close

Enter

Log in using OpenID

田中 洋行 教授

embedDownload
PUBLICATIONS BY PROF. HIROYUKI TANAKA
(Updated in 9.2014)
Tanaka, H., Tsutsumi, A. and Ohashi, T.: Unloading behavior of clays measured by CRS test, Soils and
Foundations, 54(2), 81-93, 2014
Tanaka, H., Hirabayashi, H., Matsuoka, T. and Kaneko, H.: Use of Fall Cone test as measurement of shear
strength for soft clay materials, Soils and Foundations, 52(4), 590-599, 2012
Seng, S. and Tanaka, H. : Properties of vey soft clays: a study of thixotropic hardening and behavior under low
consolidation pressure, Soils and Foundations, 52(2), 335-345, 2012
Hayashi, H., Yamazoe, N., Mitachi, T., Tanaka, H. and Nishimoto, S. : Coefficient of earth pressure at rest for
normally and over consolidated peat ground in Hokkaido area, Soils and Foundations, 52(2), 229-311, 2012
Tsutsumi, A. and Tanaka, H.: Combined effects of strain rate and temperature on consolidation behavior of
clayey soils, Soils and Foundations, 52(2), 207-215, 2012
Tsutsumi, A. and Tanaka, H.: Compressive behavior during the transition of strain rate changing, Soils and
Foundations, 51(5), 813-822, 2011.
Seng, S. and Tanaka, H.: Properties of cement-treated soils during the initial curing stages, Soils and Foundations,
51(5), 775-784, 2011.
Horng, V., Tanaka, H., Hirabayashi, H. and Tomita, R.: Sample disturbance effects undrained shear strengths
–Study from Takuhoku site, Sapporo-, Soils and Foundations, 51(2), 203-213、2011
Kochmanova, N. and Tanaka, H. : Influence of the soil fabric on the mechanical properties of unsaturated clays,
Soils and Foundations, 51(2), 275-286、2011
Kochmanova, N. and Tanaka, H. : Role of Microstructure in the Mechanical Behaviour of Clay, ASCE
Geotechnical Special Publication No. 200: Soil Behavior and Geo-Micromechanics. Proceedings of Sessions
of GeoShanghai2010. June 3-5, 2010, Shanghai, China, pp. 166-171, 2010.
Horng, V., Tanaka, H. and Obara, T.: Effects of sampling tube geometry on soft clayey sample quality evaluated
by nondestructive methods, Soils and Foundations, 50(1), 93-108、2010.
Nakamura, A., Tanaka, H. and Fukazawa, T.: Applicability of T-bar and Ball penetration tests to soft clayey
grounds, Soils and Foundations, 49(5), 729-738、2009.
Kawaguchi, T. and Tanaka, H. : Formulation of Gmax from reconstituted clayey soils and its application to Gmax
measured in the field, Soils and Foundations, 48(6), 821-832、2008
Tanaka, H., Udaka, K. and Nosaka, T.: Strain rate dependency of cohesive soils in consolidation settlement, Soils
and Foundations, Vol. 46, No. 3, pp315-322, 2006.
Tanaka, H. and Tanaka, M.: Main factors governing residual effective stress for cohesive soils sampled by tube
sampling, Soils and Foundations, Vol. 46, No. 2, pp209-220, 2006.
Tanaka, H.: Consolidation behavior of natural soils around pc value – Long term consolidation test-, Soils and
Foundations, Vol. 45, No. 3, pp83-96, 2005.
Tanaka, H.: Consolidation behavior of natural soils around pc value – Inter-Connected Oedometer test-, Soils
and Foundations, Vol. 45, No. 3, pp97-106, 2005.
Tanaka, H., Min-Soo Kang and Watabe, Y.:Ageing effects on consolidation properties –Based on the site
investigation of Osaka Pleistocene clays,Soils and Foundations, Vol. 44, No.6, pp39-52, 2004. 39-52
Tanaka, H., Tanaka, M. Suzuki, S. and Sakagami, T.:Development of a new cone penetrometer and its
application to great depths of Pleistocene clays, Soils and Foundations, Vol. 43, No.6, 2003.51-62
Tanaka, H., Shiwakoti, D. R., Omukai, N. Rito, F. Locat, J. and Tanaka, M.:Pore size distribution of clayey soils
measured by mercury intrusion porosimetry and its relation to hydraulic conductivity, Soils and Foundations,
Vol. 43, No.6, 2003. 63-74
Tanaka, H., Shiwakoti, D.R., and Tanaka, M. : Applicability of SHANSEP method to six different natural clays,
using triaxial and direct shear tests, Soils and Foundations, Vol. 43, No.3, 2003. 43-56
Watabe, Y., Tanaka, M., Tanaka, H. and Tsuchida, T.: Ko-consolidation in a triaxial cell and evaluation of in-situ
Ko for marine clays with various characteristics, Soils and Foundations, Vol. 43, No.1, 2003. 1-20
Shiwakoti, D.R., Tanaka, H., Tanaka, M. and Locat, J.: Influence of diatom microfossils on engineering
properties of soils, Soils and Foundations, Vol. 42, No.2, 2002. 1-18
Tanaka, H., Ritoh, F. and Omukai, N.: Quality of samples retrieved from great depth and its influence on
consolidation properties, Canadian Geotechnical Journal, Vol. 39, 2002. 1288-1301
Tanaka, H.: A Comparative Study on Geotechnical Characteristics of Marine Soil Deposits Worldwide,
International Journal of Offshore and Polar Engineering, Vol. 12, No. 2, 2002. 81-88
Ohtsubo, M., Egashira, K., Tanaka, H. and Mishima, O.: Clay minerals and geotechnical index properties of
1
marine clays in east Asia, Marine Georesources and Geotechnology, Vol. 20, 2002. 223-235
Tan, T.S., Lee, F.H., Chong, P.T. and Tanaka, H.: Effect of sampling disturbance on properties of Singapore clay,
ASCE, Journal of geotechnical and geoenvironmental engineering, Vol. 128, 2002.
Tanaka, H., Locat, J., Shibuya, S., Tan, T. S. and Shiwakoti, R. D.: Characterization of Singapore, Bangkok and
Ariake clays, Canadian Geotechnical Journal, Vol. 38, 2001. 378-400
Tanaka, H., Shiwakoti, D. R., Mishima, O., Watabe, Y. and Tanaka, M.: Comparison of mechanical behavior of
two overconsolidated clays: Yamashita and Louiseville clays, Soils and Foundations, Vol. 41, No. 4, 2001.
73-88
Tanaka, H., Mishima, O., Tanaka, M., Park, S. Z, Jeong, G. H. and Locat, J.: Characterization of Yangsan clay,
Pusan, Korea, Soils and Foundations, Vol. 41, No.2, 2001. 89-104
Tanaka, H., Tanaka, M. and D. R. Shiwakoti: Characteristics of soils with low plasticity: Intermediate soil from
Ishinomaki, Japan and Lean clay from Drammen, Norway, Soils and Foundations, Vol. 41, No. 1, 2001. 83-96
Tanaka,H.: Sample quality of cohesive soils: Lessons from three sites, Ariake, Bothkennar and Drammen, Soils
and Foundations, Vol. 40, No.4, 2000. 57-74
Tanaka, H. and Locat J.: A microstructural investigation of Osaka Bay clay: the impact of microfossils on its
mechanical behaviour, Canadian Geotechnical Journal, Vol. 36, 1999. 493-508
Tanaka, H. and Tanaka, M.: Characterization of sandy soils using CPT and DMT, Soils and Foundations, Vol. 38,
No.3, 1998. 55-65
Yamashita, S., Shibuya S. and Tanaka, H.: A case study for characterizing undrained cyclic deformation
properties in young sand deposit from in-situ and laboratory tests, Soils and Foundations, Vol. 37, No.2, 1997.
117-126
Shibuya, S. and Tanaka, H.: Estimate of elastic shear modulus in Holocene soil deposits, Soils and Foundations,
Vol. 36, No.4, 1996. 45-56
Tanaka, H., Sharma, P., Tsuchida, T. and Tanaka, M.: Comparative study on sample quality using several types of
samplers, Soils and Foundations, Vol.36, No.2, 1996. 57-68
Tanaka, H., Oka, F. and Yashima, A.: Sampling of soft soils in Japan, Marine Georesources and Geotechnology,
Vol. 14, 1996. 283-295
Tanaka, H.: Vane shear strength of Japanese marine clays and application of Bjerrum's correction factor, Soils
and Foundations, Vol.34, No.2, 1994. 39-48
Tanaka, H.: Behaviour of a braced excavation in soft clay and the undrained shear strength for passive earth
pressure, Soils and Foundations, Vol.34, No.1, 1994.53-64
Tanaka, H.: Behaviour of braced excavation stabilized by deep mixing method, Soils and Foundations, Vol.33,
No.2, 1993.105-115
Hanzawa, H. and Tanaka, H.: Normalized undrained strength of clay in the normally consolidated state and in
the field, Soils and Foundations, Vol.32, No.1, 1992.132-148
国内ジャーナル
山添誠隆・田中洋行・西村聡・林宏親:泥炭性軟弱地盤の周辺変形予測精度に着目した剛性特性の定
式化と適用,地盤工学ジャーナル,Vol.9, No. 3, pp.427-442, 2014.
田中洋行・林宏親:泥炭地盤に対するアイソタック則の適用性,地盤工学ジャーナル,Vol.9, No. 2,
pp.275-286, 2014.
