close

Enter

Log in using OpenID

有価証券報告書 - 価値開発株式会社

embedDownload
有価証券報告書
(証券取引法第24条第1項に基づく報告書)
事 業 年 度
(第127期)
自
至
株式会社
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
上 毛
群馬県前橋市六供町370番地
(201002)
目
次
頁
第一部
第1
企業情報
………………………………………………………………………………………………………
1
企業の概況 ………………………………………………………………………………………………………
2
1. 主要な経営指標等の推移 ……………………………………………………………………………………
2
2. 沿革 ……………………………………………………………………………………………………………
4
3. 事業の内容 ……………………………………………………………………………………………………
5
4. 関係会社の状況 ………………………………………………………………………………………………
7
5. 従業員の状況 …………………………………………………………………………………………………
8
第2
事業の状況 ………………………………………………………………………………………………………
9
1. 業績等の概要 …………………………………………………………………………………………………
9
2. 生産、受注及び販売の状況 …………………………………………………………………………………
11
3. 対処すべき課題 ………………………………………………………………………………………………
12
4. 経営上の重要な契約等 ………………………………………………………………………………………
13
5. 研究開発活動 …………………………………………………………………………………………………
13
第3
設備の状況 ………………………………………………………………………………………………………
14
1. 設備投資等の概要 ……………………………………………………………………………………………
14
2. 主要な設備の状況 ……………………………………………………………………………………………
14
3. 設備の新設、除却等の計画 …………………………………………………………………………………
14
第4
提出会社の状況 …………………………………………………………………………………………………
15
1. 株式等の状況 …………………………………………………………………………………………………
15
(1) 株式の総数等 ………………………………………………………………………………………………
15
(2) 発行済株式総数、資本金等の推移 ………………………………………………………………………
15
(3) 所有者別状況 ………………………………………………………………………………………………
16
(4) 大株主の状況 ………………………………………………………………………………………………
16
(5) 議決権の状況 ………………………………………………………………………………………………
17
(6) ストックオプション制度の内容 …………………………………………………………………………
17
2. 自己株式の取得等の状況 ……………………………………………………………………………………
18
3. 配当政策 ………………………………………………………………………………………………………
18
4. 株価の推移 ……………………………………………………………………………………………………
18
5. 役員の状況 ……………………………………………………………………………………………………
19
第5
経理の状況 ………………………………………………………………………………………………………
21
[監査報告書]
1. 連結財務諸表等 ………………………………………………………………………………………………
24
(1) 連結財務諸表 ………………………………………………………………………………………………
24
(2) その他 ………………………………………………………………………………………………………
52
[監査報告書]
2. 財務諸表等 ……………………………………………………………………………………………………
55
(1) 財務諸表 ……………………………………………………………………………………………………
55
(2) 主な資産及び負債の内容 …………………………………………………………………………………
77
(3) その他 ………………………………………………………………………………………………………
81
第6
提出会社の株式事務の概要 ……………………………………………………………………………………
82
第7
提出会社の参考情報 ……………………………………………………………………………………………
83
提出会社の保証会社等の情報
84
第二部
……………………………………………………………………………
第一部
企業情報
− 1 −
第1
企業の概況
1.主要な経営指標等の推移
(1)連結経営指標等
回
決
算
年
次
第123期
第124期
第125期
第126期
第127期
月
平成 9年 3月
平成10年 3月
平成11年 3月
平成12年 3月
平成13年 3月
売上高
(百万円)
1,935
1,642
1,137
1,072
873
経常損益
(百万円)
△29
△49
△82
△3
△283
当期純損益
(百万円)
△36
△78
139
11
△515
純資産額
(百万円)
112
33
503
514
299
総資産額
(百万円)
1,618
1,538
1,449
1,628
2,046
1株当たり純資産額
(円)
11.23
3.38
38.71
39.57
20.94
1株当たり当期純損益
(円)
△3.60
△7.84
11.55
0.90
△39.38
潜在株式調整後1株当た (円)
り当期純利益
−
−
−
−
−
自己資本比率
(%)
−
−
−
31.6
14.7
自己資本利益率
(%)
−
−
−
2.3
△126.7
株価収益率
(倍)
−
−
−
502
−
営業活動による
キャッシュ・フロー
(百万円)
−
−
−
△50
△490
投資活動による
キャッシュ・フロー
(百万円)
−
−
−
△231
9
財務活動による
キャッシュ・フロー
(百万円)
−
−
−
128
823
現金及び現金同等物の期末残高 (百万円)
−
−
−
180
522
−
(−)
−
(−)
−
(−)
従業員数
(外、平均臨時雇用者数)
(人)
47
( 4)
42
(14)
(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
2.第123期から第126期までの潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株引受権付社債及び転
換社債の発行がないため記載しておりません。
3.第127期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益及び株価収益率については、当期純損失が計上されてい
るため記載しておりません。
4.従業員数は、平成12年3月期より就業人員数を表示しております。
− 2 −
(2)提出会社の経営指標等
回
決
算
年
次
第123期
第124期
第125期
第126期
第127期
月
平成 9年 3月
平成10年 3月
平成11年 3月
平成12年 3月
平成13年 3月
売上高
(百万円)
1,692
1,397
931
896
706
経常損益
(百万円)
△25
△51
△93
△5
△273
当期純損益
(百万円)
△57
△55
61
14
△504
資本金
(百万円)
500
500
665
665
790
発行済株式総数
(千株)
10,000
10,000
13,000
13,000
14,322
純資産額
(百万円)
152
97
488
503
276
総資産額
(百万円)
1,658
1,569
1,410
1,591
1,991
1株当たり純資産額
(円)
15.29
9.74
37.58
38.72
19.30
1株当たり配当額
(うち1株当たり中間配当額)
(円)
1株当たり当期純損益
(円)
△5.74
△5.55
5.07
1.13
△38.46
潜在株式調整後1株当た (円)
り当期純利益
−
−
−
−
−
−
−)
(
−
−)
(
−
−)
(
−
−)
(
−
−)
(
自己資本比率
(%)
9.2
6.2
34.6
31.6
13.9
自己資本利益率
(%)
−
−
−
2.9
△129.3
株価収益率
(倍)
−
−
−
796
−
配当性向
(%)
−
−
−
−
−
従業員数
(外、平均臨時雇用者数)
(人)
39
(−)
37
(−)
34
(−)
30
( 4)
26
( 8)
(注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
2.第123期から第126期までの潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株引受権付社債及び転
換社債の発行がないため記載しておりません。
3.第127期の潜在株式調整後 1株当たり当期純利益及び株価収益率については、当期純損失が計上されて
いるため記載しておりません。
4.従業員数は、平成12年3月期より就業人員数を表示しております。
− 3 −
2.沿革
年
月
沿
革
大正元年 9月
群馬県伊勢崎市に資本金300千円をもって設立、本社工場にて絹織物用撚糸の製造販売を開始
昭和12年 6月
六供工場(群馬県前橋市)を開設
14年 2月
金津工場(福井県金津町)を開設
15年 6月
上毛実業株式会社(現・関連会社)を設立
18年12月
本社工場を売却、本社を群馬県前橋市に移転
24年 7月
京都出張所(京都市上京区)を開設
29年 9月
加茂工場(新潟県加茂市)を開設(現・上毛ファミリーサービス株式会社
11月
横浜営業所(神奈川県横浜市)を開設
32年 8月
伊勢崎工場(群馬県伊勢崎市)を開設
33年 7月
エンブロイダリーレース製造を開始
34年 6月
東京証券取引所店頭銘柄として株式公開(資本金150百万円)
36年 4月
横浜生糸取引所(現・横浜商品取引所)にて商品取引業を開始
10月
加茂工場)
東京証券取引所第2部に株式上場(資本金225百万円)
40年 4月
北陸出張所(石川県小松市大川町)を開設
42年10月
丹後出張所(京都府峰山町)を開設
45年 8月
北陸事業所を石川県小松市(矢田野町)に移転
47年 1月
丹後営業所を京都府加悦町に移転
3月
株式会社 上毛ハウジング(現・連結子会社)を設立
4月
不動産関連事業を開始
50年 3月
金津工場を閉鎖
51年 3月
六供工場を閉鎖
4月
京都営業所を移転(京都市上京区)
6月
加茂上毛撚糸株式会社(現・連結子会社)を設立
54年 3月
株式会社赤城カートランドを設立
61年 3月
株式会社赤城カートランドから上毛ファミリーサービス株式会社 (現・連結子会社)へ商号変更
し、保険代理業を開始
平成7年 2月
株式会社上毛ハウジング
群馬県渋川市にローソン渋川半田店を開業
11年 3月
伊勢崎工場を売却、伊勢崎工場を群馬県伊勢崎市(下植木町)に移転
12年11月
京都営業所を廃止
13年 3月
株式会社上毛ハウジングから株式会社上毛イットへ商号変更し、ブロードバンド関連事業を開始
− 4 −
3.事業の内容
当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社 上毛)、子会社3社及び関連会社1社の計5社
で構成されており、繊維関連事業、保険関連事業、不動産賃貸事業、雑貨販売事業、ブロードバンド関連事業を主
たる業務としております。
当社グループの事業内容及び当社と当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
なお、次の5部門は「第5
経理の状況
1.(1)連結財務諸表 注記」に掲げる事業の種類別ゼグメント情
報の区分と同一であります。
(1)繊維関連事業・・・・ 主要な製品は絹撚糸の加工販売、合繊撚糸の加工販売、レースの製造販売、その他繊維
製品販売であります。
絹撚糸・・・・・・ 当社で加工販売しております。
合繊撚糸・・・・・ 当社で加工販売しております。
レース・・・・・・ 子会社の上毛ファミリーサービス株式会社が製造し、当社が販売しております。
その他繊維製品・・ 当社のほか加茂上毛撚糸株式会社で販売しております。
(2)保険関連事業・・・・ 子会社の上毛ファミリーサービス株式会社がアメリカンファミリー生命保険の商品を販
売しております。
また、関連会社の上毛実業株式会社が安田火災保険の商品を販売しております。
(3)不動産賃貸事業・・・ 当社が自社の物件を賃貸いたしております。
(4)雑貨販売事業・・・・ 子会社の株式会社上毛イットがコンビニエンスストアの店舗経営をしております。
(5)ブロードバンド関連事業 ・・ 子会社の株式会社上毛イットがフロードバンドカフェの店舗経営及びブロードバンドを
利用したセキュリティシステム(防犯・防災フィルムを含む)を販売しております。
上毛実業株式会社は、インテリア用品の販売を営んでおりましたが、平成12年9月末日をもって撤退いたしまし
た。
− 5 −
<株式会社 上毛 グループ図>
:連結子会社
得意先
得意先
得意先
販売
販売
得意先
式
会
その他繊維製品
上
毛
繊維加工・繊維製品販売・不動産賃貸事業
加茂上毛撚糸株式会社
繊維販売
レース製品
上毛ファミリーサービス株式会社
レース製造・生命保険代理店業
株式会社上毛イット
ブロードバンド関連・雑貨販売業(コンビニエンスストア)
上毛実業株式会社
損害保険代理店業
− 6 −
損害保険販売
繊維製品
得意先
得意先
販売
合 繊
社
得意先
ブロードバンド関連商品などの販売
株
販売
販売
レース
得意先
生命保険販売
絹 業
:持分法適用関連会社
4.関係会社の状況
名
称
住
所
連結子会社
主 要 な
事 業 内 容
資 本 金
議決権の
所有割合
千円
関 係 内 容
摘
要
%
加茂上毛撚糸㈱
新潟県加茂市
10,000
繊維関連事業
100
当社製品の販売
資金の貸付
役員の兼任 1人
(注)4
㈱上毛イット
東京都世田谷区
20,000
雑貨販売事業
ブロードバン
ド関連事業
100
資金の貸付
役員の兼任
(注)3
上毛ファミリーサー
ビス㈱
群馬県前橋市
10,000
保険関連事業
繊維関連事業
100
当社製品の製造加工
製造設備の賃貸
役員の兼任 1人
群馬県前橋市
10,000
保険関連事業
1人
(注)6
(注)6
(注)4
持分法適用関連会社
上毛実業㈱
19.0 資金の貸付
(18.3) 役員の兼任
(注)5
1人
(注)6
(注)1.特定子会社に該当する会社はありません。
2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
3.㈱上毛イットについては、売上高(連結相互間の内部取引除く)の連結売上高に占める割合が100分の
10を超えております。なお、㈱上毛イットの売上高は事業の種類別セグメントにおける雑貨販売事業
の売上高に占める割合が、100分の90を超えているため、主要な損益情報等の記載を省略しております。
4.加茂上毛撚糸㈱及び上毛ファミリーサービス㈱については売上高(連結相互間の内部取引除く)の連結
売上高に占める割合がそれぞれ100分の10以下であるため、主要な損益情報等の記載を省略しておりま
す。
5.議決権の所有割合の(
)内は、緊密な者又は同意している者の所有割合で外数となっております。
6.債務超過会社で債務超過の額は、平成13年3月末時点で、加茂上毛撚糸㈱が85,165千円、㈱上毛イット
が100,435千円、上毛実業㈱が48,545千円となっております。
− 7 −
5.従業員の状況
(1)連結会社の状況
平成13年 3月31日現在
事業の種類別セグメントの名称
従
業
員
数
繊
維
関
連
事
業
保
険
関
連
事
業
8( −)
業
1( −)
業
2( −)
不
動
雑
産
貨
販
賃
貸
売
事
事
25(
ブロードバンド関連事業
全
社
(
合
共
通
)
計
7)人
−(
6)
6(
1)
42( 14)
(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は(
)内に当連結会計年度の平均人員を外数で記載してお
ります。
2.全社(共通)として記載されている従業員数は特定のセグメントに区分できない管理部門に所属してい
るものであります。
(2)提出会社の状況
従
業
員
平成13年 3月31日現在
数
平
26( 8)人
均
年
齢
平 均 勤 続 年 数
45才 7ヵ月
13年 6ヵ月
(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は(
平 均 年 間 給 与
3,618,780円
)内に当連結会計年度の平均人員を外数で記載してお
ります。
2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
(3)労働組合の状況
労働組合はありません。
− 8 −
第2
事業の状況
1.業績等の概要
(1)業
績
当連結会計年度におけるわが国の経済はデフレ色が一段と深まるなか、政府による不良債権処理も目に見える
ような効果が少なく、依然として懸命に不況の出口を模索しているように見受けられますが、完全失業率も下が
る気配もなく、民間の設備投資も低迷しており、景気回復の兆しが一向に現れないという状況であります。
当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)におきましては、そのような状況に加えて、当社では
昨年の不祥事が重なり、たいへん厳しい決算を迎えることとなりました。売上高は873百万円と前期比で198百万
円(前連結会計年度比-18.5%)の減収となり、売上高総利益も228百万円(前連結会計年度278百万円)と減少い
たしました。営業外収益が18百万円(前連結会計年度52百万円)あったものの、社債発行にかかわる費用等によ
り営業外費用149百万(前連結会計年度24百万円)を計上し、経常損失は283百万円(前連結会計年度は経常損失
3百万円)となりました。特別利益の29百万円(前連結会計年度52百万円)と比較して特別損失が拡大し、クレ
アモント関連の清算損失63百万円、たな卸資産評価損42百万円、投資有価証券評価損110百万円、投資有価証券
売却損22百万円など合計で255百万円(前連結会計年度30百万円)を計上した結果、当期純損失は515百万円(前
連結会計年度は純利益11百万円)となりました。なおクレアモント関連の特別損失は投資有価証券評価損を含め
てすべて今期で処理を終えております。
事業の種類別セグメントの業績は次のとおりであります。
