close

Enter

Log in using OpenID

広範囲のタイルの浮きは全面改修で剥落リスク排除〔PDF〕

embedDownload
Regular Lecttve連 載講座
静砕欅>>>Cha‖ enge【 応用】
今回のKeyWord B定期報告制度、浮きの補修
工7 ″
・
図2〕 赤外線法 の仕組み
〔
仕上 げトラカ レ撃退法
により調査す ることを求 めている。こ
こで「全面打診等」とは主に打診法 と
第0回
(イ
ラスト:平 田 利 之 )
赤外線 法 の 2つ の手法を指す。
レの浮きは
広範日のタイガ
全 面 改修で剥落 日
)スク排除
:西 ,II忠
講 師
――剥離部
健全部
打 診 法 は、文 字 通 リテ ス トハ ン
マーを用いてタイルを 1枚 1枚 たた
き、打撃 音 の違 いか ら浮 いているタ
イルを判別す る方法である。作業 に
コンステック執行役員研 究開発本 部長
当たつては、屋上 からゴンドラを設置
したり、高所 作 業 車 を使用 したりす
図1〕 義務化された定期 点検の対 象
〔
写真2〕 赤 外 線法 による外 壁 調 査
〔
ある程度の距離をとって、地上からタイル熟画像
を撮影するので仮設足場は不要だ
写真1〕 。広 く用 いられて
る必要がある〔
――‐
剥離部温度分布
一一健全部温度分布
日射で浮き部と健全部の間に温度差が生じる。そ
の温度分布で浮き部を検出する (資 料:筆 者
)
いるが 、現地作業 の手間がかかるこ
対象建物
・床面積の合計が100m2を 超える 殊
特 建築物 (注 1)
・階数が5以 上かつ延べ面積が1000m2を 超える事務所等
とと、ゴンドラなどの足場費用がかか
ることが難点である。
点検 を要する外壁仕 上 げと範囲
・
モルタ時 で歩行者l希 害を与ぇるも`
石張り、
れ おある範囲
侮霊f、
赤外線 法は、仮設足場 を必要 とし
ない方法である。日射や外 気温変動
点検頻度
・3年 以内ごとに目視点検
により、壁面 と外気 の間 に熱 の授受
。
10年 以内ごとに、テストハンマーによる全面打診 等
が あるとき、浮 き部 と健全 部 の 間 に
制至
筆
営
脇會
鏃霜(な黄
t野 軟鉄な
ξ
献 墨
盈
絵
亀
田
2008年 改正の定期点検制度では、タイル張り仕上げの点検が努力義務から
罰則を含む義務に強化された (資 料:国 土交通省告示282号 をもとに筆者が作成
)
わずかな温度差 が生 じる。その壁面
写真1〕 ゴンドラを用 いた打 診 調 査
〔
屋上から吊るしたゴンドラに乗った技術者が、テストハンマーでタイルをたたく。
その打撃音から浮きの有無を判断する停真:109ベ ージまで特記以外はコンステック
)
温度分布 をサ ーモカメラによって測
写真
定することで、浮 き部を検出するに
図幻。短時間 で広 い面積 の情報 が
熟練 を要するが、現実 には劣化状況
得 られるので、現地作業 に要す る時
を正確 に判定 できる有資格者 は非常
間 を短縮できる。
に不足 しており、診断業 務 の省力化
2、
タイル張り仕上げには、定期的な点検
仕上げと異なる点であり、設計時も
と適切な補修 が欠かせない。タイル の
後々の点検や補修を念頭に置かなけ
浮き率が高い場合には、部分補修 を
ればならない。
が義務付けられている。
写真3〕 サ…モカメラで撮 つた熱画像 の例
〔
熱画像 を判読してタイル浮きを抽出する。白っぽ
い部分が高温部で、浮きが生じた箇所だ
写真4〕 外 壁 診 断 ロボツト
〔
吸引ポンプで壁面 に吸着しながら、前後左右 に
移動する(写 真掴土技術政策総合研究所
)
は待ったなしの状況 だ。
対象 は特殊建 築物 だけで あり、範
ただし、採用 に際しては、壁面 に対
囲も歩行者などへの危険性がある部
して日射 などの熱供給があること (晴
分だけである。これはあくまでも剥落
天であること)が 条件 であり、タイル
打診 する外壁 診 断 ロボ ットである。
事故 の防止 を目的としているか らだ
の種類 によって温度差 を生じやすい
国土交 通省 国 土技術政策総合研 究
分 のみを対象 とする方法 と、壁面全
体 を新規の仕 上げ材でカバーする方
2008年 の建 築 基 準 法 改 正 によ
が 、建築 物 を健全 な状態 に保 ち、長
ものとそうでないものが ある点 に注
所で開発 した。このロボットで作業性
図 。
法 に分かれる〔
り、図 1に 該当するタイル張 り仕上げ
持ちさせるためには、点検 義務 の対
意が必要 である。また、サ ーモカメラ
や測 定精 度 の研 究が進 められてお
浮 き部分だけを補修す る方法で
について、建物所 有者や管理 者 は定
象 とならない建物や範 囲 についても