山添誠隆・田中洋行・林宏親・荻野俊寛・三田地利之:プラスチックボードドレーン工法を適用した
泥炭地盤の圧密予測に用いる水平方向圧密係数,地盤工学ジャーナル,Vol.8, No.4, pp.517-532,
2013.
岡尚志・田中洋行・鈴木紀慶・堺谷常廣:CPT を用いた埋立過程の地盤特性の把握-東京国際空港 D
滑走路建設を例にとって-,地盤工学ジャーナル,Vol.6, No. 4, pp.489-501, 2011.
山添誠隆・田中洋行・林宏親・三田地利之:泥炭地盤の圧密沈下挙動と慣用予測式の適用性,地盤工学
ジャーナル,Vol.6, No. 3, pp.395-414, 2011
堤彩人・田中洋行・川口貴之:粘性土のひずみ速度依存性を評価するための超低速定ひずみ速度圧密
試験装置の開発と適用,土木学会論文集 C,Vol. 66,No.3,pp.660-670,2010.
西田 浩太・ 田中 洋行・ 三田地 利之・ 松田 圭大・小原 隆志; “サクションおよびベンダーエレメ
ント試験による自然堆積粘性土試料の品質評価”, 土木学会論文集C, Vol. 63, No. 4, pp.981-992, 2007.
林 宏親・三田地利之・田中洋行・西本 聡:泥炭性軟弱地盤の静止土圧係数とその評価,土木学会
論文集C, Vol. 62, No. 1 pp.127-138,2006.3 年
2
田中洋行・北詰昌樹・土田孝:招待論文 羽田空港沖合展開事業に関わる地盤工学的諸問題,土木学
会論文集,No.722/III-61, 2002 年 1-12
田中政典・田中洋行:SPT,CPT,DMTを用いた細粒分を多く含む改良地盤の液状化判定,土
木学会論文集,No.701/III-58, 2002 年 433-444.
田中政典・田中洋行・三島 理:飽和粘性土の残留有効応力を支配する要因,土木学会論文集,
No.722/III-61, 2002 年 219-229
利藤房男・大向直樹・田中洋行・田中政典:洪積粘土の圧密に伴う微視構造の変化、土木学会論文集,
No.701/ Ⅲ
-58, 2002 年 331-341
利藤房男・大向直樹・田中洋行・田中政典:硬質粘土の品質及び圧密特性評価、土木学会論文集、
No.694/III-57, 2001 年 209-219
田中政典・田中洋行・浅野潤一・東健一:低強度改良地盤の調査とその評価方法、土木学会論文集、
No.666/III-53, 2000 年 89-97
田中洋行・三島理・田中政典:粒径の大きな粒状体から成る地盤に対する CPT と DMT の適用性,土
木学会論文集、No.638/III-49, 273-283,1999 年 273-283
西田薫・高村透・中嶋雅之・田中洋行・田中政典:サイスミックコーン試験の適用例と測定データの
振幅特性に関する考察、土木学会論文集、No.631/III-48, 1999 年 329-338
田中洋行・田中政典・土田孝:自然堆積した中間土の強度特性、土木学会論文集、No.589/III-42, 1998
年 195-204
秦樹一郎・深川良一・室達郎・田中洋行:正規圧密粘性土地盤に対するセルフボーリングプレッシャ
ーメータ試験結果の解釈、土木学会論文集、No.589/III-42, 1998 年 219-229
田中洋行・田中政典:原位置試験によって計測される地盤の変形特性、土木学会論文集、No.575/III-40,
1997 年 83-91
田中洋行:”自然堆積粘土に対するベーンせん断試験結果の解釈”への討議、土木学会論文集 No.517/
III-31, 1995 年. 209-215
田中洋行:軟弱地盤の山留め工における根入れ部の安定、土木学会論文集 No.435/VI, 1991 年,61-68
INTERNATIONAL CONFERENCES / SYMPOSIA
Tanaka, H. and Seng, S.: Hardening process of clayey soils with high water content due to thixotropy effect, Proc.
of 18th International Conference of Soil Mechanics and Foundation Engineering, 2013, in Press.
Seng, S. and Tanaka, H.: Thixotropic hardening behavior of clays with high water content, Proc. of the 22th
offshore and Polar Engineering Conference, 2012.
Nishio, S., Ogisako, E., Denda, A., Tanaka, H., Hyodo, M., Mitachi, T. and Hirakawa, H.: Undrained shear
behaviour of soil samples recovered from seafloor in eastern Nankai Trough, 34th International Geological
Congress, Brisbane/Australia , 2012.8.
Tanaka, H., Oka, T. and Sakaiya, T.,"Using CPT for management of filling work," Proc. of the 4th International
Conference on Geotechnical and Geophysical Site Characterization, Vol.1, pp.235-240, Recife/Brazil.
2012.9.
Nishio, S., Ogisako, E., Denda, A., Tanaka, H., Hyodo, M., Mitachi, T. and Hirakawa, H.: Geotechnical
laboratory tests on soil samples recovered from eastern Nankai Trough, Proc. of the 4th International
Conference on Geotechnical and Geophysical Site Characterization, Vol.2, pp.1861-1867, Recife/Brazil.
2012.9.
Tanaka, H. and Kochmanova, N.: Compression behavior of unsaturated bentonite, Proc. of 2nd Japan-Korea Joint
Workshop on Unsaturated Soils and Ground, JW-Fukuoka 2011, 161-170, 2011.
Tsutsumi, A., Tanaka, H. and Kawaguchi, H.: Validity of Isotache model for Osaka and Louiseville intact clays,
Proc. of 14th Asian regional conference on Soil mechanics and Foundation Engineering, Paper No. 195 (CD),
Hong Kong, 2011.
Kaneko, H., Tanaka, H. and Kudoh, Y. :Prediction of slope failure disaster caused by rainfall using centrifuge test,
Proc. of 14th Asian regional conference on Soil mechanics and Foundation Engineering, Paper No. 211 (CD),
Hong Kong, 2011.
Seng, S., Tanaka, H. and Ise, D.: Hardening process at the early stage of cement treated soils, Proc. of the 6th
international Congress on Environmental Geotechniques, 8-12 November, New Delhi, 610-615, 2010.
Kaneko, H., Tanaka, H. and Kudoh, Y.: Prediction of slope failure of sand ground during rainfall by centrifuge
3
model test, Proc. of the 6th international Congress on Environmental Geotechniques, 8-12 November, New
Delhi, 1279-1284, 2010.
Kochmanová, N. and Tanaka, H.: Influence of microstructures on the mechanical properties of unsaturated clays,
Proceedings of the 4th Asia-Pacific Conference on Unsaturated Soils. November 23-25, 2009, Newcastle,
Australia, pp 45-50, 2009.
Kochmanová, N. and Tanaka, H. : Bentonite Microstructure Formation in Clay Liners, The 24th International
Conference on Solid Waste Technology and Management Conference Proceedings. March 15-18,
Philadelphia, U.S.A., pp. 64-75. 2009.
Oka, T. and H. Tanaka: Soil variability calculated from CPT data, Proc. of the 2nd international symposium on
geotechnical safety and Risk, Gifu, 287-292, 2009.
Kaneko, H., H. Tanaka and Y. Kudoh: Slope stability of two different layers caused by rainfall, Proc. of the
international symposium on prediction and simulation methods for geohazard mitigation (IS-Kyoto), 33-38,
2009.
Tanaka, H. and K. Nishida: Sample quality assessment of soft clay by suction and shear wave velocity
measurement, Proc. of the third international conference on site characterization ISC’3, Taipei, 1497-1502,
2008
Tanaka, H.: Sampling and sample quality of soft clays, Keynote/Theme lecture, Proc. of the third international
conference on site characterization ISC’3, Taipei, 139-158, 2008
Tsustusmi, A. and Tanaka, H.: Strain rate dependency on consolidation for peaty soils in Hokkaido Island, Proc.
of the 3rd Sino-Japan Geotechnical Symposium, Chongqing, China, 590-595, 2007.
Tanaka, H. and Nishida, K.: Suction and shear wave velocity measurements for assessing sample quality, Proc.
of the 3rd International Seminar on soils design parameters from in situ and laboratory tests, 163-175, 2007.
Nishida, K., Tanaka, H. and Mitachi, T.: Evaluation of Disturbance of clayey soils by suing bender element, Proc.
of 13th Asian regional conference on Soil mechanics and Foundation Engineering, 7-10, 2007.
Hayashi, H., Mitachi, T., Tanaka, H. and Nishimoto, S.: Determination procedure of soil parameters for
elasto-plastic FE analysis of peat ground, Proc. of 13th Asian regional conference on Soil mechanics and
Foundation Engineering, 145-148, 2007.
Tanaka, H. : Goetechnical properties of Hachirogata Clay, Characterization and Engineering Properties of
Natural Soils, Vol. 3, pp1831-1854, 2006.
Tamrakar, S. B., Toyoura, Y., Tanaka, H. and Ihoh, K.: Possibility of measurement of slope movement during the
sandy soil failure in centrifuge, Proc. of the 59th Canadian Geotechnical Conference, 2006.
Nishida, K., Tanaka, H. and Mitachi, T. : Influence of sample quality on shear wave velocity and residual
effective stress, Proc. of the 16th offshore and Polar Engineering Conference, Vol. II, 362-368, 2006.
