close

Enter

Log in using OpenID

広告 - 日本時間生物学会

embedDownload
第 4回日本時間生物学会学術大会の開催にあたっ
て、以下の企業に協賛していただきました。
ここに厚く御礼申し上げます。
エーザイ株式会社
三菱化学株式会社
明治製菓株式会社
三共株式会社
旭化成工業株式会社
大正製薬株式会社
藤沢薬品工業株式会社
塩野義製薬株式会社
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
エスエス製薬株式会社
ゼリヤ新薬工業株式会社
吉富製薬株式会社
松下電工株式会社
早稲田大学
National松下電工
低グレアで、 2,
500ルクスの高照度。
まぶしさを抑えながら、
2,
500ル ク ス も の 高 照 度 を 実 現。冷 却 用 フ ァ ン を 搭 載 し 、 ラ ン プ 温 度 上 昇 に よ る 光 量 の 低 下
を 防 止 。明 る く 、 安 定 し た 刺 激 光 を 与 え る こ と が で き ま す 。さ ら に 、 可 搬 性 に 優 れ た 、 コ ン パ ク ト な 軽 量 設 計 で す 。
高照度が持続。
∞
ナショナル独自の点灯技術により、 9,
0
時間点灯後ても2
,
5
0
0
1
x以 上 の 照 度 を
0cm)
確保します。(パネル前面 7
(
25.C瑚境下)
パ
ネル面からの距雛
注)開度低下についτu
使周札更により多少のぱらつきがあり肘.
まぶしさを低減。
まぶしさ感を抑える字L
白パネルを採用 。
チラツキの少ないインバータ点灯方式と
あわせて、目にやさしい仕様です。
移動・収納が簡単。
取っ手の採用や、コード引掛部
を設けることで、持ち運びゃ
収納がラクな設計 。様々な
場所でこ活用いただけます。
ナショナル
光
刺
激
装
置
ST6000
医療用具承認番号 20900BZZ00531000
H
.
A
&
;
澗 暗 闇
-使用電源 AC100V50/60Hz共用・入力電流:2.27A・消費電力:219W・初期照度 3000lx土30%
(パネ ル前面 1mの位置) ・本体重量 9.6kg ・本体寸法。圭高 512、
幅 460、台座部 185X460mm、
コ ド長さ 2.8m ・使用ランプ ナシ ョナルランプ・ツイ ン1蛍光灯 FPL36EX-NX6灯・仕様 :前面
ラ ヴ仕績 )
乳由パネル 、インパータ点灯方式スイ ッ
チ付(
:
圭
灯←→滅)、 可慣用持ち手付 、アース付 (3Pプ
.ご使用は医師の指示に従 ってください 。
7
1大阪府門真市門 真 1
0
4
8松下電工・インテリア照明事業部
-商品についてのお問い合わせは、 干5
TEL.(
0
6
)
9
0
8
1
1
3
1(大代表)まで。
速やかな入眠効果が得られる.•••••••••
i,イ",,~
国国
〈フルニ卜ラゼパム製剤〉
.入眠効果の発現が速やかである
1
.入眠障害,熟眠障害,早朝覚醒を改善する
2
各種原因による不眠に対して奏効する
.
3
思一
上一
一
一の 一
一古文 一
-41-
周一
一
効能 ・効果 :不眠症,麻酔前投薬
て玉 一
一
車
j
5例),主なものは
0
7,5
/
7
6
5
4.副 作 用 は 7.55%(
2月)
9年 1
8
9
1
眠気,ふらつき,倦怠感。 (
1一般的注意
以後におよび,眠気,注意。1J・集中1J・反射運動能力等
本剤的影響が翌朝l
の低下が起 こることがあるので,自動車町運転等の危険を伴う機械の繰作
に従事させないように注意すること.
.禁忌(次の患者に は投与し ない こと)
2
の成分に対し過敏疲の既往歴のある忠者
邦l
本
)
1
(
)急性狭隅角緑内障の忠者
2
(
.者
:
J
)重症筋無力症の /
3
(
3原則禁忌(次の患者 には投与しない二とを原則とするが,特に必要とする
場合には慎置に投与する二と)
間1性 心,肺気!li.気管支哨息及び脳血管陣容の急性抑"平で呼吸機能が高度
に低下している患者
4慎重投与(次の患者には慎重に投与すること)
問始するなど注意すること .
