close

Enter

Log in using OpenID

2 件の重要なオプジーボ®(一般名:ニボルマブ)の臨床試験の 2 年生存

embedDownload
2016 年 5 月 24 日
各位
2 件の重要なオプジーボ®(一般名:ニボルマブ)の臨床試験の
2 年生存データにより進行期非小細胞肺がん患者における持続的なベネフィットが示される
(ニュージャージー州プリンストン、2016 年 5 月 18 日)-ブリストル・マイヤーズ スクイブ社
(NYSE:BMY)は、治療歴を有する進行・再発の非小細胞肺がん(NSCLC)を対象としてオプジ
ーボ(一般名:ニボルマブ)をドセタキセルと比較評価した、2 件の重要な第Ⅲ相臨床試験の 2 年時
点の全生存期間データを発表しました。重要な指標となる 2 年時点において、オプジーボは引き続
き、両試験の主要評価項目である全生存期間(OS)の改善を示しました。治療歴を有する非扁平上
皮非小細胞肺がんを対象とした CheckMate -057 試験において、2 年生存率はドセタキセル群で
16%(290 例中 45 例)であったのに対し、オプジーボ投与群では 29%(292 例中 81 例)でした
(ハザード比: 0.75 [95% 信頼区間: 0.63-0.91])。治療歴を有する肺扁平上皮がんを対象とした
CheckMate -017 試験において、2 年生存率はドセタキセル群で 8%(137 例中 11 例)であったのに
対し、オプジーボ投与群では 23%(135 例中 29 例)でした(ハザード比: 0.62 [95% 信頼区間:
0.47- 0.80])。CheckMate -057 試験および CheckMate -017 試験において、治療に関連する有害事
象(AE)が、オプジーボ投与群で各々71%と 61%で発生しました。オプジーボの 2 年時点の安全性
プロファイルは、これまでに報告された両試験のデータと一貫していました。
現在、海外においては、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社が、頭頸部がん、膠芽腫、小細胞肺
がん、尿路上皮がん、肝細胞がん、食道がん、ホジキンリンパ腫、大腸がん、固形がん(トリプル
ネガティブ乳がん、胃がん、膵がん)、血液がんなどのがん腫を対象とし、オプジーボ単剤療法ま
たは他の治療薬との併用療法による臨床試験を実施中です。一方、日本では、小野薬品工業株式会
社が 2014 年 9 月に根治切除不能な悪性黒色腫の治療薬として発売しました。2015 年 12 月には、切
除不能な進行・再発の非小細胞肺がんに対する承認を取得しました。また、腎細胞がんおよびホジ
キンリンパ腫についても承認申請済みであり、頭頸部がん、胃がん、食道がん、小細胞肺がん、肝
細胞がん、膠芽腫、卵巣がん、尿路上皮がん、胆道がんなどを対象とした臨床試験を実施中です。
なお、日本では小野薬品工業株式会社はブリストル・マイヤーズ スクイブ社(およびその日本法
人であるブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社)とがん患者さん向けに複数のがん免疫療法薬
の共同開発、共同商業化、共同販売促進を含む戦略的提携関係を結んでいます。
次頁以降に ブリストル・マイヤーズ スクイブ社が発表したプレスリリース資料(和訳版)を添付
していますので、ご参照ください。
以上
<本件に関する問い合わせ>
小野薬品工業株式会社 広報部
TEL:06-6263-5670
FAX:06-6263-2950
本資料は、米国ブリストル・マイヤーズ スクイブ社が 2016 年 5 月 18 日(米国現地時間)に発表しましたプレスリリ
ースの日本語訳(抜粋)をご参考までにお届けするものです。内容につきましては原本である英文が優先します。
2 件の重要なオプジーボ®(一般名:ニボルマブ)の臨床試験の
2 年生存データにより進行期非小細胞肺がん患者における持続的なベネフィットが示される

オプジーボは、重要な指標となる 2 年時点で、治療歴を有する進行期非小細胞肺がんにおい
て、全組織型にわたり、ドセタキセルと比較して優れた全生存のベネフィットを示しました。

データは全患者群におけるオプジーボのベネフィットを示しており、ドセタキセルと比較し
た 2 年生存率は、CheckMate -057 試験で 2 倍、Checkmate -017 試験で 3 倍になりました。

2 年時点のオプジーボの安全性プロファイルは、これまでに報告された両試験のデータと一貫
しています。
(ニュージャージー州プリンストン、2016 年 5 月 18 日)-ブリストル・マイヤーズ スクイブ社
(NYSE:BMY)は本日、治療歴を有する進行・再発の非小細胞肺がん(NSCLC)を対象としてオ
プジーボ(一般名:ニボルマブ)をドセタキセルと比較評価した、2 件の重要な第Ⅲ相臨床試験の 2
年時点の全生存期間データを発表しました。重要な指標となる 2 年時点において、オプジーボは引
き続き、両試験の主要評価項目である全生存期間(OS)の改善を示しました。治療歴を有する非扁
平上皮非小細胞肺がんを対象とした CheckMate -057 試験において、2 年生存率はドセタキセル群で
16%(290 例中 45 例)であったのに対し、オプジーボ投与群では 29%(292 例中 81 例)でした
(ハザード比: 0.75 [95% 信頼区間: 0.63-0.91])。治療歴を有する肺扁平上皮がんを対象とした
CheckMate -017 試験において、2 年生存率はドセタキセル群で 8%(137 例中 11 例)であったのに
対し、オプジーボ投与群では 23%(135 例中 29 例)でした(ハザード比: 0.62 [95% 信頼区間:
0.47- 0.80])。CheckMate -057 試験および CheckMate -017 試験において、治療に関連する有害事
象(AE)が、オプジーボ投与群で各々71%と 61%で発生しました。オプジーボの 2 年時点の安全性
プロファイルは、これまでに報告された両試験のデータと一貫していました。
これらのデータは、6 月 3 日から 7 日までイリノイ州シカゴで開催される米国臨床腫瘍学会
(ASCO)の第 52 回年次総会にて、6 月 4 日(土)午前 8 時~11 時半(米国中央部夏時間)に行わ
れるポスターセッションで発表予定です(抄録番号#9025)。
フォックスチェイスがんセンター胸部腫瘍部門長の Hossein Borghaei(D.O.)は、次のように述
べています。「CheckMate -057 試験および CheckMate -017 試験の新しいデータは、第Ⅲ相無作為
化臨床試験の確固たるデータであり、肺がん治療における PD-1 阻害薬に関する、全組織型にわたる
患者の最長の追跡調査データが含まれています。ASCO で発表されるデータは、オプジーボが特に
治療困難なこの病気と闘う患者さんの長期的な転帰を改善する可能性を裏付けるものです。」
学会では、オプジーボによる転帰の予測に役立つバイオマーカーの探求を目的とした追加研究に
関するデータも発表される予定です。
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社 肺および頭頸部がん領域開発責任者の Nick Botwood(M.D.)