G. Imai, N. Omukai and H. Tanaka: An isotaches-type model for predicting long term consolidation of KIA clays,
Proc. of the symposium on Geotechnical Aspects of Kansai International Airport, 49-64, 2005.
Tanaka, H., Udaka, K. and Nosaka, T.: Consolidation behavior around pc value by inter-connected oedometer
test, Proc. of 16th International Conference of Soil Mechanics and Foundation Engineering, 2005, Vol.2,
1129-1132.
Rito, F., Ohmukai, N. and Tanaka, H. : Long-term consolidation characteristics of natural clays. Proc. of the
international symposium on Engineering practice and performance of soft sediments (IS-Osaka 2004), 7-10,
2004.
Tanaka, M. and Tanaka, H.: An examination of the engineering properties and the cone factor of soils from East
Asia, Proceedings of the second international conference on site characterization ISC-2, Proto, Portugal, Vol.1,
1019-1024, 2004.
S. Shibuya, Li, D. J., and Tanaka, H.: Characterizing artificial and natural bonding of clays, Proceedings of the
second international conference on site characterization ISC-2, Proto, Portugal, Vol.2, 1869-11874, 2004.
Rito, F., Ohmukai, N., Tanaka, H. and Tanaka, M.: Change in microstructure of Pleistocene clays due to
one-dimensional consolidation, Proc. of 3rd international symposium on deformation characteristics of
geomaterials, 2003.
Watabe, Y., Tanaka, M., Tsuchida T. and Tanaka, H.: Normalization of stress-strain relationship for aged and
cemented natural clay, Proc. of 3rd international symposium on deformation characteristics of geomaterials,
2003.
Tanaka, H.: Pore size distribution and hydraulic conductivity characteristics of marine clays, Proc. of 2nd
international symposium on contaminated sediments, 2003.
Tanaka, H., Tanaka, M., Ritoh, F. and Omukai, N.: Relation between structure and hydraulic conductivity of
marine clayey soils, Proc. of 12th Asian regional conference on Soil mechanics and Foundation Engineering,
2003.
Tanaka, H., Ritoh, F. and Omukai, N.,: Geotechnical properties of clay deposits of the Osaka bay Basin,
4
Characterization and Engineering Properties of Natural Soils, 2002.
Locat, J., Tanaka, H., Tan, T. S., Dasari, G. R. and Lee, H.: Natural soils: Geotechnical behaviour and geological
knowledge, Characterization and Engineering Properties of Natural Soils, 2002.
Tan, T.S., Phoon, K.K., Lee, F.H., Tanaka, H., Locat, J. and Chong, P.T.: A characterization study of Singapore
Lower Marine Clay, Characterization and Engineering Properties of Natural Soils, 2002.
Chung, S.G., Giao P.H. and Tanaka, H.: Geotechnical characteristics and engineering problems of Pusan clays,
Characterization and Engineering Properties of Natural Soils, 2002.
Tanaka, H.: What dose the qu mean? Proc. of the Nakase memorial symposium, 2002.
Watabe, Y., Tanaka, M., Tanaka, H. and Tsuchida, T.: Evaluation of in-situ lateral earth pressure at rest for marine
clay by means of triaxial cell, Proc. of the Nakase memorial symposium, 2002.
Ohmukai, N., Rito, F., Tanaka, H. and Mizukami, J.: Estimation of the strain rate effect influenced to the
consolidation characteristics of Osaka Bay Pleistocene clay, Proc. of the Nakase memorial symposium, 2002.
Rito, F., Omukai, N., Tanaka, H. and Tanaka, M.: Long term consolidation characteristics of two Osaka group
clays, Proc. of the International symposium on Geotechnical and environmental challenges in mountainous
Terrain, 2001.
Rito, F., Omukai, N., Tanaka, H. and Tanaka, M.: Sample quality of Pleistocene clay and influence of residual
effective stress, Proc. of the eleventh offshore and Polar Engineering Conference, Vol. II, 2001.
Shiwakoti, D. R., Tanaka, H. and Tanaka, M.: A study small strain shear modulus of undisturbed soft marine
clays and its correlations with other soil parameters, Proc. of 15th International Conference of Soil Mechanics
and Foundation Engineering, 2001.
Locat, J. and Tanaka, H.: A new class of soils: Fossiliferous soils? Proc. of 15th International Conference of Soil
Mechanics and Foundation Engineering, 2001, 2295-2300.
Ohtsubo, M., Egashira, K., Iida, T., Tanaka H. and Mishima, S.: Correlation of clay mineral composition with
geotechnical index properties of marine clays, Proc. of the International symposium on Lowland Technology,
2000.
H. Tanaka: Re-examination of established relations between index properties and soil parameters, Proc. of the
international symposium on Coastal geotechnical engineering in practice -IS Yokohama, 2000.
Tanaka, M., Tanaka, H., Asano, J. and Azuma, K.: CPT investigation on the ground treated by deep mixing
method using flyash gypsum cement, Proc. of the international symposium on Coastal geotechnical
engineering in practice -IS Yokohama, 2000.
Shiwakoti, D.R., Tanaka, H., Tanaka, M. and Mishima, O.: A study on influences of diatom microfossils on soil
behaviour, Proc. of the international symposium on Coastal geotechnical engineering in practice -IS
Yokohama, 2000.
Tanaka, H., Mishima, O. and Tanaka, M.: The rate effect on pc value for nine undisturbed marine clays, Proc. of
the 10th international offshore and polar engineering conference, 2000.
Shiwakoti, D.R., Tanaka, H., Tanaka, M. and Mishima, O.: A study on small strain shear modulus of undisturbed
soft marine clays, Proc. of the 10th international offshore and polar engineering conference, 2000.
Miura, S., Tanaka, H. and Yagi, K.: Deformation-strength properties of crushable soils estimated by laboratory
and in-situ testing, Proc. of the second international symposium on pre-failure deformation characteristic of
geomaterials -IS Torino 99, 1999.
Shiwakoti, D. R., Tanaka, H., Locat, J. and Goulet, C.: Influence of microfossils on the behaviour of cohesive
soil, Proc. of 11th Asian regional conference on Soil mechanics and Foundation Engineering, 1999.
Chong, P. T., Tan, T. S., Lee, F. H., Yong, K. Y. and Tanaka, H.: Characterization of Singapore lower marine clay
by in-situ and laboratory tests, Proc. of the international symposium on problematic soils, IS-Tohoku '98,
1998.
Mishima, O., Tanaka, H. and Tanaka, M.: Site investigation of Tomakomai volcanic ash by SPT, CPT, DMT and
seismic cone tests, Proc. of the international symposium on problematic soils, IS-Tohoku '98, 1998.
Tanaka, H., Hamouche, K.K., Tanaka, M., Watabe, Y., Leroueil, S. and Fournier: Use of Japanese sampler in
Champlain sea clay, Proc. of the international conference on site characterization -ISC'98, 1998.
Tanaka, H. and Tanaka, M.: Key factors governing sample quality -key note lecture, Proc. of the international
symposium on characterization of soft marine clays -Bothkennar, Drammen, Quebec and Ariake clays, 1997.
Tanaka, H. and Tanaka, M.: Applicability of the UC test to two European clays, Proc. of 14th International
Conference of Soil Mechanics and Foundation Engineering, 1997.
Locat, J., Tanaka, H., Oka, F., Tremblay, H. and Leroueil,S.: Japan and Quebec clays: Their nature and related
environmental issues, Proc. of the second of International congress on environmental geotechnics, 1996.
Shibuya, S., Mitachi, T., Yamashita, S. and Tanaka, H.: Recent Japanese practice for investigating elastic
stiffness of ground, Proc. of Advances in site investigation practice, 1996.
Tanaka, H.: Undrained shear strength for passive earth pressure in an excavation of soft clay, Proc. of
5
Geotechnical aspects of underground construction in soft ground, 1996.
Tanaka, H.: National report -The current state of CPT in Japan, Proc. of International symposium on cone
penetration testing, 1995.
Tanaka, H.: Base failure of braced excavation stabilized by DM method, Proc. of 13th International Conference
of Soil Mechanics and Foundation Engineering, 1994.
Tanaka, H.: Consolidation of ground reclaimed by inhomogeneous clay, Proc. of Settlement '94, ASCE, 1994.
Tanaka, H. and Tanaka, M.: Sample quality obtained by various types of samplers, Proc. of 10th Asian regional
conference on Soil mechanics and Foundation Engineering, 1995.
Tanaka, H.: Applicability of Bjerrum's correction factor to Japanese clays, Proc. of 11th European Conference of
Soil Mechanics and Foundation Engineering, 1995.
Tanaka, H., Tanaka, M., Iguchi, H. and Nishida, K.: Shear modulus of soft clay measured by various kinds of
tests, Proc. of Pre-failure deformation of Geomaterials, 1994.
Tanaka, H. and Tanaka, M.: Vane shear strength of Japanese marine clays, Proc. of 11th Southeast Asia
Geotechnical Conference, 1993.
Tanaka, H.: A case study of a braced excavation in soft clay, Proc. of 9th Asian regional conference on Soil
mechanics and Foundation Engineering, 1991.
Tanaka, H., Ohta, K. and Murayama, T.: Performance of vertical draines for soft and ununiform soils, Proc. of
Geo-Coast '91, 1991.
Soda, S., Tanaka, H. and Kajiwara, Y.: Tokyo International airport offshore development project, Civil
engineering in Japan、土木学会, 1989.
