close

Enter

Log in using OpenID

西代中学校同窓会報 - 神戸市立西代中学校同窓会

embedDownload
Nishidai Junior High School
西代中学校同窓会報
第 11 号
発行:西代中学校同窓会
平成 20 年5月
C O N T E N T S
特 集 三世代西中ファミリー
第5回 わがまち長田シリーズ
MESSAGE
INFORMATION
回生だより
事務局だより
あいさつ
新生 西代中学校
同窓会長
第18代校長
牟田 素子
水谷 勝美
新緑の候、西代中学校同窓会会員の皆様におかれまして
風薫り、緑輝く美しい季節となりました。西代中学校同窓会の皆様方にはます
は、お変りなくご健勝のこととお喜び申し上げます。
ますご清祥にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。
さて、本年第12回の総会を迎えるにあたり、同窓会組
さて、去る3月12日、本校59回生171名が竣工式(3月7日)を終えたばか
織の見直しを図り、簡略化し、明確にすべく検討を重ねて
りの本校『体育館』から、希望に胸膨らませて元気に巣立っていきました。
まいりました。
『体育館』からと書きましたが、あらためてご報告申し上げます。本校26,220
出来るだけ多くの回生の方々に、情報を正しくお知らせ
名の卒業生とその保護者ならびに歴代教職員の強い願望であり夢であった『体育
し、総会や行事に参加していただきたいと願っています。
館』が、創立60周年の節目の年に現実の物となり、講堂のあった所に見事に出来
また、同窓会は、会員相互の親睦を図るだけではなく、
上がっております。
母校西代中学校の応援という役割もあります。これからも
フロアだけの大きさでいいますと、横27m奥行き33mあります。見上げる天井
見守ってゆかねばなりません。
は木製の梁となっており、その高さ12m、木の温もりが十分に感じられる造りです。
はり
母校念願の体育館も立派に完成したことを嬉しく思いま
本年度は、
『体育館』という素晴らしい教育活動の場所を得た『新生西代中学校』
す。
として、教育活動のさらなる充実と発展をめざし、生徒・教職員一同、日々の努力
最後になりましたが、会員の皆様のご健康とご活躍を祈
を積み重ね、西中につながる同窓会をはじめとする方々の期待に応えていく所存で
念しますと共に、今後ともご支援をよろしくお願い申し上
す。今後とも、ご支援ご指導賜りますようよろしくお願い申し上げます。
げます。
体育館竣工記念のスポットライト一式ありがとうございました。
中屋ファミリー
特 集
三世代西中 中屋 佳子
(7回生)
(旧姓秋山)
修
(35回生)
千 佳
(35回生)
(旧姓石崎)
厳しかったあのころ
未 来
(56回生)
静 香
(59回生)
そして、今 の4人が、修さんのご実家に集まり、私た
先は東京。「私たちのときは、ディズニー
ち広報委員3人を快く出迎えてくださいま
ランドの中にいたのは、たった2時間でし
した。
た。」と話す未来さんに対し、静香さんは、
おばあ様の佳子さん (7回生 ) が、
「1ク
「夕方の集合時間まで、一日中グループで
ラス60人で、12クラスありました。答
の自由行動で、ディズニーランドを楽しみ
えがわからないと立たされたり、成績順に
ました。」と話してくれました。「少し厳し
クラスを決められたり、厳しい時代でした
いくらいの方が、社会にでてから困らずに
ね。」と中学生時代を振り返ってお話され
済むのですけどね。」とおばあ様とお母様