次の忠者には少量ヵ、ら投与を I
(1)衰弱.~.者
高齢者
)
2
(
心陣容のある忠者
)
3
(
肝陣容,腎陣容のある患者
)
4
(
脳に器質的防寄のある.([¥者
)
5
(
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人
)
6
(
乳児,幼児,小児
)
7
(
.相互作用
5
併用に注意するこ と
アル コール,中継紳経抑制剤(フェノチアジン誘導体,パ
Jレビツール酸誘導体,鎮痛薬,麻酔薬等),モノアミン酸化
醇紫阻害剤, シメチジン
まれに BUN向上 Hーがあらわれることがある .
まれに貧血,白血疎減少.血小板減少があらわれることがあ
る.
)循環器 まれに量~J惇,凪圧低下があらわれることがある.
5
)消化器 ときに口地,また.まれに曜日上. \~I 剖l 不快感 , 食欲不振.下
6
斑誕句口町苦味があらわれるこ
1
術,舌のあれ,胸やけ, 1
l
!
痢.便秘. n
とがある.
7)過敏症 まれに発疹等があらわれることがあるので.ニのような症状
品告には投与を中止すること.
があらわれた J
)骨格筋 ときに倦怠感.脱力感があらわれることがある.
B
師
l
f
)その他 ときに尿失策.またー まれに発汗.いびき,飯田紅潮,即i
9
i尿があらわれることがある.
字腫,排尿困難. M
t
7高齢者への投与
刑
が発現しやすいので,少量から投与を l
作m
1
等町高 1
I
高齢者では,運動失問I
始するなど慎重に投与すること.
※ 8妊婦・授乳婦への投与
. のような報告があるなど安全性は確立していな
.
.
l
瑚
(1)妊娠中の投与に l
いので,妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には.投与しないこと
が望ましも」
てー催奇形作用が
g町周五t
k
唱 /
0
1)妊賑動物(ラ ッ ト}に投与した実験で, 5
認められている.
)腎 臓
3
)血 漉
4
x
i
2) 妊飯中に他的ベンゾジアゼピン系化合物の投与を受けた/~者向中に奇
咋と 比較して有意に$いとの疫学
形児等円陣容児を出産した例が対照 1
的調査が報告されている。
)新生児に晴乳困雌.筋緊張低下,日開眼を起こすことが, また.他的ベ
※3
ンゾジアゼピン系化合物(ジアゼパム,ニトラゼパム)で ~tlili:のi判的、
等の症状を起こすことが報告されている。
国戦.
)分娩前に迎用した場合,出産後新生児に禁断症状(神経過敏,1
4
%未満.ときに 0.1-5%未満,刑制なし 5%以上
.1
6副作用 (まれに・ 0
過緊張等)があらわれることが他のベンゾピアゼピン系化合物(ジアゼ
!f不明)
又は頗l
パム)で報告されている.
1)重大な劃作用
(
笹を増
t
剖l...次のような報告があり.また,新生児の t
授乳中の投与に l
)
2
(
)依存性 大量連用によりまれに業物依存を生じる ζ とがあるのでー鋭
1
強する可能性があるので授乳婦への投与は避けることが望ましいが,や
娘を十分に行い.用抵を超えないよう慎重に投与すること.また,大
むを得ず投与する場合は授礼を避けさせること.
量殺与又は連用中における投与量的急激を減少ないし投与中止により ,
)ヒト母乳中に移行す ることが報告されている.
1
まれに箆単発作. ときに書官妄.仮戦.不眠,不安,幻覚,妄想等の禁
)ヒト母乳中へ移行し ,新生児に晴眠.体重減少等を起こすことが他の
2
断症状があらわれることがあるので.投与を中止する場合には,徐々
ベンゾジアゼピン系化合物{ジアゼパム)で報告されている.
