close

Enter

Log in using OpenID

2013年11月6日 財団法人日本アウトワード・バウンド協会 長野校 持ち物

embedDownload
2013年11月6日
財団法人日本アウトワード・バウンド協会
長野校
持ち物リスト
コース中に必要な専門用具は、財団法人日本アウトワード・バウンド協会からお貸し致します。ただし、以下のものは
各自でご用意いただき、当日お持ちください。入山時のパッキング(荷造り)をスムーズに行うため、次の4項目(①
入山時の服装、②予備の服装・防寒着、③その他、④下山後の服装)ごとに大きなビニール袋に分けるなどしてお持
ちください。集合後、登山用ザック(OBJよりお貸しします)に詰めます。下山後に必要なものはOBJの車両内に置い
ておきます。車両は入山口の駐車場に停めます。
①入山時の服装( 集合後に着替えることが出来ま す)
種類
名称
数
ベースレイヤー
防寒下着長袖
1着
ベースレイヤー
防寒下着タイツ
1着
ミドルレイヤー
ミドルレイヤー
アウターレイヤー
長袖シャツ
ズボン
冬山用オーバージャケットま
たは雨具のジャケット
1着
1着
1着
アウターレイヤー
冬山用オーバーパンツまたは
雨具のズボン
ニットキャップ
サングラス
1枚
特記事項
綿以外のポリプロピレン、ポリエステル、ウールの
もの。
綿以外のポリプロピレン、ポリエステル、ウールの
もの。
薄手のフリースやジャージなど。
ジャージ、フリース、厚手のタイツなど。
ゴアテックスなどの防水透湿性素材のもの(撥水加
工のみは不可)。ヘルメットの上から被れるフードの
大きいものが望ましい。
ゴアテックスなどの防水透湿性素材のもの(撥水加
工のみは不可)。
小物
1個
耳の隠れるもの。
小物
1個
UVカット95%以上、可視光線90%以上カットするも
の。
小物
スキー用ゴーグル
1個
強風時などサングラスでは寒いときに使います。
小物
ネックウォーマーまたは目出
1個
ニットキャップとネックウォーマー(または目出帽)と
帽(バラクラバ)
ゴーグルを装着したとき、頭部(首から上)の素肌
が露出しないことが必要です。
小物
登山用靴下
1組
ウールまたはポリエステル素材の厚手のもの。
小物
インナー手袋
1組
ポリプロピレン・アクリル等。下記手袋の一番内側に
着用する薄手のもの。200円程度で買える伸びるタ
イプの手袋で構いません。
小物
厚手の手袋
1組
保温性の高い厳冬期用のもの。-10度以下になる
ことがあります。
小物
オーバーグローブ
1組
ゴアテックスなどの防水・透湿素材。
長さが前腕の中程まであるもの。手首までの長さ
は不可。
※その日の気象条件によっては上記の全てを着用するとは限りません。着用しないものはビニール袋に入れてパッ
キングし、入山します。
②予備の服装・ 防寒着( 防水をしてパッ キングしま す。 )
種類
名称
数
ベースレイヤー
防寒下着長袖
1着
特記事項
綿以外のポリプロピレン、ポリエステル、ウールの
もの。
綿以外のポリプロピレン、ポリエステル、ウールの
もの。
厚手のセーター、またはフリース。
ダウン、シンサレートなどの中綿入りジャケット。
ポリプロピレン・アクリル等。下記手袋の一番内側
に着用する薄手のもの。200円程度で買える伸び
るタイプの手袋で構いません。
保温性の高い厳冬期用のもの。-10度以下になる
ことがあります
ウールまたはポリエステル素材の厚手のもの。
ベースレイヤー
防寒下着タイツ
1着
防寒着
防寒着
小物
防寒着①
防寒着②
インナー手袋
1着
1着
1組
小物
厚手の手袋
1組
小物
登山用靴下
1組
名称
筆記用具
時計
ヘッドランプ
予備電池
歯ブラシのみ
常備薬
日焼け止めクリーム
リップクリーム
ビニール袋
数
1組
1個
1個
2組
1個
特記事項
1個
1本
5枚
必要な小物
必要な小物
必要な小物
必要な小物
ジップロック
100円ライター
保険証、または写し
