close

Enter

Log in using OpenID

Informatica MDM Multidomain Edition for Oracle

embedDownload
Informatica® Corporation
MDM Multidomain Edition for Oracle
9.5.1 HotFix 3
リリースノート
2013年7月
著作権 1998-2013 Informatica Corporation. すべての権利を保留する.
廃止された機能................................................................. 2
HotFix 3のインストール........................................................ 3
ハードウェア要件. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
インストール時の問題........................................................... 4
Hub サーバーのインストール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
日本語ロケールでのHubストアのインストール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
クレンジング照合サーバーのインストール. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
セキュリティが有効な場合に行うWebSphere向けのインストール後の設定. . . . . . . . . 5
ロシアのタイムゾーンのシステムにおけるインストール後スクリプトの実行. . . . . . 6
MDM Multidomain Edition for Oracleバージョン9.5.1 HotFix 3................... 7
Informatica MDM Hubで解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
Informatica MDM Hubに実装された拡張要求. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
Informatica MDM Hubの既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
Informatica Data Directorで解消された制限事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
Informatica Data Directorに実装された拡張要求. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
Informatica Data Directorの既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
MDM Multidomain Edition for Oracleバージョン9.5.1 HotFix 2.................. 10
Informatica MDM Hubで解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
Informatica MDM Hubの既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
Informatica Data Directorで解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
Informatica Data Directorに実装された拡張要求. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
Informatica Data Directorの既知の制限事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
MDM Multidomain Edition for Oracleバージョン9.5.1 HotFix 1.................. 15
Informatica MDM Hubで解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
Informatica MDM Hubに実装された拡張要求. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
MDM-HRN-95100-HF3-0001
1
Informatica MDM Hubの既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
Informatica Data Directorで解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
Informatica Data Directorに実装された拡張要求. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
Informatica Data Directorの既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
MDM Multidomain Edition for Oracleバージョン9.5.1........................... 22
Informatica MDM Hubで解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
Informatica MDM Hubに実装された拡張要求. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
Informatica MDM Hubの既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
Informatica Data Directorで解消された制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
Informatica Data Directorに実装された拡張要求. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
Informatica Data Directorの既知の制限事項. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
Informaticaグローバルカスタマサポート........................................ 44
『Informatica MDM Multidomain Editionリリースノート』には、このリリースの実装さ
れた拡張要求、解消された制限事項、および既知の制限事項に関する重要な情報が記載
されています。 Informatica MDM HubおよびInformatica Data Directorをインストール
またはアップグレードする前に、このドキュメントをよくお読みください。
廃止された機能
以下の機能が廃止されます。
¨
HFKM、HMXR、およびHUIDテーブルは廃止され、それらの機能は相互参照テーブルのカ
ラムに引き継がれています。 HFKMテーブルは、子相互参照テーブルの外部キーカラム
に置き換えられています。 HMXRテーブルは相互参照テーブルのORIG_ROWID_OBJECTカ
ラムに、HUIDテーブルは_GOV(グローバルな元の値)カラムに置き換えられていま
す。
¨
階層マネージャのリレーションカラムREL_START_DATEおよびREL_END_DATEは、
PERIOD_START_DATEカラムおよびPERIOD_END_DATEカラムに置き換えられています。
¨
以前のバージョンのMDM Hubにあった一意の親キーの物理制約は、仮想制約に置き換え
られています。
¨
階層マネージャサンドボックスは廃止され、今後のリリースで削除されるか置き換え
られる予定です。 階層マネージャサンドボックス機能は使用しないでください。
¨
Informatica MDM Hubコンソールの[プロセス]タブは廃止され、今後のリリースで削
除される予定です。
¨
MDM Hubのバージョン9.5.0で、完全一致カラムの連結は廃止されました。この廃止通
知は破棄されます。完全一致カラムの連結は、引き続き作成できます。
2
MDM-HRN-95100-HF3-0001
¨
Java 5を使用したクライアント側とサーバー側のコードのコンパイルは廃止され、
Java 6に置き換えられています。
HotFix 3のインストール
hotfixをプロダクション環境にインストールする前に、Informatica MDM Multidomain
Edition 9.5.1 HotFix 3 for Oracleを開発環境にインストールしてテストを行ってくだ
さい。また、ホットフィックスをインストールする前にフルバックアップを行ってくだ
さい。これにより、ホットフィックスによる変更を取り消す必要が生じた場合にバック
アップに戻ることができます。
初めてインストールする場合は、以下のドキュメントを参照してください。
¨
『Informatica MDM Multidomain Editionインストールガイド』
¨
『Informatica MDM Multidomain Editionリリースガイド』
¨
『Informatica MDM Multidomain Editionリリースノート』
MDM Hub 9.5.1 HotFix 3 for Oracleにアップグレードする場合には、その他のドキュメ
ントとあわせて『Informatica MDM Multidomain Edition Upgrade Guide』も参照してく
ださい。
製品の要件およびサポートされているプラットフォームの詳細については、Informatica
カスタマポータルのProduct Availability Matrixを参照してください:
https://communities.informatica.com/community/my-support/tools/product-availability-matrice
該当するアップグレードパスを、以下の表を参照して選択します。
現在のバージョン
アップグレードパス
なし
MDM Hub 9.5.1 HotFix 3 for Oracle
をインストールする。
MDM Hub 9.5.1 HotFix 2 for
Oracle。
MDM Hub 9.5.1 HotFix 3 for Oracle
にアップグレードする。
MDM Hub 9.5.1 HotFix 1 for Oracle
MDM Hub 9.5.1 HotFix 3 for Oracle
にアップグレードする。
MDM Hub 9.5.1 EBF1
MDM Hub 9.5.1 HotFix 3 for Oracle
にアップグレードする。
MDM Hub 9.5.1
MDM Hub 9.5.1 HotFix 3 for Oracle
にアップグレードする。
MDM Hub 9.1.0 for Oracle
MDM Hub 9.5.1 HotFix 3 for Oracle
にアップグレードする。
MDM Hub 9.0.1 for Oracle
MDM Hub 9.5.1 HotFix 3 for Oracle
にアップグレードする。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
3
現在のバージョン
アップグレードパス
XU SP2 Patch B Rollup1、XU SP2
for Oracle Patch B Rollup1 HF30な
どのホットフィックスレベルすべて
MDM Hub 9.5.1 HotFix 3 for Oracle
にアップグレードする。
XU SP2 Patch B Rollup1、XUレベル
以外
1. XU SP2 Patch B Rollup1にアップグレード
する。
2. MDM Hub 9.5.1 HotFix 3 for Oracleにアッ
プグレードする。
ハードウェア要件
MDM Multidomain Edition実装におけるハードウェア要件は、データ、処理容量、および
ビジネスルールによって異なります。ハードウェアの規模を正確に見積もる必要がある
場合は、Informaticaの技術サービスにお問い合わせください。
インストール時の問題
Hub サーバーのインストール
インストール中にHubサーバーのインストールウィンドウを最小化すると、Hubサーバー
のインストールウィンドウを復元できなくなります。
復元する必要がある場合は、Hubサーバーのインストールウィンドウを最小化しないでく
ださい。
(HORA-28910)
日本語ロケールでのHubストアのインストール
日本語ロケールでHubストアをインストールするときは、setup.sqlスクリプトを実行す
る前に、Shift_JISエンコードを使用していることを確認してください。
(HORA-40546)
クレンジング照合サーバーのインストール
JBossにクレンジング照合サーバーをインストールすると、java.lang.IllegalStateException
エラーがcmxserver.logファイルに表示されます。
このエラーメッセージは無視してください。
(HORA-33065)
4
MDM-HRN-95100-HF3-0001
セキュリティが有効な場合に行うWebSphere向けのインストール
後の設定
WebSphereアプリケーションサーバーでセキュリティが有効な場合、WebSphereでのオペ
レーショナル参照ストアの登録が失敗します。また、Hubサーバーは起動に失敗します。
この問題の回避するには、WebSphereの認証を次の手順で設定してください。
1. JAAS - J2C認証データを作成します。
a. WebSphere管理コンソールで、[セキュリティ] > [バスセキュリティ]をクリ
ックします。
b. [セキュリティ]カラムで有効なエントリをクリックします。
c. [関連項目]セクションで、JAAS - J2C認証データをクリックします。
d. [新規]をクリックします。
e. 以下の情報を入力します。
¨
エイリアス。例えば「BusSecurity」などのエイリアスを入力します。
¨
ユーザID。ユーザ名を入力します。
¨
パスワード。パスワードを入力します。
¨
説明。バスクレデンシャルの説明を入力します。
f. [適用]をクリックしてから[OKと保存]をクリックします。
2. バスのユーザー認証詳細を選択します。
a. WebSphere管理コンソールで、[セキュリティ] > [バスセキュリティ]をクリ
ックします。
b. [セキュリティ]カラムで有効なエントリをクリックします。
c. [エンジン間認証エイリアス]リストで、手順1で作成したエイリアスを選択し
ます。
d. [定義済みのトランスポートチャネルチェインの使用をすべて許可]オプション
を選択します。
e. [仲介認証エイリアス]リストから、手順1で作成した認証エイリアスを選択し
ます。
f. [適用]をクリックしてから[OKと保存]をクリックします。
3. WebSphereユーザーを作成し、ユーザーをMDM Hubリソースと関連付けます。
a. WebSphere管理コンソールで、[セキュリティ] > [バスセキュリティ]をクリ
ックします。
b. [セキュリティ]カラムで有効なエントリをクリックします。
c. [バスコネクタロールのユーザーとグループ]をクリックします。
d. [新規]をクリックします。
e. [ユーザー]オプションを選択します。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
5
f. [WebSphere]オプションを選択して[次へ]をクリックします。
g. [完了]をクリックします。
h. [適用]をクリックしてから[OKと保存]をクリックします。
4. Siperianアクティベーションのためのユーザー認証詳細を選択します。
a. WebSphere管理コンソールで、[リソース] > [JMS] > [アクティベーション
の仕様] > [Siperianアクティベーション]をクリックします。
b. [認証エイリアス]リストから、手順1で作成したエイリアスを選択します。
c. [適用]をクリックしてから[OKと保存]をクリックします。
5. siperian-mrm.earのリソース認証を変更します。
a. WebSphere管理コンソールで、[アプリケーション] > [アプリケーションタイ
プ] > [WebSphereエンタープライズアプリケーション] > [siperianmrm.ear]をクリックします。
b. [リソース参照]をクリックします。
c. siperian-server.jarを選択します。
d. [リソース認証方式の変更]をクリックします。
e. [デフォルトの方式を使用(多対1マッピング)]オプションを選択します。
f. [認証データエントリ]リストから、手順1で作成した認証を選択します。
g. [適用]をクリックしてから[OKと保存]をクリックします。
6. WebSphereアプリケーションサーバを再起動します。
(HORA-39836)
ロシアのタイムゾーンのシステムにおけるインストール後スクリ
プトの実行
ロシアのタイムゾーンのシステムでは、postInstallSetup.batを実行しても
cmxserver.propertiesがsiperian-mrm.earまたはsiperian-server.jarに追加されない
場合があります。
使用しているアプリケーションサーバーに応じて、以下のいずれかの回避策を使用して
ください。
¨
JBoss。 JDK 1.6.0.30以降をインストールして、JDK 1.6.0.30以降を指すように
JAVA_HOME環境変数を設定します。
¨
WebLogic。 JDK 1.6.0.30以降をインストールして、JDK 1.6.0.30以降を指すように
JAVA_HOME環境変数を設定します。
¨
WebSphere。 次の場所からIBM Time Zone Update Utility for Javaをダウンロード
し、実行します。
http://www.ibm.com/developerworks/java/jdk/dst/jtzu.html
(HORA-36909)
6
MDM-HRN-95100-HF3-0001
MDM Multidomain Edition for Oracleバージョン9.
