close

Enter

Log in using OpenID

Levelflex M FMP40

embedDownload
技術仕様書
レベルフレックス M FMP40
ランタイム測定
ガイドレーダーレベル計スマート伝送器
- 粉粒体および液体用連続レベル計
- 液体用界面計
• 液面が泡立 っ て い て ひ ど く 荒れ て い る 場合で
も 、 測定は可能です。
• シ ス テ ム統合には、HART(アナ ロ グ 4 ~ 20 mA)、
PROFIBUS PA お よ び FOUNDATION Fieldbus プ
ロ ト コ ルが使用で き ます。
• 安全関連シ ス テ ム (漏れ出 し 防止) での用途で
は、SIL 2 ま での安全機能に対す る 要件を満た し
てお り 、IEC 61508/IEC 61511- 1 に適合 し てい ま
す。
• WHG 認証
界面計
比誘電率が全 く 異な る 2 種類の液体、 例えばオ イ
ル と 水な ど の連続界面計測が可能です。
• 密度、 導電率、 温度の影響を受けずに測定可能
です。
• 液体の界面レベル と 総レベルを同時計測す る こ と
が可能です。 アナ ロ グプ ロ ト コル対応の 4...20 mA
HART を使用し てシ ス テ ムの統合が可能です。
• 総レベルが一定の場合には PROFIBUS PA お よ
び FOUNDATION Fieldbus プ ロ ト コ ルを使用 し
てシ ス テ ムの統合が可能です。
アプリケーション
連続レベル計測
レベルフ レ ッ ク ス M は粉状のプ ラ ス チ ッ ク な ど の
粉粒状の固体、 お よ び液体の連続レベル計測に使
用 さ れます。
• 密度、 か さ 密度、 導電率、 比誘電率、 温度、 お
よ びエアー圧送時等に発生す る 粉塵の影響を受
けずに測定可能です。
TI358F/33/JA/03.09
特長
プ ロ ーブはね じ 込みプ ロ セ ス接続 (1½") お よ び
フ ラ ン ジ (JIS40A か ら ) に よ っ て使用可能です。
• ロ ーププ ロ ーブ (特に粉粒体での測定用) の測
定レ ン ジは最大 35 m
• ロ ッ ド プ ロ ーブ (特に液体用)
• コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ (液体用)
• 4行の日本語表示デ ィ ス プ レ イ で、メ ニ ューガ イ
ド に よ る機器本体での操作がで き ます。
• 反射波形は簡単な自己診断用に機器本体の表示
デ ィ ス プ レ イ 上に表示で き ます。
• 自己診断お よ び測定ポ イ ン ト に関す る ド キ ュ メ
ン ト 作成が付属のオペレーテ ィ ン グプ ロ グ ラ ム
を介 し て簡単に行 う こ と がで き ます。
• 遠隔表示お よ び遠隔操作の選択は自由に行 う こ
と がで き ます。
• コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブに よ る 測定は、 タ ン ク の
内部構造物お よ び ノ ズル内の設置物の影響を受
け ません。
• ロ ッ ド プ ロ ーブ と ロ ーププ ロ ーブは、 交換お よ
び短 く す る こ と が可能です。
• 認定 : ATEX、 FM、 CSA、 TIIS、 NEPSI、 IECEx
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
目次
機能 と シ ス テム設計 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .4
動作条件 / 機器周囲環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
測定原理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
測定シ ス テ ム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
機器周囲温度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
限界周囲温度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
保存温度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
気候 ク ラ ス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
保護等級 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
耐振動性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プ ロ ーブの洗浄 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
電磁適合性 (EMC) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11
計測値 . . . . . . . .
測定レ ン ジ . . . . .
不感知距離 . . . . .
使用 さ れ る 周波数
スペ ク ト ル . . . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
41
41
41
41
41
41
41
41
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
動作条件 / プ ロ セス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
出力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13
出力信号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ア ラ ーム信号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
リ ニア ラ イ ゼーシ ョ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
FOUNDATION Fieldbus イ ン タ ーフ ェ イ ス のデー タ . . . .
13
13
13
13
外部電力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15
電気接続 . . . . . . . . . . . .
グ ラ ン ド 接続 . . . . . . . . .
ケーブルグ ラ ン ド . . . . . .
端子 . . . . . . . . . . . . . . . .
端子の割当 . . . . . . . . . . .
Fieldbus プ ラ グ コ ネ ク タ ー
HART 通信の抵抗 . . . . . .
供給電圧 . . . . . . . . . . . .
電線口 . . . . . . . . . . . . . .
消費電力 . . . . . . . . . . . .
消費電流 . . . . . . . . . . . .
FISCO . . . . . . . . . . . . . .
過電圧保護 . . . . . . . . . . .
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
...
...
...
...
...
...
...
...
...
...
...
...
...
.................
.................
.................
.................
.................
.................
.................
.................
.................
.................
.................
.................
.................
15
15
15
15
16
17
18
18
18
18
19
19
19
性能特性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .20
リ フ ァ レ ン ス作動条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
最大計測誤差 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
分解能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
応答時間 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
機器周辺温度の影響 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
20
20
21
21
21
動作条件 : レ ベル計測の設置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22
レベル計測の設置説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
粉粒体での特記事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
液体の場合の特記事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
プ ロ セ ス温度範囲 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プ ロ セ ス圧力の限界 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プ ロ セ ス で使用 さ れ る 材質 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
比誘電率 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
張力 と 温度に よ る ロ ーププ ロ ーブの伸張 . . . . . . . . . . . .
42
42
42
43
43
機械構造. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
外形寸法 . . . . . . . . . . . . . . . .
フ ラ ン ジの表面粗 さ . . . . . . .
プ ロ ーブ長の許容差 . . . . . . .
重量 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
材質 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プ ロ セ ス接続 . . . . . . . . . . . .
シール . . . . . . . . . . . . . . . . .
プ ロ ーブ . . . . . . . . . . . . . . . .
...
...
...
...
...
...
...
...
..
..
..
..
..
..
..
..
...
...
...
...
...
...
...
...
...........
...........
...........
...........
...........
...........
...........
...........
44
46
46
46
46
46
46
46
ユーザイ ン タ ー フ ェ イ ス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47
オペレーシ ョ ン コ ン セプ ト . . . . . . . . . . .
表示部 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
操作部 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
機器本体での操作 . . . . . . . . . . . . . . . . .
遠隔操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
...
...
...
...
...
........
........
........
........
........
47
47
48
49
50
証明 と 認定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
CE マー ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Ex 承認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
オーバース ピルプ ロ テ ク シ ョ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . .
電気通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
規格 と ガ イ ド ラ イ ン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
53
53
54
54
54
注文情報. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
レベルフ レ ッ ク ス M FMP40 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
動作条件 : 界面計測の設置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .33
ア ク セサ リ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59
界面計の設置説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
界面計測の詳細設置説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
日 よ け カバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
各 ノ ズル対応のホーン アダプ タ フ ラ ン ジ . . . . . . . . . . . .
FHX40 リ モー ト 表示 と 操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
コ ミ ュ ボ ッ ク ス FXA 191 HART . . . . . . . . . . . . . . . . . .
コ ミ ュ ボ ッ ク ス FXA195 HART . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
コ ミ ュ ボ ッ ク ス FXA291 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ToF ア ダプ タ FXA291 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
アダプ タ フ ラ ン ジ FAU70E /FAU70A . . . . . . . . . . . . . . .
エ ク ス テ ン シ ョ ン ロ ッ ド / セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク . . . . .
絶縁キ ッ ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
HART ループ コ ンバー タ HMX50 . . . . . . . . . . . . . . . . .
動作条件 : 特殊な設置状況の設置説明. . . . . . . . . . . . .36
プ ロ ーブ長 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
150 mm 以上の高 さ の ノ ズルの取付 . . . . . . . . . . . . . . .
JIS200A、 JIS250A ノ ズルの取付 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
≥ JIS300A ノ ズルへの取付 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
断熱材を使用する 場合の設置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
プ ロ セ ス接続 と のア ク セ ス が困難な場合の設置 . . . . . .
既存バ イ パス チ ャ ンバのデ ィ ス プ レーサか ら の更新 . . .
2
36
36
36
37
37
38
40
59
59
60
61
62
62
62
62
63
64
65
65
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
関連 ド キ ュ メ ン ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66
特別書類 . .
技術情報 . .
取扱説明書
認定 . . . . .
特許 . . . . .
3
.
.
.
.
.
...
...
...
...
...
..
..
..
..
..
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
..
..
..
..
..
...
...
...
...
...
..
..
..
..
..
........
........
........
........
........
...
...
...
...
...
66
66
66
66
66
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
機能 と シ ス テム設計
測定原理
レベルフ レ ッ ク ス は “下方向” の計測シ ス テ ム で、 基本的には ToF 方式 (Time of Flight) に よ っ
て計測 さ れます。 つま り 、 リ フ ァ レ ン ス ポ イ ン ト (測定装置のプ ロ セ ス接続部、 45 ページ) と 測
定対象物表面 と の距離を測定 し ます。 高周波のパルス がプ ロ ーブに放出 さ れ、 プ ロ ーブ表面上を
通 り ます。 パルス は、 測定対象物表面 (比誘電率変化面) で反射 し 、 電気的な評価単位で受信 さ
れ、 レベル情報に変換 さ れ ます。 こ の方式は TDR (Time Domain Reflectometry) と も 呼ばれてい
ます。
έρϋΐȇ
௶೰‫ܖ‬੔ത
ijı Ůł
IJııĦ
Ņ
ņ
ίυȜήಿōŏ
Ň
ō
ĵ Ůł
ıĦ
L00-FMP4xxxx-15-00-00-en-002
測定基準点に関 し ては 45 ページ を ご覧 く だ さ い。
比誘電率 r(= DC)
測定物の比誘電率は、 高周波パルス の反射度合いに直接影響 し ます。 DC 値が高い水、 ま たはア
ン モニア水な ど の場合は、 パルス の反射が強 く な り ます。 それに対 し 、 DC 値の低い炭化水素な
ど の場合は、 パルス の反射が弱 く な り ます。
入力
反射 さ れたパルス は、 プ ロ ーブか ら 電子部に伝送 さ れます。 マ イ ク ロ プ ロ セ ッ サーは信号を分析
し 、 測定対象物表面におけ る 高周波パル ス の反射に よ っ て発生 し た レベルエ コ ーを特定 し ます。
真の信号検出シ ス テ ム方法は、 PulseMaster ィ ソ フ ト ウ ェ アの開発に統合 さ れた、 幾年に も 渡 り 弊
社で培われたパルス の time-of-flight 手順を利用 し てい ます。
被測定物ま での距離 D は、 マ イ ク ロ 波の往復時間に比例 し ます。
D = c ・ t/2
c は光速
既知であ る 調整時の 0 % 距離 E に基づ き 、 レベル L を次の よ う に算出 し ます。
L=E–D
"E" の測定基準面は上図の通 り と な り ます。
レベルフ レ ッ ク ス は、 ユーザが活用で き る不要反射除去機能を備え てい ます。 内部構造物お よ び
支柱か ら の不要反射が レベルエ コー と 誤認識 さ れない よ う に し ます。
4
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
界面計
高周波パルス が測定物の表面に達 し た時、 一定割合の伝送パルス し か反射 さ れません。 特に比誘
電率が低い測定物では、 残 り の伝送パル ス が測定物に浸透 し ま す。 パル ス は比誘電率が高い
(DC2) 別の測定物に当た り 、 界面点で も う 一度反射 さ れます。 界面層ま での距離は、 上部の測定
物を通過す る パルス の遅延時間を考慮 し た上で、 判断す る こ と がで き ます。
Ť ľ Ť ı ľ Ĵıı ııı ŬŮİŴ
௙τασ
ŅńIJ
ńIJ ľ
ńı
ŅńIJ
‫ٮ‬࿂τασ
Ņńij
L00-FMP4xxxx-15-00-00-en-007
出力
レベルフ レ ッ ク スは、 出荷時に仕様通 り のプ ロ ーブ長に合わせて事前設定 さ れてい ます。 そのた
め、 ほ と ん ど の場合自動的に装置を計測 コ ンデ ィ シ ョ ンに適合 さ せ る アプ リ ケーシ ョ ンパ ラ メ ー
タ ーを入力す る だけです。 電流出力用モデルでは、 ゼ ロ 点 (E) お よ びスパン (F) を 4 mA お よ
び 20 mA に、 デジ タ ル出力お よ び本体デ ィ ス プ レ イ 表示を 0 ~ 100 % に設定 し ます。 マニ ュ アル
入力 も し く は半自動入力 さ れたテーブルに よ り 、 最大 32 点の リ ニ ア ラ イ ズ機能は機器本体 も し
く は遠隔操作で設定可能です。 こ の機能を使用す る と 、 例えばレベルを体積ま たは質量の単位に
変換で き ます。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
5
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
測定システム
プローブセレクション
各プ ロ セ ス接続部 と プ ロ ーブ を組み合わせ る こ と で、 次の用途に適合 し ます。
1½" のネジ接続またはフランジ接続を備えたプローブ
プローブのタイプ
6 mm ロープ
プローブ
最大プローブ長:
35 m1)
用途:
横方向の応力:
抗張力(最小)
:
崩壊負荷(最大): 2)
項目 30
• 粉粒体
6 mm PA コート
ローププローブ
35 m
1)
• 粉粒体
(特に穀類や
細粉)
4 mm ロープ
プローブ
16 mm ロッド
プローブ
16 mm ロッド
プローブ
( 分離型プローブ )
コアキシャル
プローブ
液体 : 35 m
粉粒体 : 15 m
4m
10 m
4m
• 液体
測定レ ン ジ
(> 4 m)
• 液体
• 粉粒体
(測定レ ン ジが
短 く 、 側面に取
り 付け る 場合)
• 界面計測
• 液体
• 液体
• 狭い場所 ( ヘ ッ ド • 界面計測
ク リ ア ラ ン スが
小 さ い箇所 ) に
取 り 付け る 場合
• 界面計測
関連性な し
関連性な し
関連性な し
30 Nm
20 Nm
300 Nm
30 kN
35 kN
30 kN
35 kN
12 kN
16 kN
関連性な し
関連性な し
関連性な し
オプション "B"
オプション "H"
オプション "A"
オプション "K"
オプション
"S, T, U, V"
1)
よ り 長い タ イ プ も あ り ます。
2)
こ れは、 ルーフ天井の最大負荷です。 過負荷の場合、 ロ ープが裂け ますがブ ッ シ ュ は気密状態を保ち ます。
6
オプション "L"
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
¾" のネジ接続を備えたプローブ
バージョン
FMP40- #A########
プローブのタイプ
4 mm ロープ
プローブ
6 mm ロッド
プローブ
コアキシャル
プローブ
5 kN
12 kN
関連性な し
関連性な し
関連性な し
4 Nm
60 Nm
抗張力(最小):
崩壊負荷(最大): 1)
横方向の応力:
• 液体
測定レ ン ジ
(> 4 m)
用途:
最大プローブ長:
FMP40- #P######## FMP40- #L########
• 液体
• 界面計測
35 m2)
• 液体
2m
4m
1)
こ れは、 ルーフ天井の最大負荷です。 過負荷の場合、 ロ ープが裂け ますがブ ッ シ ュ は気
密状態を保ち ます。
2)
よ り 長い タ イ プ も あ り ます。
機器単体での使用
• 電源は電線 (4 線式) も し く は伝送器電源供給ユニ ッ ト (2 線式) か ら 直接供給 さ れます。
• 機器本体の内蔵表示デ ィ ス プ レ イ に よ る 操作 も し く は HART プ ロ ト コ ルに よ る 遠隔操作。
őōń
ŇŪŦŭťńŢųŦ
ŇŪŦŭťńŢųŦ
΍ȜΫΑͺΘίΗ
• ŇřłijĺIJİŕŰŇͺΘίΗŇřłijĺIJ
΋ηνδΛ·Α
ŇřłIJĺIJİIJĺĶ
ഩ࡙Ȫĵ஌చ؊ȫ
ഥ௣‫ܕ‬ഩ࡙ξΣΛΠ
œŎłĵijij̹͉͘
œŏijijIJŏȪ೒૞ဥ೷ࢯͬ‫͚܄‬ȫ
ťŴťŮťŮ
ťŧġťŢŴį
ŢŴťŢŴġŧŢ
ŢŴŢŴġŭŢį
ŅņōŕłŃłœĻ īġīġīġīġīġīġīġī
ŐŏōŊŏņ
IJġġŒŖŊńŌġŔņŕŖő
ijġġŐőņœłŕŊŏňġŎņŏŖ
Ĵġġőŗ
ĵġġŔŗ
ʼnņōő
ņŏŅœņŔŔġĬġʼnł ŖŔņœ
Ħ
–
Ĭ
ņ
Ŕłŗņ
ĺ
ņŏŅœņŔŔġĬġʼnł ŖŔņœ
œŎłġĵijij
ĴĶijġŮţŢų
ıġ°ń
ུఘௌै
ΟͻΑίτͼ
κΐνȜσ
ŗŖĴĴIJ
őŢŨŦ
Ŗű
ŃŬŴű
ķ
ŅŦŭŦŵŦ
őŢŨŦ
Őů
ĤġĦġħ
ij
ĭġĩġĪ ‘
į
ŇřłIJĺIJİIJĺĶ
̹͉͘
ŅřœĴĸĶ
ŎġŏġŐ
Ķ
ķ
ŊůŴŦųŵ
ĬġʼnŰŵġŌŦź
ŕġŖ ŗ
Řġř Śġś
Ĺ
ŠġĽġĿ
ı
Ĵ
ʼnŰŵġŌŦź
őŢŴŵŦ
ŋġŌġō
ĵ
ĸ
ŅġņġŇ
łġŃġń
IJ
ńŰűź
ňġʼnġŊ
őġŒġœġŔ
ĺ
Ĭġīġİ
Į
ʼnłœŕΧϋΡΰσΡ
ĴĸĶ
ŇŊņōŅġńŐŎŎŖŏŊńłŕŐœ
L00-FMxxxxxx-14-00-06-en-008
HART 通信抵抗が供給装置に接続 さ れていない場合、 HART プ ロ ト コ ル通信が実行 さ れ ません。
必要な ら ば ≥ 250 Ω 通信抵抗を 2 線に接続す る 必要があ り ます。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
7
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
PROFIBUS PA でのシステム統合
最大 32 台の伝送器 (FISCO モデルに従い、 防爆エ リ ア (Ex ia IIC) に設置 さ れ る 場合は最大 10
台 と な り ます。) がバス に接続で き ます。 セグ メ ン ト カプ ラ ーが作動電圧を供給 し ます。 遠隔操作
と 同 じ よ う に機器本体での操作がで き ます。
ŇŪŦŭťńŢųŦ͂őųŰŧŪţŢųṯ̩͉̌͜
őųŰŧŪŤŢųťͬ๵̢̹
ΩȜΕ΢σ΋ϋάνȜΗ
őōń
ΓΈιϋΠ΃ίρȜ
őœŐŇŊŃŖŔ Ņő
ņŏŅœņŔŔġĬġʼnł ŖŔņœ
őœŐŇŊŃŖŔ őł
T
̷͈ఈ͈‫ܥ‬ෝ
ȪΨσή̈́̓ȫ
ུఘௌै
ΟͻΑίτͼ
κΐνȜσ
ŗŖĴĴIJ
΍ȜΫΑͺΘίΗ
• ŇřłijĺIJİŕŰŇͺΘίΗŇřłijĺIJ
ņŏŅœņŔŔġĬġʼnł ŖŔņœ
Ħ
–
Ĭ
ņ
ζͼ·υ
ΩͼυΛΠŎ
ŇŪŦŭťńŢųŦ
ίυΕΣΛ·Ŏ
τασέτΛ·ΑŎ
L00-FMxxxxxx-14-00-06-en-001
FOUNDATION Fieldbus でのシステム統合
最大 32 台の伝送器 (標準、 Ex em も し く は Ex d) がバ ス に接続で き ます。 Ex ia IIC 爆発防止で
は、 本質安全防爆回路 (EN 60079-14) を相互接続す る 際の最大伝送器数は、 適用で き る 規定 と
基準に基づいて決ま り ます。 こ れが本質的な安全性を示す も の と な り ます。 遠隔操作 と 同 じ よ う
に機器本体での操作がで き ます。 計測シ ス テ ムは下図の よ う にな り ます。
ControlCare
DeltaV
...
z.B.
NI-FBUS
configurator
FieldCommunicator375/
FC375
dsdmdm
df da
s.
asdasfa
asas .la
DELTABAR: * * * * * * * *
ONLINE
1 QUICK SETUP
2 OPERATING MENU
3 PV
4 SV
ͼȜ΍ΥΛΠ
HELP
352 mbar
0 °C
SAVE
9
Page
Up
Bksp
6
Delete
Page
On
#%&
ABC
3
Paste
Hot Key
JKL
4
MNO
5
6
Insert
+ Hot Key
TUV
W XY Z
8
7
DEF
2
1
Copy
GHI
PQRS
SPS
PLC
API
9
,()‘
_<>
+*/
.
