close

Enter

Log in using OpenID

資料②1967 年時代の欧州コンクリート業界の設備 1976 年時代には

embedDownload
資料②1967 年時代の欧州コンクリート業界の設備
1976 年時代には製造方法は手探りの時代だった。
コンクリート管は即脱製品が主流で、日本での遠心成形は僅かしか見られなかった。
子の即脱装置はその後、日本に数多く輸入されたが、欧州に於けるような発展はできな
かった。
受け入れ側の役所の感覚の相違しか表現できない
即脱パイプの製造
ロール転圧
スパンクリート
即脱型枠
スパンパイプに先駆け 4mパイプまで大型化した。ただし、導入先駆者は何
れも苦戦をした。機能を重視する欧米と外観重視の日本の価値観の差だった。
⽇本では遠⼼成形が主流で、数社が対応したが、現在はあまり流通していな
い。
ピアノ線でプレテンションを導入した製品で、
即脱生産方式の 1 つでもある。
ノースランプのコンクリートの振動固めをし、反転してストックする初期の
即脱機。
欧州コンクリート製品事情の先を読む.
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
210 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content