close

Enter

Log in using OpenID

第20回 作品目録 - しずおか健康長寿財団

embedDownload
第20回
作品目録
会期:平成28年12月2日(金)~11日(日)
会場:静岡県立美術館県民ギャラリー
主
共
後
催
催
援
公益財団法人しずおか健康長寿財団、静岡県
静岡市、浜松市
静岡県教育委員会、一般財団法人静岡県老人クラブ連合会、静岡市教育委員会
朝日新聞静岡総局、産経新聞社静岡支局、毎日新聞静岡支局
読売新聞静岡支局、中日新聞東海本社、静岡新聞社・静岡放送
NHK静岡放送局、テレビ静岡、静岡朝日テレビ、だいいちテレビ(順不同)
目
次
ごあいさつ
・・・・・・・・・
2
開催概要
・・・・・・・・・
3
応募の状況
・・・・・・・・・
5
審査方法
・・・・・・・・・
7
入賞作品一覧
・・・・・・・・・
8
入賞作品寸評
・・・・・・・・・
10
出品作品一覧
・・・・・・・・・
15
ねんりんピック美術展成績報告
・・・・・・・・・
23
※出品者の年齢は本美術展開催初日の平成 28 年 12 月 2 日(金)時点の満年齢で表記
してあります
1
ごあいさつ
厚生労働省が平成 24 年にはじめて公表した平成 22 年時点の健康寿命で静
岡県は、男性 71.68 歳(全国 2 位)、女性 75.32 歳(同 1 位)でした。
また、平成 27 年 12 月に公表した平成 25 年時点で、本県は、男性 72.13
歳(全国 3 位)、女性 75.61 歳(同 2 位)となりましたが、この 3 年間で健康
寿命が男性は 0.45 歳、女性は 0.29 歳伸びています。
健康寿命が長い理由として、地場の食材が豊富で食生活が豊かなこと、いつ
もお茶をたくさん飲んでいることなどがありますが、スポーツや文化活動を通
じた日常的な人的交流、社会参加も重要であると言われています。
しずおか健康長寿財団は、高齢者をはじめとする県民の「健康づくり」
「生き
がいづくり」
「仲間づくり」を支援する県内唯一の組織として、平成3年に設立
されました。
以来、すこやか長寿祭(スポーツ大会・美術展・熟年メッセージ)の開催や
ねんりんピック静岡県選手団の派遣、しずおか健康いきいきフォーラム 21 事
務局運営、介護実習講座の開催などの健康・生きがいづくりに資する事業を積
極的に展開してまいりました。これらの地道な活動は、静岡県の健康寿命日本
一に多少なりとも寄与したものと考えております。
本美術展は、高齢者の生きがいづくりとふれあい交流を目的に、平成9年度
から開催され、今回で第20回を迎えることになりました。そして、平成29
年9月に秋田県で開催される「全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋
田2017)美術展」の静岡県、静岡市、浜松市のそれぞれの代表作品の選考
会を兼ねております。今回240点の出品があり、いずれの作品も素晴らしく、
盛大に開催することができましたことを、大変喜ばしく思っております。
過去には、本県の出品作品が、2010年(石川県)、2011年(熊本県)
に最高賞の「厚生労働大臣賞」を2年連続で受賞、2012年(宮城県)に「宮
城県知事賞」「仙台市長賞」を受賞しております。
さらに、2013年(高知県)の洋画・写真の部でのダブル受賞(本県にお
いて初の快挙)に続き、2014年(栃木県)、2015年(山口県)、201
6(長崎県)と4年連続で「厚生労働大臣賞」を受賞、この7年間で7作品が
最高賞に輝いており、本県の芸術文化水準の高さと、日ごろの活発な高齢者活
動の成果であると考えております。
今後も、シニアの美術・芸術熱がますます高まり、
「社会参加」につながるこ
とを期待し、健康寿命日本一に向けて微力ながら努めてまいりたいと思ってお
りますので、引き続き御支援のほどよろしくお願い申し上げます。
最後に、この美術展の開催にあたり御支援・御協力いただきました、審査員
の皆様をはじめ、関係者の皆様方に改めて感謝致します。
公益財団法人しずおか健康長寿財団
理事長
2
佐古
伊康
開催概要
趣
旨
高齢者の創作する作品を募集・展示することにより、ふれあいと生きがいづ
くりを推進するとともに、高齢者の文化活動を促進することを目的に開催しま
す。この美術展は、平成29年9月に開催される「第30回全国健康福祉祭あ
きた大会(ねんりんピック秋田2017)美術展」の選考を兼ねています。
実施主体
主催 公益財団法人しずおか健康長寿財団、静岡県
共催 静岡市、浜松市
後援 静岡県教育委員会、一般財団法人静岡県老人クラブ連合会、静岡市教育委員会
朝日新聞静岡総局、産経新聞社静岡支局、毎日新聞静岡支局
読売新聞静岡支局、中日新聞東海本社、静岡新聞社・静岡放送
NHK静岡放送局、テレビ静岡、静岡朝日テレビ、だいいちテレビ(順不同)
会
場
静岡県立美術館
開催日程
県民ギャラリーA・B及び講堂
(静岡市駿河区谷田 53-2)
※全作品を全期間にわたり展示します
月
日
平成28年
12月 2日(金)
展示時間
展示内容等
10:00~17:00
作品公開【全部門】
13:00~15:00
表彰式、健康・生きがいづくり講演会
10:00~17:00
作品公開【全部門】
作品公開【全部門】
12月
3日(土)
12月
4日(日)
10:00~17:00
12月
5日(月)
-
12月
6日(火)
休館日
12月 7日(水)
12月 8日(木)
10:00~17:00
