close

Enter

Log in using OpenID

プロピレンオキサイド

embedDownload
プロピレンオキサイド(一般工業用) 旭硝子株式会社
AGC-U-0270-2 2014/11/11
安全データシート(SDS)
作成日 2013/10/04
改訂日 2014/11/11
1.製品及び会社情報
プロピレンオキサイド(一般工業用)
製品名:
会社名:
会社住所:
担当部門:
電話番号:
FAX番号:
整理番号:
推奨用途および
使用上の制限:
旭硝子株式会社
東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
化学品カンパニー
03-3218-5404
03-3218-7845
AGC-U-0270
・ 工業用原料
2.危険有害性の要約
GHS分類:
物理化学的危険性:
火薬類:
可燃性/引火性ガス:
可燃性/引火性エアゾール:
支燃性/酸化性ガス:
高圧ガス:
引火性液体:
可燃性固体:
自己反応性化学品:
自然発火性液体:
自然発火性固体:
自己発熱性化学品:
水反応可燃性化学品:
酸化性液体:
酸化性固体:
有機過酸化物:
金属腐食性:
健康に対する有害性:
急性毒性-経口:
急性毒性-経皮:
急性毒性-吸入(気体):
急性毒性-吸入(蒸気):
急性毒性-吸入(粉塵/ミスト):
皮膚腐食性/刺激性:
眼に対する重篤な
損傷性/刺激性:
呼吸器感作性:
分類できない
分類対象外
分類できない
分類対象外
分類対象外
区分1
分類対象外
区分外
区分外
分類対象外
分類できない
分類できない
分類できない
分類対象外
分類できない
分類できない
区分4
分類できない
分類対象外
区分2
分類できない
区分1B
区分1
分類できない
1/8
プロピレンオキサイド(一般工業用) 旭硝子株式会社
皮膚感作性:
生殖細胞変異原性:
発がん性:
生殖毒性:
特定標的臓器毒性
(単回暴露):
特定標的臓器毒性
(反復暴露):
吸引性呼吸器有害性:
水生環境-急性有害性:
水生環境-慢性有害性:
オゾン層有害性:
GHSラベル要素:
絵表示またはシンボル:
注意喚起語:
危険有害性情報:
安全対策:
応急措置:
AGC-U-0270-2 2014/11/11
区分1
区分2
区分2
区分2
区分3
(気道刺激性)
分類できない
分類できない
区分3
区分外
分類できない
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
危険
極めて引火性の高い液体および蒸気
飲み込むと有害
吸入すると生命に危険
重篤な皮膚の薬傷・眼の損傷
重篤な眼の損傷
アレルギー性皮膚反応を起こすおそれ
遺伝性疾患のおそれの疑い
発がんのおそれの疑い
生殖能力または胎児への悪影響のおそれの疑い
呼吸器への刺激のおそれ
水生生物に有害
熱/火花/裸火/高温のもののような着火源から遠ざけること。-禁煙。
防爆型の電気機器/換気装置/照明機器等を使用すること。
火花を発生しない工具を使用すること。
静電気放電に対する予防措置を講ずること。
保護手袋/保護眼鏡/保護面を着用すること。
この製品を使用する時に、飲食または喫煙をしないこと。
粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーを吸入しないこと。
屋外または換気の良い場所でのみ使用すること。
取扱い後は、よく洗うこと。
保護手袋/保護衣/保護眼鏡/保護面を着用すること。
粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーの吸入を避けること。
汚染された作業衣は作業場から出さないこと。
・
・
・
・
・
・
・
使用前に取扱説明書を入手すること。
すべての安全注意を読み理解するまで取り扱わないこと。
飲み込んだ場合:気分が悪い時は、医師に連絡すること。
口をすすぐこと。