0
-
375
FIELD COMMUNICATOR
ŇŇςϋ·
ഩ࡙
T
ΩχȜ΋ϋΟͻΏο΢Ȝ T
FOUNDATION Fieldbus
೏‫ܥح‬ෝ
ȪΨσή̈́̓ȫ
ུఘௌै
ΟͻΑίτͼ
κΐνȜσ
ŗŖĴĴIJ
ENDRESS + HAUSER
%
–
+
E
τασέτΛ·ΑġŎ
ζͼ·υ
ΩͼυΛΠŎ
ίυΕΣΛ·Ŏ
ŇřłijĺIJİŕŰŇ
ͺΘίΗŇřłijĺIJ
FieldCare
L00-FMxxxxxx-14-00-06-en-003
8
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
タンクゲージシステムへの統合
エン ド レ スハ ウ ザー社製の タ ン ク サ イ ド モニ タ NRF590 は、 レーダー、 ス ポ ッ ト /平均温度計、
ウ ォー タ デ ィ テ ク シ ョ ン用静電容量、 も し く は圧力セ ンサな ど のそれぞれ複数のセ ンサを備え た
タ ン ク ヤー ド のサ イ ト での通信の統合を可能に し ます。 タ ン ク サ イ ド モニ タ のマルチプルプ ロ ト
コ ルが既存のほ と ん ど の タ ン ク ゲージプ ロ ト コ ルへの持続性を保証 し ます。 オプシ ョ ンのアナ ロ
グ 4...20 mA セ ンサの接続、 デジ タ ル I/O、 アナ ロ グ出力でシ ンプルなセ ンサ統合を可能に し ま
す。 実証 さ れ る 本質安全防爆 HART バ ス を使用 し てのすべての タ ン ク ヤー ド での接続は、 配線
コ ス ト の激減を可能にす る と 同時に最大限の安全性、 信頼性 と デー タ の利用性が得 ら れます。
DCS
FieldCare
Ηϋ·Ϋΐοϋ
χȜ·ΑΞȜΏοϋ
΋ηνδΛ·Α
ŇřłIJĺIJİIJĺĶ
γΑΠςϋ·
τασέτΛ·ΑġŎ
ίυ΍Ȝκ
ʼnłœŕġ
T
ij஌
NXA820
TCP/IP
Ηϋ·
Α΅λ΢
NXA820
NXA820
ΟȜΗ
ਬ૞‫ܕ‬
Ηϋ·΍ͼΡ
κΣΗ
‫ݯރ‬ഩգȇ
IJķȤijĶĴġŗłń
գႁࠗ
L00-FMPxxxxx-14-00-06-en-004
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
9
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
フィールドゲートを介してのシステム統合
ベン ダーに よ る 在庫管理
フ ィ ール ド ゲー ト を使用 し て タ ン ク ま たはサ イ ロ の レベルを リ モー ト で知 る こ と に よ り 、 原材料
のサプ ラ イ ヤはその顧客に対 し て、 現在の必要供給量に関す る情報をいつで も 提供す る こ と がで
き ます。 例えば こ れを、 自社の生産計画な ど に利用す る こ と がで き ます。 フ ィ ール ド ゲー ト は設
定レベル限界値を モニ タ し 、必要であれば、次の供給を自動的に起動 し ます。 こ の場合のオプシ ョ
ンの範囲は、 e メ ールに よ る 単純な購入申 し 込みか ら 、 両者のプ ラ ン ニ ン グ シ ス テ ムに XML デー
タ を組み込む こ と に よ る 完全自動注文管理ま であ り ます。
測定機器の リ モー ト メ ン テナン ス
フ ィ ール ド ゲー ト は、 現在の測定値を伝送する だけではな く 、 必要に応 じ て、 待機 し てい る担当
要員に対 し て e メ ールや SMS に よ っ て通知を行い ます。 ア ラ ームが発生 し た場合、あ る いはルー
チンチ ェ ッ ク を実施 し た場合、 サービ ス技術者は接続 さ れてい る HART 装置を リ モー ト で診断
し 、 設定す る こ と がで き ます。 こ のために必要な も のは、 接続 さ れてい る 装置に対応す る HART
オペレーテ ィ ン グ ソ フ ト ウ ェ ア (例えば FieldCare な ど) だけです。 フ ィ ール ド ゲー ト は情報を
透過的に渡すため、 各オペ レ ーテ ィ ン グ ソ フ ト ウ ェ ア の全オプシ ョ ン を リ モー ト で利用で き ま
す。 一部のオンサ イ ト サービ ス作業は リ モー ト 診断 と リ モー ト コ ン フ ィ グ レーシ ョ ンの使用に よ
り 節約す る こ と がで き ます。
ςκȜΠκΣΗςϋΈ
ςκȜΠ୭೰İ૷౯
ʼnŕŕőΑ·ςίΠ
ŘŦţήρ;Ύ
…
ʼnłœŕ·ρͼͺϋΠͬ
̱ٚ̀ȇ
Į ŇŪŦŭťńŢųŦ
įįį
ņŏŅœņŔŔĬʼnłŖŔņœ
œŏġijijIJŏ
ͺ΢υΈ
ͼȜ΍ΥΛΠ
έͻȜσΡ ňŔŎ
ΊȜΠ
ŇřłĶijı
ņŏŅœņŔŔĬʼnłŖŔņœ
œŏġijijIJŏ
ΙλϋΥσIJ
ΙλϋΥσij
Ňřŏ Ķijı
ζσΙΡυΛί΋Υ·Η
ŇřŏĶijı
႕ȇijġŹġœŏijijIJŏĮŃġȤ
έͻȜσΡΊȜΠ ijıįįįĵĶ ŗ
Ņń
ŇřłĶijı
.
L00-FXA520xx-14-00-06-en-009
!
10
注意 !
マルチ ド ロ ッ プモー ド で接続で き る 機器の台数は "FieldNetCalc" プ ロ グ ラ ムで算出で き ます。 こ
のプ ロ グ ラ ムの詳細は技術仕様書 TI400F (マルチ ド ロ ッ プ コ ネ ク タ FXN520) を参照 し て く だ さ
い。 プ ロ グ ラ ムはエン ド レ スハ ウ ザーの イ ン タ ーネ ッ ト "www.de.endress.com → ダウンロード "
(テ キ ス ト 検索 = "Fieldnetcalc") か ら 入手で き ます。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
入力
計測値
計測値は測定規準点 (45 ページの図を参照) お よ び測定対象物表面 と の距離にな り ます。
空の距離 (E、 4 ページの図を参照) を入力 し た と 仮定 し て、 レベルが計算 さ れます。
ま た、 レベルは リ ニア ラ イ ゼーシ ョ ン (32 点) に よ っ て他の変数 (体積、 質量) に変換で き ます。
測定レンジ
レベル計測
以下の表では、 測定物 ク ラ ス の種類に よ る、 測定可能な測定レ ン ジについて説明 し ます。
測定レンジ
測定クラス
比誘電率
1
1.4 ~ 1.6
2
- 粉状のプ ラ ス チ ッ ク
- 白色石灰、 特殊セ メ ン ト
1.6 ~ 1.9
- 砂糖
3
1.9 ~ 2.5
4
2.5 ~ 4
5
4~7
6
>7
代表的な粉粒体
⎯
代表的な液体
- 濃縮ガ ス、 例えば N2、 CO2
-
プ ロ パン な ど の液化ガ ス
溶剤
フロン
パームオ イ ル
被覆のない金属
プローブ
PA コート
ローププローブ
4 m、 コ ア キ シ ャ ル
プ ロ ーブのみ
⎯
25 ~ 30 m
12.5 ~ 15 m
30 ~ 35 m
⎯
- ポル ト ラ ン ド セ メ ン ト 、
石膏
- 鉱油、 燃料
- 細粉
⎯
⎯
15 ~ 25 m
- 穀類、 種
⎯
⎯
25 ~ 30 m
- 砂利
- 砂
- ベンゼン、 ス チ レ ン、 ト ルエ ン
- フラン
- ナフ タ リ ン
35 m
25 ~ 30 m
- 自然の湿気を含んだ (砂
利) 石、 鉱石
- 塩
- ク ロ ロ ベンゼン、 ク ロ ロ ホルム
- セル ロ ース ス プ レー
- イ ソ シ ア ン酸塩、 ア ニ リ ン
35 m
35 m
- 金属粉
- カーボ ンブ ラ ッ ク
- 粉末石炭
- 水溶液
- アル コ ール
- ア ン モニ ア
35 m
35 m
非常に粗い粒体 も し く は粗い粉体には低位の ク ラ ス がそれぞれ適用 さ れます。
!
以下の場合、 最大測定可能な測定レ ン ジが減少 さ れます。
• 非常に粗い粒体表面。 例えばエアー圧送で使用 さ れ る 非常にか さ 密度の低い粒体。
• 特に湿っ た測定対象物の付着。
注意 !
ア ン モニアは拡散速度の高い物質であ る ため、 こ の媒体での測定にはガ ス タ イ ト フ ィ ール ド スル
を備えた FMP45 の使用をお勧め し ます。
界面計
界面計測の測定レ ン ジは 10 m に制限 さ れてい ます。 それ以上の測定レ ン ジが必要な場合はお問
い合わせ く だ さ い。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
11
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
不感知距離
上部不感知距離 (= UB) は、 測定の基準点 (フ ラ ン ジの取付部分) か ら 最大レベルま での最小距
離 と な り ます。
プ ロ ーブの最下位部では正確な測定はで き ません。 20 ページの性能特性を参照 し て く だ さ い。
௶೰‫ܖ‬੔ത
ŖŃ
IJııĦ
डఱijıġŮ
ņ
ōŏ
Ň
໦ၗΟͻΑίτͼ
Ňʼnř ĵı
Ň ľ
ņ ľ
ŖŃ ľ
ōŏ ľ
Ń ľ
ΑΩϋȪྖΗϋ͈‫ݻ‬ၗȫ
ߗ͈‫ݻ‬ၗ
ષ໐ະۜ౶‫ݻ‬ၗ
ίυȜήಿ
Ηϋ·͈༃࿂̥͈ͣ
ίυȜή͈ड઀‫ݻ‬ၗ
ıĦ
Ń
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-006
測定基準点に関 し ては 45 ページ を ご覧 く だ さ い。
不感知距離および測定レンジ:
FMP40
LN [m]
最小
1
ローププローブ
使用される周波数
スペクトル
12
最大
最小
1)
0.2 2)
35
6 mm ロッドプローブ
0.3
2
0.212)
16 mm ロッドプローブ
0.3
4
0.212)
コアキシャルプローブ
0.3
4
0
1)
要求に応 じ て広範囲の測定レ ン ジ を使用で き ます。
2)
各不感知距離はプ リ セ ッ ト 済み。 DC > 7 の媒体の場合は、 ロ ッ ド プ ロ ーブお よ び ロ ーププ ロ ーブの上
部不感知距離 UB を 0.1 m ま で減少 さ せ る こ と が可能です。 上部不感知距離は手動で入力で き ます。
FMP40(界面)
!
UB [m]
LN [m]
UB [m]
最小
最大
最小
コアキシャルプローブ
0.3
4
0
16 mm ロッドプローブ(外筒管内)
0.3
4
0.1
1)
6 mm ロッドプローブ(外筒管内)
0.3
2
0.1
1)
ローププローブ(フリーフィールド)2)
0.3
103)
0.1
1)
1)
各不感知距離はプ リ セ ッ ト 済み。 上部不感知距離は手動で入力で き ます。
2)
要求に応 じ て フ リ ーフ ィ ール ド で測定で き ます。
3)
要求に応 じ て広範囲の測定レ ン ジ を使用で き ます。
注意 !
不感知距離以内では、 信頼性のあ る測定は保証 さ れません。
100 MHz ~ 1.5 GHz
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
出力
出力信号
• HART プ ロ ト コ ルで 4 ~ 20 mA
• PROFIBUS PA:
- 信号 コ ーデ ィ ン グ : Manchester Bus Powered (MBP); Manchester II
- デー タ 転送レー ト : 31.25 KBit/ 秒、 電圧モー ド
• FOUNDATION Fieldbus (H1):
- 信号 コ ーデ ィ ン グ : Manchester Bus Powered (MBP)、 Manchester II
- デー タ 転送レー ト : 31.25 KBit/ 秒、 電圧モー ド
アラーム信号
障害情報は次の イ ン タ ーフ ェ イ ス を介 し て得 る こ と がで き ます。
• 本体の表示デ ィ ス プ レ イ :
- エ ラ ー記号
- シ ンプルなテ キ ス ト 表示
• 電流値、 フ ェ ールセーフ モー ド を選択で き ます (例えば NAMUR 推奨基準 NE 43 に従 う )。
• デジ タ ル イ ン タ ーフ ェ イ ス
リニアライゼーション
レベルフ レ ッ ク ス M の リ ニア ラ イ ズ機能を使用すれば、 測定値の単位を希望す る単位 (長 さ ま た
は体積、 質量ま たはパーセ ン テージ値) に変換で き ま す。 枕型 タ ン ク 内の体積計算については、
事前にプ ロ グ ラ ム さ れた リ ニア ラ イ ズテーブルが用意 さ れてい ます。 こ の他に も 、最大 32 ペアの
値を手動 も し く は半自動でテーブルを入力す る こ と も で き ます。 リ ニ ア ラ イ ズテーブルの作成に
は、 特に FieldCare を使用す る と 便利です。
FOUNDATION Fieldbus
インターフェイスの
データ
基本データ
デバ イ ス タ イ プ
1012 (16 進 )
デバ イ ス リ ビ ィ ジ ョ ン
04 (16 進 )
DD リ ビ ィ ジ ョ ン
02 (16 進 )
CFF リ ビ ィ ジ ョ ン
02 (16 進 )
ITK バージ ョ ン
4.61
ITK 承認 ド ラ イ バナンバ
www.endress.com / www.fieldbus.org
リ ン ク マ ス タ (LAS) 機能
可
リ ン ク マ ス タ / 基本デバ イ ス選択
可能 ; デフ ォ ル ト : 基本デバ イ ス
VCR 番号
24
リ ン ク 番号 - VFD オブジ ェ ク ト
24
仮想通信リファレンス (VCRs)
永続エン ト リ
1
ク ラ イ ア ン ト VCR
0
サーバ VCR
24
ソ ース VCR
23
シ ン ク VCR
0
引用者 VCR
23
発行者 VCR
23
リンク設定
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
ス ロ ッ ト 時間
4
最小内部 PDU 遅延
6
最大応答遅延
10
13
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
トランスデューサーブロック
ブロック
内容
出力値
セ ンサ
ブロ ッ ク
計測に関す る 全てのパ ラ メ ー タ を含む
• レベル ま たは体積1)
( チ ャ ン ネル 1)
• 距離 ( チ ャ ン ネル 2)
診断ブ ロ ッ ク
診断情報を含む
出力値な し
表示ブ ロ ッ ク
ロ ーカルデ ィ ス プ レ イ 構成パ ラ メ ー タ を含む
出力値な し
1) 各セ ンサブ ロ ッ ク の構成に よ る
機能ブロック
ブロック
内容
リ ソ ース
ブロ ッ ク
リ ソ ース ブ ロ ッ ク はフ ィ ール ド デバ イ ス を定義す る
全てのデー タ を含みます。 こ れは電子化 さ れたデバ
イ ス銘板です。
拡張
AI ブ ロ ッ ク 1
AI ブ ロ ッ ク はチ ャ ン ネル番号で ト ラ ン スデ ュ ーサブ 30 ms
ロ ッ ク か ら の入力デー タ を選択 し 、 その情報を他の
30 ms
機能ブ ロ ッ ク に出力 と し て提供 し ます。
標準
PID ブ ロ ッ ク
PID ブ ロ ッ ク は PID コ ン ト ロ ー ラ と し て動作 し 、 主
にカ ス ケー ド お よ びフ ィ ー ド フ ォ ワ ー ド 接続 さ れた
フ ィ ール ド 機器の閉ループ制御に使用 さ れます。
80 ms
標準
演算ブ ロ ッ ク
こ のブ ロ ッ ク は一般的な計測値の計算に使用す る た
めに設計 さ れてい ます。 ユーザは方程式の記述につ
いての知識は必要あ り ません。 計算アルゴ リ ズ ム
は、 ユーザに よ っ て あ ら か じ め定義 さ れた計算機能
を選択す る こ と で実施 さ れます。
50 ms
標準
入力切換
ブロ ッ ク
入力切換ブ ロ ッ ク は最大 4 入力ま での切換が可能
で、 構成 さ れた動作に基づいた出力を生成 し ます。
こ のブ ロ ッ ク は通常 AI ブ ロ ッ ク か ら の入力を受け
取 り ます。 こ のブ ロ ッ ク では最大、 最小、 中間、 平
均、 お よ び最初の良い信号を選択 し ます。
30 ms
標準
信号特性
ブロ ッ ク
信号特性ブ ロ ッ ク は 2 つのセ ク シ ョ ン を備え、 それ
ぞれの入力に対 し て非線形な出力がで き ます。 非線
形機能は 21 個の任意 x-y ペアで作成 さ れ る 信号
ル ッ ク ア ッ プテーブルで定義 さ れます。
40 ms
標準
積算ブ ロ ッ ク
積算機能ブ ロ ッ ク はパル ス入力ブ ロ ッ ク か ら の時間
ま たはカ ウ ン ト 積算の機能 と し て値を積算 し ます。
ブ ロ ッ ク は リ セ ッ ト ま で を カ ウ ン ト す る 積算計 と し
て、 ま たはセ ッ ト ポ イ ン ト を持っ たバ ッ チ積算計 と
し て動作 し 、 カ ウ ン ト し た値を プ リ ト リ ッ プ ま たは
ト リ ッ プ設定の値 と 比較 し 、 設定値にな る と デ ィ ス
ク リ ー ト 信号を出力 し ます。
60 ms
標準
AI ブ ロ ッ ク 2
14
実行時間
機能
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
外部電力
電気接続
端子室
3 種類のハ ウ ジ ン グがあ り ます。
• アル ミ ニ ウ ムハ ウ ジ ン グ F12、 シール ド さ れた端子室
- 標準
- Ex ia
- 粉塵防爆
• アル ミ ニ ウ ムハ ウ ジ ン グ T12、 独立端子室
- 標準
- Ex e
- Ex d
- Ex ia ( 過電圧保護回路付 )
- 粉塵防爆
• ス テ ン レ ス ス チール 1.4435/316L ハ ウ ジ ン グ F23
- 標準
- Ex ia
- 粉塵防爆
設置後は表示デ ィ ス プ レ イ 端子室へのア ク セ ス が容易に行え る よ う 、 ハ ウ ジ ン グは 350° 回転可
能です。
ŕIJijΧ;ΐϋΈ
ŇIJijΧ;ΐϋΈ
ŇijĴΧ;ΐϋΈ
IJ ij Ĵ ĵ
IJ ij Ĵ ĵ
IJ ij Ĵ ĵ
ΏȜσΡ̯̹ͦ
౤ঊ৒
L00-FMR2xxxx-04-00-00-en-019
グランド接続
EMC 安全対策のためにグ ラ ン ド 端子をハ ウ ジ ン グの外に接続 し て良好な グ ラ ン ド 状態を保っ て
く だ さ い。
ケーブルグランド
タイプ
標準、 Ex ia, IS プ ラ ス チ ッ ク M20x1.5
Ex em、 Ex nA
端子
金属 M20x1.5
クランピング領域
5 ~ 10 mm
7 ~ 10.5 mm
ケーブルの断面積が 0.5 ~ 2.5 mm2
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
15
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
端子の割当
2 線、4 ~ 20mA + HART
4 線、4 ~ 20mA + アクティブ HART
ഩ࡙
̻̥༷֚̓ͣ
Ņń
łń İ Ņń
ນা‫ܕ‬Ȃτ΋Ȝ
ΘȜȂőńŔ
ഩ࡙
΋ηνδΛ·Α
ŇřłIJĺIJİIJĺĶ
ŇŪŦŭťġńŰŮŮŶůŪŤŢŵŰųġĴĸĶ
೒૞೷ࢯ
ĩĿ ijĶı ϮƀĪ
̻̥༷֚̓ͣ
΋ηνδΛ·Α
ŇřłIJĺIJİIJĺĶ
ŇŪŦŭťġńŰŮŮŶĮ
ůŪŤŢŵŰųġĴĸĶ
೒૞೷ࢯ
ĩĿ ijĶı ƀϮĪ
ĵįįįijıŮł
ĵįįįijı Ůł
ΞΑΠΕΉΛΠ
ĩ૞࣢ഩၠ͈ΞΑΠဥĪ
1 2 3 4
ōĮ ōĬ ŊĬ
ίρϋΠ
୪౷ΏΑΞθ͒
5 6
ŊĬ
ŊĮ
ōIJİōĬ ŏİōĮ
ŊĮ
L00-FMxxxxxx-04-00-00-en-015
!
ίρϋΠ
୪౷ΏΑΞθ͒
1 2
L00-FMxxxxxx-04-00-00-en-011
注意 !
4 線式が防爆アプリケーションに使用される場合Ă電流出力は本質安全となります。
接続ケーブルは、 端子室のネジ端子に接続 し ます。
ケーブルの仕様
• アナ ロ グ信号だけ を使用する 場合には、 標準的な取付ケーブルで十分です。 重畳的な通信信号
(HART) を扱 う 場合には、 シール ド 付 き ケーブルを使用 し て く だ さ い。
!
注意 !