は、次のように述べています。「がん免疫療法の研究における当社の基本的目標は、全ての肺がん
患者さんに、長期的な、生活の質を確保した生存期間に対する期待を見直すことにあります。今後
も、当社の深い科学的専門知識を活用し、革新的ながん治療法を患者さんに届けるという揺るぎな
いコミットメントを果たして参ります。CheckMate -057 試験および CheckMate -017 試験のデータ
は、オプジーボが治療歴を有する再発・進行の NSCLC 患者さんに有意義で持続的な生存ベネフィ
ットをもたらす可能性について、私たちの理解を深めてくれるものです。」
CheckMate -057 試験および CheckMate -017 試験について
CheckMate -057 試験は、プラチナ製剤を含む化学療法の 2 剤併用レジメンの治療中または治療後
に病勢進行がみられた進行期非扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象にした、重要な第Ⅲ
相無作為化非盲検臨床試験です。本試験では、PD-L1 発現の有無にかかわらず患者を組み入れまし
た。主要評価項目は全生存期間(OS)でした。副次的評価項目として、奏効率(ORR)、無増悪生
存期間(PFS)、PD-L1 発現レベルごとの効果が評価されました。患者は、ドセタキセル 75 mg/m2
を 3 週間ごとに投与する標準治療に対し、オプジーボ 3 mg/kg を 2 週間ごとに投与しました。
2 年生存率は、ドセタキセル群で 16%(290 例中 45 例)であったのに対し、オプジーボ群では
29%(292 例中 81 例)でした(ハザード比:0.75 [95% 信頼区間: 0.63-0.91])。全生存期間(OS)
の中央値は、ドセタキセル群では 9.5 カ月(95% 信頼区間: 8.1-10.7)だったのに対し、オプジーボ
群では 12.2 カ月(95% 信頼区間: 9.7-15.1)でした。
CheckMate -057 試験では、PD-L1 発現レベルごとのオプジーボの効果も評価されました。無作為
に割り付けられた患者のうち、78%(582 例中 455 例)が PD-L1 発現について評価可能でした。
PD-L1 発現率は、グループ間で均等に割り付けられました。既定の全ての発現レベル(1%、5%お
よび 10%)において、PD-L1 発現がオプジーボのより高い効果と関連していました。PD-L1 非発現
の患者では、OS はオプジーボ群とドセタキセル群で同等でした。下表は、PD-L1 発現レベルごとの
OS の結果を示しています。
PD-L1 発現レベル 1%未満
PD-L1 発現レベル 1%以上
PD-L1 発現レベル 5%以上
PD-L1 発現レベル 10%以上
オプジーボ vs ドセタキセルのハザード比(HR)
(2 年生存率)
HR:0.91 [95% 信頼区間: 0.67-1.22]
25% vs. 18%
HR:0.62 [95% 信頼区間: 0.47-0.83]
37% vs. 17%
HR:0.48 [95% 信頼区間: 0.34-0.68]
44% vs. 14%
HR:0.43 [95% 信頼区間: 0.30-0.62]
45% vs. 13%
CheckMate -017 試験は、第Ⅲ相無作為化非盲検臨床試験で、プラチナ製剤を含む化学療法の 2 剤
併用レジメンによる治療中または治療後に病勢進行がみられた進行期肺扁平上皮がん患者を対象と
して、ドセタキセル 75 mg/m2 を 3 週間ごとに投与する標準治療に対し、オプジーボ 3 mg/kg を 2 週
間ごとに投与し、評価しました。本試験の主要評価項目は OS で、副次的評価項目には PFS および
ORR が含まれていました。本試験では、PD-L1 発現の有無にかかわらず患者を組み入れました。
CheckMate -017 試験において、2 年生存率はドセタキセル群で 8%(137 例中 11 例)であったの
に対し、オプジーボ群では 23%(135 例中 29 例)でした(ハザード比:0.62 [95% 信頼区間: 0.470.80])。OS の中央値は、ドセタキセル群の 6.0 カ月(95% 信頼区間: 5.1-7.3)に対し、オプジーボ
群では 9.2 カ月(95% 信頼区間: 7.3-12.6)でした。
オプジーボの安全性プロファイルは、CheckMate -057 試験および CheckMate -017 試験のこれま
でに報告されたデータと一貫しており、グレードを問わない、およびグレード 3~4 の治療に関連す
る有害事象(AE)の発生頻度は、ドセタキセル群よりもオプジーボ群で低くなりました。両試験に
おいて最も一般的に報告された治療に関連する AE の発生頻度は、ドセタキセル群よりもオプジーボ
群で低くなりました。CheckMate -057 試験において、最も一般的に報告された治療に関連する AE
は、疲労(オプジーボ群 17% vs ドセタキセル群 29%)、悪心(同 12% vs 26%)、食欲減退(同
11% vs 16%)、無力症(同 10% vs 18%)でした。CheckMate -017 試験において、最も一般的に
報告された治療に関連する AE は、疲労(オプジーボ群 16% vs ドセタキセル群 33%)、食欲減退
(同 11% vs 19%)、無力症(同 11% vs 14%)、悪心(同 9% vs 23%)でした。
肺がんについて
肺がんは、世界的にがんによる死亡の主要な原因となっており、世界保健機関によると、毎年
150 万人以上の方が亡くなっています。非小細胞肺がん(NSCLC)は肺がんの中で最も一般的な型
の一つであり、およそ 85%を占めています。肺扁平上皮がんは肺がん全体の約 25%~30%、非扁平
上皮非小細胞肺がんは全体の約 50%~65%に相当します。生存率は、診断された際の病期(ステー
ジ)とがんの種類によって異なります。世界的には、ステージⅠの NSCLC の場合、5 年生存率は
47%~50%、ステージⅣの NSCLC では、5 年生存率は 2%まで減少します。
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社と腫瘍免疫領域:最新のがん研究の進歩
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、がん治療の未来に関し、腫瘍免疫領域に対象を絞ったビ
ジョンを持っています。腫瘍免疫領域は現在、特定のがんに対し、手術、放射線療法、化学療法、
標的療法と並ぶ主要な治療選択肢と考えられています。
当社は、研究中および承認済みのがん免疫治療薬からなる包括的な臨床ポートフォリオを有して
おり、その多くが自社研究員によって創薬・開発されました。腫瘍免疫領域の進行中の臨床プログ
ラムは、全生存期間や奏効期間その他の重要な評価項目について試験を行うことを目的として、複
