日本作業療法士協会誌 第8号 2012年11月15日発行

JAOT
平成24年11月15日発行 第8号
ISSN 2187-0209
The Journal of Japanese Association of Occupational Therapists (JJAOT)
cu
st
pat
ional T herapi
s
T
h
n
e Jo
urnal of Japa
11
ese 2012
c
Ass
ociation of O
2012
【特集 社会貢献と起業】
高次機能障害者の地域生活を支援する
作業に焦点をあてた社会貢献とまちづくり
心が動く起業実践リポート
11
【震災の現場から 震災の現場へ】
福島県南相馬市の一人の作業療法士として
●平成 25 年度重点活動項目 理事会で承認
●「生活行為向上マネジメント推進プロジェクトが始動
【論説】
協会組織とその機能
9 月 25 日は作業療法の日
都道府県作業療法士会における普及・啓発活動の取り組み
(2)
平成24年11月15日発行 第8号
定価:500円(税込)
contents
目次 ● 2012. 11/15
日本作業療法士協会誌
NO.8
平成 24 年 11 月 15 日発行 第 8 号
【特集 社会貢献と起業】
特集にあたって ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・13
高次機能障害者の地域生活を支援する ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 野々垣睦美・14
作業に焦点をあてた社会貢献とまちづくり ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 西上忠臣・16
心が動く起業実践リポート ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 川本愛一郎・18
【震災の現場から 震災の現場へ】
福島県南相馬市の一人の作業療法士として ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 佐々木美智子・22
【論説】
組織とその機能 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 荻原喜茂・2
平成 25 年度重点活動項目 理事会で承認 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小賀野 操・4
「生活行為向上マネジメント推進プロジェクト」が始動 ・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 土井勝幸・6
連携と参加でつくる 21 世紀の地域包括ケア ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・11
事例報告登録システムから ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・12
【会議録】
平成 24 年度第 6 回理事会抄録 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8
【各部・事務局活動報告】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9
【OT Nano News】
【医療・保健・福祉情報】
「障害者虐待防止法」の概要 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山本伸一・高森聖人・10
地域移行支援への取り組み⑧
【作業療法の実践】
所をすて地域へ出よう ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 芳野 緑・24
【第 16 回 WFOT 大会だより】
演題募集始まります! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 清水順市・山根 寛・26
WFOT 個人会員入会手続きのご案内 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・27
【地域発! OT 活動のあれこれ】
暮らしの原点を知る(鈴木由佳さん)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・28
9 月 25 日は作業療法の日 都道府県作業療法士会における普及・啓発活動の取り組み⑵ ・・・・・ ・29
【窓】女性会員のためのページ⑦ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・21
【都道府県作業療法士会連絡協議会報告】・・・・・・・ ・32
【学会だより】
・25
【日本作業療法士連盟だより】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・32
第20回海外技術協力セミナー・第11回国際交流セミナー案内・ ・・ ・27
協会発行物のご案内 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・34
協会主催研修会案内 2012 年度 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・30
協会配布物一覧表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・36
発達障害領域・身体障害領域のIT活用支援研修会・・・ ・30
求人広告 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・38
催物・企画案内 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・33
編集後記 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・40
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
1
論 説
平成 24 年度重点活動項目
「5.協会組織の機能再編成への取組み」
組織とその機能
常務理事 事務局長 荻原
喜茂
立しその正会員となり、定款に基づく事業を公に資する
はじめに
“ 組織 ” という言葉を辞書で調べてみると、次のよう
に記載されていた。
◦組織[縦糸と横糸とから成る、織物の織り方の意]
①同じ系統の一群の細胞が集まって、特定の生理
作用をなす構造。
②一定の役割を持つ物(人)が構成する、秩序あ
る全体。
◦組織する:個個のものがそれぞれの役割を持って
全体を構成すること。
◦組織的:一定の秩序をもって、全体が組み立てら
れる様子。
新明解国語辞典第三版 三省堂
ために実施していく構造 ” となる。
組織としての協会
日本作業療法士協会を組織の観点から振り返ると、協
会の設立、協会の法人化、新たな法人制度下への法人
移行、の経過をたどっている。協会設立が 46 年前の
1966 年 9 月、協会の社団法人化が 32 年前の 1980 年
12 月、新たな法人制度化下での一般社団法人への移行
が本年 2012 年 4 月であり、協会そのものが設立され
てから 50 年を目前にしている。
協会が目指すことは、その定款に掲げられているわけ
だが、表 に新たな一般社団法人として掲げた定款とそ
れまでの定款を示した。新定款においては、旧定款の目
記載されている内容は、世にあまた出版され続けてい
的に掲げられた「国民医療の向上に資することを目的と
る組織論の類よりも、よほど明快に “ 組織 ” のあり方を
する。」とされていたものが、「国民の健康と福祉の向上
言い当てていると思う。
に資することを目的とする。」となり、各事業の文末の
試みに、①同じ系統の一群の細胞が集まって、特定の
表現が「…こと」から「…する事業」となっていること、
生理作用をなす構造、を協会の姿に当てはめてみると、
その事業において 2011 年 3 月 11 日発生した東日本大
“ 同じ系統の一群の細胞が集まって ” は “ 国家資格の職
震災を契機として、「⑹事故若しくは災害等により被害
種である作業療法士が集まって協会を設立しその正会員
を受けた障害者、高齢者又は児童等の支援を目的とする
となり ”、“ 特定の生理作用をなす構造 ” は “ 定款に基づ
事業」が位置づけられていること、などが新旧定款の大
く事業を公に資するために実施していく構造 ”、という
きな違いである。
ことになる。
これらの点は、協会を取り巻く社会的環境の変化に対
あらためて、
協会を主語にして文章を起こしてみると、
“ 協会は国家資格の職種である作業療法士が集まって設
応したものであるし、協会の立ち位置を自発的な判断の
もとに定めたものである。つまり、目的での文言は作業
表 定款に掲げられた目的と事業(新旧対照)
【新】一般社団法人 日本作業療法士協会定款(2012 年~)
【旧】社団法人 日本作業療法士協会定款(1981 ~ 2011 年度末)
(目的)
(目的)
第 3 条 この法人は、作業療法士の学術技能の研鑽及び人格の陶 第 3 条 本会は、作業療法士の学術技能の研さん及び人格資質の
陶やに努め、作業療法の普及発展を図り、もって国民医療
冶に努め、作業療法の発展普及を図り、もって国民の健康
の向上に資することを目的とする。
と福祉の向上に資することを目的とする。
(事業)
(事業)
第 4 条 この法人は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。 第 4 条 本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
⑴ 作業療法の学会、研修会、講習会等の開催に関すること。
⑴ 作業療法の学術の発展に関する事業
⑵ 作業療法の調査研究に関すること。
⑵ 作業療法士の技能の向上に関する事業
⑶ 作業療法の刊行物の発行に関すること。
⑶ 作業療法の有効活用の促進に関する事業
⑷ 作業療法の普及指導に関すること。
⑷ 作業療法の普及と振興に関する事業
⑸ 作業療法士の教育の向上に関すること。
⑸ 内外関係団体との提携交流に関する事業
⑹ 作業療法士の社会的地位の向上に関すること。
⑹事故若しくは災害等により被害を受けた障害者、高齢者又 ⑺ 内外関係団体との提携交流に関すること。
は児童等の支援を目的とする事業
⑻ その他この法人の目的を達成するために必要な事業
⑺ その他この法人の目的を達成するために必要な事業
2
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
論 説
療法の提供が医療だけではなく、それ以外の場でも求め
して、“協会は国家資格の職種である作業療法士が集まっ
られていることを背景としての変更であるし、事業の文
て設立しその正会員となり、定款に基づく事業を公に資
末表現を「…する事業」としたのは、事業という言葉の
するために実施していく構造 ” であると理解するのであ
意味である “ 一定の目的で行う社会的活動 ” を明確に表
れば、批判含みの言葉は理事会に向けられるものではな
明することを意図したものである。
く、協会の構成員の一人で正会員である “ 私 ” 自身に、
一人ひとりの作業療法士に、向けられた言葉として受け
取るのが理にかなったことではないか。そうであるなら
協会の機能 、それを支えるもの
2012 年 9 月 1 日現在、協会員 45,345 名で、有資格
ば、協会の機能を支えるものは何かといえば、協会員一
者数 64,856 名の 69.9 % の組織率となっている。厚生
人ひとりの存在と力であることは自明の理であると思う。
労働省によって 1991 年に実施された “ 理学療法士、作
業療法士の需給計画の見直し ” と 1990 年代以降に加速
したわが国の規制緩和政策とが交錯したことによって、
当面の課題
2012 年度の重点活動項目においても「協会組織の機
養成施設の急増とそれに伴う作業療法士数の増加をもた
能再編への取組み」があり、1)代議員制導入以降の都
らした。その結果起きている現実の功罪をここで述べる
道府県士会との情報交換の仕組みを整備、2)地域にお
つもりはないが、ここ数年に起きている協会組織率の低
ける作業療法普及・啓発のため、作業療法推進パイロッ
下現象も今の状況と何らかの関係があるのではないかと
ト事業助成制度の成果を普及、3)公益法人への移行に
思う。なお、組織率の低下については、その対応策が理
向けた協会組織の改編を推進、4)作業療法 5 ヵ年戦略
事会において検討され、当面は新卒者の入会を促進する
の総括と次期中期計画の策定、の 4 つの取り組むべき
ために養成校の積極的な協力を改めてお願いすることと
内容が示されている。
なっている。
いずれも協会が取り組むべき重要な事項であるが、特
いずれにしても、このような状況で見え隠れする景色
に 4)作業療法 5 ヵ年戦略の総括と次期中期計画の策定、
は、あらゆる面で、あらゆる意味で状況の希薄化が進行
は 2017 年までのわが国の作業療法(士)の歩みを方向
し、私たちの姿そのものが変容している佇まいのような
づけとなる点で重みのある項目であり、現在、理事会に
感がある。
おいて審議が継続されている。遅くとも来年 1 月には
それと同時に、
「協会は何を考えているのか」
、
「協会
は本当に会員のことを考えているのか」
、
「協会は他の職
最終承認がなされる予定であり、その後、会員諸氏のお
手元にその内容が冊子として届けられることになる。
種から遅れをとっていることをどう考えるのか」
、
「協会
協会の機能を支えるものが、協会員一人ひとりの存在
は職能団体として自分で守らなければ誰が守ってくれる
と力であることを了解いただけるのであれば、是非とも、
と思うのか」
、
「協会は制度に守られて安穏としてきただ
その内容を確認し、作業療法士としての経験年数の多寡
けではないか」
、などの言葉に出会うことも多い。言葉
を気にせず、批判のための批判ではなく、かつ、部分最
の主語は “ 協会 ” であり、言葉の述語部分は概ね批判含
適ではなく全体最適を目指す具体的な提案をお寄せいた
みの疑問形となっている。その言葉を口にする人の多く
だきたい。
は、“ 協会 ” という主語をその時の理事会が発信した内
また、機関誌『日本作業療法士協会誌』を読むことに
容や理事会の判断に置き換えているとしか思えないのだ
よって、組織としての協会の動きを捉えてほしいと願う。
が、如何であろうか。つまり、“ 協会 ” を “ 理事会 ” と
10 月号までで 7 冊が会員諸氏のお手元に届けられてい
同義のものとしている感が強い。そのような言葉に出
る。機関誌は協会の動きを記録した貴重な資料の役割を
会った時、しばしば暗澹とした心持ちになる。
も持ち、7 冊の通読を試みてもらえば、今何が課題で、
しかしながら、協会が表明している定款の目的を堅持
どこを目指しているのかが手に取るように理解できるは
していくことと、それに基づく事業の実施は止めること
ずである。若い会員の文字離れを嘆くことも、読まれる
なく進めていかなければならないはずであり、それを機
内容をと望むことも、視覚的な発信として漫画を用いる
能させていくことが国家資格を持つことを認められた者
提案も、多様の意見があって良いと思う。しかし、文字
たちの集まりである協会の社会的責任であろうと思う。
を通して自ら考え、建設的な議論を積み重ねていく態度
すでに述べたように、“ 組織 ” の辞書的な意味に準拠
が成熟した組織への一番の近道ではないかと考える。
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
3
平成 25 年度重点活動項目 理事会で承認
企画調整委員長 小賀野 操
平成 24 年度第 6 回理事会(10 月 20 日開催)において、平成 25 年度重点活動項目が承認された。最終的には、平成 25 年 5 月の社員
総会で報告される。なお、中期計画と重点活動項目との整合性を確保するために、平成 25 年度からの重点活動項目は、現在、理事会にお
いて詳細な点が審議されている新たな中期計画の下で立案し、その大項目は中期計画と同様に(一社)日本作業療法士協会定款に明記され
た事業に準拠することとした。したがって、東日本大震災からの復興・復旧支援は、定款事業である大項目6.「事故や災害等により被害を
受けた障害者、高齢者または児童等の支援」に位置づけた。また、開催前年度に当たる第 16 回世界作業療法士連盟大会に関連する事項を
項目番号 0 の特別枠とした。以下に全文を示す。
平成 25 年度重点活動項目
地域を支える作業療法推進の継続
平成 25 年度は、地域生活支援を軸とする第二次作業療法 5 ヵ年戦略の初年度にあたる。今年度は昨年度から引き続き、わ
が国の「地域包括ケアシステム」における作業療法の位置づけを確かなものにすることを目指す。具体的には、地域における
医療介護連携のみならず、障害福祉の領域でも地域生活支援や就労支援の場に積極的に参画できるよう、他職種との連携を強
化しながら基盤を作ってゆく一年とする。また、(一社)日本作業療法士協会定款の事業として位置づけられた災害被害者の
支援としては、東日本大震災の中心的被災地への復興・復旧支援に継続して重点的に取り組むこととする。
なお、今年度は第 16 回世界作業療法士連盟大会・第 48 回日本作業療法学会
(略名:WFOT 大会 2014)
の前年度であることから、
その成就に向け、会員並びに世界各国からの参加を促進するとともに、作業療法の啓発・普及を進める好機として直前準備の
諸活動を実行する項目を特別枠(0 項目)として設けた。
0. WFOT 大会 2014 成就に向けた取り組み
1)
速やかに大会プログラムを提示し、会員ならびに世界の作業療法関連団体会員からの演題応募を促進…新規
2)
大会開催を利用して作業療法の啓発と普及を促進…新規
1. 作業療法の学術の発展への取り組み
1)
作業療法の成果抽出を促進するため、地域生活支援に特化した課題研究を推進…継続
2)
生活行為向上マネジメントの学術的位置づけを明示…新規
2. 作業療法士の技能の向上の取り組み
1)
地域生活支援に参画する作業療法士養成に向け、地域作業療法など関連する科目のカリキュラム案を教員研修会等を
通し普及…発展継続
2)
生涯教育において、地域生活支援のための医療 - 介護連携、障害児者の自立支援に向けた他職種との連携などをテー
マにした研修会を開催…継続
3. 作業療法の有効活用の促進に向けた取り組み
1)
生活行為向上マネジメントを地域支援事業(特定・一般高齢者)にまで拡大し、研修会等を通じて会員や他職種に普
及…継続
2)
訪問・通所など居宅介護サービス及び中間施設サービス(老人保健施設・介護療養型老人保健施設等)における作業
療法の実績と役割を提示…発展継続
3)
障害福祉領域における作業療法士の役割を提案し、配置を促進…継続
4)
認知症初期集中支援チームへの作業療法士の参画を促進…新規
4. 作業療法の普及と振興に関する取り組み
1)
他職種との相互交流を促進…継続
5. 内外関係団体との提携交流に関する取り組み
1)
アジア諸国の作業療法関連団体との交流を促進…継続
6.事故や災害等により被害を受けた障害者、高齢者または児童等の支援
1)
東日本大震災の中心的被災地(岩手、宮城、福島)の県士会活動支援を含めた、復旧・復興活動に寄与…継続
7. 法人の管理と運営における取組み
1)
代議員制導入以後の都道府県士会との情報交換の仕組みを整備…継続
2)
地域における作業療法普及・啓発のため、作業療法推進パイロット事業助成制度の成果を普及…継続
4
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
解 説
0. WFOT 大会 2014 成就に向けた取り組み
り施行される障害者総合支援法関連では、発達支援や障
WFOT 大会 2014 の演題募集は本年 12 月1日から開
害者の就労支援などにおける作業療法の強みを提示、配
始される。
大会プログラムは決定次第順次会員に提示し、
置促進につなげる 3)
。厚生労働省が示した「認知症施
アジア初の開催となる大会の成功を目指す。会員の積極
策推進 5 か年計画」に基づき、作業療法士の職名が記
的な参加と支援を仰ぐとともに、世界各国からの演題応
載された認知症初期集中支援チームのモデル事業が開始
募を促進する 1)。重点課題 5-1)とも関連し、特にア
される。作業療法士が独自の役割を果たしながら認知症
ジア諸国からの参加を強く呼びかける。大会開催は広く
支援の施策へ積極的に参画する体制を整える 4)。
一般に作業療法を啓発する好機とし、広報にも力を入れ
る 2)。
4. 作業療法の普及と振興に関する取り組み
前記 2-2)「生活行為向上マネジメント」の他職種向
け研修会をはじめとし、介護保険領域では介護支援専門
1. 作業療法の学術の発展への取り組み
課題研究助成制度では、地域生活支援に特化した研究
員や地域包括支援センターに関わる専門職、教育に関連
を引き続き募集する 1)
。老人保健健康増進等事業とし
する職種と研修会などで交流し、他職種が作業療法への
て取り組んできた「生活行為向上マネジメント」を自立
理解を深める機会とする 1)
。
支援型医療・介護の手法として位置づけ、用語の整理や
手法の精緻化、明確化を図るとともに、他の作業療法モ
デルと比較・検討し、学術的位置づけを明示する 2)。
5. 内外関係団体との提携交流に関する取り組み
日本作業療法学会における国際シンポジウムの発展継
続とともに、アジア地域の WFOT 加盟国会員の学会参
加のあり方検討、WFOT2014 大会参加の促進、すでに
2. 作業療法士の技能の向上の取り組み
地域作業療法学を中心としたカリキュラム案をさらに
具体化し、地域生活移行に対応できる作業療法士の養成
韓国と結んでいる学術交流提携の発展や他国への拡大
等により、アジア諸国の関連団体との交流を深める 1)。
を目指す 1)
。また、平成 24 年度に引き続き、
「生活行
為向上マネジメント」研修や特別支援教育、障害児者の
