close

Enter

Log in using OpenID

明電PMサーボドライブ

embedDownload
ゴウリキ
GORIKIシリーズ
明電PMサーボドライブ
化を
ン
ー
リ
ク
ギー、
ル
ネ
、省エ
上
向
能
性
ます。
の
し
械
プ
機
ッ
産業
ックア
バ
り
よ
電動化に
GORIKIシリーズ
新たなる電動化時代を強力サポート
世界最高水準の高パワーレートを誇るGORIKIシリーズ誕生。
サーボドライブの可能性を広げます。
Responce
GORIKI
シリーズ
シリーズ
高応答シリーズ
高パワーレートを特長とする
小・中容量シリーズです。
●用途例
パンチングプレス
射出成形機
印刷機械
半導体装置
GORIKIシリーズは明電舎の誇るパワーエレクトロニクス技術を結集して開発した
ハイパワーサーボです。モータの構造面をはじめ多方面から技術を追求し、今まで
には考えられなかった高パワーレートと小形化を実現しています。
Torque
GORIKIシリーズでは明電舎ならではの大容量化を実現し、幅広い容量系列を用意
することにより、小形機械から大形機械まで対応することが可能です。
シリーズ
従来の油圧を駆動源としていた機械を電動化することにより、ISO14000で求める
地球環境保護に貢献します。
高トルクシリーズ
高トルクを特長とする
中・大容量シリーズです。
●用途例
油圧機器
パワーショベル
射出成形機
GORIKIシリーズは新たなる電動化時代を強力にサポートします。
Standard
GORIKIシリーズの位置付け
シリーズ
汎用シリーズ
高回転速度を特長とする
小容量から大容量まで
幅広い系列をもつシリーズです。
●用途例
押出機
トルク
油圧機器
食品機械
搬送機械
省エネ用途 油圧サーボ
容積
/
GORIKIシリーズ
一般サーボ
1
パワーレート
2
形式の構成
GORIKIシリーズ
大容量化で豊富な容量系列を実現
当社独自の技術が可能にしたコンパクト&ハイパワー
●低慣性・高トルクが引き出すハイパワーレート・高応答
パワーレートは従来製品※の5倍、最大パワーレートは8倍の高パワーレートを実現しました。
高パワーレート
・高応答を必要とするパンチングプレスや射出成形機などに最適です。
●最大出力400kWを実現
3.7kWから400kW※までの豊富な容量系列で電動化の適用範囲を更に広げます。
最大トルク10,186N・mで油圧サーボドライブの電動化領域を大幅に拡大しています。
●当社のPM技術が可能にした超小形設計
トルクに対する容積比を従来製品※の30%に小形化しました。
●機械特性で選べる3機種
お客様のニーズに合った
「高応答」
「高トルク」
「汎用」の3つのシリーズを用意しました。
●ドライバの統一
各シリーズのドライバを全てGORIKI-PMD410で統一しました。
小容量から大容量まで同じ使い勝手でご使用いただけます。
50ms
回転速度
+1700min-1
トルク指令
+300%
●最大トルクでドライバ容量を選択
最大トルクの適用が150%、200%、250%、300%※の4種類選択できます。
機械特性に適合する無駄のないドライブシステムが構築できます。
0-
30%
-300%
-1700min-1
シリーズ名
モータ出力
(kW)
Rシリーズ
172ms
(350HPM)
パンチングプレスで350HPMパターン運転した例
トルク/容積の従来製品※との比較
※当社従来製品比
3.7
ドライバ
GORIKI-PMD410
75
(高応答シリーズ)
Tシリーズ
45
400
(高トルクシリーズ)
Sシリーズ
フレキシブルな対応
400
3.7
(汎用シリーズ)
●カスタムメイドでマシンとのマッチング
モータの構造に多種・多彩なオプション設計を用意し、
マシン設計と融合する最適製品を提供します。
オプション例
※出力が400kWを超えるもの、最大トルクが300%を超えるものにつきましてはご相談ください。
油圧サーボシステムの電動化で抜群の省エネ効果
ロータ
保護構造IP□□
偏平モータ
ステータ
●油圧サーボシステムの電動化によりプラントランニングコストを削減
モータ本体の熱損失を低減し、効率を大幅に改善しています。
更に油圧サーボを電動化することにより、従来、連続運転していた油圧ポンプを削減できるため、
抜群の省エネ効果を発揮します。
ビルトインタイプ
消費電力
約70%
の省エネ
効果!※
丸軸
テーパ軸
特殊軸
3
ブレーキ
スプライン軸
中空軸
保持ブレーキ付
油圧方式
電動化
※当社調べ
(射出成形機例)
4
注3
注4
注4
注4
注2
2.大容量モータ用のドライバについては当社までお問い合わせください。
3.最大回転速度は機械的な回転速度の最大値を示すもので、電気特性を保証するものではありません。
4.容量は標準仕様におけるインバータ適用を示しますので、選定の際は当社までお問い合わせください。
注3
注3
注3
注3
2.最大回転速度は機械的な回転速度の最大値を示すもので、
電気特性を保証するものではありません。
3.容量は標準仕様におけるインバータ適用を示しますので、
選定の際は当社までお問い合わせください。
400kW 750min-1
注3
注4
注4
注4
注1.100%トルク以外は短時間運転領域となります。
注2.
短時間運転領域の特性はcold時のものです。
注3
注4
注4
2.大容量モータ用のドライバについては当社までお問い合わせください。
3.最大回転速度は機械的な回転速度の最大値を示すもので、
電気特性を保証するものではありません。
4.容量は標準仕様におけるインバータ適用を示しますので、
選定の際は当社までお問い合わせください。
注1.100%トルク以外は短時間運転領域となります。
注2.
短時間運転領域の特性はcold時のものです。
注1.100%トルク以外は短時間運転領域となります。
注2.
短時間運転領域の特性はcold時のものです。
867
注1.100%トルク以外は短時間運転領域となります。
注2.
