close

Enter

Log in using OpenID

易観国際 中国 IT マンスリーニュース

embedDownload
易観国際 中国 IT マンスリーニュース
2012 年 10 月
目次
12 年第 3 四半期タブレット PC 市場 iPad のシェア減少 ............................................................................. 2
ソーシャルサービスの UV QQ 空間が独走 ................................................................................................... 2
モバイル地図情報サービスのユーザー3 億人超に .......................................................................................... 3
12 年第 3 四半期クライアント型ゲーム市場規模 116.7 億元 .......................................................................... 3
12 年第 3 四半期 Web ゲーム市場規模約 25 億元 ........................................................................................... 4
B2C フラットテレビ販売動向
シャープが好調............................................................................................. 4
B2C 洗濯機販売動向 海爾が 25%のシェア握る ........................................................................................... 5
検索エンジン市場
百度と谷歌中国の二強揺るがず ...................................................................................... 6
インターネットバンキング 四大国有銀行のシェア上昇 ............................................................................... 6
12 年第 3 四半期 決済代行サービス市場
オンラインホテル予約サービス
取引規模 9764 億元 ..................................................................... 7
売上 11.7 億元 ............................................................................................ 7
易観国際 中国 IT マンスリーニュースは易観国際のアナリストによる中国の IT 業界に関するレポートを日本
語化して配信しています。易観国際は中国における IT 業界の最大規模の専門家チームとして、多くの中国企
業・外資企業のコンサルティングや調査プロジェクトに携わっており、中国の IT 動向について幅広く研究・
分析を続けています。クララオンラインは日本における易観国際の独占的なパートナーとして、日本語での
最新の中国の情報をご提供し、皆様の中国における活動をサポートします。




本レポートは、易観国際及び易観国際グループ各社(以下「易観国際」といいます)発行のニュースを、易観国際からの許諾に基づき、
易観国際の日本における独占的な総代理店である株式会社クララオンライン(以下「クララオンライン」といいます)が日本語に翻訳
したものです。本レポートに掲載された内容は発行時における易観国際の見解や予測を紹介するもので、予告なしに変更すること
があります。易観国際及びクララオンラインはここに記載された情報が十分信頼に足るものと考えていますが、その正確性・完全
性を保証するものではありません。
日本語版の本レポートのいかなる部分について、クララオンラインの書面による事前の了解なく複製、再生、再発行、販売、配布、
送信、回付、修正、表示したり、またいかなる目的でも使用したりすることはできません。これには二次的著作物を作成する際に
本レポートを利用する場合も含まれますが、これに限定されるものではありません。クララオンラインの許可を事前に申請する際
には https://www.eguan.jp/contact からご連絡ください。
