close

Enter

Log in using OpenID

Appeon Server コンフィグレーション ガイド

embedDownload
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
Appeon® 5.1 for PowerBuilder® 日本語版
FOR WINDOWS
ドキュメント ID:DC00474-01-0510-01
改訂:2007 年 7 月 9 日
Copyright © 2000-2007 by Appeon Corporation. All rights reserved.
このマニュアルは、新版のエディションまたはテクニカル ノートに記載されるまで、
現行の Appeon ソフトウェアと継続するリリースに対応します。このマニュアルに記
載されている内容は将来予告なしに変更されることがあります。このマニュアルに
記載されているソフトウェアはライセンス契約に基づいて提供されるものであり、
無断で使用または複写することはできません。
このマニュアルの内容は Appeon Corporation の書面による事前の許可無く、電子的、
機械的、手作業、光学的、またはその他のいかなる手段によっても複製、転載、翻
訳することを禁止します。
Appeon、Appeon のロゴ、Appeon Developer、Appeon Enterprise Manager、AEM、
Appeon Server および Appeon Server Web Component は Appeon Corporation の商標また
は登録商標です。
Sybase、Adaptive Server Anywhere、Adaptive Server Enterprise、iAnywhere、
PowerBuilder、Sybase Central および Sybase jConnect for JDBC は、Sybase, Inc.の商標
または登録商標です。
Java、JDBC および JDK は Sun, Inc.の商標または登録商標です。
このマニュアルに記載されている上記以外の会社名および製品名は、それらの会社
およびその関連会社の商標または登録商標です。
政府による使用、複写、開示は、国防総省の契約に関して DFARS 52.227-7013 の細
目(c)(1)(ii)に明記されている制約事項およびその他の政府機関の契約に関して FAR
52.227-19(a)-(d) に明記されている制約事項に従います。
Appeon Corporation, 1/F, Shell Industrial Building, 12 Lee Chung Street, Chai Wan District,
Hong Kong.
目次
1 はじめに ............................................................................................. 1
1.1 対象読者 ............................................................................................................... 1
1.2 このマニュアルの内容 ......................................................................................... 1
1.3 関連マニュアル .................................................................................................... 1
1.4 不明な点があるときは ......................................................................................... 3
2 サーバ コンフィグレーション タスク ................................................. 4
2.1 概要 ...................................................................................................................... 4
2.2 本書に記載される設定情報の範囲........................................................................ 4
2.3 サーバの設定段階とタスク .................................................................................. 5
2.3.1 アプリケーション配布の設定 ...................................................................... 5
2.3.2 デバッグ処理の設定 ..................................................................................... 6
2.3.3 セキュリティ管理の設定.............................................................................. 7
2.3.4 パフォーマンス管理の設定 .......................................................................... 7
2.3.5 サーバ情報の管理の設定.............................................................................. 8
2.3.6 異常処理の設定 ............................................................................................ 8
3 Appeon Server のステータス モニタ .............................................. 10
3.1 概要 .................................................................................................................... 10
3.2 ステータス モニタの設定 ................................................................................... 10
3.2.1 appeonmonitor.bat ファイルの設定(Windows のみ) ............................. 10
3.2.2 appeonserver.bat ファイルの設定(Windows のみ) ............................... 11
3.2.3 monitor.pros ファイルの設定 ..................................................................... 12
3.2.4 Appeon Server クラスタにあるステータス モニタに必要な追加設定 ....... 15
3.3 ステータス モニタからのバックアップ情報 ...................................................... 15
3.3.1 バックアップする内容 ............................................................................... 15
3.4 ステータス モニタの使い方 ............................................................................... 16
3.4.1 ステータス モニタを起動する ................................................................... 16
3.4.2 ステータス モニタ ウィンドウ上の情報について ...................................... 16
4 データベース接続の設定 .................................................................. 18
4.1 概要 .................................................................................................................... 18
4.2 Appeon Server のコネクション キャッシュの設定 ............................................ 18
4.2.1 なぜ JDBC コネクション キャッシュを使用するか ? ................................ 19
4.2.2 JDBC ドライバ タイプ ............................................................................... 19
4.2.3 JDBC ドライバの準備 ................................................................................ 20
4.2.4 ASA/ASE のコネクション キャッシュの設定 .............................................. 23
4.2.5 Oracle のコネクション キャッシュの設定 ................................................... 29
4.2.6 IBM DB2 のコネクション キャッシュの設定 .............................................. 30
4.2.7 Microsoft SQL Server のコネクション キャッシュの設定 .......................... 31
4.2.8 SybaseIQ のコネクション キャッシュの設定 ............................................ 33
4.2.9 Informix のコネクション キャッシュの設定 ............................................... 35
4.3 トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュのマッピングの設定
................................................................................................................................. 36
4.3.1 トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュの動的なマッピ
ング..................................................................................................................... 37
4.3.2 トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュの静的なマッピ
ング..................................................................................................................... 38
4.4 データベース接続の詳細設定 ............................................................................. 38
4.4.1 アプリケーション セキュリティ ................................................................. 38
4.4.2 Appeon セキュリティ .................................................................................. 43
5 AEM ユーザ ガイド .......................................................................... 46
5.1 イントロダクション ........................................................................................... 46
5.1.1 概要 ............................................................................................................ 46
5.1.2 AEM ツール ............................................................................................... 46
5.2 入門 .................................................................................................................... 47
5.2.1 概要 ............................................................................................................ 47
5.2.2 Appeon Server の起動 ............................................................................... 47
5.2.3 AEM の起動 ............................................................................................... 48
5.2.4 AEM ヘルプ ............................................................................................... 49
5.3 サーバの配置 ...................................................................................................... 49
5.3.1 概要 ............................................................................................................ 49
5.3.2 アクティブ セッション .............................................................................. 50
5.3.3 アクティブ トランザクション .................................................................... 51
5.3.4 Web ............................................................................................................. 53
5.3.5 ログ ファイル ............................................................................................. 57
5.3.6 ログ ビューア ............................................................................................ 60
5.3.7 一時ファイルのクリーンアップ .................................................................. 61
5.3.8 配布セッション ........................................................................................... 64
5.3.9 クラスタ..................................................................................................... 64
5.3.10 ライセンス情報 ........................................................................................ 69
5.3.11 コネクション キャッシュ......................................................................... 69
5.4 アプリケーションの配置 .................................................................................... 74
5.4.1 概要............................................................................................................. 74
5.4.2 アプリケーション情報 ............................................................................... 75
5.4.3 トランザクション オブジェクト ................................................................. 76
5.4.4 文字セット .................................................................................................. 79
5.4.5 表示書式 ..................................................................................................... 85
5.4.6 アプリケーション サーバ キャッシュ ......................................................... 87
5.4.7 データウィンドウ データ キャッシュ ........................................................ 89
5.4.8 DLL/OCX ファイル ダウンロード .............................................................. 94
5.4.9 レジストリ モード ..................................................................................... 97
5.4.10 マルチスレッドのダウンロード ............................................................... 98
5.4.11 INI ファイル モード ................................................................................. 99
5.4.12 エラーメッセージのモード .................................................................... 101
5.4.13 実行モード ............................................................................................. 103
5.4.14 転送エンコーディング ........................................................................... 104
5.5 セキュリティ .................................................................................................... 104
5.5.1 概要........................................................................................................... 105
5.5.2 AEM へのログイン ................................................................................... 106
5.5.3 システムの設定 ......................................................................................... 108
5.5.4 アプリケーションの設定 .......................................................................... 112
5.5.5 グループの管理 ......................................................................................... 115
5.5.6 ユーザの管理 ............................................................................................ 118
5.5.7 配布の設定 ............................................................................................... 120
インデックス ..................................................................................... 123
はじめに
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
1 はじめに
1.1 対象読者
このマニュアルは、Appeon for PowerBuilder アーキテクチャ内で使用されるサーバの
設定を行う開発者とシステム管理者を対象としています。
1.2 このマニュアルの内容
このマニュアルは次に示す 5 章から構成されます。
第 1 章:はじめに
このマニュアルの一般的な内容を説明します。
第 2 章:サーバ コンフィグレーション タスク
Appeon Server 設定に関する段階とタスクを説明します。
第 3 章:Appeon Server ステータス モニタ
Appeon Server ステータス モニタの設定と使用方法を説明します。
第 4 章:データベース接続のセットアップ
Appeon Server とデータベース サーバの接続方法を説明します。
第 5 章:AEM ユーザ ガイド
Appeon Enterprise Manger 5.1 の設定方法を説明します。
1.3 関連マニュアル
Appeon では Appeon 製品とその機能をより良く理解するために、次のマニュアルを
提供しています。

『Appeon デモ アプリケーション チュートリアル』
Appeon デモ アプリケーションについて説明しています。Appeon デモ アプリケ
ーションには「Appeon Sales Application」、「Appeon Code Examples」、
「Appeon ACF Demo」が提供されており、PowerBuilder アプリケーションを
Web 化する Appeon の機能を体験することができます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 1
はじめに

Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
『Appeon Developer ユーザ ガイド』(または Appeon ヘルプにおける『Appeon
Developer ユーザ ガイド』)
Appeon 5.1 により提供される Appeon Developer ツールバーの使用方法を説明し
ます。
Appeon ヘルプにおける『Appeon Developer ユーザ ガイド』は『Appeon
Developer ユーザ ガイド』の HTML 版です。

『Appeon Server コンフィグレーション ガイド』
Appeon Server ステータス モニタの設定方法、Appeon Server とデータベース サー
バの接続方法、および Appeon Server と Appeon Web アプリケーションを保守す
るための AEM の設定方法を説明します。

『Appeon サポート機能ガイド-Appeon Xcelerator 版』(または『Appeon 機能ヘ
ルプ-Appeon Xcelerator 版』)
Appeon 5.1 でサポートされ、Web アプリケーションに変換可能な PowerBuilder
機能の詳細と、Appeon Xcelerator 配布オプションの使用方法、および未サポー
ト機能について説明します。
『Appeon 機能ヘルプ- Appeon Xcelerator 版』は『Appeon サポート機能ガイド
-Appeon Xcelerator 版』の HTML 版です。

『Appeon サポート機能ガイド-Pure-JavaScript 版』(または『Appeon 機能ヘル
プ-Pure-JavaScript 版』)
Appeon 5.1 でサポートされ、Web アプリケーションに変換可能な PowerBuilder
機能の詳細と、Pure-JavaScript 配布オプションの使用方法、および未サポート
機能について説明します。
『Appeon 機能ヘルプ-Pure-JavaScript 版』は『Appeon サポート機能ガイド-
Pure-JavaScript 版』の HTML 版です。

『Appeon インストレーション ガイド』
Appeon for PowerBuilder 日本語版のインストール方法について説明しています。

『Appeon マイグレーション ガイド』
Appeon による Web 化の手順と、これらの手順を構成するステップに関連する
様々なトピックを完全な図解入りで説明しており、また、チュートリアルでは
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 2
はじめに
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
小さな PowerBuilder アプリケーションを Web に配備するプロセスを一通り体験
することができます。

『Appeon パフォーマンス チューニング ガイド』
Appeon により Web 化されたアプリケーションのパフォーマンスを向上させる
ための、PowerBuilder アプリケーションの修正方法について説明しています。

『Appeon トラブルシューティング ガイド』
製品のインストレーション、Web 配布、AEM、Web アプリケーションの実行
等に関するトラブルシューティングについて説明しています。

『Appeon の紹介』
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版に含まれるすべてのドキュメントについて
説明します。

『PowerBuilder PFC ライブラリの使用方法』(または『Appeon フレームワーク
リファレンス』)
Appeon によって Web に変換する際にサポートされる PowerBuilder PFC 機能と
未サポート機能の詳細を説明します。
『Appeon フレームワーク リファレンス』 は PowerBuilder PFC ライブラリの使
用方法 の HTML 版です。

『Appeon 新機能ガイド』
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版の新機能および変更された機能を説明しま
す。
1.4 不明な点があるときは
Appeon ソフトウェアがインストールされているサイトでは、Sybase のサポート契約
を結んでいる Sybase サポート センタまたは Sybase に認定されたサポート パートナ
ーとの連絡担当の方(コンタクト パーソン)が決めております。マニュアルやオン
ライン ヘルプでは解決できない問題があった場合、その担当の方を通して Sybase の
サポート センタまたは Sybase に認定されたサポート パートナーまでご連絡くださ
い。Sybase サポート センタの Web サイトには http://www.sybase.com/support でアク
セスできます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 3
サーバ コンフィグレーション タスク
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
2 サーバ コンフィグレーション タスク
2.1 概要
Web アーキテクチャのサーバ設定は広範囲のサーバ知識が必要なので、一般的に困
難な仕事です。これは Appeon アーキテクチャに対しても同じです。Appeon アーキ
テクチャは少なくとも 3 つのタイプのサーバで構成されます:Web サーバ、アプリ
ケーション サーバ、およびデータベース サーバ。 各サーバはサード パーティ サー
バ製品にかかわります。たとえば、Appeon Server は EAServer にインストールされま
す。 Appeon アプリケーションを Web 上で実行する前に、多くの設定タスクを実行
しなければなりません。さらに、サーバのメインテナンスと管理に関する設定タス
クもあります。
本章はこのガイドにある設定情報を紹介しています。正しい設定情報を速く見つけ
るのに役立つでしょう。
2.2 本書に記載される設定情報の範囲
Appeon アーキテクチャは、開発と実行時環境を Appeon と非 Appeon アプリケーショ
ンの両方に提供できる典型的な Web アーキテクチャです。この本は、アーキテクチ
ャにおける Appeon アプリケーションをサポートするための設定を集中的に解説して
いますが、(1)アーキテクチャをセットアップするための設定、および(2)アー
キテクチャにおけるサード パーティ サーバの機能とパフォーマンスに関する設定を
提供していません。
アーキテクチャをセットアップするのに必要である設定が『Appeon インストレーシ
ョン ガイド』で説明されています。『Appeon インストレーション ガイド』に以下
の設定情報が含まれています:

サード パーティ Web サーバの設定:Appeon Server と共に Apache または IIS
Web サーバを設定します。Appeon ヘルプの『Web サーバ コンフィグレーシ
ョン ガイド』を参照してください。

Appeon Server ロードバランシングの設定: Appeon Server のロードバランシ
ングを設定します。

動的データウィンドウの設定:Appeon アプリケーションに動的データウィン
ドウを有効にするために、データベース サーバの設定を行います。

ASE の連鎖モードのパッチ設定:すべての Appeon アプリケーションに ASE
連鎖モードを適用するために、データベース サーバを設定します。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 4
サーバ コンフィグレーション タスク
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
Appeon アーキテクチャにおけるサード パーティ サーバの機能とパフォーマンスに
関する設定は、アーキテクチャに影響を与えることがあります。 例えば、データベ
ース テーブルにインデックスをつけるのは、Appeon 知識と関係がありませんが、
Appeon アプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。そ
のような設定がこの本に提供されていませんが、ご使用のサード パーティ サーバの
設定ドキュメントも参照して、Appeon アーキテクチャの素敵なパフォーマンスを達
成するために必要な設定を行うことを強く勧めます。
2.3 サーバの設定段階とタスク
テーブル 2-1 に示すように、サーバ設定がいくつかの段階に分かれています。特定
の段階に対して必要な設定をフォーカスしてます。このセクションを参考に効率的
なサーバ設定作業を行ってください。
テーブル 2-1:サーバの設定段階
設定段階
目的
アプリケーションの配布
アプリケーションのデータが正しく表示され、すべての関数が
正しく動作すること。
デバッグ処理
デバッグを効率的に行います。
セキュリティ管理
アーキテクチャでアプリケーションとサーバのセキュリティを
管理します。
パフォーマンス管理
サーバ パフォーマンスを向上させます。
サーバ情報の管理
サーバに関する情報を管理します。
異常処理
シャットダウンの場合、Appeon Server が自動的に再起動されま
す。
大多数の設定は Appeon Enterprise Manager (AEM) で行う必要があります。 AEM は、
インターネットまたはイントラネット上で Appeon Server および Appeon により配布
された Web アプリケーションを管理する Web ベースのアプリケーションです。
AEM により簡単にサーバ設定を行うことができます。
2.3.1 アプリケーション配布の設定
テーブル 2-2 に示すように、アプリケーションのデータが正しく表示され、すべて
の関数が正しく動作できるというサーバ設定タスクがリストされています。
“AEM”という表記は、タスクを AEM で行う必要があることを示します。
テーブル 2-2:アプリケーション配布の設定
タスク
説明
データベース接続
コネクション キャッシュによって、アプリケーショ
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
参照セクション
4
ページ 5
サーバ コンフィグレーション タスク
(AEM)コネクシ
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ン サーバがデータベース サーバと接続します。
5.3.10
PowerBuilder バージョン、アプリケーション サイズ
5.4.2
ョン キャッシュ
(AEM)基本情報
および DLL/OCX ファイル サイズを表示します。
(AEM)トランザ
アプリケーション トランザクション オブジェクトと
クション オブジェ
コネクション キャッシュの静的マッピングを行いま
クト
す。
(AEM)文字セッ
アプリケーション上の文字が正しく表示するため
ト
に、入力文字セットとデータベース文字セットを指
5.4.3
5.4.4
定します。
(AEM)表示書式
Pure-JavaScript 配布のみに適用します。日付、時刻
5.4.5
と通貨の表示書式を設定します。
(AEM)
Appeon Xcelerator 配布のみに適用します。DLL と
DLL/OCX ファイ
OCX ファイルをインストールしたりダウンロードす
ル ダウンロード
る方法を設定します。
(AEM)レジスト
PowerBuilder レジストリ関数を稼動させるために、
リ モード
Web アプリケーションがクライアント マシンにおけ
5.4.8
5.4.9
る Windows レジストリに直接にアクセスするか、ま
たは Appeon レジストリ エミュレーションを使用す
るかを選択します。
(AEM)INI ファ
INI ファイル関数を稼動させるために、Web アプリ
イル モード
ケーションがクライアントで INI ファイルを操作す
5.4.11
るか、または Appeon エミュレーションを使用する
かを選択します。
(AEM)エラー メ
エラー レベルによって、エラーがステータス バーま
ッセージ モード
たはポップアップ メッセージに表示するかを指定し
5.4.12
ます。
2.3.2 デバッグ処理の設定
テーブル 2-3 に示すように、Appeon アプリケーションの異常動作を効率的にデバッ
グするというサーバ設定タスクがリストされています。
テーブル 2-3:デバッグ処理期間の設定
タスク
(AEM)ログ モー
説明
参照セクション
ログ ファイルの生成モードを設定します。
5.3.5
(AEM)ログ ビュ
Appeon Server またはアプリケーション サーバにより
5.3.6
ーア
生成されるログ ファイルを参照します。
ド
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 6
サーバ コンフィグレーション タスク
(AEM)実行モー
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
Web アプリケーションの実行モードを設定します。
5.4.13
ド
2.3.3 セキュリティ管理の設定
テーブル 2-4 に示すように、Appeon アーキテクチャにアプリケーションとサーバの
セキュリティを管理するというサーバ設定タスクがリストされています。
テーブル 2-4:セキュリティ管理の設定
タスク
説明
参照セクション
データベース セキ
アプリケーションにスクリプト コードとデータベー
ュリティ
ス セキュリティを実装します。
(AEM)AEM ロ
AEM のユーザ名とパスワードを変更します。
5.5.2
(AEM)システム
システム セキュリティのモードと種類を設定しま
5.5.3
設定
す。
(AEM)アプリケ
Appeon アプリケーションへ指定グループのアクセス
ーション セキュリ
権限を制限します。
4.4
グイン
5.5.4
ティ
(AEM)グループ
グループを作成して、アクセス権限を認証します。
5.5.5
(AEM)ユーザ管
ユーザ プロファイルを作成して、アクセス権限を認
5.5.6
理
証します。
(AEM)配布セキ
Appeon Server へ配布権限を持つユーザ数を制限しま
ュリティ
す。
管理
5.5.7
2.3.4 パフォーマンス管理の設定
テーブル 2-5 に示すように、サーバ パフォーマンスを向上させるという設定タスク
がリストされています。
ノート:Appeon アーキテクチャのパフォーマンスをできるだけ向上させるために、
次のテーブルにあるタスクを除いて、すべてのサード パーティ サーバに関するドキ
ュメントの記述の手順に従わなければなりません。
テーブル 2-5:パフォーマンス管理機関の設定
タスク
説明
(AEM)アクティ
システム内のすべてのアクティブなセッションをモ
ブ セッション
ニタします。必要によってセッションを削除するこ
参照セクション
5.3.2
とができます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 7
サーバ コンフィグレーション タスク
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
(AEM)アクティ
システム内のすべてのアクティブなトランザクショ
ブ トランザクショ
ンをモニタします。必要によってトランザクション
ン
を削除することができます。
(AEM)一時ファ
一時ファイルの自動削除のスケジュール、または手
イルのクリーンア
動削除を設定します。
5.3.3
5.3.7
ップ
(AEM)配布セッ
システム内のすべての配布セッションをモニタしま
ション
す。必要によって配布セッションを削除することが
5.3.8
できます。
(AEM)アプリケ
配布済みアプリケーション間のサーバ キャッシュの
5.4.6
ーション サーバ キ メモリを割り当てます。重要なアプリケーションが
ャッシュ
キャッシュされることを確保してください。
(AEM)データウ
データの読み取りパフォーマンスを向上させるため
5.4.7
ィンドウ データ キ に Web サーバにデータウィンドウ デーをキャッシ
ャッシュ
ュします。
(AEM)マルチス
マルチスレッドで静的なリソースをダウンロードす
レッド ダウンロー
ることによって、パフォーマンスを向上させます。
5.4.10
ド
(AEM)転送エン
ネットワーク トラフィックを減少させるために、適
コーディング
切なエンコーディングを選択してください。
5.4.14
2.3.5 サーバ情報の管理の設定
テーブル 2-6 に示すように、サーバに関する情報を管理するという設定タスクがリ
ストされています。
テーブル 2-6:サーバ情報の管理の設定
タスク
(AEM)Web
説明
一時ファイルのパス、PDF プリンタの名前、セッシ
参照セクション
5.3.4
ョン タイムアウトなどを設定します。
(AEM)クラスタ
アーキテクチャにある Appeon Server の接続情報を指
5.3.9
定します。
(AEM)ライセン
ライセンス情報を参照します。
5.3.10
ス情報
2.3.6 異常処理の設定
テーブル 2-7 に示すように、Appeon Server がシャットダウンされたとき自動的に再
起動するという設定タスクがリストされています。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 8
サーバ コンフィグレーション タスク
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
テーブル 2-7:異常処理の設定タスク
タスク
ステータス モニタ
説明
Appeon Server が自動的に再起動できるように、
参照セクション
3
Appeon Server ステータス モニタを設定します。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 9
Appeon Server のステータス モニタ
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
3 Appeon Server のステータス モニタ
3.1 概要
Appeon Server ステータス モニタ(以下“ステータス モニタ”と呼ぶ)は、Appeon
Server がインストールされたときに自動的にインストールされる小さなプログラム
です。このプログラムは Appeon Server のセッション情報をバックアップして、
Appeon Server が起動状態であるかどうかをモニタします。また、Appeon Server がシ
ャットダウンした場合、Appeon Server を自動的に起動して、実行情報を復旧するこ
とができます。
3.2 ステータス モニタの設定
ステータス モニタを起動する前に、次のファイルを設定する必要があります:

<Appeon Home>\bin\appeonmonitor.bat

<Appeon Home>\bin\appeonserver.bat

<Appeon Home>\repository\<instance>\config\monitor.props
ここで、<Appeon Home> は Appeon Server のインストレーション パスを示します。
注意:ステータス モニタが再起動されるまで、これらの設定は有効になりません。
3.2.1 appeonmonitor.bat ファイルの設定(Windows のみ)
appeonmonitor.bat ファイルは Windows 環境でステータス モニタを起動するためのバ
ッチ プログラムです。
appeonmonitor.bat ファイルで次のような設定を行う必要があります。
テーブル 3-1:appeonmonitor.bat ファイルの設定
設定項目
JAVA_HOME
説明
ステータス モニタの JDK のロケーションを指定する。JDK は
Appeon Server に使われている必要がある。
例:
JAVA_HOME=C:\Program Files\Sybase\Shared\jdk1.4.1_03
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 10
Appeon Server のステータス モニタ
APPEON_HOME
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
Appeon Server ホーム ディレクトリを指定する。
APPEON_HOME =<JAGUAR>\appeon
<JAGUAR> は EAServer のインストレーション ディレクトリを示し
ます。
例:
APPEON_HOME=C:\Program Files\Sybase\EAServer\appeon
J2EE_JAR
デフォルトの設定:
J2EE_JAR=<JAGUAR>\java\lib\easj2ee.jar
<JAGUAR> は EAServer のインストレーション ディレクトリを示し
ます。
例:
J2EE_JAR=C:\Program Files\Sybase\EAServer\java\lib\easj2ee.jar
CLASS_PATH
デフォルトの設定に変更しないでください。
3.2.2 appeonserver.bat ファイルの設定(Windows のみ)
appeonserver.bat ファイルは Appeon Server のシャットダウン時にステータス モニタ
ーによって実行されるバッチ プログラムです。
ファイルには下記のコードが含まれています:
REM if use EAServer, please uncomment the line below.
REM start cmd /c "<EAServer>\bin\serverstart.bat" -jvmtype server
ファイルに次の設定をしてください:

Appeon Server のインストール先のサーバを起動するために、そのコメントを解
除します。Appeon Server は EAServer にインストールされているので、“REM
start cmd /c "<EAServer>\bin\serverstart.bat”コマンド ラインの先頭の“REM”を
削除してコメントを解除します。

“<EAServer>” を EAServer ホーム ディレクトリに変更してください。
例:
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 11
Appeon Server のステータス モニタ
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
start cmd /c "C: \Program Files\Sybase\EAServer\bin\serverstart.bat" -jvmtype server
3.2.3 monitor.pros ファイルの設定
monitor.pros ファイルにはステータス モニタのプロパティ設定が含まれています。
monitor.pros ファイルに次の設定を行う必要があります。
テーブル 3-2:monitor.pros ファイルの設定
設定項目
com.appeon.server.monitor.
説明
監視するサーバ インスタンスの名前
instance.names
複数のインスタンスがある場合、カンマ(”,”)を使ってイン
スタンスの名前を区切る必要があります。
com.appeon.server.monitor.
サーバ インスタンスの CPU 情報
instance.cpus
その値は CPU0 から CPU31 までに設定できます。アステリス
ク (“*”) に設定する場合、ローカル マシンにあるすべての
CPU を示します。
1 つ以上のサーバがある場合、カンマ(”,”)を使ってインス
タンスの名前を区切り、
com.appeon.server.monitor.instance.names を設定した順番と同じ
順番で並ぶ必要があります。
サーバに複数の CPU がある場合、プラス記号 (“+”) で連結す
ることができます。
com.appeon.server.monitor.
ステータス モニタが Appeon Server を監視するためのポート
ports
番号
カンマ(”,”)を使って、複数のサーバ インスタンスを区切
り、com.appeon.server.monitor.instance.names を設定した順番と
同じ順番で並ぶ必要があります。
ここで指定するポート番号は他で使用されていないことを確
認してください。この設定は Appeon Server を再起動するまで
有効になりません。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 12
Appeon Server のステータス モニタ
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
com.appeon.server.monitor.
ステータス モニタは Appeon Server がシャットダウンしたと
files
きチェックするファイル
カンマ(”,”)を使って、複数のサーバ インスタンスを区切
り、com.appeon.server.monitor.instance.names を設定した順番と
同じ順番で並ぶ必要があります。
com.appeon.server.monitor.
Appeon Server の起動に使用するコマンド ライン
instance.commandlines
デフォルトの設定:
com.appeon.server.monitor.instance.commandlines=appeonserver.b
at
カンマ(”,”)を使って複数のサーバ インスタンスを区切り、
com.appeon.server.monitor.instance.names を設定した順番と同じ
順番で並ぶ必要があります。
com.appeon.server.monitor.
ステータス モニタが通知メールを送信するためのメール サー
mail.smtp.server
バ
ネットワーク管理者に連絡して、アクセスできる有効なメー
ル サーバを取得します。
com.appeon.server.monitor.
ステータス モニタの通知メールの送信先のメール アドレス
mail.smtp.recievers
1つまたは複数のメール アドレスを設定できます。
複数の送信先を設定するには、カンマ(”,”)を使ってメール
アドレスを区切る必要があります。
この設定を行った後、自動メールを送信することができま
す。
com.appeon.server.monitor.
メール サーバに使用するポートの番号
mail.smtp.port
ネットワーク管理者に連絡して、指定されたメール サーバの
有効なポート番号を取得します。デフォルトでは、ポート番
号は 25 です。
com.appeon.server.monitor.
送信元のアカウント
mail.smtp.sender.account
メール サーバが SMTP を使用する場合、メールを送信するた
めのアカウントを指定する必要があります。指定しなかった
場合、匿名メールを送信します。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 13
Appeon Server のステータス モニタ
com.appeon.server.monitor.
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
送信元アカウントのパスワード
mail.smtp.sender.password
メール サーバが SMTP を使用する場合、パスワードを指定す
る必要があります。
com.appeon.server.monitor.
自動バックアップを行う時間間隔
session.checkcycle
単位は秒です。
com.appeon.server.monitor.
セッションの自動バックアップを開始したり、停止するため
session.backup
のスイッチ
true または false に設定します。
com.appeon.server.monitor.
メモリ情報をチェックする時間間隔
memory.checkcycle
単位は秒です。
com.appeon.server.monitor.
メモリ使用量の最大値
memory.maxvalue
設定値の範囲は 0~10 です。
メモリの使用量が最大に達したとき、ステータス モニタはア
クティブなセッションが存在しているかをチェックし、もし
存在しなければ、サーバ インスタンスをすぐに再起動するこ
とができます。アクティブなセッションが 2 つ以上存在して
いる場合、モニタはリスタート フラグに従ってサーバ インス
タンスを再起動するかどうかを決定します。再起動する前
に、モニタはバックアップ設定に従ってセッションをバック
アップするかどうかを決定します。
com.appeon.server.monitor.
メモリ使用量の最小値
memory.minvalue
設定値の範囲は 0~10 です。
メモリの使用量が最小になったとき、ステータス モニタはア
クティブなセッションが存在しているかをチェックし、もし
存在しなければ、サーバ インスタンスをすぐに再起動するこ
とができます。アクティブなセッションが 2 つ以上存在して
いる場合、ステータス モニタはメモリ使用量が最大に達する
までチェックし続けます。
com.appeons.erver.monitor.
メモリ使用量が最大に達したときにサーバ インスタンスを強
memory.restart
制的に再起動するかを指定します。
true または false に設定します。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 14
Appeon Server のステータス モニタ
com.appeon.server.monitor.
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
スケジュールされたタスクの周期
scheduled.task.cycle
その値は daily、weekly または monthly に設定できますが、現
在は日単位(daily)しかサポートされません。
com.appeon.server.monitor.
スケジュールされたタスクの開始時刻
scheduled.task.when
設定値の範囲は 00:00:00 から 23:59:59 までです。
com.appeon.server.monitor.
スケジュールされたタスクが開始したとき、アクティブなセ
scheduled.task.restart
ッションが存在している場合サーバ インスタンスを再起動す
るかを指定します。
true または false に設定します。
3.2.4 Appeon Server クラスタにあるステータス モニタに必要な追加設定
Appeon Server がクラスタにある場合、Appeon Server は「アクティブな」セッション
だけではなく、「パッシブな」セッションもバックアップします。「パッシブな」
セッションはクラスタにある別の Appeon Server によって作成されたリモート セッ
ションです。
Appeon Server が異常にシャットダウンした後、ステータス モニタによって再起動さ
れる場合には、Appeon Server の「アクティブな」セッションが常に復元されます。
AEM のクラスタ ツールで「ステータス モニタにロジック復元を有効にする」オプ
ションを選択した場合のみ、「パッシブな」セッションが復元されることができま
す。このオプションを選択しない場合、ステータス モニタは Appeon Server の「ア
クティブな」セッションを復元しますが、「パッシブな」セッションを復元しませ
ん。
3.3 ステータス モニタからのバックアップ情報
ステータス モニタは Appeon Server の状態を検知して、セッション情報をバックア
ップおよびリストアします。Appeon Server が異常終了すると、ステータス モニタは
これを検知して自動的に Appeon Server をリスタートし、Appeon Server がシャット
ダウンする前の最新のバックアップ情報で Appeon Server の最新のステータスをリス
トアします。
3.3.1 バックアップする内容
ステータス モニタは、次の情報を含む Appeon Server のセッション情報を定期的に
バックアップします。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 15
Appeon Server のステータス モニタ
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版

ユーザの認証情報

Appeon Server のトランザクション コンポーネントへの参照

NVO コンポーネントへの参照
次の内容をバックアップできません:

アクティブなトランザクションが処理中の情報

ステートフル NVO のステータス
3.4 ステータス モニタの使い方
3.4.1 ステータス モニタを起動する
ステップ 1 - <Appeon Home> ディレクトリ下の bin フォルダに移動します。このフ
ォルダ内に appeonmonitor.bat ファイルがあります。
例:C:\Program Files\Sybase\EAServer\appeon\bin.
ステップ 2 - appeonmonitor.bat ファイルを実行して、ステータス モニタを起動しま
す。
ステータス モニタの起動に成功すると、ステータス モニタ ウィンドウが表示され、
ステータス モニタが機能していることを示します。ステータス モニタの実行を維持
したい場合はステータス モニタ ウィンドウのオープンまたは最小化を維持してくだ
さい。ステータス モニタ ウィンドウを閉じると、ステータス モニタは動作を終了
してバックアップ情報を失います。
3.4.2 ステータス モニタ ウィンドウ上の情報について
Appeon Server ステータス モニタは、単一または複数のサーバ インスタンスを同時
に監視することができます。ウィンドウの左下隅に表示されたサインから、監視さ
れるために設定されたサーバ インスタンスの状態を了解できます。ステータス モニ
タ ウィンドウには 3 つのサインがあります。

[-]―― ステータス モニタが正しく動作していることを示します。

[S]―― ステータス モニタを起動してから、Appeon Server を起動する場合、
サーバ インスタンスがシャットダウンしていることを示します。

[C]―― Appeon Server を起動してから、ステータス モニタを起動する場合、
サーバ インスタンスがシャットダウンしていることを示します。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 16
Appeon Server のステータス モニタ
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
例えば、図 3-1 に示すステータス モニタ ウィンドウには、ステータス モニタが正し
く動作していることを示します。
図 3-1: ステータス モニタ
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 17
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
4 データベース接続の設定
4.1 概要
Appeon によって配布されるアプリケーションのデータベースの構成手順は、
PowerBuilder アプリケーションのデータベースの構成手順と同じです。しかし、デ
ータベース サーバがアクセスされる方法は異なり、PowerBuilder アプリケーション
はトランザクション オブジェクトを介して直接データベース サーバをアクセスしま
すが、Appeon によって配布されたアプリケーションでは Appeon Server のコネクシ
ョン キャッシュを介してデータベース サーバにアクセスします。
この章では Appeon によって配布されたアプリケーションがどのようにしてデータ
ベースにアクセスするかを説明します。これには次に示す 2 つの主要な作業があり
ます:

データベース サーバと Appeon Server 間のコミュニケーションの設定。
これについてはセクション 4.2「Appeon Server のコネクション キャッシュの
設定」を参照してください。

Appeon によって配布されたアプリケーションと Appeon Server 間のコミュニ
ケーションの設定。これについてはセクション 4.3「トランザクション オブ
ジェクトとコネクション キャッシュのマッピングの設定」を参照してくださ
い。
データベース接続の設定には、いくつかの高度な構成があります。この章では、そ
のような構成を Appeon 環境内で行うための共通のテクニックを説明します。
4.2 Appeon Server のコネクション キャッシュの設定
Web アプリケーションのコネクション キャッシュは、ターゲット PowerBuilder アプ
リケーションのトランザクション オブジェクトと対応するものです。ターゲット
PowerBuilder アプリケーションのトランザクション プロパティには、コネクション
キャッシュの構成に相当するデータベース接続のパラメータが含まれています。
Appeon Web アプリケーションは、Appeon Server の JDBC 接続を使用してデータベ
ース サーバ と対話します。JDBC 接続のコネクション キャッシュを作成すると、異
なる JDBC ドライバを使用できますが、データベース タイプに応じてどの JDBC ド
ライバを使用するかについて Appeon からいくつか推奨しています。
この章では、各種データベースに対してコネクション キャッシュの設定方法をいく
つか説明しています。JDBC のコネクション キャッシュの作成に問題がある場合は、
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 18
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
データベースまたは JDBC ドライバのベンダーから、または Sybase EAServer から関
連ドキュメントを参照してください。
4.2.1 なぜ JDBC コネクション キャッシュを使用するか ?
Appeon の Web アプリケーションのデータに関連する操作は Appeon Server によって
管理されます。これには、J2EE テクノロジーで構築された JDBC インタフェースが
必要です。インタフェース(ODBC、JDBC、またはネィティブ ドライバ)に関わら
ず、ターゲット PowerBuilder アプリケーションはこれらのデータベース接続を使用
できますが、Web アプリケーションではいつも JDBC を使用する必要があります。
JDBC インタフェースの 1 つの問題は、多くの PowerBuilder アプリケーションはネ
ィティブ ドライバを使用しており、ネィティブ/ODBC データベース インタフェー
スと JDBC インタフェースの振る舞いに相違があることです。JDBC コネクション
キャッシュを構成する前に問題が無いことを確認するために、JDBC ドライバと共
に PowerBuilder アプリケーションをテストするべきです。
4.2.2 JDBC ドライバ タイプ
JDBC コネクション キャッシュでは、次に示す 4 つの JDBC ドライバ タイプを使用
できます:
タイプ 1: JDBC-ODBC ブリッジ
タイプ 2: Native-API/partly Java ドライバ
タイプ 3: Net-protocol/all-Java ドライバ
タイプ 4: Native-protocol/all-Java ドライバ
これらのタイプにはそれぞれ長所と短所があります。固有のアプリケーションとデ
ータベースに対し、どのタイプの JDBC ドライバが最も良く動作するかを決定する
ために実行テストを行うべきです。一般に、タイプ 3 とタイプ 4 のドライバはタイ
プ 2 よりもより良いパフォーマンスを示し、イントラネットおよびインターネット
の両方における Web 配布ではタイプ 3 またはタイプ 4 を評価することを推奨します。
パフォーマンスの面で考慮すると、タイプ 2 のドライバは、レスポンス タイムが比
較的速いイントラネット環境でのみ使用するべきです。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 19
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
4.2.3 JDBC ドライバの準備
4.2.3.a PowerBuilder コンポーネント サポート ファイルの準備
配布されたアプリケーションでデータベースと JDBC ドライバを使用するには、次
に示す PowerBuilder コンポーネント サポート ファイルを Appeon Server マシン
の %JAGUAR%\java\lib ディレクトリに追加する必要があります。%JAGUAR% は
Appeon Server のホストとなる EAServer のインストレーション パスを示します:

PowerBuilder 9 と 10:pbjdbc12105.jar
これらのファイルは、%Sybase%\Shared\PowerBuilder フォルダにあります。これら
のファイルのバージョンが、Appeon がサポートする PowerBuilder のバージョンと同
じであることを確認してください。
4.2.3.b JDBC ドライバのチェックリスト
アプリケーションで使用するデータベースの JDBC コネクション キャッシュを構成
する前に、JDBC ドライバ ファイルを Appeon Server マシンの %JAGUAR%\java\lib
ディレクトリにコピーする必要があります。%JAGUAR% は Appeon Server のホスト
となる EAServer のインストレーション パスを示します。テーブル 4-1
は %JAGUAR%\java\lib ディレクトリにコピーする JDBC ドライバ ファイルのチェ
ックリストです。
テーブル 4-1:JDBC ドライバのチェックリスト
データ
ドライバ
ドライバ
ベース
タイプ
ファイル
ドライバ ファイル利用方法
ASA 7,
jConnect
jConnect 5.5 で使
%Sybase%\Shared\jConnect-5_5\classes また
8, 9
JDBC ドライ
用するファイ
は %Sybase%\Shared\jConnect-6_0\classes か
バ
ル:jconn2.jar
ら利用。
jConnect 6 で使
ノート:jConnect を適切に機能させるには
用するファイ
%Sybase%\Shared\jConnect-5_5\sp で提供さ
ル:jconn3.jar
れる sql_asa.sql をインストール。
-
Java 2 SDK Standard エディションにバンド
Sun JDBCODBC ドラ
ル。 ダウンロードの必要はありません。
イバ
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 20
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
iAnywhere
dbjodbc8.dll (ま
Sybase ASA 8.0.2 ビルド 4361 以上で可能。
JDBC ドライ
たは
前のバージョンは http://sybase.com/downloads
バ
dbjodbc9.dll)
からダウンロード。
jodbc.jar
ノート:dbjodbc8.dll または dbjodbc9.dll ファ
イルを、%JAGUAR%\java\lib フォルダにコ
ピーしないで、%JAGUAR_JDKxx%\jre\bin
フォルダにコピーしてください。
ASE
jConnect
jConnect 5.5 で使
%Sybase%\Shared\jConnect-5_5\classes また
12.0 ,
JDBC ドライ
用するファイ
は %Sybase%\Shared\jConnect-6_0\classes か
12.5.x ま
バ
ル:jconn2.jar
ら利用。
jConnect 6 で使
ノート:jConnect を適切に機能させるには、
用するファイ
ASE 12.0 では sql_server12.sql、ASE 12.5 で
ル:jconn3.jar
は sql_server12.5.sql をインストール。
たは
15.x
SybaseI
jConnect
jConnect 5.5 で使
%Sybase%\Shared\jConnect-5_5\classes また
Q 12.6
JDBC ドライ
用するファイ
は %Sybase%\Shared\jConnect-6_0\classes か
バ
ル:jconn2.jar
ら利用。
jConnect 6 で使
用するファイ
ル:jconn3.jar
Sun JDBC-
-
ODBC ドラ
Java 2 SDK Standard エディションにバンド
ル。 ダウンロードの必要はありません。
イバ
Oracle 8i
Oracle JDBC
classes12.zip
ドライバ
Oracle Web サイト
(http://otn.oracle.com/software/tech/java/sqlj_jdb
Oracle8i 8.1.7.1
c/index.html)から利用可能。
パッチ
nls_charset12.zip
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 21
データベース接続の設定
Oracle 9i
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
Oracle JDBC
JDK 1.3 で使用す Oracle Web サイト
ドライバ
るファイル:
(http://otn.oracle.com/software/tech/java/sqlj_jdb
c/index.html) から利用可能。
classes12.zip
ノート:Classes12.zip と ojdbc14.jar は同じ場
nls_charset12.zip
所に配置できず、同時使用はできません。
JDK 1.4 で使用す
るファイル:
Ojdbc14.jar
Oracle
Oracle JDBC
JDK 1.3 で使用す Oracle Web サイト
10g
ドライバ
るファイル:
(http://otn.oracle.com/software/tech/java/sqlj_jdb
c/index.html) から利用可能。
classes12.zip
ノート:Classes12.zip と ojdbc14.jar は同じ場
JDK 1.4 で使用す 所に配置できず、同時使用はできません。
るファイル:
Ojdbc14.jar
orai18n.jar
SQL
jTDS JDBC
Server
ドライバ
jtds-1.0.2.jar
SourceForge Web サイト
(http://prdownloads.sourceforge.net/jtds)から利
用可能。
2000
(推奨)
ノート:jtds-1.0.2.jar ファイルが含まれる
jtds-1.0.2-dist.zip ファイルをダウンロードす
る必要があります。
テストによって、jTDS JDBC ドライバは、
メモリリーク発生の防止およびパフォーマ
ンス向上の点で、Microsoft SQL Server JDBC
ドライバよりもより良いです。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 22
データベース接続の設定
Microsoft
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
msbase.jar
(http://www.microsoft.com/sql/downloads) から
SQL Server
JDBC ドライ
Microsoft Web サイト
mssqlserver.jar
利用可能。
msutil.jar
ノート:このファイルには異なるバージョ
バ
ンがあります。ファイル サイズが次と同じ
であることを確認してください。
msbase.jar:281KB
mssqlserver.jar:66KB
msutil.jar:58KB
SQL
jTDS JDBC
Server
ドライバ
jtds-1.2.jar
SourceForge Web サイト
(http://prdownloads.sourceforge.net/jtds)から利
用可能。
2005
(推奨)
ノート:jtds-1.2.jar ファイルが含まれる jtds1.2-dist.zip ファイルをダウンロードする必要
があります。
Microsoft
sqljdbc.jar
Microsoft Web サイト
SQL Server
(http://www.microsoft.com/sql/downloads) から
JDBC ドライ
利用可能。
バ
DB2
IBM JDBC
db2java.zip と
DB2 Server のインストール ディレクトリの
UDB 8.2
ドライバ
db2jcc.jar の一方
java または java12 フォルダから利用可能。
または両方
JDBC ドライバのバージョンは DB2 と一致
する必要があります。
Informix
Informix
ifxjdbc.jar と
IBM Web サイト (http://www-
9.x
JDBC ドライ
ifxjdbcx.jar の一
306.ibm.com/software/data/informix/tools/jdbc/)
バ
方または両方
から利用可能。
4.2.4 ASA/ASE のコネクション キャッシュの設定
ASA データベースは jConnect(推奨)、iAnywhere および Sun JDBC-ODBC ブリッ
ジドライバをサポートしています。
ASE データベースは jConnect JDBC ドライバのみをサポートしています。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 23
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
4.2.4.a jConnect JDBC ドライバのコネクション キャッシュの設定
jConnect を使用して ASA/ASE と接続する Appeon Server コネクション キャッシュを
設定するには、次に示すステップを実行します:
ステップ 1 - EAServer を開始し、AEM にログインします。
ステップ 2 - ツリービュー内の[コネクション キャッシュ]をクリックします。ユ
ーザ名およびパスワードを入力します。デフォルトのユーザ名は“jagadmin”です。
図 4-1:AEM でコネクション キャッシュの設定
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 24
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ステップ 3 -「コネクション キャッシュの追加」ボタンをクリックします。
図 4-2:コネクション キャッシュ一覧
ステップ 4 - 表示される[コネクション キャッシュを追加]ページに、テーブル
4-2 で示す設定を行います。
テーブル 4-2:コネクション キャッシュのプロパティ
コネクション
コネクション キャッシュの名前を入力します。
キャッシュ名
ドライバ型
コネクション キャッシュのドライバ型に“Sybase jConnect Driver”を
選択します。
クラス名
ドライバの文字列に“com.sybase.jdbc2.jdbc.SybDriver”(jConnect 5.5 に
適用)または“com.sybase.jdbc3.jdbc.SybDriver”(jConnect 6.0 に適用)
を入力します(大文字小文字を区別します)。
データベース
データベース ホストを入力します。
ホスト
データベース
データベース ポートを入力します。ASA のデフォルトのポート番号は
ポート
2638 です。ASE のデフォルトのポート番号は 2048 です。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 25
データベース接続の設定
データベース/
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
データベース名またはサービス名を入力します。
サービス名
ユーザ名
ログイン ユーザ名を入力します。ユーザ名はデータベース サーバに設
定されたユーザ名です。
パスワード
ログイン パスワードを入力します。パスワードはデータベース サーバ
に設定されたパスワードです。
URL
構文:: jdbc:sybase:Tds:hostname:port/dbname
図 4-3:コネクション キャッシュの追加
ステップ 5 -[コネクション キャッシュを追加]ボタンをクリックします。必要な
設定をしてから“コネクション キャッシュが追加されました”というメッセージが
表示されます。
ステップ 6 - コネクション キャッシュが一覧への追加が終わりましたから、[コネ
クションをテスト]ボタンをクリックします。コネクション キャッシュが正しく接
続するかどうかというメッセージが表示されます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 26
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
4.2.4.b Sun JDBC ドライバのコネクション キャッシュの設定
Sun JDBC ドライバの設定におけるステップ 1~3 は、セクション 4.2.4.a 「jConnect
JDBC ドライバのコネクション キャッシュの設定」と同じです。
ステップ 1 - EAServer を開始し、AEM にログインします。
ステップ 2 - ツリービュー内の[コネクション キャッシュ]をクリックします。ユ
ーザ名およびパスワードを入力します。デフォルトのユーザ名は“jagadmin”です。
ステップ 3 -「コネクション キャッシュの追加」ボタンをクリックします。
ステップ 4 – 表示される[コネクション キャッシュを追加]ページに、テーブル 4-3
で示す設定を行います。
テーブル 4-3:コネクション キャッシュのプロパティ
コネクション
コネクション キャッシュの名前を入力します。
キャッシュ名
ドライバ型
コネクション キャッシュのドライバ型に“ODBC-JDBC Bridge”を選
択します。
クラス名
ドライバの文字列に“sun.jdbc.odbc.JdbcOdbcDriver”を入力します
(大文字小文字を区別します)。
ODBC データ
ODBC データソース名を入力します。例:“appeonsample”。
ソース名
ユーザ名
ログイン ユーザ名を入力します。ユーザ名はデータベース サーバに設
定されたユーザ名です。
パスワード
ログイン パスワードを入力します。パスワードはデータベース サーバ
に設定されたパスワードです。
URL
構文: jdbc:odbc:DSNname
DSNname はデータベースに作成された ODBC DSN の名前を示します。
例:jdbc:odbc:SybaseASE
ステップ 5 -[コネクション キャッシュを追加]ボタンをクリックします。必要な
設定をしてから“コネクション キャッシュが追加されました”というメッセージが
表示されます。
ステップ 6 - コネクション キャッシュが一覧への追加が終わりましたから、[コネ
クションをテスト]ボタンをクリックします。コネクション キャッシュが正しく接
続するかどうかというメッセージが表示されます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 27
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
4.2.4.c iAnywhere JDBC ドライバのコネクション キャッシュの設定
iAnywhere JDBC ドライバの設定におけるステップ 1~3 は、セクション 4.2.4.a
「jConnect JDBC ドライバのコネクション キャッシュの設定」と同じです。
ステップ 1 - EAServer を開始し、AEM にログインします。
ステップ 2 - ツリービュー内の[コネクション キャッシュ]をクリックします。ユ
ーザ名およびパスワードを入力します。デフォルトのユーザ名は“jagadmin”です。
ステップ 3 -「コネクション キャッシュの追加」ボタンをクリックします。
ステップ 4 - 表示される[コネクション キャッシュを追加]ページに、テーブル
4-4 で示す設定を行います。
テーブル 4-4:コネクション キャッシュのプロパティ
コネクション
コネクション キャッシュの名前を入力します。
キャッシュ名
ドライバ型
コネクション キャッシュのドライバ型に “Other”を選択します。
クラス名
ドライバの文字列に“ianywhere.ml.jdbcodbc.IDriver”を入力します
(大文字小文字を区別します)。
ユーザ名
ログイン ユーザ名を入力します。ユーザ名はデータベース サーバに設
定されたユーザ名です。
パスワード
ログイン パスワードを入力します。パスワードはデータベース サーバ
に設定されたパスワードです。
URL
構文: jdbc:odbc:DSNname
ステップ 5 -[コネクション キャッシュを追加]ボタンをクリックします。必要な
設定をしてから“コネクション キャッシュが追加されました”というメッセージが
表示されます。
ステップ 6 - コネクション キャッシュが一覧への追加が終わりましたから、[コネ
クションをテスト]ボタンをクリックします。コネクション キャッシュが正しく接
続するかどうかというメッセージが表示されます。
ノート:Sybase ASE または Oracle のようなエンタプライズ データベースに接続す
るために、iAnywhere ドライバ、Merant、または他の ODBC を使用する場合、Web
データウィンドウの検索が実行されるたびに図 4-4 に示すメッセージまたは類似し
たメッセージが Appeon Server 上に表示されることがあります。メッセージの[OK]ボ
タンをクリックするまで Web ブラウザはブランクのままとなります。これは、デー
タベースの使用に対し、データベース ドライバのライセンスが無い場合に表示され
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 28
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ます。この問題を解決し iAnywhere ドライバの使用を続けるためには、Sybase から
適切なライセンスを取得してください。他のすべてのデータベース ドライバについ
てはドライバのベンダーへお問い合わせください。
図 4-4:ライセンス警告メッセージ
4.2.5 Oracle のコネクション キャッシュの設定
Appeon は、Oracle データベースには JDBC-ODBC ブリッジ ドライバよりも Oracle
JDBC ドライバの使用を推奨します。Oracle JDBC ドライバを使用するコネクション
キャッシュの設定手順を以下に示します。
ステップ 1 - EAServer を開始し、AEM にログインします。
ステップ 2 - ツリービュー内の[コネクション キャッシュ]をクリックします。ユ
ーザ名およびパスワードを入力します。デフォルトのユーザ名は“jagadmin”です。
ステップ 3 -「コネクション キャッシュの追加」ボタンをクリックします。
ステップ 4 - 表示される[コネクション キャッシュを追加]ページに、テーブル
4-5 で示す設定を行います。
テーブル 4-5:コネクション キャッシュのプロパティ
コネクション
コネクション キャッシュの名前を入力します。
キャッシュ名
ドライバ型
コネクション キャッシュのドライバ型“Oracle JDBC Driver”を選択
します。
クラス名
ドライバの文字列に“oracle.jdbc.driver.OracleDriver”を入力します
(大文字小文字を区別します)。
データベース
データベース ホストを入力します。
ホスト
データベース
データベース ポートを入力します。デフォルトは 1521 です。
ポート
データベース/
データベースまたはサービス名を入力します。
サービス名
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 29
データベース接続の設定
ユーザ名
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ログイン ユーザ名を入力します。ユーザ名はデータベース サーバに設
定されたユーザ名です。
パスワード
ログイン パスワードを入力します。パスワードはデータベース サーバ
に設定されたパスワードです。
URL
DB URL を指定してデータベース接続を確立します。
構文:jdbc:oracle:thin:@hostname:port:DBName
例:jdbc:oracle:thin:@192.0.0.91:1512:oracletest01
ステップ 5 -[コネクション キャッシュを追加]ボタンをクリックします。必要な
設定をしてから“コネクション キャッシュが追加されました”というメッセージが
表示されます。
ステップ 6 - コネクション キャッシュが一覧への追加が終わりましたから、[コネ
クションをテスト]ボタンをクリックします。コネクション キャッシュが正しく接
続するかどうかというメッセージが表示されます。
4.2.6 IBM DB2 のコネクション キャッシュの設定
Appeon は、IBM DB2 データベースには JDBC-ODBC ブリッジ ドライバよりも IBM
JDBC ドライバの使用を推奨します。IBM JDBC ドライバを使用するコネクション
キャッシュの設定手順を以下に示します。
ステップ 1 - EAServer を開始し、AEM にログインします。
ステップ 2 - ツリービュー内の[コネクション キャッシュ]をクリックします。ユ
ーザ名およびパスワードを入力します。デフォルトのユーザ名は“jagadmin”です。
ステップ 3 -「コネクション キャッシュの追加」ボタンをクリックします。
ステップ 4 - 表示される[コネクション キャッシュを追加]ページに、テーブル
4-6 で示す設定を行います。
テーブル 4-6:コネクション キャッシュのプロパティ
コネクション
コネクション キャッシュの名前を入力します。
キャッシュ名
ドライバ型
コネクション キャッシュのドライバ型に“IBM JDBC Driver”を選択
します。
クラス名
ドライバの文字列に“COM.ibm.db2.jdbc.net.DB2Driver”を入力しま
す。(大文字小文字を区別します)。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 30
データベース接続の設定
データベース
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
データベース ホストを入力します。
ホスト
データベース
データベース ポートを入力します。
ポート
データベース/
データベースまたはサービス名を入力します。
サービス名
ユーザ名
ログイン ユーザ名を入力します。ユーザ名はデータベース サーバに設
定されたユーザ名です。
パスワード
ログイン パスワードを入力します。パスワードはデータベース サーバ
に設定されたパスワードです。
URL
DB URL を指定してデータベース接続を確立します。
構文:jdbc:db2://hostname:port/DBName
例:jdbc:db2://192.0.0.71:6789/SAMPLE
ノート: JDBC によって使用されるポートは、db2 クライアントによって
使用されるものと異なります。デフォルトの JDBC ポートは 6789 、db2
クライアントのポートは 50000 です。
ステップ 5 -[コネクション キャッシュを追加]ボタンをクリックします。必要な
設定をしてから“コネクション キャッシュが追加されました”というメッセージが
表示されます。
ステップ 6 - コネクション キャッシュが一覧への追加が終わりましたから、[コネ
クションをテスト]ボタンをクリックします。コネクション キャッシュが正しく接
続するかどうかというメッセージが表示されます。
4.2.7 Microsoft SQL Server のコネクション キャッシュの設定
4.2.7.a jTDS JDBC ドライバのコネクション キャッシュの設定
Appeon は、メモリリーク発生の防止およびパフォーマンス向上の点で、SQL Server
データベースには Microsoft SQL Server JDBC ドライバよりも jTDS JDBC ドライバの
使用を推奨します。jTDS ドライバを使用するコネクション キャッシュの設定手順
を以下に示します。
ステップ 1 - EAServer を開始し、AEM にログインします。
ステップ 2 - ツリービュー内の[コネクション キャッシュ]をクリックします。ユ
ーザ名およびパスワードを入力します。デフォルトのユーザ名は“jagadmin”です。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 31
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ステップ 3 -「コネクション キャッシュの追加」ボタンをクリックします。
ステップ 4 - 表示される[コネクション キャッシュを追加]ページに、テーブル
4-7 で示す設定を行います。
テーブル 4-7:コネクション キャッシュのプロパティ
コネクション
コネクション キャッシュの名前を入力します。
キャッシュ名
ドライバ型
コネクション キャッシュのドライバ型に“Other”を選択します。
クラス名
ドライバの文字列に“net.sourceforge.jtds.jdbc.Driver”を入力します
(大文字小文字を区別します)。
ユーザ名
ログイン ユーザ名を入力します。ユーザ名はデータベース サーバに設
定されたユーザ名です。
パスワード
ログイン パスワードを入力します。パスワードはデータベース サーバ
に設定されたパスワードです。
URL
構文:jdbc:jtds:sqlserver://Hostname:port/DBName
ステップ 5 -[コネクション キャッシュを追加]ボタンをクリックします。必要な
設定をしてから“コネクション キャッシュが追加されました”というメッセージが
表示されます。
ステップ 6 - コネクション キャッシュが一覧への追加が終わりましたから、[コネ
クションをテスト]ボタンをクリックします。コネクション キャッシュが正しく接
続するかどうかというメッセージが表示されます。
4.2.7.b Microsoft SQL Server JDBC ドライバのコネクション キャッシュの設定
Microsoft SQL Server JDBC ドライバを使用するコネクション キャッシュの設定手順
を以下に示します。
ステップ 1 - EAServer を開始し、AEM にログインします。
ステップ 2 - ツリービュー内の[コネクション キャッシュ]をクリックします。ユ
ーザ名およびパスワードを入力します。デフォルトのユーザ名は“jagadmin”です。
ステップ 3 -「コネクション キャッシュの追加」ボタンをクリックします。
ステップ 4 - 表示される[コネクション キャッシュを追加]ページに、テーブル
4-8 で示す設定を行います。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 32
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
テーブル 4-8:コネクション キャッシュのプロパティ
コネクション
コネクション キャッシュの名前を入力します。
キャッシュ名
ドライバ型
コネクション キャッシュのドライバ型に“Microsoft JDBC Driver”を
選択します。
クラス名
ドライバの文字列に“com.microsoft.jdbc.sqlserver.SQLServerDriver”
を入力します(大文字小文字を区別します)。
データベース
データベース ホストを入力します。
ホスト
データベース
データベース ポートを入力します。
ポート
データベース/
データベースまたはサービス名を入力します。
サービス名
ユーザ名
ログイン ユーザ名を入力します。ユーザ名はデータベース サーバに設
定されたユーザ名です。
パスワード
ログイン パスワードを入力します。パスワードはデータベース サーバ
に設定されたパスワードです。
URL
構文:
jdbc:microsoft:sqlserver://hostname:port;DatabaseName=DBName;
SelectMethod=cursor
例: jdbc:microsoft:sqlserver://192.0.0.94:1433;DatabaseName=sqltest;
SelectMethod=cursor
ステップ 5 -[コネクション キャッシュを追加]ボタンをクリックします。必要な
設定をしてから“コネクション キャッシュが追加されました”というメッセージが
表示されます。
ステップ 6 - コネクション キャッシュが一覧への追加が終わりましたから、[コネ
クションをテスト]ボタンをクリックします。コネクション キャッシュが正しく接
続するかどうかというメッセージが表示されます。
4.2.8 SybaseIQ のコネクション キャッシュの設定
Sybase IQ JDBC ドライバを使用するコネクション キャッシュの設定手順を以下に示
します。
ステップ 1 - EAServer を開始し、AEM にログインします。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 33
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ステップ 2 - ツリービュー内の[コネクション キャッシュ]をクリックします。ユ
ーザ名およびパスワードを入力します。デフォルトのユーザ名は“jagadmin”です。
ステップ 3 -「コネクション キャッシュの追加」ボタンをクリックします。
ステップ 4 - 表示される[コネクション キャッシュを追加]ページに、テーブル
4-8 で示す設定を行います。
テーブル 4-9:コネクション キャッシュの設定
コネクション
コネクション キャッシュの名前を入力します。
キャッシュ名
ドライバ型
コネクション キャッシュのドライバ型に“ODBC-JDBC Bridge”また
は“Sybase jConnect Driver”を選択します。
クラス名
ドライバの文字列を入力します。ODBC-JDBC ブリッジに対して
“sun.jdbc.odbc.JdbcOdbcDriver”、Sybase jConnect 5.5 ドライバに
“com.sybase.jdbc2.jdbc.SybDriver”、または Sybase jConnect 6 ドライバ
に“com.sybase.jdbc3.jdbc.SybDriver”を入力します(大文字小文字を区
別します)。
データベース
データベース ホストを入力します。
ホスト
データベース
データベース ポートを入力します。
ポート
データベース名
データベースまたはサービス名を入力します。
/サービス名
ユーザ名
ログイン ユーザ名を入力します。ユーザ名はデータベース サーバに設
定されたユーザ名です。
パスワード
ログイン パスワードを入力します。パスワードはデータベース サーバ
に設定されたパスワードです。
URL
構文:
ODBC-JDBC ブリッジ:jdbc:odbc:DSName
Sybase jConnect ドライバ:jdbc:sybase:Tds:Hostname:Port/ServiceName
ステップ 5 -[コネクション キャッシュを追加]ボタンをクリックします。必要な
設定をしてから“コネクション キャッシュが追加されました”というメッセージが
表示されます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 34
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ステップ 6 - コネクション キャッシュが一覧への追加が終わりましたから、[コネ
クションをテスト]ボタンをクリックします。コネクション キャッシュが正しく接
続するかどうかというメッセージが表示されます。
4.2.9 Informix のコネクション キャッシュの設定
Informix JDBC ドライバを使用するコネクション キャッシュの設定手順を以下に示
します。
ステップ 1 - EAServer を開始し、AEM にログインします。
ステップ 2 - ツリービュー内の[コネクション キャッシュ]をクリックします。ユ
ーザ名およびパスワードを入力します。デフォルトのユーザ名は“jagadmin”です。
ステップ 3 -「コネクション キャッシュの追加」ボタンをクリックします。
ステップ 4 - 表示される[コネクション キャッシュを追加]ページに、テーブル
4-10 で示す設定を行います。
テーブル 4-10:コネクション キャッシュの設定
コネクション
コネクション キャッシュの名前を入力します。
キャッシュ名
ドライバ型
コネクション キャッシュのドライバ型に“Informix JDBC Driver”を選
択します。
クラス名
ドライバの文字列に“com.informix.jdbc.IfxDriver”を入力します(大
文字小文字を区別します)。
データベース
データベース ホストを入力します。
ホスト
データベース
データベース ポートを入力します。
ポート
データベース名
データベースまたはサービス名を入力します。
/サービス名
ユーザ名
ログイン ユーザ名を入力します。ユーザ名はデータベース サーバに
設定されたユーザ名です。
パスワード
ログイン パスワードを入力します。パスワードはデータベース サーバ
に設定されたパスワードです。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 35
データベース接続の設定
URL
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
構文:
jdbc:informix-sqli://Hostname:Port/DBName: informixserver=DBServerName
例:jdbc:informixsqli://192.0.2.117:1527/mytestdb:informixserver=ol_s_122005_144417
ステップ 5 -[コネクション キャッシュを追加]ボタンをクリックします。必要な
設定をしてから“コネクション キャッシュが追加されました”というメッセージが
表示されます。
ステップ 6 - コネクション キャッシュが一覧への追加が終わりましたから、[コネ
クションをテスト]ボタンをクリックします。コネクション キャッシュが正しく接
続するかどうかというメッセージが表示されます。
4.3 トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュのマッピ
ングの設定
このマッピングの目的は、PowerBuilder アプリケーションのトランザクション オブ
ジェクトの代わりに、コネクション キャッシュを使用して Appeon Web アプリケー
ションがデータベース サーバへのアクセスを行えるようにすることです。図 4-5 に
トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュのマップの状況を示しま
す。
図 4-5:トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュのマッピング
Map Transaction to connection cache
トランザクションとコネクション
キャッシュのマップ
Target
PB app
ターゲット
PB アプリケーション
…
dw_1.SetTransObject(SQLCA)
dw_1.Retrieve()
…
…
dw_2.SetTransObject(SQLCA1)
dw_2.Retrieve()
…
Web アプリケーション
Web
application
Get mapping
…
Web dw_1 retrieve via ConnectionCacheA
…
Web dw_2 retrieve via ConnectionCache B
…
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
Mapping:
SQLCA  ConnectionCacheA
SQLCA1  ConnectionCacheB
ページ 36
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
一度、Appeon Server でコネクション キャッシュが構成されると、次の 2 つの方法で
トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュをマッピングできます:

高い優先権:PowerScript によるトランザクション オブジェクトとコネクショ
ン キャッシュの動的なマッピング

低い優先権:AEM によるトランザクション オブジェクトとコネクション キ
ャッシュの静的なマッピング。PowerScript によるマッピングは AEM による
静的なマッピングより高い優先権を持ちます。
動的マッピングに高い優先権があるということは、トランザクション オブジェクト
SQLCA が PowerScript を介してコネクション キャッシュ A にマップされ、また
AEM によってコネクション キャッシュ B にマップされた場合、トランザクション
オブジェクトはコネクション キャッシュ A にマップされることを意味します。
4.3.1 トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュの動的なマッピン
グ
アプリケーションのソースコード内でトランザクション オブジェクトの DBMS およ
び DBParm プロパティを設定または変更することによって、トランザクション オブ
ジェクトとコネクション キャッシュのマッピングを動的に設定または変更できます。
コネクション キャッシュの動的な設定または変更には、トランザクション オブジェ
クトの DBParm プロパティに次のコードを記述します:
SQLCA.DBParm=“CacheName=„ASEConnectionCache1‟”
“ASEConnectionCache1” には、トランザクション オブジェクトで使用したいコネク
ション キャッシュの名前を指定します。
データベース タイプを動的に変更するには、トランザクション オブジェクトの
DBMS プロパティに次のコードを記述します:
SQLCA.DBMS = " ODB-SYC"
DBMS プロパティの値は、テーブル 4-11 に示すデータベース タイプに基づいて設定
します。
テーブル 4-11:データベース タイプによる DBMS プロパティの設定
データベース
タイプ
MS SQL Server
ODBC
インタフェース
JDBC
インタフェース
OLE
インタフェース
ネイティブ
インタフェース
ODB-MSS
JDB-MSS
OLE-MSS
MSS
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 37
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
2000/2005
Oracle8i
ODB-O84
JDB-O84
OLE-O84
O84
Oracle9i
ODB-O90
JDB-O90
OLE-O90
O90
Oracle10g
ODB-O10
JDB-O10
OLE-O10
O10
Sybase
ODB-SYC
JDB-SYC
OLE-SYC
SYC
Sybase ASA7/8/9
ODB-ASA
JDB-ASA
OLE-ASA
Sybase IQ
ODB-SYI
JDB-SYI
OLE-SYI
IBM DB2 UDB
ODB-DB2
JDB-DB2
OLE-DB2
DIR
Informix V7
ODB-IN7
JDB-IN7
OLE-IN7
IN7
Informix V9
ODB-IN9
JDB-IN9
OLE-IN9
IN9
Other
ODB-Oth
JDB-Oth
OLE-Oth
Oth
ASE12.X/15.x
テーブル 4-11 について:
短い名前および長い名前は、大文字小文字に依存しません(たとえば、ODBC と
odbc は同じです)。
DBMS プロパティとして、ODB または ODBC が設定された場合、Appeon はデータ
ベース タイプを Sybase ASA とみなします。“odb-asa” および “odb-db2” は Appeon で
定義されている値です。これらは、DBMS プロパティの最初の 3 文字が PowerScript
構文と同じであるため、PowerBuilder アプリケーションの実行に影響を与えること
無く Appeon によって認識されます。
4.3.2 トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュの静的なマッピン
グ
Appeon Web アプリケーションに対し、AEM 内のアプリケーション プロパティでト
ランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュのマッピングを設定するこ
ともできます。これは静的なマッピングと呼ばれます。
AEM におけるデータベース構成の設定手順については、セクション 5.4.3「トラン
ザクション オブジェクト」を参照してください。
4.4 データベース接続の詳細設定
4.4.1 アプリケーション セキュリティ
典型的な PowerBuilder アプリケーションでは、スクリプト記述のセキュリティおよ
びデータベース セキュリティの 2 つの方法でセキュリティを実装します。Appeon シ
ステムは、PowerBuilder アプリケーション セキュリティの最上位として、変換後の
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 38
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
Web アプリケーションに対して組み込みのセキュリティ レイヤーを提供します。こ
の Appeon セキュリティでは、Appeon ユーザ/グループ管理システムを使用してユー
ザが Web アプリケーションへアクセスできるか否かを設定できます。
Appeon Web アプリケーションには、多くの方法でセキュリティを実装できます。
PowerBuilder アプリケーションのスクリプトに記述されたセキュリティは、直接、
Web に変換され、Web アプリケーションのセキュリティとしても機能します。また、
データベース セキュリティを Web アプリケーションに実装する方法もあります。
PowerBuilder アプリケーションのスクリプト記述のセキュリティと共に使用するた
め、Appeon ユーザ/グループ管理システムを組み込む方法については、セクション
4.4.2.a 「Appeon セキュリティの組み込み」を参照してください。また、Web テクノ
ロジーを使用して独自のセキュリティを実行することもできます。
4.4.1.a データベース セキュリティ
PowerBuilder アプリケーションは、ユーザのログインに応じてトランザクション オ
ブジェクトのプロパティ(ユーザ ID とパスワードなど)を動的に変更でき、データ
ベース テーブルの読み込みまたは変更を行うユーザ権限でデータベースに接続でき
ます。
Web アプリケーションでは、データベース サーバとの対話は EAServer の JDBC コ
ネクション キャッシュにゆだねられます。Web アプリケーションは、アプリケーシ
ョンのソースコード内でトランザクション オブジェクトの DBMS および DBParm プ
ロパティを設定または変更することによって、トランザクション オブジェクトとコ
ネクション キャッシュのマッピングを動的に設定または変更するか、または、AEM
内でそれらを静的に設定できます。コネクション キャッシュの構成には、EAServer
内でユーザ ID とパスワードをあらかじめ構成しなければならないという制約があり
ます。この制約により、オリジナル アプリケーションのデータベース セキュリティ
をより良くマイグレートするには、このセクションで紹介する対応策を検討する必
要があります。
対応策 1: コネクション キャッシュの定義
この対応策としては、データベースのユーザ ID とパスワードに応じて、異なるアク
セス レベル数に相当する数のコネクション キャッシュをアプリケーションであらか
じめ定義します。アプリケーションでは、ユーザがログインしたとき、データベー
ス接続を確立するためにどのトランザクション オブジェクトとコネクション キャッ
シュをマッピングするかを決定します。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 39
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
EAServer では、データベース接続における権限の数と等しい数のコネクション キャ
ッシュを設定し、トランザクション オブジェクトの DBParm プロパティを使用して、
コネクション キャッシュを動的にマップします。トランザクション オブジェクトと
コネクション キャッシュのマッピングは、アプリケーションのソースコード内でト
ランザクション オブジェクトの DBMS および DBParm プロパティを設定または変更
することによって動的に設定または変更できます。より詳細については、セクショ
ン 4.3.1「トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュの動的なマッ
ピング」を参照してください。
対応策 2: 分散アプリケーション テクニック
Appeon によってサポートされている分散アプリケーション テクニックは、
PowerBuilder アプリケーション内のデータベース セキュリティ機能への対応策とし
ても使用できます。この方法では、データベース セキュリティを実装している
PowerBuilder ソースコードを NVO にカプセル化して、それらを EAServer 上で実行
します。この NVO では、通常、データベース接続(トランザクション オブジェク
トのプロパティの操作)、データストア オブジェクトの操作または SQL の実行、お
よびクライアントへのリターン情報の転送のような処理を行います。
たとえば、ユーザ認証ロジックを NVO にカプセル化して、この NVO を EAServer
に配布します。アプリケーションでは、ユーザ名とパスワードをログイン ウィンド
ウから NVO に受け渡すソースコードを記述するのみです。
ステップ 1 - NVO を作成してユーザ認証のメソッドを宣言します。このメソッドは、
ログイン ウィンドウから渡されたユーザ情報とシステム テーブルから検索した情報
を比較します。
NVO に定義するメソッド:
public function boolean of_checkuser (string as_userid, string as_password);
String ls_DBPass
SELECT fpassword
INTO :ls_DBPass
FROM t_user
WHERE t_user.fuserno = :as_userid;
If sqlca.SQLCode <> 0 Then
Return false
End If
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 40
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
If ls_DBPass <> as_password Then
Return false
End If
Return true
End function
ステップ 2 - NVO を EAServer に配布します。クライアント アプリケーションでは
この NVO のプロキシ オブジェクトを作成します。
ステップ 3 - クライアント アプリケーション内のユーザ認証ロジックを変更して、
ログイン ウィンドウから取得したユーザ情報を NVO に渡すようにします。
クライアント アプリケーションのスクリプトの修正:
String ls_User,ls_Pass,ls_DBPass,ls_Err
Long ll_ID
String ls_Mess = 'Please enter a valid user ID/password.'
If Trim(sle_name.Text) = '' Then
sle_name.SetFocus()
MessageBox('Login Not Valid',ls_Mess,exclamation!)
Return
End if
ls_User = Trim(sle_name.Text)
ls_Pass = Trim(sle_Pass.Text)
If i_logsec.of_checkuser(ls_User,ls_Pass) then
MessageBox("Infomation","Login successful!")
Else
MessageBox("Infomation","Login failure!")
End if
4.4.1.b INI ファイルの使用による接続セキュリティの設定
PowerBuilder アプリケーションでは、アプリケーションのスクリプト内でプロパテ
ィに値をアサインするか、Profile 関数を使用して初期化ファイル(INI)から値を読
み込むことによって接続プロパティを設定できます。環境が次に示すリクワイアメ
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 41
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ントに適合する場合、Appeon では、INI ファイルから接続プロパティを設定するこ
とを推奨します。