5.1 HotFix 3
Informatica MDM Hubで解消された制限事項
以前の解消された制限事項に関しては、以前のリリースのリリースノートをご確認くだ
さい。
以下の表に解消された制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-45376
フィルタリングされるレコード数が1000を超える場合には、
SearchMatch APIはレコードをフィルタリングできません。
HORA-45371
SearchMatch APIはマッチ率に基づいてレコードをソートでき
ません。
HORA-45271
Metadata Managerには、CWMファイルを保存できません。
HORA-45194
バージョン9.5.1 HotFix 2にアップグレード後にHub Console
を使用した場合、次の例外が生成されます。
java.rmi.MarshalException: : CORBA MARSHAL 1229125786 N
HORA-45130
MDM Hubは同時に複数のメッセージキューを処理できません。
HORA-44986
統合APIのパフォーマンスが低下しています。
HORA-44984
ステージジョブがUnicodeデータをロードした場合、拒否され
たレコードは拒否テーブルにロードされません。
HORA-44278
カスタムジョブを追加して保存しようとした場合、カスタムジ
ョブはバッチグループに表示されなくなります。
HORA-44159
ロードジョブが階層マネージャリレーションテーブルをロード
した場合、ジョブは失敗し、次のエラーが生成されます。
ORA-06502: PL/SQL: numeric or value error: character string buffer
too small during load
HORA-44073
完全一致と統合戦略を含むベースオブジェクトは、サーバーロ
グファイルにトークン化エラーを生成します。
HORA-44069
プライマリキーソースフィールドにカンマが含まれている場
合、ロードジョブは次のエラーを生成します。
ORA-30004: When using SYS_CONNECT_BY_PATH function, cannot have
separator as part of column value
MDM-HRN-95100-HF3-0001
7
参照番号
説明
HORA-44039
Hub Consoleはリレーションタイプの整合性のないデータを表
示します。
HORA-43984
レコードのアップデートにロードジョブを使用した場合、レコ
ードが相互作用IDで保護されているエラーにより拒否される
場合があります。レコードがアクティブ状態で、関連付けられ
た相互作用IDを含む場合でも、レコードは拒否されます。
Informatica MDM Hubに実装された拡張要求
以下の表に実装された拡張要求を示します。
参照番号
説明
HORA-44436
データが複数のソースシステムに属している場合でも、タイム
ラインで有効にした過去、現在、未来のBVTデータを抽出でき
ます。
Informatica MDM Hubの既知の制限事項
以下の表に既知の制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-45453
『MDM Multidomain Edition設定ガイド』の、「ランディング
プロセスの設定」章の「状態管理上書きシステム」セクション
を参照して、状態管理上書きシステムがバッチジョブに該当し
ない状態にアップグレードします。
HORA-44295
リレーションテーブルに基づいた外部キーに複数の
BO_CLASS_CODEが含まれている場合、階層マネージャはエラー
を生成します。
Informatica Data Directorで解消された制限事項
以前の解消された制限事項に関しては、以前のリリースのリリースノートをご確認くだ
さい。
8
MDM-HRN-95100-HF3-0001
以下の表に解消された制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-45197
検索クエリのパジネーションパフォーマンスは、大きなベースオ
ブジェクトテーブルの場合には想定するよりも遅くなります。
HORA-45093
データをインポートする場合には、子レコードまたはリレーショ
ンベースオブジェクトのPKEY_SRC_OBJECT値を割り当てられませ
ん。Informatica Data DirectorはCSVファイルのPKEY_SRC_OBJECT
値を無視し、PKEY_SRC_OBJECTの値を生成します。
HORA-44983
権限を統合して、信頼値を上書きする必要があります。
HORA-44858
浮動フィールドから値を削除する場合には、Informatica Data
Directorは変更を保存せず、次のエラーを生成します。
java.lang.NumberFormatException: Value cannot be null.
com.siperian.common.util.NumUtil.standardizeDecimalValue(NumUtil.java:
286)
HORA-44644
31-Dec-9999の終了日を含むレコードの開始日を編集する場合に
は、Informatica Data Directorは変更を保存せず、次のエラーを
生成します。
SIP-23004: Error in Put process: SIP-28671: ERROR:Unexpected SQL error
ORA-01841: (full) year must be between -4713 and +9999, and not be 0
ORA-01403: no data found.
HORA-44468
論理オペレーショナル参照ストア名にスペースが含まれている場
合、MetadataBundle.propertiesファイルへの変更はInformatica Data
Directorユーザーインターフェースに表示されません。
HORA-44444
Informatica Data Directorは、クレンジングサーバー機能の
Hypertext Transfer Protocol Secureをサポートしません。
HORA-44443
Informatica Data Directorは、クエリにドロップダウンカラムが
含まれており、拡張検索から基本検索に変更した場合に、エラー
を生成します。Informatica Data Directorは、基本検索オプショ
ンを表示しません。
HORA-44391
エクスポートデータプロファイルを作成した場合、[アクセス]
オプションをプライベートからパブリックに変更できません。
HORA-44385
統合タスクを再割り当てした場合、Informatica Data Directorは
エラーを生成し、タスクを再割り当てしません。
HORA-44308
Informatica Data Directorはアクションを検証する前に、承認の
タスクの送信を許可します。
HORA-44272
クラスタ化されたWebSphere環境では、1つのノードが失敗した場
合、環境が反応しなくなります。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
9
参照番号
説明
HORA-44193
ルックアップテーブルでレコードをアップデートした場合、アッ
プデートはデータビューに表示され、[検索]タブには表示され
ません。
HORA-43831
[レイアウトの変更]、[テーブルのカスタマイズ]、[ソー
ト]ダイアログテーブルは、正しい形式で表示されません。
HORA-43549
孫レコードを子レコードに追加後、Informatica Data Directorは
孫レコードを表示しません。
HORA-42779
Informatica Data Directorは、文字数が最大フィールドサイズに
近づくと、フィールドにすべての文字を表示しません。
Informatica Data Directorに実装された拡張要求
以下の表に実装された拡張要求を示します。
参照番号
説明
HORA-43918
SafariブラウザとOS Xオペレーティングシステムを使用する環
境でデータをエクスポートする場合には、Informatica Data
Director正しいファイル名拡張子を使ってCSVファイルとJPG
ファイルを保存します。
HORA-43575
データをインポートする場合には、ステータスレポートにすべ
てのエラーメッセージのカラム名が表示されます。
HORA-42861
[詳細アクション]タブで[コピー]オプションを無効にでき
ます。
HORA-31627
検索結果のカラム幅はカスタマイズできます。
Informatica Data Directorの既知の制限事項
9.5.1 HotFix 3に関する既知の制限はありません。
MDM Multidomain Edition for Oracleバージョン9.
5.1 HotFix 2
Informatica MDM Hubで解消された制限事項
以前の解消された制限事項に関しては、以前のリリースのリリースノートをご確認くだ
さい。
10
MDM-HRN-95100-HF3-0001
以下の表に解消された制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-43703
ハブコンソールを使用してユーザーを無効にした後も、LDAP
ユーザーがMDM HubおよびInformatica Data Directorにログ
インできる。
HORA-43528
保留状態にあるレコードがある子テーブルを含む親テーブルを
昇格させると、次のエラーメッセージが表示されて昇格が失敗
する。
ORA-06502: PL/SQL: numeric or value error: character string buffer
too small
HORA-43462
子レコードのリレーションを表示しようとすると、MDM Hubで
次のエラーが発生する。
SIP-14105: Unexpected error occurred while processing request:
GetOneHopRequest
HORA-43391
9.5.1 HotFix 1を適用した後、オブジェクトの取得に1つまた
は複数のホップを使用すると、MDM Hubで次のエラーが発生す
る。
SIP-10322: Error loading entity graph for: Entity-Graph Request
HORA-43353
状態管理が有効になっているベースオブジェクトのレコードを
多数ロードすると、そのロードジョブが失敗する。
HORA-43264
データベース資格情報がjarファイルに保存されているため、
ハブコンソールにセキュリティ問題が存在する。
HORA-43230
別の関数で使用されているクレンジング関数の名前を変更でき
ない。
HORA-43105
ベースオブジェクトまたは階層をハブコンソールで作成する
と、MDM Hubでエラーが発生する。
HORA-42707
インストールログファイルにWebSphereユーザー名とパスワー
ドおよびデータベースパスワードが記載される。
HORA-42621
ジョブのロードで次のエラーが発生する。
ORA-06502: PL/SQL: numeric or value error: character string buffer
too small during load
HORA-42448
デルタ検出が有効の場合に、変更がなくてもMetadata
Managerプロモーションに、change.xmlの変更が表示される。
HORA-42426
マッピングの条件を削除し、変更リストを作成して変更リスト
をインポートすると、MDM Hubで変更が適用されない。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
11
参照番号
説明
HORA-41649
MDM Hubのドイツ語版では、Windowsの[スタート]メニュー
にHubサーバーとクレンジング一致サーバーをアンインストー
ルするオプションが表示されない。
HORA-41534
9.5.1 HotFix 2インストーラのインストール前のサマリで、選
択したデプロイメントオプションが表示されない。
HORA-40800
PKEY_SRC_OBJECTの代わりにROWID_OBJECTをルックアップのベ
ースにすると、ジョブのロードのパフォーマンスが低下する。
HORA-33883
MDM Hubで、プライマリキー一致ベースオブジェクトを新しい
ソーススキーマに昇格させると、プライマリキー一致ルールの
設定がクリアされる。
Informatica MDM Hubの既知の制限事項
9.5.1 HotFix 2に関する既知の制限はありません。
Informatica Data Directorで解消された制限事項
以前の解消された制限事項に関しては、以前のリリースのリリースノートをご確認くだ
さい。
以下の表に解消された制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-43652
Informatica Data Directorで相互参照ビューの[生レコード
を表示]をクリックしても、生レコードが表示されない。
HORA-43621
Informatica Data Directorで、データビューから相互参照ビ
ューに移動してからデータビューに戻ると、[保存]ボタンが
有効になる。
HORA-43526
階層マネージャが有効な場合、レコードを開いて[リレーショ