本レポートでは中国とは中華人民共和国を指しており、台湾、香港特別行政区、マカオ特別行政区は含んでいません。
本レポートに含まれる情報は一般的なご案内であり、包括的な内容であることを目的しておりません。また法律・条令の適用と影
響は、具体的な状況によって大きく変化いたします。具体的な事業展開にあたってはクララオンラインコンサルティングサービス
チームより御社の状況に特化したアドバイスをお求めになることをおすすめいたします
本レポートはクララオンラインコンサルティングサービスチームにより翻訳されたものです。クララオンラインの中国インターネットコ
ンサルティングサービスに関するお問い合わせは以下の連絡先までお気軽にご連絡ください。
[email protected] または +81(3)6704-0776
12 年 第 3 四 半 期 タ ブ レ ッ ト PC 市 場
iPad の シ ェ ア 減 少
易観智庫がこのほど発表した「2012 年第 3 四半期(7−9 月)中国タブレット PC 市場季
度監測」によれば、メーカー別の市場シェアは Apple が 1 位で 71.42%を占めた。続いて
聯想(レノボ)が 10.52%、壹人壹本が 3.61%、サムスンが 3.53%だった。
12Q3タブレットPC市場売上シェア
壹人壹本
3.61%
聯想
10.52%
Apple 71.42%
Apple 71.42%
聯想
10.52%
壹人壹本 3.61%
サムスン 3.53%
宏碁
3.03%
華碩
1.74%
台電
0.96%
藍魔
0.53%
愛国者
0.29%
モトローラ 0.26%
その他
4.11%
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
易観智庫の分析によれば、今年第 3 四半期には以下 4 点の特徴が見てとれる。
1:Apple の市場シェアは前期の 72.66%からわずかに減少して 71.42%となった。新
型 iPad の販売が前期に集中したためとみられる。
2:聯想が 10.52%にシェアを伸ばした原因は、新製品の「S2107」と「S2109」を発
売したことに加え、新学期に合わせて行った販促キャンペーンが成功したことによる。
3:壹人壹本は新製品「T5」のセールスが好調だった上、一部の地域で「T4」を値下
げしたことが功を奏した。
4:サムスンは安定したセールスを続けており、7 インチ以上のタブレット PC を中心
に人気が出ている。
(易観国際アナリスト:李艶艶)
ソ ー シ ャ ル サ ー ビ ス の UV
QQ 空 間 が 独 走
易観智庫が独自パネル約 5 万 5000 人に行った調査によれば、2012 年 9 月の主要ソーシャ
ルサービスにおける 1 日平均ビジター数のトップは騰訊の「QQ 空間」だった。2 位以下は
「新浪微博」、「騰訊微博」と僅差で続いている。
12年9月主要ソーシャルサービスの1日平均UV
QQ空間
新浪微博
騰訊微博
朋友網
百度貼吧
新浪博客
人人網
天涯社区
百度空間
豆瓣網
9200
2620
2507
2060
1911
1332
1158
1018
553
530
0
2000
4000
6000
8000
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
News Flash – Analysys International Monthly News
10000
2
トップの「QQ 空間」は、積極的にサービスの改善を行っており、市場で非常に高い認知
度を誇る。2 位の「新浪微博」は オンライン上で様々なイベントを開催して固定ファンを
増やしている。3 位の「騰訊微博」は騰訊の圧倒的なユーザー数を武器にしており、次々
と新サービスを発表して 注目を集めている。
モバイル地図情報サービスのユーザー3 億人超に
易観智庫がこのほど発表した「2012 年第 3 四半期(7-9 月)モバイル地図情報サービスクラ
イアント季度監測報告」によれば、中国のモバイル地図サービスユーザー数は 3.07 億人で、
前期に比べ 33.9%、前年同期に比べ 206.4%それぞれ増加した。
11Q3‐12Q3インターネット地図情報サービスの1日平均UV・PV
1日平均UV(万人)
10000
1日平均PV(万回)
8446.6
8000
6774.1
6031.9
5546.8
6000
5521.1
4000
2000
442.4
663.1
495.9
0
356.4
467.7
2011Q3
2011Q4
2012Q1
2012Q2
2012Q3
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
易観智庫の分析では、モバイル地図情報サービスが直面する最も大きな問題は、ユーザー
の利用頻度が低いことだ。ユーザー数は 3 億人を突破したが、アクティブユーザーの比率