Terashi, M. and Tanaka, H.: Settlement analysis for deep mixing method, Proc. of 8th European Conference of
Soil Mechanics and Foundation Engineering, 1983.
Terashi, M. and Tanaka, H.: Ground improved by deep mixing method, Proc. of 10th International Conference of
Soil Mechanics and Foundation Engineering, 1981.
Terashi, M., Tanaka, H. and Okumura, T.: Engineering properties of lime-treated marine soils and DM method,
Proc. of 6th Asian regional conference on Soil mechanics and Foundation Engineering, 1979.
学会誌等
田中洋行:室内試験・原位置試験結果の設計への反映 2.強度と変形特性の評価-地盤-、地盤工学
会誌、Vol.61、No.4、pp.44-51、2013 年
田中洋行:室内試験・原位置試験結果の設計への反映 1.講座を始めるにあたって、地盤工学会誌、
Vol.61、No.4、pp.42-43、2013 年
西尾伸也,荻迫栄治,傳田 篤,平川博之,田中洋行,兵動正幸,三田地利之:東部南海トラフ海底
堆積土コア試料の力学特性,第 13 回岩の力学国内シンポジウム講演論文集,pp.377-382, 2013.1.
(全文審査・口頭発表)
田中洋行・Sochan Seng:高含水比のセメント処理土の硬化過程、地盤工学会誌、Vol.60、No.6、pp.16-19、
2012 年
田中洋行:軟弱粘性土のサンプリングと強度評価,技術手帳,土と基礎、地盤工学会、Vol.58、No.2,
pp56-17、2010 年
田中洋行:7.地盤調査-ボーリング・サンプリング,土と基礎、地盤工学会、Vol.58、No.1,pp16-17、
2010 年
田中洋行:総説 地盤調査に求められている課題 -信頼設計に基づいた地盤定数の設定- 土と基
礎、地盤工学会、Vol.55、No.11,pp1-4、2007 年
田中洋行・西田浩太・深沢健・中村明教:浚渫粘性土で埋め立てられた地盤の原位置試験による圧密
度の把握,土と基礎、地盤工学会、Vol.54、No.7,pp25-27、2006 年
田中洋行・宇高薫・野坂知正:二次圧密と層厚との関係、土と基礎、地盤工学会、Vol.53、No.7,pp11-13、
2005 年
田中政典・田中洋行・渡部要一:東アジア地域のサンプリング技術と地盤特性,土と基礎、地盤工学
会、Vol.53、No.2,pp25-27、2005 年
田中洋行:軟弱粘性土のサンプリング技術、土と基礎、地盤工学会、Vol.52、No.2,pp.25-27,2004 年
田中洋行:ISO/TC182/SC1 における活動 3.CEN におけるサンプリングと CPT に関する動向、土と基
礎、地盤工学会、Vol.51、No.7,pp.11-14,2003 年
6
利藤房男・大向直樹・田中洋行・田中政則:残留有効応力の違いが硬質粘土の圧密特性に与える影響
評価、土と基礎、地盤工学会、Vol.49、No.6,pp.26-28,2001 年
田中洋行・J. Locat・D. R. Shiwakoti・田中政典:日本と海外の海成粘性土の物理・化学的特性に関する
相違点、土と基礎、地盤工学会、Vol.49、No.2,pp.5-8,2001 年
三浦清一・八木一善・田中洋行・阿曽沼剛:破砕性粗粒土の力学挙動と評価 –主として北海道火山性
堆積地盤について-、土と基礎、地盤工学会、Vol.48、No.10,2000 年、pp.15-18。
田中洋行:地盤工学 50 年の歩みと展望 7.地盤調査法・原位置試験、土と基礎、地盤工学会、Vol.47、
No.11,pp.30-33,1999 年
田中洋行:総説:我が国におけるコーン貫入試験の現状と問題点、土と基礎、地盤工学会、Vol.47、No.9,
pp.5-8,1999 年
田中洋行・田中政典:日本のサンプリング方法で採取された世界各地の粘土の品質 -どこまで通用
するか我が国のサンプリング方法-、土と基礎、地盤工学会、Vol.46、No.5,pp.22-24,1998 年
武田弘一・田中洋行・木山正明:講座 各種構造物の実例にみる地盤改良工法の選定と設計、3.各
種構造物における実例 3.4 港湾構造物、Vol.46、No.6,pp.47-52,1998 年
田中洋行・Jacques Locat:塑性指数に関する再考察、土と基礎、地盤工学会、Vol.46、No.4,pp.9-12,
1998 年
寺師昌明・田中洋行:講座 各種構造物の実例にみる地盤改良工法の選定と設計、2.軟弱地盤対策工法
の選定、Vol.46、No.1,1998 年、55-60
田中洋行・田中政典・西田薫:CPT および DMT の砂地盤への適用、土と基礎、地盤工学会、Vol.45、
No.4,pp.13-16,1997 年
清田芳治・木幡行宏・山崎浩之・田中洋行:講座 地盤材料の小ひずみでの非線形特性と地盤変形問
題への適用 2.室内試験法(その 2)
、土と基礎、地盤工学会、Vol.45、No.3,1997 年、59-64.
澁谷啓・山下聡・田中洋行・中島雅之:乱れたサンプリング試料を用いた埋立て砂の繰り返し変形特
性の評価、土と基礎、地盤工学会、Vol.44、No.8,1996 年、16-18。
田中洋行・澁谷啓・山下聡・三村衛:緩い砂で埋め立てられた地盤の工学的特性、土と基礎、地盤工
学会、Vol.44、No.5,pp.13-16,1996 年
田中洋行:山留め工における数値解析、土と基礎、地盤工学会、Vol.43、No.7,pp.21-24,1995 年
杉本隆男・青木雅路・田中洋行:講座 掘削と周辺地盤の変状 5.山留め掘削と周辺地盤の変状、Vol.43、
No.4,1995 年、67-73.
田中洋行・田中政典・土田孝・水上純一:久里浜試験フィールドの土質特性、土と基礎、地盤工学会、
Vol.42、No.8,pp.11-16,1994 年
半沢秀郎・鈴木耕司・田中洋行:粘土のノーマライズされた非排水せん断強度、土と基礎、地盤工学
会、Vol.39、No.8,1991 年、29-34
田中洋行・丸山隆英・太田一巳:バーチカルドレーン工法で改良された不均一地盤の挙動、Vol.39、No.7,
1991 年、37-42
田中洋行・鈴木光雄・梶原康之:軟弱地盤における山留め掘削、土と基礎、地盤工学会、Vol.37、No.5,
pp.11-16,1989 年
土田孝・田中洋行・小林正樹:土質調査におよぼす人為的要因の影響、土と基礎、地盤工学会、Vol.36、
No.9,pp.49-54,1988 年
国内シンポジウム
西尾伸也・荻迫栄治・傳田篤・平川博之・田中洋行・兵頭正幸・三田地利之:第二渥美海丘から採取
したコア試料の地盤工学的特徴、第四回メタンハイドレード総合シンポジウム講演集,141-144,2012.
田中洋行・服部直・西尾伸也・平川博之:大水深における堆積物の地盤特性、第四回ハイドレード総
合シンポジウム講演集,185-188, 2012.
西尾伸也・荻迫栄治・傳田篤・田中洋行・平川博之:海洋産出試験サイトの堆積物特性、第三回メタ
ンハイドレード総合シンポジウム講演集,15-16,2011.
西尾伸也・荻迫栄治・傳田篤・田中洋行・兵頭正幸・三田地利之・平川博之:海洋産出試験サイトの
地盤物性評価、第三回メタンハイドレード総合シンポジウム講演集,17-20,2011.
7
田中洋行・金子広明・安田直樹・西尾伸也:南海トラフから採取された土の基本的な力学特性、第三
回ハイドレード総合シンポジウム講演集,88-91, 2011.
Seng, S. and Tanaka, H.: Engineering properties of cement-treated soils during the early hardening process, 第 9
回環境地盤工学シンポジウム発表論文集,421-726, 2011.
田中洋行:メタンハイドレードに関する地盤調査における問題点,第一回メタンハイドレード総合シ
ンポジウム講演集,42-45,2010.
田中洋行:CPT の長所と限界,
最近のサウンディング技術と地盤評価シンポジウム発表論文集,
141-148,
2009.
金子広明・田中洋行・平林弘・深沢健:軟弱粘土におけるボール貫入試験の適用性,最近のサウンデ
ィング技術と地盤評価シンポジウム発表論文集,55-58,2009.
岡尚志・田中洋行:CPT データに基づく地盤の特性と自己相関,最近のサウンディング技術と地盤評
価シンポジウム発表論文集,101-106,2009.
西田浩太・平林弘・田中洋行:貫入試験結果による粘性土地盤の有効土被り圧の推定,最近のサウン
ディング技術と地盤評価シンポジウム発表論文集,113-116,2009.
田中洋行・小林慎之介・伊勢大亮・田口博文:ベンダーエレメントを用いたセメント安定処理土の養
生初期におけるせん断波速度,第8回地盤改良シンポジウム講演集,301-304,2008.
