(平成28年8月10日新着) [PDFファイル/247KB]

福島再生賃貸住宅整備工事 質問及び回答
番号
資料の種類
(平成28年8月10日新着)
ページ
質問内容
回答内容
(構造)
1
基礎リスト
S-14
基礎リストFAに於いて、配筋が明確ではありません。
RC柱型からの片持ち梁としての配筋と
上端筋・下端筋・STPによる梁形状の配筋と考えて
考えて下さい。
宜しいでしょうか。
2
基礎リスト
S-14
上記質疑に関連し、下記の考えで宜しいでしょうか。 ①②共、ご質問のとおりです。
①上端筋・下端筋は折り曲げの上L1ラップを確保
②点線の配筋は腹筋状にD13
3
4
5
基礎リスト
基礎リスト
基礎リスト
S-14
S-14
S-14
基礎リストFBに於いて、図面通り上端筋は無しと
1本杭がRC柱型内へ納まっているので、
考えて宜しいでしょうか。
上端配筋はありません。
立上り壁配筋図に於いて、W22と書込がありますが
W22書き込みが誤記です。
図面通り壁厚は300と考えて宜しいでしょうか。
W30です。
立上り壁配筋図に於いて、巾止筋は[email protected]と
ご質問のとおりです。
考えて宜しいでしょうか。
6
部材リスト
S-15
デッキプレートの端部処理は、エンドクローズタイプと考えて
ご質問のとおりです。
宜しいでしょうか。
7
部分詳細図(4)
A-71
引込開閉器基礎の既存取合い面は、目荒しのみと
目荒し程度とお考えください。
考えて宜しいでしょうか。
8
9
構造設計特記仕様書
基礎伏図
S-01
S-09
押さえコンクリートの仕様が不明です。
デッキコンクリートの強度は図S-15のとおりです。
Fc=18N・S=15cmと考えて宜しいでしょうか。
スランプは15cmとします。
EVピットFS1廻りに於いて、止水板(塩ビ程度)が
ご質問のとおりです。
必要と考えて宜しいでしょうか。
10
建築・設備工事特記仕様書
A-04
建設発生土の処理について、
浪江町内の棚塩地区になります。
『構外指示の場所 たい積』とありますが、
場所・距離が不明です。御指示下さい。
11
杭残土(汚泥)の処分先が不明です。
㈱モンマ(南相馬市)を想定しています。
御指示下さい。
12
床伏図
S-09~11
地上鉄骨部には梁貫通補強が示されていますが、
貫通部分はあります。電気設備図をご確認
基礎梁にはありません。基礎梁には貫通が無い
ください。
と判断して宜しいでしょうか。御指示下さい。
13
構造設計特記仕様書
S-01
鉄骨の防錆塗装について、JIS K5625の後に
ご質問のとおりです。
■印がありますが、材料が記されていません。
JIS K5674と考えて宜しいでしょうか。
14
伏図・リスト
S-02・08・14 杭頭補強はNCPアンカーですので、
鉄筋コンクリート構造配筋標準図にある補強は
該当外と考えて宜しいでしょうか。
又、杭頭部のコンクリート充填は基礎下端まで
と考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
標準図は該当外です。
コンクリート充填は基礎下端までです。
15
構造設計特記仕様書
S-01
地業工事に試験杭 有とありますが、
ご質問のとおりです。
本数が不明です。1・2号棟それぞれ1本と
考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
(外部)
16
外構詳細図(5)
G-06
外構詳細図(5)に別途工事と記載が
別途工事です。
ありませんが、外構工事のため別途工事と
考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
17
建築改修工事特記仕様書(1)
A-13
屋上・バルコニー・庇等の防水改修の下地処理について
仕上表(住戸改修部分)
A-22
金抜設計書より、下記の様に考えて宜しいでしょうか。
ご質問のとおりです。
金抜設計書-0065・下地処理 ケレン・清掃
・下地調整 ポリマ-セメントペースト補修
18
建築改修工事特記仕様書(1)
A-13