12月 9日(金)
作品公開【全部門】
12月10日(土)
12月11日(日)
展示作品
日本画
工 芸
6部門計
28点
33点
240点
10:00~14:00
洋
画
112点
彫 刻
14点
書
23点
写 真
30点
※出品は1人につき1部門1点(複数部門の出品可)
入場料
無 料
3
【参考】作品募集の概要
出品資格・出品料・申込方法等
出品者資格
出品作品
静岡県内に在住し、昭和33 年 4 月 1 日以前に生まれたアマチュア
出品者により創作された未発表作品
出品料・点数 2,000 円(出品点数は1人1部門につき1点、複数部門の出品可)
出品申込書に必要事項を記入し、申込期限までにお申し込み。
【申込書提出期限】平成 28 年 9 月 30 日(金)当日消印有効
出品申込
【申込み・問合せ先】
公益財団法人しずおか健康長寿財団 健康増進生きがい推進課美術展係
〒420-0856 静岡市葵区駿府町1番 70 号
電話 054-253-4221 FAX 054-253-4222
募集部門・出品規格
部 門
規 格
①水墨画を含む。
②10 号(53.0cm×33.3cm)以上 50 号(116.7cm×116.7cm)以内とする。
日本画
③額装をする。ガラス、屏風、軸装は不可とする。なお、30 号(91.0cm×91.0cm)
以上の作品については、額縁の幅(マットを含む)は 6cm 以内とする。
洋
彫
工
画
①油絵、アクリル画、水彩、素描、版画、パステル画とする。
②10 号(53.0cm×33.3cm)以上 50 号(116.7cm×116.7cm)以内とする。(版
画については、10 号未満も可とする。)
③額装をする。ガラスは不可とする。なお、30 号(91.0cm×91.0cm)以上
の作品については、額縁の幅(マットを含む)は 6cm 以内とする。
刻
①彫刻、彫塑、その他立体作品とする。
②高さ 200cm×幅 100 cm×奥行 100 cm 以内とする。
③重量は 100kg 以内とする。
芸
①陶芸、染織、漆芸、金工、木竹、人形、その他工芸作品とする。
②立体作品は高さ 60cm 以内とし、平面(壁面を含む。)作品は 50 号(116.7cm
×116.7cm)以内とする。なお、額装した作品で 30 号(91.0cm×91.0cm)以上の
作品については、額縁の幅(マットを含む)は 6cm 以内とする。
③屏風は二曲とし、平面時のサイズは高さ 149cm×横 140cm 以内とする。
④その他(装飾設備を含む)にあっては、②、③の規格範囲内とする。
①漢字、かな、篆刻、調和体及び前衛、刻字を問わない。
②額・枠・軸装いずれも可。表装仕上り寸法は 1.5 ㎡以内とし、縦形式は
一辺が 242 ㎝、横形式は一辺が 182 ㎝以内とする。なお、ガラスは不
可とし、重量は 10kg 以内とする。
③篆刻作品は印影のみの作品とし、縦 39cm×横 30cm 以内の額装とす
る。刻字作品の大きさもこれに準ずる。
書
写
真
①カラー、モノクロを問わない。
②長辺が 50cm 以上、90cm 以内の単写真とする。
③木製パネル仕立て(マットなし)とするが、マットありや額装も可とする。
④使用機材は問わない。デジタル合成は不可とする。
4
応募の状況
応募数と出品数
部
門
応募数(9 月末)
出品取消等
出品数
日本画
30
2
28
洋
画
118
6
112
彫
刻
14
0
14
工
芸
34
1
33
26
3
23
32
2
30
254
14
240
書
写
真
計
※出品取消等は、体調不良、住居移転等の出品者本人の都合による
性別・年齢別
性別
部
門
出品数
男性
日本画
年代(美術展開催時の年齢による)
女性
50 代 60 代 70 代 80 代
90 代
28
14
14
1
3
16
6
2
1
22
64
24
1
洋
画
112
70
42
彫
刻
14
11
3
2
8
4
工
芸
33
17
16
10
13
9
1
23
9
14
11
9
3
30
24
6
4
16
9
1
240
145
95
41
128
61
8
100.0% 60.4%
39.6%
0.8% 17.1% 53.3% 25.4%
3.3%
書
写
真
計
比率
2
5
市町別
地区
市町
下田市
東伊豆町
河津町
伊豆 南伊豆町
松崎町
西伊豆町
小 計
沼津市
熱海市
三島市
富士宮市
伊東市
富士市
御殿場市
東部
裾野市
伊豆市
伊豆の国市
函南町
清水町
長泉町
小山町
小 計
静岡市
島田市
焼津市
藤枝市
中部
牧之原市
吉田町
川根本町
小 計
浜松市
磐田市
掛川市
袋井市
西部
湖西市
御前崎市
菊川市
森 町
小 計
合 計
県合計(静岡市・浜松市除く)
出品数
件数
割合
日本画
1
0.4%
0
0.0%
1
0.4%
0
0.0%
1
0.4%
0
0.0%
3
1.3%
0
22
9.2%
3
0
0.0%
1
0.4%
6
2.5%
3
3
1.3%
1
10
4.2%
4
5
2.1%
2
0.8%
3
1.3%
6
2.5%
2
0.8%
0
0.0%
4
1.7%
1
2
0.8%
1
66 27.5%
13
71 29.6%
4
2
0.8%
1
7
2.9%
7
2.9%
1
3
1.3%
2
0.8%
0
0.0%
92 38.3%
6
53 22.1%
5
11
4.6%
2
5
2.1%
2
0.8%
1
2
0.8%
1
0.4%
1
3
1.3%
2
0.8%