ン]タブまたは[階層を表示]をクリックすると、
Informatica Data Directorでヌルポインタ例外が生成され
る。
HORA-43437
システムファイルをブラウザのアドレスバーから開くことがで
きる。
HORA-43129
2つのエンティティ間にリレーションを作成すると、
Informatica Data DirectorでGetEntityGraph例外が生成され
る。
HORA-43107
グラフがInformatica Data Directorで使用できない。
12
MDM-HRN-95100-HF3-0001
参照番号
説明
HORA-43091
Informatica Data Directorで相互参照ビューの[生レコード
を表示]をクリックしても、生レコードが表示されない。
HORA-43021
孫が1対1のリレーションに基づいている場合、Informatica
Data Directorに、孫タブが重複されて表示される。
HORA-42781
siperian.comがシステムで信用されているドメインでない場
合、Informatica Data Directorからの通知メールを受信しな
い。
HORA-42623
Informatica Data Directorで、タイムラインが有効なベース
オブジェクトの子サブジェクト領域のレコードが保存されな
い。
HORA-42154
大文字小文字の区別のない拡張検索がエラーで失敗する。
HORA-41948
統合された非アクティブリレーションを表示すると、
Informatica Data Directorに、[アクション]メニュー項目
が正しく表示されない。
HORA-41946
レコードがIDDソースシステムからのものでない場合、IDDソ
ースシステムで状態管理オーバーライドシステムを有効にして
いないと、Informatica Data Directorでリレーションの終了
日が正常に設定されない。
HORA-41655
パッケージ名が長いとInformatica Data Directorはエラーを
生成し、階層マネージャエンティティをキャンバスに表示しな
い。
HORA-41614
Informatica Data Directorから外部リンクアクションに有効
な日付が提供されない。
HORA-41480
階層マネージャの階層のカラム名を変更してから[リレーショ
ン]タブをクリックすると、Informatica Data Directorはエ
ラーを生成し、データを表示しない。
HORA-41384
2名のユーザーが同時に同じレコードをアップデートできま
す。最初のユーザーが実行した変更は、2番目のユーザーがサ
ブミットする変更に上書きされます。レコードが編集中である
ことを示すメッセージは表示されません。
HORA-41379
子サブジェクト領域から削除したレコードの兄弟を表示した場
合、フォームビューでツールチップが表示されない。
HORA-41225
リレーションテーブルカラムを編集した後にPartyリレーショ
ンレコードをデータマネージャでマージ解除すると、エラーが
発生しマージ解除が失敗する。
HORA-41224
リレーションテーブルカラムを編集した後にPart Ofリレーシ
ョンレコードをデータマネージャでマージ解除すると、エラー
が発生しマージ解除が失敗する。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
13
参照番号
説明
HORA-40583
Informatica Data Directorで「Use this Value」機能が、信
頼が有効なカラムに制限されない。
HORA-39596
非表示のフィールドに値が格納されていた場合、Informatica
Data Directorで誤ったデータカラム見出しが子サブジェクト
領域に表示される。
HORA-39466
日付が現在の日付に対し有効でない1対多の子レコードを作成
すると、Informatica Data Directorでエラーが生成される。
HORA-39398
最終レビューステージで保留中に変更した場合、それ以前の保
留中の変更が失われる。
HORA-38906
階層マネージャタイムラインを右クリックすると、Internet
Explorer 7に正しいメニューが表示されない。
HORA-38865
子レコードの有効期間を変更すると、Informatica Data
Directorは正しい有効期間で親レコードを作成しない。
HORA-38086
[相互参照]ダイアログボックスで[リネージを維持した相互
参照のマージ解除]オプションが無効になっている。
HORA-37825
エンティティのタイムラインが有効になっている場合、単一ト
ランザクションの一部として保存されている子レコードと孫レ
コードをafterSaveユーザー出口エントリポイントで使用でき
ない。
HORA-37623
相互参照レコードで「システムカラムを表示」を選択し、2番
目の相互参照レコードで「システムカラムを表示」を選択する
と、Informatica Data Directorに1番目の相互参照レコード
のシステムカラムが表示される。
HORA-35226
ベースオブジェクトで一致監査フラグを有効にしている場合、
マージのためレコードをキューイングするとInformatica
Data Directorがエラーを生成する。
HORA-33725
依存ルックアップが検索クエリで予想通りに動作しない。
14
MDM-HRN-95100-HF3-0001
Informatica Data Directorに実装された拡張要求
以下の表に実装された拡張要求を示します。
参照番号
説明
HORA-43594
Informatica Data Directorデータビューの[マークして保
存]チェックボックスを選択して有効な開始日と終了日を修正
した場合は、ユーザー出口は[マークして保存]アクションを
識別できます。
HORA-41635
Informatica Data Directorで、Adobe Flash Player GIFイメ
ージがAdobe Webサイトから取得されなくする。
Informatica Data Directorの既知の制限事項
以下の表に既知の制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-45265
アプリケーションシステムを変更後エンティティを編集し、エ
ンティティのマージを解除した場合、データビューに最初に表
示されるエンティティ値は正しくありません。
これを回避するには、データビューを再度開いて、正しい値を
確認します。
HORA-45237
階層ビューにアクティブな外部キーリレーションが表示されま
すが、非アクティブな外部キーリレーションは表示されませ
ん。
HORA-44980
パブリックエクスポートプロファイルが存在する場合には、
Informatica Data Directorはプライベートなエクスポートプ
ロファイルの設定を許可します。Informatica Data Director
は、元のパブリックエクスポートプロファイルをプライベート
プロファイルで上書きします。
MDM Multidomain Edition for Oracleバージョン9.
5.1 HotFix 1
Informatica MDM Hubで解消された制限事項
以前の解消された制限事項に関しては、以前のリリースのリリースノートをご確認くだ
さい。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
15
以下の表に解消された制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-42092
デフォルトロケール向けにローカライズされたエラーメッセー
ジをロードするとき、MissingResourceException例外が生成
される。
HORA-41931
ベースオブジェクトのカラムのメッセージトリガを有効にして
変更リストを作成した場合、メッセージトリガを有効にしたカ
ラムの一部がその変更リストに含まれない。
HORA-41876
Windowsクライアントの数値フォーマットの地域設定がイタリ
ア語になっていると、ベースオブジェクトを作成できない。
MDM Hubによって以下のエラーが生成される。
The default value "1" isn't valid for
the data type int.
HORA-41722
MDM Hubが、jbosscache-core.jarの更新されたバージョンを必要
とする。
HORA-41625
SIP-MV-11214が警告ではなくエラーメッセージである。
HORA-41562
クレンジング関数の説明を更新すると、クレンジング関数の詳
細が削除される。
HORA-40694
フランス語版のMDM Hubでは、クレンジング一致サーバーを追
加すると、MDM Hubにより以下のエラーが生成される。
L'évaluation du processeur doit être un flottant
HORA-40904
3999年12月31日以降の有効日を指定することができない。
HORA-39969
保存、検索、編集などの操作で、以下の例外が生成される。
'java:comp/UserTransaction' name is not found in JndiContext.
HORA-39753
MDM Hubの日本語版では、データマネージャの[信頼設定]ダ
イアログボックスで、日付が日本語形式で表示されない。
Informatica MDM Hubに実装された拡張要求
以下の表に実装された拡張要求を示します。
参照番号
説明
HORA-36504
JMSセキュリティを設定し、メッセージキューを保護すること
ができる。
16
MDM-HRN-95100-HF3-0001
Informatica MDM Hubの既知の制限事項
以下の表に既知の制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-42384
Hubコンソールで、ALL_BASE_OBJECTSリソースグループの特権
を無効にすると、特権の変更が正しく保存されない。
回避策: 特権を無効にし、その変更を保存してから、別の特権
の無効化と保存を行います。
HORA-42229
ビジュアルのインポートプロセスでPutパッケージの状態管理
とタイムラインを有効にすると、Hub_State_Indカラムがパッ
ケージに追加されず、エラーが生成される。
回避策: ビジュアルのプロモート後、パッケージとクエリを削
除し、手動でそれらを作成し直します。
HORA-42193
リソースキットのアンインストーラで、リソースキットインス
トールの一部のファイルが削除されない。
回避策: C:\infamdm\hub\resourcekitにあるresourcekitフォルダを
手動で削除します。
HORA-41942
MDM Hubのローカライズ版では、mdm_sampleを使用すると、リ
レーション図のシステムカラムがローカライズ言語で表示され
ない。
回避策: 以下のコマンドを実行します。
SET SERVEROUTPUT ON SIZE 100000
CALL dbms_java.set_output(100000);
call localizeDBColumns(1);
HORA-41830
MDM Hubのドイツ語版では、ローカライズされた数値フォーマ
ットがAPIに受け入れられない。
HORA-41687
親ベースオブジェクトと子ベースオブジェクトが
ROWID_OBJECTをベースにして関連しているときに親ベースオ
ブジェクトと子ベースオブジェクトにレコードを挿入する場
合、親ベースオブジェクト内のレコードをルートレコードとマ
ージし、続いてそのルートレコードのカスケード削除を実行す
ると、子レコードが削除された親を指す。
回避策: このような状況ではカスケード削除を行わないように
します。
HORA-41649
MDM Hubのドイツ語版では、Windowsの[スタート]メニュー
にHubサーバーとクレンジング一致サーバーをアンインストー
ルするオプションが表示されない。
回避策:
Hubサーバーをアンインストールするには、
<infamdm_install_dir>\server\UninstallerDataからUninstall
Informatica MDM Hub Server.exeを実行します。
クレンジング一致サーバーをアンインストールするには、
<infamdm_install_dir>\cleanse\UninstallerDataからUninstall
Informatica MDM Hub Cleanse Match Server.exeを実行します。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
17
参照番号
説明
HORA-41645
スキーママネージャでは、EMOテーブル名をクリックすると、
EMOテーブルの詳細とステージングテーブルの詳細が表示され
る。
回避策: 別の場所(リレーションやカラムなど)をクリックし
てEMOテーブルに戻ると、ステージングテーブルの詳細が表示
されなくなります。
HORA-41463
アプリケーションサーバーのタイムゾーンよりも前のタイムゾ
ーンでデータベースに変更を加えると、メタデータの検証結果
が保存されず、不明状態になる。
HORA-41453
MDM Hubのドイツ語版で、SQLPlusを実行してORSを作成する
と、有効でない文字が表示される。
回避策: SQLPlusを開始する前に以下の手順を実行します。
1. コマンドプロンプトのコードページをCHCP 1252に変更します。