外壁・上裏等の外壁改修の下地処理について金抜設計 ご質問のとおりです。
仕上表(住戸改修部分)
A-22
より、下記の様に考えて宜しいでしょうか。
金抜設計書-0066・下地処理 高圧水洗浄12~15MPa
・下地調整 塗替え面作業工程RB種
19
屋根伏図【現況・改修後】
A-28
RF屋上防水の押えコンクリート面の伸縮目地コーキングに
ご質問のとおりです。
ついて、MS-2 W30×D20程度と考えて宜しい
でしょうか。
20
矩計図(2)【改修後】
A-34
RF屋上の立上りの改修方法について、既存立上
ご質問のとおりです。
保護モルタル面に下地処理と下地調整の後シート防水貼を
見込むと考えて宜しいでしょうか。
21
22
屋根伏図【現況・改修後】
2階平面図【改修後】
A-28
A-25
RF屋上の点検マンホールの新設について、ステンレスSUS304
図A-71の「屋上マンホール詳細図」をご参照
t1.2φ600程度で考えて宜しいでしょうか。
ください。
東側2F屋上の防水改修について、改修用詳細が
ご質問のとおりです。
見あたりません、床・立上・笠木まで塗膜防水改修
で考えて宜しいでしょうか。
23
2階平面図【改修後】
A-25
東側2F屋上の雨水排水改修について、図面上
ご質問のとおりです。
見あたりません、下記の様に考えて宜しい
でしょうか。
①ドレイン φ75用横引きを1か所
②竪樋 カラーVU管φ75
24
仕上表(住戸改修部分)
A-22
バルコニーの排水溝の改修について、下地調整+ウレタン塗膜 ご質問のとおりです。
防水X-2で考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
25
仕上表(住戸改修部分)
A-22
バルコニーの隔板の避難表示について、表示ステッカーを
ご質問のとおりです。
両面張りで考えて宜しいでしょうか。御指示下さい。
26
バルコニーの竪樋改修の仕様について、下記の様に
改修後南立面図を正としてください。
なっております。改修後南立面図を正と
考えて宜しいでしょうか。
27
立面図(2)【改修後】
A-30
・改修後南立面図 : φ75 (正)
矩計図(3)【改修後】
A-35
・改修後矩計図3 : φ65
立面図(2)【改修後】
A-30
前記質疑が正の場合、南立面図のタテ樋VU管φ75に
矩計図(3)【改修後】
A-35
ついて、増築棟と同様のカラーVU管φ75で考えて宜しい
ご質問のとおりです。
でしょうか。
28
外廊下床の表面強化材の下地について、
矩計図(2)【改修後】
A-34
矩計図(2)ではモルタル金コテ下地、矩計図(3)では
矩計図(3)【改修後】
A-35
コンクリート金コテ下地と喰い違います。
コンクリート金コテ下地を正と考えて宜しいでしょうか。
モルタル金ゴテ下地とします。
29
矩計図(2)【改修後】
A-34
外廊下の巾木は、下地処理+ウレタン
ご質問のとおりです。
塗膜防水X-2でH100程度で考えて宜しいでしょうか。
30
外壁既存RC庇の改修について、下記の様になって
下地調整の上塗膜防水X-2を正としてくだ
おります。下地調整の上塗膜防水X-2を正と
さい。
考えて宜しいでしょうか。
31
仕上表(住戸改修部分)
A-22
・外部仕上表 : 下地調整の上塗膜防水X-2 (正)
矩計図(3)【改修後】
A-35
・改修後矩計図3 : 防水形複層仕上塗材
仕上表(住戸改修部分)
A-22
上記質疑が正の場合、外壁既存RC庇の見付の改修に 見付部分は、防水形複層仕上塗材として
ついて、天端と同様に下地調整の上塗膜防水X-2と
ください。
考えて宜しいでしょうか。
32
外構詳細図(4)
G-05
非常用スロープの仕上について、下記の様に考えて
ご質問のとおりです。
宜しいでしょうか。御指示下さい。
①基礎立上 : RC補修仕上
②スラブ上裏 : RC補修仕上
③スラブ見付 : RC補修仕上
33
矩計図(1)【現況】
A-33
改修竪樋の範囲について、建築工事範囲はGLまでと
ご質問のとおりです。
考えて宜しいでしょうか。
34
ELV昇降路平面詳細図(1)
A-65