• タ ン ク サ イ ド モニ タ NRF590 への接続については、 TI402F/00/en を ご覧 く だ さ い。
• 逆極性、 RFI、 過電圧ピー ク に対す る 保護電子回路が機器に組み込 ま れてい ます (関連参照項
目 : 技術仕様書 TI241F の 「EMC テ ス ト 手順」)。
PROFIBUS PA
デジ タ ル通信信号は、 2 線接続を介 し てバ ス に
伝送 さ れます。 バ ス自体 も 補助電源を備え てい
ます。
ネ ッ ト ワー ク 構造お よ び接地に関す る詳細や、
バス ケーブルな ど と いっ た他のバス シ ス テ ム
コ ン ポーネ ン ト に関す る 詳細は、 関連文書、
た と えば取扱説明書 BA034S の 「PROFIBUS
DP/PA の計画 ・ 運用に関す る ガ イ ド ラ イ ン」
や PNO ガ イ ド ラ イ ン な ど を ご覧 く だ さ い。
ケーブルの仕様
• シール ド 付 き の 2 芯ツ イ ス ト ペア ケーブル、
で き ればケーブル タ イ プ A を使用 し て く だ
さ い。
1 2 3 4
– +
ίρϋΠ
୪౷ΏΑΞθ͒
L00-FMxxxxxx-04-00-00-en-022
!
注意 !
ケーブルの仕様に関す る 詳細は、 取扱説明書 BA034S の PNO ガ イ ド ラ イ ン 2.092 の 「PROFIBUS
DP/PA の計画 ・ 運用に関す る ガ イ ド ラ イ ン」、 「PROFIBUS PA 設置ガ イ ド ラ イ ン」 お よ び IEC
61158-2 (MBP) を ご覧 く だ さ い。
16
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
FOUNDATION Fieldbus
デジ タ ル通信信号は、 2 線接続を介 し てバ ス に
伝送 さ れます。 バ ス自体 も 補助電源を備え てい
ます。
ネ ッ ト ワー ク 構造および接地に関する詳細や、
バス ケーブルな ど と いっ た他のバス シ ス テ ム
コ ンポーネン ト に関する詳細は、 関連文書、 た
と えば取扱説明書 BA013S の 「FOUNDATION
Fieldbus の概要」 や FOUNDATION Fieldbus ガ
イ ド ラ イ ン な ど を ご覧 く だ さ い。
ケーブルの仕様
• シール ド 付 き の 2 芯ツ イ ス ト ペア ケーブル、
で き ればケーブル タ イ プ A を使用 し て く だ
さ い。
1 2 3 4
– +
ίρϋΠ
୪౷ΏΑΞθ͒
L00-FMxxxxxx-04-00-00-en-022
!
注意 !
ケーブルの仕様に関する 詳細は、 取扱説明書 BA013S の 「FOUNDATION Fieldbus の概要」 や
FOUNDATION Fieldbus ガ イ ド ラ イ ン、 お よ び IEC61158-2 (MBP) を ご覧 く だ さ い。
Fieldbus プラグコネクター
Fieldbus プ ラ グ コ ネ ク タ ー (M12 ま たは 7/8") に よ っ てはハ ウ ジ ン グ を開けずに信号線を接続で
き ます。
M12 プラグコネクター(PROFIBUS PA プラグ)のピン配列
1
3
2
+ 4
–
ピン
意味
1
グランド
2
+ 信号
3
nc
4
- 信号
接続 し ない
L00-FMxxxxxx-04-00-00-yy-016
7/8" プラグコネクター(FOUNDATION Fieldbus プラグ)のピン配列
ピン
1
1
– 3
2
+ 4
nc
意味
- 信号
2
+ 信号
3
接続 し ない
4
グランド
L00-FMxxxxxx-04-00-00-yy-017
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
17
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
HART 通信の抵抗
HART 通信用の最小抵抗 : 250 Ω
供給電圧
HART、2 線
以下の値が機器本体の端子間電圧 と な り ます。
通信
端子間電圧
消費電流
HART
最小
最大
4 mA
16 V
36 V
20 mA
7.5 V
36 V
4 mA
16 V
30 V
20 mA
7.5 V
30 V
標準
Ex ia
固定電流、 電流調整
(例えば ソ ー ラ ー電源
操作) (HART に よ っ
て測定値が伝送 さ れて
い る 場合)
HART マルチ ド ロ ッ プ
モー ド での固定電流
1)
Ex em
Ex d
4 mA
16 V
30 V
20 mA
11 V
30 V
標準
11 mA
10 V
36 V
Ex ia
11 mA
10 V
30 V
標準
4 mA1)
16 V
36 V
Ex ia
4 mA1)
16 V
30 V
電源起動時は 11mA を出力 (消費) し ます。
HART 残留 リ ッ プル、 2 線 : Uss ≤ 200 mV
HART、4 線、アクティブ
バージョン
電圧
最大負荷抵抗
DC
10.5 ~ 32 V
600 Ω
AC、 50/60 Hz
90 ~ 253 V
600 Ω
HART 残留 リ ッ プル、 4 線、 DC バージ ョ ン : Uss ≤ 2 V、
許容電圧 (10.5 ~ 32 V) においての リ ッ プルを含む電圧。
PROFIBUS PA および FOUNDATION Fieldbus
供給電圧
9 V ~ 32 V
開始電圧
9V
1)
1)
防爆仕様の機器では制限があ る 場合があ り ます。 セーフ テ ィ イ ン ス ト ラ ク シ ョ ン (XA) を参照 し て く
だ さ い。
電線口
ケーブルグ ラ ン ド : M20x1.5 (Ex d : 電線口)
電線口 : G ½" も し く は ½" NPT
PROFIBUS PA M12 プ ラ グ
Fieldbus Foundation 7/8" プ ラ グ
消費電力
最小 60 mW、 最大 900 mW
18
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
消費電流
HART
3.6 ~ 22 mA。 HART マルチ ド ロ ッ プの場合は、 電源起動時に 11 mA を消費 し ます。
PROFIBUS PA
最大 11 mA
FOUNDATION Fieldbus
FISCO
過電圧保護
基本電流
15 mA
起動電流
≤ 15 mA
エ ラ ー電流
0 mA
FISCO/FNICO
コ ンプ ラ イ ア ン ト
あり
極性感度
なし
Ui
17,5 V
Ii
500 mA; 過電圧保護回路付では 273 mA
Pi
5,5 W; 過電圧保護回路付では 1.2 W
Ci
5 nF
Li
0.01 mH
可燃性の液体の レベル計測のために計測装置を使用す る 際に、 DIN EN 60079-14、 テ ス ト 手順の
基準 60060-1 (10 kA、 パルス 8/20 μs) に従っ て過電圧保護を行 う 必要があ る場合、 下記に従 う
必要があ り ます。
• T12 ハ ウ ジ ン グ内で過電圧保護 (600 V ガ ス放出チ ュ ーブ) 実装の計測装置を使用す る 場合は、
55 ページの注文情報、 製品概要を参照 し ます。
もしくは
• 適切な対策を講 じ る と (外部保護装置、 例えば HAW262Z) こ の過電圧保護が得 ら れます。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
19
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
性能特性
•
•
•
•
リファレンス作動条件
温度 = +20 ℃ ± 5 ℃
圧力 = 101.3 MPa abs. ± 2 MPa
湿度 = 65 % ± 20%
反射フ ァ ク タ ≥ 0.8 ( コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブの場合は水の表面、 ロ ッ ド プ ロ ーブお よ び ロ ープ
プ ロ ーブの場合は、 最低 1 m ∅ の金属板)
• ロ ッ ド プ ロ ーブお よ び ロ ーププ ロ ーブの フ ラ ン ジは ≥ 30 cm∅
• 障害物ま での距離 ≥ 1 m
• 界面計測の場合 :
- コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ
- 下部測定物の DC = 80 (水)
- 上部測定物の DC = 2 (オ イ ル)
最大計測誤差
リ フ ァ レ ン ス条件下の標準デー タ : DIN EN 61298-2、 スパンの % 値
出力:
デジタル
アナログ
非 リ ニア リ テ ィ , 非再現
性 , ヒ ス テ リ シ ス の合計
レベル(電子部型レベルと界面計測用エレクトロニク
ス):
- 測定レ ン ジ : 10 m ま で : ± 3 mm
- 測定レ ン ジ >10 m : ± 0.03 %
± 0.06 %
PA コ ー ト さ れた ロ ーププ ロ ーブ :
- 測定レ ン ジ : 5 m ま で : ± 5 mm
- 測定レ ン ジ > 5 m : ± 0.1 %
界面(界面計測用エレクトロニクス "K" の場合のみ)
:
- 測定レ ン ジ : 10 m ま で : ± 10 mm
界面の厚 さ <60 mm の場合、 両出力信号が等 し く な
る ので、 全体の レベル と 区別で き ません。
オフセ ッ ト / ゼロ
± 4 mm
± 0.03 %
リ フ ァ レ ン ス条件に満た ない場合、 ロ ープやプ ロ ーブのマ ウ ン ト 状態に よ る オ フ セ ッ ト / ゼ ロ 点
は最大 ± 12 mm と な り ます。 こ の追加オ フ セ ッ ト / ゼ ロ 点は設定中にオ フ セ ッ ト 機能 (057) に
よ り 補正 さ れます。
レベル付近での追加計測誤差(電子部型レベルと界面計測):
υΛΡίυȜή̤͍͢΋ͺ΅ΏλσίυȜή
υȜίίυȜή
Ĺı
Ĺı
ķı
Ņńġľġij
ĵı
๱ςΣͺςΞͻĭġ๱ठ࡛଻ĭ
ġΪΑΞςΏΑ͈ࣣࠗŜŮŮŞ
๱ςΣͺςΞͻĭġ๱ठ࡛଻ĭ
ġΪΑΞςΏΑ͈ࣣࠗŜŮŮŞ
ķı
ŅńġĿġĸ
ijı
ı
Įijı
Įĵı
Įķı
ŅńġĿġĸ
ĵı
ijı
ı
Įijı
Įĵı
Įķı
ĮĹı
ĮĹı
ı
Ķı
IJıı
IJĶı
ijıı
ijĶı
Ĵıı
ίυȜήਞ౤̥͈ͣ‫ݻ‬ၗŜŮŮŞ
L00-FMP4xxxx-05-00-00-en-001
ıġ
Ķıġ
IJııġ
IJĶıġ
ijııġ
ijĶıġ
Ĵıı
ίυȜήਞ౤̥͈ͣ‫ݻ‬ၗŜŮŮŞ
L00-FMP4xxxx-05-00-00-en-002
ロ ーププ ロ ーブで比誘電率が 7 以下では、 ウ エ イ ト (プ ロ ーブ終端か ら 0 ~ 250 mm、 下部不感
知距離) 付近での測定はで き ません。
20
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
界面層が薄い場合の追加測定誤差(界面計測用エレクトロニクス "K" の場合のみ)
:
υΛΡίυȜήȪ႕ȫ΋ͺ΅ΏλσίυȜῄ͜ခ࢘
±Ķı
डఱࠗ௶ࢋओŜŮŮŞ
±ĵı
±Ĵı
‫ئ‬໐
௶೰໤
̭͈ႀ֖͈
௶೰͉ະ‫خ‬ෝ
ષ໐
௶೰໤
±ijı
±IJı
ı
ijıı
ķı
ષ໐௶೰໤͈࢚̯ŜŮŮŞ
ı
‫ٮ‬࿂
L00-FMP4xIxx-05-00-00-en-001
分解能
• デジ タ ル : 1 mm
• アナ ロ グ : 測定レ ン ジに対 し 0.03%
応答時間
応答時間は設定に よ っ て異な り ます。
最短時間 :
• 2 線式 タ イ プ : 1 秒
• 4 線式 タ イ プ : 0.7 秒
機器周辺温度の影響
測定は、 EN 61298-3 に従っ て実施 さ れてい ます。 :
• デジ タ ル出力 (HART、 PROFIBUS PA、 FOUNDATION Fieldbus) :
- FMP40
温度レ ン ジ全域 (-40 ℃~ +80 ℃) に渡っ て平均 TK : 0.6 mm/10 K、 最大 ± 3.5 mm
2 線式:
• 電流出力 (ス パン 16mA に対 し ての追加誤差)
- ゼロ点(4 mA)
温度レ ン ジ全域 (-40 ℃~ +80 ℃) に渡っ て平均 TK : 0.032 %/10 K、 最大 0.35 %
- スパン(20 mA)
温度レ ン ジ全域 (-40 ℃~ +80 ℃) に渡っ て平均 TK : 0.05 %/10 K、 最大 0.5 %
4 線式:
• 電流出力 (ス パン 16mA に対 し ての追加誤差)
- ゼロ点(4 mA)
温度レ ン ジ全域 (-40 ℃~ +80 ℃) に渡っ て平均 TK : 0.02 %/10 K、 最大 0.29 %
- スパン(20 mA)
温度レ ン ジ全域 (-40 ℃~ +80 ℃) に渡っ て平均 TK : 0.06 %/10 K、 最大 0.89%
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
21
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
動作条件 : レ ベル計測の設置
レベル計測の設置説明
プローブの選定(6 ~ 7 ページを参照)
• 基本的に、粉粒体には ロ ーププ ロ ーブ を使用 し ます。 ロ ッ ド プ ロ ーブの使用が適 し てい る のは、
測定レ ン ジの短い (お よ そ 2 m ま での) 粉粒体に限 ら れます。 特に、 プ ロ ーブを一定の角度を
付けて斜めに取 り 付け る よ う な場合や、 軽量の粉粒体を流 し 込む よ う な用途には ロ ーププ ロ ー
ブの使用が推奨 さ れます。
• 基本的に、液体計測には ロ ッ ド ま たは コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ を使用 し ます。液体測定において、
測定レ ン ジが 4m を超え る場合や上部の空間が狭 く 、 ま っすぐ固定 さ れたプ ロ ーブを使用で き
ない場合は ロ ーププ ロ ーブ を ご使用 く だ さ い。
• コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブは粘度約 500 cst ま での液体に適 し てい ます。
誘電率 1.4 のほ と ん ど の液化ガ ス を計測で き ます。 コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブを使用す る 場合は、ノ
ズルや タ ン ク の内部金具な ど の設置条件が計測に影響する こ と はあ り ません。 コ ア キ シ ャ ルプ
ロ ーブ をプ ラ ス チ ッ ク タ ン ク で使 う 場合は、 EMC 防爆に最大の効果があ り ます。
• 大 き なサ イ ロ で ロ ープ横応力が高い場合、 プ ラ ス チ ッ ク 製 ロ ープ を推奨 し ます。 小麦や小麦粉
な ど の穀物には PA コ ー ト さ れた ロ ープ を推奨 し ます。
取付位置
• 充填口には取 り 付けないで く だ さ い (2)。
ロ ッ ド およ びロ ーププロ ーブは、 壁際に充填
物が堆積し ても 壁面(B) から 最低 100 mm の
距離を 維持でき る よ う な位置に取り 付けてく
ださ い。
ロ ッ ド お よ び ロ ーププ ロ ーブは、 内部構造
物か ら 出来 る 限 り 離れた位置に取 り 付けて
く だ さ い。 300 mm 未満の距離であ る 場合に
は、 運用時に 「マ ッ ピ ン グ」 を行 う 必要が
あ り ます。
• ロ ッ ド お よ び ロ ーププ ロ ーブ をプ ラ ス チ ッ
ク コ ン テナに取 り 付け る 場合には、 コ ン テ
ナの外側にあ る 金属部か ら も 最低 300 mm の
距離を と っ て く だ さ い。
• ロ ッ ド お よ び ロ ーププ ロ ーブは、 金属コ ン
テナの壁面や床底 と 接触する よ う な こ と が
あ っ てはな り ません。
• プ ロ ーブの終端 と サ イ ロ の底か ら の最低距
離 (C) は以下です。
- ロ ープ : 150 mm
- ロ ッ ド : 50 mm
- コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ : 10 mm
• 屋外に設置す る 場合は、 日 よ け カバー (1)
を付けて く だ さ い (" ア ク セサ リ " 59 ペー
ジ)。
• ロ ーププ ロ ーブは、 取付時や運用時に (例
えば、 内容物がサ イ ロ 壁に当た る こ と よ っ
て) 折れ曲が る こ と のない よ う に適切な位
置に取 り 付けて く だ さ い。
22
1
2
B
C
L00-FMP4xxxx-17-00-00-xx-003
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
その他の設置
• 内部構造物 (5) (例えば リ ミ ッ ト ス イ ッ チ、
支柱な ど) ま での距離が、 動作中はプ ロ ー
ブ全長に渡っ て 300 mm 以上にな る よ う に設
置位置を選択 し て く だ さ い。
• プ ロ ーブは測定スパン内になければな ら な
く 、 なおかつ動作中にプ ロ ーブが内部構造
物に触れてはな り ません。 必要に応 じ て、
ロ ーププ ロ ーブ を使用す る と き は、 プ ロ ー
プの終端 (4) を、 確実に固定 し て く だ さ い
(26 ページ)。
5
活用できるオプション
• 不要反射の除去機能 : 不要反射の除去機能
を使用す る こ と に よ り 計測を最高の状態に
近づけ る こ と がで き ます。
4
L00-FMP4xxxx-17-00-00-xx-008
分離型プローブ
上部の空間が狭い場合は、 分離型プ ロ ーブ
(∅16 mm) の使用をお勧め し ます。
• 最大プ ロ ーブ長 : 10 m
• 横方向の最大応力 : 20 Nm
• 分離型プ ロ ーブは以下の長 さ を単位 と し て、
複数を組合わせて使用する こ と がで き ます。
- 500 mm
- 1000 mm
• ト ル ク : 15 Nm
L00-FMP4xxxx-17-00-00-xx-015
プローブ先端のセンタリング
プ ロ ーブの先端にセ ン タ リ ン グデ ィ ス ク を取
り 付け る こ と に よ り 、 信頼で き る 計測が可能
です。
" 注文情報 " 55 ページ を参照 し て く だ さ い。
• ロ ッ ド プ ロ ーブ用セ ン タ リ ン グデ ィ ス :
- d = 45 mm (DN50/2" + DN65/2 1/2")
- d = 75 mm (DN80/3" + DN100/4")
Ø d
೿ັ̫Πσ·
25 Nm ± 5 Nm
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-068
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
23
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
プローブの取付タイプ
• プ ロ ーブは、 ネジ接続ま たはフ ラ ン ジに よ っ てプ ロ セ ス接続に取 り 付け、 プ ロ ーブの固定 も 通
常 こ う し た も のを使っ て行い ます。 こ の取付時にプ ロ ーブの終端が大 き く 移動 し て タ ン ク の床
底や コ ーンに接触す る 危険があ る 場合は、 必要に応 じ てプ ロ ーブを短 く し て固定 し なければな
り ません。 ロ ーププ ロ ーブ を固定す る 最 も 簡単な方法は、 ウ ェ イ ト の下端にあ る 内ネジにネジ
留めする こ と です。 ネジのサ イ ズについては、 26 ページ を参照 し て く だ さ い。
• 理想的な設置は、 コ ン テナの天井内側 と 同一面上にあ る ネジ留め さ れた接合部やね じ 込み式の
ス リ ーブに取 り 付け る こ と です。
• ノ ズルに取 り 付け る 場合、 その ノ ズルは、直径 50 ~ 150 mm、高 さ 150 mm 以下の も のでなけれ
ばな り ま せん。 こ れ以外の寸法の ノ ズルについては、 取付ア ダプ タ が用意 さ れてい ま す (36
ページ)。
ဣ୪ΕΉΛΠ́୭౾
ΦΒσඤͅ୭౾
Ľ IJĶıġŮŮ
ΦΒσ͈ೄࠂȇĽġIJĶıġŮŮ
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-017
"
24
プローブのタンクへの溶接
警告 !