短時間運転領域の特性はcold時のものです。
750
160.5
535.5
132、
160
200
220
300
400
冷却ファン用端子
冷却ファン標準仕様
(参考:AEP-003の場合)
672
1061
435.5 75m6
140
12
7.5
20
ドライバ仕様
GORIKIシリーズ
基本・制御仕様
■仕様表
仕 様
項 目
200V系
形式 PMD410−□
3P7L
5P5L
7P5L
011L
015L
022L
030L
037L
045L
055L
075L
100L
定格電流 [A] 16
22
32
47
63
93
128
158
193
233
275
386
最大電流 [A]
49
65
95
141
189
280
384
473
520
650
454
771
ピークトルク
D7P5L
順変換
電源
250%・10sec
D015L
電圧/周波数
形式 PMD410−□
定格電流 [A]
最大電流 [A]
400V系
075H
100H
135H
190H
200H
電源
ソフトスタート
220H
64
79
97
118
127
138
193
260
367
491
606
99
134
166
204
248
268
290
405
428
606
810
1000
200%・10sec
150%・60sec
内 蔵
AC380V+10%・ー5%、AC400∼460V±10%、AC480V+5%・ー10%
50/60Hz±5%
位置制御
制御出力
065H
壁掛形ユニット
速度・位置検出器
制御入力
055H
設置方式
速度応答
AC200∼230V±10%
50/60Hz±5%
47
電圧/周波数
速度変動率
150%・60sec
内 蔵
045H
速度制御範囲
制御機能
037H
030H
022H
ピークトルク
順変換
保護構造
制御方式
キャリア周波数
制御仕様
D030L
DC270∼310V±10%
400kW
200%・10sec
D055L
IP00
オールデジタル制御、正弦波近似PWM方式
2.5∼8kHzの範囲で切り替え選択可能(出荷時設定6kHz)(100kW超過時は4kHz)
1:1000(速度検出周波数50kHz、キャリア周波数4kHz以上)
±0.01%以下(負荷変動 0∼100%)
±0.01%以下(電源変動 ±10%)
±0.1%以下(周囲温度25℃±10℃)
200Hz(モータ単体)小容量では最大500Hz
標準:A・B・Z相、ラインドライバ/オープンコレクタ出力、2048 P/R、最大250kHz
オプション:シリアル17bit
電子ギヤ(A/Bで設定、A=1∼100、B=1∼100、A/B=0.01∼100)、最大250kHz
0.1∼6000秒(加減速個別設定)2組の加減速時間設定のほか、寸動時間設定可能
直線/S字カーブ選択可能
制動方式
発電制動、回生制動、ダイナミックブレーキ
シーケンス入力
サーボオン、リセット、運転、制御モード、トルクリミット、ゲイン切り換え、正転禁止、逆転禁止、偏差クリア(P)
アナログ入力
速度設定(DC0∼±10V/±最高回転速度(内部設定0∼±100%)、トルク設定(DC0∼±10V/0∼±350%)、
トルクリミット(DC0∼±10V/0∼±100%)
シーケンス出力
準備完了、故障、速度到達(位置決め完了)、零速度検出、過トルク、不足トルク、トルクリミット中
アナログ出力
速度(0∼±8V/±最高回転速度)、トルク(0∼±10V/±350%)
運転/停止キー付オペレーションパネル
7セグメントLED:5桁&±符号桁、状態・単位表示
パラメータの参照・変更、故障履歴参照
表示機能
出力過電流、直流過電圧、不足電圧、過速度、ヒートシンク過熱、ヒューズ断
過負荷、外部補機故障、I/O異常、CPU異常、コンバータ故障、地絡
保護機能
設定データ異常
強制風冷
冷却方式
マンセル 5Y7/1
表面色
環 境
周囲温度
−10∼+55℃(凍結がないこと)
相対湿度
95%以下(結露しないこと)
−10∼+50℃
標 高
1000m以下
雰囲気
腐食性ガス、爆発性ガス、蒸気、じんあい、オイルミスト、風綿などのないこと
振 動
4.9m/s2以下
■仕様表(順変換)
形式
順変換容量
出力電流
過負荷耐量
D7P5L
D015L
D030L
D055L
7.5kW
15kW
30kW
55kW
25A
50A
100A
183A
15kW 10秒
30kW 10秒
60kW 10秒
110kW 10秒
16
ドライバ端子接続図
GORIKIシリーズ
CW
(非絶縁)
CCW
RYOV
- 44
トルク指令
- 43
正転トルクリミット
- 27
逆転トルクリミット
CN1- 29
Amp
Amp
- 12
Amp
Amp
- 13
Amp
パルス出力
ラインドライバ
(250kHz)
速度モニタ
トルク指令
正転トルクリミット
逆転トルクリミット
- 28
- 44
- 43
- 27
- 10
速度・位置検出
CN14
CN1- 2
- 34
- 21
- 33
- 19
- 35
- 3
- 20
- 36
- 35
- 1
RY24V
CN1- 15
- 31
- 47
- 46
- 30
- 14
- 32
0V
Amp
CN1- 29
Amp
Amp
- 12
Amp
Amp
- 13
0V
Amp
- 11
0V
RUN
ATN
RDY
H. FLT
L. FLT
ZSP
OVTRQ (EC3)
UNTRQ (EC2)
LIMTRQ(EC1)
CTL
(EC1)
A相
B相
Z相
シーケンス出力
30V 30mA
種類
パルス出力
ラインドライバ
(250kHz)
MOD
制御モード
切り換え
6
速度モニタ
電流モニタ
過負荷モニタ
0V
注1. アナログ信号の設定及びメータ出力にはツイストペアのシールド線を使用してください。(長さ30m以下)
2. エンコーダの検出にはツイストペアのシールド線を使用し、シールドはエンコーダのケース又はモータのアース端子に接続してください。
ATN
35
ZSP
零速
OVTRQ
過トルク
(EC3)
エラーコード3
速度到達
3
UNTRQ
速度制御(ASR)運転時、速度設定と検出速度(モータ速度)の差が
内部設定値(B40−0)以内にある時ONします。
位置制御(APR)運転時、位置指令と検出位置の差が内部設定値
(B42−0)以内にある時ONします。
検出速度が零速設定(B40−1)以下になった場合に導通します。
トルク電流がパネルで設定された値(AB41−0)を超えた場合に
導通します。
OVTRQ/EC3切り換えは、C01−2:f3で行います。
故障内容を4ビットで出力します。その内の1ビットです。
トルク電流がパネルで設定された値(B41−1)以下となった場
合に導通します。
LINTRQ/EC2 切り換えは、C01−2:f3で行います。
不足トルク
20
故障内容を4ビットで出力します。その内の1ビットです。
(EC2)
エラーコード2
LIMTRQ
トルクリミット中
(EC1)
エラーコード1
故障内容を4ビットで出力します。その内の1ビットです。
制御モード