自立支援に向けた研修会を企画する 2)
。特に医療以外
の作業療法の現場における他職種との連携を強化してゆ
くため、研修会への他職種の参加も検討する。
6.事故や災害等により被害を受けた障害者、高齢者ま
たは児童等の支援
仮設住宅における生活支援等を主体とした県士会活動
を協会として支援するとともに、作成・見直しした災害
支援ボランティアマニュアル、大規模災害支援マニュア
3. 作業療法の有効活用の促進に向けた取り組み
生活行為向上マネジメントの手法の普及に向けて、会
ルをもとにボランティアの募集と派遣調整の体制を整備
する。
員向け研修会を継続し、一般・特定高齢者の介護予防ま
でを包含した手法として地域包括支援センター等での実
用を想定しながら他職種への普及も図る 1)
。これには
7. 法人の管理と運営における取組み
協会活動は、個々の地域における活動と連動してこそ
前項 2-2)の他職種との研修会開催が手段の一つとなる。
大きな効果を発揮する。都道府県士会との情報交換をさ
居宅介護サービスと中間施設サービスにおける作業療法
らに活発化する仕組みを整え 1)
、作業療法に関わる多
の役割と基本的実践は作業療法マニュアルとして示して
くの課題に緊密な連携のもと取り組む。作業療法推進パ
きたところであるが、各サービスにおける成果をさらに
イロット事業は、他の都道府県に成果を普及することが
蓄積し、作業療法士の活用や増員等の根拠資料として関
懸案事項である。今年度中に対策を検討し、具体的な計
連機関への働きかけを継続する 2)
。平成 25 年 4 月よ
画へ進める 2)
。
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
5
「生活行為向上マネジメント推進プロジェクト」が始動
常務理事 土井
協会は平成 20 年度より継続して老人保健健康増進等
クトリーダーとして村井千賀氏、プロジェクト担当理事
事業を通して「見える作業療法」を示す活動に取り組
として筆者が任命された。現在プロジェクトメンバーの
んできた。それは以前、
「作業療法5ヵ年戦略(2008-
人選を進めており、次年度からの本格的な活動のための
2012)
」の一環で、高齢者の活動性を高める介護予防政
基盤整備に大急ぎで取り掛かっているところである。会
策として「アクティビティサポーター養成事業」を厚生
員の皆様には本誌等を通じて本プロジェクトの進捗状況
労働省に提案した際、担当官から “ 多くの国民が作業療
や今後の方向性について継続して報告を行う予定であ
法を知らないし、わからない。まずは、国民がわかる作
る。
業療法の形を示すべきであり、全国共通の「作業療法の
このプロジェクトの役割は、生活行為向上マネジメン
30cm のものさし」が必要である ” との指摘を受けたか
トを「地域包括ケアに貢献する作業療法」として政策提
らである。この指摘を受け、
「30cm のものさし」を具
案し、国民に作業療法をわかりやすく周知する取り組み
体化する取り組みを続けてきた成果が「生活行為向上マ
を、協会内外のあらゆる角度から行うための環境を整備
ネジメント」である。すでに平成 24 年度の制度改定に
することにある。地域包括ケアの実現に向け、作業療法
おいて、この事業の成果が訪問介護と訪問リハビリテー
士は生活行為向上マネジメントに基づき、医療から地域
ション連携加算等の一つの背景として制度の仕組みに反
生活に至るまで、その人にとって「意味のある作業」が
映され、
メディアにこの研究事業が取り上げられる等「生
継続できる実践に取り組む。国民に対し「ひとは作業を
活行為向上マネジメント」は勢いをもって動き始めている。
することで元気になれる」ことを普及啓発し、地域で作
この流れをさらに組織的・戦略的に推進することを目
業ができる環境づくりを担い、身近な地域で支援できる
的に「生活行為向上マネジメント推進プロジェクト」の
「住民にとって身近な作業療法(士)になる」ことを目
設置が 9 月理事会で承認され、
10 月三役会にてプロジェ
6
勝幸
指すものである。
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
会議録
平成 24 年度 第 6 回 理事会抄録
日 時:平成 24 年 10 月 20 日 ㈯ 13:00 ~ 16:22
場 所:一般社団法人日本作業療法士協会事務所 10 階会議室
出 席:中村(会長)、清水(副会長)、荻原(事務局長)
、古川、
長尾、岩崎(監事)、香山、小林、谷、土井、陣内、
山本(常務理事)、宇田、大丸、苅山、北山、高島、東、
藤井、三澤、森(理事)
傍 聴: 西出(生涯教育委員長)、小賀野(企画調整委員長)
、
岩佐(士会連絡協議会長)、冨岡(WFOT 代表)
、
岡本(財務担当)
Ⅰ 審議事項
1.生涯教育制度改定 2013(案)について
(陣内教育部長・西出生涯教育委員長)5 年ごとに制度の見
直しを行っており、2013 年度は改定時期にあたる。6 月、
9 月の理事会で中間報告を行い、意見をいただいた。さら
に検討を加えて最終案としてまとめた。基礎研修制度、認
定作業療法士制度、専門作業療法士制度の改定を行う。
→ 承 認 2.専門作業療法士制度に係る大学院連携 単位認定審査結果報
告:名古屋大学大学院(陣内教育部長)名古屋大学大学院
からの連携申請に対し、審査を行った。専門作業療法士の
特別支援教育分野について、専門基礎の一部、専門応用、
専門研究・開発の研修カリキュラムと大学授業科目と連携
が可能であることを確認した。
→ 承 認 3.臨床実習指導施設認定制度および臨床実習指導者研修シス
テム(案)について(陣内教育部長)卒前、卒後教育にお
ける臨床実習教育及び臨床実習指導者の質の向上はきわめ
て重要なことであるため、臨床実習指導施設認定制度を創
設するにあたり、認定施設要件及び申請手続き、研修内容、
運用方法等について検討した。
→ 承 認 4.第 3 回認定作業療法士審査結果について(陣内教育部長)
更新申請 8 名、新規申請 14 名計 22 名を認定する。新規申
請 1 名は書類の不備により認定せず。
→ 承 認 5.第二次作業療法 5 ヵ年戦略(案)について(荻原事務局長・
小賀野企画調整部長)理事勉強会があり理事会 16 時終了
予定のため全体を審議する十分な時間が取れないことから、
本日時間内で審議できる項目までとし、引き続き 11 月理
事会で審議を行う。
→ 継続審議 6.平成 25 年度重点活動項目(案)について
(荻原事務局長・小賀野企画調整部長)平成 24 年度から引
き続き、地域包括ケアシステムにおける作業療法の位置づ
けを確かなものにすることを目指す。一部、削除等の訂正
を加えた。
→ 承 認 7.平成 25 年度の収支予測について(香山事務局次長)
養成校の卒業生数見込み、国家試験の合格率、入会率等を
勘案して収入予測を行い、収入予測に沿って予算算定案を作
成した。各部の事業計画及び予算案提出締切りは 11 月 22
日とする。
→ 承 認 8.倫理委員会のあり方について – 基本的な考え方 –
(荻原事務局長)基本的な考え方として、従前の倫理委員会
の分掌含めて、来年度からは委員会の構成員を業務執行理
事と事務局長とする。
→ 承 認 9.名誉会員候補者の推薦について(中村会長)名誉会員とし
て杉原素子氏、宮前珠子氏を推薦する。
→ 承 認 10.名誉会員に関する規程の改定について(荻原事務局長)
規程第 4 条(特典について)及び 5 条(名誉会員の制約事項)
について改定する。
→ 承 認 11.来年度の会議のあり方について(中村会長)来年度の会務
運営について、各部の方から意見を聴取し、来年度の会議
のあり方を検討したいので、意見聴取し、次月三役会に提
出する。
→ 承 認 12.会員の入退会について(荻原事務局長)
会費未納による会員資格喪失後の再度入会希望者 9 名、未
納会費は清算済み。
→ 承 認 葉山靖明氏(株式会社ケアプラネッツ)より賛助会員 C 会
員として入会希望。
→ 承 認 Ⅱ 報告事項
1.平成 24 年度協会会計中間監査報告及び第 46 回日本作業療
法学会監査報告(古川監事)中間監査を行った。業務が下
期に集中することに対する考慮、危機管理対策について、
情報関係の耐用年数時の対策についての附帯意見が付され
た。
2.生活行為向上マネジメント推進プロジェクトチーム組織図
とプロジェクトリーダーについて(土井理事)生活行為向
上マネジメント推進プロジェクト組織図を作成した。プロジェ
クトリーダーは村井千賀氏、担当理事は土井理事とする。
3.今後の災害対策支援活動について(香山理事)
災害対策に関するガイドライン、ボランティアに対するマニュ
アルを作成する。被災 3 県との会議を定期的に開催する。生
活行為向上マネジメントに関する被災地での支援を岩泉町で
実践する。南相馬市からの作業療法士募集に対する支援を行
う。
4.国際部活動報告(大丸理事)国際学会で発表できるように
人材育成のためのセミナーを東京(9/1)兵庫(10/13)で
開催した。その際のアンケート結果をまとめた。
5.W FOT Congress 2014 関連学会広報活動資材手配依頼用紙
について(北山理事)謝金・旅費の受領に関する申出書及
び広報資材の依頼用紙を作成した。
6.渉外活動報告 文書報告
7.その他 陣内理事:WFOT 教育水準審査は一般社団法人リ
ハビリテーション教育評価機構で進めている。例年より遅
れている。藤井理事:10 月 10 日、理学療法士、作業療法
士教員養成等講習会小委員会に出席。来年度から言語聴覚
士も参加する。中村会長:①危機管理対応に関して、業者
選択を事務局に依頼した。②リハ 10 団体で災害時のコー
デネーター研修を行っていくことが決定した。③リハ 3 団
体関係で、南相馬で浜通り訪問リハビリテーションステー
ションが 11 月 1 日に開所する。一般財団法人は 10 月 1
日に承認された。④訪問リハビリテーション振興委員会が
9 月 6 日、地域リーダー連絡会を実施した。荻原事務局長:
協会システムの危機管理用インフラ構築を委託する業者に
ついて 10 月 28 日にプレゼンを受け最終的に選択する。香
山理事:認知症の初期集中支援チームの関連で、12 月理事
勉強会を開催したい。
以上
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
7
各部・事務局活動報告
学術部
広報部
【学会運営】第 16 回 WFOT 大会 2014(横浜)は第 48
平成 25 年度予算申請書作成のため、次年度活動内容を
回日本作業療法学会を兼ねている。演題の募集期間は
検討。
【広報委員会】作業療法啓発キャンペーン(兵庫)
終了。
2012 年 12 月 1 日~ 2013 年 4 月 30 日である。JAOT 会員
は一般演題とワークショップに応募することができる。応
募方法の詳細は随時ホームページに掲載する。また、9 月
の理事会にて今後の国内大会の運営方針を審議した。本誌
10 月号の「今後の学会運営に関する基本方針」を参照願
いたい。
【課題研究助成】ホームページに平成 25 年度課
題研究助成制度募集要領を掲載した。課題研究の応募期間
は 2012 年 11 月 1 日~ 2012 年 12 月 31 日(必着)である。
(学術部 部長 小林 正義)
青森、宮城、千葉、滋賀の開催に向け交渉・準備。認知症
DVD 制作、協力者との会議を開催。パネル改訂作業。広
報誌 opera17 号、ほぼ取材を終え、編集作業中。【公開講
座企画委員会】作業療法フォーラム(東京)終了。89 名
の参加。大阪会場は 2013 年 2 月 9 日(土)毎日新聞社ホー
ルにてに開催。
(広報部 部長 谷 隆博)
国際部
9 月(東京)、10 月(神戸)と英文抄録の作成のコツに
関する人材育成セミナーを開催し、計 51 名の参加者があっ
教育部
た。英語抄録の構成の説明と作成方法の注意点等の講義の
○養成教育委員会:臨床実習指導者研修および施設認定
後、抄録一例を取り上げ「言い回しリスト」を活用しなが
制度(案)、作業療法教育ガイドライン ( 案 )、PTOT 学校
養成施設指定規則・指導要領について、作業療法士教育の
最低基準(改訂第 3 版)等の検討結果を順次上程予定で
ある。○生涯教育委員会:次期生涯教育制度(改定最終
案)
を上程した。10 月専門 OT 制度大学院連携を開始した。
○研修運営委員会:第 50 回全国研修会(兵庫)盛会にて
終了した。11 月第 51 回(岩手)が開催される。○教育関
連審査委員会:第 3 回認定作業療法士審査結果を上程した。
WFOT 認定審査(リハ教育評価機構)書面審査中である。
(教育部 部長 陣内 大輔)
に始まることもあり、参加者の関心は高く、演題登録への
意欲や学会参加の気持ちを強めたとのコメントが多かっ
た。また、兵庫県と岩手県で開催される全国研修会でも学
会の概要説明と演題登録に関する説明並びに相談を受け付
ける予定にしている。
(国際部 部長 佐藤 善久)
事務局
【災害対策】岩手県岩泉町支援のための現地打ち合わせ
(第 2 回)。災害対策担当部署の設置に関する検討。
【企画
調整】平成 25 年度重点活動項目(最終案)の理事会提示。
第二次作業療法 5 ヵ年戦略の策定に向けた意見集約と検討
制度対策部
資料の理事会提示。【規約】名誉会員に関する規程(改正
現在のリハビリテーションは機能分化されており、急性
案)の理事会提示。理事会運営規程の起案検討。
【福利厚生】
期・回復期・生活期・終末期となっている。しかし、終末
女性会員向け支援の検討・対応(継続)。休会制度の検討。
期においてはリハビリテーションが必要にもかかわらず、
作業療法士が従事している実態も少ないのが実情である。
いわゆる「緩和リハビリテーション」は、将来に向けた大
きな課題であろう。10 月上旬、リハビリテーション三協
会協議会と日本ホスピス緩和ケア協会は、連名にて全ての
緩和ケア病棟へ実態調査を開始した。12 月には報告予定
である。この分野への第一歩を踏み出したといっていいだ
【倫理】倫理委員会のあり方検討。【選管】平成 25 年度役
員選挙に向けた準備。【国内関係団体連絡調整】一般財団
法人訪問リハビリテーション振興財団の登記完了。リハビ
リテーション三協会協議会の開催。【表彰】各士会へ協会
表彰者推薦の依頼。【統計情報】会員属性の見直し。会員
属性非有効データ再調査の検討・準備。【庶務】事務局体
制のあり方検討。災害時等における協会各種システム及び
データ保存と復旧に係るインフラ及び運用体制構築業務委
ろう。今後、さらなる渉外活動とともに厚生労働省等への
託に係る業者の第一次選定・第二次選定。
要望に力を入れていく。 (制度対策部 部長 山本 伸一)
訃 報 連 絡
謹んでお悔やみ申し上げます。
8
ら演習を行った。WFOT 大会 2014 への演題登録が 12 月
(事務局長 荻原 喜茂)
53624 山崎 朋子 氏(鹿児島県)
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
OT Nano News
●第 39回 国際福祉機器展(H.C.R.)2012 開催される
9 月 26 日から 28 日まで東京ビッグサイトにて第 39 回国
際福祉機器展 H.C.R. 2012 が開催され 10 万 8,505 人の来場
支援専門員としたが、残念ながら参加者の比率は作業療法士
が一番多く、いかに介護支援専門員に呼びかけるかが今後の
課題である。作業療法フォーラムは 2013 年 2 月に大阪でも
者があった。当協会では主催者側の依頼により福祉機器相談
行われる。
コーナーに協力し、制度対策部福祉用具対策委員会からス
●訪問リハ振興財団 南相馬に訪問リハ事業所を開設
タッフを派遣し、福祉用具の専門家としての立場から、機器
の適切な選び方・使い方など来場者の相談に応じて助言や
提案を行った。また、広報部ではブースを出展し、
「脳機能
から日常生活をアセスメントしませんか? 脳機能検査アプ
リを活用して」「作業療法士が考える食事動作」と 2 つのミ
ニセミナーを開催し、来場者に作業療法に関心をもってもら
うようにアピール。ブースには 2,000 人を超す来場者が立ち
寄った。また、担当が出展各社のブースを回り、作業療法士
の専門性を説明し、ぜひ開発時に作業療法士を活用していた
だけないかと開発者・技術者に対して広報活動を行った。
11 月 1 日、復興特別区域法に基づく福島県内初の訪問リ
ハビリテーション事業所「浜通り訪問リハビリステーション」
が南相馬市原町区に開所し、同日開所式を行い、当協会から
は中村会長、谷理事が出席した。
「浜通り訪問リハビリステーション」は、日本理学療法士
協会、日本言語聴覚士協会、日本作業療法士協会の三団体が
共同で設立した一般財団法人訪問リハビリテーション振興財
団による全国初の試み。東日本大震災及び東電福島第一原発
事故の影響による相馬地方のリハビリテーション資源の不足
を補い、自治体や医療機関と連携して、仮設住宅を中心に、
深刻な問題となっている高齢者の健康問題に取り組む。事業
所には作業療法士 2 名、理学療法士 1 名が勤務し、南相馬市
と相馬市を中心に在宅ケアにあたる。
日本作業療法士協会は当財団の設立にあたって、第一義的
に被災地(まずは南相馬市)のリハビリテーション支援に真
摯に取り組むべきことを強調してきた経緯があり、今回の事
業所開設によりその具体的な第一歩を踏み出したことになる。
H.C.R. ミニセミナー
●作業療法フォーラム(東京会場)開催される
10 月 13 日、星陵会館にて作業療法フォーラム(東京会場)
が開催され 89 名の参加があった。
「介護支援専門員と作業療
法士の連携を考える―自立支援としての生活行為向上マネジ
メント―ひとは作業をすることで元気になれる」と題し、講
師に医療法人財団天翁会理事長・天本宏氏と作業療法士・長
谷川敬一氏を迎え、天本氏からは「「Aging in Place」具現化
への作業療法士の使命―他職種からの期待・メッセージ」
、
浜通り訪問リハビリステーション外観
長谷川氏からは「自立支援としての生活行為向上マネジメン
トの活用」というテーマで講演が行われた。主な対象を介護
開所時のリハスタッフ
作業療法フォーラム 天本氏講演
左から、佐藤康公氏(PT)、山越亮氏(OT)、長久保克朗氏(OT)
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
9
医療・保健・福祉情報
「障害者虐待防止法」の概要
家庭や福祉施設、職場で虐待を見つけた人に自治体への通
報義務を課し、通報者が解雇など不利益な扱いを受けないこ
となどを定めた「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対す
る支援等に関する法律(障害者虐待防止法)」が、平成 24 年
10 月1日に施行された。
この法律は、福岡県で平成 16 年に発覚した複数の施設職
員による入所者への長期間にわたる暴行事件を契機に、平成
23 年 6 月 14 日に衆議院厚生労働委員長から提出され、同月
17 日に可決成立したものである。
作業療法士諸氏が所属する各機関におかれては、障害者虐
待を未然に防ぐことができるよう十分にご配慮いただきたい。
以下にその概要を示す。
通報・相談
県
図1 通報・相談先
4就学する障害者、保育所等に通う障害者及び医療機関を
利用する障害者に対する虐待への対応については、その
防止等のための措置の実施を学校の長、保育所等の長及
び医療機関の管理者に義務づける。
※ 虐待防止スキームについては、家庭の障害児には児童
虐待防止法を、施設入所等障害者には施設等の種類(障
害者施設等、児童養護施設等、介護施設等)に応じてこ
の法律、児童福祉法又は高齢者虐待防止法を、家庭の高
齢障害者にはこの法律及び高齢者虐待防止法をそれぞれ
適用する(表 2)
。
表 2 虐待防止法の適用範囲
18歳未満
家庭内 児童虐待防止法
施設内 児童福祉法
職場内 障害者虐待防止法
18歳以上65歳未満
65歳以上
障害者虐待防止法 高齢者虐待防止法
障害者虐待防止法 障害者虐待防止法
障害者虐待防止法 障害者虐待防止法
【参照】 厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/gyakutaiboushi/
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002kpq2.html
10
労働局
【通報・相談先と虐待防止施策(自治体等の機能)(図1)
】
1.何 人も障害者を虐待してはならない旨の規定、障害者の
虐待の防止に係る国等の責務規定、障害者虐待の早期発
見の努力義務規定を置く。
障害者虐待
場面
(法律上の分類)
①養護者による
家庭内
虐待
②障害者福祉施
設従事者等に 施設内
よる虐待
③使用者による
職場内
虐待
(権利擁護センター)
①身体的虐待 暴力、体罰、不当な身体拘束、過剰な投薬
②ネグレクト 減食、放置、介護・世話の放棄、病院に行か
せない、養護しない
③心理的虐待 暴言・無視・侮辱的態度によって精神的苦痛
を与える
④性的虐待 わいせつな行為をする・させる・見させる
⑤経済的虐待 年金や賃金の搾取、勝手な運用、不当な制限、
不利な取引
3民間事業者について
⑴障 害福祉サービス等の事業者は、職員研修を実施し、
利用者からの苦情処理体制を整備するなど、虐待の防
止等のための措置を講じなければならない。
⑵内 部通報者は、通報したことを理由とする解雇等の不
利益な取扱いを受けない。
市町村
表1 障害者虐待の類型
2.障害者虐待防止等に係る具体的スキームを定める。
1市町村の業務
⑴通 報・相談窓口として「障害者虐待防止センター」を
設置する。
⑵事実確認(立ち入り調査等)
、措置(虐待の認定、一時
保護及び支援方針の策定、後見審判請求等)
。
2県の業務
⑴通 報・相談窓口として「障害者権利擁護センター」を
設置する。
⑵障害者福祉施設に対して、立入調査、勧告、指定取消、
措置等の公表を行う。
⑶市 町村に対し、情報提供、連絡調査、協力、助言等の
支援を行う。
⑷行政や施設の職員等が適切な対応をできるよう、マニュ
アルを作成し研修を実施する。
(虐待防止センター)
【定義】
1.