繊維関連事業部門におきましては、業界全体の低迷により大型倒産や信用不安が発生した絹業と、昨年の不祥
事の影響を最も大きく受けた合繊の売上高が激減いたしました。レース及び商事は微増にとどまりました。この
結果、売上高は656百万円(前連結会計年度比22.6%減)、営業損失158百万円(前連結会計年度損失は59百万円
の損失)となりました。保険関連事業部門におきましては、異業種からの参入等により売上高は微増にとどまり
ました。この結果、売上高は75百万円(同4.4%増)、営業利益14百万円(同18.2%減)となりました。不動産
賃貸事業部門におきましては、減価償却費、管理費用の負担増により利益が若干減少いたしました。売上高は18
百万円(前連結会計年度と変わらず)、営業損失6百万円(同36.1%減)となりました。雑貨販売事業部門にお
きましても、不況による消費行動の低迷により売上高は120百万円(同9.5%減)、営業損失1百万円(前連結会
計年度損失は0百万円)となりました。ブロードバンド関連事業部門におきましては当連結会計年度に、新規事
業として3月より事業を開始いたしましたので費用のみの計上となりました。この結果、営業損失18百万円とな
りました。
− 9 −
(2)キャッシュ・フロー
当連結会計年度における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、税金等調整前当期
純損失を509百万円計上した上、有価証券取得の支出等の要因があったものの、財務活動による調達を積極的
に行った結果、前連結会計年度末に比べ342百万円増加し、当連結会計年度末には522百万円となりました。
当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
(営業活動によるキャッシュ・フロー)
営業活動の結果使用した資金は、490百万円(前連結会計年度比439百万円の増加)となりました。これは
主に税金等調整前当期純損失が多額に計上されたことに加え、売買目的有価証券の収支差額(533百万円)
等によるものであります。
(投資活動によるキャッシュ・フロー)
投資活動の結果得られた資金は、9百万円(前連結会計年度は231百万円)の使用となりました。これは主
に投資有価証券の売却(176百万円)と定期預金の払戻(229百万円)によって得られたものですが、無形固
定資産の取得(338百万円)等により大部分が相殺されました。
(財務活動によるキャッシュ・フロー)
財務活動の結果得られた資金は、823百万円(前連結会計年度比694百万円の増加)となりました。これは
主に、社債の発行(2,847百万円)によって得られたものですが、社債の償還(1,700百万円)と短期借入金
の返済等によりその一部が相殺されています。
− 10 −
2.生産、受注及び販売の状況
(1)生産実績
(単位:千円)
事業の種類別セグメントの名称
自
至
当連結会計年度
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
繊 維 関 連 事 業
保 険 関 連 事 業
不 動 産 賃 貸 事 業
雑 貨 販 売 事 業
ブロードバンド関連事業
そ
の
他
合
計
前
年
同
期
比
334,910
−
−
−
−
−
74.9%
−
−
−
−
−
334,910
74.9
(注)1.金額は販売価格によっております。
2.本表の金額には、消費税等は含まれておりません。
(2)受注状況
(単位:千円)
当連結会計年度
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
自
至
事業の種類別セグメントの名称
受
注
高
受 注 残 高
前年同期比
繊 維 関 連 事 業
455,968
保 険 関 連 事 業
−
−
−
−
不 動 産 賃 貸 事 業
−
−
−
−
雑 貨 販 売 事 業
−
−
−
−
ブロードバンド関連事業
−
−
−
−
そ
−
−
−
−
455,968
53.9
28,375
39.2
の
合
他
計
53.9%
前年同期比
28,375
39.2%
(注)1.金額は販売価格によっております。
2.本表の金額には、消費税等は含まれておりません。
(3)販売実績
(単位:千円)
事業の種類別セグメントの名称
自
至
当連結会計年度
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
前
年
同
期
比
繊
維
関
連
事
業
656,395
保
険
関
連
事
業
75,552
104.4
不 動 産 賃 貸 事 業
18,697
100.0
業
120,735
90.5
ブロードバンド関連事業
−
−
2,058
−
873,439
81.5
雑
貨
そ
販
売
の
合
事
他
計
77.4%
(注)1.セグメント間の取引は相殺消去しています。
2.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合について
10/100以上の相手先はありません。
3.本表の金額には、消費税等は含まれておりません。
− 11 −
3.対処すべき課題
(1)当社グループの現状の認識について
現在当社グループは繊維関連事業・保険関連事業・不動産賃貸事業・雑貨販売事業・ブロードバンド関連事業
の5事業を親会社と子会社3社を含め4社で分担しております。親会社は繊維関連事業及び不動産賃貸事業、子
会社のうち2社が保険関連事業、雑貨販売事業及びブロードバンド関連事業、残りの1社は親会社と同様に繊維
関連事業を営んでおります。各事業とも高い成長性を望むことは困難な状況にあり、近年行ったリストラも依然
として収益の改善に大きく寄与せず、収益力を回復させるためには、抜本的な改革が必要であると認識しており
ます。
(2)当面の対処すべき課題の内容
①信用の回復
主力である繊維関連事業の売上高の減少傾向に加え、昨年の不祥事が加わり今期は大きく売上高が下落いた
しました。一部の得意先との取引形態にも変化がありましたので、信用の回復を最重要課題として既存の得意
先との関係修復に努めたいと考えております。
②収益力の回復
当社の製品は、消費者に直結していない中間材であることが多いために、ニーズや流行の変化に対して機動
的な対応が取りにくいという特徴があります。過去の売上高推移は景気と連動することが多く、現在のような
不況下で収益を回復させるためには、消費者に近く、その声を反映させることのできる新たな製品の開発が必
要だと考えております。また、新規事業を立上げ、新たな収益源の構築を加えることで収益力の回復に努めた
いと考えております。
③社員の士気の回復
長期間にわたる不況による収益悪化及びリストラに昨年の不祥事が加わり、社員の士気が若干低下しており
ますので、意気の高揚を図るような施策の導入が必要であると考えております。
(3)対処方針
企業内ネットワークを完備し、本社と各事業所の情報交換の密度と頻度を上げることで顧客動向および売上高
の変化を迅速に把握し、子会社を含めた有機的な企業体に作り上げます。また、新規事業として、本業ではブラ
ンド戦略で新たな市場に参入し、子会社をベースにブロードバンド関連事業に進出することで、収益力を多面的
に構築したいと考えております。
(4)具体的な取組状況等
①繊維メーカーとして再生・復活するためのブランド戦略
KINU J(キヌジェイ)、Jennifer J(ジェニファージェイ)、Defense J(ディフェンスジェイ)の3つの
ブランドにより営業を展開し、顧客の声を反映した商品を提供します。
②ブロードバンド関連事業を新たな収益源として積極的な展開を図る
ブロードバンドによるネットワーク・インフラが徐々に整いつつある今、光ファイバーによるブロードバン
ドの体験ができるCafé J(カフェジェイ)を拠点として、ブロードバンドビジネスに参入いたします。運営は
子会社の㈱上毛イットが行い、そのほか関連商品の販売に積極的に取り組んでまいります。
③ストックオプション制度の導入
社員の意識改革と経営参加意欲を高めるために、ストックオプション制度を導入する予定です。
− 12 −
4.経営上の重要な契約等
契約会社名
株式会社 上毛
相手方の名称
エーシーイーセキュリティー
ラミネーツインク
国
名
カナダ
契約品目
契約内容
防犯防災
日本における
平成13年3月6日から
フィルム
総販売代理店契約
平成18年3月5日まで
5.研究開発活動
該当事項はありません。
− 13 −
契約期間
第3
設備の状況
1.設備投資等の概要
当社グループでは、繊維関連事業において一般消費者に近い商品の販売を開始し、繊維業界の低迷による売上
高の減少傾向に対処するため、主に新しくブランド商品を開発し販売するための商標権150百万円、新製品のた
めの実用新案の権利取得で80百万円の投資を実施いたしました。
また、ブロードバンド関連事業においてオンデマンド型カメラの特許権取得で70百万円、セキュリティーフィ
ルムの日本における販売総代理店としての営業権取得で38百万円の投資を実施いたしました。
なお、当連結会計年度において重要な設備の除去、売却等はありません。
2.主要な設備の状況
当社グループにおける主要な設備は次のとおりであります。
(1)提出会社
事業所名
(所 在 地)
事業の種
類別セグ
メントの
名称
本社
(群馬県前橋市)
繊維関連事
業及び会社
統括業務
事務所
伊勢崎工場
(群馬県伊勢崎市)
繊維関連事業
刺繍レース
製造設備
横浜営業所
(横浜市中区)
繊維関連事業
北陸事業所
(石川県小松市)
丹後営業所
(京都府加悦町)
設備の
内 容
13,504
合
(単位:千円)
従業
摘
員数
要
計
(人)
16,534
10(1)
1,742
8,084
(
−
−)
289
10,116
6(4)
事務所
−
−
(
−
−)
1,028
1,028
3(-)
繊維関連事業
事務所
13,786
11,570
10,478
(896.03)
480
36,315
5(2)
繊維関連事業
事務所
−
412
−
−)
22
435
2(1)
28,184
4,505
29,705
(3,220.81)
−
62,394
不動産賃貸事
業
その他
建物及び
構 築 物
帳
簿
価
額
機械装置
土 地
及び運搬具 (面積㎡) その他
1,846
581 (1,448.57)
602
―
(
−
(注)その他には連結子会社の繊維関連事業に対する賃貸設備が含まれております。
(2)国内子会社
名
事業所名
(所在地)
事業の
種類別セ
グメント
の 名 称
設 備 の
内
容
加 茂 上 毛 撚 糸 本社
刺繍レース
㈱
(新潟県加茂市) 繊維関連事業 製造設備
帳
建物及び
構 築 物
簿
価
額
土 地
機械装置
その他
及び運搬具 (面積㎡)
合 計
従業
員数
(人)
906
197
(
−
−)
23
1,127
6(-)
22,942
2(6)
3,467
8(-)
㈱上毛イット
ブロードバンド
本社
(東京都世田谷区) 関 連 事 業
事 務 所
及び店舗
−
−
(
− 22,942
−)
上毛ファミリー
サービス㈱
本社
(群馬県前橋市) 保険関連事業 事 務 所
−
3,078
(
−
−)
388
(注)1.提出会社のその他には連結子会社の繊維関連事業に対する賃貸設備が含まれております。
2.帳簿価額のうち「その他」は、工具器具及び備品であり、建設仮勘定を含んでおります。
なお、金額には消費税等は含めておりません。
3.従業員数の( )は、臨時従業員数を外書しております。
3.設備の新設、除却等の計画
該当事項はありません。
− 14 −
要
社
摘
会
(単位:千円)
第4
提出会社の状況
1.株式等の状況
(1)株式の総数等
種
類
会社が発行する株式の総数
普 通 株 式
40,000,000
計
40,000,000
摘
要
株
(注)
−
(注)平成13年4月27日開催の臨時株主総会において定款の一部変更が行われ、会社の発行する株式の総数は同日
より12,000,000株増加し52,000,000株となっております。
発 行 済 株 式
記名・無記名
の 別 及 び 額 面 種類
・無額面の別
発
事業年度末現在
(平成13年3月31日現在)
数
提出日現在
(平成13年6月29日現在)
株
記名式額面株式 普通
(券面額 50円) 株式
計
行
−
株
上場証券取引所名
又は登録証券業
協
会
名
摘
要
14,322,751
18,291,004
東京証券取引所
(市場第二部)
(注)1・2
14,322,751
18,291,004
−
−
(注)1.発行済株式は全て議決権を有しております。
2.増加株数は、2005年満期ユーロ円建新株引受権付社債の権利行使によるものであります。
(2)発行済株式総数、資本金等の推移
年 月 日
発行済株式総数
増減数
千株
残
資
高 増減額
本
千株
千円
金
残
資 本 準 備 金
高 増減額
千円
千円
残
高
摘
要
千円
(注)1
平成10年
7月23日
3,000
13,000
165,000
665,000
165,000
215,840
平成13年
3月31日
1,322
14,322
125,661
790,661
151,281
367,122
第三者割当
発行価格
資本組入額
3,000千株
110円
55円
(注)2
新株引受権付社債の権利行使による増 加
(平成13年2月26日∼平成13年3月31日)
(注)1.割当先
クレアモント・キャピタル・ホールディング㈱
2.新株引受権の残高、発行価格及び資本組入額は次ぎのとおりであります。
平成13年3月31日
銘
柄
(発行年月日)
2005年満期ユーロ円建
新株引受権付社債
(平成13年 2月20日)
新株引受権
の 残 高
750,000千円
平成13年5月31日
発行価格
資本組入額
189円
95円
新株引受権
の 残 高
−
発行価格
資本組入額
−
−
平成13年4月1日から平成13年5月31日までの間に新株引受権の権利行使により、発行済株式総数が3,968千
株、資本金が376,984千円、資本準備金が453,843千円増加し、新株引受権はすべて権利行使されました。
− 15 −
(3)所有者別状況
平成13年 3月31日現在
株式の状況(1単位の株式数1,000株)
区
分
政府及び地 金 融 機 関 証 券 会 社 そ の 他 の 外国法人等 個人その他
方公共団体
法
人 (うち個人)
単位未満
株式の状況
計
人
株主数
−
8
21
64
4
1)
(
2,069
2,166
−
単位
所有株式数
株
−
140
161
3,770
0.98
1.13
26.40
1,202
(
1)
9,009
14,282
8.41
0.01)
63.08
100
40,751
%
割合
−
(
−
(注)1.自己株式 5,593株は「個人その他」5単位及び「単位未満株式の状況」に593株を含めて記載しておりま
す。なお、自己株式5,593株は株主名簿記載上の株式数であり、平成13年 3月31日現在の実保有株式数
は593株であります。
2.「その他の法人」の中には証券保管振替機構名義の株式が 1,551単位含まれております。
(4)大株主の状況
氏
名
又
平成13年 3月31日現在
は
名
称
住
所
所有株式数
千株
発行済株式総数に対する
所有株式数の割合
%
クレアモントキャピタルホールディング株式会社
Suites 1-3,16th Floor,Kinwick Center,32
Hollywood Road,Central,Hong Kong
( 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 網 町9-3 キャナルタワー4F)
東京都千代田区紀尾井町3−10
田辺
広島県尾道市長江3−15−9
224
1.56
株式会社 ダイエー
兵庫県神戸市中央区港島中町4丁目1−1
169
1.17
株式会社 ジョイナス
東京都港区赤坂6−13−19−606
167
1.16
赤沼
埼玉県本庄市日の出4−1−30
132
0.92
株式会社 宮下商店
長野県埴科郡戸倉町磯部577−1
124
0.86
祢津
久雄
東京都文京区湯島1−6−11−1141
103
0.71
小川
正吉
東京都青梅市梅郷4−1174−2
102
0.71
東京都港区六本木7丁目15−17
95
0.66
3,002
20.95
インベストメントパートナーズアンドリンクリミテッド
(常任代理人 アイティーエム証券株式会社)
節代
常平
株式会社 ジュエリー六本木
計
1,188
8.29
698
4.87
(注)1.前事業年度末現在主要株主であったクレアモントキャピタルホールディング株式会社は当事業年度末で
は主要株主ではなくなりました。
2.上記のほか、証券保管振替機構名義の株式が1,551千株あります。
− 16 −
(5)議決権の状況
平成13年 3月31日現在
発行済株式
議決権のある株式数
議決権のない株式数
自 己 株 式 等
株
そ
の
株
−
単位未満株式数
他
株
−
摘
株
14,282,000
要
(注)
40,751
(注)1.「単位未満株式数」欄には、当社所有の自己株式 593株が含まれています。
2.「議決権のある株式数」の「その他」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が 1,551千株含まれてお
ります。
所有者の氏名又は名称等
自 己 株 式 等
氏名又は名称
住
所
発行済み株式総
数に対する所有
株式数の割合
所有株式数
自己名義
他人名義
株
株
計
株
%
−
−
−
−
−
−
計
−
−
−
−
−
摘
要
左記のほか株主名簿上は
当社名義となっているが、
実質的に所有していない株
式が5,000株あります。
なお、当該株式は、上記
「議決権のある株式数」欄
の「その他」に含めており
ます。
−
(6)ストックオプション制度の内容
当社はストックオプション制度を採用しております。当該制度は、商法280条ノ19第1項の規定に基づき、新株引
受権方式により、平成13年6月28日定時株主総会終結の時に在任する当社取締役及び当社使用人に対して付与する
ことを平成13年6月28日の定時株主総会において決議されたものであります。当該制度の内容は次のとおりであり
ます。
なお、平成12年6月29日の定時株主総会において決議された新株引受権方式によるストックオプションの付与は
平成13年2月15日の取締役会決議により中止いたしました。
(新株引受権付与の要領)
付与対象者
取
締
役
6名
株主の種類
株式数
普通株式
70千株
発行価額
平成15年8月1日から
(注)
使
用
人
35名
普通株式
権利行使期間
平成17年7月31日まで
73千株
権利行使についての条件
株引受権を付与された者は当社の取締役
又は使用人の地位を喪失した場合にも権
利を行使することができる。ただし、
「新株引受権付与契約」に定める条件に
より、その権利行使可能な付与株式数及
び行使可能な期間等について制限され、
または権利が失効することがある。
新株引受権の譲渡質入その他処分及び相
続は認めない。
(注)付与日の属する月の前月の各日(取引が成立しない日を除く。)における東京証券取引所における当社普通株式の
普通取引の終値(以下「終値」という。)の平均値の金額( 1円未満の端数は切り上げ)、又は付与日の終値