シーケンス入力の 制御モード切り換え に対して、どのモー
ドに選ばれているかを、出力する。
CTL/EC0 切り換えは、C01−2:f3で行います。
(EC0)
エラーコード0
故障内容を4ビットで出力します。その内の1ビットです。
SG
オープンコレクタ
コモン
シーケンス出力のコモン。ほかの信号系とは絶縁されています。
ラインドライバ対応の位置制御指令パルス入力。ラインレシ
ーバの正論理側。パネルデータ(C01−1)により正転指令パネ
ルもしくはA相指令の機能を選択します。
OTP
オーバ
トラベル(+)
速度制御(ASR)選択時、正転動作時接点開放により正転動作
を中止します。
位置制御(APR)選択時、正転パルスの入力を禁止します。
OTN
オーバ
トラベル(−)
速度制御(ASR)選択時、逆転動作時接点開放により逆転動作
を中止します。
位置制御(APR)選択時、逆転パルスの入力を禁止します。
36
CTL
37
トルクリミットにかかっている場合に導通します。
LIMTRQ/EC1 切り換えは、C01−2:f3で行います。
EXTLIM
トルクリミット
指令
アナログ入力のトルクリミット設定(正転/逆転とも)が有効にな
ります。
LIMCHG
パネルトルク
リミット切り換え
パネルで設定されているトルクリミット値の切り換えを行いま
す。(A10−0∼3 ⇔ A11−0∼3)
LIMCHG/DET切り換えは、C01−2:f0で行います。
1
49
PA
正転指令
パルス or
A相指令(+)
50
PAN
正転指令
パルス or
A相指令(−)
ラインドライバ対応の位置制御指令パルス入力。ラインレシ
ーバの負論理側。
17
PB
逆転指令
パルス or
B相指令(+)
ラインドライバ対応の位置制御指令パルス入力。ラインレシー
バの正論理側。パネルデータ(C01−1)により逆転指令パルス
もしくはB相指令の機能を選択します。
18
PBN
逆転指令
パルス or
B相指令(−)
ラインドライバ対応の位置制御指令パルス入力。ラインレシ
ーバの負論理側。
16
COM
パルスコモン
15
LA
A相(+)
(DET)
(デッドバンド)
速度アンプのデッドバンド(不感帯)設定が有効となります。
(B21−1)
GCHG
ゲイン切り換え
制御の応答の切り換えを行います。
(A12−0∼2 ⇔ A12−3∼5)(A13−0 ⇔ A13−1)
速度切り換え
アナログ入力の速度設定を強制的に1/2に低減します。
MCHG/PCLR切り換えは、C01−2:f2まで行います。
位置制御(APR)選択時、溜まりパルスをクリアする。
また、5秒以上継続してONすると、エンコーダ内部の多回転デ
ータを初期化出来る。
(パルスクリア)
4
7
RYOV
リレー
コモン
28
SPD
速度設定
速度制御(ASR)運転の時、+10Vで正転の最高回転速度、
−10Vで逆転の最高回転速度の設定を与えます。
44
TRQ
トルク設定
トルク制御(ACR)運転の時、+3.3Vで正転の100%トル
ク、−3.3Vで逆転の100%トルクの設定を与えます。
43
GLIM
正転トルク
リミット設定
トルクリミット指令 がONの時、正転側のトルクリミッタを
低減します。10Vで100%、5Vで50%の割合でリミッタを低
減します。
逆転トルク
リミット設定
トルクリミット指令 がONの時、逆転側のトルクリミッタを
低減します。10Vで100%、5Vで50%の割合でリミッタを低
減します。
アナログ入力設定のコモン
NLIM
シーケンス入力コモン。
10
COM
アナログコモン
29
NDET
速度モニタ出力
速度モニタ出力。最高回転速度で±8Vを出力します。
12
IDET
電流モニタ出力
電流モニタ出力、±300%トルクで±10Vを出力します。
13
OLOUT
過負荷モニタ
出力
過負荷残り時間(通常時0V、過負荷時−10V)を出力します。
11
COM
アナログコモン
アナログ出力のコモン。
2
RUN
運転中
21
RDY
準備完了
33
HFLT
重故障
運転中(ゲートON中)に導通します。
運転可能な場合に導通します。故障等がある場合は開放します。
位置制御指令パルス入力のコモン。
エンコーダパルス信号のA相、B相信号出力。
パネルデータ(C40−3)により、1/1∼1/255に分周出来ます。
(+):ラインドライバの正論理側。
(−):ラインドライバの負論理側。
31
LAN
A相(−)
47
LB
B相(+)
46
LBN
B相(−)
30
LZ
Z相(+)
14
LZN
Z相(−)
12
COM
パルスコモン
45
PSEL
パネル選択
48
COM
パネル選択
コモン
42
VB+
バックアップ電源(+)
9
VB−
2
VB+
バックアップ電源(+)
1
VB−
バックアップ電源(−)
重故障中に導通します。
エンコーダパルス信号のZ相信号または、シリアル信号を出力し
ます。(B03−0:エンコーダ選択によります)
Z相信号は、モータ1回転当たり1パルスの出力を出力します。
帰還パルス出力のコモン。
パネル接続コネクタの機能を切り換えます。
開放時⇒パネル、短絡時⇒高速伝送となります。
また、高速伝送を使用する時はあらかじめパネル設定を済ま
せておいてください。(C21−0, 1)
ドライバ内部で、エンコーダの多回転データバックアップ用電源
線に接続されています。リチウム電池を接続して下さい。
但し、基本部プリント板のCN13に電池が接続されている時は、
バックアップ電源(−) 接続しないでください。尚、工場出荷時は接続されていません。
(例)型式:ER6V LY、東芝電池(株)
表5−1 CN1の端子機能(3):CN1−42/9 参照
■制御用コネクタ
端子
番号
記号
名 称
1
2
3
4
A
A not
B
B not
A相(+)
A相(−)
B相(+)
B相(−)
エンコーダパルス信号のA相ラインレシーバ。
(+):正論理側、(−):負論理側
エンコーダパルス信号のB相ラインレシーバ。
(+):正論理側、(−):負論理側
Z
Z not
Z相(+)
エンコーダパルス信号のZ相ラインレシーバ。
(+):正論理側、(−):負論理側
RX
(U)
RX not
RX相(+)
U相(+)
7
アナログ出力
34
機能説明
軽故障中に導通します。
速度制御(ASR)、トルク制御(ACR)、位置制御(APR)の何れかを
選択します。切り換えはパネルデータ(C00−1)で設定します。
(PCLR)
5
6
COM
外部配線例(400V系中容量)
17
24
■CN14の端子機能
CN13
Amp
運転指令を停止します。a/b接点の選択やフリーラン停止/減速
停止の切り換えはパネルデータ(C00−0, C02−0)で設定します。
軽故障
(注) ON は接点が閉路であることを示します。(C02−0∼3:シーケンス入力端子機能⇒a接点選択時)
導通 は、接点が閉路であることを示します。(C03−0∼1:シーケンス出力端子機能⇒ノーマルオープン選択時、エラーコード兼用端子を除く)
エンコーダ
速度指令
PM
W
- 16
アナログ入力
非常停止
名 称
LFLT
電池
CCW
EMS
記号