「障害者」とは、身体・知的・精神障害その他の心身の機
能の障害がある者であって、障害及び社会的障壁により
継続的に日常生活・社会生活に相当な制限を受ける状態
にあるものをいう(改正後障害者基本法第 2 条 1 号)
。
2.
「障害者虐待」とは、①養護者による障害者虐待、②障害
者福祉施設従事者等による障害者虐待、③使用者による
障害者虐待をいう。
3.障 害者虐待の類型は、①身体的虐待、②ネグレクト、③
心理的虐待、④性的虐待、⑤経済的虐待の 5 つ(表1)
。
伸一
障害保健福祉対策委員会 委員 高森 聖人
発見者・被害者
【目的】
この法律は、障害者に対する虐待が障害者の尊厳を害する
ものであり、障害者の自立及び社会参加にとって障害者に対
する虐待を防止することが極めて重要であること等に鑑み、
障害者に対する虐待の禁止、障害者虐待の予防及び早期発見
その他の障害者虐待の防止等に関する国等の責務、障害者虐
待を受けた障害者に対する保護及び自立の支援のための措置、
養護者の負担の軽減を図ること等の養護者に対する養護者に
よる障害者虐待の防止に資する支援(以下「養護者に対する
支援」という。)のための措置等を定めることにより、障害者
虐待の防止、養護者に対する支援等に関する施策を促進し、
もって障害者の権利利益の擁護に資することを目的としている。
制度対策部 部長 山本
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
連携と参加でつくる 21 世紀の地域包括ケア
厚労省・唐澤政策統括官 協会・連盟共催の研修会で講演
医療・介護機能再編の中で求められる地域生活移行支援の推進
接そのように述べられたわけで
去る 10 月 20 日(土)、協会事務所の会議室に唐澤剛・厚
はないが、
「作業療法士は施設
生労働省政策統括官(社会保障担当)を迎え、日本作業療法
内に構えて活動するのではな
士協会と日本作業療法士連盟共催の研修会を開催した。講演
く、地域に出て、生活に密着し
テーマは「連携と参加でつくる 21 世紀の地域包括ケア」
。協
た実践を展開し、その成果を示
会と連盟の役員・会員など 40 名弱の参加があった。
していく必要がある」と言われ
唐澤氏は冒頭、社会保障と税の一体改革の担当として国会
ているように受け止めた。
審議の進捗状況に言及するとともに、社会保障制度改革推進
協会は 2008 年に「作業療法
法で設置することが決まった社会保障制度改革国民会議を来
5・5 計画」を打ち出し、作業
年 8 月 21 日を期限として開催していくべく準備中であるこ
療法士の 5 割を身近な地域に配置することを目指して地域生
とを紹介。
活移行支援を推進してきた。今後は、作業療法士養成教育を
本題においては、まず前提となる日本の医療システムの特
長を、①民間非営利の医療機関が病院数で 8 割、病床数で 7
含めて数値目標を明確に掲げ、その達成に向けて着実に歩み
を進めていく必要性をヒシヒシと感じた次第である。
(日本作業療法士協会副会長 清水順市)
割を占めること、②国民皆保険制度、③自由に医療機関を受
診できるフリーアクセス、の 3 点にあることを様々な国際比
較データや事例を引きながら指摘。保健衛生を取り巻く状況
に関して日本が WHO の総合評価で世界第一位を維持してい
作業療法士の立ち位置を俯瞰する力を常に持つべき
協会と連盟の役員が日本の社会保障制度における作業療法
士の立ち位置を共有する目的で勉強会を行う必要があるとい
る所以であるという。
今回のテーマである「地域連携」に関しては、厚生労働省
うのは、連盟設立から常に考えてきたことである。時代が求
は「地域連携型医療介護システム」の構築を計画しており、
「地
める作業療法士の専門性に、私たち作業療法士自身こそが敏
域包括ケアシステム」と「地域コミュニティの再生」を柱に
感でなくてはならない。ましてや職業団体の幹部としては尚
掲げている。その際、少子高齢化の現象はどこにおいても生
更のことである。今回、協会理事会の賛同を得て第一回目の
じているが、大都市、中小都市、地方ではそのあり方も異な
勉強会を開催することができた。唐澤講師の話題は超高齢・
るため、地域特性を反映した医療介護ビジョンの策定が重要
少子社会における急性期医療から地域包括ケアシステムに至
とのことであった。
る国の考えを明確に提示するものであり、大変有意義であっ
最後に、将来に向けての医療・介護機能再編のイメージに
た。そこで、作業療法士はサービスの受け手側のニーズに応
ついては、医療と介護で相互連携を深化させ、「施設から地域
える手立てについて、時期を失せることなく講じなければな
へ」
「医療から介護へ」の流れを確立することが 2025 年まで
らない。また、作業療法士の立ち位置を俯瞰する力を私たち
に目指されているものであることが示された。
は常に持つべきである。そうすれば、作業療法士全体が社会
今回の講演の私たち作業療法士へのメッセージは何だろう
の中で有効な力となり得ると確信している。
(日本作業療法士連盟会長 杉原素子)
か。キーワードは「医療から介護へ」である。講演の中で直
協会・連盟共催研修会アンケート結果(抜粋)
1. 本日の研修会の内容はいかがでしたか?
①大変参考になった:10 名
②参考になった:15 名
③参考にならなかった:0 名
2. 1. でお答えいただいた理由をお聞かせください
・審議官からの視点で総合的な方針が示された。
・医療・介護・地域の全体像と方向性の理解ができた。
3.協会・連盟共催の研修会の開催について
①大変有意義である:15 名
②有意義である:9 名
③有意義とはいえない:1 名
4. 本日の研修会の感想をお聞かせください
・継続されることは意義あることと思います。
・厚 労省のひとつの方向性を知ることで、OT 協会・士会等
の方向性を検討する参考になった。
・包括的な医療・介護体制整備の在り方について、改めて確
認することができた。同時に、協会としての課題も明確に
なった。
・社会保障の枠組みを理解するうえで参考になる。
・普段の業務ではなかなか知りえない、情報として得づらい内
容ですので助かりました。
5. 本日のような協会・連盟共済研修会の開催で聞いてみたい
テーマがあればお聞かせください
・各党議員のお話
・認知症施策について(OT の役割)
・障がい者の雇用/就労支援
・介護保険制度
・精神科医療・地域支援の展望
・制度改訂全体に関することや、大臣・副大臣・政策統括官
などの話が聞きたいです。
・福祉制度(子ども~老人)
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
11
事例報告登録システムから
「対象者の役割獲得へ向けた支援」事例
今月より事例報告登録システムの登録事例の中から、日々の作業療法実践に即役立ち、これから登録を予定されて
いる会員諸氏の参考となるような事例を厳選し紹介する。
作業療法介入・支援の最終的な目標の一つとして、「対象者の役割獲得」がある。今回は、対象者の役割獲得へ向
けた支援に焦点をあてた事例を紹介するが、これらは登録事例のほんの一部である。既刊の『作業療法事例報告集』
VOL. 1~5、インターネットを介してアクセスできる事例報告登録システムには、まだまだ多くの事例が掲載されて
いる。会員諸氏の活発な閲覧を期待したい。
(次回は 1 月号に掲載予定)
(学術部学術委員会 事例登録班)
心室細動により低酸素脳症を呈した主婦に対する早期作業療法の経験
本事例では、心室細動による低酸素脳症により認知機能低下を生じ、植込み型除細動器の植え込み術、冠状動脈
バイパス術を行った 59 歳主婦が、主婦として復帰するまでの介入が報告されている。作業療法の介入では、術前・
術後の 2 期に分けられ、術前は不整脈や胸部症状のリスク管理、対象者の認知機能の低下と昼夜逆転・せん妄症状・
安静度を守れない等の問題行動への対処、術後は上肢機能低下に対する機能訓練、家事動作訓練が行われていた。
術後の家事動作訓練の導入は、対象者のニーズが「主婦業への復帰」であること、家事動作に対する対象者の恐怖
心を解消することが理由とされていた。本事例より、機能面・能力面の改善だけではなく、対象者の家事動作への
恐怖心を取り除くための介入が役割獲得に不可欠であったことを知ることができる。
装着型自助具により巧緻動作が可能となった複数指切断の一例
本事例では、利き手の右示指・中・環指の複数指を機械に挟み切断し、示指は基節骨遠位端で断端形成、中環指
は中手骨頭で断端形成術後であった 67 歳男性の、鉄工業経営に至る職場復帰の報告がされている。作業療法の介
入では、作業機械の操作に必要な両手動作、巧緻動作獲得に向けて、残存機能を最大限に利用しつつ、切断された
手指の代替となる装具・自助具の模索が行われていた。特に装着型自助具の使用は、業務上使用する機械や物品の
操作および書字の実用性を高め、対象者の商工会議への出席を可能とした。本事例は、機能の代償を目的とした装
具・自助具の提供が対象者の能力の向上を果たし、参加へとつながることを示している。
よさこいチームへの参加を目指して
本事例では、脳出血による左片麻痺をきたした 72 歳女性が、よさこい踊りの指導者として復帰するまでの介入
が報告されている。作業療法の介入では、踊りそのものに取り組むことで、心身機能、踊る能力の向上をはかり、
指導者という役割の再獲得を目指した。そのために、踊りに必要な、他者の動きをみる・音楽を聞いてタイミング
を取る・踊りで表現するといった要素を細分化して訓練に取り入れ、さらに自身が踊る動画の観察が行われていた。
介入の経過では、機能的な改善だけではなく、当初不安がっていた対象者が回数を重ねるごとに積極的に踊りに取
り組むようになるといった心理面の改善もみられた。本事例は、病前に価値があった活動の再獲得が、役割獲得に
対する対象者の意欲を高めることを示している。
12
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
特集 社会貢献と起業
特集にあたって
今回、
「社会貢献と起業」を特集として組んだ意図は、わが国の医療保険制度、介護
保険制度、障害者対応の制度、などの制度の枠を超えて、作業療法を必要とする方への
支援の様々な工夫による実践の姿を会員諸氏にお知らせすることにある。
医療提供施設や福祉関連施設での自らの実践を考えてみる時、どうしてもある種の限
界を感ずる経験を持たれている会員も多いと思う。提供している作業療法をよりご本人
の日常に近づけようとすると、一歩を踏み出さなければならないと考えておられる会員も多
いはずである。
その方法の一つが、今回紹介させていただく作業療法士の方々の姿である。その形は、
いわゆる “ 起業 ” と呼ばれるものであるが、一点大切なことは、何故に起業するのか、
何故に起業に一歩を踏み出したのか、という起点の内容であろうと思う。
組織の大きさで言えば、医療提供施設や福祉関連施設の方が大きな組織であるが、“ 起
業 ” することの姿はどんなに小さくとも組織を作り上げることになるのが現実である。
仮に特定非営利活動法人を立ち上げての実践であったとしても、当然のことながら、そ
れなりの「人・物・金銭」が必要となる。利益が有るかどうかの採算性を問われる事業
体である場合にはなおさらであり、他の事業所との競争にも直面し、経営者としての視
点も必要となる。この点において、いつの間にか本来の志とは異なってしまう危険に晒
されることは起こりうることである。知らず知らずのうちに、悪しき競争原理の只中に
巻き込まれてしまい、いわば “ 身の丈 ” 以上の無理をしてしまう危険にも晒される。そ
のような場合に、すでに述べたように、自分は何故に起業の一歩を踏み出したのか、と
いう点に立ち戻ることができないと、めざした社会貢献とは程遠いことになり、結果的
には、対象者ご本人やその周辺の方々に大きな不利益を負わせてしまうことになる。
今回、その実践の内容を提供していただいた方々も何らかの形で、その危険に一度な
らずとも直面しておられるのではないかと思う。そのような事態に出会った時に支えに
なるのが、自らの実践が何らかの社会貢献に繋がっている実感を得られる時であろうと
思う。
その実感は、おそらく街の中を対象者の方と共に動いている時に向けられる、街の人々
の自然な眼差しであったり、さりげない協力であったり、理解ある言葉かけであったり
するのではないかと思う。
今回の特集を読まれ、何らかの思いを持たれた会員がおられたら、是非、著者の方々
に連絡をとられると良いのではないかと思う。今までとは違う形での社会貢献の在り様、
その苦労ややりがい、具体的な方法論、さまざまな工夫と視点、などを知ることができ
るはずである。
いずれにしても、“ 起業 ” も作業療法士が行う社会貢献の一方法であり、医療提供施
設や福祉関連施設での作業療法との連動と相互の良き関係性を構築することにおいて、
その価値が示せるものとの認識が必要であると考える。
(機関誌編集委員会担当 荻原 喜茂)
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
13
特集 社会貢献と起業
高次脳機能障害者の地域生活を支援する
「クラブハウスすてっぷなな」での取り組み
特定非営利活動法人脳外傷友の会ナナ クラブハウスすてっぷなな 統括所長 野々垣
睦美
営資金の確保が最初の壁となった。横浜市の作業所開設
はじめに
「クラブハウスすてっぷなな」は、平成 16 年 4 月に
には横浜市在宅障害者援護協会(現:横浜市社会福祉協
開設した、若年の高次脳機能障害者(おもに脳外傷)を
議会障害者支援センター)との協議が必要となるが、こ
対象とした施設である。活動を開始して 9 年目。経過
の準備をしていたのは平成 15 年夏ごろであり、行政的
の中で施設に求められている役割は刻々と変化してお
な高次脳機能障害の診断基準ができる前の段階であっ
り、地域の中で私たちができることは何か?できないこ
た(高次脳機能障害の行政的な基準が発表されたのは平
とは何なのか?を整理し、利用者や家族、関係機関や行
成 16 年 3 月)。どのような障害であり、地域生活でど
政と相談を重ねながら試行錯誤の運営を続けている。
んな不自由さが生じているのか、ひとつひとつ伝えるこ
とが求められた。しかし筆者自身も地域での生活イメー
ジが乏しく、話し合い自体が成立しにくい状況でもあっ
このままでよいの?からの出発
筆者自身、当施設を立ち上げる前はリハビリテーショ
た。このときに大きな力となってくれたのが家族会の存
ンセンターに勤務し、多くの高次脳機能障害者を担当す
在で、地域での課題を等身大に語ってくれたことが功を
る機会があった。入院期間や時間の制約がある中で解決
奏す結果となった。
できない課題も多く、
「この人、退院して大丈夫?」と
いう不安ばかりが大きくなっていく時期でもあった。ま
た、外来や家族会から漏れ聞こえる「退院後の生活」は
なぜ高次脳機能障害に特化したのか
横浜市には身体障害や精神障害、知的障害の方が通所
筆者が全く想像できていなかった様々なエピソードや、
できる作業所(現:地域活動支援センター)が多数存在
病院では知り得なかった多くの可能性、問題点などの情
しているが、高次脳機能障害は障害像が捉えにくいこと
報が入り混じり、
「もしかすると退院後の生活の方がよ
や社会的行動障害のイメージが強いことなどの理由から
り多くの支援を必要としているのではないか」という考
積極的に受け入れている施設は見つけにくい現状があ
えが強くなった。しかし現行の制度の枠組みでは、高次
る。また、障害者手帳の枠組みも複雑で、たとえば 18
脳機能障害者を地域で継続的に支援できる仕組みは見当
歳以前に受傷し障害が残存していれば「知的障害」
、失
たらず、起業という選択肢を選ばざるを得なかったのが
語症があれば「身体障害」、その他の高次脳機能障害で
実情である。
日常生活に困難がみられるときは「精神障害」という分
類が、わかりにくさを助長している一因でもある。
サービスや制度の問題だけではなく、本人の病識や家
起業の準備
まずは「日中活動の場」を確保したいと考えたが、運
14
族の障害理解、心理的側面などから、高次脳機能障害を
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
特集 社会貢献と起業
「障害」として捉えるのではなく「いつかは治る後遺症」
めたこと、より専門性の高い「就労準備性」を担う施設
として考えている場合も多く、その気持ちを尊重するた
が必要になったことなどがあり、現在では就労・復職・
めの時間や場所を確保しつつ、現実社会の中で今後の方
復学など具体的なニーズへの支援を中心に施設としての
向性を見いだしていく必要性の大きさを感じている。
役割が変化している。
病院での個別対応では本人の障害に着目しやすくなる
平成 22 年度からは特定非営利活動法人脳外傷友の会
が、グループでの対応は相互作用で本人の強みも引き出
ナナが運営母体となり、障害者地域作業所は「地域活動
しやすいと同時に、他者を見ることで病識が培われてい
支援センター(横浜市地域活動支援センター事業障害者
くというメリットもある。
地域作業所型)」へ移行した。活動内容は作業を通して
の社会性や対人関係、得手不得手を知り、代償手段を獲
得するなど、グループでの活動を中心に取り組んでいる。
病院と地域の違いを感じる
高次脳機能障害者が地域での生活をスタートすると
また、企業や近隣との関わりを通じて責任感なども培わ
き、入院中には想像できなかった様々な課題に遭遇する
れてきている。就職・復職・復学に必要な要素をどのよ
ことがある。病院での「日課」と地域での「生活」は異
うに取り入れていくのか、今後も検討が必要である。
なるものであり、生きていくために必要な、本人が取り
地域での生活には様々な課題がある。障害によって生
組まなくてはいけない活動には非常に大きな差が生じて
活自体がままならないことも多く、どのように支援して
くる。
いくのかが大きなテーマであった。平成 22 年 4 月から
病院では 24 時間体制で専門職が本人の日課を見守り、
横浜市と業務委託契約を締結し、「障害者自立生活アシ
時間になれば食事が準備され、体調が悪ければすぐに受
スタント事業(市単独事業)」を開始した。この事業は、
診できる…という整えられた環境で過ごしているが、地
単身者や障害者世帯などが地域で自立した生活が構築、
域では自分で生活をコントロールしていくことになる。
維持できるよう支援するものである。日常生活の困難さ
しかし、障害との付き合い方がまだわかっていない時期
が障害によるものなのか否かを評価し、代償手段を用い
には日常生活をどのように組み立てていくのか、暮らし
て自立できるのか、サービス利用を検討するのかを判断
ている地域にどのようなサービスがあるのかなどの整理
していく。在宅への訪問だけではなく通院や買い物など、
が難しく、生活のしにくさを抱えることになる。
生活に欠かせない活動に同行をし、本人の支援を組み立
生活の中では「障害があってもできること」
「環境設
てていく。
定などの工夫があればできること」
「他者に手伝っても
高次脳機能障害では、生活の中で「本人には困り感は
らった方がよいこと」など、場面に応じて支援の方法が
ないが周りがとても困っている」というケースが多く、
異なる。しかし、高次脳機能障害の場合、適切な評価が