79 32.9%
9
240 100.0%
28
116 48.3%
19
6
洋画
1
部門別内訳
彫刻 工芸
書
写真
1
1
1
9
1
1
4
0
4
0
2
1
2
1
4
2
1
4
1
1
1
4
1
1
2
25
39
2
6
51
23
5
3
1
2
1
5
4
2
1
2
1
10
9
7
5
1
1
1
1
9
8
1
1
1
1
7
3
1
12
7
1
1
6
5
2
1
10
10
1
2
2
35
112
50
4
14
5
1
10
33
17
1
1
10
23
13
11
30
12
審査方法
審査員(順不同・敬称略)
<日本画>
<洋
画>
<彫
刻>
<工
芸>
<
書
<写
>
真>
柴田かね子
久松安寿子
佐藤 信夫
八木 健一
(静岡県日本画連盟理事)
(静岡県日本画連盟理事)
(静岡県油彩美術家協会会長)
(静岡県油彩美術家協会常任理事・事務局長)
池谷
坂本
櫻井
志水
渡辺
雅之
雅子
茂雄
義廣
墨仙
(一般社団法人日本美術家連盟会員)
(国画会彫刻部会員・東海大学短期大学部特任教授)
(静岡県工芸家協会会長)
(静岡県工芸家協会理事)
(静岡県書道連盟顧問)
大石
鈴木
小松
大梅
義二
啓二
(静岡県書道連盟副会長)
(静岡県写真協会副会長)
(静岡県写真協会監事)
審査日・審査場所
平成28年11月29日(火)
静岡県立美術館県民ギャラリー
賞の点数
賞
名
受賞数
日本画
各部門1点
静岡県知事賞
1
(計6点)
公益財団法人しずおか 各部門1点
1
健康長寿財団理事長賞 (計6点)
後援者特別賞
各1点
(静岡新聞社・静岡放送賞、中日賞) (計2点)
各部門1点
金 賞
1
(計6点)
各 部 門出 品点 数
銀 賞
1
の5%(計 13 点)
各 部 門出 品点 数
銅 賞
3
の 10%(計 23 点)
部門合計
最高齢者賞
合
7
男女各1点
(計2点)
洋画
彫刻
工芸
書
写真
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
6
1
2
1
2
11
1
3
2
3
21
5
9
6
8
2
計
58
7
入賞作品一覧
県知事賞
部 門
日本画
洋 画
彫 刻
工 芸
書
写 真
※敬称略
受付番号
093
139
058
228
065
111
出品者氏名
大石 光枝
青島 正和
田邊 悟
大石 美保子
加藤 桂三
勝呂 武
作品題名
花模様
和の色彩 A
和膳
舞
長安春望
空が燃えた
年 齢
73
67
74
72
79
79
市 町
沼津市
沼津市
牧之原市
藤枝市
浜松市北区
伊豆の国市
作品題名
輝菜に精出す老女
生物の世界
集中
早春の芽吹き
西行のうた
晴れの日
年 齢
90
68
80
83
90
79
市 町
浜松市北区
静岡市葵区
静岡市駿河区
磐田市
沼津市
袋井市
作品題名
仲間と集う午後
年 齢
75
市 町
浜松市東区
作品題名
市 町
静岡市清水区
公益財団法人しずおか健康長寿財団理事長賞
部 門
日本画
洋 画
彫 刻
工 芸
書
写 真
受付番号
013
018
104
083
117
037
出品者氏名
山崎 恒彦
増田 初恵
増田 侑司
鈴木 淳一
松井 里枝
林 博視
静岡新聞社・静岡放送賞
部
洋
門
画
受付番号
089
出品者氏名
吉田 美夜子
門
芸
受付番号
163
出品者氏名
五島 尚子
晩夏
年 齢
70
部 門
日本画
洋 画
彫 刻
工 芸
書
写 真
受付番号
077
229
184
164
204
061
出品者氏名
伊藤 雅章
岡本 雪江
大場 啓史
清 雅江
大長 佳子
仁藤 政孝
作品題名
艶(島田髷まつり)
郷愁
若い女
「庭のスイートピー」-雨上がりに-
啼
花火師
年 齢
73
66
79
60
85
74
市 町
浜松市中区
菊川市
松崎町
富士宮市
静岡市駿河区
富士市
受付番号
015
153
133
014
105
243
129
177
109
081
134
145
169
出品者氏名
佐々木 功
高島 邦明
野嶋 照子
土屋 勝陽司
堀内 計利
井田 素子
鈴木 利幸
田中 康紀
山本 ひろ子
眞野 好弘
神谷 知恵子
海野 昭彦
小嶋 富雄
作品題名
梅雨冷えの朝
遊泳 Ⅱ-1
再生
港の一隅
浜名湖の恵
三方が原の散歩道
不協和音
毘沙門天立像
てっせん
秋の詩/こもれび
富士見ゆる旅
アオサギの愛
遥拝
年 齢
82
74
65
79
62
74
70
76
79
69
73
80
79
市 町
小山町
沼津市
浜松市西区
下田市
浜松市東区
浜松市北区
藤枝市
長泉町
森町
沼津市
浜松市南区
小山町
静岡市葵区
中日賞
部
工
金
銀
賞
賞
部 門
日本画
洋
画
彫
刻
工
芸
書
写
真
8
銅
賞
部
門
日本画
受付番号
出品者氏名
178
椿
043
青島
187
望月
025
大石
彫
工
画
刻
芸
写
真
齢
市
町
大らか
59
富士宮市
新一
寒い朝
83
藤枝市
規枝
楮の里
72
富士宮市
躍動
87
静岡市葵区
富美枝
唐沢
照枝
裏通り〔ナポリ〕
75
浜松市中区
068
埋田
貞子
庄屋の納戸
84
浜松市西区
弘
待春
87
静岡市葵区
石垣
217
池田
光江
大地
69
浜松市東区
176
大塚
順子
丹と響き合う色
74
焼津市
128
赤堀
静子
海から
76
掛川市
194
植田
利夫
浜松城石垣
79
牧之原市
192
勝又
祥介
大樹のもとで
79
静岡市葵区
平三郎