19
(位置決め完了)
その他
CW
(非絶縁)
(非絶縁)
U
V
49
50
17
18
40
端子
番号
RRUN/PICHG切り換えは、C01−2:f1で行います。
帰還パルス出力
THR
L1
L2
L3
E
-
故障状態をリセットします。標準エンコーダの場合(B03−
0=2)
、3秒以上ON継続でシリアル信号を出力します。
27
シーケンス出力
平衡型(250kHz)
パルス指令
リセット
26
アナログ出力
OTP
OTN
EXTLIM
GCHG
LIMCHG(DET)
NCHG(PCLR)
RST
NCHG
過負荷モニタ
アナログ入力
FRUN
RRUN(PICHG)
RST
EMS
MOD
SVON
8
5
Fan
CN1- 41
- 25
- 8
- 40
- 24
- 39
- 4
- 23
- 6
- 38
- 5
- 22
- 26
- 7
電源投入後ONすると、DCブレーキ動作を行います。
運転指令を入力すると、DCブレーキ動作を解除し運転動作
となります。
電流モニタ
AC220V/60Hz
TB1-1
TB1-3
TB1-2
TB1-4
24V 5mA
サーボオン
22
0V
基本部P板
SVON
CN13
Amp
PMD410ユニット
シーケンス入力
39
38
外部配線例(200V系順変換別置タイプ)
電源
速度アンプのPI制御(比例・積分)をP制御(比例)に切り
換えます。OFFでPI制御、ONでP制御となります。
COM
- 11
0V
(P/PI 切り換え)
23
アナログ出力
Amp
- 10
A相
B相
Z相
- 32
0V
0V
RRUN
(PICHG)
25
位置指令パルス入力
- 28
速度指令
RUN
30V 30mA
ATN
RDY
H. FLT
L. FLT
ZSP
OVTRQ (EC3)
UNTRQ (EC2)
LIMTRQ(EC1)
CTL
(EC1)
CN1- 15
- 31
- 47
- 46
- 30
- 14
49
50
17
18
- 16
アナログ入力
(非絶縁)
-
FRUN
運転指令
(正転)
種類
8
9
(U not)
−−−
(V)
−−−
Z相(−)
RX相(−)
U相(−)
空き
V相(+)
アブソリュートデータのラインレシーバ。
(+):正論理側、(−):負論理側
エンコーダのU相のラインレシーバ。
(+):正論理側、(−):負論理側
空き
(V not)
CLR
(W)
クリア信号
W相(+)
V BAT
バックアップ
電源
(W not)
W相(−)
13
14
EXT、Vcc
EXT、 Vcc
電源出力
エンコーダ用電源。
ほかの信号系とは絶縁されています。
15
16
OV(COM)
OV(COM)
電源コモン
エンコーダ用電源のコモン。
ほかの信号系とは絶縁されています。
11
12
雌コネクタ:
②
(注1)
組合せ後の
品名:
(①+②)
芯数
CN14用
MR−16L
MR−16FG
MR−16LFG
16
CN1用
MR−50L
MR−50FG
MR−50LFG
50
用途
(注1)ソルダータイプを示します。
ソルダータイプのほかにラッピングタイプ、圧着タイプを使用できます。
(この図はコネクタの結線部より見た図。)
エンコーダのV相ラインレシーバ。
(+):正論理側、(−):負論理側
空き
V相(−)
10
ケース:
①
機能説明
6.1
多回転データのクリア
エンコーダのW相ラインレシーバ。(+):正論理側
2
7
3
8
4
9 10
5
6
HONDA
2.6
エンコーダのW相ラインレシーバ。(−):負論理側
(注)7∼12ピンは、工場出荷時にエンコーダ種類により①、②の機能が固定さ
れています。
1
11 12 13 14 15 16
多回転データのバックアップ用電源。
6.1
2.6×5=13.0
2.6
2.6×3=7.8
16芯
3 3
平衡型(250kHz)
シーケンス出力
シーケンス入力
OTP
OTN
EXTLIM
GCHG
LIMCHG(DET)
NCHG(PCLR)
RY24V
機能説明
ドライバが準備完了時にONすると、サーボロックを解除し、
制御モード 指令による運転を開始します。OFFすると、モ
ータは停止します。
CN14
CN1- 2
- 34
- 21
- 33
- 19
- 35
- 3
- 20
- 36
- 37
- 1
補 助
CN1- 41
- 25
- 8
- 40
- 24
- 39
- 4
- 23
- 6
- 38
- 5
- 22
- 26
- 7
速度・位置検出
名 称
シーケンス出力
基本部P板
FRUN
RRUN(PICHG)
RST
EMS
MOD
SVON
パルス指令
基 本
E
TB1- 1
TB1- 2
シーケンス入力
24V 5mA
L-
記号
運転指令
(逆転)
PM
W
L-
端子
番号
41
THS
U
V
TB1- 3
TB1- 4
種類
Fan
L1
L2
L3
E
■CN1の端子機能
AC220V/60Hz
3 3
PMD410ユニット
TB1- 1
TB1- 3
TB1- 2
TB1- 4
TB1- 5
TB1- 5
TB1- 6
TB1- 6
L+
L+
1
2.6×17=44.2
2.6
2
3
19 20
4
5
6
7
8
9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32
HONDA
50芯
33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
HONDA社のマーク側が
カン合面側凹部を示す。
2.6
2.6×13=33.8
カン合面
側
18
制御入出力回路
GORIKIシリーズ
各信号の配線例を示します。
以下を参照のうえ、外部機器との接続を行ってください。
機 能
配 線 例
注 意 事 項
1. 配線距離は50m以下にしてください。
シーケンス入力
機 能
配 線 例
注 意 事 項
位置指令パルス入力
1. ツイストペア線を使用し、配線長は30m以下にしてください。
2. 最大入力電圧は5Vです。
2. 許容もれ電源は0.5mAです。
5V5V
3. 接点には微小電流用のものを使用してください。
RY24V
A相指令パルス入力
1k
CN1−49
4. アナログ入出力と接続しないでください。
4.7kΩ
L≦50m
CN1−28、44、43、27
+
CN1−50
lout
CN1−4、7
1.5k
L≦30m
RYOV
470
CN1−16/ 1k
32/48
0V 0V
3. 位置指令パルス入力は、オープンコレクタ出力とも接続でき
ます。
A相パルス
入力
−
+
B相指令パルス
入力
+: CN1−17
−: CN1−18
−
接続例
アナログ入力
1. 最大入力定格は−10.5V∼+10.5Vです。
2. 配線にはツイストペアシールド線を使用し、配線長は非
帰還パルス出力
(ラインドライバ)
絶縁入力の場合には30m以下にまた、絶縁入力の場合に
A相帰還パルス出力
は50m以下にしてください。
±10V
CN1−28、
44、
43、
27
47k
CN1−10、11
Amp
CN1−15
+
CN1−31
