close

Enter

Log in using OpenID

(2)メディア接触時間と生命感覚 図6-3「人や動物がけがをしたりすると

embedDownload
(2)メディア接触時間と生命感覚
図6-3「人や動物がけがをしたりすると自分も痛い気がしますか」という質問に対し
て「はい」と回答した割合はメディア接触時間0の場合 64.3%、6時間以上の場合
33.3%、図6-4「生きていても仕方がないと思ったことがありますか」という質問に対し
て「全くない」と回答した割合はメディア接触時間0の場合 75.0%、6時間以上の場合
51.3%といった結果である。いずれも生に対する肯定的な意識はメディア接触時間に
よって異なることがわかり、長時間接触の問題性がうかがわれる。
メディア総接触時間と「人や動物が怪我をすると自分もいたい気がする」
33.3
6時間以上
30.8
17.9
17.9 0.0
はい
どちらかというとはい
どちらかというといいえ
いいえ
無回答
64.3
メディア接触0
0%
20%
0.0 0.0
10.7
25.0
40%
60%
80%
100%
図6-3
メディア総接触時間と「生きていても仕方がないと思ったことがある」
6時間以上
23.1
25.6
51.3
0.0
3回以上ある
1から2回ある
全くない
メディア接触0
17.9
0%
図6-4
7.1
20%
75.0
40%
60%
0.0
80%
100%
無回答
(3)メディア接触時間と人間関係・コミュニケーシュン
図6-5 「友だちとうまくやっていく自信がありますか」 という質問に「はい」と回答
した割合はメディア接触時間0の場合 78.6%、6時間以上の場合 43.6%、図6-6
「たくさんの人の前では言いたいことがうまく言えない」 という質問に対して「はい」と回
答した割合はメディア接触時間0の場合 21.4%、6時間以上の場合 38.5%といった結
果である。
長時間メディア接触が人間関係づくりの機会をさまたげていることを示唆している。
メディア総接触時間と「友だちとうまくやっていける」
0.0
6時間以上
43.6
28.2
20.5
5.1
はい
どちらかというとはい
どちらかというといいえ
いいえ
78.6
メディア接触0
0%
20%
14.3
40%
60%
8.6 3.6 0.0
80%
無回答
100%
図6-5
メディア総接触時間と「たくさんの人の前で言いたいことがうまくいえない」
6時間以上
38.5
20.5
25.6
15.4 0.0
はい
どちらかというとはい
どちらかというといいえ
いいえ
メディア接触0
21.4
0%
図6-6
28.6
20%
40%
25.0
60%
25.0
80%
0.0
100%
無回答
(4)メディア接触時間と利他性・役割意識
図6-7「人のために何かしたいと思っていますか」という質問に対して「はい」と回答し
た割合はメディア接触時間0の場合 67.9%、6時間以上の場合 30.8%、図6-8「クラス
で決められた仕事は責任を持ってする方ですか」という質問に対して「はい」と回答した
割合はメディア接触時間0の場合 44.4%、6時間以上の場合 35.6%である。社会性をよ
りよく育む機会をメディアの長時間接触が妨げている可能性がうかがわれる。
メディア総接触時間と「人のためになにかしたいと思う」
0.0
30.8
6時間以上
51.3
10.3 7.7
はい
どちらかというとはい
どちらかというといいえ
いいえ
0.0
67.9
メディア接触0
0%
20%
28.6
40%
60%
80%
3.5
無回答
0.0
100%
図6-7
メディア総接触時間と「決められた仕事は責任を持っていする」
0.0
35.6
6時間以上
43.6
15.4
15.4
はい
どちらかというとはい
どちらかというといいえ
いいえ
無回答
メディア接触0
44.4
0%
図6-8
20%
11.1 7.4 0.0
37.0
40%
60%
80%
100%
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
124 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content