close

Enter

Log in using OpenID

第1章 資本主義経済はなぜ止まれない

embedDownload
第1章 資本主義経済はなぜ止まれない
1.1 資 本 主 義 経 済 の中 枢 部 を解 剖 する
§ 止 まれない資本主 義
さ て こ こ で は 、資 本 主 義 経済 と い う もの の 最 大 の 中枢 部 に は そも そ も 何 があ る の か と い
う こ と に つ い て 見て み る わ けだ が 、 そ れ以 前 の 問 題 とし て 、 ど うも 現 代 の 日本 や 米 国 の よ
う に す で に 十 分 な経 済 的 繁 栄を 遂 げ て いる 国 に 住 ん でい て 、 新 聞で 経 済 官 僚な ど が 「 来 年
度 に 何 % の 経 済 成長 を 行 う には ・ ・ ・ 」な ど と 発 言 して い る の を聞 い て い ると 、 何 か こ の
人 た ち は 頭 が おか し い の では な い か と 思え る こ と が多 い の で はな い だ ろ うか 。
さ す が に 昨 今 の大 不 況 の 中で は 違 和 感も さ ほ ど で はな い が 、 それ で も 好 景気 の 時 に さ え
こ う い う 台 詞 が 平然 と し て 発さ れ る 様 子を 見 て い る と、 資 本 主 義経 済 が こ こま で 繁 栄 を 遂
げ て 今 や 環 境 問 題の 方 が 深 刻に な っ て いる と い う の に、 人 間 は まだ 経 済 を 拡大 さ せ ね ば 気
が す ま な い の か、 と い う 感想 を 抱 く の も無 理 の な いと こ ろ で ある 。
し か し こ れ は 別に 経 済 学 者の 頭 が お かし い わ け で もな け れ ば 、日 本 や 米 国の 国 民 が 飽 く
こ と を 知 ら な い 貪欲 な 国 民 性を も っ て いる わ け で も ない 。 成 長 を続 け な け れば な ら な い と
い う の は 、 資 本 主義 と い う シス テ ム が 必然 的 に 持 た ざる を 得 な い一 つ の 宿 命だ か ら で あ る。
( そ し て そ れ ゆえ に こ そ 炭酸 ガ ス 排 出 問題 な ど も 抜本 的 な 解 決が な さ れ ない の で あ る。)
で は ど う し て そん な こ と にな っ て し まう の だ ろ う か。 そ の 最 も直 接 的 な 理由 を ず ば り と
言 え ば 、 そ れ は 金利 と い う もの が あ る から で あ る 。 現在 の 大 多 数の 日 本 企 業( 別 に 日 本 企
業 に は 限 ら な い が) は 、 大 量の 資 金 を 銀行 か ら 借 り てい る 。 実 際、 巨 大 な 工場 だ の 高 価 な
製 造 機 械 だ の を 導入 す る 際 には 、 そ の ため の 資 金 は 大抵 は そ う いっ た 借 金 で調 達 し た の で
ある。
と こ ろ が 銀 行 から 借 り た 金に は 利 子 とい う 鉄 の 鎖 がつ い て い て、 企 業 は 毎年 そ の 利 子 を
払 わ な け れ ば な らな い 。 言 い換 え れ ば 、借 り た 資 金 を前 よ り 肥 らさ な い 限 り利 払 い は で き
な い わ け で あ り 、そ の た め には ひ た す ら売 上 げ 拡 大 に邁 進 し な けれ ば な ら ない こ と に な る。
米 国 の あ る 実 業家 が し み じみ と 述 懐 して 「 資 本 主 義と い う も のは モ ー タ ーサ イ ク ル の よ
う な も の だ 。 そ れは 止 ま れ ば倒 れ て し まう 」 と 言 っ てい た と い うが 、 全 く その 通 り な の で
あ っ て 、 資 本 主 義社 会 に 生 きて い る 以 上、 巨 大 企 業 とい え ど も こう い う 自 転車 操 業 が 当 た
り 前 な の で あ る。
一 般 常 識 か ら 見れ ば 、 こ んな 借 金 で 成り 立 っ て い る組 織 は ひ どく 不 健 全 に見 え る 。 普 通
な ら ば 、 何 か を 売っ て 得 た 利益 の 中 か らそ の 一 部 を 工場 増 設 な どの 資 金 に 充て 、 さ ら に そ
こ か ら 上 が っ た 利益 を 次 の 年に ま た 増 設資 金 に 回 し 、な ど と い った 具 合 に 自分 の 持 ち 金 だ
け で 徐 々 に 事 業拡 大 を 行 って い く の が 健全 な の で はな い か と 思え る だ ろ う。
実 際 昔 の 英 国 の企 業 な ど はこ う い う 健全 な や り 方 をと っ て い た。 だ が こ の方 法 に は 明 ら
か に 一 つ の 限 界 が存 在 し て いる 。 そ れ は一 言 で 言 え ば速 度 が の ろい の で あ る。 例 え ば あ る
事 業 を 行 う の に 必要 な 資 金 を貯 め る の に1 0 年 か か ると し た な らば 、 当 然 のこ と と し て 1
17
0 年 後 ま で は その 事 業 に は着 手 で き な い。
と こ ろ が 別 の 企業 家 が 銀 行へ 出 か け てい っ て 、 1 日で そ れ だ けの ま と ま った 資 金 を 借 り
て き て し ま っ た とし た な ら ばど う い う こと に な る だ ろう 。 経 済 社会 と は 早 いも の 勝 ち の 世
界 で あ る 。 そ の ため 最 初 の 企業 家 が 1 0年 後 に や っ と資 金 を 貯 めて 工 場 を 建て た 頃 に は 、
作 る つ も り だ っ た製 品 は 、 この 1 日 に して 忽 然 と し て出 現 し た ライ バ ル の 手に よ っ て す で
に 世 の 中 じ ゅ うに 満 ち 溢 れ、 も は や 参 入の 余 地 は 失わ れ て い るこ と だ ろ う。
昔 の 英 国 に お いて そ う し た「 健 全 経 営」 が 可 能 だ った と い う のは 、 つ ま ると こ ろ 競 争 が
ま だ 緩 や か で あ った と い う こと に 尽 き る。 要 す る に 金持 ち で あ って も こ う した 自 転 車 操 業
に 移 行 せ ざ る を 得な い と い うの が 、 弱 肉強 食 の 資 本 主義 社 会 に 生き る 者 の 宿命 な の で あ る。
§ 資 本主義の成長ス ピード
で は そ の 結 果 宿命 づ け ら れた 成 長 ス ピー ド と い う のは 、 具 体 的に ど の 程 度の も の な の だ
ろ う か 。 そ れ に は第 二 次 大 戦後 の 米 国 経済 を 一 つ の 標準 と す る のが 良 い だ ろう 。 米 国 人 に
と っ て は 、 恐 ら く戦 後 の 5 0年 代 か ら 60 年 代 に か けて が 米 国 経済 の 最 も 健全 だ っ た 時 期
で あ り 、 そ れ がい わ ば 「 健全 な 資 本 主 義社 会 」 の 標準 と 考 え られ る か ら であ る 。
大 体 こ の 時 期 の経 済 成 長 速度 は 年 間 3% 前 後 と い った と こ ろ だっ た が 、 年間 3 % 成 長 と
い う の が ど の 程 度の 数 字 か と言 え ば 、 実は こ れ は と んで も な い 代物 で あ る 。ち ょ っ と 計 算
し て み れ ば す ぐ わか る が 、 要す る に た かだ か 2 0 数 年で 経 済 が 2倍 に な ら なけ れ ば な ら な
い と い う の で ある 。
そ の 後 も 二 十 数年 ご と に 2倍 の 幾 何 級数 的 増 大 を 示さ ね ば な らな い と い うの だ か ら 、 単
純 に 言 っ て 1 0 0年 で 1 6 倍。 空 い た 口が 塞 が ら な いと は こ の こと だ が 、 しか し 過 去 百 年
の 人 類 社 会 そ の もの の 爆 発 的成 長 は 、 実際 こ う い っ た成 長 の 宿 命と 二 人 三 脚を す る だ け の
規 模 を 持 っ た もの だ っ た ので あ る 。
例 え ば そ れ を 裏付 け る デ ータ と し て 、石 油 の 消 費 量が 歴 史 的 にど の よ う に増 大 し て い っ
た か と い う こ と を挙 げ て み よう 。 石 油 とい う も の が 資源 と し て の認 知 を 受 けて 採 掘 が 始 ま
っ た の は 比 較 的 新し い こ と で、 大 体 1 85 0 年 代 か ら6 0 年 代 にか け て の こと で あ り 、 こ
れ は 米 国 で 南 北 戦争 が 始 ま りか け た 時 期の こ と で あ る。 同 時 期 のヨ ー ロ ッ パで は 、 ビ ス マ
ル ク が そ ろ そ ろ ドイ ツ で 宰 相の 地 位 に つく こ ろ で あ り、 ま た 日 本で は こ の 時期 は 幕 末 動 乱
の 真 っ 最 中 で あっ た 。
次 の グ ラ フ は、 1 8 6 5年 か ら 1 9 80 年 代 ま での 石 油 消 費量 を 表 わ した も の で ある 。
18
対 数 目 盛 で 描 いた 方 が 良 いぐ ら い の もの だ が 、 実 際こ れ を 見 ると 、 2 0 数年 で 2 倍 ど こ
ろ か 、 大 体 2 0 年で 4 倍 ぐ らい の 驚 異 的増 加 率 を 示 して い る 。 大体 石 油 の 消費 量 と い う も
の は 産 業 の 規 模 を反 映 し た もの で あ り 、実 際 資 本 主 義経 済 と い うも の が 年 に3 % の 成 長 を
要 求 さ れ て い た とし て も 、 それ を 吸 収 して お 釣 り が くる だ け の 拡大 を 、 社 会そ の も の が 現
実 に 行 っ て い たこ と が 見 てと れ る 。
し か し こ の 速 度を 今 後 も 恒久 的 に 維 持で き る な ど と考 え る の は、 非 現 実 的と し か 言 い よ
う が な い 。 現 に 早く も 環 境 問題 と い う 難題 を 突 き 付 けら れ て し まっ て い る ので あ り 、 逆 に
言 え ば 経 済 の 速 度を 遅 く す るメ カ ニ ズ ムを 開 発 し な けれ ば 、 環 境問 題 の 解 決な ど は あ り 得
な い こ と に な るわ け で あ る。
環 境 問 題 の 研 究者 は 、 し ばし ば 純 粋 に技 術 的 な 観 点で 、 物 理 的な 資 源 を 浪費 し な い よ う
な 経 済 を 実 現 す れば そ れ で 問題 を 解 決 でき る と 考 え がち で あ る 。例 え ば 売 買さ れ る も の が
物 質 的 な 製 品 で はな く 、 情 報と い う も のが 売 買 品 目 の主 流 に な って い け ば 、石 油 な ど の 物
理 的 な エ ネ ル ギ ーの 浪 費 を 一定 レ ベ ル に留 め た ま ま 、現 在 の 資 本主 義 の 経 済シ ス テ ム を 維
持 で き る と の 考え で あ る 。
し か し 私 と し ては そ れ に 対し て 懐 疑 的で あ り 、 そ れは 要 す る に使 い 捨 て 体質 が 物 質 レ ベ
ル か ら 精 神 の レ ベル に 侵 入 して く る こ とに 他 な ら な い。 身 の 周 りを 商 売 人 にか き 回 さ れ る
ぐ ら い な ら ま だ しも 、 頭 の 中ま で か き 回さ れ た の で はた ま っ た もの で は な い。 精 神 面 の 環