遙かなる地へ
88
静岡市駿河区
修一
富士芝桜に分け入る
69
牧之原市
清
レオタードの女
79
長泉町
241
小梁
119
四ノ宮
047
上原
193
彦根
雅行
愛こそはすべて
67
函南町
189
江坂
君代
変形六角形.つや消練り込み
85
静岡市葵区
最後の捻り
79
河津町
041
書
年
075
085
洋
清美
作品題名
相馬
清之助
190
櫻井
隆雲
陸游詩
77
磐田市
126
進士
玄櫻
王義之、蘭亭叙
73
静岡市清水区
114
黒田
浩二
冬の風物詩
71
島田市
049
北山
末子
初対面
71
浜松市北区
082
河原崎
龍船祭
79
静岡市葵区
久和
最高齢者賞(男性)
部
門
受付番号
出品者氏名
日本画
052
沼田
好策
作品題名
古里のめぐみ
年
齢
94
市
町
長泉町
最高齢者賞(女性)
部
門
受付番号
工
芸
156
出品者氏名
堀内
まつね
作品題名
虹のかなたへ
9
年
齢
93
市
町
御殿場市
入賞作品寸評
県知事賞
【日本画部門】
「花模様」
大石 光枝
73 歳
沼津市
笞むした太い幹、その根本に降り積もる繊細
な桜の花びら、自然のたくましさとやさしさが
感じられます。
すぐれた技術で臨場感あふれた作品に仕上
がっています。
【洋画部門】
「和の色彩 A」
青島 正和
67 歳
沼津市
琳派の装飾性を構成的造形化しコラージュ
した作品。センスの良い配色で現代性を醸し出
している。様々な技法を活用しながら密度のあ
る完成度の高い作品になっている。
【彫刻部門】
「和
膳」
田邊 悟
74 歳
牧之原市
食卓上の食器や、鯵の干物などを一木で彫り
出し、畳、座布団、格子、花と構成した力作で
す。等身大で室内の一角を、ほのぼのとしたタ
ッチで表現されています。
10
【工芸部門】
「舞」
大石 美保子
72 歳
藤枝市
裂織りの画面いっぱいに今にも飛び出しそう
な踊り子を表情豊かに表現、ポーズの先の幽玄
の世界を感じさせる作品です。
【書部門】
「長安春望」
加藤 桂三
79 歳
浜松市北区
力強く流麗で、文字の大小、縦横の変化、文
字と余白のバランス、重量感が見事に展開され、
格調髙く錬度ある作品です。
【写真部門】
「空が燃えた」
勝呂 武
79 歳
伊豆の国市
自然の営みの中でも大変感動を呼ぶ富士山
の夕焼けの瞬間を捉えた素晴しい写真です。
一年間富士山詣でをしても中々撮れない一枚
です。作者もさぞ胸が高鳴った事と思います。
11
公益財団法人しずおか健康長寿財団理事長賞
【日本画部門】
「輝菜に精出す老女」
山崎 恒彦
90 歳
浜松市北区
愛情込めて育てた白菜の、みずみずしさ、汚
れをとり出荷する準備をしている生産者の我が
子を抱くような、やさしさが画面から伝わり好
感の持てる作品だと思います。
【洋画部門】
「生物の世界」
増田 初恵
68 歳
静岡市葵区
さんさんと降り注ぐ太陽の下、南洋の島国タ
ヒチと思われる海辺、この島に自然と人類が共
存する豊かな世界が広がり平和を象徴する時間
が読みとれます。
【彫刻部門】
「集中」
増田 侑司
80 歳
静岡市駿河区
テニスプレーヤーの集中した緊張感のある場
面をよく表現しています。プロポーションもよ
く美しい人物像となっています。荒削りの木製
の台座が、野外の光景を感じさせます。
12
【工芸部門】
「早春の芽吹き」
鈴木 淳一
83 歳
磐田市
多色の糸を使用して丁寧な作品
で大自然の風景に仕上がっていま
す。心温まる作品です。
【書部門】
「西行のうた」
松井 里枝
90 歳
沼津市
西行の名歌の一首である。優麗な美しい
線条で墨量の変化も巧み。のびやかな見事
な快作。三行の構成も観る者に安定感を与
える。珠玉の品性の髙い半切の条幅作品。
【写真部門】
「晴れの日」
林 博視
79 歳
袋井市
お正月行事だろうか。後ろ姿の女性で画面
構成をして向かい合う女性に視線を誘導し、
白黒写真で仕上げることで女性の襟足と表
情が強調され、魅力的な作品に仕上がってい
ます。
13
静岡新聞社・静岡放送賞
「仲間と集う午後」(洋画部門)
吉田 美夜子
75 歳
浜松市東区
室内や卓上にある物達が擬人化され浮遊し
ている。様々な静物が自己を主張し語り合って
いるように感じる。画面を統一している花の構
成や赤いポイントが青い空間に躍動している。
中日賞
「晩夏」(工芸部門)
五島 尚子
70 歳
静岡市清水区
晩夏のひまわり畑を生成の生地を活かし藍
色のグラデーションでシンプルに染めた清涼
感ある好感の持てる作品です。
最高齢者賞
【男性】
「古里のめぐみ」(日本画部門)
沼田 好策
94 歳
長泉町
霊峰富士を仰ぎながら人生歩んできた作者。
新幹線が走り時代は進歩しても「やっぱり富
士山はふる里の誇りだ」という思い。心から
拍手を送りたいと思います。
【女性】
「虹のかなたへ」(工芸部門)
堀内 まつね
93 歳
御殿場市
高齢にかかわらず一針一針、時間を費やし丁
寧な仕事で良い作品に仕上がっています。
14
出品作品一覧
日本画部門
部門番号
受付番号
題 名
日本画-001
001
夏の想い
日本画-002
004
日本画-003
氏
名
性別
年齢
市町
岩崎
勝夫
男
72
静岡市
桜
髙柳
多一
男
80
浜松市
013
輝菜に精出す老女
山崎
恒彦
男
90
浜松市
理事長賞
日本画-004
015
梅雨冷えの朝
佐々木
功
男
82
小山町
銀賞
日本画-005
024
白糸の滝 (点描画)
荒波
守夫
男
75
静岡市
日本画-006