アプリケーションにアクセスするブラウザのクッキーを有効にする
理由:INI ファイルを使用するアプリケーションが配布されるとき、Appeon
Developer は INI ファイルを XML として Appeon Server に配布します。クライ
アントが配布されたアプリケーションにアクセスすると、この XML ファイ
ルのコピーが特別に作成され、すべてのプロファイル情報をクライアントに
運びます。クライアント ブラウザ上のクッキーは、クライアントが XML フ
ァイルのコピーを正しく読み込むことを可能にします。

アプリケーションにアクセスするため、クライアント上の Windows ユーザ ア
カウント プロファイルが 1 ユーザのみによって使用されるようにする。
理由:クッキーは、Windows ユーザ プロファイルの cookies ディレクトリ
(たとえば、C:\Documents and Settings\Administrator\Cookies)に存在し、クラ
イアント マシンを使用するどんなユーザでも、フル アクセス権限で他のユー
ザの Web アプリケーションの識別情報にアクセスができます。
クライアント上で、同じ Windows ユーザ アカウント プロファイルを複数のユーザ
が使用できる場合、セクション 4.4.1.a 「データベース セキュリティ」で紹介する他
のセキュリティ方法、データベース セキュリティの使用を考慮します。
INI ファイルは、たとえば PB、Application、および Database など複数のセクション
から構成されます。次に「Database」セクションを示します:
[Database]
変数と値
...
次に示すスクリプトの例は、接続プロパティの値をスクリプトで直接 SQLCA にア
サインしています。データベース接続情報はアプリケーションの配布後に Web サー
バに保存されるため、いくつかのネットワーク構成においてデータベース サーバの
安全性に不安を残します。
SQLCA.DBMS = "MSS Microsoft SQL Server"
SQLCA.Database = "appeon_test"
SQLCA.ServerName = "192.0.0.246"
SQLCA.LogId = "sa"
SQLCA.AutoCommit = False
...
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 42
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
次に示すスクリプトの例では、データベース接続のため、初期化ファイル App.INI
から値を読み込んでトランザクション オブジェクトに設定しています。この方法は
前述のスクリプトと比較してより高い安全性があります。
sqlca.DBMS = ProfileString(App.INI, "database",&
"dbms", "")
sqlca.database = ProfileString(App.INI,&
"database", "database", "")
sqlca.userid = ProfileString(App.INI, "database",&
"userid", "")
sqlca.dbpass = ProfileString(App.INI, "database",&
"dbpass", "")
...
4.4.2 Appeon セキュリティ
Appeon セキュリティは、Appeon システムと配布された Web アプリケーションを管
理する Appeon Enterprise Manager(AEM)で設定されます。Appeon セキュリティで
は、ユーザが Web アプリケーションへアクセスできるか否かを設定できます。デフ
ォルトでは、Appeon セキュリティは OFF に設定されています。
Appeon セキュリティを ON に設定すると、Web アプリケーションの開始時に
Appeon の Login Web ダイアログが表示され、ユーザ名とパスワードの入力を求めま
す。ユーザ名とパスワードは、LDAP サーバまたは Appeon システム データベース
に設定された認証スキーマにより Appeon Server によって検証されます。ユーザ名と
パスワードが正しく入力されない場合、そのユーザは Appeon Web アプリケーショ
ンへのアクセスが許可されません。
Appeon セキュリティ機能の使用に関する詳細については、セクション 5.5「セキュ
リティ」を参照してください。
4.4.2.a Appeon セキュリティの組み込み
PowerBuilder アプリケーションの開始時にユーザ名/パスワードを検証するコードが
記述されていない場合、Appeon 組み込みのユーザ/グループ管理を利用できます。
Web アプリケーションが実行されると、Appeon の Login Web ダイアログが表示され、
ユーザ名とパスワードの入力を求められます。
Appeon Web ユーザ名が Web アプリケーションに受け渡され、Web アプリケーショ
ンのセキュリティ機能のスクリプトに実装するのに使用されることができます。ユ
ーザは Appeon ワークアラウンド PBL の of_getappeonusername 関数を使用して、
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 43
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
Appeon Web ユーザ名を取得できます。詳細な情報は、Appeon ヘルプの「Appeon ワ
ークアラウンド ガイド|Appeon ワークアラウンド PBL リファレンス|
AppeonExtFuncs オブジェクト」を参照してください。
Pure-JavaScript 配布に対しては、Appeon Web ユーザ名とパスワードを取得する方法
がもう 1 つあります。これは、Appeon グローバル変数 appeon_user_name と
appeon_user_pin を使用することです。Appeon ヘルプの「Appeon ワークアラウンド
ガイド|一般的なワークアラウンド テクニック|Appeon 拡張機能の使い方|
Appeon グローバル変数 appeon_user_name と appeon_user_pin」を参照してください。
4.4.2.b データベース オーディット
クライアントサーバ/アーキテクチャでは、データベースの AUDITING オプションを
有効にすると、すべてのログイン ユーザの記録を簡単に取ることができます。
Appeon によって配布された Web アプリケーションは 3 階層アーキテクチャで実行
されます。クライアントからデータベース接続が要求されると、Appeon Server はそ
の呼び出しのユーザ ID とパスワードの正当性を検証します。この検証をパスすると、
Appeon Server が一定のユーザ ID とパスワードを使用してデータベース サーバに接
続し、結果としてデータベースに記録されるユーザ ID とパスワードはクライアント
から呼び出しを行ったユーザ ID とパスワードと異なることになります。
EAServer コネクション キャッシュから ユーザ ID/パスワードをデータベースに渡す
Sybase ASE データベースを使用する場合、SSA コネクション キャッシュ プロパテ
ィを使用できます。このプロパティは、データベースの ID を、エンド ユーザがサ
ーバをアクセスするために使用したユーザ ID/パスワードに変更します。Sybase デー
タベースを使用する場合は、コネクション キャッシュの props ファイル内にこのプ
ロパティを設定できます。このプロパティは他のデータベース タイプを使用すると
きは使用できません。
以下に示す情報は、EAServer Administrator Guide Appendix B - Connection Cache
Properties から取得したものです。詳細については EAServer のドキュメントを参照
してください。
コネクション キャッシュ プロパティ com.sybase.jaguar.conncache.ssa は、この機能を
サポートするデータベース接続の set-proxy サポートを有効にします。デフォルトで
は、このプロパティは false に設定され、set-proxy サポートを無効にします。
この機能は、次のコマンドを認識するあらゆるデータベースで使用できます:
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 44
データベース接続の設定
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
set session authorization "login-name"
プロキシ サポートが有効の場合、キャッシュから検索されたコネクションは、
EAServer クライアントに関連付けられたユーザ名に対しプロキシとしての動作を設
定します。プロキシに他のユーザ名を設定するためには、コンポーネント内で Java
言語の JCMCache.getProxyConnection() または C 言語の JagCmGetProxyConnection()を
使用します。
キャッシュ プロパティ(com.sybase.jaguar.conncache.username)に指定されたユーザ名
は、データベースの set-proxy 権限を持ち、キャッシュを使用して供給されます。
このプロパティは、EAServer Manager 内で、[Connection Cache Properties] ダイアログ
の [All Properties]タブを使用して設定します。
データベース オーディット機能の再構成
データベース オーディット機能の対策として、ユーザ ID を新しいフィールドとし
てデータベースに追加することによって、データベースに保存されるオーディット
情報を再構築できます。
クライアント/サーバのアプリケーションでは、ユーザ ID とパスワードの組み合わ
せによりデータベースへの複数の接続を同時に持たないことを確認する必要があり
ます。
ユーザがデータベースとの接続を望むたびに、そのユーザ ID を含む呼び出しがデー
タベース サーバに送られるように、クライアント/サーバ アプリケーションに必要
なコードを追加します。たとえば、データウィンドウのカラムとしてまたはストア
ド プロシージャにユーザ ID を送る場合、クライアントからの呼出しに含まれるユ
ーザ ID 情報はデータベース サーバのユーザ ID フィールドに保存されます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 45
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5 AEM ユーザ ガイド
5.1 イントロダクション
5.1.1 概要
Appeon Enterprise Manager (AEM) は、Appeon Server のインストール時に一緒にイン
ストールされ、Appeon Server および Appeon により配布された Web アプリケーショ
ンを管理する Web ベースのアプリケーションです。
AEM は単一サーバのインストレーションにもクラスタ化されたサーバのインストレ
ーションにも同じ管理機能を提供し、PowerBuilder アプリケーションに記述された
既存のセキュリティに、追加のセキュリティ機能を提供します。これにより、管理
者は Appeon に組み込まれた Appeon セキュリティ管理システム、または LDAP セキ
ュリティ(推奨)を使用して、アプリケーション レベルでのアクセス権限のコント
ロールを行う事ができます。
AEM のすべての設定は %JAGUAR%\appeon\repository\<instance>\config フォルダに
あるいくつかの XML ファイルに保存されています。ここで、%JAGUAR% は
EAServer インストレーション パスを示します。EAServer インストレーション パス
はシステム環境変数から取得できます。
5.1.2 AEM ツール
AEM には、サーバの配置、アプリケーションの配置、およびセキュリティの 3 つの
主要な AEM ツールがあります。AEM にログイン後、左側のツリービュー ウィンド
ウか、または右側の Welcome ウィンドウでこれらのツールにアクセスできます。図
5-1 を参照してください。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 46
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-1:AEM コンソール
5.2 入門
5.2.1 概要
AEM を起動するには、Appeon Server が既に起動されている必要があります。複数
の Appeon Server を使用する場合、すべてのサーバを管理するための 1 つのサーバの
みで AEM を利用すべきです。
5.2.2 Appeon Server の起動
ステップ 1 - Appeon Server がインストールされたコンピュータの Windows の[ス
タート]メニューから[プログラム|Appeon 5.1 for PowerBuilder|Appeon Server|
Jaguar]を選択します。
ステップ 2 - Jaguar CTS Jaguar ウィンドウ に“Accepting connections”が表示される
と、Appeon Server を使用できます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 47
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.2.3 AEM の起動
5.2.3.a AEM の URL
Appeon Server の AEM にアクセスする URL は、HTTP://HOST_NAME:PORT/AEM/ ま
たは HTTPS://HOST_NAME:PORT/AEM/ の形式です。ここで、HOST_NAME は接続す
るホスト名または IP アドレスで、PORT はサーバの HTTP または HTTPS リスナの
ポート番号です。
Appeon のインストレーション プログラムは、Appeon Server に HTTP リスナ
(localhost:9988 )を作成します。Appeon Server をホストするコンピュータから
AEM を起動するには、「http://localhost:9988/AEM」という URL を利用できます。
しかし、実稼動システムでは、“localhost”によるリスナの使用は推奨されません。
5.2.3.b AEM の 3 つの起動方法
AEM を起動するには次の 3 つの方法があります:
方法 1:Web ブラウザに AEM の URL を入力します。この URL は HTTP または
HTTPS を介して Appeon Server の Web ポートと接続できます。
方法 2:Appeon Server がインストールされたコンピュータの Windows の[スター
ト]メニューから[プログラム|Appeon 5.1 for PowerBuilder|Appeon
Server|Appeon Enterprise Manager]を選択します。
方法 3:Appeon Developer がインストールされたコンピュータで Appeon Developer
ツールバーの[AEM]( )ボタンをクリックします。ツールバーのボタ
ンをクリックして AEM を起動するには、Appeon Developer で URL が AEM
を使用して管理したいサーバに正しく設定されていることを確認してくだ
さい。
5.2.3.c AEM のユーザ名とパスワード
AEM へ有効なユーザ名とパスワードを入力します。このユーザ名とパスワードには、
Appeon Server をインストールするときに指定したユーザ名とパスワードを使用しま
す。インストール時にユーザ名とパスワードを設定しなかった場合、デフォルトの
ユーザ名とパスワード(両方とも“admin”)を使って AEM へログインできます。
セキュリティのため、初期ログインの後にユーザ名とパスワードの変更を推奨しま
す。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 48
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.2.4 AEM ヘルプ
Appeon Enterprise Manager のインデックスにある[ヘルプ]ボタンにより、AEM ヘ
ルプを簡単にアクセスすることができます(図 5-2):
図 5-2:ヘルプ ボタン
[ヘルプ]ボタンをクリックし、英語版の Appeon Server コンフィグレーション ガ
イドが表示されます(図 5-3):
図 5-3:Appeon ヘルプ
5.3 サーバの配置
5.3.1 概要
サーバの配置は現在のシステム設定を参照したり、修正するためのツールです。ア
クティブ セッション、アクティブ トランザクション、Web 、ログ ファイル、ログ
ビューア、一時ファイルのクリーンアップ、配布セッション、クラスタ、ライセン
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 49
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ス情報およびコネクション キャッシュの 10 つのツールがあります。図 5-4 を参照し
てください。
図 5-4:サーバの配置
5.3.2 アクティブ セッション
AEM のアクティブ セッション ツールはシステム上のアクティブなセッションの管
理やモニタに利用します。図 5-5 を参照してください。
図 5-5:アクティブ セッション
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 50
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.3.2.a Appeon Server 上のアクティブなセッションを表示する
デフォルトでは、すべての Appeon Server 上のアクティブなセッションが表形式で表
示されます。1 つの Appeon Server にあるアクティブなセッションを表示するには、
[アクティブなセッションを表示する]ドロップダウン リストから Appeon Server
を選択して[リフレッシュ]ボタンをクリックしてください。AEM の Appeon
Server クラスタ ページでクラスタに設定されたすべての Appeon Server がドロップ
ダウン リストに表示されます。
すべてのカラムのヘッダをクリックすることにより、それぞれの項目で表を並び替
えることができます。
5.3.2.b アクティブなセッションを削除する
ユーザはシステム リソースを解放するか、またはデータベースの保守をするために、
単一または複数のアクティブなセッションを手動で削除できます。各セッションに
は複数のトランザクションが含まれている可能性があります。アクティブ セッショ
ンを削除した場合、このセッションに含まれるアクティブ トランザクションはロー
ルバックされます。
ステップ 1 - 削除するアクティブ セッションをチェックする。
削除するセッションのチェックは注意して作業してください。
ステップ 2 -[チェックされたセッションを削除]ボタンをクリックする。
[チェックされたセッションを削除]ボタンをクリックすると、警告メッセージ ボ
ックスが現れます。セッションの削除アクションを応答すると、選択されたセッシ
ョンはすぐに削除され、表の内容は自動的に更新されます。
5.3.3 アクティブ トランザクション
AEM のアクティブ トランザクション ツールは、システム上のすべてのアクティブ
なトランザクションの管理やモニタに役立ちます。図 5-6 を参照してください。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 51
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-6:アクティブ トランザクション
5.3.3.a Appeon Server 上のアクティブなトランザクションを表示する
デフォルトでは、すべての Appeon Server 上のアクティブなトランザクションは表形
式で表示されます。1 つの Appeon Server にあるアクティブなトランザクションを表
示するには、[アクティブなトランザクションを表示する]ドロップダウン リスト
から Appeon Server を選択して[リフレッシュ]ボタンをクリックしてください。
AEM の Appeon Server クラスタ ページでクラスタに設定されたすべての Appeon
Server がドロップダウン リストに表示されます。
表示されたアクティブ トランザクションは、「トランザクション ID」、「セッショ
ン ID」、「ユーザ名」、「IP アドレス」、および「処理時間」カラムのヘッダをク
リックすることにより、それぞれの項目で表を並び替えることができます。
5.3.3.b アクティブなトランザクションをロールバックする
ユーザはシステムのリソースを解放するか、またはデータベースにデッドロックが
発生した場合は、単一または複数のアクティブなトランザクションを手動で削除で
きます。
ステップ 1 - ロールバックするアクティブ トランザクションをチェックする。
ロールバックしたいトランザクションのチェックは注意して作業してください。
ステップ 2 -[チェックされたトランザクションをロールバック]ボタンをクリッ
クする。
[チェックされたトランザクションをロールバック]ボタンをクリックすると、警
告メッセージ ボックスが現れます。セッションの削除アクションに応答すると、選
択されたすべてのアクティブ トランザクションはすぐにロールバックされ、表の内
容は自動的に更新されます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 52
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.3.4 Web
Web の設定では、Appeon により Web 化されたアプリケーションに必要な次の 6 つ
の重要な機能の設定を行います。 図 5-7 を参照してください。

データ ファイルの格納場所(一時ファイルのパス)

PDF プリント機能に使用するプリンタ名(PDF プリント)

セッションのタイムアウト(セッション タイムアウト)

トランザクションのタイムアウト(トランザクション タイムアウト)

ファイル ダウンロードのタイムアウト(ダウンロード タイムアウト)

メッセージ受け取りのタイムアウト(受信タイムアウト)
これらの設定の変更後は、[保存]ボタンをクリックしてください。
図 5-7:Web ツール
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 53
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.3.4.a 一時ファイルのパス
一時データ ファイルと一時ファイルのパス
Web アプリケーションで SaveAs または PDF プリントを実行すると Appeon Server 内
で一時データ ファイルが生成されます。
一時データ ファイルを格納するために Appeon Server は dwfile、imagefile および
reportfile の 3 つの一時フォルダを作成します。これらのフォルダ
は %JAGUAR%\html ディレクトリ内またはそのディレクトリのフォルダ内に配置す
ることができます。そのディレクトリのフォルダ内にデータ ファイルを置くには、
[一時ファイルのパス]フィールドにフォルダの名前を指定してください。
フォルダ名には既存フォルダまたは新たなフォルダを指定できます。一時ファイル
のパスの先頭にはスラッシュ“/”を指定しなければなりません。新たなフォルダを
指定した場合、Appeon Server は %JAGUAR%\html ディレクトリ内に新たなフォル
ダを作成し、異なる型のファイルを格納するために dwfile、imagefile および
reportfile という 3 つの一時フォルダを作成します。たとえば、一時ファイルのパス
を“/tempfiles”と設定すると、一時データ ファイル
は %JAGUAR%\html\tempfiles\dwfile、%JAGUAR%\html\tempfiles\imagefile
と %JAGUAR%\html\tempfiles\reportfile ディレクトリ内に保存されます。
複数の Appeon Server でデータの検索
Appeon を EAServer クラスタにインストールする場合、 各 EAServer のインストレー
ション パスは、すべての EAServer が同じ一時データ ファイル パスを使用できるよ
うに、同じである必要があります。
Appeon Server が EAServer クラスタの場合、Web サーバはアプリケーションからの
リクエストをクラスタにある EAServer へリダイレクトする責任があります。1 つの
セッション内では、Web サーバは1 つの EAServer とのみ通信を行います。 セッシ
ョン内で生成されたすべてのデータ ファイルはその EAServer のデータ ファイル パ
スへ格納されます。
5.3.4.b PDF プリント
デフォルトでは、AEM で指定されたプリンタ名は“Appeon PDFPrinter”です。
AEM で指定されたプリンタ名は、Appeon PDFPrinter インストレーション プログラ
ムにより、Appeon Server のプリンタ リストに追加された PDFPrinter の名前と同じで
ある必要があります。この二つの名前が一致しない時には、PDFPrinter は動作しま
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 54
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
せん。そのため、Appeon Server で PDFPrinter の名前を変更した時には、この[PDF
プリント]グループ ボックスのプリンタ名も変更してください。
5.3.4.c セッション タイムアウト
セッションは、サーバから Web アプリケーションをロードするためにリクエストを
サーバへ送るときに開始され、アプリケーションを終了するか、またはセッション
タイムアウトになるまでリクエストをサーバへ送らなかったときに終了します。