に減量するなど悦軍に行うこと。
9小児への投与
)刺激興奮,錯乱 精神分裂病等の精神隙害者に投与すると逆にこの械
2
小児に対する安全性は確立していない(使用経験が少な Lサ.
な症状があらわれることがある.
0過量投与
務1
)呼吸抑制.炭酸ガスナル コー シス まれに呼吸抑制があらわれること
3
R臼又は縫われた場合的処置として 71レ7 ゼニノレ{ベン
の過:fil:投与が "
J
I
j
'
)
本
がある.また.呼吸機能が高度に低下している忠者に投与した場合.
にフル 7 ゼニル
古抗剤)を投与する場合には.使用而i
ゾジアゼピン受容体f
脱政ガスナルコ - yスを起こすことがあるので.このような場合には
の使用上の注意(禁忌. trI盤投与,相互作用等)を必ず読むこと.
気迫を確保l...換気をはかるなど適切な処置を講ずること。
1 その他
※1
その他の副作用
2)
(
が特定されないままに 71レマゼニル(ベンゾジアゼピン受容
投与した薬師l
精神神経系
)
1
の鋭的
体指抗剤)を投与された忠者で,新たに本剤を投与する場合,本押l
慢していないことがある。
e
①中途覚眠時の 出来事を H
抗けいれん作用が変化,遅延するおそれがある。
Jiがポー
.j
抵
i
J
②ときに眠気,めまい,ふらつき,運動失制. jJí l~ , j
2月改訂
5年 1
9
9
※1
曹
蹴感.不安感, !
ッとする,また,まれに失調性歩行.不快感,舟1
盟
音陣容, しびれ感,耳鴎リ,動作緩慢. ~è憶力的低下. 西古田T感, j
tることカ eある.
があらわ t
噂E
)肝 肢 ときに GOT. GPT向上昇,また.まれに LDH,AトP向上昇
2
0
1
6
12東京都文京区小石川 4干1
ヒューマンヘルスケア食康 司、- ~
があらわれる ことがある .
μ~~ゐエ ーザイ 株式会社
-ご使用 に際 しては添付文書 をご参照 ください。
資料締求先。医業事業部サイレース係
,
2
1
7
E-L 9
曲中・混血・
a
a
v ・,
信毘
ad--a-HaFa E
メチ コパールは工lザイが独自に合成・開発した 、
メ コパラミン(メチル丸山)製剤です。
メチコパールは核酸 ・蛋白合成、
リン脂質合成を促進し、障害された神経を修復します
(
ラ ット、ヨミ守G)。臨床的には末梢性神経障害に伴うしびれ・痛み ・
麻療を改善します勺
注射は急性期や難治性の神経疾患 、入院患者さんに適しています。
副作用発現率は経口でO、九六%(一四六/一五、 一八O例)で 、
主なものは 食欲不振、
胃腸障害、悪心、下痢などです。(一九 八五年十一月)
又、注射で はO、二七%(五/ 一、八六 四例 )で、主なものは発疹などです。(一九九O年一月)
効能・効果
使 用 上 の 注憲
末梢性神経様替、
ビ タ ミ ン B・
2欠 乏に よ る 巨 赤 司 宅 菅 地 貧 血 ( 注 射 液 5
00μgの み )
用法・用 量
錠 500μg 通 常 、 成 人 は l 日 3 錠 ( メ コ パ ラ ミ ン と し て
1日 1,50
0
μg) を 3固 に 分 け て 経 口 投 与 す る 。 た だ し 、
年齢及び症状によりi
菌室増減する。
錠 250μg .通 常 、 成 人 は l自 6 錠 {メ コ パ ラ ミ ン と し て
l日 1,500μg) を 3回 に 介 け て 経 口 投 与 す る 。 た だ し 、
年齢及び症状により適宜増減する.
