close

Enter

Log in using OpenID

PowerPoint プレゼンテーション

embedDownload
助成金のご紹介 「エコさが基金助成」募集【5/20締切】
佐賀新聞社は、佐賀県内36社の協賛で展開中の公共広告キャンペーン「ストップ・ザ・温暖化-エコライフ
・エコライブさが」の一環として「エコさが基金」を設け、環境活動に取り組む県内のNPO法人やボランティア
団体などに活動資金を助成します。自薦、他薦の応募を受け付けています。
■対象団体
環境教育や循環型社会形成、自然環境保全、資源節約など地域レベルの環境活動に取り組む団体
(過去に助成を受けた団体は対象外)
■助成金額
1団体あたり上限20万円(3~5団体を予定)
■応募方法
所定の用紙にこれまでの活動概要や助成金の使途目的などを明記し、活動がわかる詳しい資料を添えて
申込してください。 応募用紙は佐賀新聞ホームページからダウンロードできます。
■募集期間
平成26年5月20日(火)当日消印有効
■応募先
〒840-8585 佐賀市天神3-2-23 佐賀新聞社営業局「エコライフ・エコライブさが」係
FAX:0952-29-4709
HP:http://www.saga-s.co.jp/top_page.html
MAIL:[email protected]
問合せ先:佐賀新聞社アド・クリエート部連絡先:0952-28-2195
佐賀市市民活動プラザ広報誌
HONOHONO
26年5月号
5月のカラー印刷キャンペーン
期間中、お得な料金でカラー印刷がご利用できます。
A4カラー 30円/枚
A3カラー 50円/枚
20円/枚(グロス紙22円)
40円/枚(グロス紙44円)
キャンペーン期間
5月1日(木) ~ 5月31日(土)
※キャンペーン価格はオンデマンド印刷機ご利用の場合のみです。
◆お問い合わせ先◆
佐賀商工ビル7F 佐賀市市民活動プラザ
開館時間9時~22時
TEL:0952-40-2002 FAX:0952-40-2011
ホームページ
http://www.tsunasaga.jp/plaza/
Click!!
facebook
https://www.facebook.com/tsunasaga.plaza
ホノホノとはハワイの言葉で“ぶらぶら”や“散歩”という意味です。
新しい市民活動プラザのご紹介
4月1日から、市民活動プラザは佐賀商工ビル7Fで業務を開始しました!
住所は佐賀市白山二丁目1番12号です。これまでどおり、みなさまが気軽に
利用できるプラザであるように努めていきたいと思います。
市民活動プラザまでのアクセス方法
○自転車でのご来場
商工ビル南側駐輪場、又は東側駐輪場をご利用ください。
○バスでのご来場
白山バス停下車 徒歩1分、呉服元町バス停下車 徒歩7分
○自家用車でのご来場
・駐車場について
商工ビル駐車場の他、周辺3カ所の提携駐車場がご利用いただけます。
◆提携駐車場◆
・山木屋駐車場(商工ビル南側) ・唐人南パーキング
・アネックスパーク第2白山(商工ビル北側)
・無料駐車券の配布
プラザの利用状況に応じて無料駐車券を配布しています。
・プラザ会議室の利用・・・「会議室利用時間+1時間」分の無料駐車券
を配布
・会議室以外の利用※・・・1時間分の無料駐車券を配布
(例)フロアでの打ち合わせ、資料作成、印刷等の作業、PC利用など
重要
・駐車の際に受け取る「駐車票」は、駐車場ごとに違います。
※駐車場名等印字がない駐車票もあります。
・違う駐車場の駐車票を投入してもバーは開きません。駐車票を混同しない
ように、必ずご自身で管理してください。
・アネックスパーク第2白山に駐車された場合は、お渡しする無料駐車券が
違いますので、必ずお知らせください。
新しくなったプラザで
お待ちしてます!!
会議室の利用について
予約するとき
○予約受付可能日時 利用日の前日 22時まで
キャンセルまたは会議室の変更をするとき
○キャンセルまたは会議室変更受付可能日時 利用日の7日前の22時まで
※上記以降にキャンセルする場合は、予約会議室の
(予約日を含まない)
利用料金が発生します。
※上記以降の会議室の変更はできません。新たに会議室
を予約していただくことになります。
≪重要≫利用料金を既に支払っている場合は返金できません。
ロッカー・レターケース追加募集のお知らせ
プラザの新しいロッカー・レターケース、ともにまだまだ余裕があります。
ロッカーは団体の活動に必要な機材・事務用品の保管に利用できます。
※1ヶ月200円から利用できます。
レターケースは団体宛の郵便物の受取先にすることができます。
※利用料は無料です。
「使ってみたいな!」と思う団体は、
ぜひ一度プラザ窓口まで!
講演会のお知らせ
あなたは「社会をかえたい」のか、「社会によさそうなことをしたい」だけなのか?
■講演内容■
市民活動団体を運営していく中で、理事会と理事(支援者・協力者)が抱える課題、理事会と理事の最も基本的
な役割を整理することで、本来の設立時の目的を再確認し、「事業」「予算」「組織編制」の3つの方針作りなどを
徹底的に行い、事業の評価・見直し・事業の縮小・停止・組織的な事業の再編・統廃合などを戦略的に判断する
ことができるようになる。
理事会と理事を生かすポイントを学ぶことで、支援者が市民活動団体のマネジメントを行えるような存在になること
が目的です。
日時:5月22日(木)18:15~21:00 先着25名です!
場所:市民活動プラザ 7Fフロア
申込方法:市民活動プラザ TEL40-2002 FAX40-2011
参加費:テキスト代として1,000円
講師:IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 代表(CEO)
川北秀人氏
-川北秀人(かわきたひでと)1964年大阪生まれ。87年に京都大学卒業後、(株)リクルートに入社。国際採用・広報・営業支援などを担当し、91年に退職。
その後国際青年交流NGO「オペレーション・ローリー・ジャパン」の代表や国会議員の政策担当秘書などを務め、94年にIIHOE
設立。NPOや社会責任・貢献志向の企業のマネジメント、NPOと行政との協働の基盤づくり、CSRや環境・社会コミュニケーション
の推進を支援している。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
2
File Size
615 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content