数の固形がんから血液悪性腫瘍までを含むさまざまな治療段階と組織構造にわたる幅広い患者群を
対象としています。当社は、研究をリードしており、2 つのがん免疫治療薬の併用療法について初
めて規制当局の承認を取得しました。今後も、がんにおける併用療法の役割についての研究を継続
します。
現在、CTLA-4、CD-137、KIR、SLAMF7、PD-1、GITR、CSF1R、IDO および LAG-3 を含め、
がん治療の他の免疫系経路についても研究を進めています。これらの経路は、併用または単剤で、
さまざまながんと闘う患者さんをサポートする新たな治療選択肢となる可能性を秘めています。
学術界や大小のバイオテクノロジー企業と提携し、新たな治療選択肢を臨床現場に提供すること
を目的として、がん免疫治療薬とその他の治療薬との併用療法の研究も行っています。
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、治療困難ながん腫における生存期間の向上とがん患者さ
んの生活の質の向上に取り組んでいます。
オプジーボについて
がん細胞は、チェックポイント経路などの「制御」経路を悪用して免疫系から身を隠し、腫瘍が
免疫系から攻撃されないようにします。オプジーボは、活性 T 細胞に発現するチェックポイント受
容体 PD-1 に結合する PD-1 免疫チェックポイント阻害薬であり、PD-L1 と PD-L2 の結合をブロッ
クし、抗腫瘍免疫応答の阻害を含む免疫系における PD-1 経路の抑制シグナルを防止します。
オプジーボの広範なグローバル開発プログラムは、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社の、がん
免疫療法の背後にある生物学への理解に基づいています。当社は、最前線に立ってがん免疫治療の
可能性を探り、治療困難ながんにおける生存期間の延長を目指して取り組んでいます。この科学的
専門知識は、様々ながん腫に対し全生存期間を主要評価項目として実施されている多岐にわたる第
Ⅲ相臨床試験などのオプジーボの開発プログラムの基盤となっています。オプジーボの臨床試験は、
臨床的かつ科学的にバイオマーカーの役割を理解すること、PD-L1 の発現によりオプジーボが患者
にどのような利益をもたらすかを理解することに役立っています。今日に至るまで、オプジーボの
臨床試験プログラムには、18,000 人以上の患者が参加しています。
オプジーボは、2014 年 7 月に世界で初めて承認を取得した PD-1 免疫チェックポイント阻害剤で、
現在、米国、日本、EU を含め 50 カ国で当局から承認されています。
適応症および重要な安全性情報
適応症
※本項目の内容は米国での承認に際しての情報であり、日本国内には適用されません。
オプジーボ®(ニボルマブ)は、単剤療法として、BRAF V600 野生型の切除不能または転移性の悪
性黒色腫患者を適応としています。
オプジーボ®(ニボルマブ)は、単剤療法として、BRAF V600 変異陽性で切除不能または転移性の
悪性黒色腫患者を適応としています。この適応は、無増悪生存期間に基づき、迅速審査により承認
されました。この適応の承認の継続条件は、検証試験において臨床的有用性を証明し記載すること
です。
オプジーボ®(ニボルマブ)は、ヤーボイ®(イピリムマブ)との併用療法として、切除不能または
転移性の悪性黒色腫患者を適応としています。この適応は、無増悪生存期間に基づき、迅速審査に
より承認されました。この適応の承認の継続条件は、検証試験において臨床的有用性を証明し記載
することです。
オプジーボ®(ニボルマブ)は、プラチナ製剤による化学療法での治療中または治療後に進行が認め
られた進行・再発の非小細胞肺がん患者(NSCLC)を適応としています。EGFR 変異または ALK
転座を有する患者さんは、オプジーボによる治療の前に、これらの異常に対して FDA が承認した治
療を行い、病勢進行が認められた場合に限られます。
オプジーボ®(ニボルマブ)は、血管新生阻害薬での治療歴を有する進行期腎細胞がん(RCC)患者
の治療を適応としています。
オプジーボ®(ニボルマブ)は、自家造血幹細胞移植(HSCT)および移植後のブレンツキシマブ ベ
ドチンによる治療後に再発または進行した古典的ホジキンリンパ腫(cHL)を適応としています。こ
の適応は、奏効率に基づき、迅速審査により承認されました。この適応の承認の継続条件は、検証
試験において臨床的有用性を証明し記載することです。
Checkmate 試験で評価した患者集団の概要については「重要な安全性情報」セクションの末尾を参
照してください。
重要な安全性情報
※本項目の内容は米国での承認に際しての情報であり、日本国内には適用されません。
警告:免疫介在性副作用
ヤーボイを使用すると、重度かつ致死的な免疫介在性副作用が起こる可能性があります。このよ
うな免疫介在性反応は、どの器官系でも起こり得ますが、最も一般的に見られる重度の免疫介在性
副作用は、腸炎、肝炎、皮膚炎(中毒性表皮壊死融解症など)、神経障害および内分泌障害です。
これらの免疫介在性反応の大部分は治療中に発現しましたが、ヤーボイ使用中止後、数週間から数
カ月経って発現する例も少数見られました。
患者について、ベースライン時と毎回の投与前に、腸炎、皮膚炎、神経障害、および内分泌障害
の徴候や症状がないかどうかを評価し、肝機能検査(LFTs)、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)レ
ベル、および甲状腺機能検査を含む生化学検査の評価を行う必要があります。
重度の免疫介在性反応が認められた場合には、ヤーボイを完全に中止し、高用量の副腎皮質ホル
モン剤の全身投与を開始する必要があります。
免疫介在性肺臓炎
オプジーボの投与に関連し、致死的なケースを含む免疫介在性肺臓炎が報告されました。固形が
んを対象とした臨床試験において、致死的な免疫介在性肺臓炎が報告されました。また、
Checkmate 069 試験では 6 例が呼吸器症状が回復することなく死亡しました。患者に肺臓炎の徴候
がないか、X 線画像や症状をモニターしてください。グレード 2 以上の肺臓炎については、副腎皮
質ホルモン剤を投与してください。グレード 3 または 4 の肺臓炎については、投与を完全に中止し、
グレード 2 に回復するまで投与を中断してください。Checkmate 069 試験および 067 試験において、
免疫介在性肺臓炎がオプジーボとヤーボイ併用療法群の 6%(407 例中 25 例)で発生し、うち致死
例は 1 例、グレード 3 は 6 例、グレード 2 は 17 例、グレード 1 は 1 例でした。Checkmate 037 試
験、066 試験および 067 試験において、免疫介在性肺臓炎がオプジーボ投与群の 1.8%(787 例中 14