デフォルトでは、セッション タイムアウトは 3600 秒です。

セッション タイムアウト値の変更によって、タイムアウト間隔を変更するこ
とができます。セッション タイムアウト値を“0”に設定すると、セッショ
ン タイムアウトを無効にすることができます。しかし、AEM のアクティブ
セッション機能を使用して手動で古いセッションを削除しないと、システム
リソースを徐々に消耗してしまう危険性がありますので推奨できません。
クライアント側では、セッションタイムアウトになると、次のページが表示されま
す。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 55
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-8:セッションタイムアウト時に表示されるページ
[Close]をクリックすると、現行のアプリケーションを終了します。[Restart]を
クリックすると、アプリケーションに再度ログインします。
5.3.4.d トランザクション タイムアウト
Appeon は COMMIT と ROLLBACK のトランザクション管理ステートメントをサポ
ートしており、データベースのリソースの解放とトランザクションのロールバック
を行うために AEM で“トランザクション タイムアウト”設定を提供しています。
トランザクション タイムアウト値を“0”に設定すると、トランザクション タイム
アウトを無効にすることができます。しかし、タイムアウト間隔を短く設定するこ
とを推奨します。次のような状況を処理する時、トランザクション タイムアウト値
を短くすると効果的です。

データベースのロック。Web アプリケーションが異常中断された時に、アク
ティブなトランザクションのコミットやロールバックができなくなります。

アプリケーションのロック。一つのアプリケーションにデッドロックが発生
した場合、他のアプリケーションの処理が停止してしまいます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 56
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.3.4.e ダウンロード タイムアウト
クライアント側によってダウンロードされるファイルは JS ファイル、データウィン
ドウ メタ ファイルおよびイメージ ファイルを含めています。これらのファイルは
かなりのサイズになりますので、ダウンロード時に長い時間がかかります。“ダウ
ンロード タイムアウト”間隔内にデータが受信されない場合、AEM はダウンロー
ドを停止し、エラー メッセージを表示することができます。

デフォルトでは、ファイル ダウンロードのタイムアウトは 3600 秒です。

タイムアウト間隔を変更することができますが、60 ~ 7200 までの整数を入
力する必要があります。

この設定は Appeon Xcelerator 配布のみに適用してます。
5.3.4.f 受信タイムアウト
Appeon Server が実行中に、クライアントはバックエンドから動的データを受け取り
ます。たとえば、Retrieve() 関数を呼び出してデータウィンドウからデータを検索し
ます。クライアントはリクエストを送信してから、“受信タイムアウト”間隔内に
バックエンドからデータを受信していない場合、応答まで待つかどうかというメッ
セージがポップアップされます。

デフォルトでは、データの受信タイムアウトは 3600 秒です。

タイムアウト間隔を変更することができますが、60 ~ 7200 までの整数を入
力する必要があります。

この設定は Appeon Xcelerator 配布のみに適用してます。
5.3.5 ログ ファイル
Appeon Server は、システム動作の記録用に、またはトラブルシューティングに使用
するために 3 つのログ ファイルを作成します。ログ表示ツールでログ ファイルを使
用するか、または %appeon%\repository\<instance>\log フォルダに格納されるログ フ
ァイルを直接に参照することができます。
AEM では、次に示す 2 つのログ ファイルの設定を行うことができます。

ログ モード

ログ ファイルの置換
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 57
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
設定の変更後には、[保存]ボタンをクリックしてください。
図 5-9:ログ ファイル
5.3.5.a ログ モード
ログ ファイルの操作には、次の 4 つのモードから 1 つを選んでください。

モード 1:オフ
オフ モードはエラー ログ ファイル以外のログファイルを生成しないため、
最良のパフォーマンスを実現することができます。

モード 2:標準モード
これはデフォルトのモードで、システムが安定しているときに使用します。
標準モードでは、基本的なシステム動作情報とエラーが発生したときの通知
情報を提供する標準ログ ファイルを生成します。詳細なトラブル シューティ
ングには不適当です。

モード 3:開発モード
開発モードは詳細なログ ファイルを生成します。このログ ファイルはルーチ
ン チェックおよびトラブル シューティングに十分ですが、パフォーマンスは
若干低下します。

モード 4:デバッグ モード
デバッグ モードはすべてのシステム動作を詳しく記録したログ ファイルを生
成します。このログ ファイルはユーザへ詳細なトラブル シューティング情報
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 58
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
を提供しますので、技術的なサポートに役立ちますが、パフォーマンスは大
きく低下します。
5.3.5.b ログ ファイルの置換
ログ ファイルは時間の経過により徐々に蓄積されてきます。ログ ファイルが大きく
なった場合は、システムのパフォーマンスに影響するので、ログ ファイルの置換オ
プションを選択して定期的にログ ファイルを置き換えてください。
ログ ファイルには次の設定を行います:
ステップ 1 - ログ ファイルを置き換えるかどうか決める

オプション 1:ログ ファイルを置き換えない
ログ ファイルを置き換えません。ログ ファイルが大きくなった場合は、シス
テムのパフォーマンスに影響する可能性があります。ログ ファイルが大きす
ぎるとき、手動で削除する必要があります。

オプション 2:ログ ファイルを置き換える…
ステップ 2 で設定される条件によってログ ファイルを置き換えます。このモ
ードの使用を推奨します。すべてのログのアーカイブを保有したり、作成す
る必要があるときには、[置き換える前ログファイルをバックアップする]
オプションをチェックしてください。
ステップ 2 - ログ ファイルの置換条件を設定する。次の項目を1つチェックしてく
ださい。

オプション 1:ログ ファイルが所定の容量に達したときに置換する ___ MB
ログ ファイルのサイズがここで設定した値より大きくなった場合に、システ
ムは自動的にログ ファイルを置き換えます。

オプション 2:ログ ファイルの定期置換___日
システムはここで設定した値により、定期的にログ ファイルを置き換えます。
ステップ 3 - ログ ファイルをバックアップする必要があるかどうかを決める

ログ ファイルが置換される前に、バックアップすることができます。このオ
プションがチェックされたとき、すべてのログ ファイルは置換される前にバ
ックアップされます。これにより、ログ ファイルのアーカイブが保存されま
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 59
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
す。このアーカイブはシステムのパフォーマンスには影響しませんが、十分
なハードディスク容量があることを確認してください。

すべてのバックアップ ログ ファイルは次の書式に従った名前になります。
ログ ファイル名(“LogSystem”) + アンダースコア(“_”)+ バックアッ
プ ファイルの作成時刻(yyyy/mm/dd/hh/mm)+ “.bak”。
例:LogSystem_200504081213.bak
5.3.6 ログ ビューア
ログ ビューでは、Appeon Server、Appeon Server をホストするアプリケーション サ
ーバ(たとえば、EAServer)により生成されたログ ファイルを直接にアクセスでき
ます。
図 5-10:ログ ビュー

Appeon Server のログ ファイル
サーバ ログ - Appeon Server 上の操作をすべて記録します。
エラー ログ - Appeon Server 上で発生のエラーを記録します。
配布ログ - アプリケーションの配布中にサーバの詳細動作を記録します。

アプリケーション サーバのログ ファイル
サーバ ログ – アプリケーション サーバ上の操作をすべて記録します。
ログ表示ツールでは、次の操作を行えます:

ログ ファイルを表示する
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 60
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
「ビュー」をクリックして、図 5-11 に示すように詳細な情報がブラウザに表示
されます。ログ ファイルのリンクをクリックして、異なったファイルを表示で
きます。
図 5-11:サーバ ログ

ログ ファイルをダウンロードする
「ダウンロード」をクリックして、ポップアップされたダイアログに「保存」を
クリックします。

ログ ファイルをクリアする
「クリア」をクリックして、Appeon Server ログ ファイルの内容を削除できます。
アプリケーション サーバのログ ファイルは Appeon 操作に関しない内容を含める
ことがあるので、その内容を削除できません。
5.3.7 一時ファイルのクリーンアップ
一時ファイルのクリーンアップ ツールは、一時ファイルのクリーンアップを自動ま
たは手動で管理するのに役立ちます。 図 5-12 を参照してください。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 61
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-12:一時ファイルのクリーンアップ
5.3.7.a 自動クリーンアップ
[定期的にクリーンアップ]グループボックス内に自動クリーンアップを設定す
る:
ステップ 1 - クリーンアップするファイルの種類を選択し、クリーンアップする時
刻を指定する。

オプション 1:データウィンドウ データ ファイル、データウィンドウ イメー
ジ ファイルおよび PDF ファイルをクリーンアップする

オプション 2:一時レジストリとプロファイル コンフィグレーション ファイ
ルをクリーンアップする
デフォルトではオプション 1 とオプション 2 はチェックされています。これ
らをクリーンアップしない場合は、チェックをはずしてください

オプション 3:午前/午後__には、__日間前に作成された一時ファイルを
クリーンアップする
このオプションにより、一時のデータウィンドウ データ ファイル、データウ
ィンドウ イメージ ファイルおよび PDF ファイルが設定時間でクリーンアッ
プされます。たとえば、“午前 8:00 には、2 日間前に作成された一時ファイ
ルをクリーンアップする”と設定すると、2 日時間前に作成された一時ファ
イルを毎日午前 8 時にクリーンアップできます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 62
AEM ユーザ ガイド

Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
オプション 4:__日間と__時間前に最後にアクセスした情報をクリーン
アップする
このオプションにより、一時のレジストリとプロファイル コンフィグレーシ
ョン ファイルが設定時間でクリーンアップされます。たとえば、“2 日間と
4 時間前に最後にアクセスした情報をクリーンアップする”と設定すると、2
日間と 4 時間前に最後にアクセスした一時レジストリとプロファイルコンフ
ィグレーション ファイルをクリーンアップできます。
ステップ 2 -[保存]ボタンをクリックして設定を保存します。
5.3.7.b 手動クリーンアップ
通常、自動クリーンアップが使用されている場合、手動クリーンアップを使用する
必要はありません。しかし、システムでの動作が急増し、一時ファイルが大量に増
加したときには、自動クリーンアップの間に手動クリーンアップをすることは効果
的です。
[定期的にクリーンアップ]グループボックス内に手動クリーンアップを設定す
る:
ステップ 1 - クリーンアップするファイルの種類を選択する。
[データウィンドウ データ ファイル、データウィンドウ イメージ ファイルおよび
PDF ファイルをクリーンアップする]と[一時レジストリとプロファイル コンフィ
グレーション ファイルをクリーンアップする]オプションを選択して、クリーンア
ップするファイルを指定できます。デフォルトでは両方のオプションが選択されて
います。
ステップ 2 -[クリーンアップ開始]ボタンをクリックする
選択された一時ファイルは AEM の Appeon Server クラスタ ページで設定されたすべ
ての EAServer からすぐに削除されます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 63
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.3.8 配布セッション
配布セッション ツールは、システム上のすべてのアクティブ配布セッションの管理
と監視に役に立ちます。図 5-13 を参照してください。
図 5-13:配布セッション
Appeon Developer が埋め込み SQL 文、データウィンドウ SQL、アプリケーション
INI ファイルの Appeon Server へのアップロードを開始すると、アクティブ配布セッ
ションが自動的に開始され、配布セッション テーブルに表示されます。アップロー
ド プロセスが完了すると、アクティブ配布セッションが終了し自動的にテーブルか
ら消去されます。
AEM で配布セッションを削除する場合には特殊なシナリオがあります。上記のアッ
プロード プロセスの間に、Appeon Developer の配布ウィザードが異常終了したとき
には、配布セッションが Appeon Server でアクティブ状態として存在するため、
Appeon Developer はアップロード プロセスを再開できません。セッションを選択し
て[選択されたセッションを削除]ボタンをクリックすることにより配布セッショ
ンを削除するか、または Appeon Server を再起動した場合のみ、Appeon Developer の
配布ウィザードはアプリケーションのアップロードを継続できます。AEM で配布セ
ッションを削除するのは、Appeon Server を再起動することより手軽です。
ノート:配布セッションの削除は、進行中の配布プロセスには影響を与えませんま
せん。また、配布セッションを間違えて削除しても悪影響はありません。
5.3.9 クラスタ
Appeon Server と複数のアプリケーション サーバにインストールする場合、AEM の
クラスタ ツールを使用して、Appeon Server クラスタを作成することができます。そ
うすると、クラスタのロード バランシングとフェイルオーバーを設定するできます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 64
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-14:クラスタ
5.3.9.a クラスタ サーバの一覧
クラスタ サーバの一覧を使用して Appeon Server クラスタを作成します。[クラス
タ サーバの一覧]グループ ボックスにリストされる Appeon Server は AEM 設定を
共有します。複数の Appeon Server がクラスタとして、その関連付ける Web サーバ
からのリクエストを支援できます。
重要な要件

Appeon Server の IP アドレスまたはマシン名には、“localhost”または
“127.0.0.1”を使わずに、Appeon Server の IP アドレスまたはマシン名を使っ
てください。

入力する IP アドレスまたはマシン名およびポート番号は、EAServer Manager
にある HTTP リスナの設定と一致させてください。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 65
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版

カレント AEM が実行するサーバを最初のメンバとしてクラスタに追加する
必要があります。そして、一覧からサーバを削除したい場合、これを最後に
削除する必要があります。

リストにあるすべてサーバの同期または特定の設定を保存させる前に、サー
バが実行されていることを確認する必要があります。

クラスタ機能を確保するために、アプリケーションをすべての Appeon Server
へ配布する必要があります。

Appeon Server クラスタの効率性と安定性を確保するために、すべての
Appeon Server の環境が一致していることを確認してください。例えば、アプ
リケーション サーバ(種類とバージョン)は Appeon Server(バージョンとラ
イセンス)と一致する必要があります。

クラスタにある Appeon Server のオペレーティング システムを再度インスト
ールしたい場合、先にクラスタ リストからこの Appeon Server を削除する必
要があります。
Appeon Server の追加
ステップ 1 - AEM の同期化 ページの[Appeon Server の追加]ボタンをクリックし
て、新しい Appeon Server の追加ページを開きます。
ステップ 2 - 設定する Appeon Server がオンラインであることを確認して、必要な
情報(IP アドレスまたはマシン名、ポート番号、ユーザ名およびパスワード)を設
定します。たとえば:

IP アドレス:161.0.0.1

ポート:9000

ユーザ名:admin

パスワード:admin
ステップ 3 -[Appeon Server の追加]ボタンをクリックします。プログラムは自動
的に接続をテストして エラーが無い場合 Appeon Server を追加します。
Appeon Server は次の条件が満たされた場合のみ追加されます。
1. AEM に対して新規の Appeon Server である。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 66
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
2. 正しい設定がされている。
3. Appeon Server が実行しています。
4. 最初に追加した Appeon Server で AEM をホストします。
5. パスワードは正しいです。
Appeon Server の削除
一覧から Appeon Server を削除するには、次の手順を行います。
ステップ 1 - Appeon Server クラスタ ページの Appeon Server の[アクション]カラ
ムにある[削除]ボタンをクリックします。
ステップ 2 - 確認のためのメッセージ ボックスが表示されます。[OK]を選択し
て続行するか、または[キャンセル]を選択してキャンセルします。
ステップ 3 -[OK]ボタンをクリックすると、Appeon Server は Appeon Server リス
トから削除されます。AEM は削除された Appeon Server と接続できなくなります。
一覧から Appeon Server をすべて削除するには:
[すべて削除]ボタンをクリックして、削除確認のメッセージボックスで[OK]を
クリックします。
5.3.9.b ロード バランスの設定
ロード バランスの設定は、システム パフォーマンスを最適化するために、リクエス
トをクラスタのサーバ間にどのように分散するかを決定します。Appeon Server クラ
スタは、次の 2 つのロード バランシング アルゴリズムをサポートしています:

ランダム - サーバのステータスにかかわらず、リクエストを任意の順でサー
バに分散します。

順番 - リクエストを指定の順番でサーバに分散します。ラウンドロビンとし
て知られているように、順番アルゴリズムは簡単で、安くて、結果を予測で
きます。
どちらのアルゴリズムも同様の設定と仕様によって、リクエストを均等にクラスタ
の各サーバに送るので、サーバに最適なパフォーマンスを提供することができます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 67
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.3.9.c フェイルオーバー設定
セッション バックアップ設定は、フェイルオーバー機能をどのように行うかを決定
します。フェイル オーバー機能は、連続のデータフローと操作を確保するために、
セッションが失敗したサーバから利用可能なサーバまで移されることができます。
トランザクションまたはマージ コールのフェイルオーバーはサポートされていませ
ん。
Appeon Server クラスタは、フェイルオーバーに 2 つの主要なバックアップ オプショ
ンを提供します:セッション バックアップとハートビート バックアップ。
セッション バックアップ
セッション バックアップ オプションは、Appeon Server がセッション状態が変わる
か、または同じセッションのリクエストを受け取ることを検出した時に、セッショ
ンがバックアップされることができます。2 つのレベルでバックアップを設定する
ことができます:

セッション レベル - Appeon Server がセッション状態が変わることを検出し
たときに、セッションのバックアップが行います。たとえば、セッションが
作成されるか、破棄されるか、またはセッションにあるトランザクションが
始まるか、終ることです。

リクエスト レベル - セッションの状態にかかわらず、Appeon Server が同じ
セッションのリクエストを受け取った時に、セッションのバックアップを行
います。
ハートビート バックアップ
ハートビート バックアップ オプションは、Appeon Server が指定のハートビート間
隔でセッションを自動的にバックアップします。

リモート バックアップ-[間隔時間]に指定した間隔時間によって、すべて
のセッションをローカル マシンから同等のサーバへバックアップします。リ
モート バックアップはミラー バックアップとローテーション バックアップ
を含めています。
o ミラー バックアップ: すべてのセッションを定期的にローカル マシ
ンから同等のサーバへバックアップします。同等のサーバが故障した
場合、セッションは全くバックアップされません。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 68
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
o ローテーション バックアップ: すべてのセッションを定期的にローカ
ル マシンから同等のサーバへバックアップします。同等のサーバが故
障した場合、新しい同等のサーバを探してセッションをバックアップ
します。

ステータス モニタにロジック復元を有効にする - フェイルしたサーバを再
起動すると、“アクティブな”セッションと“パッシブな”セッションが復
元されることができます。このオプションを無効に設定すると、“アクティ
ブな”セッションだけが復元されることができます。ローカル サーバによっ
て作成されたセッションは“アクティブな”セクションとしてバックアップ
され、リモート サーバによって作成されたセッションが“パッシブな”セッ
ションとしてバックアップされます。
5.3.10 ライセンス情報
ライセンス情報を参照することができます(図 5-14)。
図 5-15:ライセンス情報
5.3.11 コネクション キャッシュ
Appeon は、EAServer/Appeon Server コネクション キャッシュの安直な設定方法とし
て AEM コネクション キャッシュ ツールを提供しています。AEM では、EAServer
Manger を起動しないで、コネクション キャッシュを追加、編集、削除またはテスト
することができます。コネクション キャッシュを AEM で設定する場合、次のセク
ションを参照してください。コネクション キャッシュを EAServer Manager で設定す
る場合、EAServer のユーザ ドキュメントを参照してください。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 69
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.3.11.a ログオン
ツリー ビューで[コネクション キャッシュ]をクリックして、ログオン ページが
表示されます。Appeon Server のユーザ名とパスワードを指定します。デフォルトの
ユーザ名は“jagadmin”で、デフォルトのパスワードは空白です。[ログオン]を
クリックして、Appeon Server にあるコネクション キャッシュを参照できます。
図 5-16:コネクション キャッシュ
5.3.11.b コネクション キャッシュの一覧
コネクション キャッシュは実行時にデータベースの接続に必要な設定を行います。
コネクション キャッシュを新規作成したり、既存コネクション キャッシュの編集、
削除とテストすることができます。
図 5-17:コネクション キャッシュ
コネクション キャッシュを追加する
テーブル 5-1 に従って、[コネクション キャッシュを追加]をクリックして、コネ
クション キャッシュを設定します。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 70
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-18:コネクション キャッシュの追加
テーブル 5-1:コネクション キャッシュの設定
コネクション
コネクション キャッシュの名前を入力します。日本語を使わないでく
キャッシュ名
ださい。
ドライバ型
コネクション キャッシュのドライバ型を選択します。
クラス名
ドライバの文字列を入力します。
ドライバの文字列は大文字小文字を区別します。
ODBC データ
ドライバ型が ODBC-JDBC Bridge の場合のみに、データ ソース名を入
ソース名
力します。
データベース
データベース ホストを入力します。
ホスト
データベース
データベース ポートを入力します。
ポート
データベース
データベースまたはサービス名を入力します。
名/サービス名
データベース
データベース サーバのマシン名または IP アドレスを入力します。
サーバ名
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 71
AEM ユーザ ガイド
ユーザ名
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ログイン ユーザ名を入力します。ユーザ名はデータベース サーバに設
定されたユーザ名です。
パスワード
ログイン パスワードを入力します。パスワードはデータベース サーバ
に設定されたパスワードです。
URL
DB URL を設定してデータベースへの接続を作成します。
詳細設定の表
詳細な設定を表示または非表示します。
示/非表示
コネクション
EAServer がスタートアップ時にオープンしたりプールする接続の最小
プールの最小
サイズの接続を指定します。
サイズ
コネクション
EAServer がスタートアップ時にオープンしたりプールする接続の最大
プールの最大
サイズの接続を指定します。
サイズ
各データベース型に対して、コネクション キャッシュの設定手順については、第 4
章「データベース接続の設定」を参照してください。
コネクション キャッシュを編集する
コネクション キャッシュの編集ページで[編集]をクリックして、設定を変更しま
す。設定内容はコネクション キャッシュの追加ページと同じです。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 72
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-19:コネクション キャッシュの編集
コネクション キャッシュを削除する
[削除]をクリックして、指定されたコネクション キャッシュの削除を宜しいかと
いうメッセージが表示されます。[OK]をクリックして続けます。
図 5-20:コネクション キャッシュの削除
コネクション キャッシュをテストする
コネクション キャッシュが追加した後、[接続のテスト]をクリックします。コネ
クション キャッシュの接続が失敗する場合、[編集]をクリックして設定を変更で
きます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 73
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-21:コネクション キャッシュのテスト
5.4 アプリケーションの配置
5.4.1 概要
Appeon Server へ配布されたアプリケーションは、Appeon Developer に設定されてい
るアプリケーション プロファイル名により、AEM に登録されます。
「アプリケーションの配置」は、Web アプリケーションのサーバに関連するプロパ
ティを設定するツールです。これには、図 5-22 に示す基本情報、トランザクション
オブジェクト、文字セット、表示書式、アプリケーション サーバ キャッシュ、デー
タウィンドウ データ キャッシュ、DLL/OCX ファイル ダウンロード、レジストリ モ
ード、マルチ スレッドのダウンロード、INI ファイル モード、エラー メッセージ モ
ード、実行モードおよび転送コーディングの 13 つのサブツールがあります。各アプ
リケーション プロファイルの設定は、アプリケーション プロファイルから配布され
た Web アプリケーションに影響を与えます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 74
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-22:アプリケーションの配置
5.4.2 アプリケーション情報
基本情報ツールは、すべての配布された Web アプリケーションに基本情報を表示し
ています。内容は PowerBuilder バージョン、アプリケーションのサイズ、DLL/OCX
ファイルのサイズを含めています。
図 5-23:基本情報
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 75
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.4.3 トランザクション オブジェクト
データベースを使用する PowerBuilder アプリケーションには少なくとも 1 つのデー
タベース接続があります。このデータベース接続はトランザクション オブジェクト
の使用により実現します。PowerBuilder アプリケーションが Web へ配布されたとき、
Appeon Server は PowerBuilder アプリケーションで定義されたトランザクション オブ
ジェクトは使わずに、Appeon Server で設定された接続キャッシュを使用してデータ
ベース接続を行います。
PowerBuilder アプリケーションのすべてのトランザクション オブジェクトは Appeon
Server の正しい接続キャッシュへマップされる必要があります。「正しい」という
のは、接続キャッシュが接続しているデータベースは、トランザクション オブジェ
クトがアプリケーションで接続しているデータベースと同じであることです。接続
キャッシュの設定は AEM ではなく、Appeon Server の EAServer Manager を使用しま
す。
トランザクション オブジェクトの接続キャッシュへのマップ方法には次の2つがあ
ります。