2. cmdプロパティで、フォント設定をLucida Consoleに変更します。
HORA-41446
削除済みまたは保留状態のレコードの統合状態を設定するため
にSetRecordState APIを実行すると、設定した状態が変更さ
れる。
回避策: Hub_State_Ind値が1のベースオブジェクトレコード
についてのみ統合状態を設定し、そのレコードがアクティブで
あることを示します。
HORA-41429
多数のカラムが存在するベースオブジェクトに対する静的ビュ
ーの作成に失敗する。
HORA-41198
Hubコンソールを介してオプションを有効にし、続いてその変
更をキャンセルした場合、セキュリティアクセスマネージャで
その変更がキャンセルされない。
HORA-40598
バッチAPI相互運用性が無効なときにMDM Hubコンソールを通し
てZDTを有効にできる。
回避策: ZDTを有効にする必要がある場合は、バッチAPI相互運
用性を有効にする必要があります。
HORA-37647
AddressDoctor 4からアップグレードしてAddress Doctor 4の
機能を使用した後、Address Doctor 5の機能を使用すると、エ
ラーが発生することがある。
回避策: インストール後のセットアップスクリプトを実行し、
アプリケーションサーバーを再起動します。
HORA-36212
MDM Hubのドイツ語版では、制約フィールドとボタンが階層マ
ネージャの[プロパティ]ウィンドウに正しく表示されない。
回避策: cmxconsole_internal.propertiesファイルで以下のプロパ
ティの値を変更します。
- hm.props.defaultvalue.visibletextentries
- hm.props.defaultvalue.maxonehop
- hm.props.defaultvalue.searchpagesize
18
MDM-HRN-95100-HF3-0001
Informatica Data Directorで解消された制限事項
以前の解消された制限事項に関しては、以前のリリースのリリースノートをご確認くだ
さい。
以下の表に解消された制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-41916
BPMなどの外部タスクエンジンにより、ヌルポインタ例外が生
成される。
HORA-41913
マージによって依存ルックアップの競合が生じる場合に、
Informatica Data Directorに警告が表示されない。
HORA-41873
アクティブでないリレーションを階層ビューで表示できない。
HORA-41760
子サブジェクト領域カラムで検索した場合、検索結果に正しい
子カラムレコードが返されない。
HORA-41599
タスクアクションの実行後、Informatica Data Directorにダ
ッシュボードが表示されない。
HORA-41425
「\」や「~」などのJava特殊文字がデータに含まれる場合、
Informatica Data Directorによって重複が識別されない。
HORA-41359
Informatica Data Directorで、マージオーバーライドウィン
ドウに子依存ルックアップリストが表示されない。
HORA-41346
レコードを作成するとき、Informatica Data Directorによっ
てクライアントタイムゾーンがデフォルト日付の生成に使用さ
れる。異なるタイムゾーンのクライアントがレコード履歴を表
示する場合、履歴ビューに[範囲外の日付]エラーが表示され
る。
HORA-41641
人物レコードを編集して別の有効期間を指定する場合、
Informatica Data Directorによってエラーが表示される。
HORA-41629
階層マネージャのカレンダーウィジェットで、[適用]ボタン
と[今日]ボタンが、ダブルクリックしないと機能しない。
HORA-41597
Informatica Data Directorで言語をフランス語に設定した場
合、新しいオブジェクトを作成するときに10進値を保存でき
ない。
HORA-41568
マルチスレッドインポートのスレッド数を5スレッドから変更
できない。
HORA-41506
Informatica Data Directorにより、階層マネージャの子外部
キーエンティティに対してタイムラインが常に有効にされる。
HORA-39634
コンフィギュレーションマネージャで多対多の子リレーション
を作成できない。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
19
参照番号
説明
HORA-38999
子レコードを追加した後、データビューにその子レコードが表
示されない。
HORA-38979
リレーション内のエンティティの有効期間が同じソースシステ
ムから作成されなかった場合、リレーションに終了日を指定で
きない。
Informatica Data Directorに実装された拡張要求
以下の表に実装された拡張要求を示します。
参照番号
説明
HORA-41754
リレーションを更新するとき、Informatica Data Directorに
よってリレーションタイプが保存される。
HORA-41720
[その他のアクション]メニュー下にある[ブックマークを表
示]メニューを無効にすることができる。
HORA-41632
ワークフローパフォーマンスが向上する。
HORA-41614
外部リンクからエンティティの有効日を表示できる。
HORA-41505
拡張ASCII文字を含むエクスポートされたCSVファイルをExcel
で表示できる。
Informatica Data Directorの既知の制限事項
以下の表に既知の制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-44766
特定のエンティティが存在しない場合、履歴ビューのエンティ
ティの詳細に過去の日付のエンティティが表示される。
HORA-44275
孫レコードを作成すると、Informatica Data Directorは子の
外部キー値の入力を要求します。
HORA-42411
保留状態にあるレコードを検索し、そのレコードの階層ビュー
への追加を試みる場合、レコードが追加されない。以下のエラ
ーが生成される。
SIP-14229: Either the entity key is not valid, or there are no
records that meet the query in the API request GET ENTITYGRAPH.
Review the server logs for more details.
20
MDM-HRN-95100-HF3-0001
参照番号
説明
HORA-42334
CSVファイルからデータをインポートする場合、Informatica
Data Directorによって、ソースシステムとCSVファイル内の
プライマリキーではなく、Adminのソースシステム値と生成さ
れたプライマリキーに1対1の子レコードが割り当てられる。
HORA-42262
階層ビュー検索で得られたエンティティをキャンバスに追加し
た場合、キャンバスに間違ったノード名が表示される。
HORA-42137
階層ビューで有効日を指定すると、表示するリレーションが多
過ぎるかどうかを判断するときに、Informatica Data
Directorがアクティブでないリレーションを考慮する。
HORA-42069
当日を有効日に指定すると、階層マネージャにアクティブでな
いリレーションが表示されない。
HORA-41949
エンティティの非アクティブなリレーションを表示すると、関
連ノードの非アクティブなリレーションの数が階層マネージャ
に表示されない。
HORA-41458
Informatica Data Director階層マネージャのフライオーバー
に表示されるレコードの数が
sif.api.hm.flyover.max.record.countの値を超えているとき
にソートを昇順から降順に変更すると、ソートは決まった結果
ではなく新しいクエリを使用する。例えば、ある組織のリレー
ション数が510で、リミッターが500に設定されている場合、
昇順ソートでは1~500のレコードが表示されます。ソートを
降順に変更すると、510~10のレコードが表示されます。
HORA-41238
Fujitsu BPMによって生成されるマージタスクが、
Informatica Data Directorインボックスに表示されない。
HORA-41153
階層マネージャでリレーションを編集し、階層ビューの有効日
がリレーションの開始日と一致する場合、追加のリレーション
は有効期限が1日として表示される。
HORA-39399
階層ビューでアクティブなリレーションのみを表示すると、表
示するリレーションが多過ぎることを警告するときに
Informatica Data Directorがアクティブでないリレーション
を考慮する。
HORA-39387
あるリレーションの2つの保留レコードを承認した後、それら
のリレーションが保留状態のままになる。
HORA-38865
子レコードの有効期間を変更すると、Informatica Data
Directorは正しい有効期間で親レコードを作成しない。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
21
MDM Multidomain Edition for Oracleバージョン9.
5.1
Informatica MDM Hubで解消された制限事項
以前の解消された制限事項に関しては、以前のリリースのリリースノートをご確認くだ
さい。
以下の表に解消された制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-41023
設定にルックアップテーブルおよびNULL値機能が有効でNULL
可外部キーを持つベースオブジェクトがある場合、ロードジョ
ブはベースオブジェクトにレコードを挿入しない。
HORA-40988
ベースオブジェクトの信頼値が正しくない。
HORA-40677
JNLPファイルにはjboss-ha-legacy-client.jarおよびjbossha-client.jarのライブラリが含まれない。
HORA-40551
MDM Hubを設定してSIP_POPカラムを通して複数ポピュレーシ
ョンを使用すると、正しくないトークンが生成される。
HORA-40472
バージョン情報パッケージに対して正しくないSQLが生成され
る。
HORA-40251
プロダクションモードでAPIバッチ相互運用性が無効な場合、
自動マージが失敗する。
HORA-39974
MDM Hubのlog4jライブラリによりAsyncAppenderの動作が停止
する。
HORA-39970
接続するキューが存在しないと、MDM Hubが
QueueConnectionFactory接続を解放しない。
HORA-39769
ユーザーがロックされたLDAPユーザーアカウントにアクセス
しようとしても、LDAPはそのLDAPユーザーがロックされてい
ることを示さない。
HORA-39699
Build Match Group lock SQLクエリのパフォーマンスは、クエ
リに対する類似のヒントを追加することにより改善する必要が
ある。
HORA-39637
ステージングテーブルのカラムルックアップを変更すると、
NULLポイント例外が生成される。
HORA-39549
相互参照レコードのみが取得されると、Get APIによりエラー
が生成される。
22
MDM-HRN-95100-HF3-0001
参照番号
説明
HORA-39437
セキュリティ上の問題: セキュリティハッキングテストスクリ
プトの失敗: IDDでクロスサイトスクリプティングの脆弱性を
発見。ハッキングを防ぐため、URLの特殊文字を確認済み文字
からフィルタ処理で除外する必要があります。
HORA-39429
すべてのシステムがキャッシュにあるわけではないため、Get
API呼び出しにより以下のエラーが生成される。
SIP-14116 No system found with system name: Admin
HORA-39425
CleansePut SIF呼び出しのパフォーマンスの問題。
connectionDataオブジェクトはキャッシュに格納されないの
で、接続は毎回作成および削除されるため。
HORA-39422
複数統合SIF呼び出しのパフォーマンスがプロダクション環境
では遅い。
HORA-39072
LAST_ROWID_SYSTEMおよびROWID_OBJECT、または文字ベースの
カラムに対してのパラメータ化された値を持つSIF
SeachQueryが失敗する。また、文字ベースのカラムに対する
カラムのパディングが機能しない。
HORA-39040
次に使用可能なクレンジング照合サーバーを検索するための呼
び出し中にArrayIndexOutofBound例外が生成される。
HORA-38898
HMエンティティをエンティティベースオブジェクトに変換す
るときに、長さがVARCHAR(255)未満のBO_CLASS_CODEカラムを
外部キーカラムとして使用できる。 このようなエンティティ
ベースオブジェクトにレコードを追加すると、エラーが生成さ
れる場合がある。 また、メタデータ検証レポートに以下の警
告が表示される。
SIP-MV-12717:1 - Source column size must be greater or equal to
target column for VARCHAR type.