は平均 3%で、1 日当たりの利用回数は延べ数百万回にとどまる。
また市場全体は安定した成長期に入ったものの競争が激化しており、他業界の大手メーカ
ーが進出したことをきっかけに淘汰が始まっている。今後は地図情報サービスの基本であ
るルート検索や各種データ表示だけにとどまらず、様々な生活サービスの機能を追加して
ユーザーのアクティブ比率を高めていく必要がありそうだ。
(易観国際アナリスト: 尹晶雪)
12 年 第 3 四 半 期 ク ラ イ ア ン ト 型 ゲ ー ム 市 場 規 模 116.7 億 元
易観智庫がこのほど発表した「2012 年第 3 四半期(7−9 月)中国クライアント型ゲーム
市場季度監測」によれば、クライアントゲーム市場の規模は 116.7 億元で、前期に比べ 2.1%
とわずかな伸びにとどまった。
11Q1‐12Q3 クライアント型ゲーム市場売上
(億元)
150
100
85
87.6
95.1
102.9
112.7
114.2
116.7
50
0
11Q1
11Q2
11Q3
11Q4
12Q1
12Q2
12Q3
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
News Flash – Analysys International Monthly News
3
今年第 3 四半期のゲーム市場は全体的に停滞しており、何カ月も大きな成長を続けてきた
クライアント型ゲーム市場も今期はふるわなかった。季節的な影響を受けたためとみられ、
ゲーム会社の間では統廃合の動きも出ている。
クライアント型ゲーム市場の急速な成長に伴い、多くのゲーム会社が新タイトルの開発や
運営に巨額の投資を行ってきた。しかし短期的に見れば新規ユーザーの獲得は大変難しく、
一部のゲームは深刻な赤字を抱えている状況だ。リリースから数年過ぎたゲームが依然と
して市場をけん引する状況が続いており、いかに新規ユーザーを獲得し、ゲームの人気を
維持していくのかが大きな課題となっている。
(易観国際アナリスト: 薛永鋒)
12 年 第 3 四 半 期 W E B ゲ ー ム 市 場 規 模 約 25 億 元
易観智庫がこのほど発表した「2012 年第 3 四半期(7-9 月)中国 Web ゲーム市場季度監測」
によれば、Web ゲーム市場の売上は 24.74 億元に達した。上位 5 社が市場全体の 45.5%を
占めるが、市場集中度はわずかに下がっている。
騰訊網頁遊戯
4399
8%
趣遊
8%
37WAN 7%
騰訊網頁遊戯
360遊戯 7%
16%
91WAN
5%
51WAN
5%
4399
昆侖在線 4%
8%
人人遊戯 4%
7K7K
4%
趣遊
百度遊戯 4%
8%
迅雷遊戯 3%
PPS網頁遊戯
起点遊戯 2%
風行網頁遊戯
多玩網頁遊戯
その他 16%
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
12Q3Webゲーム運営キャリア売上シェア
16%
3%
2%
2%
トップの騰訊網は、自社の持つ圧倒的なユーザー数を武器にゲーム事業を拡大している。2
位の 4399 は、ゲームプレイヤーの間で認知度が高く、独特の運営モデルでシェアを拡大し
ている。奇虎 360 は独自の検索エンジンサービスをリリースしたことをきっかけに、同社
が運営する Web ゲームにも注目が集 まっている。
(易観国際アナリスト:薛永鋒)
B2C フ ラ ッ ト テ レ ビ 販 売 動 向
シャープが好調
易観智庫が 2012 年 8 月に行った七大 B2C サイトにおけるフラットテレビの販売動向調査
によれば、販売台数別のトップ 3 は創維、シャープ、海信だったが、売上額別ではシャー
プ、サムスン、創維の順だった。
七大B2Cサイト フラットテレビの販売台数・メーカー別シェア
創維
19.8%
シャープ 11.8%
海信
11.8%
創維 19.8%
シャープ 11.8%
海信 11.8%
ソニー 9.9%
サムスン 9.4%
康佳 9.0%
TCL 7.5%
長虹 4.2%
松下 2.5%
フィリップス 2.1%
その他 12.1%
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
News Flash – Analysys International Monthly News
4
今回の調査対象は、蘇寧易購、京東商城、天猫、国美電器網上商城、庫巴購物網、1 号店、
当当網の七大 B2C サイトで、
易観智庫のオンラインショッピング監測システムを利用した。
販売台数と売上額のいずれも上位 10 ブランドが全体の 90%を占めた。また上位 10 ブラン
ドに占める国産ブランドと海外ブランドの割合は半々だった。
七大B2Cサイト フラットテレビの売上額・メーカー別シェア