PowerScript を使用してトランザクション オブジェクトと接続キャッシュを動
的にマップする。

AEM で、トランザクション オブジェクトと接続キャッシュを静的にマップ
する。
PowerScript での動的マップは AEM でのマップより優先されます。このセクション
は AEM でのマップによる設定方法を紹介しています。PowerScript での動的マップ
についての詳細は 4.3.1「トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシ
ュの動的なマッピング」を参照してください。
5.4.3.a トランザクション オブジェクトのマップにおける JDBC の要件
Appeon Server は J2EE アーキテクチャに基づいており、データベースとの接続には
JDBC が使用されます。JDBC 接続キャッシュには JDBC-ODBC Bridge、 NativeAPI/partly Java ドライバ、 Net-protocol/all-Java ドライバまたは Native-protocol/all-Java
ドライバの 4 つのタイプのドライバを使用できます。
詳細情報については、セクション 4.2「Appeon Server のコネクション キャッシュの
設定」を参照してください。このマニュアルには、推奨される JDBC ドライバおよ
び接続キャッシュの作成方法も解説されています。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 76
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.4.3.b アプリケーションへトランザクション オブジェクト マップを設定する
アプリケーションが Appeon Server へ配布されたとき、AEM は自動的にアプリケー
ション名をトランザクション オブジェクト ページのアプリケーション リストに追
加します。
アプリケーションの静的トランザクション オブジェクトのマップを参照するには、
トランザクション オブジェクト ページ内のアプリケーション名をクリックします。
新しいページが開かれ、現行のトランザクション オブジェクトのマッピングが表示
されます。
図 5-24:アプリケーションのトランザクション オブジェクトのマップの設定
既存のトランザクション オブジェクトのマップを修正する
1)接続キャッシュの変更
各トランザクション オブジェクトには、[接続キャッシュ]カラムにドロップダウ
ン リストボックスがあります。このリストボックスには Appeon Server で作成され
た JDBC 接続キャッシュが表示されます。
選択された接続キャッシュは、トランザクション オブジェクトが接続しているデー
タベースと同じデータベースに接続していることを確認してください。
ドロップダウン リストボックスからその他の接続キャッシュを選択することで、現
行の接続キャッシュを変更できます。[更新]ボタンをクリックすると、トランザ
クション オブジェクトへの変更が有効 になります。
2)データベース型の変更
トランザクション オブジェクトに接続されているデータベースが変更(たとえば、
すべてのデータが Oracle から Sybase へ移動されたときなど)された場合、AEM で
データベース型を変更する必要があります。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 77
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
現行のデータベース型を変更するには、データベース型カラムのドロップダウン リ
ストボックスからその他のデータベース型を選択します。[更新]ボタンをクリッ
クすると、トランザクション オブジェクトへの変更が有効 になります。
3)トランザクション オブジェクトのマップを削除する
トランザクション オブジェクトのマップを削除するには、[削除]ボタンをクリッ
クします。操作を確認するメッセージ ボックスが表示されます。
デフォルトでは、各アプリケーションにトランザクション オブジェクト“SQLCA”
が AEM で設定されています。PowerBuilder アプリケーションに SQLCA トランザク
ション オブジェクトがない場合、この SQLCA トランザクション オブジェクトのマ
ッピングを削除する必要があります。
新しいトランザクション オブジェクトのマップを追加する
ステップ 1 - 図 5-24 に示すトランザクション オブジェクト ページ内の[トランザ
クション オブジェクトの追加]ボタンをクリックします。図 5-25 に示すトランザク
ション オブジェクトの追加ページが表示されます。
図 5-25:トランザクション オブジェクトの追加
ステップ 2 -[トランザクション オブジェクト ]テキストボックスに、トランザク
ション オブジェクト名を入力します。トランザクション オブジェクト名は大文字と
小文字を区別しません。トランザクション オブジェクトはオリジナル PowerBuilder
アプリケーションの中で定義されたトランザクション オブジェクトである必要があ
ります。
ステップ 3 -[コネクション キャッシュ]ドロップダウン リストボックスから接続
キャッシュを選択します。このリストボックスには Appeon Server で作成された
JDBC 接続キャッシュがリストされています。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 78
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
選択された接続キャッシュは、トランザクション オブジェクトが接続している同じ
データベースに接続していることを確認してください。[接続のテスト]ボタンを
クリックしてデータベースの接続をテストします。
ステップ 4 -[データベース型]ドロップダウン リストからデータベース型を選択
します。データベース型はトランザクション オブジェクトが接続している現行デー
タベースのデータベース型にしてください。
ステップ 5 - AEM は指定されたトランザクション オブジェクトおよびデータベー
ス型が正しいことを確認しませんので、入力された情報を再度確認してください。
ステップ 6 -[接続のテスト]ボタンをクリックしてデータベースの接続をテスト
します。
ステップ 7 -[トランザクション オブジェクトの追加]ボタンをクリックします。
複数のトランザクション オブジェクトを追加する場合、上記のステップを繰り返し
てください。
5.4.4 文字セット
AEM でキャッシュの入力文字セットとデータベース文字セットを指定する場合は、
各アプリケーションの文字セット変換は接続キャッシュ レベルで有効になります。
図 5-26 を参照してください。
次のようなときは、文字セット ツールが有用です。

データベースが UTF-8 文字セット以外を使用しているとき

Web アプリケーションの言語表示にエラー コードがあるとき
それ以外の場合は、このツールを使う必要はありません。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 79
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-26:文字セット
5.4.4.a 接続キャッシュにデータベース文字セットを設定する
ステップ 1 -[アプリケーション名]カラムにあるアプリケーションをクリックし
ます。
ステップ 2 -[文字セットの追加]ボタンをクリックします。
ステップ 3 -[接続キャッシュ]ドロップダウン リストから接続キャッシュを選択
します。
ステップ 4 -[データベースの文字セット]ドロップダウン リストからデータベー
スの文字セット型を選択します。この文字セットはデータベースの中で使っている
文字セットと一致している必要があります。これはデータベースの設定は変更しま
せん。
ステップ 5 -[クライアント側の文字セット]ドロップダウン リストから入力文字
セット型を選択します。この設定はクライアントの入力文字セット型と一致してい
る必要があります。
ステップ 6 -[文字セットの追加]ボタンをクリックして設定を確認します。
5.4.4.b 文字セット フィールド内にある文字セット オプション
テーブル 5-2 には、[データベースの文字セット]フィールドと[クライアント側
の文字セット]フィールドの文字セット オプション、および各文字セットについて
の簡単な記述がなれています。データベース文字セットまたは入力文字セットがリ
ストされない場合には、次の手順に従って手動で文字セットを追加することができ
ます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 80
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ステップ 1 - %JAGUAR%\Repository\WebApplication\AEM\WEB-INF\classes\ ディ
レクトリにある Charset.properties を開きます。
ステップ 2 - 文字セット型をエントリとしてファイルへ追加して、ファイルを保存
します。
たとえば、文字セット“gbk”を追加したい場合は、新しい行に“gbk=gbk”を追加でき
ます。
ステップ 3 - AEM を更新すると、新しく追加された文字セットが文字セット リス
トに表示されます。
テーブル 5-2:文字セット オプション
文字セット型
説明
ASCII
American Standard Code for Information Interchange
Cp1252
Windows Latin-1
ISO8859_1
ISO 8859-1, Latin alphabet No. 1
UnicodeBig
UnicodeBigUnmarked
UnicodeLittle
Sixteen-bit Unicode Transformation Format, big-endian byte order, with
byte-order mark
Sixteen-bit Unicode Transformation Format, big-endian byte order
Sixteen-bit Unicode Transformation Format, little-endian byte order, with
byte-order mark
UnicodeLittleUnmarked Sixteen-bit Unicode Transformation Format, little-endian byte order
UTF8
UTF-16LE
Eight-bit Unicode Transformation Format
Sixteen-bit Unicode Transformation Format, byte order specified by a
mandatory initial byte-order mark
Big5
Big5, Traditional Chinese
Big5_HKSCS
Big5 with Hong Kong extensions, Traditional Chinese
Cp037
USA, Canada (Bilingual, French), Netherlands, Portugal, Brazil, Australia
Cp273
IBM Austria, Germany
Cp277
IBM Denmark, Norway
Cp278
IBM Finland, Sweden
Cp280
IBM Italy
Cp284
IBM Catalan/Spain, Spanish Latin America
Cp285
IBM United Kingdom, Ireland
Cp297
IBM France
Cp420
IBM Arabic
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 81
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
Cp424
IBM Hebrew
Cp437
MS-DOS United States, Australia, New Zealand, South Africa
Cp500
EBCDIC 500V1
Cp737
PC Greek
Cp775
PC Baltic
Cp838
IBM Thailand extended SBCS
Cp850
MS-DOS Latin-1
Cp852
MS-DOS Latin-2
Cp855
IBM Cyrillic
Cp856
IBM Hebrew
Cp857
IBM Turkish
Cp858
Variant of Cp850 with Euro character
Cp860
MS-DOS Portuguese
Cp861
MS-DOS Icelandic
Cp862
PC Hebrew
Cp863
MS-DOS Canadian French
Cp864
PC Arabic
Cp865
MS-DOS Nordic
Cp866
MS-DOS Russian
Cp868
MS-DOS Pakistan
Cp869
IBM Modern Greek
Cp870
IBM Multilingual Latin-2
Cp871
IBM Iceland
Cp874
IBM Thai
Cp875
IBM Greek
Cp918
IBM Pakistan (Urdu)
Cp921
IBM Latvia, Lithuania (AIX, DOS)
Cp922
IBM Estonia (AIX, DOS)
Cp930
Japanese Katakana-Kanji mixed with 4370 UDC, superset of 5026
Cp933
Korean Mixed with 1880 UDC, superset of 5029
Cp935
Simplified Chinese Host mixed with 1880 UDC, superset of 5031
Cp937
Traditional Chinese Host mixed with 6204 UDC, superset of 5033
Cp939
Japanese Latin Kanji mixed with 4370 UDC, superset of 5035
Cp942
IBM OS/2 Japanese, superset of Cp932
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 82
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
Cp942C
Variant of Cp942
Cp943
IBM OS/2 Japanese, superset of Cp932 and Shift-JIS
Cp943C
Variant of Cp943
Cp948
OS/2 Chinese (Taiwan) superset of 938
Cp949
PC Korean
Cp949C
Variant of Cp949
Cp950
PC Chinese (Hong Kong, Taiwan)
Cp964
AIX Chinese (Taiwan)
Cp970
AIX Korean
Cp1006
IBM AIX Pakistan (Urdu)
Cp1025
IBM Multilingual Cyrillic: Bulgaria, Bosnia, Herzegovinia, Macedonia
(FYR)
Cp1026
IBM Latin-5, Turkey
Cp1046
IBM Arabic – Windows
Cp1097
IBM Iran (Farsi)/Persian
Cp1098
IBM Iran (Farsi)/Persian (PC)
Cp1112
IBM Latvia, Lithuania
Cp1122
IBM Estonia
Cp1123
IBM Ukraine
Cp1124
IBM AIX Ukraine
Cp1140
Variant of Cp037 with Euro character
Cp1141
Variant of Cp273 with Euro character
Cp1142
Variant of Cp277 with Euro character
Cp1143
Variant of Cp278 with Euro character
Cp1144
Variant of Cp280 with Euro character
Cp1145
Variant of Cp284 with Euro character
Cp1146
Variant of Cp285 with Euro character
Cp1147
Variant of Cp297 with Euro character
Cp1148
Variant of Cp500 with Euro character
Cp1149
Variant of Cp871 with Euro character
Cp1250
Windows Eastern European
Cp1251
Windows Cyrillic
Cp1253
Windows Greek
Cp1254
Windows Turkish
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 83
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
Cp1255
Windows Hebrew
Cp1256
Windows Arabic
Cp1257
Windows Baltic
Cp1258
Windows Vietnamese
Cp1381
IBM OS/2, DOS People's Republic of China (PRC)
Cp1383
IBM AIX People's Republic of China (PRC)
Cp33722
IBM-eucJP – Japanese (superset of 5050)
EUC_CN
GB2312, EUC encoding, Simplified Chinese
EUC_JP
JIS X 0201, 0208, 0212, EUC encoding, Japanese
EUC_JP_LINUX
JIS X 0201, 0208, EUC encoding, Japanese
EUC_KR
KS C 5601, EUC encoding, Korean
EUC_TW
CNS11643 (Plane 1-3), EUC encoding, Traditional Chinese
GBK
GBK, Simplified Chinese
ISO2022CN
ISO 2022 CN, Chinese (conversion to Unicode only)
ISO2022CN_CNS
ISO2022CN_GB
CNS 11643 in ISO 2022 CN form, Traditional Chinese (conversion from
Unicode only)
GB 2312 in ISO 2022 CN form, Simplified Chinese (conversion from
Unicode only)
ISO2022JP
JIS X 0201, 0208 in ISO 2022 form, Japanese
ISO2022KR
ISO 2022 KR, Korean
ISO8859_2
ISO 8859-2, Latin alphabet No. 2
ISO8859_3
ISO 8859-3, Latin alphabet No. 3
ISO8859_4
ISO 8859-4, Latin alphabet No. 4
ISO8859_5
ISO 8859-5, Latin/Cyrillic alphabet
ISO8859_6
ISO 8859-6, Latin/Arabic alphabet
ISO8859_7
ISO 8859-7, Latin/Greek alphabet
ISO8859_8
ISO 8859-8, Latin/Hebrew alphabet
ISO8859_9
ISO 8859-9, Latin alphabet No. 5
ISO8859_13
ISO 8859-13, Latin alphabet No. 7
ISO8859_15_FDIS
ISO 8859-15, Latin alphabet No. 9
JIS0201
JIS X 0201, Japanese
JIS0208
JIS X 0208, Japanese
JIS0212
JIS X 0212, Japanese
JISAutoDetect
Detects and converts from Shift-JIS, EUC-JP, ISO 2022 JP (conversion to
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 84
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
Unicode only)
Johab
Johab, Korean
KOI8_R
KOI8-R, Russian
MS874
Windows Thai
MS932
Windows Japanese
MS936
Windows Simplified Chinese
MS949
Windows Korean
MS950
Windows Traditional Chinese
MacArabic
Macintosh Arabic
MacCentralEurope
Macintosh Latin-2
MacCroatian
Macintosh Croatian
MacCyrillic
Macintosh Cyrillic
MacDingbat
Macintosh Dingbat
MacGreek
Macintosh Greek
MacHebrew
Macintosh Hebrew
MacIceland
Macintosh Iceland
MacRoman
Macintosh Roman
MacRomania
Macintosh Romania
MacSymbol
Macintosh Symbol
MacThai
Macintosh Thai
MacTurkish
Macintosh Turkish
MacUkraine
Macintosh Ukraine
SJIS
Shift-JIS, Japanese
TIS620
TIS620, Thai
5.4.5 表示書式
Pure-JavaScript 配布オプションにより配布された Web アプリケーションは、日付、
時刻および通貨データを表示するための情報を、オペレーテング システムの地域設
定(ロケール情報)から取得できません。代わりに AEM で はデフォルト書式での
設定を可能にしています。日付、時刻および通貨データが PowerBuilder ソース コー
ドで指定された場合、Web アプリケーションはこれらのデータを PowerBuilder と同
様に表示します。一方、Web アプリケーションはこれらを AEM の指定に従って表
示します。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 85
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
この表示書式の設定は Pure-JavaScript 配布オプションにより配布された Web アプリ
ケーションのみに適用されることに注意してください。Appeon Xcelerator 配布オプ
ションにより配布された Web アプリケーションは、日付、時刻および通貨データを
表示するための情報を、オペレーテング システムの地域設定(ロケール情報)から
取得するため、AEM での表示設定を読み込みません。
5.4.5.a 表示書式の設定
表示書式の設定テーブルには、すべてのアプリケ-ションの設定がリストされてい
ますが、次に示す 2 種類のアプリケーションでは設定は作用しません。

Appeon Xcelerator 配布オプションにより配布された Web アプリケーション

ソース コードで表示書式を指定する Pure-JavaScript 配布オプションにより配
布された Web アプリケーション
図 5-27:表示書式
5.4.5.b アプリケーションの表示書式を修正する
ステップ 1 - 表示書式の設定を変更するには、図 5-28 に示すテーブルでアプリケー
ション名をクリックします。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 86
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-28:アプリケーションの表示書式の修正
ステップ 2 - 必要によって、日付、時刻および通貨データの表示書式を選択します。
ステップ 3 -[保存]ボタンをクリックして設定を保存します。
5.4.6 アプリケーション サーバ キャッシュ
Web アプリケーションを起動する都度、Appeon Server はアプリケーションのデータ
ウィンドウ構文と埋め込み SQL 文をメモリへロードします。もし Appeon Server が
複数のアプリケーションをサポートし、アプリケーションのすべての構文と SQL を
メモリへロードすると、サーバ メモリの消費が多くなり、すべてのアプリケーショ
ンの実行が遅くなってしまいます。
AEM は、アプリケーション サーバ キャッシュ ツールを提供して Appeon Server の
リソースを調整し、重要なアプリケーションをサポートできる十分なリソースを確
保します。
図 5-29:アプリケーション サーバ キャッシュ
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 87
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.4.6.a アプリケーション サーバ キャッシュとは
「アプリケーション サーバ キャッシュ」とは、Appeon Server メモリの一部分とし
て、アプリケーションのデータウィンドウ構文と埋め込み SQL 文を一時的に格納す
るためのツールです。
アプリケーションが起動されたとき、アプリケーションに指定されたキャッシュ サ
イズに依存して、Appeon Server はデータウィンドウ構文と埋め込み SQL 文の一部
分またはすべてをロードします。Appeon Server がアプリケーションのデータウィン
ドウ構文と埋め込み SQL 文の一部分のみロードする場合、Appeon Server がメモリ
の代わりに、データベースから残りのデータウィンドウ構文と埋め込み SQL 文を読
み込む必要があるため、アプリケーションの実行パフォーマンスに影響を与える危
険性があります。
重要なアプリケーション、またはユーザが頻繁にアクセスするアプリケーションに
対しては、キャッシュ サイズが十分であるかどうかを確認してください。Appeon
Server のメモリが少ない場合、マイナーなアプリケーションのキャッシュ サイズを
少なくすることを考慮します。
5.4.6.b アプリケーションに対する Appeon Server のキャッシュ設定を修正する
図 5-29 に示すキャッシュ設定テーブルにおいて、[キャッシュの容量]カラムはア
プリケーションに割り当てられた Appeon Server キャッシュの容量を示し、[キャッ
シュの使用量]カラムはどのくらいの Appeon Server メモリがアプリケーションのキ
ャッシュに使用されているかを示します。
次のステップに従って、アプリケーションのキャッシュ サイズを修正します:
ステップ 1 - 図 5-29 に示すキャッシュの設定テーブル内のアプリケーション名を
クリックします。キャッシュ設定の修正ページが表示されます。図 5-30 を参照して
ください。
図 5-30:キャッシュ設定の修正
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 88
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ステップ 2 - キャッシュのサイズを修正します。

キャッシュ サイズを「0」以上に設定します。デフォルトのキャッシュ サイ
ズは 3MB です。これは普通のアプリケーションに適用します。
たとえば、アプリケーション A とアプリケーション B を例として、アプリケ
ーション A を 3MB にして、アプリケーション B を 10MB にして設定すると
き、クライアントがアプリケーション A を実行する場合、Appeon Server は
3MB の構文と SQL をメモリへロードします。クライアントがアプリケーシ
ョン B を実行する場合、Appeon Server は 10MB の構文と SQL をメモリへロ
ードします。実際のアプリケーション A の構文と SQL が 10MB 以上になっ
ても、アプリケーション A の実行はアプリケーション B の実行に影響を与え
ません。

キャッシュ サイズを「0」に設定すると、データウィンドウ構文と埋め込み
SQL 文をキャッシュにロードすることはできなくなります。Appeon Server は
データベースからデータウィンドウ構文と埋め込み SQL 文を読み込むように
なります。

キャッシュ サイズを「0」未満(例えば、-3)に設定すると、これはキャッシ
ュの制限が無いことを示します。Appeon Server はアプリケーションのすべて
のデータウィンドウ構文と埋め込み SQL 文をキャッシュへロードします。
キャッシュ サイズを「0」に設定するとアプリケーションのパフォーマンスを低下
させるため推奨できません。サーバのメモリが十分で、配布済みのアプリケーショ
ンが 10 個以下のときには、サイズを「0」以下に設定することを推奨します。サー
バのメモリが不十分で、配布済みのアプリケーションがたくさん含まれるとき、す
べての重要なアプリケーションや、データウィンドウ構文と埋め込み SQL 文をたく
さん使用するアプリケーションのキャッシュ サイズを「0」以下に設定するか、3M
以上に設定し、その他のアプリケーションではデフォルト設定にすることを推奨し
ます。
ステップ 3 -[保存]ボタンをクリックして変更を保存します。
5.4.7 データウィンドウ データ キャッシュ
Web サーバで繰り返し使用されるデータウィンドウ データをキャッシュするために、
データウィンドウ データ キャッシュ ツールを提供しています。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 89
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版

Web サーバ上のデータウィンドウ データ キャッシュはデータをメモリに格納
しています。サーバのメモリがクリアされない限り(たとえば、Web サーバ
が再起動されること)、キャッシュされたデータが利用可能です。

クライアント側のデータウィンドウ データ キャッシュは、データを暗号化し
て Internet Explorer の一時ファイルのフォルダに格納しています。一時ファイ
ルのフォルダが空にしない限り、キャッシュされたデータが利用可能です。
このツールによって、サーバ負荷とネットワーク トラフィックを軽減し、パフォー
マンスとスケーラビリティを向上できます。
重要事項:
1) データウィンドウ データ キャッシュ ツールは Appeon Xcelerator 配布のみに適用
しています。
2) 実行モード ページで[テスト モード]を設定した場合、データウィンドウ デー
タ キャッシュを無効にしてください。
3) 動的作成のデータウィンドウは Web サーバ上のデータ キャッシュが行えません。
AEM でキャッシュ ツールは動的データウィンドウに対して有効になりますが、
でもデータがデータベースから検索されることになっています。
4) Informix データベースに対しては、データウィンドウ データ キャッシュがサポ
ートされていません。
5) データウィンドウ データ キャッシュは、次に示す設定(以降のセクションで説
明)を行わない限り、有効に動作できません。

データベース サーバに必要な設定

Web サーバに必要な設定(Web サーバ キャッシュのみ)

AEM におけるデータウィンドウ データ キャッシュの設定
6) データウィンドウ データ キャッシュ ツールは、Windows 上の Web サーバ(た
とえば、Windows 上の Apache Web サーバ)に利用できますが、Sun Solaris 上の
Web サーバ(たとえば、Solaris 上の Apache Web サーバ)に利用できません。
7) データウィンドウ データ キャッシュを使用するには、テーブル名の最初の 20 文
字が他のテーブル名前の最初の 20 文字と異なる必要があります。これらが同じ
場合、キャッシュ ツールはデータウィンドウに使われるテーブルを正しく認識
できません。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 90
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.4.7.a データベース サーバに必要な設定
Appeon はサポートしている 6 種類のデータベース サーバに対して、6 つの SQL フ
ァイルを提供しています。サーバでデータウィンドウ データ キャッシュ機能を有効
にするためには、データバース サーバに対応する SQL ファイルを実行する必要が
あります。
テーブル 5-3 には各データベース サーバの SQL ファイルをリストしています。
テーブル 5-3:データベース サーバに対応する SQL ファイル
データベース型
Oracle
SQL ファイル
Oracle データベースに対してこの機能を使用可能にするには、下記の
ファイルを実行します:
%JAGUAR%\appeon\sql\cache\install_appeon_cache_ORACLE.sql
Oracle データベースに対してこの機能を使用不可能にするには、下記
のファイルを実行します:
%JAGUAR%\appeon\sql\cache\uninstall_appeon_cache_ORACLE.sql
Microsoft SQL
Microsoft SQL Server データベースに対してこの機能を使用可能にす
Server
るには、下記のファイルを実行します:
%JAGUAR%\appeon\sql\cache\install_appeon_cache_MSSQL.sql
Microsoft SQL Server データベースに対してこの機能を使用不可能に
するには、下記のファイルを実行します:
%JAGUAR%\appeon\sql\cache\uninstall_appeon_cache_MSSQL.sql
ASE
ASE データベースに対してこの機能を使用可能にするには、下記の
ファイルを実行します:
%JAGUAR%\appeon\sql\cache\install_appeon_cache_ASE.sql
ASE データベースに対してこの機能を使用不可能にするには、下記
のファイルを実行します:
%JAGUAR%\appeon\sql\cache\uninstall_appeon_cache_ASE.sql
ASA
ASA データベースに対してこの機能を使用可能にするには、下記の
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 91
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ファイルを実行します:
%JAGUAR%\appeon\sql\cache\install_appeon_cache_ASA.sql
ASA データベースに対してこの機能を使用可能にするには、下記の
ファイルを実行します:
%JAGUAR%\appeon\sql\cache\uninstall_appeon_cache_ASA.sql
Sybase IQ
Sybase IQ データベースに対してこの機能を使用可能にするには、下
記のファイルを実行します:
%JAGUAR%\appeon\sql\cache\install_appeon_cache_IQ.sql.
Sybase IQ データベースに対してこの機能を使用可能にするには、下
記のファイルを実行します:
%JAGUAR%\appeon\sql\cache\uninstall_appeon_cache_IQ.sql.
DB2
DB2 データベースに対してこの機能を使用可能にするには、下記の
ファイルを実行しま
す: %JAGUAR%\appeon\sql\cache\install_appeon_cache_DB2.sql.
DB2 データベースに対してこの機能を使用可能にするには、下記の
ファイルを実行しま
す: %JAGUAR%\appeon\sql\cache\uninstall_appeon_cache_DB2.sql.
重要な注意事項
Appeon の提供する SQL ファイルの実行は、普通の SQL ファイルと同じです。しか
し、以下のポイントに注意してください。