細 粒 通 常 、 成 人 は l 日 3 包 (メ コ パ ラ ミ ン と し て 1 日
1,
50日比 )を 3固 に 分 け て 経 口 投 与 す る 。た だ し 、 年 齢 及
び症状により~宜噛;成する 。
注 射 渡 500μg(末 梢 性 神 経 障 害 の 場 合 } 通 常 、 成 人 は l日
l回 iア ン プ ル ( メ コ パ ラ ミ ン と し て 500μg) を 週 3回、
筋 肉 内 ま た は 静 脈 内 に , 主 射す る 。 た だ し 、 年 齢 及 び 症 状
により~宜増,成する 。
注 射 波 500μg(巨 赤 芽 球 性 貧 血 の 場 合 ) 通 常 、 成 人 は ! 日
l回 lア ン プ ル ( メ コ パ ラ ミ ン と し て 500μg) を 遡 3園、
筋 肉 内 ま た は 静 脈 内 に , 主 射 す る 。 約 2力 月 投 与 し た 後 、
維 持 療 法 と し て 1- 3力 月 に l回 lア ン プ Jレを 投 与 す る 。
イU G
ザ官
工品
り
仙
iv
⑧
引
ι
'
'
W
ノP
oメ嘉誠品1/1
。
. ご 使 用 に 際 し て は 添 付 文書 を ご 参 照 く だ さ い。
l 内 服 高J
I
(1)
一般的,主意 効 果 が な い の に 、 月 余 に わ た っ て , 豊 然 と
使 用 す べ き で な い。
(
2
)副 作 用 ( ま れ に 0.1% 未 満 、 と き に 。 口 1- 5 %未 満 、
副E
司なし
5% 以 上 又 は 頻 度 不 明 ) 1)消 化 器 ・ と き に
食欲不振、悪心、 下 痢等があらわれることがある。
2)過 敏 症
まれに発疹力、あらわれることがある。
制 幻適 用 上 の ,
主意
薬 剤 交 付 時 ( 錠 ) PTP包 装 の 薬 剤 は
PTPン ー ト か り 取 り 出 し て 服 用 す る よ う 指 導 す る こ と .
(PTP シ ー ト の 誤 飲 に よ り 、 硬 い 鋭 角 部 が 食 道 粘 膜 に
刺入し、更には穿孔をおニして縦隅澗炎等の軍篤な合
併 症 を 併 発 す る こ と が 報 告 Sれ て い る )
(
4)
そ の 他 水 銀 及 び そ の 化 合 物 を 取 り扱 う 職 業 従 事 者 に 長
期にわたって大量に投与することは避けること力、望ましし」
2 .主身引高J
I
(1
)
副作用(まれに
0.1%未 満 、 と き に : O.J-5% 未 満 、
副2
司なし
5 %以 上 又 は 綴 度 不 明 ) 1
)過 敏 症 発 疹 等
が あ ら わ れ た 場 合 は 、 投 与 を 中 止 す る . 2)そ の 他
と
きに筋肉内,主射郁位の痔痛・硬結、まず二、まれに頭痛、
発,干、発1m!惑があらわ れ る こ と が あ る .
(
2)
;
車問ょの,主意
1)
投与時 光分解をうけやすいので、
開封後直ちに使用するとともに、遮光に留意するニと 。
2)筋 肉 内 注 射 時 : 筋 肉 内 に 投 与 す る 場 合 は 、 組 織 ・ 神 経
などへの彬醤を避けるため、下記の点に注意すること。
ア ) 同 一 部 位 へ の 反 復 注 射 は 避 け ること 。な お 、 新 生 児 、 未
熟児‘寧 L
!
足 、 小 児 に は 特に ,主意すること 。 イ ) 神 経 走 行 部 位
争i
避けるよう ,
主意 す る こ と。 ウ ) 注 射 針 を 車J
I入 し た と き 、 激 痛
を訴えたり .血 ,
置 の 逆 流 を 見 た 場 合 に は、 直 ち に 針 を 抜 書 、
部イ立をかえて注射すること。 3)ア ン プ ル 力 yト時 : 本 品 は ワ ン
ポイント力 yトア ンプルて'あるが、 ア ン プ ル の 力 yト昔日舎をエタ
ノ ル 綿 等 で,膏拭 してヵ、ら力 y 卜 す る こ と が 望 ま し い 。
出 1
997年 5 月 改 訂
ス
ク
ヴ
づ
、
MElLAXT
叶y
メイラックスは
不安・抑うつ・睡眠障害
に対して有効な
ベンゾジアゼピン系薬剤で五
s
t
e
l
b
a
:T
'
X
A
L
MEI
薬価基準収載
口フラゼプ霞工チル
奇 想 抜競 押 醐 醐 醐 田 圃 園 田 富 田
j
J
曲醐醐輔園田盟国国間開?