HORA-38855
エンタープライズマネージャツールに、機能しない[クレンジ
ングスレッド数]クレンジングサーバープロパティが表示され
る。
HORA-38819
searchQueryの応答にRNフィールドが含まれる。
HORA-38815
子のルックアップカラムが親のプライマリキーカラムと等しい
と、メタデータの検証でエラーが生成される。
HORA-38431
MDM Hubのフランス語版では、ユーザーインタフェースの文字
がクリアかつ簡明でない。
HORA-38429
スキーママネージャでカラムを編集すると、カラムのヘッダー
が正しく表示されない。
HORA-38428
MDM Hubのフランス語版では、メインメニューはフランス語だ
が、[ワークベンチ]ペインの項目が英語である。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
23
参照番号
説明
HORA-38427
MDM Hubのフランス語版では、「書き込みロック」の翻訳メニ
ュー名はそれに対応する英語バージョンよりも長い「Verrou
en Ecriture,」である。
HORA-37970
SIF API呼び出しを使用したデータの抽出には時間がかかる。
HORA-36849
MDM Hubに関連するXSDファイルは、DT StudioやXML Spyなどの
XML検証ツールで検証することができない。
HORA-35915
実行中のバッチグループを更新するときに、複数のステージジ
ョブが同じノードレベルに存在すると、サーバーエラーが発生
する。
HORA-33550
[ルックアップ表示名]カラムの長さが外部キーカラムの長さ
未満で、ルックアップカラムのデータ型がCHARまたはNCHARの
場合、以下のエラーでPut APIが失敗する。
SIP-23015: ERROR:cannot find lookup setup information for column
Module: Do_lookup and exception: WHEN_OTHERS Errmsg : ORA-25137:
Data value out of range on PUT
HORA-29843
バッチグループを更新するために定義されたロールを持たない
ユーザーがバッチグループを更新できる。
Informatica MDM Hubに実装された拡張要求
以下の表に実装された拡張要求を示します。
参照番号
説明
HORA-40556
メタデータ検証プロセスからデータベースで使用可能な一時テ
ーブルを除外することにより、パフォーマンスが改善される。
HORA-39797
デルタ検出で作業するため、Hard Delete Detectionパッケー
ジが含まれている。
HORA-39635
MDM Hubコンソールが生成する環境レポートには、HotFixと
Emergency Bug Fix番号が含まれる。
HORA-38949
Hub Delete APIとバッチプロシージャ相互運用性に対して共有
ロックを有効にすることができる。
HORA-38595
ユーザーアクセスを変更した後でORSを検証する必要はない。
HORA-37503
MDM Hubは、データベースレベルのNLS_LENGTH_SEMANTICSが
BYTEに設定されているUTF-8データベースに対して、セッショ
ンレベルでNLS_LENGTH_SEMANTICSをCHARにオーバーライドす
る。
24
MDM-HRN-95100-HF3-0001
参照番号
説明
HORA-36744
変更セッションとC_REPOSクエリがキャッシュに格納される。
HORA-35484
ローカライズ版のMDM Hubでは、Address Doctor 5.2.9がサポ
ートされる。
HORA-34536
範囲で区切った履歴テーブルおよびそのインデックスに対して
メタデータの検証を実行できる。
HORA-34059
Hubコンソールからユーザーを削除すると、
C_REPOS_TASK_ASSIGNMENTテーブルおよび
C_REPOS_TASK_ASSIGNMENT_HISTテーブルでそのユーザーに割
り当てられているタスクへの参照が削除される。
HORA-30325
INTER_SYSTEM_TIME_DELTA_SECはロードバッチジョブに対して
機能する。
Informatica MDM Hubの既知の制限事項
以下の表に既知の制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-41240
JBoss接続プールがデフォルト値を使用すると、マッチングジ
ョブが失敗する。
回避策: 次のコードのスニペットに示すように、プールの最大
サイズを50に設定します。
<min-pool-size>5</min-pool-size>
<max-pool-size>50</max-pool-size>
HORA-41016
外部キーでもあるパッケージカラムに対してエイリアスを追加
することはできない。
HORA-40694
フランス語版でクレンジング照合サーバーを追加すると、MDM
Hubにより以下のエラーが生成される。
L'évaluation du processeur doit être un flottant
回避策: CPU評価を1.0から1,0に[クレンジングサーバーの追
加]ダイアログボックスで変更します。
HORA-40598
バッチAPI相互運用性が無効なときにMDM Hubコンソールを通し
てZDTを有効にできる。
回避策: ZDTを有効にする必要がある場合は、バッチAPI相互運
用性を有効にする必要があります。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
25
参照番号
説明
HORA-40548
メタデータをバージョン9.5.0のスキーマからバージョン
9.5.1に昇格すると、メタデータの検証の結果にはクレンジン
グ機能の競合が表示される。
回避策: クレンジング機能の競合を示すメタデータの検証のエ
ラーは無視してかまいません。昇格はクレンジング機能の機能
性に影響せずに完了します。
HORA-40293
MDM Hubのフランス語版では、範囲タイプを伴う検証ルールを
MDM Hubに追加できない。数値カラムに範囲を入力するとき
は、範囲条件に「123,45」などのフランス語形式を使用でき
ません。「123.45」などの10進数の範囲形式を使用すると、
MDM Hubサーバーは例外を生成します。
HORA-40225
一致タイプがNONEの検索一致APIを呼び出す場合、あいまいル
ールが設定されていないと、検索一致APIが機能しない。
回避策: 任意のあいまいルールをデフォルトの一致セットに追
加します。
HORA-40168
スキーマを視覚的に昇格すると、ロールを継承するロールは昇
格されるが、継承されたロールは昇格されない。
HORA-39753
MDM Hubの日本語版では、データマネージャの[信頼設定]ダ
イアログボックスで、日付が日本語形式で表示されない。
HORA-39655
データベースのログでは、完了したジョブについて正しくない
モジュール名が表示される。
HORA-39654
スキーマに対する変更の後は、バッチグループがジョブを正常
に完了しない。
HORA-39653
UNIX環境で、オペレーショナル参照ストアのパスワードに特
殊文字を使用すると、setup_ors.sqlスクリプトによりエラー
が生成される。
HORA-39650
準備と移行のプロセスでは、子外部キーの問題がすべて修正さ
れるわけではない。
HORA-39098
一致カラムに対して[セグメント一致]と[すべてのデータで
セグメント一致を行う]オプションを有効にし、プライマリキ
ー一致ルールを追加した後、変更を保存すると、NULLポイン
タ例外が生成される。
回避策: [すべてのデータでセグメント一致を行う]オプショ
ンを使用して一致ルールを編集した後に変更を保存します。プ
ライマリキー一致ルールを追加して、変更を再度保存します。
HORA-39078
[一致/マージ設定の詳細]ダイアログボックスの[パス]タ
ブで変更を保存した後、フィルタが表示されない。
回避策: フィルタを表示するには、ルートパスコンポーネント
を選択します。
26
MDM-HRN-95100-HF3-0001
参照番号
説明
HORA-38996
Link2 APIに1つのROWIDを指定すると、エラーメッセージが生
成されない。
回避策: Link2 APIに2つのROWIDを指定するようにします。
HORA-38957
親、子、および孫ベースオブジェクトが存在するシナリオでベ
ースオブジェクトを削除した場合、使用しているストアドプロ
シージャが削除したオブジェクトを引き続き参照することがあ
る。
回避策: 問題を解決するには、TRUNCATE TABLE
c_repdyn_table_cache文を実行します。
HORA-38904
10000個を超えるレコードのBVTを計算する必要がある場合に
GetOneHop SIF APIを使用すると、例外が生成される。
回避策: 10000個を超えるレコードを処理する必要がある場合
は、cmxserver.propertiesファイルの
searchQuery.buildBvtTemp.MaxRowCountプロパティと
sif.search.result.query.temptableTimeToLive.secondsプロパティの
値を増やします。 アプリケーションサーバーのトランザクシ
ョンのタイムアウト値も増やす必要があります。
HORA-38866
階層ツールで、古いリレーションタイプまたは削除済みのリレ
ーションタイプに関連付けられた表示パッケージをプロファイ
ルに関連付けられたリレーションタイプに割り当てることがで
きます。
回避策: パッケージを作成し、そのパッケージをリレーション
タイプに割り当てる表示パッケージとして選択します。
HORA-38848
GBIDカラムを含む履歴が有効なベースオブジェクトの保留中
のXREFレコードを昇格させるか、そのオブジェクトの削除さ
れたXREFレコードを復元すると、相互参照の履歴(HXRF)テ
ーブルの<GBID_column_name>_GOVカラムがNULLになる(元の
GBID値が読み込まれない)。
HORA-38836
SearchMatchクエリのMatchTypeがDBFILTEREDの場合、その一
致カラムを変更したときにクエリが更新されない。
HORA-38818
MDM version 9.5.x オペレーショナル参照ストアスキーマをイ
ンポートすると、以下の警告が生成される。
IMP-00041: Warning: object created with compilation warnings CREATE
FORCE VIEW
回避策: この警告は無視してください。
HORA-38783
Metadata Managerでリポジトリの視覚的昇格を実行すると、
検証ルールおよび一致カラムがターゲットリポジトリに表示さ
れる順序がソースの順序と同じでなくなる。
回避策: リポジトリの視覚的昇格を実行した後に、検証ルール
および一致カラムを手動で並べ替えます。 または、完全昇格
を使用します。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
27
参照番号
説明
HORA-38727
Hub サーバーおよびクレンジング照合サーバーのサイレントイ
ンストールを実行すると、installPreReq.logファイルに以下の
ような警告が表示される。
Hub サーバーの警告:
WAS_VERSION2 is unknown
ORACLE_DB_VERSION3 is unknown
クレンジング照合サーバーの警告:
WAS_VERSION2 is unknown
回避策: これらのHub サーバーおよびクレンジング照合サーバ
ーの警告は無視してかまいません。
HORA-38426
階層マネージャで、開始日と終了日を指定して作成した新しい
リレーションを編集すると、リレーションレコードエディタの
[開始日]フィールドと[終了日]フィールドがNULLにな
る。
回避策: 階層マネージャを更新してリレーションエンティティ
を開きます。
HORA-38291
バッチジョブを実行中のベースオブジェクトでタイムラインを
有効にすると、エラーが生成されてタイムラインが有効になら
ない。
回避策: ベースオブジェクトのすべてのバッチジョブが完了し
た後にタイムラインを有効にします。
HORA-37842
一時テーブルが検索クエリレコードと同時に
C_REPOS_SEARCH_RESULT_STATEから削除される。
回避策: TEMP_TABLE_GARBAGE_COLLECTIONおよび
BVT_TABLE_GARBAGE_COLLECTIONとして登録されている一時テ
ーブルでは、sif.search.result.query.temptableTimeToLive.seconds
プロパティが使用されます。
sif.search.result.query.temptableTimeToLive.secondsプロパティを
cmxserver.propertiesファイルに追加します。 デフォルト値は30
秒です。
HORA-37782
外部一致ジョブを実行すると、不適切なORA-01442エラーが生
成されます。
回避策: ORA-01442エラーは無視してください。
HORA-37456
MDM Hubコンソールでスキーマに変更を加えるたびに、新しい
change.xml変更リストファイルがログフォルダーに生成され
る。
回避策: MDM Hubコンソールからスキーマに変更を加えるとき
は、デバッグをオフにして(debug=off)xxx.change.xmlが生成さ
れないようにします。 debug=onの場合はxxx.change.xmlが生成さ
れます。 ここで、XXXは変更リストファイル名の変数部分で
す。
28
MDM-HRN-95100-HF3-0001
参照番号
説明
HORA-37454
メタデータをオペレーショナル参照ストアにインポートするか
変更を昇格させると、.metaファイルが作成される。
回避策: 以下のプロパティを設定して.metaファイルの生成を
無効にします。
cmx.server.met.promotion_snapshot=false
HORA-37441
ZDT_indを有効または無効にした後に、ランディングテーブル
またはマッピングを削除しようとすると、SIP-10324エラーで削
除操作が失敗する。
回避策: エラーメッセージは無視し、削除操作をもう一度実行
します。
HORA-37423
HFKM、HMXR、およびHUIDテーブルが存在するがメタデータに
はない場合、Metadata Managerでメタデータ検証を実行する
と、以下の修復可能な警告が表示される。
SIP-PV-10202(61) - The
database contains a table that is not present in the metadata
Metadata Managerの[修復]アイコンをクリックすると、修
復可能なオブジェクトが物理データベースから削除される。
HORA-37356
WebLogic環境で、メタデータ検証を実行すると以下のEJB例外
が発生する。
java.lang.OutOfMemoryError: GC overhead limit exceeded
回避策: 問題を解決するには、以下の設定を変更します。
- JVMのメモリ割り当てプールのパラメータの設定を変更します。
-
-Xms256m -Xmx1536m -Xss1000k -XX:CompileThreshold=8000 XX:PermSize=128m -XX:MaxPermSize=256m
cmxserver.propertiesファイルで、jnlp.max-heap-size=1536mを設定し
ます。
HORA-36864
MDM HubのXUリリースで作成された変更リストが現在のリリー
スでのメタデータ検証に失敗する場合がある。
詳細については、Informaticaグローバルカスタマサポートに
お問い合わせください。
HORA-36796
階層マネージャサンドボックスの作成後にメタデータを検証す
ると、以下のエラーが生成される。
SIP-PV-10000 Unable to load Informatica MDM metadata
回避策: サンドボックス機能は廃止されたため、バージョン9.