メガネストラップ・メガネケース
(ハード)
5枚
1個
1部
1個
日焼け止め効果の高いもの。
UVカットのもの。
衣類等の防水に使用します。大きさは70~90ℓ、
厚さは0.03mm以上のもの。スーパーの袋は不
可。
ヘッドランプや電池などの小物の防水に使用。
あると便利なもの
あると便利なもの
あると便利なもの
カメラ
携帯用カイロ
ゴム手袋
あると便利なもの
保温ポット
あると便利なもの
あると便利なもの
保温クリーム
吸湿性、速乾性タオル
③その他
種類
必要な小物
必要な小物
必要な小物
必要な小物
必要な小物
必要な小物
必要な小物
必要な小物
必要な小物
防水性の高いもの。
懐中電灯は不可。
上記ヘッドランプ用予備電池として。
山中では歯磨き粉は使えません。
メガネを使用する方のみ。コンタクトレンズを使用
する方は紛失の恐れがありますので、使い捨てタ
イプのものをお勧めします。
冷温下では作動しないことがあります。
足の裏に張るタイプが便利です。
インナー手袋の上につけます。
炊事等で濡れる時に使用します。
いわゆるステンレス製断熱ボトル。500cc程度の
もの。
肌荒れ、あかぎれ用で市販のもの。
小型のもの。
④下山後の服装( 帰宅時の服装) 、 及び入浴に必要なもの( 下山後にお風呂に入り ま す)
着替え、タオル、シャンプーなどご自身で必要なものをご用意ください。集合時の服装で代用が可能です。
■持ち物に関するお願い
( 1 ) 綿素材は避けてく ださい
綿製品は汗や雪で衣類が濡れた場合その衣類により体温が奪われ、低温障害を起こすこともあります。活動中の
下着も含めて下山後の服装以外は、綿が全く混入していないウールやアクリル、ポリエステル系のものを必ずご用
意ください。登山などでは-20度前後まで気温が下がることもあります。また、宿泊は原則的としてスノーキャンプで
す。
( 2 ) 使わない持ち物があるかもしれま せん
ご用意頂いた持ち物は、天候などにより全く使わない可能性があるものも含まれています。あらかじめご了承くださ
い。
(3)集合時はお持ちのバッグでお越しください
上記の持ち物等は皆さんのお持ちのバッグにまとめてご集合ください。バッグに制約はありません。活動中に必要
のない荷物はOBJの車両に置いていきます。
■レンタルについて
持ち物リストに書かれているものについては、原則各自でご用意ください。ただし、どうしてもご用意できない場合、
雨具に限りコース初日にOBJよりレンタルが可能です(有料)。ご希望の方は事前調査票のレンタルの項目にチェッ
クを入れてください。コース参加に最低限必要なものなので、お忘れになった場合もレンタルしていただきます。な
お、天候により結果的に使わない場合もありますが、レンタル料はお支払いいただきますので予めご了承ください。
レンタル料金 ゴアテックス雨具
3日間
3,000円
※レンタルした装備を紛失、または破損があった場合は、レンタル代とは別に補償料、修理費を請求することがあり
ます。また、お持ちいただいた雨具がコース参加の安全上問題があると判断した場合、ご本人の意思に関わらずレ
ンタルしていただくことがあります。予めご了承ください。
■新しく 用具を購入される方へのお知らせ
各用具を購入される場合には登山専門店で冬山経験の豊富な店員に相談し、選ばれることをお勧め致します。ま
た、オンラインで購入することも可能です。ご質問等はお気軽に下記のお問合せ先までご連絡ください。
■お問合せ先
財団法人日本アウトワード・バウンド協会 長野校
TEL:025-557-2211 FAX:025-557-2277
Email:[email protected]
以上
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
263 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content