(当日に終値がない場合は、それに先立つ直近日の終値)のいずれか高い金額とする。
なお、付与日以降、当社が株式の分割又は併合を行う場合には、次の算式により発行価額を調整し、調整の結果
生じる1円未満の端数は、これを切り上げる。
1
調整後発行価額=調整前発行価額
×
分割・併合の比率
また、付与日以降、当社が、時価を下回る価額で新株を発行する場合(転換社債の転換、新株引受権証券及
び商法第280条ノ19の規定に基づく新株引受権の権利行使の場合を除く。)は、次の算式のより発行価額を調整
し、調整により生じる1円未満の端数は、これを切り上げる。
既発行株式数+
調整後発行価額=調整前発行価額
×
新規発行株式数×1株当たり払込金額
時
価
既発行株式数+新規発行株式数
− 17 −
2.自己株式の取得等の状況
[取締役又は使用人への譲渡及び利益、資本準備金又は再評価差額金による消却に係る自己株式の取得等の状況]
(1)前決議期間における自己株式の取得等の状況
該当事項はありません。
(2)当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況
該当事項はありません。
[資本減少、定款の定めによる利益による消却又は償還株式の消却に係る自己株式の買受け等の状況]
(1)前決議期間における自己株式の買受け等の状況
該当事項はありません。
(2)当定時株主総会における自己株式取得に係る決議状況等
該当事項はありません。
3.配当政策
当社は、株主に対して安定的に配当を行うべく会社運営に努力を重ねておりますが、業界の低迷のみならず
全般的な景気の後退感および昨年の不祥事が重なり、当期も赤字決算を余儀なくされ、当期配当金を見送りま
した。
市場の構造変化の続く中で収益構造を見直し、多角的な収益構造を確立することで収益を安定させ、早期に
復配すべく努力いたします。
4.株価の推移
回
次
決算年月
第123期
第124期
第125期
第126期
第127期
平成 9年 3月
平成10年 3月
平成11年 3月
平成12年 3月
平成13年 3月
最近5年間の事業年
度別最高・最低株価
最近6箇月間の月別
最
高
376円
279円
219円
1,301円
900円
最
低
216円
69円
66円
105円
100円
月
別 平成12年10月
最
高
198円
190円
180円
355円
715円
750円
最
低
120円
145円
146円
180円
290円
364円
11月
12月
平成13年1月
2月
3月
最高・最低株価
(注)最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。
− 18 −
5.役員の状況
役名及び職名
代 表 取 締 役
社
長
取
締
役
氏
名
(生 年 月 日)
麻
生
正
紀
(昭和36年9月1日生)
宮
川
進
治
(昭和2年2月20日生)
取
締
役
(管 理 本 部 長)
取
締
役
松
井
勲
(昭和31年9月2日生)
宇
野
元
志
(昭和29年2月6日生)
略
歴
昭和57年 4月
小林建築設計事務所入社
昭和59年 4月
東京佐川急便株式会社入社
昭和60年 5月
株式会社アソー代表取締役
昭和63年10月
株式会社シルバーライフに商号変更
所有株式数
千株
−
代表取締役(現任)
平成12年12月
当社
顧問
平成13年 1月
当社
代表取締役社長(現任)
昭和23年12月
株式会社八十二銀行入行
昭和56年 2月
株式会社大幸建設出向
昭和57年 2月
株式会社八十二銀行退職
昭和57年 7月
大進建設株式会社入社
平成 9年 6月
大進建設株式会社相談役
平成13年 1月
当社
昭和54年 7月
日本勧業角丸証券入社
昭和59年10月
ケミカル銀行入行
平成 2年10月
フィリップスアンドドリュー証券入社
平成 3年10月
シュローダー証券入社
平成 5年 5月
ドミニオン証券入社
平成 6年 1月
フランス預金供託公庫入社
平成 7年10月
株式会社サンライズ専務取締役
平成10年 3月
スターオイルコーポレーション入社
平成11年 1月
ヒロハワイアン株式会社入社
平成11年 6月
有限会社ウェルフェア入社
平成12年 2月
株式会社ミレニアム入社
平成12年 7月
株式会社エヌシーエス証券入社
平成12年10月
当社
入社
平成12年12月
当社
管理本部長(現任)
平成13年 1月
当社
取締役(現任)
昭和50年 4月
株式会社ゆうせん入社
昭和56年 2月
株式会社アーバンオフィス代表取締役
平成元年10月
株式会社ジェイク代表取締役
平成 3年 8月
株式会社エムズ代表取締役
平成13年 2月
有限会社ワンダーボックス代表取締役
−
取締役(現任)
−
顧問
−
(現任)
平成13年 4月
当社
昭和45年 4月
高千穂交易入社
昭和58年 6月
富士通興業入社
昭和64年 6月
株式会社スターリング入社
田 部 井 清 志
取
締
役
(営 業 本 部 長) (昭和22年12月26日生) 平成 7年 3月
平成 8年 5月
取締役(現任)
株式会社オプコン代表取締役
株式会社ケイアール代表取締役
平成13年 2月
当社
入社
平成13年 4月
当社
取締役(現任)
− 19 −
営業本部長(現任)
−
役名及び職名
氏
名
(生 年 月 日)
略
歴
平成 2年 4月
チェースマンハッタン銀行入行
平成 9年 1月
株式会社アイアールギャラクシーインク
所有株式数
千株
代表取締役
取
締
役
七 海 秀 之
平成11年12月
(昭和43年3月24日生) 平成12年 4月
平成13年 5月
モーニングスター株式会社常務取締役
同社
代表取締役
−
ガーディアンレップス株式会社
代表取締役(現任)
常 勤 監 査 役
監
査
役
田
辺
幸
雄
(昭和11年5月2日生)
太
田
孝
昭
(昭和23年4月7日生)
平成13年 6月
当社
取締役(現任)
昭和34年 7月
当社入社
昭和50年 8月
京都営業所長
昭和60年 9月
総務次長
平成 7年 4月
総務部長
平成11年 5月
当社退社
平成13年 6月
当社
昭和52年 7月
東京国税局査察部
昭和56年 7月
東京国税局調査1,2部門
昭和58年 3月
国税庁税務大学校(教育官)
昭和62年10月
東京国税局調査部
昭和63年 5月
税理士太田税務会計事務所開設
平成 3年 9月
税理士太田・細川会計事務所に名称変更
平成 4年 9月
株式会社ビジコム、株式会社経理秘書
−
監査役(現任)
−
代表取締役(現任)
監
査
役
宮
林
寿
平成13年 6月
当社
昭和30年 4月
当社入社
昭和49年11月
上毛実業株式会社に出向
昭和51年 7月
同社取締役
昭和54年 4月
同社代表取締役
(昭和12年1月11日生) 昭和62年 4月
平成 8年 1月
監査役(現任)
ファミリアライフサービス株式会社入社
−
有限会社ファミリアライフサービス
代表取締役(現任)
平成13年 6月
計
当社
−
監査役(現任)
−
−
(注)監査役太田孝昭及び宮林寿は、株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律第18条第1項に定める社
外監査役であります。
− 20 −
第5
経理の状況
1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
なお、前連結会計年度(平成11年4月1日から平成12年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づ
き、当連結会計年度(平成12年4月1日から平成13年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて
作成しております。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下
「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
なお、第126期事業年度(平成11年4月1日から平成12年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、
第127期事業年度(平成12年4月1日から平成13年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成し
ております。
2.監査証明について
当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成11年 4月 1日から平成12年 3月31日ま
で)の連結財務諸表及び第126期事業年度(平成11年 4月 1日から平成12年 3月31日まで)の財務諸表は中央青山
監査法人の監査を受け、当連結会計年度(平成12年 4月 1日から平成13年 3月31日まで)の連結財務諸表及び第
127期事業年度(平成12年 4月 1日から平成13年 3月31日まで)の財務諸表については、監査法人太田昭和セン
チュリーの監査を受けております。
その監査報告書は、連結財務諸表及び財務諸表のそれぞれの直前に掲げております。
− 21 −
1.連結財務諸表等
(1)連結財務諸表
①
連結貸借対照表
(単位:千円)
連結会計年度
科
Ⅰ
Ⅱ
目
(資産の部)
流動資産
1.現金及び預金
2.受取手形及び売掛金
3.有価証券
4.たな卸資産
5.未収入金
6.保証差入及び保管預り有価証券
7.その他
貸倒引当金
流動資産合計
前連結会計年度
(平成12年 3月31日現在)
当連結会計年度
(平成13年 3月31日現在)
金
金
額
構成比
額
構成比
%
※6
※8
※3
471,173
106,486
271,757
167,327
109,462
43,542
71,957
△9,941
1,231,765
※2
%
584,710
75,539
275
127,976
54,149
24,062
68,403
△7,917
927,199
75.6
45.3
固定資産
1.有形固定資産
(1)建物及び構築物
減価償却累計額
(2)機械装置及び運搬具
減価償却累計額
(3)土地
(4)建設仮勘定
(5)その他
減価償却累計額
有形固定資産合計
※6
142,954
80,093
235,166
202,432
※6
18,691
14,628
2.無形固定資産
(1)営業権
(2) 特許権
(3)商標権
(4)実用新案権
(5)その他
無形固定資産合計
142,844
84,719
232,832
204,402
62,861
32,734
42,029
−
4,062
141,688
−
−
−
−
7,815
7,815
22,528
15,901
58,124
28,430
42,029
19,152
8.6
6,626
154,363
7.5
0.4
29,893
68,541
148,750
78,666
4,012
329,864
16.1
3.投資その他の資産
(1)投資有価証券
(2)出資金
(3)長期未収入金
(4) 破産債権更生債権その
他これらに準ずる債権
(5)その他
貸倒引当金
投資その他の資産合計
Ⅲ
※6
81,055
101,235
360,301
97,188
234,180
−
−
237,910
63,493
62,519
△234,076
△236,898
245,889
15.0
521,022
25.5
固定資産合計
395,393
24.2
1,005,250
49.1
繰延資産
1.新株発行費
2.社債発行費
3.社債発行差金
繰延資産合計
資産合計
1,658
−
−
1,658
1,628,817
0.1
100.0
−
35,002
78,672
113,674
2,046,125
5.6
100.0
− 24 −
(単位:千円)
連結会計年度
科
目
(負債の部)
Ⅰ 流動負債
1.支払手形及び買掛金
2.短期借入金
3.1年以内償還予定の社債
4.未払法人税等
5.預り有価証券
6.賞与引当金
7.持分法適用に伴う負債
8.新株引受権
9.その他
流動負債合計
固定負債
1.新株引受権付社債
2.長期借入金
3.繰延税金負債
4.退職給与引当金
5.退職給付引当金
6.その他
※8
※6
※2
※6
前連結会計年度
(平成12年 3月31日現在)
当連結会計年度
(平成13年 3月31日現在)
金
金
額
構成比
%
79,298
589,411
200,000
5,721
43,542
13,062
7,503
−
75,494
1,014,032
額
構成比
%
35,489
302,311
400,000
4,192
24,062
8,667
70
80,827
58,670
62.2
914,292
44.7
Ⅱ
※6
※6
固定負債合計
Ⅲ
−
54,008
−
23,911
−
12,501
90,421
750,000
17,012
17,388
−
25,466
12,000
5.6
821,867
40.1
特別法上の準備金
商品取引責任準備金
特別法上の準備金合計
負債合計
Ⅰ
Ⅱ
(資本の部)
資本金
資本準備金
Ⅲ
Ⅳ
欠損金
その他有価証券評価差額金
Ⅴ
自己株式
資本合計
負債及び資本合計
※4
10,000
10,000
10,000
1,114,454
0.6
68.4
10,000
1,746,159
0.5
85.3
665,000
215,840
880,840
365,779
−
515,061
△698
514,362
1,628,817
40.8
13.3
54.1
△22.5
−
31.6
△0.0
31.6
100.0
790,661
367,122
1,157,783
881,726
24,310
300,367
△401
299,965
2,046,125
38.7
17.9
56.6
△43.1
1.2
14.7
△0.0
14.7
100.0
− 25 −
②
連結損益計算書
(単位:千円)
連結会計年度
科
Ⅰ
Ⅱ
目
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
金
額
売上高
売上原価
売上総利益
販売費及び一般管理費
営業損失
Ⅳ 営業外収益
1.受取利息
2.受取配当金
3.有価証券売却益
4.雑収入
Ⅲ
Ⅴ
※3
2,727
7,192
39,083
3,419
自
至
百分比
当連結会計年度
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
金
額
百分比
1,072,093
793,519
%
100.0
74.0
873,439
644,700
%
100.0
73.8
278,574
310,326
31,752
26.0
28.9
△2.9
228,738
380,619
151,880
26.2
43.6
△17.4
4.9
15,516
969
−
2,024
18,511
2.1
24,161
2.3
41,392
17,501
26,942
53,053
4,271
6,735
149,896
17.1
3,490
△0.3
283,265
△32.4
29,040
3.3
255,721
−
509,946
6,000
−
515,947
29.3
−
△58.4
0.7
−
△59.1
52,423
営業外費用
1.支払利息
2.社債発行費償却
3.社債償還損
4.支払手数料
5.持分法による投資損失
6.雑損失
17,505
−
−
−
4,629
2,026
経常損失
Ⅵ
特別利益
1.出資金受贈益
2.投資有価証券売却益
3.前期損益修正益
4.賞与引当金戻入益
5.退職給与引当金戻入益
6.その他
Ⅶ
44,588
7,476
−
−
−
326
52,391
4.9
−
−
17,894
7,139
4,006
−
特別損失
1.固定資産売却・除却損
※4
2.たな卸資産評価損
3.クレアモント社関連清算損失
4.投資有価証券評価損
5.投資有価証券売却損
6. 退職給付会計基準変更時
差異償却額
7.債権譲渡損失
8.貸倒損失
9.その他
税金等調整前当期純利益
税金等調整前当期純損失
法人税、住民税及び事業税
当期純利益
当期純損失
438
−
−
−
−
2,461
42,546
63,408
110,144
22,495
−
6,056
2,857
27,557
−
−
−
8,607
30,853
18,047
−
6,395
11,651
−
− 26 −
2.9
1.7
−
0.6
1.1
−
③
連結剰余金計算書
連結会計年度
科
目
(単位:千円)
前連結会計年度
自 平成11年 4月 1日
至 平成12年 3月31日
当連結会計年度
自 平成12年 4月 1日
至 平成13年 3月31日
金
金
額
額
Ⅰ
欠損金期首残高
377,430
365,779
Ⅱ
当期純利益
11,651
−
当期純損失
−
515,947
365,779
881,726
Ⅲ
欠損金期末残高
− 27 −
④
連結キャッシュ・フロー計算書
連結会計年度
科
Ⅰ
Ⅱ
目
(単位:千円)
前連結会計年度
自 平成11年 4月 1日
至 平成12年 3月31日
当連結会計年度
自 平成12年 4月 1日
至 平成13年 3月31日
金
金
額
額
営業活動によるキャッシュ・フロー
税金等調整前当期純利益又
は税金等調整前当期純損失
減価償却費
貸倒引当金の増加額
賞与引当金の減少額
退職給付引当金の増加額
受取利息及び受取配当金
支払利息
社債発行費償却
社債償還損
持分法による投資損失
出資金受贈益
有価証券売却益
有価証券運用益
クレアモント社関連支出
クレアモント社関連収入
クレアモント社関連損失
前期損益修正益
有価証券の取得による支出
有価証券の取得による収入
投資有価証券売却益
投資有価証券売却損
投資有価証券評価損
営業外債権に係る貸倒損失
売上債権の増加額(減少額)
たな卸資産の減少額
仕入債務の増加額(減少額)
委託者先物勘定の増加額(減少額)
その他
小
計
利息及び配当金の受取額
利息の支払額
法人税等の支払額
18,047
△ 509,946
19,788
−
−
−
△ 9,919
17,505
−
−
4,629
△ 44,588
△ 39,083
−
−
−
−
−
−
−
△ 7,476
−
−
27,557
△ 25,333
8,263
13,554
△ 40,365
16,014
△ 41,406
10,142
△ 17,382
△ 2,250
26,111
98
△ 4,394
1,555
△ 16,486
41,392
17,501
26,942
4,271
−
−
△ 2,058
△ 16,990,400
17,198,474
63,408
△ 17,894
△ 599,610
65,765
−
22,495
110,144
−
30,946
39,350
△ 43,808
31,816
44,302
△ 460,022
16,485
△ 38,981
△ 7,528
営業活動によるキャッシュ・フロー
△ 50,897
△ 490,047
△ 349,173
116,774
△ 6,415
−
△ 48,238
35,138
△ 1,465
21,368
△ 50,000
16,464
34,000
△ 16
△ 231,563
−
−
△ 25,545
△ 338,807
