close

Enter

Log in using OpenID

創立40周年記念講演会 14 時より

embedDownload
創立40周年記念講演会
14 時より
サハラ砂漠で 2004 年からCCS(二酸化炭素地中貯留)を開始したインサラー天然ガス処理プラント
講師
日揮株式会社・理事・国際事業本部・アルジェリア開発プロジェクト部長
伊藤 文博氏
(自己紹介)1953 年宮城県志津川町生まれ。1974 年一関高専(化学工学科)卒。1978 年東京
工業大学修士課程(化学工学専攻)修了、日揮(株)入社。初めの 3 年間はアルジェリア、マレ
ーシアの天然ガスプラント建設現場に駐在。以後プロセスエンジニア、プロジェクトエンジニア、
エンジニアリングマネージャー、プロジェクトマネジャーとして主に資源開発関連のプロジェク
トに従事。趣味はレコードによる音楽鑑賞と野鳥観察(日本野鳥の会会員)。
講演概要
1997 年、英国 BP がインサラーガスプロジェクトと称するサハラ砂漠のガスを EU に輸送・
販売する事業の計画に着手した。同年 10 月に概念設計を始めるということでロンドンに駐在
し、7 年間このプロジェクトに参画した。特徴的なのは 2004 年 7 月からガスの採掘に伴い発生
する二酸化炭素を回収して地下 2000 メートルの岩盤の中に貯留する試みが開始されたこと。
それは CCS( Carbon Capture and Storage)の施設として陸上では世界初、設計貯留量は年間
120 万トンで世界一。二酸化炭素のガス吸収塔と地下に圧入するための圧縮機が日本製。採
用された二酸化炭素吸収液はドイツ製。その後 CCS に特に威力を発揮する新型の吸収液が
日本とドイツで共同開発され、年内中に実証試験の見込み。地球温暖化対策の上での CCS
の役割と課題。資源開発とはどのような事業か。外国石油資本と産油国の国営石油会社の
利害の衝突と調整。日本の資源獲得のための課題などにつき講演する。
一関高専教職員 OB 各位
一関工業高等専門学校 同窓会
会長
金野
勤
一関高専同窓会創立40周年記念式典・祝賀会のご案内
謹啓 皆さまお元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。常日頃、一関高専の発展
を見守り、ご支援を頂きまして、誠にありがとうございます。
さて、月日の経つのは早いもので、一関高専同窓会は昭和 44 年(西暦 1969 年)4
月に発足以来、今年度で 40 年を迎えております。その間、本会は 10 年おきに独自に
記念事業を実施し、また母校の記念事業等に合わせて、校旗、時計塔、校歌碑等を寄
贈するなど、母校の発展を一緒にお祝いして参りました。
同窓会創立 40 周年の節目となる年に、昔お世話になった皆様にもお越し願い、同
窓生も集って母校のさらなる発展を願い、また往時を偲んで親睦を深め、今後の活力
としたいと考えております。
つきましては、下記のように記念式典・講演会・祝賀会を開催致しますので、出席
をいただきますよう、ご案内申し上げます。
敬白
記
1)記念式典・講演会
期日:2010 年 3 月 27 日(土)13:30~15:30
場所:ベリーノホテル一関 2F
一関市山目字三反田 179 tel 0191-23-1000 駐車場(100 台、無料)
一ノ関駅より徒歩 25 分(1.6km)。タクシーで5分
2)祝賀会
期日:2010 年 3 月 27 日(土)16:00~18:00
場所:ベリーノホテル一関 2F
会費:3000 円(当日受付でお支払い下さい)
一関市山目字三反田 179 tel 0191-23-1000 駐車場(100 台、無料)
※当日は一ノ関駅からお迎えのバスを 13:00 駅西口発で運行します。
3)お申込み先・御照会先
お申込み:2010年 3 月 23 日(火)まで、メールかお電話でお願いします。
ご照会先:一関高専同窓会事務局:0191-24-4700(学校代表)
申込み先 同窓会メールアドレス:[email protected]
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
216 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content