3. シールドは相手側をオープンとしてPMD400側を0Vに
L≦30m
接続してください。
4. リレー入力と接続しないでください。
−
CN1−12
0V
アナログ出力
1. メータには10Vフルスケール(インピーダンス10KΩ以上)
のものを使用してください。
帰還パルス出力
1. ツイストペア線を使用し、配線長は30m以下にしてください。
(オープンコレクタ)
2. 許容電流および電圧は最大30mA、15Vです。
+12V
2. 最大出力電流1mAです。
CN1−42、26
Amp
1mA
CN1−9
L≦30m
0V
3. 配線はツイストペアシールド線を使用し、配線長は非絶縁
出力の場合には30m以下にまた、絶縁出力の場合には50m
A相パルス
出力
B相帰還パルス
出力
+: CN1−47
−: CN1−46
Z相帰還パルス
出力
+: CN1−30
−: CN1−14
0V
L≦30m
0V
CN1
45
A相帰還パルス
以下にしてください。
4. シールドは相手側をオープンとしてPMD400側を0Vに接続
12
0V
してください。
L≦30m
B相帰還パルス出力
シーケンス出力
1. コイル等のL負荷を駆動する場合は、図のフライホイールダイ
オードを挿入してください。
2. 配線長は50m以下にしてください。
3. 定格範囲図内で使用してください。
30VDC
30V
Z相帰還パルス出力
CN1−13
30mA
coil
L≦50m
19
CN1−29
CN1−1
20
ドライバ外形寸法図
GORIKIシリーズ
PMD410外形寸法図
形 式
寸法(mm)
200V系
400V系
W
W1
W1/2
D015L
−
150
100
−
D030L
−
200
150
−
D055L
−
275
200
−
3P7L
−
5P5L
−
7P5L
−
011L
−
015L
−
022L
−
030L
−
037L
−
045L
−
055L
−
490
300
−
990
966
075L
−
928
700
350
550
530
10
100L
−
515
300
−
1190
1166
13
−
022H
−
030H
338
200
−
550
535
305
−
037H
−
045H
420
300
−
605
585
356
−
055H
−
065H
−
075H
−
100H
−
−
H
H1
350
335
410
395
D
221
240
150
350
260
466
350
175
450
435
723
600
300
550
530
−
350
335
7
276
質 量
端子
(kg)
M5
13
M8
15
M10
17
図
D2
W
D
−
M5
12.5
5
W1/2
φC
1
25
V23-OP1
20
40
10
349
24
13
7
585
373
928
700
350
550
530
349
135H
488
320
−
980
956
190H
680
500
−
1100
1070
600
−
1300
1270
オペレーションパネル(注1)
95
100
M12
120
C
15
35
M8
49
20
注1.D015L,D030L,D055Lは、オペレーションパネルは、取り付けられません。
2
第1図
57
24
10
13
358
25
379
23
M10
15
97
M10
23
106
210
M16
W
D2
D
W1
300
W1/2
E
φ
870
60
25
10
H
M8
Hz
A
%
min
LCL FWD REV FLT
H1
373
605
220H
−
主回路
W1
−
200H
φE
283
350
−
φC
209
466
−
D2
φC
V23-OP1
Hz
A
%
min
H
H1
LCL FWD REV FLT
C
第2図
21
22
ドライバオプション
GORIKIシリーズ
発電制動や地絡保護などの機能をオプションで付加させることができます。
発電制動機能は、容量によってドライバユニットに内蔵する場合と別置オプションで対応するものがあります。
■オプション構成
主回路方式
交流電源入力
直流電源入力
交流電源入力
発電制動機能
発電制動機能
順変換
DBU
順変換+DBU
MCCB
∼
MC
ACL
ノイズ
フィルタ
フェライト
コア
DCL
DBU
ドライバ
PMD410
ノイズ
フィルタ
●交流リアクトル
(ACL)
入力側に交流リアクトルを設けると高調波電流
が減少するだけでなく、力率も改善されます。
ド
ライバ容量に適したものをご使用ください。
なお、電源容量がドライバ容量の約10倍を超
える場合には、交流リアクトルが必要となる場
合がありますので、
お問い合わせください。
DBR
M
フェライト
コア
電源
端子(M4)
Terminal
CRフィルタ
DBU
TH
TH
M
M
M
DBR
M
DBR
M
発電制動が必要ない場合
共通順変換または PWM
共通順変換に複数の直流
発電制動が必要な場合に
発電制動が必要な場合に
に適用します。
コンバータ
(CV240S)
と組
入力タイプを組み合わせて適
組み合わせて適用します。
組み合わせて適用します。
み合わせて適用します。
用します。
特 長
ドライバの適用・組み合わせ
ドライバ形式
3P7L
∼
055L
075L
∼
交流入力
100L
−
○
−
○
−
○
−
○
−
○
−
○
○
−
−
○
−
−
−
○
−
−
−
−
○
−
○
∼
−
−
−
−
○
−
220H
2 V23-DBU-L1
0
0
D V V23-DBU-L4
B
U 4 V23-DBU-H1
0
0
V V23-DBU-H4
23
−
∼
022H
∼
4
0
0
V
D055L
直流入力
逆変換
2
0
0
V
D015L
∼
順変換
2
0
0
V
モータ MCCB
電圧 容量 トリップ
(kW) 電流(A)
3.7
20
5.5
30
7.5
40
11
75
2 15
0 18.5 100
0 22
V 30 150
系
37
200
45
55 300
75 400
90 500
3.7
10
5.5
15
7.5
20
11
30
15
40
18.5 50
22
4 30
75
0 37
100
0
V 45
系 55 150
75 200
90 300
110
132 350
160 400
200
MC 交流リアクトル
定格
形式
電流(A) V21-ACL-□
LA18
32
LA27
50
LA35
60
LA55
80
LA70
100
LA90
LA140
135
LA180
200
LA200
260
LA260
350
LA320
400
LA400
HA10
HA14
HA18
32
HA27
500
50
80
100
135
170
200
260
350
500
HA110
HA150
HA180
HA210
HA300
HA360
直流リアクトル
入力側
形式
ノイズ
フェライト CRフィルタ
V21-DCL-□
フィルタ コア
適用外
NF3020C-MJ
LA32
NF3030C-MJ
F6045GB
LA45
1個1T
ZRGT5050-MF
