の販売
フイルム事業 実績推移
主力分野の営業利益
6
4
2
0
-2
-4
-6
-8
150
100
50
0
度
度
1年
0年
2 01
2 01
※PDP:プラズマディスプレイ
営業利益(億円)
売上高(億円)
フイルム事業売上高
新規光学分野の営業利益
◆光学フィルムのディスプレイ
市場への新製品の上市
⇒ ガラス代替フィルム上市
⇒ 両面ハードコートの拡販
度
度
3年
2年
2 01
2 01
15
3ヵ年中期経営計画 主要課題
最適な営業推進体制の構築
製品別営業体制
コンパウンド
フイルム
食品包材
グローバル
ネットワークの構築
マーケットインを目指した
ビジネスユニット体制
自動車
医療 情報電子
市場 ヘルスケア 市場
市場
建材
建装材
市場
電材
市場
食品包材
市場
16
最重点市場への取り組み状況① 自動車
2012年度比
自動車分野 売上高
内外装部材(国内)
ワイヤーハーネス
内外装部材(海外)
フィルム
+100億円
施策
エラストマー新グレード「オレフ
レックスN」の拡販
ゴム代替の拡販
非日系メーカーへの戦略的参入
280
300
250
売上高(億円)
2015年度
売上拡大
売上目標 280億円
200
+3
180
+35
150
100
+44
加飾フィルムの拡販
自動車用電線/電装拡販
新製品開発
50
+18
0
2012年度(実績)
2015年度(目標)
17
最重点市場への取り組み状況② 医療・ヘルスケア
売上拡大
2015年度
売上目標
2012年度比
医療ヘルスケア分野 売上高
70億円
国内
海外
+35億円
100
施策
売上高(億円)
非フタル酸系可塑剤製品の市場投
入(血液回路・血液バッグ・各種チュ
ーブ等)
グローバル拡販
ゴム代替TPEの拡販(シリンジ
ガスケット・栓体等)
70
80
60
40
35
+30
20
+5
0
2012年度(実績)
2015年度(目標)
18
重点市場への取り組み状況③ 食品包材
売上拡大
2015年度売上目標 140億円
2012年度比
+61億円
業務用塩ビ ラップシェア目標 36%
市場の塩ビ回帰の潮流を捉える
⇒包装適性の優位性をアピール
その他ラップ類
海外
160
39%
140
140
120
36%
100
80
79
36%
シェア
⇒市場のイニシャティブの掌握
業務用塩ビラップ
ラップ以外の食品包材
業務用塩ビラップシェア
売上高(億円)
施策
統合による広範な販売チャネル
網の活用
食品包材分野 売上高
60
33%
40
20
27 31% +20
47
0
30%
2012年度(実績)
2015年度(目標)
19
3ヵ年中期経営計画 設備投資状況
年度
国内
海外
エラストマー
塩ビ
2013年度 光学フィルム
フィルム
(実績)
ラップ
基幹システム
製造設備増設
製造設備増設
製造設備新設
製造設備改善
製造設備改善
更新
米国
エラストマー製造設備増設
塩ビ
2014年度 光学フィルム
ラップ
(計画)
基幹システム
製造設備改善
製造設備新設
製造設備改善
更新
米国
エラストマー製造設備増設
インドネシア
塩ビ
製造設備増設
ラップ
基幹システム
製造設備改善
更新
中国
塩ビ
2015年度
(計画)
37億円
44億円
製造設備増設
タイ
エラストマー製造設備増設
新規生産拠点
※メンテナンスを含む。
合計
49億円
新設
20
3ヵ年中期経営計画 設備投資状況
初期計画
海外 23
メンテナンス
46
海外 42
総額
130億円
総額
メンテナンス 103億円
60
見直し計画
国内 20
国内 42
21
中期経営計画ロードマップ 海外展開
更なるグローバル展開、強化
2013
2014
2015
グローバル営業体制強化(統括会社設立)
全域
海外拠点との協業による(戦略市場)拡販、グローバルネットワーク構築
アジア
自動車
電線
情報電子
医療
北米
自動車
建材
欧州
その他
タイ エラストマー工場稼動
タイ エラストマー増設検討
インドネシア 医療用塩ビコンパウンド工場稼動、販売の強化
インドネシア一般塩ビ増設ライン稼動
海外
売上高比率
50%以上が目標
輸出フイルム海外生産
中国 増設ライン稼動
米国 エラストマー増設ライン稼動
検討
OEM生産の開始
未開拓地域(中南米、EU他)の市場調査
アセアン地区新規生産拠点の検討
重点市場に強い企業とのアライアンス等の検討
業績予想
23
2015年3月期の業績予想
(単位:百万円、円)
科
科 目
目
売上高
営業利益
2015
年3月期 2014
2015年3月期
年3月期
2014年3月期
業績予想
実績
業績予想
実績
92,000
5,000
伸び率
伸び率
82,855
+11.0%
3,732
+33.9%
経常利益
5,000
4,016
+24.5%
当期純利益
2,500
1,925
+29.9%
41.77
32.17
+29.9%
1株当り利益
100,000
90,000
92,000
売上高
経常利益
6,000
82,855
5,000
80,000
70,000
4,000
60,000
50,000
3,000
40,000
2,000
30,000
20,000
【業績予想のポイント】
国内、海外とも景気は回復しているものの、消費税率
の引き上げ、タイ国の政情不安、新興国経済の減速等
の懸念材料あり。原材料上昇分の価格転嫁が必須。海
外でのコンパウンドの伸びと、フイルムの新規製品の
立ち上げに期待。
1,000
10,000
0
0
2014年3月期
2015年3月期
24
セグメント別業績予想
コンパウンド
70,000
60,000
56,726
フイルム
売上高
営業利益
6,000
15,000
5,000
12,500
13,908
62,200
13,700
食品包材
売上高
営業利益
1,000
750
売上高
営業利益
500
15,000
12,400
12,500
400
500
50,000
4,000
10,000
10,000
9,218
250
40,000
4,089
300
4,600
3,000
7,500
0
7,500
30,000
-250
2,000
5,000
20,000
1,000
10,000
0
0
2014年3月期
2015年3月期
2,500
▲234
200
200
5,000
79
-500
200
100
2,500
-750
-1,000
0
2014年3月期
2015年3月期
0
0
2014年3月期
2015年3月期
(単位:百万円)
25
株主還元
安定配当
配当金
(円、%)
中間
期末
通期
配当性向
(連結)
2011年3月期
4.00
4.00
8.00
24.0
1.61
2012年3月期
4.00
5.00
9.00
27.8
1.73
2013年3月期
4.00
5.00
9.00
40.2
1.64
2014年3月期
4.00
5.00
9.00
28.0
1.54
2015年3月期
(予想)
4.00
5.00
9.00
21.5
1.54
純資産配当率
(連結)
※2015年3月期(予想)における配当性向及び純資産配当率は、3月末現在で把握可能な数値にて試算しております。
26
免責事項
本資料に記載されている計画、見通し、戦略およびその他の歴史的事実でないもの
は、作成時点において入手可能な情報に基づく将来に関する見通しであり、さまざ
まなリスクおよび不確実性が内在しています。実際の業績は経営環境の変動などに
より、これら見通しと大きく異なる可能性があります。また、本資料に記載されて
いる当社および当社グループ以外の企業などにかかわる情報は、公開情報などから
引用したものであり、情報の正確性などについて保証するものではありません。
お問い合わせ先
[email protected]
経理部 前田
27
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
290 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content