close

Enter

Log in using OpenID

メキシコ人 - Biglobe

embedDownload
感想文メモ
芳川敏博
「メキシコ人」”The Mexican”(1911)
* テーマは、「貧困と革命」である。
* 主人公のリヴェラは18歳のボクシングは素人の少年で、相手のダニー・ウオードは2
4歳の大人でボクシングはプロである。その上、レフリーや自分のセコンド陣も含めて、
すべて敵の悪条件の中での戦いであった。
* 不利な条件のリヴェラがダニー・ウオードをノックアウトできたのでは、①貧困を解消
するために革命に対して何かしたいという強い信念、②相手の油断をつく冷静さ、であ
ったと思う。その上、ボクシングの練習相手をしながらボクシングのテクニックを身に
つけ、食べ物にありつけ体力をつけていった。
* 「貧困を解消するために革命に対して何かしたいという強い信念」の描写
リヴェラはひざまずいて床を洗っていたが、ブラシをぶら下げ、むき出しの腕に石けん
だらけの汚れた水をまだらにつけながら、目を上げた。
「五000ドルでいけますか?」
と彼は訊いた。一同は、驚いた顔つきをした。ヴェイラはうなずき、固唾をのんだ。言
葉にはならなかったものの、彼はすぐさま大きな信念を体で感じていた。「銃を注文し
てください」と、リヴェラは言った。さらに、みんながこれまで聞いたこともなかった、
もっとも長い言葉を思わず口にしてしまった。「時間はそんなにありません。三週間し
たら、僕がその五000ドルを持ってきましょう。大丈夫です。天候だって、戦う者の
ために暖かくなってくれるでしょう。それに、これが僕にできる最善のことなんです」
117ページ
ダニー・ウオードが戦うのは、金のためであり、その金がもたらす安楽な生活のためで
あった。ところが、リヴェラが戦いの目的とするものは、彼の頭脳の中で燃えていた。
それは焼けつくような恐ろしい幻影であり、大きく見開かれた目で、ただ一人リングの
コーナーにすわって油断のならない相手を待ちながら、実際の体験と変わらないほどは
っきりと、そうした幻影を見たのだった。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
六千人の飢えた血の気のない労働者と、七、八歳の小さな子供たちとを見た。彼らは、
一日10セントで長い交代時間をあくせくと働いているのだった。・・・・・・・・・
飢えのあまり、木の実や根や草の葉を求めて丘陵地帯へ遠征隊を送るのだが、みんなは
そうしたものを食べたがために、胃をねじるほど痛めたのだった。・・・・・・・・・
湾の鮫のえさとなる殺害された者たちの死体が、山積みされていたのだ。再び彼がその
ぞっとする死体の山の上をはい、捜して見つけたのが、裸にされ、めった切りにされた
自分の父親と母親であった。
132ページ∼134ページ
* 「相手の油断をつく冷静さ」の描写
リヴェラのやり方は違っていた。スペイン人ばかりかインディアンの血も流れており、
隅っこに黙って不動の状態でどっかとすわっていた。そしてその黒い目だけを顔から顔
へと移し、すべてを見届けるのだった。
124ページ
そのメキシコ少年は、自分のコーナーにすわって待った。何分かが、のろのろと過ぎて
いった。ダニーは、彼を待たせていたのだ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リヴェラは、まるで怒らなかった。彼は、精巧な体の調整具合といい、神経の細やかさ
や張り具合といい、そうした新入りのボクサーの誰よりも優っており、そういうおく病
なところがなかったのだ。
130ページ
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
6 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content