ます。卒業アルバムも、ご自身のものだけ
が口を揃えて言われると、お二人のお嬢様
でなく、息子さんたちの分も準備してくだ
もうなずいておられました。
さっていて、懐かしい木造校舎の写真に、
「中学校生活で、一番楽しかったことは
広報委員が見入ってしまう一コマもありま
何ですか ?」との問いに、即座に「トライ
した。
ヤルウィーク」と答えた静香さん。しろ
今回の特集は、三世代がそろって西代中
お父様、お母様の頃は、1クラス43人
はな幼稚園で保育体験をしてきたそうで、
学校の卒業生というご家族を取材。第1回
で9クラス。お二人が通われていたのは、
「将来は、児童福祉の道に進みたくて、既
生の年齢が今73〜4歳ですから、息子さ
特に校則が厳しかった時代で、男子は丸刈
にその方面への高校進学が決まっていま
んか娘さん、そしてお孫さん、そんな家族
り、女子はおかっぱか三つ編み、持ち物に
す。」とお母様が言葉を添えてくれました。
がたくさんあるのではないかと探しました
もいろいろ規制があったようです。「楽し
そんなやり取りを終止微笑ましそうに見つ
が、そううまくは見つからず、西代中学校
かったのは、部活だけですね。」というお
めるお父様。言葉は少ないですが、優しさ
の水谷校長先生のご紹介で、ようやく中屋
母様は、当時ブラスバンド部に所属。最近
が溢れているように感じました。
さんファミリーを取材させていただくこと
その部活の同窓会に出席され、思い出話に
お部屋の壁には、水色のラインのセー
ができました。
花を咲かせたと伺いました。
ラー服姿のお孫さんの写真が飾られてい
3月27日( 木 ) 夜8時。今春卒業したば
そして、今、お孫さんたちの時代になる
て、成長を楽しみにしておられるおじい
かりの59回生、静香さん、高校を卒業し
と、1クラス30人程で、5クラス。厳し
様、おばあ様のお気持ちが伝わってきま
て京都の大学に通うことになっている56回
かった校則も徐々に緩くなってきているよ
す。素敵なご家族に出会えて良かったと思
生、未来 ( みき )さん、そしてお二人のご両
うです。お姉さんの未来さんのときも、妹
えたひとときでした。
親、修さん、千佳さん ( どちらも35回生 )
さんの静香さんのときも、修学旅行の行き
神戸市長田区宮川町1-26
坂 牧 眼 科
坂牧弓絃(1回生)
ファミリーマート
センタープラザ東店 TEL 078-334-7438
六甲アイランド店 TEL 078-857-6161
六甲向洋町店
TEL 078-846-3125
中山忠一郎(3回生)
2
――
加地設備機器株式会社
代表取締役 加
地 正 巳(3回生)
神戸市須磨区戸政町1丁目1番30号
T E L 078-733-1662
御祝事・仏事 会席 幕の内 寿し
さらしな
前 田 統
(7回生)
長田神社前商店街 TEL 078-691-2175
特 集
三世代西中ファミリー
灘本ファミリー
ファミリー
灘本久美子
(1回生)
(旧姓金井)
洋一
(24回生)
家族の絆を感じて……
周平
(48回生)
山陽電車西代
思います。自分たちは卒業してしまったけ
前田恵子
(25回生)
(旧姓灘本)
明雄
(30回生)
亜紀
(51回生)
ませんでしたよ。
」と。
駅を少し南へ行っ
れど、後輩のために。今思えば、息子や孫
お孫さんの周平君は、高校卒業後2年間
たところにあるマ
たちもお世話になったのですから、十分に
はお父様のパン屋さんでお手伝いされてい
ンションの一階角
もとはとれてますね。
」と話は尽きません。
たようですが、今は通信関係の会社の営業
に、オシャレなパ
「いつまでも元気でいないと。忙しい息子