5.1では使用しないでください。サンドボックスを削除してメ
タデータ検証を実行します。
HORA-36778
バッチ削除処理によって元のレコードが物理的に削除された場
合でも、ORIG_TGT_ROWID_OBJECTカラムに元の値が保持され
る。
HORA-36760
名前にカンマ(,)が含まれる検証ルールが常に検証ルールリ
ストの最後のルールとして表示される。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
29
参照番号
説明
HORA-36740
Metadata Managerで、ERwinを使用して生成されたCWMファイ
ルからインポートすると、CWMファイルのビューが正しくイン
ポートされず、以下のエラーが生成される。
Error: java.lang.IllegalArgumentException: argument type mismatch
回避策: ERwinを使用してベースオブジェクトのみを作成しま
す。 ビューはMDMで定義します。
HORA-36662
ベースオブジェクト間の親子リレーションがROWID_XREFに基
づいている場合、親レコードを削除しても、
cmxut.clean_tableプロシージャでは子ベースオブジェクトが
空ではないことを示すエラーも警告も生成されない。親レコー
ドのみが削除され、子レコードは存在しない外部キーとともに
残ります。
回避策: cmxut.clean_tableプロシージャを親に対して実行す
る前に、子ベースオブジェクトに対して実行します。
HORA-36634
階層マネージャで、ベースオブジェクトを、GBIDが有効な既
存のカラムを外部キーカラムとして使用できるタイプ
C_RBO_BO_CLASS(BOクラスコード)のエンティティオブジェ
クトに変換できる。 メタデータ検証レポートでエラーは報告
されない。
回避策: 階層マネージャでベースオブジェクトをエンティティ
オブジェクトに変換するときに、GBIDが有効なカラムを外部
キーカラムとして使用しないでください。
HORA-36538
Last_Update_Dateが1900年よりも古い場合、ロードジョブが
失敗し、以下のエラーメッセージが生成される。
SIP-20803: C_STG_HAR_TEST last_update_date is in the future or is
older than year 1900
回避策: Last_Update_Dateを01.01.1900に変更するか、
VARCHARとして格納します。
HORA-36245
メッセージトリガの削除をベースオブジェクトのレコードの物
理削除に適用できない。
回避策: ベースオブジェクトレコードに「削除済み」(論理削
除済み)フラグを設定し、後で物理削除を処理します。
HORA-36139
クレンジング関数がマッピングに依存している場合、
Metadata Managerでそのマッピングを削除できない。
HORA-35849
一意のキーに基づく親ベースオブジェクトと子ベースオブジェ
クト間のリレーションを持つベースオブジェクトに対する、
IN_ALLOW_CASCADE_DELETE=1が設定されているHub削除バッチジョ
ブで、子レコードが削除されない。
回避策: 親レコードを削除する前に子レコードを削除します。
HORA-35507
JMSキューにパブリッシュするためにMDM Hubによって生成され
るXMLメッセージに、表示パッケージに表示されるレコードの
一部が含まれない。
30
MDM-HRN-95100-HF3-0001
参照番号
説明
HORA-34486
UpdateTask APIでタスクのステータスをクローズ状態からオ
ープンに戻すことができる。 タスクを閉じるとタスクデータ
が失われるため、再度開いたタスクは使用できない。
回避策: タスクのステータスをクローズ状態からオープンに変
更しないでください。
HORA-34280
一致ルールを追加または変更してMetadata Managerで昇格さ
せると、MDM Hubによってターゲットシステムの既存のすべて
の一致ルールが削除されて作成される。
HORA-34237
MDM Hubにadminという名前のユーザーとユーザーグループが存
在する場合、PutまたはCleansePutを使用してデータを挿入す
ると以下のエラーが生成される。
SIP-23038: ERROR:Unexpected SQL
回避策: adminという名前のユーザーグループを作成しないで
ください。
HORA-33883
プライマリキー一致ベースオブジェクトを新しいソーススキー
マに昇格させると、プライマリキー一致ルールの設定がクリア
される。
HORA-33526
短い修飾ホスト名を使用すると、MDM Hubコンソールが起動し
ない。
回避策1: ホストファイルを更新して、短いホスト名のIPアド
レスマッピングを含めます。 例: 10.1.8.170 caw175221
回避策2: 完全なホスト名を使用してエントリ
cmx.appserver.hostnameをcmxserver.propertiesに追加します。 例:
cmx.appserver.hostname=caw175221.informatica.com
HORA-33446
グラフ関数を使用してランディングテーブルの[最終更新日]
カラムをステージングテーブルの[最終更新日]カラムにマッ
プすると、以下のエラーでステージジョブが失敗する。
SIP-28192: Invalid source data column
回避策: ランディングテーブルの[最終更新日]カラムをステ
ージングテーブルの[最終更新日]カラムに直接マップしま
す。
HORA-33421
JBossクラスタ化環境に新しいユーザーを追加すると、以下の
エラーが発生する場合がある。
SIP-10313: Timed out waiting for flush to unblock
回避策: JBossを再起動してユーザーを再度追加します。
HORA-33396
削除済み状態の新しい相互参照レコードの行IDでロードする
と、エラーSIP-28082が発生する。
回避策: 削除済み状態の新しい相互参照レコードを作成しない
でください。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
31
参照番号
説明
HORA-33391
マッピングで使用されているグラフ関数をクレンジング関数ツ
ールから削除すると、グラフ関数が警告メッセージなしで削除
される。
回避策: グラフ関数を削除する前に、グラフ関数がマッピング
で使用されていないことを確認します。
HORA-33315
ログインしているユーザーが選択したオペレーショナル参照ス
トアへのアクセス権を持っていない場合、エンタープライズマ
ネージャで誤ったエラーが報告される。 ユーザーにオペレー
ショナル参照ストアへのアクセス権がないことが報告されるの
ではなく、オペレーショナル参照ストアのクレンジングサーバ
ー情報を取得できなかったこと、およびオペレーショナル参照
ストアがアップグレードを必要とする古いバージョンである可
能性があることが報告される。
HORA-33280
100個を超える信頼カラムが含まれるベースオブジェクトの
PUT呼び出しで、Oracleバッファエラーが発生する。
回避策: 信頼カラム数が100を超えないように維持します。
HORA-33279
DATEカラムに時間値も含まれる場合、DATEデータ型カラムの
一致パスフィルタでフィルタリングが行われない。
HORA-33267
PromotePendingXREFs SIF APIのJavadocに以下の誤った情報
が記載されている。
要求でカラム名のリストを指定すると、名前のリストで表され
たカラムのみがアクティブ状態に昇格されたXREFに保持され
ます。 指定していないカラムのデータは、昇格後に失われま
す。
実際の動作では、すべてのカラム値が昇格されたXREFに対し
て保持されます。
HORA-33219
ジョイン構文としてLEFT JOINを使用するカスタムクエリで、
「SQLクエリが無効です」というエラーが生成される。
回避策: LEFT JOINではなくLEFT OUTER JOIN文を使用します。
HORA-33164
検証ルールを削除した後、再検証プロセスでダウングレードさ
れたレコードの信頼が再計算されない。
HORA-33149
HM対応のスキーマでMetadata Managerの視覚的昇格を使用す
ると、以下のエラーが発生する。
Error SIP-MV-11902 Common HM packages for all Relationship Types …
must have same columns in the same order.
回避策: 視覚的昇格ではなく変更リストを使用してスキーマを
昇格させます。
HORA-33138
32
バッチマージ解除で、親/子シナリオの子レコードの
out_unmerged_xref_list監査テーブルのexplode_node_indが
設定されない。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
参照番号
説明
HORA-33085
Metadata Managerのリポジトリリストに新しく登録したオペ
レーショナル参照ストアが表示されない。
回避策: [Metadata Manager]メニューの[更新]をクリック
して、リポジトリドロップダウンリストに新しく登録したオペ
レーショナル参照ストアが表示されるようにします。
HORA-33061
ソースシステムの削除後に、マッピングツールが自動的に更新
されない。
回避策: [マッピング]メニューの[更新]をクリックして、
画面を強制的に更新します。
HORA-33031
Metadata Managerの[インポート]タブで1つの階層マネージ
ャエンティティオブジェクトを選択すると、他のすべての階層
マネージャエンティティオブジェクトも選択される。
回避策: インポートしないエンティティオブジェクトを手動で
クリアします。
HORA-33018
metCommand -applyChangeListでは比較変更リストタイプのみが
受け入れられる。 creationタイプの変更リストが入力の場合、
metCommand -applyChangeListでエラーが生成されない。
HORA-33011
ZDTで、CMXZDT.DISABLE_BO_REPLICATIONプロシージャを実行
すると以下のエラーがデータベースログに表示される。
ggsci: ERROR: SQL operation failed: Creating checkpoint table.
このプロシージャではGGS_CHECKPOINTテーブルは作成され
ず、レプリケーショングループが上書きされる。 エラーはレ
プリケーションに影響しない。
回避策: このエラーは無視してください。
HORA-33006
オペレーショナル参照ストアで階層管理が有効になっていない
ときにリレーションベースオブジェクトを作成した後、階層ビ
ューが更新されない。
回避策: 階層ツールから移動した後、階層ツールに戻ります。
HORA-32910
ベースオブジェクトに対して[PUT時に一致トークンを生成す
る]プロパティが有効になっている場合に、データマネージャ
でのPUT操作時にサーバー例外が発生する。
HORA-32908
保留中の一致レコードでconsolidation_ind=9が設定されてい
ると、そのレコードは自動マージでマージされない。
HORA-32862
JBOSSクラスタ化環境で、データベース表示名を更新すると、
JBossサーバーログファイルにエラーが生成される。
回避策: このエラーは無視してください。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
33
参照番号
説明
HORA-32734
メタデータ検証時に以下のエラーメッセージがMDM Hubコンソ
ールのログに表示される。
エラーcom.delos.cmx.console.gui.ImageSource - ImageSource: 画像
resources/images//metadatamanager/expand_all.pngをロードできませ
んでした。
回避策: このエラーは無視してください。
HORA-32555
オペレーショナル参照ストアがデフォルトのデータベースでな
いユーザーとしてオペレーショナル参照ストアに関する環境レ
ポートを実行すると、以下のエラーが発生する。
SIP-09070: Cannot access database due to connection failure
回避策: オペレーショナル参照ストアをデフォルトのデータベ
ースとしてユーザーに割り当ててから環境レポートを実行する
か、管理者権限を使用して環境レポートを実行します。
HORA-32326
SIF Managerで、セキュアリソースツールの[一致カラム]の
設定をセキュアからプライベートに変更した場合、[非同期オ
ブジェクトの検出]ボタンを使用すると、非同期一致カラムが
誤って検出される。
HORA-31939
WebSphereセキュリティが有効な環境でオペレーショナル参照
ストアの登録に失敗する。
回避策: 「セキュリティが有効な場合に行うWebSphere向けのインストール
後の設定」 (ページ5)を参照してください。
HORA-31785
1に設定された統合インジケータを持つレコードは、自動マー
ジ操作後に他のレコードにマージされる。
HORA-31713
データマネージャで、検証ルールを満たすカラム値を更新する
とき、信頼スコアがダウングレードされない。
HORA-31683
スキーママネージャでベースオブジェクトのカラムの長さを変
更し、その変更を保存せずに別のツールに移動する場合、警告
メッセージが表示されず、変更は保存されない。
回避策: スキーママネージャから別のツールに移動する前に、
ベースオブジェクトのカラムの長さに加えた変更を保存しま
す。
HORA-31670
信頼の同期ジョブの実行後にデータマネージャに戻ることがで
きない。
回避策: データマネージャを手動で更新します。
HORA-31646
スキーマビューアが自動的に更新されない。
回避策: [スキーマビューア]メニューに移動し、[更新]を
クリックしてスキーマビューアを手動で更新します。
34
MDM-HRN-95100-HF3-0001
参照番号
説明
HORA-31285
アクティブな相互参照レコードまたは保留中の相互参照レコー
ドとNULLでないカラムを含む状態が有効なベースオブジェク
トを削除すると、エラーメッセージが表示される。
回避策: アクティブな相互参照レコードまたは保留中の相互参
照レコードを含むベースオブジェクトにNULL不可能カラムの
値が含まれることを確認します。
HORA-29597
圧縮されたテーブルスペースを使用するスキーマをアップグレ
ードすると、以下のエラーが発生する。
ORA-39726: Unsupported add/drop column operation on compressed
tables
回避策: Informatica MDMではOracle圧縮を使用しないでくだ
さい。
カラムの追加時に、デフォルト値を設定せずにカラムを追加し
ます。
カラムを削除するときに、ALTER TABLE table_name SET UNUSED
COLUMN column_name; SQL文を実行して、削除するカラムに未使用
のマークを付けます(論理削除)。ALTER TABLE table_name DROP
UNUSED COLUMNS;文を使用して、カラムを物理的に削除します。
HORA-29052
手動マージ中に、データスチュワードがマージマネージャツー
ルで信頼スコアを手動で上書きでき、信頼スコアが低い場合で
もレコードの値が優先されるようにすることができる。 ロー
ドプロセスの一部であるBVTの更新プロシージャでは、信頼ス
コアが低い値を優先することはできないため、信頼スコアが低
い優先値は最終的に優先されなくなる。
回避策: BVTの更新プロシージャが原因で最終的に優先されな
くなる信頼スコアの上書きは実行しないでください。
HORA-28443
メタデータ検証ツールに、階層マネージャでエンティティタイ
プを変更するかその名前を変更した結果である問題が一覧表示
されず、メタデータの昇格時に以下のエラーが発生する。
SIP- 19305: Internal error: No change class of type 1 for
HmPackage
HORA-21668
システム名にピリオドが含まれる場合(「CUST 1.0」など)、
ORSに固有のCleansePut SIF APIが失敗する。
回避策: ソースシステム名を登録するときは、ピリオド(.)
