close

Enter

Log in using OpenID

スライド

embedDownload
Cプログラミング講座
CCCCCCCCCCCCC
CCC::::::::::::C
CC:::::::::::::::C
C:::::CCCCCCCC::::C
C:::::C
CCCCCC
C:::::C
C:::::C
C:::::C
C:::::C
C:::::C
C:::::C
C:::::C
CCCCCC
C:::::CCCCCCCC::::C
CC:::::::::::::::C
CCC::::::::::::C
CCCCCCCCCCCC
第7回
2014/6/26
情報工学研究部
1
文字
文字はコンピュータでは数値として扱われる。
その文字に数値を割り当てたものを文字コードという。
(また、文字と数値表現の対応を指すこともある。)
C言語において、文字定数は'x'のようにシングルクォー
トの中に1文字を書く。
例えば、ASCII文字コードにおいては、'0'は値48(0x30)
で表現され、数値としての0とは関係がない。
※ 以降、断りが無い限りASCII文字コードとする
情報工学研究部
2
ASCII文字コード
情報工学研究部
E-Words: http://e-words.jp/p/r-ascii.html より引用
3
char型
C言語では、1文字を格納するためにchar型(1
バイト)を用いる。
#include <stdio.h>
int main(void)
{
char c = 'a';
printf("文字: %c¥n", c);
printf("数値: %d (0x%2x)¥n", c, c);
return 0;
}
情報工学研究部
[実行結果]
文字: a
数値: 97 (0x61)
4
getchar() / putchar()
getchar()は標準入力から1文字読み込む。
読み込み失敗または終端に達した場合、EOFを返す。
putchar()は標準出力に1文字出力する。
それぞれ返り値、引数はint型であることに注意。
#include <stdio.h>
int main(void)
{
int c;
while((c = getchar()) != EOF){
puthar(c);
}
return 0;
}
情報工学研究部
[実行結果]
Programming⏎
Programming
[Ctrl+D]
UNIXではCtrl+D、Windowsでは
Ctrl+Zで入力を終了。
5
文字列
C言語では文字列型は存在せず、文字列はchar型の
配列で表される。文字列の終端には、終端を意味する
ヌル文字'¥0'が必要である。
即ち、n文字の文字列を表すにはn+1の大きさの配列を
必要とする。
また、ダブルクォートで囲まれた文字列を文字列リテラ
ルといい、その文字列を表す配列となる。
☆特に文字列の取り扱いは、誤りを犯しやすいので正しい理解
と記述が求められる。
情報工学研究部
6
文字列の例
#include <stdio.h>
int main(void)
{
char s1[6] = {'a', 'b', 'c', 'd', 'e', '¥0'};
char s2[6] = "abcde"; // 配列の大きさに注意
char s3[] = "abcde";
char *s4
= "abcde";
printf("%s¥n",
printf("%s¥n",
printf("%s¥n",
printf("%s¥n",
s1);
s2);
s3);
s4);
[実行結果]
abcde
abcde
abcde
abcde
return 0;
}
情報工学研究部
7
文字列
前ページの例で、s1,s2,s3,s4の出力は全て等しいこ
とが分かる。
s1,s2,s3は同等な文字列の配列である。
s2,s3は文字列リテラルによる配列の初期化と言える。
s4は文字列リテラルに対するポインタである。
s4のように文字列リテラルをポインタで指した場合、
注意すべき点がある。
それは、規格上、文字列リテラルの変更は未定義とさ
れていることである。(処理系依存)
情報工学研究部
8
文字列リテラルの変更
#include <stdio.h>
int main(void)
{
char s1[] = "abcde";
char *s2 = "abcde";
文字列リテラルの参照は、以下のように
const修飾すべきなのである。
const char *s3 = "abcde";
s1[0] = 'A';
s2[0] = 'A'; // 文字列リテラルの変更
printf("%s¥n", s1);
printf("%s¥n", s2);
return 0;
}
情報工学研究部
9
gets() / fgets()
char *gets(char *s)
標準入力から改行文字'¥n'またはEOFまで文字列を読み取
り、sの指す配列に格納する。改行文字は'¥0'に置き換えら
れる。読み取り失敗時にはNULLポインタが返される。
char *fgets(char *s, int n, FILE *fp)
fpが指すストリームから、n-1バイト目まで、あるいは改
行文字'¥n'またはEOFまで文字列を読み取り、末尾に
'¥0'を付加し、sの指す配列に格納する。
なお、改行文字も含まれて格納される。
fpにstdinを指定することで、標準入力から入力できる。
情報工学研究部
10
例
#include <stdio.h>
int main(void)
{
char str[20];
if(gets(str) != NULL){
printf("出力: %s¥n", str);
}
[実行結果]
Programming⏎
出力: Programming
Debugging⏎
出力: Debugging
⏎
if(fgets(str, 20, stdin) != NULL){
printf("出力: %s¥n", str);
}
return 0;
}
情報工学研究部
11
[発展] gets()の問題
前ページの例では、gets()、fgets()のどちらを用い
ても、同じように入力ができているように見える。
しかし、現在では一般的に※gets()の使用は避けるべ
きとされている。
いくつかの入力を試してみてほしい。
入力された文字列の長さが、19文字より大きい場合
の動作がどうなるのか、考えてみること。
※最新のC言語規格C11(ISO/IEC 9899:2011)で、gets関数は廃止されている。
情報工学研究部
12
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
320 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content