田中洋行・阿部篤史・笠間太樹・三田地利之:遠心力載荷試験による降雨時の斜面安定の検討 降雨
時の斜面モニタリング技術とリアルタイム崩壊予測に関するシンポジウム、地盤工学会、2006
大向直樹・利藤房男・田中洋行・田中政典:大深度から採取した過圧密粘土の品質評価、
「過圧密土お
よび過圧密地盤の力学」に関するシンポジウム発表論文集,2000 年
田中洋行・田中政典・三島理:地質学的には正規圧密地盤と思われるが過圧密比が大きな地盤の力学
特性、「過圧密土および過圧密地盤の力学」に関するシンポジウム発表論文集,2000 年
天満稔・澁谷啓・田中洋行・田中政典・三島理:過圧密粘土地盤の力学挙動に及ぼす年代効果の定量
的評価法に関する事例研究、
「過圧密土および過圧密地盤の力学」に関するシンポジウム発表論文集,
2000 年
田中政典・田中洋行・三島理:海外の土の地盤調査と工学的性質、第 45 回地盤工学シンポジウム,1999
年
田中洋行・Locat, J.・田中政典・三島理:世界と日本の海成粘性土の相違性、第 45 回地盤工学シンポ
ジウム,1999 年
田中洋行・田中政典:世界的に見た日本のサンプリング方法の地位、第 44 回地盤工学シンポジウム,
1999 年
田中洋行・田中政典・半沢秀郎:一軸圧縮強度とベーンせん断強度の関係、平成4年度サンプリング
シンポジウム発表論文集,1992 年
田中洋行・榊原基生・足立隆志:港湾域における土質データベースの現状、地盤情報のデータベース
に関するシンポジウム,1991 年
田中洋行・田中政典・山本良一:山留め掘削における数値解析、第 35 回土質工学シンポジウム-数値
解析による土構造物と基礎の挙動予測-,1990 年
田中洋行・米沢朗・横田弘:羽田沖合展開工事における調査・計測について、新しい調査・計測技術
に関するシンポジウム発表論文集,土質工学会,1989 年
田中洋行・吉永清人:軟弱地盤における山留め工の計測結果について、土質工学における情報化施工
シンポジウム講演論文集,1988 年
国内年次講演会および研究発表会
寺師昌明・奥村樹郎・田中洋行:石灰処理土の特性に関する研究(第2報)
、第 13 回土質工学研究発
表会,1978 年
寺師昌明・田中洋行・奥村樹郎:セメント処理土と未処理土とから成る複合地盤の圧密特性、第 14 回
土質工学研究発表会,1979 年
寺師昌明・田中洋行・奥村樹郎:複合地盤の支持力特性、第 15 回土質工学研究発表会,1980 年
寺師昌明・田中洋行・井上俊雄・五百蔵良平:セメント安定処理土の疲労特性、第 16 回土質工学研究
8
発表会,1981 年
寺師昌明・田中洋行・佐野清史:安定処理土の強度と養生環境、第 16 回土質工学研究発表会,1981
年
田中洋行・寺師昌明・川鍋修:砕いた処理土の強度特性、第 17 回土質工学研究発表会,1982 年
田中洋行・寺師昌明・堀江泰夫:セメント処理土のクリープ特性、第 17 回土質工学研究発表会,1982
年
寺師昌明・田中洋行・奥田慎也:深層混合処理工法による現場処理土の工学的特性、第 18 回土質工学
研究発表会,1983 年
寺師昌明・田中洋行・北詰昌樹:深層混合処理工法による壁状改良地盤の抜け出し破壊実験、第 18 回
土質工学研究発表会,1983 年
田中洋行・寺師昌明:砂地盤の地盤反力係数、第 20 回土質工学研究発表会,1985 年
寺師昌明・北詰昌樹・田中洋行・森晴夫:密な砂地盤上の浅基礎の干渉効果、第 20 回土質工学研究発
表会,1985 年
田中洋行・寺師昌明・平畑吉晴:粘性土地盤上の基礎の偏心傾斜荷重下の支持力実験、第 21 回土質工
学研究発表会,1986 年
橋本俊昭・豊田奉節・田中洋行・吉永清人:東京空港アクセス道路工事における山留め計測施工につ
いて、第 22 回土質工学研究発表会,1987 年
小林雅幸・田中洋行・鈴木光雄・吉永清人:羽田沖展(第 I 期)地区の土留め工について、第 23 回土質
工学研究発表会,1988 年
田中洋行・土田孝:軟弱地盤における孔内載荷試験結果、土木学会第 44 回年次学術講演会,1989 年
田中洋行:山留め工における弾塑性法の適用上の問題点、第 24 回土質工学研究発表会,1989 年
小坂保雄・田中洋行・黒川誠・渋谷博:傾動自在型試錘工法によるサンプリングについて、第 25 回土
質工学研究発表会,1990 年
田中洋行:ドレーン工法で改良された不均一地盤の圧密特性、第 25 回土質工学研究発表会,1990 年
田中政典・千田國善・田中洋行:軟弱地盤中の山留め設計法の一考察、第 25 回土質工学研究発表会,
1990 年
清水隆央・田中洋行・榊原基生・小向一城・郷右近隆祐:コードレスによる三成分コーンの開発、第
26 回土質工学研究発表会,1991 年
鈴木耕司・田中洋行・榊原基生:コーン先端抵抗とせん断強度、第 26 回土質工学研究発表会,1991
年
榊原基生・田中洋行・小向一城・鈴木耕司・深沢健:乱さない試料を対象とした室内ベーン試験につ
いて、第 26 回土質工学研究発表会,1991 年
半澤秀郎・吉田信行・鈴木耕司・田中洋行:Su/p 比について、第 26 回土質工学研究発表会,1991 年
吉田信行・半澤秀郎・鈴木耕司・田中洋行:正規圧密粘土の Su/p 比について、第 26 回土質工学研究発
表会,1991 年
鈴木耕司・半澤秀郎・吉田信行・田中洋行:粘土の原位置 Su/p 比について、第 26 回土質工学研究発表
会,1991 年
榊原基生・田中洋行・後藤健二・深沢健・浅田英幸:コーン試験における間隙水圧の挙動について、
第 27 回土質工学研究発表会,1992 年
本屋敷雅茂・田中洋行・榊原基生・槌田和徳・深沢健:低品質粘性土試料のせん断強度評価、第 27 回
土質工学研究発表会,1992 年
田中政典・田中洋行:高圧噴射による山留め壁への影響、第 27 回土質工学研究発表会,1992 年
田中洋行:DM 工法で改良された山留め工の改良層厚、第 27 回土質工学研究発表会,1992 年
春日井康夫・塩見雅樹・田中洋行:港湾施設の側方流動の予測判定法、第 27 回土質工学研究発表会,
1992 年
田中洋行:根入れ部を DM 改良した山留め工の挙動について、土木学会第 46 回年次学術講演会,1992
年
奈須徹夫・田中洋行・田中政典・山村真澄・佐野昌明:生石灰杭工法で改良された地盤の土質試験結
果、第 28 回土質工学研究発表会,1993 年
田中政典・田中洋行・後藤健二・深沢健・揚守華:各種サンプラーにより得られた試料の一軸圧縮強
さ、第 28 回土質工学研究発表会,1993 年
田中洋行:ベーンせん断試験で測定された強度定数、第 28 回土質工学研究発表会,1993 年
9
田中政典・田中洋行・横山祐司・韓光・鈴木耕司:大口径サンプラーから得られた試料の品質評価、
第 29 回土質工学研究発表会,1994 年
松本一明・Sharma P.・Singh L.R.・田中洋行・土田孝:ピストン式シェルビーサンプラーによって
採取された粘性土の品質とせん断強度、第 29 回土質工学研究発表会,1994 年
田中洋行・田中政典・半澤秀郎・Lunne T:Drammen 粘土の非排水せん断強度特性、第 29 回土質工
学研究発表会,1994 年
湯台新・鈴木耕司・半澤秀郎・田中洋行:各種サンプラーにて得られた不攪乱粘土の一面せん断試験
における挙動、第 29 回土質工学研究発表会,1994 年
泰樹一郎・深川良一・田中洋行・室達郎・森田悠紀夫:正規圧密粘土地盤におけるセルフボーリング
プレッシャメータ試験(1) –初期放置時間の影響-、第 30 回土質工学研究発表会,1995 年
深川良一・泰樹一郎・田中洋行・室達郎・重松尚久:正規圧密粘土地盤におけるセルフボーリングプ
レッシャメータ試験(2) –載荷初期における水平方向地圧および変形特性-、第 30 回土質工学研究
発表会,1995 年
田中政典・田中洋行・箕作孝治・鈴木耕司:初期サクションと一軸圧縮強さとの関係、第 30 回土質工
学研究発表会,1995 年
田中洋行・田中政典・横山祐司:我が国の粘性土地盤におけるダイラトメーターの適用性、土木学会
第 49 回年次学術講演会,1995 年
田中洋行・田中政典・土田孝・半澤秀郎:Bothkennar 粘土と我が国の海成粘土の比較、第 30 回土質工
学研究発表会,1995 年
泰樹一郎・深川良一・室達郎・田中洋行・重松尚久:SBP による粘土地盤の Ko,Py の評価、第 31 回
土質工学研究発表会,1996 年
重松尚久・深川良一・室達郎・泰樹一郎・田中洋行:SBP による粘土地盤の変形・強度特性の評価、
第 31 回土質工学研究発表会,1996 年
田中政典・田中洋行・箕作孝治:ディスプレスメント方式によって採取された試料の一軸圧縮強さ、
第 31 回土質工学研究発表会,1996 年
田中洋行・田中政典・箕作孝治・Lunne T.・Strandvik S.O.:日本のサンプリング方法で採取された
Drammen 粘土の特性、第 31 回土質工学研究発表会,1996 年
