close

Enter

Log in using OpenID

イタリア・スロ[フード

embedDownload
イタリア・スロ lフlド
その後
リズム )、ワイナ リl、 加 工 特 産 品 、 町 の 景 観 、 学 校
アグリツ lリズモ U日本ではグリ ー ンツ l
農家の施設 (
教 育 、 農業 政 策 、 食 のイベントとい ったものが、密
接に連携したなかで進められているのが理解できた 。
E U諸 国 で イ タ リ ア が ワ イ ン を 筆 頭 に 農産 物加工
1ド は 非 常 に
品の輸出がダントツであるというのがすんなりうな
ブラ市の役場を訪ねたら﹁スロープ
ずけた 。
大 き な 存 在。 ブ ラ の 名 前 を 世 界 に 運 ん だ 。 ブ ラ 市 も
スロープ 1ド は 、 イ タ リ ア に 本 部 を 置 くN P O法
ん と 、 ス ロ ー プ │ ド 協 会 会 長の カ ル ロ ・ ペ ト リ l ニ
チlズ の イ ベ ン ト は 、 前 市 長 の ブ ラ ン コ ・ グ イ ド さ
る (笑)。市はお金の 面 で も 人 材 面 で も 貢献している。
金丸弘美
人の団体名であり、地域の農業や地域の特産物を中
さんと、
協 力 し て 二 年 に 一度 チ lズ の 展 示 会 を 町 を 開 放 し て
行っている 。市も市民も巻き込まれて協力してい
心にそのブランド化を行い、地域経済のシステムを
を訪ねるのは四度目となる。一度目はトリノで偶数
ロープl ド 協 会 国 際 本 部 を 再 訪 し た 。 スロ ー プ1ド
の別会社があり、スロープ 1ドと密接にかかわり、多
出 す 二十五名の出版部、 二十 名 の コ ン サ ル タ ン ト 部
連の N P Oである 。 組 織 内 に は 経 済 的 な 基 盤 を 生 み
あり、 専 従 者 百 二 十 名 を 抱 え る イ タ リ ア 最 大 の 食 関
ち な み に ス ロ ー プ lド 協 会 は ブ ラ 市 内 に 事 務 局 が
よ ﹂ と の こ と だ った。
一緒 に ア イ デ ア を 出 し 合 っ て 生 ま れ た ん だ
作り上げた事業体である。
***
年におこなわれている小さな生産者や加工業者を一
昨 年 十 一月 、 北 イ タ リ ア ピ エ モ ン テ 州 に あ る ス
堂 に 集 め て 大 々 的 な 展 示 会 と プ ロ モ ー シ ョンが 行 わ
雇用と新しい活動
の投資を生んでい
大 な 利 益 を 生 み 出 し 、 そ れ がN P O活 動 の 従 事 者 の
る。さらに加えて
れる﹁サロ lネ・デル・グスト﹂。 二 度 目 は 協 会 本 部
度
を 集 め た ﹁ チ lズ ﹂ の イ ベ ン ト で あ る 。 そ し て =一
イタリア国内で 三
を得て行われる。イベントは各地からの伝統的な農
いずれも 州 政 府 、 市 か ら の 援 助 、 企 業 ス ポ ン サ ー
され、 会 の 支 部 活
営資金として活用
費収入も大きな運
織があり、その会
出版物
の あ る ブ ラ 市 で 奇 数 年 に 開 催 さ れ る チlズ の 生 産 者
た持続的な農業を話し合うための世界生産者会議
目 は 、 ト リ ノ で 二 O O六 年 か ら 行 わ れ る よ う に な っ
産物や加工品を集め展示即売がされ、マスコミやバ
動を通して地域に
万五千名の 会 員 組
イヤーも各国から集まる。観光局と連携し、歴史的
﹁テッラ ・マ lド レ ﹂ で あ る 。
建造物の観光、レストランでのディナーなどの連携
広 が り を も た らし
ている 。
もっとも関心を
な ど が さ れ て 、 観光 事業 に も つ な が り 地 域 経 済 を 生
み出す周到な仕組みになっている 。
何度か訪れるなかで、周辺の 農業、宿泊ができる
1
8
たのである 。 さ ら に 大 き な 利 益 を 生 み 出 し 、 そ の 収
ローカルなものからインターナショナルに押し上げ
ストになり、伝統的な食文化をイタリア全土に広げ、
工品 や レ ス ト ラ ン を 紹 介 し 、 ま た 学 校 の 食 育 の テ キ
たわけだ 。 これらの出版物が、イタリアの農業や加
ジャーナリストだったというから、得意の分野だっ