依頼の 9 割以上は関係機関からの相談で支援につなが
なければ、どのように支援すればよいのかがとてもわか
る状況がある。現在は単身、生活保護のケースが多く、
りにくい状況となる。生活場面の中でこそ作業療法士の
金銭管理や健康管理(通院を含む)、移動手段の獲得な
視点が求められている。
ど様々なニーズがある。彼らが安心して生活するために
「退院」は医療者にとってのゴールであるが、本人・
は日常生活に直接的に支援することが求められている。
家族にとっては新しい生活を再構築するスタートライン
である。継続的な支援が必要ではないか。
おわりに
高次脳機能障害者の地域生活を支援するためには、福
施設(クラブハウスすてっぷなな)の概要 平成 16 年 4 月、当初は若年の高次脳機能障害者に特
祉制度の枠組みだけでは不十分であるが、施設を立ち上
げたことによって様々な取り組みが可能となっている。
化した日中活動の場(居場所を含む)として障害者地域
これからも「何が必要か」を考えながら新たなことへチャ
作業所の開設をした。運営していく中で、市内の他施設
レンジできればと思う。
が居場所の必要な高次脳機能障害を少しずつ受け入れ始
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
15
特集 社会貢献と起業
作業に焦点をあてた社会貢献とまちづくり
NPO 法人ちゃんくす 代表 西上
と思うと、対象者の環境に飛び込むことが必要なことが
はじめに
社会貢献という言葉を聞くとどういうことを思い浮か
ある。作業に焦点をあてた介入をしようと思うと、介護
べるだろうか。ボランティア、奉仕、募金、町内会活動、
保険や自立支援、診療報酬上、算定できないから諦める
PTA など、社会のために無償で行う活動を思い出すの
こともある。作業に焦点をあてた介入をしようと思うと、
ではないか。企業の中には社会貢献活動として、環境の
今の社会資源では足りないことがあり、社会資源を創っ
改善を行う活動、リサイクルを進める活動を行っている
てみようと思うことがある。そういう想いを形にしたの
企業もある。
が NPO 法人ちゃんくすである。
そもそも「社会貢献」という語の意味は曖昧である。
ウィキペディアでは、
「社会の利益に資する行いをする
ことをいう」とあり、企業活動なども含まれるような意
味合いになっている。作業療法が人のニーズに応じて
サービスを提供することも、企業が商品を開発販売する
ことも、社会の利益に資する行いであるという点ではす
べて社会貢献とも言える。今回の報告の中では、簡単に
「社会貢献とは、社会問題の解決に貢献すること」とい
う竹井の定義 1)を用いて進めていきたい。
社会貢献とミッション
NPO 法人ちゃんくすについて
NPO 法人ちゃんくすの活動目標は、「障害の有無や年
齢など個人がもつ背景を超えて、すべての人が参加する
場と機会を提供すること」である。筆者の前職である養
成校には附属診療所があり、発達障害と診断され、学校
に行きづらくなったり、不登校だったりクラスになじめ
ない方が来院していた。多くの方は知的能力が高いか、
いわゆるグレーゾーンの方だった。就学前や義務教育の
間は特別支援教育などを受けることはできていたが、就
職や進学などの社会参加の範囲が広がるほど行き場所が
社会貢献活動を行うためには、社会問題というニーズ
を捉え、ミッションを決めて、リーダーがそれを時間差
なく解決していく必要がある。よって、ミッションは行
動本位である。社会貢献活動は、一人ひとりの人と社会
を変える存在である。ミッションの価値は文章の美しさ
にあるのではなく、正しい行動をもたらすことにある 2)。
「社会問題とは何か」と論じたりすることではなく、「社
会問題に対して私はこのように動いています」という行
動がすべてなのである。
なくなり、様々な形で不健康な状態になる方がいた。興
味や関心の幅は狭いが、特定のことは上手。その能力や
技能を社会参加に活かすには機会と場が必要である。し
かし、現在の医療や保健、福祉の領域では、筆者が出会っ
た魅力ある方々を受け入れられる場がなかった。なぜな
ら診療報酬や自立支援法は年齢、障害の程度などの「人」
の部分でサービスを受けられる範囲を決めており、彼ら
は福祉サービスを受けるには適合しない方々だったから
である。また、成人しても、発達障害の特有の感覚の過
敏さやこだわりなどにより、就労支援施設ではなじめな
作業療法の対象者と限界について
作業療法士は、作業に焦点をあてた関わりを通じて人
い方が多かった。そんな方々が個性ある作業ができるよ
や社会を変化させられる専門職である。作業療法の対象
うになり、社会の中で違いを分かち合いながら混ざり合
者は誰だろうか。
多くの場合は障害をもった個人であり、
えるような機会と場を作るためにちゃんくすを設立しよ
精神科では集団だったりする。作業療法の対象者につい
うと思った。「ちゃんくす」とは英語の「chunks」であ
て述べたものでは、個人、集団、組織、地域、政策と分
り「まとまり」「塊」という意味である。個性ある方々
類したもの 、個人、家族、集団、コミュニティ、組織、
の得意な作業がまとまったり、塊を作りながら社会にど
3)
住民に分類したもの
4)
がある。作業療法の対象者は多
様である。その中で、作業に焦点をあてた介入をしよう
16
忠臣
のように混ざり合っていけるかが、ちゃんくすのミッ
ションである。
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
特集 社会貢献と起業
例えば「あかりプロジェクト」は、約千個のキャンド
ちゃんくすと社会貢献
ちゃんくすの社会貢献の仕方には 2 つの戦略がある。
ルを灯ろうに入れて駅前広場に並べるイベントである。
灯ろうに絵を描くのは近隣の幼稚園や保育所、高齢者施
1)得意な作業で社会貢献
一つの戦略は、個性ある人たちの得意な作業を社会に
還元することである。論理的な能力に長けている方は、
それが作業にあらわれていることがある。記号の組み合
わせや構造の理解が上手な方は、パソコンや電気機器を
分解したり改造することに向いている。資源回収を目的
にしたリサイクルパソコンを作るグループを作り、身体
的にパソコンを使いづらい方へ提供したり、パソコンを
ゲームでしか使っておらず社会参加が苦手な方に新しい
魅力を創造できるようなパソコン教室を実施すること
で、得意なパソコンの脳力を十分に発揮できる場を創る
ことができる。また、電気機器の配線の理解が上手な方
は、身体障害の方が利用しやすくなるようなスイッチを
作るために基盤から配線を外部に取り出す方法を教える
と、様々なタイプの機器に応用することができる。リサ
イクルパソコンを作ったり、壊れたおもちゃを修理した
り、
ちょっとした電気製品の修理をしたりと、
地域の困っ
たことを解決できるような機会を提供することで、リサ
イクルといった環境問題、障がい者への入力支援機器の
製作、子どものおもちゃの修理など、大小様々ではある
が、社会問題を解決するために彼の能力が発揮されてい
設、障がい者の施設や一般市民である。自分たちの作っ
た灯ろうに明かりが灯され、まちをきれいに彩る姿を見
たいという当たり前の動機で、まちに市民が来て楽しむ
ことができる。灯ろうに絵を描く時にはちゃんくすから
もスタッフやコミュニケーションの苦手な方々が一緒に
行って、描いたりお手伝いをしたりして、その方なりの
参加の仕方で、このイベントに協力している。「あかり
プロジェクト」は、市民が灯ろうを描き、ボランティア
が灯ろうを飾り、飲食店は盛り上げるためにお店を出し、
音楽グループは自前で音楽を奏で、明かりのついた灯ろ
うを市民が見物にやってくる。それぞれの個人、集団や
組織のできる作業でまちづくりにも貢献できる場を創る
ことができる。
ちゃんくすでは、このようなイベントを事業として行
い、事業費を行政や商工会議所などのまちづくり関連の
予算を用いて実施している。個人、集団、組織ができる
ことを行政や経済団体の予算を使いながら、作業を中心
にして人や作業のつながりを創っていく。これがちゃん
くすの現在の社会貢献の行動である。作業に焦点をあて
ていると、こんなに楽しいことも考え実践することも可
る。作業に焦点をあてた関わりをしていると、社会参加
能である。
しづらい方の得意な作業を活かして社会貢献をする機会
おわりに
と場を提供することができる。そこに、
障がい者だから、
社会貢献というと、最初に述べたように、自己犠牲の
不登校だから、働いていないから、という人や障害の状
ようなイメージも強いが、自己実現の場なのである。医
況は関係ない。その人はそのままでいいのである。
療、保健、福祉の領域でできないことが地域にはたくさ
2)まちづくりで社会貢献
んある。最近では、
「ソーシャル・ビジネス」
「ソーシャル・
もう一つの戦略は、
地域の社会問題を解決するために、
ちゃんくすが地域と一緒に行動を起こすことである。三
原駅前は近年の日本の地域経済を反映している場でもあ
る。高度成長期時代に繁栄を極めた「駅前」では、大型
店舗の郊外での出店、車社会による移動手段の変化など
ベンチャー」「ソーシャル・イノベーション」という言
葉が強い関心と共感をもって広まっている。社会貢献を
仕事にしようとする動きである。様々なニーズが社会に
はある。作業に焦点を当てた行動をビジネスにして社会
貢献できる時代を創ることも可能だと確信している。
によりドーナツ化現象が生じている。三原駅前は百貨店
がなくなり大きなビルがなくなり、駅前広場という場が
出来た。地域経済を活性化するためには個人消費を促す
必要があり、そのためには人のにぎわいが必要である。
市民の中には、そういった現状を憂い、なんらかの形で
まちづくりに貢献したい、という意欲をもっているが、
何を、どのようにしたらいいのかわからない、という意
見を聞くことが多い。そこで、ちゃんくすでは、その人
なりにまちづくりに参画できるように、地域のイベント
を企画し実行している。
参考文献
1) 竹井善昭著:社会貢献でメシを食う.ダイヤモンド社.
2010
2) P.F. ドラッカー著(上田惇生訳)
:非営利組織の経営.
ダイヤモンド社.2007
3) S caffa ME 編著(山田孝訳)
:地域に根ざした作業療法
-理論と実践-.協同医書出版社.2005,pp33-47
4) エ リザベス・タウンゼント,ヘレン・ポラタイコ編著
(吉川ひろみ,吉野英子監訳)
:続・作業療法の視点-
作業を通しての健康と公正-.大学教育出版.2011,
pp128-131
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
17
特集 社会貢献と起業
心が動く起業実践リポート
想いを言葉に、言葉を形に、形を仕組みに、そして仕組みに経済を!
(有)リハシップあい代表取締役 川本愛一郎
地域の受け皿を創るための起業
はじめに
当社「有限会社リハシップあい」は、鹿児島県北部に
筆者は、出水市立病院(現出水総合医療センター)で
位置する人口 57,000 人、高齢化率 27.3%の出水市に
21 年間、作業療法士として勤務した。病院勤務時代後
ある。
半には、退院時指導等で患者さんの自宅へ出かけること
隣接する長島町
(人口 11,000 人、
高齢化率 32.0%)は、
が多くなり、老老介護の様々な現状を目の当たりにした。
漁業ではブリの養殖日本一、農業では、ジャガイモの産
退院後、外来でリハビリテーションに通うことができる
地としても有名である。
方は、恵まれていると実感した。外来通院するにもタク
当社は、上記の出水市と長島町をサービス提供エリア
シーで片道数千円かかる方や、家族での介護力が低下し
として、通所介護 2 ヶ所、訪問看護ステーション 1 ヶ
ていて放置状態に近い方など、シビアな現状に直面する
所を運営している。また、フランチャイズとして鹿児島
ことが多くなった。
県霧島市にデイサービスセンタ― リハシップあい国分
(濵田桂太朗社長(株)ユニティ)を展開している(表1)。
何とかしたいとの想いが筆者の心に募っていった。
2000 年に介護保険制度が施行され、介護分野への営利
企業の参入が解禁となったのを機に、意を決して妻に
「起
リハシップ あい
会社の名称は、
「リハビリテーション」の「リハ」と
スポーツマンシップなどの「シップ」から創作した筆者
の造語である。
「シップ」には技能や精神、また大きな
母船という意味もある。
「あい」は、当社の理念「あな
たを愛で支えます。
」の愛を表している。リハビリテー
ション魂を持ったクルーチーム(船の乗組員)が愛情を
持って船を操船し、利用者が行き先を決定するイメージ
を表している(写真1)。
写真1 デイサービスセンター リハシップ あい
西出水本館(右)とぷらす館(左)
表
1 有限会社 リハシップ あいの概要(FC 事業所を除く)
(表1) 有限会社 リハシップ あいの概要(FC事業所を除く)
デイサービスセンター
リハシップ あい
米ノ津(リハビリ活動重
視型デイ)
1単位
開設日時
2004年
(平成16年)
サービス内容 通所介護
定員
35名
OT3名 PT1名(OT・P
職員数
Tともに訪問看護兼務)
計53名
看護師2名
介護福祉士5名
介護士5名
厨房2名
サービス
提供時間
営業時間
18
デイサービスセンター リハシップ あい 西出水(3単位)
デイ西出水
まーる
スタジオムーブ
(リハビリ活動重視 (個別ケア重視型 (運動重視型短時
型デイ)
寄り添いデイ)
間デイ)
1単位
1単位
1単位
2008年
2011年
2011年
(平成20年)
(平成23年)
(平成23年)
通所介護
通所介護
通所介護
45名
15名
15名
OT4名(訪問看護兼務)
看護師4名
介護福祉士9名
介護士4名
健康運動指導士1名
健康運動実践指導者1名
厨房3名
ST1名(筆者が兼務) 栄養士1名
月~土 8:30~16:30(内7時間5分)
9:10~11:20
(2時間10分)
月~土 8:30~17:30(訪問看護部門 8:00~17:00)
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
訪問介護ステーショ
ンリハシップあい
2005年
(平成17年)
訪問看護
看護師3名
OT3名(専従)
OT7名・PT1名
(デイ兼務、STは筆
者が兼務)
月~土
8:00~17:00
24時間待機
連絡・訪問体制
特集 社会貢献と起業
業して自分の力を試したい。地域にリハビリテーション
ハシップ あい」から採用して「シップ」と呼んでいる。
の受け皿を創りたい」と相談したが、何をバカなことを
紙幣形式である。
と一蹴された。しかし、熱意をもって妻を説得し続け、
活動には価値があるというコンセプトのもとに、ス
ついに起業の了承を得た。46 歳の決断だった。起業に
タッフ皆で「活動の価値」の「見える化」に取り組ん
あたっては、
起業の先駆者から貴重なアドバイスを得た。
だ。施設内通貨シップは、利用者さんの活動意欲を見事
具体的な道標があるのとないのでは、リスク回避や時間
に引き出した。「シップ制度」は、利用者さんが今一度
ロス回避などの点で雲泥の差があると考える。この時の
“ 所有の感覚=当たり前の感覚 ” を取り戻す仕組みでも
経験が、後述する「リハビリテーション起業・経営研究
ある。コーヒーやカラオケ利用、園外レク参加、畑使用
所(=セラピストの起業支援組織)
」の設立に深く関わっ
などは有料である。何事も “ ただ ” では、本気になれない。
活動に伴う施設内通貨制度は、利用者さんという社会
ている。
的集団における経済活動そのものであり、利用者さんの
起業と事業継続そのものが社会貢献
当社は有限会社であり「営利企業」である。営利企業
での起業は、利益抜きには語れない。
“ 社会的存在としての実感 ” を取り戻す仕組みでもある。
狭義の社会貢献と言える。
正当に上がった利益は、借入金返済、維持費、運転資
介護保険制度外旅行事業 愛たび倶楽部、マイたび倶楽部
金などに必要となる。逆に言うと一定以上の利益を上げ
当社では、利用者さんを対象に「介護士付き ゆった
ないと企業は倒産する。倒産は、大きな社会迷惑行為で
り旅 愛たび倶楽部」を運営している。作業療法士をチー
ある。
ムリーダーとし、8 名の愛たび倶楽部スタッフと旅行会
スタッフの生活保障、
税金納付での行政財政への貢献、
社のスタッフ 1 名で行っている。また、旅行ボランティ
銀行等への遅滞なき借入金返済、
業者などへの仕事発注、
アとして県内の作業療法学科の学生にも参加してもらっ
これだけでも立派な社会貢献である。しかし、これは作
ている。運営形態は、地元の旅行会社と受注型旅行契約
業療法士の起業者に限らず、どの起業者にも普遍的に関
を結び、共同で企画している。
愛たび倶楽部では、2 年半で計 6 回の日帰り旅行と 1
わってくる当たり前のことである。
以上を踏まえた上で、本論では、筆者の起業の「何が
回の一泊旅行を実施した。利用者さん、ご家族がからは
どのように」
「社会貢献」につながっているのか私見を
「旅行に行けて自信がついた」など、大変好評を博して
いる(写真2)
。
交えて論述する。
また、当社では、平成 24 年 4 月より「マイたび倶楽
通所介護事業と作業療法士
当社では、通所介護に作業療法士を配置している。通
部」の営業を開始した。当社契約社員の作業療法士が、
所介護には、作業療法士の配置義務はないが、加算形式
で報酬が請求できる。通所介護に作業療法士がいること
で、利用者さんにとって意味のある作業の「選択→適合
評価」
「導入→主体性の尊重」
「達成→エンパワーメント」
「行動変容→自立・自律」の好循環が期待できる。利用
者さんが「作業活動」によってエンパワーメントされ、
自立・自律へ向けた行動変容が促される。
施設内通貨「シップ制度」
:当たり前の感覚(社会性)
を取り戻す仕組み
当社デイサービスでは、心が動く仕掛けとして「施設
内通貨 シップ制度」
を導入している。通貨の単位は「リ
写真2 愛たび倶楽部 ~人吉ぶらり旅~
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
19
特集 社会貢献と起業
2 種免許を取得し「企業内起業」した。現在は、その社
動教室 ” を実施している。実施時間は、各公民館で異な
員の個人事業の形態をとっている。リフト付き車両を購
るが 1 時間から 2 時間の間である。内容は、健康運動
入し、
「通院支援」
、当社利用者を対象とした「個人向け
指導士による専門的な家庭でできる健康運動指導と、講
の旅」
「少人数の仲間で楽しむ旅」をコンセプトに頑張っ
話の 2 本立てである。
ている。現時点では、当社訪問リハ兼務のため、日・月
の週 2 日の営業である。
作業療法士が運営することで、旅行先の選定や下見に
際し、環境と利用者さんの身体能力との適合・評価が可
能であり、旅行実施時の安全性の確保ができる。また、
地元の旅行会社とのコラボ事業として、作業療法士養成
校学生の学びの場として、旅行先での経済寄与など、作
業療法士が関わる実践的な社会貢献事業となっている。
当社の介護保険制度外の試行的事業であるが、将来的
地域コミュニティカフェ ゆい
瀟洒な作りで落ち着いた雰囲気の中で、レコード音楽
を聴きながらコーヒーやフルーツジュースが飲める喫茶
店。利用者さんは、一枚 100 円のチケットを購入して