プ ロ ーブ を タ ン ク へ溶接す る前に、 低抵抗接続でアース接地 し なければな り ません。 こ れが不可
能な場合は、 電子機器お よ び HF モジ ュ ールを外 し て く だ さ い。 そ う し なければ、 電子機器が損
傷す る 恐れがあ り ます。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
粉粒体での特記事項
• 粉粒体の場合は、 摩耗を防止する ため、 で
き る 限 り 充填口か ら 離 し て く だ さ い。
• コ ン ク リ ー ト サ イ ロ では、 壁 と の間隔 (B)
は約 1 m 以上、 最小で も 0.5m に し て く だ さ
い。
• ロ ーププ ロ ーブは取扱いに注意 し 、 ロ ープ
が折れ曲が ら ない よ う に し て く だ さ い。 で
き ればサ イ ロ が空の状態で設置 し て く だ さ
い。
• プ ロ ーブに故障がないか を定期的に確認 し
て く だ さ い。
B
L00-FMP4xxxx-17-00-00-xx-005
コンクリートサイロへの設置
例えば厚い コ ン ク リ ー ト 天井での設置は、 下の縁 と 同 じ 高 さ に し なければな り ません。 あ る いは
プ ロ ーブは、 サ イ ロ の天井の下の縁か ら 突き 出ていないパ イ プ内に設置する こ と も で き ます。 パ
イ プはで き る だけ短 く し て く だ さ い。 推奨す る設置方法については図を ご覧 く だ さ い。
ɆIJıı ŮŮ
߄௺
ɆIJıı ŮŮ
߄௺Ωͼί
Ø ĹıįįįIJĶı ŮŮ
΀·ΑΞϋΏοϋ
υΛΡġİġΓϋΗ
ςϋΈȪͺ·Γ΍ς
४ચȫ
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-008
エ ク ス テ ン シ ョ ン ロ ッ ド / セ ン タ リ ン グ ワ ッ シ ャ (ア ク セサ リ ) 取付時の注意 :
激 し い粉塵が発生す る こ と で、 セ ン タ リ ン グ ワ ッ シ ャ の裏側に粉体が付着す る こ と があ り ます。
こ れは干渉信号の原因 と な り ます。 その他の設置方法の可能性についてはエン ド レ スハ ウ ザー
にお問い合わせ く だ さ い。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
25
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
ローププローブの固定
• プ ロ ーブがサ イ ロ の壁、 コ ーン も し く はそ
の他の部分に触れない よ う に、 あ る いはプ
ロ ーブが コ ン ク リ ー ト 壁か ら 0.5 m 以内に近
づ き 過ぎない よ う に、 プ ロ ーブの終端を保
護す る 必要があ り ます。 ウ ェ イ ト 内部に内
ね じ があ る のは、 こ のための物です。
- 4 mm ロ ープ用 : M14
- 6 mm ロ ープ用 : M20
• ロ ーププ ロ ーブ を固定する 場合、 坑張力が
強 く な る ので 6 mm の ロ ーププ ロ ーブ を使用
し て く だ さ い。
• 固定はアース接地を確実に行 う か、 あ る い
は絶縁体を確実に巻 き つけ る かのど ち ら か
の方法で固定 し て く だ さ い (ア ク セサ リ を
参照)。 プ ロ ーブの ウ ェ イ ト を安全にアース
接地 さ れた接続で取 り 付け る こ と がで き な
い場合は、 ア ク セサ リ と し て用意 さ れた絶
縁 リ ン グ を使用 し て固定 し て く だ さ い (65
ページ)。
• 坑張負荷が高 く な り 過ぎない よ う にする た
めに、 ま た ロ ープが切れ る 危険性を避け る
ために、 ロ ープはゆ る い状態に し て く だ さ
い。 ロ ープの中心でた る みが ロ ープ長の
1cm/m 以上にな る よ う に、 必要な測定レ ン
ジ よ り も ロ ープ を長 く し て く だ さ い。
૞ှ଻͈̞ࣞȂͺȜΑ୪౷̯̹ͦ৾ັ
υȜί͈̹͙ͥȇ
υȜίಿ͈IJŤŮİŮոષ
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-019
૞ှ଻͈̞ࣞȂ୲‫̫ັ̹̯ͤ৾ͦ׻‬
୲‫׻‬ΑςȜή
ĩͺ·Γ΍ς४ચĪ
৾ັ̤͍͢
δσΠ͈͂
୪ത
ĵŮŮυȜίȇŎIJĵ
ķŮŮυȜίȇŎijı
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-027
26
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
側面からの設置
• 上部か ら の設置が不可能な場合は、 レベル
フ レ ッ ク ス を側面か ら 取 り 付け る こ と がで
き ます。
• こ の よ う な場合は、 必ず ロ ーププ ロ ーブ を
固定 し て く だ さ い ( ロ ーププ ロ ーブの固定
を参照)。
• 横方向の耐負荷が高 く な り 過ぎ る 場合は、
ロ ッ ド プ ロ ーブお よ びコ ア キ シ ャ ルプ ロ ー
ブを使用 し て終端を支え て く だ さ い (6 ~ 7
ページの表参照)。 ロ ッ ド プ ロ ーブは、 プ
ロ ーブの終端でのみ固定 し て く だ さ い。
"
Ø
16
m
m
Ø
警告 !
ス リ ーブ を溶接する 際は、 電子機器が損傷す
る 恐れがあ る ため、 こ れを取 り 外すか、 ま た
はアース接地 し て く だ さ い。
6
<2
m
m
Ø 17...18 mm
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-035
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
27
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
ロープへの負荷
粉粒体は、 次の要因に よ り 、 高 さ を増やすにつれ ロ ーププ ロ ーブの引張力に影響を及ぼ し ま す
(最大許容値については 6 ~ 7 ページ を参照 し て く だ さ い)。
• プ ロ ーブの長 さ 、 すなわち最大カバー さ れ る 部分の長 さ
• 測定対象物のか さ 密度
• サ イ ロ の直径
• プ ロ ーブ ロ ープの直径
参照値 と し て代表的な粉粒体におけ る張力を下図に示 し ます。 以下の条件下での計算値です。
• 垂直に吊 り 下げ ら れたプ ロ ーブ (プ ロ ーブ終端は タ ン ク 底面に固定 し ない)
• 質流量な ど の流通粉粒体。 中心流量は計算不可。 破壊 コーニ ス では最大負荷がかか る と 考え ら
れます。
• 引張力は通常の粉粒体の変動レ ン ジ を補正す る安全係数 2 を含んでい ます。
IJĹ
ĴĶ
IJķ
ijı
IJĶ
ijı
IJı
IJIJ
IJı
ĺ
Ĺ
IJij
ĸ
IJı
ķ
ġ
Ĵı
֨ಫႁȂķġŮŮυȜίġŜŬŏŞ
ijĶ
IJij
ες΀ΙτϋβτΛΠ
‫௺߄̥̈́ͣڲ‬ୋ͈΍ͼυ༃
΍ͼυೄࠂIJijġŮ
΍ͼυೄࠂĺġŮ
΍ͼυೄࠂķġŮ
΍ͼυೄࠂĴġŮ
IJĵ
Ĵı
ĵı
ġ
֨ಫႁȂķġŮŮυȜίġŜŬŏŞ
Ķı
ĵı
Ĺ
Ķ
ĵ
ķ
Ĵ
ĵ
IJı
֨ಫႁȂĵġŮŮυȜίġŜŬŏŞ
߾ग
‫௺߄̥̈́ͣڲ‬ୋ͈΍ͼυ༃
΍ͼυೄࠂIJijġŮ
΍ͼυೄࠂĺġŮ
΍ͼυೄࠂķġŮ
΍ͼυೄࠂĴġŮ
֨ಫႁȂĵġŮŮυȜίġŜŬŏŞ
ķı
ij
ı
ı
Ķ
IJı
IJĶ
ġ
ijı
ijĶ
Ĵı
Ķ
ij
ı
ı
ĴĶ
IJ
ı
ı
Ķ
IJı
τασġŜŮŞ
IJĶ
ġ
ijı
ijĶ
Ĵı
ĴĶ
τασġŜŮŞ
L00-FMP40xxx-05-00-00-en-007
L00-FMP40xxx-05-00-00-en-008
ġ
IJĵ
ijı
ġ
IJij
IJĶ
IJı
Ĺ
IJı
ķ
ĵ
Ķ
Ĵı
ĵı
ijĶ
Ĵı
ijı
ġ
IJķ
ĴĶ
IJĶ
ijı
IJı
ġ֨ಫႁȂĵġŮŮυȜίġŜŬŏŞ
IJĹ
ijĶ
֨ಫႁȂķġŮŮυȜίġŜŬŏŞ
Ķı
ijı
֨ಫႁȂķġŮŮυȜίġŜŬŏŞ
Ĵı
ĵı
ΓιϋΠ
‫௺߄̥̈́ͣڲ‬ୋ͈΍ͼυ༃
΍ͼυೄࠂIJijġŮ
΍ͼυೄࠂĺġŮ
΍ͼυೄࠂķġŮ
΍ͼυೄࠂĴġŮ
ijij
ġ֨ಫႁȂĵġŮŮυȜίġŜŬŏŞ
ĴĶ
ķı
ijĵ
઀พ
‫௺߄̥̈́ͣڲ‬ୋ͈΍ͼυ༃
΍ͼυೄࠂIJijġŮ
΍ͼυೄࠂĺġŮ
΍ͼυೄࠂķġŮ
΍ͼυೄࠂĴġŮ
IJı
Ķ
ij
ı
ı
ı
Ķ
IJı
IJĶ
ġ
ijı
ijĶ
Ĵı
ĴĶ
ı
ı
Ķ
IJı
IJĶ
ġ
ijı
ijĶ
Ĵı
ĴĶ
τασġŜŮŞ
τασġŜŮŞ
L00-FMP40xxx-05-00-00-en-006
28
ı
L00-FMP40xxx-05-00-00-en-005
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
引長力は測定対象物の動粘度に強 く 依存す る ため、 粘着性の対象物や コーニ ス拡張の リ ス ク があ
る 場合には安全係数を大 き く し て く だ さ い。
危険性があ る 場合には 4 mm ロ ープ よ り も 6 mm ロ ープを使用 し て く だ さ い。
同 じ 力がサ イ ロ の天面に も 作用 し ます。
固定 さ れた ロ ープ上では、 引張力は明 ら かに大き く な り ますが、 こ れは理論的に計算で き る も の
ではあ り ません。
プ ロ ーブの引張力を観測 し て、 それが超過 し ていない こ と を確認 し て く だ さ い (6 ~ 7 ページの
表参照)。
引張力を減少 さ せ る オプシ ョ ン
• プ ロ ーブの長 さ を短 く する
• 最大引張負荷を超え る 場合には非接触セ ンサの超音波ま たは レーダーを ご検討 く だ さ い。
液体の場合の特記事項
• 撹拌 タ ン ク に取 り 付け る 場合、 特に撹拌に よ り プ ロ ーブに大 き な機械的負荷がかか る 場合は、
(超音波やレーダーな ど の) 非接触型プ ロ セ ス の利用が適 し ていないか検討 し て く だ さ い。
• ただ し 、 レベルフ レ ッ ク ス を攪拌機付き の タ ン ク に取 り 付け る 場合は、 横方向の応力耐量の高
い コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブの使用を推奨 し ます (6 ~ 7 ページ)。 さ ら に、 コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ
は振れ対策をする こ と が可能です (32 ページ)。
標準の設置
測定対象物の粘性が < 500 cst、 かつ測定対象物が付着 し ない場合は、 コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブを ご
使用 く だ さ い。
• よ り 高い信頼性 :
比誘電率 =1.4 の場合、 測定機能はあ ら ゆ る 液体の電気特性の影響を受け ません。
• タ ン ク お よ び ノ ズル内の構造物は測定には影響あ り ません。
• ロ ッ ド プ ロ ーブ よ り も 横方向の耐負荷が高 く な り ます。
• 粘性が高い場合は、 ロ ッ ド プ ロ ーブ を ご使用 く だ さ い。 ま たは非接触レベルレーダー方式のマ
イ ク ロ パ イ ロ ッ ト M を ご使用 く だ さ い。
枕型タンクおよび縦型タンクへの設置
• 測定レ ン ジに よ り 、 以下の タ イ プのプ ロ ー
ブを使用 し て く だ さ い。
- 4 m ま で : ロ ッ ド プ ロ ーブ (1) ま たは コ ア
キ シ ャ ルプ ロ ーブ (2)
- 10 m ま で : 分離型プ ロ ーブ
- 10 m 以上 : 4mm ロ ーププ ロ ーブ
• 粉粒体の場合 と 同 じ 取付お よ び固定方法に
従っ て く だ さ い。
• 接触す る よ う な こ と がない限 り 、 壁面 と の
距離は任意です。
• 内部構造物の多い タ ン ク 、 ま たは内部構造
物がプ ロ ーブの近 く にあ る タ ン ク に取 り 付
け る 場合には、 コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ を使
用 し て く だ さ い。
1
2
L00-FMP4xxxx-17-00-00-yy-021
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
29
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
地下タンクでの設置
• 直径の大 き い ノ ズルの地下 タ ン ク へは、 ノ
ズル壁面での反射を防ぐ ため コ ア キ シ ャ ル
プ ロ ーブ を使用 し て く だ さ い。
L00-FMP4xxxx-17-00-00-yy-022
腐食性の液体の測定
内筒管または外筒管への取り付け
ロ ッ ド プ ロ ーブは直径 40 mm 以上のパ イ プに
取 り 付け る こ と がで き ます。
• 内径 150 mm 以内の金属パ イ プに ロ ッ ド プ
ロ ーブ を取 り 付け る 場合、 コ ア キ シ ャ ルプ
ロ ーブの使用が推奨 さ れます。
• 半田付け接合部分が内側へ突き 出 し ていて
も 、 約 5 mm ま でであれば、 測定に影響はあ
り ません。
• ロ ッ ド プ ロ ーブ を使用する 場合は、 プ ロ ー
ブの長 さ は下側の排出口 よ り も 100 mm 長 く
なければな り ません。
• プ ロ ーブ と 壁が接触 し ていない こ と を確認
す る 必要があ り ます。 必要であれば、 プ ロ ー
ブの終端でセ ン タ リ ン グデ ィ ス ク を使用 し
て く だ さ い。 (57 ページ " プ ロ ーブ型 ")
ड઀
IJııġŮŮ
腐食性の液体の場合、 レベルフ レ ッ ク ス M FMP41C を ご使用 く だ さ い。 プ ラ ス チ ッ ク タ ン ク の場
合には、 タ ン ク 外側にプ ロ ーブ を取 り 付け る こ と も で き ます (31 ページのプ ラ ス チ ッ ク コ ン テナ
への設置を参照)。 レベルフ レ ッ ク ス はプ ラ ス チ ッ ク の タ ン ク 壁を通 し て測定 し ます。
L00-FMP4xxxx-17-00-00-yy-023
30
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
プラスチックコンテナへの設置
ガ イ ド レーダーでは計測原理的にプ ロ セ ス接続部において金属面が必要です。
サ イ ロ カバーがプ ラ ス チ ッ ク 製 も し く は木製の カバーでで き てい る サ イ ロ にプ ロ ーブ を設置す
る 場合は、 プ ロ ーブは ≥ JIS50A の金属フ ラ ン ジに取 り 付け る か、 も し く は ≥ 200 mm の直径の金
属プ レー ト も し く はネジ フ ラ ン ジ等を取 り 付けなければな り ません。
߄௺ΏȜΠ̹͉͘߄௺έρϋΐ
ίρΑΙΛ·ୋ̹͉͘
࿐ୋ͈΍ͼυσȜέ
߄௺ΏȜΠ̹͉͘߄௺έρϋΐ
༃࿂͉ňŇŌİőő
Ľ IJĶ ŮŮ
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-018
• 液体の測定では タ ン ク 壁面の外側にプ ロ ーブ を取 り 付け る こ と も で き ます。 こ の場合、 測定物
に接触す る こ と な く 、 タ ン ク 壁を通 し て測定で き ます。 プ ロ ーブ取付位置付近では測定への影
響を防ぐ ために、 直径約 200 mm のプ ラ ス チ ッ ク 製ハーフパ イ プ ま たは同等の保護ユニ ッ ト を
プ ロ ーブ外部に付けて く だ さ い。
• タ ン ク 保護用の金属製強化 リ ン グは取 り 付けないで く だ さ い。
• 壁面はフ ァ イ バー強化プ ラ ス チ ッ ク /PP < 15 mm に し て く だ さ い。
• タ ン ク 壁 と プ ロ ーブの間に隙間をつ く ら ないで く だ さ い。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
31
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
振れ対策のためのプローブ支持
WHG ま たは Ex 認定用 :
長 さ 3 m 以上のプ ロ ーブには支持が必要です (図参照)。
GL/ABS 認定用 :
1 m 以下の ∅ 16 mm ロ ッ ド プ ロ ーブは許容 さ れますが、 ∅ 6 mm の ロ ッ ド プ ロ ーブは許容 さ れま
せん。
長 さ 1 m 以上の コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブには支持が必要です (図参照)。
a.
ロ ッ ド プ ロ ーブ
ίυȜήυΛΡ
#
υΛΡ͂ΑςȜή̦͂ഩ‫ܨ‬എͅ‫ږ‬৘ͅ୪૘
̧̠́ͥ͢Ȃ͈ࠪࠂ͉ఱ̵̧̨̳͉̀̈́ͤͭ͘ȃ
࿩ 50 mm
ౣ̞߄௺Ωͼί
႕ȇဣ୪́ࡥ೰
Ø 17...18 mm
Ø <26 mm
#
ΑςȜήͬဣ୪̧̳͉ͥ͂Ȃ
ίυȜήͬͺȜΑ୪౷̱̩̺̯̞̀ȃ
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-055
b.
コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-054
32
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
動作条件 : 界面計測の設置
界面計測の設置説明
界面計測用エ レ ク ト ロ ニ ク ス (" 電源供給、 出力 " 機能) 仕様の レベルフ レ ッ ク ス は界面計測に
最適です。 HART 以外の イ ン タ ーフ ェ イ ス での界面測定には、 総レベルが一定であれば特殊仕様
で対応で き ます。 特殊仕様についてはお問い合わせ く だ さ い。
" 界面 " 用エレクトロニクス
L00-FMP4xxxx-15-00-00-xx-001
特殊
L00-FMP4xxxx-15-00-00-xx-002
機能
• 界面 と 総レベルが変化す る 場合の
測定
• 複数の出力パ ラ メ ー タ を指定可能
• 拡張界面機能
総レベルが一定の場合の界面測定
設定
機器本体表示デ ィ ス プ レ イ ま たは
DTM に よ る 界面 メ ニ ュ ーガ イ ド
特殊設定、 変更情報 SV0107 参照
デジ タ ル通信
HART
PROFIBUS PA、 FOUNDATION Fieldbus
注文情報
FMP40 - #### ### K ####
FMP40 - #### ### D ###Y (PROFIBUS PA)
FMP40 - #### ### F ###Y (FOUNDATION
Fieldbus)
Y = 要求に応 じ て入手可能な特殊型
界面計測では、 次に条件を遵守す る必要があ り ます。
• 上部測定物の比誘電率は既知であ り 、一定でなければな り ません。 比誘電率マニ ュ アル SD106F
に よ り 、 比誘電率を決め る こ と がで き ます。 界面の厚 さ が既知の場合は、 FieldCare に よ り 比誘
電率を自動的に計算で き ます。
• 上部測定物の比誘電率は 10 を超え てはいけ ません。
• 上部測定物 と 下部測定物の比誘電率の誤差は >10 でなければな り ません。
• 界面の最小厚 さ は 60 mm (界面計測用エ レ ク ト ロ ニ ク ス) ま たは 100 mm (特殊型) でなければ
な り ません。
• 界面付近のエマルジ ョ ン層は信号を大幅に弱め ますが、 50 mm ま でのエマルジ ョ ン層ま では測
定が可能です。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
33
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
界面用エレクトロニクス:
" 界面 " 用エ レ ク ト ロ ニ ク ス の装置は、 総レベル と 界面レベルを同時に計測で き ます。 HART プ
ロ ト コ ルの動的変数を使用す る と 、 複数の測定値で出力で き ます。 こ のプ ロ セ ス変数は、 動的変
数 (1 次の値、 2 次の値、 3 次の値、 4 次の値) に自由に割 り 当てで き ます。
HART プロトコルの動的 プロセス変数の割り当て
変数
コメント
1 次の値
• 界面
• 総レベル
• 上位層の厚 さ
"1 次の値 " は 4...20mA 電流出力
に割 り 当て ら れます。
2 次の値
• 界面
• 総レベル
• 上位層の厚 さ
—
3 次の値
•
•
•
•
—
4 次の値
界面レベル信号の振幅
界面
総レベル
上位層の厚 さ
総レベル信号の振幅
変数割当てな し
HART ループコンバータ HMX50 の使用:
HART プ ロ ト コ ルの動的変数は、HART ループ コ ンバー タ HMX50 を使用 し てそれぞれ 4 ~ 20 mA
に変換で き ます。 HMX50 では、 変数は電流出力に割 り 当て ら れ、 測定レ ン ジは個々のパ ラ メ ー タ
に割 り 当て ら れます。
τασέτΛ·ΑġŎ
ʼnłœŕ
ഩ࡙
වႁ
ĬIJ
Ĭij
Į Ĵ
ςτȜIJ
IJı
IJIJ
IJij
ςτȜij
ĵ
Ķ
ķ
ʼnłœŕσȜί΋ϋΨȜΗʼnŎřĶı
IJķ
IJĸ
IJĹ
ഩၠ੄ႁ౵IJ
ŔŵųŰŮŢŶŴŨŢůŨ
IJ
ĸ
Ĺ
ĺ
ഩၠ੄ႁ౵ij
ŔŵųŰŮŢŶŴŨŢůŨ
ij
IJĴ
IJĵ
ഩ࡙
IJĶ
ഩၠ੄ႁ౵Ĵ
ŔŵųŰŮŢŶŴŨŢůŨ
Ĵ
IJĺ
ijı
ijIJ
ijij ijĴ ijĵ
΋ηνδΛ·Α
ŇřłIJĺIJİIJĺĶ
ʼnłœŕ
ijĵŗ Ņń
L00-FMP40xIx-04-00-00-en-004
HART ループ コ ンバー タ HMX50 の接続図 (例 : 受動 2 線装置 と 電流出力 (電源 と し て接続))
HART ループ コ ンバー タ HMX50 はオーダー番号 71063562 で入手で き ます。
関連 ド キ ュ メ ン ト : TI429F と BA371F
34
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
プローブの選定(6 ~ 7 ページを参照)
• 界面計測では、 コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ も し く は ロ ッ ド プ ロ ーブが外筒管や内筒管に使われ ま
す。
• コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブは粘度約 500 cst ま での液体に適 し てい ます。 誘電率 1.4 以上のほ と ん ど
の液化ガ ス を計測で き ます。 コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ を使用する 場合は、 ノ ズルや タ ン ク の内部
金具な ど の設置条件が計測に影響す る こ と はあ り ません。 コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ をプ ラ ス チ ッ
ク タ ン ク で使 う 場合は、 EMC 防爆に最大の効果があ り ます。
• 要求に応 じ て ロ ッ ド プ ロ ーブ も し く は ロ ーププ ロ ーブ を タ ン ク 内に設置で き ます。 タ ン ク 内フ
リ ー設置用の ロ ーププ ロ ーブは、必ず特殊製品 MVTFN0203 ま たは MVT6N0186 に準拠す る ロ ッ
ド ウ ェ イ ト と 合わせて使用 し て く だ さ い。 界面計測中に端末ウ ェ イ ト が干渉反射を招 く こ と が
あ る ので、 ロ ーププ ロ ーブ を外筒管/内筒管で使用 し てはいけ ません。
界面計測の詳細設置説明
枕型タンク、縦タンク、地下タンクへの設置
• 外筒管/内筒管には コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ も し く は ロ ッ ド プ ロ ーブ を使用 し て く だ さ い。 測定
レ ン ジが長い特殊バージ ョ ン と し て分離型プ ロ ーブ を使用で き ます。
• 内筒管に コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ も し く は ロ ッ ド プ ロ ーブ を使用す る場合は、 壁か ら の距離は限
定 さ れません。 ロ ッ ド プ ロ ーブの場合、 プ ロ ーブ と 壁が接触 し ない よ う に設置す る必要があ り
ます。
内筒管または外筒管への取り付け
• パ イ プ直径が 40 mm 以上では ロ ッ ド プ ロ ーブ
を使用す る こ と がで き ます。
• ロ ッ ド プ ロ ーブは、 直径 100 mm ま で設置可
能です。 直径が大 き い場合は、 コ ア キ シ ャ ル
プ ロ ーブをお使い く だ さ い。
• 接合部分が内側へ突き出し ていて も 、 約 5 mm
ま でであれば、 測定に影響はあ り ません。
• パ イ プの直径は指定 さ れてい ません。
• ロ ッ ド プ ロ ーブ を使用する 場合は、 プ ロ ー
ブの長 さ は下側の排出口 よ り も 100 mm 長 く
なければな り ません。
• ロ ッ ド プ ロ ーブの場合、 プ ロ ーブ と 壁が接
触 し ない よ う に設置する 必要があ り ます。 必
要であれば、 プ ロ ーブの終端でセ ン タ リ ン
グデ ィ ス ク を使用 し て く だ さ い。
!