LA60
LA80
ZRGT5080-MF
N11P34561 LA100
LA120
ZRGT5100-MF
=1
LA150
ZRGT5150-MF
LA180
F11080GB
ZRGT5200-MF 1個1T
LA220
ZRGT5250-MF
LA270
NF3300C-RQ
LA350
NF3400C-MJ
LA410
NF3010C-MJ
適用外
HA18
NF3020C-MJ
HA25
F6045GB
HA32
NF3030C-MJ 1個1T
HA40
HA50
ZRGT5050-MF
HA60
HA80
ZRGT5080-MF
N11P34561 HA90
=1
HA110
ZRGT5100-MF
HA140
ZRGT5150-MF
HA180
ZRGT5200-MF F11080GB
HA210
HA270
ZRGT5250-MF 1個1T
HA310
NF3300C-RQ
HA400
HA460
NF3400C-MJ
HA35
HA45
HA70
HA90
HA540
アース端子
Earth
Terminal
×
×
C max
●主回路配線機器定格
×
× × ×
出力側
ノイズ
フェライト
フィルタ コア
CC3020C-P
CC3030C-P F6045GB
CC3035C-P 1個2T
CC3045C-P
D
A
4-G 巾切込
4-G Width notch
CC3080C-P
CC3100C-P F11080GB
1個2T
CC3150C-P
第1図
+
F140100
CC3300C-P 1個2T
適用外
CC3010C-P
CC3015C-P
CC3020C-P
F6045GB
CC3030C-P
1個2T
CC3035C-P
CC3040C-P
CC3045C-P
V Y
WZ
+
アース
端子
A
4-φGキリカキ
V
X
W
Y
+
B
P用
+
Z
+
+
D
アース
端子
A
注. 電源電圧、モータ効率などの条件により機器選定が異なりますので詳細はお問い合わせください。
E
+
U
CC3250C-P F140100
1個2T
CC3400C-P
F140100
適用外
2個1T
F
MAX
第2図
+
CC3100C-P F11080GB
CC3115C-P 1個2T
CC3150C-P
CC3200C-P
+
+
D
CC3080C-P
P用
+
U X
CC3250C-P
E
B
F
H
概略構成
× ×
U X V V V Z ×
× ×
H
DBU
× ×
×
C MAX
主回路配線機器及び別置オプション
C MAX
主回路オプション
4-φGキリカキ
F
MAX
E
B
第3図
■交流リアクトル寸法表
形式
V21-ACL-□
LA18
LA27
LA35
LA55
LA70
LA90
LA140
LA180
LA200
LA260
LA320
LA400
HA10
HA14
HA18
HA27
HA35
HA45
HA70
HA90
HA110
HA150
HA180
HA210
HA300
HA360
HA460
A
180
180
180
180
180
180
180
230
230
230
290
290
120
180
180
180
180
180
180
230
230
230
290
290
290
290
290
B
90
90
90
100
100
115
135
140
140
150
168
188
95
90
90
95
105
115
130
140
140
165
168
168
188
218
218
C
200
140
140
140
140
140
150
175
175
175
220
220
140
200
200
140
140
140
140
175
175
175
225
225
225
225
275
寸 法 (mm)
D
120
120
120
120
120
120
120
120
120
120
200
200
70
120
120
120
120
120
120
120
120
120
200
200
200
200
200
E
66
66
66
76
76
91
111
110
110
120
125
145
75
66
66
71
81
91
106
110
110
135
124
124
144
174
174
F
4
50
60
60
85
85
100
100
100
110
120
155
7
4
4
50
60
60
70
85
85
100
110
110
135
150
180
G
8
8
8
8
8
8
8
10
10
10
12
12
8
8
8
8
8
8
8
10
10
10
12
12
12
12
12
H
−
−
−
−
−
−
−
−
−
34
34
34
−
−
−
−
−
−
−
34
34
34
34
34
34
34
34
質 量
(kg)
3.6
4.0
4.0
5.4
6.6
7.9
10.6
18.0
19.0
21.0
31.0
39.0
3.1
3.8
4.0
5.0
6.5
7.9
9.9
16.0
19.0
25.0
33.0
33.0
52.0
54.0
69.0
図
1
2
2
3
3
3
3
3
3
3
3
3
1
1
1
3
3
3
2
3
3
3
3
3
3
3
3
24
ドライバオプション
GORIKIシリーズ
別置オプション
■入力側ノイズフィルタ
K
L
C
4-φJ
2
5
3
6
I N
L
D
A
4
Max
G
①3-J
J
D
C
B
A
H
E
B
4
2
5
3
6
③M6
③M6
H
1
F
G
2-φ6.5
②3-J
K
第1図
第2図
第1図
H
7
R
3
6
C/L
R
5
E
F
G
H
4
2
H
1
C
Max
G
4-φJ
E
B
D
A
Max
G
6.5+0.3
L
E
B
①3-J
③M6
③M6
2-φ6.5
D±2
C±1.5
B±2
A±7.5
②3-J
J±3
P NM
±1
4-φJ
第2図
L
K±3
第3図
①入力端子
②出力端子
③接地端子
Q
L
D
A
③ M6
C/L
R
C
D
E
L
K
②
①
2-K
F
K
G
F
I
H
K
A
B
C
20
K
G
I
H
1
6.5+0.3
■直流リアクトル(DCL)
A
B
C
③M4
②3-M4
2-R2.75 長さ7 2-φ5.5
D
E
①3-M4
F
E
●ノイズフィルタ
ドライバが発生する電磁ノイズを抑制します。
ドライバの周辺機器との協調のために常に設置することを推奨します。
●直流リアクトル
(DCL)
ドライバ入力の力率改善のために設置します。
電源との協調にも効果があります。
12-φ15
第3図
■直流リアクトル寸法表
形式
V21-DCL-□
LA32
LA45
LA60
LA80
LA100
LA120
LA150
LA180
LA220
LA270
LA350
LA410
HA25
HA32
HA40
HA50
HA60
HA80
HA90
HA110
HA140
HA180
HA210
HA270
HA310
HA400
HA540
25
A
65
65
65
120
120
120
75
75
75
75
120