043
寒い朝
男
83
藤枝市
銅賞
日本画-007
052
古里のめぐみ
男
94
長泉町
最高齢者賞(男性)
日本画-008
069
岐阜県
男
87
静岡市
日本画-009
077
艶(島田髷まつり)
伊藤
雅章
男
73
浜松市
日本画-010
079
山は招く
甲田
幸子
女
70
富士市
日本画-011
093
花模様
大石
光枝
女
73
沼津市
日本画-012
095
涼
野村
和彦
男
75
磐田市
日本画-013
096
夏めく
伊藤
仁子
女
75
沼津市
日本画-014
112
とうがらし
仲田
昌子
女
73
浜松市
日本画-015
135
カラー
高橋
富佐恵
女
76
御前崎市
日本画-016
147
サマルカンド
増谷
いち子
女
68
磐田市
日本画-017
151
静寂の路
大場
節郎
男
88
袋井市
日本画-018
168
守護神(雲龍)
髙松
利治
男
70
富士市
日本画-019
174
終わりの無い草原 セレンゲティ(マサイ語)
渡辺
勝子
女
73
富士市
日本画-020
175
教祖殿
小川
信行
男
65
富士市
日本画-021
178
大らか
椿
女
59
富士宮市
日本画-022
179
孔雀
鈴木
隆江
女
72
伊東市
日本画-023
182
大草山
永田
二三
女
83
浜松市
日本画-024
187
楮の里
望月
規枝
女
72
富士宮市
日本画-025
188
三重塔
中村
芳江
女
69
富士宮市
日本画-026
207
バラ・マチルダの調べによせて
本多
尚子
女
73
沼津市
日本画-027
210
夏来
高木
昭次
男
77
島田市
日本画-028
211
琵琶の音
望月
千里
女
71
静岡市
青島
沼田
平湯大滝
久保田
15
新一
好策
利男
清美
備考
金賞
県知事賞
銅賞
銅賞
洋画部門
部門番号
受付番号
題
名
氏
名
性別
年齢
市町
洋画-001
009
オランダの光
嶋子
女
77
静岡市
洋画-002
010
瓢箪群
和久田
女
77
浜松市
洋画-003
011
苛め虫
井倉
照久
男
89
静岡市
洋画-004
014
港の一隅
勝陽司
男
79
下田市
銀賞
洋画-005
018
生物の世界
増田
初恵
女
68
静岡市
理事長賞
洋画-006
019
林から観える寺院
杉山
勝良
男
68
静岡市
洋画-007
021
霊峰
東
男
59
静岡市
洋画-008
022
ロッシーと孫達
秀次
男
65
藤枝市
洋画-009
025
躍動
富美枝
女
87
静岡市
洋画-010
026
地球のいとなみ(北海道、地獄谷)
正夫
男
78
焼津市
洋画-011
027
work
みね子
女
66
静岡市
洋画-012
030
えのころ草にそよ風ふいて
石川
房代
女
68
静岡市
洋画-013
035
夕映え
外川
雄章
男
74
長泉町
洋画-014
038
BEANS
小野田 アヤ子
女
71
静岡市
洋画-015
040
楽園
井上
美保子
女
69
伊東市
洋画-016
042
寝覚ノ床
節夫
男
74
吉田町
洋画-017
044
もぐら道
正太郎
男
72
浜松市
洋画-018
053
木漏れ日のなかで
雅規
男
73
静岡市
洋画-019
054
雨が上って
栄三郎
男
81
御殿場市
洋画-020
055
樹令 250 年の桜(長野)
藤﨑
政子
女
75
静岡市
洋画-021
056
秋の堂ヶ谷池
小粥
勝雄
男
75
藤枝市
洋画-022
057
悠久の時を経て
不二子
女
65
沼津市
洋画-023
062
架橋
村松
和憲
男
79
浜松市
洋画-024
064
越夏の草花
岡平
勝義
男
78
浜松市
洋画-025
068
庄屋の納戸
埋田
貞子
女
84
浜松市
洋画-026
071
森の精光
小杉
省三
男
76
磐田市
洋画-027
073
春の城
小倉
榮祐
男
75
静岡市
洋画-028
075
裏通り〔ナポリ〕
唐沢
照枝
女
75
浜松市
洋画-029
078
円卓のある情景
伊藤
雅章
男
73
浜松市
洋画-030
080
石畳の路地裏
勝
男
73
浜松市
洋画-031
084
光
寧子
女
72
沼津市
洋画-032
085
待春
弘
男
87
静岡市
洋画-033
086
あやとり
庫男
男
86
静岡市
洋画-034
089
仲間と集う午後
美夜子
女
75
浜松市
洋画-035
091
「マンドリンもどき」
繁
男
81
静岡市
洋画-036
092
秋麗の香嵐渓
康男
男
76
裾野市
洋画-037
094
花を持つ女
すみ子
女
87
静岡市
洋画-038
097
旨い茶の里
武
男
79
伊豆の国市
洋画-039
100
長期避難子どもの心に遊びの喜び
きよ子
女
83
浜松市
洋画-040
101
索道
廉一
男
78
静岡市
中川
土屋
清水
小澤
大石
壁と共に
米澤
青野
三輪
田中
白鳥
勝又
宮田
三島
村越
石垣
久田
吉田
小澤
望月
藤田
勝呂
池沼
大石
16
朝子
備考
銅賞
銅賞
銅賞
銅賞
静岡新聞社・静岡放送賞
部門番号
受付番号
題
名
洋画-041
105
浜名湖の恵
洋画-042
106
一難去ってまたー
洋画-043
110
石神
洋画-044
113
洋画-045
氏
名
性別
年齢
市町
備考
計利
男
62
浜松市
銀賞
紀
女
80
静岡市
伊藤
静子
女
76
浜松市
真夏日
水野
清春
男
73
伊東市
115
西伊豆
曽根
邦治
男
88
静岡市
