close

Enter

Log in using OpenID

原子力規制庁・原子力規制人材育成事業 「地域の環境回復と環境安全に

embedDownload
原子力規制庁・原子力規制人材育成事業
「地域の環境回復と環境安全に貢献できる原子力規制人材の育成」
キックオフフォーラム
1.目
開催について
的: 本校では、本年9月に原子力規制庁の補助事業に採択され、平成32年度まで
の5か年間の原子力規制人材育成事業「地域の環境回復と環境安全に貢献できる
きる原子力規制人材の育成」を実施する。
本事業では、原子力発電所事故による放射性汚染から地域の環境を回復すると
いう地域課題に取り組み、環境モニタリングや環境放射線量の低減化手法などの
知識や技術を修得して、地域の環境回復に貢献するとともに、放射線利用におけ
る安全性に配慮できる人材の育成を目指す。事業の中では、インターンシップや
施設見学、さらには地域と共同で行う学生研究など、地域自治体や、大学,企業,
NPO 等との連携が必要となる。
このため、事業の開始に当たり、地域の関係機関の方々にこの事業を広くご紹
介し、ご協力をいただくことを目的としてキックオフフォーラムを開催します。
2.日
時 :平成28年11月22日(火)15:00~17:45
3.場
所 :福島工業高等専門学校管理棟3階
大会議室
4.対 象 者 :企業,自治体等関係者,大学・研究機関研究者,本校の学生及び教職員
5.プログラム:(1)開会挨拶
(2)学校長挨拶(中村
隆行)
(3)事業内容紹介
説明者:事業責任者
(4)講
原田 正光福島高専副校長(専攻科・評価・広報担当)
演①「
(仮題)福島県環境創造センターの取り組み」
講
師: 福島県環境創造センター 副センター長 佐藤 弘美 氏
講
演②「
(仮題)福島の環境回復に関する研究開発の現状と福島高専に
期待すること」
講
師: 日本原子力研究開発機構福島研究開発部門福島環境安全センター
センター長 宮原
講
要 氏
演③「
(仮題)福島の環境回復に関する研究開発の現状と福島高専に
期待すること」
講
師:国立環境研究所福島支部 研究グループ長 林 誠二 氏
(5)閉会挨拶
6.参加申込み :別添の参加者申込書に必要事項を記載の上、11月17日(木)までに
ファックス又は、E-mail でお申し込みください。
FAX0246-46-0713 E-mail [email protected]
送付先:
福島工業高等専門学校 総務課地域連携係 宛(FAX0246-46-0713)
(E-mail の場合 [email protected])
原子力規制庁・原子力規制人材育成事業「地域の環境回復と環境安全に貢献できる
原子力規制人材の育成」キックオフフォーラム参加申込書
御
社
名
〒
住
所
申 込 担 当
者 様 氏 名
TEL
FAX
連 絡 先
電話番号等
E-mail
①
②
参加者氏名
役
備
職
名
考
申 込 締 切
平成28年11月17日(木)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
3
File Size
259 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content