close

Enter

Log in using OpenID

さて、お部屋の話に戻ります。各部屋、要所要所に唐紙は飾 られています

embedDownload
らい狭ければお掃除も楽でしょうが、私の泊まる部屋ほど広けれ
ば見落としが出てきてもおかしくないと思います。細部にわたっ
て前のお客さまの宿泊の痕跡が無いようにしなければならない
風の部屋 唐紙が市松模様になっている
他のお客さまがまだいらっしゃらないようでしたので、お部屋
を見せていただくことができました。私が泊まる部屋は「花
(桜・・・スウィートルーム4F1室)
」、
「蝶(4F・3F、2室)」
「風
(3F・2F、2室)」「月(3F・2F、2室)」です。「蝶」はエ
キゾチックな感じ、「風」はとてもさわやか、「月」は夜の感じ。
どのお部屋もムードがありました。部屋のムードとお風呂のモダ
ンさが対照的といえば対照的な気がしました。
これらのお部屋を、チェックアウトの12時からチェックイン
の3時までにお客様をお迎えできる状態に復活させるというこ
とは、いかに大変な作業だろうと思いました。「月」のお部屋く
月の部屋 枕もとには月のデザインの唐紙
さて、お部屋の話に戻ります。各部屋、要所要所に唐紙は飾
られています。いただいた名刺も唐紙で作られており、翌日出向
いた『唐長』さんというお店に立ち寄ったときに見つけた名刺の
紙を見て、これを使われていたのだと知りました。紙だけで
3500円/100枚でした。(↓ラウンジの唐紙)
蝶の部屋 ここにも枕元に唐紙が使われている
↑隣の私設の橋
わけですからね。お客の立場からすればチェックアウトは遅い方
がありがたいのですが、3時間で全てを整えなければならないと
いうのは、それはそれは大変なことだと思いました。
一旦息子の下宿へ行き、頼まれたものの受け渡しや、所用を済
ませ、夜、先斗町でご飯を食べようと約束して一旦引き上げまし
た。友だちが勉強しに来ていると聞いていたのにいないのでどう
したのかと思ったら、勉強が済んだので帰ったとのことでした。
一緒にご飯を食べようと強引に誘っていればよかったかも、と後
悔しました。もう一度呼んだら?と電話をかけたら、寝ていると
のこと。自分と同じような生活をしていると大笑いです。
一度ホテルに戻ったのはハッピーアワーを楽しみたかったか
らです。アルコールOKで飲み放題なのですが、後で夕食を食べ
に出るわけですから食事前に飲みすぎるわけにもいかず、セーブ
しなければならなかったのは辛いことでした。飲み物のお代わり
はいかがですかと何度も勧められましたが、食事を考えると我慢
するしかありません。フリードリンクは夜10時までとのことで
したので、いっそのことハッピーアワーの時間を夜8時から10
時の間にすれば、食事から戻ってきても飲み直す時間ができるわ
けですから、もっと利用しやすいのではないかと思いました。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
65 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content