洋画-046
116
北からの風
小川
泰弘
男
71
静岡市
洋画-047
118
「華厳」
髙橋
義之
男
81
静岡市
洋画-048
119
富士芝桜に分け入る
男
69
牧之原市
洋画-049
120
夕焼けの浜辺
栄子
女
68
沼津市
洋画-050
121
偕老同穴
植松
徹
男
65
沼津市
洋画-051
122
東寺五重塔
池田
馨
男
90
藤枝市
洋画-052
124
いっぷくの楽しみ
鈴木
眞司
男
79
浜松市
洋画-053
125
Barbizon
太田
智子
女
83
函南町
洋画-054
128
海から
赤堀
静子
女
76
掛川市
銅賞
洋画-055
129
不協和音
鈴木
利幸
男
70
藤枝市
銀賞
洋画-056
130
ユリと林檎
濱地
克郎
男
67
静岡市
洋画-057
132
金沢・西茶屋街
高山
吉直
男
69
湖西市
洋画-058
133
再生
野嶋
照子
女
65
浜松市
洋画-059
136
日光華厳滝の断崖
江間
敏雄
男
82
浜松市
洋画-060
137
共存
近藤
全廣
男
74
磐田市
洋画-061
139
和の色彩 A
青島
正和
男
67
沼津市
洋画-062
140
くつろぎの時
あつ子
女
67
浜松市
洋画-063
141
あるがまま
赤堀
和江
女
79
焼津市
洋画-064
142
25 時
西原
一美
女
65
浜松市
洋画-065
143
風景
杉浦
吉一
男
82
浜松市
洋画-066
146
古城へ通じる道
増谷
正計
男
72
磐田市
洋画-067
149
詣でる
紅野
さゆみ
女
77
沼津市
洋画-068
150
ふり返る時
小池
いつ子
女
71
磐田市
洋画-069
152
妙高高原
春
男
78
伊豆の国市
洋画-070
153
遊泳
邦明
男
74
沼津市
洋画-071
157
躍動
勉
男
70
静岡市
洋画-072
166
世界遺産を頂いた 富士山
大井
てつ
女
85
静岡市
洋画-073
167
薪能(羽衣の舞)
小林
章男
男
77
静岡市
洋画-074
171
霧のない摩周湖(まず見られない絶景)
池谷
功次
男
82
浜松市
洋画-075
172
農道の神々
玄
男
71
湖西市
洋画-076
176
丹と響き合う色
大塚
順子
女
74
焼津市
洋画-077
181
コンポジション(Composition)
武内
武男
男
71
焼津市
洋画-078
185
少女
佐藤
初恵
女
75
静岡市
洋画-079
192
大樹のもとで
勝又
祥介
男
79
静岡市
銅賞
洋画-080
194
浜松城石垣
植田
利夫
男
79
牧之原市
銅賞
洋画-081
196
おーい!ここだよ
黒田
悦子
女
78
静岡市
洋画-082
198
相馬の朝
青木
光枝
女
74
静岡市
洋画-083
201
夏の思い出
髙島
昭子
女
77
掛川市
洋画-084
202
御前崎灯台
荻野
三男
男
85
磐田市
堀内
辻田
四ノ宮
土屋
追憶
池谷
チェコ
小林
Ⅱ-1
高島
斎藤
田中
17
修一
銅賞
銀賞
県知事賞
銀賞
銅賞
部門番号
受付番号
題
名
洋画-085
208
寒月富士
洋画-086
214
古のこころ
洋画-087
215
オクシズの風景
洋画-088
217
大地
洋画-089
218
洋画-090
氏
名
性別
年齢
市町
杉山
和雄
男
80
富士市
磯部
輝幸
男
78
浜松市
駿
男
77
静岡市
池田
光江
女
69
浜松市
如月枯野
安本
良雄
男
69
静岡市
219
おいでよ あそぼ!
柴田
澄子
女
73
静岡市
洋画-091
220
浜名湖の風景
髙橋
康夫
男
86
静岡市
洋画-092
221
漁をかたる
藤牧
正弘
男
75
焼津市
洋画-093
224
水連と風景
石川
紀美恵
女
77
静岡市
洋画-094
226
葡萄園
小牧
登美子
女
78
静岡市
洋画-095
227
自然は美しい
吉川
正幸
男
64
掛川市
洋画-096
229
郷愁
岡本
雪江
女
66
菊川市
洋画-097
230
西伊豆田子の夕影
髙橋
佳男
男
78
伊豆の国市
洋画-098
231
眺望
亨
男
81
静岡市
洋画-099
232
スカイウォーク
尾村
光久
男
79
伊豆市
洋画-100
233
故郷熊本
三浦
郁文
男
72
伊豆の国市
洋画-101
235
夢への決意
芹澤
髙之
男
74
裾野市
洋画-102
237
絆
横田
準一
男
81
浜松市
洋画-103
241
遙かなる地へ
平三郎
男
88
静岡市
洋画-104
242
祈りの舞
中山
宏之
男
80
菊川市
洋画-105
243
三方が原の散歩道
井田
素子
女
74
浜松市
洋画-106
246
人
岩田
正雄
男
78
御殿場市
洋画-107
247
朝焼け
望月
茂
男
71
御殿場市
洋画-108
248
渓谷
長田
尚
男
79
御殿場市
洋画-109
251
花のような人
ゆみ子
女
61
静岡市
洋画-110
252
新東名高速より
浪江
女
78
沼津市
洋画-111
253
漁師
美代子
女
76
沼津市
洋画-112
254
勝尾寺の紅葉
敬正
男
74
静岡市
池田
Part51
富士山Ⅱ
石垣
小梁
梅村
横田
石神
池田
18
備考
銅賞
金賞
銅賞
銀賞
彫刻部門
部門番号
受付番号
彫刻-001
題
名
氏
名
性別
年齢
市町
032
木瘤仏(ほとけ)
彫刻-002
034
兄妹雛
彫刻-003
047