マンとしてお勤めされています。亜紀さん
ン屋さん“ル・ポー
たちに迷惑はかけられません。
」と言うお母
は、派遣のお仕事。三世代西中出身につい
ク ” が あ り ま す。
様は、毎朝長田神社への散歩、そしてラジ
て、それはごく当たり前に受け止めていた
毎朝3時に起きて
オ体操を欠かさないそうです。お店のすぐ
ので、数少ない事にとても驚いたそうです。
準備をしておられるご主人の灘本洋一さん
横の公園をお掃除するボランティアも続け
お二人の中学時代も、また成長された現在
は、西代中学校の24回生。同じマンション
ていらっしゃいます。
「いまどきの子どもは
でも、ご両親はもちろん、おじい様、おば
にお住まいのお母様、灘本久美子さんは、
しつけができていませんね。お掃除してい
あ様ともよくお話をされると伺いました。
1回生。3月30日日曜日夕方6時過ぎ、パ
るところへわざとごみを捨てていく子ども
核家族化が進んでいる今の時代に、素敵な
ン屋さんの営業を少し早めに終わらせて、
もあります。
」と嘆いておられました。
「昔
家族関係が築かれていると感じました。
お二人が広報委員の取材に応じてください
はそんなことありませんでした。息子の時
「量販店におされて、小さな店は大変な
ました。残念ながら、息子さんの周平君(48
代も、孫のころも。今は、親が変わってき
んです。
」と言うご主人。でも、
「ここのパ
回生 )、お嬢さんの亜紀さん (51回生 )には
てるんでしょうか。
」
ンでないと」と遠くから買いに来られるファ
お会いすることはできませんでしたが。
がっしりした体格の洋一さんは、中学時
ンも多いため、年中無休で頑張っておられ
「私たちの中学時代は、本当に勉強なん
代柔道部に所属。
「厳しい先生が多かった
る姿にエールをおくります。
てしてないんですよ。校舎もなくて、蓮池
ですね。特に生活指導の先生がきつかった
小学校の講堂を仕切って使わせてもらった
のを覚えています。
」と息子さんが話される
り、池田小学校や長田高校の木造校舎を借
と、お母様が「あのころは先生に、
『家では
りたり。教科書さえ満足になかった時代で
私がきちんとしつけますから、学校で何か
したね。
」と久美子さんが当時を振り返って
悪いことをしたら叩いてもらっていいです』
お話してくださいました。
「卒業後に長田高
と言ってました。でも、先生からは『そん
校のグラウンド ( 現在の西代中学校のある
なことを言われる親御さんの子どもは、悪
ところ )に校舎ができるというので、みん
いことはしません。
』と言ってもらい、一安
なが寄付をしました。確か200円だったと
心。今のように飛びぬけて悪い子なんてい
化学工業薬品
株式会社
澤 野商 店(8回生)
TEL神戸(078)731ー9771㈹
工作機械・工具・精密機械部品
総 合 商 社
有限会社
俊 機
代表取締役 辻 原 俊 彦(8回生)
〒653-0842 兵庫県神戸市長田区水笠通5丁目3番 10
TEL(078)646-7335 FAX(078)646-7346
E-mail:[email protected]
神戸市保健福祉局指定店
西代中学同窓会総会にて同級生と
右から2人目が久美子さん
神戸医師協同組合指定店
神戸市交通局共助組合指定店
神戸市職員共助組合指定店
神戸市規格葬儀取扱指定店
心にやさしいお見送りは・・・
株式
会社
神 戸 祭 典
24 時間いつでも対応いたします。
フリーダイヤル 0120-42-7979
TEL 078-651-0363
奥 田 保 行(8回生)