△ 10,951
176,668
△ 1,723,487
1,707,572
−
−
229,000
△ 5,264
9,184
投資活動によるキャッシュ・フロー
有価証券の取得による支出
有価証券の売却による収入
有形固定資産の取得による支出
無形固定資産の取得による支出
投資有価証券の取得による支出
投資有価証券の売却による収入
貸付けによる支出
貸付金の回収による収入
出資金の取得による支出
長期未収入金の回収による収入
定期預金の払戻による収入
その他
投資活動によるキャッシュ・フロー
− 28 −
連結会計年度
科
Ⅲ
Ⅳ
Ⅴ
Ⅵ
目
財務活動によるキャッシュ・フロー
コ マ ー シ ャ ル ペ ー パ ー の 発 行 に よ る 収入
コ マ ー シ ャ ル ペ ー パ ー の 償 還 に よ る 支出
短期借入れによる収入
短期借入金の返済による支出
長期借入金の返済による支出
社債の発行による収入
社債の償還による支出
財務活動によるキャッシュ・フロー
現金及び現金同等物の増減額
現金及び現金同等物の期首残高
現金及び現金同等物の期末残高
自
至
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
当連結会計年度
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
金
額
金
額
−
−
814,770
△ 808,275
△ 77,781
200,000
−
128,714
△ 153,747
333,920
180,173
− 29 −
8,000,000
△ 8,000,000
−
△ 287,100
△ 36,996
2,847,495
△ 1,700,000
823,399
342,536
180,173
522,710
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
自
至
1.連結の範囲に関する事項
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
子会社は全て連結されております。
自
至
当連結会計年度
平成12年4月 1日
平成13年3月31日
子会社は全て連結されております
当該連結子会社は、加茂上毛撚糸㈱、
当該連結子会社は、加茂上毛撚糸㈱
㈱上毛ハウジング、上毛ファミリーサー
㈱上毛イット、上毛ファミリーサービ
ビス㈱の3社です。
ス㈱の3社です。
なお、㈱上毛ハウジングは、平成13年
3月 ㈱上毛イットに社名変更いたしまし
た。
2.持分法の適用に関する事項
関連会社は上毛実業㈱及び㈱デイリー
インベストメントニューズの2社であり
持分法を適用しております。
関連会社は上毛実業㈱の1社であり持
分法を適用しております。
上毛実業㈱は、債務超過となっている
このうち上毛実業㈱は、債務超過と ため、当該債務超過について負の持分を
なっているため、当該債務超過について
認識し、「持分法による負債」として計上
負の持分を認識し「持分法適用による負
しております。
債」として計上しております。
なお、㈱デイリーインベストメント
また、㈱デイリーインベストメント ニューズ(議決権所有割合16.7%)は、
ニューズは当連結会計年度末に株式を取 同社の83.3%を保有するクレアモント
得したことにより関連会社となり持分法 キャピタルホールディング㈱が緊密な者
を適用することになりました。
又は同意している者と認められなくなっ
たため、当連結会計年度において持分法
の範囲から除外しております。
3.連結子会社の事業年度等
に関する事項
連結子会社のうち決算日は加茂上毛撚
連結子会社のうち決算日は加茂上毛撚
糸㈱が5月31日、㈱上毛ハウジングは9月
糸㈱が5月31日、㈱上毛イットは9月30日
30日であり、連結財務諸表作成にあたっ
であり、連結財務諸表作成にあたっては
ては連結決算日に実施した仮決算に基づ
連結決算日に実施した仮決算に基づく財
く財務諸表を使用しております。
務諸表を使用しております。
また、上毛ファミリーサービス㈱は2
また、上毛ファミリーサービス(株)は
月末日が決算日ですので、同日現在の決
2月末日が決算日ですので、同日現在の
算財務諸表を採用しております。
決算財務諸表を採用しております。
− 30 −
自
至
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
当連結会計年度
平成12年4月 1日
平成13年3月31日
4.会計処理基準に関する事項
(1)資産の評価基準及び ①たな卸資産
評価方法
①有価証券
移動平均法による原価法です。
(イ)売買目的有価証券
時価法(売却原価は総平均法により算
②有価証券
定)を採用しております。
総平均法による原価法です。
(ロ)その他有価証券
時価のあるもの
期末日の市場価格等に基づく時価
法(評価差額は部分資本直入法によ
り処理し、売却原価は総平均法によ
り算定)を採用しております。
時価のないもの
総平均法による原価法を採用して
おります。
②デリバティブ
時価法を採用しております。
③たな卸資産
移動平均法による原価法を採用してお
ります。
− 31 −
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
(2)重要な減価償却資産の
減価償却の方法
①有形固定資産
自
至
当連結会計年度
平成12年4月 1日
平成13年3月31日
①有形固定資産
法人税法に規定する定率法です。
定率法を採用しております。
なお、主な耐用年数は以下のとおり
であります。
②無形固定資産
建物及び構築物
15∼50年
機械装置及び運搬具
5∼14年
②無形固定資産
自社利用のソフトウェアについて
定額法を採用しております。
は、社内における見込利用可能期間
なお、自社利用のソフトウェアにつ
(5年)に基づく定額法それ以外の無
いては、社内における利用可能期間
形固定資産については、法人税法に規
(5年)に基づく定額法を採用してお
定する定額法です。
ります。
(追加情報)
前期まで投資その他の資産の「その
他」に計上していた自社利用のソフト
ウェアについては、「研究開発費及び
ソフトウェアの会計処理に関する実務
指針」日本公認会計土協会会計制度委
員会報告書第12号平成11年3月31日)に
おける経過措置の適用により、従来の
会計処理方法を継続して採用しており
ます。ただし同報告により上記に係る
ソフトウェアの表示については投資そ
の他の資産の「その他」から無形固定
資産に科目名を変更し、減価償却の方
法については、社内における見込利用
可能期間(5年)に基づく定額法に
よっております。
なお当期に発生した自社のソフト
ウェアについては「研究開発費に係る
会計基準」(企業会計審議会平成10年3
月31日)に基づき、無形固定資産に計
上し、上記の方法により償却を行って
おります。
③繰延資産
③繰延資産
新株発行費は商法の規定に基づく最
新株発行費は商法の規定に基づく最
長期間(3年間)で均等償却しており
長期間(3年間)で均等償却しており
ます。
ます。
社債発行費は商法の規定に基づく最
長期間(3年間)で均等償却しており
ます。
社債発行差金は社債償還期間で均等
償却しております。
− 32 −
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
(3)重要な引当金の計上基準
①退職給与引当金
自
至
当連結会計年度
平成12年4月 1日
平成13年3月31日
①退職給付引当金
従業員の退職金の支出に備えて自己
従業員の退職給付に備えるため、当
都合による期末支給額の40%相当額を
連結会計年度末における退職給付債務
計上しております。
の見込額に基づき計上しております。
なお、会計基準変更時差異(30,284
千円)については、5年による按分額
を費用処理しております。
②貸倒引当金
②貸倒引当金
債権の貸倒による損失に備えるため
債権の貸倒れによる損失に備えるた
法人税法に基づく実績繰入率による繰
め一般債権については、貸倒実績率に
入限度額に加え、個々の債権の回収の
より、貸倒懸念債権等特定の債権につ
可能性を勘案して計上しております。
いては個別に回収可能性を勘案し、回
収不能見込額を計上しております。
③賞与引当金
③賞与引当金
従業員賞与の当期負担分について賞
従業員の賞与金の支払に備えるた
与計算規定に基づく支給見込額を計上
め、従業員賞与の当期負担分について
しております。
賞与計算規定に基づく支給見込額を計
上しております。
④商品取引責任準備金
商品取引事故に備えるため商品取引
④商品取引責任準備金
同
左
所法第136条の22により算出した額を計
上しております。
(4)重要なリース取引の処
理方法
リース物件の所有権が借主に移転す
ると認められるもの以外のファイナン
ス・リース取引については、通常の賃
貸借取引に係る方法に準じた会計処理
によっております。
(5)その他財務諸表作成の
ための重要な事項
5.連結子会社の資産及び負
債の評価に関する事項
①消費税等の会計処理
税抜方式を採用しております。
連結子会社の資産及び負債の評価に
ついては、全面時価評価法を採用して
①消費税等の会計処理
同
左
同
左
同
左
おります。
6.利益処分項目等の取扱い
に関する事項
連結剰余金計算書は、連結会社の利
益処分について連結会計年度中に確定
した利益処分に基づいて作成しており
ます。
− 33 −
自
至
7.連結キャッシュ・フロー
計算書における資金の範
囲
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
当連結会計年度
平成12年4月 1日
平成13年3月31日
連結キャッシュ・フロー計算書にお
ける資金(現金及び現金同等 物)は、
手許現金、随時引き出し可能な預金及
び容易に換金可能であり、かつ、価値
の変動について僅少なリスクしか負わ
ない取得日から3ケ月以内に償還期限
の到来する短期投資からなっておりま
す。
− 34 −
同
左
表示方法の変更
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
当連結会計年度
平成12年4月 1日
平成13年3月31日
自
至
(連結貸借対照表)
(連結貸借対照表)
1.前連結会計年度において流動資産の「その他」に含
前連結会計年度まで破産債権更生債権その他これら
めて表示しておりました「有価証券」(前連結会計
に準ずる債権については、「長期未収入金」に含めて
年度274千円)は、資産総額の1/100を超えたため、
表示しておりましたが、当連結会計年度より明瞭性の
当連結会計年度においては「有価証券」として表示
見地から「破産債権更生債権その他これらに準ずる債
しております。
権」として表示しております。
2.前連結会計年度において流動資産の「その他」に含
めて表示しておりました「未収入金」(前連結会計
年度21,043千円)は、資産総額の 5/100を超えたた
め、当連結会計年度においては「未収入金」と表示
しております。
3.前連結会計年度において投資その他の資産の「その
他」に含めて表示しておりました「出資金」(前連
結会計年度7,974干円)は、資産総額の5/100を超え
たため、当連結会計年度においては「出資金」とし
て表示しております。
4.前連結会計年度において流動負債の「持分法適用に
よる投資損失引当金」に記載していた期末残高は
「持分法会計に関する実務指針」(日本公認会計士
協会
会計制度委員会報告第9号)に基づき、「持
分法適用に伴う負債」として記載しております。
(連結損益計算書)
1.前連結会計年度において営業外収益の「雑収入」に
含めて表示しておりました「受取配当金」(前連結
会計年度 534千円)は、営業外収益の10/100を超え
たため、当連結会計年度においては「受取配当金」
として表示しております。
− 35 −
追加情報
自
至
前連結会計年度
平成11年4月 1日
平成12年3月31日
自
至
当連結会計年度
平成12年4月 1日
平成13年3月31日
(税効果会計)
連結財務諸表規則の改正により、当連結会計年度か
ら、税効果会計を適用して連結財務諸表を作成してお
ります。これに伴い、従来の税効果会計を適用しない
場合と比較し、資産及び負債の総額、欠損金期末残
高、当期純利益に対する影響はありません。
(退職給付会計)
当連結会計年度から退職給付に係る会計基準(「退
職給付に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業
会計審議会平成10年6月16日))を適用しております。
この結果、従来の方法によった場合と比較して、退職
給付費用が6,437 千円増加、経常損失は381 千円、税金
等調整前当期純損失は6,437千円増加しております。
また、退職給与引当金は、 退職給付引当金に含めて
表示しております。
(金融商品会計)
当連結会計年度から金融商品に係る会計基準(「金
融商品に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業
会計審議会平成11年1月22日))を適用し、有価証券の
評価の方法、デリバティブの評価の方法、貸倒引当金
の計上基準等について変更しております。この結果、
従来の方法によった場合と比較して、経常損失は405千
円減少し、税金等調整前当期純損失は109,738千円増加
しております。
また、この変更のうちその他有価証券(時価のある
もの)の評価方法については、当中間連結会計期間に
おいては総平均法による原価法を採用しておりまし
た。当下半期に経営陣が刷新され、経営改革における
財務体質改善策の一環として会計方針の見直しを行っ
た結果、当下半期においては金融商品に係る会計基準
の実施時期ただし書を適用し、時価法(評価差額は部
分資本直入法により処理)を採用いたしました。従っ
て、当中間連結会計期間においても変更後の方法を採
用した場合には、経常損失には影響がありませんが、
税金等調整前中間純損失が105,528千円増加することと
なります。
− 36 −
注記事項
(連結貸借対照表関係)
前連結会計年度
(平成12年3月31日現在)
1
当連結会計年度
(平成13年3月31日現在)
千円
88,623
受取手形割引高
※2 保証差入及び保管預り有価証券
※3
1
※2 保証差入及び保管預り有価証券
は流動負債の預り有価証券の対
は流動負債の預り有価証券の対
照勘定であります。
照勘定であります。
主な外資建資産
※3
有価証券
外
※4
5
資
額
2,300千米ドル
貸 借 対 照 表 額
271,482千円
商品取引責任準備金は商品取引
商品取引責任準備金は商品取引
法第136条の22によるものであり
ます。
ます。
千円
保証債務
上毛実業㈱(仕入債務)
※6
※4
法第136条の22によるものであり
このうち下記借入金等の為の
担保供用額
建
物
土
5
17,500
千円
※6
58,096
地
41,741
投 資 有 価 証 券
31,673
担保に供している資金及び担保
付債務
預
金
建
物
土
54,222
41,741
投 資 有 価 証券
22,575
計
169,538
借入金等
千円
借入金等
51,000
地
131,511
計
千円
千円
短
期
借
入
金
245,915
短
期
借
入
金
長
期
借
入
金
54,008
長
期
借
入
金
39,008
(内 一 年 以 内 に 返 済 す る 長 期 借 入金 )
(21,996)
(内 一 年 以 内 に 返 済 す る 長 期 借 入金 )
(21,996)
金
2,908
流 動 負 債 そ の 他
502
金
501
未
長
払
期
未
払
7
160,715
千円
受取手形割引高
24,660
※8
連結会計年度末日満期手形
連結会計年度末日満期手形の処理
については、手形交換日を持って決
済処理をし ております。なお、当連
結会計年度末日が金融機関の休日で
あったため、次の連結会計年度末日
満期手形が連結会計年度末残高に含
千円
まれております。
− 37 −
受
取
手
形
2,105
支
払
手
形
2,176
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
※1
販売費及び一般管理費の金額
は次のとおりであります。
給
与
自
至
千円
※1
188,480
販売費及び一般管理費の金額
は次のとおりであります。
給
与
※3
千円
164,642
退職給与引当金繰入額
6,909
退職給付引当金繰入額
2,938
賞与引当金繰入額
11,597
賞与引当金繰入額
8,067
減
費
10,411
減
貸倒引当金繰入額
165
価
償
却
費
19,227
貸倒引当金繰入額
1,314
支
※2
当連結会計年度
平成12年4月 1日
平成13年3月31日
当期製造費用及び一般管理費
千円
に含まれる研究開発費
238
固定資産売却・除却損の内容
は次のとおりであります。
千円
価
払
償
手
却
数
料
83,946
※2
※3
固定資産売却・除却損の内容
は次のとおりであります。
千円
機械装置及び運搬具
91
建 物 及 び 構 築 物
5
その他の有形固定資産
347
機械装置及び運搬具
226
計
438
ソ フ ト ウ エ ア
2,229
計
2,461
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
自
至
前連結会計年度
平成11年4月 1日
平成12年3月31日
自
至
(1)現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に
当連結会計年度
平成12年4月 1日
平成13年3月31日
(1)現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に
掲記されている科目の金額との関係
掲記されている科目の金額との関係
千円
千円
現金及び預金勘定
471,173
現金及び預金勘定
預金期間が3ヶ月を超える定期預金
291,000
預金期間が3ヶ月を超える定期預金
預金及び現金同等物
180,173
預金及び現金同等物
(2)重要な非資金取引の内容
584,710
62,000
522,710
千円
新株引受権行使における新株引受権付
社債の代用払込による資本金増加額
125,661
新株引受権行使における新株引受権付
− 38 −
社債の代用払込による資本準備金増加 額
124,338
代用払込による新株引受権付社債減少 額
250,000
(リース取引関係)
自
至
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
当連結会計年度
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるも
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるも
の以外のファイナンス・リース取引
の以外のファイナンス・リース取引
同
該当事項はありません。
− 39 −
左
(有価証券関係)
前連結会計年度(平成12年 3月31日現在)
有価証券の時価等