境 破 壊 と い う も のは 、 物 質 面で の 環 境 破壊 と は 比 較 にな ら な い ほど 深 刻 な もの に な る 恐 れ
は 高 い の で あ る。
要 す る に も は や経 済 シ ス テム に 抜 本 的に 手 を 入 れ 、そ れ を 遅 くす る よ う な社 会 学 的 技 術
体 系 を 編 み 出 す 以外 に 手 は ない も の と 考え ら れ る 。 では そ う い う暴 走 的 体 質の 中 枢 部 に は
一 体 何 が あ る のか と い う こと に つ い て 、も う 少 し 突っ 込 ん で 見て み る こ とに し よ う 。
§ 軍 事史と鉄道
と こ ろ で 問 題 を少 々 別 の 視点 か ら 眺 める た め 、 こ こで 少 し 軍 事の 歴 史 を ひも と い て み よ
う 。 一 般 に 陸 の 上の 戦 争 に おい て 、 近 代戦 へ の 移 行 とい う こ と は何 が 世 界 に登 場 し た こ と
に よ っ て も た らさ れ た の だろ う か 。
「 そ れ は 銃 の 登場 に よ っ てで あ る 」 とい う 答 案 に 対し て は 、 正直 言 っ て あま り 良 い 点 は
つ け ら れ な い 。 近代 戦 の 定 義に も よ る かも し れ な い が、 む し ろ 陸戦 に 本 当 に決 定 的 な 革 命
を も ら た し た のは 、 鉄 道 の登 場 で あ る 。
鉄 道 の 登 場 以 前の 時 代 に おい て は 、 物量 戦 と い う もの は 事 実 上不 可 能 に 近い こ と で あ っ
た と 言 え る 。 例 えば 陣 地 戦 にお い て そ れこ そ 山 の 形 が変 わ っ て しま う ほ ど に連 日 朝 か ら 晩
ま で 砲 撃 を 加 え るな ど と い うこ と は 、 それ 以 前 に お いて は 砲 弾 の補 給 が 到 底追 い つ か ず 、
せ い ぜ い 軍 馬 が 背中 に 背 負 って 運 ん で きた 分 を 撃 ち 尽く せ ば そ れで 当 分 砲 撃は 中 止 、 と い
う こ と に で も なら ざ る を 得な か っ た の であ る 。
こ の 有 様 で は ほと ん ど の 近代 兵 器 − −そ れ は ほ と んど 例 外 な く大 量 の 弾 薬を 消 費 す る −
− の 運 用 は 不 可 能で あ り 、 機関 銃 で す ら戦 場 で の 使 用は 不 可 能 な兵 器 と 見 なさ れ て 試 験 場
19
の 倉 庫 に し ま い込 ま れ た かも し れ な い 。
実 際 鉄 道 の 登 場以 前 に は 、戦 場 に 展 開で き る 軍 隊 の大 き さ に は厳 し い 制 限が あ る と 信 じ
ら れ て お り 、 そ れは 補 給 に 関し て こ う した 限 界 が あ った か ら で ある 。 し か し鉄 道 の 出 現 は
こ の 限 界 を 取 り 払っ て し ま った 。 そ の ため 理 論 上 い くら で も 大 きな 軍 隊 を 戦場 で 活 動 さ せ
る こ と が で き る よう に な っ たの で あ る 。さ ら に ま た 鉄道 は 、 軍 隊を 戦 場 か ら戦 場 へ 迅 速 に
移 動 さ せ る こ とを 可 能 に した 。 そ の 結 果起 こ っ た こと と は 一 体ど ん な こ とだ っ た ろ うか 。
鉄 道 に よ る 「 補給 革 命 」 以前 の 時 代 にお い て は 、 軍隊 の 補 給 (主 と し て 食糧 ) は 基 本 的
に 現 地 調 達 に 頼 って い た 。 つま り 軍 隊 が行 軍 の 途 中 で食 糧 そ の 他を 徴 発 し なが ら 前 進 す る
の で あ る 。 そ れ がで き な い よう な 場 所 の場 合 、 馬 車 で物 資 を 輸 送し た り 戦 争前 か ら あ ら か
じ め 前 線 近 く に 準備 し て お いた 食 糧 倉 庫を 利 用 し た りと い っ た 方法 が と ら れた が 、 こ れ は
あ く ま で も 補 助 手段 に 過 ぎ ない 。 要 す るに 現 地 徴 発 で自 活 で き る限 度 を 越 えた サ イ ズ の 軍
隊 は 活 動 で き な いわ け で 、 これ が 戦 場 に展 開 で き る 軍隊 の 上 限 を決 め て い たと 言 っ て よ い。
こ の た め 、 例 えば 8 万 が 軍隊 の サ イ ズの 上 限 だ と した 場 合 、 敵も 味 方 も その 限 度 の 枠 内
で 軍 隊 を 編 成 し 、指 揮 官 の 能力 や 兵 の 練度 ・ 士 気 な どと い っ た 、兵 力 の 数 以外 の 要 素 で 優
劣 を 競 い 合 っ た ので あ る 。 さら に ま た 、た と え 本 国 に大 き な 兵 力が あ っ た とし て も 、 そ れ
を こ の 限 度 を 越 えて 戦 場 に 投入 す る こ とは で き な い 。つ ま り そ うい う 余 剰 兵員 は ど う せ 無
駄 に な る の だ か ら、 兵 舎 に 置い て お く より 当 面 は 農 作業 で も さ せて お い た ほう が よ ほ ど 国
のためになる。
と こ ろ が 鉄 道 の輸 送 ・ 補 給能 力 が こ の限 界 を 突 き 破っ て し ま った と な る と、 こ れ ら は 全
部 ひ っ く り 返 っ てし ま う こ とに な る 。 まず 第 一 に 、 同じ 兵 力 で 相手 側 と 対 峙す る と い う 条
件 が 当 面 取 り 払 われ 、 戦 場 では 数 の 競 い合 い が 始 ま る。 そ の た め指 揮 官 の 能力 や 兵 士 の 練
度 が 少 し ぐ ら い 劣っ て い た とし て も 、 こち ら が 2 倍 3倍 の 兵 力 を鉄 道 で 持 って き て ぶ つ け
れ ば 、 そ の 程 度 の質 の 優 劣 は数 の 力 で 圧倒 し て 押 し 流す こ と が でき る こ と にな り 、 数 量 が
勝 敗 を 決 め る 決定 的 要 素 とな っ て い く ので あ る 。
こ う し て 前 線 がい く ら で も兵 力 ・ 物 資を 要 求 す る よう に な る と、 そ れ に 対す る 限 界 を 作
り 出 す の は 国 家 の全 体 的 な 体力 、 つ ま り動 員 可 能 な 兵力 や 生 産 可能 な 物 資 の数 量 で あ る 。
つ ま り 前 線 で 数 が競 わ れ る よう に な っ たた め 、 国 家 は持 て る す べて を 片 っ 端か ら 前 線 に 注
ぎ 込 ま ね ば な らな い 羽 目 に陥 っ て し ま った わ け で ある 。
こ の よ う に し て、 鉄 道 の もつ 能 力 は 戦争 を 以 前 よ りも 一 層 苛 烈な も の と して い っ た 。 も
っ と も 、 戦 争 を 苛烈 な も の にす る と い う点 で は 鉄 道 の登 場 以 前 に、 ナ ポ レ オン と フ ラ ン ス
革 命 精 神 の 熱 狂 の組 合 せ が 一時 的 に そ うい っ た 戦 争 を作 り 出 し ては い た 。 しか し 鉄 道 は そ
れ を い つ で も 、 どこ で も 普 遍的 に 苛 烈 なも の に 変 え てい っ た の であ る 。 砲 弾の 消 費 量 だ け
に 注 目 し て も 、鉄 道 は 明 らか に 戦 争 そ のも の の ス ケー ル ア ッ プを も た ら した 。
そ し て 鉄 道 の 登場 と と も に、 戦 史 の 中か ら は ロ マ ンの 匂 い が 消え て い く 。ビ ス マ ル ク 時
代 の ド イ ツ 陸 軍 には 鉄 道 の 影響 が 最 も 強く 見 ら れ る が、 こ の 時 期の ド イ ツ (プ ロ イ セ ン )
は 参 謀 本 部 な るも の を 発 明し て 軍 事 史 の中 に 送 り 出し た 。
そ こ に は ナ ポ レオ ン の よ うな 天 才 の 居場 所 は な い 。新 参 者 た る彼 ら 参 謀 将校 た ち は 本 質
的 に 事 務 屋 で あ り、 前 の 時 代に は せ い ぜい 帳 面 を 片 手に 荷 馬 車 の間 を 歩 き まわ る よ う な 連
中 と し て 軽 蔑 され る よ う な存 在 に 過 ぎ なか っ た 。
20
し か し 輸 送 計 画表 を 持 っ て鉄 道 網 を 掌握 す る に 及 んで 、 彼 ら は突 然 戦 争 の主 役 の 地 位 に
踊 り 出 る 。 そ し て英 雄 た ち を過 去 の 遺 物と し て 脇 役 へと 押 し や り、 戦 争 全 体を 数 量 に 基 づ
く 一 個 の 非 ロ マン 的 な 管 理技 術 体 系 に 仕上 げ て い く。
そ し て 戦 争 と 軍隊 を 変 質 させ た も う 一つ の 要 因 で ある 徴 兵 制 度( こ れ を 近代 で 最 初 に 採
用 し た の は フ ラ ンス 大 革 命 にお け る フ ラン ス 軍 だ っ たが ) と 相 俟っ て 、 鉄 道の 登 場 以 前 と
以 後 で は そ の 雰囲 気 は が らり と 変 わ る 。
そ れ 以 前 に は 伝統 社 会 の 中の 名 誉 の 衣を ま と っ た 戦士 階 級 や 貴族 的 将 校 団が 戦 争 の 主 役
で あ っ た が 、 こ れ以 後 は 大 衆か ら 徴 集 され た 兵 士 に その 座 を 譲 るこ と に な った 。 同 時 に そ
れ は 国 民 皆 兵 と いう 制 度 を もた ら す こ とと な り 、 戦 士階 級 に 指 揮さ れ る 一 握り の 人 間 だ け
が 戦 争 に 直 接 参加 す る シ ステ ム で は な くな っ た 。
ま た 、 鉄 道 に よっ て 苛 烈 化し た 前 線 の要 求 を 満 た すた め 、 銃 後の 人 間 も 軍需 品 生 産 に 残
ら ず 動 員 し 、 国 家が そ れ を 組織 す る 軍 国主 義 社 会 へ 移行 す る こ とと な っ た 。そ し て そ の 移
行 の た め に は 伝 統社 会 の 残 滓ほ ど 邪 魔 なも の は な く 、国 家 は 文 字通 り 伝 統 社会 と い う も の
を ブ ル ド ー ザ ーで 破 壊 し てい か な け れ ばな ら な か った の で あ る。
§ 経 済社会の「鉄道 網」
と こ ろ が こ こ で大 変 面 白 いの は 、 経 済の 世 界 で も ほと ん ど 同 時期 に 並 行 して こ れ と 極 め
て 良 く 似 た 変 化 が起 こ っ て いた と い う こと で あ る 。 農民 と 貴 族 ・戦 士 階 級 の二 つ に 分 か れ
て い た 伝 統 社 会に お い て は、 経 済 活 動 もど ち ら か とい え ば 牧 歌的 な も の だっ た 。
し か し こ の 時 期、 そ う し た社 会 は 急 速に 破 壊 さ れ 、牧 歌 的 雰 囲気 も ま た 消え て ゆ く 。 そ
し て 経 済 の 規 模 は突 然 急 角 度で 上 昇 を 始め 、 一 方 そ れを 支 え る ため 、 国 民 のす べ て が 好 む
と 好 ま ざ る と にか か わ ら ず、 そ の 苛 烈 化し た 経 済 活動 に 直 接 的に 参 加 す るこ と に な った 。
た と え 前 の 時 代の 牧 歌 的 な経 済 に ど れほ ど 郷 愁 を 抱い て い よ うと も 、 隣 国が そ う い う 苛
烈 な 経 済 に 移 行 して し ま っ たな ら ば も はや 選 択 の 余 地は な い 。 それ に 対 抗 でき る 力 を 身 に