神戸寝台車センター E-mail:[email protected]
http://www.nakamura21.co.jp
㈲中村自動車工業
代表取締役 中
村 忠 史 (9 回生)
神戸市東灘区魚崎南町 2-8-14
TEL 078-452-0005
FAX 078-452-5622
3
第5回
わがまち長田シリーズ
西代中学校の校区内の長田の山や町並
ゴム等数多くのゴム会社が林立し、特にダ
を振り返ってきたが、シリーズの最終回を
ンロップで勤務した工員が技能を熟知した
飾って、
「新長田地区」を記述してみたい。
後、独立して中小のゴム工場ができ、技術
この新長田地区は、J R 新長田駅周辺の
的に生産が容易なゴム製の履物が生産され
ことを言い、この界隈は、全国有数のケミ
だした。大正期に入り、神戸がゴム製品の
カルシューズ産業が集中している地域であ
日本最大生産地に変貌した。神戸の地、特
る。又、お好み焼き屋が多い所でもある。
に新長田地区を中心とする地域で発展した
今からケミカルシューズとお好み焼きと
特殊な要因としてマッチ産業の存在があっ
の関連性を述べてみたいと思う。
た。明治期に入り、神戸でマッチ産業がさ
なぜ、この新長田地区に、ケミカルシュー
かんになった。この産業は、大量に労働者
ズ産業が集中しているか、その成立は、明
を要する工業であり、マッチ工場が数多く
治の後期に神戸に外資系のゴム会社 ( 後の
ある長田区に大量の労働者が流入し、その
ダンロップに発展 ) が設立されたことに尽
者たちの需要のため六問道商店街・大正筋
きる。その当時生ゴムは、神戸港を通じて
商店街等が成り立っていったものである。
輸入され、ゴム靴等の製造が主力であった。
しかし、大正の後期に入り、世界各地で排
やがて、この会社の技術が派生し、内外
日・日本商品不買運動が盛んになり、輸出
株式会社
谷口洋二(9回生)
神戸市長田区水笠通4丁目2ー2
TEL 078-641-5061
呑み処
喰い処
大 将
岸 能且(9回生)
神戸市長田区松野通1丁目 11-26
TEL 078-642-3741
4
ほうらく堂
代表取締役 五
嶋 靖 浩(9回生)
神戸市北区山田町小部字広苅15-4
2008 年 学園創立 100 周年
学校法人 玉田学園
T E L 078-592-2332
行政書士
木 羽 賢至郎(11 回生)
神戸市垂水区五色山8丁目1-55 サンロイヤル霞ヶ丘 105 号
TEL(078)708-2626 FAX(078)708-2636
神戸常盤大学
神戸常盤女子高等学校
神戸常盤大学附属ときわ幼稚園
理事長 旭 次郎(13 回生)
わがまち長田シリーズ
不振になり、又、低廉な労働者を求めマッ
4〜5人の客が、ビールやコップ酒と、お
戦後まもない頃、日本人総貧乏の時代、
チ産業の大半は、姫路・淡路方面に移った。
好み焼きを食べたり、又、できるのを待ち
大抵の人の弁当箱をのぞくと、前日の夕食
残されたマッチの軸木の広大な天日干し場
ながら、景色の話、世間話又、身近な話題
の残り物をおかずとして、ぎゅうぎゅうに
跡地や工場跡地の多くが、そのままゴム工
を肴にして、うさを晴らす等明日への英気
詰めた白飯に梅干を添えた日の丸弁当が多
場に転用された。
を養ったものである。お好み焼きは、町の
かった。激しい労働をしている工員にとっ
マッチ工業のかなしい運命が、ゴム工業
コミニュケーションを図ったものである。
て自弁だけでは腹を満たされないので、焼
の勃興にとって有利な条件として大きく作
神戸は港町で異国情緒が溢れ、世界の種々
きそばを加えることで、ボリュームを多く
て満腹感を充たそうとしたものである。