利用できる。地域の方は、
「トレードシステム=物々交換」
でチケットを購入できる。デイとは違った雰囲気の特別
な空間であり、仲間と語らう場、地域住民との交流の場
でもある。
には、蓄積したノウハウを核に地域社会に貢献できる独
リハビリテーション起業・経営研究所(リ経研)
:熱き
立事業としての展開を考えている。
7人の侍
当研究所では、リハビリテーション魂を持った起業家・
出水市介護予防地域支援事業の受託
当社では、運動重視型短時間デイサービス「スタジオ
ムーブ」を運営している。
その午後の時間帯を活用して出水市の地域支援事業を
2 教室 3 クール受託している。地域支援事業は、特定高
齢者を対象としているが、出水市では約 700 ~ 800 名
と推定され、その内の 60 名が当社の今年の対象となっ
ている。
3 ヶ月間の運動教室実施で、初めは見知らぬ人同士で
あったのが、会を追うごとに親密となり会話が弾み、教
室が終了する頃には、お互いの連絡先を交換したり、親
経営者を育成・支援する目的で、より実践的な初級・中
級・上級セミナーを開催してきた。受講者には “ 想い
(夢)
を言葉に 言葉を形に 形を仕組みに そして仕組みに
経済を! ” “ 道徳と経済の両立が重要 ” と呼びかけて
いる。起業時の道標たるべく “ 実践的起業支援 ” に主眼
を置き活動している。現在、当研究所で学び起業を果た
した方は 7 名を数える。
昨年には、リ経研各社所属のスタッフの研鑽の場とし
て「リ経研学会」を創設した。
まとめにかえて
睦会を開催するなど交流が活発になる。運動教室の効果
作業療法士の起業と社会貢献について、筆者の現在進
として、みるみる運動機能が向上し、畑作業が再び可能
行形の実践を提示した。起業には、リーダーシップ、マ
となった方もいる。
ネジメント力、マーケティング力などの総合力が必要で
ある。筆者は、作業療法士は「作業のプロ」であるがゆ
ワンコインで施設開放
上記の地域支援事業終了後の利用者の運動機会の一つ
として、また地域住民の運動機会としてワンコイン(1
回 500 円)で、午後 4 時から 5 時の 1 時間の「スタジ
オ ムーブ」施設地域住民開放事業を実施している。友
達同士で気軽に運動できると好評を博している。
地域公民館対象の無料出張介護予防健康運動教室
地域貢献と将来の利用者獲得の目的で、地域の公民館
で当社健康運動指導士による “ 無料出張介護予防健康運
20
えに、起業向きと考える。作業療法士の強みは、
「人と
作業を適正に組み合わせる」ことができることである。
これはマネジメント力に他ならない。
また、「その人にとって意味のある作業を設定できる」
ことは、マーケティング力に他ならない。そして、最後
に残ったリーダーシップは、「高い道徳性を有している、
使命(ミッション)を提示できる(=先見性)、とにか
く熱い=情熱がある」など人を魅了する人間力があるか
どうかである。
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
窓
女性会員のためのページ ⑦
産前産後休業と生理休暇
福利厚生委員長 長谷川
今回は女性に関係が深い、労働基準法によって定めら
れている「産前産後休業」と「生理休暇」について説明
利夫
児の場合は 2 人分支給されることになる。
出産手当金は、出産の日以前 42 日目(多胎妊娠の場
合は 98 日目)から、出産の日の翌日以後 56 日目まで
する。
労働基準法第 65 条第 1 項では、
「産前の就業制限」
の範囲内で勤務先を休んだ期間について支給されるもの
として、
「使用者は、6 週間(多胎妊娠の場合にあって
である。金額は 1 日につき、標準報酬日額の 3 分の 2
は、14 週間)以内に出産する予定の女性が休暇を請求
に相当する額となっている。ただし、休んだ期間にかか
した場合においては、その者を就業させてはならない」
る分として、出産手当金の額より多い報酬が支給される
とし、同条第 2 項では、
「使用者は、産後 8 週間を経過
場合は、出産手当金は支給されない。
しない女性を就業させてはならない。ただし産後 6 週
出産一時金、出産手当金ともに、それを受け取るため
間を経過した女性が請求した場合において、その者につ
には、保険者である全国健康保険協会の都道府県支部ま
いて医師が支障なしと認めた業務に就かせることは差支
たは健康保険組合への申請が必要である。この申請には、
えない」としている。これがいわゆる産休である。
被保険者である本人が記入する欄と医師が記入する欄、
ここで注意しなければならないのは、
産後については、
事業主が記入する欄があるので注意を要する。
産後 6 週間は無条件に就業させてはならないとされて
次に生理休暇について説明する。
いるのに対して、産前の休暇については、
「本人が請求
労働基準法第 68 条は、「生理日の就業が著しく困難
した場合」に限られていることである。つまり産前の休
な女性に対する措置」として「使用者は、生理日の就業
暇の取得には使用者への請求が必要である。なお、産後
が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を
の 6 週間は、たとえ本人が希望しても就業することは
生理日に就業させてはならない」と定めている。これは、
できない。
母性保護の一環として定められているものである。
また、産前産後休業中の賃金が有給か無給かについて
休暇の請求は、就業が著しく困難である事実に基づき
は、労使間で決められることになっているので、自身の
行われるものであることから、必ずしも暦日単位で行わ
職場がどうなっているかは各自確認されるとよいだろ
れなければならないものではなく、半日又は時間単位の
う。有給の場合でも、通常通りの賃金ではなくその何割
請求であっても、使用者はその範囲で休暇を与えなけれ
と決められていることもある。
ばならないとされている。また、生理休暇を取得した日
また上記労働基準法で定められたものとは別に、健康
または時間について有給か無給かについては労使間で決
保険の制度として、出産一時金、出産手当金というもの
められることになっているので、自身の職場がどうであ
がある。
るか確認が必要である。
出産一時金とは、健康保険の被保険者およびその被扶
以上、今回は、知っているようで実は正確にはあまり
養者が出産したときに、加入する保険者である全国健康
よく知らないと思われる「産前産後休業」と「生理休暇」
保険協会の都道府県支部または健康保険組合へ申請をす
について述べた。これらは、労働基準法によって定めら
ると 1 児につき 42 万円が支給されるというものである。
れたものであり、上手に活用していくとよいと思われる。
多胎児出産の場合は出産した胎児分支給さるので、双生
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
21
震災の現場から 震災の現場へ
福島県南相馬市の一人の作業療法士として
佐々木
私の故郷南相馬市
数時間後、利用者の帰宅時間となったが、津波で水没
南相馬市は、福島県の “ 浜通り地方 ” に属し、北東部
した地域があり、道路が通行止めになっているとの情報
で太平洋に面している。平成 18 年に3市町が合併し、
が入った。電話もつながらず家族と連絡が取れないなど、
現在は旧市町の区域ごとに「原町区」
「小高区」
「鹿島区」
周り全てが大混乱していた。利用者を心配した家族が迎
という地方自治区となっている。毎年 7 月には国の重
えにきたが、「自宅は津波でやられてしまった」「家族と
要無形民俗文化財に指定されている相馬野馬追が行わ
連絡がつかない」「避難所に行くが、車いすで入れるだ
れ、原町区の北泉海岸はサーフィンが盛んで、夏に全国
ろうか」などの問題が起こっていた。利用者や家族が集
大会などが開催されていた。そんな風光明媚な南相馬市
まる中、法人理事長や事務長は緊急に施設を開放し、そ
が、東日本大震災(以下、震災)の被害と東京電力福島
の後一時避難所としてできる限りの対応を行った。
第一原子力発電所(以下、原発)の事故により、3分の
様々な対応に追われる中、妊婦であった私は帰宅したが、
2の地域で避難を余儀なくされ、震災から 1 年 7 か月
その後は次々と信じがたい状況になり、結局国からの避難
が過ぎた今でも放射能の問題やインフラ整備が不十分な
指示を受け、避難生活をすることとなった(表 1)。
ため、復興が十分には進められていない地域となった。
表1.避難指示 (南相馬市に関連する部分のみ)
今回、南相馬市で被災した一人の作業療法士として、
者や外に出ようとする利用者に対応しながら、幾度とな
14:46 地震発生
平成 23 年 21:23 東京電力福島第一原子力発電所(第一
原発)の半径3㎞圏内の住民に避難指
3 月 11 日
示、半径 3㎞から 10㎞圏も屋内退避
5 :44 避 難指示を第一原発の半径 3㎞から
10㎞圏内に拡大
17:39 東京電力福島第二原子力発電所(第二
原発)の半径 10㎞圏内の住民に避難
3 月 12 日
指示
18:25 避 難指示を第一原発の半径 10㎞から
20㎞圏内に拡大
11:00 第一原発の半径 20㎞から 30㎞圏内の
3 月 15 日
住民に屋内退避を指示
第一原発の半径 20㎞から 30㎞圏内にも自主避
3 月 25 日
難を要請
第一原発から 20㎞圏外の一部の地域を「計画的
4 月 11 日
避難地域」に指定し、区域外避難を指示
第一原発の半径 20㎞圏内を「警戒区域」に指定、
4 月 22 日 20㎞圏外でも計画的避難区域と緊急時避難準備
区域に指定
9 月 30 日 緊急時避難準備区域解除
警戒区域および避難指示区域等の見直し(
「避難
平成 24 年
指示解除準備区域」
「居住制限区域」
「帰還困難
4 月 16 日
区域」
)
く起こる余震に耐えるしかなかった。そんな中、ある利
私の自宅のある小高区は原発から 20㎞圏内で警戒区
用者が
「先生も座って。
おなかに赤ちゃんいるんだから。」
域に指定され、勤務施設の地域は原発から 20㎞から
そう言われ私は “ はっ ” とした。その時私は妊娠 8 か月
30km 圏内で緊急時避難準備区域のため、震災翌日から
に入るところであった。利用者の心遣いが嬉しかった。
休業を余儀なくされた。私は、福島県内、茨城県、千葉
南相馬市の当時の状況と現在の様子、作業療法士として
の思いを述べたいと思う。
震災当日と避難生活
私は、南相馬市原町区にあるデイサービスで機能訓練
指導員として勤務していた。
平成 23 年 3 月 11 日 14 時 46 分、
集団体操、
レクリエー
ションを終え、トイレ誘導やテーブルへの席誘導をして
いた時であった。重低音の地響きとともに揺れ始め、次
第に立っているのも困難な状態になった。施設は部屋の
四方にガラス窓があるため、介護職員や私は利用者を部
屋の中央に誘導し、次に非常口の開放に向かった。数分
で揺れは落ち着き、利用者、職員全員が怪我もなく無事
であることが確認できた。しかし、安心したのもつかの
間、大きな余震が起こった。動揺し、悲鳴をあげる利用
22
美智子
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
震災の現場から 震災の現場へ
県と避難先を転々とし、千葉県で無事出産しその後宮城
いた。
県に移った。
職場は1か月後に事業を再開したが、緊急時避難準備
作業療法士としての思い
区域は子ども、妊婦や要介護者などは立ち入りが制限さ
現在南相馬市で頑張っている作業療法士がいる中で、
れたために戻ることができず、休職しそのまま産休育休
避難生活を続けている私自身、作業療法士として南相馬
に入った。
当初は育休後職場に復帰する予定であったが、
市の医療、福祉の復興に貢献できていないことを心から
自宅が現在も居住できない地域であったことや、夫の職
申し訳なく思っている。自宅へいつ帰れるか、子どもを
場の休業等もあり、退職となった。
連れて帰ってよいのか、除染が進み、人体への放射能の
影響も少ないとわかっていても幼い子どもを持つ親とし
南相馬市の今
て不安が消えることはないのも事実であるが、作業療法
震 災 当 時、 南 相 馬 市 の 人 口 は 71,561 人 で あ っ た。
士として地元の復興へ何らかの役に立ちたいという思い
963 人の方が亡くなり、津波などで 5,630 棟の住家が
は強く持っている。
全壊した。さらに原発事故の問題で、29,280 人が「避
「何らかのことをしたい」という思いは、今は故郷で
難指示」
「避難勧告」
「自主避難」など、避難生活となっ
は実施することができないので、子育てをしながら、ボ
た(表 2)
。平成 24 年 9 月現在、3 月 11 日以降の転入
ランティアセンターに登録し、老人福祉センターなどで
者及び他市町村からの避難者を含め 48,874 人が市内で
活動を行っている。震災当事者である一人の作業療法士
生活している。
(南相馬市役所発表及び福島県災害対策
として、また親としても、この間震災がなければ経験し
本部発表「平成 23 年東北地方太平洋沖地震による被害
得ないことを体験し、種々の思いを抱いた。多くの人に
状況即報(第 740 報)
」より)
助けていただいたことを感謝し、経験したことを活かし
また震災当時、市内に 16 名の作業療法士が 8 施設に
て、できることに少しずつでも取り組んでいきたいと思
勤務していたが、原発事故により、入院患者や福祉施設
う。
の入所者は避難のため転院を余儀なくされ、病院や施設
も休業や規模縮小となり、医療や福祉サービスが十分提
最後に
供できない状況になった。避難区域の見直しや解除がさ
今回の震災や原発事故の問題において、日本作業療法
れた今でも医師や看護師、医療専門職種が不足している
士協会や福島作業療法士会をはじめ、各都道府県の作業
状況が続いている。作業療法士も勤務施設の状況や作業
療法士会の皆様にご支援をいただきました。心より感謝
療法士自身が避難している場合もあり、現在は 9 名の
を申し上げます。ありがとうございました。
作業療法士が 6 施設に勤務しているにすぎない。
南相馬市が実施した「南相馬市復興に関する市民意向
調査」の回答結果(速報)によると、
「Ⅴ現在の日常生
活上の問題について」の問いに対し、
「放射線による人
体への影響に不安」を抱く回答が最も多いが、
次いで「体
表2.避難の状況
自宅居住
市内居住者
市内の仮設住宅
調面や健康面
(放射線以外)
「医療・福祉サービスに不安」
」
との回答が多かった。また、日常生活での改善に向けて
市外避難者
必要な施策として、
「放射線の詳細な情報や知識の周知」
が最も多いが、次いで「通院、入院など医療サービスの
市内の知人宅や借上げ住宅
その他
充実」
「高齢者福祉サービスの充実」が多く挙げられて
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
市外の知人宅や借上げ住宅
(うち福島県外)
34,845 人
5,110 人
5,387 人
18,783 人
11,535 人
死亡(震災以外の死亡含む)
1,851 人
転出
5,400 人
所在不明
185 人
23
作 業 療 法 の 実 践
地域移行支援への取り組み
しょ
ま
ち
所をすて地域へ出よう
㈱東京リハビリテーションサービス 芳野 緑
東京リハビリ訪問看護ステーション 弊社は東京都三鷹市に 2010 年 12 月に東京リハビリ
みません。来週も来てもよろしいですか?」と確認をと
訪問看護ステーションを開設した。私はこの訪問看護ス
り 2 回目の訪問へつなげた。2 回目はマッサージ中に
「ご
テーションの開設に携わりたくて大阪から上京した。
出身はどちら?」「ここに住んでどのぐらい?」とあり
きたりな質問を投げかけた。すると「もう少し先に行っ
野望は打ち崩された…
大阪市内では一日 7 件~ 8 件の訪問を回っていた。
東京でも回れるだろうとたかをくくっていたのだが大阪
の感覚で練馬区・杉並区・中野区・三鷹市・武蔵野市を
車で回ることは無謀であることにすぐ気づいた。移動
時間が読めないのだ。すぐに移動手段は車だけでなく、
自転車・バス・電車・徒歩と多様化した。そして一日 7
~ 8 件の野望はすぐに打ちのめされた。現在は療法士
が増員され私も一日に広範囲な移動をする必要なく訪問
できているが、多くの療法士がバイク・自転車で訪問し
ていることから都内の訪問では車移動はあまり向いてい
ないのかも知れない。
たら、可愛いお地蔵さんがいる」と話してくださった。
「今
度案内してください」とお願いして退室したが、次訪問
するといつものパジャマ姿からお出かけのおしゃれをし
て、玄関で待機してくださっていた。何かのときのため
に車椅子を持参するがその心配は無用だった。お地蔵さ
んに行き着くまでに「ここの畳屋は…」「ここの夫婦は
…」とご近所ネタを披露してくださる。どこまで本当か
はわからないが、イキイキとした表情で話してくださる。
女性のおしゃべり好きもいいものだ。自宅に戻って感想
をたずねると、「外に出ると気持ちいいわね。次は農協
へ久しぶりに行きたいわね。」と返ってきた。それから
訪問のたびに屋外歩行訓練と買い物動作と称し、農協へ
文化の違い?
通っている。出かけるとなると、きれいにお化粧もして、
東京にきて約2年となるが、よく「関西と関東では文
数ある帽子の中からお気に入りを選び被ってでかける。
化が違うから、大阪のやり方は通用しないでしょ?」と
店内では、杖もつかず左手に籠、右手に茄子をもって歩
質問を受ける。
確かに大阪と東京は何かと比較されるが、
いている。休日には娘様と歌舞伎鑑賞にも出かけている。
実際さまざまな利用者さんと接してきて見えてきたこと
このような経過で彼女はどんどん彼女らしさを取り戻し
は文化の違いはあれど、それぞれの利用者さんが療法士
てきている。もうすぐリハビリは卒業だ。
へ望まれることには文化より個人の差が大きいというこ
とだ。10 人いれば 10 人の対応が望まれる。そしてそ
れが楽しく、作業療法士をやってて良かったと思える。
ここで今私が関わっている 90 歳の女性を紹介したい。
利用者紹介
24
―――リレー連載(第 8 回)
まとめ
作業療法 5・5 計画も下期となる。所を捨て地域へ出
ようなんてずうずうしいことを書いたが、決して病院や
施設に作業療法士が要らないとは思っていない。
しかし、
病院や外来を経て地域に戻ってきても「訓練室では動け
依頼内容は「訪問看護師さんと同じように腹部マッ
ていたのに」といいいながら自分らしい生活ができずに
サージをして欲しい」
とのことだった。まず初回は本人・
さまよっている人達は多い。その人達へ「一緒にやって
家族が希望する腹部マッサージを念入りにしたのだが、
みましょう。」と手を差し伸べられるのも生活を見れる
お腹の不快感にしか意識が向かず眉間にシワを寄せ「あ、
作業療法士だからだと思う。利用者の生活の場で直接関
そこが痛いわね、ぼこぼこ言っている」と。受けている
わることは難しさもあるが、それ以上に魅力がある。そ
本人もやっている私も何も楽しくなかった。終盤便意を
の人が普段使う道具や空間が、そして何より役割がある。
催されトイレへいかれたが、
「すっきり出ない」と眉間
生活を見る作業療法士なら地域へ出て行くことをぜひお
にシワをよせて報告してくれる。
「ウンチがでなくてす
勧めする!