ともとスロープ lド 協 会 の 設 立 メ ン バ ー の 中 心 が
も っ た の が 出 版 部 だ 。 書 籍 が 百 点 以 上 も 出 て い る 。も
それがスロープ│ドのガイドで紹介されることで世
農 村 の 景 観 が 美 し く 、 農 家 で 泊 ま っ た り 食事 を す る 。
な補助をすることで農業の存続を支えているのだ。
配慮した農業にも補助金が出ている。つまり間接的
また農村の 景観 を 守 る こ と や 有 機 農 業 を 始 め 環 境 を
どを奨励しており、それらに補助金が出されている 。
家 に 泊 ま る ア グ リ ツl リ ズ ム や 農 家 の レ ス ト ラ ン な
E Uで は 小 さ な 農 家 の 経 済 を 向 上 さ せ る た め に 農
界から人が食べにやってきて、観光につながり、農
ロ・ロッソ社との共同出版)。これは毎年協会関係者の
の ガ イ ド ブ ッ ク ﹁ ヴ ィ l ニ・デ・イタリア﹂(ガンベ
出版物のなかでも秀逸だと感心したのは、ワイン
に建てられたカルロ・アベルト王が建てた広い中庭
の あ る 壮 大 な ネ オ ・ ゴ シ ッ ク の 建 築 物。 イ タ リ ア 政
のスロープ lド の 大 学 を 訪 れ た 。 校 舎 は 一八 三三 年
さ て 協 会 の あ る ブ ラ か ら 二十 分 ほ ど の ポ レ ン ツ オ
家の所得にも直結するという仕組みなのである。
ソ ム リ エ が 厳 選 し た ワ イ ン が 紹 介 さ れ る 。 これに
府が管轄していたものを州政府の後押しで修復した
益がさまざまな活動に再投資される仕組みになって
いる 。 し か も デ ザ イ ン が 素 晴 ら し い 。
よってイタリアのワインを世界に知らしめた。いま
と い う。 大 学 、 ホ テ ル 、 レ ス ト ラ ン が あ る 。 こ の 建
レ ス ト ラ ン は 一ツ星のGUID、 ホ テ ル も 広 々 と
や日本のイタリア料理庖でも常備されるほどに広
して快適である 。 地下には、イタリア全土から集め
築物を含む周辺が世界遺産になっている。
それと農村などに点在する郷土の料理を出してく
がった 。 発 行 部 数 は 毎 年 十 八 万 部 に も な る 。
れるレストランを招介する﹁オステリア﹂だ。イタ
たびたび日本に来ていた大学理事のジヤコモ・モ
られたワインが並ぶ 。
1ド協会のメン
リア全土千七百庖以上が紹介される 。毎年八万部が
出ている 。 この本の掲載はスロープ
て こ こ で は 世 界 各 国 か ら 人 が き て 会 議 を す る 。 だか
ヨl リさんに再会した。﹁食の国際大学を目指してい
一九 五二 年 佐 賀 県 唐 津 市 生 ま れ 。 食 環 境 ジ ャ ー
物 を 伝 え る 日 本 の ス ロ ー プ l ド ﹂ な と 。 日 本 ペ ン ク ラ ブ 環 境委員。
著書に ﹁
給 食 で 育つ 賢い 子 ども﹂﹁子どもに伝えたい本物の食﹂﹁本
ナ リ ス ト 食 総合プ ロデ ュー サ ー 。 総 務 省 地 域 力 創 造 ア ド バ イ ザ ー 。
かなまる・ひろみ
と力にはただただ驚くばかりである 。
し 、 教 育 分 野 ま で 広 げ た ス ロ ー プ 1ド の 壮 大 な 構 想
動を始めている 。 それにしても大学運営までのりだ
た 。 そ し て 現 場 で 、 ス ロ ー プ lド の 理 念 に そ った 活
学生は世界各国から集まり、すでにご一百名が卒業し
ジ ャ ー ナ リ ス ト や プ ロ デ ュ ー サ ー を 育 て る と い う。
学では現場で農業の生産や流通などを学び、食の
ら す べ て が 一流 で あ る 必 要 が あ る ん だ ﹂ と い う 。 大
バーがこ っそ り 食 べ に 行 っ て よ け れ ば 推 薦 す る と い
大学のレストラン
う 形 に な って い て 、 推 奨 庖 に は 協 会 の カ タ ツ ム リ の
マl クが屈に贈られる。
スロフドの大学
1
9
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
242 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content