レオタードの女
彫刻-004
058
和膳
彫刻-005
067
戦国に生きる(大河ドラマ主人公)
彫刻-006
087
三猿(言はざる、聞かざる、見ざる)
彫刻-007
090
法隆寺
諸星
晃司
男
79
静岡市
白形
絹代
女
80
静岡市
上原
清
男
79
長泉町
銅賞
田邊
悟
男
74
牧之原市
県知事賞
岡田
力三
男
85
浜松市
富田
朝男
男
89
浜松市
伊佐雄
男
63
静岡市
彫刻-008
102
弥勒菩薩
裕
男
68
浜松市
彫刻-009
103
孫娘ゆうちゃん
三千代
女
78
静岡市
彫刻-010
104
集中
増田
侑司
男
80
静岡市
彫刻-011
159
いこい
増田
壽子
女
71
静岡市
彫刻-012
173
技芸天像
加藤
庄吾
男
71
磐田市
彫刻-013
177
毘沙門天立像
田中
康紀
男
76
長泉町
銀賞
彫刻-014
184
若い女
大場
啓史
男
79
松崎町
金賞
九面観音立像
増田
井口
杉山
19
備考
理事長賞
工芸部門
部門番号
受付番号
題
名
工芸-001
005
蘇える姫路城
工芸-002
017
石猫親子のみよとみおちゃん
工芸-003
028
水鳥のハワイアン レイ
工芸-004
029
「核なき世界へ勇気を」
工芸-005
031
東大寺
工芸-006
041
最後の捻り
工芸-007
046
祈り
工芸-008
050
工芸-009
氏
名
性別
年齢
市町
光司
男
70
吉田町
友太郎
男
79
浜松市
一美
女
68
伊豆の国市
トミ子
女
76
静岡市
道子
女
81
静岡市
清之助
男
79
河津町
松下
孫一
男
66
静岡市
蔵王権現出現
石野
重利
男
75
浜松市
072
灰被志埜耳付花入
瀧口
幾雄
男
67
沼津市
工芸-010
081
秋の詩/こもれび
眞野
好弘
男
69
沼津市
銀賞
工芸-011
083
早春の芽吹き
鈴木
淳一
男
83
磐田市
理事長賞
工芸-012
107
山眠る
栗田
煌水
男
84
静岡市
工芸-013
109
てっせん
山本
ひろ子
女
79
森町
工芸-014
123
神の橋と紅葉
原田
ひでよ
女
80
浜松市
工芸-015
148
花園
長谷川
恵
男
81
静岡市
工芸-016
154
フラワーボールドリーム
望月
和子
女
76
沼津市
工芸-017
156
虹のかなたへ
まつね
女
93
御殿場市
工芸-018
158
尾瀬の春
豊子
女
78
富士市
工芸-019
161
精霊の棲家
みえ子
女
63
静岡市
工芸-020
163
晩夏
尚子
女
70
静岡市
中日賞
工芸-021
164
「庭のスイートピー」-雨上がりに-
清
女
60
富士宮市
金賞
工芸-022
189
変形六角形.つや消練り込み
江坂
君代
女
85
静岡市
銅賞
工芸-023
193
愛こそはすべて
彦根
雅行
男
67
函南町
銅賞
工芸-024
197
石華紋練込み花器
藁科
剛一
男
84
焼津市
工芸-025
200
鳥
岩邉
禎彦
男
65
静岡市
工芸-026
205
ティファニー レプリカランプ アイリス
富永
優子
女
67
浜松市
工芸-027
206
天然土灰文様流し掛け壺
男
69
富士宮市
工芸-028
213
四季の富士
輝男
男
82
浜松市
工芸-029
223
夢の小箱
孟
男
82
浜松市
工芸-030
225
磐梯にて
映子
女
70
浜松市
工芸-031
228
舞
美保子
女
72
藤枝市
工芸-032
238
波(wave)
忠雄
男
74
沼津市
工芸-033
240
「古裂に般若心経を書く」
美代子
女
75
掛川市
岩本
近藤
鈴木
勝又
深見
相馬
堀内
安田
房家
五島
清
中村
村上
岡部
大石
坂本
山本
20
雅江
知行
備考
銅賞
銀賞
最高齢者賞(女性)
県知事賞
書部門
部門番号
受付番号
題
名
書-001
002
高青邱詩
書-002
006
元稹詩(独游)
書-003
007
王維詩終南別業
書-004
036
書-005
氏
名
性別
年齢
市町
清泉
男
82
浜松市
肇
男
86
伊豆市
明子
女
77
伊豆市
文墨奇趣有り
池谷 眞司(海風) 男
87
浜松市
039
刻
望月
書-006
063
夏くさや…
書-007
065
長安春望
書-008
066
館山寺
書-009
076
金槐和歌集より
書-010
098
桜
書-011
099
不軽品より
書-012
108
感謝
書-013
117
書-014
松下
滝川
滝川
備考
まさ子
女
85
静岡市
巌
男
88
菊川市
加藤
桂三
男
79
浜松市
髙橋
敏夫
男
74
磐田市
美江子
女
90
静岡市
治子
女
78
沼津市
美代子
女
82
三島市
山梨
公子
女
92
静岡市
西行のうた
松井
里枝
女
90
沼津市
理事長賞
126
王義之、蘭亭叙
進士
玄櫻
女
73
静岡市
銅賞
書-015
134
富士見ゆる旅
神谷
知恵子
女
73
浜松市
銀賞
書-016
138
故郷の廃家
鈴木
雅砂子
女
71
森町
書-017
144
願はくは 西行
信子
女
81
沼津市
書-018
155
銭宰の詩
美知代
女
84
掛川市
書-019
165
虎嘯谷風起 龍躍景雲浮
守屋
貞次
男
78
浜松市
書-020
183
感応
増田
景水
男
73
焼津市
書-021
190
陸游詩
櫻井
隆雲
男
77
磐田市
銅賞
書-022
204
啼
大長
佳子
女
85
静岡市