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
学会だより
第 47 回日本作業療法学会(大阪)
第 47 回日本作業療法学会(in 大阪)のご案内 (その4)
地域で働く作業療法士の仕事を一望する
特別企画部長 茂原 直子
作業療法士が街で働くことは職業として確立している
2 日目には、「手・作業療法の可能性」「発達・脳科学
のだろうか――長年抱いてきたこの疑問に答えるべく、
と作業療法」
というシンポジウムを企画しています。
「手
第 47 回日本作業療法学会(大阪)では、地域で働く作
と脳」は、鎌倉矩子先生が長年の研究の中で作業療法士
業療法士の仕事を一望できるようにすることを目標に、
の専門性として確立させようとしてこられた課題です。
プログラムの構成を検討してきました。地元の大阪府作
これらは、今まで以上に領域を越えて、また病院から地
業療法士会ではここ数年、法人化を検討し、府民に役立
域へと様々な分野で働く作業療法士の共通課題として取
つ作業療法とは何か、また府民に望まれる作業療法は何
り上げたいと考えています。手の評価や発達、治療の考
かを模索してきましたが、その間に行ってきた地域の相
え方から人間の身体のしくみ、生活や人生の評価へと発
談事業や公益事業の中では、子どもに対する作業療法や
展できること、脳と発達の知識が作業療法の基盤となっ
認知症に対する作業療法のニーズの高さを肌身で感じて
ていることを再確認できればと考えています。また、地
きたところです。人の生活と人生を支える作業療法が、
域では、出生から終末期までひとりの人生を見守ること
国民のこうした要望に応え、制度や経済のしくみを乗り
が求められます。「作業療法士が関わる就労支援」「がん
越えて認知されるためには、まず作業療法士自身がこの
とともに生きる人を支える作業療法」「難病・重症心身
職業の地域における具体的な役割や機能、その成長ぶり
障害者への作業療法の可能性」「認知症の人を支える作
を実感し、共有できていることが重要です。このような
業療法」
など、深刻な障害を受けた場合の支援や、また
「障
現場に即した検討の中から、実際に地域で求められる作
害予防と作業療法」の観点で、これから求められる健康
業療法の内容を整理し、学会の柱とすることに決めまし
を守る作業療法の可能性など、地域で働く作業療法士と
た。
して避けては通れない課題に向き合います。今だけでな
一つは、
「急性期から地域につなぐ作業療法」という
く、将来を見据えた作業療法を提供できる連携を作るこ
テーマです。今、地域では、病院から早期に退院し、重
とを目指します。「生涯発達」は、作業療法士共通のテ
い障害がありながらも在宅で生活することを求められる
ーマだと考えています。
方々が増えています。吸引の問題もこのような背景を基
精神科領域のシンポジウムを多くご用意しています。
に議論がすすみ、作業療法士が医療的ケアに貢献するこ
「うつ病の作業療法」「脳機能から見た精神障害」など、
とが求められています。急性期医療で求められる作業療
これからの精神科作業療法の方向性を模索しています。
法が、地域でも求められるということです。特別講演で
本来は、多領域の作業療法士同士で共有できるように設
は「医療と福祉の連携」という命題を軸にご講演いただ
定したかったのですが、会場やプログラムの構成上、分
き、NICU や ICU、認知症や精神科領域の急性期医療に
散してしまうことは少し残念に思っています。しかし、
携わる作業療法士からの報告を受けます。教育講演では
「こころとからだ」の健康を守る作業療法士は、その両
「当事者に学ぶ街づくり」というテーマで、24 時間ケア
面に携わることを確認したいと思います。これらのテー
を必要とする重い障害を持つ方々の地域での「障害者の
マで一般演題も募集していますので、ぜひ多数ご応募い
自立支援」について、制度の展望や作業療法士への期待
ただけるようにお願いいたします。
を寄せていただきます。
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
25
第 16 回 WFOT 大会 2014 だより
演題募集始まります!
みんなで成功させよう 第 16 回 WFOT 大会 2014
社会交流・接遇担当委員長 清水 順市
第 16 回 WFOT 大会 2014 実行委員長 山根 寛
12 月 1 日より演題募集が始まります。日本の作業療法士
現在、各士会の学術大会などに理事が手分けして今大会の
数は 64,856 名(2012 年現在)、この数はアメリカ合衆国
広報に出向いています。実行委員長は第 10 回沖縄県作業療
(109,083 名:2010 年)に次いで世界第 2 位、人口比でいえば、
法学会で、
「いちゃりばちょおでぇ(出会う人は皆兄弟)」元
アメリカ合衆国を超えています。世界大会には、毎回多くの
気をいただきました。沖縄の皆さんの暖かく熱い気持ちをの
日本の作業療法士が参加し、発表をしてきています。英語力
せた「まくとぅそーけー、なんくるないさ(挫けずに正しい
が心配に思われるでしょうが、今大会は日英のバイリンガル、
道を歩むべく努力すれば、いつか良い日が来る)
」の風。ア
同時通訳で行われます。毎年の国内学会と同じ気持ちで演題
ダンの茂みを越えて南から北へ、うちなんちゅーの「なんく
登録ができます。あなたの考えを他国の人たちに伝えたいと
るないさ風」に吹かれて、日本列島、明るく元気を取り戻し
思いませんか?世界の作業療法士は日本の作業療法に大変興
ましょう。
「あそびぬ ちゅらさ にんじゅぬ すなわい(み
味や関心をいだいています。またとないこのチャンスにチャ
んながいるから楽しいんだ!)
」
、みんなで集まって、日本
レンジしましょう。
を、 ア ジ ア を、
現在、ノーベル賞受賞作家の大江健三郎氏に特別講演をお
引き受けいただくなど、大会に向けていろいろな準備が進ん
世界を元気にし
ましょう。
でおり、開会式には、皇室からのご臨席も賜る予定です。ま
た、日本学術会議との共同開催が内定し、特別協賛として日
本理学療法士協会、日本言語聴覚士協会、日本看護協会、ま
WFOT大 会2014
た、厚生労働省、文部科学省、総務省、経済産業省などの各
トレードTシャ
省庁の後援をいただき、国を挙げて大会の成就に向けて歩み
ツを着て 盛り上
だしています。
がる沖縄県士会員の面々
(文責:清水、山根)
(文責:山根)
<会員の皆様へお願い>
バイリンガル通訳や開発途上国の参加支援費用のため「ラーメン 1 杯とコーヒー 1 杯で国際交流・国際貢献」
をキャッチフレーズに寄付を募っています。目標は 1 億円です。
寄付口座:
「郵便振替口座」口座番号(00110-1-585996)加入者名(第 16 回 WFOT 世界大会組織委員会)
沖縄作業療法学会のグッズ売り上げは後日計上します。
2012 年 9 月は、下記のご寄付をいただきました。
匿名希望(あいち精神科 OT さん)、小林伸太郎、桒村知治
(順不同敬称略)
26
2010 年 6 月から 2012 年 9 月までの合計
バッジ等販売計
振り込み等寄付計
2012 年 9 月末の総計
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
¥1,255,148
¥1,356,174
¥2,611,322
WFOT 個人会員入会手続きのご案内
第 16 回 WFOT 大会 2014 の日本開催に向け、海外の作業療法とのつながりもますます重要となるなか、今年もま
た WFOT 個人会員入会手続きの締切日が近づいてきました。
WFOT 個人会員(2013 年 1 月~ 12 月)への入会を希望される方は 11 月 30 日(金)までに申込書を協会事務局まで
郵送してください。申込書は協会ホームページ(各部・委員会活動の WFOT 等海外関連情報のページ)から印刷がで
きます。年会費 2,000 円は日本作業療法士協会の 2013 年度会費とともに請求をいたしますので、申込書のみお送り
ください。
また、現在個人会員で退会を希望される方も同日までに協会事務局へご連絡ください。期日までにご連絡いただき
ませんと会員継続となりますので、ご注意ください。
(事務局)
第 20 回海外技術協力セミナー・第 11 回国際交流セミナー
1.日 時:
2.場 所:
3.内 容:
4.日 程:
平成 25 年 1 月 26 日(土 )・27 日(日)
日本理学療法士協会
田町カンファレンスルーム
東京都港区芝浦 3-5-39 田町イーストウイング 6 階
20 年のまとめと今後への提言 + 記念式典
【 1 月 26 日
(土)】
【 1 月 27 日(日)】
8 :30 受付開始
9 :00 実践報告会 作業療法士、理学療法士
12:00 終了
13:00 受付開始
13:30 第 1 部
基調講演 1 地域包括的ケアにおける現代アジアの潮流
1)
「タイにおける高齢者ケア」
~ リハビリテーションセンターを機軸とした高齢
者ケアの展開~
講師;竹林 経冶 氏(厚生労働省)
2)
「CBR や CBID から学ぶ地域包括ケアへのヒント」
~インドネシア CBR 開発研修センターの事例から~
講師;Handojo Tjandrakusuma 博士
(元 CBRDTC 所長 インドネシア人 リハ科医師)
基調講演 2 国際協力の未来
3)
「地域包括ケアに BOP ビジネスやソーシャルビジ
ネス手法を生かす」
~ BOP ビジネスと青年海外協力隊との連携可能性~
講師:坂野 太一 氏
(三菱 UFJ リサーチ & コンサルティング株式会社)
4)事例報告
事例①「マレーシアでの訪問リハビリ」中村 健太
郎 氏 PT
事例②「ルワンダでの義肢補装具製作」ルダシング
ワ真美 氏 PO
報告者:小林 義文
(日本理学療法士協会国際部 部員)
17:00 第 2 部
17:00 20 周年記念式典パーティー
「20 年を振り返って」*記念誌配布とスライド提示
【受 講 費】両日参加 4,000 円(会員外 6,000 円)
一日参加 2,000 円(同 3,000 円)学生半額
【記念誌代】 1,000 円
開催 20 周年を迎え、記念誌を配布しますの
で記念誌代 1,000 円のお支払いをお願いしま
す。学生には無料配布します。
【記念レセプション参加費】
一 日 目 の 記 念 レ セ プ シ ョ ン 参 加 費 は 別 途
3,000 円程度の予定です。
【募集人数】 200 名
【申込方法】 ①氏名、②所属名、③勤務先または自宅住所、
④ PT・OT・学生その他、⑤ PT・OT 有資
格者は協会会員番号と経験年数、⑥海外で
の活動経験の有無、⑦レセプション参加の
可否を記載して 2013 年 1 月 9 日(水)までに
[email protected] へお申し込
み下さい。
*生涯教育制度の対象となりますので、生涯教育手帳を
お持ち下さい。
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
27
地域発!OT 活動のあれこれ
このコーナーの情報を募集してます
[email protected] までお寄せ下さい
暮らしの原点を知る
昭和村でのからむし栽培を体験して(鈴木由佳さん)
福島県の内陸部、会津地方の真ん中に位置し、奥会津と
大切なバックボーンとなっている。農村での暮らしだけが
いわれる人口 1,500 人の小さな村、福島県昭和村。高齢
本当の暮らしというわけではもちろんなく、都会での生活
化率が 50%と、全国でも上位となるこの村では、今から
も現代の生活の一つの形ではあるが、暮らすということの
600 年以上も前から「からむし栽培」が行われている。こ
より基本に近い形を知ることができたのは作業療法士とし
のからむしを原料にし布作りを生業とする文化が日々の生
て一つの大きな収穫だったという。また、私たち作業療法
活に根付いている。現在は国の重要有形民俗文化財とも
士が今対象としている高齢者の多くは、まさに “ 昭和 ” の
なっているこの伝統の継承と地域おこしを目的として、1
時代を生き抜いてこられた方々。作業療法を行う上で私た
年間村で体験生として暮らし、布の原料となる “ からむし ”
ちが大切にしている生活歴とは、現在の生活のみではなく、
栽培から糸作り・織りの作業を体験するプログラムがある。
その方が今までどのような社会生活を営んできたかという
作業療法士の鈴木由佳さんは、物作りと人々の暮らしが密
歴史的な側面でもある。生活することの原点を知ることは、
接に結び付いているこの地域での生活に強い関心を持ち、
生活様式の時間的変化を遡ることでもあり、対象者の営ん
平成 21 年 4 月、17 年間勤務した職場を離れ、昭和村で
できた歴史的背景を知ることにもつながる。また、現代の
のプログラムに 2 年連続で参加した。初めは作業療法士と
ように生活が便利でなかった時代においては、不便だから
しての仕事に活かすため、「自分が好きな物作りをしたい。
こそ、知恵を絞った工夫も生まれたのである。暮らしの師
お年寄りの生き生きとした暮らしを見られるのかなぁ」という
匠であるお年寄りの方々から折につけ教えてもらった料理
気持ちで応募したとのことだが、次第に作業の楽しさに魅了
のしかた、掃除のしかたの一つ一つに、暮らしの中で培わ
され、昭和村での生活が大好きになっていったと話す。
れた様々な工夫が見られ、作業療法の現場で生活支援の具
鈴木さんは、織物作りのみならず、村内のイベントや交
流の場に積極的に参加した。村では、「節(せつ)」に合わ
体的な方法として活かすヒントとなる、そんな貴重な体験
でもあった。
せて生活をする。その季節にやるべき仕事をし、その季節
今鈴木さんは、知識を伝えてくれた昭和村に対して、作
にできた作物を収穫し、食べる。元来は当たり前だったは
業療法士として関わることができないかと考えている。
「や
ずだが、現代では忘れられている自然のリズムだ。「それ
りたいことは漠然としていますが、からむしにおける作業
までも職業柄、自分たちが提供する『作業』とは何だろう
の分析とか、昭和村(一つの過疎の村ですが、昔からの技
ということは常に意識してきました。人が暮らすうえで、
術を伝えている村)において作業が果たしている役割、な
一つひとつの行為が活動であり、作業である。それには個
どでしょうか。以前
別性が大きいということを考え、それをより効果的に実行
はそこに私人として
できるように働きかけ、またそれを提供するための知識や
関わりましたが、作
技術の習得にも努めてきました。しかしそれは頭で考えた
業療法士に戻ったか
『作業』や
『生活』でした。
『生活を考える』
『一人ひとりに合っ
らこそ『作業療法士
た』と言いながら、知識や技術の一つとしてしか作業を捉
として関わる』立場
えていなかったように思います。村での生活を始めてから、
を今後考えていきた
手工芸、農作業などの体験や新しいことに取り組む楽しさ
いと思います」。
を実感し、自分自身が『作業をすることは楽しい』という
ことを忘れていたことに気がつきました」。環境と自分の
からむし織作業
都合をすり合わせながら、それでいて急ぐでもなく、その
季節にしかできないことを丁寧に行っていく。生きていく
ためにその時に必要なことをしていく。そのような作業の
原点が村の生活にはあり、作業療法士として「作業」と「生
活」を考える貴重な経験を、鈴木さんはからむし織を通じ
て得られたと言う。
2 年間の体験生としての生活を終え、鈴木さんは故郷で
ある宮城県塩釜市に戻り、今は老人保健施設に勤務してい
るが、昭和村での経験は高齢者に作業療法を提供する上で
28
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
作業風景 左から 2 番目が鈴木さん
9 月 25 日 は 作 業 療 法 の 日
都道府県作業療法士会における
普及・啓発活動の取り組み(2)
岩手県作業療法士会
愛知県作業療法士会
作業療法の普及・啓発の対象を明確にした事業を進めていきたい
愛知県作業療法士会の広報活動として、会員向けには広報部が、
と考えている。今年度の啓発対象を 3 つに分けると、①中高生、
一般向けには作業療法推進事業委員会がそれぞれ担当している。
②行政、③一般県民へ向けての活動を企画運営している。①は、
高校生向けの作業療法見学会、また県内の中学高校への出前講座
を企画している。②は、県内各市町村に対し、作業療法の紹介や
講座企画等の案内を送付し、また県の障がい者IT事業等に協業
する形で、意思伝達装置や障がい者ITの普及に働きかけている。
③は、県内で行われる福祉イベントへ参加し県作業療法士会ブー
会員のみなさんにはホームページと広報誌「しゃちほこタイムス」
を中心に情報発信している。一般向けへの取り組みとしては、現
在、「国際福祉健康産業展(ウェルフェア)」へのブース出展と高
校生施設見学会が 2 本柱となっている。「ウェルフェア」は毎年
5 月後半に来場者数 7 万人規模で開催される展示会で、今年度は
社会福祉法人日本介助犬協会にご協力いただき、作業療法活動の
一端を紹介した。高校生施設見学会は、学生さんが夏休みに入っ
スの設置、自助具や福祉用具等の紹介を行っている。また、今年
た 7 月末~ 8 月初旬にかけて、愛知県下の各施設の協力の下、作
度は、多職種向けの公開講座として、作業療法士を地域で広く活
業療法に関心を持つ高校生に “ 臨床現場 ” を体験していただいた。
用していただくための講習会等の企画を計画している。
兵庫県作業療法士会
一般社団法人を取得するにあたり、組織再編成で「広報啓発部」
福島県作業療法士会
①作業療法作品展:作業療法士が関わった作品の展示会を、ショッ
ピングモール内を会場に 10 月 12 ~ 14 日の3日間開催。公益的
な事業として年 1 回開催し今回は 15 回目。②ぽっかぽかタイム
ス:作業療法を多くの関係職種にお伝えするため関係機関に年 2
回、壁新聞タイプ (A3 判 4 枚 ) で無料配布。今年度は震災支援の
一環として改めて再編集したものを県内仮設住宅に無料配布予
作業療法
を起ち上げた。会員への広報ではなく、一般市民、行政、関連職
種団体への広報・啓発に特化した部署とした。今年度は、1)兵
庫県ふれあいの祭典・第9回兵庫県障害者スポーツ大会へのボラ
ンティア派遣、協会キャンペーン合同事業としてイオンモール神
戸北や地域ごとに催し物企画実施やパンフレット配布などの啓発
の日
活動を実施、神戸市認知症予防教室派遣事業、認知症家族会との
連携、大阪府士会(近畿連絡協議会)バリアフリー展への人員派遣、
定。③作業療法見学会:会員所属施設での見学受け入れを県内の
小学生職業体験への講師派遣など当事者・一般市民向けの活動、
高校に案内。進路指導の時期に合わせ夏休み中に実施。④らくら
2)介護支援専門員スキルアップ講座への講師派遣などの関連職
く外出マップ:いわき支部が年 1 回程度、車いすの方でも外出が
種との連携事業、3)人が集まる県士会事業において岩手県士会
しやすい公共的施設など現場取材の上、作業療法士の視点でバリ
と連携して、震災グッズ販売により義援金集めなど活動を行った。
アフリーの状況など紹介。A4 判 4 ページ。⑤たんぽぽ通信:相
双支部が年 1 ~ 3 回程度、同支部内の会員所属施設にフリーペー
今後も行政や当事者団体からの要請に応え、並行して一般市民向
けに OT の広報・啓発に臨んでいく。
パー (A4 判両面 1 枚 ) として設置。作業療法士の紹介や福祉用具
などの情報提供。震災後から未発行。
高知県作業療法士会
高知県作業療法士会では、平成 23 年度に中高生を対象とした作
業療法士の仕事を紹介する広報誌「[email protected]」を作成し、
千葉県作業療法士会
会員の所属施設や公的機関への配布を実施しました。
千葉県作業療法士会では 24 年度事業として、県士会のロゴマー
今年度は、より中高生の目に触れ、手に取ってもらえるように、
クの作製を行った。23 年 12 月~ 24 年 3 月までの期間で、会員
県下すべての中学校、高等学校への配布を行いました。また、士
限定でロゴマークの募集を行い、延べ 13 作品のデザインの応募
会が行っている広報イベント「やりゆうぞね作業療法 2012」の
があった。24 年 6 月の県士会定時総会時に代議員による投票で
案内を兼ねて、いくつかの高等学校を訪問し、イベントの案内と
決定した。県民へ向けての広報活動として、作業療法士を目指す
方への「働く現場見学」を今年度も 13 施設の協力のもと、通年
対応で行っている。また、理学療法士会・言語聴覚士会と連携し
て行っている三士会合同リハビリテーション公開講座の企画運
営、当日の作業療法紹介ブースを企画している。この他に、千葉
市で行われている千葉市健康づくり大会でのブース開催、東総ブ
広報誌やパンフレットの配布を行うとともに、進路指導担当者に
対し作業療法の説明等を行いました。
− [email protected] の内容紹介−
対象領域の紹介とその領域で働く作業療法士の紹介