着 け ね ば 、 経 済的 に 征 服 され て 植 民 地 とな っ て し まう の で あ る。
悪 い 言 葉 で 言 えば 、 近 代 資本 主 義 と いう の は 、 経 済的 軍 国 主 義、 経 済 的 国民 皆 兵 主 義 で
あ っ た と 言 う こ とが で き る 。そ し て 、 その 中 枢 に あ った の が 経 済世 界 の 鉄 道網 と い う べ き、
銀 行 を 中 心 と する 資 金 輸 送網 − − 金 融 機関 − − な ので あ る 。
こ れ ら 銀 行 ( もし く は 投 資銀 行 ) は 、資 本 主 義 経 済が 必 要 と する 大 量 の 資金 を 、 ま さ に
必 要 と さ れ る 場 所に 迅 速 に 移動 さ せ る こと を 可 能 と し、 ま た す でに 興 さ れ た事 業 に 対 し て
連 続 的 に 補 給 を続 け て い くこ と を 可 能 とし た 。
ビ ス マ ル ク 時 代の ド イ ツ とい う の は 、こ れ ら の 並 行的 は 変 化 が最 も 劇 的 に進 行 し た 、 そ
の 典 型 的 な 例 と 言っ て い い だろ う 。 軍 事の 側 で は 国 家が 明 白 な 軍事 目 的 か らい わ ゆ る 「 ラ
イ ヒ ス ・ バ ー ン 」す な わ ち 国有 鉄 道 の 整備 に 全 力 を 上げ て そ の 軍事 能 力 を 向上 さ せ 、 一 方
経 済 の 側 で は 「 ライ ヒ ス ・ バン ク 」 す なわ ち 中 央 銀 行が 設 立 さ れて 、 そ の 管制 の も と に 投
資 の た め の 銀 行 網が 整 備 さ れて い っ た 。そ し て 両 者 は二 人 三 脚 の格 好 で ド イツ 帝 国 を 近 代
的 強 国 に 押 し 上げ て い っ たの で あ る 。
こ の 時 代 の 戦 争に お い て は、 戦 争 の 問題 を 理 解 す ると い う こ とは 、 国 家 の兵 力 動 員 能 力
21
デ ー タ と 鉄 道 網 の二 つ に つ いて 理 解 す るこ と と ほ ぼ イコ ー ル で ある と 信 じ られ て い た 。 要
す る に 鉄 道 が 軍 隊の サ イ ズ の上 限 を 取 り払 っ て し ま った た め 、 戦争 の 問 題 はす べ て 数 量 の
問 題 に 還 元 さ れて し ま っ たわ け で あ る 。
そ し て 資 本 主 義経 済 に 関 して は こ れ は一 層 の 真 実 であ っ て 、 国民 総 生 産 だの 何 だ の と い
っ た マ ク ロ 的 な 国家 経 済 デ ータ と 「 資 金の 鉄 道 網 」 の二 つ に つ いて 理 解 す るこ と が 、 経 済
問 題 を 理 解 す るこ と と か なり の 程 度 ま でイ コ ー ル なの で あ る 。
実 際 も し 資 本 主義 社 会 と いう も の が 本当 に 金 の 力 で何 で も 可 能に な る 世 界で あ る な ら ば、
資 本 の 投 入 量 の 多さ で 勝 負 をつ け て し まう と い う の は本 質 的 に 理に か な っ た戦 法 で あ り 、
そ れ 以 外 の 細 かい 問 題 に こだ わ っ て も 仕方 が な い とい う こ と にな る 。
つ ま り 近 代 資 本主 義 社 会 にお い て は 、銀 行 家 や 財 務マ ン と い うの は 、 本 質的 に 鉄 道 網 を
掌 握 す る 参 謀 将 校に 相 当 す る存 在 で あ る。 英 雄 的 ロ マン テ ィ シ ズム と 無 縁 であ る と い う 点
に お い て も 両 者 はよ く 共 通 して い る が 、実 際 資 本 ・ 資金 の 輸 送 任務 に 従 事 する 彼 ら こ そ 、
あ る 意 味 で 資 本主 義 経 済 とい う 一 大 戦 争の 主 役 な ので あ る 。
伝 統 社 会 に お いて は 、 経 済の 問 題 は せい ぜ い 農 地 から ど れ だ けの 農 産 物 が収 穫 で き 、 そ
れ を 荷 車 に 積 ん でい け ば い くら で 売 れ るか 、 と い っ た程 度 の も のと 大 差 な く、 要 す る に そ
れ は 農 産 物 だ の製 品 だ の とい っ た 、 ず っし り と し た物 質 と 結 びつ い て い た。
し か し 資 金 の 鉄道 網 が 戦 場を 支 配 す る資 本 主 義 経 済の 世 界 は そう い う わ けに は い か な い。
そ こ で 以 下 に 、 この 鉄 道 網 の問 題 を 中 心に 据 え て 社 会が そ れ 以 前と 以 後 で どう い う 相 転 移
を 起 こ し た の かを 見 て み よう 。
§ 中 世世界と貯蓄
ど う も 思 う に 、中 世 の 世 界に お い て は人 々 は 金 ・ マネ ー と い うも の を 、 一種 の 核 燃 料 の
よ う な も の だ と 感じ て い た よう で あ る 。確 か に そ れ は社 会 を 動 かす 燃 料 と して 大 き な パ ワ
ー を も っ て い る 。し か し そ れは む き 出 しで 放 置 し て おく と 社 会 の中 の 精 神 面を 拝 金 主 義 と
い う 放 射 能 で 致命 的 に 汚 染す る 。
庶 民 が 質 素 に 生き て い く のに 使 わ れ る金 ぐ ら い な ら、 そ れ は せい ぜ い 天 然ウ ラ ン 程 度 の
害 し か も た ら さ ない 。 し か しあ る 程 度 それ が 一 か 所 に集 中 し て しま う と 、 それ は 濃 縮 ウ ラ
ン に な っ て し まっ て 放 置 は危 険 だ と い うわ け で あ る。
そ の た め 中 世 にお い て は 、カ ト リ ッ クに せ よ イ ス ラム に せ よ 、原 則 と し て利 息 と い う も
の を 禁 止 し て い た。 と い う より 、 貯 蓄 とい う 行 為 そ のも の を あ まり 望 ま し いこ と だ と は 考
え て い な か っ たの で あ る 。
そ の た め カ ト リッ ク 教 会 は基 本 的 に 次の よ う な 方 針を と っ た 。そ れ は 余 剰の 核 廃 棄 物 を
生 み 出 し て し ま った 人 間 ( 要す る に 金 持ち ) に 対 し て、 そ ん な 大量 の 金 を 手元 に 置 い て お
く と 魂 が 汚 染 さ れて 地 獄 に 堕ち る と 脅 しつ け 、 そ れ を教 会 に 寄 進さ せ た 。 集め ら れ た 金 は
教 会 の 地 下 に しま い 込 ま れて 世 の 中 に 出て こ な く なっ た の で ある 。
い わ ば 教 会 は 核廃 棄 物 の 貯蔵 庫 で も あり 、 そ う や って 片 っ 端 から 富 を 社 会か ら 吸 い 上 げ
て 地 下 に 封 じ 込 める 、 い わ ゆる 退 蔵 と いう こ と を 行 って い た 。 近代 人 の 目 から は 一 種 の 搾
取 に も 見 え る か もし れ な い が、 そ う や って 天 国 へ の 切符 の 引 換 え証 を 発 行 して い た の だ と
22
思 え ば 、 こ れ はこ れ で 一 本筋 の 通 っ た 方法 で あ る 。
そ う や っ て 富 が教 会 に 集 まっ て き た ため 、 一 説 に よる と 当 時 のド イ ツ や フラ ン ス で は 国
全 体 の 富 の 実 に 半分 以 上 を 教会 が 持 っ てい た と 言 わ れる 。 と に かく 余 分 な 富を 集 め て 教 会
の 床 下 に 埋 め て しま う と い うこ の 方 法 は、 安 定 し た 農村 社 会 を 維持 す る と いう 点 で は 一 定
の 成 果 を 上 げ るこ と が で きた 。
し か し 結 局 こ の方 法 は 矛 盾を 来 し て しま う 。 そ れ は集 中 し た 核物 質 に よ って 他 で も な い、
聖 職 者 自 身 の 精 神に 汚 染 を 来し て し ま った こ と で あ る。 金 と い うの は ど に かく じ っ と 眠 ら
せ て お く こ と が 難し い 。 こ れだ け の 資 金が 集 ま っ て しま う と 、 どう し て も それ を 融 資 に 使
お う と い う 誘 惑の 手 が 内 外か ら 伸 び て 来る の で あ る。
そ の た め 中 世 末期 の ロ ー マ法 王 の 中 には 、 聖 職 者 だか 銀 行 家 だか よ く わ から な い 人 物 が
多 く 見 受 け ら れ るよ う に な って し ま っ た。 そ し て そ こを 突 か れ て宗 教 改 革 が台 頭 し て し ま
っ た わ け だ か ら、 結 局 は この 方 法 が カ トリ ッ ク 世 界の 墓 穴 を 掘っ て し ま った こ と に なる 。
一 方 イ ス ラ ム 文明 に つ い て見 て み る と、 彼 ら は こ れと は 少 々 異な る ア プ ロー チ を と っ て
い た 。 カ ト リ ッ ク教 会 が 意 識的 に 社 会 を貧 し く し よ うと し た の とは 対 照 的 に、 イ ス ラ ム は
富 と い う も の が社 会 に 行 き渡 る こ と を 容認 し た 。
も っ と も 富 と いう も の が もた ら す 汚 染を 理 解 す る とい う 点 で はカ ト リ ッ ク教 会 と 同 様 だ
っ た の だ が 、 た だ違 う の は 彼ら が 富 の 集中 を 阻 止 す るこ と に 主 眼を 置 い た こと で あ り 、 要
す る に 濃 縮 さ れ ない 限 り 、 ウラ ン は 社 会に 出 回 っ て いて も さ ほ ど害 は な い とい う わ け で あ
る。
そ し て 彼 ら が こ の 目 的 の た め に 採 用 し た の が 「 喜 捨 ( き し ゃ )」 と い う 手 段 だ っ た 。 要
す る に 金 持 ち が 貧し い 者 に 施し を す る こと を 信 と の 基本 的 義 務 に据 え た わ けで あ る 。 現 代
西 欧 的 な 人 間 の 目か ら す る と、 こ れ は いか に も 偽 善 めい て 、 実 質的 に は 到 底う ま く 機 能 し
な い も の の よ う に見 え る か もし れ な い 。し か し 意 外 にも こ れ は 相当 長 期 間 にわ た っ て ち ゃ
ん と 機 能 し て いた ら し い 。
と い う よ り 、 現在 で も 中 東で は こ の シス テ ム は 結 構機 能 し て いる ら し く 、例 え ば エ ジ プ
ト な ど で は 今 で も年 末 に な ると 、 紳 士 がお 札 を た く さん 持 っ て 街に 出 て 、 貧し い 人 々 に そ
れ を ば ら ま く 光 景が 見 ら れ ると の こ と であ る 。 む し ろ問 題 は 、 こう い う 習 慣に 悪 乗 り し て
巨 額 の 施 し を 稼 ぎ出 す 「 プ ロの 乞 食 」 がい る こ と で 、最 近 ス ー ダン で 見 つ かっ た 凄 腕 の 乞
食 に 至 っ て は 、 現代 ス ー ダ ン大 卒 男 子 の平 均 初 任 給 の約 8 0 0 年分 に 相 当 する 資 産 を 乞 食
稼 業 で 稼 ぎ 出 し て し ま っ た と い う か ら 仰 天 す る 。( 保 坂 修 司 「 乞 食 と イ ス ラ ー ム 」 筑 摩 書
房)
こ の 種 の 「 喜 捨」 に 関 し ては 、 受 け 取っ た 側 も そ れを 当 然 の こと と し て 、あ ま り お 礼 を