半澤秀郎・山根伸幸・田中政典・田中洋行・箕作孝治:Pre-Boring と Displacment 法によって採取した
Drammen 粘土の一面せん断試験結果、第 31 回土質工学研究発表会,1996 年
田中洋行・田中政典・箕作孝治・Hamouche K.K.・渡部要一:東カナダの Cemented 粘土の工学的特性、
第 32 回土質工学研究発表会,1997 年
田中政典・田中洋行・富田龍三:大口径サンプリングによって得られた試料の一軸圧縮強さ、第 32 回
土質工学研究発表会,1997 年
田家学・田中洋行・田端竹千穂:ダイラトメーター試験による地盤反力係数の算定、土木学会第 51 回
年次学術講演会,1997 年
田中洋行・三島理・田中政典:種々の粘性土の圧密特性に対する速度効果の影響、第 33 回土質工学研
究発表会,1998 年
田中政典・田中洋行・三島理・富田龍三:サンプラーの刃先角度の違いが採取試料に与える影響、第
33 回土質工学研究発表会,1998 年
Gurung S.B.・田中洋行・東健一・三保谷明:フライアッシュを利用した深層混合処理工法による改良
地盤における静的コーン貫入試験の適用 その1、第 34 回土質工学研究発表会,1999 年
続誠・田中洋行・東健一・三保谷明:フライアッシュを利用した深層混合処理工法による改良地盤に
おける静的コーン貫入試験の適用 その 2、第 34 回土質工学研究発表会,1999 年
田中洋行:粘性土の乱れの指標としての残留有効応力、第 34 回土質工学研究発表会,1999 年
田中政典・田中洋行・三島理・富田龍三:採取試料長がせん断強さに与える影響、第 34 回土質工学研
究発表会,1999 年
Shiwakoti D.R.・田中洋行・三島理・岩永貴美:Applicability of SHANSEP technique for Louiseville clay、
第 34 回土質工学研究発表会,1999 年
鄭 京院・朴 性栽・田中洋行・田中政典・三島理・Shiwakoti D.R.・Locat J.:釜山(梁山)粘土
の工学的特性 (その 1) -物理・化学特性-、第 34 回土質工学研究発表会,1999 年
三島理・田中洋行・田中政典・朴 性栽・鄭 京院:釜山(梁山)粘土の工学的特性 (その 2) -
圧密・一軸圧縮試験-、第 34 回土質工学研究発表会,1999 年
10
岩永貴美・田中洋行・土田孝・田中政典・三島理・朴 性栽・鄭 京院:釜山(梁山)粘土の工学的
特性 (その 3)-三軸試験結果-、第 34 回土質工学研究発表会,1999 年
田中洋行・Shiwakoti R.D.:海成粘性土の微少ひずみ剛性率の特性、第 35 回土質工学研究発表会,2000
年
三島理・田中洋行・田中政典:原位置試験による相対密度の推定法、第 35 回土質工学研究発表会,2000
年
篠井隆之・田中洋行・田中政典・三島理:再構成された種々の粘性土における一軸圧縮強さと残留有
効応力、第 35 回土質工学研究発表会,2000 年
田中政典・田中洋行・三島理・渡部要一:採取された試料の残留有効応力の評価について、第 35 回土
質工学研究発表会,2000 年
田中洋行・北村良介・三浦清一・箕作幸治・田中政典:二次堆積シラスの地盤調査結果、第 36 回土質
工学研究発表会,2001 年
田中政典・田中洋行・亀井建史・林照悟・中江克公:砂含有量がサクションとせん断強さに与える影
響、第 36 回土質工学研究発表会,2001 年
田中政典・田中洋行・亀井建史・林照悟:圧密係数が残留有効応力に与える影響、第 37 回土質工学研
究発表会,2002 年
大向直樹・利藤房男・田中洋行・田中政典:寸法効果に着目した大阪湾洪積粘土の圧密特性、第 37 回
土質工学研究発表会,2002 年
大向直樹・利藤房男・田中洋行・田中政典:大阪湾洪積粘土の圧密挙動に関する一考察、第 38 回土質
工学研究発表会,2003 年
宇高薫・田端竹千穂・渡部要一・田中洋行・野坂知正:大阪湾洪積粘土の圧密特性に及ぼす層厚の影
響、第 39 回土質工学研究発表会,2004 年
中村明教・深沢健・田中洋行・西田浩太・上本真也・富田龍三:T-bar,ball 貫入試験を用いた軟弱地
盤調査事例 第 41 回土質工学研究発表会,2006 年 181-182
深沢健・田中政典・富田龍三・田中洋行・ノルウェー国 Onsøy 粘土の特性(その 2:力学特性) 第
41 回土質工学研究発表会,2006 年 189-190
松田圭太・川口貴之・西田浩太・田中洋行・三田地利之:クリープ履歴による粘性土の剛性変化に与
える乱れの影響 第 41 回土質工学研究発表会,2006 年 267-268
西田浩太・松田圭太・田中洋行・三田地利之・深沢健・中村明教: ベンダーエレメント試験による試
料の品質評価 第 41 回土質工学研究発表会,2006 年 269-270
外館友彦・田中洋行・三田地利之・浅野純:ベントナイト緩衝材の膨潤・圧縮特性
田中洋行: 時間履歴が砂質土のせん断挙動に及ぼす影響 第 41 回土質工学研究発表会,2006 年 301-302
三ツ川文彦・田中洋行・三田地利之・山添誠隆:数値解析による粘土地盤中の中間砂層が圧密時間
に及ぼす影響 第 41 回土質工学研究発表会,2006 年 893-894
笠間太樹・田中洋行・S.B.Tamrakar・豊澤康男:遠心力載荷実験による砂質土の斜面崩壊の再現 第 41
回土質工学研究発表会,2006 年 953-954
森木翼・田中洋行・林宏親・三田地利之: プレロード工法による泥炭地盤の改良効果 第 41 回土質
工学研究発表会,2006 年 1013-1014
阿部篤史・田中洋行・三田地利之・工藤豊・笠間大樹:遠心力模型実験による降雨時の地下水位の変
動,第 41 回土質工学研究発表会,2006 年 2179-2180
梅谷晋平・高橋秀彰・三田地利之・田中洋行:斎藤和彦:不撹乱・再構成試料による地すべり粘土の
強度パラメータ算定例,第 41 回土質工学研究発表会,2006 年 2221-2222
浅野純・田中洋行:浸水によるベントナイト・珪砂混合土の膨潤・圧縮挙動,第 42 回土質工学研究発
表会,2007 年,235-236
小原隆志・西田浩太・田中洋行・深沢健・中村明教・三田地利之: ベンダーエレメント試験による試
料の品質評価(第2報)
, 第 42 回土質工学研究発表会,2007 年,245-246.
小林慎之助・田中洋行・高瀬匡人:セメント安定処理土のせん断波速度と強度特性,第 42 回土質工学
研究発表会,2007 年,643-644.
堤彩人・田中洋行:CRS による泥炭のひずみ速度依存性,第 42 回土質工学研究発表会,2007 年,815-816.
森木翼・福田文彦・田中洋行・林宏親:プレローディング工法と真空圧密工法による泥炭地盤の沈下
抑制効果,第 42 回土質工学研究発表会,2007 年,915-916.
金子広明・笠間大樹・田中洋行・工藤豊:遠心模型実験を用いた降雨再現実験での間隙水圧の挙動,
11
第 42 回土質工学研究発表会,2007 年,1065-1066.
浅野純・田中洋行:浸水によるベントナイト・珪砂混合土の膨潤・圧縮挙動,第 42 回土質工学研究発
表会,2007 年,235-236
小原隆志・西田浩太・田中洋行・深沢健・中村明教・三田地利之: ベンダーエレメント試験による試
料の品質評価(第2報)
, 第 42 回土質工学研究発表会,2007 年,245-246.
小林慎之助・田中洋行・高瀬匡人:セメント安定処理土のせん断波速度と強度特性,第 42 回土質工学
研究発表会,2007 年,643-644.
堤彩人・田中洋行:CRS による泥炭のひずみ速度依存性,第 42 回土質工学研究発表会,2007 年,815-816.
森木翼・福田文彦・田中洋行・林宏親:プレローディング工法と真空圧密工法による泥炭地盤の沈下
抑制効果,第 42 回土質工学研究発表会,2007 年,915-916.
金子広明・笠間大樹・田中洋行・工藤豊:遠心模型実験を用いた降雨再現実験での間隙水圧の挙動,
第 42 回土質工学研究発表会,2007 年,1065-1066.
三枝弘幸・平林弘・田中洋行・西田浩太・小原隆志・林宏親・富田龍三:原位置調査を用いた盛土載
荷による粘性土の強度評価(その1:調査概要)
,第 43 回土質工学研究発表会,2008 年,141-142.
平林弘・三枝弘幸・田中洋行・西田浩太・小原隆志・深沢健:原位置調査を用いた盛土載荷による粘
性土の強度評価(その2:調査結果)
,第 43 回土質工学研究発表会,2008 年,143-144.
小原隆志・平林弘・三枝弘幸・田中洋行・西田浩太:原位置調査を用いた盛土載荷による粘性土の強
度評価(その3:室内試験),第 43 回土質工学研究発表会,2008 年,145-145
西田浩太・田中洋行・小原隆志深: ベンダーエレメント試験による試料の品質評価(第3報)
,第 43
回土質工学研究発表会,2008 年,295-296.
