close

Enter

Log in using OpenID

オーストラリア農業視察団との意見交換 “出口戦略ツアーin 東京”の開催

embedDownload
平成 27 年 7 月
前回は農業経営部会の組織のご紹介をさせていただきました。今回は国際交流、首都圏への販路
開拓、イベントの開催等、当会の多面的な活動をご紹介させていただきます!
◆オーストラリア農業視察団との意見交換
6 月 15 日(月)
、ナフィールドオーストラリア農業研究者団体との意見交換を行いました。今
回は在札幌オーストラリア領事館からの提案により実現し、オーストラリア側は 8 名が参加。酪
農、牛肉生産、七面鳥の生産、養鶏、切り花生産、農場ショップ・レストランを経営する農家等、
生産品や業種も様々で、それぞれの立場から「日豪共通の農業課題に関して」をテーマにざっく
ばらんに意見交換を行いました。
オーストラリアでは、
「
(食料を生産する)農家に命を助けてもらっている」という意識が定着
いるそうで、今回の視察団も民間会社の出資により支えられていて、国だけでなく民間会社も積
極的に農業者を支援するという考え方が根づいているそうです。
また、農業者の多くが家族経営で広大な農地を管理しており、働き手不足や環境問題等日本と
似たような問題に直面している現状も共有できました。参加者からは「今度はオーストラリアに
行き、実際に農場を視察したい」等の意見もあり、大変有意義な機会となりました。
◆“出口戦略ツアーin 東京”の開催
7 月 6 日(月)
、7 日(火)に「出口戦略」をキーワ
ードに首都圏への十勝食材の販路開拓を目的として
東京への視察と商談を行いました。
十勝からは生産者 7 名を含む 13 名が参加。6 日には
東京・札幌・金沢・名古屋・大阪・福岡・フランスパ
リにてレストラン事業を展開する㈱ひらまつにて商
談を行いました。担当者の方からは「十勝の生産者の
想いを知る機会が持ててよかった。
」とのお話もいた
だき、今後は連携した具体的な取り組みに繋がってい
きそうです。6 日の夕方と 7 日には東京都内にスーパー5 店舗を経営、レストラン、洋菓子
店、生花店等多面的な事業を展開する㈱福島屋を視察、商談を行いました。㈱福島屋の福島
会長からは「生産者とコラボをしていきたい。生産者には売り場を活用してもらいたい。
」
というお話しをいただきました。実際に店舗には生産者のためのコーナーも設置されており、
十勝の産品の販路開拓に向け、今後の展開に期待が持てる視察となりました。
◆夏の祭典!収穫感謝祭!!
8 月 30 日「第 26 回視察感謝祭」が開催されます。部会設立以来、口蹄疫問題で中止となった
2010 年を除き、毎年開催をされており、昨年は 4,000 人を越える方にご来場頂きました。十勝産
の原料にこだわったとかちバーガー、会員の牛肉を特別価格で提供するステーキハウス、会員の
商品を販売する出展ブース他、農作業着のファッションショー、農業クイズ大会等イベントも盛
りだくさん!熱い夏を、熱く盛り上げます。
◆会員紹介
・前田農産食品(資)
十勝の東部地域に位置する本別町で 5 種類の小麦と甜菜、豆類を生産。小麦は直接販売の他、
「自分の作った小麦粉の味を知りたい」という想いからパン屋等への直接取引も行い、全国のパ
ン屋・菓子店等でも使用されております。小麦に使うコンバインや乾燥機の利活用と「今まで生
産してない面白い作物を作りたい」ということがきっかけとなり、ポップコーンの生産を開始。
自社農場内にポップコーン加工のための工場も新設し、まだ珍しい“国産”ポップコーン商品化
に向けた挑戦も始めています。
・㈱満寿屋商店
パン製造販売業、十勝管内に 6 店舗を展開。帯広で 60 年以上の歴史を持つ老舗企業。
「十勝との共存・共栄」という考えの下、創業当時から十勝産にこだわった素材を使用してお
り、2012 年には 6 店舗全ての商品を十勝産小麦 100%使用に切り替え、こだわりの経営を行って
います。
更には、前田農産食品(資)を始め生産者と連携したイベントの開催等、十勝小麦普及のため
の食育活動も積極的に行っています。
【発行元】
同友会とかち支部農業経営部会
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
145 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content