はあくまで も汎用 の温 度 計 で あり、
り、実用化 の可能性も見 えてきた。こ
て劣 化環境 にさらされることにより、
期的に点検 して結果 を報告する義務
点検 を励 行すべ きである。
写真3〕 。
剥離診断専用機器 ではない 〔
ぅしたロボットが人 に代 わつて自動
は、それ以外 の部分にあとで浮きが
発 生する可能性 が残り、同様 の補修
剥落の危 険性が生 じる。危険防止の
を負うことになった。違反 した場合の
点検する日もそう遠 くないだろう。
ための定 期 的な点 検 は不 可 欠であ
熱画像 を判読 してタイルの浮きを抽
罰則 規 定 も設 けられている。特 に、
り、浮 きを生 じた場合 には速やかに
竣 工 か ら 10年 以 内ごとに公 道 など
補修する必 要がある。これ はほかの
に面する壁 面 については、全面 打診
繰 り返萌より、全面をカバ…リングして
剥落リスクを封じ込めるほうが長期的
には得策だ。(本 誌 )
タイル 張 り仕上 げは長期 にわたっ
106 NIKKEIARCHITECTURE 20呵 5-9-25
建物所 有者 に報告義務
壁面点 検 に2つ の方法
定期報告制度では 10年 以内ごとに
「テストハンマーによる全 面打診等 」
写真 4は 壁面 を吸着歩行 しなが ら
出す るのは、診断者 の知 識 と経験 に
委 ねることになる。
どちらの診断方 法も十分 な経験 と
タイル浮き部 の補修
タイル 浮 き部 の補修 には、浮 き部
3〕
を繰り返 さなくてはならないケースも
ある。一 方、新規仕 上げ材でカバ ー
リングする場合 には、その後浮 きが
発生しても剥落 の危険性は解消され
2015-9-25 NIKKEIARCHITECTURE 107
Re♂ 岨額 Lecture連 載講座
滲鴻
図3〕 タイル張り仕上げの補修方法
〔
補修対象
補修 。
改修工法
うが長期的に見 て得策である。
(1)部 分張り替え
まず、部分補修 について解説する。
(2)浮 き部 への注入 +ピ ンニング
図 3(1)の「部分張 り替え」と (2)の
タイル陶片の浮き (3)タ イルのピンニング
「浮 き部 へ の注入 +ピ ンニング」は、
(4)ク リア系塗 材 によるカバーリ
ング
全面
浮き位置に
かかわらない
に ngel応 用
l
図5〕 有機 系塗材を用いたピンネットエ法
〔
浮き位置
下地モルタルの
浮き部分のみ 浮き
"Ch』
(5)ピ ンネットエ 法によるカバーリ
ング
(6)乾 式工法によるカバーリング
タイル浮 き部 の補 修 に
は、浮き部分だけを対象
とする方法と、壁面全 体
を新規 の仕 上 げ材 でカ
バーする方 法 の 2つ に
…_ _」 大男Uで きる (資 料:筆 者
)
写真5〕 タイルのアンカ…ピンニング
〔
個々のタイルをアンカービンで固定。ダイヤモンド
ビットで音電
子と
する
写真6〕 クリア塗 材 による剥 落 防 止 工 法
〔
引張力の大きいクリア塗材と、アンカーピンを併
用することで剥落を防止する(写 真:ア イカエ業
)
〔
図4〕 セメント系塗材を用いたピンネットエ法
建築保全センターの「建築改修工 事
監理指 針」などに詳細 に示 されてい
るので省略する。
全面をカバーリング
既存タイル
続 いて、全 面 をカバー リングする
MCア ンカー
工法 を説 明す る。これ には、湿 式 工
法 と乾式 工 法がある
湿式 工法で広 く採用 されているの
が「ピンネットエ法 」だ。これは、既存
図 4の ボリマーセメントモルタルの代わりに、アクリ
ル樹脂を用 いて施工した。追従性や防水性 に優 れ
るが、施工単価 はボリマーセメントモルタルより高 い
資料:コ ンステック)
(写 真と
専用ネット
(3)タ イルのピンニングは、個 々の
タイル面 の上をポリマーセメントモル
タイルをアンカ ー ピンで 留 め付 ける
タルと専用ネットで覆ったうえで、躯
写真5〕 。下地 モル タルに浮 き
方法だ 〔
体 にアンカーピンを施 正 してタイル
既存タイル仕上げ
があつた場合 には、空隙部分 にエポ
の剥落 を防止する方法である 個 4〕 。
接着 モルタル
キシ樹脂などの接着剤 を注入できる
ポリマーセメントモルタルを用いる
が、タイル 陶 片 の 浮 きにつ いて は
代 わりに、アクリル 樹 脂 などの有機
個 々のタイルの背面 に注入するのが
図5〕 。有
系樹脂 を用 いる工法もある 〔
難 しい。そのため、タイルを張 り替 え
機 系樹脂 は伸 びが大きいので、下地
写真7〕 金 属 板 でタイル 外 壁 を覆 う
〔
既存のタイル張り仕上げをアルミスパンドレルで
ない場合 には、タイルのピンニングを
