close

Enter

Log in using OpenID

初夏の味覚として親しまれている果物、びわ。 おいしいびわの選び方 びわ

embedDownload
初夏の味覚として親しまれている果物、びわ。
果実の約 90%は水分で、季節にぴったりのみずみずしさが味わえます。
びわのおいしさは、なんといってもあのほのかで、爽やかな甘さ。
また、びわは栄養面にも優れていて、果実にはビタミン A に変化するベータカロチンをは
じめ、カリウムや食物繊維などが豊富に含まれています。おいしく食べながら、健康にも
役に立つびわ。体にとってもうれしい果物ですね。
★おいしいびわの選び方
・へたがしっかりしている。
・果皮にはりがあり、鮮やかさがあるもの。
・うぶ毛と白い粉(ブルーム)が残っているもの。
*果皮に傷がついていたり、うぶ毛がとれてテカテ
カと光っているものは収穫していから日が経ってい
るので避けましょう。
★びわの種類
・茂木
西日本におけるびわの代表です。果重は 40~50g 程度と小ぶりですが、
甘みはやや強めで、酸味は控えめ。主な産地は長崎や鹿児島、香川などで
5~6 月頃がシーズンです。
・長崎早生
早いものは 1 月頃に出荷されるようです。寒さに弱いためハウス栽培され
ることが多く、果重は 40~60g 程度で糖度は比較的高く、みずみずしく
上品な味わいです。
・田中
1979 年頃に植物学者である田中氏が、長崎で食べたびわの種を東京に
持ち帰り、自宅に撒いて育成したのが始まりとされています。果重は
60~80g と茂木に比べるとやや大きめ。甘みは強く酸味も適度にあり、
バランスのとれた品種といえるでしょう。
・大房
びわ栽培が盛んな千葉県富浦町で多く生産されている品種で、大きいもの
は 100g 前後もあります。寒さに強く、
「ビワ栽培の北限」といわれてい
る千葉でもよく育ちます。酸味が少なくほどよい甘みで果汁も豊富です。
旬は 6 月で「房総びわ」としても流通します。
・瑞穂
ほどよい甘みと適度な酸味があり、食味の良いびわです。サイズは
100g 前後と大きく、果皮は淡いオレンジ色で、薄い緑色の小さな斑点
が出ることもあります。主産地は千葉県です。
★びわの栄養
びわにはビタミン A、βカロテン、カリウム、クロロゲン酸などが含まれており、葉にも
タンニンが含まれています。びわに特に多い栄養がビタミン A やβカロテン。ビタミン A
は皮膚や粘膜、消化器官などを正常に保ちます。夜盲症予防、眼精疲労解消、さらに皮膚
病を防いで肌の若さを保ちます。βカロテンはビタミン A と同じような働きをしますが、
必要に応じてビタミン A に変換されていくため、ビタミン A が不足したときには代打とし
て十分の活躍してくれます。
また、びわにはポリフェノールの一種である「クロロゲン酸」も含まれています。クロロ
ゲン酸は、がん予防やウイルス疾病予防(インフルエンザ予防)に効果があると期待され
ている成分です。
びわの葉には、「タンニン」、「ビタミン B17(アミグダリン/レートリル)」が含まれ、
咳止めやがん予防に効果があるといわれています。また、タンニンは細菌の繁殖を抑制す
るので皮膚疾患やかぶれなどにも有効です。
★びわの保存方法
・常温保存で大丈夫です。
・直射日光を避けましょう。
・風通しが良く、涼しい場所で保存しましょう。
・追熟せず長期間の保存もできないので、購入後はできるだけ早め(2~3 日以内)に食べ
るようにしましょう。
・冷たいほうが好きな人は、食べる 2~3 時間前に冷やすとよいでしょう。冷やしすぎると
風味が落ちてしまいますので注意しましょう。
(文責) 鹿児島医療センター 栄養管理室 高城 佳奈子
引用改変:www.kudamononavi.com/zukan/loquat.htm
www.nagasaki-biwa.com/charm02.html
www.b-gong.net/food/Fru024.html
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
222 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content