ではなくスペースまたはアンダースコア(_)文字を使用しま
す。
Informatica Data Directorで解消された制限事項
以前の解消された制限事項に関しては、以前のリリースのリリースノートをご確認くだ
さい。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
35
以下の表に解消された制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-40675
階層マネージャのコンパクトビューでは、参照として設定され
た階層マネージャ子タブで正しくない値が表示される。
HORA-40674
ユーザー出口では、編集不可カラムを変更できない。
HORA-40874
Informatica Data Directorでは、統合ハンドラユーザー出口
が生成するユーザー例外が表示されない。
HORA-40479
シングルサインオンを使用してInformatica Data Directorに
ログインすると、階層マネージャでリレーションを追加または
変更できない。
HORA-40366
更新者カラムがPUT可能な場合、Informatica Data Director
Historyビューでは更新者のユーザー詳細が表示されない。
HORA-39982
タスクを承認する場合、更新保留が設定されていなくても、
C_REPOS_MQ_DATA_CHANGEテーブルにはChange Type = 11のレ
コードが含まれる。
HORA-39981
WebSphereアプリケーションサーバーの再起動後、
Informatica Data Directorアプリケーションのデプロイメン
トが「UNKNOWN」の状態になる。
HORA-39980
カラーコードの凡例が[相互参照]ダイアログボックスに表示
されない。
HORA-39979
複数のタスクをタスクインボックスから再割り当てすることが
できない。
HORA-39978
maxCopiedChildrenNumberグローバルプロパティを使用して元
のレコードからコピーする子レコードの数を指定することがで
きない。
HORA-39977
サブジェクト領域に対してデータセキュリティが有効な場合
は、階層を正常にロードできない。
HORA-39976
結合表示パッケージを使用する場合、Informatica Data
Directorで検索結果のすべてのレコードが表示されるわけで
はない。
HORA-39973
[ユーザーを検索する]オプションを使用する場合、タスクの
再割り当てでは正しいユーザーにタスクが割り当てられない。
HORA-39972
[Informatica Data Directorルックアップ]ドロップダウン
リストの数値フィールドにあるレコードはソートできない。
HORA-39767
多対多の階層マネージャが有効な子サブジェクト領域の場合、
Informatica Data Directorアプリケーションユーザーインタ
フェースを通してRelStartDateフィールドをNULLに設定する
ことはできない。
36
MDM-HRN-95100-HF3-0001
参照番号
説明
HORA-39697
ローカライズされたルックアップ値が、BDDconfig.xmlファイ
ルに指定された通りには正しく表示されない。
HORA-39573
統合操作に失敗すると、Informatica Data Directorは、トラ
ンザクションがロールバックされたときにポップアップのエラ
ーメッセージの代わりにjavaスタックトレースを表示する。
HORA-39572
FinalReviewタスクを作成するとき、割り当てリストには正し
くない特権を持つユーザーが表示される。
HORA-39497
[信頼スコア]ダイアログボックスでは相互参照に対する信頼
スコアが表示されず、ダイアログボックスのタイトルには信頼
が有効なカラムの名前が含まれていない。
HORA-39441
ドロップダウンリストから選択した値をロードして関連するフ
ィールドに読み込むまでに時間がかかる。
HORA-39438
ディレクトリリストへのアクセスが安全ではない。
HORA-39437
Informatica Data Directorには、クロスサイトスクリプティ
ングの脆弱性がある。
HORA-39434
タスクアクションをキャンセルしても、保留状態で作成された
相互参照レコードが相互参照テーブルから削除されない。
HORA-39432
テーブルビューから新しいタブのレコードを開くことができな
い。
HORA-39428
階層マネージャが有効な多対多参照タイプの子レコードの相互
参照レコードが表示できない。
HORA-39365
階層マネージャでエンティティのリレーションを一部表示でき
ない場合でも通知が表示されない。
HORA-39093
データビューに表示されるBVTが、[相互参照]ダイアログボ
ックスに表示される値と異なる。
HORA-39035
子タブには、特権を持ちエラーが生成された関連子エンティテ
ィが表示されない。
HORA-39034
[相互参照]ダイアログボックスからの上書き後に、データビ
ューに誤った値が適用される。
HORA-38987
子の有効期間によって有効期間が延長されたプライマリオブジ
ェクトまたは子オブジェクトの保留中の変更を保存すると、タ
スクのコンテキストでエラーが生成される。
HORA-38947
サブジェクト領域グループにある複数のサブジェクト領域に対
して検索を実行し、検索結果がサブジェクト領域の1つに属し
ている場合、検索結果を選択した後でエラーが生成される。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
37
参照番号
説明
HORA-38944
親と子のサブジェクト領域が一致パスで同じカラム名と子カラ
ム名を共有していると、重複検索で正しくない結果が表示され
る。
HORA-38941
親オブジェクトに対して変更を適用した後で、子オブジェクト
に対して変更を適用しようとすると、エラーが生成される。
HORA-38934
統合候補に対して検索を実行した結果には、ルックアップが有
効なフィールドの説明が表示される。
HORA-38689
タイムラインが有効なエンティティのタスクのコンテキストか
らアクティブなレコードに対する変更を保存できない。
HORA-37626
[一致候補]ダイアログボックスの[XREF]タブにある[現
在の有効期間外の相互参照を表示する]チェックボックスがユ
ーザーインタフェースに正しく表示されない。
HORA-37460
ローカライズ版のInformatica Data Directorで、タイムライ
ンが有効なエンティティの[有効期間に対して保存]ダイアロ
グボックスと[タスクの作成]ダイアログボックスのオブジェ
クトリストにローカライズされたオブジェクト名が表示されな
い。
Informatica Data Directorに実装された拡張要求
以下の表に実装された拡張要求を示します。
参照番号
説明
HORA-39702
ワークフローのパフォーマンスが改善される。
HORA-39666
グローバル設定でCSVColumnSeparatorキーを設定し、CSVファ
イルで使用する列の区切り文字を設定できる。これにより、検
索結果を欧州向けのCSVファイルにエクスポートできるように
なります。
HORA-32911
ベースオブジェクトに対して作成または更新の特権を持たない
承認者に対して、[編集]および[新規]ボタンが無効であ
る。
38
MDM-HRN-95100-HF3-0001
Informatica Data Directorの既知の制限事項
以下の表に既知の制限事項を示します。
参照番号
説明
HORA-41999
Internet Explorerを使用してカスタムログインプロバイダ
jarのアップロードを試みると、エラーが発生してそのファイ
ルをアップロードできない。
回避策: Internet Explorerのセキュリティ設定の[サーバー
にファイルをアップロードするときにローカルディレクトリの
パスを含める]を無効にします。
HORA-41362
Fujitsu Interstage BPMで、MDM Hubがレコードをマージした
後、マージタスクが開かれたままになる。
HORA-41238
複数のInformatica Data Directorアプリケーションがデプロ
イされている場合、Fujitsu Interstage BPMで自動生成され
たタスクは、データスチュワードのIDDのタスクインボックス
には表示されない。
HORA-41226
Fujitsu Interstage BPMでは、インボックスはInterstageダ
ッシュボードに表示されている値と一致しないタスクをロード
できます。
HORA-41214
Mozilla Firefox 3.6 WebブラウザでAdobe Flash Player 11.x
を使用すると、Informatica Data Directorアプリケーション
の動作が止まる。
回避策: Informatica Data DirectorのWebブラウザとして
Mozilla Firefox 3.6を使用する場合は、Adobe Flash Player
10.xを使用してください。
HORA-41152
エンティティの有効期限およびそのリレーションを同時に編集
すると、エラーが生成される。
HORA-41044
階層ビューで、特定の有効日についてエンティティがあるエン
ティティに対してアクティブなリレーションを持ち、別のエン
ティティに対してアクティブでないリレーションを持つ場合
は、アクティブなリレーションのみが表示される。
回避策: cmxserver.propertiesファイルで、必ず
searchQuery.buildBvtTempForNullEffectiveDateをfalseに設
定してください。回避策: アクティブなものおよびアクティブ
でないものすべてのリレーションを表示するには、有効日を指
定しないでください。特定のリレーションを表示するには、特
定のリレーションの開始日と終了日の間となる有効日を指定し
てください。
HORA-40927
Microsoft Internet Explorer 8ではInformatica Data
Directorログインページが表示されない。
HORA-40906
Informatica Data Directorでは、4バイト文字の検索、表
示、入力を行うことができない。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
39
参照番号
説明
HORA-40884
ブラウザとしてMozilla Firefox 3.6を使用すると、階層ビュ
ーで複数選択が機能しない。
HORA-40701
Informatica Data Directorのフランス語版で10進数フィール
ドにデフォルト値がある場合、作成したオブジェクトの10進
数フィールドの値は切り捨てられたものとなる。
HORA-40303
階層ビューで履歴を表示すると、カレンダのユーザーインタフ
ェース制御が正しく動作しない。
HORA-40225
デフォルトの一致ルールセットにあいまいルールが設定されて
いないと、Informatica Data Directorでは拡張検索を実行で
きない。
回避策: MDM Hubコンソールを使用して、ダミーのあいまいル
ールをデフォルトの一致セットに追加します。
HORA-39936
日本語版のInformatica Data Directorチャートコンポーネン
トが正しく表示されない。チャートコンポーネントはラテン文
字のラベルのみをサポートしています。
HORA-39557
ブラウザとしてMozilla Firefox 3.6を使用すると、階層ビュ
ーが空白で表示される場合がある。
HORA-39300
保留中のレコードの子または孫の有効期間がNULLと表示され
る。
HORA-39286
階層ビューで保留中のリレーションを編集できない。
HORA-39273
階層マネージャの[変更履歴]ビューに、終了または削除する
リレーションのイベントが表示されない。
HORA-39255
階層ビューでリレーションタイプを変更すると、古いリレーシ
ョンが終了されるのではなく削除される。
HORA-39222
ユーザーにXREF履歴テーブルに対する読み取り権限がある場
合でも、リレーション履歴を表示できない。
HORA-39215
有効期間を延長した後にリレーション履歴を表示すると、誤っ
たイベントが表示される。
HORA-39204
2つのエンティティ間のリレーションを変更すると、リレーシ
ョンが正しく終了されない。
HORA-39196
リレーションの編集後の結果が一貫しない。
HORA-39129
孫レコードを編集して有効期間に間隔があるバージョンを作成
したとき、警告が表示されない。 有効期間に間隔がある孫レ
コードを保存すると、以下のエラーが生成される。
SIP-23004: Error in Put process: SIP-28673: Period dates cannot
have gaps.