120
65
65
65
65
65
120
65
65
75
120
120
120
120
225
250
B
130
130
130
140
140
140
140
140
140
140
140
140
130
130
130
130
130
140
130
130
140
140
140
140
140
225
250
C
195
220
225
220
210
220
246
247
265
307
303
300
232
235
250
240
255
245
249
265
289
281
299
289
333
216
215
D
45
45
45
100
100
100
55
55
55
55
100
100
45
45
45
45
45
100
45
45
55
100
100
100
100
195
210
E
110
110
110
120
120
120
120
120
120
120
120
120
110
110
110
110
110
120
110
110
120
120
120
120
120
195
210
寸 法 (mm)
F
G
H
−
50
M6
−
50
M6
−
50
M6
−
60
M6
−
70
M8
−
60
M8
−
100
M8
−
120
M10
−
120
M10
−
120
M12
−
135
M12
−
150
M12
−
50
M6
−
50
M6
−
65
M6
−
65
M6
−
70
M6
−
70
M6
−
90
M8
−
100
M8
−
100
M8
−
120
M10
−
120
M10
−
120
M12
−
135
M12
34
90
M12
34
90
M16
I
150
180
180
175
205
180
203
204
222
254
240
234
190
191
205
196
210
200
206
222
236
228
246
236
270
−
−
J
6
6
6
6
6
6
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
10
10
K
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
M8
M8
質量
(kg)
図
4.5
5.6
6.1
8.8
9
11
9
10
11
15
21
23
5.5
6.4
7.3
7.5
8.5
12
9
10
12
18
23
23
23
25
28
1
1
1
2
2
2
1
1
1
1
2
2
1
1
1
1
1
2
1
1
1
2
2
2
2
3
3
第4図
■入力側ノイズフィルタ寸法表
形式
寸 法 (mm)
A
B
C
D
E
F
G
H
J
K
L
M
N
P
Q
R
質 量
(kg)
図
NF3020C−MJ
174.5 160 145 130 110
80
32
70
20
43
R2.75長さ7 φ5.5
M4
M4
1.6
1
NF3030C−MJ
214.0 200 185 170 120
90
32
70
20
43
R2.75長さ7 φ5.5
M4
M4
1.8
1
17.5 M6
−
−
−
−
−
−
−
2.1
2
ZRGT5050−MF
244
224 190 132 106 25.5 67
ZRGT5080−MF
270
250 216 152 126 24.5 72
29
M8
−
−
−
−
−
−
−
4.4
2
ZRGT5100−MF
285
265 231 152 126 24.5 79
29
M8
−
−
−
−
−
−
−
5.1
2
ZRGT5150−MF
301
281 249 176 140 24.5 87
29
M8
−
−
−
−
−
−
−
5.8
3
ZRGT5200−MF
395
380 289 197 152
40
112
49 M10
−
−
−
−
−
−
−
11
3
ZRGT5250−MF
395
380 289 197 152
40
112
49 M10
−
−
−
−
−
−
−
10
3
−
−
9
3
45
45
16
4
40
112
ZRGT5300−MF
395
380 289 197 152
NF3400C−MJ
485
375 345 315 220 180 146
49 M10
−
−
−
−
−
170
85
18
20
40
20
80
26
ドライバオプション
GORIKIシリーズ
別置オプション
別置オプション
■出力側ノイズフィルタ
■フェライトコア
①3-L
2-M
②3-L
2-K
K
F
3-I
G
F
E
C
①入力端子
②出力端子
H
G
D
C
B
A
B
A
J
H
D
E
2-J
第1図
第1図
4-M
4-K
②3-L
②
K
K
L
C
C
M
F
E
F
G
80
7
L
①3-L
①
G
F
E
F
H
ラッチバンド
40 H
ラッチバンド
B
J
170
K
J
D
C
B
A
85
D
C
B
A
B
12-φ15
φ4.0孔
パンチングメタル
第2図
4J-φ7
取り付け穴
27
CC3005C-P
CC3010C-P
CC3015C-P
CC3020C-P
CC3030C-P
CC3035C-P
CC3045C-P
CC3080C-P
CC3100C-P
CC3115C-P
CC3150C-P
CC3200C-P
CC3250C-P
CC3300C-P
CC3400C-P
A
65
65
65
65
65
120
65
75
120
120
120
120
225
250
275
B
130
130
130
130
130
140
130
140
140
140
140
140
225
250
275
E
第3図
4J-φ7
取り付け穴
第2図
E
D
A
第3図
■フェライトコア寸法表
■出力側ノイズフィルタ寸法表
形式
D
A
C
232
235
250
240
255
245
265
289
281
299
289
333
216
215
201
D
45
45
45
45
45
100
45
55
100
100
100
100
195
210
235
E
110
110
110
110
110
120
110
120
120
120
120
120
195
210
235
寸 法 (mm)
F
G
H
−
50
M6
−
50
M6
−
65
M6
−
65
M6
−
70
M6
−
70
M6
−
100
M8
−
100
M8
−
120
M10
−
120
M10
−
120
M12
−
135
M12
34
90
M12
34
90
M16
34
90
M16
I
190
191
205
196
210
200
222
236
228
246
236
270
−
−
−
J
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
7
10
10
10
K
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
M8
M8
M8
質量
(kg)
図
1.0
1.0
1.0
2.0
3.0
3.0
4.5
12
13
17
20