注意 !
界面計測にはプ ラ ス チ ッ ク 製のセ ン タ リ ン
グデ ィ ス ク を使用 し て く だ さ い (61 ページ
のア ク セサ リ 参照)。
ड઀ 100 mm
L00-FMP4xIxx-17-00-00-xx-002
L00-FMP4xIxx-17-00-00-xx-003
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
35
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
動作条件 : 特殊な設置状況の設置説明
プローブ長
測定レ ン ジはプ ロ ーブの長 さ に よ っ て異な り ます。
プ ロ ーブは必要に応 じ て短 く で き る ので、 短いプ ロ ーブ よ り 長いプ ロ ーブ を注文 し て く だ さ い。
ロ ッ ド ウ ェ イ ト を 使用す る ロ ーププ ロ ーブの場合、 プ ロ ーブ終端 ウ ェ イ ト で短 く で き る のは、
MVT6N0186 に準拠する 特殊製品が使用 さ れてい る 場合のみです。変更情報 MI0079 も 参照 し て く
だ さ い。 なお、 ロ ッ ド の取 り 外 し はエン ド レ スハ ウ ザーのサービ ス員のみが可能です。
150 mm 以上の高さの
ノズルの取付
150 mm 以上の ノ ズル高があ る JIS 40 ~ 250A
ノ ズルにプ ロ ーブ を設置する 場合、 タ ン ク 内
を移動す る 測定物に よ り プ ロ ーブが ノ ズル下
部の縁に触れて し ま う こ と があ る ため、 セ ン
タ リ ン グデ ィ ス ク の有無にかかわ ら ずエ ク ス
テ ン シ ョ ン ロ ッ ド の使用を推奨 し てい ます。
こ のア ク セサ リ は、 ノ ズル高に対応す る エ ク
ス テ ン シ ョ ン ロ ッ ド か ら 構成 さ れてい ます。
ノ ズルが狭い場合、 あ る いは粉粒体で作動す
る 場合には、 セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク を こ の上
に取 り 付け ます。 こ の コ ン ポーネ ン ト は、 装
置 と は別に納入 さ れます。 プ ロ ーブ長を こ れ
に応 じ て短めに注文 し て く だ さ い。 ロ ッ ド の
正確な長 さ については 64 ページの " エ ク ス テ
ン シ ョ ン ロ ッ ド / セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク " を
参照 し て く だ さ い。
特別な ノ ズル呼び口径お よ び高 さ のオーダー
コ ー ド は 64 ページ を ご覧 く だ さ い。
デ ィ ス ク の上部にあ る ノ ズル部に付着物があ
ま り ない場合は、 直径の小 さ い (JIS 40A お よ
び JIS 50A) セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク のみを使用
し て く だ さ い。 ノ ズルに測定対象物が詰ま ら
ない よ う に し て く だ さ い。
JIS200A、JIS250A ノズル
の取付
ŋŊŔġĶıł
ŋŊŔġĹıł
ŋŊŔġIJĶıł
ŋŊŔġijııł
ŋŊŔġijĶıł
ΦΒσࣞ
ŋŊŔġijııł̤͍͢ŋŊŔġijĶıł͈
ાࣣγȜϋͺΘίΗ͂໵ဥ
߄௺Ωͼί͈̯͉ࣞ
ड೩ࡠͅဲ̢̭ͥ͂
#
ΓϋΗςϋΈΟͻΑ·ġ
őőŔġĮġňŇĵı
΀·ΑΞϋΏοϋυΛΡ
¾ģ ဥ͉̱̈́
υΛΡίυȜήဥ͉̮௖౴̩̺̯̞
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-025
200 mm 以上の ノ ズルに レベルフ レ ッ ク ス を設
置す る 場合は、 不要信号が ノ ズル壁での反射
に よ っ て発生 し ます。 こ れは し ば し ば小 さ い
比誘電率の測定対象物の測定を失敗に導 く 原
因 と な り ます。
し たがっ て 200 mm も し く は 250 mm の ノ ズル
直径では、 「ホーン ア ダプ タ フ ラ ン ジ」 を適用
し て く だ さ い。
呼び口径が JIS250A よ り 大き い ノ ズルには使
用 し ないで く だ さ い。
ロ ーププ ロ ーブが強 く 曲が る 場合には、 さ ら
にエ ク ス テ ン シ ョ ン ロ ッ ド / セ ン タ リ ン グ
HMP40 を使用 し て く だ さ い。
204 mm
DN 200 (8")
DN 250 (10")
डఱ
~150 mm
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-026
36
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
≥ JIS300A ノズルへの取付
≥ 300mm ノ ズルでの設置が避け ら れない場合
は、 右図に従っ て設置 し て く だ さ い。
Ωͼί
Ø IJĶıȡIJĹı
ΦΒσ‫ئ‬౤
ίτȜΠ
ΦΒσ‫ئ‬౤͕͖͂
໹࿂ȪȾġĶıġŮŮȫ
ΦΒσࠂ
ίτȜΠࠂ
ŋŊŔġĴııł
ijĹı
ĿġŋŊŔġĵııł
Ŀ ĴĶı
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-034
断熱材を使用する場合の
設置
• 熱放射、熱対流に よ る電子部の過熱を防ぐ ため、プ ロ セ ス温度が高い場合には FMP40 を タ ン ク
断熱部に設置 し て く だ さ い。
• 断熱材は図の "MAX" と 示 し た位置を超え ない よ う に し て く だ さ い。
アダプタ G ¾、G 1½、¾ NPT、1½ NPT との
プロセス接続
フランジ JIS 40 ~ 200A とのプロセス接続
Ηϋ·౯෎ऺ
Ŏłř
ĵı
Ŏłř
Ηϋ·౯෎ऺ
डఱ IJĶı°ġń
डఱ IJĶı°ġń
L00-FMP40xxx-17-00-00-en-003
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
L00-FMP40xxx-17-00-00-en-002
37
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
υȜίίυȜ
ή
斜めの取付
• 機械的理由に よ り 、 プ ロ ーブはで き る だけ
液面 と 垂直に取 り 付けて く だ さ い。
• 斜めに取 り 付け る 場合、 設置角度に よ っ て
プ ロ ーブの長 さ を調整 し なければな り ませ
ん。
- 最大 1 m = 30°
- 最大 2 m = 10°
- 最大 4 m = 5°
৾ͤັ̫‫ڙ‬ഽ
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-048
プロセス接続とのアクセ
スが困難な場合の設置
非常に狭い スペース も し く は図 (41 ページ を参照) で表示 さ れてい る以上の温度の場合、 デ ィ ス
タ ン ス ス リ ーブ も し く は接続ケーブル (電子部分離型) を備え た電子ハ ウ ジ ン グ を注文で き ます。
ディスタンススリーブによる設置
22 ページの設置に関す る 指示に従っ て く だ さ
い。
400
• 設置後は表示デ ィ ス プ レ イ 端子室へのア ク
セ ス が容易に行え る よ う 、 ハ ウ ジ ン グは
350° 回転可能です。
• 最大測定レ ン ジは 34 m ま で縮小 さ れます。
Ø 60.3
Ø 76
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-014
38
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
電子部分離型での設置
• 22 ページの設置に関す る指示に従っ て く だ さ い。
• 図の よ う に壁 も し く はパ イ プ (必要に応 じ て縦ま たは横) にハ ウ ジ ン グ を取 り 付けて く だ さ い。
65
78
150
ENDRESS+HAUSER
Levelflex M
150
Ø 129
༃
85
1
88
123
52
1
88
4 x Ø 8.5
1.3
Ø 129
ENDRESS+HAUSER
Levelflex M
≥7
5
Ωͼί
2
Ø2
78
150
65
2765
94
260
85
1
80
96
डఱ 80
ड઀ 30
ಕփ
ड઀ެ̬฼ࠂ
52
1
Ø 76
94
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-015
!
注意 !
保護ホース は、 こ れ ら の箇所 (1) では、 分解で き ません。
プ ロ ーブ と 電子部 と を結ぶ接続回線 (2) の周囲温度は最大 105 ℃にな り ます。
電子部分離型の場合は、 プ ロ ーブ、 接続ケーブル、 お よ びハ ウ ジ ン グで構成 さ れてい ます。 完成
品一式で注文の場合は、 組み立て ら れた状態で納品 さ れます。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
39
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
既存バイパスチャンバの
ディスプレーサからの
更新
レベルフ レ ッ ク ス M は、バ イ パ ス チ ャ ンバにあ る従来のデ ィ ス プ レーサシ ス テ ム を容易に交換で
き ます。 エン ド レ スハ ウ ザー社では、 規格の DIN と ANS フ ラ ン ジの他に、 Fischer や Masoneilan
バ イ パ ス チ ャ ンバ (特殊製品) に適 し た フ ラ ン ジ も 用意 し てい ます。 レベルフ レ ッ ク ス M の メ
ニ ュ ーガ イ ド 操作を利用す る と 、 短時間で設定が可能です。 部分的に液が充填 さ れていれば交換
も で き ます。 その際に ウ ェ ッ ト 校正は不要です。
利点 :
• 可動部品な し 、 保守作業は不要です。
• 温度、 密度、 液面の波立ちや振動な ど の影響を受け ません。
• ロ ッ ド プ ロ ーブ を簡単に縮めた り 、交換で き ます。 本体機器でプ ロ ーブを簡単に調整で き ます。
ΨͼΩΑΙλϋΨ͈έρϋΐ
L00-FMP4xIxx-17-00-00-en-002
更新計画の指針 :
• 通常、 ロ ッ ド プ ロ ーブ を使用 し ます。 150 mm ま での金属バ イ パ ス チ ャ ンバに設置す る 場合、 コ
ア キ シ ャ ルプ ロ ーブの利点を最大限利用で き ます (6 ~ 7 ページのプ ロ ーブの選定を参照)。
• プ ロ ーブ と 壁が接触 し ていない こ と を確認す る必要があ り ます。 必要な場合は、 プ ロ ーブの下
部終端でセ ン タ リ ン グデ ィ ス ク を使用 し ます (57 ページ " プ ロ ーブ型 ")。
• セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク のバ イ パス チ ャ ンバ内径を出来 る だけ正確に適応 さ せ、 プ ロ ーブ終端の
操作を確実に行 う 必要があ り ます。
界面計測の追加情報
• パ イ プの直径は指定 さ れてい ま せん。 必要な場合は コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ を使用 し て く だ さ
い。
• ロ ッ ド プ ロ ーブの場合、 プ ロ ーブ と 壁が接触 し ない よ う に設置す る必要があ り ます。 必要であ
れば、 プ ロ ーブの終端でセ ン タ リ ン グデ ィ ス ク を使用 し て く だ さ い。
!
40
注意 !
界面計測にはプ ラ ス チ ッ ク 製のセ ン タ リ ン グデ ィ ス ク を使用 し て く だ さ い (61 ページのア ク セサ
リ 参照)。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
動作条件 / 機器周囲環境
機器周囲温度
電子部の周囲温度 : -40 ℃~ +80 ℃
機能上 LCD デ ィ ス プ レ イ は TA<-20 ℃お よ び TA>+60 ℃内では使用で き ません。
屋外での測定には機器を直射日光か ら 守 る ため日 よ けカバーを ご使用 く だ さ い。
限界周囲温度
プ ロ セ ス接続部の温度が 80 ℃以上の場合は、 ハ ウ ジ ン グ周囲の許容温度は、 次の図に従っ て下
が り ます (温度デ ィ レーテ ィ ン グ)。
डఱਔս‫أ‬ഽ
ŕġŜ°ńŞ
Ĺı
Ĺıġ°ńġ໦ၗΧ;ΐϋΈ
͈ાࣣ
ĸĶġ°ńġΟͻΑΗϋΑ
ΑςȜή͈ાࣣ
ķı
ķĶġ°ńġດ੔֚ఘ߿ŇIJijİŕIJij
Χ;ΐϋΈ͈ાࣣ
ĵı
ķıġ°ńġດ੔֚ఘ߿ŇijĴ
Χ;ΐϋΈ͈ાࣣ
ı
Įĵı
Įĵı
ı
Ķı
Ĺı
IJıı
IJĶı ŕġŜ°ńŞ
डఱίυΓΑ୪௽໐‫أ‬ഽ
L00-FMP40xxx-05-00-00-en-001
保存温度
-40 ℃~ +80 ℃
気候クラス
DIN EN 60068-2-38
(テ ス ト Z/AD)
保護等級
• ハ ウ ジ ン グ密閉時 :
- IP68、 NEMA6P (水面下 1.83 m で 24 時間)
- IP66、 NEMA4X
• ハ ウ ジ ン グ開放時 : IP20、 NEMA1 (デ ィ ス プ レ イ は保護)
"
警告 !
IP68 NEMA6P の保護等級は、 PROFIBUS ケーブルが接続 さ れてい る M12 PROFIBUS PA プ ラ グに
適用 さ れます。
耐振動性
DIN EN 60068-2-64 / IEC 68-2-64: 20 ~ 2000 Hz、 1 (m/s2)2/Hz
プローブの洗浄
アプ リ ケーシ ョ ンに よ っ ては、 汚れや付着物がプ ロ ーブに堆積 し ます。 堆積が、 薄 く 、 均一な場
合は、 測定への影響 も 少 し です。 厚い場合は、 信号が減衰 し 、 測定レ ン ジが減少 し ます。 かな り
の厚み、 不均一な付着、 結晶化 し てい る場合な どは、 誤っ た測定結果を も た ら し ます。 こ の よ う
な場合、 非接触型の測定方法を採用する か、 定期的にプ ロ ーブの付着物を検査 さ れ る こ と を推奨
いた し ます。
電磁適合性(EMC)
EN 61326 お よ び NAMUR 推奨基準 EMC (NE21) に従 う 電磁適合性。 詳細は 「適合性の宣言」 に
記 し て あ り ます。
ア ナ ロ グ 信号だ け を 使用す る 場合には標準的な取付 ケ ーブルで十分です。 重畳的な通信信号
(HART) を扱 う 場合には、 シール ド 付 き ケーブルを使用 し て く だ さ い。
金属 タ ン ク お よ び コ ン ク リ ー ト タ ン ク にプ ロ ーブ を設置す る場合、 あ る いは コ ア キ シ ャ ルプ ロ ー
ブ を使用す る 場合
• 干渉波の放出は EN 61326 - x シ リ ーズに従 う : electrical equipment Class B
• 干渉波の適合性は EN 61326 - x シ リ ーズに従 う :工業分野お よ び NAMUR 推奨基準 NE 21(EMC)
の必要条件
ロ ッ ド と プ ロ ーブが、 シール ド / 金属壁がな く (例 : プ ラ ス チ ッ ク 製や木製)、 強い磁場が存在
す る 環境に設置 さ れてい る場合、 測定値は影響を受け る こ と があ り ます。
• 干渉波の放出は EN 61326 - x シ リ ーズに従 う : electrical equipment Class A
• 干渉波の適合性 : 強い磁場に よ り 、 測定値は影響を受け ます
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
41
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
動作条件 / プ ロ セス
プロセス温度範囲
プ ロ セ ス接続部 (測定ポ イ ン ト の図を参照) での最高許容温度は、注文 し た O- リ ン グのバージ ョ
ンに よ っ て決定 し ます。
最低温度
最高温度1)
FKM (バ イ ト ン)
-30 ℃
+150 ℃
EPDM
-40 ℃
+120 ℃
FFKM (カルレ ッ ツ)
-5 ℃2)
+150 ℃
O- リング材質
!
プロセス圧力の限界
̭̭́
௶೰
1)
PA コ ー ト さ れたプ ロ ーブでは最大許容温度は 100 ℃です。
2)
最大温度が 80 ℃を超え ない場合には、 FFKM の最低温度は -15 ℃です。
注意 !
測定物の温度は、 よ り 高い可能性があ り ます。
し か し 、 ロ ーププ ロ ーブ を使用 し てい る場合は、 350 ℃を超え る温度では構造的な変化に よ り プ
ロ ーブ ロ ーブの安定性が低 く な り ます。
全モデル : -0.1 ~ 4 MPa
こ の レ ン ジは選択 さ れたプ ロ セ ス接続に よ っ て減少す る こ と があ り ます。
圧力レー ト (PN) は リ フ ァ レ ン ス温度 20 ℃での フ ラ ン ジ (ASME フ ラ ン ジでは 100 °F) におけ
る 仕様です。 圧力 / 温度の依存関係に注意 し て く だ さ い。
!
プロセスで使用される
材質
高温度の許容圧力値については、 次の基準を参照 し て く だ さ い。
• EN 1092-1: 2001 Tab. 18
温度の安定性特性について、 材質 1.4435 と 1.4404 は 13E0 in EN 1092-1 Tab. 18. に分類 さ れて
い ます。 2 材質の化学成分は同 じ です。
• ASME B 16.5a - 1998 Tab. 2-2.2 F316
• ASME B 16.5a - 1998 Tab. 2.3.8 N10276
• JIS B 2220
注意 !