40
MDM-HRN-95100-HF3-0001
参照番号
説明
HORA-39117
プライマリオブジェクトにタイムラインが有効な多対多の子エ
ンティティ、タイムラインが無効な多対多の孫エンティティ、
およびタイムラインが有効なリレーションエンティティがある
場合、リレーションの有効期間に含まれない有効日に対して孫
レコードが表示される。
HORA-39101
タスクのコンテキストで変更された孫レコードを識別できな
い。
HORA-39100
[オーナー]フィールドに基づいてタスクをソートしたとき
に、タスクが適切な順序でソートされない。
HORA-39099
Microsoft Internet Explorerにタスクタイプフィルタリスト
が正しく表示されない。
HORA-39067
IDD Configuration Managerで、[エクスポートする項目の最
大数]フィールドと[セッションタイムアウト]フィールドの
値を削除すると、それらの値を再度設定できなくなる。 フィ
ールドは強調表示されたままで、情報のないツールチップが表
示される。
HORA-39032
BDDHMRelationship.getVersioningParameters()ユーザー出口を使用
すると、afterEverything()メソッド内に保存されているリレ
ーションについてタイムライン関連の誤った情報が示される。
HORA-38999
承認を伴う更新タスクを使用して子レコードを追加した場合、
承認を伴う更新タスクのコンテキストで子が表示されない。
HORA-38998
[相互参照]ダイアログボックスに保留中の相互参照レコード
が表示されている場合でも、アクティブな相互参照レコードの
信頼できない値が常に優先される。
HORA-38991
有効期間の境界が親の有効期間を超えて延長されている保留中
の子のタスクのコンテキストを開くと、誤った有効期間が表示
される。
HORA-38989
有効期間が指定されている保留中のレコードを保存するための
保存機能が有効になっている。 保留中のレコードを保存しよ
うとすると、エラーが生成される。
HORA-38988
プライマリオブジェクトと同じベースオブジェクトに基づく階
層対応の子エンティティと孫エンティティを使用すると、エラ
ーが生成される。
HORA-38984
管理者権限を持っていないユーザーとしてデータビューで変更
を保存すると、エラーが生成される。
HORA-38979
リレーションが複数のソースシステムから作成されている場
合、[アクション]メニューの[リレーションの終了日]を使
用してリレーションを終了できない。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
41
参照番号
説明
HORA-38962
BDDConfig.xmlファイルから削除したグラフ定義を追加し直し、
BDDConfig.xmlファイルを既存のIDDアプリケーションにインポ
ートした場合、IDDダッシュボードにグラフが表示されない。
HORA-38804
階層ビューで、現在の日付以外のリレーションのフライオーバ
ーが開く速度が遅い。
HORA-38793
[エンティティの詳細]ダイアログボックスに表示される情報
が、階層ビューのノードに表示される情報と一貫しない。
HORA-38792
データビュー、階層ビュー、および検索機能でNULLの日付値
の処理が一貫しない。 データビューで、現在の有効日がデフ
ォルトで適用され、検索機能によって取得される日付と一貫し
ない。
データビューから階層ビューを開くと、データビューで適用さ
れる有効日が階層ビューにも適用される。 日付値がNULLの場
合はデータビューから階層ビューを開けない。
HORA-38789
[リレーションの編集]ダイアログボックスに誤った情報が表
示される。
HORA-38699
アスタリスク記号(*)を使用してリレーションをフィルタリ
ングすると、階層フライオーバーのエンティティフィルタに誤
った結果が表示される。
HORA-38625
切り替え元のページにアクティブでないリレーションがある
と、階層フライオーバーでページ切り替え中にページング機能
が適切に動作しない。 階層フライオーバーに重複したリレー
ションが表示される。
回避策: <activeRelsOnly>false</activeRelsOnly>を使用し
ます。
HORA-38615
タイムラインが無効なエンティティの有効日を手動で設定する
と、階層フライオーバーでのフィルタリング速度が低下する。
HORA-38580
階層ビューのリレーションフライオーバーで有効日に基づいて
ソートできない。
HORA-38514
1対多の階層リレーションを使用するようにIDDを設定する
と、有効期間が同じ重複したリレーションを作成できる。
HORA-38224
リレーションのソースシステムとデフォルトのソースシステム
が異なる場合、リレーションのコンテキストメニューの[リレ
ーションの削除]オプションが無効になる。
HORA-38216
リレーションのソースシステムとデフォルトのソースシステム
が異なる場合、リレーションのコンテキストメニューの[リレ
ーションの終了日]オプションを使用するとエラーが生成され
る。
HORA-38164
1つのステップの操作で複数のリレーションの終了日を指定で
きない。
42
MDM-HRN-95100-HF3-0001
参照番号
説明
HORA-38086
[相互参照]ダイアログボックスで[リネージを維持した相互
参照のマージ解除]オプションが無効になっている。
HORA-38081
Mozilla Firefox 3.6で[相互参照]ダイアログボックスが正
しく表示されない。
HORA-38080
タイムラインが無効になっている場合、[相互参照]ダイアロ
グボックスを使用して行った変更を保存できない。 以下のエ
ラーが生成される。
SIP-14382: Period start date or end date cannot be specified when
timeline is disabled on a base object . Please review your server
log for more details.
HORA-38078
[代わりにこの値を使用]オプションを使用すると相互参照の
値が変更される。
HORA-38077
タイムラインを無効にした後でも、最後の2つのバージョンに
対してマージ解除を実行できる。
HORA-38058
クエリを作成する権限を持っていないユーザーに対して[クエ
リのエクスポート]メニュー項目と[クエリのインポート]メ
ニュー項目が有効になっている。
HORA-38033
リレーションが1日アクティブな場合、階層ビューフライオー
バーに[リレーションの開始日]または[リレーションの終了
日]が表示されない。
HORA-38032
1日アクティブになっているリレーションの開始日を編集した
場合、階層ビューに誤った開始日が表示される。
HORA-37968
アクティブなバージョンが存在する場合、保留中のバージョン
のレコードを開けない。
HORA-37948
指定した有効日が現在の日付と一致しない場合、[代わりにこ
の値を使用]機能が無効になる。
HORA-37862
同じベースオブジェクトカラムに対して2つの別の表示値を設
定すると、[静的ルックアップ]ドロップダウンに正しい値が
表示されない。
HORA-37825
エンティティのタイムラインが有効になっている場合、単一ト
ランザクションの一部として保存されている子レコードと孫レ
コードをafterSaveユーザー出口エントリポイントで使用でき
ない。
HORA-37780
タスクを開いたり作成したりするために必要な特権がない。
回避策: ALL_XREF READ権限があることを確認してください。
HORA-37718
階層ビューで、有効開始日と有効終了日を指定して新しく作成
したリレーションの[リレーションの開始日]と[リレーショ
ンの終了日]の詳細がNULLと表示される。
MDM-HRN-95100-HF3-0001
43
参照番号
説明
HORA-37612
多対多の子レコードの場合、タイムラインが有効なベースオブ
ジェクトの変更の詳細が正しく表示されない。
HORA-37610
タイムラインが有効なベースオブジェクトの履歴を表示すると
き、削除イベントの[変更の詳細]ダイアログボックスに、多
対多の子レコードの有効期間に対する変更が表示されない。
HORA-37385
有効期間がPOと子よりも長い多対多の参照子を保存する場
合、[有効期間に対して保存]ダイアログボックスの[解決]
オプションを使用すると、POの有効期間のみが延長されて子
の有効期間は延長されない。
HORA-37293
複数のORSで同じ論理名を使用すると、エラーが生成される。
HORA-37090
タイムラインが有効なベースオブジェクトの場合、有効期間が
保留状態のレコードの確認タスクを開いてカスタム操作を実行
すると、[使用可能な有効期間]リストが空になる。
HORA-37055
階層ビューの[履歴の表示]ダイアログボックスで[有効日
付]カレンダーを使用できない。
HORA-36529
アクティブな期間と保留中の期間が交差しないタイムラインが
有効なオブジェクトで、拡張されたタスクのコンテキストが機
能しない。 変更フィールドに保留中インジケータのマークが
付かず、ツールチップに変更フィールドの変更前と変更後の値
が示されない。
HORA-35606
カラムのデータをソートするとき、保存されていない子レコー
ドと孫レコードが正しくソートされない。
Informaticaグローバルカスタマサポート
電話、またはオンラインサポートからカスタマサポートセンターに連絡できます。 オン
ラインサポートのご利用には、ユーザ名とパスワードが必要です。
http://mysupport.informatica.comから、ユーザー名とパスワードが入手できます。
44
MDM-HRN-95100-HF3-0001
電話によるInformaticaグローバルカスタマサポートへの問い合わせ先は次のとおりで
す。
北米/南米
ヨーロッパ/中東/アフ
リカ
アジア/オーストラ
リア
フリーダイヤル
ブラジル: 0800 891
0202
メキシコ: 001 888 209
8853
北米: +1 877 463 2435
フリーダイヤル
フランス: 0805 804632
ドイツ: 0800 5891281
イタリア: 800 915 985
オランダ: 0800 2300001
ポルトガル: 800 208 360
スペイン: 900 813 166
スイス: 0800 463 200
英国: 0800 023 4632
フリーダイヤル
オーストラリア: 1
800 120 365
アジアパシフィッ
ク: 00 080 00016360
中国: 400 810 0900
有料(標準料金)
ベルギー: +31 30 6022
797
フランス: +33 1 4138
9226
ドイツ: +49 1805 702702
オランダ: +31 30 6022
797
英国: +44 1628 511445
MDM-HRN-95100-HF3-0001
45
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
412 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content