作業療法士山丸さとし君のお仕事探訪「作業療法士信國君の一日」
お仕事 Q&A
KOCHI OT GIRLS 制服 COLLECTION2011
ロックと日本作業療法士協会・広報部がタイアップして、成田イ
利用者さんに直撃!作業療法インタビュー
オンでの作業療法キャンペーンが行われる予定である。
病院見学時のマナー豆知識 等
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
29
協会主催研修会案内 2012 年度
専門作業療法士取得研修
講座名
日 程
開催地
定 員
基礎Ⅱ
2013年 2 月 2 日~ 3 日
四條畷学園大学(大阪府)
40名
基礎Ⅲ
2012年12月 1 日~ 2 日
麻生リハビリテーション大学校
40名
特別支援教育
基礎Ⅰ-2
2013年 2 月 2 日~ 3 日
大阪医療福祉専門学校(大阪府)
40名
高次脳機能障害
基礎Ⅱ
2013年 1 月もしくは 2 月開催予定
東京にて開催予定
40名
精神科急性期
基礎Ⅰ
2012年12月 1 日~ 2 日
私学事業団総合運動場(東京都)
40名
手の外科
詳細は日本ハンドセラピィ学会のホームページをご覧ください。
嚥下障害
基礎Ⅰ
2013年 1 月26日~ 27日
私学事業団綜合運動場(東京都)
40名
認知症
応用
2013年 2 月16日~ 17日
日本作業療法士協会 10F研修室(東京都)
40名
福祉用具
※高次脳機能障害 基礎Ⅱは基礎Ⅰを受講した方のみが受講できます。
作業療法重点課題研修
講座名
日 程(予定も含む)
開催地(予定も含む)
定 員
内部障害に対する作業療法
研修会
2012年12月 1 日~ 2 日
福岡医健専門学校(福岡県)
50名
診療報酬・介護報酬情報に
関する作業療法研修会
2013年 2 月24日
日本作業療法士協会 10F研修室(東京都)
40名
発達障害領域・身体障害領域の IT 活用支援研修会
日 時:2012 年 12 月 15 日(土)~ 16 日(日)
15 日:9 時 30 分受付開始、17 時終了 16 日:9 時開始、15 時 30 分終了
場 所:首都大学東京(荒川キャンパス)
プログラム:15 日(発達障害領域・身体障害領域合同:大視聴覚教室)
①全体説明
② IT 活用支援の基礎
③ OT における IT 活用支援の基礎
④ IT 活用支援のプロセスとポイント
⑤制度の概要
:16 日(発達障害領域:182 教室)
(身体障害領域:183 教室)
⑥対象となる主な疾患の特徴について
⑦二次障害について
⑧対象に対する IT 活用支援の実際(事例・実習)
⑨全体質疑応答
参 加 費: 無 料
申込方法:下記の内容を記載してメールでお申し込み下さい。
件名:
「IT 活用支援研修会参加申し込み」
内容:①氏名、②職場、③対象分野(発達、難病、身体障害、高次脳機能障害など)、④日本作業療法
士協会会員番号、⑤経験年数、⑥パソコンメールアドレス(一人1アドレス)、⑦電話番号、⑧相談し
たいことなど
申込み先:takahashi @ koguma.ed.jp 高橋知義(こぐま福祉会こぐま学園)
締め切り:平成 24 年 12 月 8 日(土)
30
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
協会主催研修会案内 2012 年度
作業療法全国研修会
講座名
日 程(予定も含む)
第51回作業療法全国研修会
(岩手会場)
2012年11月24日~ 25日
開催地(予定も含む)
アイーナいわて県民情報交流センター(岩手県)
認定作業療法士取得研修 共通研修
講座名
日 程(予定も含む)
開催地(予定も含む)
定 員
管理運営⑤
2012年12月22日~ 23日
大 阪:大阪市 新大阪丸ビル
受付終了
教育法⑤
2012年12月 1 日~ 2 日
東 京:日本作業療法士協会 10F研修室
受付終了
生涯教育講座案内【都道府県作業療法士会】 2012 年度
現職者選択研修
講座名
日 程
主催県士会
会 場
参加費 定 員
詳細・問合先
* 老年期障害
2012年12月 1 日 北海道
北海道リハビリテーション大学校 伊丸岡知明
札幌医療リハビリ専門
4,000円 120名
学校
TEL. 011-272-3364 FAX. 011-272-3365
発達障害
2012年12月 2 日 栃木県
とちぎ健康の森 小会議
室
精神障害
2012年12月 2 日 宮崎県
宮崎リハビリテーション
4,000円
学院
40名
宮崎大学医学部附属病院 リハビリテー
ション部 中武潤 TEL. 0985-85-9849
老年期障害
2012年12月 2 日 愛媛県
伊予病院
40名
介護老人保健施設 合歓の木 岩森 太志
TEL. 089-953-6000 [email protected]
* 身体障害
2012年12月 2 日 山梨県
山梨県立青少年センター 4,000円 100名
* 身体障害
2012年12月 2 日 滋賀県
草津市まちづくりセンター 4,000円 100名 滋賀県作業療法士会ホームページ
* 老年期障害
2012年12月 2 日 鳥取県
明和会医療福祉センター
4,000円 100名 鳥取県作業療法士会ホームページ
渡辺病院
精神障害
2012年12月 9 日 千葉県
帝京平成大学幕張キャ
東京湾岸リハビリテーション病院 作業療法科
4,000円 100名
ンパス
戸田愛弓 TEL. 047-453-9000
老年期障害
2012年12月16日 福井県
福井赤十字病院
4,000円
60名 福井県作業療法士会ホームページ
発達障害
2012年12月16日 東京都
社会医学技術学院
4,000円
80名
* 発達障害
2013年 1 月20日 和歌山県 あいあいセンター
* 老年期障害
2013年 1 月27日 三重県
4,000円
4,000円
国際医療福祉リハビリテーションセンター
70名 なす療育園 梅原 幸子 TEL. 0287-20-5103
[email protected]
甲府城南病院 作業療法科 小林智典 TEL. 055-241-5811
東京都作業療法士会ホームページ
http://tokyo-ot.com
4,000円 100名 和歌山県作業療法士会ホームページ
ユマニテク医療福祉大
榊原温泉病院 打田奈津子
4,000円 100名
学校
TEL. 059-252-1111
* 身体障害領域 2013年 2 月 3 日 神奈川県 ウイリング横浜
4,000円
80名 神奈川県作業療法士会ウェブサイト
* 老年期障害
4,000円
80名 神奈川県作業療法士会ウェブサイト
2013年 2 月10日 神奈川県 ウイリング横浜
*は新規掲載分です。
詳細は、ホームページをご覧下さい。 協会主催研修会の問い合わせ先
一般社団法人 日本作業療法士協会 電話 03-5826-7871 FAX. 03-5826-7872 E-mail [email protected]
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
31
都道府県作業療法士会
連絡協議会報告
都道府県作業療法士会連絡協議会の果たすべき役割
北海道・東北支部 支部長 松木 信
今年度でリーダー養成研修もすべての支部で終了とな
交流と各士会の信頼関係の構築が必要であるとともに、
る。そのことを受けて、都道府県作業療法士会連絡協議
協会との強い連携も非常に重要であると思う。協会がど
会の役員会では、来年度からは何を行っていこうかと議
のような旗を掲げ日本社会の中で進もうとしているのか、
論になっている。リーダー養成研修では、各士会の幹部
特に最近は、地域の中での作業療法の展開が重要な柱に
及び若手が集まって、日本作業療法士協会(以下、協会)
位置付けられ、士会の公益的事業と絡めて展開されてい
が今後どのように舵を取って進んでいこうとしているの
く必要性を感じている。日本の医療福祉政策の中で、協
か、各士会がどのような組織を作って活動を行っている
会が幾度となく折衝を重ね勝ち取ってきた作業療法士の
のかということについて研修が行われた。各士会はそれ
役割と地位(報酬制度や職名の使用)について、行政の
ぞれ公益や一般社団の法人格を有し、社会的に認められ
中でもっともっと作業療法をアピールし、その事業に作
た団体として、社会的な役割を担うため事業を行おうと
業療法士を排出していくこと、そのための研修会を支部
している。一方で、毎年増え続ける会員に対してその組
レベルあるいは士会レベルで実践していくこと、一人ひ
織離れを起こさないように、また作業療法の質の低下を
とりの会員の隅々まで協会の方針が行き届くように、支
まねかないように、さまざまな研修会や勉強会そして学
部での交流を深め、支部あるいは士会の事業に、協会の
会などを開催している。
方針の具体化を組み込んでいくことが重要であると感じ
このような現状を踏まえて何を行っていくべきなのか
ている。
ということである。私は、もっともっと支部レベルでの
日本作業療法士連盟だより
作業療法は作業療法士が
守らなければならない
32
日本作業療法士連盟 副会長 広報部長 二神
雅一
最近の報道では、日本固有の領土が他国によって実効
であり、それは我々自身が進めなくてはならない。好き
支配されたり、主権を脅かされたりしているとある。中
とか嫌いとか、興味があるとかないとかでは済まされな
国と日本の間の尖閣諸島問題における中国側の領有権を
い問題である。作業療法士が日本でまだ少なく希少とさ
主張する方策の数々の例は国家戦略のほんの一部であ
れた時代では、自ら作業療法を守る必要性は少なかった。
り、中国に限らず他国でもさまざまな形で領有権戦略を
そのことから、自らの専門性をアピールする機会も少な
展開している。その意味でも諸外国では「自国の領土は
く、他職種の職能団体が職域を守り、獲得していくため
自分たちの力で守る主義」が浸透している。他方、日本
にさまざまなチャンネルを使って取り組んでいることに
人は平和ボケしているとも言われ、
「平和、平和」と叫
遅れをとっていることは否定できない。そのことに自覚
んでいたらどうにかなると思い込んでいるかのように、
さえできていないことも大問題だが、そこで特に若い人
米国の軍事力へ依存してしまっている状況もうかがえ
たちに声を大にして言いたい。一刻も早く平和ボケから
る。
脱しようではないか。君たちの未来を創造するのは君た
このような状況が作業療法士の世界でも起きているよ
ち自身だ。自らが政策への関わりを持ち、そして私たち
うに思えてならない。領土
(=作業療法)
を守り、
国民(=
の手でこの素晴らしい作業療法を守っていこう。そのた
作業療法士)が安心して暮らすには、明確な政策が必要
めに必要な連盟活動にぜひご参加いただきたい。
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
催物・企画案内
▶アプローチが変われば、人間関係が良くなる
~苦手な相手の心をつかむ!コミュニケーション法伝授~
日 時:2012. 11/24 ㈯ 13:30 ~ 16:30
会 場:沖縄県浦添市産業振興センター 結の街
受 講 料:5,000 円
講 師:甲木 有紀 ( エンパワーメントカウンセラー )
申込方法:氏名・メールアドレス・電話番号・勤務先をご記
入の上、メールにてお申し込みください。
[email protected]
問合せ先:080-3214-1089
■セミナー詳細はホームページをご覧下さい。
キャラクタースタイル研究所 HP
http://www.character-style.com/
tuttuttuttuttuttuttuttut
▶ MCA(The Model of Creative Ability)研修会 in 長崎
MCA とは、主に精神科分野を対象 に、対象者の状態を 評
価し適切な活動と必要な関わり、アプローチを具体的に提
示している理論です。
日 時:2012. 12/15 ㈯ 10:00 ~ 16 ㈰ 15:00
会 場:長崎リハビリテーション学院
参 加 費:5,000 円(学生 1,000 円)
講 師 名:Wendy Serwood 氏(London South Bank
University)※通訳対応
内 容:12 月 15 日 MCA 概論、事例検 討 12 月 16 日モ
デルケースによる実践
15 日は研修終了後懇親会を計画しています。
申込・問合せ:SIG 長崎 MoCA 勉 強会事務局 本村幸永
(長崎県精神医療センター 0957-53-3103
[email protected])
tuttuttuttuttuttuttuttut
▶◎合同会社 gene 主催セミナー
『リハスタッフのための薬剤の基礎知識~東京会場~』
日 時:2012. 12/23 ㈰ 10:00 ~ 16:00(受付 9:30 ~)
会 場:東京都中小企業振興公社 秋葉原庁舎 3 階第 1 会議室
東京都千代田区神田佐久間町 1-9
『誤嚥窒息時の対応~リスクマネジメントと緊急対処~静岡会場~』
日 時:2012. 12/24 ㈪・㈷ 10:00 ~ 16:00(受付 9:30 ~)
会 場:静岡県コンベンションアーツセンター
(グランシップ)10 階 1001-2
静岡県静岡市駿河区池田 79-4
■参加費:12,000 円(税込)※当日会場にてお支払い下さい。
■セミナー詳細・お申込は弊社 HP(www.gene-llc.jp)より
お願い致します。
■講習会 1 週間前よりキャンセル料(参加費全額)が発生致
しますのでご注意下さい。
問合せ先:合同会社 gene
名古屋市北区駒止町二丁目 52 番地
リベルテ黒川 1 階A号室
TEL. 052-911-2800 FAX. 052-911-2803
E メール [email protected] 担当:安藤
tuttuttuttuttuttuttuttut
▶平成 24 年度 How to lead セミナー
~自己成長と他者支援のためのコミュニケーション~
日 時:1 日目 2013. 1/12 ㈯ 14:30 ~ 17:00
内容「自己理解を深める!」SP トランプを用いて
2 日目 2013. 1/13 ㈰ 10:00 ~ 17:00
内容「目標設定の方法」、「モチベーション」
3 日目 2013. 3/3 ㈰ 10:00 ~ 17:00
内容「1 ヶ月間の成果の振り返りと自己成長」
「健康行動理論の紹介」、「EQ 理論と NLP」
会 場:東京衛生学園専門学校(予定)
受 講 料:12,000 円(全 3 回)
主 催:リハ・ネット
申込方法:件名に How to lead セミナー」と明記し、
1. 氏名(ふりがな)
2. 勤務先名、住所、TEL、メールアドレス
3. 職種 4. 経験年数(年目)
をメールでお申し込みください。
申 込 先:真栄城健(北中城若松病院)
E メール [email protected]
tuttuttuttuttuttuttuttut
▶ 2012 年度ボバース概念小児領域 8 週間講習会
日 時:2013. 1/15 ㈫~ 3/8 ㈮
内 容:ロンドンボバースセンターで開催されている 8 週
間基礎講習会に準ずる。
会 場:社会医療法人大道会 森之宮病院
〒 536-0025 大阪府大阪市城東区森之宮 2-1-88
受 講 費:315,000 円(消費税込、宿泊費・食費は含みません)
定 員:20 名(申し込み多数の場合は選考の上、決定いた
します)
受講対象者:小児経験年数 3 年以上の理学療法士、作業療法士、
言語聴覚士、医師
申込方法:申込用紙 .pdf をダウンロードし、必要事項をご記
入の上、事務局宛に郵送ください。
申込用紙 .pdf は日本ボバース研究会ホームページ
内(http://homepage2.nifty.com/bobath/)講習
会案内“脳性麻痺 8 週間基礎講習会”からもダウ
ンロードしていただけます。
<インターネットで申込書がダウンロード、印刷できない場合>
返信用封筒(80 円切手貼付)および CP 基礎コース希望と
書いたメモを同封の上、下記、事務局宛に受講申込用紙を
ご請求願います。申込書をお送りいたしますので届いた用
紙に必要事項をご記入の上、事務局宛に郵送ください。
※ E-mail での添付、FAX による申込は受付けておりませ
んのでご了承ください。
【申込用紙請求&送付先 事務局】
〒 536-0025 大阪府大阪市城東区森之宮 2-1-88
森之宮病院 講習会準備室内 宛(担当:福井)
TEL. 06-6962-6722
FAX. 06-6969-9667
申込締切:平成 24 年 5 月 31 日必着
tuttuttuttuttuttuttuttut
▶第 14 回 香川県作業療法学会
テ ー マ:
『生きる』を支える作業療法
日 時:2013. 1/20 ㈰ 9:00 ~ 15:30
会 場:綾歌総合文化会館 アイレックス
参 加 費:会員 1,000 円、非会員 2,000 円、学生・一般 無料
問合せ先:第 14 回香川県作業療法学会
事務局 三豊総合病院企業団
リハビリテーション科 渡辺 和美
〒 769-1695 観音寺市豊浜町姫浜 708
TEL. 0875-52-3366 / FAX. 0875-52-4936
tuttuttuttuttuttuttuttut
▶第 4 回九州ハンドセラピィ研究会 学術集会開催ご案内
日 時:2013. 2/2 ㈯ 9:00 ~ 17:30
会 場:マリトピア(佐賀県佐賀市新栄東 3-7-8)
参加資格:OT・PT・医師・学生
参 加 費:OT・PT:7000 円
(第 34 回九州手外科研究会参加費、
抄録代、弁当代込み)
医師・リハ学生:無料(抄録代、弁当代は別途)
参加方法:OT・PT:H.P での事前申込のみ(平成 24 年 11
月 1 日~平成 25 年 1 月 26 日)医師・リハ学生:
当日受付のみ
症例検討の演題募集:事前申込の際にご応募くだ
さい(平成 24 年 11 月 1 日~ 12 月 31 日)
※日本作業療法士協会会員は、生涯教育制度の基
礎ポイントが認定されます。
※日本ハンドセラピィ学会会員には、認定ハンド
セラピスト制度のポイントの申請をしておりま
す。
※詳細は、九州ハンドセラピィ研究会
H.P http://kyushuhand.com/
【学術集会事務局】
熊本機能病院 総合リハビリテーション部
作業療法士 佐伯匡司
TEL. 096-345-8111
FAX. 096-345-8188
E メール:[email protected]
tuttuttuttuttuttuttuttut
「催物 ・ 企画案内」の申込先 ➡ [email protected]
ただし、掲載の可、不可はご連絡致しません。また、原稿によっ
ては、割愛させていただく場合がございますのでご了承下さい。
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
33
協会発行物のご案内
INFORMATION BOOK
一般向け、中高生向けのパンフレットのご紹介
このたび2種類の協会パンフレットを「INFORMATION BOOK」の1・2として一新した。
ピクトグラム(以下「ピクト」
、視覚サインの一種)を多用し、文字だけではなく、視覚的な絵で表現することにより、
誰にでもわかりやすいパンフレットにした。大きすぎもせず、またバッグにも入る大きさということで、サイズを B5
判に変更。同じピクトを使用することで、統一感を持たせた。
INFORMATION BOOK 1
【タイトル】 作業療法 - こころとからだを元気に!自分らしく生きるためのリハビリテーション
【対 象】 一般
【意 図】 作業療法は、
「作業をすることで元気になれる」リハビリテーション。作業療法士が「その人らしく」生
活を送れるように、対象者の状態、環境を考えながら、作業療法をしていることをアピール
表紙 内容(抜粋)
IINFORMATION BOOK 2
【タイトル】 作 業療法士の資格と仕事
【対 象】 中・高校生
【意 図】 ページごとに、学校、勉強、資格、仕事とカテゴリー別に見開きで説明。また、先輩作業療法士からのア
ドバイスを掲載することにより、作業療法士が魅力ある、やりがいのある職業だということをアピール
表紙 内容
34
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
作業療法啓発ポスターのご案内
毎年作成している作業療法啓発ポスターの完成。昨年
と同様、通年で施設等に貼ってもらえるよう、また、昨
年のポスターと並べて貼ってもよいようにシリーズ化し
た。
昨年の「お箸を持つこと」に続き、身近な作業活動を
題材にし、わかりやすく作業療法を説明し作業療法(士)
を知ってもらおうというねらいである。今年は、
「時には、
一緒に日向ぼっこ…」と題し、作業療法の一環でよく行
う散歩を題材にした。作業療法士がいつも利用者(患者)
さんのことを思い、寄り添い、一緒に「これからの生活」
を考えて作業療法をしていることが伝わればと思う。こ
のポスターは、都道府県作業療法士会を通して配布され、
