close

Enter

Log in using OpenID

デリバティブ取引情報

embedDownload
デリバティブ取引情報
取引の状況に関する事項
第102期(平成16年4月1日∼平成17年3月31日)
1. 取引の内容
当行は、以下のデリバティブ取引を行っております。
金利関連……金利スワップ取引、金利キャップ取引
通貨関連……通貨スワップ取引、為替予約取引、通貨オプション取引
そ の 他……複合金融商品に組み込まれたクレジットデリバティブ取引
2. 取引に対する取組方針
金融の自由化、国際化の進展に伴い、さまざまなニーズがお客さまに発生するようになりました。当行では、
これらのニーズに的確にお応えするために、デリバティブ取引に取り組んでおります。
また、当行の有する資産負債のリスクを効率的に減殺するため、保有している債権債務の範囲内でデリバティ
ブ取引を利用することを基本としており、収益獲得を目的とした取引については限定的な取扱いとしておりま
す。
3. 取引の利用目的
当行では、固定金利貸出や固定金利債券等に係る金利変動リスクを回避するため、金利関連デリバティブ取
引を行っているほか、外貨建債権債務に係る為替相場変動リスクを回避するため、通貨関連デリバティブ取引を
行っております。
なお、ヘッジ会計を適用しているデリバティブ取引については、リスク軽減効果の検証を行っております。
4. 取引に係るリスクの内容
当行が利用しているデリバティブ取引は、通貨、金利等が変動することによる市場リスクと、取引相手先の契
約不履行による信用リスクを有しております。
⑴ 市場リスク
当行が利用しているデリバティブ取引の大部分は、既に保有している債権債務のヘッジ取引であり、そのリス
クはヘッジ取引を行うことにより減殺されております。収益の獲得を目的とした取引については、そのリスクが
伊予銀行の健全性を損なうことのないよう取引限度額を定めて日々管理しております。
⑵ 信用リスク
平成17年3月31日現在で、カレントエクスポージャー方式(市場の実勢条件により算定した正の値をとる再構築
コストと、想定元本額に取引の種類や期間に応じた一定の掛目を乗じたものを合計して与信相当額を算出する方
法)で算出した自己資本比率(国際統一基準)に基づく連結ベースでの与信相当額は96億円ですが、取引相手先
は、信用度の高い金融機関、優良顧客に限っており、また相手先ごとに取引限度を定めておりますので、信用リ
スクは極めて少ないと認識しております。
5. 取引に係るリスク管理体制
当行では、デリバティブ取引の経営上の位置付けやリスク管理の基本方針を明記した社内管理規程のもとで、
部拠点毎に取引権限や取引限度額を定めてデリバティブ取引を行っております。
また、内部牽制機能を充実させるために、①取引執行部門の売買についてのバックオフィスによる直接約定確
認、②取引実績についての役員への定期的な報告、③定期的な内部検査の実施、などを行っております。
さらに、取引執行部門から独立したリスク管理専門部署である市場管理室に専担者を配し、取引に係るリスク
の統括・管理を一元的に行っているほか、リスク量の計量化や計測等、リスク管理手法の精緻化の研究に努め、
さらなるリスク管理の高度化にも取り組んでおります。
95
■金利関連取引
区 (単位:百万円)
分
種 類
契約額等
第101期(平成16年3月末現在)
時 価
評価損益
契約額等
うち1年超
取 引 所
店 頭
金 利 先 物
売 建
買 建
金利オプション
売 建
買 建
金 利 先 渡 契 約
売 建
買 建
金 利 ス ワ ッ プ
受取固定・支払変動
受取変動・支払固定
受取変動・支払変動
金利オプション
売 建
買 建
そ の 他
売 建
買 建
合 計
16,642
16,042
8,321
8,021
8,321
8,021
1,400
400
700
200
700
200
第102期(平成17年3月末現在)
時 価
評価損益
うち1年超
18,462
16,462
24
24
9,231
8,231
104
104
△ 3
△ 3
9,231
8,231
△ 82
△ 82
△ 0
0
400
△ 0
0
△ 2
1
200
△ 0
0
1
△ 1
200
0
△ 0
21
21
22
22
(注)
<第101期>
1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を損益計算書に計上しております。
なお、ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引は、上記記載から除いており
ます。
22
(注)
<第102期>
1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を損益計算書に計上しております。
なお、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱
い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第24号)等に基づき、ヘッジ会計