例)で発生しました。うちグレード 3 は 2 例、グレード 2 は 12 例でした。Checkmate 057 試験で
は、間質性肺疾患を含む免疫介在性肺臓炎が 3.4%(287 例中 10 例)で発生しました。うちグレー
ド 3 は 5 例、グレード 2 は 2 例、グレード 1 は 3 例でした。Checkmate 025 試験では、間質性肺疾
患を含む肺臓炎がオプジーボ投与群の 5%(406 例中 21 例)、エベロリムス投与群の 18%(397 例
中 73 例)で報告されました。免疫介在性肺臓炎がオプジーボ投与群の 4.4%(406 例中 18 例)で発
生しました。うちグレード 4 は 1 例、グレード 3 は 4 例、グレード 2 は 12 例、グレード 1 は 1 例で
した。Checkmate 205 試験および 039 試験において、間質性肺疾患を含む肺臓炎がオプジーボ投与
群の 4.9% (263 例中 13 例)で発生しました。免疫介在性肺臓炎がオプジーボ投与群の 3.4%(263
例中 9 例)で発生しました。うちグレード 3 は 1 例、グレード 2 は 8 例でした。
免疫介在性大腸炎
免疫介在性大腸炎がオプジーボの投与により発生する可能性があります。大腸炎の徴候および症
状について、患者さんをモニターしてください。グレード 2(5 日間以上持続した場合)、3 または
4 の大腸炎については、副腎皮質ホルモン剤を投与してください。単剤投与の場合、グレード 2 また
は 3 については、投与を中断してください。グレード 4 または再発性の大腸炎については、オプジ
ーボの投与を完全に中止してください。ヤーボイとの併用療法の場合、グレード 2 についてはオプ
ジーボの投与を中断し、グレード 3 または 4、あるいはオプジーボ投与再開に伴う再発については、
オプジーボの投与を完全に中止してください。Checkmate 069 試験および 067 試験では、オプジー
ボとヤーボイ併用療法群の 56%(407 例中 228 例)で下痢または大腸炎が発生しました。免疫介在
性の大腸炎が 26%(407 例中 107 例)で発生しました。うちグレード 4 は 2 例、グレード 3 は 60
例、グレード 2 は 32 例、グレード 1 は 13 例でした。Checkmate 037 試験、066 試験および 067 試
験では、オプジーボ投与群の 31%(787 例中 242 例)で下痢または大腸炎が発生しました。免疫介
在性大腸炎が 4.1%(787 例中 32 例)で発生しました。うちグレード 3 は 20 例、グレード 2 は 10
例、グレード 1 は 2 例でした。Checkmate 057 試験では、オプジーボ投与群の 17%(287 例中 50
例)で下痢または大腸炎が発生しました。免疫介在性大腸炎が 2.4%(287 例中 7 例)で発生しまし
た。うちグレード 3 は 3 例、グレード 2 は 2 例、グレード 1 は 2 例でした。Checkmate 025 試験で
は、オプジーボ投与群の 25%(406 例中 100 例)、エベロリムス投与群の 32%(397 例中 126 例)
で下痢または大腸炎が発生しました。免疫介在性下痢または大腸炎がオプジーボ投与群の 3.2%
(406 例中 13 例)で発生しました。うちグレード 3 は 5 例、グレード 2 は 7 例、グレード 1 は 1 例
でした。Checkmate 205 試験および 039 試験において、オプジーボ投与群の 30%(263 例中 80 例)
で下痢または大腸炎が発生しました。免疫介在性下痢(グレード 3)が患者の 1.1%(263 例中 3 例)
で発生しました。
異なる第Ⅲ相試験でヤーボイ 3 mg/kg の投与を受けた患者において、重度、生命を脅かすもの、
あるいは致死的(ベースラインを 7 回以上上回る下痢、発熱、腸閉塞、腹膜刺激症状、グレード 3
~5)な免疫介在性腸炎が 34 例(7%)で発生しました。臨床試験全体(511 例)でヤーボイを投与
された患者において、5 例(1%)で腸穿孔が発生し、4 例(0.8%)が合併症で死亡し、26 例(5%)
が重度の腸炎により入院しました。
免疫介在性肝炎
免疫介在性肝炎がオプジーボの投与により発生する可能性があります。投与前、および投与期間
中は定期的に、肝機能検査値異常がないかどうかモニターしてください。グレード 2 以上のトラン
スアミナーゼ上昇については、副腎皮質ホルモン剤を投与してください。グレード 2 については投
与を中断し、グレード 3 または 4 の免疫介在性肝炎については投与を完全に中止してください。
Checkmate 069 試験および 067 試験において、免疫介在性肝炎がオプジーボとヤーボイ併用療法群
の 13%(407 例中 51 例)で発生しました。うちグレード 4 は 8 例、グレード 3 は 37 例、グレード
2 は 5 例、グレード 1 は 1 例でした。Checkmate 037 試験、066 試験および 067 試験において、免
疫介在性肝炎がオプジーボ投与群の 2.3%(787 例中 18 例)で発生しました。うちグレード 4 は 3
例、グレード 3 は 11 例、グレード 2 は 4 例でした。Checkmate 057 試験では、1 例(0.3%)で免
疫介在性肝炎が発生しました。Checkmate 025 試験において、ベースラインと比較した肝機能検査
値異常がオプジーボ投与群とエベロリムス投与群で発生し、AST 上昇(オプジーボ投与群 33% vs
エベロリムス投与群 39%)、アルカリホスファターゼ上昇(同 32% vs 32%)、ALT 上昇(同 22%
vs 31%)、総ビリルビン上昇(同 9% vs 3.5%)が報告されました。全身の免疫抑制治療を必要とす
る免疫介在性肝炎はオプジーボ投与群の 1.5%(406 例中 6 例)で発生しました。うちグレード 3 は
5 例、グレード 2 は 1 例でした。Checkmate 205 試験および 039 試験において、オプジーボ投与群
の 11%(263 例中 30 例)で肝炎が発生しました。免疫介在性肝炎は 3.4%(263 例中 9 例)で発生
しました。うちグレード 3 は 7 例、グレード 2 は 2 例でした。
異なる第Ⅲ相試験でヤーボイ 3 mg/kg の投与を受けた患者において、重度、生命を脅かすもの、
あるいは致死的な肝毒性(AST または ALT の上昇が基準値上限(ULN)の 5 倍超、または総ビリル
ビン上昇が ULN の 3 倍超、グレード 3~5)が 8 例(2%)発生し、そのうち 0.2%で致死的な肝不
全、0.4%で入院しました。
免疫介在性皮膚炎
異なる第Ⅲ相試験でヤーボイ 3 mg/kg の投与を受けた患者において、重度、生命を脅かすもの、