用したもので、マッチ工業からゴム工業へ
雑多な料理にふれることが多いが、それに
の転換は、マッチの女工さん達が、ゴムの
対して、お好み焼きは、連綿と続いてきた
そばめしの作り方は、長田に居住する人
女工さん達に転職したものである。それも
庶民の生活の中から生まれてきたものであ
には釈迦に説法だが、熱した鉄板上で、ソー
マッチもゴムもどちらも同じ「手工業技術」
り、今後も益々創意工夫して育成されるに
ス味の焼きそばを事前に作っておく、そし
が主体であったからうまくいったものであ
違いない。
て、そこにご飯を加えてさらに炒める。こ
る。
お好み焼きの起源は、
「麩焼き」で、こ
の際に、種々の具を加えることもある、全
マッチが出来る迄の工程、つまり、軸木
れは江戸時代の仏事用菓子であるが、明治
体をコテで、細かく均等に刻み込むように
の製造・薬品・箱製造・運送はそのままゴ
以降東京にて「もんじゃ焼き」等となり、
して炒めあわせて出来上りである。
ムに応用され、原料加工・金型・薬品・糊
関東大震災後、それが関西方面に伝播し、
この新長田地区において、今後、新たな
引となって、地域に密着した分業関係で構
大阪では「洋食焼き」
、京都では「一銭洋
るケミカルシューズにかわる画期的な靴が
築されていた。つまり工場と住宅街が混雑
食」そして神戸では「にくてん」と呼ばれ、
開発されるに違いないと思う。この工業を
した地域の中で、分業関係が成立していた。
今でもこの「にくてん」とお好み焼きを呼
ささえているのは「手技術」だからだ。又、
ゴム工業は順調に成長したが、敗戦で一
ぶ高齢者もいる。このお好み焼きは鉄板に
この工業の分業システムが根づいている住
時下火になり、朝鮮戦争で息を吹き返した。
クレープ上にのばし、その上にネギや天か
工地域でのお好み焼き屋も、根づよく発展
そして、昭和51年頃に、合成樹脂に甲
す等をのせて焼く( のせ焼きという ) が主
していくと思う。
皮材を導入したまったく新しいタイプの靴
流であり、戦前は子供のおやつであり、戦
ケミカルとお好み焼きが共生する地域が
である「ケミカルシューズ」が開発された。
後、具を加えて大人の酒のつまみになって
ケミカルシューズはゴム靴に比べて意匠・
いる。お好み焼きは、客層は幼児から高齢
デザイン・色彩型式等の点において、多様
者まで男女を問わず年齢層が幅広く、価格
性に富み、生産の弾力性が強く求められる
も安いので、誰でも気安く食べられる。特
ため、生産分業システムを基盤とした小回
に、新長田地区では、お好み焼きのひとつ
りのきく中小企業の特性を発揮できる余地
である
「そばめし」がある。このそばめしは、
が大きかった。
焼きソバとご飯を鉄板で炒
この企業はゴム靴の生産をはるかに超え
めたソース味の焼めしをい
る工程に分業化されている。
う。
この住工地域から、鼻をそそるお好み焼
そばめしの発祥として、
きの臭いが漂ってくる。長田のお好み焼き
長田区にあるお好み焼き店
は、兵庫区の新開地と双璧をなしている。
で、付近のゴム工場で働い
狭い新長田地区のエリア内での店舗数で
ていた女工が、焼きそばを
は、全国有数である。住工地域の町内には、
焼いているのに目をつけ、
一軒位の割合でお好み焼き屋があったもの
「弁当の冷やご飯を焼きそ
だ。露地裏に提灯が吊り下がり、暖簾をく
ばと一緒に炒めて」と頼ん
ぐると、ソース味の臭いの強い熱風が顔を
だ事で出来たメニューと云
おそったものである。四帖半位の狭い店内
われている ( このことにつ
のど真中に鉄板があり、中年のおばちゃん
いて、新開地が発祥とも云
