close

Enter

Log in using OpenID

Page 1 ずっと憧れてやまなかったチェロの名手を、ついにお迎えすること

embedDownload
』号乙
ヽ
Ir
叛/bJ・椚〟J/〃〃l・り/・ブイ
ずっと憧れてやまなかったチェロの名手を、ついにお迎えすることになりました。
クラシックファンにはもうご紹介の必要がないかもしれません。
大阪フィルハーモニー交響楽団首席奏者であり、
あの久石譲氏には“僕の戟友’’と言わしめた近藤浩志さんです。
近藤さんの音楽は、光と影が織りなす物語。
光が強くなればなるほど色濃い影を感じ、影が深ければ深いほど
僅かな光にも優しさを感じます。
失ったものの重みでふと立ち止まってしまう日もあるけれど、
でもこうしてまた一緒に新しい季節の中を歩いて行こうねと、導いてくれるような。
そんな光をきっと、私たちは受け取ることができるでしょう。
どうぞ大切な人とご一緒に、桜の庄兵衛へお出かけください。
近藤 浩志:チェロ
吉澤友里絵:ピアノ
《プロフィール》
近藤 浩志
風の谷のナウシカ組曲 久石 譲
無伴奏チェロ組曲第一番バッハ
鳥の歌 カタロニア民謡
白 鳥 サン=サーンス
タイスの瞑想曲 マスネ
他
大阪府枚方市生まれo東京芸術大学、仏エコール・ノルマル、
ブローニュ音楽院両校首席卒業o第二回、第三回大阪国際室
内楽コンクール特別賞受賞。カーネギーホールでのニューヨーク
ポップスオーケストラとソロ共演を始め、国内外のオーケストラと
数多く共演。
世界的指揮者であるジャン・フルネ氏から「素晴らしい音色と音
楽を兼ね備えた現代第一級のソリスト」と認められる。久石譲
氏のコンサートツアーに度々参加。
クラシックの名曲から「風の谷のナウシカ組曲」までが編まれた
初のソロアルバム「arcantoアルカント」は大好評を得、ヨーヨーマ
からも絶賛されたo
新日フィルを経て、現在は大阪フィルハーモニー交響楽団首席
奏者。
主催 桜の庄兵衛ギャラリー委員会
Author
Document
Category
Uncategorized
Views
1
File Size
179 KB
Tags
1/--pages
Report inappropriate content