あるいは致死的な免疫介在性皮膚炎(スティーブンス・ジョンソン症候群、中毒性表皮壊死融解症、
または真皮全層の潰瘍・壊死・水疱・出血の兆候によって悪化した皮疹など、グレード 3~5)が 13
例(2.5%)発生しました。中毒性表皮壊死融解症による死亡が 1 例(0.2%)発生しました。他に、
重度の皮膚炎により、1 例が入院しました。
免疫介在性神経障害
異なる第Ⅲ相試験でヤーボイ 3 mg/kg の投与を受けた患者において、致死的なギランバレー症候
群が 1 例、重度(グレード 3)の末梢運動神経障害が 1 例報告されました。
免疫介在性内分泌障害
下垂体炎、副腎機能不全、甲状腺障害、1 型糖尿病がオプジーボの投与により発生する可能性があ
ります。投与中および投与後に下垂体炎や副腎機能不全の徴候や症状を、投与前および投与期間中
は定期的に甲状腺機能を、および高血糖をモニターしてください。グレード 2 以上の下垂体炎につ
いては、副腎皮質ホルモン剤を投与してください。グレード 2 または 3 については投与を中断し、
グレード 4 については投与を完全に中止してください。グレード 3 または 4 の副腎機能不全につい
ては、副腎皮質ホルモン剤を投与してください。グレード 2 については投与を中断し、グレード 3
または 4 については投与を完全に中止してください。甲状腺機能低下症については、ホルモン補充
療法を行ってください。甲状腺機能亢進症をコントロールするためには、内科的治療を開始してく
ださい。1 型糖尿病については、インスリンを投与してください。グレード 3 の高血糖症については
オプジーボの投与を中断し、グレード 4 の高血糖症については投与を完全に中止してください。
Checkmate 069 試験および 067 試験において、下垂体炎がオプジーボとヤーボイの併用療法を受
けた患者の 9%(407 例中 36 例)で発生し、グレード 3 は 8 例、グレード 2 は 25 例、グレード 1
は 3 例でした。Checkmate 037 試験、066 試験および 067 試験において、下垂体炎がオプジーボ投
与群の 0.9%(787 例中 7 例)で発生しました。うちグレード 3 は 2 例、グレード 2 は 3 例、グレー
ド 1 は 2 例でした。Checkmate 025 試験において、下垂体炎がオプジーボ投与群の 0.5%(406 例中
2 例)で発生しました。グレード 3 は 1 例、グレード 1 は 1 例でした。Checkmate 069 試験および
067 試験において、副腎機能不全がオプジーボとヤーボイ併用療法群の 5%(407 例中 21 例)で発
生しました。うちグレード 4 は 1 例、グレード 3 は 7 例、グレード 2 は 11 例、グレード 1 は 2 例で
した。 Checkmate 037、066 試験および 067 試験において、副腎機能不全がオプジーボの投与を受
けた患者の 1%(787 例中 8 例)で発生しました。うちグレード 3 は 2 例、グレード 2 は 5 例、グレ
ード 1 は 1 例でした。Checkmate 057 試験で副腎機能不全がオプジーボの投与を受けた患者の 0.3%
(287 例中 1 例)で発生しました。Checkmate 025 試験において、副腎機能不全がオプジーボの投
与を受けた患者の 2.0%(406 例中 8 例)で発生しました。うちグレード 3 は 3 例、グレード 2 は 4
例、グレード 1 は 1 例でした。Checkmate 205 試験および 039 試験において、副腎機能不全(グレ
ード 2)がオプジーボ投与群の 0.4%(263 例中 1 例)で発生しました。Checkmate 069 試験および
067 試験において、甲状腺機能低下症および甲状腺炎がオプジーボとヤーボイの併用療法群の 22%
(407 例中 89 例)で発生しました。うちグレード 3 は 6 例、グレード 2 は 47 例、グレード 1 は 36
例でした。甲状腺機能亢進症は 8%(407 例中 34 例)で発生し、うちグレード 3 は 4 例、グレード
2 は 17 例、グレード 1 は 13 例でした。Checkmate 037 試験、066 試験および 067 試験において、
甲状腺機能低下症および甲状腺炎がオプジーボ投与群の 9%(787 例中 73 例)で発生しました。う
ちグレード 3 は 1 例、グレード 2 は 37 例、グレード 1 は 35 例でした。甲状腺機能亢進症はオプジ
ーボ投与群の 4.4%(787 例中 35 例)で発生しました。うちグレード 3 は 1 例、グレード 2 は 12 例、
グレード 1 は 22 例でした。Checkmate 057 試験において、甲状腺炎を含むグレード 1 または 2 の
甲状腺機能低下症がオプジーボ投与群の 7%(287 例中 20 例)で発生し、甲状腺刺激ホルモン上昇
がオプジーボ投与群の 17%で発生しました。グレード 1 および 2 の甲状腺機能亢進症が 1.4%(287
例中 4 例)で発生しました。Checkmate 025 試験において、甲状腺疾患がオプジーボ投与群の 11%
(406 例中 43 例)で発生し、うちグレード 3 が 1 例、エベロリムス群 3.0%(397 例中 12 例)で発
生しました。甲状腺機能低下症および甲状腺炎がオプジーボ投与群の 8%(406 例中 33 例)で発生
し、うちグレード 3 が 2 例、グレード 2 が 17 例、グレード 1 が 14 例でした。甲状腺機能亢進症は
オプジーボ投与群の 2.5%(406 例中 10 例)で発生し、うちグレード 2 は 5 例、グレード 1 は 5 例
でした。Checkmate 205 試験および 039 試験において、免疫介在性甲状腺機能低下症および甲状腺
炎がオプジーボ投与群の 12%(263 例中 32 例)で発生し、うちグレード 2 は 18 例、グレード 1 は
14 例でした。甲状腺機能亢進症がオプジーボ投与群の 1.5%(263 例中 4 例)で発生し、うちグレー
ド 2 は 3 例、グレード 1 は 1 例でした。Checkmate 069 試験および 067 試験において、糖尿病また
は糖尿病ケトアシドーシスが 1.5%(407 例中 6 例)で発生しました。うちグレード 4 は 3 例、グレ
ード 3 は 1 例、グレード 2 は 1 例、グレード 1 は 1 例でした。Checkmate 037 試験、066 試験およ
び 067 試験において、真性糖尿病または糖尿病性ケトアシドーシスがオプジーボ投与群の 0.8%
(787 例中 6 例)で発生しました。うちグレード 3 は 2 例、グレード 2 は 3 例、グレード 1 は 1 例
でした。Checkmate 025 試験において、高血糖症の有害事象が 9%(406 例中 37 例)で発生しまし
