close

Enter

Log in using OpenID

1 2014/11/6 情報統括本部 全学基本メール(職員基本メール/学生基本

embedDownload
2014/11/6
情報統括本部
全学基本メール(職員基本メール/学生基本メール)IMAP→POP 変更手順
(Thunderbird 編)
<目的>
2014 年 3 月に全学基本メールシステムが更新され、受信方法もこれまでの POP のみから
IMAP も利用できるようになっています。しかしながら、これまで POP を利用していたユ
ーザが IMAP に切り替えた場合に、後述するように運用上不都合が生じるケースが発生し
ていますので、これを解消するために、IMAP から POP への変更手順を提示します。
<システム変更点および POP と IMAP の違い>
【システム変更点】
システム
メッセージのサーバでの保存期間
旧システム
60 日
新システム
無期限
【POP と IMAP の違い】
メッセージの保存先
POP
IMAP
ローカル PC
サーバ
(サーバに残すことも可能)
想定する利用方法
特定の端末からのみメール
複数の端末(PC やスマート
を受信する。
フォンなど)からメールを読
める。
メリット
メッセージをローカル PC 側
複数端末から未読・既読情報
に保存するので、サーバ側の
も共有できる。
容量を気にしなくてよい。
サーバ側のメッセージを削
除してもローカル PC 側にメ
ッセージは残る。
デメリット
複数端末からのメール閲覧
サーバからメッセージを削
ができない。
除した場合、メッセージはロ
ーカル PC には存在しないの
で、どこからもメッセージが
読めなくなる。
1
<発生する不都合>
・ 旧システムではサーバでのメッセージ保存期間が 60 日だったため、60 日が経過すれば
サーバ側のメッセージは自動的に削除されるので、サーバ側の容量をあまり気にする必
要がありませんでした。一方、新システムではサーバでのメッセージ保存期間が無期限
となったため、サーバ側の容量がいっぱいになると、ユーザが手動で削除しないといけ
ません。
・ さらに IMAP を利用している場合、ローカル PC にはメッセージは保存されておらず、
サーバを直接参照していますので、Web メールなどでサーバからメッセージを削除する
と、メールクライアントソフト側(Thunderbird など)でもメッセージ参照できなくなり
ます。
(メッセージは完全に消えてしまっているので、復旧もできません。
)
⇒POP と IMAP の仕組みの違いをあまり意識せずに、旧システムの POP から新システム
の IMAP に切り替えてご利用されている場合、メールクライアントソフトでの見え方は
ほとんど変わらないものの、サーバの容量がいっぱいになり、サーバからメッセージを
削除した場合に、予期せずクライアントソフト側からもメールが消えてしまうことにな
ります。
<変更手順>
◆移動先 POP アカウントを作成
1.
ローカルフォルダを選択。
2
2.
「新しいアカウント作成」の「メール」を選択し、現在の IMAP アカウントと同じ POP
アカウントを作成。
※以後の手順は以下を参照。
職員:http://www.m.kyushu-u.ac.jp/m/pdf/POP-Win-Thunderbird24.3-staff.pdf
学生:http://www.m.kyushu-u.ac.jp/s/pdf/POP-Win-Thunderbird24.3-student2.pdf
3
◆受信トレイ直下を移動
3.
移動元 IMAP アカウントの「受信トレイ」を選択。
移動元 IMAP
移動先 POP
4.
キーボードの「Ctrl」+「a」を押し、全メッセージを選択状態に。
移動元 IMAP
移動先 POP
4
5.
3 で選択したメッセージを、移動先 POP アカウントの「受信トレイ」にドラッグ。
移動元 IMAP
移動先 POP
6.
ドラッグ
移動先 POP アカウントの「受信トレイ」にメッセージが移動していることを確認。
※移動元のメッセージはなくなります。
移動元 IMAP
移動先 POP
5
◆サブフォルダを移動
7.
移動元 IMAP アカウントの「受信トレイ」配下にあるサブフォルダをすべて選択。
移動元 IMAP
移動先 POP
8.
7 で選択したメッセージを、移動先 POP アカウントの「受信トレイ」にドラッグ。
移動元 IMAP
ドラッグ
移動先 POP
6
9.
移動先 POP アカウントの「受信トレイ」配下にサブフォルダとメッセージが移動して
いることを確認。
※移動元のサブフォルダとメッセージは残ります。
移動元 IMAP
移動先 POP
◆メッセージフィルタの設定(移動先でも必要な場合)
10. 移動元 IMAP アカウントの「受信トレイ」にメッセージフィルタを設定してサブフォ
ルダへの自動振り分けを行っていた場合、移動先の POP アカウント側でも同様のメッ
セージフィルタを設定する必要があります。メッセージフィルタは引き継がれません
ので、手動で設定する必要があります。
7
◆移動元 IMAP アカウントの削除
IMAP アカウント設定を残していると、自動振り分け等でサーバ上の受信フォルダか
らメールが移動した時 POP アカウントから見えなくなりますので、使用しない IMAP
アカウント設定は削除を推奨します。
11. 移動元 IMAP アカウントを選択し、右クリック「設定」を選択。
移動元 IMAP
移動先 POP
12. 移動元 IMAP アカウントが選択されていることを確認し、「アカウント操作」「アカウ
ントを削除」を選択。
8
13. アカウント削除ダイアログが表示されるので、削除するアカウントが間違いないこと
を確認し、
「OK」ボタンを押下。
14. アカウント設定画面上から、移動元 IMAP アカウントが削除されていることを確認し、
「OK」ボタンを押下。
以上
9
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
464 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content