言 わ な い 。 こ の ため 、 表 向 きの 経 済 統 計が か な り 悪 くて も 、 社 会そ の も の は西 欧 よ り も 遥
か に そ れ に 耐 えら れ る も のの よ う で あ る。
こ の よ う な 社 会に お い て は、 せ っ せ と貯 蓄 に 励 む 人間 と い う もの は 周 囲 から 一 体 ど ん な
風 に 見 ら れ る だ ろう か 。 ご く控 え め に 言っ て も そ の 人物 は 信 徒 とし て の 義 務の 一 つ を 全 然
果 た し て い な い わけ で 、 家 庭用 遠 心 分 離機 で ウ ラ ン 濃縮 に 熱 中 する こ の 人 は、 何 か 他 の 場
所 で よ ほ ど 良 いこ と で も して い な い 限 り、 近 所 か ら白 眼 視 さ れる こ と は 避け ら れ ま い。
さ て カ ト リ ッ クと イ ス ラ ムは 、 両 者 のア プ ロ ー チ は異 な る も のの 、 目 的 とす る こ と に そ
23
う 違 い が あ る わ けで は な い 。そ し て 両 者と も 「 利 息 の禁 止 」 と いう こ と が もう 一 方 の 基 本
に な い と う ま くい か な い こと は 明 ら か だろ う 。
要 す る に ま と まっ た 金 が 誰か の 手 元 にあ っ た と き 、ま ず 利 息 を禁 じ て お くこ と で 、 労 せ
ず し て そ れ を ど んど ん 増 や せる と い う 希望 を 遮 断 し てお く 。 こ うし て 金 を 集中 し て 温 存 す
る 意 義 を 失 わ せ た上 で 、 一 方は 天 国 行 きの 切 符 と 引 換え に 教 会 の地 下 に 吸 収さ せ る 、 も う
一 方 は 貧 困 層 に 分散 す る と いう 手 段 で 、そ の 過 度 に 集中 し た 富 に撤 退 路 を 与え る の で あ る。
こ の よ う に し て、 中 世 の 文明 は 大 変 な労 力 を 払 っ て資 本 主 義 の成 長 を む しろ 意 識 的 に 抑
制 し て お り 、 ま たそ の 際 に 用い ら れ た 手段 は 極 め て 巧妙 な も の であ っ た 。 近代 は そ う し た
や り 方 を 搾 取 と いう レ ッ テ ルを 貼 っ て 非難 し た が 、 別に 彼 ら は そう す る こ とで 富 を 独 占 し
て 贅 沢 を 極 め よ うと し て い たわ け で も ない し 、 逆 に 近代 資 本 主 義の 理 屈 を 極限 ま で 剥 き 出
し に し た 8 0 年 代か ら の 自 由主 義 万 能 経済 が 、 明 ら かに 貧 富 の 差の 増 大 を 招く 仕 掛 け に な
っ て い た こ と を思 い 出 す と、 少 な く と も搾 取 と い う言 葉 だ け は適 合 し な いよ う で あ る。
さ て 以 上 、 近 代に お い て 経済 社 会 に 一種 の 鉄 道 網 が誕 生 し た こと で 、 人 類社 会 が こ の よ
うな 「相転移」 を体験した ことを大ま かに見てき た。では 次に、その 「経済社会 の鉄道
網 」 の メ カ ニ ズム に つ い ても う 少 し 掘 り下 げ て 見 てみ る こ と にし よ う 。
24
1.2 経 済 社 会 の「鉄 道 網 」 と資 本 主 義 の 恐 ろ しく不 安 定 なメ カニズム
§ 貯 蓄のもつ二つの 意味
さ て 大 部 分 の 読者 は 現 在 、何 が し か の貯 金 は 持 っ てい る こ と だろ う 。 と ころ で 読 者 は ど
う い う 目 的 で 、 しば し ば 買 いた い も の を諦 め て ま で わざ わ ざ 貯 金な ど と い うも の を し て い
る の だ ろ う か 。一 般 に 貯 金の 動 機 と は 何な の だ ろ う。
そ れ に つ い て はあ る 人 は 、将 来 病 気 にな っ た り 失 業し た り し た時 に 食 い つな ぐ た め の 金
を こ う し て 貯 え てい る の だ と答 え る だ ろう 。 別 の あ る人 は 、 百 万ほ ど 貯 め た時 に そ れ で 新
し い 事 業 を 始 め るつ も り だ から 、 そ の 時の た め に こ うし て 資 金 を貯 め て い るの だ と 答 え る
だろう。
他 に も い く つ か答 え は あ るか も し れ ない が 、 そ れ らは 大 体 に おい て こ の 二つ の 答 え に 結
局 は 収 斂 す る と 見て よ い 。 読者 自 身 に 照ら し て み て も、 少 な く とも 将 来 の こと を 考 え る 限
り に お い て は 、 大体 こ の 二 つの 答 え の うち の 一 方 、 ない し は 両 方を 答 え と して 選 ぶ こ と と
思う。
と こ ろ が 実 は この 二 つ の 動機 は 、 本 質的 に 全 く 意 味の 異 な る もの な の で ある 。 前 者 す な
わ ち 失 業 な ど に 備え る と い う動 機 に お いて は 、 貯 金 とい う も の はい わ ば 一 種の 非 常 用 備 蓄
食 糧 の よ う な も のと 捉 え ら れて い る 。 一方 後 者 す な わち 新 事 業 の軍 資 金 と いう 立 場 に お い
て は 、 貯 金 と い うも の は 離 陸の と き に 一挙 に 噴 か す リフ ト エ ン ジン 用 の 燃 料ス ト ッ ク と 考
えられている。
言 い 換 え れ ば 前者 は 本 質 的に 守 り を 目的 と し て い るの に 対 し 、後 者 は 攻 めを 目 的 と し て
い る 。 そ し て 近 代社 会 が 貯 蓄と い う 行 為を 、 中 世 と は逆 に 望 ま しい も の と 考え る よ う に な
っ た と い う の も、 そ れ が もっ ぱ ら 後 者 に役 に 立 つ と見 な さ れ たか ら で あ る。
実 際 前 者 だ け を目 的 と し た場 合 に は 、貯 蓄 と い う 行為 は 全 く とん で も な い結 末 を 招 い て
し ま う の で あ る 。一 見 す る と分 か り に くい こ と で は ある が 、 次 にそ れ を ち ょっ と 見 て み よ
う。
§ 金 貨の循環がもし 目で見えたら ・・・
社 会 に お い て はお よ そ 大 部分 の 人 間 が、 何 ら か の 形で 生 産 者 であ る と 同 時に 消 費 者 で も
あ る 。 言 葉 の 意 味を 広 く と れば 、 す べ ての 人 間 が 生 産者 と 消 費 者を 兼 ね て おり 、 片 方 だ け
の 人 と い う の を 現代 社 会 の 中で 考 え る こと は 難 し い 。実 際 現 代 人は 家 で ポ テト チ ッ プ で も
食 べ な が ら ニ ュ ース 番 組 を 見て い る と きに は ま ぎ れ もな い 消 費 者だ が 、 翌 日ネ ク タ イ を 締
めて 電車で会社 に行けば生 産者に早変 わりしてし まう。よ く弁護士な どは「消費 者の権
利 」 と い う が 、 もし そ れ を 極限 ま で 追 求す れ ば 大 部 分の 人 は 自 分の 首 を 締 めて し ま う こ と
に な る の で あ る。
と に か く 経 済 学の や っ か いな 点 の 一 つと い う の が 、す べ て の 人間 が 一 枚 のカ ー ド の 裏 表
の よ う に 生 産 者 と消 費 者 の 二つ の 顔 を 持っ て い て 、 それ が く る くる 回 っ て 立場 を 変 え な が
ら 日 々 を 送 っ てい る と い う点 で あ る 。
こ こ で 次 の よ うな 状 態 を 考え て み よ う。 い ま 、 あ る都 市 を 考 えて 、 そ こ では 経 済 活 動 と
25
い う も の が す べ て都 心 部 に 集中 し て い る一 方 、 住 宅 と名 の つ く もの は 全 部 郊外 に あ り 、 両
者 が 極 度 に 分 離 して い る 。 つま り 物 資 や商 品 が 全 部 都心 の デ パ ート に 集 ま って い て 、 住 民
は 毎 日 電 車 で その デ パ ー トに 買 い 出 し にく る わ け であ る 。
ま た 経 済 活 動 が全 部 都 心 に集 中 し て いる た め 、 お よそ 職 場 と 名の つ く も のは 全 部 そ う い
う デ パ ー ト の よ うな も の で 占め ら れ て いる わ け で あ り、 皆 が 毎 日そ こ へ 通 勤し て く る の で
あ る 。 要 す る に 典型 的 な 郊 外型 サ ラ リ ーマ ン の 生 活 パタ ー ン な のだ が 、 た だ一 つ ユ ニ ー ク
な の は 給 料 を 毎 日そ の 都 度 日給 の 形 で 、し か も 金 貨 で支 払 っ て いる こ と で あり 、 ち ょ っ と
古 い の か 新 し いの か わ か らな い 奇 妙 な 経済 生 活 が 営ま れ て い ると す る 。
さ て も し こ こ で金 貨 全 部 に発 信 器 が 仕込 ま れ て い て、 金 貨 の 位置 や 分 布 を上 空 か ら 衛 星
で ト レ ー ス で きる よ う に なっ て い た な ら、 ス ク リ ーン 上 に は どん な 映 像 が写 る だ ろ うか 。
恐 ら く 毎 日 夕 方に な る と 、金 貨 の 位 置を 示 す 輝 点 は都 市 部 か ら外 へ 拡 散 を始 め 、 線 路 沿
い に 郊 外 へ と 下 って 周 辺 に 散っ て い く だろ う 。 こ れ は多 分 、 一 日の 稼 ぎ を ポケ ッ ト に 入 れ
た 旦 那 さ ん た ち (と い う こ とに し て お こう ) が 電 車 で家 に 向 か って い る の であ る 。 そ の 夜
の 間 、 輝 点 は 散ら ば っ た 状態 の ま ま 動 かな い 。
そ し て 次 の 日 の昼 ご ろ に なる と 、 輝 点は 再 び 都 心 部に 向 け て 集ま っ て く る。 こ の 時 の 金
貨 は 、 食 料 雑 貨 の買 い 出 し のた め に デ パー ト へ 向 か う奥 さ ん た ち( 多 分 ) の財 布 と と も に
移 動 し て い る ので あ る 。
一 つ の 世 帯 の 中で 、 こ こ では 旦 那 さ んは 生 産 者 を 代表 し て お り、 一 方 奥 さん は 消 費 者 を
代 表 し て い る 。 つま り 前 者 の輝 点 の 動 きは 生 産 者 た る旦 那 さ ん が稼 ぎ を 家 庭に 持 ち 帰 る 流
れ で あ り 、 後 者 の動 き は 消 費者 で あ る 奥さ ん が 金 を 買い 物 に 使 いに 行 く 流 れで あ る 。 つ ま
り 金 貨 は こ う やっ て 毎 日 循環 を 繰 り 返 して い る の であ る 。
こ こ で 話 を 簡 単に す る た めも う 少 し モデ ル に 手 を 加え る こ と にす る 。 つ まり 都 心 部 に 恒
常 的 に 留 ま っ て 活動 を 続 け る金 貨 が あ ると 、 話 の 上 で邪 魔 な の でそ う い う もの は 消 し て し
ま い 、 す べ て の 金貨 が 夕 方 には 都 心 を 後に す る と し よう 。 つ ま りこ こ で は 、会 社 の 資 金 的
な や り く り が そ の日 ぎ り ぎ りの タ イ ト な状 況 に な っ てお り 、 会 社は そ の 日 の売 上 げ で 得 た
金 貨 を そ の ま ま従 業 員 の 給料 支 払 い に 使わ ね ば な らな い と す るの で あ る 。