た。真性糖尿病または糖尿病性ケトアシドーシスがオプジーボ投与群の 1.5%(406 例中 6 例)で発
生しました。うちグレード 3 は 3 例、グレード 2 は 2 例、グレード 1 は 1 例でした。Checkmate
205 試験および 039 試験において、糖尿病がオプジーボ投与群の 0.8%(263 例中 2 例)で発生しま
した。うちグレード 3 は 1 例、グレード 1 は 1 例でした。
異なる第Ⅲ相試験でヤーボイ 3 mg/kg の投与を受けた患者において、重度または生命を脅かす免
疫介在性内分泌障害(入院や緊急の医療介入を要するもの、または日常生活に支障を来すもの、グ
レード 3~4)が 9 例(1.8%)で発生しました。9 例すべてに下垂体機能低下症が見られ、一部は、
副腎機能不全、性腺機能低下症、甲状腺機能低下症などの内分泌障害を併発していました。9 例中 6
例は、重度の内分泌障害のために入院しました。
免疫介在性腎炎および腎機能障害
免疫介在性腎炎がオプジーボの投与により発生する可能性があります。投与前、および投与期間
中は定期的に、血清クレアチニン上昇が見られないかどうかモニターしてください。グレード 2 ま
たは 3 の血清クレアチニン上昇については、投与を中断し、副腎皮質ホルモン剤を投与してくださ
い。悪化した場合、または改善が見られない場合は、投与を完全に中止してください。グレード 4
の血清クレアチニン上昇については、副腎皮質ホルモン剤を投与し、投与を完全に中止してくださ
い。Checkmate 069 試験および 067 試験において、免疫介在性腎炎および腎機能障害が 2.2%(407
例中 9 例)で発生しました。うちグレード 4 は 4 例、グレード 3 は 3 例、グレード 2 は 2 例でした。
Checkmate 037 試験、066 試験および 067 試験において、オプジーボ投与群の 5%(787 例中 40 例)
で腎炎および腎機能障害が発生しました。免疫介在性腎炎および腎機能障害が 0.8%(787 例中 6 例)
で発生しました。うちグレード 3 は 4 例、グレード 2 は 2 例でした。Checkmate 057 試験において、
グレード 2 の免疫介在性腎機能障害がオプジーボ投与群の 0.3%(287 例中 1 例)で発生しました。
Checkmate 025 試験では、腎損傷がオプジーボ投与群の 7%(406 例中 27 例)、エベロリムス投与
群の 3.0%(397 例中 12 例)で発生しました。免疫介在性腎炎および腎機能障害がオプジーボ投与
群の 3.2%(406 例中 13 例)で発生しました。うちグレード 5 は 1 例、グレード 4 は 1 例、グレー
ド 3 は 5 例、グレード 2 は 6 例でした。Checkmate 205 試験および 039 試験において、腎炎および
腎機能障害がオプジーボ投与群の 4.9%(263 例中 13 例)で発生しました。これには、グレード 3
の自己免疫性腎炎が 1 例(0.3%)含まれていました。
免疫介在性発疹
免疫介在性発疹がオプジーボの投与により発生する可能性があります。オプジーボの臨床プログ
ラムにおいて、重度の発疹(致死的な中毒性表皮壊死症のまれなケースを含む)が発生しました。
発疹に対して患者さんをモニターしてください。グレード 3 または 4 の発疹については、副腎皮質
ホルモン剤を投与してください。グレード 3 については投与を中断し、グレード 4 については投与
を完全に中止してください。Checkmate 069 試験および 067 試験において、免疫介在性発疹がオプ
ジーボとヤーボイ併用療法群の 22.6%(407 例中 92 例)で発生しました。うちグレード 3 は 15 例、
グレード 2 は 31 例、グレード 1 は 46 例でした。Checkmate 037 試験、066 試験および 067 試験に
おいて、免疫介在性発疹がオプジーボ投与群の 9%(787 例中 72 例)で発生しました。うちグレー
ド 3 は 7 例、グレード 2 は 15 例、グレード 1 は 50 例でした。Checkmate 057 試験において、グレ
ード 3 の 4 例を含む免疫介在性発疹がオプジーボ投与群の 6%(287 例中 17 例)で発生しました。
Checkmate 025 試験では、発疹がオプジーボ投与群の 28%(406 例中 112 例)、エベロリムス投与
群の 36%(397 例中 143 例)で発生しました。免疫介在性発疹(副腎皮質ホルモン剤を全身または
局部的に投与した発疹と定義)がオプジーボ投与群の 7%(406 例中 30 例)で発生しました。うち
グレード 3 は 4 例、グレード 2 は 7 例、グレード 1 は 19 例でした。Checkmate 205 試験および
039 試験において、発疹がオプジーボ投与群の 22%(263 例中 58 例)で発生しました。免疫介在性
発疹がオプジーボ投与群の 7%(263 例中 18 例)で発生しました。うちグレード 3 は 4 例、グレー
ド 2 は 3 例、グレード 1 は 11 例でした。
免疫介在性脳炎
オプジーボの治療に際して、免疫介在性脳炎が発生する可能性があります。中等度から重度の神
経疾患の徴候や症状が新たに発現した患者に対しては、オプジーボの投与を中断し、他の原因を排
除して評価を行ってください。他の病因が排除された場合は、副腎皮質ホルモン剤を投与し、免疫
介在性脳炎に対するオプジーボの投与を完全に中止してください。Checkmate 067 試験では、脳炎
がオプジーボとヤーボイの併用療法群で 1 例(0.2%)認められました。Checkmate 057 試験では、
致死的な辺縁系脳炎がオプジーボ投与群の 1 例(0.3%)で発生しました。Checkmate 205 試験およ
び 039 試験では、オプジーボによる治療後の同種 HSCT の後、脳炎が患者の 0.8%(263 例中 2 例)
で発生しました。
その他の免疫介在性副作用
副作用の重症度に基づき、投与を完全に中止または中断し、高用量の副腎皮質ホルモン剤を投与
し、必要に応じてホルモン補充療法を開始してください。オプジーボ投与群の 1.0%未満において、
以下の免疫介在性副作用が発生しました:ぶどう膜炎、膵炎、顔面および外転神経不全麻痺、脱髄、
リウマチ性多発性筋炎、自己免疫性神経障害、ギランバレー症候群、下垂体機能低下症、全身性炎
症反応症候群、胃炎、十二指腸炎、サルコイドーシスが発生しました。オプジーボが 3 mg/kg と 10
mg/kg 単剤投与された臨床試験で、臨床的に著しく発生した次の免疫介在性副作用が確認されまし
た:運動機能障害、血管炎および筋無力症候群。
インフュージョン・リアクション
重度のインフュージョン・リアクションは、オプジーボの臨床試験において患者の 1%未満で報告