種
類
(単位:千円)
前連結会計年度(平成12年 3月31日現在)
連結貸借対照表計上額
時
価
評
価
損
益
流動資産に属するもの
株
式
271,482
471,221
199,738
債
券
−
−
−
その他
−
−
−
271,482
471,221
199,738
小
計
固定資産に属するもの
株
式
46,098
54,416
8,317
債
券
−
−
−
その他
2,902
2,874
△27
小
49,001
57,290
8,289
320,483
528,511
208,028
計
合
計
(注)1.時価の算定方法は次のとおりであります。
(1)上場有価証券
:東京証券取引所の最終価格
(2) 気配等を有する有価証券 :外貨建の株式は、トライデントコーポレートサービスの公表する気配相場
(3)証券投資信託
:基準価格
2.上記の他、自己株式の評価損益は次のとおりであります。
資本の部控除科目
△ 93 千円
3.開示の対象から除いた主な有価証券の連結貸借対照表計上額
流動資産に属するもの
マネー・マネージメント・ファンド
274 千円
固定資産に属するもの
非上場株式
34,957 千円
− 40 −
当連結会計年度
有 価 証 券
1.その他有価証券で時価のあるもの(平成13年 3月31日現在)
種
類
得
原
価
連結貸借対照表計上額
差
額
(1)株
式
19,177
60,876
41,699
(2)債
券
−
−
−
(3)その他
−
−
−
19,177
60,876
41,699
連結貸借対照表計上額
が取得原価を超えるも
の
小
計
(1)株
式
354,809
285,791
△69,018
(2)債
券
−
−
−
(3)その他
2,696
2,579
△116
357,505
288,370
△69,134
376,682
349,247
△27,435
連結貸借対照表計上額
が取得原価を超えない
もの
小
合
取
(単位:千円)
計
計
(注)有価証券の運用部門を廃止したことに伴い売買目的有価証券をその他有価証券に振替えました。この結果、
売買目的有価証券が549,030千円減少し、その他有価証券が535,903千円増加いたしました。
2.当連結会計年度中に売却したその他有価証券(自平成12年 4月 1日
売
却
額
至平成13年 3月31日)
売 却 益 の 合 計 額
176,668
売 却 損 の 合 計 額
−
22,495
3.時価のない主な有価証券の内容(平成13年 3月31日現在)
(単位:千円)
連結貸借対照表計上額
その他有価証券
非上場株式(店頭売買株式を除く)
11,055
− 41 −
(単位:千円)
摘
要
(デリバティブ取引関係)
1.取引の状況に関する事項
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
自
至
(1)取引の内容及び利用目的
当連結会計年度
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
(1)取引の内容及び利用目的
当社の取扱品である生糸の価格の変動に対し、保有
当社は、商品市場に上場されている繭糸の先物取引
する生糸のバランスに応じたヘッジを目的としており
(商品先物取引)についての「受託業務」の他、「自
ます。
己売買業務」も行っております。
また利用目的といたしましては、当社の効率的資金
運用並びに短期的な売買差益の獲得を目的として行っ
ております。
(2)取引に対する取組方針
(2)取引に対する取組方針
リスク回避の範囲内で行い、投機目的での取引は行
わない方針です。
上記「自己売買業務」は、国内の各商品取引所の定
める商品毎の建玉制限の範囲内で行っており、あくま
でも顧客からの委託に基づく受取手数料の補完として
おります。
(3)取引に係るリスクの内容
(3)取引に係るリスクの内容
生糸相場の変動による損失が見込まれますが、その
場合には現物の利益が補完することになります。
当社が行っている商品先物取引は「商品取引所法」
により日本国内に設置された商品取引所の繭糸市場に
おいて行われているため、価格変動リスクを有してお
りますが、契約が履行されないことによるリスクは極
めて少ないものであります。
(4)取引に係るリスク管理体制
(4) 取引に係るリスク管理体制
横浜生糸取引所に生糸商品先物を建てその玉数、限
当社において社内ルールを設け取引内容、取引高の
月等については内規に基づき担当部長が決定実行して
制限及び管理体制等を定め、売買ポジションは日々担
おります。
当部長等に報告されチェックを受けております。
(5) 取引の時価等に関する事項についての補足説明
商品先物取引に係る評価損益は契約価格と時価との
比較で計算されますが、評価損益は連結損益計算書の
売上高に含めて表示しております。
− 42 −
2.取引の時価等に関する事項
デリバティブ取引の契約額等、時価及び評価損益
(1)商品関連
区
前連結会計年度(平成12年 3月31日現在)
分
種
類
契
約
額
等
うち1年超
時
価
評価損益
(単位:千円)
当連結会計年度(平成13年 3月31日現在)
契
約
額
等
うち1年超
時
価
評価損益
市場取引
先物取引
生
糸
売
建
69,338
−
58,374
10,963
57,655
−
65,980
△ 8,324
買
建
86,923
−
73,805 △ 13,117
80,427
−
92,417
11,990
−
−
−
−
−
3,665
合
計
−
△ 2,154
(注)1.時価は横浜商品取引所による、各限月の終値により算出しております。
2.ヘッジ会計が適用されているものは記載対象から除いております。
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
当社グループは、退職一時金制度を採用しております。
なお、退職給付債務の算出にあたっては、簡便法を採用しております。
2.退職給付債務及びその内訳
(単位:千円)
当連結会計年度
(平成13年 3月31日現在)
(1)退職給付債務
49,694
(2)会計処理基準変更時差異の未処理額
24,227
(3)退職給付引当金
25,466
(1)−(2)
3.退職給付費用の内訳
(単位:千円)
当連結会計年度
自 平成12年 4月 1日
至 平成13年 3月31日
退職給付費用
(1)勤務費用
3,136
(2)会計処理基準変更時差異の費用処理額
6,056
(3)退職給付費用
9,193
(1)+(2)
4.退職給付債務の計算基礎
(単位:千円)
当連結会計年度
(平成13年 3月31日現在)
(1)会計処理基準変更時差異の処理年数
5年
− 43 −
(税効果会計関係)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
(単位:千円)
自
至
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
当連結会計年度
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
繰 延 税 金
貸 倒 引 当 金 超 過 額
5,741
退 職 給 与 引 当 金 超 過額
2,412
−
退 職 給 付 引 当 金 超 過額
−
10,395
賞 与 引 当 金 超 過 額
174
1,679
投資有価証券評価損否 認
繰
越
欠
小
評
価
性
合
損
−
45,930
金
6,318
196,945
14,645
262,384
金
△14,645
△262,384
−
−
−
17,388
−
17,388
−
17,388
計
引
当
7,433
計
繰延税金負債
有 価 証 券 評 価 差 額
小
計
繰延税金負債の純額
− 44 −
(セグメント情報)
1.事業の種類別セグメント情報
最近2連結会計年度の事業の種類別セグメント情報は次のとおりであります。
前連結会計年度(自平成11年 4月 1日
至平成12年 3月31日)
不動産関連事業
(単位:千円)
繊維関連事業
保険関連事業
雑貨販売事業
計
消去又は全社
連
結
847,590
72,372
18,697
133,434
1,072,093
−
−
13,860
−
13,860
(13,860)
−
計
847,590
72,372
32,557
133,434
1,085,953
(13,860)
1,072,093
営 業 費 用
907,576
54,430
21,694
134,004
1,117,706
(13,860)
1,103,846
営 業 利 益
△59,986
17,941
10,862
△570
△31,752
−
△31,752
産
566,431
23,900
74,109
9,642
674,084
954,732
1,628,817
減 価 償 却費
6,514
1,355
6,804
0
14,674
1,309
15,983
資 本 的 支出
3,283
770
−
−
4,053
2,360
6,413
Ⅰ.売上高及び営業損益
(1)外部顧客に対する売上高
(2)セ グ メ ン ト 間 の 内 部 売 上 高 又 は 振 替高
−
1,072,093
Ⅱ.資産、減価償却費及び資本的支出
資
(注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。
2.各事業の主な製品・商品
(1) 繊 維 関 連 事 業・・・絹撚糸、生糸、合繊撚糸加工、刺繍レース
(2) 保 険 関 連 事 業・・・生命保険募集業
(3) 不 動 産 賃 貸 業・・・工場・機械等賃貸
(4) 雑 貨 販 売 事 業・・・コンビニエンスストアー
3.前連結会計年度における資産のうち、消去または全社の項目に含めた全社資産の金額は954,732千円であり、その
主なものは、親会社での余資運用資金(現金及び有価証券)長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る
資産等であります。
− 45 −
当連結会計年度(自平成12年 4月 1日
至平成13年 3月31日)
(単位:千円)
ブロードバンド
繊 維 関 連 事 業 保 険 関 連 事 業 不動産関連事業 雑 貨 販 売 事 業 関
連事業等
その他
計
消去又は全社
連
結
Ⅰ.売上高及び営業損益
(1)外 部 顧 客 に 対 す る 売 上高
656,395
75,552
18,697
120,735
−
2,058
873,439
873,439
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
−
−
13,862
−
−
−
13,862
(13,862)
−
計
656,395
75,552
32,559
120,735
−
2,058
887,301
(13,862)
873,439
営 業 費 用
815,023
60,873
25,620
122,573
18,717
477 1,043,285
(17,966)1,025,319
営 業 損 益
△158,628
14,678
6,939
△1,838 △18,717
1,581 △155,984
4,104 △151,880
産
324,427
77,219
70,356
36,012
175,166
−
減 価 償 却費
6,544
1,109
4,180
−
8,938
−
20,773
−
20,773
資 本 的 支出
−
2,204
−
−
137,038
−
139,243
389,472
528,716
Ⅱ.資産、減価償却費及び資本的支出
資
683,182 1,362,943 2,046,125
(注)1.事業区分は、内部管理上採用している区分によっております。
2.各事業の主な製品・商品
(1) 繊 維 関 連 事 業・・・絹撚糸、生糸、合繊撚糸加工、刺繍レース
(2) 保 険 関 連 事 業・・・生命保険募集
(3) 不 動 産 関 連 事 業・・・工場建物・機械等賃貸
(4) 雑 貨 販 売 事 業・・・コンビニエンスストアー
(5) ブロードバンド関連事業等・・・ブロードバンドカフェ、ブロードバンドを使ったセキュリティーシステム
(6) そ
の
他・・・有価証券の売買等を目的として当期より開設いたしましたが、当連結会
計期間末においては、業務を停止しております。
3.資産のうち、消去または全社の項目に含めた全資産の金額は1,362,943千円であり、その主たるものは、
親会社での余資運用資金(現金等)長期投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係わる資産等であ
ります。
4.減価償却費及び資本的支出には、長期前払費用及び繰延資産と同費用に係る償却額が含まれておりま
す。
2.所在地別セグメント情報
前連結会計年度(自平成11年 4月 1日
至平成12年 3月31日)
及び当連結会計年度(自平成12年 4月 1日
至平成13年 3月31日)
該当事項はありません。(在外連結子会社等はありません。)
3.在外売上高
前連結会計年度(自平成11年 4月 1日
至平成12年 3月31日)
及び当連結会計年度(自平成12年4月1日至平成13年3月31日)
海外売上高はありません。
− 46 −
(関連当事者との取引)
前連結会計年度(自平成11年 4月 1日
至平成12年 3月31日)
(1)親会社及び法人主要株主等
属
性
関係会社
会
の
社
名
等
称
クレアモント
キャピタル
ホールディング㈱
住
所
東京都
千代田区
(単位:千円)
資本金
千円
100,000
事 業 の 内 容
又 は 職 業
議決権等
の被所有
割
合
関
係
内
容
役員の
兼任等
事 業 上
の 関 係
1名
商品取引
の受託
不動産の所有・
%
管理及び利用
直接
証券の取得及び
24.33
運用業務
取 引 の 内 容
取引金額
㈱デイリーインベスト 20,000
メントニューズ株式
の購入 (注)1 106,880
債権譲渡(注)2
科
目
−
期末残高
−
未収入金
96,192
(取引条件及び取引条件決定方法)
(注)1.投資有価証券の購入価額は公正な評価額によっております。
2.債権譲渡については、元本より貸倒引当額を控除した回収可能見積額を前提に、担保物評価額を勘案して
決定しております。
(2)子会社等
属
性
関連会社
会
の
社
名
(単位:千円)
等
称
上毛実業㈱
住
所
群馬県
前橋市
資本金
千円
10,000
事 業 の 内 容
又 は 職 業
議決権等
の 所 有
割
合
インテリア用品
販売業
%
直接19.0
間接18.3
関
係
内
容
役員の
兼任等
事 業 上
の 関 係
1名
営業取引
取引の内容
取引金額
仕入債務の
保証
−
(3)兄弟会社等
属
性
関係会社
の子会社
関係会社
の子会社
会
の
社
名
科
目
期末残高
債務保証
17,500
(単位:千円)
等
称
㈱トーキョウ
アソーシエイテッド
キャピタル
㈱日本証券
新聞社
住
所
東京都
中央区
東京都
中央区
資本金
千円
事 業 の 内 容
又 は 職 業
投資顧問業
459,832
千円
100,000
議決権等
の 所 有
( 被 所
有)割合
関 係 内 容
役員の
兼任等
%
1名
事業
上
の関
−
−
日刊新聞の発
行等
%
1名
−
取
引
の
内
出資金の譲受
譲渡資産
譲渡対価
出資金受贈益
有価証券・投資
有価証券の購入
資金取引
容 取引金額 科
94,588
50,000
(注)3 44,588
279,394
(注)4
資金の貸付
−
目
−
−
−
−
その他の
78,326 流動負債
その他の
27,000 流動資産
期末残高
−
−
−
−
18,500
−
(取引条件及び取引条件決定方法)
(注)3.JAIC(日本アジア3号投資組合)への出資金購入額と同組合の決算書による評価との差額を出資金受贈
益として計上したものであります。
4.有価証券の取得価額はトライデントコーポレートサービスの公表する気配相場等により、投資有価証券
の取得価額は取引直近日の東京証券取引所の終値により決定しております。
− 47 −
当連結会計年度(自平成12年 4月 1日
至平成13年 3月31日)
(1)親会社及び法人主要株主等
属
性
その他の
関係会社
会
の
社
名
等
称
クレアモント
キャピタル
ホールディング㈱
住
所
資本金
(単位:千円)
事 業 の 内 容
又 は 職 業
議決権等
の被所有
割
合
千円
%
東京都
千代田区 100,000
不動産の所有・
管理及び利用
直接
証券の取得及び
8.29
運用業務
関 係 内 容
役員の
兼任等
−
事業上
の関係
取引の内容
取引金額
科
目
期末残高
イーストビューワール
ト ゙ ワ イ ト ゙ 株 式 16,990,400
の購入
−
−
イーストビューワール
ト ゙ ワ イ ト ゙ 株 式 17,198,474
の売却
−
−
−
(注)1
(注)1.平成12年9月30日付の株式異動によりクレアモントキャピタルホールディング㈱は当社の主要株主でなくなり、また平成
13年1月30日開催の臨時株主総会において、クレアモントキャピタルホールディング㈱の代表者であり、当社の取締役で
もあった古倉義彦氏が当社の取締役を辞任したことにより、同社は関連当事者でなくなりました。
(2)子会社等
属
性
会
の
社
名
(単位:千円)
等
称
住
所
資本金
事 業 の 内 容
又 は 職 業
千円
関連会社
上毛実業㈱
関連会社
㈱デイリーインベ
ストメントニューズ
群馬県
前橋市
10,000
関 係 内 容
役員の
兼任等
事業上
の関係
取引の内容
取引金額
科
目
期末残高
%
インテリア用品
販売業
千円
東京都
120,000
千代田区
議決権等
の 所 有
( 被 所
有)割合
直接19.0
間接18.3
1名
−
%
放送業
16.7
(注)2
−
仕入債務の保証
(注)1
−
−
−
資金の貸付
(注)3
1,695,000
−
−
利息の受取
(注)3
13,281
−
−
−
(注)1.仕入債務の減少により、債務保証は当連結会計年度末に残高はありません。
2.㈱デイリーインベストメントニューズは、同社の83.3%を保有するクレアモントキャピタルホールディング㈱が緊密な者又は同意して
いる者と認められなくなったため、関連会社でなくなると同時に同社は関連当事者でなくなりました。
3.㈱デイリーインベストメントニューズに対する資金の貸付については、市場金利を勘案し利率を合理的に決定し、一
括返済を受けました。
− 48 −
(3)兄弟会社等
属
性
会
の
社
名
(単位:千円)
等
称
住
所
資
本
金
事業の内容
又 は 職 業
千円
その他の
関係会社
の子会社
㈱トーキョウ
アソーシエイテッド
キャピタル
東京都
中央区
議決権等
の 所 有
( 被 所
有)割合
関 係 内 容
役員の
兼任等
事業上
の関係
−
−
取引の内容
取引金額
科
目 期末残高
%
459,832 投 資 顧 問 業
−
(注)2
−
−
−
コマーシャルペーパー
の発行( 被 引 受 )
(注)3
8,000,000
−
−
コマーシャルペーパー
利息の支払
(注)3
13,400
−
−
(注)1
千円
その他の
関係会社
の子会社