0神経症における不安・緊張・仰うつ・睡眠障害
貴男層、慢性胃炎、過敏性腸症候群、 自律神
胃 ・十二指腸j
o心身症 (
経失調症)における不安・緊張・抑うつ・睡眠障害
順 重投与 (次の患者には慎重に投与すること)
3
1
1) 心障害のある患者
) 肝障害、腎障害のある患者[血中濃度が上昇するおそれが
2
ある。 ]
醐欝糠揚揚揚揚揚曹語翻..胸 躍..繍 蝿蝿醐醐煽麗髄艇部織
作用が強くあらわれることが
) 脳に器質的障害のある患者 [
3
通常、成人には、口フラゼブ酸エチルとして 2昭を 1日1-2固に
分劃経口投与する。なお、年齢、症状に応じて適宜楢滅する。
ある。]
の項参照 ]
高齢者への投与』
r
) 高齢者 [
4
小児への投与 Jの項参照 ]
幼児 ・
乳児 ・
r
小児 [
幼兜 ・
) 乳児・
5
副作用が発現 しやすい ]
6) 衰弱患者 [
盟腫麗臨輔輔詰I~J~麟華麗盟調輯臨蝿輯輯
ト 般的注意
1
1
眠気、注意力 ・集中力 ・反射運動能力等の低下が起こることがあ
るので、本剤投与中の患者には 自劃車の運転等危険を伴う機械の
操作に従事させないように注意すること。
目禁忌(次の患者には投与しな いこと)
限圧を上昇させるおそれが
1) 急性狭隅角緑内障のある患者 [
ある。 ]
) 重症筋無力症のある患者 [筋弛緩作用により症状を懇化さ
2
せるおそれがある。]
ω
¥ツ
(賢料開求先)
製造腕元
一
邑製菓柿訓告祉
周5
園
6
-1
4
4東 京都 中央区京 橋 2
0
1
相互作用
ω)
併用に注意する こと
) フェノ チアジン誘導体(趨酸ク ロルプロマジン等)、パルピ
1
ツ ル酸誘導体(フ ェノパル ビタール等)等の中枢神経抑制
剤、モノアミン酸化酵素阻害剤(塩酸サフラジン) [両剤の
作用が増強されることがある。 ]
本剤の血中濃度が上昇することがある。 ]
) シメチジン [
2
両剤の作用が増強されることがある。 ]
) アルコール [
3
※使用上の注意の放訂に十分ご留意下さい。また、その他の使用上
の注意などの詳細は、添付文書をご覧下さい。
・
扇面扇町明治サノフィ薬品株式会社
技術導入[
23
02東京都千代田区紀尾井町3
1
販 売 提 携 ・ MEI.JI
おじ
d7 V47 V
トA
一
e
b
N
O
必
NZの頃のお.
じいち伊ん、胡るくてとて 4イ
0 キイキしている。H
脳梗塞・脳出血後遺症に伴う意欲低下、情緒障害の改善に。
命
日}
L
罰事ニド監
6.
妊 婦 ・銀乳婦 への 投 与
1)妊娠中の投与に関する安全性 は確立してい忽い
ので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人
には投与し芯いことが望ましい。
2
)動物実験で母乳中へ移行することが報告されて
いるので、授乳中の 婦 人 へ の 投 与 は 避 け る こ と
塩霞ピフエメラン製剤)⑧
が望ましいが、やむをえす投与する場合は綬乳
を避けさせること。
7.
小児への役与
小児に対する安全性は確立してい広い。
(
2)
痩 単 まれに霊童穆 があらわれることがあるの
-効能・効果
(使用経験が芯い)
で、このよう芯症状があらわれた場 合 に は 投
下 記 疾患 に伴う意欲低下、情緒障害の改善
8.