吸入した場合:空気の新鮮な場所に移し、呼吸しやすい姿勢で休息させること。
飲み込んだ場合:口をすすぐこと。無理に吐かせないこと。
眼に入った場合:水で数分間注意深く洗うこと。つぎにコンタクトレンズを着用
2/8
プロピレンオキサイド(一般工業用) 旭硝子株式会社
AGC-U-0270-2 2014/11/11
・ 眼に入った場合:水で数分間注意深く洗うこと。つぎにコンタクトレンズを着用
していて容易に外せる場合は外すこと。その後も洗浄を続けこと。
・ 汚染された衣類を再使用する場合には洗濯すること。
・ 皮膚に付着した場合:多量の水と石鹸で洗うこと。
・ 皮膚刺激または発疹が生じた場合には、医師の診断/手当てを受けること。
・ 暴露または暴露の懸念がある場合:医師の診断/手当を受けること。
・ 気分が悪い時は医師に連絡する。
・ 火災の場合には適切な消火方法をとること。
・ 衣類にかかった場合:直ちに、すべての汚染された衣類を脱ぐこと、取り除
くこと。
・ 眼に入った場合:直ちに医師の診断、手当てを受けること。
・ 吸入した場合:直ちに医師の診断、手当てを受けること。
・ 容器を密閉にして、直射日光を避け、換気の良い涼しいところで保管すること。
・ 施錠して保管すること。
・ 内容物や容器を、都道府県知事の許可を受けた専門の廃棄物処理業者に業務委託
すること。
保管:
廃棄:
3.組成及び成分情報
単一/混合物:
単一化学製品
成分:
No.
成分名
CAS No.
化学式
1
プロピレンオキサイド
75-56-9
C3H6O
No.
1
化審法
官報公示整理番号
2-219
毒物及び劇物取締法:
安衛法
官報公示整理番号
2-219
含有率
(%)
99.9以上
安衛法通知物質
化管法
194
1種-68
・ 該当せず
4.応急措置
吸入した場合:
皮膚に付着した場合:
目に入った場合:
飲み込んだ場合:
・ 蒸気、ガスなどを吸い込んで、気分が悪くなった場合には、空気の新鮮な場所に
移して呼吸しやすい姿勢で休息させ、医師に連絡すること。
・ 蒸気、ガス等を大量に吸い込んだ場合には、直ちに空気の新鮮な場所に移し、温
かく安静にする。呼吸が不規則か、止まっている場合には人工呼吸を行う。
嘔吐物は飲み込ませないようにする。直ちに医師の手当てを受けること。
・ 大量の水および石鹸または皮膚用の洗剤を使用して充分に洗い落とす。溶剤、
シンナーは使用しないこと。
・ 外観に変化が見られたり、刺激・痛みがある場合、気分が悪い時には医師の診断
を受けること。
・ 直ちに、全ての汚染された衣類を取り除くこと。
・ 直ちに、医師に連絡すること。
・ 皮膚を流水で洗うこと。
・ 出来るだけ早く医師の診断を受けること。
・ 直ちに大量の清浄な流水で15分以上洗う。次にコンタクトレンズを着用
していて容易に外せる場合は外すこと。まぶたの裏まで完全に洗うこと。
・ 誤って飲み込んだ場合には、安静にして直ちに医師の診断を受けること。
・ 嘔吐物は飲み込ませないこと。
・ 医師の指示による以外は無理に吐かせないこと。
3/8
プロピレンオキサイド(一般工業用) 旭硝子株式会社
AGC-U-0270-2 2014/11/11
5.火災時の措置
消火剤:
特有の消火方法:
消火を行う者の保護:
・
・
・
・
・
炭酸ガス、耐アルコール性の泡、粉末、ハロゲン化物が有効
移動可能な容器は、安全に行える限り火災場所から搬出する。
移動不可能な場合は、容器及び周囲を散水して冷却する。
火元への燃焼源を断ち、風上から消火剤を使用して消火する。
消火に当たっては毒性を考慮し、保護衣、防毒マスク等の保護具を着用する。
6.漏出時の措置
人体に対する注意事項、
保護具及び緊急時措置:
環境に対する注意事項:
封じ込め及び浄化の
方法/機材:
二次災害の防止策:
回収、中和:
・ 作業の際には適切な保護具(手袋、保護マスク、エプロン、ゴーグル等)を着用
する。
・
・
・ 漏れた液には乾燥砂、土をかけるなど周辺への流出を防止し、換気を十分にして