が焼いており、その対面に丸椅子に座った
われている )。
格別の美学、卓越の贅
フ ァー
&
ジ ュ エリー
ミ ネ
(13回生)
TEL(078)321-0639
株式会社
水産
〒652− 神戸市兵庫区本町2丁目3番38号
0834 T E L 078−651−5031
FAX 078−651−5191
「新長田地区」である。
新長田 頑張れ
出光興産株式会社 販売店
大西 石 油 株 式 会 社
大 西 邦 彦 (13回生)
柳 原 給 油 所:TEL(078)
671-0822・4795
本社&新長田給油所:TEL(078)
691-1712㈹・FAX(078)691-1737
サンフラワー長田給油所:TEL(078)
612-3530・FAX
(078)
612-3536
株式会社
天竹工務店
代表取締役 天 竹 功 一 (17 回生)
〒653-0852 神戸市長田区山下2丁目2−10
TEL(078)631-2888 FAX(078)631-2889
URL http://www.amatake.jp/ e-mail:[email protected]
SNACK
富美
神戸市長田区松野通1丁目5−6
国際ビル4F
TEL078-642-1447
福島富美子(17 回生)
5
MESSAGE
恩師より
髙木 修治
青春の丘Ⅲ ( 登山3題 )
◦西中の背後に聳える ? 高取山については、会
叱りをうけたことも、苦い想い出の一つだ。( 深
報9号で、木羽君 (11回生 ) が詳しく書かれて
山の中の“双門の滝”を夢で見ることがある )
いるが、昭和25年新米教師として赴任し、ク
◦当時長老の三好先生と新卒の大榎先生と3人
ラスの生徒に、早朝登山を提案したところ、
で 立 山 (3015m ) 〜 針 木 峠 (2541m ) を 重 い
10人位の生徒が、始業前 (6時頃 ) 西山町の拙
天幕を担ぎ、雪渓を下り、黒四ダムの工事用の
宅を毎日誘ってくれた事を懐い出す。山頂から
ジープをヒッチハイク、大町の農家で青いリン
学校を見たら、美味しい空気を一杯すって、語
ゴをリュック一杯仕入れ、汽車のデッキで、丸
り合った青春の一時だった。朝練や補習で互い
噛りしたのも、懐かしい憶い出だ。光陰矢の如
に忙しくなり、よきゆとりがなくなったのは残
しで、退職した年に黒部ダムへ行ったらスカー
念だった。( 後進達が継続したと聞く )
ト姿でハイヒールをはいた女性がいたのには驚
◦夏休みのある日、2年生 (6回生 ) の3人が
いた。山の魅力を教えて頂いた先輩や卒業生の
奈良の弥 山 (1915m ) の登山計画をもって付
皆さんに感謝すると共に、弥山に登った6回生
添いを頼みに来た。部活も大会が終わったとこ
のI君のご冥福を謹んで祈る。( I君は大学の
ろだったので碌に現地も調べず、台風の跡とい
登山部で剣岳で亡ったと聞く )
みせん
うこともあって、遭難しかけ、校長先生からお
新事務局長より
前事務局長より
平成8年の P T A 総会で50周年
私は今度、同窓生の皆様の推挙によ
記念のため同窓会の再結成を目標に
り、天竹氏の後任として事務局長に就
挙げて丸10年が終わり同窓会も軌
任させていただきました木 羽賢 至郎
道にのりましたので発起人としては
き
ば けんしろう
(11回生)と申します。
一応責任が果たせたのではないかと
この同窓会を親しみやすい気取らな
思います。
い庶民的な同窓会に成育させたいと
10年間お世話になりました。病
思っています。
気に負けない様にがんばって元気に
今後とも御指導・御鞭撻の程よろし
なれば又お手伝いします!