されています。グレード 3 または 4 のインフュージョン・リアクションについては、オプジーボの
投与を中止してください。グレード 1 または 2 については、中断するか、もしくは投与速度を低下
してください。Checkmate 069 試験および 067 試験において、インフュージョン関連のリアクショ
ンがオプジーボとヤーボイ併用療法群の 2.5%(407 例中 10 例)で発生しました。グレード 2 は 6
例、グレード 1 は 4 例でした。Checkmate 037 試験、066 試験および 067 試験において、インフュ
ージョン関連のリアクションがオプジーボ投与群の 2.7%(787 例中 21 例)で発生しました。グレ
ード 3 は 2 例、グレード 2 は 8 例、グレード 1 は 11 例でした。Checkmate 057 試験では、副腎皮
質ホルモン剤の投与が必要なグレード 2 のインフュージョン・リアクションがオプジーボ投与群の
1.0%(287 例中 3 例)で発生しました。Checkmate 025 試験では、過敏症/インフュージョン関連リ
アクションがオプジーボ投与群の 6%(406 例中 25 例)、エベロリムス投与群の 1.0%(397 例中 4
例)で発生しました。Checkmate 205 試験および 039 試験において、過敏症/インフュージョン関連
のリアクションがオプジーボ投与群の 16%(263 例中 42 例)で発生しました。うちグレード 3 は 2
例、グレード 2 は 24 例、グレード 1 は 16 例でした。
オプジーボによる治療後の同種 HSCT の合併症
オプジーボによる治療後に同種 HSCT を受けた患者において、致死的な事象を含む合併症が発生
しました。Checkmate 205 試験および 039 試験から、オプジーボによる治療の中止後に同種 HSCT
を受けた患者 17 例(毒性軽減前処置 15 例、骨髄破壊的前処置 2 例)の転帰が評価されました。患
者の 35%(17 例中 6 例)がオプジーボによる治療後の同種 HSCT の合併症により死亡しました。重
度または再発の移植片対宿主病(GVHD)により、5 例が死亡しました。グレード 3 以上の急性
GVHD が患者の 29%(17 例中 5 例)で報告されました。超急性 GVHD は患者の 20%(2 例)で報
告されました。感染原因が特定されないステロイド投与を必要とする発熱性症候群が患者の 35%(6
例)で報告されました。脳炎が 2 例報告され、うち感染原因が特定されないグレード 3 のリンパ性
脳炎が 1 例、グレード 3 のウィルス性脳炎の疑いが 1 例でした。肝静脈閉塞性疾患(VOD)が、毒
性軽減前処置による同種 HSCT を受けた患者 1 例で発生し、GVHD および多臓器不全により死亡し
ました。毒性軽減前処置による同種 HSCT 後の肝 VOD の他の事象が、移植前に PD-1 受容体阻害薬
の投与を受けたリンパ腫の患者で報告されています。超急性 GVHD による死亡例も報告されていま
す。これらの合併症は、PD-1 阻害薬の投与と同種 HSCT 間の介入治療にかかわらず発生する可能性
があります。
超急性 GVHD、重度(グレード 3~4)の急性 GVHD、ステロイド投与を必要とする発熱性症候群、
肝 VOD、その他の免疫介在性副作用などの移植に関連した合併症の早期の兆候について、注意して
患者の経過観察を行い、速やかに処置してください。
胚・胎児毒性
作用機序に基づき、オプジーボおよびヤーボイは、妊婦に投与すると胎児に悪影響を及ぼす可能
性があります。妊娠中の女性には、胎児へのリスクを説明してください。妊娠の可能性がある女性
には、オプジーボまたはヤーボイを含む併用療法の投与を受けている期間、および最後にオプジー
ボを投与してから少なくとも 5 カ月間は、効果的な避妊法を用いるよう助言してください。
授乳
オプジーボまたはヤーボイの母乳中への移行については確認されていません。抗体を含む多くの
薬剤は母乳に移行します。オプジーボを含む治療は、授乳中の乳児に重篤な副作用を引き起こす可
能性があるため、治療中は授乳を中止するよう助言してください。ヤーボイでの治療中や最終の投
与後 3 カ月間は授乳を中止するよう助言してください。
重篤な副作用
Checkmate 067 試験において、オプジーボとヤーボイの併用療法群において、オプジーボ単剤療
法群と比較して、重篤な副作用(併用療法群 73%に対し、単剤療法群 37%)、投与の完全な中止に
つながった副作用(併用療法群 43%に対し、単剤療法群 14%)、投与の遅延(併用療法群 55%に対
し、単剤療法群 28%)、およびグレード 3 または 4 の副作用(併用療法群 72%に対し、単剤療法群
44%)のそれぞれでより多く認められました。オプジーボとヤーボイの併用療法群とオプジーボ単
剤療法群で最も多く(10%以上)認められた重篤な副作用はそれぞれ、下痢(併用療法群 13%に対
し、単剤療法群 2.6%)、大腸炎(併用療法群 10%に対し、単剤療法群 1.6%)、および発熱(併用
療法群 10%に対し、単剤療法群 0.6%)でした。Checkmate 037 試験において、オプジーボ投与群
の 41%で重篤な副作用が報告されました。グレード 3 または 4 の副作用は、オプジーボ投与群の
42%で報告されました。オプジーボ投与群の 2%以上 5%未満で最も多く報告されたグレード 3 また
は 4 の副作用は、腹痛、低ナトリウム血症、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)上
昇、リパーゼ上昇でした。Checkmate 066 試験において、オプジーボ投与群の 36%で重篤な副作用
が報告されました。グレード 3 または 4 の副作用は、オプジーボ投与群の 41%で報告されました。
オプジーボ投与群の 2%以上で最も多く報告されたグレード 3 または 4 の副作用は、ガンマグルタミ
ルトランスフェラーゼ上昇(3.9%)および下痢(3.4%)でした。Checkmate 057 試験において、オ
プジーボ投与群の 47%で重篤な副作用が報告されました。2%以上で最も多く報告された重篤な副作
用は、肺炎、肺塞栓症、呼吸困難、胸水、呼吸不全でした。Checkmate 025 試験において、オプジ
ーボ投与群の 47%で重篤な副作用が報告されました。2%以上で最も多く報告された重篤な副作用は、
急性腎損傷、胸水、肺炎、下痢、高カルシウム血症でした。Checkmate 205 試験および 039 試験に
おいて、全患者(安全性解析対象患者 263 例)のうち、投与の中止につながった副作用(4.2%)お
よび投与の遅延につながった副作用(23%)が報告されました。患者の少なくとも 1%以上で最も多
く報告された重篤な副作用は、インフュージョン・リアクション、肺炎、胸水、発熱、発疹、およ