シャープ 20.9%
サムスン 14.2%
創維
13.9%
シャープ 20.9%
サムスン 14.2%
創維 13.9%
ソニー 11.0%
海信 10.2%
康佳 7.5%
TCL 5.9%
松下 4.3%
長虹 2.8%
LG 2.4%
その他 6.9%
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
従来の家電量販店を中心とした販売網では、大都市の消費者が海外ブランド、地方の小規
模都市や農村部の消費者が国産ブランドのテレビを買う傾向が強かった。しかし B2C は消
費者の居住地による制限を受けないため、割引率を含めた販売価格が売上動向を左右した
ようだ。国産ブランドは海外ブランドに比べて割引率が高い傾向がある。
B2C 洗 濯 機 販 売 動 向
海 爾 が 25% の シ ェ ア 握 る
易観智庫が 2012 年 9 月に行った七大 B2C サイトにおける洗濯機の販売動向調査によれば、
販売台数別のトップ 3 は海爾(ハイアール)、小鴨(little duck)、三洋だったが、売上額
別では海爾、三洋、松下の順だった。
七大B2Cサイト 洗濯機の販売台数 メーカー別シェア
海爾
23.3%
小鴨
三洋
13.3%
海爾
23.3%
小鴨
13.3%
三洋
11.9%
松下
7.7%
小天鵝
7.4%
シーメンス 4.6%
美的
4.1%
恵而浦
4.0%
Electrolux 2.5%
威力
2.4%
その他
18.8%
11.9%
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
販売台数と売上額のいずれも上位 10 ブランドが全体の 80%以上を占めた。また上位 10 ブ
ランドに占める国産ブランドと海外ブランドの割合は半々だったが、海外ブランド製品の
単価は国産製品に比べ高かった。海爾は販売台数と売上額のいずれにおいても 2 位以下を
10 ポイント以上リードしている。
七大B2Cサイト 洗濯機の売上額 メーカー別シェア
海爾
三洋
松下
14.7%
24.9%
14.7%
海爾
24.9%
三洋
14.7%
松下
14.7%
シーメンス 8.3%
小天鵝 5.7%
恵而浦 5.5%
美的
4.3%
サムスン 4.2%
Bosch 3.6%
LG
2.4%
その他 11.6%
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
News
Flash – Analysys International Monthly News
5
今回の調査対象は、蘇寧易購、京東商城、天猫、国美電器網上商城、庫巴購物網、1 号店、
当当網の七大 B2C サイトで、易観智庫のオンラインショッピング監測システムを利用して
いる。
検索エンジン市場
百度と谷歌中国の二強揺るがず
易観智庫が発表した「2012 年第 3 四半期(7−9 月)中国検索エンジン市場季度監測」に
よれば、検索エンジン運営会社の売上トップは百度(Baidu)で市場シェアは 78.6%に達し
た。続いて谷歌中国(グーグル中国)が 15.4%、捜狗が 3.2%だった。
12Q3検索エンジン運営会社の売上(代理店含まず)
捜狗
3.2%
谷歌中国
15.4%
百度
78.6%
谷歌中国 15.4%
百度
78.6%
捜狗
3.2%
捜捜
1.5%
その他 1.4%
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
また各社の代理店の売上を含めた市場シェアは、百度が 77.8%、谷歌中国が 13.5%、捜狗
が 4.5%だった。検索エンジン市場では、百度と谷歌中国が引き続き圧倒的なシェアを握っ
ているが、捜狗や捜捜などは代理店戦略を強化してわずかながらシェアを伸ばしている。
(易観国際アナリスト: 董旭)
インターネットバンキング
四大国有銀行のシェア上昇
易観智庫がこのほど発表した「2012 年第 3 四半期(7-9 月)インターネットバンキング市場
業界データベース」によれば、取引額上位 3 行の顔ぶれは変わらず、中国工商銀行、中国
建設銀行、中国農業銀行の順で、市場シェアはそれぞれ 38.1%、15.0%、13.5%だった。
上位 3 行の取引額が全体に占める割合は、今年第 2 四半期(4-6 月)には 65.9%だったが、第
3 四半期には 66.6%に増えている。
12Q3インターネットバンキング 取引額シェア
中国工商銀行
38.1%
中国農業銀行
13.5%
中国建設銀行
15.0%
中国工商銀行
中国建設銀行
中国農業銀行
中国銀行
交通銀行
招商銀行
中信銀行
民生銀行
華夏銀行
光大銀行
その他
38.1%
15.0%
13.5%
11.4%
8.5%
4.3%
2.7%
1.5%
1.1%
1.0%
3.0%