く願います。
天竹功一(17回生)
ホームページが新しくなりました
事務局の移転
事務局の所在地が下記の通り変更になりました。
〒655-0035
神戸市垂水区五色山8丁目1番55
サンロイヤル霞ヶ丘105号
木羽賢至郎 方
T E L 078-708-2626
F A X 078-708-2636
事務局の移転に伴い、ホームページも下記 U R L に移行しています。
~ i k k1091/
h t t p : / / w w w . e o n e t . n e . j p / 年間行事予定、会報のバックナンバー、総会の写真等に加え、新し
い掲示板も設置しました。
どうぞご活用下さい。
ホームページについての問い合せ先 R X [email protected] n i f t y. n e . j p
辰 巳 寿 司
長田神社前商店街
TEL 078-575-5264
辰巳久司(18 回生)
6
INFORMATION
回生だより
7回生同期会
10回生卒業50周年記念第3回同期会
日 時:10月18日(土)午後1時より
場 所:「高くら」
新長田ジョイプラザ25階
9回生卒業50周年記念同期会
4月19日(土)午後12時より、神仙閣にて開
催されました。
恩師11名のご出席を頂き、125名の同期生が
集いました。中学時代にタイムワープし、和やか
な楽しい時間を過ごすことができました。
日 時:10月19日(日) 午後1時より
場 所:神仙閣
会 費:8000円
18回生同期会
日 時:平成20年11月9日(日) 午後1時より
場 所:パレス神戸
神戸市中央区山手通5-1-16
T E L 078(371)
7800
新しい体育館を見学して
教頭先生の御礼のことば
4月22日(火)、良く晴れた午後、水谷校長先生の案内で、同
同窓会の皆様には、学校活動の
窓生有志数名が新しくなった西代中学校の体育館の見学をさせて
充実に向けて、日頃よりご理解とご
もらった。
協力を頂き、誠にありがとうござい
東のエントランスホールから入って左手に更衣室・トイレ、右
ます。この度、体育館完成記念とし
側は、体育倉庫になっている。扉をたくさん備えて奥行きが浅く、
て、
「校訓額装一式」
「スポットライ
用具を取り出しやすいようにとの配慮がうかがえる。そして、正
ト2台」を寄付していただきました。校訓額は体育
面にはステージ。この体育館は多目的で、時には講堂にも変身す
館壁面に取り付けました。
る。ステージの左上の壁には、生徒が一文字ずつ作った銅版の校
スポットライトは合唱コ
歌と、校訓「責任感」の額が掲げられていたが、体育館が大きい
ンクールや文化祭等でス
せいか、額が小さくなったように感じられた。ステージ裏、つま
テージの照明に使用しま
り西側からも、出入りは可能で、武道館に通じている。
す。寄付していただいた
高い天井も、周囲の壁も、まだ新しい木の香りを放っていた。
品については、末永く使っ
右横の壁には、以前同窓会から寄贈した「西中魂ここにあり」の
て い き た いと 思 い ま す。
横断幕。
ありがとうございました。
素晴らしい体育館での後輩たちの活躍に期待しよう。
石動 寛
「六甲山横断」紀行
4回生
藤本 義之
平成19年11月23日 ( 金・祝 ) 晴、芦屋川8
ぎに着き、ここで一服。峠を少し下れば住吉川
時30分、K 氏、S 夫人、私の3名が集合。2ケ
の上流。さらに進むと本庄橋跡で、まもなくコー
タの参加者を予想していたので少し拍子抜けで
ス最後の登りの七曲りだ。あと一息。12時20
ある。「のんびり歩こう」を合言葉に、坂道を
分、一軒茶屋に到着。
「昼食にしよう。
」空腹を
北上。30分のアプローチで“高座の滝”に着
満たし人心地ついたところで、今日のメインポ
いた。ここで小休止。身づくろいをして9時
イントである“六甲山最高峰”へ向かう。数分
20分出発。少し高度を稼いだところから振り
で一等三角点の頂点に立った。瀬戸内海国立公
向けば眼下に視界が開ける。急な岩場の連続で
園といわれるだけに大パノラマの景観が展開す
緊張、息がはずむ。苦しくもまた楽しい岩場を
る。記念写真のあと一軒茶屋まで戻り、下山に
クリアして送電線鉄塔下でまた小休止、汗が噴
つく。下りは魚屋道 ( ととやみち ) をとる。やが
く。もう一頑張り、10時10分、風吹岩に到着。
て有馬の街が見えて、2時10分、無事下山。
ここからの眺望は抜群で、絶景。約10分休
晩秋の一日を六甲山で快適に過ごし、心身爽
んで出発。これからしばらくはフラットな道に
快。この計画を立案された K 氏に感謝。
なりルンルン気分で歩ける。雨ヶ峠に11時過
7
事務局だより
西代中学校同窓会運営費決算報告書
賛助金のお願い
(平成19年4月1日〜平成20年3月31日) 平成20年3月31日現在
収 入 の 部
繰越金
3,602,896
利息
4,292
賛助金
1,594,700
現役生会費(平成19年度分)
194,109
広告料
270,000
総会チケット代金
1,372,000
総会祝金
5,000
雑収入(親睦会、新年会残金)
5,200
7,048,197
ご協力
ありがとうございます。
西代中学校同窓会を運営していくた
めに皆様に賛助金のご協力をお願い
申し上げます。
賛助金(1年分1口2,000円)
何口でもけっこうです!!
