close

Enter

Log in using OpenID

アクシス耐震スリット

embedDownload
アクシス耐震スリット
施工マニュアル
耐火・サンタックシーラー付 仕様
アクシス株式会社
CONTENTS
●製品規格
1 ~ 3
垂直スリット … 1
水平スリット … 2
推奨副資材 … 3
●施工手順
垂直スリット … 4 ~ 7
水平スリット … 8 ~ 9
標準施工例 … 10
4 ~ 10
垂直スリット 製品規格
商品名・寸法
商品記号
NA(G)
厚み
25・30・35
40・50
壁厚
W110~250
定尺
L-2,025(M)
L-2,250(L)
外型枠
サンタック
シーラー
ポリスチレンフォーム
※上記以外の壁厚に関しましては、
ご相談下さい。
(柱)
(壁)
セラミックファイバー
内型枠
推奨目地棒(現場調達)
厚み 25
厚み 25・30・35
厚み 40・50
15
20
25
25
25
20
30
25
30
R金具
台座
全ネジ (2.5分)
クリップ
H
30
長さ:L-100,L-150,L-200
L-250,L-300,L-350
(大)H-170 W195以上用
(小)H-110 W190以下用
※上記以外の全ネジは現場調達
- 1 -
20
水平スリット 製品規格
型式 品種・寸法(mm)
厚み
製品幅
15・20・25・30
35・40・45・50
80~500
定尺
左記以外の 厚み、または製品幅を
L-2,025(M)
■妻側完全水平スリット(レベルテーパー)
ご希望の場 合はご相談下さい。
■完全水平スリット
絶縁カバー
絶縁カバー
振れ止め筋
サンタック
シーラー
P-101A
(現 場 で 塗 布 )
振れ止め筋
サンタック
シーラー
S G (B )タ イ プ
(ポ リ エ チ レ ン 独 立 気 泡 発 泡 体 )
S G (B )タ イ プ
(ポ リ エ チ レ ン 独 立 気 泡 発 泡 体 )
P-101A
(現 場 で 塗 布 )
レベルカット
(SG(B)の製品幅)=(躯体厚)-(目地深)
(SG(B)の製品幅)=(躯体厚)-(目地深)
■水膨張性一液弾性シーラント P-101A
主成分
ウレタンプレポリマー
打継部の止水に対して、上部生コンクリートと接する部分は、
サンタックシーラーで一体化を図り、下部の打継面は不陸がある
為、液状の水膨張性一液弾性シーラントの低膨張タイプP-101A
を充填すると、コーキングが切れた際の止水対策として有効です。
- 2 -
推 奨 副 資 材
振れ 止めバー
規格サイズ
D10用 L-550 (50本入 )
D13用 L-550 (30本入 )
583
振れ止めバーの特性
材質
面 外 変 形 時 、 ス リ ッ ト は 圧 縮 さ れ 柱 に 応 力 を 伝 え な い の で す が 、 振れ 止 め 筋
自体は収縮しない為、柱に応力を伝えてしまいます。
キャップ部:ポリプロ ピレン成形品
「 振 れ 止 め バ ー 」 は 面 外 変 形 時 、 先 端 の 中 空 キ ャ ッ プ の 空 間 部 分 に鉄 筋 が 入
絶縁カバー部:ポリエ チレン成形品
り 込 み 、 鉄 筋 自 体 に 動 く ス ペ ー ス が 生 じ る 為 、 二 次 壁 の 応 力 を 柱 に伝 え な い
鉄筋部: 異形鉄筋(ドブめっき塗装)
効果があります。
【振れ止めバー 構成材料】
規格サイズ
商品名
ドブめっき異形鉄筋
D10用 L-550 ( 100本入)
D13用 L-550 ( 60本入)
550
絶縁カバー
D10・D13兼用 L-250 (200ヶ/袋)
250
振れ止めキャップ
D10用( 200ヶ/袋)
D13用( 200ヶ/袋)
63
壁筋保護キャップ
形状
規格サイズ
材質
D10・D13兼用( 200ヶ/袋)
ポリ プロピレン
17.5
34
19.5
64
納まり図
34
24
水平スリット上の壁配筋が自重や取り付け時の動き
により下がり、スリット材の破損や壁配筋自体の腐
食につながる恐れがあります。壁筋保護キャップは、
それらの影響を軽減させます。
- 3 -
垂直スリット NA(G)タイプ
型枠に目地棒・セパレーターを取り付ける
セパレーター
目地棒は木製を使用し、
力骨材(枠材)の寸法に合った
ものを使用して下さい。
セパレーターはスリット本体
から200mm以内の位置で、
下から150mmに1箇所、そこ