%
大正生命保 東京都
険㈱
千代田区 13,416,250 生 命 保 険 業
−
−
−
社債の発行
(被引受)
(注)4
社債利息の支払
(注)4
(注)1
千円
その他の
関係会社
の子会社
㈱日本証券
新聞社
1,900,000
東京都
中央区
100,000
11,348
−
15,000
破産債権更
生債権その
他これらに
準ずる債権
%
日刊新聞
の発行等
資金の貸付
(注)5
−
−
社債
−
利息の受取
(注)5
19
−
400,000
−
5,000
−
(注)1
(注)1.クレアモントキャピタルホールディング㈱及び古倉義彦氏が関連当事者でなくなったことにより、上記3社すべてが関
連当事者でなくなりました。
2.前連結会計年度末において仮受金として計上した㈱トーキョウアソーシエイテッドキャピタルからの18,000千円について
は、その清算差額(17,894千円)を前期損益修正益として処理いたしました。
3.平成12年5月15日発行のコマーシャルペーパー6,000,000千円及び2,000,000千円を大正生命保険㈱が引
受けたものであります。利息は市場金利を勘案して合理的に決定し、2,000,000千円は平成12年6月15日
に、6,000,000千円は平成12年8月15日に償還いたしました。
4.平成12年5月1日発行の無担保社債400,000千円及び1,500,000千円を大正生命保険㈱が引受けたものであ
ります。利息は市場金利を勘案して合理的に決定し、1,500,000千円は平成12年6月1日に償還いたしま
した。また400,000千円については、平成13年5月1日に償還いたしました。
5.㈱日本証券新聞社に対する資金の貸付については、利息は市場金利を勘案して合理的に決定し、一括返
済としておりましたが、同社は平成12年10月27日に民事再生法申請を行い事実上倒産いたしました。
− 49 −
(1株当たり情報)
自
至
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
1株当たり純資産額
自
至
39円57銭
1株当たり当期純利益
0円90銭
当連結会計年度
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
1株当たり純資産額
20円94銭
1株当たり当期純損失
39円38銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につ
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につ
いては、新株引受権付社債及び転換社債の発行がないた
いては、当期純損失が計上されているため記載しており
め記載しておりません。
ません。
(重要な後発事象)
自
至
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
上毛撚糸株式会社は平成12年4月28日開催の取締役会におい
て、下記のとおり社債発行の決議を行い、平成12年5月1日に発
行いたしました。
1.第2回無担保債
(1) 引 受 先 大正生命保険株式会社
(2) 発行総額
4億円
(3) 発行価格
額面100円につき100円
(4) 利
2.3%(年率)
率
(5) 償還方法
平成13年5月1日に全額償還
(6) 資金使途
運転資金3億円、上毛撚糸株式会社の主
要株主であるクレアモントキャピタル
ホールディング株式会社の子会社で、上
毛撚糸株式会社の関連会社である株式会
社デイリーインベストメントニューズに
対する貸付金1億円
2.第3回無担保債
(1) 引 受 先 大正生命保険株式会社
(2) 発行総額
15億円
(3) 発行価格
額面100円につき100円
(4) 利
2.3%(年率)
率
(5) 償還方法
平成12年6月1日に全額償還
(6) 資金使途
上毛撚糸株式会社の主要株主であるクレ
アモントキャピタルホールディング株式
会社の子会社で、上毛撚糸株式会社の関
連会社である株式会社デイリーインベス
トメントニューズに対する貸付金15億円
なお、下記コマーシャルペーパーの発行により取得し
たEASTVIEW WORLDWIDE INC.株式を、平成12年5月31日に
2,000千株、平成12年6月1日に10,000千株、クレアモン
トキャピタルホールディング株式会社の子会社である株
式会社エヌシーエス証券を通じてそれぞれ281百万円、
1,408百万円で売却し、平成12年6月1日、上記第3回無
担保債を全額償還いたしました。
− 50 −
当連結会計年度
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
(重要な後発事象)
自
至
前連結会計年度
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
当連結会計年度
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
上毛撚糸株式会社は、平成12年5月15日開催の取締役
会において、発行総額100億円を限度とするコマーシャ
ルペーパーの発行を決議し、平成12年5月15日に下記内
容により発行いたしました。
1.第1回コマーシャルペーパー
(1) 引 受 先 大正生命保険株式会社
(2) 発行総額
60億円
(3) 利
0.8%(年率)
率
(4) 償還方法
(5) 資金使途
平成12年8月15日
上毛撚糸株式会社の主要株主で関係会社
であるクレアモントキャピタルホール
ディング株式会社の子会社である株式会
社 エ ヌ シ ー エ ス 証 券 か ら の EASTVIEW
WORLDWIDE INC.株式等の購入
(下記第2回コマーシャルペーパーに
よる購入と合わせて56,500千株)
2.第2回コマーシャルペーパー
(1) 引 受 先 大正生命保険株式会社
(2) 発行総額
20億円
(3) 利
0.8%(年率)
率
(4) 償還方法
(5) 資金使途
平成12年6月15日
運転資金7億円、上毛撚糸株式会社の主
要株主で関係会社であるクレアモント
キャピタルホールディング株式会社の子
会社である株式会社エヌシーエス証券か
らのEASTVIEW WORLDWIDE INC.株式等の
購入
なお、平成12年6 月9日 、 上 記 に よ り 取 得 し た EAST
VIEW WORLDWIDE INC.株式1,380千株をクレアモントキャ
ピタルホールディング株式会社に184百万円で売却し、
また、平成12年6月14日に15,000千株を株式会社エヌ
シーエス証券を通じて1,868百万円で売却し、同日、上
記第2回コマーシャルペーパーを償還いたしました。
当連結会計年度終了後、提出会社発行の2005年満期ユーロ
円建新株引受権付社債の新株引受権全額の権利行使(750,000
千円)が、代用払込により行われ、新株引受権付社債
750,000千円、新株引受権帳簿残高80,827千円が減少し、株式
数等が次の通り増加いたしました。
提出会社の株式数
資
本
金
資 本 準 備 金
3,968,253株
376,984千円
453,843千円
これにより、提出会社の発行済株式総数は18,291,004
株、資本金は 1,167,645千円、資本準備金は 820,965千
円となりました。
− 51 −
⑤
連結附属明細表
a.社債明細表
会社名
(単位:千円)
銘
柄
発行年月日 前期末残高 当期末残高
利 率
担 保
償還期限 摘
要
%
㈱上毛
第1回無担保社債
H11.11.26
200,000
−
1.7
なし
H12.11.24
㈱上毛
第2回無担保社債
H12. 5. 1
−
400,000
2.3
なし
H13. 5. 1
㈱上毛
2005年 満 期 ユ ー ロ 円
建新株引受権付社債
H13. 2.20
−
750,000
0.1
なし
H17. 3.31
(注)1
(注)2
合計
−
−
200,000
1,150,000
−
−
−
−
(注)1.2005年満期ユーロ円建て新株引受権付社債に関する記載は以下の通りです。
発行すべき株式の内容
額面普通株式
株式の発行価格
189円
発行価額の総額
1,000,000千円
新株引受権の行使により発行した株式の発行価額の総額
新株引受権付与割合
250,000千円
100%
新株引受権行使期間
平成13年 2月26日∼平成17年 3月26日
新株引受権は、本社債と分離して譲渡することができません。
2.2005年満期ユーロ円建新株引受権付社債は、平成13年5月31日までに全額代用払込により新株引受権の
行使に充当されましたので、残高はなくなりました。
3.連結決算日5年間の償還予定額は以下のとおりであります。
1年以内
1年超2年以内
2年超3年以内
−
−
1,150,000
3年超4年以内
4年超5年以内
−
−
b.借入金等明細表
区
(単位:千円)
分
前期末残高
当期末残高
平 均 利 率
返 済 期 限
567,415
280,315
2.4
−
1年以内に返済予定の長期借入金
21,996
21,996
2.9
−
長期借入金(1年以内に返済予定
のものを除く。)
54,008
17,012
2.9
平成14∼15年
−
−
−
−
643,419
319,323
−
−
摘
要
%
短期借入金
その他の有利子負債
計
−
(注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日以後5年間の予定返済額は以下の
とおりであります。
長期借入金
1年超2年以内
2年超3年以内
3年超4年以内
4年超5年以内
17,012
−
−
−
(2)その他
該当事項はありません。
− 52 −
2.財務諸表等
(1)財務諸表
①
貸借対照表
(単位:千円)
期
科
別
目
(資産の部)
流動資産
1.現金及び預金
※5
2.受取手形
※2.11
3.売掛金
※2
4.有価証券
※3
5.自己株式
6.商品
7.製品
8.原材料
9.仕掛品
10.貯蔵品
11.前渡金
※2
12.前払費用
13.商品取引委託者未収金
14. 保証差入及び保管
※4
預り有価証券
15.短期貸付金
※2
16.未収入金
※2
17.未収消費税等
18.委託者差金勘定
19.その他
貸倒引当金
流動資産合計
Ⅱ 固定資産
1.有形固定資産
(1)建物
※5
減価償却累計額
(2)構築物
減価償却累計額
(3)機械装置
※5
減価償却累計額
(4)車両運搬具
減価償却累計額
(5)工具、器具、備品
減価償却累計額
(6)土地
※5
有形固定資産合計
2.無形固定資産
(1)商標権
(2)実用新案権
(3)ソフトウェア
(4)電話加入権
(5)その他
無形固定資産合計
第126期
(平成12年 3月31日現在)
第127期
(平成13年 3月31日現在)
金
金
額
構成比
額
%
構成比
%
Ⅰ
135,670
75,328
5,926
4,462
208,377
182,668
20,264
15,433
17,320
13,897
451,938
18,344
89,223
271,757
698
68,329
8,385
17,128
57,303
2,905
18,786
3,009
138
534,342
31,688
45,087
275
401
57,852
4,803
18,934
35,955
2,699
24,685
11,943
6,286
43,542
24,062
3,845
135,451
−
40,365
23,454
△38,686
1,215,920
15,461
54,018
19,332
8,548
23,610
△43,875
876,114
76.4
135,670
79,704
5,815
4,562
208,377
187,016
17,788
13,994
17,320
14,896
60,341
1,463
25,708
4,831
3,422
42,029
137,797
−
−
4,136
1,410
645
6,192
− 55 −
44.0
55,965
1,253
21,360
3,793
8.7
2,424
42,029
126,826
6.4
0.4
148,750
78,666
1,328
1,410
453
230,609
11.6
(単位:千円)
期
科
別
目
3.投資その他の資産
(1)投資有価証券
(2)関係会社株式
(3)出資金
(4)関係会社長期貸付金
(5)長期未収入金
(6)固定化営業債権
※5
※2
※2
※6
第126期
(平成12年 3月31日現在)
第127期
(平成13年 3月31日現在)
金
金
額
額
構成比
53,136
30,003
101,235
171,311
12,855
234,180
310,370
10,003
97,188
359,311
12,855
−
−
237,910
22,955
△395,973
229,705
373,695
14.4
23.5
24,030
△407,670
644,000
1,001,436
32.3
50.3
0.1
100.0
−
35,002
78,672
113,674
1,991,226
5.7
100.0
(7) 破産債権更生債権その他
これらに準ずる債権
(8)その他
貸倒引当金
投資その他の資産合計
固定資産合計
Ⅲ 繰延資産
1.新株発行費
2.社債発行費
3.社債発行差金
繰延資産合計
資産合計
構成比
1,658
−
−
1,658
1,591,274
− 56 −
(単位:千円)
期
科
別
目
第126期
(平成12年 3月31日現在)
第127期
(平成13年 3月31日現在)
金
金
(負債の部)
流動負債
1.支払手形
※11
2.買掛金
※2
3.短期借入金
※5
4.1年 以 内 返 済 予 定 の 長 期 借 入 金 ※5
5.1年以内償還予定の社債
6.未払金
※5
7.未払費用
8.未払法人税等
9.預り金
※2
10.商品取引委託者預り金
11.預り有価証券
※4
12.前受収益
13.賞与引当金
14.新株引受権
流動負債合計
Ⅱ 固定負債
1.新株引受権付社債
2.長期借入金
※5
3.長期未払金
※5
4.繰延税金負債
5.退職給与引当金
6.退職給付引当金
7.預り敷金
固定負債合計
Ⅲ 特別法上の準備金
1.商品取引責任準備金
※7
特別法上の準備金合計
負債合計
額
構成比
額
%
構成比
%
Ⅰ
(資本の部)
資本金
※8
資本準備金
利益準備金
欠損金
1.任意積立金
(1)配当準備積立金
2.当期未処理損失
欠損金合計
Ⅴ その他有価証券評価差額金
資本合計
負債・資本合計
35,825
44,967
567,415
21,996
200,000
4,798
1,799
1,576
26,095
36,507
43,542
1,389
8,231
−
994,145
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
Ⅳ
50,000
62.5
14,584
21,751
280,315
21,996
400,000
14,439
1,134
1,576
4,527
30,997
24,062
1,261
7,173
80,827
904,647
45.4
−
54,008
501
−
17,146
−
12,000
83,655
5.3
750,000
17,012
−
190
−
20,932
12,000
800,135
40.2
10,000
10,000
1,087,801
0.6
68.4
10,000
10,000
1,714,782
0.5
86.1
665,000
215,840
58,760
41.8
13.5
3.7
790,661
367,122
58,760
39.7
18.4
3.0
50,000
990,364
940,364
265
276,444
1,991,226
47.2
0.0
13.9
100.0
50,000
486,128
436,128
−
503,472
1,591,274
− 57 −
50,000
27.4
−
31.6
100.0
②
損益計算書
(単位:千円)
期
科
別
目
売上高
1.製品売上高
2.商品売上高
3.加工料収入
4.商品取引業収入
5.不動産賃貸収入
6.その他売上高
7.売上値引及び戻り高
Ⅱ 売上原価
1.商品期首たな卸高
2.製品期首たな卸高
3.当期製品製造原価
4.当期商品仕入高
5.商品取引業原価
6.不動産賃貸原価
計
7.他勘定振替高
8.商品期末たな卸高
9.製品期末たな卸高
売上総利益
Ⅲ 販売費及び一般管理費
1.給料手当
2.賞与引当金繰入額
3.退職給与引当金繰入額
4.退職給付引当金繰入額
5.福利厚生費
6.減価償却費
7.運送費
8.通信費
9.支払手数料
10.貸倒引当金繰入額
11.その他
営業損失
Ⅳ 営業外収益
1.受取利息
2.受取配当金
3.受取事務手数料
4.有価証券売却益
5.雑収入
自
至
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
金
額
自
至
百分比
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
金
額
%
Ⅰ
261,786
384,667
200,001
21,162
32,557
−
△3,423
※4
64,250
12,768
381,431
307,641
13,863
6,589
786,545
−
68,329
8,385
896,690
709,830
186,860
100.0
79.2
20.8
百分比
%
210,243
305,846
135,079
21,659
32,557
2,058
△850
68,329
8,385
281,744
258,554
21,087
5,927
644,028
22,026
57,852
4,803
706,594
100.0
559,345
147,248
79.2
20.8
281,159
133,910
39.8
△19.0
21,578
3.1
※3
136,974
7,676
6,629
−
13,779
8,807
4,077
4,798
−
165
50,325
※1
※1
※1
3,045
12,967
−
39,083
5,496
233,232
46,372
60,594
− 58 −
26.0
△5.2
6.8
106,195
6,573
−
2,707
13,095
8,993
4,227
4,720
82,192
1,314
51,138
16,492
775
4,104
−
206
(単位:千円)
期
科
別
目
自
至
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
金
額
自
至
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
百分比
金
額
%
営業外費用
1.支払利息及び割引料
2.支払利息
3.社債利息
4.社債発行費償却
5.社債償還損
6.貸倒引当金繰入額
7.支払手数料
8.雑損失
経常損失
Ⅵ 特別利益
1.出資金受贈益
2.投資有価証券売却益
3.過年度損益修正益
4.その他
Ⅶ 特別損失
1.固定資産売却除却損
※2
2.たな卸資産評価損
3.クレアモント社関連清算損失