同封させて頂きました振込用紙にご
記入の上振込頂きます様お願い申し
上げます。
第11号
収 入 計
支 出 の 部
会議費(会議室使用費他)
69,262
通信費(ハガキ、切手)
75,700
印刷費(封筒、会報)
546,070
会報郵送費
617,355
59回生同窓会名簿
44,100
母校助成費(スポットライト、額表装) 270,500
58回生同期会補助
15,900
卒業式祝金
10,000
卒業証書入れ助成金
68,000
事務用品費
89,760
事務費(4月〜8月@20,000)
100,000
パソコン、プリンター他
151,975
総会費用
1,010,797
繰越金
3,978,778
支 出 計
7,048,197
西 代 中 学 校 同 窓 会 報
INFORMATION
西代中学校同窓会運営費の決算を上記のとおり報告します。
平成20年3月31日
会 計 芝田 秀清(13回生) 会 計 山岡 高士(15回生)
会計監査の結果、上記報告に誤りのないことを報告します。
会計監査 近藤 康世(3回生) 会計監査 鈴木 英之(9回生)
親睦会のご案内
青春キップで長浜へ
◦日 時:平成20年9月7日(日)※時間は未定
◦集 合:J R 神戸駅
◦申込方法:事務局へ F A X 078(708)2636
◦締 切:8月20日(水)
※お申し込み後、ご案内状を送付いたします。
西代中学校第12回同窓会総会及懇親会
◦日 時:平成20年7月27日(日)
12時開会(受付11:30)
◦場 所:神仙閣 神戸市中央区下山手2丁目2-13-1
T E L 078-331-1263
◦会 費:7,000円
同窓会報の
「名称
(ネーミング)
」
の募集
◦この冊子に名前をつけて下さい。
◦応募方法:事務局への F A X(078-708-2636)
又は、振込用紙の通信欄に記入
◦採用分には記念品贈呈
◦締 切 日:6月末日
プルタブ回収のお願い
個人情報
西代中生徒会において、学校をあげて、プルタブの回収
同窓会事務局は個人情報保護の重要性を十分認識し同窓生の
をし、福祉施設に車椅子等の福祉用具を寄贈しようと運動
個人情報を同窓会運営のために必要な範囲で利用します。その
他の目的には一切利用することはありません。
しています。同窓生の皆様のご協力をお願いします。
事務局まで連絡下さい。
編集後記
会報11号はカラー印刷でお届けします。母校に2月末、新
告掲載にご協力いただきました方々に、紙面を借りて御礼申
たな体育館が出来たように、会報も一新することが出来まし
し上げます。
た。多くの方々のご理解、ご協力に編集委員一同感謝の気持
ちで一杯です。
また、原稿依頼を快諾して下さいました方々、取材に快く
応じて下さいました同窓生ならびに御家族の方々、更に、広
8
広報委員会
担当顧問 岡本 豊一(7) 委 員 辻野 芳郎(8)
委 員 長 近藤 康世(3) 木羽賢至郎(11)
副委員長 田口 雅利(18) 大内 純子(17)
藤原 亮子(21)
一角 泰彦(22)
発行日:平成20年(2008年)5月吉日
発 行:神戸市立西代中学校同窓会 〒655-0035 神戸市垂水区五色山8丁目1番55号 T E L 078-708-2626 F A X 078-708-2636
会 長 牟田 素子(5回生) 会計部長 藤原 亮子(21回生)
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
111
File Size
2 447 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content