複数のユーザがデータベース サーバを利用している場合、あるユーザでログイ
ンした SQL ファイルの実行はこのユーザのみに作用できます。すべてのユーザ
もデータウィンドウ データ キャッシュを使用できるように、すべてのユーザで
ログインして SQL ファイルを実行する必要があります。

データベース サーバで SQL ファイルを実行するとき、サーバにログインするユ
ーザはストアド プロシージャの実行と関数の作成を行う権限を持っている必要
があります。

データベース サーバで SQL ファイルを実行するには、データベース サーバの
コンソールでの実行とコマンド ラインでの実行の 2 種類の方法があります。時
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 92
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
には一方の方法は失敗し他方の方法では成功するといった異なる結果になる場
合があります。たとえば、Microsoft SQL Server と Sybase ASE serve の両方がイ
ンストールされている場合、Microsoft SQL Server に対してコマンドラインで
SQL ファイルを実行したときに「parameter –D」というエラーが発生し、サーバ
コンソールから実行すると成功します。
5.4.7.b Web サーバに必要な設定
Web サーバの設定は Web サーバ キャッシュのみ必要です。
EAServer Web サーバを Web サーバとして使用する場合、特別な設定を行わなくて
もデータウィンドウ データ キャッシュ機能が自動的に使用可能になります。
サード パーティの Web サーバを Web サーバとして使用する場合、『Web サーバ コ
ンフィグレーション ガイド』に従って、データウィンドウ データ キャッシュ機能
を使用可能にして、Web サーバのキャッシュ サイズを設定してください。
5.4.7.c AEM におけるデータウィンドウ データ キャッシュの設定
このセクションでは、sales_application_demo_ax アプリケーションを例として、AEM
でデータウィンドウ データ キャッシュを設定する方法を説明します。
ステップ 1 - AEM コンソールで[アプリケーションの配置|データウィンドウ デ
ータ キャッシュ]を選択します。データウィンドウ データ キャッシュ ページが表
示されます。図 5-31 を参照してください。
図 5-31:データウィンドウ データ キャッシュ
ステップ 2 - テーブル内の「アプリケーション名」カラムにリストされている
“sales_application_demo_ax”をクリックします。sales_application_demo_ax ページが
表示されます。図 5-32 を参照してください。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 93
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-32:sales_application_demo_ax のデータウィンドウ データ キャッシュ
d
ステップ 3 -[アプリケーションのキャッシュ設定]ボックス内で[サーバ サイ
ド]チェックボックスを選択して、アプリケーションのデータウィンドウの Web サ
ーバ キャッシュを使用可能にします。
ステップ 4 -[データウィンドウ オブジェクトのキャッシュ設定]ボックスでは、
データ キャッシュ機能を有効にするデータウィンドウ オブジェクトをチェックしま
す。
サーバ キャッシュとクライアント キャッシュに異なったデータウィンドウ オブジ
ェクトを設定できません。たとえば、データウィンドウ オブジェクト A をサーバ
キャッシュに、データウィンドウ B をクライアント キャッシュに設定することがで
きません。その代わりに、サーバ キャッシュとクライアント キャッシュの両方にオ
ブジェクト A またはオブジェクト B を選択する必要があります。
ノート:
1) データウィンドウ オブジェクトがチャイルド データウィンドウ オブジェク
トを持つ場合、そのチャイルド データウィンドウ オブジェクトもテーブルに
リストされます。データウィンドウ オブジェクトまたはそのチャイルド デー
タウィンドウ オブジェクトをチェックすると、データ キャッシュ機能が両方
のデータウィンドウ オブジェクトに対して有効になります。
2) 頻繁にデータ更新を行わないデータウィンドウ オブジェクトはチェックし、
頻繁にデータ更新を行うデータウィンドウ オブジェクトはチェックを外すこ
とを推奨します。
ステップ 5 -[保存]ボタンをクリックして変更を保存します。
5.4.8 DLL/OCX ファイル ダウンロード
アプリケーションが DLL または OCX ファイルを呼び出すことがある場合、配布済
み Web アプリケーションが実行時に DLL または OCX ファイルを正しく呼び出すた
めに、以下の 2 つの設定を行う必要があります。

[アプリケーション プロファイル]ウィンドウで DLL/OCX ファイルの設定
を行い、アプリケーションと共に Appeon Server に配布します。詳細な設定方
法については、『Appeon Developer ユーザガイド』 のセクション 4.2.2.c 「追
加ファイル タブの設定」を参照してください。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 94
AEM ユーザ ガイド

Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
AEM の DLL/OCX ファイル ダウンロード ページで、DLL/OCX ファイルをク
ライアントにダウンロードする方式を設定します。
図 5-33:カスタム ライブラリ
5.4.8.a DLL/OCX ファイル ダウンロードのデフォルトのインストール設定
図 5-33 に示す DLL/OCX ファイル ダウンロード ページですべての配布済みアプリケ
ーションに対するファイルのインストール設定を参照できます。

アプリケーション名 - すべての配布済みアプリケーションの名前をリストし
ます。アプリケーションが Appeon Developer により Appeon Server へ配布され
た時に、アプリケーション名は自動的にこのリストに追加されます。

インストール モード - アプリケーションに設定されたカスタム ライブラリ
のインストール モードを表示します。デフォルトのインストール モードは
「ユーザに尋ねず、ファイルを自動的にインストールする」です。
5.4.8.b DLL/OCX ファイル ダウンロードのインストール モードの修正
DLL/OCX ファイル ダウンロード ページでアプリケーション名をクリックすること
により、そのアプリケーションのカスタム ライブラリのインストール モードの修正
ページが表示され、設定を変更できます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 95
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-34:カスタム ライブラリのインストール モードの修正
[インストール モード]ボックスでは、選択されたアプリケーションの DLL また
は OCX ファイルをクライアントのブラウザにインストールする方式を選択できます。
クライアントのブラウザへダウンロードされた DLL または OCX ファイルは、クラ
イアントの %WINDOWS%\system32\AppeonPlugin\appname フォルダに格納されま
す。ここで、appname は Web アプリケーションの名前を示します。テーブル 5-4 を
参照して適切なインストール モードを選択してください。
テーブル 5-4:インストール モード
インストール モード
説明
ユーザに尋ねずに、ファイ
デフォルトのモードです。Web アプリケーションの実行
ルを自動的にインストール
前に、なんら通知を表示せずに、アプリケーションの
する
DLL と OCX ファイルが自動的にダウンロードされインス
トールされます。
ユーザが確認してから、フ
Web アプリケーションの実行前に、DLL または OCX ファ
ァイルを自動的にインスト
イルのインストールを確認するメッセージ ボックスが表
ールする
示されます。ユーザがこれに応答すると、ファイルが自動
的にインストールされます。
手動でインストールする (自
このオプションにより、Appeon は DLL または OCX ファ
動インストレーションでな
イルのインストールを行いません。アプリケーションがこ
い)
れらのファイルにアクセスする前に、DLL または OCX フ
ァイルを手動でインストールする必要があります。
DLL または OCX ファイルが大きすぎてネットワークから
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 96
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ダウンロード時間が長くかかる場合、このモードの使用を
推奨します。
[衝突の解決モード]では、DLL または OCX ファイルのダウンロード先のフォル
ダに同じ名前のファイルが存在する場合、ファイルの衝突の解決方法を選択できま
す。3 つのモードがあります。
テーブル 5-5:衝突の解決モード
衝突の解決モード
説明
ユーザに尋ねずに、ファイ
デフォルトのモードです。ユーザに知らせずに、同じ名前の
ルをインストールする
新しいファイルを上書きします。
インストールせずに、既存
既存のファイルを使用します。
のファイルを使用する
ユーザに尋ねてから、衝突
既存のファイルを使用するか、または新しいファイルを上書
を解決する
きすることを確認するメッセージが表示します。
インストール モードと衝突の解決モードを設定した後、[設定の保存]ボタンをク
リックして選択されたアプリケーションに適用します。または[すべてのアプリケ
ーションに適用する]ボタンをクリックしてすべてのアプリケーションに適用しま
す。
5.4.9 レジストリ モード
レジストリ モード ツールによって、レジストリ関数を実行するために、Appeon
Xcelerator により配布済みアプリケーションがクライアント マシンの Windows レジ
ストリを読み取るか、または Appeon エミュレーションを使用するかを選択します。
Appeon エミュレーション レジストリは Appeon Server データベースに格納されたレ
ジストリを参照します。これには RegistrySet の実行際に指定した設定が保持されて
います。初期値がないため、Appeon エミュレーション レジストリ モードを使用す
るには、RegistryGet と RegistryValues でレジストリ値を読み取る前に RegistrySet で
値を設定する必要があります。
この機能に制限があるため、Pure JavaScript により配布済みアプリケーションは
Appeon エミュレーション レジストリのみを利用できます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 97
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-35:レジスト モード
図 5-36:レジストリ関数の実行モード
レジストリ モード ページでアプリケーションのリンクをクリックして、アプリケー
ションにレジストリ モードを設定します。
デフォルトでは、すべての Appeon Xcelerator により配布済みアプリケーションに
[クライアント マシン Windows レジストリ]が設定されています。Web アプリケ
ーションがクライアントのレジストリと直接に相互作用するのは PowerBuilder での
状況と同じため、Appeon はこのオプションを常に推奨します。[Appeon レジスト
リ エミュレーションを使用する]に設定すれば、レジストリ関数の実行はクライア
ントとの相違を避け、同じ結果をもたらすことができます。
Pure JavaScript により配布済みアプリケーションに対しては、[Appeon レジストリ
エミュレーションを使用する]のみを適用しています。
5.4.10 マルチスレッドのダウンロード
複数スレッドのダウンロード設定では、Web サーバからアプリケーションの Web フ
ァイルを同時ダウンロードするスレッド数を設定できます。このオプションによっ
て、クライアントと Web サーバ間のネットワーク バンド幅をフルに活用し、Web
ファイルのダウンロード時間を短縮することができます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 98
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-37:マルチ スレッドのダウンロード
図 5-38:スレッドの最大数
スレッド数を設定する前に、Web アプリケーションの実行するネットワーク状況、
およびアプリケーションをサポートする Web サーバの互換性を完全に考慮してくだ
さい。ネットワークと Web サーバが同時に多くのスレッドをサポートすることがで
きるかどうか、実行時にパフォーマンスに影響が与えるかを検討してください。
アプリケーションのスレッド数を 1~6 までの整数に設定することを推奨します。
ノート:このオプションは Appeon Xcelerator 配布のみに適用します。
5.4.11 INI ファイル モード
INI ファイル モード ツールは、Appeon Xcelerator により配布済みアプリケーション
が XML ファイルをダウンロードするか、または Appeon Server データベースに格納
される XML ファイルに直接にアクセスするかを決定します。この XML ファイルは、
プロファイル関数にクライアントへの INI ファイルをエミュレートするのに使用さ
れます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 99
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-39:INI ファイル モード
図 5-40:操作モードとダウンロード モード
サーバ側モードは Appeon Xcelerator 配布と Pure JavaScript 配布の両方に適用してい
ます。このモードでは、Appeon Server データベースがアプリケーション クライアン
トごとに XML ファイルを作成します。クライアントにおける cookie 情報によって
異なるクライアントに XML ファイルを区別します。
クライアント側モード は Appeon Xcelerator 配布のみに適用しています。このモード
では、プロファイル情報を格納する XML ファイルはクライアント側
の %Windows%\system32\AppeonINI\ ディレクトリにあります。
各モードの利点と欠点を考慮し、適切なモードを選択してください。
1) サーバ側モードを利用するには、すべてのクライアントで Internet Explorer の
cookie を有効にする必要があります。クライアント側モードではこれが必要
ではありません。
2) サーバ側モードは Appeon Server クラスタに適用できません。これは、クラス
タにあるサーバがデータベース情報(INI/XML ファイルなど)を共有してい
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 100
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ないためです。クライアント側モードは Appeon Server クラスタに適用してい
ます。
3) サーバ側モードは秘密のプロファイル情報を Appeon Server データベースに格
納します。クライアント側モードはプロファイル情報をクライアント マシン
に格納します。そのために、サーバ側モードはクライアント側モードより安
全性が高いです。
クライアント側モードで XML ファイルをクライアントにダウンロードするには、
以下の 2 つの方法があります:

自動ダウンロード– デフォルトで設定します。プロファイル情報を実行す
る XML ファイルが自動的にダウンロードされます。

認証 – プロファイル情報を実行する XML ファイルがダウンロードされる
前に、クライアントの Internet Explorer にファイルのダウンロードを確認
するためのメッセージ ボックスが表示されます。
ノート:INI ファイルをローカル マシンで作成することができませんが、INI
ファイルが PowerBuilder から XML ファイルに転換され、ユーザがローカル
マシンでこれらの XML ファイルを操作することができます。INI ファイルが
Appeon Developer の解析プロセスに転換され、Appeon Server に配布されます。
[クライアント モード]を選択した場合、ユーザが INI ファイルを初めに操
作するとき、XML ファイルがローカル マシンにダウンロードされます。
5.4.12 エラーメッセージのモード
エラー メッセージ モードは、実行時エラーがアプリケーションの実行をブロックす
るかを決定します。このツールは Appeon Xcelerator 配布のみに適用しています。
図 5-41:エラー メッセージ モード
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 101
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-42:エラー モードの設定
[ステータス バーに表示]モード は、エラーが Internet Explorer ステータス
バーに表示され、ユーザがそれに回答する必要がありません。ステータス バ
ーはエラー情報を簡単に表示します。
[ポップアップ メッセージに表示]モードは、エラーがポップアップ メッセ
ージ ボックスに表示され、アプリケーションを続行する前にユーザがそれに
回答する必要があります。ポップアップ メッセージはエラーに関してすべて
の情報を表示します。これはエラーID、エラー説明、可能原因、対策、およ
びオンライン ヘルプのアクセス方法や Appeon テクニカル サポートの連絡方
法を含んでいます。
Appeon Server は重大度によって実行エラーを 4 つのレベルに分けます。エラー レベ
ルによって異なる表示モードを指定できます。
エラー レベル
レベル 0
重大度
一般的に重大です。こんなエラーはアプリ
推奨する表示モード
ステータス バーに表示する
ケーションに小さい影響を与えます。
レベル 1
相当重大です。こんなエラーがユーザが設
ポップアップ メッセージに
定の誤りにより発生され、実行時の Web ア
表示する
プリケーションに一定の影響を与えること
があります。たとえば、アプリケーション
にコネクション キャッシュを指定していま
せん。
レベル 2
非常に重大です。こんなエラーが Appeon
ポップアップ メッセージに
製品の非互換により発生されます。たとえ
表示する
ば、無効の URL を指定します。
レベル 10
最も重大です。Appeon 製品のバグが発生し
ポップアップ メッセージに
ます。
表示する
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 102
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.4.13 実行モード
実行モードは、Web アプリケーションとサーバ間に転送されるパラメータが読み取
られ、または LoadRunner などのストレス テスト ツールによって分析されることが
できるかどうかを決定します。このツールは Appeon Xcelerator 配布のみに適用して
います。
図 5-43:実行モード
図 5-44:実行モードの設定
2 つの実行モードを指定できます:

一般モード - 実行時の Web アプリケーションにデフォルトで設定し
ています。

テスト モード - アプリケーションの性能テストに適用しています。
テスト モードが選択した場合、アプリケーションを実行する前に[ア
プリケーションの配置|データウィンドウ データ キャッシュ]でデー
タのキャッシュを無効にしてください。
ノート:
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 103
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
1) テスト モードを選択した場合、アプリケーションを実行する前に データ
ウィンドウ データキャッシュ ページでデータキャッシュを無効に設定してく
ださい。
2) テスト モードを変更した場合、Internet Explorer を再起動して、新しいセ
ッションを開始することができます。Internet Explorer 上の[更新]ボタンを
クリックすることによって、変更が有効になりません。
5.4.14 転送エンコーディング
転送エンコーディングでは、クライアントとサーバの間に転送されるデータのフォ
ーマットを指定できます:
このツールは Appeon Xcelerator 配布のみに適用しています。
図 5-45:転送コーディング
図 5-46:転送コーディングの設定
設定規則は、アプリケーションの言語が純粋な英語の場合に UTF-8 を選択し、
英語以外の場合 UTF-16LE を選択することです。
5.5 セキュリティ
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 104
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.5.1 概要
AEM のセキュリティは Appeon システムに 3 種類のセキュリティ機能を提供します。

AEM にアクセスするためのセキュリティ。AEM でユーザ名とパスワードを
設定します。

Appeon Server にアプリケーションを配布するためのセキュリティ。Appeon
Server にアプリケーションを配布する権限を持つグループを設定します。デ
フォルトでは、すべてのユーザはアプリケーションの配布権限を持っていま
す。

配布済みアプリケーションにアクセスするためのセキュリティ。アプリケー
ションに記述された PowerBuilder セキュリティの上に AEM の提供するセキ
ュリティ レイヤーを追加できます。デフォルトでは、すべてのユーザは
Appeon Web アプリケーションのアクセス権限を持っています。
Appeon は、AEM へのログイン、システムの設定、アプリケーションの設定、グル
ープの管理、ユーザの管理、配布設定の 6 つのツールを提供しています。図 5-47 を
参照してください。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 105
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-47:セキュリティ
アプリケーション セキュリティや、グループの管理、ユーザの管理または配布設定
の設定を行う前に、システムの設定を確認または修正してください。
5.5.2 AEM へのログイン
ユーザは AEM のログインするためのデフォルトまたは現行のユーザ名とパスワー
ドを変更できます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 106
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-48:AEM へのログイン
1) AEM のパスワードの変更
新しいパスワードは既存のパスワードに上書きされますが、既存のユーザ名は保持
されます。パスワードの変更には、図 5-48 に示すフィールドに情報を正確に入力し
てください。

旧パスワード – 現行パスワードを正しく入力します(大文字/小文字は区別さ
れます)。

新パスワード – 旧パスワードを置換する新パスワードを入力します(大文字/
小文字は区別されます)。

パスワードを確認 – 新パスワードを再度入力します。このテキストボックス
に入力されたパスワードは、新パスワードとして入力されたパスワードと一
致している必要があります(大文字/小文字は区別されます)。
2) AEM のユーザ名の変更
新しいユーザ名は既存のユーザ名に上書きされますが、既存のパスワードは保持さ
れます。ユーザ名の変更には、図 5-48 に示すフィールドに情報を正確に入力してく
ださい。

旧ユーザ名 – 現行ユーザ名を正しく入力します(大文字/小文字は区別されま
す)。

新ユーザ名 – 旧ユーザ名を置換する新ユーザ名を入力します(大文字/小文字
は区別されます)。

ユーザ名を確認 – 新ユーザ名を再度入力します。このテキストボックスに入
力されたユーザ名は、新ユーザ名として入力された値と一致している必要が
あります(大文字/小文字は区別されます)。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 107
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
AEM へのログイン ツールを最初に使用する場合、ユーザ名とパスワードは Appeon
Server をインストールした際に指定されたユーザ名とパスワードであることに注意
してください。インストール時にユーザ名とパスワードを指定しなかった場合は、
ユーザ名とパスワードはデフォルトで「admin」になります。セキュリティのために、
Appeon は初期ログインの後でユーザ名とパスワードを変更することを推奨します。
5.5.3 システムの設定
図 5-49:システムの設定
図 5-49 に示すように、システムの設定には次の 3 つの項目があります。

セキュリティ トグル – システム レベルでアプリケーション セキュリティの
オン/オフを設定します。オフにした場合、すべてのアプリケーション セキ
ュリティおよび設定は無視されますが、設定は失われません。

セキュリティ タイプ – Appeon に組み込まれたセキュリティ機能、または
LDAP サーバのどちらのセキュリティ機能を適用するかを指定します。

LDAP インタフェースの設定 – LDAP サーバを使用するとき、LDAP サーバが
Appeon Server と接続できるように、LDAP インタフェースの設定を行います。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 108
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
テーブル 5-6:LDAP セキュリティ型と LDAP サーバ型
LDAP 型
要件
Netscape LDAP
Netscape LDAP 4.2 またはそれ以上
Sun LDAP
Sun LDAP 5.1 (Sun LDAP は Netscape LDAP に極めて類似)
Microsoft LDAP
Win2000 Active Directory
IBM LDAP
Directory Services (LDAP) 5.1
5.5.3.a セキュリテ トグルおよびセキュリティ タイプ
テーブル 5-7 に示すセキュリティ トグルおよびセキュリティ タイプの設定により、
セキュリティ ツールとを適用し、セキュリティ機能を行えます。
テーブル 5-7:セキュリティ トグル、セキュリティ タイプとセキュリティの設定
セキュリティ
セキュリティ
トグル
タイプ
オフ
使用不可能
セキュリティの設定
使用不可能
セキュリティ機能
無効
すべてのユーザは Appeon
Server へ配布済みのすべての
Web アプリケーションをロー
ドできる
オン
Appeon セキ
ユーザの管理
Appeon 組み込みセキュリテ
ィが有効
ュリティ
グループの管理
アプリケーションの設定で許
アプリケーションの設定 可されたグループおよびユー
配布の設定
ザのみが認証をパスし、Web
アプリケーションのロードと
配布ができる。無効なユーザ
名またはパスワードによる無
効なログインが三回になる
と、Web アプリケーションは
自動的に終了してしまう 。こ
の場合に、[変更]ボタンを
クリックするとログイン画面
が表示されるので、正しいユ
ーザ名とパスワードを入力し
て再ログインできます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 109
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
LDAP セキュ
LDAP インタフェースの
リティ
設定
有効
アプリケーションの設定で許
アプリケーションの設定 可された LDAP グループおよ
びユーザのみが認証をパス
配布の設定
し、Web アプリケーションの
ロードと配布ができる。無効
なユーザ名またはパスワード
による無効なログインが三回
になると、Web アプリケーシ
ョンは自動的に終了してしま
う 。この場合に、[変更]ボ
タンをクリックするとログイ
ン画面が表示されるので、正
しいユーザ名とパスワードを
入力して再ログインできま
す。

Appeon セキュリティおよび LDAP セキュリティにより、Appeon サーバまたは
LDAP のグループをアプリケーションへ割り当てることができます。セキュリテ
ィ グループは LDAP (LDAP セキュリティの場合)または Appeon Server
(Appeon セキュリティの場合)から読み込まれます。