から450mmピッチで1箇所、
以降600mmピッチで取り付け
ます。
600
釘は長めの丸釘を使用し、最下部
から100mm以内に釘を打ち始め、
以降200mmピッチ以内で目地棒側から
打ち込みます。
200
600
200
200
200
450
釘の打ち始めは
100mm以内
150
壁の配筋を行う(柱及び壁のかぶり厚さを確保する)
スリット本体を目地棒に差し込むように取り付ける
サンタックシーラーの貼
ってある方を屋外側に設
置し、必ずりけい紙を剥
がして下さい。
サ
ン
タ
ッ
ク
シ
屋外側
ー
ラ
ー
垂直スリットの
小口同士は、
P-101Aを
塗布します。
30
外部側
- 4 -
セパレーターに金具を固定する
600
クリップのハネ出しがない
側を必ずスリット側にし、
「カチッ」と音がする迄
はめ込んで下さい。
600
450
150
返しの型枠を返す
目地棒は木製を使用し、
力骨材(枠材)の寸法に合った
ものを使用して下さい。
200
200
200
200
釘は長めの丸釘を使用し、最下部
から100mm以内に釘を打ち始め、
以降200mmピッチ以内で目地棒側から
打ち込みます。
100
- 5 -
腰壁の補強金具要領
壁
300
300
腰壁
150
- 6 -
壁高さ 2.25m以内
コンクリート高さは、1.2m以下で交互に
打設して下さい。
W185以内
W190~W210
コンクリート高さは、1m以下で交互に
打設して下さい。
【打設順序】
柱
③
壁
②
①
コンクリート打設時の注意事項
・ スリットの位置が作業者に分かるようにスラブ上に掲示
して下さい。
・ コンクリート打設は、補強金具が無い方から片押しに
ならないよう均等に打設して下さい。(①~③の順)
・ 打設速度<20m/hr.
・ コンクリート打設時に使用するバイブレーターは、
スリット材に当てないようにして下さい。
- 7 -
妻側完全水平スリット 勾配タイプ(レベルテーパー)の場合
振れ止め筋は、設計図書通りに取り付けて下さい。
目地棒の上にレベルテーパーを取り付け、
長めの丸釘で100以降200ピッチ程度で型
枠に固定する。
※浮き防止の為、目地棒に向けても釘で
固定する。
型枠に目地棒を固定する。
コンクリート打設後、レベルテーパーの
天端レベルで、コンクリートをならす。
振れ止め筋が
位置する箇所に
切り込みを
入れて下さい。
型枠解体後、
壁の型枠を建て込み、
コーキング用の目地棒
設置する。
≪コンクリート打設時の注意≫
ジャンカを防ぐ為、外部側からハンマーで型枠を打
つ際、その衝撃によりレベルテーパーが浮き上がる
危険性があります。型枠を打った後は、必ずご確認
下さい。
スリット取付部の清掃を行います。
P-101Aを塗布して下さい。
サンタックシーラーの
りけい紙を剥がす。
りけい紙
テープ
スリット材を設置し、レベルカットの
切れ目をテープで目張りする。
- 8 -
完全水平スリット
振れ止め筋は、設計図書通りに取り付けて
下さい。
水平スリット施工面の躯体精度を確認
します。
振れ止め筋が
位置する箇所に
切り込みを
入れて下さい。
外部側
内部側
振れ止め筋
スリット取付部の
清掃を行います。
P-101Aを
塗布して下さい。
屋外側型枠に目地棒を
取り付けて下さい。
約15mm
サンタックシーラーのりけい紙
を剥がし、サンタックシーラー
側を屋外側に設置します。
りけい紙
スリットをジョイントする場合は、
耐火材が連続するように施工して
下さい。
スリット をジョイントする場合、ジョイント部にP-101Aを塗布して下さい。
- 9 -
● 標準施工例 ●
壁配筋の過重により、水平スリットの端部
が反り上がってしまわない様、コンクリー
トに釘で固定して下さい。
耐火材、サンタックシーラーが不連続に
なる場合は、水平スリットを斜めにカッ
トし、耐火材、サンタックシーラーを連
結させて下さい。
サンタックシーラーが剥がれてしまった場
合は、P-101Aを充填して下さい。
水平スリットの上に必ず垂直スリットを
セットし、小口部分にはP-101Aを充填
して下さい。
- 10 -
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
21
File Size
695 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content