蒸発拡散させる。
・ 少量の場合、ペーパータオル等でふき取り、速やかに安全な場所に移す。
・ 大量の場合、漏れた場所の周辺から人を退避させるとともに、火災爆発の危険性
を警告する。
7.取扱い及び保管上の注意
取扱い:
技術的対策:
注意事項:
安全取扱い注意事項:
保管:
技術的対策:
適切な保管条件:
安全な容器包装材料:
・
・
・
・
周辺で火気、スパーク、高温物の使用を禁止する。
漏れ、あふれ、飛散しないように、みだりに蒸気を発生させない。
労働安全衛生法、消防法等の関連法規に準拠して作業する。
空気との混合ガスは非常に爆発しやすいので、取り出しや移送の際は、
あらかじめ配管、貯蔵などを不活性ガスで置換しておく
・ 作業場には適切な間隔で消火器、及び消火栓を配慮し、可能なら遠隔操作
のできる水及び泡を噴射するスプリンクラーを設置する。
・「火気厳禁」「立入禁止」「危険物取扱中」等の標識を見やすい箇所に掲
げる。
・ 取り扱いは換気の良いところで行う。
・ 強酸化物及び強塩基との接触は避ける
・ 貯蔵所は取扱う最大量に応じ、空地の幅を十分に取り、ボイラー室その
他危険物と思われる設備から極力隔離する。
・ 貯蔵タンクには冷却装置または低温に保持するための装置を設け、圧力タンク
では40℃以下、それ以外のタンクでは30℃以下に保つ。
・ ポリエチレン等
4/8
プロピレンオキサイド(一般工業用) 旭硝子株式会社
AGC-U-0270-2 2014/11/11
8.暴露防止及び保護措置
設備対策:
・ 許容濃度(2ppm)を守るために、全体換気設備または局所排気装置を取り付
ける。
・許容濃度(2ppm)を超える場合は、呼吸保護具を着用する。
安衛法 管理濃度:
化学物質名
プロピレンオキサイド
管理濃度
2 ppm
許容濃度
(日本産業衛生学会):
化学物質名
プロピレンオキサイド
TWA
未設定 ppm
Ceiling
-
TWA
2 ppm
STEL
-
皮膚
年度
1996
許容濃度(ACGIH):
化学物質名
プロピレンオキサイド
Ceiling
-
皮膚
発がん性(IARC):
化学物質名
IARC
プロピレンオキサイド
2B
呼吸器の保護具:
・
・
・
・
・
・
手の保護具:
目の保護具:
皮膚及び身体の保護具:
密閉された場所では、送気マスクを着用する。
防毒マスクを着用する。
有機溶剤または化学薬品が浸透しない材質の手袋を着用する。
有機溶剤又は化学薬品が浸透しない材料の手袋を使用する。
取り扱いには保護メガネを着用すること。
取り扱う場合には、皮膚を直接曝させないような衣類を着けること。また
化学薬品が浸透しない材質であることが望ましい。
9.物理的及び化学的性質
物理的状態:
形状:
色:
臭い:
液体
情報なし
無色透明
エーテル臭
pH:
融点/凝固点:
沸点、初留点、沸騰範囲:
引火点:
データなし
-104.4
34 ℃
-37 ℃(タグ密閉式)
自然発火温度
(発火点):
燃焼または爆発範囲の
上限/下限:
蒸気圧:
比重(相対密度):
465 ℃
水に対する溶解度:
溶媒に対する溶解性:
その他のデータ:
68g/100g(20 ℃)
情報なし
情報なし
37 vol %/2.8 vol %
59kPa(20℃)
0.83g/cm3(20/20℃)
5/8
年度
2012
プロピレンオキサイド(一般工業用) 旭硝子株式会社
AGC-U-0270-2 2014/11/11
10.安定性及び反応性
安定性(危険有害
反応可能性):
危険有害な
分解生成物:
・
・
・
・
蒸気は空気より重いので低い所に滞留しやすい。
加熱により急激に重合し発熱するため、密閉容器では爆発することがある。
爆発範囲は極めて広い。窒素で加圧して範囲外とすること。
鉄、錫及びアルミニウムの無水塩化物、酸、アルカリ、酸化鉄、酸化アルミニウム等
との混合接触により重合して発熱する恐れがある。