こ れ と 同 様 に 、家 庭 の 方 では 旦 那 が 夕方 持 っ て 帰 って き た 金 貨を 翌 日 に 奥さ ん が 買 い 出
し で み ん な 使 い 果た し て し まう 状 況 に あっ た と す る 。す べ て の 部門 が そ う いう 状 況 に あ っ
た と す る な ら ば、 ス ク リ ーン の 映 像 は どう な る だ ろう か 。
恐 ら く 夕 方 に なる と 、 輝 点は 郊 外 に 分散 す る 一 方 、都 心 か ら はほ と ん ど 消え て 夜 の 間 は
都 心 部 分 の 映 像 は真 っ 暗 に なっ て い る こと だ ろ う 。 そし て 翌 日 の昼 ご ろ に なる と 、 今 度 は
都 心 部 分 が 再 び 集ま っ て き た輝 点 に よ って ま ば ゆ い ほど に な る 一方 、 郊 外 から は 輝 点 が 消
え て 真 っ 暗 に な る。 そ し て その 状 態 は 、そ れ ら の 金 貨が 従 業 員 に配 ら れ る 夕方 ま で の 数 時
間 続 く こ と に なる わ け で ある 。
§ 貯 蓄で社会が貧し くなる・・・
さ て 今 の 話 が 貯金 の 話 と 一体 ど う 関 係が あ る の か 。そ れ は 、 こう い う そ の日 暮 ら し の 金
銭 受 渡 し の 真 ん 中に 立 っ て いる 人 間 に 注目 す る と よ くわ か る 。 デパ ー ト の 店長 は 、 そ の 日
26
の 売 上 げ で 得 た 金貨 を 夕 方 に従 業 員 に 配っ て し ま う のだ が 、 も し昼 に デ パ ート に や っ て き
た 奥 さ ん た ち が揃 い も 揃 って 締 ま り 屋 ばか り だ っ たら ど う な るだ ろ う か 。
要 す る に あ ま り物 を 買 っ て帰 ら ず 、 した が っ て 普 通に 比 べ る と半 分 ぐ ら いし か 金 貨 を 落
し て い っ て く れ なか っ た と いう わ け で ある 。 こ の 場 合、 店 長 は 夕方 に ひ ど くば つ の 悪 い 思
い を す る こ と に なる 。 従 業 員を 集 め て 、今 店 に あ る 金貨 を 残 ら ずか き 集 め ても 普 段 の 半 分
ぐ ら い し か な い 。し た が っ て全 部 を 皆 に分 配 し て も 昨日 の 半 分 しか 払 え な い、 と 宣 言 し な
け れ ば な ら な いの で あ る 。
従 業 員 は 、 日 当が 半 分 に なっ て し ま った こ と に 文 句を 言 う か も知 れ な い が、 な い も の は
な い の だ か ら 仕 方な い だ ろ う。 し か し もし 彼 ら の 奥 さん た ち が 実は 昼 に そ の店 に 来 た 例 の
締 ま り 屋 の 一 人 だっ た と す れば 、 そ れ はい さ さ か 皮 肉な 結 末 で あり 、 奥 さ んの 節 約 が 、 夕
方 に 旦 那 の 日 当の 半 減 と いう 形 に な っ てか え っ て きて し ま っ たわ け で あ る。
こ の よ う に 、 一枚 の カ ー ドの 裏 表 に 消費 者 と 生 産 者の 二 つ の 顔を 持 つ た め、 そ れ が く る
く る 回 転 し な が ら雪 ダ ル マ 式に 経 済 活 動は 小 さ く な った り 逆 に 大き く な っ たり す る の で あ
る 。 そ し て う っ かり 節 約 を 始め て し ま った た め 、 そ れが 縮 小 へ の雪 ダ ル マ をス タ ー ト さ せ
て し ま う と い う こと も そ う 珍し い こ と では な い 。 節 約と い う こ とは 貯 蓄 と 表裏 一 体 の 関 係
に あ る た め 、 こ こで 話 は 貯 蓄と い う も のの 責 任 論 に 進ん で い っ てし ま う と いう わ け で あ る。
そ こ で 、 こ れ をも う 少 し 詳し く 見 て み よう 。
今 こ こ で 、 電 車を 毎 日 上 った り 下 っ たり す る 金 貨 が全 部 で 1 00 万 ( 単 位は 円 で も ド ル
で も 何 で も よ い )だ っ た と しよ う 。 こ れは 同 時 に 、 この 社 会 に 出回 っ て い る金 貨 の 総 量 で
も あ る 。 要 す る に毎 日 夕 方 に合 計 1 0 0万 の 金 貨 が 下り 電 車 に 乗り 、 都 心 に残 る 量 は ほ ぼ
ゼ ロ と な る 。 逆 に昼 ご ろ に なる と や は り合 計 1 0 0 万の 金 貨 が 上り 電 車 に 乗っ て 、 郊 外 に
残 る 量 は ほ ぼ ゼロ で あ る 。
さ て こ こ で 、 市民 全 部 に 突然 貯 蓄 の 意識 が 芽 生 え たな ら ば 一 体ど う い う こと に な る の だ
ろ う か 。 つ ま り 彼ら は 、 毎 日稼 ぎ の 1 割を 我 慢 し て 使わ ず 、 そ の金 貨 を 裏 庭に 穴 を 掘 っ て
埋 め て お こ う と決 意 し た ので あ る 。
最 初 の 日 は 、夕 方 に ま ず1 0 0 万 の 金貨 が 下 り 電車 で 郊 外 に向 か う 。
さ て 各 家 庭 に 分散 し た 金 貨1 0 0 万 は、 彼 ら の 決 意に し た が って そ の う ちの 1 割 す な わ
ち 1 0 万 が そ の夜 、 そ れ ぞれ の 裏 庭 に 埋め ら れ る 。
そ し て 翌 日 の 昼ご ろ 、 奥 さん た ち の 財布 と と も に 上り 電 車 に 乗る 金 貨 は 90 万 で し か な
い。
27
そ う な る と 、 この 日 の デ パー ト で の 売行 き は 悪 い 。し か し 最 初か ら 上 り 電車 に 乗 っ て き
た 金 貨 が 9 0 万 しか な い の だか ら 、 そ れ以 上 の 枚 数 がデ パ ー ト の売 り 場 に 落さ れ る は ず も
な い 。 か く て 夕 方に は 店 長 たち は 従 業 員を な だ め た りし な け れ ばな ら な い 羽目 に 陥 る わ け
だ が 、 騒 い だ と ころ で な い もの は 致 し 方な く 、 そ の 日は 9 0 万 の金 貨 が 不 満顔 の 旦 那 た ち
と 一 緒 に 下 り 電車 に 乗 る 。
さ て 家 へ 帰 る と給 料 が 減 って し ま っ たと い う 暗 い 知ら せ が 家 族に 伝 え ら れる 。 経 済 状 態
に 暗 雲 の 兆 し が 見え る と 、 将来 が 心 配 にな っ て ま す ます 貯 蓄 に 走る と い う のが 人 情 ゆ え 、
彼 ら は ( よ せ ばよ い の に )ま た そ の 9 0万 の 中 か ら1 割 を 無 理や り 貯 蓄 に回 し て し まう 。
つ ま り 9 万 が 新た に 裏 庭 に埋 め ら れ て、 翌 日 の 昼 に奥 さ ん た ちの 財 布 と 一緒 に 上 り 電 車
に 乗 る 金 貨 は 合計 8 1 万 であ る 。
28
放 っ て お け ば 、こ の サ イ クル は 恐 ら く次 の 日 も 再 び繰 り 返 さ れ、 次 の 日 の給 料 は 7 4 万
弱 に 減 っ て し ま うだ ろ う 。 かく て 下 手 に金 を 貯 め よ うな ど と い う根 性 を 出 した ば か り に 、
給 料 は ど ん ど ん減 っ て い って し ま う の であ る 。
単 純 化 し て 考 える と 、 こ れが 行 き 着 くと こ ろ ま で 行っ て 1 0 0万 全 部 が 裏庭 に 埋 ま っ て
し ま っ た 時 点 で 、皆 が こ れ はい か ん と 気づ い て そ れ を一 斉 に 掘 り起 こ し 、 消費 に 投 入 す れ
ば 元 の 姿 に 戻 るこ と に は なる 。
し か し 現 実 に は話 は そ う 簡単 で は な く、 業 績 が 落 ち始 め た 時 点で 会 社 は 首切 り を 始 め 、
工 場 は 閉 鎖 さ れ て機 械 は 錆 び付 い て 壊 れ、 失 業 者 の 暴動 で 社 会 は荒 れ 始 め る。 そ れ を 元 通
り 戻 す の は 、 た だ金 貨 を 裏 庭か ら 掘 り 出し た ぐ ら い では 到 底 足 りま い 。 と にか く 経 済 社 会
と い う も の は 一旦 後 退 を 始め る と 逃 げ 足が つ い て しま う も の であ る 。
自 由 放 任 の 「 神の 手 」 の 教義 か ら す れば 、 お よ そ 経済 社 会 と いう も の は 本質 的 に 負 の フ
ィ ー ド バ ッ ク が 働い て お り 、そ れ ゆ え 安定 だ と い う こと に な っ ては い る 。 しか し 今 の 話 を
見 る と 、 少 な く とも こ の 局 面に 関 す る 限り フ ィ ー ド バッ ク は 本 質的 に 正 で あっ て 極 め て 不
安 定 な も の で ある と 言 わ ざる を 得 な い 。
せ め て 、 給 料 が減 り 始 め て将 来 が 心 細く な っ た 時 に、 貯 蓄 な ぞや め て し まっ て 裏 庭 の 金
貨 を 掘 り 出 し 、 景気 づ け に それ を 派 手 に使 っ て し ま えと い う よ うな 豪 快 な 人々 ば か り で 構
成 さ れ る 社 会 で あれ ば 、 ち ゃん と 負 の フィ ー ド バ ッ ク構 造 を 作 り出 す こ と もで き よ う が 、
現 実 に は 人 々 は遥 か に 小 心翼 々 と し て いる の で 、 そん な こ と は望 む べ く もな か ろ う 。
こ の よ う に 、 非常 用 食 料 の備 蓄 よ ろ しく そ の 目 的 でせ っ せ と 行わ れ る 貯 蓄や 節 約 と い う
も の は 、 そ れ を あま り 熱 心 に行 う と 社 会を ど ん ど ん 貧乏 に し て しま う 恐 れ をは ら ん だ 代 物
である。
な お 参 考 ま で につ け 加 え てお く と 、 経済 社 会 と い うも の が こ のよ う に フ ィー ド バ ッ ク が
正 で 本 質 的 に 不 安定 だ と 考 える の が 、 ケイ ン ズ 学 派 に多 く 見 ら れる 傾 向 で あり 、 一 方 フ ィ
ー ド バ ッ ク が 負 で本 質 的 に 安定 だ と 考 える の が 、 ア ダム ・ ス ミ スの 亜 流 た る「 古 典 派 ( お
よ び 新 古 典 派)」 の 特徴 で あ る 。
ま た つ け 加 え てお く と 、 節約 の こ う した 逆 効 果 に つい て は 、 古代 中 国 の 諸氏 百 家 の 時 代
に も 似 た よ う な 議論 が 行 わ れて い た ら しく 、 絶 対 平 和主 義 を 唱 えて い た こ とで 知 ら れ る 墨
子 ( 彼 の 思 考 方 法と い う の は西 欧 の 大 陸側 の キ リ ス ト教 徒 に や や似 た と こ ろが あ る ) が 倹
約 主 義 を 唱 え て い た の に 対 し 、「 中 国 の ア リ ス ト テ レ ス 」 と 呼 ば れ た 荀 子 ( 一 般 に は 性 悪
説で知られているが、実際にはバランスのとれた冷徹さがそう呼ばせるに過ぎない)は、
「 墨 子 の 倹 約 主義 は か え って 社 会 を 貧 しく す る 」 とそ の 論 理 の不 備 を 突 いて い る 。
こ れ は 別 に 今 まで の 議 論 のよ う に 貨 幣の 循 環 と い うこ と を 論 拠と し た わ けで は な い が 、
緩 め る と こ ろ を 緩め て 経 済 のパ ワ ー を 伸び 伸 び 発 揮 させ て 生 産 力そ の も の を強 く す れ ば 物
