close

Enter

Log in using OpenID

募集要項 - ADRA Japan

embedDownload
2015/1/27 改訂
ADRA Japan
Internship Program
`
ADRA Japan
FY2014
ADRA Japan Internship Program
1
1.インターンの種類
ADRA Japan が受け入れるインターンの種類は以下の通りとする。
(1)
学校インターン
 教育機関の授業等の一環として一定期間、受け入れるインターンを指す
 交通費およびインターン保険費用は支給しない
(2)
短期インターン
 週 30 時間以上の業務を最低 3 週間、継続して行なうインターンを指す
 交通費およびインターン保険費用を支給する
 終了後、インターン終了証明書を発行する
(3)
インターン
 1ヵ月 100 時間以上(ただし 1 日 3 時間以上、週 25 時間以上)の業務を最低 6 ヵ月、
最長 1 年にわたり継続して行なうインターンを指す
 交通費およびインターン保険費用を支給する
 名刺および ID カードを支給する
 終了後、インターン終了証明書を発行する
2.インターン採用プロセス(短期インターン/インターンの場合)
募
集
書
類
選
考
面
受
終
接
入
了
3.規約(学校インターン)
・学校インターンの受入に関する業務内容、受入日数等の各種要件については、要請元の教
育機関等が定めるものに準ずる。
4.規約(短期インターン)
第 1 項 募集
・募集条件等は ADRA Japan のホームページに常時掲示し、希望を受け付ける。
・希望者は勤務開始希望日の 1 ヵ月前までに応募する。
第 2 項 書類選考
・希望者は履歴書(和文。写真添付)、職務経歴書(和文。前職のある者のみ)、志望動機
(和文および英文。A4 版 1 枚程度)を E-mail で提出する。
・ADRA Japan は上記の提出資料の内容を確認し、書類選考を行なう。書類選考に合格した
場合のみ面接の日程を定め、希望者に通知する。応募から 10 営業日以内に連絡がない場合
は受入不可であるとする。
第 3 項 面接
・面接では勤務条件、業務内容等を確認し、双方の合意が得られた場合に短期インターンと
して受け入れる。
・短期インターンとしての活動を所属する教育機関等の単位として申請したい場合、希望者
はその旨を面接の際に ADRA Japan に伝える。ADRA Japan は業務内容等を希望者に提示し、
希望者はその内容が単位認定要件を満たすか否かについて、所属する教育機関等に自ら確認
する。単位認定のために必要な手続きや提出書類等については、勤務開始日までに希望者が
2
2015/1/27 改訂
ADRA Japan に告知する。
資格・条件
1.ADRA Japan の基本理念に賛同すること
2.大学・大学院在籍/修了者で、国際協力に興味があること。将来、国際協力関係の仕事
に就きたいと考えていること
3.日本語・英語で業務が可能であること(コミュニケーション能力、資料作成の作文力
等)
4.基本的な PC 操作ができること(Word、Excel、Power Point、E-mail 等)
5.地道な事務作業にも前向きに取り組み、自分から仕事を見つけられること
6.協調性があること
7.東京事務所(原宿)に通勤が可能であること
8.週 30 時間以上の勤務が最低 3 週間、可能であること
待遇
・無給。ただし交通費として 1 日あたり 1,000 円を上限に実費精算にて支給する。
第 4 項 受入
・面接後、AdCom(ADRA Japan 行政委員会)承認を経て正式に受け入れる。
・担当する業務を行ないつつ、各自の関心のある分野や業務については積極的に表明し、自
分から仕事を取りに行く姿勢があることが望ましい。
受入に際し ADRA Japan が行なうこと
・メンターの決定
・インターン保険への加入
・交通費の日次精算(インターン期間終了時に精算する)
短期インターンの業務内容
・スタッフの業務補佐(事業部、管理部問わず)
・国内・海外事業に関わる書類作成
・海外事務所との連絡、調整
・翻訳
・イベントアシスタント
・国内広報
など
第 5 項 終了
・業務終了予定日は、面接の際に決定する。ただし、その後の希望によって多少の調整を行
なうことができる。調整の結果、短期インターンの都合により業務期間が 3 週間より短くな
る場合、交通費の精算ならびにインターン終了証明書の発行は行わない。
・資格・条件に定める勤務時間等を満たした短期インターンに対し、ADRA Japan は勤務最
終日に短期インターン終了証明書を発行する。短期インターン終了証明書には総勤務時間を
記載する。
5.規約(インターン)
第 1 項 募集
・短期インターンの募集規定と同様とする。
第 2 項 書類選考
・短期インターンの書類選考規定と同様とする。
第 3 項 面接
ADRA Japan Internship Program
3
・面接では勤務条件、業務内容等を確認し、双方の合意が得られた場合にインターンとして
受け入れる。
・インターンとしての活動を所属する教育機関等の単位として申請したい場合、その旨を面
接の際に ADRA Japan に伝える。ADRA Japan は業務内容等を希望者に提示し、希望者はそ
の内容が単位認定要件を満たすか否かについて、所属する教育機関等に自ら確認する。単位
認定のために必要な手続きや提出書類等については、勤務開始日までに希望者が ADRA
Japan に告知する。
資格・条件
1.ADRA Japan の基本理念に賛同すること
2.大学・大学院在籍/修了者で、国際協力に興味があること。将来、国際協力関係の仕事
に就きたいと考えていること
3.日本語・英語で業務が可能であること(コミュニケーション能力、資料作成の作文力
等)
4.基本的な PC 操作ができること(Word、Excel、Power Point、E-mail 等)
5.地道な事務作業にも前向きに取り組み、自分から仕事を見つけられること
6.協調性があること
7.東京事務所(原宿)に通勤が可能であること
8.1 ヵ月 100 時間以上(ただし 1 日 3 時間、週 25 時間以上)の勤務が最低 6 ヵ月間可能で
あること
待遇
・無給。ただし交通費として 1 ヵ月あたり 20,000 円を上限に実費精算にて支給する。
第 4 項 受入
・面接後、AdCom 承認を経て正式に受け入れる。
・担当する業務を行ないつつ、各自の関心のある分野や業務については積極的に表明し、自
分から仕事を取りに行く姿勢があることが望ましい。
受入に際し ADRA Japan が行なうこと
・メンターの決定
・E-mail アドレスの発行
・名刺および ID カードの発行
・インターン保険への加入
・交通費の月次精算
インターンの業務内容
・スタッフの業務補佐(事業部、管理部問わず)
・国内・海外事業に関わる書類作成
・海外事務所との連絡、調整
・翻訳
・イベントアシスタント
・国内広報
など
※ただし能力や希望により、海外事業地の視察あるいは海外事業地での業務の可能性がある
第 5 項 終了
・業務終了予定日は、面接の際に決定する。
・インターン期間は基本的に 6 ヵ月であるが、本人の希望により 6 ヵ月未満での終了、6 ヵ
月以上の延長も可能である。
・インターンの終了を希望する場合、勤務最終予定日の 1 ヵ月前までにメンターに希望日を
4
2015/1/27 改訂
報告する。メンターは速やかに AdCom にその旨を連絡し、AdCom が終了日を定める。
・ADRA Japan は勤務最終日にインターン終了証明書を発行する。インターン終了証明書に
は総勤務時間を記載する。
6.勤怠管理
・短期インターンおよびインターンについては Timesheet にて勤怠管理を行なう。
・業務を行なう日の出勤・会議・外出等の予定は、インターン自身がサイボウズに入力する。
以上
ADRA Japan Internship Program
5
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
158 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content