・ 過熱または燃焼すると、CO, CO2, 刺激性のアルデヒド類及びケトン類を生成する。
・ データなし
11.有害性情報
急性毒性: LD50(経口)
LD50(経皮)
LC50(蒸気)
発がん性:
区分2
ラット
ラット
ラット
520 mg/kg
950 mg/kg
4000 ppm(4H)
皮膚腐食性・刺激性: 腐食性を示す (ウサギ 1 - 60分 10%、20%水溶液)
眼に対する重篤な損傷・刺激性: 角膜の混濁 (ウサギ 18 - 24時間 0.02mL)
生殖細胞変異原性 : Ames試験 陽性、 染色体異常試験(CHO, 人リンパ球)陽性
発がん性: 日本産業衛生学会:2B、 ACGIH:A3、 NTP:R, IARC:2B
生殖毒性: ラットでの反復投与毒性・生殖発生毒性複合試験(OECD422)において1000ppm全身暴露で親の
精子減少、運動能低下、発情周期の乱れ、また、受胎した胚・胎児の死亡が認められた。
特定標的臓器(反復暴露): ラットの2年間の反復吸入毒性試験でLOAELは 30 ppm (71 mg/m3) 鼻腔上皮の
巣状陥入
<人の健康に対する有害性>
・皮膚に付着した場合:長時間または広い範囲にわたって皮膚に接触すると、有害となる量を吸収し重度の刺激及び
不快感を生じ、局所的な発赤及び腫脹が見られる。
・眼に入った場合:蒸気は刺激を起こし、過度の瞬き及び流涙を伴って苦痛を生じ、角膜の損傷が予測
されるとともに眼の発赤及び腫脹が見られる。液体は眼に薬傷を伴ってより重度な刺激を生じる。
・吸入した場合:蒸気またはミスとは刺激性であり、花及び咽喉の不快感(鼻汁が出たり、咳をする)を生じる。
長時間、過度の暴露は、有害となる量を吸収し、呼吸困難、頭痛、吐き気、嘔吐及び眠気を生じる。
・感作性:ヒトの皮膚に対して感作性物質であることはよく知られている。接触すると感受性のある人はアレルギー
性皮膚反応を起こす。
・慢性毒性:繰り返し皮膚に接触すると、永続的な刺激または皮膚炎を生じる。
12.環境影響情報
・ 漏洩、廃棄などの際には、環境に影響を与える恐れがあるので、取り扱いに注意する。特に、製品や洗浄水が、
地面、川や排水溝に直接流れないように対処すること。
水生環境有害性:
LC50(96H)
魚毒性:
残留性/分解性:
生体蓄積性:
水生環境-急性有害性:
・
・
・
・
魚類(ニジマス)
52 mg/L
データなし
易分解性
データなし
区分3
13.廃棄上の注意
残余廃棄物:
・ 残った製品(残余廃棄物)は、廃棄物の処理および清掃に関する法律、及び、
都道府県/市町村の規則に従って廃棄すること。
・ 容器、機器装置等を洗浄した排水等は、地面や排水溝へそのまま流さないこと
6/8
プロピレンオキサイド(一般工業用) 旭硝子株式会社
汚染容器および包装:
AGC-U-0270-2 2014/11/11
・ 容器、機器装置等を洗浄した排水等は、地面や排水溝へそのまま流さないこと
。
・ 排水処理、焼却などにより発生した廃棄物についても、廃棄物の処理および清掃
に関する法律および関係する法規に従って処理を行うか、委託をすること。
・ 委託処理を行う場合は、都道府県知事の許可を受けた専門の産業廃棄物処理業者
と契約すること。
・ 許可を受けた産業廃棄物処理業者と委託契約をして処理をする。
14.輸送上の注意
国連番号:
国連分類:
容器等級:
陸上輸送:
・
・
・
・
海上輸送:
航空輸送:
特別の安全対策:
・
・
・
・
・
・
その他:
・
UN1280
3
Ⅰ
消防法、労働安全衛生法、毒劇物法に該当する場合は、それぞれの該当法律に定
められる運送方法に従うこと。
船舶安全法に定めるところに従うこと。
航空法の定めるところに従うこと。
取り扱い及び保管上の注意の項の記載に従う。
容器に漏れのないことを確かめ、転倒、落下、損傷がないように積み込み、荷崩
れの防止を確実に行う。
タンク車(ローリー)等への充填、積み降ろしの際はサイドブレーキをかけ、