4.投資有価証券評価損
5.投資有価証券売却損
6. 退職給付会計基準変更時
差異償却額
7.債権譲渡損失
8.貸倒損失
9.その他
税引前当期純利益
税引前当期純損失
法人税、住民税及び事業税
当期純利益
当期純損失
前期繰越損失
当期未処理損失
百分比
%
Ⅴ
17,437
−
−
−
−
−
−
1,936
44,588
7,476
−
326
19,374
5,152
52,391
2.2
△0.6
5.8
−
25,596
15,803
17,501
26,942
15,572
53,053
7,180
−
−
17,894
−
438
−
−
−
−
2,318
42,546
63,408
110,144
22,495
−
5,143
2,857
27,557
−
−
−
515
30,853
16,386
−
1,576
14,810
−
500,938
486,128
− 59 −
3.4
1.8
−
0.2
1.6
−
161,649
273,982
22.9
△38.8
17,894
2.5
246,573
−
502,660
1,576
−
504,236
486,128
990,364
34.9
−
△71.2
0.2
−
△71.4
製造原価明細書
(単位:千円)
期
科
別
目
自
至
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
金
額
自
至
構成比
金
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
額
構成比
材
料
費
149,985
%
40.17
労
務
費
12,408
3.32
8,145
3.0
費
210,992
56.51
138,687
50.6
(206,777) (55.38)
(137,946)
(50.3)
274,172
100.0
経
( 外 注 加 工 費 )
当 期 総 製 造 費 用
373,386
期首仕掛品たな卸高
65,348
57,303
計
438,734
331,475
期末仕掛品たな卸高
57,303
35,955
−
13,775
381,431
281,744
他 勘 定 振 替 高
※2
当期製品製造原 価
100.0
127,339
%
46.4
(注)※1.原価計算の方法は総合原価計算により、実際原価を算出しております。
※2.他勘定振替高は内訳のとおりであります。
項
自
至
目
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
たな卸資産評価損(特別損失)
自
至
−
13,775
商品取引業原価明細書
(単位:千円)
期
科
別
目
自
至
金
労
務
経
合
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
額
自
至
構成比
金
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
額
構成比
費
12,866
%
92.8
11,781
%
55.9
費
997
7.2
9,305
44.1
13,863
100.0
21,087
100.0
計
不動産賃貸原価明細書
(単位:千円)
期
科
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
目
別
自
至
金
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
額
自
至
構成比
金
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
額
構成比
減
価
償
却
費
3,852
%
58.5
そ
の
他
経
費
2,737
41.5
2,393
40.4
6,589
100.0
5,927
100.0
合
計
− 60 −
3,534
%
59.6
③
損失処理計算書
(単位:千円)
期
科
目
別
第126期
平成11年4月1日∼平成12年3月31日
(平成12年6月29日株主総会決議)
金
額
第127期
平成12年4月1日∼平成13年3月31日
(平成13年6月28日株主総会決議)
金
額
Ⅰ
当 期 未 処 理 損 失
486,128
990,364
Ⅱ
次 期 繰 越 損 失
486,128
990,364
− 61 −
重要な会計方針
期
項
別
目
1.有価証券の評価基準及び
自
至
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
総平均法による原価法
評価方法
自
至
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
(1)売買目的有価証券
時価法(売却原価は総平均法により
算定)を採用しております。
(2)子会社株式及び関連会社株式
総平均法による原価法を採用してお
ります。
(3)その他有価証券
時価のあるもの
決算日の市場価格等に基づく時価法
(評価差額は部分資本直入法により
処理し、売却原価は総平均法により
算定)を採用しております。
時価のないもの
総平均法による原価法を採用して
おります。
2.デリバティブの評価基準
時価法を採用しております。
及び評価方法
3.たな卸資産の評価基準及
び評価方法
商品、製品、原材料、仕掛品、貯蔵品
移動平均法による原価法
− 62 −
同
左
期
項
別
目
4.固定資産の減価償却の方法
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
(1)有形固定資産
自
至
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
(1)有形固定資産
法人税法の規定による定率法
定率法を採用しております。
なお、主な耐用年数は以下のとおり
であります。
建
(2)無形固定資産
物
15∼50年
機 械 装 置
5∼14年
(2)無形固定資産
自社利用のソフトウェアについて
定額法を採用しております。
は、社内における見込利用可能期間
なお、自社利用のソフトウェアにつ
(5年)に基づく定額法、それ以外の
いては、社内における利用可能期間
無形固定資産については、法人税法の
(5年)に基づく定額法を採用してお
規定による定額法
ります。
(追加情報)
前期まで投資その他の資産の「長期
前払費用」に計上していた自社利用の
ソフトウェアについては「研究開発費
及びソフトウェアの会計処理に関する
実務指針」(日本公認会計士協会会計
制度委員会報告書第12号 平成11年3月
31日 ) に お ける経過措置の適用によ
り、従来の会計処理方法を継続して採
用しております。ただし同報告により
上記に係るソフトウェアの表示につい
ては、投資その他の資産の「長期前払
費用」から無形固定資産の「ソフト
ウェア」に科目名を変更し、減価償却
の方法については、社内における利用
可能期間(5年)に基づく定額法に
よっております。なお、当期に発生し
た自社利用のソフトウェアについては
「研究開発費に係る会計基準」(企業
会計審議会 平成10年3月31日)に基づ
き無形固定資産に「ソフトウェア」と
して計上し、上記の方法により償却を
行っております。
5.繰延資産の処理方法
新株発行費は商法の規定に基づく最
新株発行費は商法の規定に基づく最
長期間(3年間)で均等償却しており
長期間(3年間)で均等償却しており
ます。
ます。
社債発行費は商法の規定に基づく最
長期間(3年間)で均等償却しており
ます。
社債発行差金は社債償還期間で均等
償却しております。
− 63 −
期
項
別
自
至
目
6.引当金の計上基準
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
(1)貸倒引当金
自
至
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
(1)貸倒引当金
債権の貸倒れによる損失に備えるた
債権の貸倒れによる損失に備えるた
め、法人税法に基づく実績繰入率によ
め、一般債権については貸倒実績率に
る繰入限度額に加え個々の債権の回収
より、貸倒懸念債権等特定の債権につ
可能性を勘案して計上しております。
いては個別に回収可能性を検討し、回
収不能見込額を計上しております。
(2)賞与引当金
(2)賞与引当金
従業員賞与の当期負担分について当
従業員の賞与金の支払に備えるた
社賞与計算規定に基づく支給見込額を
め、従業員賞与の当期負担分について
計上しております。
賞与計算規定に基づく支給見込額を計
上しております。
(3)退職給与引当金
(3)退職給付引当金
従業員の退職金の支出に備えて退職
従業員の退職給付に備えるため、当
金規定に基づく自己都合による期末支
事業年度末における退職給付債務の見
給額の40%相当額を計上しておりま
込額に基づき計上しております。
す。
なお、会計基準変更時差異(25,179
なお、期末残高には転籍者に対する
ものを含めております。
(4)商品取引責任準備金
商品取引事故に備えるため商品取引
千円)については5年による按分額を
費用処理しております。
(4)商品取引責任準備金
同
左
所法第136条の22により算出した額を
計上しております。
7.その他財務諸表作成のため 消費税等の会計処理
の基本となる重要な事項
消費税等の会計処理
税抜方式を採用しております。
− 64 −
同
左
表示方法の変更
自
至
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
前期まで破産債権更生債権その他これらに準ずる債
権については、「固定化営業債権」として表示してお
りましたが、明瞭性の見地から「破産債権更生債権そ
の他これらに準ずる債権」として表示しております。
前期まで営業外収益の「雑収入」に含めて表示して
おりました「受取事務手数料」は、営業外収益の合計
額の100分の10を超えることとなったため区分掲記し
ております。
なお、前期における「受取事務手数料」の金額は
4,104千円であります。
前期まで販売費及び一般管理費の「雑費」に含めて
表示しておりました「支払手数料」は、販売費及び一
般管理費の合計額の100分の5を超えることとなったた
め区分掲記しております。
なお、前期における「支払手数料」の金額は13,110
千円であります。
− 65 −
(追加情報)
自
至
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
(税効果会計)
財務諸表等規則の改正により、当期から税効果会計を
適用して財務諸表を作成しております。これによる当期
純利益、当期未処理損失に対する影響はありません。
(退職給付会計)
当事業年度から退職給付に係る会計基準(「退職給付
に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業会計審議
会 平成10年6月16日))を適用しております。この結
果、従来の方法によった場合と比較して、退職給付費用
が5,454千円増加し、経常損失は311千円、税引前当期純
損失は5,454千円増加しております。
また、退職給与引当金は、退職給付引当金に含めて表
示しております。
(金融商品会計)
当事業年度から金融商品に係る会計基準(「金融商品
に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業会計審議
会 平成11年1月22日))を適用し、有価証券の評価の方
法、デリバティブの評価の方法、貸倒引当金の計上基準
等について変更しております。この結果、従来の方法に
よった場合と比較して、経常損失は405千円減少し、税
引前当期純損失は109,738千円増加しております。
この変更のうちその他有価証券(時価のあるもの)の
評価方法については、当中間会計期間においては総平均
法による原価法を採用しておりました。当下半期に経営
陣が刷新され、経営改革における財務体質改善策の一環
として会計方針の見直しを行った結果、当下半期におい
ては金融商品に係る会計基準の実施時期ただし書を適用
し、時価法(評価差額は部分資本直入法により処理)を
採用いたしました。従って、当中間会計期間においても
変更後の方法を採用した場合には、経常損失には影響が
ありませんが、税引前中間純損失が105,528千円増加す
ることになります。
− 66 −
注記事項
(貸借対照表関係)
第126期
(平成12年 3月31日現在)
第127期
(平成13年 3月31日現在)
千円
1
受取手形割引高
88,623
※2 このうち関係会社に対するもの
売
掛
前
渡
301
売
金
18,786
受
3,300
前
金
129,290
長期未収入金
12,855
未
収
買
入
掛
※2 このうち関係会社に対するもの
金
短 期 貸 付 金
※3
千円
1
金
1,004
形
837
金
24,685
短 期 貸 付 金
15,004
未
金
38,024
長 期 貸 付 金
359,311
長期未収入金
12,855
1,515
金
主な外貨建資産
千円
掛
取
手
渡
収
入
買
掛
金
1,385
預
り
金
1,224
※3
有価証券
外
額
2,300千米ドル
貸借対照表額
貨
271,482千円
※4
保証差入及び保管預り有価証
券は流動負債の預り有価証券
の対照勘定であります。
※5
このうち下記借入金等の為の
担保供用額
建
物
※4
保証差入及び保管預り有価証
券は流動負債の預り有価証券
の対照勘定であります。
※5
担保に供している資産及び
担保付債務
預
金
千円
58,096
千円
51,000
41,741
建
物
54,222
投資有価証券
31,673
土
地
41,741
計
131,511
投資有価証券
22,575
計
169,539
土
地
借入金等
千円
借入金等
千円
短
期
借
入
金
245,915
短
期
借
入
金
160,715
長
期
借
入
金
54,008
長
期
借
入
金
39,008
(内一年以内に返済する長期借入金)
(21,996)
(内一年以内に返済する長期借入金)
(21,996)
未
長
払
期
未
払
金
2,908
金
501
未
払
金
502
※6
財務諸表等規則第32条1項第
10号の債権です。
※6
※7
商品取引責任準備金は商品取
引所法第136 条の22によるも
のであります。
※7
商品取引責任準備金は商品取
引所法第136 条の22によるも
のであります。
※8
発行する株式の総数
40,000千株
※8
発行する株式の総数
40,000千株
発行済株式の総数
13,000千株
発行済株式の総数
14,322千株
− 67 −
第126期
(平成12年 3月31日現在)
9
保証債務
第127期
(平成13年 3月31日現在)
千円
上毛実業㈱(仕入保証)
17,500
計
17,500
9
千円
10
10
受取手形割引高
※11
期末日満期手形
24,660
期末日満期手形の会計処理に
ついては、手形交換日をもって
決済処理をしております。
なお、当期末日が金融機関の
休日であったため、次の期末日
満期手形が期末残高に含まれて
おります。
− 68 −
千円
受
取
手
形
2,105
支
払
手
形
2,176
(損益計算書関係)
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
※1
関係会社に係る注記
千円
※1
このうち関係会社に対する額
受
取
配
雑
※2
当
収
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
自
至
関係会社に係る注記
千円
このうち関係会社に対する額
金
6,000
入
4,104
固定資産売却・除却損の内容は次のとおりであります。
受取事務手数料
※2
4,104
固定資産売却・除却損の内容は次のとおりであります。
千円
車
※3
両
運
搬
千円
具
91
車
工具・器具・備品
347
構
物
5
計
438
ソ フ ト ウ エ ア
2,229
計
2,318
研究開発費の総額は次のとおりであります。
当期製造費用及び一般管理費
に含まれる研究開発費
両
運
搬
築
具
83
※3
千円
238
※4
他勘定振替高は内訳のとおりであります。
千円
たな卸資産評価損(特別損失)
22,026
(リース取引関係)
自
至
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの
以外のファイナンス・リース取引
以外のファイナンス・リース取引
該当事項はありません。
同
左
(有価証券関係)
前連結会計年度に係る「有価証券の時価等」及び当連結会計年度に係る「有価証券」(子会社株式及び関連会社
株式で時価のあるものは除く)に関する注記については、連結財務諸表における注記事項として記載しております。
なお、当事業年度(自平成12年 4月 1日
至平成13年 3月31日)における子会社株式及び関連会社株式で時価の
あるものはありません。
− 69 −
(税効果会計関係)
(単位:千円)
自
至
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
繰延税金資産
貸 倒 引 当 金 超 過 額
85,525
93,639
退職給与引当金超過 額
2,351
−
退職給付引当金超過 額
−
8,965
賞 与 引 当 金 超 過 額
−
1,352
投資有価証券評価損否認
−
45,930
関係会社株式評価損否認
繰
越
そ
欠
の
小
評
損
−
13,300
金
8,955
168,899
他
1,597
−
98,428
332,088
価
△98,428
△332,088
−
−
−
190
−
190
−
190
計
性
合
引
当
金
計
繰延税金負債
有 価 証 券 評 価 差 額
小
計
繰 延 税 金 負 債 の 純額
− 70 −
(1株当たり情報)
自
至
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
1株当たり純資産額
自
至
38円72銭
1株当たり当期純利益
1円13銭
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
1株当たり純資産額
19円30銭
1株当たり当期純損失
38円46銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につ
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につ
いては、新株引受権付社債及び転換社債の発行がないた
いては、当期純損失が計上されているため記載しており
め記載しておりません。
ません。
(重要な後発事象)
自
至
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
平成12年4月28日開催の取締役会において、下記のとおり社
債発行の決議を行い、平成12年5月1日に発行いたしました。
1.第2回無担保債
(1) 引 受 先
大正生命保険株式会社
(2) 発行総額
4億円
(3) 発行価格
額面100円につき100円
