close

Enter

Log in using OpenID

「医療事故調査制度 の発展に向けて」

embedDownload
2016年 2月 21日
(日)
開 催!
!
JANAMEF セミナー
日本と欧米の医療と法を比較検討:
「医療事故調査制度の発展に向けて」
システムアプローチによる医療安全
平成 27 年 10 月から施行された新しい医療事故調査制度を円滑にかつ積極的に運用
する方策、及び医療事故情報収集等事業を含めて医療安全を発展させる方策を提言
致しますので、是非ご参加下さい。
1. 再発防止と説明責任の進展 ̶ 刑事手続の限定に向けて
2. 新制度の中立公正な個別的事故調査方法
̶ 死亡調査分析モデル事業及び産科医療補償制度の成果に学ぶ
3. 包括的エラー報告予防制度 ̶ 医療事故情報収集等事業の拡充及び医学看護教育の充実化
4. システムの欠陥分析&機能不全分析 ̶ 医療事故とエラーの調査方法及び再発防止策
日 時
2016 年 2 月 21 日(日) 14:30 ∼ 18:00 終了後、懇親会を予定しております
会 場
スクワール麹町 http://www.square.or.jp
東京都千代田区麹町 6-6(JR 四ツ谷駅麹町出口前 徒歩 30 秒)
TEL 03-3234-8739
講 師
髙本眞一
(当財団理事,三井記念病院 院長,日本医療安全調査機構 前運営委員)
後 信
(九州大学病院医療安全管理部 教授・部長,日本医療機能評価機構 執行理事)
長尾能雅
(名古屋大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部 教授,
日本医療機能評価機構 医療事故情報収集等事業 総合評価部会委員)
上野正文
(東海大学医学部付属八王子病院 看護部 医療安全管理者)
遠藤直哉
(当財団理事,弁護士法人フェアネス法律事務所 代表弁護士,
日本医療機能評価機構 医療事故情報収集等事業 総合評価部会委員)
中村智広(弁護士法人フェアネス法律事務所 弁護士)
鈴木孝昭(弁護士法人フェアネス法律事務所 弁護士・医師) 他
会 費
一般 12,000 円 会員 10,000 円 懇親会費 4,000 円は別途申し受けます
定 員
120 名
申込み
当財団ウェブサイト http://www.janamef.jp よりお申し込みください
主催・
問合せ
公益財団法人日米医学医療交流財団 事務局(担当 坂上・大西)
[email protected] / 03-6801-9777
後 援
厚生労働省、(公社)日本医師会、(公社)日本看護協会、(公社)日本薬剤師会
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
5
File Size
317 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content