エンジンを停止させ、車止めをする。
ローリーとに充填する際は、静電気の発生を防止するために、アースを設置
するとともに、充填パイプの先端が液体へもぐらない間はできるだけ遅い流速(
1m/sec以下)で充填する。
運搬に際しては、容器を40℃以下に保ち、転倒、落下、損傷がないように注意
すること。
15.適用法令
消防法:
労働安全衛生法 施行令
別表1-4 引火性のもの
:
労働安全衛生法 第57条
表示物質:
労働安全衛生法 57条の
2 通知対象物質:
化学物質管理促進法:
外国為替及び
外国貿易管理法:
道路法:
その他の法令:
・ 危険物 第四類 特殊危険 危険等級 I
・ 指定数量:50L [火気厳禁]
・ 労働安全衛生法施行令 別表1-4 引火性のもの
・ 労働安全衛生法第57条 表示物質
プロピレンオキサイド(99.9以上)
・ 労働安全衛生法第57条の2 通知対象物質
プロピレンオキサイド(99.9以上)
・ 化学物質管理促進法(PRTR)第一種
68 プロピレンオキサイド(100%)
・ 輸出貿易管理令別表第一 第16項 キャッチオール規制品目
・
・
・
・
・
施行令第19条の12又は13 該当
海洋汚染防止および海上災害の防止に関する法律
労働安全衛生法 特定化学物質等障害予防規則 特定第2類物質 特別管理物質
大気汚染防止法 有害大気汚染物質
船舶安全法 危告示 引火性液体類
・ 平成5年5月17日 基発第312号の3 労働省労働基準局長通達
変異原性が認められた化学物質の取扱いについて
変異原性が認められた化学物質 1,2-エポキシプロパン(
プロピレンオキシド)
・平成5年5月17日 基発第312号の3別添 労働省労働基準局長通達
変異原性が認められた化学物質による健康障害を防止するための措置、
作業環境測定(記録 30年保存)、労働衛生教育(4時間以上)、危険有害性等
7/8
プロピレンオキサイド(一般工業用) 旭硝子株式会社
AGC-U-0270-2 2014/11/11
の表示、製造・取扱作業に常時従事する労働者の把握(記録 30年間保存)
16.その他の情報
会社名:
担当部門:
電話番号:
FAX番号:
制約を受ける事項:
引用文献:
旭硝子株式会社
化学品カンパニー
0436-23-3871
0436-22-5710
・ 本製品は工業用品であり、メディカル用途を想定して開発・製造を行
ったものではありません。
・ 「危険物ハンドブック」、シュプリンガーファラーク東京、新居六郎訳、1991
・ 石油化学工業 製品安全データシート
・ Institute for Occupational Safety and Health (NIOSH)
・ Resistory of Toxic Effects of Chemical Substances (RTECS)
その他:
・ 「化学防災指針集成」日本化学会編
・ 「酸化プロピレンの生殖毒性に係る有害性調査の結果及び危険有害性の表示等
について」(平成17年6月6日 基安化発第0606003号)
・ 改訂内容:適用法令(2014.11)
全ての資料や文献を調査したわけではないため情報漏れがあるかもしれません。 また、新しい知見の発表や従来の説
の訂正により内容に変更が生じます。 重要な決定等に利用される場合には、出典等をよく検討されるか、試験
によって確かめることをお勧めします。 記載のデータや評価に関してはいかなる保証をするものではありません。
また、記載事項は通常の取扱いを対象としたものですので、特殊な取扱いをする場合には新たな用途・用法に適した
安全対策を実施した上、お取扱い願います。 当製品の譲渡時には本SDSを添付してください。
8/8
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
320 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content