レベルフ レ ッ ク ス には 2 段階のシー リ ン グがあ り ます。 O- リ ン グ シール と 背面にはモール ド さ
れてい る シールがあ り ます。
部品
材質
シール
プ ロ セ ス接続
" 注文情報 " (55 ページ) を参照
1)
" 注文情報 " (55 ページ) を参照
フ ィ ー ド ス ルー ロ ッ ド
1.4462、 Duplex CR22
ロ ッ ク ワ ッシャ
1.4547
ロ ーププ ロ ーブ
ロ ーププ ロ ーブ、 コ ーテ ィ ン グ な し : 1.4401、 ウ ェ イ ト : 1.4435
ロ ーププ ロ ーブ、 コ ーテ ィ ン グ : 亜鉛 コ ー ト ス チール
PA 12 (ベス タ ミ ド L 1940)、 食品に適合
ロ ッ ド プ ロ ーブ
" 注文情報 " (55 ページ) を参照
コ アキシ ャル
プ ロ ーブ
" 注文情報 " (55 ページ) を参照
中心部 : PFA
1½" 接続お よ びフ ラ ン ジ接続の
全プ ロ ーブ
プ ロ セ ス接続の下の縁 : PTFE (Dyneon Hostaflon TFM 1600)
¾" 接続の全プ ロ ーブ
プ ロ セ ス接続の下の縁 : PPS-GF 40
1)
42
エ ン ド レ ス ハ ウ ザーは材質番号 1.4435 ま たは 1.4404 の ス テ ン レ ス ス テ ィ ール ANSI 316L 製の DIN/EN
フ ラ ン ジ を供給 し ます。 フ ラ ン ジの温度安定性に よ り 1.4435 ま たは 1.4404 は EN 1092-1 Table 18 の
13EO に分類 さ れます。 こ れ ら 2 つの材質の化学構造は同 じ です。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
比誘電率
• コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブ : DC ≥ 1.4
• ロ ッ ド お よ び ロ ープ : DC ≥ 1.6
張力と温度によるロープ
プローブの伸張
6 mm ロ ープ :
• 張力に よ る 伸張 : 最大許容坑張負荷時 (30 KN) : 13 mm/m ロ ープ長
• 温度に よ る 伸張 : 30 ℃か ら 150 ℃ま で温度が高 く な る と 、 2 mm/m ずつ ロ ープ長が伸び る 。
4 mm ロ ープ :
• 張力に よ る 伸張 : 最大許容坑張負荷時 (12 KN) : 11 mm/m ロ ープ長
• 温度に よ る 伸張 : 30 ℃か ら 150 ℃ま で温度が高 く な る と 、 2 mm/m ずつ ロ ープ長が伸び る 。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
43
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
機械構造
外形寸法
ハウジング寸法
プ ロ セ ス接続 と プ ロ ーブ タ イ プの寸法については、 45 ページ を参照 し て く だ さ い。
ķĶ
डఱ IJIJı
ĸĹ
IJĶı
ØġIJijĺ
ņŏŅœņŔŔĬʼnł ŖŔņœ
ŇIJijΧ;ΐϋΈ
ȪͺσηΣ;θȫ
ĹĶ
L00-F12xxxx-06-00-00-en-001
डఱ IJıı
ķĶ
ĺĵ
ĸĹ
IJķij
ØġIJijĺ
ņŏŅœņŔŔĬʼn łŖŔņœ
ŕIJijġΧ;ΐϋΈ
ȪͺσηΣ;θȫ
ĹĶ
L00-T12xxxx-06-00-00-en-001
150
93
ØġIJijĺ
最大 94
ŇijĴġΧ;ΐϋΈ
ĩĴIJķōĪ
L00-F23xxxx-06-00-00-en-001
44
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
レベルフレックス M FMP 40 - プローブのプロセス接続
ハ ウ ジ ン グ寸法は 44 ページ を参照 し て く だ さ い。
ŇIJijġİġŕIJijġİġŇijĴΧ;ΐϋΈ
΂ȜΘȜ΋ȜΡģijģȇ
ΟͻΑΗϋΑ
ΑςȜή
ίυȜήΗͼί
Ȫȶಕ໲ૂ༭ȷ͈ࣜ࿒Ĺı४ચȫ
123
88
΂ȜΘȜ΋ȜΡģĴģġİġģĵģȇ
ഩঊ໐໦ၗ߿ષ໐࢛
88
2765
400
4 x Ø 8.5
Ø 60.3
΂ȜΘȜ΋ȜΡģĵģȇ
ഩঊ໐໦ၗ߿௰࿂࢛
80
100
260
Ø 21.3
Ø 76
Ø 76
Ø 76
150
SW 60
Ø 60
SW 50
8
M10x1.0
40
40
υΛΡίυȜή
ͺυͼńijijίυȜή
υΛΡ͉֚ఘ̳́
Ȫ໦̵̧ٜ́ͭ͘ȫ
‫ٮ‬࿂ࠗ௶ဥ
΋ͺ΅ΏλσίυȜή
΋ͺ΅ΏλσίυȜή
ίυȜήಿġōŏȇ
15
20
25
υȜίίυȜή
M10x1.0
27
25
M5x0.8
έρϋΐŅŏġĵıȡijıı
̱̩͉͜൳൝຦
109
64.5
௶೰‫ܖ‬੔ത
Υΐ୪௽
ňġIJġ½ġĩIJġ½ŃŔőĪ
̱̩͉͜IJġ½ġŏőŕ
109
Υΐ୪௽
ňġ¾ġġĩ¾ġŃŔőĪ
̹͉͘¾ġŏőŕ
3xØ8
υȜίȇ
ØġĵġŮŮ
̹͉͘
ØġķġŮŮ
̹͉͘
ØġķġŮŮġĬġőł΋ȜΞͻϋΈġijġŮŮġ
20
ඤΥΐȇ
ĵġŮŮυȜί͉́ŎIJĵ
ķġŮŮυȜί͉́Ŏijı
Ø 10
40
ロープ Ø 4mm: 98 mm (¾”)
137 mm (1½”またはフランジ)
ロープ Ø 6mm: 152 mm (1½”またはフランジ)
Ø 81
Øġķ ĩ¾”ΥΐĪ
ØġIJķ ĩIJ½”Υΐ
̹͉͘έρϋΐĪ
ØġijIJįĴ ĩ¾”ΥΐĪ
Øġĵijįĵ ĩIJ½” Υΐ
̹͉͘έρϋΐĪ
Ø 42,4
ØġijijȪĵġŮŮυȜίȫ
ØġĴıȪķġŮŮυȜίȫ
Ø 45 / Ø 75
ØġĵĶġ΂ίΏοϋĹıȂࣜ࿒ȨŃĭġŅĭġŇĭġʼnȨ
ØġĸĶġ΂ίΏοϋĹıȂࣜ࿒ȨńĭġņĭġňĭġŊȨ
L00-FMP4xIxx-06-00-00-en-007
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
45
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
フランジの表面粗さ
ハ ス テ ロ イ 、 モネルお よ び タ ン タ ス製フ ラ ン ジの測定物 と の接触面お よ びシール面の表面粗 さ は
Ra 3.2 です ( すべての標準品について )。 Ra 3.2 以下の場合は、 お問い合わせ く だ さ い。
プローブ長の許容差
ロッドプローブ/コアキシャルプローブ
最低
1m
3m
6m
最高
1m
3m
6m
許容値(mm)
-5
- 10
- 20
- 30
1m
3m
6m
ローププローブ
最低
重量
最高
1m
3m
6m
許容値(mm)
- 10
- 20
- 30
レベル
フレックス M
FMP40
+ ローププローブ
4 mm
FMP40
+ ロッドプローブまたは
ローププローブ
6 mm
FMP40
+ ロッドプローブ
16 mm
FMP40
コアキシャル
プローブ
F12 ま たは T12
ハ ウ ジ ン グの
重量
約 4 kg
+
約 0.1 kg/m
プ ロ ーブ長
+
フ ラ ン ジ重量
約 4 kg
+
約 0.2 kg/m
プ ロ ーブ長
+
フ ラ ン ジ重量
約 4 kg
+
約 1.6 kg/m
プ ロ ーブ長
+
フ ラ ン ジ重量
約 4 kg
+
約 3.5 kg/m
プ ロ ーブ長
+
フ ラ ン ジ重量
F23 ハ ウ ジ ン グ
の重量
約 7.4 kg
+
約 0.1 kg/m
プ ロ ーブ長
+
フ ラ ン ジ重量
約 7.4 kg
+
約 0.2 kg/m
プ ロ ーブ長
+
フ ラ ン ジ重量
約 7.4 kg
+
約 1.6 kg/m
プ ロ ーブ長
+
フ ラ ン ジ重量
約 7.4 kg
+
約 3.5 kg/m
プ ロ ーブ長
+
フ ラ ン ジ重量
材質
• ハウ ジング :
- ハ ウ ジ ン グ F12/T12 : アル ミ ニ ウ ム (AlSi10Mg)、 耐海水性、 粉体塗装
- ハ ウ ジ ン グ F23 : 316L 高耐食ス テ ン レ ス ス チール
• 窓 : ガラ ス
プロセス接続
" 注文情報 " (55 ページ) を参照
シール
" 注文情報 " (55 ページ) を参照
プローブ
" 注文情報 " (55 ページ) を参照
46
- 40
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
ユーザイ ン タ ー フ ェ イ ス
オペレーション
コンセプト
レベルフ レ ッ ク ス の各計測値 と 設定値は機器本体の大型文字 ・ 数字表示に よ る 4 行のシ ンプルな
日本語テ キ ス ト 表示 と 共に表示 さ れます。 ヘルプテ キ ス ト が統合 さ れたガ イ ド メ ニ ュー方式に よ
り 、 迅速で確実な設定が行え ます。
危険地域 (IS お よ び XP) 内で も ハ ウ ジ ン グ蓋を開け、 ア ク セ ス で き ます。
エン ド レ ス ハ ウ ザー社の time-of-flight シ ス テ ム用グ ラ フ ィ ッ ク オぺレーテ ィ ン グ ソ フ ト ウ エア
FieldCare に よ り 測定ポ イ ン ト の ド キ ュ メ ン ト 作成 と 詳細な分析機能を含む遠隔設定がサポー ト
さ れます。
表示部
液晶表示ディスプレイ(LCD)
1 行 20 文字、 4 行。 キーの組み合わせに よ り コ ン ト ラ ス ト を調整で き ます。
ōńŅ
Ȫ‫ס‬એΟͻΑίτͼȫ
ņŏŅ
œņŔ
ŎŊńœœņŔŔ
ŔĬʼnł
ĬʼnłŖ
ŐőŊō
ŖŔņ
Ő
Őŕ
ŕ ŊŊ Ŕņœœ
ŐųťŦų
ŔŦųįĮŏŰńŰťŦĻ
įĻ
ŎŦŴŴţŦ
ŎŦŢŴŶų
ųŦŪŤũ
ŪůŨ
ķĶ
ł Ŀĸı°ń
Ļ ŵ
ĿĹĶ°ń
ŎŢťŦ Ūů ňŦųŮŢůź
Ŋő
ŕ
ŎŢŶŭţŶųŨ
ųŢůŨŦ
Ŗ IJķįįįĴķ
ŮŢŹį
ĵįįįijı
ijı
Ů
Ůł ŗ Ņń
ܱ࣢
ņŏŅœņŔŔ Ĭ ʼnłŖŔņœ
–
Ĭ
ņ
Ĵ ΅Ȝ
Α΢ΛίέͻΛΠ
L00-FMxxxxxx-07-00-00-en-001
VU331 液晶表示デ ィ ス プ レ イ は スナ ッ プ フ ィ ッ ト (上図参照) を押 し て取 り はず し が可能で、 容
易に操作で き ます。 機器 と は 500 mm のケーブルで接続 さ れます。
液晶デ ィ ス プ レ イ に表示 さ れ る シ ン ボルを次表に示 し てい ます。
シンボル
意味
アラーム
機器が、 ア ラ ーム状態にな っ た時に こ のシ ン ボルが現れます。 点滅表示は警告を表 し ます。
ロック
機器が ロ ッ ク さ れてい る 時、 つま り 入力が不可能な状態にな っ てい る 時に こ のシ ン ボルが現
れます。
通信
機器が HART、 PROFIBUS PA、 FOUNDATION Fieldbus な ど を介 し て通信中に こ の通信シ ン ボ
ルが現れます。
シュミレーションスイッチ作動
こ の通信シ ン ボルは、 FOUNDATION Fieldbus でのシ ミ ュ レーシ ョ ンが DIP ス イ ッ チを介 し て
使用可能な場合に現れます。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
47
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
操作部
操作部はハ ウ ジ ン グ内にあ り 、 ハ ウ ジ ン グ蓋を開け操作 し ます。
キーの機能
キー
意味
O もし くは V
選択 リ ス ト の上の方に移動 し ます。
機能内の数値を変更 し ます。
S もし くは W
選択 リ ス ト の下の方に移動 し ます。
機能内の数値を変更 し ます。
X もし くは Z
F
Oと F
もし くは
SとF
Oと Sと F
48
機能グループ内の一つ手前に戻 り ます (一つ左側に移動)。
機能グループ内の一つ先に進みます (一つ右側に移動) 。
液晶デ ィ ス プ レ イ LCD の コ ン ト ラ ス ト 調整
ハー ド ウ ェ アの ロ ッ ク / ロ ッ ク 解除
ハー ド ウ ェ ア を ロ ッ ク し た後で、 デ ィ ス プ レ イ お よ び通信を介 し た機器操作は
で き ません。
デ ィ ス プ レ イ を介 し てのみ ロ ッ ク 解除のみが可能です。 ロ ッ ク 解除をす る には、
リ リ ース コ ー ド を入力 し なければな り ません。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
機器本体での操作
VU 331 での操作
液晶デ ィ ス プ レ イ VU 331 はデ ィ ス プ レ イ 本体の 3 つのキーで直接操作 し ます。 メ ニ ューシ ス テ
ムに よ り 全ての機器機能を セ ッ ト ア ッ プす る こ と がで き ます。 メ ニ ューは機能グループ と 機能を
含んでい ます。 機能内部のアプ リ ケーシ ョ ンパ ラ メ ー タ ーは読む こ と がで き、 設定す る こ と も で
き ます。 ユーザは設定 メ ニ ュ ーに従っ て容易に操作が可能です。
レベル計測の表示ディスプレイ
ࡉ੄̱
εΐΏοϋນা
ENDRESS + HAUSER
ܱ࣢
–
+
౵
ΨȜΈρέ
ౙպ
E
஖఼ςΑΠ
‫ܥ‬ෝΈσȜίġĮĿġ‫ܥ‬ෝ
HOME
X
F
O
S
FG00
FG01
FG02
FG03
FG04
FG05
FG06
FG07
...
X
F
F
F000 F001 F002 F003 F004 ...
F
X
O
S
ΰσίນা
X
฽ৣ෨ࠁ
L00-FMRxxxxx-07-00-00-en-002
インターフェイス計測の表示ディスプレイ
֚ষ௶೰౵εΐΏοϋນা
εΐΏοϋນা
ENDRESS + HAUSER
ਅ႒
ඵষ௶೰౵ౙպܱ࣢
–
+
ౙպ
ܱ࣢
E
஖఼ςΑΠ
‫ܥ‬ෝΈσȜίġĮĿġ‫ܥ‬ෝ
HOME
X
F
O
S
FG00
FG01
FG02
FG03
FG04
FG05
FG06
FG07
...
X
F
F
F000 F001 F002 F003 F004 ...
F
O
S
X
ΰσίນা
X
฽ৣ෨ࠁ
L00-FMP4xIxx-07-00-00-en-002
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
49
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
遠隔操作
レベルフ レ ッ ク ス M は、 HART、 PROFIBUS PA お よ び FOUNDATION Fieldbus に よ り 遠隔操作で
き ます。 機器本体での操作 も 可能です。
FieldCare による操作
FieldCare は FTD テ ク ノ ロ ジに よ る エン ド レ スハ ウ ザー社製プ ラ ン ト アセ ッ ト 管理ツールです。
FieldCare を使用す る こ と に よ り 、 エン ド レ スハ ウ ザーの装置すべて、 お よ び FDT 規格に対応す
る その他の メ ーカーの装置を設定す る こ と が可能です。以下のオペレーテ ィ ン グ シ ス テ ム (OS) に
適合 し ます : Win2000、 WinXP お よ び Windows Vista。
FieldCare は次の機能をサポー ト し てい ます。
• オン ラ イ ンでの機器調整
• 反射波形を介 し ての信号解析
• タ ン ク の リ ニア ラ イ ゼーシ ョ ン
• 機器デー タ の ロ ー ド 、 セーブ (ア ッ プ ロ ー ド /ダ ウ ン ロ ー ド )
• 測定ポ イ ン ト の (機器設定) ド キ ュ メ ン ト 作成
接続オプシ ョ ン
• コ ミ ュ ボ ッ ク ス FXA191 と コ ン ピ ュ ー タ の RS 232 C シ リ アルポー ト を介 し た HART
• コ ミ ュ ボ ッ ク ス FXA195 と コ ン ピ ュ ー タ の USB ポー ト を介 し た HART
• セグ メ ン ト カプ ラ と PROFIBUS イ ン タ ーフ ェ イ ス カー ド を介 し た PROFIBUS PA
メ ニ ューガ イ ド に よ る設定
L00-fmp-Ixxx-20-00-00-en-033
反射波形を介 し ての信号解析
L00-fmp-Ixxx-20-00-00-en-034
50
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
NI-FBUS コンフィギュレーターによる操作(FOUNDATION Fieldbus のみ)
NI-FBUS コ ン フ ィ ギ ュ レー タ ーは、 Fieldbus コ ン セプ ト をベース に し た、 リ ン ケージ、 ループ、
ス ケ ジ ュ ールの作成を簡単に行え る グ ラ フ ィ ッ ク 環境です。
NI-FBUS コ ン フ ィ ギ ュ レー タ ーは、以下の よ う な フ ィ ール ド バ ス ネ ッ ト ワー ク の設定に使用で き
ます。
• ブ ロ ッ ク と 装置の タ グの設定
• デバ イ ス ア ド レ ス の設定
• フ ァ ン ク シ ョ ンブ ロ ッ ク コ ン ト ロ ールス ト ラ テジーの作成 と 編集 (フ ァ ン ク シ ョ ンブ ロ ッ ク ア
プ リ ケーシ ョ ン)
• ベン ダー定義機能 と 伝送器ブ ロ ッ ク の設定
• ス ケ ジ ュ ールの作成 と 編集
• フ ァ ン ク シ ョ ンブ ロ ッ ク コ ン ト ロ ールス ト ラ テジーの読み込み と 書 き込み (フ ァ ン ク シ ョ ンブ
ロ ッ ク アプ リ ケーシ ョ ン)
• デバ イ ス記述 (DD) 方式の起動
• DD メ ニ ュ ーの表示
• ダ ウ ン ロ ー ド さ れた設定の表示
• 設定の検証 と 保存 さ れてい る 設定 と の比較
• ダ ウ ン ロ ー ド さ れた設定のモニ タ
• 装置の交換
• 設定の保存 と 印刷
L00-FMP4xxxx-20-00-00-de-011
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
51
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
375 ハンドヘルドユニットによる操作
ハン ド ヘル ド ユニ ッ ト 375 では、 すべての機能を メ ニ ュ ー操作に よ っ て設定す る こ と がで き ま
す。
dsdmdm
df das.
asdas fa
asas la.
dsdmdm
df das.
asdas fa
asas la.
FMP40: LIC0001
ONLINE
1 GROUP SELECT
2 PV
HELP
8.7 m
FMP40: LIC0001
ONLINE
1 GROUP SELECTION
2 PV
Delete
8.7 m
SAVE
H
9
Page
Up
Bksp
6
ABC
Bksp
1
2
3
4
5
BASIC SETUP
SAFETY SETTINGS
LENGTH ADJUSTMENT
LINEARISATION
EXTENDED CALIBR.
Delete
DEF
1
2
3
Copy
Paste
Hot Key
GHI
JKL
MNO
4
5
6
Insert
+ Hot Key
TUV
W XY Z
PQRS
dsdmdm
df das.
asdas fa
asas la.
FMP40: LIC0001
GROUP SELECTION
SAVE
Delete
Page
On
#%&
HELP
7
8
9
,()‘
_<>
+*/
.
0
-
H
SAVE
HOME
Bksp
FMP40: LIC0001
BASIC SETUP
1
2
3
4
5
MEASURED VALUE
TANK PROPERTIES
MEDIUM PROPERTY
PROCESS COND.
END OF PROBE
dsdmdm
df das.
asdas fa
asas la.
Page
Up
Page
On
375
FIELD COMMUNICATOR
SAVE
HOME
L00-FMPxxxxx-07-00-00-yy-005
!
52
注意 !
• HART ハン ド ヘル ド ユニ ッ ト についての詳細は、 製品の輸送バ ッ グに含まれてい る 取扱説明書
を参照 し て く だ さ い。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
証明 と 認定
CE マーク
計測シ ス テ ムは EC ガ イ ド ラ イ ンの法的要求に準拠 し てい ます。 関連の 「EC 適合性の宣言」 に
リ ス ト さ れてい ますが、 同時に規格に適応 し てい ます。 エン ド レ ス ハ ウ ザー社は機器が要求 さ れ
たテ ス ト に合格 し た事を本体の CE マー ク に よ り 示 し てい ます。
Ex 承認
" 注文情報 " (55 ページ) を ご覧 く だ さ い。
装置は防爆エ リ ア で使用す る よ う 認証 さ れてい ま す。 型式銘板に安全注意事項が記 さ れてい ま
す。
• ヨ ー ロ ッ パ : EC タ イ プ検査証明書、 安全注意事項 XA
• USA : FM 承認、 制御図
• カナダ : 互換性の CSA 証明書、 制御図
• 中国 : NEPSI 防爆適合宣言、 安全注意事項 XA
• 日本 : Ex 装置の TIIS 証明書
証明書(XA、ZD、ZE)の装置への割当て
XA164F
XA165F
XA166F
XA167F
XA168F
XA172F
XA173F
XA173F
XA212F
XA211F
XA213F
XA215F
XA216F
XA217F
XA330F
XA218F
XA376F
XA378F
XA379F
XA380F
XA381F
XA386F
ZD075F
ZD076F
ZD077F
ZD078F
ZD080F
ZD081F
ZD082F
ZD083F
ZD021F
ZD106F
ZD107F
ZD109F
ZD110F
ZD113F
ZD114F
ZD116F
ZD117F
ZE258F
ZE256F
΂ίΏοϋ
Feature
10
෇೰
๱ཡบ
A
NEPSI Ex em(ia) IIC T6
C
๱ཡบġĬġWHG
F X
ATEX II 3G Ex nA II T6
G
NEPSI Ex ia IIC T6
I
NEPSI Ex d(ia) IIC T6
J
*TIIS Ex ia IIC T4
K
TIIS Ex d (ia) IIC T4
L
FM DIP Cl.II Div.1 Gr.E-G N.I.
M
CSA General Purpose
N
X
X
X X
X
X
X
CSA DIP Cl.II Div.1 Gr.G +
P
NEPSI DIP
Q
NEPSI Ex nA II T6
R
FM IS Cl.I,II,III Div.1 Gr.A-G N.I.
