close

Enter

Log in using OpenID

2012-2013 - 一橋大学大学院 言語社会研究科

embedDownload
2012 年度〜2013 年度言語社会研究科研究教育活動報告(教員個人業績情報)記入シート
こいずみ
氏
名(ふりがな)
まさや
職
小泉 順也
准教授
Ⅰ 経歴
Ⅰ―①学歴
年
月
1998
3
東京大学教養学部 教養学科(フランスの文化と社会) 卒業
学
歴
※大学学部卒業以降/学位
1998
4
東京大学大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻(比較文学比較文化) 修士課程入学
2001
3
同上、 修士課程修了
2001
4
同上、 博士課程進学
2001
9
パリ第 4 大学美術史学科 DEA 課程留学 (2003/07 まで) 2008
9
東京大学大学院総合文化研究科 超域文化科学専攻(比較文学比較文化) 博士課程単位取得満期退学
2012
2
同上に課程博士の年限内に論文を提出、博士(学術)の学位を取得
Ⅰ―②専任職歴
年
月
2012 年 4 月〜現在
専
任
職
歴
一橋大学大学院言語社会研究科 准教授
Ⅰ―③非常勤職歴
年
月
非
常
勤
2007 年 4 月~2013 年 3 月
法政大学文学部日本文学科 兼任講師
2007 年 4 月~2012 年 3 月
日本女子大学家政学部 非常勤講師
2009 年 9 月~2010 年 3 月
青山学院女子短期大学教養学科 非常勤講師
2010 年 4 月~2012 年 3 月
國學院大學文学部哲学科 兼任講師
2010 年 4 月〜2013 年 3 月
実践女子大学文学部美学美術史学科 非常勤講師
2011 年 9 月〜2012 年 3 月
日本女子大学文学部史学科 非常勤講師
2011 年 9 月〜2012 年 3 月
東京理科大学理学部第一部 非常勤講師
2013 年 9 月〜2014 年 3 月
日本女子大学文学部史学科 非常勤講師
Ⅱ 研究活動
Ⅱ―①研究テーマ
主な研究領域、テーマ
※文章にて記入も可
西洋近代美術史、日仏美術交流史
研究のキーワード
※複数可
フランス近代美術史、ジャポニスム、ポール・ゴーガン、ナビ派、コレクション
1
職
歴
Ⅱ―②研究業績
【単行著書】
著 書 名
出版社名(所在地)
出版年月
単著・共著
総頁数
※共著の場合は執筆担
当頁数
「ゴーガンと日本」、「ブルターニュからタヒチへ」、
2013 年 3 月
小学館(東京)
pp. 110-117
共著
『「ゴッホの夢」美術館 : ポスト印象派の時代と日
本』 (圀府寺司監修・著)
【単行訳書】
訳 書 名(原著者名)
出版社名(所在地)
出版年月
単著・共著
総頁数
※共訳の場合は翻訳担当頁数
【研究論文(単篇)】
題
名
ルノワールと機関銃 : エミール・ゲオルク・ビュー
掲載誌名
掲載誌発行年月
単著・共著
『言語社会』 8 号
2014 年 3 月
単著
掲載頁数
pp. 77-86
2014 年 大学紀要
レーの足跡
【翻訳(単篇)】
題
名(原著者名)
掲載誌名
掲載誌発行年月
単著・共著
掲載頁数
シャンタル・ブション 「パリ装飾美
『Katagami Style : 世界が恋した日本のデ
2012 年 4 月
単著
術館の型紙コレクション」
ザイン、もうひとつのジャポニスム』
(展
掲載誌名
掲載誌発行年月
単著・共著
『西洋美術研究』 16 号 2012 年 学術雑誌
2012 年 6 月
単著
pp. 223-230
『西洋美術研究』 16 号 2012 年 学術雑誌
2012 年 6 月
単著
pp. 201-210
pp. 285-289
覧会カタログ)三菱一号館美術館ほか
【その他(書評・学会展望・学術エッセイ・監修)など)】
題
名
〔展覧会評〕ポール・ゴーガン、近代
掲載頁数
性への突破展 / ポール・ゴーガン、
神話の創造者
〔文献紹介〕文献リストと解題 特集
「美術と検閲」 (編著)
2
【研究成果に対する社会的評価: 刊行図書、論文などに対する、第三者によるポジティブな言及、引用、評価など】
対 象 成 果
言及者
言及媒体名
媒体公開年月日
Ⅱ―③シンポジウムの主催、参加、学会での研究発表など
国内
報告題目もしくは担当役割
学会等名称
フランスにおけるポール・ゴーガンの受容と認知 : 芸術家表象と作品蒐集の
年
月
一橋大学「芸術と社会」研究会
2012 年 6 月
展示の方法論と歴史的変遷 : 西洋近代美術史からの視点
西洋社会科学古典資料講習会
2012 年 11 月
フランス近代美術とコレクション形成 : ポール・ゴーガン作品の収蔵をめぐる
美術史学会東支部例会
2012 年 11 月
一橋大学博物館研究会
2013 年 3 月
視点から
交渉と歴史 (コメンテーターとしての発表)
拡張するミュージアムの行方 : ルーヴル美術館の展開
国外
報告題目もしくは担当役割
学会等名称
年
月
Ⅱ―④参加研究プロジェクト ※助成金を伴う研究代表者の場合は、Ⅱ―⑥に記入
国内研究プロジェクト名称
研究テーマもしくは役割分担
近代日本画と西洋絵画 : 明治後半から大正期を中心に
サントリー文化財団
国際研究プロジェクト名称
e
期
研究テーマもしくは役割分担
12 Ecole Internationale de Printemps à Tokyo
Membre du comité oragnisateur
間
2011 年 10 月~2013 年 7 月
期
間
2013 年 5 月~2014 年 6 月
(Réseau International pour la Formation à la
Recherche en Histoire de l’Art)
Ⅱ―⑤受賞歴
賞
名
受賞対象もしくは理由
年
月
Ⅱ―⑥競争的研究資金の獲得 ※研究代表のみ。研究分担の場合はⅡ―④に記入
研究助成金などの名称
科学研究費補助金
助成対象の研究テーマ
フランスにおけるポール・ゴーガンの受容とコレクション形成史
3
年月もしくは期間
2011 年度~2012 年度
Ⅲ 教育活動
全学共通:フランス語(9 クラス)
、共通ゼミナール
2012 年度担当科目名
大学院:演習、美術史論 I、博物館概論、博物館資料論、博物館展示論、博物館実習 II、博物館実習 III
全学共通:フランス語(10 クラス)
、共通ゼミナール
2013 年度担当科目名
大学院:演習、美術史論 II、博物館概論、博物館資料論、博物館実習 II、博物館実習 III
Ⅳ 学内行政
全学委員会委員
担 当 委 員 会名
担
当
期
間
2013 年 4 月〜2014 年 3 月
研究科入試委員会
Ⅴ 学外活動 (無報酬の学会役職、社会活動など)
活動名称
役割・役職名など
4
期
間
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
403 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content