び肺臓炎でした。患者 10 例が病勢進行以外の原因によって死亡し、うち 6 例が同種 HSCT の合併症
により死亡しました。重篤な副作用は、安全性解析対象患者(263 例)の 21%、有効性評価の対象
となった患者のサブセット(有効性解析対象患者 95 例)の 27%で発生しました。
一般的な副作用
Checkmate 067 試験において、オプジーボとヤーボイ併用療法群で最も一般的に(20%以上)報
告された副作用は、疲労(59%)、発疹(53%)、下痢(52%)、悪心(40%)、発熱(37%)、
嘔吐(28%)、呼吸困難(20%)でした。オプジーボ投与群で最も一般的に(20%以上)報告され
た副作用は、疲労(53%)、発疹(40%)、下痢(31%)、悪心(28%)でした。Checkmate 037
試験において、オプジーボ投与群で最も一般的に(20%以上)報告された副作用は、発疹(21%)
でした。Checkmate 066 試験において、オプジーボ投与群とダカルバジン投与群で最も一般的に
(20%以上)報告された副作用は、疲労(オプジーボ投与群 49%に対し、ダカルバジン投与群
39%)、筋骨格痛(同 32% vs 25%)、発疹(同 28% vs 12%)、およびそう痒症(同 23% vs 12%)
でした。Checkmate 057 試験において、オプジーボ投与群で最も一般的に(20%以上)報告された
副作用は、疲労(49%)、筋骨格痛(36%)、咳(30%)、食欲減退(29%)、便秘(23%)でし
た。Checkmate 025 試験において、オプジーボ投与群とエベロリムス投与群で最も一般的に(20%
以上)報告された副作用は、無力症(オプジーボ投与群 56% vs エベロリムス投与群 57%)、咳
(同 34% vs 38%)、悪心(同 28% vs 29%)、発疹(同 28% vs 36%)、呼吸困難(同 27% vs
31%)、下痢(同 25% vs 32%)、便秘(同 23% vs 18%)、食欲減退(同 23% vs 30%)、背部痛
(同 21% vs 16%)、関節痛(同 20% vs 14%)でした。Checkmate 205 試験および 039 試験の全
患者(安全性解析対象患者 263 例)および有効性解析対象患者のサブセット(95 例)において、最
も一般的に(少なくとも 20%以上)報告された副作用は、疲労(全患者 32% vs サブセット 43%)、
上気道感染症(同 28% vs 48%)、発熱(同 24% vs 35%)、下痢(同 23% vs 30%)、咳(同
22% vs 35%)でした。有効性解析対象患者のサブセット(95 例)において、最も一般的に報告さ
れた副作用は、発疹(31%)、筋骨格痛(27%)、そう痒症(25%)、悪心(23%)、関節痛
(21%)、末梢神経障害(21%)でした。
異なるヤーボイ 3 mg/kg 投与の第Ⅲ相試験で、ヤーボイ 3 mg/kg の投与を受けた患者において最
も一般的(5%以上)に報告された副作用は、疲労(41%)、下痢(32%)、そう痒症(31%)、発
疹(29%)、大腸炎(8%)でした。
Checkmate 試験と患者集団
Checkmate 069 試験および 067 試験:進行期悪性黒色腫、オプジーボ単剤またはヤーボイとの併用
Checkmate 037 試験および 066 試験:進行期悪性黒色腫
Checkmate 057 試験:非扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)
Checkmate 025 試験:腎細胞がん
Checkmate 205/039 試験:古典的ホジキンリンパ腫
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社と小野薬品工業の提携について
2011 年、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、小野薬品工業と締結した提携契約により、当時、
小野薬品工業がすべての権利を保有していた北米以外の地域のうち、日本、韓国、台湾を除く世界
各国におけるオプジーボの開発・商業化に関する権利を獲得しました。2014 年 7 月 23 日、ブリス
トル・マイヤーズ スクイブ社と小野薬品工業は、この戦略的提携契約をさらに拡張し、日本、韓国、
台湾のがん患者さん向けに複数の免疫療法薬を単剤療法および併用療法として共同開発・商業化す
ることを合意しました。
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社について
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、深刻な病気を抱える患者さんを助けるための革新的な医
薬品を開発し、提供することを使命とするグローバルなバイオファーマ製薬企業です。ブリスト
ル・マイヤーズ スクイブ社に関する詳細については、BMS.com をご覧くださるか、LinkedIn、
Twitter、YouTube および Facebook をご覧ください。
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社の将来予測等に関する記述
本プレスリリースは、医薬品の研究、開発および商業化について、1995 年民間有価証券訴訟改正
法の趣旨の範疇に含まれる「将来予測に関する記述」を含んでいます。そうした将来予測に関する
記述は現在の予想に基づくものであり、遅延、転換または変更を来たす内在的リスクと不確実性を
伴っており、実際の成果または業績が現在の予想と大きく異なる結果となる可能性があります。将
来予測に関するいかなる記述も保証されるものではありません。本プレスリリースの将来予測に関
する記述は、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社の事業に影響を与える多くの不確定要素、特にブ
リストル・マイヤーズ スクイブ社の 2015 年 12 月 31 日に終了した事業年度通期報告書(Form 10K)、四半期報告書(Form 10-Q)および当期報告書(Form 8-K)にリスク要因として記されている
不確定要素と共に評価されるべきです。ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は、新たな知見、今後
の出来事等に因るか否かを問わず、一切の将来予測等に関する記述について、公に更新する義務を
負うものではありません。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
399 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content