病院等に掲示される。
希望される場合は、事務局までお問い合わせ下さい。
2012 年度作業療法啓発ポスター
(送料負担)
作業療法フォーラム 2012 開催
毎年、一般の方を対象に作業療法フォーラムを開催しているが、今
年は、主な対象者をケアマネジャーにし、自立支援としての生活行為
向上マネジメント ―ひとは作業をすることで元気になれる― をテー
作業療法フォーラム 2012
介護支援専門員と作業療法士の連携を考える
自立支援としての生活行為向上マネジメント
マに開催する。ぜひお近くにいるケアマネジャーに声かけをお願いし
∼ひとは作業をすることで元気になれる∼
たい。
大阪会場 2013 年 2 月 9 日(土)毎日新聞ビルオーバールホール
時 間 14:00 ~ 16:30 (13:30 より受付) 無料
講 師 大阪会場 医師 野中 博氏 (東京都医師会長)
作業療法士 村井 千賀氏 (石川県立高松病院)
申し込み方法
【大阪会場】
開催日:2013 年 2 月 9 日(土)
参加費:無料(事前申し込み必要)
【 お申し込み方法 】
件名「OTフォーラム大阪会場 出席希望」
件名「OT フォーラム大阪会場出席希望」
氏名、職種、連絡先を記載して
氏名、職種、連絡先 を記載して
時 間:14:30 ∼ 16:00(開場 13:30)
会 場:毎日新聞ビルオーバルホール
講 師:東京都医師会 会長 野中 博 氏
石川県立高松病院 作業療法士 村井 千賀 氏
E-mail ot_forum_ [email protected]
までメールにてお申し込みください。
主催:一般社団法人 日本作業療法士協会
後援:厚生労働省、東京都、台東区、千代田区、大阪府、大阪市、社団法人大阪府医師会、
E-mail [email protected]
までメールにてお申し込み下さい
社団法人大阪市北区医師会、社会福祉法人東京都社会福祉協議会、
社会福祉法人千代田区社会福祉協議会、社会福祉法人台東区社会福祉協議会、
社会福祉法人大阪府社会福祉協議会、NPO法人東京都介護支援専門員研究協議会、
社団法人大阪府介護支援専門員協会、NPO法人埼玉県介護支援専門員協会、
NPO法人千葉県介護支援専門員協議会、滋賀県介護支援専門員連絡協議会、
一般社団法人兵庫県介護支援専門員協会、NPO法人和歌山県介護支援専門員協会、
(株)毎日新聞社(順不同)
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
35
協会配布資料一覧
協会発行パンフレット
資 料 名
パンフレット
略 称
一般向け協会パンフレット(INFORMATION BOOK 1)
パンフ一般
学生向け協会パンフレット(INFORMATION BOOK 2)
パンフ学生
作業療法
パンフ OT
「訪問リハビリテーション作業療法のご案内」
無料(送料負担)
※た だし、1 年につ
き 50 部を超える
場合は、有料。
24 年 度 分 養 成 校
への配布は、終了。
詳しくは、協会事
務局へ。
パンフ訪問
★「特別支援教育」における作業療法
パンフ特別支援
作業療法は呼吸器疾患患者さんの生活の質の向上を支援します
パンフ呼吸器
Opera15
オペラ 15
Opera16(新刊)
オペラ 16
広報 ビデオ
作業療法~生活の再建に向けて~
広報ビデオ再建
DVD
作業療法~生活の再建に向けて~
広報 DVD 再建
身体障害者に対する作業療法
広報 DVD 身体
精神障害に対する作業療法
広報 DVD 精神
協会広報誌
価 格
2,000 円
各 4,000 円
Asian Journal of Occupational Therapy(英文機関誌)Vol.1、2、3、4
AJOT1-1、2、3、4
作業療法が関わる医療保険・介護保険・障害福祉制度の手引き 2012
制度の手引き 2012
作業療法事例報告集 Vol.1 2007 Vol.2 2008 Vol.3 2009 Vol.4 2010 Vol.5 2011
事例集 1、2、3、4、5
作業療法関連用語解説集 改訂第 2 版 2011
用語解説集
認知症高齢者に対する作業療法の手引き ( 改訂版)
認知症手引き
認知症アセスメントシート Ver.3 認知症アセスメントマニュアル Ver.3
認知シート、認知アセス
各 500 円
1,000 円
各 1,000 円
1,000 円 1,000 円
各 100 円
機関誌「作業療法」バックナンバー 通巻 No. 5、6、8、9、11 〜 13、⑭、15、17、18、21 〜 24、㉕、27、28、30、㉛、
各 1,000 円
(○数字は学会論文集)
32 〜 34、㊱、37 〜 39、42 〜 46、48 〜 50、52、%6、54 〜 56
No. 29(白書) (白書のみ 2,000 円)
日本作業療法学会誌(CD-ROM) 40、41、42、43、44、45、46
各 2,730 円
作業療法白書 2010
白書 2010
2,000 円
作業療法マニュアルシリーズ
資 料 名
1 :脳卒中のセルフケア
5 :手の外科と作業療法
6 :障害者・高齢者の住まいの工夫
8 :発達障害児の姿勢指導
10:OT が知っておきたいリスク管
理(2 冊組)
11:精神障害者の生活を支える
12:障害児のための生活・学習具
13:アルコール依存症の作業療法
14:シーティングシステム
-座る姿勢を考える-
15:精神科リハビリテーション
関連評価法ガイド
16:片手でできる楽しみ
17:発達障害児の遊びと遊具
20:頭部外傷の作業療法
21:作業活動アラカルト
22:障害者の働く権利・働く楽しみ
23:福祉用具プランの実際
24:発達障害児の家族支援
25:身体障害の評価(2 冊組)
26:OT が選ぶ生活関連機器
27:発達障害児の評価
28:発達障害児のソーシャルスキル
29:在宅訪問の作業療法
30:高次神経障害の作業療法評価
31:精神障害:身体に働きかける作
業療法
略 称
マ 1 脳卒中
マ 5 手の外科
マ 6 住まい
マ 8 姿勢
マ 10 リスク
マ 11 精神・生活
マ 12 生活・学習具
マ 13 アルコール
マ 14 シーティング
マ 15 精神科評価
価 格
各 1,000 円
略 称
マ 33 ハンド
マ 34 研究法
マ 35 ヘルスプロモ
マ 36 脳血管
マ 37 マネジメント
マ 38 大腿骨
マ 39 認知
マ 40 特別支援
41:精神障害の急性期作業療法と退
マ 41 退院促進
院促進プログラム
42:訪問型作業療法 43:脳卒中急性期の作業療法
44:心大血管疾患の作業療法
45:呼吸器疾患の作業療法① 46:呼吸器疾患の作業療法② 47:がんの作業療法① 48:がんの作業療法② 49:通所型作業療法 50:入所型作業療法
51:精神科訪問型作業療法
マ 42 訪問
マ 43 脳急性期 マ 44 心大血管 マ 45 呼吸器①
マ 46 呼吸器②
マ 47 がん① マ 48 がん②
マ 49 通所
マ 50 入所型
マ 51 精神訪問
52:アルコール依存症者のための作
マ 52 アルコール依存
業療法
53:認知機能障害に対する自動車運
マ 53 自動車運転
転支援
申し込み方法
お問い合わせは協会事務局までお願いします。
申し込みは、協会ホームページに掲載されている FAX 注文用紙または、ハガキにてお申し込みください。
注文は、略称でかまいません。有料配布物は送料込みとなっております。無料配布パンフレットは、送料のみ負担となります。
有料配布物の場合は請求書・郵便振込通知票が同封されてきます。なるべく早くお近くの郵便局から振り込んでください。
不良品以外の返品は受け付けておりません。★印は、在庫僅少です。
36
価 格
32:ニューロングステイをつくらな
マ 32 ロングステイ
い作業療法のコツ
33:ハンドセラピー
34:作業療法研究法マニュアル
35:ヘルスプロモーション
2,000 円
36:脳血管障害に対する治療の実践
37:生活を支える作業療法のマネジ
メント 精神障害分野
38:大腿骨頚部/転子部骨折の作業
療法
39:認知症高齢者の作業療法の実際
40:特別支援教育の作業療法士
各 1,000 円
マ 16 片手
マ 17 遊びと遊具
マ 20 頭部外傷
マ 21 アラカルト
マ 22 権利・楽しみ
マ 23 福祉プラン
マ 24 発達家族
マ 25 身体評価
3,000 円
マ 26 生活関連機器
マ 27 発達評価
マ 28 ソーシャルスキル
各 1,000 円
マ 29 在宅訪問
マ 30 高次評価
マ 31 精神・身体
資 料 名
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
各 1,000 円
協会配布資料注文書
※資料名は略称で結構です。
無料配布資料
資料名
部数
資料名
部数
資料名
部数
※協会広報活動の参考にしますので、使用目的をお書き下さい
有料配布資料
資料名
部数
会員番号
氏 名
※当協会員の方は、登録されている住所に送付いたします。登録住所に変更がある場合は、変更届を提出して下さい。
非会員の方のみ会員番号欄に住所(〒を含む)
、電話番号を記載して下さい。
※都道府県士会の広報活動等で使用される場合は、士会事務局に送付している専用申し込み用紙にて送付して下さい。
その場合、枚数制限はございません。
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
37
あなたの力をお貸しください!
急募
作業療法士
脳神経外科・心臓血管外科・整形外科をそなえ、
福島県県南地区の中核病院として、集中的な
高度医療と救命救急医療を実施しております。
現在 PT 3 名、マッサージ 1 名、助手 1 名にて
アットホームな雰囲気でリハビリ業務に励んで
おります。効率的かつ効果的な運動療法・作
業療法が行える環境を整えたく、ぜひともあな
たの力をお待ちしております!
【応募方法】
随時受付
いつでも見学可能!
お気軽にお電話にて
お問い合わせください!
医療法人社団 恵周会
白河病院
〒961-0092 福島県白河市六反山 10 番地 1
TEL.0248-23-2700 FAX.0248-23-4609
担当:総務課 小木・菊地
作業療法士募集
◎募集人員
◎募集分野
◎応募資格
◎提出書類
若干名
急性期・身体障害等
養成機関卒業見込みの方および有資格者
履歴書(写真貼付)、卒業(見込)証明書、成績証明書、
健康診断書
※ 有資格者は、履歴書、健康診断書、免許証の写
◎選考方法 筆記、適性検査、面接および提出書類等の総合評価
〈英語辞書 ( 英和 ) をお持ちください。電子辞書は使用禁止〉
◎勤務条件
(給 与)当センター規定による
昇 給:年1回
賞 与:年2回(6月・12月、但し初年度は12月のみ)
諸手当:通勤手当 55,000 円まで支給
住宅手当 借家・借室の場合27,000円まで支給
退職金:当センター支給規定による(勤続 2 年以上)
(勤務時間)平 日:午前 8 時 30 分 ∼ 午後 5 時 00 分
土曜日:午前 8 時 30 分 ∼ 午後 12 時 30 分
(休日・休暇)①休 日:日曜・祝日・年末年始(6 日間)
創立記念日(6 月 29 日)
指定休日(原則として月 2 回土曜日休
日、8 月に限り月 2 回の土曜日休日に
加え、平日 1 回休日)
②有給休暇:年 20 日(残日数は翌年に繰り越し)
(福利厚生)①社会保険:1. 日本私立学校振興・共済事業団(私学
事業団)
(短期: 健康保険・長期:年金)
2. 雇用保険
3. 労働者災害補償保険
②そ の 他:私学事業団保養施設の低料金での利用/
1泊 4,500 円∼
帝京大学セミナーハウス(神奈川県箱根町)
【問合せ先】〒299-0111 千葉県市原市姉崎 3426-3
TEL. 0436-62-1211
帝京大学ちば総合医療センター・リハビリテーション部
(内線 3250)
作業療法教員募集 作 業 療 法 士 募 集
平成 24 年11月 墨田区にサテライト開設
琉球リハビリテーション学院では
“い・き・る”意思を引き出す専門家(作業療法士)を、
「い・き・る 支援職人」と呼んでいます。
沖縄の海と緑、そして「人間の温もり」の中で人生を面白くする
「い・き・る 支援職人(プロフェッショナル)」を育てましょう。
学院長 藤原 茂
■募集人数: 若干名(平成 25 年度 教員募集)
■応募資格: 作業療法士有資格者
■勤務時間: 8 :45 ∼ 17:45(昼間部)
14:00 ∼ 23:00(夜間部)
■休 日: 完全週休 2 日制(日・祝祭日、他週 1 日)
■待 遇: 当法人規定による(実務経験考慮)
各種社会保険完備、各種手当、通勤手当、
職員寮(単身用)入居可等
■応募方法: まずは電話にてお問い合わせください。
㈱三輪書店・㈱メディケア・リハビリ、2 社の持ち味を
活かした会社です。
これまでの実績と知識を活かし、利
用者様とご家族を含めた地域連携体制の一翼を担って
いきたいと考えます。
利用者本位、療法士の主体性と自
立性を大事にしています。
墨田区・江東区エリアにおい
て、より地域に根ざしたリハビリテーションサービスを
提供するために、
サテライトを開設いたしました。
【募集人員】 サテライト 2 名、
三鷹事業所 2 名 【雇用形態】 常勤、 非常勤
【業務内容】 訪問看護ステーションからの在宅訪問
リハビリ業務
【待 遇】 常 勤:月給 300,000 円 + 実績
非常勤:一件につき約 4,000 円
(サービス提供時間によって異なります)
【職 員 数】 Ns 6 名 OT 11 名 PT 20 名
ST 7 名 事務 4 名 総合職 1 名
【選 考】 面接・筆記試験
【応募方法】 弊社では、事前に事業概要および処遇に関
する説明を行い、ご理解していただいた上
で応募するか否かを決めていただいており
ます。
まずは、
お気軽にお電話ください。
東京リハビリ訪問看護ステーション
TEL.098-983-2130 FAX.098-983-2526
担当:事務部 渡部 [email protected]
38
三鷹事業所:東京都三鷹市下連雀 3-43-3 けやきビル 7 階
TEL. 0422‐70‐1217 FAX. 0422-70-1218
サテライト:東京都墨田区緑 4-29-5 錦糸町若林ビル 301 号
URL:http://www.tokyo-rehabili.co.jp
担 当:竹中・大田
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
募集
作業療法士
理学療法士
募集人数 訪問 1 ∼ 2 名
応募資格 有資格者
施設概要 病院、有床診療所、通所リハビリテー
ション、通所介護、ショートステイ、
訪問看護ステーション、訪問介護ス
テーション、居宅介護支援事務所、
広畑地域包括支援センター
勤務時間 8:30 ∼ 17:30
給 与 月給 23 万円∼
休 日 年間 115 日
応募方法 下記まで履歴書を郵送下さい。
☆施設見学も随時受け付けております。
☆
医療法人社団 石橋内科
広畑センチュリー病院
〒671-1116 兵庫県広畑区正門通 4 丁目 2-1
TEL. 079-230-4500 FAX. 079-230-4600
http://www.1484naika.jp
[email protected] 担当:総務 田中
作業療法士募集
スタッフ同士のコミュニケーションがとてもよく図られていて、
雰囲気がよいのが自慢です。お互い協力しながら、働きやす
い環境を自分たちで作っています。また、当院では、スタッフ
の積極性を大切にしており、現場から上がった声には耳を傾
け、それが実現できるようできる限りのサポートをしています。
募集職種:作業療法士 募集要件:経験者のみ
募集人数:若干名 雇用形態:常勤・パート
施設概要:
【診療科目】
内科・循環器科・消化器科・腎臓内科・
呼吸器科・外科・肛門外科・血管外科・脳神経外科・
神経内科・整形外科・リウマチ科・眼科・小児科・
泌尿器科・心療内科・皮膚科
【施設概要】病床数 131 床
(一般病床数 95 床、医療療養病床 36 床)
施設基準:運動器リハビリテーション(Ⅲ)
併設施設:訪問リハビリテーション
【職員数】機能訓練室:理学療法士 4 名(訪問
専属 2 名)
、リハビリ助手 2 名
給与・待遇:給与:220,000 円∼(経験考慮します)
※パートの場合は時給 1,500 円∼
賞与:年 2 回、昇給:年 1 回、健康保険、厚生年金、
交通費支給(上限20,000円)、退職金制度有り
(勤続3年以上)
勤務時間:8:30 ∼ 17:30
休日休暇:4 週 8 休制(シフトによる)
応募方法:事前に電話連絡のうえ、履歴書と資格証明書を
ご郵送下さい。
医療法人三和会
東鷲宮病院
〒340-0203 埼玉県久喜市桜田 3-9-3
JR 宇都宮線「東鷲宮駅」東口下車 徒歩 7 分
TEL. 0480-58-2461 FAX. 0480-58-2470
E-mail:[email protected]
担当者:事務部 亀井
作業療法士募集
1. 募集人員:常勤 1 名
2. 応募資格:有資格者又は平成 25 年 3 月に
免許を取得予定の方
3. 応募方法:電話連絡の上、履歴書を送付く
ださい。
4. 勤務条件:1日8時間(9:00∼18:00)
週 40 時間勤務、週休 2 日制
スーパーバイザーとして、
姫路獨協大学副学長医療保健学部教授
小西 紀一先生が定期的に来院されます。
5. 待 遇: 初任給 225,000 ∼(経験により
加算)
、賞与年2回、お盆・年末
年始休暇・有給休暇
6. 福利厚生: 医師国保(来年度より社会保険
加入予定)
・厚生年金・雇用保険・
労災
★詳しくは、ホームページを参照ください。
平谷こども発達クリニック
〒918-8205 福井県福井市北四ツ居2-1409
Tel. 0776-54-9600 Fax.0776-54-9610
www.hiratani-c.jp
作業療法士 募集
文京区、豊島区、新宿区、練馬区、台東区、中央
区の 6 行政区において、センター病院を中心
に老人保健施設・診療所・訪問看護ステーショ
ン・歯科のネットワークを持ち、急性期から
回復期、在宅まで一貫したリハビリを展開し、
地域の病院としての役割を担っています。
募集人数 若干名 応募資格 既卒 新卒
(急性期)
施設概要 病床数 療養64床、 一般
45床、 回復期27床、脳血管リハビ
リテーション(Ⅰ)
、運動器(Ⅰ)
、呼吸
器(Ⅰ)
、回復期(Ⅰ)
、がんリハ
職員人数 PT 14 名 OT 7 名 ST 3 名
勤務時間 9:00 ∼ 17:00
休 日 4 週 6 休(祝日、
土日交代勤務あり)
待 遇 当法人給与規定に準ずる
応募方法 電話連絡の上、履歴書をご郵送下さい。
東京保健生活協同組合
東京健生病院
〒112-0012 東京都文京区大塚 4‐3‐8
電話 0 3−3 9 4 4−6 1 1 1
URL http://www.thoken.or.jp/kensei-HP/
採用担当者 リハビリテーション科 古川まで
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月
39
編集後記
暑い暑いと言っていた夏がいつの間にか過ぎ、紅葉が里にもやってくる
季節となった。今宵は満月がきれいな夜である。
先日の精神障害の研修会に身体障害を中心に仕事をされている方が多く
参加された。参加者の最後の感想は「領域は違っても作業療法は一つだと
感じることができた。」というものであった。
作業療法士が様々な領域で求められるようになって来ている。「私は○○
の領域の OT だから、△△は判らない」とは決して言わない作業療法士にな
りたいものである。
香山
平成 24 年 10 月 1 日現在の作業療法士
有資格者数 64,856 名
会員数 45,686 名 (組織率 70.4%)
認定作業療法士数 658 名 専門作業療法士数 45 名
養成校数 175 校(188 課程) 入学定員 7,035 名
■協会ホームページアドレス http://www.jaot.or.jp
■ホームページのお問い合わせ先 E-mail [email protected]
■本誌に関するご意見、お問い合わせ先 E-mail [email protected]
日本作業療法士協会誌 第 8 号 (年 12 回発行)
2012 年 11 月 15 日発行
定価 500 円
□機関誌編集委員会
委員長:荻原 喜茂
委 員:香山 明美、土井 勝幸、谷 隆博、北山 順崇、岡本 宏二
制作スタッフ:宮井 恵次、大胡 陽子
□求人広告:1/4 頁1万 3 千円(賛助会員は割引あり)
発行所 〒 111-0042 東京都台東区寿 1-5-9 盛光伸光ビル
一般社団法人 日本作業療法士協会(TEL.03-5826-7871 FAX.03-5826-7872)
表紙デザイン 渡辺美知子デザイン室 / 制作 小倉製版株式会社 / 印刷 株式会社サンワ
40
日本作業療法士協会誌 No.8 2012 年 11 月