小林慎之介・田中洋行:高含水比セメント安定処理土の養生初期におけるせん断波速度,第 43 回土質
工学研究発表会,2008 年,663-664.
堤彩人・田中洋行・川口貴之:超低速定率ひずみ速度圧密試験装置を用いた再構成試料のひずみ速度
依存性,第 43 回土質工学研究発表会,2008 年,837-838.
金子広明・田中洋行・工藤豊・伊勢大亮:降雨による二層斜面地盤の安定,第 43 回土質工学研究発表
会,2008 年,1953-1954.
平林 弘・田中 洋行・大森 慎哉:地盤内温度が CPT 計測値に及ぼす影響,第 44 回土質工学研究発表
会,2009 年,63-64.
岡 尚志・田中洋行:CPTデータによる地盤の統計解析と自己相関関数,第44回土質工学研究発表会,
2009年,79-80.
松山雄介,田中洋行,小原隆志・平林弘,大森慎哉・富田龍三・嵯峨山積:汽水性粘性土の工学的特
性 ―古石狩湾粘性土を例にして―,第44回土質工学研究発表会,2009年,209-210.
小原隆志,金子広明,国際会員 田中洋行・平林弘・小泉和広:原位置と室内試験による微小ひずみ下
の剛性率の比較,第44回土質工学研究発表会,2009年,245-246.
北田薫美・堤彩人・田中洋行:初期状態を変化させた CRS 試験の結果,第 44 回土質工学研究発表会,
2009 年,861-862.
堤 彩人・国際会員 田中 洋行,川口 貴之:ひずみ速度履歴が圧縮曲線に及ぼす影響,第44回土質工
学研究発表会,2009年,867-868.
金子 広明・田中 洋行・工藤 豊・久保田勇貴:遠心模型実験装置を用いた降雨時における砂層地盤の
斜面安定,第44回土質工学研究発表会,2009年,1687-1688.
杉山博一,西尾伸也,安部透・山下聡,八久保晶弘・田中洋行・吉田裕・Oleg Khlystov:バイカル湖
のガスハイドレート層からのガス回収実験,第44回土質工学研究発表会,2009年,1973-1974.
松岡達也・平林弘・野崎郁郎・田中洋行・田中政典:ベーンせん断試験による粘性土の鋭敏比に関す
る考察,第45回土質工学研究発表会,2010年,213-214.
金子広明・田中洋行・平林弘,松岡達也・冨田龍三:有明山脚粘土の強度特性,第45回土質工学研究
発表会,2010年,217-218.
平林弘・三枝弘幸・松岡達也・田中洋行:圧密途上にある粘性土の再圧縮後の非排水せん断強さ,第
45回土質工学研究発表会,2010年,247-248
安部 透・杉山博一・荻迫栄治・田中洋行・山下 聡・Oleg Krystov:バイカル湖のメタンハイドレー
ト堆積層でのコア採取とCPT,第45回土質工学研究発表会,2010年,277-278
堤 彩人・田中 洋行・川口 貴之:種々の粘性土に対するひずみ速度急変試験より得られた応力‐ひず
み関係の比較,第45回土質工学研究発表会,2010年,765-766
12
大島昭彦・鈴木達也・和田昌大・田中洋行・松岡達也・平田茂良:東大阪での各種サウンディング試
験の比較(その1:調査概要)
,第46回土質工学研究発表会,2011年,71-72
松岡達也・田中洋行・大島昭彦・野崎郁郎・金子広明:東大阪での各種サウンディング試験の比較(そ
の2:CPT),第46回土質工学研究発表会,2011年,73-74
大島昭彦・鈴木達也・藤山直之・田中洋行・平林弘:水圧サンプラーを用いたサウンディング試験と
他の試験との比較,第46回土質工学研究発表会,2011年,89-90
平林弘・松岡達也・田中洋行・野崎郁郎・五十嵐ひろ子:原位置ベーンせん断強さに及ぼすベーン回
転速度の影響,第46回土質工学研究発表会,2011年,95-96
柴田芳彦・大島昭彦・平田茂良・山本明弘・田中洋行・平林弘:動的コーン貫入試験と静的コーン貫
入試験の比較の一例,第46回土質工学研究発表会,2011年,103-104
田中洋行・金子広明・服部直・稗田教雄・平林弘・松岡達也:力学試験としてのフォールコーンの活
用,第46回土質工学研究発表会,2011年,243-244
金子広明・田中洋行・平林弘・松岡達也:載荷盛土による粘性土地盤の強度変化~江別美原を例にし
て~,第46回土質工学研究発表会,2011年,249-250
五十嵐ひろ子・平林弘・松岡達也・野崎郁郎・田中洋行:厚真粘土の力学特性,第46回土質工学研究
発表会,2011年,251-252
服部直・田中洋行・金子広明・平林弘・松岡達也:石狩平野における沖積粘性土の地盤工学的特性,
第46回土質工学研究発表会,2011年,253-254
稗田教雄・田中洋行・金子広明・小泉和広:北海道泥炭地盤におけるコーン貫入抵抗とせん断剛性率
の関係,第46回土質工学研究発表会,2011年,723-724
大橋多朗・田中洋行・堤彩人:CRS試験における粘性土の除荷挙動,第46回土質工学研究発表会,2011
年,771-772
大島昭彦・田中洋行・三村衛・吉村貢・浅尾一巳・和田昌大:浦安市における各種動的サウンディン
グ試験の比較(その1:調査概要)
,第47回土質工学研究発表会,2012年,131-132
西尾伸也・荻迫栄治・傳田篤・平川博之・田中洋行・兵頭正幸・三田地利之:東部南海トラフ海底地
盤から採取した試料の力学特性,第47回土質工学研究発表会,2012年,245-246
安田直樹・田中洋行・金子広明・服部直・西尾伸也・平川博之:南海トラフのメタンハイドレード堆
積地域における地盤特性,第47回土質工学研究発表会,2012年,247-248
西尾伸也・荻迫栄治・傳田篤・田中洋行・平川博之:東部南海トラフ海底地盤から採取した試料の物
理的特性,第47回土質工学研究発表会,2012年,249-250
田中洋行・Seng Sochan:シキソトロピーによる剛性率の変化,第47回土質工学研究発表会,2012年,
285-286
金子広明・田中洋行・稗田教雄:泥炭のせん断剛性率,第47回土質工学研究発表会,2012年,357-358
西尾伸也・荻迫栄治・傳田篤・平川博之・田中洋行・兵頭正幸・三田地利之:第二渥美海丘から採取
した海底堆積土コア試料の力学的性質,第48回土質工学研究発表会,2013年,447-448
田中洋行・堤彩人・Seng Sochan:自然堆積粘土の高間隙比について,第48回土質工学研究発表会,
2013年,439-440
田中洋行・大島昭彦・吉村貢:スウェーデン式サウンディング試験結果のCPTによる解釈,第49回土
質工学研究発表会,2014年,81-82
木内大介・大島昭彦・田中洋行・平林弘・西田浩太:原位置ベーン試験を新・旧基準で実施した調査
結果に関する考察 ~守山・浦安の地盤調査結果を中心として~,第49回土質工学研究発表会,
2014年,223-224
福富悠太・西村聡・田中洋行:中空試験機による正規圧密自然粘土の非排水強度異方性測定事例,第
49回土質工学研究発表会,2014年,289-290
西尾伸也・荻迫栄治・傳田篤・平川博之・田中洋行・兵頭正幸・三田地利之::第二渥美海丘から採
取した海底堆積土コア試料の非排水せん断強さ,第49回土質工学研究発表会,2014年,291-292
Weerakoon, W. M. N. R., Nunoya, N. and Tanaka, H.: Yield stress of clayey soils under high water
content measured by Vane and Viscometer, 第49回土質工学研究発表会,2014年,297-298
13
技術報告集
(地盤工学会北海道支部)
田中洋行:アイソッタク理論に基づいた圧密挙動、技術報告集、Vol.45、pp263-268、2005.
森木翼・田中洋行・林宏親・三田地利之:プレロード工法による泥炭地盤の沈下抑制効果,技術報告
集、Vol.46、pp81-82、2006
三ツ川文彦・田中洋行・三田地利之:数値解析による粘土地盤中の中間砂層が圧密に及ぼす影響,技
術報告集、Vol.46、pp83-86、2006
田中洋行:日本と海外の海成粘性土の工学的特性の比較,技術報告集、Vol.46、pp119-128、2006
阿部篤史・笠間大樹・田中洋行・三田地利之・工藤豊:遠心場における不飽和地盤の挙動,技術報告
集、Vol.46、pp129-132、2006
西田浩太・田中洋行・林宏親・深沢健・中村明教・三田地利之:せん断弾性波速度および残留有効応
力による試料の品質評価,技術報告集、Vol.46、pp133-138、2006
田中洋行・西田浩太・林宏親・深沢健・中村明教・吉村貢・小泉和広・中島睦:夕張川河川敷の地盤
調査,技術報告集、Vol.46、pp239-246、2006
堤彩人・田中洋行:CRS による泥炭のひずみ速度依存性、技術報告集、Vol.47、pp45-48、2007
森木翼・福田文彦・田中洋行・林宏親:真空圧密工法による泥炭地盤の変形挙動、技術報告集、Vol.47、
pp65-68、2007
浅野純・田中洋行・三田地利之:ベントナイト緩衝材の浸水時における膨張・圧縮挙動、技術報告集、
Vol.47、pp97-100、2007
小原隆志・西田浩太・田中洋行・深沢健・中村明教・三田地利之:せん断弾性波速度および残留有効
応力による試料の品質評価(第2報)
、技術報告集、Vol.47、pp119-124、2007
西田浩太・田中洋行・林宏親・深沢健・中村明教・三田地利之:江別市美原の原位置試験および室内
試験結果、技術報告集、Vol.47、pp145-150、2007
笠間太樹・金子広明・田中洋行・工藤豊:遠心場における降雨実験再現実験での間隙水圧の挙動、技
術報告集、Vol.47、pp167-170、2007
小林慎之助・田中洋行・高瀬匡人:セメント安定処理土のせん断波速度に関する研究、技術報告集、
Vol.47、pp233-236、2007
小林慎之助・田中洋行:セメント安定処理土の養生初期におけるせん断波速度,技術報告集、Vol.48、
pp31-34、2008.