S
FM XP Cl.I,II,III Div.1 Gr.A-G
T
CSA IS Cl.I,II,III Div.1 Gr.A-D,G+
U
CSA XP Cl.I,II,III Div.1 Gr.A-D,G+
V
IEC Ex tD A20/21
W
X
IEC Ex tD A20/22
X
X
ATEX II 1/2G Ex ia IIC T6/IECEx Zone0/1
1
X
X
X X X X X
X X
X
X X X X
X X
X
X X
ATEX II 1/2D, ͺσηΣ;θୋήρͼϋΡ΃ΨȜ 1) 2
ATEX II 2G Ex emb(ia) IIC T6/IECEx Zone
60
Power supply
Output:
70
Operation:
90
Housing,
Cable entry:
1)
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
1)
X X
X X X
X
3
4
X
ATEX II 1/2G Ex ia IIC T6, ATEX II 1/3D
5
X
ATEX II 1/2G Ex ia IIC T6, WHG
6 X
ATEX II 1/2G Ex d (ia) IIC T6
7
ATEX II 1/3D
X X
X
X
X
X
X X
X X
X
X X
X X
X
ATEX II 1/2G Ex ia IIC T6,
8 X
ij஌Ȃ 4-20mA SIL HART
B
X
ij஌ȂPROFIBUS PA
D
X X
X
X
X
X
ij஌ȂFOUNDATION Fieldbus
F
X X
X
X
X
X
ĵ஌Ȃ90-250VAC 4-20mA SIL HART
G
X
ĵ஌Ȃ10.5-32VDC 4-20mA SIL HART
H
X
ij஌Ȃ4-20mA HART、‫ٮ‬࿂
K
without display, via communication
1
X X X X X X X X X X X X X X X X X X
4-line display VU331
2
X X X X X X X X X X X X X X X X X X
applicable for FHX40
3
F12 Alu, coated IP68 gland M20
A
X
X X
X X X X
X X
X X
X X
X X
F12 Alu, coated IP68 thread G1/2
B
X X
X X X
X X X X
X X
X
X X
X X
F12 Alu, coated IP68 thread NPT1/2
C
X X
X X X
X X X X
X X
X
X X
X X
F12 Alu, coated IP68 Plug M12
D
X
X
X
X
X X
X
X X
F12 Alu, coated IP68 Plug 7/8"
E
X
X
X
X
X X
X
T12 Alu, coated IP68 gland M20
G
T12 Alu, coated IP68 thread G1/2
H
X
T12 Alu, coated IP68 thread NPT1/2
J
X
T12 Alu, coated IP68 Plug M12
K
X
X
X
X
X
X
X
X X
X X
X
X
X X
X
X X
X
X
X
X X
X
X X
X
X
X X X
X X X
X X X
X
X X X X
X X X
X
X X X X
X X
X X
X
X X X
X X X
X
X
X
X X
X
X
X
X X
X
X X
X X
X
X
X
X
X
X X
X
X
X
X
X
X X X
X X X
X X
X
X X X X X X X X X X X
X X
X
X X
X
X
X X
X X
X
X
X
X X
X X
X
X
X
X X
X X
X
X
T12 Alu, coated IP68 Plug 7/8"
L
T12 Alu, coated IP68 gland M20 + OV
M
X X
X X
X
X X
X X X X
T12 Alu, coated IP68 thread G1/2 + OV
N
X X
X X
X
X X
X X X
T12 Alu, coated IP68 thread NPT1/2+OV
P
X X
X X
X
X X
X X X
T12 Alu, coated IP68 Plug M12 + OVP
Q
X X
X X
X
X X
X X X
T12 Alu, coated IP68 Plug 7/8" + OV
R
X X
X X
X
X X
F23 316L IP68 gland M20
1
X X
X X X
X
X X
F23 316L IP68 thread G1/2
2
X X
X X X
X
X X
X X X
F23 316L IP68 thread NPT1/2
3
X X
X X X
X
X X
X X X
F23 316L IP68 Plug M12
4
X X
X X X
X
X X
X X X
F23 316L IP68 Plug 7/8"
5
X X
X X X
X
X X
X X X
X X X
X
X X X
ハ ウ ジ ン グ F12/F23/T12-OVP : 電源供給 / 出力オプシ ョ ン B、 D、 F と 組合わせた場合、 電流出力
は本質安全 と な り ます。
53
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
オーバースピル
プロテクション
WHG " 注文情報 " (55 ページ) を ご覧 く だ さ い (ZE256F 参照)。
SIL 2 、 4 ~ 20 mA 出力信号 (SD174F " 機能安全マニ ュ アル " を参照)。
電気通信
FCC Part 15 に従 う 。 すべてのプ ロ ーブは Class A デジ タ ル装置の要求事項を遵守 し てい ます。
コ ア キ シ ャ ルプ ロ ーブお よ び金属密閉容器に設置 さ れたプ ロ ーブの場合には、class B デジ タ ルデ
バ イ ス の要件に も 適合 し ます (居住環境)。
規格とガイドライン
ヨ ー ロ ッ パ指令 と 基準は、 関連の EC 「適合性の宣言」 か ら 適用で き ます。 レベルフ レ ッ ク ス M
には以下 も 適用 さ れます。
EN 60529
ハ ウ ジ ン グの保護等級 (IP コ ー ド )
NAMUR - 化学工業 ・ 測定制御基準委員会
• NE 21
産業プ ロ セ ス と ラ ボ用制御装置の電磁適合性 (EMC)
• NE 43
デジ タ ル変換器障害情報に関する 信号レベルの標準化
54
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
注文情報
レベルフレックス M
FMP40
セレクションガイド
๱ཡบհ஠
΀ςͺ
୭೰
ĵ஌
ĵĮijıġŮłİ
ʼnłœŕ
໮଀ཡบ
ŅŊő
ഩঊȟ೒૞
ņŹġ ť
řő
ij஌
ĵĮijıġŮłİ
ʼnłœŕ IJĪ
ij஌
ĵĮijıġŮłİ
ʼnłœŕ IJĪ
ij஌
ĵĮijıġŮłİ
ʼnłœŕ IJĪ
ij஌
ĵĮijıġŮłİ
ʼnłœŕIJĪ
őł
őł
őł
őł
őł
ŇŇ
ŇŇ
ŇŇ
ŇŇ
ŇŇ
ŕIJij
ŇIJijĬŇijĴ
ŕIJij
ŕIJij
ij஌
ĵĮijıġŮłİ
IJĪ
ʼnłœŕ
ĵ஌
ĵĮijıġŮłİ
ʼnłœŕ
ņŹġŦŮ
ņŹġŪŢ
ŊŔ
Χ;ΐϋΈ
ŇIJijĬŇijĴ
IJĪ
ijĪ
ijĪ
ŕIJij
ŇIJijĬŇijĴ
ijĪ
ijĪ
ģŌģġij஌ȂĵġĮġijıġŮłġʼnłœŕȂ‫ٮ‬࿂௶೰͜ͅခ̳࢘́ȃ
ŇIJijͺσηΣ;θΧ;ΐϋΈ͈యͩͤͅȂŇijĴΑΞϋτΑୋΧ;ΐϋΈȪij஌৆ȫ̜̳ͤ͘͜ȃ
L00-FMP4xxxx-16-00-00-en-003
温度:(O- リ ン グに
よ っ て異な る )
V
バ イ ト ン、 -30 ℃~ +150 ℃
E
EPDM、 -40 ℃~ +120 ℃
K
カルレ ッ ツ、 -5 ℃~ +150 ℃
圧力:(全 タ イ プ)
-0.1 ~ 4 MPa
接液部
ロ ーププ ロ ーブ タ イ プ :
フ ラ ン ジ : 1.4404 (SS316L)
プ ロ セ ス接続 : 1.4435 (SS316L)、
1.4462
ロ ープ : 1.4401 (SS316)
ウ ェ イ ト : 1.4435 (SS316L)
ロ ッ ド プ ロ ーブ タ イ プ :
フ ラ ン ジ : 1.4404 (SS316L)
プ ロ セ ス接続 : 1.4435 (SS316L)、 1.4462
ロ ッ ド プ ロ ーブお よ び コ ア キ シ ャ ルプ
ロ ーブ : 1.4435 (SS316L)
プ ロ ーブが金属で、 フ ィ ー ド スルー領域内のみで絶縁 さ れてい る ので、 静電気の危険性はあ り ま
せん。 PA コ ー ト さ れた ロ ーププ ロ ーブは試験 さ れ静電気の危険性がない こ と が確認 さ れてい ま
す。 そのため、 ど のプ ロ ーブで も Ex 領域用途の制限はあ り ません。
!
注意 !
表示デ ィ ス プ レ イ 付 き でのオーダーでは、 ハ ウ ジ ン グ カバーは窓ガ ラ ス付 き のカバーが配送 さ れ
ます。 表示デ ィ ス プ レ イ な し のオーダーでは、 ダ ミ ーカバーが配送 さ れます。
例外 : 表示デ ィ ス プ レ イ 付 き でのオーダーの場合で も 、 ATEX II 1/2 D 粉塵防爆認定に よ る オー
ダーでは、 ダ ミ ーカバーが必ず配送 さ れます。
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
55
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
相容れない タ イ プは記入 さ れてい ません。
10
認定
A
F
1
2
3
4
5
6
7
8
G
C
I
J
Q
R
M
S
T
N
P
U
V
W
X
K
L
Y
20
非防爆
非防爆 + WHG
ATEX II 1/2G Ex ia IIC T6/IECEx Zone 0/1
ATEX II 1/2 D, Alu blind cover
ATEX II 2G Ex em (ia) IIC T6/IECEx Zone1
ATEX II 1/3 D
ATEX II 1/2G Ex ia IIC T6、 ATEX II 1/3D
ATEX II 1/2G Ex ia IIC T6、 WHG
ATEX II 1/2G Ex d (ia) IIC T6
ATEX II 1/2G Ex ia IIC T6、 ATEX II 1/3D、 WHG
ATEX II 3G Ex nA II T6
NEPSI Ex em(ia) IIC T6
NEPSI Ex ia IIC T6
NEPSI Ex d(ia) IIC T6
NEPSI DIP
NEPSI Ex nA II T6
FM DIP - Class II, Division 1、 Group E-G N.I.
FM IS - Class I/II/III、 Division 1、 Group A-G N.I.
FM XP - Class I/II/III、 Division 1、 Group A-G
CSA General Purpose
CSA DIP - Class II、 Division 1、 Group G+coal dust、 N.I.
CSA IS - Class I/II/III、 Division 1、 Group A-D、 G+coal dust、 N.I.
CSA XP - Class I/II/III、 Division 1、 Group A-D、 G+coal dust、 N.I.
IEC Ex td A20/21
IEC Ex td A20/22
*TIIS Ex ia IIC T4
TIIS Ex d (ia) IIC T4
特殊
プローブ
A
B
H
P
1
K
L
Y
30
ロ ーププロ ーブ 4mm、 主に粉粒体
ロ ーププロ ーブ 6mm、 粉粒体
ロ ーププロ ーブ 6mm、 PA > ス チール、 粉粒体、 Tmax = 100 ℃
ロ ッ ド プロ ーブ 6mm、 液体
ロ ッ ド プロ ーブ 12mm、 液体
ロ ッ ド プロ ーブ 16mm、 主に液体
コ ア キ シャ ルプロ ーブ、 液体
特殊
プローブ長さ
A
B
C
D
E
F
K
L
M
N
P
R
S
T
U
V
1
2
3
4
Y
40
mm 指定、 ロ ープ 4mm、 316
mm 指定、 ロ ープ 6mm、 316
イ ン チ指定、 ロ ープ 1/6"、 316 相当
イ ン チ指定、 ロ ープ 1/4"、 316
mm 指定、 ロ ープ 6 mm、 PA > ス チール
イ ン チ指定、 ロ ープ 1/4"、 PA > ス チール
mm 指定、 ロ ッ ド 16mm、 316L 相当
mm 指定、 コ ア キ シ ャ ル、 316L
イ ン チ指定、 ロ ッ ド 16mm、 316L 相当
..... イ ン チ、 コ ア キ シャ ル、 316L
mm 指定、 ロ ッ ド 6mm、 316L 相当
イ ン チ指定、 ロ ッ ド 6mm、 316L 相当
*..... mm、 ロ ッ ド 16mm、 316L、 500mm 分割型
*..... mm、 ロ ッ ド 16mm、 316L、 1000mm 分割型
*..... イ ン チ、 ロ ッ ド 16mm、 316L、 500mm 分割型
*..... イ ン チ、 ロ ッ ド 16mm、 316L、 1000mm 分割型
mm 指定、 ロ ッ ド 12mm、 ア ロ イ C22
mm 指定、 コ ア キ シ ャ ルプロ ーブ、 ア ロ イ C22
イ ン チ指定、 ロ ッ ド 12mm、 ア ロ イ C22
イ ン チ指定、 コ ア キ シ ャ ルプロ ーブ、 ア ロ イ C22
特殊
O- リング材質 / 温度
2
3
4
9
56
バイ ト ン 、 -30 ~ 150 ℃
EPDM, -40 ~ 120 ℃
カ ルレ ッ ツ 、 -5 ~ 150 ℃
特殊
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
50
プロセス接続
ACJ
ACM
ADJ
ADM
AEJ
AEM
AFJ
AFM
ALJ
ALM
AMJ
AMM
APJ
APM
AQJ
AQM
AWJ
AWM
A3J
CFJ
CFM
CGJ
CGM
CMJ
CMM
CSJ
CSM
CQJ
CQM
CTJ
CTM
CWJ
CWM
CXJ
CRJ
GRJ
GRM
CNJ
GNJ
GNM
KDJ
KDM
KEJ
KEM
KLJ
KLM
KPJ
KPM
YY9
60
1-1/2" 150lbs RF、 316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
1-1/2" 150lbs、 ア ロ イ C22 >316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
1-1/2" 300lbs RF、 316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
1-1/2" 300lbs、 ア ロ イ C22 >316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
2" 150lbs RF、 316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
2" 150lbs、 ア ロ イ C22 >316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
2" 300lbs RF、 316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
2" 300lbs、 ア ロ イ C22 >316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
3" 150lbs RF、 316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
3" 150lbs、 ア ロ イ C22 >316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
3" 300lbs RF、 316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
3" 300lbs、 ア ロ イ C22 >316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
4" 150lbs RF、 316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
4" 150lbs、 ア ロ イ C22 >316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
4" 300lbs RF、 316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
4" 300lbs、 ア ロ イ C22 >316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
6" 150lbs RF、 316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
6" 150lbs、 ア ロ イ C22 >316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
8" 150lbs RF、 316/316L フ ラ ン ジ ANSI B16.5
DN40 PN25/40 B1、 316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527 C)
DN40 PN25/40、 ア ロ イ C22 >316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527)
DN50 PN25/40 B1、 316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527 C)
DN50 PN25/40、 ア ロ イ C22 >316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527)
DN80 PN10/16 B1、 316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527 C)
DN80 PN10/16、 ア ロ イ C22 >316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527)
DN80 PN25/40 B1、 316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527 C)
DN80 PN25/40、 ア ロ イ C22 >316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527)
DN100 PN10/16 B1、 316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527 C)
DN100 PN10/16、 ア ロ イ C22 >316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527)
DN100 PN25/40 B1、 316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527 C)
DN100 PN25/40、 ア ロ イ C22 >316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527)
DN150 PN10/16 B1、 316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527 C)
DN150 PN10/16、 ア ロ イ C22 >316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527)
DN200 PN16 B1、 316L フ ラ ン ジ EN1092-1 (DIN2527 C)
ネジ接続 ISO228 G3/4、 316L
ネジ接続 ISO228 G1-1/2、 316L
ネジ接続 ISO228 G1-1/2、 ア ロ イ C22
ネジ接続 ANSI NPT3/4、 316L
ネジ接続 ANSI NPT1-1/2、 316L
ネジ接続 ANSI NPT1-1/2、 ア ロ イ C22
10K 40 RF、 316L フ ラ ン ジ JIS B2220
10K 40、 ア ロ イ C22 >316L フ ラ ン ジ JIS B2220
10K 50 RF、 316L フ ラ ン ジ JIS B2220
10K 50、 ア ロ イ C22 >316L フ ラ ン ジ JIS B2220
10K 80 RF、 316L フ ラ ン ジ JIS B2220
10K 80、 ア ロ イ C22 >316L フ ラ ン ジ JIS B2220
10K 100 RF、 316L フ ラ ン ジ JIS B2220
10K 100、 ア ロ イ C22 >316L フ ラ ン ジ JIS B2220
特殊
電源供給 / 出力
B
D
F
K
G
H
Y
70
2 線、 4-20mA SIL HART
2 線、 PROFIBUS-PA
2 線、 FOUNDATION Fieldbus
2 線; 4-20mA HART、 界面計測
4 線 90-250VAC; 4-20mA SIL HART
4 線 10.5-32VDC; 4-20mA SIL HART
特殊
操作
1
2
3
9
80
表示ディ ス プレ イ な し ( 通信経由)
表示ディ ス プレ イ VU 331 (4 行、 文字・ 数字表示ディ ス プレ イ )
FHX 40 取り 付け用 ( 分離型ディ ス プレ イ FHX 40 はア ク セサリ ー参照)
特殊
プローブ型
B
C
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
* 一体型、 セン タ リ ン グ ディ ス ク d = 45mm、 316L、
パイ プ直径 DN50/2" + DN65/2-1/2"
* 一体型、 セン タ リ ン グ ディ ス ク d = 75mm、 316L、
パイ プ直径 DN80/3" + DN100/4"
57
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
80
プローブ型
D
E
F
G
H
I
1
2
3
4
9
90
* ス ペーサ、 ロ ッ ド 中心 d = 45mm、 316L、
パイ プ直径 DN50/2" + DN65/2-1/2"、 400mm
* ス ペーサ、 ロ ッ ド 中心 d = 75mm、 316L、 パイ プ直径 DN80/3" + DN100/4"、
400mm
* 電子部分離型、 3 m ケ ーブル、 上部、 中心 d = 45mm、 セン タ リ ン グ ディ ス
ク d = 45mm、 316L、 パイ プ直径 DN50/2" + DN65/2-1/2"、 316L
* 電子部分離型、 3 m ケ ーブル、 上部、 中心 d = 75mm、 セン タ リ ン グ ディ ス
ク d = 75mm、 316L、 パイ プ直径 DN80/3" + DN100/4"、 316L
* 電子部分離型、 3 m ケ ーブル、 側面、 中心 d = 45mm、 セン タ リ ン グ ディ ス
ク d = 45mm、 316L、 パイ プ直径 DN50/2" + DN65/2-1/2"
* 電子部分離型、 3 m ケ ーブル、 側面、 中心 d = 75mm、 セン タ リ ン グ ディ ス
ク d = 75mm、 316L、 パイ プ直径 DN80/3" + DN100/4"
一体型 ( 標準)
電子部のディ ス タ ン ス ス リ ーブ 400 mm
電子部分離型、 3 m ケ ーブル、 上部口
電子部分離型、 3 m ケ ーブル、 側面口
特殊
ハウジングおよびケーブルグランド / 電線口
A
B
C
D
E
G
H
J
K
L
M
N
P
Q
R
1
2
3
4
5
Y
100
ア ルミ ニウ ム F12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 ケ ーブルグ ラ ン ド M20
ア ルミ ニウ ム F12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 ネジ G1/2
ア ルミ ニウ ム F12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 ネジ NPT1/2
ア ルミ ニウ ム F12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 プラ グ M12
ア ルミ ニウ ム F12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 プラ グ 7/8"
ア ルミ ニウ ム T12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、
ケ ーブルグ ラ ン ド M20 (Ex d > ネジ M20)
ア ルミ ニウ ム T12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 ネジ G1/2
ア ルミ ニウ ム T12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 ネジ NPT1/2
ア ルミ ニウ ム T12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 プラ グ M12
ア ルミ ニウ ム T12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 プラ グ 7/8"
ア ルミ ニウ ム T12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、
ケ ーブルグ ラ ン ド M20 + OVP1)
ア ルミ ニウ ム T12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 ネジ G1/2 + OVP1)
ア ルミ ニウ ム T12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 ネジ NPT1/2 + OVP1)
ア ルミ ニウ ム T12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 プラ グ M12 + OVP1)
ア ルミ ニウ ム T12 ハウ ジ ン グ 、 塗装、 IP68、 プラ グ 7/8" + OVP1)
SUS316L 相当 F23 ハウ ジ ン グ 、 IP68、 ケ ーブルグ ラ ン ド M20
SUS316L 相当 F23 ハウ ジ ン グ 、 IP68、 ネジ G1/2
SUS316L 相当 F23 ハウ ジ ン グ 、 IP68、 ネジ NPT1/2
SUS316L 相当 F23 ハウ ジ ン グ 、 IP68、 プラ グ M12
SUS316L 相当 F23 ハウ ジ ン グ 、 IP68、 プラ グ 7/8"
特殊
追加オプション
A
B
C
H
J
N
S
Y
追加オプシ ョ ン な し
3.1.B 接ガス 部金属材料証明 (SUS316Ti) 証明書 EN 10204、
ロ ッ ド / コ アキシャ ル
3.1.B 接圧部金属材料証明 (SUS316Ti) 証明書 EN 10204, ロ ープ
*5 ポイ ン ト 直線プロ ト コ ル
*5 ポイ ン ト 、 3.1、 NACE、 5 ポイ ン ト 直線プロ ト コ ル、 追加仕様参照
EN10204-3.1 材質、 NACE MR0175 (316L 接液部 )、
3.1.B 接ガス 部金属材料証明 (SUS316Ti) 証明書 EN 10204、
NACE MR0175
GL/ABS 海事認定
特殊
995
マーキング
1
2
タ グ (TAG)
バス ア ド レ ス
以下の欄に各項目のオプシ ョ ン を記入 し て く だ さ い。 オプシ ョ ン を記入する と 、 オーダー コー ド
がで き ます。
FMP40-
オーダーコ ード ( 全仕様完了)
⇓
プローブ長をご記入ください
mm
イ ン チ / 0.1 イ ン チ
プロ ーブ長 LN: 45 ページ参照
1)
58
OVP = 過電圧保護
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
ア ク セサ リ
日よけカバー
ス テン レ ス 製日よ けカ バーは屋外へ設置さ れる 場合に使用し ま す(オーダーコ ード : 543199- 0001)。
保護カ バーおよ びテン ショ ン ク ラ ン プが同梱さ れていま す。
m
135
mm
°
45
m
ŇIJijġİġŕIJijΧ;ΐϋΈ
m
95
70 mm
240 m
EN
DR
Orde MIC ES
RO S+H
r
Se Code
PIL AU
r.-N
r.-No
o.:.: :
OT SE
A >7
0°C
:
65
t >8
5°C
Made in Germany
IP
T
Maulburg
R
II
Me
Messberei
asuri ch
ng
ran
ge
U 16
ma
x. 20
4...20...36
m
mAV DC
L00-FMR2xxxx-00-00-06-en-001
各ノズル対応のホーン
アダプタフランジ
ホーンアダプタ
オーダー番号
DN 200 / PN 16 / G 1 1/2"
52014251
DN 250 / PN 16 / G 1 1/2"
52014252
8" / 150 psi / NPT 1 1/2"
52014253
10" / 150 psi / NPT 1 1/2"
52014254
材質 : 1.4435
204 mm
DN 200 (8")
DN 250 (10")
डఱ
~150 mm
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-026
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
59
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
FHX40 リモート表示と
操作
NE
RD
rO
SE
red
+S
S
oC
:ed N-.re
AH
:.o
SU
RE
Ωͼί৾ͤັ̫
Ȫ৾ͤັ̫߄ߓ͞ίτȜΠ͉΂ίΏοΰ೹‫ރ‬ȃ
ୋ຦ࢹ௮ͬ४ચ̱̩̺̯̞̀ȫ
T
C
t :
0
15
໦ၗΧ;ΐϋΈ
ŇʼnřġĵıġĩŊőġķĶĪ
6,
3
80
106
122
122
Έ
ΐϋ Ī
Χ;ĩŊőġķĶ
ၗ
ġ
ı
໦ ġĵ
ř
Ňʼn
118
96
डఱ 80
ड઀ 30
8,
5
120
82
160
ynamreG ni edaM
>A
°07
58>
C°
༃৾ͤັ̫
Ȫ৾ͤັ̫߄ߓ̱̈́ȫ
180
grubluaM
eM
bss
ere aeM
hci nirus
g
ar
egn
U
am
61
2 .x
3... ..4
V 6 02.