資 の 不 足 な ど 起 こら な い と いう 発 想 は 、そ れ を 延 長 すれ ば 近 代 経済 学 の そ れに 近 い 。 少 な
く と も 現 代 的 観 点か ら す れ ば、 馬 鹿 正 直な 倹 約 論 を 説い た 墨 子 より も 荀 子 の側 に 分 が あ っ
た と い う べ き だろ う 。
さ て そ う は 言 って も 、 わ れわ れ は 現 に貯 蓄 と い う こと を 行 っ てい る し 、 にも か か わ ら ず
社 会 は 経 済 的 に繁 栄 し て いる 。 こ こ の とこ ろ は 一 体ど う な っ てい る の だ ろう か 。
29
§ パ ン屋の事業拡大
こ こ で 伝 統 社 会の 中 の 小 さな 町 で 、 百年 も 前 か ら 同じ 窯 を 使 って 代 々 パ ンを 焼 い て い る
パ ン 屋 の 一 家 に つい て 考 え てみ よ う 。 この パ ン 屋 は 小さ い な が らも 一 つ の 企業 で あ る が 、
町 の 中 の 限 ら れ た人 口 に パ ンを 供 給 し てい る の だ か ら、 町 の 人 口が 増 加 し ない 限 り 、 パ ン
の 生 産 量 は 増 や せな い し 、 また 増 や す 必要 も な い 。 まあ 要 す る に古 き 良 き 時代 の 家 族 的 企
業である。
こ の 一 家 が 必 要と す る お 金は と 言 え ば、 家 族 の 生 活費 の 分 を 除く と 、 小 麦な ど 原 材 料 を
買 う 金 、 あ と は せい ぜ い 窯 が傷 ん だ 時 にそ れ を 修 復 する な ど の 維持 費 ぐ ら いな も の で あ る。
そ し て そ れ ら は パン を 売 っ た代 金 で す べて 過 不 足 な くま か な わ れる 。 要 す るに 突 発 的 な 災
害 で も 発 生 し な い限 り 、 拡 大も 縮 小 も なく 安 定 的 に この 経 済 状 態を 維 持 す るこ と が で き る。
と こ ろ が 「 資 本主 義 的 人 間」 の 目 か らす る と 、 こ うい う 経 済 状態 と い う のは 到 底 容 認 で
き な い 前 近 代 的 体質 な の で ある 。 彼 ら にと っ て は 、 この 平 和 な 町の 住 人 は 現状 に 満 足 し て
安 逸 を む さ ぼ り、 現 状 を 打破 し よ う と いう 努 力 を 怠る 怠 惰 な 連中 で あ る 。
し か し パ ン 屋 の立 場 か ら すれ ば 、 現 状を 打 破 せ よ と言 わ れ て も少 々 面 食 らう こ と だ ろ う。
ま ず 売 上 げ を 伸 ばそ う と い って も 、 パ ン屋 に で き る こと と い っ たら せ い ぜ い値 段 の 高 い 高
級 な 菓 子 パ ン を 売り 出 す と か、 あ る い は隣 町 に 進 出 して そ こ の パン 屋 の 縄 張り を 侵 略 す る
と か い っ た 行 動に 出 る こ とぐ ら い し か ない 。
そ し て ま た 、 隣町 の パ ン の市 場 を 本 気で 制 覇 し よ うと す る な ら当 然 パ ン の生 産 量 を 倍 に
し な け れ ば な ら ず、 し た が って 窯 も 増 設せ ね ば な ら ない だ ろ う 。今 ま で 商 売に か か る 費 用
と い え ば せ い ぜ い原 料 費 と 維持 費 ぐ ら いだ っ た の に 、窯 の 建 設 費用 − − 当 然な が ら 金 額 は
前 者 の 比 で は ない − − が 必要 に な っ て しま う 。
確 か に そ う い う事 業 拡 大 が本 当 に で きれ ば 生 活 レ ベル を 一 段 上に 引 き 上 げる こ と は で き
る が 、 そ れ だ け の「 リ フ ト エン ジ ン 用 燃料 」 を 備 蓄 しよ う と 思 った な ら ば 、そ れ こ そ 狂 気
の よ う な 貯 蓄 マ ニア に で も なら な け れ ばど う に も な らな い 。 だ がこ こ で く だん の 「 資 本 主
義 的 人 間 」 は 待 って ま し た とば か り に 入れ 知 恵 す る ので あ る 。 要す る に 、 あな た 一 人 で そ
の 全 部 を 貯 め る必 要 な ど ない 。 皆 か ら 借り れ ば 良 いで は な い か。
§ い かに貯金は還流 されるか
こ こ で よ う や く前 の 疑 問 との 接 点 が 出て く る こ と にな る 。 つ まり 「 金 貨 を手 元 に 貯 め 込
む こ と が 社 会 を 経済 的 に 貧 血状 態 に 追 い込 む の だ と する な ら 、 現実 に わ れ われ が 貯 金 し た
お 金 は 一 体 経 済社 会 の ど こに 行 っ て し まっ て い る のだ ろ う か 」と い う こ とで あ る 。
さ て 読 者 が 貯 金を し て い ると し て も 、そ れ は 別 に 裏庭 に 埋 め てあ る わ け では あ る ま い 。
そ れ は 大 抵 は 銀 行に 預 け て ある は ず で ある 。 実 は 「 経済 社 会 の 鉄道 網 」 は 長距 離 輸 送 を 行
う 大 規 模 な 幹 線鉄 道 ば か りで な く 、 ロ ーカ ル 線 も ちゃ ん と 整 備し て い る 。
つ ま り 読 者 が 預金 の 出 し 入れ の た め に出 か け て い く町 中 の 銀 行支 店 と い うの が 、 ち ょ う
ど そ の ロ ー カ ル 線の 駅 に 相 当す る の で ある 。 読 者 の 預金 は 、 こ の駅 に 集 め られ て 目 に 見 え
な い 貨 車 に 積 ま れて 、 あ る 場合 に は 近 くの 駅 で 下 ろ され て 使 わ れ、 ま た あ る場 合 に は い く
30
つ か の 駅 か ら の 貨車 と 連 結 され て 遠 い 経済 戦 争 の 前 線に 弾 薬 と して 送 ら れ るか も し れ な い。
要 す る に 裏 庭 に埋 め ら れ るは ず だ っ た金 貨 は 、 こ うい う 「 経 済社 会 の ロ ーカ ル 線 」 が 集
め て 再 び 経 済 社 会の 流 通 の 血管 に 注 ぎ 込ん で い る の であ る 。 そ れで は こ れ を前 の 金 貨 の 流
れ の 話 に は め 込ん で み よ う。
つ ま り 前 の 話 で夕 方 に 各 家庭 に 持 ち 帰ら れ た 金 貨 10 0 万 の うち 1 0 万 を貯 金 に 回 す と
い う と こ ろ か ら もう 一 度 や り直 す こ と にな る わ け だ が、 今 回 は その 1 0 万 は裏 庭 に 埋 め ら
れ る か わ り に 、銀 行 に 持 って い か れ る わけ で あ る 。
そ し て 翌 日 の 昼ご ろ 9 0 万の 金 貨 が 奥さ ん た ち の 財布 と と も に電 車 に 乗 るわ け だ が 、 こ
れ と 時 を 同 じ く して 1 0 万 の金 貨 も 目 に見 え な い 「 経済 社 会 の ロー カ ル 線 」に 乗 っ て や は
り 都 心 部 に 送 り届 け ら れ る。
こ こ で も し 銀 行と い う も のが 完 全 な 慈善 事 業 で あ って 、 会 社 を回 っ て そ の金 貨 を た だ で
ば ら ま い て い け ば話 は 極 め て単 純 で あ る。 会 社 は そ の日 、 売 上 げか ら は 9 0万 し か 金 貨 を
得 る こ と が で き なか っ た が 、慈 善 銀 行 がた だ で 恵 ん でく れ た 1 0万 を そ れ に足 し て 、 夕 方
に は 従 業 員 に ちゃ ん と 1 00 万 の 金 貨 を渡 し て 家 に帰 し て や るこ と が で きる 。
し か し も ち ろ ん現 実 の 銀 行と は 金 儲 けの た め の 組 織そ の も の であ り 、 こ んな 結 構 な 寄 付
を し て も ら え る ほど 甘 く は なく 、 実 際 には こ こ で ワ ンク ッ シ ョ ン置 か れ る こと に な る 。 そ
し て こ こ で 出 て くる の が 「 事業 拡 張 の ため の 設 備 投 資」 と い う もの で あ り 、要 す る に パ ン
屋 の 窯 の 増 設 の話 で あ る 。
こ の た め こ こ で都 心 の 会 社を 二 つ の カテ ゴ リ ー に 分け て 考 え ねば な ら な い。 一 つ は 、 前
と 同 様 の デ パ ー トと そ の 周 辺の 会 社 で あり 、 も う 一 つは 「 新 兵 器製 造 業 者 」す な わ ち 事 業
拡 張 や 新 製 品 量産 の た め に必 要 な 生 産 機械 や ら 設 備や ら を 売 る会 社 で あ る。
後 者 の 会 社 の 取り 扱 う 商 品と は 、 例 えば パ ン 屋 を 顧客 と す る 場合 に は 新 しい 窯 だ の 菓 子
パ ン 製 造 機 だ の とい っ た も ので あ る 。 つま り こ の 会 社は 奥 さ ん たち を 相 手 に物 を 売 る の で
は な く 、 相 手 に する の は も っぱ ら 会 社 の経 営 者 で あ るが 、 物 を 売っ て 金 貨 を稼 ぐ と い う 点
で は 前 者 と 同 じよ う な 会 社で あ る 。
さ て 「 経 済 社 会の ロ ー カ ル線 」 つ ま り銀 行 が 都 心 に運 ん で き た1 0 万 の 金貨 は 、 ま ず 一
旦 デ パ ー ト 系 の 会社 ( 前 者 のカ テ ゴ リ ーの 会 社 ) に 貸し 付 け ら れる 。 も ち ろん 借 り た 側 は
事 業 拡 張 の た めの 資 金 が 欲し く て そ れ を借 り た の であ る 。
そ し て こ れ ら の 会 社 は そ の 足 で 「 新 兵 器 製 造 業 者 」( 後 者 の カ テ ゴ リ ー の 会 社 ) の と こ
ろ へ 装 備 を 買 いに 行 く 。 この 段 階 で 1 0万 の 金 貨 は「 新 兵 器 製造 業 者 」 の手 に 渡 る 。
31
そ し て 新 兵 器 製造 業 者 も 、取 り 扱 う 品目 に は 少 々 特色 が あ る もの の 、 従 業員 を 抱 え た 普
通 の 会 社 で あ る こと に 変 わ りは な く 、 そし て そ の 従 業員 に も 家 庭と 妻 子 が ある 。 そ の た め
1 0 万 の 金 貨 はや は り 彼 らに 分 配 さ れ て郊 外 に 下 る。
少 々 話 が ご た ごた し て し まっ た が 、 次の 点 に 注 目 すれ ば 問 題 は単 純 に で きる だ ろ う 。 要
す る に わ れ わ れ にと っ て 重 要な の は 、 電車 に 乗 っ て 上っ た り 下 った り し た 金貨 の 量 が い く
ら だ っ た か と いう こ と な ので あ る 。
こ の 場 合 、 昼 まで に 都 心 に上 っ た 金 貨の 量 も 1 0 0万 な ら 、 夕方 郊 外 に 下っ た 金 貨 の 量
も 1 0 0 万 で あ る。 も ち ろ ん昼 に 上 る 際に は 、 9 0 万は 奥 さ ん たち の 財 布 と一 緒 に 、 1 0
万 は 形 の な い 「 経済 社 会 の ロー カ ル 線 」に 乗 っ て 、 とい う 具 合 に2 本 の 別 々の 「 線 路 」 で
行 っ た の だ が 、1 0 0 万 が移 動 し た こ とに は 変 わ りは な い 。
ま た 夕 方 下 る 際に は 、 デ パー ト 従 業 員だ ろ う が 新 兵器 製 造 会 社の 従 業 員 だろ う が 従 業 員