ユーザがセキュリティ タイプを変更すると、変更への確認を要求する警告ボッ
クスが表示されます。
5.5.3.b LDAP インタフェースの設定
LDAP セキュリティを利用する場合、ユーザおよびグループ情報にアクセスするた
めに次の設定を行う必要があります。
AEM による LDAP インタフェースの設定
LDAP サーバにあるユーザおよびグループ情報にアクセスするには、AEM の LDAP
インタフェース設定を行う必要があります。AEM はユーザおよびグループ情報を表
示するページを開く度に、LDAP サーバのインタフェースと接続します。
[LDAP インタフェースの設定]グループボックスにあるすべてのフィールドの入
力が必要です。

LDAP ホスト – LDAP サーバの IP アドレスまたはドメイン名
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 110
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版

LDAP ポート – LDAP サーバのポート番号

LDAP OU – ユーザとグループが作成される LDAP 編成単位
Netscape LDAP または Sun LDAP を使用する場合、LDAP OU は“ou=AAA,
o=BBB”になります。ここで、AAA はすべてのグループが作成される編成単位
を示し、BBB はドメイン名(DN)を示します。
Microsoft LDAP を使用する場合、LDAP OU は“DC=AAA, DC=BBB,
(DC=CCC)”になります。ここで、AAA はすべてのグループを含むドメイン コ
ンポーネント(DC)を示し、BBB はコンポーネント AAA を含むドメイン コ
ンポーネントを示します。
IBM LDAP を使用する場合、LDAP OU は“o=AAA, c=BBB”になります。ここで、
AAA は編成の接尾語を表し、BBB は地域を表します。

LDAP タイプ – LDAP サーバのタイプ
Appeon がサポートする LDAP サーバには、Netscape LDAP、 Microsoft LDAP、
Sun LDAP および IBM LDAP の 4 つのオプションがあります。

Admin ユーザ名 – 管理者のユーザ名
Microsoft LDAP を使用する場合、ユーザ名は LDAP(ユーザ名は指定された
LDAP ドメイン コンポーネントへのアクセス権を持ちます)のドメインのユ
ーザ名になる必要があります。

Admin パスワード – 管理者のパスワード
すべてのフィールドに入力した後、次の手順に従ってこれらの設定を有効にしてく
ださい。
1. [LDAP 設定のテスト]ボタンをクリックして、LDAP 設定が正しいかどう
かテストします。設定が正しくないというメッセージが表示されたときには、
設定を修正し再度確認をしてください。
2. [設定の保存]ボタンをクリックして、AEM の設定を更新します。
LDAP サーバのユーザおよびグループ管理
“LDAP サーバ ”のユーザおよびグループ管理とは、管理者は AEM のユーザ管理
とグループ管理を行うことではなく、LDAP サーバでユーザとグループを追加/削
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 111
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
除/修正することを意味します。次の手順に従って、LDAP ユーザおよびグループ
管理を実行してください。
1. システムに LDAP サーバを設定します。
LDAP サーバのインストレーションと設定の詳細は、LDAP サーバ ベンダの
提供するマニュアルを参照してください。
2. LDAP サーバ内に編成単位を作成します。
Appeon Web アプリケーションのすべてのグループおよびユーザのホストには、
単一の編成単位のみが使用できます。
3. LDAP サーバのマニュアルに従って、編成単位の中でユーザおよびグループ
を作成/管理します。
5.5.4 アプリケーションの設定
図 5-50:アプリケーションの設定
5.5.4.a 現行設定の表示
1)アプリケーションの設定ページにある現行アプリケーションのセキュリティ設
定を表示します(図 5-50 を参照)。

アプリケーション名 - すべての配布済みのアプリケーション名がリストされ
ます。アプリケーションが Appeon Developer から Appeon Server へ配布される
ときに、アプリケーション名が自動的に AEM へ登録されます。

選択されたグループ - Web アプリケーションにアクセス権を割り当てたグ
ループの数
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 112
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
グループ名を表示するには、アプリケーション名のリンクをクリックしてく
ださい。グループの詳細を表示するには、「グループの管理」ページを参照
してください。

ユーザの検証 - ユーザ認証のセキュリティ モードを表示します。
“Security on”とは、グループのユーザが Web アプリケーションへのアクセ
ス権があり、アプリケーションをアクセスするときにユーザ名とパスワード
の入力が要求されます。“Security off”とは、すべてのユーザはユーザ名ま
たはパスワードを要求されずに、Web アプリケーションへアクセスできます。
アプリケーションのセキュリティの設定テーブルでアプリケーション名のリ
ンクをクリックしてセキュリティ モードの設定を変更できます。
2)アプリケーションをクリックすると、アプリケーションの現行のセキュリティ
設定が表示されます(図 5-51 を参照)。
図 5-51:アプリケーションの詳細なセキュリティ設定
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 113
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
テーブル 5-8 に示すように、指定されたグループの設定によって、Web アプリケー
ションのセキュリティの動作は次にリストされるように異なります。
テーブル 5-8:異なる設定による Web アプリケーションのセキュリティ動作
ユーザの検証
Off
On
指定されたグループ
アプリケーションのセキュリティ動作
割り当てられた
すべてのユーザはユーザ名またはパスワードを要
割り当てられていな
求されずに、Web アプリケーションへアクセスで
い
きる
割り当てられた
グループのユーザは Web アプリケーションへの
アクセス権があり、アプリケーションをロードす
るときにユーザ名とパスワードの入力が要求され
る
割り当てられていな
グループのユーザは Web アプリケーションへの
い
アクセス権を持っていない
5.5.4.b アプリケーションのセキュリティ設定の修正
アプリケーションのセキュリティ ページのアプリケーション名のリンクをクリック
すると、アプリケーションのセキュリティ設定ページが表示され、設定を入力でき
ます。
LDAP セキュリティが選択されている場合、セキュリティの設定ページが開かれる
と、AEM は自動的に LDAP サーバから最新のユーザおよびグループ情報をロードし
ます。LDAP サーバのユーザとグループを変更した場合、IE ブラウザの[更新]ボ
タンをクリックしてこのページの情報を更新してください。
選択されたセキュリティ タイプが Appeon セキュリティの場合、セキュリティの設
定ページが開かれると、AEM はグループの管理とユーザの管理ページから最新のユ
ーザおよびグループ情報をロードします。
このページでは、次の作業を行うことができます:
1. アプリケーションのロード時に、ログイン ウインドウをスキップする…
[アプリケーションの設定]グループボックスでユーザの認証を“セキュリティ
オフ” に設定します。デフォルトでは[セキュリティ オフ]が選択され、アプ
リケーションの使用時に、ユーザの認証が行われずにアプリケーションへアクセ
スできます。
2. アプリケーションを実行開始する前にログイン ウインドウが表示される…
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 114
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ユーザの認証にある[セキュリティ オン]ボタンをクリックすることによって、
ユーザの認証を“オン”に設定します。
3. アプリケーションへグループを割り当てる…
割り当てられていないグループ リストからグループを選択します。[>>>]ボタ
ンをクリックして、グループを割り当てられたグループ リストへ移動します。
デフォルトでは、すべてのグループは割り当てられていないグループ リストに
リストされます。グループが割り当てられたとき、グループは Appeon Server (セ
キュリティ タイプが Appeon セキュリティの場合) または LDAP サーバ (セキュリ
ティ タイプが LDAP セキュリティの場合) から読み込まれます。
4. アプリケーションへグループを割り当てない…
割り当てられたグループ リストからグループを選択します。[<<<]ボタンをク
リックして、グループを割り当てられていないグループ リストへ移動します。
変更を行った場合には、[変更の保存]ボタンをクリックしてください。
5.5.5 グループの管理
セキュリティ タイプが Appeon セキュリティの場合、AEM のグループ管理ツールを
使用して、複数のセキュリティ グループを設定して、これらのグループへユーザ ア
カウントを割り当てることができます。この機能は LDAP システムには適用されま
せん。LDAP システムでは、LDAP を使用してセキュリティ グループの追加または
削除を行います。
図 5-52:グループの管理
5.5.5.a グループの表示
次の 2 つの方法で、グループ情報およびグループへ割り当てられたユーザ情報を表
示できます:
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 115
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
方法 1:[すべて表示]ボタンをクリックして、すべてのグループを表示します。
方法 2:検索条件を指定してグループをフィルタ処理します:
ステップ 1 - ドロップダウン リストボックスから“グループ”または“記述”を選
択します。
ステップ 2 - 指定された項目に含まれている内容を入力します。
ステップ 3 -[全て一致]をチェックまたはチェックを外します。
ステップ 4 -[フィルタ]ボタンをクリックして、検索条件を満たすグループ情報
を表示します。
5.5.5.b 新しいグループの追加
1 つまたは複数のグループを追加するには、「グループの管理」ページにある[グ
ループの追加]ボタンをクリックして、「グループの追加 」ページを表示します。
図 5-53:グループの追加

グループ名 – グループの識別名になります。このフィールドは必須です。中
国語文字はサポートされていません。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 116
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版

グループの記述 – グループについての説明です。このフィールドはオプショ
ンです。

ユーザのグループへの割り当て、割り当て解除を設定します。
1. グループへユーザを割り当てる…
割り当てられていないユーザ リストからユーザを選択します。[>>> ]
ボタンをクリックして、ユーザを割り当てられたユーザ リストへ移動し
ます。
デフォルトは、すべてのユーザは割り当てられていないユーザ リストに
リストされています。 ユーザは AEM で「ユーザの管理」で設定されま
す。
2. アプリケーションにユーザを割り当てない…
割り当てられたユーザ リストからユーザを選択します。[<<<]ボタンを
クリックして、ユーザを割り当てられていないユーザ リストへ移動しま
す。
変更を行った場合には、[グループの追加]ボタンをクリックしてくださ
い。新しいグループが Appeon Server へ正しく追加されます。
5.5.5.c 既存グループの編集
[編集]ボタンをクリックして、「グループの編集」ページに入り、指定したグル
ープを編集できます。
「グループの編集」ページは、「グループの追加」ページによく似ています(グル
ープ名が編集できない点を除けば)。このページでは、セクション 5.5.5.b 「新しい
グループの追加」と同様の手順でグループの記述を修正したり、グループへユーザ
を割り当て(割り当てない)たりすることができます。
5.5.5.d グループの削除
[削除]ボタンをクリックしてグループを削除します。確認のメッセージボックス
が表示されます。
[OK]ボタンをクリックすると削除が実行され、[キャンセル]ボタンをクリック
すると削除をキャンセルします。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 117
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.5.6 ユーザの管理
セキュリティ タイプが Appeon セキュリティの場合、AEM のユーザ管理ツールを利
用してユーザ アカウントを設定できます。この機能は LDAP システムには適用され
ません。LDAP システムの場合には、LDAP を使用してセキュリティ グループを追
加または削除します。
図 5-54:ユーザの管理
5.5.6.a ユーザの表示
ユーザの管理ページでは、どのユーザがシステムにログインしているか、各アカウ
ントが使用可能であるか使用不可であるかを表示させることができます。デフォル
トでは、すべての存在しているユーザが表示されます。
次の 2 つ方法で、ユーザ情報を表示できます:
方法 1:[すべて表示]ボタンをクリックして、すべてのユーザを表示します。
方法 2:検索条件を指定してユーザをフィルタ処理します:
ステップ 1 - ドロップダウン リストボックスでフィルタ条件のタイプとして“ユー
ザ名”、“フル ネーム”、“アカウント ステータス”または“記述”を選択します。
ステップ 2 - ドロップダウン リストボックスに指定された項目に含まれている内容
を入力します。
ステップ 3 -[全て一致]をチェックまたはチェックを外します。
ステップ 4 -[フィルタ]ボタンをクリックして、検索条件を満たすユーザ情報を
表示します。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 118
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
5.5.6.b 新しいユーザの追加
新しいユーザを追加するには、「ユーザの管理」ページにある[ユーザの追加]ボ
タンをクリックして、図 5-55 に示す「ユーザの追加」ページを表示します。
図 5-55:ユーザの追加

ユーザ名 - ユーザの識別子です。このフィールドは必須です。中国語文字は
未サポートです。

全名 - ユーザのフルネームです。このフィールドはオプションです。中国語
文字は未サポートです。

記述 - ユーザについての説明です。このフィールドはオプションです

パスワード - 新しいユーザのパスワードです。このフィールドは必須です。

パスワードを確認 - パスワードを確認するために、ユーザは再度新しいパス
ワードを入力しなければなりません。このフィールドは必須です。

無効なアカウント - このチェックボックスが選択されたとき、ユーザ アカ
ウントは使用不可になります。
アカウント ステータスが使用不可なとき、ユーザはユーザ名とパスワードを
使用したユーザの認証が必要なアプリケーションを使用できません。
アカウント ステータスが使用可能なときには、アカウントがアプリケーショ
ン(アプリケーションのアクセス ステータスが使用可能)に割り当てられた
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 119
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
グループへ割り当てられた場合に、ユーザはユーザ名とパスワードを使用し
てアプリケーションを使用できます。
5.5.6.c 既存ユーザの編集
[編集]ボタンをクリックして、「ユーザの編集」ページに入り、既存ユーザを編
集できます。
「ユーザの編集」ページは「ユーザの追加」ページによく似ています。このページ
では、セクション 5.5.6.b 「新しいユーザの追加」と同様の手順で、フルネームまた
は記述を修正したり、パスワードまたはアカウント ステータスを変更することがで
きます。
変更を行ったあと、[変更の保存]ボタンをクリックしてください。変更は Appeon
Server へ保存されます。
5.5.6.d ユーザの削除
[削除]ボタンをクリックしてユーザを削除します。確認のために、メッセージボ
ックスが表示されます。
[OK]ボタンをクリックして削除を確認し、[キャンセル]ボタンをクリックして
削除をキャンセルします。
5.5.7 配布の設定
配布の設定ツールで Appeon Server の配布セキュリティを管理できます。これは
PowerBuilder 開発者のアプリケーションの配布権限をコントロールします。
AEM の配布設定に応じて、Appeon Developer の Appeon Server プロファイルの設定
ウィンドウで配布用のユーザ名とパスワードを指定する必要があります。Appeon
Server プロファイルに指定されたユーザ名とパスワードが配布設定内のユーザ名と
パスワードに一致していない場合、アプリケーションの配布を行うことができませ
ん。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 120
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
図 5-56:配布の設定
配布の設定ツールにより、次の設定を行うことができます:
1)Appeon Server の配布セキュリティを使用不可能にする
[アプリケーション配布のセキュリティ設定]グループボックス内で[セキュリテ
ィ オフ]ラジオボタンを選択します。配布セキュリティがオフに設定されると、
Appeon Server プロファイル内に設定されたユーザ名とパスワードは無視され、アプ
リケーションの配布を行うことができます。
2)Appeon Server の配布セキュリティを使用可能にする
ステップ 1 -[セキュリティ オン]ラジオボタンを選択します。
ステップ 2 - 割り当てられていないグループ リストからグループを選択し、
[>>>]ボタンをクリックして、グループを割り当てられたグループ リストへ移動
します。これにより、このグループはアプリケーションを Appeon Server に配布する
権限を取得できます。Appeon Developer の Appeon Server プロファイル設定ウィンド
ウ内にこのグループに所属するユーザ名とパスワードを設定した場合、アプリケー
ションの配布が正しく行えます。一方、ユーザ名とパスワードの設定を間違えた場
合、アプリケーションを配布する際に「Appeon Server でメソッドの呼び出しに失敗
しました;ユーザが見つかりません…」というエラー メッセージが表示されます。
デフォルトでは、すべてのグループは割り当てられていないグループ リストにリス
トされます。グループが割り当てられたとき、グループは Appeon Server (セキュリ
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 121
AEM ユーザ ガイド
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ティ タイプが Appeon セキュリティの場合) または LDAP サーバ (セキュリティ タイ
プが LDAP セキュリティの場合) から読み込まれます。また、[<<<]ボタンをクリ
ックすると、グループを割り当てられていないグループ リストへ移動できます。
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 122
インデックス
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
インデックス
A
AEM ツール, 46
AEM におけるデータウィンドウ データ キャッシュの設定, 93
AEM の URL, 48
AEM のパスワード, 48
AEM のユーザ名, 48
AEM の起動, 48
AEM ヘルプ, 49
AEM の 3 つの起動方法, 48
Appeon Server クラスタ
Appeon Server の削除, 67
Appeon Server の追加, 66
Appeon Server クラスタ
要件, 65
Appeon Server クラスタ
ロード バランスの設定, 67
Appeon Server クラスタ
セッション バックアップ設定, 68
Appeon Server のコネクション キャッシュの設定
ASA/ ASE のコネクション キャッシュ
iAnywhere JDBC ドライバの, 28
jConnect JDBC ドライバの使用, 24
Sun JDBC driver の使用, 27
ASA/ASE, 23
IBM DB2, 30
Informix, 35
JDBC コネクション キャッシュの使用, 19
JDBC ドライバ タイプ, 19
JDBC ドライバの準備, 20
Oracle, 29
SQL Server, 31
SybaseIQ, 33
Appeon Server のステータス モニタ, 10
Appeon Server の起動, 47
Appeon セキュリティ, 43
Appeon セキュリティの組み込み, 43
appeonmonitor.bat ファイルの設定, 10
appeonserver.bat ファイルの設定, 11
D
DLL/OCX ファイル ダウンロード
DLL/OCX ファイル ダウンロードのインストール モードの修正, 95
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 123
インデックス
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
デフォルトのインストール設定, 95
E
EAServer コネクション キャッシュから ユーザ ID/パスワードをデータベースに渡す,
44
I
iAnywhere JDBC ドライバのコネクション キャッシュ, 28
INI ファイルの使用による接続セキュリティの設定, 41
J
jConnect JDBC ドライバのコネクション キャッシュ, 24
JDBC ドライバ タイプ, 19
JDBC ドライバのチェックリスト, 20
JDBC ドライバの準備, 20
jTDS JDBC ドライバのコネクション キャッシュの設定, 31
L
LDAP サーバ, ユーザ グループ 管理, 111
M
Microsoft SQL Server JDBC ドライバのコネクション キャッシュの設定, 32
monitor.pros ファイルの設定, 12
P
PDF プリント, 54
PowerBuilder コンポーネント サポート ファイルの準備, 20
S
Sun JDBC ドライバのコネクション キャッシュ, 27
W
Web
PDF プリント, 54
セッション タイムアウト, 55
ダウンロード タイムアウト, 57
トランザクション タイムアウト, 56
一時ファイルのパス, 54
受信タイムアウト, 57
Web サーバに必要な設定, 93
あ
アクティブなセッション
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 124
インデックス
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
削除, 51
表示, 51
アクティブなセッションを削除する, 51
アクティブなセッションを表示する, 51
アクティブなトランザクションのロールバック, 52
アクティブなトランザクションの表示, 52
アプリケーション セキュリティ, 38
アプリケーション セキュリティ ワークアラウンド
セキュリティ スクリプトの記述, 43
アプリケーション セキュリティの回避方法
データベース セキュリティの回避方法
あらかじめ定義されたトランザクション オブジェクト, 39
分散トランザクション テクニック, 40
アプリケーションの配置
DLL/OCX ファイル ダウンロード, 94
INI ファイル モード, 99
エラー メッセージのモード, 101
キャッシュ, 87
データウィンドウ データ キャッシュ, 89
トランザクション オブジェクト, 76
レジストリ モード, 97
基本情報, 75
実行モード, 103
転送エンコーディング, 104
表示書式, 85
複数スレッドのダウンロード, 98
アプリケーションの配置文字セット, 79
アプリケーション配布の設定, 5
異常処理の設定, 8
一時ファイルのクリーンアップ
自動クリーンアップ, 62
手動クリーンアップ, 63
一時ファイルのパス, 54
オフ, ログ ファイル 操作 モード
か
開発 モード, ログ ファイル 操作 モード, 58
関連マニュアル, 1
キャッシュ, 87
グループ 管理
グループの削除, 117
グループの表示, 115
既存グループの編集, 117
新しいグループの追加, 116
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 125
インデックス
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
コネクション キャッシュの設定, 18
コネクション キャッシュの設定
ASA/ASE, 23
コネクション キャッシュの設定
Oracle, 29
コネクション キャッシュの設定
IBM DB2, 30
コネクション キャッシュの設定
SQL Server, 31
コネクション キャッシュの設定
SybaseIQ, 33
コネクション キャッシュの設定
Informix, 35
さ
サーバ コンフィグレーション タスク, 4
サーバの設定段階とタスク, 5
サーバの配置
Web, 53
アクティブ トランザクション, 51
クラスタ, 64
コネクション キャッシュ, 69
ライセンス情報, 69
ログ ビューア, 60
ログ ファイル, 57
一時ファイルのクリーンアップ, 61
配布 セッション, 64
サーバの配置:アクティブ セッション, 50
サーバ情報の管理の設定, 8
削除 Appeon Server、Appeon Server クラスタ, 67
システム 設定
セキュリティ トグル, 109
セキュリティ 型, 109
修正、アプリケーション 設定, 114
修正、トランザクション オブジェクト マップ, 77
受信タイムアウト, 57
ステータス モニタ
バックアップ情報, 15
使い方, 16
設定, 10
ステータス モニタに必要な追加設定, 15
ステータス モニタの設定
appeonmonitor.bat ファイルの設定, 10
appeonserver.bat ファイルの設定, 11
monitor.pros ファイルの設定, 12
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 126
インデックス
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
ステータス モニタに必要な追加設定, 15
セキュリティ
AEM ログイン, 106
アプリケーション 設定, 112
グループ 管理, 115
システム 設定, 108
ユーザ 管理, 118
配布の設定, 120
セキュリティ トグル, 109
セキュリティ 型, 109
セキュリティ管理の設定, 7
セッション タイムアウト, 55
設定トランザクション オブジェクト マップ
JDBC の要件, 76
配布済み アプリケーション, 77
た
対象読者, 1
ダウンロード タイムアウト, 57
追加 トランザクション オブジェクト マップ, 78
データウィンドウ データ キャッシュ, 89
データベース オーディット, 44
データベース オーディット機能の再構成, 45
データベース セキュリティ, 39
データベース接続の詳細設定, 38
Appeon セキュリティ, 43
データベース接続
アプリケーション セキュリティ, 38
データベース接続の設定
コネクション キャッシュの設定, 18
データベース接続の設定
トランザクション オブジェクトの設定, 36
データベース接続の設定
データベース接続の詳細設定, 38
デバッグ モード, ログ ファイル 操作 モード, 58
デバッグ処理の設定, 6
トランザクション オブジェクト マップ
JDBC の要件, 76
配布済み アプリケーション, 設定, 77
トランザクション オブジェクト マップ, 追加, 78
トランザクション オブジェクト マップの修正, 77
トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュのマッピングの設定, 36
トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュの静的なマッピング, 38
トランザクション オブジェクトとコネクション キャッシュの動的なマッピング, 37
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 127
インデックス
Appeon 5.1 for PowerBuilder 日本語版
トランザクション タイムアウト, 56
な
なぜ JDBC コネクション キャッシュを使用するか?, 19
は
配布の設定, 120
パスワード, 48
バックアップする内容, 15
パフォーマンス管理の設定, 7
表示、アプリケーション 設定, 112
表示書式, 85
標準 モード, ログ ファイル 操作 モード, 58
不明な点があるときは, 3
変更、AEM パスワード, 107
変更、AEM ユーザ名, 107
本書に記載される設定情報の範囲, 4
ま
マニュアルの内容, 1
文字セット, 79
や
ユーザ グループ 管理, LDAP サーバ, 111
ユーザ 管理
ユーザの削除, 120
ユーザの表示, 118
既存ユーザの編集, 120
新しいユーザの追加, 119
ユーザ名, 48
ら
ログ ファイル
ログ ファイルの置換, 59
ログ モード, 58
ログ ファイル 操作 モード
標準 モード, 58
Appeon Server コンフィグレーション ガイド
ページ 128
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
9
File Size
1 536 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content