にひび割れが発 生しても追従性 が大
覆 っ た 改 修 事 例 (写 真 :理 研 軽 金 属 工 業 )
用 いる。
きく、剥落 防 止効果 と防水性が保持
手間のかかる工 事であり、グイヤ
(
¬
静i
.● 1
EPS断 熱材
写真8〕 タイル 外 壁 の外 断 熱 改修 事例
〔
既存のタイル張り仕上げを湿式外断熱工法で改
修した事例 (写 真サンクビッけ
される。
済ませておく必要がある。
上する。
モンドビットでタイルをせん孔するの
モルタルを使った工法 の施工単価
躯体コンクリート
で、タイル寸法 により差 はあるが 、一
の上 限 は 1万 円/m2程 度、有機 系樹
既存仕上げ材
般 に施 工 単価 は 1枚 当たり2000円
脂 を使 った場合 の上限は 1万 5000
省エネ改修も合わせて実施
ためには、開 口部や屋根 の断熱化 も
前後 と高額 になる。
円/m2程 度 だ。どちらも外装 の表面
最後 に外 断熱 改修 による価 値 向
バランス良 く行うことが大切である。
(タ イル )
モルタル下塗り
専用ネット
MCア ンカー
モルタル上塗り
新規仕上げ材
(別 進工事 )
1専 用ネットを内蔵したボリ
│マ ーセメントモルタルの
薄塗り仕上げ層を、アン
カービンで固定する。表
1面 の仕上げは塗装仕上
げとするのが一般的であ
フ る (資 料:コ ンステック
)
なお、空調負荷 を効率 的 に減 らす
上について説明する l写 真8〕 。
部分補修 として、クリア塗材 による
を塗装仕上げとするのが一般的だ。
剥落 防止 工 法 もある。これ は、既存
一 方、乾式 工 法 による全面カバー
外壁改修 を必要 とする年代 の建物
のタイル 張 り仕上 げの外観 を残 した
リングでは、新規 の外装材 として軽
では、現行 の省 エネルギ ー基 準 に比
いときなどに用 いる方法で、透明性 と
量で耐 久性 に優 れ る金 属板 が使 わ
べると相 当 に断熱性能が低 く、躯体
引張強度を兼ね備えた樹脂でタイル
れることが多 い。写真 7は アル ミスパ
の劣化 も進行していることが多い。そ
表面をコーティングする。写真 6に 示
ンドレルを採用 した事例 だ。パネル 自
の場合 には、外断熱改修 が有効であ
す工 法では、アンカーピンを併用 (縦
体 の耐久性 は高 いので、その特性 を
る。既存仕 上げを新規断熱層で外側
横 50011ull間 隔、4本 /m2)し て、剥落
生かす ためにもシー リング材 を多用
から押 さえることで、空調 に要するエ
)ま す
連載の予定 (内 容は変更 になる場合があ′
しない納 まりとしたい。
ネルギ ー 消費量 を減 らす ことができ
第 7回
第 8回
る。ただし、1回 当たりの改修 費用 は
目的なら、カバ ー リングによる全 面改
防止機 能 を高 めている。以前か らこ
部分補修 に比べて相当大きい。
修 とするのが現 実的だ。あくまで目安
の種 のクリア系 コー ティング材 は存
また、乾式 工法 は現場で のサイズ
る。結露 のリスクも抑制できるので衛
そのため、浮 き率が小 さい段 階で
だが 、筆者 の経験では浮き率が 10%
在 したが、経年 による黄変や 白変が
調整 など小回りが利かない点 にも要
生環境 の改善 にも寄与するほか、躯
は部分補修、大 きい場合や年数を経
を超 える場合 には、場 当たり的な対
問題 となっていた。近年 の製 品では
注意 だ。既存 ダクトや換 気 口などと
体 が雨や 日射 にさらされず、室 内環
て躯体の劣化進 行 を抑制することが
応 を繰 り返すより全面改修 をするほ
これが改善されている。
の納 まりについては、事前 に検 討 を
境 と同じ状態 になるので耐久性 も向
108 NIKKEIARCHITECTURE 2015-9-25
¬
川忠 に
i
コンステック執行役員研 究開発本部
長。1961年 北海道生まれ。北海道大
学大学院社会基盤 工学専攻。工学博
士。83年 から北海道立寒 地住宅都市
研究所 に勤務。98年 にコンステック入
社。建築物 の調査診 断、耐震補 強、
改修など1こ 幅広く携わる
)
美しい打ち放 しを実現する
(10月 25日 号 )
ALCの トラブルと防止法
(11月 25日 号 )
第 9回
シーリングの劣化 パターン
(12月 25日 号 )
(全 12回 の予定 )
2015-9-25 NIKKEIARCHITECTURE 109
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
553 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content