に は 変 わ り は な いわ け で 、 前者 が 9 0 万、 後 者 が 1 0万 の 計 1 00 万 を 家 に持 ち 帰 る 。 つ
ま り こ れ が ち ゃ んと 繰 り 返 され て い る 限り 、 貯 金 を して も 社 会 は決 し て 貧 血状 態 に は な ら
な い 。 し か し 貧 血に な る こ とは 免 れ た もの の 、 む し ろ逆 に 経 済 社会 は 高 血 圧体 質 に な っ て
し ま っ た と 言 わざ る を 得 ない よ う で あ る。
§ 気 違いじみたサイ クル
実 際 こ の サ イ クル を 恒 常 的に 繰 り 返 すと い う こ と は、 ち ょ っ と気 違 い じ みた こ と に 見 え
な く も な い 。 事 業拡 大 の 新 兵器 を 購 入 した デ パ ー ト 系企 業 の 側 は、 そ れ に よっ て 翌 日 か ら
日 用 品 の 大 増 産 に乗 り 出 す わけ だ が 、 もし 翌 日 も ま た各 家 庭 に おい て 給 料 の一 部 が 貯 金 さ
れ た な ら ば 、 同 じサ イ ク ル が次 の 日 に もう 一 度 繰 り 返さ れ な け れば な ら な い。 つ ま り 増 産
32
が開始されるかされないかのうちに、もう次の新兵器を買い込まねばならないのである。
( も っ と も こ の 言い 方 は や や誇 張 な の であ っ て 、 実 際に は 何 年 かご と に 装 備の ま と め 買 い
を す る と い う こ とを 皆 が 交 代で や っ て いる か ら 、 平 均す る と そ う見 え る に 過ぎ な い の だ が、
そ れ に し て も 凄ま じ い こ とに 変 わ り は ない 。)
昔 か ら 寓 話 に 、う っ か り 妙な 魔 法 や 機械 を 手 に 入 れた ば っ か りに と て も 消費 し き れ な い
ほ ど の 物 資 を 後 から 後 か ら それ が 生 み 出し て し ま い 、止 め る 方 法が わ か ら なく て と う と う
倉 庫 が 壊 れ て しま う と い う話 が あ る が 、現 実 は そ れ以 上 で あ る。
こ れ で さ え 、 単に 生 産 速 度が プ ラ ス のま ま 止 め る こと が で き ない と い う 話に 過 ぎ な い の
だ が 、 わ れ わ れ の話 で は プ ラス の ま ま 止め る こ と が でき ず に い るの は 生 産 の「 加 速 度 」 な
の で あ っ て 、 た だで さ え 暴 走を 続 け る 速度 計 の 針 は 際限 な く じ りじ り 上 昇 を続 け て し ま う。
つ ま り 今 の 例 だ と、 暴 走 を 続け る 生 産 機械 そ の も の が自 己 増 殖 する よ う に どん ど ん 巨 大 化
し て し ま う わ けで あ る 。
次 々 に 生 み 出 され る そ ん な物 資 を 、 飽食 し て い よ うが い ま い が消 費 し 続 けね ば な ら な い
消 費 者 の 側 も 大 変だ が 、 そ れよ り 前 に 経営 者 の 側 も 、よ ほ ど 事 業拡 張 の 意 欲に 燃 え て い る
人 物 で な け れ ば 勤ま ら な い 。実 際 前 の 時代 の の ん び りし た 経 済 社会 に 愛 着 を持 っ て い る 人
に と っ て は こ れ では た ま っ たも の で は なか ろ う 。 際 限な く 事 業 は拡 張 せ ね ばな ら な い わ 、
銀 行 か ら 借 り た 分の 金 利 を 払わ ね ば な らな い わ 、 お まけ に 誰 も が侵 略 的 体 質を 身 に つ け て
し ま う わ 、 本 当に い い こ とが 起 こ ら な い。
実 際 こ の 状 態 は 、 そ れ を 戦 争 だ と 思 っ て 眺 め る な ら ば そ れ な り に 理 性 的 で あ る が 、「 平
和 状 態 」 と し て 眺め る な ら ば狂 気 の レ ッテ ル を 張 ら れて も 仕 方 なく 、 速 度 がプ ラ ス だ と い
う な ら ま だ し も、 加 速 度 がプ ラ ス と い うの で は こ れは 正 気 の 沙汰 で は な い。
わ れ わ れ の 現 在生 き て い る社 会 が 現 実に そ う な っ てい る と い うの は 、 い ささ か 信 じ 難 い
気 も す る が 、 し かし こ れ は 本当 の こ と なの で あ る 。 現在 の 日 本 経済 の 場 合 、消 費 と 設 備 投
資 の 比 率 は 極 め て大 雑 把 に 言っ て 4 : 1程 度 で あ る 。つ ま り ま るで 拡 大 が 自己 目 的 化 で も
し て い る よ う に 、経 済 全 体 の2 0 % 近 くの 部 分 が 、 もっ ぱ ら 生 産設 備 の 更 新の た め だ け に
充 て ら れ て い る 驚 く べ き 現 実 が こ こ に あ る の で あ る 。( 先 ほ ど の 金 貨 の 話 だ と こ れ は 9 :
1 と い う 値 に 設定 し て あ った の だ が 、 現実 は 実 に その 2 倍 で ある 。)
こ れ は 別 に 日 本だ け の 突 出し た 特 異 な現 象 で は な い。 多 少 の 幅は あ る も のの 、 現 代 の う
ま く 行 っ て い る 資本 主 義 経 済な ら 、 大 体こ れ は 標 準 的な 数 字 と 言っ て よ い 。そ し て ま た 、
現 代 の 半 導 体 産 業な ど に 携 わっ て い る 人間 に と っ て はこ れ は ち っと も 驚 く べき こ と で は な
い。
33
例 え ば L S I のメ モ リ ー など と い う もの は 、 3 、 4年 ご と に ビッ ト 数 の 大き な も の が 製
品 化 さ れ る 。 そ して ビ ッ ト 数の 大 き な もの を 作 る 製 造技 術 と い うも の は 、 それ ま で の 技 術
の 延 長 で で き る とい う わ け では 必 ず し もな く 、 し ば しば 質 的 に 新し い 技 術 を導 入 し な け れ
ばならない。
当 然 な が ら 、 製造 用 機 械 にし て も 今 まで の も の は 全然 使 う こ とが で き ず 、そ の 都 度 今 ま
で の 機 械 を ま と めて お 払 い 箱に し て 、 全く 新 し い も のを 導 入 し なけ れ ば な らな い 。 そ し て
そ れ ら の 超 精 密加 工 装 置 とい う も の は 、ど れ も こ れも と ん で もな く 値 の 張る 代 物 で ある 。
そ の た め 半 導 体産 業 と い うも の は 毎 年毎 年 驚 く べ き巨 額 の 設 備投 資 を 連 続的 に 続 け て い
る 。 先 を 見 越 し てそ う い う 設備 投 資 を しな け れ ば 、 苛烈 な 競 争 にす ぐ 負 け てし ま う の で あ
る 。 少 な く と も 現在 の 半 導 体産 業 を 見 てい る 限 り 、 毎年 経 済 全 体の 2 割 近 い部 分 が 製 品 そ
れ 自 体 で は な く 「製 品 を 製 造す る た め の製 品 」 に 充 てら れ て い ると い う 事 実は 全 然 驚 く ほ
ど の こ と も な い。
そ し て こ の 種 の設 備 投 資 とい う も の は、 本 質 的 に 経済 が 前 よ りも 拡 大 す ると の 前 提 の も
と に 行 わ れ る も のな の で あ って 、 来 年 は経 済 は 停 滞 する ら し い から 物 を 作 って も 売 れ な い
だ ろ う と い う 予測 が 出 て きた な ら ば 途 端に カ ッ ト され る 運 命 にあ る 。
換 言 す れ ば 、 現代 資 本 主 義経 済 が 現 状の 高 度 を 保 つ際 の 浮 力 は、 こ の う ち5 分 の 4 は 飛
行 船 の よ う に 船 体自 身 が 発 生す る 浮 力 であ る が 、 残 りの 5 分 の 1は い わ ば 翼の 揚 力 に よ る
も の で あ り 、 速 度ゼ ロ で は 全く 発 生 し ない 性 格 の も ので あ る 。 つま り 現 在 の状 況 で は 、 経
済 が 現 状 の 位 置 で静 止 し よ うと し て 前 進を 止 め た な らば 、 即 座 に浮 力 の 5 分の 1 が 消 失 し
て し ま う こ と にな る 。
昔 の 経 済 は 船 体自 身 の 浮 力だ け で 浮 いて い ら れ た のだ が 、 現 代の 資 本 主 義は 飛 行 機 と 同
じ く 「 空 気 よ り 重い 」 乗 り 物で あ る 。 それ に し て も 浮力 の 5 分 の1 が 突 然 失わ れ る と は 恐
る べ き 事 態 で あ り、 積 み 荷 や人 を 窓 か ら投 げ 捨 て て 重量 を 2 0 %ほ ど 軽 く しな い こ と は 墜
落 は 免 れ な い だろ う 。
§ 意 外な一致
経 済 全 体 の 5 分の 1 も が そう い う も ので 占 め ら れ てい る と い うの は 、 常 識的 な 感 覚 か ら
は 信 じ 難 い こ と のよ う に も 思え る が 、 この 5 分 の 1 とい う 数 字 自体 に 関 し ては 、 わ れ わ れ
の 日 常 生 活 か らも 思 い 当 たる 部 分 が あ る。 そ れ は 貯蓄 率 の 問 題で あ る 。
浪 費 癖 の あ る 人を 一 応 除 外し て 考 え た場 合 、 給 料 の2 0 % ほ どを 消 費 に 回す こ と な く 貯
金 に 回 す と い う のは 、 比 較 的常 識 的 な 話で あ る 。 こ こで 前 の 金 貨の 流 れ を 思い 出 し て み よ
う。
あ の 時 、 貯 金 に回 さ れ た 金貨 は 「 経 済世 界 の ロ ー カル 線 」 に 乗っ て 結 局 設備 投 資 = 新 兵
器 購 入 に 回 さ れ てい た 。 そ れに よ っ て 結果 的 に 夕 方 に合 計 1 0 0万 の 金 貨 が電 車 を 下 っ て
い く こ と が 可 能と な り 、 定常 的 な 流 れ が維 持 さ れ てい た 。
つ ま り 貯 蓄 の 総額 と 「 新 兵器 購 入 額 」は 一 致 し て いな け ば な らな い 道 理 なの だ が 、 こ こ
で も し 国 民 の 一 人一 人 が 大 体、 稼 ぎ の 5分 の 4 程 度 を消 費 に 回 し、 5 分 の 1程 度 を 貯 蓄 に
回 し て い る と すれ ば 、 ち ゃん と 辻 褄 が 合う の で あ る。
34
こ の 現 実 は 、 よく 考 え れ ば明 ら か な こと で は あ る のだ が 、 そ れに し て も 両者 の 感 覚 的 な
ギ ャ ッ プ の 大 き さは ど う だ ろう 。 給 料 の5 分 の 1 を 貯金 と し て 銀行 に 預 金 する と い う の は、
割 合 に 普 通 で 常 識に か な っ たこ と の よ うに 思 わ れ る 。そ れ に 対 して 経 済 の 5分 の 1 が 、 経
済 を 加 速 度 的 に 超高 血 圧 に して し ま う よう な 設 備 投 資に 振 り 向 けら れ て い ると い う の は 、
全 く 気 違 い じ み て現 実 離 れ した こ と の よう に 思 え る 。し か し 両 者は 分 か ち 難く 結 び つ い て
いるのである。
そ も そ も 貯 蓄 を行 な う こ とを 当 た り 前だ と 思 っ て いる こ と が 、最 初 か ら 間違 っ て い る の