金賞
書-023
209
自由無碍
石川
幸枝
女
71
沼津市
落合
渡邉
笹津
篠﨑
村松
松本
21
県知事賞
写真部門
部門番号
受付番号
題
名
氏
名
性別
年齢
市町
写真-001
003
ようこそ、静岡へ
朝比奈
男
80
静岡市
写真-002
008
清々しい朝
山田
耕平
男
79
富士市
写真-003
012
でっかい笠雲飛んで来た
米倉
政明
男
76
富士市
写真-004
016
黎明
福島
好己
男
81
富士市
写真-005
020
見上げた桜
清
男
68
浜松市
写真-006
037
晴れの日
林
男
79
袋井市
写真-007
045
逆さ富士
髙田
誠二
男
84
静岡市
写真-008
048
二人で見る夢は…
北山
國嗣
男
73
浜松市
写真-009
049
初対面
北山
末子
女
71
浜松市
写真-010
051
山嶺冠雪
有馬
武彦
男
82
浜松市
写真-011
060
家族
井田
愛子
女
81
静岡市
写真-012
061
花火師
仁藤
政孝
男
74
富士市
写真-013
070
祭日
小林
禎子
女
75
静岡市
写真-014
074
ついおく
美喜子
女
76
浜松市
写真-015
082
龍船祭
久和
男
79
静岡市
写真-016
088
光のシャワー
倉田
誠
男
78
浜松市
写真-017
111
空が燃えた
勝呂
武
男
79
伊豆の国市
県知事賞
写真-018
114
冬の風物詩
黒田
浩二
男
71
島田市
銅賞
写真-019
127
三弦に癒されて
渥美
和恵
男
86
浜松市
写真-020
145
アオサギの愛
海野
昭彦
男
80
小山町
写真-021
160
ノーザン ライツ
孝
男
88
静岡市
写真-022
162
甘利山朝焼け
山口
庸彰
男
68
富士宮市
写真-023
169
遥拝
小嶋
富雄
男
79
静岡市
写真-024
191
雨にも負けず
塩崎
文明
男
65
沼津市
写真-025
203
早春のさくら
岩﨑
貞夫
男
87
静岡市
写真-026
212
母雲と翔ぶ丹頂
進
男
72
浜松市
写真-027
216
初夏
佐智子
女
75
藤枝市
写真-028
236
秋映え
則夫
男
67
沼津市
写真-029
244
暗雲迫る
健次郎
男
94
浜松市
写真-030
250
棚田の秋
正子
女
73
浜松市
郁身
中津川
博視
中坂
河原崎
伊東
小栗
赤堀
高橋
小杉
山﨑
22
備考
理事長賞
銅賞
金賞
銅賞
銀賞
銀賞
ねんりんピック美術展成績報告
前回の第19回本美術展(平成28年1月開催)は、
「第29回全国健康福祉
祭ながさき大会(ねんりんピック長崎2016)」(平成28年10月長崎県に
て開催)の静岡県、静岡市、浜松市の代表選考会を兼ねて実施しました。
本県からは36作品(静岡県12作品、静岡市12作品、浜松市12作品)
を出品し、全国大会の審査の結果、厚生労働大臣賞など4部門において4作品
が優秀な賞を見事に受賞されました。受賞おめでとうございました。
受賞された4作品を紹介します。※敬称略
厚生労働大臣賞
長崎県知事賞
彫刻部門
「想」(そう)
大場啓史(松崎町)
洋画部門
「青い刻」(あおいとき)
水島忠夫(御前崎市)
銀賞
最高齢者賞
日本画部門
「収穫Ⅱ」
池谷千恵子(清水町)
書部門
「新古今和歌集より」
渡邉美江子(静岡市葵区)
23
私たちは、しずおか健康長寿財団を応援しています(協賛企業広告)
24
私たちは、しずおか健康長寿財団を応援しています(協賛企業広告)
25
私たちは、しずおか健康長寿財団を応援しています(協賛企業広告)
26
私たちは、しずおか健康長寿財団を応援しています(協賛企業広告)
★財団主催事業の参加者を募集します!★
○「はつらつネットふじのくに」会員
会員を対象に、健康ウォーク・史跡めぐり・観劇・各種健康講座など、ゆったりとした行程の催
し(有料)を定期的(平日)に開催します。
財団職員と運営スタッフ(ボランティア)が同行しますので、中高年者も安心して参加できます。
年会費:個人 3,000 円、ペア(2人)4,000 円、ペア(3~5人)5,000 円
○第 17 回静岡県すこやか長寿祭熟年メッセージ大会参加者
開催日時:平成 29 年2月4日(土) 13:00~15:30
会
場:コミュニティホール七間町(静岡市葵区七間町 12-4)
内
容:第 17 回熟年メッセージ大会優秀作品の表彰、作品発表
受賞者との意見交換会、健康長寿の秘訣の紙芝居と解説他
○第 28 回静岡県すこやか長寿祭スポーツ大会参加者 ※ねんりんピック秋田 2017 選考会
卓球、テニス、マラソンなど競技約 30 種目(平成 29 年 4~6 月開催予定)の参加者を募集します。
参加資格:原則として昭和 33 年4月1日以前に生まれた静岡県民
2月から受付開始しますので、詳細は財団にお問合せください。
発行日
発 行
平成28年12月 2日
公益財団法人しずおか健康長寿財団
〒420-0856
静岡市葵区駿府町1番70号
電 話 054-253-4221
FAX 054-253-4222
27
ホームページ http://www.sukoyaka.or.jp
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
41
File Size
4 218 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content