適 用 上 の 注意
与を中止すること。
脳梗塞後遺症、脳出血後遺症
1)服用時(錠、
頼粒)
のその他の副作 用
薬剤自身の性質である苔昧感又は刺激!惑があら
(
1)
消 化 器 ときに食欲不娠、間部不快感、腹痛、
-用法・
用量
われ
ることがあるので、
水とともに速やかに服用
胸やけ、四重気、 日
直吐、下痢.a"た、ま れ に口 j
司、に
錠 50mg
、頼粒 5% 通 常成 人 には、 塩酪ピフエメ
させること。
がみ、便秘、食道閉塞感、腹部膨満感、流涯等
ランとして 1
固 50m
gを 1
日3
回食 後 経口投与する。
2
)服用時(ドライシロップ)
があらわれることがある。
芯お、年齢、症状により適宜掴滅する。
コップに約 5
0m
lの 水 を j
主ぎ、ドライシロップ 1
9を
(
副精神 神 経 系 ときに眠気、頭痛、興留、めまい、
ドライシロップ 5% 通常、成人には、塩酸ピフ工メ
入れてよくかき混 ぜ る。コップの内壁にドライシ
また、まれに不安、不眠、緋個、焦燥感、せん妄、
ランとして 1
回5
0mgを用時 水 で 懸 濁 し て1
日3回
ロップが残った場合は、水で共洗いして服薬さ
筋強剛、口部ジスキネジア、援戦、ふらつき、歩
食後経口投与する。なお、年齢、症状により適室
せること。
行障害等があらわれることがある。
組滅する。
)薬 剤交付時{錠)
(
司過 敏 症 ときに発疹、また、まれに痘淳、光線 3
P
TP包 装 の 薬 剤 は PTPシートから取り出して
過敏症等があらわれることがある。
PTPシ トの践 飲
(
4
)
肝 臓 まれに黄痘、また、ときにGO
-使用上の注意
丁、
GP丁、 服用するよう指導すること。(
により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には
※1.一般 的 注貴重
AトPの上昇等があらわれることがあるので、
穿 孔 を お こ し て 縦 爾 洞 炎 等 の短 篤主主合併症を
本剤の投与期簡は、臨床効果及び副作用の
観 察 を 十 分に行い、異常が認められた場合
併発することが報告されている)
程度を考慮しながら慎重に決定するが、投
には、役与を中止するなど適切芯処盤を行う
※1
9
9
7.
4.
改訂
与1
2
遇で効果が認められない場合には投与
こと。
を中止すること。
(
副腎践 ときに B U
Nの上昇、また、まれにクレア
2.
慎.
役 与(次の患者には慎 重に投与すること)
チニンの上昇等があらわれることがある。
-詳細につきましては製品添付文書 をと参照下さい。
高 齢 者(
r
高齢者への投与」の項参照)
(
6)
血 波 ときに貧血、また、まれに白血球減少、血
3相互作用
小 板減少等があらわれることがある。
併用に注意すること
閉 そ の 他 まれに口腔粘膜刺激、咽根頭痛、ほて
ワル ファリン〔ワルフア I
Jンの作用 (
プロトロン
り、動惇、脱力感、倦怠感、胸痛、耳鳴、筋痛、しび
ピン崎間の延長)を摺強させることがある。1
れ感、コレステロールの上昇があらわれること
4.
副 作 用(まれに 0.
1
%未満、ときに 0
.1
がある。
5%未満、liIU
関恕し 5
%以 上又は頻度不明) 5.
高齢者への投与
1
)軍大 な副作 用
本剤は、主として腎臓から排池さ れ る (
r体 内 築
(
1)
胃 腸出 血 まれに胃腸出血があらわれるこ
物 動 態 J参照)が、高齢者では腎機能が低下して
資料請求先 藤沢義品工業側医薬事業部
とがあるので、 この ような症状があらわれた
いることが多いため高い血中濃度が持続するお
場合には投与を中止すること。
それがあるので、注意すること。
作成年月1
9
9
7
年4
月
ALNERT
Q
T
(
発
売
元
目君主Z
P
!
?
造元
製 ム九三千
薫1
5
言。
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
9
File Size
801 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content