か も し れ な い 。 少な く と も 経済 メ カ ニ ズム の 理 屈 か らす れ ば 、 人々 が 貯 蓄 に励 む よ う に な
れ ば 、 経 済 社 会は 超 高 血 圧か の 二 者 択 一を 迫 ら れ る宿 命 を 背 負う こ と に なる の で あ る。
そ し て 銀 行 と いう 組 織 は 、裏 庭 に も ぐり 込 も う と した 金 貨 を 再び 誘 い 出 して 経 済 社 会 の
中 に 戻 す 作 用 を する と い う 点で 、 確 か に貧 血 症 状 に 対す る 救 世 主で は あ っ たが 、 そ の 代 償
と し て 経 済 は 超高 血 圧 症 状を 強 い ら れ る羽 目 に な って し ま っ たと い う わ けで あ る 。
§ 経 済政策当局の目 から見ると・ ・・
エ コ ノ ミ ス ト たち が 「 設 備投 資 」 と いう も の に 多 大の 関 心 を 寄せ る の は こう い っ た 点 に
よ る わ け だ が 、 さら に そ の 敏感 さ と い う特 性 が こ れ に対 す る 期 待も 警 戒 も 大き く し て い る。
つ ま り こ の 、 浮 力の 5 分 の 1を 担 う 設 備投 資 と い う もの は 、 将 来の 期 待 な どに 左 右 さ れ て
ち ょ っ と し た こと で 非 常 に大 き く 変 動 する か ら で ある 。
こ れ に 対 し て 残り の 5 分 の4 を 担 う 消費 の 側 は 、 そう 急 激 に 大き く 変 動 する も の で は な
い 。 ブ ー ム で も 来れ ば 確 か に人 々 は ど っと デ パ ー ト に押 し 寄 せ て物 を 買 っ てい き は す る が、
せ い ぜ い そ れ は今 ま で の 1 .1 倍 とか 1 .2 倍 と か 、そ う い っ た程 度 の も ので し か な い。
大 体 先 立 つ も のが な け れ ば、 物 を 買 いた く て も 買 いよ う が な いわ け で 、 給料 の 倍 額 を 借
金 し て ま で 消 費 に注 ぎ 込 む とい う 人 は あま り い な い 。要 す る に 消費 が 1 か 月か そ こ ら の 間
に 2 倍 3 倍 に は ね上 が る と いう こ と は なく 、 そ れ は 長い 時 間 を かけ な け れ ば伸 ば し て い く
こ と が で き な い。
と こ ろ が 設 備 投資 の 方 は 違う 。 あ る 製品 を 作 れ ば 大儲 け が で きる と い う 噂が 流 れ る と 、
し ば し ば 話 を 聞 いた 人 は タ クシ ー に 飛 び乗 っ て 製 造 機器 メ ー カ ーに 突 撃 し てい く 。 こ の 場
合 は も う 金 が あ ろう が な か ろう が 問 題 では な い 。 そ んな も の は 足り な け れ ば銀 行 か ら 借 り
て く れ ば 良 い の だし 、 ま た 見込 み が あ れば 銀 行 は そ うい う 巨 額 の金 を 本 当 に貸 す の で あ る。
そ う い う 具 合 だか ら 、 設 備投 資 の 方 はた か だ か 1 か月 の 間 に 2倍 3 倍 に なる な ど と い う
の は さ ほ ど 珍 し いこ と で は ない 。 つ ま り不 安 定 さ の 代償 と し て 、非 常 に 立 ち上 が り が 良 い
の で あ る 。 そ し て経 済 政 策 を運 営 す る 立場 か ら 見 る と、 そ う い うダ ッ シ ュ 力と い う も の は
極 め て 価 値 が あ る。 ち ょ う ど飛 行 中 に 翼の 迎 え 角 を 変え る よ う にし て 、 自 在に 高 度 を 上 げ
下 げ で き る と いう わ け で ある 。
一 方 設 備 投 資 とい う も の が銀 行 か ら 金を 借 り て 行 なわ れ て い る以 上 、 銀 行も 無 利 子 で お
金 を 貸 し て く れ るわ け で は ない 。 ど う して も 金 利 と いう 重 荷 を 背負 わ さ れ てし ま う た め 、
特 に 経 営 者 が 設 備投 資 を や ろう か ど う しよ う か 悩 ん でい る 場 合 、金 利 が 安 いか 高 い か は 意
志 決 定 に 大 き な影 響 を 及 ぼす こ と に な る。
35
金 利 が た だ 同 然に 安 け れ ば、 派 手 に 借り ま く っ て 盛大 に 設 備 投資 を 行 な うこ と も や り 易
い と い う も の だ し、 逆 に 高 利貸 も 驚 く よう な 高 い 金 利で は 、 事 業が い っ た ん蹉 づ く と た ち
ま ち 首 で も く くら ね ば な らな い 羽 目 に 陥る か ら 、 誰も 怖 が っ て設 備 投 資 をし な く な る。
こ れ は 政 策 当 局に と っ て は極 め て 利 用価 値 の 高 い こと で あ る 。つ ま り そ うい う 貸 し 出 し
金 利 と い う も の は、 そ の 元 栓を 握 っ て いる こ と で 政 策当 局 が か なり の 程 度 コン ト ロ ー ル で
きる のである。 いわゆる「 公定歩合」 というのが それで、 これこそ経 済政策のス ロット
ル ・ レ バ ー で ある 。
さ す が に 昨 今 はそ の 威 力 は鈍 っ て き たが 、 と に か くこ の ス ロ ット ル ・ レ バー は 政 府 が 直
接 握 っ て お り 、 しか も そ れ は設 備 投 資 とい う 極 め て 立ち 上 が り の良 い エ ン ジン に つ な が っ
てい る。実際こ れはコント ロール機構 としては極 めて効率 が良く、か つては「伝 家の宝
刀 」 と 呼 ば れ たも の で あ る。
テ レ ビ の ニ ュ ース で 、 公 定歩 合 が 上 がり ま し た 、 など と い う のを 聞 い て いる と 、 そ れ が
ど う し た 、 と つ い言 い た く もな る の だ が、 実 際 な ぜ それ が 経 済 社会 に と っ てそ ん な に 重 要
な の か と い う こ とは 、 企 業 がそ れ だ け の巨 額 の 資 金 を現 実 に 借 りて い る の だと い う 基 本 認
識 が な い と な かな か 理 解 でき な い 。
1 9 世 紀 的 な 戦争 に お い ては 、 と に かく 鉄 道 が す べて を 支 配 して い た 。 決定 的 な 場 所 に
大 量 の 兵 力 ・ 物 資を 際 限 な く注 ぎ 込 む こと が で き さ えす れ ば 、 他の 不 利 な 条件 な ど 押 し 流
し て し ま え る から で あ る 。
現 代 の ビ ジ ネ ス社 会 に 生 きる 人 間 た ちの 大 部 分 も 、大 量 の 資 金投 入 に よ って で き な い こ
と は 何 も な い と 信じ て い る だろ う 。 そ うだ と す れ ば 、や は り 彼 らに と っ て も鉄 道 網 = 金 融
は 何 に も 増 し て 重要 な 問 題 であ る 。 彼 らに と っ て は 、現 場 の 人 間た ち の 地 道な 努 力 で 物 事
を 解 決 し よ う な どと い う 考 え( 要 す る にわ れ わ れ 部 外者 が 「 健 全な 経 済 活 動」 と 考 え て い
る よ う な も の ) は、 物 量 作 戦を 否 定 し て一 定 の 兵 力 で勝 利 を 得 よう と す る 、前 近 代 的 な 用
兵 思 想 に 見 え るに 違 い な い。
ま た そ う い う 用兵 思 想 の もと で は 、 鉄道 網 の 輸 送 効率 が 向 上 する と い う こと は 、 あ る 地
域 で の 交 戦 で ど の程 度 の 存 在を 相 手 に 与え た か な ど とい う こ と より 、 作 戦 上遥 か に 重 要 な
意 味 を 持 つ 。 つ まり 彼 ら は 「公 定 歩 合 が下 が っ た 」 とい ニ ュ ー スを 、 鉄 道 網上 の 障 害 が 減
っ て 輸 送 ・ 補 給効 率 が 向 上し た と 捉 え てい る の で ある 。
§ 経 済学を学んでい る人へのコメ ント
な お こ こ で 経 済学 を 学 ん でい る 人 の ため に 一 言 つ け加 え て お くと 、 今 ま での 話 と い う の
は マ ク ロ 経 済 学 の基 本 で あ ると と も に 最も わ か り に くい 部 分 に 相当 す る 。 それ は 「 投 資 と
貯 蓄 は 一 致 す る」 と い う こと 、 あ る い は
Y ( 国 民 所得 ) = C (消 費 ) + I (投 資 )
と い う 式 に 関 する 部 分 で ある 。
大 体 、 投 資 と 貯蓄 が 一 致 する な ど と 言わ れ て も 、 はじ め の う ちは ど う も ぴん と 来 な い も
36
の で あ り 、 こ こ でつ ま づ い て挫 折 し て しま う 人 が 意 外に 多 い 。 しか し 何 の こと は な い 、 そ
の メ カ ニ ズ ム は実 は 電 車 に乗 る 金 貨 の 流れ の 話 そ のも の な の であ る 。
具 体 的 に こ の Y= C + I とい う こ と を、 前 の 図 の 中に は め 込 んで み る と 、そ れ は 次 の よ
うになる。
こ の 場 合 、 線 路を 下 る 1 00 万 の 金 貨が 国 民 所 得 Yに 相 当 し 、ま た そ の うち の 9 0 万 の
部 分 が 消 費 C 、1 0 万 の 部分 が 投 資 I だと い う こ とに な る 。
こ の メ カ ニ ズ ムそ の も の は、 こ の よ うに 金 貨 の 流 れを た ど っ てい け ば 容 易に 理 解 で き る
だ ろ う が 、 も う 一つ 理 解 の 障害 に な る のは 、 貯 蓄 と いう 日 常 的 な行 為 と 投 資と い う 途 方 も
な い 行 為 と の 感覚 的 な ギ ャッ プ で あ る 。
そ し て そ れ は 、も と も と 資本 主 義 と いう も の が 本 質的 に カ ン フル 剤 の 連 続的 な 投 与 に よ
っ て の み 維 持 さ れる よ う な とん で も な いメ カ ニ ズ ム であ る と い うこ と 、 そ して 貯 蓄 と い う
行 為 が 経 済 社 会 に貧 血 か 超 高血 圧 か の 二者 択 一 を 強 いる 、 こ れ また と ん で もな い 代 物 で あ
る と い う 、 か なり 驚 く べ き事 実 を 認 識 する こ と に よっ て 円 滑 に理 解 さ れ てい く の で ある 。
マ ク ロ 経 済 学 の場 合 、 と にか く 最 初 にこ こ で つ ま づく ケ ー ス が非 常 に 多 いが 、 逆 に 言 え
ば そ れ は 、 あ る 意味 で こ れ こそ が 資 本 主義 の メ カ ニ ズム の 最 大 の中 枢 部 分 だと い う こ と で
も あ る 。 そ れ ゆ え読 者 は こ こま で の こ とが 理 解 で き たな ら ば 、 もう そ れ だ けで す で に 経 済
の メ カ ニ ズ ム を 理解 す る と いう 点 で 、 昨日 に 比 べ て 長足 の 進 歩 を遂 げ て い ると 思 っ て 差 し
支 え な い で あ ろう 。
37
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
7
File Size
200 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content