金子広明・田中洋行・工藤豊:遠心模型実験装置を用いた二層地盤における降雨再現実験,技術報告
集、Vol.48、pp91-96、2008.
小原隆志・平林弘・三枝弘幸・田中洋行・西田浩太:原位置および室内試験を用いた盛土荷重による
強度増加の測定,技術報告集、Vol.48、pp227-231、2008.
西田浩太・田中洋行・小原隆志・三田地利之:せん断弾性波速度および残留有効応力による試料の品
質評価(第 3 報)
、技術報告集、Vol.48、pp231-236、2008.
北田薫美・田中洋行・堤彩人:供試体の初期状態が CRS 試験から得られる圧密挙動に与える影響,技
術報告集、Vol.48、pp317-322、2008.
堤彩人・田中洋行・川口貴之・北田薫美:ひずみ速度依存性が泥炭の圧密特性に及ぼす影響,技術報
告集、Vol.48、pp323-328、2008.
金子広明・田中洋行・工藤豊・久保田勇貴:遠心模型実験装置を用いた降雨時における砂層地盤の斜
面安定,技術報告集、Vol.49、pp19-24、2009.
廣瀬敦・福田文彦・田中洋行・林宏親:真空圧密工法によって生じる過圧密比の程度と残留沈下量の
関係について,技術報告集、Vol.49、pp91-96、2009.
岡尚志・田中洋行:CPT データに基づく地盤の統計解析,技術報告集、Vol.49、pp153-158、2009.
松山雄介・田中洋行・小原隆志・平林弘・富田龍三:札幌市拓北の原位置試験及び室内試験から得ら
れた強度特性,技術報告集、Vol.49、pp159-162、2009.
小原隆志・田中洋行・松山雄介・平林弘・小泉和広:サイスッミクコーンを用いた粘性土地盤の原位
置 G の測定,技術報告集、Vol.49、pp163-166、2009.
伊藤亮平・福田文彦・田中洋行:各種せん断試験との比較による室内ベーンせん断試験の評価,技術
報告集、Vol.49、pp203-206、2009.
14
高瀬匡人・田中洋行・足利翔・金子広明:遠心模型実験装置を用いた斜面崩壊に対する杭の抑止効果,
Vol.49、pp279-282、2009.
荒濱安弘・福田文彦・田中洋行・外館伸啓:粘土の硬化則と降伏規準に関する理論的・実験的検討,
技術報告集、Vol.49、pp283-286、2009.
伊勢大亮・田中洋行・Sochan Seng:セメント処理土の初期特性を表すのに適した指標値について,技
術報告集、Vol.50、pp15-18、2010.
荒濱安弘・福田文彦・田中洋行・中西章裕:再構成粘土の硬化則と降伏基準の解明,技術報告集、Vol.50、
pp27-32、2010.
松山雄介・金子広明・田中洋行・平林弘・富田龍三:堆積環境が土質特性に及ぼす影響-札幌拓北と
有明山脚を例にして-,Vol.50、pp39-42、2010.
金子広明・田中洋行・平林弘・小泉和広・松山雄介:原位置におけるせん断剛性率の測定,技術報告
集、Vol.50、pp45-48、2010.
堤彩人・田中洋行・川口貴之:種々の地盤材料の圧縮曲線に対するひずみ速度依存性の比較(第二法)
,
技術報告集、Vol.50、pp71-74、2010.
Seng Sochan・田中洋行:Engineering properties of Japanese soft clay under low consolidation pressure,Vol.50、
pp75-78、2010.
寺田幸平・福田文彦・中畑逸郎・田中洋行:中空ねじり試験機による応力-ひずみの不均一分布の評
価,技術報告集、Vol.50、pp85-88、2010.
久保田勇貴・田中洋行・金子広明・工藤豊・伊藤琴美:降雨時における砂層地盤の斜面崩壊予測,技
術報告集、Vol.50、pp137-140、2010.
Nikol Kochmanova・田中洋行:Effects of microstructure on compacted clay properties,技術報告集、Vol.50、
pp193-198、2010.
嶋川直樹・堤彩人・田中洋行:CRS 試験における温度が粘性土の圧密特性に及ぼす影響,技術報告集、
Vol.50、pp199-202、2010.
足利翔・田中洋行・鈴木和宏・高瀬匡人・金子広明:杭を用いた斜面安定に関する遠心模型実験,技
術報告集、Vol.50、pp203-206、2010.
Vuthy Horng・田中洋行:Sample disturbance due to different geometric designs of tube samplers,技術報告
集、Vol.50、pp241-244、2010.
近藤雄大・福田文彦・田中洋行・川畑敬介:サンプリングにより採取された地盤試料の乱れに関する
研究,技術報告集、Vol.50、pp245-248、2010.
岡尚志・田中洋行:CPT データによる地盤の統計的考察,技術報告集、Vol.50、pp249-252、2010.
山添誠隆・田中洋行・林宏親・三田地利之:泥炭地盤の圧密沈下に関する諸問題の検討 -当別試験
盛土の例-,技術報告集、Vol.51、pp7-16、2011.
稗田教雄・田中洋行・金子広明・河内誠・田村展明・小泉和弘:CPT と SCPT による泥炭地盤の荷重
履歴の影響,技術報告集、Vol.51、pp17-20、2011.
金子広明・田中洋行・平林弘・松岡達也:未圧密地盤における強度試験方法の検討,技術報告集、Vol.51、
pp21-28、2011.
服部直・田中洋行・金子広明・平林弘・松岡達也:厚真の原位置試験及び室内試験から得られた強度
特性,技術報告集、Vol.51、pp29-32、2011.
大橋多朗・田中洋行・堤彩人:除荷時における粘性土の圧縮挙動,技術報告集、Vol.51、pp195-198、
2011.
堤彩人・田中洋行・川口貴之:種々の地盤材料の圧縮曲線に対するひずみ速度の依存性の比較(第3
報)
,Vol.51、pp199-206、2011.
安田直樹・田中洋行・金子広明・服部直・西尾伸也・平川博之:南海トラフのメタンハイドレード堆
積地域における地盤特性,Vol.52、pp131-134、2012.
大橋多朗・田中洋行・堤彩人:CRS 試験における粘性土の再載荷挙動,Vol.52、pp165-168、2012.
金子広明・田中洋行・稗田教雄:泥炭におけるせん断剛性率の測定,Vol.52、pp219-222、2012.
田中洋行・西村聡・金子広明・稗田教雄・服部直・安田直樹:泥炭地盤における CPT 結果の解釈,Vol.52、
pp223-228、2012.
服部直・田中洋行・金子広明:大水深における堆積物の地盤工学的特性、Vol.53、pp67-70、2013.
藪大輔・田中洋行:粘性土における残留有効応力の減少による力学特性の変化、Vol.53、pp81-84、2013.
神津汰地・布谷信貴・中島美代子・田中洋行:高含水比粘性土の力学特性、Vol.53、pp85-88、2013.
15
稗田教雄・田中洋行・金子広明:泥炭地盤における微小ひずみのせん断剛性率、Vol.53、pp109-112、
2013.
布谷信貴・田中洋行:回転粘度計における回転体の形状が測定値に及ぼす影響,Vol.54、pp45-48、2014.
筒井康平・田中洋行・山添誠隆:三軸試験機を用いた透水性の異方性,Vol.54、pp41-44、2014.
基礎工
田中洋行:空港・港湾における掘削土留め工の諸問題,基礎工、Vol.36、No.2、pp23-26、2008
田中洋行:巻頭言 東アジアにおける地盤特性,基礎工、Vol.35、No.6、pp1、2007
田中洋行:総説 海外における地盤調査の現状(CEN および ISO 規格)
,基礎工、Vol.34、No9、pp2-4、
2006
田中洋行:港湾構造物の設計における N 値の考え方と利用例、基礎工、Vol.18、No.3、pp77-82、1990
田中洋行:N 値の考え方と利用例-港湾構造物-、基礎工、Vol.25、No.12、pp77-81、1997
田中洋行:N 値に代わる原位置調査、基礎工、Vol.31、No.2、pp40-43、2003
田中洋行:日本における海上空港の建設、セメント・コンクリート(社団法人セメント協会)、No.718、
pp10-14、2006
単行本
山留めの挙動予測と実際、地盤工学会,1999 年
土圧入門、地盤工学会,1997 年
地盤調査ハンドブック、建設産業調査会,1995 年
根切り・山留めのトラブルとその対策、地盤工学会,1995 年
土木技術解決ノウハウ、近代図書,1992 年
地盤調査法、地盤工学会,1995 年 & 2004 年
16
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
42
File Size
485 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content