ELV三方枠(大枠)の仕様はスチール製 t2.0
ご質問のとおりです。
焼付塗装 枠見込450程度と考えて
宜しいでしょうか。
(内部)
35
下記項目について、メーカー・品番・程度の指定が
建築工事特記仕様書(7
A-11
あれば御指示下さい。
仕上表(住戸改修部分)
A-22
・ビニル床シート
メーカー等の指定は特にありません。
・ビニルクロス
・キッチン、コンロ台、水切棚、吊戸棚
・下足箱
・ユニットバス
36
仕上表(住戸改修部分)
A-22
住戸展開図(1)他
A-43他
仕上表(住戸改修部分)において、既製巾木
MDF幅木とします。
H=60、H=100は、展開図等より全てビニル巾木と
考えて宜しいでしょうか。
37
仕上表(住戸改修部分)において車いす対応住戸は
仕上表(住戸改修部分)
A-22
ご質問のとおりです。
巾木 H=300とありますが、巾木の仕様が不明です。
ワイド巾木と考えて宜しいでしょうか。
38
畳下の防湿シート等の計上は不要と考えて
仕上表(住戸改修部分)
A-22
39
宜しいでしょうか。
ポンプ室の改修工事範囲については、
建具キープラン
A-52
40
計上してください。
ご質問のとおりです。
SD3のみの改修と考えて宜しいでしょうか。
高齢者対応住宅のホール部の物入には、建築図の
片開きフラッシュ戸を計上してください。
住戸平面詳細図(3)
A-41
平面詳細図ではWDはありませんが、内装パネル工事の (仕様はWD-5に同じ)
部材伏図(2)
N-03
平面詳細図ではWDがあります。
建築図の平面詳細図の通りこの物入にWDは不要と
考えて宜しいでしょうか。
必要な場合は仕様を御指示下さい。
41
42
住戸平面詳細図(2)
A-40
平面詳細図、矩計図において、戸境RC壁、
便所・居室はW=450、押入・玄関・UB・物入は
住戸平面詳細図(3)
A-41
スラブ面に現場発泡ウレタン吹付の折返しの
W=900の折返しとします。
矩計図(2)
A-34
図示がありますが、折返し巾はW=500と考えて
矩計図(3)
A-35
宜しいでしょうか。
住戸平面詳細図(2)
A-40
前記質疑に関しまして、壁、天井の折返し部に
住戸平面詳細図(3)
A-41
ついても現場発泡ウレタン吹付の厚さは
矩計図(2)
A-34
t=40と考えて宜しいでしょうか。
矩計図(3)
A-35
43
壁、天井の折返し部はt=25とします。
矩計図において、スラブ下に現場発泡ウレタン
範囲はご質問のとおりです。梁面の立下げ
は450㎜とします。(両面)
矩計図(2)
A-34
吹付の図示がありますが、範囲が不明です。
矩計図(3)
A-35
住戸部スラブ下、玄関前外廊下のEXP.Jまでの
範囲とし、梁面の立下げ等は不要と考えて
宜しいでしょうか。
44
特記仕様書(7)のユニット及びその他工事に
建築工事特記仕様書(7)
A-11
不要です。
おいて、カーテンボックス 木製が適用となって
おりますが、設置範囲が不明です。
不要と考えて宜しいでしょうか。
45
EVピットにおいて、塗膜防水仕上面と記載されて
床、壁四面共、ケイ酸質系塗布防水とし
ます。
ELV昇降路平面詳細図(1)
A-65
おりますが、仕様・範囲が不明です。
ELV昇降路断面詳細図
A-67
仕様についてはウレタン系 X-2塗膜防水とし、
範囲は床、壁四面と考えて宜しいでしょうか。
46
住戸平面詳細図(2)
A-40
住戸内、共用部のPS内仕上が不明です。
住戸平面詳細図(3)
A-41
床:既存コンクリート面不陸調整・清掃、
ご質問のとおりです。
壁:素地、天井:直天と考えて宜しいでしょうか。
(建具)
47
WD-12ガラス欄に記載がありますが、
木製建具リスト
A-59
額入りとします。
姿図に額部分はありません。WD11と同じように
額入りと考えて宜しいでしょうか。
48
金属製建具リスト
YKK AP 縦面格子(LAタイプ)程度です。
SD及びPS扉は焼付仕上塗装ですが、枠は
ご質問のとおりです。
A-55
49
金属製建具リスト
面格子の仕様が不明です。御指示下さい。
A-55
SOP塗と考えて宜しいでしょうか。