close

Enter

Log in using OpenID

病院見学体験記 in BOSTON

embedDownload
病院見学体験記 in BOSTON
医学科5年 八幡真由子
4年 入江真理子
和佐 正紀
那須 涼
佐賀大学医学部 循環器・腎臓内科
野出教授
Daniel I. Simon, M.D.
Associate Director, Interventional Cardiology
Associate Professor of Medicine
Harvard Medical School
Brigham and Women’s Hospital
Cardiovascular Center
•
・
•
•
•
•
・
・
•
•
•
•
・
•
•
Ambulatory Services
Cardiac Arrhythmia Services
Cardiac Surgery
Cardiomyopathy/Heart Failure
Cardiovascular Genetics Center
Congenital/ Inherited Disorders
Diagnostic Catheterization
Exercise Testing Laboratory
Heart Transplantation
Inpatient Care
International Services
Intervention Cardiology
Noninvasive Cardiology
Preventive Cardiology
Vascular Center
メンバー紹介
医学科5年 八幡真由子
医学科4年 入江真理子
和佐正紀
那須涼
Harvard Medical Schoolの教育病院
•
•
•
•
•
Brigham and Women’s Hospital
Children’s Hospital
Dana-Farber Cancer Institute
Beth Israel Deaconess Medical Center
Massachusetts General Hospital
etc.
Longwood Medical Area
アメリカでも有名な病院が集う病院街
*治療、教育、研究、すべての面において優れ
全米病院ランキングでも毎年トップクラスを誇り
世界をリードする病院のひとつ
*世界初! 鉄の肺 の使用、臓器移植(腎臓移植)
*ベッド数 716床
職員数11000人以上―医師・研究者 2450人
看護師 1600人
年間 入院患者数 41000人
外来患者数 754000人
*ハーバード大学医学部の教育関連病院のひとつでもある。
周囲にはMGH(Massachusetts General Hospital)
Children s Hospital Boston
Dana-Farber Cancer Institute などが点在
* Partners Health Careというネットワークで結ばれていて
電子カルテや画像の共有がなされている
病院見学スケジュール
3/14
(月)
3/15(火)
3/17
(木)
3/18(金)
午
前
核医学 運動負荷試験 心エコー CCU
心エコー
EPS
(小児)
午
後
心カテ カンファレンス
心カテ
(リサーチ)
3/16
(水)
講演会
講演会
1日目
• 核医学
専門の読影室で専門の医師が診断
優れたシステム
・電子カルテ
・シンチグラフィーと
CTの画像をドッキング
日本から留学中の宮崎先生
2日目
• M&M
• Exercise Testing Lab
• EPS
☆不整脈治療→心臓の電位情報を色分けし、立体的に投影
するシステム(日本では未導入!)
• リサーチカンファレンス
世界中から研究者が集い、最先端の研究をしている!
3日目
• Children’s Hospital Boston
小児循環器の心臓エコーを見学
先天性心疾患の治療で有名
→胎児の心臓疾患も治療している
世界中から患者が集まる
遊び心がいっぱい!!
アイスランドやモンゴルからも!!
心臓カテーテル
心臓カテーテルによる検査・治療
•
•
•
•
•
右心、左心の圧測定
冠動脈血管形成術
心房中隔欠損症の治療
血栓形成予防術
頚動脈血管形成術
4日目
とにかく議論・議論・議論!!
• CCU(10床)
8人の患者を3時間かけて全員で診察
回診:日に3∼4回
・研修医だけの回診
・フェローを交えた回診
・アテンダントを交えた回診
アテンダント
フェロー
レジデント
インターン
学生
午後から空いたので・・・
歴史の街、Boston
アメリカ建国の歴史をたどるフリーダムトレイル
大学の街、Boston
ハーバード大、MITなど約60の大学
これらの大学で教育された知識をベースに
ハイテク、バイオテクノロジー、医療が発展を続けている
古い歴史と新しいテクノロジーが調和・共存する魅力的な街
5日目
• 心エコー
Leonard Stuart Lilly, M.D.
→教科書も執筆している著名人
先生も学生も教え上手
楽しいレクチャー
講演会
・業績を讃える機会がたくさん
・昼食つきの講演会・勉強会が毎週開かれる
→忙しい仕事の合間を縫って参加
勉強熱心で向上心あふれるスタッフ
Bretholtz Center for Patients and Families
The services they provide…..
• Concierge services
• Give general information about hospital
policies, procedures, and services
• Health education library
• Family Liaison services
まとめ
∼米国の医療の日本との相違∼
*分業、専門化されている
*職員数が多い
*長時間勤務の禁止(インターンでも)
仕事が終われば完全オフ
夜勤専門のチームがある
*厳しいチェック体制で医療事故やミスを未然に予防
→マニュアル、バーコード
*訴訟対策→承諾書が多い。責任の所在を明らかにする
*医療保険制度の違い
治療費が高く、金持ちしか良い医療を受けられない
日本の医療の良さは何?
• 国民健康保険制度
→一定水準の医療を等価で受けられる
• 一人の医師がある程度幅広い診療技術を
身につけている
来年以降も継続>>
ご清聴ありがとうございました。
Fin.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
782 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content