を適用しているデリバティブ取引は、上記記載から除いております。
2.時価の算定
取引所取引につきましては、東京金融先物取引所等における最終の価格によって
おります。店頭取引につきましては、割引現在価値やオプション価格計算モデル
等により算定しております。
2.時価の算定
取引所取引につきましては、東京金融先物取引所等における最終の価格によって
おります。店頭取引につきましては、割引現在価値やオプション価格計算モデル
等により算定しております。
■クレジットデリバティブ取引
(単位:百万円)
区
第101期(平成16年3月末現在)
分
種 類
時 価
契約額等
第102期(平成17年3月末現在)
評価損益
時 価
契約額等
うち1年超
店 頭
クレジット・デフォルト・オプション
売 建
買 建
そ の 他
売 建
買 建
22
21
21
評価損益
うち1年超
9,000
9,000
138
138
19,000
19,000
120
120
9,000
9,000
138
138
19,000
19,000
120
120
138
138
120
120
合 計
(注)1.上記取引については複合金融商品(クレジットリンク債)の組込デリバティブ(クレジット・デフォルト・オプション)を区分経理したものであり、時価評価を行い、評価損益を損
益計算書に計上しております。上記「契約額等」はクレジットリンク債の債券額面であり、「時価」はデリバティブ評価損益を記載しております。
2.時価の算定
取引先証券会社から提示された価格等により算定しております。
3.「売建」は信用リスクの引受取引、「買建」は信用リスクの引渡取引であります。
96
区 ■通貨関連取引
分
種 類
(単位:百万円)
第101期(平成16年3月末現在)
契約額等
時 価
評価損益
第102期(平成17年3月末現在)
契約額等
時 価
評価損益
うち1年超
取 引 所
店 頭
金 利 先 物
売 建
買 建
金利オプション
売 建
買 建
通 貨 ス ワ ッ プ 147,142
為替予約
54,518
売 建
36,487
買 建
18,030
通 貨 オ プ シ ョ ン 23,600
売 建
11,800
買 建
11,800
そ の 他
売 建
買 建
合 計
うち1年超
147,142
470
470
181,973
173,489
571
571
18,714
520
520
88,360
19,287
440
440
9,337
701
701
59,709
12,662
209
209
9,377
△ 180
△ 180
28,650
6,624
231
231
16,963
1,259
165
33,924
25,666
1,695
300
8,481
629
△ 42
16,962
12,833
847
46
8,481
629
207
16,962
12,833
847
253
2,250
1,156
2,707
1,312
(注)
<第102期>
1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を損益計算書に計上しております。
なお、「銀行業における外貨建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱
い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第25号)等に基づきヘッジ会計を
適用している通貨スワップ取引等及び外貨建金銭債権債務等に付されたもので当該
外貨建金銭債権債務等の貸借対照表表示に反映されているものについては上記記載
から除いております。
2.時価の算定
割引現在価値等により算定しております。
(注)
<第101期>
1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を損益計算書に計上しております。
なお、ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引及び外貨建金銭債権債務等に
付されたもので当該外貨建金銭債権債務等の貸借対照表表示に反映されているもの
については、上記記載から除いております。
2.時価の算定
割引現在価値等により算定しております。
3.従来、引直し対象としていた先物為替予約、通貨オプション等は当期からは上記に
含めて記載しております。なお、「銀行業における外貨建取引等の会計処理に関する
会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第25号)に
基づきヘッジ会計を適用している通貨スワップ取引等については、上記記載から除い
ております。
については、第 101 期、第 102 期とも該当ありません。
〔株式関連取引〕
〔債券関連取引〕
〔商品関連取引〕
97
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
0
File Size
136 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content