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
中国工商銀行は、ネットショッピングサイトなどと共同でインターネットバンキングによ
る支払いを奨励するキャンペーンを展開。中国建設銀行も、医療、金融、教育など暮らし
News Flash – Analysys International Monthly News
6
にまつわる様々な場面でインターネットバンキングを利用できる新サービス「悦生活」を
リリースした。また招商銀行は、インターネットバンキングによる振り込み回数に応じた
優遇サービスや抽選イベントで新規利用者の獲得に努めている。
(易観国際アナリスト: 陽驍)
12 年 第 3 四 半 期 決 済 代 行 サ ー ビ ス 市 場
取 引 規 模 9764 億 元
易観智庫がこのほど発表した「2012 年第 3 四半期(7-9 月)決済代行サービス市場季度監測」
によれば、取引規模は 9764 億元で、前期に比べ 13.1%、前年同期に比べ 73%それぞれ増
加した。
12Q3決済代行サービス市場取引規模
(億元)
9764
10,000
7385.8
8,000
6,000
7696
8624.6
5642.6
4609
4,000
2,000
0
2011Q2
2011Q3
2011Q4
2012Q1
2012Q2
2012Q3
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
第 3 四半期は 10 月 1 日前後に国慶節の連休があったことから、航空旅行業界での支払いが
増加し、全体として安定した成長となった。このほか小売チェーン店や海外決済といった
新興市場でも利用が増えている。
易観智庫の分析によると、特に注目すべき点は以下の通り。
1:クイック決済サービスが急速に広まっている。暗証番号や携帯電話による認証だけ
で支払い手続きが完了するサービスを支付宝や銀聯が始めたところ、財付通、快銭、
匯付天下などが続々と同様のサービスを展開し、利用者を増やしている。
2:モバイル決済サービスに、新たな決済手法が誕生している。支付宝が二次元バーコ
ードを利用したサービスをリリースしたほか、財付通は騰訊の人気チャットアプリ「微
信(WeChat)」と共同で新しい決済サービス「微生活」をリリースした。
3:オフラインでの決済時にも利用するユーザーが増加している。主要な決済代行サー
ビス企業は、店舗のレジでの決済にも対応している。特に匯付天下は、全国 30 都市以
上に拠点を置いてオフライン決済市場の開拓を強化している。
(易観国際アナリスト: 閆小佳)
オンラインホテル予約サービス
売 上 11.7 億 元
易観智庫がこのほど行った調査によれば、2012 年第 3 四半期(7-9 月)のオンラインホテル
予約サービスの売上規模は 11.7 億元で、前期に比べ 14.2%増加した。
News Flash – Analysys International Monthly News
7
企業別では、携程の売上が市場全体の 41.8%を占めた。続いて芸龍が 14.9%、同程網が
5.98%だった。携程はホテルのオンライン予約サービスに力を入れたが、手数料収入の減
少が響いた。また芸龍は営業費用が売上の 49%にまで達しており、キャッシュバックサー
ビスなどのキャンペーンが影響して利益率がかなり悪化している。
2012年オンラインホテル予約サービス市場売上
(億元)
15
11.7
10
11.5(予想)
10.2
8.9
5
0
2012Q1
2012Q2
2012Q3
2012Q4
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
12Q3オンラインホテル予約サービス 企業別売上シェア
携程
41.80%
携程
41.80%
芸龍
14.90%
同程網 5.98%
芒果網 3.89%
118114 6.80%
116114 1.49%
同程網
5.98%
芸龍
14.90%
12580
1.36%
その他 23.78%
Source: Enfodesk, Analysys International ‐ www.eguan.cn / www.enfodesk.com
一方、通信キャリアが運営するホテル予約サービス、118114(中国電信)、116114(中国
聯通)、12580(中国移動)はいずれもシェアを落としており、それぞれ 6.8%、1.49%、
1.36%だった。
(易観国際アナリスト: 尹興隆)
News Flash – Analysys International Monthly News
8
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
678 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content