12
13
16
17
1
1
1
1
1
1
1
2
2
2
2
3
3
3
3
形式
F6045GB
F11080GB
F140100
(1個)
F140100
(2個)
F200160
(1個)
F200160
(2個)
A
95
181
176
176
230
230
B
26
26
44
79
42
77
C
78
131
140
140
200
200
D
80
150
150
150
204
204
E
12.5
12.5
100
100
150
150
寸 法 (mm)
F
G
H
72
50
50
124
100
100
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
I
M4
M5
−
−
−
−
J
M5
M8
−
−
−
−
K
39.5
74
96
96
156
156
質量
(kg)
図
5.5
6.4
7.3
14.6
7.5
15.0
1
1
2
3
2
3
28
ドライバオプション
GORIKIシリーズ
別置オプション
●発電制動ユニット
モータを発電制動するときに使用する制動回路ユニットです。
制動抵抗器と組み合わせて使用し、制動力を得る事ができます。
■CRフィルタ
100
≒10
≒50
50
≒12
■発電制動ユニット仕様
項 目
仕 様
系 列
400V系
H1
H2
H3
H4
L1
L2
L3
L4
18.5
30
45
210
18.5
30
45
115
最小制動抵抗 [Ω]
37
23
15
3.3
9.3
5.7
3.8
1.5
最大制動電流 [A]
(注1)
21
33
51
233
41
67
101
257
形式
(V23−DBU−□□)
最大制動電力 [kW]
(注1)
10
ヒステリシス幅 [V]
2-M5
電源
M4×8
単位:mm
構造
パネルカット図
10
最大使用率 [%ED]
(注2)
最大動作継続時間 [S]
(注2)
動作開始電圧 [V]
器具中心
+L3
+L2
+L1
+
+G
+GC
50
120
出力定格
43
200V系
直流電圧 [V]
768±6
384±3
約36
約18
461∼820
設置方式
保護構造
概略質量 [kg]
243∼410
壁掛形
IP00
2.0
3.5
冷却方式
■発電制動ユニット
表面色
131
80
25.5 φ6.0
4.4
3.5
亜鉛メッキ鋼板素地色
屋内、周囲温度:-10∼50℃、湿度:95%以下
(結露なきこと)
137.4
133
2
標高:1000m以下、振動:3.0m/s 以下
使用環境
腐食性または爆発性のガス・蒸気・塵埃・オイルミスト・風綿等なきこと
6
25.5
2.0
自冷
186
198
制御入出力
保護
SET
表示:7 セグメント LED×3 桁
パネル
操作:キースイッチ×3( 、 、SET)
シーケンス入力
固定:2点 シンク/ソース切換可
シーケンス出力
リレー 1c 接点:1点(故障)
遮断
過負荷、
フィン過熱、
パワーモジュール故障、
その他自己診断故障
故障履歴
過去2回分の故障要因を記憶
注1. ピーク値を示します。
2. 使用率、動作継続時間をタイムチャートに示します。
t2
6
t1
モータ速度
6
6
第1図 V23-DBU-HI、H2、H3、L1、L2、L3
145
18.5
108
動作継続時間 t1、t2、
・
tn≦10s
動作継続時間合計 t=t1+t2+・
tn≦1min
周期 T≧10min
使用率%ED=t/T≦10%
209.4
18.5
4.4
205
9
2-φ7
198
180
T
9
SET
7
29
7
第2図 V23-DBU-H4、L4
単位:mm
※記載されている会社名・製品名などは、
それぞれの会社の商標又は登録商標です。
30
本 社 〒141-6029 東京都品川区大崎 2-1-1 ThinkPark Tower
北
東
横
北
東
新
静
北
中
関
四
中
九
海 道 支
北 支
浜 支
関 東 支
関 東 支
潟 支
岡 支
陸 支
部 支
西 支
国 支
国 支
州 支
店
店
店
店
店
店
店
店
社
社
店
店
店
〒065-0013
〒980-6007
〒231-0021
〒338-0003
〒262-0033
〒950-0916
〒420-0837
〒920-0031
〒460-0003
〒541-0048
〒760-0025
〒730-0051
〒812-0018
札幌市東区北 13 条東 6-1-23
仙台市青葉区中央 4-6-1
(住友生命仙台中央ビル)
横浜市中区日本大通 18
(KRCビル)
さいたま市中央区本町東 2-3-11
(第 2 東京ビル)
千葉市花見川区幕張本郷1-2-24
(幕張本郷相葉ビル)
新潟市中央区米山 4-1-28
(藤巻ビル)
静岡市葵区日出町 1-2(静岡住友ビル)
金沢市広岡 1-3-34
名古屋市中区錦 1-17-13
(名興ビル)
大阪市中央区瓦町 4-2-14
(京阪神瓦町ビル)
高松市古新町 2-3(三井住友海上高松ビル)
広島市中区大手町 2-8-4
(パークサイドビル)
福岡市博多区住吉 5-5-3
Tel.
(011)
752-5120
Tel.
(022)
227-3231
Tel.
(045)
641-1736
Tel.
(048)
853-0215
Tel.
(043)
273-6125
Tel.
(025)
243-5971
Tel.
(054)
251-3931
Tel.
(076)
261-3176
Tel.
(052)
231-7181
Tel.
(06)
6203-5261
Tel.
(087)
822-3437
Tel.
(082)
543-4147
Tel.
(092)
476-3151
Fax.
(011)752-4336
Fax.
(022)263-6834
Fax.
(045)641-1748
Fax.
(048)853-0217
Fax.
(043)273-6128
Fax.
(025)243-5989
Fax.
(054)254-4671
Fax.
(076)223-4725
Fax.
(052)231-5839
Fax.
(06)
6203-6869
Fax.
(087)821-4062
Fax.
(082)241-7070
Fax.
(092)473-3753
カスタマーセンター
〒410-8588
沼津市東間門字上中溝 515
Tel.
(0120)
099-056
Fax.
(055)929-5989
安全に関するご注意
ご使用の前に、「取扱説明書」又はそれに準ずる
資料をよくお読みのうえ正しくお使いください。
■ 仕様は機能・性能向上などのため変更することがありますのでご了承ください。
この製品に関するお問い合わせは
CA551-2846H 2013 年 10月現在
2013-10ME(1.75V)1.5L
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
39
File Size
4 989 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content