(4) 利
2.3%(年率)
率
(5) 償還方法
平成13年5月1日に全額償還
(6) 資金使途
運転資金3億円、当社の主要株主で関係
会社であるクレアモントキャピタルホー
ルディング株式会社の子会社で、当社の
関連会社である株式会社デイリーインベ
ストメントニューズに対する貸付金1億
円
2.第3回無担保債
(1) 引 受 先
大正生命保険株式会社
(2) 発行総額
15億円
(3) 発行価格
額面100円につき100円
(4) 利
2.3%(年率)
率
(5) 償還方法
平成12年6月1日に全額償還
(6) 資金使途
当社の主要株主で関係会社であるクレア
モントキャピタルホールディング株式会
社の子会社で、当社の関連会社である株
式会社デイリーインベストメントニュー
ズに対する貸付金15億円
なお、下記コマーシャルペーパーの発行により取得し
たEASTVIEW WORLDWIDE INC.株式を、平成12年5月31日に
2,000千株、平成12年6月1日に10,000千株、クレアモン
トキャピタルホールディング株式会社の子会社である株
式会社エヌシーエス証券を通じてそれぞれ281百万円、
1,408百万円で売却し、平成12年6月1日、上記第3回無
担保債を全額償還いたしました。
− 71 −
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
(重要な後発事象)
自
至
第126期
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
自
至
第127期
平成12年 4月 1日
平成13年 3月31日
平成12年5月15日開催の取締役会において、発行総額
100億円を限度とするコマーシャルペーパーの発行を決
議し、平成12年5月15日に下記内容により発行いたしま
した。
1.第1回コマーシャルペーパー
(1) 引 受 先
大正生命保険株式会社
(2) 発行総額
60億円
(3) 利
0.8%(年率)
率
(4) 償還方法
平成12年8月15日
(5) 資金使途
当社の主要株主で関係会社であるクレア
モントキャピタルホールディング株式会
社の子会社である株式会社エヌシーエス
証券からのEASTVIEW WORLDWIDE INC.株
式等の購入
(下記第2回コマーシャルペーパーに
よる購入と合わせて56,500千株)
2.第2回コマーシャルペーパー
(1) 引 受 先
大正生命保険株式会社
(2) 発行総額
20億円
(3) 利
0.8%(年率)
率
(4) 償還方法
平成12年6月15日
(5) 資金使途
運転資金7億円、当社の主要株主で関係
会社であるクレアモントキャピタルホー
ルディング株式会社の子会社である株式
会社エヌシーエス証券からの EASTVIEW
WORLDWIDE INC.株式等の購入
なお、平成12年6 月9日 、 上 記 に よ り 取 得 し た EAST
VIEW WORLDWIDE INC.株式1,380千株をクレアモントキャ
ピタルホールディング株式会社に184百万円で売却し、
また、平成12年6月14日に15,000千株を株式会社エヌ
シーエス証券を通じて1,868百万円で売却し、同日、上
記第2回コマーシャルペーパーを償還いたしました。
当事業年度終了後、2005年満期ユーロ円建新株引受権
付社債の新株引受権全額の権利行使(750,000千円)
が、代用払込により行われ、新株引受権付社債75,000千
円、新株引受権帳簿残高80,827千円が減少し、株式等が
次のとおり増加いたしました。
株
式
数
資
本
金
資 本 準 備 金
3,968,253株
376,984千円
453,843千円
これにより、発行済株式総数は、18,291,004株、資本
金は1,167,645千円、資本準備金は890,965千円となりま
した。
− 72 −
④
附属明細表
a.有価証券明細表
(1)有価証券
(単位:千円)
そ
類
及
び
銘
柄
投
資
口
数
等
貸借対照表計上額
口
の
みずほインベスターズ証券MMF
275,268
275
275,268
275
他
その他有価証
券
種
計
(2)投資有価証券
(単位:千円)
株
銘
柄
株
式
数
貸借対照表計上額
株
株式会社 ソキア
278,304
25,000
10,525
10.62
7,487
10,000
5,000
5,000
5,000
64,334
1,476
1,442,344.62
307,792
株式会社 東和銀行
株式会社 みずほホールディングス
群馬友好貿易株式会社
株式会社 群馬ロイヤルホテル
式
そ の 他 有 価 証 券
1,338,000
その他6銘柄
計
そ の 他
種
類
及
び
銘
柄
投
資
口
数
等
(投資信託受益証券)
貸借対照表計上額
口
証券投資信託受益証券(2銘柄)
350,240
− 73 −
2,579
b.有形固定資産等明細表
資 産 の 種 類
(単位:千円)
前期末残高 当期増加額 当期減少額
減価償却
当期末残高 累計額又は
償却累計額 当期償却額
差
引
当期末残高 摘
要
135,670
−
−
135,670
79,704
4,376
55,965
5,926
−
110
5,815
4,562
204
1,253
208,377
−
−
208,377
187,016
4,347
21,360
車両運搬具
20,264
398
2,874
17,788
13,994
1,291
3,793
工具・器具・備品
17,320
−
−
17,320
14,896
998
2,424
土地
42,029
−
−
42,029
−
−
42,029
429,587
398
2,984
427,001
300,174
11,219
126,826
商標権
−
150,000
−
150,000
1,250
1,250
148,750 (注)1
実用新案権
−
80,000
−
80,000
1,333
1,333
78,666 (注)2
ソフトウェア
8,774
1,440
6,484
3,730
2,401
2,018
1,328
電話加入権
1,410
−
−
1,410
−
−
1,410
645
−
191
453
−
−
453
10,829
231,440
6,675
235,594
4,984
4,602
230,609
−
−
−
−
−
−
−
新株発行費
4,974
−
4,974
−
−
1,658
−
社債発行費
−
52,504
−
52,504
17,501
17,501
35,002 (注)3
社債発行差金
−
107,770
−
107,770
29,097
29,097
78,672 (注)3
4,974
160,274
4,974
160,274
46,599
48,257
建物
有形固定資産
構築物
機械装置
計
無形固定資産
その他
計
長期前払費用
繰延資産
計
113,674
−
−
−
(注)1.「KINU J(キヌジェイ)」「Jennifer J(ジェニファージェイ)」「Defense J(ディフェンスジェイ)」に係る商標権を取
得したものであります。
2.「防弾機能を有するフィルムをもつカーテン」に係る実用新案権を取得したものであります。
3.社債発行費、社債発行差金は2005年満期ユーロ円建新株引受権付社債の発行により生じたものであります。
− 74 −
c.資本金等明細表
区
資
本
(単位:千円)
分
金
前期末残高
当期増加額
665,000
うち既発行
株式
当期減少額
125,661
当期末残高
−
摘
要
790,661
(注)
額面普通株式
(13,000千株) (1,322千株)
665,000
125,661
(
−
株)
(14,322千株)
790,661
−
計
(13,000千株) (1,322千株)
665,000
125,661
(
−
株)
(14,322千株)
790,661
−
(資本準備金)
資本準備金及び
その他の資本剰
余金
株式払込剰余金
215,840
151,281
−
367,122
(注)
計
215,840
151,281
−
367,122
−
利益準備金
58,760
−
−
58,760
−
50,000
−
−
50,000
−
108,760
−
−
108,760
−
(任意積立金)
利益準備金及び
任意積立金
配当準備積立金
計
(注)当期増加額2005年満期ユーロ円建新株引受権付社債の権利行使によるものであります。
d.引当金明細表
区
分
(単位:千円)
前期末残高
当期増加額
当
期
目 的 使 用
減
そ
少
額
の
他
当期末残高
摘
要
貸倒引当金
434,659
16,886
−
−
451,546
−
賞与引当金
8,231
7,173
8,231
−
7,173
−
10,000
−
−
−
10,000
−
商品取引責任準備金
− 75 −
(2)主な資産及び負債の内容
流動資産
①
現金及び預金
(単位:千円)
区
分
金
額
現金
要
2,688
預 金 の 種 類
②
摘
当 座 預 金
440,376
普 通 預 金
28,129
定 期 預 金
62,000
別 段 預 金
1,148
小
計
531,654
−
合
計
534,342
−
受取手形
(イ)相手先別内訳
相
(単位:千円)
手
先
金
額
合資会社 小出機業場
4,429
落合レース株式会社
4,397
リリカラ株式会社
4,283
株式会社 セルコン
2,744
石川レース株式会社
1,852
その他
摘
要
13,980
合
計
31,688
−
(ロ)期日別内訳
期
(単位:千円)
日
別
金
額
平成13年 3月
※ 2,105
4月
4,576
5月
4,710
6月
10,615
7月以降
合
摘
※
要
3月末日が休日のため未済
9,680
計
31,688
− 76 −
−
③
売掛金
(イ)相手先別内訳
相
(単位:千円)
手
先
金
額
西田株式会社
3,111
エミエ企画
2,887
株式会社 前橋メモリードホール
2,648
株式会社 セルコン
2,331
合資会社 小出機業場
2,233
その他
摘
要
31,875
合
計
45,087
−
(ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
当期発生高
(A)
89,223
(単位:千円)
当期回収高
(B)
(C)
684,949
729,085
次期繰越高
回
収
率
滞 留 期 間
(A) + (D)
2
(B)
365
(C)
× 100
(A) + (B)
(D)
45,087
94.2%
35.8日
(注)消費税等の会計処理は税抜方式を採用していますが、上記金額には消費税等が含まれております。
④
商品
(単位:千円)
品
名
金
額
生 糸 ・ 撚糸
⑤
織
物
223
レ
ー
ス
10,418
そ
の
他
37,761
計
57,852
−
製品
(単位:千円)
品
名
金
額
絹
撚
糸
4,777
そ
の
他
25
合
⑥
要
9,448
絹
合
摘
計
摘
4,803
要
−
原材料
(単位:千円)
品
名
金
額
生糸(撚糸用)
レ
合
ー
摘
要
13,214
ス
5,719
計
18,934
− 77 −
−
⑦
仕掛品
(単位:千円)
品
名
金
額
合 繊 撚 糸
⑧
撚
糸
9,814
レ
ー
ス
26,100
計
35,955
−
貯蔵品
(単位:千円)
品
名
金
額
事務用印刷物
そ
の
合
⑨
要
40
絹
合
摘
摘
要
904
他
1,795
計
2,699
−
未収入金
相
(単位:千円)
手
先
金
額
株式会社 上毛イット
36,613
株式会社 エヌシーエス証券
9,417
その他
7,988
合
計
摘
要
貸付利息他
投資有価証券売却代金
54,018
−
固定資産
①
関係会社長期貸付金
相
手
(単位:千円)
先
金
額
加茂上毛撚糸株式会社
79,925
株式会社 上毛イット
255,915
上毛実業株式会社
合
②
摘
要
23,471
計
359,311
−
破産債権更生債権その他これらに準ずる債権
相
手
先
金
(単位:千円)
額
株式会社 オーエーワイ
102,919
その他
134,991
合
計
237,910
− 78 −
摘
要
−
流動負債
①
支払手形
(イ)相手先別内訳
相
(単位:千円)
手
先
金
額
日貿株式会社
3,359
株式会社 丸岡商店
2,028
株式会社 内藤レース
2,008
峯岸貞二
1,988
三田商事株式会社
1,106
その他
4,093
合
計
摘
14,584
要
−
(ロ)期日別内訳
期
日
別
金
額
平成13年 3月
2,176
4月
5,033
5月
3,548
6月
1,570
7月以降
2,255
合
②
(単位:千円)
計
要
平成13年3月末日が休日のため未済
14,584
−
買掛金
(単位:千円)
相
手
先
金
額
有限会社 上脇タオル工芸社
3,033
西田株式会社
1,975
上毛ファミリーサービス株式会社
1,385
光洋レース株式会社
1,276
有限会社 ハトウ
1,151
その他
摘
要
12,927
合
③
摘
計
21,751
−
短期借入金
相
(単位:千円)
手
先
金
額
株式会社 富士銀行 前橋支店
87,915
株式会社 東和銀行 本店
72,800
株式会社 足利銀行 前橋支店
摘
要
100,000
株式会社 群馬銀行 本店
19,600
合
280,315
計
− 79 −
−
④
1年以内償還予定の社債
会社名
銘
柄
(単位:千円)
発行年月日 前期末残高 当期末残高
利 率
担 保
償還期限 摘
要
%
㈱上毛
第1回無担保社債
H11.11.26
200,000
−
1.7
なし
H12.11.24
㈱上毛
第2回無担保社債
H12. 5. 1
−
400,000
2.3
なし
H13. 5. 1
固定負債
①
新株引受権付社債
会社名
銘
(単位:千円)
柄
2005年 満 期 ユ ー ロ 円
建新株引受権付社債
㈱上毛
発行年月日 前期末残高 当期末残高
H13. 2.20
−
750,000
利 率
0.1
担 保
なし
償還期限 摘
H17. 3.31
要
(注)1
(注)2
(注)1.2005年満期ユーロ円建て新株引受権付社債に関する記載は以下の通りです。
発行すべき株式の内容
株式の発行価格
発行価額の総額
額面普通株式
189円
1,000,000千円
新株引受権の行使により発行した株式の発行価額の総額
新株引受権付与割合
新株引受権行使期間
250,000千円
100%
平成13年 2月26日∼平成17年 3月26日
新株引受権は、本社債と分離して譲渡することができません。
2.2005年満期ユーロ円建新株引受権付社債は、平成13年5月31日までに全額代用払込により新株引受権の
行使に充当されましたので、残高はなくなりました。
(3)その他
該当事項はありません。
− 80 −
第6
提出会社の株式事務の概要
決
期
3月 31日(年 1回)
定 時 株 主 総 会
6 月 中
株主名簿閉鎖の期間
4月 1日 ∼ 4月 30日
基
3月 31日
株
算
券
の
種
類
株式の名義書換え
1,000株券・10,000券(1,000株未満の
株式につきその株数を表示した株券を
発行することができる)
日
中間配当基準日
な
1単位の株式数
1,000株
事務取扱場所
東京都千代田区丸ノ内1の4の3
事 務 取 扱 所
東京都中央区日本橋1の5の3
代
理
人
東洋信託銀行株式会社
取
次
所
同行各支店及び勧角証券㈱本店並びに全国支店
名義書換手数料
単位未満株式の買取り
準
無
料
新券交付手数料
事務取扱場所
東京都千代田区丸ノ内一丁目4番3号
事 務 取 扱 所
東京都江東区東砂七丁目10番11号
代
理
人
東洋信託銀行株式会社
取
次
所
同行全国各支店
買 取 手 数 料
無
し
料
(注)1
公 告 掲 載 新 聞 名
東京において発行する日本経済新聞
株主に対する特典
該当事項はありません。
(注)1.単位未満株式の買取手数料は、以下の算式により1単位当たりの手数料金額を算出し、これを買い
取った単位未満株式の数で按分した金額とする。
(算式)東京証券取引所の開設する市場における最終価格による1株当たりの買取価格に1単位の株式
数を乗じた合計金額のうち
100万円以下の金額につき
1.150%
100万円を超え500万円以下の金額につき
0.900%
500万円を超え1,000万円以下の金額につき
0.700%
1,000万円を超え3,000万円以下の金額につき
0.575%
3,000万円を超え5,000万円以下の金額につき
0.375%
(円未満の端数を生じた場合には切り捨てる。)
ただし、1単位当たりの算定金額が2,500円に満たない場合には、2,500円とする。
− 81 −
第7
提出会社の参考情報
当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
(1)有価証券報告書及び
その添付書類
事 業 年 度
(第126期)
自
至
平成11年 4月 1日
平成12年 3月31日
平成12年 6月30日
関東財務局長に提出。
(2)半期報告書
(第127期中)
自
至
平成12年 4月 1日
平成12年 9月30日
平成12年12月28日
関東財務局長に提出。
(3)臨時報告書
平成12年 9月18日
関東財務局長に提出。
企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)に基づく臨時報告書であります。
(4)臨時報告書
平成12年10月 2日
関東財務局長に提出。
企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)に基づく臨時報告書であります。
(5)臨時報告書
平成12年10月26日
関東財務局長に提出。
企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)に基づく臨時報告書であります。
(6)臨時報告書
平成13年 1月30日
関東財務局長に提出。
企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号(代表取締役の異動)に基づく臨時報告書であります。
(7)臨時報告書
平成13年 1月31日
関東財務局長に提出。
企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第2号(海外市場における2005年満期ユーロ円建新株引受権
付社債の発行)に基づく臨時報告書であります。
(8)臨時報告書の訂正報告書
平成13年 2月 9日
関東財務局長に提出。
企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第2号(海外市場における2005年満期ユーロ円建新株引受権
付社債の発行)に基づく臨時報告書の訂正報告書であります。
− 82 −
第二部
提出会社の保証会社等の情報
該当事項はありません。
− 83 −
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
11
File Size
2 293 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content