m0
CD Am
PI
56
ζͼ·υΩͼυΛΠŎ
τασέτΛ·ΑŎ
ίυΕΣΛ·Ŏ
88
ΉȜήσ
Ωͼί
L00-FMxxxxxx-00-00-06-de-005
技術仕様(ケーブルおよびハウジング)および製品構造
最大ケーブル長
20 m
温度
-30 ℃~ +70 ℃
保護等級
IP65/67 ( ハ ウ ジ ン グ )、 IP68 ( ケーブル ) IEC 60529 準拠
材質
ハ ウ ジ ン グ :AlSi12; ケーブルグ ラ ン ド : ニ ッ ケル メ ッ キ
寸法 [mm]
122x150x80 (HxWxD)
認定
A
C
G
K
N
S
U
1
Y
非防爆
NEPSI Ex ia IIC T6/T5
IECEx Zone1 Ex ia IIC T6/T5
TIIS Ex ia IIC T6
CSA General Purpose
FM IS Cl. I Div.1 Gr. A-D
CSA IS Cl. I Div.1 Gr. A-D
ATEX II 2G Ex ia IIC T6、 ATEX II 3D
特殊
ケーブル長
1
5
9
20m; HART の場合
20m; PROFIBUS PA/FOUNDATION Fieldbus の場合
特殊
追加オプション
A
B
Y
追加オプシ ョ ン な し
1" も し く は 2" パイ プ用マウ ン テ ィ ン グ ブラ ケ ッ ト
特殊
マーキング
1
FHX 40 -
タ グ (TAG)
オーダーコ ード ( 全仕様完了)
リ モー ト 表示デ ィ ス プ レ イ FHX40 の接続には、 個々の通信機器に適 し た ケーブルを使用 し て く
だ さ い。
60
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
センタリングディスク
ロ ッ ド 型のプ ロ ーブ を内筒管ま たは外筒管で使用す る場合は、 プ ロ ーブ と 壁が接触 し ない よ う に
設置す る 必要があ り ます。 セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク は、 パ イ プの中間で ロ ッ ド プ ロ ーブを固定 し ま
す。
センタリングディスク PEEK Ø 1.89 - 3.74 インチ
セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク は、 直径が 16 mm の ロ ッ ド 型プ ロ ーブに適 し てお り 、 呼び口径 40 ~ 100
A のパ イ プで使用で き ます。 4 脚セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク のマーキ ン グに よ り 、 簡単 ・ 的確にセ ン
タ リ ン グデ ィ ス ク をパ イ プ直径に合わせ る こ と がで き ます ( 詳細は取扱説明書 BA377F を参照 し
て く だ さ い )。
• PEEK ( 静的散逸 )
• プ ロ セ ス温度 : - 60 ~ +250 ℃
オーダー番号 71069064
!
注意 !
セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク を外筒管に挿入す る場合は、 外筒管の下側の排出口 よ り も 下に取 り 付けて
く だ さ い。 プ ロ ーブ長を選択す る際、 取付位置を考慮 し て く だ さ い。
通常、セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク はプ ロ ーブ終端 よ り も 50 mm 以上高い位置に取 り 付けないで く だ さ
い。
ロ ッ ド プ ロ ーブの測定レ ン ジ内には、 PEEK セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク を挿入 し ないで く だ さ い。
max. 50
7
Ø
16
10
Ø 48
Ø 75
Ø 95
センタリングディスク PFA Ø 1.46 インチ
セ ン タ リ ン グデ ィ ス ク は、直径が 16 mm の ロ ッ ド 型プ ロ ーブ ま たは コ ー ト さ れたプ ロ ーブに適 し
てお り 、 呼び口径 40 ~ 50 A のパ イ プで使用で き ます。
• プ ロ セ ス温度 : -200 ~ +150 ℃
オーダー番号 71069065
37
10
7.8
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
61
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
コミュボックス FXA 191
HART
RS232C イ ン タ ーフ ェ イ ス に よ る FieldCare と の本質安全通信用。 詳細は、TI237F を ご覧 く だ さ い。
コミュボックス FXA195
HART
USB イ ン タ ーフ ェ イ ス に よ る FieldCare と の本質安全通信用。 詳細は、 TI404F を ご覧 く だ さ い。
コミュボックス FXA291
コ ミ ュ ボ ッ ク ス FXA291 は、 CDI イ ン タ ーフ ェ イ ス (= エン ド レ スハ ウ ザー社製共通デー タ イ ン
タ ーフ ェ イ ス) に よ り 、 装置をパ ソ コ ン ま たは ラ ッ プ ト ッ プの USB ポー ト に接続 し ます。 詳細は
TI405C を ご覧 く だ さ い。
!
注意 !
次のエン ド レ スハ ウ ザー社製装置では、 ア ク セサ リ と し て "ToF アダプ タ FXA291" が必要です。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
ToF アダプタ FXA291
セ ラ バー S PMC71、 PMP7x
デル タ バー S PMD7x、 FMD7x
デル タ パ イ ロ ッ ト S FMB70
ガ ン マパ イ ロ ッ ト M FMG60
レベルフ レ ッ ク ス M FMP4x
マ イ ク ロ パ イ ロ ッ ト FMR130/FMR131
マ イ ク ロ パ イ ロ ッ ト M FMR2xx
マ イ ク ロ パ イ ロ ッ ト S FMR53x、 FMR540
プ ロ ソ ニ ッ ク FMU860/861/862
プ ロ ソ ニ ッ ク M FMU4x
タ ン ク サ イ ド モニ タ NRF590 (アダプ タ ケーブル付 き )
ToF ア ダプ タ FXA291 は、 パ ソ コ ン ま たは ラ ッ プ ト ッ プの USB ポー ト を介 し て コ ミ ュ ボ ッ ク ス
FXA291 を次の装置に接続 し ます。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
セ ラ バー S PMC71、 PMP7x
デル タ バー S PMD7x、 FMD7x
デル タ パ イ ロ ッ ト S FMB70
ガ ン マパ イ ロ ッ ト M FMG60
レベルフ レ ッ ク ス M FMP4x
マ イ ク ロ パ イ ロ ッ ト FMR130/FMR131
マ イ ク ロ パ イ ロ ッ ト M FMR2xx
マ イ ク ロ パ イ ロ ッ ト S FMR53x、 FMR540
プ ロ ソ ニ ッ ク FMU860/861/862
プ ロ ソ ニ ッ ク M FMU4x
タ ン ク サ イ ド モニ タ NRF590 (アダプ タ ケーブル付 き )
詳細は KA271F を ご覧 く だ さ い。
62
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
アダプタフランジ
FAU70E /FAU70A
ͺΘίΗέρϋΐ
ίυȜή
ΦΒσ
L00-FMP4xxxx-00-00-00-en-001
プロセス接続
12
14
15
99
DN50 PN16 A、 フ ラ ン ジ EN1092-1
(DIN2527 B)
DN80 PN16 A、 フ ラ ン ジ EN1092-1
(DIN2527 B)
DN100 PN16 A、 フ ラ ン ジ EN1092-1
(DIN2527 B)
特殊
センサ接続
3
4
9
ネジ接続 ISO228 G1-1/2
ネジ接続 ISO228 G2
特殊
フランジ材質
2
3
7
9
316L
ス テンレ ス
ポリ プロ ピ レ ン
特殊
オーダーコ ード ( 全仕様完了)
FAU70E
プロセス接続
22
24
25
99
2" 150lbs FF、 フ ラ ン ジ ANSI B16.5
3" 150lbs FF、 フ ラ ン ジ ANSI B16.5
4" 150lbs FF、 フ ラ ン ジ ANSI B16.5
特殊
センサ接続
5
6
9
ネジ口 NPT1-1/2
ネジ口 NPT2
特殊
フランジ材質
2
3
7
9
FAU70A
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
316L
ス テンレ ス
ポリ プロ ピ レ ン
特殊
オーダーコ ード ( 全仕様完了)
63
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
エクステンションロッド /
センタリングディスク
ŋŊŔġĶıł
ŋŊŔġĹıł
ŋŊŔġIJĶıł
ŋŊŔġijııł
ŋŊŔġijĶıł
ΦΒσࣞ
ŋŊŔġijııł̤͍͢ŋŊŔġijĶıł͈
ાࣣγȜϋͺΘίΗ͂໵ဥ
߄௺Ωͼί͈̯͉ࣞ
ड೩ࡠͅဲ̢̭ͥ͂
#
ΓϋΗςϋΈΟͻΑ·ġ
őőŔġĮġňŇĵı
΀·ΑΞϋΏοϋυΛΡ
¾ģ ဥ͉̱̈́
υΛΡίυȜήဥ͉̮௖౴̩̺̯̞
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-025
認定
A
M
P
S
U
1
2
非防爆
FM DIP Cl.II Div.1 Gr. E-G N.I.
CSA DIP Cl.II Div.1 Gr. G + Coal dust、 N.I.
FM Cl.I、 II、 III Div.1 Gr. A-G、 N.I.
CSA Cl.I、 II、 III Div.1 Gr. A-G N.I.
ATEX II 1G
AREX II 1D
エクステンションロッド
1
2
3
4
9
115mm;
215mm;
315mm;
415mm;
特殊
150-250mm
250-350mm
350-450mm
450-550mm
センターワッシャ
A
B
C
D
E
G
H
J
K
Y
HMP40-
64
ア ン テナ伸長な し
DN40 / 1-1/2"、 内径 = 40-45mm、 PPS
DN50 /2"、 内径 = 50-57mm、 PPS
DN80 / 3"、 内径 = 80-85mm、 PPS
DN80 / 3"、 内径 = 76-78mm、 PPS
DN100 / 4"、 内径 = 100-110mm、 PPS
DN150 / 6"、 内径 = 152-164mm、 PPS
DN200 / 8"、 内径 = 210-215mm、 PPS
DN250 / 10"、 内径 = 253-269mm、 PPS
特殊
オーダーコ ード ( 全仕様完了)
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
絶縁キット
キット
オーダー番号
4 mm ロ ーププ ロ ーブ用
52014249
6 mm ロ ーププ ロ ーブ用
52014250
ロ ーププ ロ ーブ を固定す る 際に接地取付けで き ない場
合は、 ス テ ン レ ス製 DIN 580 ア イ ボル ト と 絶縁ス リ ー
ブ PEEK GF-30 を使用す る よ う お勧め し ます。
最大プ ロ セ ス温度 : 150 ℃
絶縁ス リ ーブは帯電の リ ス ク があ る ので、 防爆エ リ ア
で使用す る のは不適切です。 必ず固定具を接地す る 必
要があ り ます (26 ページ参照)。
୲‫̫ັͤ৾׻‬
୲‫׻‬
ΑςȜή
Ņ
ͺͼδσΠ
Ņġľ ŎĹġŅŊŏġĶĹı͉́ijıġŮŮ
ĩĵġŮŮυȜί͈ાࣣĪ
Ņġľ ŎIJıġŅŊŏġĶĹı͉́ijĶġŮŮ
ĩķġŮŮυȜί͈ાࣣĪ
L00-FMP4xxxx-17-00-00-en-036
HART ループコンバータ
HMX50
HART ループ コ ンバー タ HMX50 はオーダー番号 71063562 で入手で き ます。
関連 ド キ ュ メ ン ト : TI429F と BA371F
エ ン ド レ スハウザー ジ ャ パン
65
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
関連 ド キ ュ メ ン ト
関連 ド キ ュ メ ン ト は、 www.endress.com の製品ページに掲載 さ れてい ます。
特別書類
ToF(タイムオブフライト)液位測定
プ ロ セ ス に合わせた選定 と エン ジニア リ ン グ、 SD157F/00/en
レーダータンクゲージカタログ
タ ン ク フ ァ ーム、 タ ー ミ ナルでの保税輸送向け、 SD001V/00/en
技術情報
タンクサイドモニタ NRF 590
タ ン ク サ イ ド モニ タ NRF 590 の技術情報 TI 402F
フィールドゲート FXA 520
タ ン ク サ イ ド モニ タ NRF 590 の技術情報 FXA 520, TI 369F/00/en
取扱説明書
レベルフレックス M FMP40
取扱説明書の相互関係
機器
出力
FMP40
通信
取扱説明書
機能説明書
HART
BA242F
BA245F
KA189F/00/a2
K
HART (界面)
BA363F
BA366F
KA283/F/00/a2
D
PROFIBUS PA
BA243F/00/en
BA245F
KA189F/00/a2
F
FOUNDATION Fieldbus BA244F/00/en
BA245F
KA189F/00/a2
B, G, H
簡易操作説明書
(装置)
タンクサイドモニタ NRF 590
タ ン ク サ イ ド モニ タ 取扱説明書 NRF 590, BA 256F
タ ン ク サ イ ド モニ タ 機能説明書 NRF 590, BA 257F
PROFIBUS PA の技術解説
プ ラ ン ニ ン グガ イ ド ラ イ ン、 BA034S/04/EN
認定
" 証明 と 認定 " (53 ページ以降) を参照 し て く だ さ い。
特許
本製品は、 次に リ ス ト し た 1 つの商標に よ っ て保護 さ れてい ます。
こ れ ら 以外に も 申請中の特許があ り ます。
•
•
•
•
66
US
US
US
US
5,661,251
5,827,985
5,884,231
5,973,637
i
i
i
i
EP
EP
EP
EP
0
0
0
0
780
780
780
928
664
664
665
974
エ ン ド レ スハウザー ジ ャパン
䝺䝧䝹䝣䝺䝑䜽䝇㻹
䛚ᡴྜ䛫䝅䞊䝖
䜶䞁䝗䝴䞊䝄䞊ྡ
ィ 䛾┠ⓗ
䞉ィ 䝺䝧䝹ィ ⏺㠃ィ 䞉㻶㼛㼎䚷ෆᐜ
䝕䜱䝇䝥䝺䞊䝃䞊䛾䝸䝥䝺䜲䝇
䛭䛾௚
䝥䝻䝉䝇᝟ሗ䚷
䠄䝺䝧䝹ィ 䛾ሙྜ䛿䚸ୗ఩ᒙ䛾䜏グ㏙䛾䛣䛸䚹䠅
ୖ఩ᒙ
ୗ఩ᒙ
䞉 ᐃᑐ㇟≀ṇᘧྡ⛠
㻰㻯㻝䠙
䞉ẚㄏ㟁⋡
䞉ẚㄏ㟁⋡䛾ኚ໬
㻰㻯㻞䠙
䚷䛒䜚
䞉䝺䝧䝹ኚ໬
䚷䛺䛧
䚷䛒䜚
㼙㼙㻌䛛䜙
䠄㻸㻝䠅
䚷䛺䛧
㼙㼙㻌䛛䜙
䠄㻸㻞䠅
㼙㼙㻌䜎䛷
䠿䡏䡐
䞉 ᐃᑐ㇟≀⢓ᗘ
䞉 ᐃᑐ㇟≀ ᗘ
䉝
㼙㼙㻌䜎䛷
䠿䡏䡐
ᅽຊ
㻼㼍
䞉✵Ẽ䠄⵨Ẽ䠅ᒙ䚷䠄⏺㠃ィ 䛾ሙྜ䠅䚷
䚷䛒䜚
䚷䛺䛧
䞉䝺䝧䝹ฟຊ䚷䚷䚷䠄⏺㠃ィ 䛾ሙྜ䠅
䚷ᚲせ
䚷୙せ
㻰㻯
㻝
ྲྀ௜఩⨨䚷
䠄㻖䠅
䠄ෆᚄ䠖䚷䚷䚷䚷䚷䚷䚷㼙㼙䠅
䠄㻖䠅
䠄ෆᚄ䠖䚷䚷䚷䚷䚷䚷䚷㼙㼙䠅
䚷ෆ⟄⟶
䚷እ⟄⟶
䚷䝍䞁䜽
㻰㻯
㻞
䠄㻖䠅
䠄㻖䠅
䚷䚷䚷䚷䚷䚷䚷䚷䚷䚷䚷䚷䚷䚷 ᅗ㠃ῧ௜䛾䛣䛸
䞉䝜䝈䝹ෆᚄ䚷㻔㼐㻕㻌
㼙㼙
䞉䝜䝈䝹㧗䛥䚷㻔㼔㻕㻌
㼙㼙
䞉䝍䞁䜽ቨ䛛䜙㊥㞳䠄᭱▷䠅䚷䚷
㼙㼙
䞉䛭䛾௚䛾᝟ሗ䚷䠄䝍䞁䜽ෆᵓ㐀≀䚸᧠ᢾᶵ䛺䛹䠅
㻌㻌㻌㻌㻾㼑㼢㻚㻌㻺㼛㻚䚷㻝㻜㻚㻜㻞
レ ベル フ レ ッ ク ス M FMP40
■ 仙 台 営 業 所
〒 980-0011
仙台市青葉区上杉 2-5-12 今野ビル
Tel. 022(265)2262 Fax. 022(265)8678
■ 新 潟 営 業 所
〒 950-0923
新潟市中央区姥ケ山 4-11-18
Tel. 025(286)5905 Fax. 025(286)5906
■ 千 葉 営 業 所
〒 290-0054
市原市五井中央東 1-15-24 斉藤ビル
Tel. 0436(23)4601 Fax. 0436(21)9364
■ 東 京 営 業 所
〒 183-0036
府中市日新町 5-70-3
Tel. 042(314)1922 Fax. 042(314)1945
■ 横 浜 営 業 所
〒 221-0045
横浜市神奈川区神奈川2- 8- 8 第1川島ビル
Tel. 045(441)5701 Fax. 045(441)5702
■ 名 古 屋 営 業 所
〒 463-0088
名古屋市守山区鳥神町 88
Tel. 052(795)0221 Fax. 052(795)0440
■ 大 阪 営 業 所
〒 564-0042
吹田市穂波町 26-4
Tel. 06(6389)2511 Fax. 06(6389)8182
■ 水 島 営 業 所
〒 712- 8061
倉敷市神田 1-5-5
Tel. 086(445)0611 Fax. 086(448)1464
■ 徳 山 営 業 所
〒 745-0814
周南市鼓海 2-118-46
Tel. 0834(25)6231 Fax. 0834(25)6232
01.11/ マーコムグループ
TI358F/33/JA/03.09
本誌からの無断転載・複製はご遠慮ください。また、記載内容は
お断りなく変更することがありますのでご了承ください。
■ 小 倉 営 業 所
〒 802-0971
北九州市小倉南区守恒本町 3-7-6
Tel. 093(963)2822 Fax. 093(963)2832
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
12
File Size
6 854 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content